close

Enter

Log in using OpenID

2014 電池関連市場実態総調査 中巻

embedDownload
~最新マーケティング調査資料のご案内~
2014
電池関連市場実態総調査
中巻
上巻:次世代・グローバル電池市場の全貌
中巻:LIB用電池制御部品とパック組立市場、LIB主要製品市場&電池関連企業戦略の全貌
下巻:注目材料技術・市場の全貌
詳細内容案内(本誌見本)
※ご担当・関連部署への
ご紹介をお願いいたします。
・Li-Tec Battery GmbHのDaimlerによる100%子会社化や、ソニーの電池事業売却の見送りなど、電池メーカーを取り巻く環境が変化しているようにも
見受けられる。
・今回、電池メーカー動向について、企業事例として日系、韓国系、中国系、欧米系の主要28社を取り上げ、電池事業の取り組み状況について現地調査を
含め詳細に調査している。 2013年のハイライトとしては、パナソニックはTesla社向けのリチウムイオン二次電池(シリンダ)とSamsung Galaxy向けの
高付加価値リチウムイオン二次電池(角)で巻き返しを図り、ソニーは中国ハイエンドスマートフォンで高いシェアを獲得するなど、円安傾向により日系
メーカーに元気が戻りつつある。またSamsung SDIはnon-IC製品である電動工具やE-Bikeに注力度をシフトしており、LG Chemicalは引き続きApple社の
サプライヤとして出荷が好調であるほか、車載用でも好調に推移している。
・これらの電池メーカーは、製品価格の低下により収益性が悪化しているなかで、得意とする種類の電池事業に経営資源を集中させ、既存の需要を確保
しつつ、新たな需要の取り込みにより販売実績の確保、拡大に取り組んでいる。
・中・大型リチウムイオン二次電池については、市場の伸びしろである車載用が予測を下回っているが、徐々に拡大傾向にある。一方の電力貯蔵(ESS)用
は想定以上に市場が早く立ち上がりそうである。よってリチウムイオン二次電池メーカーは、一様にこれらの用途にて需要の獲得に乗り出している。
・モバイル/ポータブル機器では、スマートフォン市場やタブレットPC市場が急拡大している。これにより、角型のリチウムイオン二次電池に加え、
ラミネート型のリチウムイオン二次電池の需要が急拡大している。成長性の高い分野の需要を取り込むには、多角化するユーザーのニーズに応えられる
だけのラインアップの拡充がリチウムイオン二次電池メーカーには求められている。
・また電池に搭載する制御部品市場における参入メーカーにも変化が起き始めている。日本では、2011年3月に発生した東日本大震災により、電池業界のみ
ならず自動車や電子機器のサプライチェーンが大きく崩れた。サプライチェーンの混乱に乗じ、新たに中国や台湾、韓国メーカーの動きが活発化し、
かつ一定の品質と低価格での製品展開により、電池セルだけではなく制御部品でも今後海外メーカーの動きが注目される。
発
刊
要
・発刊日: (上巻)2014年2月18日 (中巻)2014年4月17日 (下巻)2014年5月下旬発刊予定
・頒価:書籍・PDF版とも各97,000円(+税)
(全巻セット割引)270,000円(+税)
書籍版にPDF版の追加:1冊につき+20,000円(+税)
・体裁: (上巻)A4版301ページ (中巻)A4版296ページ (下巻)A4版300ページ予定
・申し込み方法:最後のページのFAX申込書にてご返信下さい
・請求方法:資料ご納品後、ご請求書発送
・支払い方法:貴社規定処理/銀行振り込みにて
項
ーお申し込み・お問い合わせ先ー
株式会社富士経済 大阪マーケティング本部 第3事業部
〒541-0051 大阪市中央区備後町3-4-1(備後町山口玄ビル9F)
TEL: 06-6228-2020
FAX:06-6228-2030
目次(中巻)
Ⅲ.リチウムイオン二次電池パック組立市場編
Ⅰ.電池周辺市場総括編
1.リチウムイオン二次電池用制御部品、パック組立、応用製品市場展望(現状と将来展望) …………………………………………………………………………………………………………
1
1)リチウムイオン二次電池パック(ノートブックPC向け、タブレットPC向け、スマートフォン向け)…………………………………
69
2.リチウムイオン二次電池用制御部品市場動向
共通調査項目
①フィーチャーフォン …………………………………………………………………………………………………………
3
1.市場規模推移予測(数量)
3.供給関係
②スマートフォン ………………………………………………………………………………………………………………………………………
3
2.パッカーシェア・パッカー動向
4.今後の市場展開予測
③コンパクトDSC ………………………………………………………………………………………………………………………
3
④ポータブルゲーム機 ……………………………………………………………………………………………………………………………………
4
⑤ポータブルオーディオ・メディアプレーヤ(PMP) …………………………………………………………………………………………………………
4
Ⅳ.リチウムイオン二次電池主要応用製品編
⑥ノートブックPC ………………………………………………………………………………………………………………………
4
1)ノートブックPC ……………………………………………………………………………………………………………………………………
87
⑦充電式電動工具 ……………………………………………………………………………………………………………………………………
4
2)タブレットPC ……………………………………………………………………………………………………………………………………
91
3.リチウムイオン二次電池パック組立市場動向 3)フィーチャーフォン(従来型携帯電話) ………………………………………………………………………………………………………
95
1)応用製品における搭載セルタイプ/比率 ……………………………………………………………………………………………………………
5
4)スマートフォン …………………………………………………………………………………………………………………………………
98
2)主要パッカーの応用製品別供給状況 ……………………………………………………………………………………………………………
5
参考)携帯電話端末全体 ……………………………………………………………………………………………………………………………
104
4.注目用途の展開・需要性
5)デジタルスチルカメラ(DSC) ……………………………………………………………………………………………………………
107
1)主要応用製品の市場規模推移・予測 ……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
7
6)デジタルビデオカメラ(DVC) ………………………………………………………………………………………………………………
112
5.注目電池メーカーの戦略、取組み ……………………………………………………………………………………………………………………………………………………
9
7)ゲーム機 ……………………………………………………………………………………………………………………………………
115
6.注目電池メーカー生産拠点一覧 ……………………………………………………………………………………………………………………………………………………
19
8)ポータブルオーディオ・メディアプレーヤ(PMP) ………………………………………………………………………………………
118
7.サプライチェーンマップ
9)充電式電動工具……………………………………………………………………………………………………………………………………
121
1)全体像 ………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
29
10)電気自動車(EV)………………………………………………………………………………………………………………………………
126
2)主要メーカーのサプライチェーンマップ
11)ハイブリッド車(HEV)…………………………………………………………………………………………………………………………
134
①パナソニック ……………………………………………………………………………………………………………………………………………………
31
12)プラグインハイブリッド車(PHEV) …………………………………………………………………………………………………………
138
②ソニー …………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
32
13)電力貯蔵システム ………………………………………………………………………………………………………………………………
141
③日立マクセル ………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
33
14)電動自転車(E-Bike) ………………………………………………………………………………………………………………………
145
④Samsung SDI ……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
34
共通調査項目
⑤LG Chemical …………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
35
3.応用製品メーカーの出荷及びリチウムイオン二次電池採用状況(製品台数/セル数)
1.応用製品市場
⑥新能源科技有限公司[ATL] …………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
36
2.応用製品向けリチウムイオン二次電池市場(台/パック数/セル数) 4.リチウムイオン二次電池調達関係
⑦比亜迪股份有限公司[BYD] …………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
37
注)品目により一部調査項目が異なる
⑧天津力神電池股份有限公司[Lishen] ………………………………………………………………………………………………………………………………………………
