close

Enter

Log in using OpenID

embedDownload
89
4
MEDICAL SHOW JAPAN & BUSINESS EXPO 2014 NIIGATA
参 加 費
※マネジメントセミナー
の開催時間です。
12日(木)
13日(金)
14日(土)
※
13:00 ∼16:00
9:00 ∼18:00
9:00 ∼17:00
メディカルショー
テーマ
日 時
年6月12
日㈭
➡ 日㈯日㈯
2013年
2014
6日㈭
814
学会大会
開催の
ご案内
会 期
13:00 ∼17:30(テープカット 12:50)
10:00 ∼17:30
10:00 ∼16:00
新潟・朱鷺メッセ
大会長 堀田 哲夫(新潟大学医歯学総合病院手術部 病院教授)
オールジャパン ―産学官連携による本学会の新たな戦略―
会 場
メディカルショー
マネジメントセミナー
MDICトピックスセミナー
6/12 ㈭
2,000円
6/12 ㈭∼14㈯
学会大会
6/13 ㈮・14 ㈯
カルショーにご来場される方はお名刺を1枚ご用意ください。
入場無料 メディ
記名所備え付けの参加登録カードに所定事項をご記入のうえ、受付にご提出ください。
事前登録(∼5/31)一般/ 9,000円、会員/7,000円、学生/2,000円
当日登録(6/1∼) 一般/10,000円、会員/8,000円、学生/2,000円
事前参加登録はhttp://amarys-jtb.jp/89jsmi/
主 催
後 援
一般社団法人
日本医療機器学会
厚生労働省・経済産業省・一般社団法人日本医学会連合・一般社団法人日本生体医工学会
公益社団法人日本看護協会・公益社団法人日本臨床工学技士会・公益財団法人医療機器センター(順不同)
http://www.jsmi.gr.jp
ご挨拶
第89回日本医療機器学会大会
大会長 堀田 哲夫
(新潟大学医歯学総合病院手術部
病院教授)
この度第 89 回日本医療機器学会大会の大会長を拝命
いたしました新潟大学医歯学総合病院手術部の堀田哲夫
です。伝統ある本学会を新潟で開催させていただけます
ことを光栄に存じますとともに、このような機会を与えて
いただきましたことを理事、代議員の皆様をはじめ学会員
の皆様に御礼を申し上げます。展示には地方都市開催と
いうハンディがあったにもかかわらず、例年同様多くの企
業からご協力をいただきました。御礼を兼ねてご挨拶申し
上げます。
今回の大会ではメディカルショージャパン・ビジネスエキ
スポを大きなテーマの一つと考えております。医療は診断、
治療の両面で医療機器なくしては何もできません。医療機
器開発は医療者のニーズから生まれており、産学は一体の
関係のように考えられます。しかし、実際には両者で情報
の共有が希薄化してきています。すなわち医療者は医療機
器の開発や改良に関心があるとは言い難く、医療機器の
情報も熟知していません。逆に企業は自社製品の優れた点
と問題点をユーザーからフィードバックしてもらえない状況
が生じています。悪い製品は淘汰され、良い製品を作る企
業が躍進し、ひいては国外にも販路が広がっていくという
正しい医療機器産業の在り方が求められています。本来こ
のような交流の場として見本市、展示が発展してきたと思
われますが、医療界においてはユーザーが製品を比較検討
して購入するということが少なく、企業も必死で宣伝しなく
とも一度ユーザーを確保すれば十分製品が売れるというこ
とで危機感を感じていないということがあって、展示が衰
退してきているのではないかと危惧するところです。
今回のメディカルショーでは、医療機器産業における展
示のコストパフォーマンスを向上させることを中心に企画を
検討しております。具体的には医療者のニーズと企業のシー
ズのマッチングを図り、経済産業省を中心とした行政にも
開発資金の提供という役割で参加していただく予定です。
参加者ができるだけ多く展示会場に来ていただけるように、
13 日と 14 日の午後学術集会を中断して展示参加の時間を
設けました。また、ご希望があれば MDIC を中心とした専
門家が各ブースをご案内するツアーも検討中です。おひとり
ではなかなか入りにくいブースもツアーであれば短時間で必
要な情報が入手できます。このようにすることで医療機器
の価格と機能の比較が可能となり、購入の際の指標として
いただけるものと思います。また、医療者のアイデアから新
たな医療機器開発が生まれるかもしれません。
繰り返しになりますが、企業の皆様には今回展示をして
よかったと思っていただけるようなメディカルショーにした
いと考えておりますので、ご支援をお願いいたします。また、
展示に関してご希望があれば遠慮なく学会本部にご連絡く
ださい。皆様のお越しをお待ちしております。
大 会 日 程
第
1日
6/12 Thu.
9:00
10:00
11:00
新潟・朱鷺メッセ
第1会場
第2会場+第3会場
第4会場
第5会場
展示会場
実践 ME 技術講習会
(第15回臨床ME専門認定
士認定更新講習会)
MDICトピックスセミナー受付開始は11:00です。
マネジメントセミナー受付開始は11:00
セミナーの参加費は2,000円です。
です。
なお、本学会で認定している臨床ME専門認定
セミナーの参加費は2,000円です。
士、滅菌技師・士、MDICが、本セミナーに参加
なお、本学会で認定している臨床ME
専門認定士、滅 菌技師・士、MDICが、 した場合、規定のポイントを加算します。
本セミナーに参加した場合、規定のポ (臨 床ME専門 認定士、MDIC・10ポイント、滅
菌技師・士5単位)
イントを加算します。
参加にあたっては別途ご案内をご覧いただき事
(臨 床ME専門認定士、MDIC・10ポイ
前申込が必要です。
ント、滅菌技師・士5単位)
なお、同時開催のマネジメントセミナーとの同
参加にあたっては別途ご案内をご覧い
時参加はできません。
ただき事前申込が必要です。
なお、同時開催のMDICトピックスセミ
ナーとの同時参加はできません。
プログラム・申込方法等は下
記 URL をご参照ください
10:00~10:10 開会挨拶
10:10~11:00
1.病 院内無線LANの活用と
注意点
花田 英輔(島根大学医学部附属病院 医療情報部)
11:10~12:00
2.テレメータ無線チャネル管
理と携帯電話院内利用
~アンケート結果から~
加納 隆(埼玉医科大学保健医療学部医用生体工学科)
12:00
13:00
昼食休憩
マネジメントセミナー
「改正薬事法について[医薬
品医療機器等法(略称)]」
(プログラム、講師等は変更になる
場合があります。
タイトルは全て仮)
13:00~13:50
平成26年度MDICトッピクスセミナー
3.認定士自身による有用情報
提供と将来に向けての提案
総合司会:松田 和久(杉岡記念病院 手術部・部長)
13:00~13:05
13:05~13:45
委員長挨拶
附 随 する添 付 文 書について
(13:00~13:30)
依頼中(厚生労働省)
②第三者認証について―第三者
認証機関の適応拡大とこれに
伴う要件(13:30~14:00)
小野寺 陽一(医薬品医療機器総合機構)
③医療機器の不具合報告(14:00
~14:30)
15:00
小泉 和夫(公益財団法人医療機器センター・専務理事)
14:30~14:50 休憩
④新潟県の医療機器QMS調査にお
ける指導事例等(14:50~15:20)
山田 光男(新潟県福祉保健部医務薬事課指導係)
⑤医療機器企業、医療品医療機器機器
法等への期待と対応(15:20~15:50)
床工学課)
14:00~14:50
4.診療報酬改定による変化
~診療報酬改定の経緯と 展示ホールA
臨床工学技士の集中治療
室への関わり~
13:45~14:25
臨床医学:最近の鏡視下手術の動向
(東京大学医学部附属病院パブリック
新 秀直
臼杵 尚志(香川大学医学部附属病院 手術部・部長)
リレーションセンター/企画経営部)
14:25~14:40 休憩
14:40~15:20
15:00~15:50
5.薬 事法改正(医薬品医療
機器等法)のポイント
臨床工学:JIS T 0601-1 改訂に伴う
変更点の解釈について―MDIC 認
定者として理解しておくべき事項―
(日本医療機器産業連合会 神野 武夫
法制委員会)
中島 章夫(杏林大学保健学部先端臨床工学研究室・
15:50~16:00
准教授)
2
15:20~16:00
医療情報:米国UDI法制化によるわが
国の医療機器業界・病院への影響
(名城大学大学院都市情報学研究科保健医
酒井 順哉‌
療情報学・主任教授)
:30
定時総会16
〜17:30
会長招宴
閉会挨拶
主 催:日 本生体医工学会/日本医
療機器学会
臨床ME専門認定士合同認
定委員会
共 催:日 本 生 体 医 工 学 会ME技 術
教育委員会
(お申込は下記URL参照)
第15回臨床ME専門認定士認定更新
講習会のホームページ
http://www.megijutu.jp/sub006-2011.html
橋本 章(㈱ホギメディカル 学術部・部長)
16:00
16:30
17:00
18:00
13:00
(光生病院 診療支援部 臨
柏原 勝彦
医療概論:医療環境の現状と課題―
わが国の診療の質、診療報酬改定、
(サクラ精機㈱)
司会:宇佐美 光司
①医 療機器の市販後安全対策、 薬事法改正―
加見谷 将人(清梁会 高梁中央病院・副院長)
14:00
12:50 テープカット
18:00〜20:00 新潟市歴史博物館 みなとぴあ レストラン「ぽるとカーブドッチ」
MEDICAL
SHOW
JAPAN
&
BUSINESS
EXPO
2014
17:30
第
2日
新潟・朱鷺メッセ
第1会場
6/13 Fri.
