close

Enter

Log in using OpenID

1月~4月のプログラム - セルバンテス文化センター東京公式ブログ

embedDownload
Enero-Abril
2015
1月~ 4月のプログラム
Mes de la cultura árabe en el Cervantes, desde el 13 de febrero
セルバンテス・アラブ文化月間 2月13日~
CALENDARIO DE ACTIVIDADES /イベントカレンダー
Música
Cine
音楽
Artes escénicas
1
ENERO
2015
2
FEBRERO
2015
L
Artes plásticas
映画
舞台芸術
月
Literatura
M
Historia y Pensamiento
展覧会
Gastronomía
文学
火
X
水
J
Deporte
食文化
木
V
金
Fiesta
歴史・思想
S
土
D
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
L
月
M
火
X
水
J
木
V
金
S
土
D
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
1
*La programación está sujeta a cambios o modificaciones.
内容は変更になる場合があります。
ご了承下さい。
フィエスタ
Biblioteca
スポーツ
図書館
日
日
3
MARZO
2015
4
ABRIL
2015
L
月
M
火
X
水
J
木
V
金
S
土
D
日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
L
月
M
火
X
1
水
J
木
V
2
3
金
S
4
土
D
日
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2
CURSOS DE
ESPAÑOL
無料
体験レッスン
開催
スペイン語コースのお知らせ
冬期少人数制セミ集中コース
■登録期間
2月4日(水)~2月10日(火)
春期コース
■登録期間
3月予定
詳しい情報は
www.tokio.cervantes.es より
「スペイン語コース」ページへお進みください
お問い合わせ:[email protected]
AVE
スペイン語オンラインコース
インターネットを使って好きな時に好きな場所で
スペイン語が勉強できるコースです。
お申込み受付中!
自習コース: 4コースで 59,900円(アクセス期間12ヶ月)
2コースで 39,900円(アクセス期間6ヶ月)
通常は1コース28,800円(アクセス期間4ヶ月)
特典!コース受講中に分からない点をスペイン語でネイティブ講師に
e-mailで質問できます。
担当講師付自習コース: 39,100円(アクセス期間4ヶ月)
担当講師によるEメールの指導・評価と30分×8回のスカイプでスペイン語会話
¡Hola Amigos!コース
子供(7歳から13歳程度)
を対象としたオンラインスペイン語学習です。
お得なキャンペーンコース
3コースで 28,800円(アクセス期間12ヶ月)
1コースで 15,450円(アクセス期間4ヶ月)
通常は1コース28,800円(アクセス期間4ヶ月)
詳しい情報は:
http://aulavirtual.jp
お問い合わせ:
3
[email protected]
外国語としてのスペイン語検定試験
スペイン教育文化スポーツ省認定証 DELE
DELE(デレ)は、
スペイン教育文化スポーツ省の下に、世界100ヵ国以上で実施されている、信頼性
の高いスペイン語能力試験です。スペイン国外ではセルバンテス文化センターが実施しています。
2015年5月開催DELE試験のスケジュール
試験日
筆記試験 5月23日
(土)
口頭試験 5月23日
(土)
・24日(日)
[ 東京会場のいくつかのレベルは5月31日
(日)に実施予定 ]
申込期間
2月16日
(月)
~4月8日
(水)[必着]
試験会場
東京
(A1~C2)
、大阪
(A1~C2)
、京都
(A1~B2)
、名古屋
(A1~B2)
、
広島
(A1~C2)
、新潟
(A1~B2)
受験料
HPにてご確認下さい。
DELE対策コース(5月試験対策) 詳細はHPにてご確認下さい。
試験の詳しい情報は
お問い合わせ:
http://www.dele.jp
[email protected]
4
Cursos de cultura
Aprende español con los cinco sentidos
文化コース開催のお知らせ
お問い合わせ
[email protected]
五感をつかってスペイン語を学ぼう!
スペイン人アーティストと学ぶ
アートセミナー
010-EP
アンデス文化講座:
013-EP
日程:1月29日、2月12日、26日、3月12日
(全4回)
■ 曜日
・時間:木曜日19:00-21:00 ■ 参加費:12,000円
■ 講師:マリオ
・ホセ・アタパウカル
■ 言語:スペイン語
・日本語
■
超初心者向けスペインワイン講座
「ワイン初めの一歩!」
014-EP
スペインワインを愉しむにはフランスもイタリアも含めてワイン全
般の知識を学びましょう。スペイン語でテイスティングを表現した
り、スペイン語のワイン専門用語も学べます。
Fechas: enero 22, febrero 12, marzo 12 y abril 9
Horario: de 19:00 a 21:00
■ Precio: 12.000 yenes
■ Profesora: Carolina Ceca
■ Idioma: español
■
Curso de cultura y civilización andinas
Fechas: 29 de enero, 12 y 26 de febrero y 12 de marzo
Horario: de 19:00 a 21:00
■ Profesor: Mario José Atapaucar
■ Precio: 12.000 yenes
■ Idiomas: español y japonés
■
■
Cata de vino para principiantes
Para aprender las características del vino español, lo
compararemos con los vinos de Francia e Italia. También
aprenderemos el vocabulario de la cata de vino en español.
Fecha: Miércoles 18 de febrero a las 19:00
Precio: 5.000 yenes
■ Profesor: Satoshi Tsuneda ■ Idioma: japonés
■
日時:2月18日(水)19:00~ ■ 参加費:5,000円
■ 講師:常田 諭史 ■ 言語:日本語 ■ 定員
:14名
■
生ハムカット集中コース
Curso intensivo de corte de Jamón
■
日程:3月2日(月)11:00~16:00
■ 参加費:無料(インターポーク協賛)
■
5
Seminario de Arte
■
日程:1月22日、