38
⑨深圳比克電池有限公司[BAK] ………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
39
Ⅴ.電池メーカー/電池ユーザー事例編
⑩光宇国際集団公司[Coslight] ………………………………………………………………………………………………………………………………………………
40
1)FDK ……………………………………………………………………………………………………………
149
16)SK Innovation …………………………………………………………
228
8.電池事業売上高比較
2)NECトーキン ……………………………………………………………………………………………………………
154
17)新能源科技有限公司[ATL] ………………………………………………
232
1)注目電池メーカーの電池事業売上高比較 ……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
41
3)オートモーティブエナジーサプライ …………………………………………………………………………………………………………
158
18)深圳比克電池有限公司[BAK] ……………………………………………
236
2)注目電池メーカーの電池事業参入状況一覧 …………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
42
4)ジーエス・ユアサ コーポレーション …………………………………………………………………………………………………………
161
19)比亜迪股份有限公司[BYD] ………………………………………………
242
Ⅱ.リチウムイオン二次電池用制御部品市場編
5)ソニー ……………………………………………………………………………………………………………
169
20)光宇国際集団公司[Coslight] …………………………………………
248
6)パナソニック ……………………………………………………………………………………………………………
175
21)天津力神電池股份有限公司[Lishen] …………………………………
253
1)電池用保護IC (1セル直列タイプ) ………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
45
7)プライムアースEVエナジー …………………………………………………………………………………………………………
183
22)Energizer Holdings, Inc ………………………………………………
257
8)古河電池 …………………………………………………………………………………………………………
187
23)EnerSys, INC. ……………………………………………………………
260
2)電池用保護IC (セカンドプロテクションタイプ) ………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
52
9)日立化成 ……………………………………………………………………………………………………………
191
24)Johnson Controls, INC. ………………………………………………
264
3)電池残量計 (バッテリガスゲージ:スマートフォン向け、ノートブックPC向け) …………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
59
10)東芝 …………………………………………………………………………………………………………
196
25)Li-Tec Battery GmbH ……………………………………………………
269
4)電池用電流制御・遮断器 …………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
64
11)日本電気 ……………………………………………………………………………………………………………
201
26)Robert Bosch GmbH ………………………………………………………
273
12)日立マクセル ……………………………………………………………………………………………………………
206
27)Saft Groupe S.A. ………………………………………………………
277
共通調査項目
1.製品特徴
5.価格動向
2.市場規模推移、予測
6.開発・生産拠点状況
3.メーカーシェア・メーカー動向
7.今後の市場展開予測
13)Kokam / Dow Kokam ……………………………………………………………………………………………………………
212
28)VARTA Microbattery GmbH ………………………………………………
282
14)LG Chemical …………………………………………………………………………………………………………
216
ユーザー:1)Apple …………………………………………………………
286
15)Samsung SDI …………………………………………………………………………………………………………
222
ユーザー:2)Samsung Electronics ………………………………………
291
共通調査項目
4.用途別構成
注)品目により一部調査項目が異なる
1.企業概要/電池事業体制
4.今後の電池事業展開
2.電池事業内容
5.開発・生産・販売体制
3.電池事業実績推移(2012年・2013年)
6.リチウムイオン二次電池関連サプライチェーン
注)企業により一部調査項目が異なる
Ⅰ.電池周辺市場総括①・・・電池周辺市場の全体を俯瞰
中巻
1.リチウムイオン二次電池用制御部品、パック組立、応用製品市場展望(現状と将来展望)
(パック組立市場)
当資料ではノートブックPC向け、タブレットPC向け、スマートフォン向けの
バッテリパック組立市場を対象としている。パック市場は応用製品市場と連動
するが、バッテリパックの供給量は応用製品の生産量よりも若干多い。
タブレットPCとスマートフォン市場の拡大がパック市場を牽引していく。
(制御部品市場)
スマートフォンやタブレットPC市場などの拡大が、電池用保護IC、電池残量計
の市場拡大に寄与する。金額ベースの伸びが数量ベースの伸びを大幅に上回っ
ているのは、スマートフォン向け電池残量計の市場拡大が要因である。
(電池市場/応用製品市場)
リチウムイオン二次電池の応用製品を中心に、ニカド電池の採用がいまだ多い
充電式電動工具や、ニッケル水素電池の採用が現在主流のハイブリッド車、
鉛蓄電池やナトリウム硫黄電池、レドックスフロー電池などそれぞれの電池の
特徴によりすみ分けられているESS市場も対象としている。スマートフォンや
タブレットPCは今後も市場拡大すると予想されるが、これらに市場を侵食さ
れ、デジタルスチルカメラをはじめとする多くの応用製品市場が縮小すると予
想される。充電式電動工具は堅調に推移し、他の電池からの置き換えでリチウ
ムイオン二次電池搭載タイプの市場が特に好調に推移する。
パック組立市場
数量(億パック)
数量
25
20
15
10
5
0
2012
2015
2018
※ノートブックPC向け、タブレットPC向け、スマートフォン向けのパック市場
制御部品市場
電池用保護IC(1セル直列タイプ)
数量
数量(億個)
金額(億円)
1,400
数量
金額
70
60
1,200
50
1,000
40
800
30
2015年(予測)
21.1億個
103.5億円
5
2018年(予測)
22.2億個
102.4億円
0
数量
400
10
2012年(実績)
200
0
2015年(予測)
0
2012
2015
金額
2018
サンプル
応用製品向け電池セル数(左軸)
搭載電池セル数 応用製品台数
60
2015年(予測)
80,000
応用製品向け電池容量(右軸)
(電動自動車用、ESS用、電動自転車用)
50
リチウムイオン二次電池/ゲーム機・PMP
50,000
30
搭載電池セル数 応用製品台数
40,000
30,000
20
2012年(実績)
20,000
10
0
2015
LIB・NiMH/電動自動車
搭載電池容量
応用製品台数
2012年(実績)
2015年(予測)
2018年(予測)
電池容量
(MWh)
40,000
400
5
200
0
30,000
10,000
0
2018
2012年(実績)
2015年(予測)
2018年(予測)
25
2015年(予測)
サンプル
2015年(予測)
応用製品台数
0
2018年(予測)
0.8
ゲーム機・PMP台数(右軸)
0.8
0.6
0.6
0.4
0.4
0.2
0.2
0.0
2015
2018
リチウムイオン二次電池
LIB・NiCd・NiMH/充電式電動工具
搭載電池セル数
応用製品台数
2012年(実績)
サンプル
2018年(予測)
2015年(予測)
0
2012
2015
2018
2018年(予測)
タブレットPC向けセル(左軸)
10
モバイルPC台数(右軸)
8
15
6
4
5
2
0
2015
2018
DVC向けセル(左軸)
セル数(億セル)
DSC向けセル(左軸)
2.0
ビデオ/カメラ台数(右軸)
1.5
0.5
2012
2015
2018
ニッケル水素電池セル(左軸)
ニカド電池セル(左軸)
リチウムイオン二次電池セル(左軸)
セル数(億セル)
10
台数(億台)
1.4
1.2
1.0
0.8
0.6
0.4
0.2
0.0
台数(億台)
1.0
充電式電動工具台数(右軸)
8
0.8
6
0.6
4
0.4
2
0.2
0
0.0
2012
応用製品台数
2012年(実績)
2,000
台数(億台)
ノートブックPC向けセル(左軸)
20
0.0
レドックスフロー電池
その他
セル数(億セル)
2018
1.0
サンプル
搭載電池数量
ナトリウム硫黄電池
6,000
応用製品台数
LIB・鉛蓄電池/電動自転車(EーBike)
鉛蓄電池
0
2012
2012年(実績)
2015年(予測)
5
2015
0
搭載電池セル数
0
台数(億台)
1.0
サンプル
リチウムイオン二次電池/デジタルビデオ・カメラ
2015年(予測)
1
10
2018年(予測)
5
ゲーム機向けセル(左軸)
15
2012
2012年(実績)
10