8:50
9:00
第2会場
指定
講演
臓、脳 領 域
1 『「心
における最 新 医
植松 和則(泉工医科工業㈱・主任)
寺井 大輔(テルモ㈱心臓血管カンパニー・主任)
廣瀬 慎一
(ボストン・サイエンティフィッ
クジャパン㈱薬事本部)
瓢子 敏夫
(朝日インテック㈱・特別フェロー)
座長:髙松 美砂子(新潟大学医歯学総
合病院 手術部・助教)
阿部 篤仁
(ジェイ・メディカル㈱
代表取締役社長)
10:00
9:00〜10:10
特別
講演
1 「iPS細胞研究の
現況と展望」
戸口田 淳也
(京都大学再生医科学研
究所・教授)
座長:堀田 哲夫
(新潟大学医歯学総合
病院 手術部・病院教授)
シンポ
ジウム
・
2 「医療機器の耐久性
耐用期間:本音と建前」
座長:平田 哲(旭川医科大学病院 手術部・教授)
深柄 和彦(東京大学医学部附属病院 手術部・准教授)
根本 喬
(ミズホ㈱代表取締役会長)
①大型医療機器または洗浄・
滅菌装置の製造販売側
城之内幸宏(サクラ精機㈱学術部 教育センター)
②2次元シンボルを用いた鋼
製器具の使用履歴管理
住谷 健二(ミ
ズホ㈱薬事・品質保証
部 品質保証室・室長)
③手術台と電気メスの「耐用期間」
を故障と修理の観点から考える
久田 友治
(琉球大学医学部附属病
院 手術部・副部長)
④鋼製器具管理の重要性
田中 直文
(東京医科歯科大学医学
部附属病院 手術部・部長)
⑤大型医療機器と鋼製器具の
保守管理のあるべき方向性
4 「医療機器産業
の発展に学会は
何ができるのか」
座長:加見谷将人(高梁中央病院・副院長)
佐藤 直樹(北海道大学病院 手術部・診療教授)
①問題提起 医療機器開発の現状
と課題―本学会は何ができるか
第5会場
一般演題
一般演題
滅菌2
7〜11
保守管理1
34〜39
展示会場
1)市
場展開のむずかしさと世界戦略への課題
鶴井 孝文((一社)神戸市機械金属工業会
医療用機器開発研究会・会長)
2)三重県が取り組む医療・福祉
機器等の製品化促進事業
高村 康(三重県健康福祉部 ライフイノベーション課・課長)
3)医療機器の開発と認証等の実際
前田 幹夫(BSIグループジャパン㈱医療機器
(熊本再春荘病院)
座長:久保 仁
(東京大学)
9:00〜9:50
一般演題
滅菌3
12〜16
座長:河野 太郎
(宮崎大学)
2)医療機器開発の視点―産官学協同開
発におけるメーカとユーザのマッチング
9:00〜11:00
9:00〜11:00
森田 耕司(浜松医科大学医学部附属病院 手術部・助教)
9:00〜10:00
一般演題
10:00
保守管理2
40〜45
座長:三島 博之
認証事業本部・営業マネージャー)
(九州大学)
③医療技術開発の現場の課題
⑥手 術器具を扱う外科医の
立場から見た問題点
10:10~11:10
座長:柴田 義浩
加見谷将人(高梁中央病院・副院長)
②新しい医療技術の市場展
開のむずかしさ
酒井 順哉(名城大学大学院都市情報学研
清松 知充(東京大学医学部附属病院 腫瘍外科)
大会長
講演
シンポ
ジウム
1)医 療機関からの視点ー小規模
(ニッチ)産学連携への取り組み
究科保健医療情報学・主任教授)
10:40
11:00
11:10
第4会場
開会の辞 大会長:堀田 哲夫
療機器今昔物語」―手術
室、カテ室はどこまで進ん
でいるのか?―』
10:10
第3会場
9:50〜10:40
宇田 輝生(大衛㈱製造購買本部・取締役)
10:00〜11:00
「医 療 機 器 開 発
への原点回帰」
堀田 哲夫(新潟大学医歯学総合病院 手術部・病院教授)
座長:大久保 憲(東京医療保健大学・教授)
11:10~12:00
12:00
12:10
ランチョン 「PCDを用いた高圧
セミナー 1 蒸気滅菌の確実な
(共催:㈱名優)
ランチョン 「ダヴィンチ鉗子の
セミナー 2 洗浄で注意しなけ
(共催:サクラ精機㈱)
ランチョン 「医 療 現 場 に お
セミナー 3 ける照明環境の
(共催:山田医療照明㈱)
ウルリッヒ・カイザー(gke社)
古畑 貞彦(信州大学医学部附属病院 手術部)
鈴木 敏弘(山田医療照明㈱企画推進課)
座長:増田 順(山田医療照明㈱代表取締役社長)
滅菌保証に向けて」
ればならないこと」
12:10~13:00
13:00
13:10
12:10~13:00
現状、課題」
展示ホールA
12:10~13:00
平成25年度 論文賞・久池井 茂・他、
褒章者 技術奨励賞・玉澤佳純・他
技術奨励賞受賞記念講演
表彰式
「給水管を排除した感染
対策仕様の歯科用ユニットの開発」
論文賞受賞記念講演「画像処理技術とロボッ
ト制御技術を活用した注射薬自動仕分けシ
ステムの研究開発」 13:10~13:50
13:50
14:00
特別
講演
一般演題
:整形外
2 「人工関節の歴史
科医としての課題と期待」
滅菌1
1〜6
遠藤 直人(新潟大学大学院医歯学総合研究科
機能再建医学講座整形外科学分野・教授)
座長:生越 章(新潟大学大学院医歯学総合研究科機能
座長:谷野 雅昭(川崎医科大学)
再建医学講座整形外科学分野・准教授)
14:00〜15:00
14:00〜15:00
15:00
16:00
一般演題
人工呼吸器
17~21
座長:酒井 基広
(東京女子医科大学)
14:00~14:50
一般演題
臨床工学2
46〜51
MEDICAL
SHOW
JAPAN
&
BUSINESS
EXPO
2014
座長:中島 章夫
(杏林大学)
14:00〜15:00
メディカルショー見学休憩
ポスター演題フリーディスカッション
(3F・第5会場前ロビー、15:15〜15:45)
1 「産学連携の最前
線―セルバイオロ
3 「一歩進んだ医療機
器中央管理―中央管
シンポ
ジウム
シンポ
ジウム
ジーと国産治療器開発―」
理化で得られる経済的な利点―」
座長:伊関 洋(東京女子医科大学・早稲田大学共同大
学院 共同先端生命医科学専攻・教授)
座長:玉井 久義
(虎の門病院 麻酔科
部長兼手術部部長)
①医療機器開発と産学連携について
矢冨 裕(東京大学大学院医学系研究
再建医学講座整形外科学分野・准教授)
①超音波診断装置の中央管理化
伊関 洋(新潟大学大学院医歯学総合研究科機能
②iPS細胞から心筋シートへ
の臨床応用と企業連携
16:50
松浦 勝久(東京女子医科大学先端生
17:00
③iPS細胞の高密度大量培
養技術の開発と産学連携
における旭化成の取り組み
命医科学研究所・特任講師)
安武 幹智(旭化成㈱医療新事業プロジェク
ト 細胞・再生医療領域リーダー)
④脳 神経外科手術における国
内初複合機器医師主導治験
村垣 善浩(東京女子医科大学先端生命医科学研究所・教授)
⑤医 師主導治験における企
業の役割とBMC
小林 真里、中村 直人(パ
ナソニックヘルスケア㈱)
16:00〜18:00
18:00
全員懇親会
科臨床病態検査医学・教授)
住谷 昌彦
(東京大学医学部附属病
院 医療機器管理部・部長)
②医療機器中央管理化で得
られる利点
加藤 伸彦
(北海道大学病院 診療支
援部・臨床指導准教授)
③さらなる医療機器の中央管理化
高倉 照彦
(亀田総合病院 医療技術
部ME室・室長)
④虎の門病院における医療
機器管理
白井 康之(虎の門病院 臨床工学部・副部長)
⑤医療機器の中央管理で得ら
れる経済的な利点とは何か?