1.0
20
0
搭載電池セル数
5
PMP向けセル(左軸)
金額(億円)
金額
10
リチウムイオン二次電池/モバイルPC
10
セル数(億セル)
数量
3
金額
2018年(予測)
15
2018
数量(億個)
2012年(実績)
20
2015
電池ユーザー事例
2
15
4,000
サンプル
数量
20
2012
搭載電池数量
台数(億台)
携帯電話端末台数(右軸)
電池容量
(MWh)
8,000
700
600
500
400
300
200
100
0
2018
スマートフォン向けセル(左軸)
LIB・鉛蓄電池・NAS・レドックスフロー電池・他/ESS
台数(万台)
2015
フィーチャーフォン向けセル(左軸)
セル数(億セル)
25
0.0
電動自動車台数(右軸)
2015
600
2018年(予測)
リチウムイオン二次電池
2012
サンプル
電池用保護IC(セカンドプロテクションタイプ)
800
0
20,000
サンプル
1,000
15
2015年(予測)
ニッケル水素電池
金額(億円)
金額
1,200
10,000
2018
数量
2012
60,000
40
2012
サンプル
2018年(予測)
70,000
2018
20
2012
リチウムイオン二次電池/携帯電話端末
容量(MWh)
金額(億円)
0
2012年(実績)
セル数(億セル)
電池セル市場:既刊「2014 電池関連市場実態総調査 上巻」で掲載
10
2018年(予測)
応用製品向け電池市場(LIB・NiCd・NiMH・鉛蓄電池・
NAS・レドックスフロー電池)/応用製品市場
2)
10
数量(億個)
電池メーカー事例
電池のサプライチェーンを簡単に整理すると上記のようになる。当資料では電池材料と
電池セルを除く電池関連市場と電池メーカーの戦略について調査・編集しており、当項目
では制御部品市場、パック組立市場、応用製品市場の各市場を俯瞰している。
金額
2015
応用製品市場
制御部品市場
140
120
100
80
60
40
20
0
2012
パック組立市場
電池材料市場:「2014 電池関連市場実態総調査 下巻」で掲載予定
15
116.0億円
電池セル市場2)
1)
20
21.0億個
電池残量計 (バッテリガスゲージ)
数量
電池材料市場1)
25
2012年(実績)
600
20
金額
数量(億個)
電池サプライチェーンマップと当資料でのカバー領域
サンプル
電池容量
(MWh)
30,000
2015
2018
台数(万台)
リチウムイオン二次電池
鉛蓄電池
6,000
電動自転車台数(右軸)
25,000
5,000
20,000
4,000
15,000
3,000
10,000
2,000
5,000
1,000
0
0
2012
2015
2018
※LIB:リチウムイオン二次電池、NiCd:ニカド電池、NiMH:ニッケル水素電池、NAS:ナトリウム硫黄電池、「LIB・NiCd・NiMH/充電式電動工具」の搭載電池セル数と「LIB・NiMH/電動自動車」の搭載電池容量は「2014 電池関連市場実態総調査 上巻」より
Ⅰ.電池周辺市場総括②・・・リチウムイオン二次電池用制御部品市場/リチウムイオン二次電池パック組立市場動向を把握
2.リチウムイオン二次電池用制御部品市場動向
①フィーチャーフォン
年次
応用製品・電池制御部品
フィーチャーフォ
ン
数量(百万台)
電池用保護IC
(1セル直列タイプ)
数量(百万個)
前年比
前年比
3.リチウムイオン二次電池パック組立市場動向
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
(実績) (実績) (見込) (予測) (予測) (予測) (予測)
1,050
850
750
700
650
620
580
-
81.0%
88.2%
93.3%
92.9%
95.4%
93.5%
1,157
935
825
770
715
680
640
-
80.8%
88.2%
93.3%
92.9%
95.1%
94.1%
年平均
成長率
-9.4%
-9.4%
1)応用製品における搭載セルタイプ/比率
注)セルタイプ比率の合計が100%にならないのは、リチウムイオン二次電池以外の電池が搭載されているためである。
セル数/1パック(2013年)
セルタイプ比率(2013年)
セルタイプ/比率
シリンダ
角
ラミネート
シリンダ
角
ラミネート
応用製品
ノートブックPC
2~8
4~
6~
80%
4%
16%
タブレットPC
―
―
1~3
―
―
100%
フィーチャーフォン
―
1
1
―
90%
10%
スマートフォン
―
1
1
―
60%
40%
デジタルスチルカメラ
―
1~2
1~2
―
72%
18%
デジタルビデオカメラ
2
2
―
65%
35%
―
ゲーム機
―
1
1
―
46%
54%
ポータブルオーディオ・メディアプレーヤ
―
1
1
―
29%
71%
充電式電動工具
2~16
―
―
61%
―
―
電気自動車
3,000~7,000
―
―
20%
―
―
ハイブリッド車
―
―
―
―
―
―
プラグインハイブリッド車
―
―
―
―
―
―
電動アシスト自転車
6~42
―
6~14
―
―
―
応用製品・電池制御部品
スマートフォン
数量(百万台)
前年比
電池用保護IC
(1セル直列タイプ)
電池残量計
数量(百万個)
前年比
数量(百万個)
前年比
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
(実績) (実績) (見込) (予測) (予測) (予測) (予測)
700
950
1,100
1,200
1,300
1,380
1,450
-
135.7%
115.8%
109.1%
108.3%
106.2%
105.1%
770
1,010
1,133
1,236
1,339
1,421
1,494
-
131.2%
112.2%
109.1%
108.3%
106.1%
105.1%
700
950
1,100
1,200
1,300
1,380
1,450
-
135.7%
115.8%
109.1%
108.3%
106.2%
105.1%
年平均
成長率
12.9%
11.7%
12.9%
スマートフォン市場の拡大に伴い、電池パックに搭載する電池用保護IC(1セル直列タイプ)の数量も増加傾向にあ
る。電池内蔵型のスマートフォンの比率が増加傾向にあるため、交換用電池パックの需要が減少傾向にある。そのた
め、スマートフォン市場の伸びよりも電池用保護IC市場の市場の伸びは緩やかに推移する。
電池残量計はスマートフォン1台につき1個搭載されるため、スマートフォン市場に連動する形で今後も数量は増加す
る。当該製品は機器側に使用されており、電池のパックやセル側には使用されていない。
③ コンパクトDSC
年次
応用製品・電池制御部品
コンパクトDSC
数量(百万台)
前年比
電池用保護IC
(1セル直列タイプ)
数量(百万個)
前年比
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
(実績) (実績) (見込) (予測) (予測) (予測) (予測)
85
62
56
50
45
41
37
-
72.9%
90.3%
89.3%
90.0%
91.1%
90.2%
93.5
68.2
61.6
55.0
49.5
45.1
40.7
-
72.9%
90.3%
89.3%
90.0%
91.1%
90.2%
ノートブックPCの生産数量が頭打ちになっ
ており、同パック市場も、2012年以降は数
量が減少している。採用のセルタイプは、
従来シリンダが主流であったが、最近は薄
型化・軽量化により、ラミネートが採用さ
れている。
タブレットPC、スマートフォン向けパック
市場は数量は拡大しているものの、ノート
ブックPC向け同様に収益性は厳しい。
各パッカーは、スマートフォン向けなどの
モバイル機器需要が堅調なものの、低価格
化要求が厳しいことなどから、これら以外
の小型機器向けにも事業展開している。
さらに電動アシスト自転車などの中・大型
機器向けにも事業を拡大している。
2)主要パッカーの応用製品別供給状況
※ノートブックPC、タブレットPC、スマートフォン向け電池パック市場の動向は個票で詳細に記載
フィーチャーフォンはスマートフォンの台頭によって出荷数は減少傾向にある。電池用保護IC(1セル直列タイプ)は
スマートフォンやフィーチャーフォンといった携帯電話端末の電池パックに搭載する形で利用されている。フィー
チャーフォンの出荷数の減少に伴い、同ICのニーズも小さくなっている。
②スマートフォン
年次
中巻
年平均
成長率
-12.9%
-12.9%
スマートフォンでのカメラ撮影が可能であることなどから、コンパクトDSCに対するニーズは縮小傾向にある。よって
当該応用製品の電池パック1個に1個搭載される電池用保護IC(1セル直列タイプ)の数も減少する。
応用製品
パッカー
新普[Simplo Technology]
順達[Dynapack]
加百裕[Celxpert]
トーカドエナジー
ケイテック
東洋システム
智弘[JHIH HONG Technology]
オーク
Boston-Power
Micro Power Electronics 1)
エナックス
ベイサン 2)
達振[TD Hitech Energy]
天宇[Formosa Electric]
新盛力[STL]
Flextronics
信邦[Sinbon]
正巌[Foxlink]
所羅門[Solomon]
深圳市德賽電池[Desay]
明美[TWS]
Scud Battery
ノートブック
PC
タブレット
PC
フィーチャーフォン
/スマートフォン
(実数⇒単位:百万パック[2013年]、○は数量不明ながらも供給あり、△:僅少実績)
携帯
充電式
電動アシスト
ポータブルオーディオ・
電動バイク
メディアプレーヤ
ゲーム機
電動工具
自転車
デジタル
デジタル
スチルカメラ ビデオカメラ
欣旺達電子[SUNWODA Electronics]
1)
Micro Power Electronics:軍事・医療向け、2) ベイサン: 蓄電向けなど
注)印がないパッカーは、その他の機器向けに実績あり
Ⅰ.電池周辺市場総括③・・・リチウムイオン二次電池応用製品市場動向を把握
4.注目用途の展開・需要性
2012年
実績
1)主要応用製品の市場規模推移・予測
(単位:百万台)
2012年
実績
2013年
実績
2014年
見込
2015年
予測
2016年
予測
2017年
予測
電動工具
電力貯蔵
UPS・バック
アップ電源
充電式電動工具(ニッケル水素電池採用)
前年比
据置型ゲーム機はソニー・コンピュータエンタテインメントの「PlayStation3」「PlayStation4」、任天堂の「Wii U」などコントローラにリチウ
ムイオン二次電池を搭載するものに限定しており、コントローラに乾電池を搭載するMicrosoftの「Xbox One」などは対象外。
1)
2016年
予測
2017年
予測
2018年
予測
業務産業用(UPS・バックアップ電源)
前年比
家庭用(電力貯蔵)
前年比
NAS電池[単位:MWh]
前年比
レッドクスフロー電池[単位:MWh]
前年比
ニッケル水素電池採用[単位:MWh]
二輪車
(内燃機関車)
前年比
二輪車(内燃機関車) [単位:千台]
前年比
電動アシスト自転車[Pedelec]1) [単位:千台]
前年比
電動自転車[E-Bike]合計2) [単位:千台]
E-二輪車
前年比
電動自転車(鉛蓄電池タイプ)2) [単位:千台]
前年比
電動自転車(リチウムイオン二次電池タイプ)2) [単位:千台]
前年比
自動車
(内燃機関車、
電動自動車)
乗用車、トラック・バス[単位:千台]
前年比
電動自動車(乗用車)合計 [単位:千台]
電動自動車
前年比
電気自動車 [単位:千台]
前年比
専用電池タイプ(LIB)
前年比
鉛蓄電池採用タイプ
前年比
シリンダ型採用タイプ 前年比
プラグインハイブリッド車 [単位:千台]
前年比
ハイブリッド車合計 [単位:千台]
前年比
ハイブリッド車(リチウムイオン二次電池採用)
前年比
ハイブリッド車(ニッケル水素電池採用)
前年比
電動トラック・バス [単位:千台]
前年比
前年比
前年比
2015年
予測
前年比
業務産業用(電力貯蔵)
前年比
充電式電動工具(ニカド電池採用)
充電式電動工具(リチウムイオン二次電池採用)
2014年
見込
リチウムイオン電池採用[単位:MWh]
ポータブルオーディオ・メディアプレーヤ
前年比
ポータブルナビゲーションデバイス
前年比
モバイルチャージャー
前年比
ブルートゥースヘッドセット
前年比
ウエアラブルデバイス
前年比
電動工具合計
前年比
コード式電動工具
前年比
充電式電動工具合計
前年比
2013年
実績
合計[単位:MWh]
前年比
2018年
予測
デスクトップPC
デスクトップPC
前年比
モバイルPC合計
前年比
ノートブックPC
モバイルPC
前年比
タブレット PC
前年比
携帯電話端末合計
前年比
フィーチャーフォン
Feature Phone
携帯電話端末
前年比
スマートフォン
SmartPhone
前年比
デジタルスチルカメラ(DSC)
前年比
コンパクトDSC(リチウムイオン二次電池採用)
Compact DSCーLIB
前年比
コンパクトDSC(乾電池採用)
Compact DSC-アルカリ乾電池
カメラ
ビデオ
前年比
レンズ交換型デジタルスチルカメラ
Lens Interchangeable DSC
前年比
デジタルビデオカメラ
前年比
ポータブルゲーム機
前年比
据置型ゲーム機1)
前年比
その他
中巻
1)
電動アシスト自転車[Pedelec]は、ペダルを踏む力をモーターがアシストする。
一般的に日本や欧州で多く見られる。
2)
中国での生産が非常に多い。中文表記は「电动自行车」であり、ペダルを踏まなくても走行可能(いわゆるEV走行が
可能)である。電池が切れた際は通常の自転車のようにペダルを踏んで走行する。
注)小数点以下は、四捨五入している場合がある。
Ⅰ.電池周辺市場総括④・・・主要電池メーカーの動向を把握
5.注目電池メーカーの戦略、取組み
凡例【注力度⇒ ◎:最注力、○:注力、△:現状維持、×:注力しない】
略記【LIB⇒リチウムイオン二次電池、EDLC⇒電気二重層キャパシタ】
企業名
FDK
開発
ニッケル水素電池(大
型)によるシステム開
発、需要開拓に注力
アルカリマンガン乾電
池の高性能化に注力
世界最小クラス 15V 小
型リチウムイオンキャ
パシタモジュール開発
販売
ニッケル水素電池:蓄
電システムは中期事業
計画で新たにビジネス
ドメインとして追加。
アプリケーション
ESS/UPS・バックア
ップ電源用
自動車
NEC トーキン
グループ企業とともに
車載用や ESS 用での
LIB(ラミネート)開発
に注力する。小型製品
から中・大型製品への
シフトを図っている。
EDLC(中・大容量)の
用途開発に注力
EDLC(小容量):タイ
拠点の生産の再開によ
りユーザーの回帰を目
指している。
EDLC(中・大容量):
自動車や産業機器での
需要の取り込みを図っ
ている。
LIB(車載専用):日産
自動車、RENAULT 以外の
販売先拡大を目指す。
オートモーティブ
エナジーサプライ
LIB(車載専用)の開発
に注力
ジーエス・
ユアサ
コーポレー
ション
電動自動車向け LIB の
開発に注力
タイにテクニカルセン
ターを設立し、東南ア
ジアなどの需要拡大に
対応
LIB の実証実験を推進
し、自然エネルギーの
有効利用に貢献できる
製品の開発に生かす
鉛蓄電池(ISS 用)の開
発に注力
鉛蓄電池:国内販売に
おいて、自動車用鉛蓄
電池で 2015 年度販売個
数 900 万個、
シェア 40%
を目指す。
LIB(ESS 用/UPS・バッ
クアップ電源用)の業
務用システム開発に注
力
アルカリボタン電池、
酸化銀電池、二酸化マ
ンガンリチウム電池
(コイン):水銀使用率
0%の「水銀ゼロシリー
ズ」を発売している。
無水銀製品での拡販を
図る。
LIB(ESS 用/UPS・バッ
クアップ電源用):2013
年 3 月、業務用蓄電池
「ESSP-3005/18P」を発
売。太陽光発電と組み
合わせることで自立型
蓄電システムを実現で
きる。容量 6.0kWh。
ソニー
6.注目電池メーカー生産拠点一覧
企業名
注力アプリケーション
民生用機器(スマー
トフォン、リモコ
ン、ポータブル AV
機器など)
産業機器
自動車
自動車
自動車
ESS/UPS・バック
アップ電源用
ESS/UPS・バックア
ップ電源用
小型民生用機器
注力度
◎
○
○
◎
○
◎
◎
○
◎
○
拠点名
所在地
旭化成FDKエナジーデバイス㈱ 静岡県湖西市
概要
アルカリマンガ
ン乾電池などで
継続して拡販を
目指す。
2012 年 12 月より
蓄電システム(ニ
ッケル水素電池)
を販売開始し、需
要獲得を図って
いる。
リチウムイオン
キャパシタなど
で需要の取り込
みを図る。
主電源などでの
需要の取り込み
を図る。
中巻
主要生産品目
リチウムイオンキャパシタ、モジュール
アルカリマンガン乾電池
FDKエナジー㈱
FDKトワイセル㈱
群馬県高崎市
ニッケル水素電池(小型)
二酸化マンガンリチウム電池(シリンダ)
FDK鳥取㈱
鳥取県岩見郡
ニカド電池用極板
30万セル/月
2,500万セル/月
400万セル/月
―
リチウム二次電池(コイン)
1,600万セル/月
6,600万セル/月
PT FDK INDONESIA
インドネシア
アルカリマンガン乾電池
富山事業所
富山県下新川郡
電気二重層キャパシタ(中・大容量)
タイ
電気二重層キャパシタ(小容量)
NEC
NEC TOKIN Electronics
トーキン (Thailand) Co.,Ltd.
8,400万セル/月
静岡県湖西市
二酸化マンガンリチウム電池(シリンダ)
F
D
K
生産能力
1,500セル~2,000セル/月
5万セル/月
400万セル/月
電極:
1,000万kWh/年
NECエナジーデバイス㈱
神奈川県相模原市 リチウムイオン二次電池(ラミネート)
本社工場
神奈川県座間市
本社・京都事業所
京都府京都市南区 自動車用・産業用鉛蓄電池(国内、新車向け)
―
群馬事業所
群馬県伊勢崎市
自動車用・産業用鉛蓄電池(国内、新車向け)
―
長田野事業所
京都府福知山市
自動車用・産業用鉛蓄電池(国内、新車向け)
―
小田原事業所
神奈川県小田原市 自動車用・産業用鉛蓄電池(国内、新車向け)
広東湯浅蓄電池有限公司
中国 広東省
鉛蓄電池
主要製品である
鉛蓄電池と LIB
(車載専用)の最
大の用途であり、
継続して注力。
湯浅蓄電池(順徳)有限公司
中国 広東省
鉛蓄電池
250万個/年
天津湯浅蓄電池有限公司
中国 天津市
鉛蓄電池
二輪用200万個/年
湯浅(天津)実業有限公司
中国 天津市
ニッケル水素電池(小型)
1億セル/年
山東華日電池有限公司
中国 山東省
制御弁式(シール)鉛蓄電池
400万個/年
需要拡大が期待
され、周辺機器を
含めたシステム
展開を図る。
天津杰士電池有限公司
中国 天津市
鉛蓄電池
20万個/年
台湾湯浅電池股份有限公司
台湾 台北市
制御弁式(シール)鉛蓄電池
台湾杰士電池股份有限公司
台湾 台南市
制御弁式(シール)鉛蓄電池
統一工業股份有限公司
台湾 台南市
鉛蓄電池(四輪用)
Global Battery CO, Ltd.
韓国 ソウル
鉛蓄電池
AESC ※
各種需要の取り
込み、提案を継続
している。
集中特化してお
り、需要の拡大が
期待される。
業務用に絞り、
需要の掘り起こ
しを行っている。
スマートフォン、
充電式電動工具
などの既存の用
途には継続して
注力する。ただし
ノートブック PC
は、自社の PC 事
業譲渡により、需
要減退が避けら
れない。
コジ
ーー
ポエ
レス
ー・
シユ
ョア
ンサ
リチウムイオン二次電池(車載専用)
HEVベース9万台分/年
―
70万個/年
―
―
120万個/年
2,000万個/年
Yuasa Battery (Thailand)
Pub. Co, Ltd.
タイ
二輪車用鉛蓄電池
2014年までに第1工場で
400万個/年
Siam GS Battery Co, Ltd.
タイ
自動車用鉛蓄電池
2014年までに600万個/年
フォークリフト用鉛蓄電池
2014年までに1.6万台分/年
GS Yuasa Siam Industry Ltd. タイ
Yuasa Battery (Malaysia) Sdn Bhd.
マレーシア
鉛蓄電池
GS Yuasa Battery
Singapore Co, Pte. Ltd.
シンガポール
鉛蓄電池
80万個/年
GS Battery Vietnam Co, Ltd.