シンポ
ジウム
5 「医療機器安全
を活かすMDIC
の必要性と新たな展開」
座長:松田 和久(杉岡記念病院 手術部・部長)
酒井 順哉(名城大学大学院都市情報学研
究科保健医療情報学・主任教授)
①厚生労働省の医療機器政策
とMDICの位置づけについて
座長:尾家 重治
(山口大学)
医療機器政策室・室長補佐)
②病 院MDIC認定者からみ
た認定制度の必要性
渡邊 雅俊(国家公務員共済組合連合
会東海病院 臨床工学科)
③看護師のMDIC取得について
男澤千佳子(国立療養所菊池恵楓園・副看
護師長・感染管理認定看護師)
④臨床工学技士の不足する医療機関
の医療機器安全をどう確保するか
16:00〜17:00
一般演題
臨床工学1
28〜33
座長:野口 悟司
(大阪大学)
滅菌技師・士
対象特別講座
学会プログラムでは
ありません
参加対象者以外は入
場できません
17:30
高杉 敬久
(公益社団法人日本医師会
医療安全担当・常任理事)
新 秀直(東京大学医学部附属病院 パブリックリレー
16:00〜18:00
16:00〜18:00
19:00~20:30 新潟グランドホテル3F・悠久の間
感染防止
22〜27
許斐 健二
(厚生労働省医政局経済課
⑤日本臨床工学技士会から
みたMDICの必要性
ションセンター/企画経営部・助教/副部長)
一般演題
真下 泰(公益社団法人日本臨床工学技士会・副会長)
17:00〜18:00
17:00〜18:00
3
第
3日
新潟・朱鷺メッセ
第1会場
6/14 Sat.
9:00
教育
講演
第2会場
一般演題
1 「インターネット
を利用した外科
洗浄1
52〜57
教育・研修、外科研究」
清水 周次
(九州大学病院 光学医療診
座長:石野 直己
療部・准教授)
座長:吉中 平次(鹿児島大学医学部・歯学
(浜松医科大学)
部附属病院 手術部・部長)
10:00
9:00〜10:00
教育
講演
洗浄2
58〜63
術の経緯と今後の展望」
「ロボット外 科の現 在・過
去・未来」
座長:久保田 英雄
(東京医科歯科大学)
酒井 順哉(名城大学大学院都市情報学研
究科保健医療情報学・主任教授)
座長:大平 明弘
(島根大学医学部眼科
学講座・教授)
9:00〜10:00
パネル
ディスカッション
「臨 床ME専 門 認 定 士 の
活用を考える」
座長:加納 隆
(埼玉医科大学保健医療学
部医用生体工学科・教授)
10:00〜11:00
①臨床ME専門認定士制度について
加納 隆
(埼玉医科大学保健医療学
部医用生体工学科・教授)
1
「医薬品、医療機
「JSMI AND
招聘
②臨 床ME専門認定士の活
講演
器 等 の 品 質、有
AAMI:BUILDING
用具体例と今後
同時通訳
ON A STRONG 効 性 及び 安 全 性の 確 保
柏原 勝彦
(光 生 病 院 診 療 支 援 部
臨床工学課)
等に関する法律について」 FRIENDSHIP TO SUPPORT
③臨 床ME専門認定士のた
金川 幸紀
(厚生労働省医薬食品局審査
THE ADVANCEMENT
管理課医療機器審査管理室・医
めの生涯教育システム
OF HEALTHCARE
療機器指導官)
嶋津 秀昭(杏林大学保健学部・教授)
TECHNOLOGY GLOBALLY」 ④米国の認定CEと病院内での役割
座長:南 正人
(大阪大学医学部附属病
教育
講演
院 手術部・部長)
12:00
12:10
―病院ユーザと鋼製器具製造販売業
者における活用のための留意点―」
メリー・ローガン女史(AAMI・理事長)
座長:安原 洋
(東京大学医学部附属病
廣瀬 稔
(北里大学医療衛生学部医療
11:00〜12:00
10:00〜12:00
工学科臨床工学専攻・教授)
院 手術部・部長・教授)
11:00〜12:00
ランチョンセミナー 5 「Compliant
(共催:ゲティンゲ・ジャパン㈱) Sterile
同時通訳
ランチョンセミナー 4
(共催:ジョンソン・
エンド・ジョンソン㈱)
第5会場
一般演題
一般演題
手術室1
75〜T80
保守管理3
104〜109
座長:佐藤 博信
(春日部市立病院)
9:00〜10:00
(東北大学)
9:00〜10:00
一般演題
手術室2
81〜T86
技術開発・
改良
110〜T115
座長:堀口 剛
(秋田大学)
(東京大学)
10:00〜11:00
10:00〜11:00
一般演題
一般演題
洗浄5
87〜91
医療
安全対策1
116〜T121
座長:伏見 了
(東京医療保健大学大学院)
座長:西村 チエ子
(国保依田窪病院)
11:00〜11:50
11:00〜12:00
MEDICAL
SHOW
JAPAN
&
BUSINESS
EXPO
2014
Mr. Wayne Spencer
12:10~13:00
14:00
メディカルショー見学休憩
ポスター演題フリーディスカッション
(3F・第5会場前ロビー、13:15〜13:45)
特別
講演
3 「滅菌の過去と将
来」
小林 寬伊
(東京医療保健大学大学院医
療保健学研究科・研究科長)
座長:安原 洋
(東京大学医学部附属病院
手術部・部長・教授)
15:00
シンポ
ジウム
6 「病院機能を最大
限に発揮するため
座長:臼杵 尚志
(香川大学医学部附属
病院 手術部・部長)
高階 雅紀
(大阪大学医学部附属
病院 材料部・部長)
①当院における手術部、材料
室、感染対策室との関係と
業務改善について
島崎 豊
(愛知県厚生連海南病院 感
染制御部・感染制御課長)
②手 術部材料部、両部門の
看護師長を経験して
湯浅 伸子
(元京都大学医学部附属
病院・看護師長)
③手 術部と中材部門の連携と
協調―3つのCが創出する安
全で質の高い手術医療―
河村 明江(元 広 島 大 学 病 院 SPDセ ン
ター滅菌器材管理室・看護師長)
④手 術部との連携から見た
材料部マネジメント
深柄 和彦
(東京大学医学部附属病
院 手術部・准教授)
16:50
⑤The move of reprocessing
in Europe・ヨーロッパにおけ
る再生処理業務の移り変わり
4
Identification)
規制について」
Jay Crowley(USDM ライフサイエンス)
座長:中田 精三
(市立伊丹病院・病院
事業管理者)
14:00〜15:00
シンポ
ジウム
7 「手術室での生体
モニタの視認性、
作動音とアラーム音の認識」
座長:佐藤 一史
(福井大学医学部附属
病院 手術部・副部長)
佐藤根 敏彦
(高岡整志会病院・
副院長)
2 「医療に関わる国
際標準規格(ISO
規格)―マネジメントから医
療機器安全管理まで―」
村山 靖(テュフズ
ードジャパン㈱イン
一般演題
一般演題
臨床工学3
92〜97
医療
安全対策2
122〜128
座長:目黒 勉
(医薬品医療機器総合機構)
フォサービス部・部長)
座長:加見谷将人
(高梁中央病院・副院長)
14:00〜15:00
14:00〜15:00
一般演題
一般演題
洗浄3
64〜69
教育・
業務管理
98〜103
座長:上寺 祐之
(東京大学)
座長:高松 純
(八女発心会 姫野病院)
座長:白石 義人
(藤枝市立総合病院)
14:00〜15:10
一般演題
医療
安全対策3
129〜134
座長:最首 俊夫
佐藤根 敏彦(高岡整志会病院・副院長)
(みやぎ県南中核病院)
②麻酔科医の立場から
竹村 佳記
(富山大学大学院医学薬学
研究部 麻酔科学講座・助教)
③手術室看護師の生体モニ
タの 視 認 性、作 動 音とア
ラーム音の認識
大村 久美
(福井大学医学部附属病
院 手術部)
④臨床工学技士の立場から
高道 昭一
(富山大学附属病院 医療
機器管理センター・臨床
工学技士長)
15:00〜16:00
一般演題
洗浄4
70〜74
座長:水谷 光(大阪労災病院)
⑤生体情報モニタの役割
-安全性の確保の為に-
長谷川 悦郎
(フクダ電子㈱営業本
部モニター営業部)
⑥座 長発言 外科医と手術
室内音,
モニタ画面
佐藤 一史
(福井大学医学部附属病
15:00〜17:00
15:00〜17:00
大会優秀演題発表・閉会の辞
指定
講演
①座長発言 手術室の環境音
デシベルと音の性質について
Mr. Wayne Spencer(Spencer Nickson
Ltd , Healthcare Facilities Consultants)
17:00
2
「FDA UDI
招聘
講演