ベトナム
二輪車用鉛蓄電池
600万個/年
PT. Yuasa Battery Indonesia インドネシア
鉛蓄電池
200万個/年
PT. GS Battery
鉛蓄電池(四輪用)
※AESC:オートモーティブエナジーサプライ
インドネシア
100万個/年
320万個/年
(一部推定、「―」は不明、以下同じ)
Ⅰ.電池周辺市場総括⑤・・・リチウムイオン二次電池サプライチェーンを概観
中巻
7.サプライチェーンマップ
1)全体像
注)会社の掲載順は順不同(次ページ以降も同じ)
≪リチウムイオン二次電池 セルメーカー≫
≪リチウムイオン二次電池 材料メーカー≫
≪リチウムイオン二次電池 パック事業者≫
・住友金属鉱山
・三徳
・L&F
・LG Chemical
・Posco ESM
・Samsung SDI
・Cosmo AM&T
・ECOPRO
・GS EM
・Umicore
・Aleees
・深圳振華[Zhenhua]
・日本電工
・戸田工業
・三井金属鉱業
・JX日鉱日石金属
・田中化学研究所
・日亜化学工業
・日本化学工業
・日本化学産業
・日揮触媒化成
・AGCセイミケミカル
・パナソニック
・比亜迪[BYD]
・斯特蘭能源科技[STL]
・中信盟固利[MGL]
・北京当昇[Easpring]
・厦门钨业[Xiamen Tungsten]
・北大先行[Pulead]
・寧波金和[Jinhe]
・湖南瑞翔[Reshine]
・天津巴莫[B&M]
・深圳天驕[Tianjiao]
・長遠鋰科[Changyuan]
・湖南杉杉[Shanshan]
他
【負極活物質】
・貝特瑞[BTR]
・チタン工業
・上海杉杉[Shanshan]
・信越化学工業
・星城石墨[Star Graphein]
・日本カーボン
・大阪チタニウムテクノロジーズ ・紫宸科技[Zichen]
・日本パワーグラファイト
・摩根海容[Morgan Hirong]
・比亜迪[BYD]
・青島大華[Dahua]
他
・創亜 [Chuangya]
・日立化成
・昭和電工
・JFEケミカル
・中央電気工業
・三菱化学
・クレハ・バッテリー・
マテリアルズ・ジャパン
【日系メーカー】
・オートモーティブエナジーサプライ
・ジーエス・ユアサ コーポレーション
・ソニー
・パナソニック
他
【韓国メーカー】
・Samsung SDI
・Kokam/Dow Kokam
・天津金牛[Jinniu]
、
・新宙邦科技[Capchem]
・東莞杉杉[Shanshan]
・東莞凱欣[Kaixin]
・北京化学試剤[BICR]
・BASF
他
【中国メーカー】
・天津力神電池[Lishen]
・新能源科技[ATL]
・比亜迪[BYD]
・光宇国際集団[Coslight]
・深圳比克電池[BAK]
他
・Robert Bosch
・Saft Groupe
他
・宇部興産
・ダブル・スコープ
・Evonik Litarion
・LG Chemical
・Cs Tech
・ENTEK
・Polypore
・SK Innovation
・格瑞恩[Green]
・星源材質[Senior]
・滄州明珠[Mingzhu]
≪リチウムイオン二次電池 制御部品メーカー≫
※順不同
【電池用保護IC】
他
【正極バインダ】
・クレハ・バッテリー・マテリアルズ・ジャパン
・Arkema
・Solvay Specialty Polymers
他
【負極バインダ】
・日本ゼオン
・クレハ・バッテリー・マテリアルズ・ジャパン
・日本エイアンドエル
・JSR
・BASF
・Solvay Specialty Polymers
・LG Chemical
・Texas Instruments
・ミツミ電機
・富享微电子(深圳)
・セイコーインスツル
[Fortune Semiconductor]
・日立超LSIシステムズ
・比亜迪[BYD]
(ミツミ電機に事業譲渡)
・新德科技[Neotech]
・リコー
・ルネサスエレクトロニクス
・ON Semiconductor
/三洋半導体
他
・Maxim Integrated Products
他
【電池残量計(スマートフォン向け、ノートブックPC向け)】
【正極集電体】
・深圳市偉得智[SZWDZ]
・UACJ製箔(旧 日本製箔、旧 住軽アルミ箔)
・上海沪鑫[Shanghai Huxin Aluminum Foil]
・三菱アルミニウム
・南南鋁業[Alnan]
・東洋アルミニウム
・南山鋁業[Nansan Aluminum]
・東洋アルミ千葉
・Sam-a aluminium
(旧 サン・アルミニウム工業)
他
・LOTTE ALUMINIUM
・ON Semiconductor
/三洋半導体
・Texas Instruments
【負極集電体】
・パナソニック
・内橋エステック
・TE Connectivity
・村田製作所
・比亜迪[BYD]
・小松ライト製作所
・大塚電子
・デクセリアルズ
・NECショット コンポーネンツ
・古河電気工業
・LS Mtron
・日本電解
・長春石油化学
・SHカッパープロダクツ(旧 日立電線)
・UACJ製箔(旧 日本製箔)
・日進[ILJIN]
・聯合銅箔(恵州)[United Copper]
・広東梅雁[Meiyan]
・TOKOSEE Corp
他
【アルミラミネートフイルム】
・大日本印刷
・昭和電工パッケージング
他
他
・正巌[FOXLINK]
・深圳市德賽電池[Desay]
・明美[TWS]
・Scud Battery
・欣旺達電子
[SUNWODA Electronics]
他
・Maxim Integrated Products
・ルネサスエレクトロニクス
他
・高野精密工業
・Sensata Technologies
・オーク
・正巌[FOXLINK]
他
・欣旺達電子
他
[SUNWODA Electronics]
【充電式電動工具向け】
・新盛力[STL]
・欣旺達電子
[SUNWODA Electronics]
・統振[Welldone]
他
【電動アシスト自転車向け】
・トーカドエナジー
・新盛力[STL]
他
【電動バイク向け】
・Flextronics
・信邦[Sinbon]
・正巌[FOXLINK]
・所羅門[Solomon]
・欣旺達電子
[SUNWODA Electronics]
他
【電動自動車向け】
他
・Tesla Motors
・Deutsche Accumotive
・Samsung Electronics
・Microsoft
他
・Barnes & Noble
・ASUSTeK
・Acer
・Nokia
・Samsung Electronics
・LG Electronics
・Motorola
・Lenovo
・中興通訊[ZTE]
・華為技術[Huawei]
・TCL/Alcatel
他
・Bosch
・Compact Power
・Motorola※
・LG Electronics
・宏達国際電子[HTC]
・中興通訊[ZTE]
・華為技術
[Huawei Technologies] 他
・Samsung Electronics
・Apple
・Nokia
・Research In Motion
・ソニーモバイル
(旧Sony Ericsson)
※2014年1月にMotoloraをLenovoに売却することを発表
【デジタルスチルカメラ】
・ソニー
・パナソニック
他
・JVCケンウッド
・キヤノン
・Samsung Electronics
他
【ゲーム機】
・任天堂
【ポータブルオーディオ・メディアプレーヤ向け】
・新普[SIMPLO]
・加百裕[Celxpert]
・トーカドエナジー
・オーク
・Apple
・Amazon
・Lenovo
【デジタルビデオカメラ】
他
他
・明美[TWS]
・新普[SIMPLO]
・加百裕[Celxpert]
・トーカドエナジー
・達振
[TD Hitech Energy]
・天宇
[Formosa Electric]
・新盛力[STL]
【電池用電流制御・遮断器】
・達振[TD Hitech Energy]
・統振[Welldone]
・オーク
【ゲーム機向け】
・オーク
他
【タブレットPC】
・ニコン
・Samsung Electronics
・キャノン ・パナソニック
他
・ソニー ・カシオ計算機 ・オリンパス ・富士フイルム
【デジタルビデオカメラ向け】
・トーカドエナジー
・ASUSTeK
・東芝
・ソニー
・Samsung Electronics
(事業売却予定)
・Hewlett-Packard
【スマートフォン】
・新普[SIMPLO]
・順達[Dynapack]
・加百裕[Celxpert]
・トーカドエナジー
・智弘[JHIH HONG]
・達振
[TD Hitech Energy]
・順達[Dynapack]
・トーカドエナジー
・智弘[JHIH HONG]
・Apple
・Acer
・Dell
・Lenovo
【フィーチャーフォン(従来型携帯電話)】
・新盛力[STL]
・欣旺達電子
[SUNWODA Electronics]
【デジタルスチルカメラ向け】
【セパレータ】
・ニッポン高度紙工業
・旭化成イーマテリアルズ
・住友化学
・帝人
・東レバッテリーセパレータフィルム
・新普[SIMPLO]
・順達[Dynapack]
・加百裕[Celxpert]
・トーカドエナジー
・ケイテック
【フィーチャーフォン/スマートフォン向け】
【欧米メーカー】
・Johnson Controls
・Li-Tec Battery
・オーク
・エナックス
・達振[TD Hitech Energy]
・天宇[Formosa Electric]
・新盛力[STL]
・欣旺達電子
[SUNWODA Electronics] 他
・新普[SIMPLO]
・順達[Dynapack]
・加百裕[Celxpert]
・トーカドエナジー
・ケイテック
・東洋システム
【タブレットPC向け】
・LG Chemical
・SK Innovation
他
・Soulbrain
・LG Chemical
・比亜迪[BYD]
・珠海賽緯[Smoothway]
・張家港国泰華栄
[Guotai-Huarong]
【ノートブックPC】
【ノートブックPC向け】
・プライムアースEVエナジー
・新神戸電機
・東芝
・日本電気
・日立マクセル
【電解液】
・三菱化学
・富山薬品工業
・セントラル硝子
・宇部興産
・三井化学
・Panax E-tec
≪主要応用製品メーカー≫
注)実線で囲んでいるノートブックPC、タブレットPC、スマートフォン
向けパック事業者は個票に詳細を掲載。
【正極活物質】
・ソニー・コンピュータエンタテインメント
【ポータブルオーディオ・メディアプレーヤ】
・ソニー
・Samsung Electronics
・Apple
他
【充電式電動工具】
・Stanley Black & Decker ・Bosch ・Metabo
・Jingding
・Techtronic Industries ・SUMEC ・日立工機 ・マキタ 他
【電気自動車】
・Chery
・BMW
・Daimler
・日産自動車/Renault
・三菱自動車工業
・PSA
・Tesla Motors
・BYD AUTO
他
【ハイブリッド車】
・トヨタ自動車
・現代-起亜[Hyundai-Kia]
・Daimler
・Ford Motor ・本田技研工業 ・General Motors
・Volkswagen
他
・日産自動車 ・BMW
【プラグインハイブリッド車】
・トヨタ自動車
・三菱自動車工業
・General Motors
・Ford Motor
他
【電力貯蔵システム(ESS)】
・東芝
・比亜迪股份[BYD] ・Kokam
・ソニー
・LG Chemical
・中聚電池[Sinopoly]
・エリーパワー ・Samsung SDI
・新能源科技[ATL]
他
注)スマートフォン向けの電池残量計は機器端末に搭載する為、パック事業者を介さず直接応用製品メーカーへ供給される
Ⅰ.電池周辺市場総括⑥・・・リチウムイオン二次電池サプライチェーン(主要電池メーカーごと)と売上比較
8.電池事業売上高比較
2)主要メーカーのサプライチェーンマップ
①パナソニック
1)注目電池メーカーの電池事業売上高比較
≪パック事業者≫
≪リチウムイオン二次電池 材料メーカー≫
(旧 三洋電機)
【ノートブックPC向け】
(パナソニック)
・パナソニック
・
・
・
・
・
・
・
【正極活物質】
・日亜化学工業
・
・]
・
・
・田中化学研究所
・
・
・
・日立化成
・
・貝特瑞[BTR]
【電解液】
・三菱化学
・
・華栄[Guotai-Huarong]
・三菱化学
・
・[Capchem]
【セパレータ】
・旭化成イーマテリアルズ
・
・住友化学
【正極集電体】
・UACJ製箔
(旧 住軽アルミ箔、旧 日本製箔)
・
・
・
・UACJ製箔(住軽アルミ箔)
・
・
・ckard
一次電池
鉛蓄電池
0
・Acer
・パナソニック
・
・
・
・
・
・
・全日系メーカー
・
・
・
・
・
・
・
【デジタルスチルカメラ/デジタルビデオカメラ】
【携帯電話向け】
・パナソニック
・
・
・
・]
・キヤノン
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
【ゲーム機】
・
・任天堂
【充電式電動工具】
【デジタルスチルカメラ/
デジタルビデオカメラ向け】
・Stanley Black & Decker ・
・
・
・
・
・
・
・
【電気自動車】
・トヨタ自動車 ・
・
【ハイブリッド車】
・トヨタ自動車
【アルミラミネートフイルム】
・大日本印刷
・
・
・
・
【携帯電話※】
【充電式電動工具向け】
・古河電気工業
・
・
≪注目電池関連企業の2013年電池事業売上高比較≫
【ノートブックPC】
・Apple
・
・
・通
・Google
・パナソニック
・
【負極集電体】
・古河電気工業 ・
・
・
パ
ナ
ソ
ニ
ッ
ク
≪主要応用製品メーカー≫
【タブレットPC】
【タブレットPC向け】
【負極活物質】
・日立化成
・
・
・]
中巻
・トヨタ自動車
・パナソニック
・
・
・
【プラグインハイブリッド車】
・
【電動アシスト自転車】
・
・
【電気自動車向け】
・パナソニック
・
・パナソニック
【電力貯蔵システム】
・使用しない
・
・自治体
注)パック事業者が空白の場合はセルメーカーがパック化もしくはパッカー不明
・
・
※フィーチャーフォン(従来型携帯電話)、スマートフォンを含む
アルカリ二次電池
1,000
Johnson Controls
パナソニック
ジーエスユアサコーポレーション
Samsung SDI
LG Chemical
EnerSys
ソニー
Energizer Holding
プライムアースEVエナジー
新能源[ATL]
天津力神[Lishen]
日立化成
Saft
比亜迪[BYD]
オートモーティブエナジーサプライ
日立マクセル
FDK
古河電池
光宇[Coslight]
Varta Microbattery
東芝
比克[BAK]
日本電気
SK Innovation
Kokam
Li-Tec Battery
NECトーキン
Robert Bosch
リチウムイオン二次電池 (小型民生)
2,000
3,000
4,000
リチウムイオン二次電池 (大型)
5,000
6,000
その他
(億円)
7,000
Johnson ControlsやEnerSysなど鉛蓄電池メーカーが売上上位に多数ラ
ンクインしている。その理由は、他の電池と比較して製品単価が数千
円と高いためである。
またパナソニックやSamsung SDI、LG Chemicalなどリチウムイオン二
次電池のシェア上位メーカーも上位にランクインしている。同電池は
価格低下が継続しているが、小型二次電池の中では製品単価が高く、
供給数量が多いと金額ベースでも売上規模が大きくなるためである。
プライムアースEVエナジー(ニッケル水素電池が主)やオートモー
ティブエナジーサプライなど車載専用タイプを事業展開している専業
メーカーも需要拡大に応じて売上を伸長させている。
今後は、東芝や日本電気などリチウムイオン二次電池(ESS用)を事業
展開しているメーカーが需要の獲得により売上が拡大すると予想され
る。
一次電池を中心に事業展開しているEnergizer HoldingやVarta
Microbatteryなどは、ワールドワイドでの販売力や、OEM供給を強みに
事業展開している。一次電池は、コンシューマ向けが多く、二次電池
と比較すると売上変動が少ない。
(注)各社実績の内、一次電池や鉛蓄電池、アルカリ二次電池、リチウムイオン二次電池(小型民生)、リチウムイオン二次電池(大型)の実績であっても、
「Ⅴ.電池メーカー/電池ユーザー事例編」の「3.電池事業実績推移(2012年・2013年)」で“その他”としている実績については、上グラ
フの「その他」に含まれる。
【分類表】
電池
マンガン乾電池
アルカリマンガン乾電池
アルカリボタン電池
酸化銀電池
一次電池
二酸化マンガンリチウム電池(コイン)
二酸化マンガンリチウム電池(シリンダ)
塩化チオニルリチウム電池
空気亜鉛電池
鉛蓄電池
鉛蓄電池
ニカド電池
アルカリ二次電池
ニッケル水素電池(小型)
ニッケル水素電池(大型)
リチウムイオン二次電池(シリンダ)
リチウムイオン二次電池
リチウムイオン二次電池(角)
(小型民生)
リチウムイオン二次電池(ラミネート)
リチウムイオン二次電池 リチウムイオン二次電池(車載専用)
(大型)
リチウムイオン二次電池(ESS用/UPS・バックアップ電源用)
リチウム二次電池(コイン)
電気二重層キャパシタ(小容量)
電気二重層キャパシタ(中・大容量)
その他
リチウムイオンキャパシタ
ナトリウム硫黄電池
レドックスフロー電池
分類
二
次
電
池
Ⅱ.リチウムイオン二次電池用制御部品市場編・・・4品目掲載
制御部品-1
中巻
3.メーカーシェア・メーカー動向
電池用保護 IC (1 セル直列タイプ)
【数量ベース】
1.製品特徴
(単位:千個)
年次
メーカー
2012年(実績)
されている。過充電では、負極に金属リチウムが析出し、正極の酸化状態が高まり危険な状態になる。過放電では、正極材料が
ミツミ電機
溶出したり負極の銅が溶出したりしてしまう。これらは電池の異常発熱につながるため、それを防止するために電池用保護 IC
リコー
が使用されている。安全性の担保という観点から、リチウムイオン二次電池(ラミネート)にも使用されている。
シェア
シェア
660,150
31.4%
600,000 29.0%
315,000
15.0%
565,000 27.3%
セイコーインスツル
410,000
19.5%
513,000 24.8%
電池用保護 IC には、1 個の IC でリチウムイオン二次電池 1 セルを保護する 1 セルタイプや、1 個の IC で 2 セル以上を保護する
日立超LSIシステムズ
300,000
14.3%
220,000 10.6%
複数セルタイプがある。一般的に、スマートフォン、フィーチャーフォン、タブレット PC、携帯ゲーム機、ポータブル AV 機器、
その他
415,350
19.8%
174,100
リチウムイオン二次電池には、過充電、過放電、過電流を防止するために電池用保護 IC が使用されており、電池パックに搭載
その他
8.4%
2013年(実績)
日立超LSI
システムズ
10.6%
ミツミ電機
29.0%
サンプル
2013年
20億7,210万個
8.4%
PND 等には 1 セル直列タイプが使用されており、ノートブック PC、パワーツール等には、セカンドプロテクションタイプが、デ