(Unique Device
同時通訳
14:00〜15:00
の材料部と手術部の関係」
16:00
12:10~13:00
12:10~13:00
展示ホールA
Services in
「中央材料部における医 the UK - From Basement 「麻酔を支えるME機器の
療機器の安全管理とメン to the Boardroom」
紹介」
「コンプライアンスに基づ 馬場 洋(新潟大学医歯学総合病院 麻
テナンス」
酔科・教授)
くイギリスの中材業務ー
地下室から重役室へ」
13:00
10:00
座長:佐久間 一郎
ランチョンセミナー 6
(共催:ドレーゲル・
メディカルジャパン㈱)
(Spencer Nickson Ltd , Healthcare Facilities Consultants)
展示会場
座長:松浦 健
一般演題
部臨床工学科・教授)
10:00〜11:00
3
4 「2次元シンボルダイレク
トマーキング技術指針
第4会場
戸畑 裕志
(九州保健福祉大学保健科学
石川 紀彦
(金沢大学心肺・総合外科・講師)
座長:伊藤 博徳(金沢大学附属病院 手術部・副部長)
11:00
教育
講演
9:00〜10:00
一般演題
2 「我が国における
ロボット支 援 手
橘 政昭
(東京医科大学・主任教授)
第3会場
院 手術部・副部長)
16:00〜16:50
16:00
15:00〜16:00
15:10〜16:10
第3会場
14:00〜15:00
滅菌1
9:00〜9:50
滅菌2
9:50〜10:40
滅菌3
6月
第4会場
14:00〜14:50
人工呼吸器
16:00〜17:00
感染防止
日金
13
17:00〜18:00
臨床工学1
9:00〜10:00
保守管理1
第5会場
10:00〜11:00
保守管理2
14:00〜15:00
臨床工学2
9:00〜10:00
洗浄1
10:00〜11:00
第3会場
洗浄2
15:00〜16:00
洗浄3
6月
16:00〜16:50
洗浄4
日土
14
9:00〜10:00
手術室1
10:00〜11:00
第4会場
手術室2
11:00〜11:50
洗浄5
14:00〜15:00
臨床工学3
座長:谷野 雅昭(川崎医科大学)
1
2
3
4
5
6
乾燥工程のいらないオートクレーブ滅菌法の検証
過酸化水素ガスを用いた滅菌器における滅菌機序について
当院における過酸化水素ガス滅菌の検証
自作PCDを用いた過酸化水素ガスの浸透性の検証
LTSF
(Low Temperature Steam Formaldehyde)滅菌装置の有効性
ホルムアルデヒドガス滅菌装置の実際
古畑 貞彦・他
花田 康史・他
小湊 京子・他
石本 洋子・他
森 正史
森 正史
信州大学医学部附属病院
㈱エルクエスト
JA福島厚生連白河厚生総合病院 中央滅菌室
福井大学医学部附属病院 滅菌管理部
福島県産業創出課医療関連産業集積推進室
福島県産業創出課医療関連産業集積推進室
7 定期的な蒸気浸透性試験によるホロー型PCDの有用性
8 ホロー型PCDによる蒸気滅菌モニタリング
9 超短時間判定用生物学的インジケータの性能評価
10 インプラントに関する1時間判定の生物学的インジケータの有効性
11 単回使用器材の再生使用防止インジケータの開発
山佐 瞳・他
大野 弘嗣・他
木村 登・他
島崎 豊・他
作村 武志・他
東京都立多摩総合医療センター 小牧市民病院 手術室
スリーエムヘルスケア㈱ 感染管理製品技術部
愛知県厚生連海南病院 感染制御部
㈱サクラクレパス
12
13
14
15
16
当院中央滅菌室業務にRO水を使用する事の意義-臨床工学技士業務の経験を活かして滅菌物ロット管理におけるラベリングシステムの使用状況実態調査
滅菌コンテナの特性確認および適正な運用法について
院外滅菌システムを導入した病院事例における材料滅菌部の運用と建築・設備
洗浄・滅菌部門の重要性を発信するー院内セミナーを実施してー
藤原 崇晃・他
坂田 真裕・他
山根 貫志・他
石橋 達勇・他
山下 由美子
特定医療法人三栄会ツカザキ病院 診療技術部 臨床工学科
㈱名優 営業部 営業企画課
㈱名優
北海学園大学工学部建築学科
倉敷成人病センター 臨床工学科
17
18
19
20
21
人工呼吸器リセット機能発動時に情報管理システム構築が安全確認に有用だった症例
人工呼吸器管理における医療機器連携システムの導入
呼吸療法管理システムの構築とその運用
陰圧呼吸装置を用いた肺内薬物沈着率についての研究
在宅人工呼吸器使用中に起きた酸素加湿流量計破裂事例の報告
八反丸 善裕・他
市山 智義・他
藤掛 拓也・他
会田 瑛里子・他
金城 依子・他
東京大学医学部附属病院 医療機器管理部
佐賀大学医学部附属病院 MEセンター
㈱日立製作所日立総合病院 臨床工学科
帝京大学ちば総合医療センター 臨床工学部
飯塚病院 臨床工学部
22
23
24
25
26
27
医療機器の汚染の現状と清拭の有効性評価
ATP検査による輸液ポンプ汚染度と各種消毒薬の洗浄・消毒効果に関する検討
指先動作を想定した手術用手袋内細孔の微生物通過に関する研究
日常清掃マニュアルの標準化ー病院-清掃会社-メーカ協働での作成の試みー
高出力プラズマクラスターイオン発生装置を用いた保管庫内除菌効果の検討
MDR-TB手術時の空気感染対策実施状況の確認
加藤 知子・他
菊池 雄太・他
楠 綾介・他
佐藤 久美
成 功・他
佐藤 厚子・他
宇治徳洲会病院 臨床工学救急管理室
埼玉医科大学国際医療センター MEサービス部
北海道工業大学大学院工学研究科医療工学専攻
公益財団法人ライフ・エクステンション研究所付属 永寿総合病院 感染制御部
長崎総合科学大学大学院
公益財団法人結核予防会複十字病院 医療安全管理部
28
29
30
31
32
33
国立大学病院手術部において臨床工学技士に期待される業務
当院MDIC取得臨床工学技士の取り組み
e-ラーニングを活用した教育プログラムの構築とその効果
AEDのパッド間に水分がある場合にエネルギーを出力した際の安全性に関する研究
電気メスの放射電磁界測定に関する基礎検討
手術環境下での電気メスからの放射電磁波電界強度の定量測定ー可視化システムの構築ー
南 正人・他
生嶋 政信・他
本田 勇二・他
堀 純也・他
向井 信二・他
中島 章夫・他
大阪大学医学部附属病院 手術部
医療法人豊田会刈谷豊田総合病院 診療技術部 臨床工学科
㈱日立製作所日立総合病院 臨床工学科
岡山理科大学理学部応用物理学科医用科学専攻
九州保健福祉大学大学院
(通信制)
保健科学研究科
杏林大学保健学部臨床工学科先臨床工学研究室
34
35
36
37
38
39
安全管理システムの更新を経験して
血液浄化部門における医療機器連携システムの導入
在宅酸素療法における臨床工学技士の関わり
パルスオキシメータの中央管理化ー快適な使用環境を目指してー
Ni-Cd蓄電池の充放電器による管理方法について−容量低下での交換の判断−
バッテリ充放電器の使用経験報告
勝又 絢一・他
平方 希三生・他
松尾 靖子・他
山口 智・他
天内 雅人・他
岩藤 晋・他
みやぎ県南中核病院 臨床工学科
佐賀大学医学部附属病院 MEセンター
公益財団法人結核予防会複十字病院 医療機器管理室
大阪医科大学附属病院 臨床工学室
旭川医科大学病院 診療技術部臨床工学技術部門
岡山大学病院 臨床工学部
40
41
42
43
44
45
自動電波調整無線LANにおけるICタグ運用−送信ch数低減が位置推定精度へ及ぼす影響−
特定小電力UHF帯RFIDリーダを用いた医療機器管理方法の検討
病棟間の又貸しの規制がなくなった無線LANを用いた医療機器位置情報管理システム
当院の医療機器保守管理体制−アウトソーシングからの移行を経験して−
電気メスの放射電磁波を利用した高周波電流測定センサ試作と使用前点検への有用性評価
消費電流値による機器稼働状況の検討
松月 正樹・他
菊池 雄太・他
長見 英治・他
川田 弾・他
荒井 美保・他
林 裕樹・他
三重大学医学部附属病院 臨床工学部
埼玉医科大学国際医療センター MEサービス部
千葉労災病院 臨床工学部
高知県・高知市病院企業団立高知医療センター 医療局臨床工学科
北里大学大学院医療系研究科医療安全工学
名古屋大学医学部附属病院 臨床工学技術部
46
47
48
49
50
51
持続的血液濾過透析施行時の炭酸カルシウム析出にポンプ形状が及ぼす影響
内シャント穿刺のパラメータに関する研究