ジタル一眼レフカメラ、ポータブル DVD、パワーツール等には複数セルタイプが使用されている。
セイコー
インスツル
24.8%
また、電池パック側に使用する場合と機器側で使用する場合がある。昨今はスマートフォンをはじめとして電池パックが機器側
に取り付けられる組み込み式が増加しており、高技術力が求められる分、電池用保護 IC の単価も微増している。
リコー
27.3%
加えて、制御部品の小型軽量化を目指すために、電池残量計や電池保護用 IC 等の半導体部品をチップ化したパワーマネージメ
ント IC が使われるケースが増えている。当該資料ではチップ化された IC に搭載されている各制御部品の金額と個数をそれぞれ
の項目で紹介している。
*当項目では、フィーチャーフォン、スマートフォン、コンパクト DSC、ポータブルゲーム機、ポータブルオーディオ・メディ
合計
アプレーヤ(PMP)の 5 品目に絞って、電池用保護 IC(1 セル直列タイプ)市場を算出している。
2.市場規模推移・予測
【金額ベース】
(単位:千個、百万円)
年次
2012年
(実績)
2013年
(実績)
2014年
(見込)
2015年
(予測)
2016年
(予測)
2017年
(予測)
2018年
(予測)
日本数量(左軸)
1,800,000
1,902,300
1,905,000
1,950,000
1,985,000
2,020,000
2,045,000
中国数量(左軸)
185,500
109,000
100,400
93,900
96,500
97,000
韓国数量(左軸)
8,000
7,800
8,000
8,500
9,000
103,000
生産数量 その他アジア数量(左軸)
北米・南米数量(左軸) 2,000
51,000
59,000
60,000
1,000
1,200
2,000
1,000
1,200
-
-
-
-
2,100,500
2,072,100
2,074,800
10,100
10,050
9,700
摘要
欧州数量(左軸)
その他数量(左軸)
合計
日本金額(右軸)
生産金額 海外金額(右軸)
合計
2,100,500 100.0% 2,072,100 100.0%
年次
メーカー
(単位:百万円)
2012年(実績)
3,250
28.0%
3,700 34.1%
ミツミ電機
3,000
25.9%
2,650 24.4%
97,900
リコー
1,800
15.5%
2,680 24.7%
10,000
10,900
日立超LSIシステムズ
1,450
12.5%
63,000
67,500
67,900
その他
2,100
18.1%
1,200
1,300
1,300
1,200
1,300
1,300
-
-
-
2,114,800
2,155,900
2,197,100
2,224,300
9,600
9,600
9,500
9,500
1,200
1,500
800
780
750
750
750
740
11,600
10,850
10,480
10,350
10,350
10,250
10,240
金額(億円)
25
120
0
0
0
0
0
0
0
0
100
20
80
15
60
10
40
5
20
0
0
2013年
(実績)
2014年
(見込)
2015年
(予測)
2016年
(予測)
2017年
(予測)
2018年
(予測)
日立超LSI
システムズ
9.2%
サンプル
1,000 9.2%
820
7.6%
リコー
24.7%
その他
7.6%
セイコー
インスツル
34.1%
2013年
108億5,000万円
ミツミ電機
24.4%
合計
2012年
(実績)
シェア
セイコーインスツル
サンプル
1,200
数量(億個)
2013年(実績)
シェア
11,600 100.0%
10,850 100.0%
当該市場の上位は日系メーカーが占めている。数量ベースに於ける 2013 年実績はスマートフォン市場の拡大によって前年を上
その他数量(左軸)
回っている企業が多い。一方で中国や台湾、韓国などの海外メーカーが低価格製品の提供によってシェアを拡大していることや
欧州数量(左軸)
最大の需要先である携帯電話の端末価格の下落の影響を受け、当該製品の単価は下落傾向にある。よって金額ベースも前年より
北米・南米数量(左軸)
減少している。当該市場に参入する企業の業績は、Apple や Samsung Electronics といった大手企業からの受注を受けることが
その他アジア数量(左軸)
韓国数量(左軸)
できるかどうかで毎年大きく変わる。
ミツミ電機:数量ベースでは当該市場のトップとなっているものの、2013 年はシェアを落としている。これは同社の当該製品
中国数量(左軸)
を採用していた Samsung SDI がリコーからの供給を開始したためである。一方でソニーなど日系の電池メーカーに多くの実績を
日本数量(左軸)
有しており、近年は、比亜迪[BYD]や天津力神[Lishen]、光宇[Coslight]といった中国の大手電池メーカーへの実績も拡大傾向
日本金額(右軸)
にある。同社は当該製品をモジュール化しての提供しており、採用メーカーからは自身で各半導体部品を集める手間が省けると
海外金額(右軸)
好評である。また ITM Semiconductor にウエハ向けでも供給している。今後は高付加価値を搭載したパワーマネージメント IC
市場が拡大するとみている。同社では、1 セル直列タイプについては目新しい技術が不要なことから、今後も中国や台湾、韓国
といった海外メーカーのシェアが拡大すると推測している。
Ⅳ.リチウムイオン二次電池主要応用製品編・・・14品目掲載
応用製品-1
ノートブックPC
中巻
3.リチウムイオン二次電池採用応用製品メーカーの出荷及び電池採用状況(製品台数/セル数)
【応用製品定義】
ノートブックPCは持ち運ぶことを前提にしておりキーボード・ディスプレイ・記憶装置などを備えた二つ折り形状を特徴と
している。サイズは16インチ以上のディスプレイサイズをもつ高機能タイプから10インチ程度のミニノートやネットブック
と呼ばれる小型機種まで幅広い。またバッテリー駆動を前提にした長時間駆動する機種もあれば、バッテリを補助的なもの
と位置づけている機種もある。なお、ノートブックPCにはタブレットPC(別項参照)は含まず、ウルトラブックやスリムタ
イプノートブックPCは含む。
1.応用製品市場
【応用製品市場規模推移・予測(採用電池別内訳)】
年次
採用電池
2012年
(実績)
2013年
(実績)
2014年
(見込)
2015年
(予測)
2016年
(予測)
(単位:百万台)
2017年
2018年
(予測)
(予測)
シリンダ
前年比
リチウムイオン
二次電池
角
前年比
【応用製品台数ベース】
年次
メーカー
2012年(実績)
(単位:百万台)
2013年(実績)
シェア
ソニー
4.0%
シェア
Lenovo
30
14.5%
28
16.0%
Hewlett-Packard
32
15.5%
27
15.4%
Dell
24
11.6%
21
12.0%
Acer
26
12.6%
20
11.4% Electronics
ASUSTeK
22
10.6%
18
10.3%
東芝
16
7.7%
15
8.6%
Samsung Electronics
14
6.8%
13
7.4%
Apple
14
6.8%
13
7.4%
ソニー
8
3.9%
7
4.0%
21
10.1%
13
7.4%
ラミネート
その他
前年比
合計
207 100.0%
175 100.0%
【リチウムイオン二次電池セル数ベース】
2012年(実績)
年次
メーカー
シェア
(単位:百万セル)
2013年(実績)
その他
7.4%
Lenovo
16.0%
Apple
7.4%
Samsung
7.4%
HewlettPackard
15.4%
2013年実績
1億7,500万台
東芝
8.6%
ASUSTeK
10.3%
Dell
12.0%
Acer
11.4%
ニッケル水素電池(小型)
前年比
ニカド電池
前年比
アルカリマンガン乾電池
前年比
合計
前年比
Lenovo
180
14.5%
168
16.0%
Hewlett-Packard
192
15.5%
162
15.4%
Dell
144
11.6%
126
12.0%
Acer
156
12.6%
120
11.4%
ASUSTeK
132
10.6%
108
10.3%
東芝
96
7.7%
90
8.6%
Samsung Electronics
84
6.8%
78
7.4%
Apple
84
6.8%
78
7.4%
ソニー
48
3.9%
42
4.0%
その他
126
10.1%
78
7.4%
合計
2013年のPC市場はノートブックPCが約1億7,500万台、タブレットPCが約2億5,000万台、デスクトップPCが約1億3,500万台で
あり、構成比はノートブックPC:タブレットPC:デスクトップPC=31:45:24である。PC市場はこれまでノートブックPC、
デスクトップPCの2タイプで構成されてきたが、近年はタブレットPCが急拡大している。2013年は初めてタブレットPCの出
荷数がノートブックPCの出荷数を超えており、この傾向は今後も継続するとみられている。
また、スマートフォン市場の拡大もノートブックPCやデスクトップPC市場にとっては脅威となっている。従来、ウェブサイ
トの閲覧やメールの利用だけを目的としていたPCユーザーにとっては、スマートフォンだけで十分なため、ノートブックPC
やデスクトップPCを購入する必要がないためである。
こうした中、当該市場においては複雑な事務作業をこなす際はスマートフォンやタブレットPCではなくノートブックPCの利
用が好まれていることや、法人向けを中心に入れ替え需要などが下支えとなっていることから、一定の需要は見込まれる。
しかし、コンシューマ向けがスマートフォンやタブレットPCの普及により低調に推移すると見られることから、市場は減少
で推移すると推測される。一方で、簡単な事務作業にのみ対応できれば良いとする消費者のニーズに対応可能な低価格帯の
ノートブックPCが一定の支持を得ると予想される。
シェア
1,242 100.0%
その他
ソニー 7.4%
Apple 4.0%
7.4%
Samsung
Electronics
7.4%
Lenovo
16.0%
2013年実績
10億5,000万セル
東芝
8.6%
ASUSTeK
10.3%
Dell
12.0%
HewlettPackard
15.4%
Acer
11.4%
1,050 100.0%
Lenovo:同社の2012年度(決算期=3月)のノートブックPCの売上は約180億USドルであり、前年比約107%の成長となって
いる。2013年度の上半期の売上高も前年より7%増となっており、法人向け、コンシューマ向け共に高実績を獲得してい
る。自社によるノートブックPCの内製も手掛けており、2014年は内製による生産割合が前年より240%増の60%となる。中
国のノートブックPC市場を独占している。2014年は出荷数を微増させる予定である。
1
上巻(2014年2月18日発刊)・下巻(2014年5月下旬発刊予定)も同時にご検討
ください
中巻
Ⅴ.電池メーカー/電池ユーザー事例編…30社掲載
〔6〕本調査レポートの構成
FDK㈱
2014 電池関連市場実態総調査
<上巻掲載品目>
1.企業概要/電池事業体制
1)一次電池
本社所在地
東京都港区新橋5-36-11 浜ゴムビル
マンガン乾電池
二酸化マンガンリチウム電池(コイン)
代表者
望月 道正
アルカリマンガン乾電池
二酸化マンガンリチウム電池(シリンダ)
設立
1950年2月
アルカリボタン電池
塩化チオニルリチウム電池
資本金
28,301百万円
酸化銀電池
空気亜鉛電池
事業所
湖西、山陽
従業員数
<連結> 5,168名 <単独> 809名 (2013年3月現在)
鉛蓄電池
リチウムイオン二次電池(ESS 用)
売上高
<連結>
ニカド電池
リチウム二次電池(コイン)
ニッケル水素電池(小型)
電気二重層キャパシタ(小容量)
ニッケル水素電池(大型)
電気二重層キャパシタ(中・大容量)
リチウムイオン二次電池(シリンダ)
リチウムイオンキャパシタ
リチウムイオン二次電池(角)
ナトリウム硫黄電池(NAS 電池)
リチウムイオン二次電池(ラミネート)
レドックスフロー電池
2)二次電池
73,547百万円 <単独> 45,613百万円(2013年3月期)
※組織図は電池関連部署のみ。企業概要は2013年3月、組織図は2013年4月現在。
経営会議
※
ている。
マーケティング本部
関連会社
営業企画部
マーケティング部
2.電池事業内容
国内営業本部
一次電池
主要電池種類
第一営業部
事業内容→●:製造・販売、○:販売のみ、△:開発中、-:扱いなし
二次電池
第二営業部
事業内容
市販営業本部マンガン乾電池
アルカリマンガン乾電池
主要電池種類
事業内容
○
鉛蓄電池
広域販売部
-
●
-
ニカド電池
東日本営業部
○
ニッケル水素電池(小型)
アルカリボタン電池
酸化銀電池
グローバル営業本部
二酸化マンガンリチウム電池(コイン)
●
○
ニッケル水素電池(大型)
第一営業部
●
○
△
リチウムイオン二次電池(シリンダ)
第二営業部
●
リチウムイオン二次電池(角)
二酸化マンガンリチウム電池(シリンダ)
電池事業本部塩化チオニルリチウム電池
△
電池用保護 IC(1 セル直列タイプ)
電池残量計(バッテリガスゲージ:スマートフォン向け、ノートブック PC 向け)
電池用保護 IC(セカンドプロテクションタイプ)
電池用電流制御・遮断器
リチウム二次電池(コイン)
リチウム電池事業部
●
電気二重層キャパシタ(小容量)
-
電気二重層キャパシタ(中・大容量)
事業管理部
-
●
-
レドックスフロー電池
-
システム企画部
※リチウムイオンキャパシタは、旭化成FDKエナジーデバイスが事業展開している。
アルカリマンガン乾電池を中心とした一次電池から、ニッケル水素電池(小型)などの二次電池へとラインナップを
品質保証部
拡充している。三洋電機から事業買収したニッケル水素電池の技術を活用し、定置型や産業用途への製品展開を図っ
ている。
技術管理部
生産技術統括部
3.電池事業実績推移(2012年・2013年)
品質保証統括部
数量
年次
摘要
2012年(実績)
営業部
旭化成FDKエナジーデバイス㈱
電池事業実績
前年比
FDKエナジー㈱
二酸化マンガンリチウム電池(シリンダ)
(千セル)
前年比
ニッケル水素電池(小型) (千セル)
前年比
金額(百万円)
2012年(実績)
2013年(実績)
2013年(実績)
-
※出資:2013.4.30よりFDK50%、
前年比
旭化成50%に
アルカリマンガン乾電池 (千セル)
-
モジュール開発部
セル開発部
-
-
-
91.7%
90.0%
-
90.0%
技術部
-
112.5%
-
112.5%
94.1%
事業推進統括部
-
91.2%
アルカリ電池製造部
リチウム二次電池(コイン) (千セル)
FDKトワイセル㈱
前年比
リチウムイオンキャパシタ (千セル)
前年比
FDK鳥取㈱
その他 ※
前年比
事業管理統括部
69.0%
企画戦略統括部
-
10.0%
-
76.2%
-
100.0%
リチウム技術統括部
-
事業管理統括部
-
-
100.0%
※その他には、マンガン乾電池、アルカリボタン電池、酸化銀電池、二酸化マンガンリチウム電池(コイン)、空気亜
鉛電池、ニッケル水素電池(大型)が含まれる。
㈱FDKエンジニアリング
営業技術部
PT FDK INDONESIA
1)リチウムイオン二次電池用制御部品
-
システム開発部
企画戦略室
マグネシウムイオン二次電池
<中巻掲載品目>
-
リチウムイオン二次電池(車載専用)
ビジネス推進部
ナトリウム硫黄電池
技術開発統括部
ナトリウムイオン二次電池
金属空気二次電池
ニッケル水素電池事業部
リチウムイオン二次電池(ESS用)
リチウムイオンキャパシタ
サンプル
全固体型リチウム二次電池
-
○
システム電池事業部
3)次世代電池
リチウムイオン二次電池(ラミネート)
アルカリ電池事業部
-
空気亜鉛電池
リチウムイオン二次電池(車載専用)
2)リチウムイオン二次電池パック組立
リチウムイオン二次電池パック(ノートブック PC 向け、
タブレット PC 向け、スマートフォン向け)
3)リチウムイオン二次電池主要応用製品
ノートブック PC
ポータブルオーディオ・メディアプレーヤ(PMP)
タブレット PC
充電式電動工具
フィーチャーフォン(従来型携帯電話)
電気自動車(EV)
スマートフォン
ハイブリッド車(HEV)
デジタルスチルカメラ(DSC)
プラグインハイブリッド車(PHEV)
デジタルビデオカメラ(DVC)
電力貯蔵システム
ゲーム機(リチウムイオン二次電池採用タイプ)(携帯型、据置型)
電動自転車(E-Bike)
4)電池メーカー/電池ユーザー事例(30 社)
<下巻掲載品目(予定)>
1)一次電池材料
電解二酸化マンガン
金属リチウム箔
亜鉛粉
アルカリマンガン乾電池用セパレータ
2)二次電池材料
アルカリ二次電池正極活物質
リチウムイオン二次電池正極バインダ
水素吸蔵合金
リチウムイオン二次電池負極バインダ
アルカリ二次電池セパレータ
リチウムイオン二次電池正極集電体
アルカリ二次電池集電体
リチウムイオン二次電池負極集電体
リチウムイオン二次電池正極活物質
金属外装缶用ニッケルメッキ鋼板
リチウムイオン二次電池負極活物質
リチウムイオン二次電池ケース用アルミ板
リチウムイオン二次電池電解液
アルミラミネートフィルム
リチウムイオン二次電池セパレータ
※2014 年 5 月の発刊予定
F A X 申 込 書
株式会社富士経済 大阪マーケティング本部 第3事業部行
2014
書籍版
PDF版
上巻を購入する。
電池関連市場実態総調査
〔価格:97,000円(+税)〕
上巻 書籍版+PDF版を購入する。〔価格:117,000円(+税)〕
書籍版
PDF版
中巻を購入する。
〔価格:97,000円(+税)〕
中巻 書籍版+PDF版を購入する。〔価格:117,000円(+税)〕
書籍版
PDF版
下巻を予約する。
〔価格:97,000円(+税)〕
下巻 書籍版+PDF版を予約する。〔価格:117,000円(+税)〕
書籍版
PDF版
全巻セットを予約する。
〔価格:270,000円(+税)〕
全巻セット+PDF版を予約する。 〔価格:330,000円(+税)〕
↑○印をお付けください
貴社名
ご住所
〒
所属部署
ご役職名
ご芳名
TEL
FAX
E-mail
※購入お申込後、請求書を発送させていただきます。
確認のため貴社通常の経理規定を下欄にご記入下さい。
↓
毎月
日締の
お支払い予定日:
月
日払い
日
FAX:06-6228-2030
通 信 欄
ご記入いただきます個人情報は、お問い合わせ
への対応およびレポートのご購入申込への対応
に利用させていただきます。「個人情報のお取
り扱いについて」( https://www.fujikeizai.co.jp/privacy/policy.html)にご同意い
ただける場合のみ個人情報をご記入下さい。
㈱富士経済 個人情報問い合わせ窓口 TEL:033664-5821 個人情報保護管理者
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
776 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content