テーブルタップの安全使用に関する検討
実習機器作製に関する研究「除細動器出力測定装置の作製と評価」
院内における無線LAN環境調査
透析患者の抜針事故防止のための体動感知センサの開発
藤原 康作・他
日暮 英美・他
古川 倫与・他
中野 信志・他
川邉 学・他
井田 智也・他
北里大学医療衛生学部臨床工学専攻医療安全工学
千葉中央メディカルセンター 臨床工学課
東京工科大学医療保健学部臨床工学科
九州保健福祉大学大学院 (通信制)
保健科学研究科
埼玉医科大学保健医療学部医用生体工学科
埼玉医科大学保健医療学部医用生体工学科
52
53
54
55
56
57
整形外科ドリルアタッチメント内腔の洗浄評価ーメーカ推奨洗浄方法への疑問ー
器械洗浄がおこなえないセミリユース製品の洗浄評価
鉗子を90°
に開き保持可能な試作品使用による洗浄評価判定の比較
内視鏡洗浄消毒器の洗浄効果の検証
消化器内視鏡の洗浄評価
残留タンパク質量測定による消化器内視鏡の洗浄評価
児玉 要輔
横土 由美子
棚橋 正子・他
冨樫 清英・他
増田 佳晃・他
高橋 陽一・他
医療法人積発堂富永草野病院 手術室
千葉県がんセンター 中央材料室
東北大学病院 材料部
北見赤十字病院 物流情報管理室管理課滅菌係
鴻池メディカル㈱宮城営業所 北日本事業部 病院サポート課
社会医療法人生長会府中病院 感染管理室
58
59
60
61
62
63
手術支援ロボット用エンドリストの洗浄方法の検討
手術支援ロボットの鉗子用洗浄ラックによる洗浄能力の検証
手術支援ロボットインストゥルメントの洗浄評価方法の検討
ロボット手術に使用されるインストゥルメントの洗浄方法と洗浄評価について
手術支援ロボットインストゥルメントの洗浄力を向上させる一法
手術支援ロボット用操作鉗子の汚染箇所
古賀 康治・他
古畑 貞彦・他
藤田 敏・他
島崎 豊・他
栗木 恭治・他
齋藤 祐平・他
熊本大学医学部付属病院 中央材料部内
(日本ステリ㈱)
信州大学医学部附属病院
クリーンケミカル㈱
愛知県厚生連海南病院 感染制御部
クリーンケミカル㈱ 企画開発部
東京大学医学部附属病院 手術部
64
65
66
67
68
69
洗浄手順支援システムの研究開発
洗浄バリデーション要件の確立
WD前浸漬洗浄廃止に向けたWD高温洗浄プログラムの構築
卓上型ウォッシャーディスインフェクターの有用性の検討
減圧沸騰洗浄器の洗浄及び濯ぎ性能に関する実証確認
業者貸出し手術器械
(LI)の洗浄業務委譲への取り組みー看護補助者への教育ー
石野 直己・他
下前 惠・他
小林 誠・他
田村 要・他
青木 博幸・他
川上 千森
浜松医科大学病院 材料部
広島大学病院 SPDセンター
公益財団法人日本心臓血圧研究振興会付属榊原記念病院 医療機材管理課
特定医療法人三栄会ツカザキ病院 診療技術部 臨床工学科
ワタキューセイモア㈱
鹿児島市立病院 看護科中央手術室
70
71
72
73
74
硬性膀胱鏡セットの中央処理化に向けた取り組みと評価
当院における内視鏡洗浄消毒装置の機器管理について
当院における眼科マイクロ器械の洗浄工程の検証
血液凝固防止剤使用の有無による洗浄効果の検討
マイクロ手術器械バスケットの製作・運用—洗浄、滅菌、術野での運用後の効果検証−
石本 洋子・他
柴森 直也・他
小湊 京子・他
山佐 瞳・他
瀬底 大介・他
福井大学医学部附属病院 滅菌管理部
大阪医科大学附属病院 消化器内視鏡センター
JA福島厚生連白河厚生総合病院 中央滅菌室
東京都立多摩総合医療センター
琉球大学医学部附属病院 看護部
中瀬 有遠・他
岩田 美月・他
久田 友治・他
村田 昂平・他
石田 稔・他
古田 真也・他
西陣病院 外科
社会福祉法人京都社会福祉事業団西陣病院 手術室
琉球大学医学部附属病院 手術部
健和会みさと健和病院ME課
KKR斗南病院 臨床工学部
㈱アムコ
鈴木 真紀子・他
鈴木 克尚・他
池田 鮎美・他
立道 幸子・他
酒井 順哉・他
林 倫大・他
聖隷浜松病院 臨床工学室
聖隷浜松病院 臨床工学室
千葉大学医学部附属病院 手術部
特定医療法人三栄会ツカザキ病院
名城大学大学院都市情報学研究科保健医療情報学
㈱アムコ
鶴島 信孝・他
森 正史
鈴木 繁哉・他
大石 貴幸
四宮 聡・他
サクラ精機㈱
福島県産業創出課医療関連産業集積推進室
キッコーマンバイオケミファ㈱
大崎市民病院 感染管理部
箕面市立病院 チーム医療推進部ICT
長見 英治・他
馬場 俊・他
高橋 茉鈴・他
岡田 隆・他
石山 陽大・他
熊倉 強史・他
千葉労災病院 臨床工学部
新東京病院
埼玉医科大学保健医療学部医用生体工学科
新潟大学医歯学総合病院 臨床工学部門
医療法人秀和会 秀和総合病院
新潟大学医歯学総合病院 診療支援部臨床工学部門
座長:柴田 義浩(熊本再春荘病院)
座長:河野 太郎(宮崎大学)
座長:酒井 基広(東京女子医科大学)
座長:尾家 重治(山口大学)
座長:野口 悟司(大阪大学)
座長:久保 仁(東京大学)
座長:三島 博之(九州大学)
座長:中島 章夫(杏林大学)
座長:石野 直己(浜松医科大学)
座長:久保田 英雄(東京医科歯科大学)
座長:上寺 祐之(東京大学)
座長:水谷 光(大阪労災病院)
座長:佐藤 博信(春日部市立病院)
75
76
77
78
79
T80
腹腔鏡手術時に5mmポートから外科材料を挿入する新規デバイスの開発
ラパロ手術におけるディスポ製品のキット化の評価ー準備時間短縮と環境への配慮ー
後発の医療材料である針糸の経済性と安全性の評価
反力計測が可能な内視鏡下ステープリング用マニピュレータの開発
生体組織の湿潤の違いによる超音波凝固切開装置の切離時間の比較
電気手術器ソフト凝固におけるメス先への生食滴下による効果
81
82
83
84
85
T86
新しい吸入麻酔薬導入に伴う術中運動誘発電位
(MEP)測定方法の検討
麻酔器トラブル事例からの安全対策への取り組み
多職種間の連携による手術部における安全性の向上と経済効果
手術管理システム導入による効果
Quad Core型手術部平面モデルにおける医療器材供給の時間短縮に関する評価研究
サージカルスモーク排煙装置の検証
座長:堀口 剛(秋田大学)
座長:伏見 了(東京医療保健大学大学院)
87
88
89
90
91
医療器材の汚れ残留度計測方法の検討
各種洗浄装置の一般洗浄評価
洗浄剤を抽出液に用いた抽出ATP+AMP検出法による医療機器洗浄度評価方法の検討
異なるアデノシン三リン酸測定器および4試薬間における相関関係
次亜塩素酸ナトリウムによるATP測定への影響
92
93
94
95
96
97
手術中の画像ナビゲーションシステムの使用経験
画像処理による膵臓損傷解析
IABP装置の遠隔監視システムの構築
小児心臓カテーテル検査におけるアコースティック呼吸数モニタリングの使用経験
大きな把持力が確保可能な人工心肺用鉗子の開発 当院における人工心肺自動記録システムの作成と使用後の修正点
座長:目黒 勉(医薬品医療機器総合機構)
5
第4会場
15:00〜16:00
教育・
業務管理
9:00〜10:00
保守管理3
10:00〜11:00
6月
技術開発・
改良
第5会場
日土
14
11:00〜12:00
医療安全対策1
14:00〜15:10
医療安全対策2
15:10〜16:10
医療安全対策3
日金・ 日土
14
ポスター会場
6月
13
座長:高松 純(姫野病院)
98
99
100
101
102
103
多職種によるBLS-AED教育のあり方に関する研究
中央材料室スタッフの業務拡大は手術室の効率化を促進できるか
院内委託滅菌業務における事業所内研修の実施報告
(続報)
滅菌供給業務における標準作業手順書のあり方について
滅菌供給業務に関する教育支援への現状とニーズ調査
滅菌供給業務に関する教育支援への調査から見えた具体的なセンター設置計画の検討
104
105
106
107
108
109
1機器1患者使用後の返却点検を実施して
輸液ポンプ使用時のフリーフロー防止機構の開発
輸液ポンプに関する保守点検の普及策に関する検討
輸液ポンプのバッテリ管理について
シリンジポンプにおける閉塞圧警報発生時間についての検討
シリンジポンプにおけるLi-ionバッテリの経年変化
110
111
112
113
114
T115
医療機器のトランスレーショナルリサーチにおける大学の役割
LED光源を用いた経鼻栄養チューブの位置確認法
3Dエコー画像下穿刺で両手操作を可能とするプローブ保持機構の構築
大腸における組織内炎症細胞比率計測法の研究−正常組織とがん組織の比較−
重度障害者のための操作支援装置における口腔内リモートコントローラーの改良
石英ガラスを用いて接触視野確保を可能とした内視鏡先端キャップの開発
116
117
118
119
120
T121
高気圧酸素治療時における非接触温度センサを用いた使い捨てカイロの検出に関する研究
転倒防止機能を備えた点滴台の開発
胸腔ドレナージユニットの固定ホルダーに求められる機能と条件
内視鏡外科手術に関する安全対策-臨床工学技士の視点から透析患者の電子聴診器によるシャント音の評価法の検討ー第1報ー
鉗子点検時におけるインスルスキャンⓇ(絶縁不良検知器)の有用性
122
123
124
125
126
127
128
医療機器の添付文書の改訂項目に関する調査
過去5年間における医療機器の回収に関する研究 -回収件数の分析結果から過去5年間における医療機器の回収に関する研究 -回収期間の分析結果から小型ME機器の院内所在管理における920MHz帯パッシブRFIDタグの対金属親和性評価
電子カルテへの記録を可能にした医療機器トレーサビリティの構築
RFIDタグ付ガーゼによるガーゼ管理システム-ミニ豚手術での評価-第3報
EASステッカー・POPの目視で電磁障害の注意喚起は理解できるか
129
130
131
132
133
134
医療機器安全管理体制の構築ー医療機器安全管理責任者としての取り組みー
医療機器研修におけるシミュレーション導入について
医療ガス関連の医療事故を防止するための試み
気泡発生に伴う輸液ポンプ停止に関する検証と薬液内気泡発生に関する検討
針刺し・切創への取り組み
材料管理部職員
(非看護師)による術後手術器械再カウントの有用性について
座長:松浦 健(東北大学)
座長:佐久間 一郎(東京大学)
座長:西村 チエ子(国保依田窪病院)
座長:白石 義人(藤枝市立総合病院)
座長:最首 俊夫(みやぎ県南中核病院)
13日金 15:15〜15:45
フリーディスカッション
14日土 13:15〜14:45
フリーディスカッション
P1 単純X線像による臼蓋被覆評価ソフトACX dynamicsの開発-骨盤回旋アルゴリズムの導入P2 当院AED用ディスポパッドの運用
PT3 手術台用防水マットレスの開発
P4 ユーザビリティに配慮した移動式映像統合ユニットの実用化への試み
P5 低温蒸気ホルムアルデヒド滅菌併用高圧蒸気滅菌器を導入して
P6 WDを用いた洗浄評価ー各プログラムにおける洗浄インジケータと直接判定法評価ー
PT7 ウォッシャーディスインフェクター(WD)の洗浄インジケータ結果を考察する
P8 窒素ガスプラズマ処理がプリオン病原体に与える影響の解析
P9 看護師が持つスマートフォンへの高圧蒸気滅菌用BI結果送信試験の評価
P10 連携医療機関の開頭手術開始に伴う洗浄・滅菌業務への支援
P11 耳鼻科吸引嘴管の一次処理の手法について
P12 当院における鏡視下手術録画システムの構築と運用について
P13 RI法を用いた携帯型ガンマ線検出器使用開始時の当院での放射線測定による安全の確認
ランチョンセミナー
国家公務員共済組合連合会東海病院 臨床工学科
千葉県がんセンター 中央材料室
㈱エフエスユニマネジメント 事業管理部 ㈱エフエスユニマネジメント 事業管理部 東北大学病院 材料部
東北大学病院 材料部
梅垣 亮介・他
西澤 拓眞・他
石原 美弥・他
岩藤 晋・他
菊地 武・他
南谷 克明・他
社会福祉法人恩賜財団済生会兵庫県病院 臨床工学科
帝京平成大学現代ライフ学部情報サイエンス学科臨床工学コース
防衛医科大学校 医用工学講座
岡山大学病院 臨床工学部
昭和大学横浜市北部病院 ME室
旭川医科大学病院 診療技術部臨床工学技術部門
吉川 典子
大和 靖彦
淺原 佳江・他
石川 和花・他
寺島 正二郎・他
大澤 恵・他
神戸大学大学院医学研究科 トランスレーショナルリサーチイノベーションセンター
くまもと芦北療育医療センター 診療部
倉敷芸術科学大学医用科学教育センター
東京工科大学医療保健学部臨床工学科
新潟工科大学工学部機械制御システム工学科
浜松医科大学光学医療診療部
渡邊 琢朗・他
関矢 和樹・他
片岡 大輔・他
今田 寛人・他
二宮 淳一・他
菅原 一樹・他
広島工業大学生命学部生体医工学科
帝京平成大学現代ライフ学部情報サイエンス学科
昭和大学医学部呼吸器外科
広島赤十字・原爆病院 臨床工学課
プロフェッショナル・ドクターズ・ネット 健康医療科 ㈱アムコ 技術部
廣瀬 稔・他
石田 開・他
石田 開・他
保坂 良資・他
中村 直樹・他
花村 亮・他
酒井 順哉・他
北里大学医療衛生学部臨床工学専攻
北里大学大学院医療系研究科
北里大学大学院医療系研究科
湘南工科大学工学部人間環境学科
浜松医療センター 臨床工学科
川本産業㈱
名城大学大学院都市情報学研究科保健医療情報学
工藤 絢子
大内 智之・他
樫野 真・他
藤原 太郎・他
長瀬 仁・他
村越 智・他
社会福祉法人聖隷福祉事業団聖隷横浜病院 臨床工学室
なめがた地域総合病院 臨床工学部
徳島文理大学保健福祉学部臨床工学科
日本工学院専門学校医療カレッジ臨床工学科
小牧市民病院 感染対策室
東京大学医学部附属病院 材料管理部
小山 博史・他
大野 俊夫・他
高橋 政則・他
吉村 政信・他
鈴木 祥仁・他
市川 ゆかり・他
保坂 和恵・他
作道 章一・他
江守 直美・他
山田 眞弓・他
久保木 修・他
宮澤 英明・他
尾上 典子
浜松医科大学医学部整形外科
聖マリアンナ医科大学病院 クリニカルエンジニア部 ミズホ㈱ 開発マーケティング技術部
社会福祉法人大阪暁明館 大阪暁明館病院 臨床工学科
新城市民病院 診療支援部臨床工学課
旭川赤十字病院 感染管理室
公益財団法人結核予防会 複十字病院 中央材料室
琉球大学医学部保健学科
福井大学医学部附属病院 看護部
社会医療法人医仁会中村記念病院 医療安全管理部 感染対策室
㈱エフエスユニマネジメント 事業管理部 人材育成教育
財団法人長野市民病院 診療技術部 臨床工学科
広島赤十字・原爆病院 手術部
ランチョンセミナー ●13日(金)12:10〜13:00 第1~3会場 ●14日(土)12:10〜13:00 第1~3会場
メディカ ル ショー 出 展 企 業 一 覧( 5 0 音 順 )
あ
1 ㈱アスカメディカル‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ G-5
2 アトムメディカル㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ F-8
3 ㈱アムコ‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ E-8
4 アムテック㈱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ D-9
5 アルフレッサ ファーマ㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ D-6
6 五十嵐医科工業㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ E-4
7 乾商事㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ D-5
8 (一財)医療情報システム開発センター‥‥‥‥ A-5
9 医療用機能・要素部品パビリオン‥ ‥‥‥‥‥ A-7
10 ㈱イマック‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ C-8
11 ㈱ウドノ医機‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥D-10
12 ㈱エバ‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ D-3
13 ㈱エムエス‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ F-3
14 ㈱オーセンアライアンス‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ G-4
15 オカモト㈱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ B-6
16 オリンパスメディカルシステムズ㈱‥‥‥‥‥‥ C-2
か
17 カイインダストリーズ㈱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
18 川本産業㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
19 キッコーマンバイオケミファ ㈱‥‥‥‥‥‥‥‥
20 キヤノンライフケアソリューションズ㈱‥‥‥‥‥
21 クリーンケミカル㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
22 ㈱グレープシステム‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
23 ケイセイ医科工業㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
24 ゲティンゲ・ジャパン㈱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
25 ㈲礫川システムデザイン事務所‥‥‥‥‥‥‥
26(一財)国際医学情報センター‥‥‥‥‥‥‥
6
渡邊 雅俊・他
横土 由美子
久保木 修・他
久保木 修・他
藤島 宏美・他
金澤 悦子・他
F-6
B-7
C-1
B-4
E-6
E-2
E-5
A-4
F-4
C-9
さ
27 サクラ精機㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ D-2
28 ㈱サン・システム‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ A-2
29 GEヘルスケア・ジャパン(株)‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥I-3
30 シミック㈱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ C-7
31 ジェイメディカル㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥I-6
32 シャープマニファクチャリングシステム㈱‥‥‥‥ F-5
33 ジョンソン・エンド・ジョンソン㈱‥ ‥‥‥‥‥‥ F-9
34 スリーエム ヘルスケア㈱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ F-1
35 泉工医科工業㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ F-7
36 ソルブ㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥I-4
た
37 第一照明㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
38 大正医科器械㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
39 ㈱タカゾノ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
40 ㈱竹内製作所‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
41 竹内精工㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
42 チェスト㈱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
43 チヨダエレクトリック㈱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
44 ㈱東機貿‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
45 ㈱トライテック‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
な
46 ㈱ニチオン‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
47 日油技研工業㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
日本家族計画協会‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥
48(一社)
49 日本光電工業㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
50 日本臓器製薬㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
51 日本フリッツメディコ㈱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
B-2
H-5
H-1
C-5
A-3
D-8
H-7
A-6
B-5
H-2
D-1
G-1
C-4
B-3
B-1
は
(2014年4月28日現在)
52 ハイウィン㈱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
53 ㈱ファーストレイト‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
54 福島県‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
55 フクダ電子㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
56 富士ゼロックス㈱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
57 ㈱フジフレックス‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
58 ㈱ホギメディカル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
D-4
D-7
F-2
G-2
E-3
C-6
H-4
ま
59 三浦工業㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ E-7
60 ミズホ㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ G-3
61 村中医療器㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ H-3
62 ㈱名優‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ E-1
63 ㈱メッツ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ C-3
64 メディア㈱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥C-10
65 ㈱メディエート‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥I-1
66 ㈱メディプロ・ジャパン/エレクター㈱‥‥‥‥‥ A-1
67 ㈱モレーンコーポレーション‥‥‥‥‥‥‥‥‥ H-6
や
68 山田医療照明㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥C-11
69 ㈱ユニメディック‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ B-8
ら
70 リーダー電子㈱‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥I-5
71 ローランド・ディー・ジー㈱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥I-2
展示会場案内図
当社は以下のブースに出展しています。
No.
出展企業名
A-7
商談スペース
医療用ロボット
(ダ ・ヴィンチ) 展示
医科器械
資料展示
ステージ 映写台
ドリンクコーナー
ジェイ
メディカル
C-4
E-4
E-3
A-2
A-1
メッツ
D-2
A-4
A-3
システム
B-3
サン・
C-5
D-3
B-5
A-5
ゲティンゲ・ジャパン
C-6
A-6
医療情報システム
開発センター
C-3
第一照明
F-1
D-4
フジフレックス
日本光電工業
G-1
名優
タカゾノ
日本家族計画協会
スリーエム
ヘルスケア
F-3
E-5
サクラ精機
エムエス
福島県
ニチオン
H-1
フクダ電子
車両展示
G-2
五十嵐 富士 グレープ
医科工業 ゼロックス システム
F-2
H-2
E-6
F-4
D-5
B-6
Ⓐ
竹内精工
F-5
H-3
F-6
B-7
B-4
トライ 日本臓器
テック 製薬
礫川システム
デザイン事務所
C-8
C-7
オカモト
シャープマニファクチャリング
システム
C-9
B-8
東機貿
I-1
カイ
インダストリーズ
D-6
ユニメディック
キヤノン
ライフケア
ソリューションズ
村中医療器
泉工医科工業
D-8
アルフレッサ
ファーマ
竹内
製作所
ミズホ
D-7
乾商事 エバ
ホギメディカル
E-7
ハイウィン
メディエート
F-7
ケイセイ
医科工業
I-2
G-3
クリーン
ケミカル
ローランド・
ディー・ジー
H-4
C-11 C-10
国際医学
情報センター
Ⓑ
川本産業
D-9
ファースト
レイト
GEヘルスケア・ジャパン
I-3
D-10
シミック
E-8
F-8
Ⓒ
メディア イマック
G-4
Ⓓ
山田
H-5
Ⓔ
医療照明
H-6
Ⓕ
F-9
ジョンソン・エンド・
ジョンソン
三浦工業
モレーンコーポレーション
I-4
Ⓖ
G-5
アスカ
メディカル
大正医科 オーセン
器械 アライアンス
アムテック
I-5
Ⓗ
アムコ
ソルブ
H-7
チヨダエレクトリック
ウドノ チェスト
医機
Ⓘ
企業プレゼンテーション
スペース
アトム
メディカル
I-6
リーダー電子
医療用機能・
要素部品パビリオン
スクリーン
B-2
メディプロ・ジャパン/エレクター
E-2
E-1
オリンパス
キッコーマン 日本フリッツ
日油技研工業 メディカルシステムズ バイオケミファ メディコ
D-1
C-2
C-1
B-1
展示会場内でのカメラ・ビデオ撮影は禁止します。
7
企 業プレゼンテーション 時 間 割 表
会期中、出展社によるプレゼンテーションを開催します。出展各社から展示内容について詳しい説明が聞けるチャンス
ですので、是非ご参加ください。聴講は無料ですが、座席数に限りがございます。
開催時間
6月12日木
6月13日金
6月14日土
スピード低温滅菌システムEs-700iのご紹介
キヤノンライフケアソリューションズ㈱
10:30~11:00
11:00~11:30
11:30~12:00
12:00~12:30
高い感染予防性能とプライバシーが防止できる『カーテン』に替
わる
『スクリーンシステム』のご紹介
㈱モレーンコーポレーション
12:30~13:00
リアルタイムロケーションの進化
㈲礫川システムデザイン事務所
13:00~13:30
ATP+AMPふき取り検査の活用について
キッコーマンバイオケミファ㈱
Medical Deviceの学術情報活用と管理
~安心・安全な資材作成と製品情報管理ツールの活用~
(一財)国際医学情報センター
13:30~14:00
14:00~14:30
手術器材滅菌・洗浄管理システム~トレーサビリティの確立~
㈱メッツ
14:30~15:00
手術消費を物流に生かす ~ CriNavシステム・medDISPENSE ~
㈱メディプロ・ジャパン/エレクター㈱
15:00~15:30
医療機器管理システム
「MEDICSON」の信頼性
(一財)医療情報システム開発センター
15:30~16:00
滅菌管理システムの重要性
(GS1に基づく安全管理と業務標準の両立)
㈱サン・システム
16:00~16:30
病棟における医用器材の再生処理~小型WDの運用~
㈱ニチオン
16:30~17:00
輸液ポンプテスタIDA-5の有用性について
大正医科器械㈱
※発表者の都合により、プレゼンの中止またはプレゼンの演題名が変更になることもありますので、予めご承知おきください。
新潟・朱鷺メッセ
会場のご案内
〒950-0078 新潟市中央区万代島6番1号 http://www.tokimesse.com/
古町通
リムジンバス 約25分
柾谷小路
柳都大橋
新潟空港からの
バス路線
● 新潟グランドホテル
ホテルオークラ新潟 ●
● ANAクラウンプラザ
● バスセンター ホテル新潟
福 岡
新潟駅
けやき通
仙 台
● 南口バスターミナル
新潟バイパス
一般社団法人
約1時間15分
大阪国際空港(伊丹空港)
約55分
中部国際空港
約55分
福岡空港
約1時間40分
紫竹山I.C.
日本医療機器学会事務局
新発田
→
名古屋
大 阪
東北新幹線
大 宮
上越新幹線
約3時間50分
約2時間
上越新幹線
上越新幹線
約3時間30分
東海道新幹線
東海道新幹線
東 京
上越新幹線
約5時間
新潟駅
東 京
笹出線
弁天I.C.
新千歳空港
■ 鉄道をご利用の場合
万代口バスターミナル ●
上越新幹線
大 阪
名古屋
明石通
新潟駅からのバス路線
←北陸自動車道
新潟西I.C 桜木I.C.
新潟バイパス経由 約12キロ 約20分(紫竹山I.C.を利用)
札 幌
栗の木バイパス
東大通
越後線
約20分
徒歩
新潟空港
ラブラ万代 ●
新潟伊勢丹 ●
●
新潟東警察署
約5分
タクシー
■ 飛行機をご利用の場合
国内
昭和大橋
I
.
C
.
約15分
萬代橋
新潟駅からの徒歩順路
八千代橋
北陸自動車道
新潟西
上大川前通
路線バス
(佐渡汽船行
朱鷺メッセ停下車)
朱鷺メッセ
新潟中郵便局 ●
● 佐渡汽船
約20分
新潟駅
朱鷺メッセ
本町通
タクシー
南口 万
代口
みなとぴあ
(新潟市歴史博物館)
●
東堀通
新潟空港
西堀通
NEXT21
●
(2014年4月28日現在)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
2 593 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content