2月12日、
3月12日、4月9日
■ 曜日・時間:木曜日19:00-21:00
■ 参加費:12.000円
■ 講師:カロリーナ
・セカ ■ 言語:スペイン語
■
■
言語:スペイン語・日本語
Fecha: lunes 2 de marzo de 11:00 a 16:00
Precio: sin coste (patrocinado por Interporc)
■ Idiomas: español y japonés
■
■
オリーブセミナー
015-EP
~女子力UP キレイを作るオリーブの魅力~
マラガとライブ交信しながらオリーブの魅力を探ります。世界一の生産量を
誇るスペイン産のオリーブの美味しさと美容効果について学び、ご家庭で
も簡単に楽しめるお料理(ピンチョス)
もご紹介します。
日程:3月4日(水) 19:00-21:00
参加費:4.000円*ピンチョス&ワイン又はソフトドリンク1、
オリーブのお土産(1080円相当)付
■ 講師:久保田 ゆかり
(オリーボントーキョー代表)
■ 言語:日本語
■
■
アラブ文化とアラビア語(エジプト方言)講座
018-EP
日程:3月16日、23日、30日、4月6日、13日、20日
■ 曜日
・時間:月曜日19:00 -21:00
■ 講師
:ナリマン・エルシャムリィ
■ 参加費
:18.000円 ■ 言語:スペイン語
■
バレンシアの火祭りとワインセミナー
016-EP
ワイン生産者とライブ交信しながらバレンシアの火祭りで知られる
バレンシアの文化とワインをご紹介
日時:3月18日(水)19:00~
会費:5,000円 ■ 講師:常田 諭史
■ 定員:14名
■
■
文学講座:ラテンアメリカ文学とユーモア
017-EP
日程:4月10日、5月8日、6月12日、7月10日
■ 曜日・時間:金曜日18:00-19:00
■ 参加費:8.000円
■ 講師:グレゴリー
・サンブラーノ ■ 言語:スペイン語
■
Seminario sobre
la aceituna española
Ven a conocer la riqueza de las olivas, su sabor y sus
efectos en la belleza. Aprenderemos a preparar pinchos
fáciles con aceitunas y haremos una video conferencia con
Málaga, la tierra que produce más aceitunas del mundo.
■
Fecha: miércoles 4 de marzo de 19:00 a 21:00
■
Profesora: Yukari Kubota
■
Precio: 4.000 yenes
■
Idioma: japonés
Curso de cultura y lengua árabes (egipcio)
■
Fecha: 16, 23 y 30 de marzo y 6, 13 y 20 de abril
■
Horario: de 19:00 a 21:00
■
Profesora: Nariman Elshamly
■
Precio: 18.000 yenes
■
Idioma: Español
Cata de vino de Valencia
Aprenderemos sobre los vinos de Valencia, tierra de Fallas y cultura.
Nos comunicaremos también con varias bodegas de vino valenciano
para saber de primera mano los secretos de este rico vino.
■
Fecha: miércoles 18 de marzo a las 19:00
■
Precio: 5.000 yenes
■
Idioma: japonés
■
Profesor: Satoshi Tsuneda
El humor y la literatura
hispanoamericana
Fechas: abril 10, mayo 8, junio 12 y julio 10
Horario: de 18:00 a 19:00
■ Profesor: Gregory Zambrano
■ Precio: 8.000 yenes ■ Idioma: español
■
■
Sábado 17 de enero
a las 16:00
Viernes 30 de enero
a las 19:00*
*Foro de cine tras la proyección
1月17日(土)16:00~
1月30日(金)19:00~*
*上映後シネフォーラム
Auditorio (planta BF1)
地下1階オーディ
トリアム
Entrada gratuita
入場無料
Reserva: sin reserva previa
予約:予約不要・先着順
Idioma:
español con subtítulos en inglés
言語 :
スペイン語
(英語字幕付)
Cine del mes, enero
Nacidas para sufrir
Miguel Albaladejo, España, 2009, 112 min.
1月の映画上映会
『耐え忍ぶために生まれた女たち』
ミゲル・アルバラデホ監督/スペイン/2009/112分
Nacidas para sufrir es una comedia dramática protagonizada por Flora,
una solterona de 72 años que vive en un pueblo pequeño y siempre
ha estado al cuidado de sus familiares, entre ellos sus tres sobrinas,
que ya se fueron del pueblo. Ahora Flora está asustada porque, al llegar a la vejez, ve que llega el momento en que tendrán que cuidar de
ella. Pero a su lado está Purita, una joven que ha estado ayudándole
en los últimos años y que es la única con la que se siente en familia.
ナシダス・パラ・スフリール
(耐え忍ぶために生まれた女たち)
は、
ミゲル・アルバラデホ
監督によるコメディドラマ。小さな村に住む
72才のフローラは独身、
これまでいつも家
族の面倒を見てきた。中にはすでに大人に
なり村を出ていった3人の姪がいる。今や老
いを感じるフローラは、
自分が家族の世話
になる時がきたことに気づき不安になる。一
方、
年老いた親戚の介護をしてきた若いプリ
7
ータだけが、
家族に思えるのだった。
Concierto de guitarras de año nuevo
David y Carmelo Martínez
ニューイヤーギターコンサート
ダビ&カルメロ・マルティネス
David Martínez, formado en España, Austria y Alemania, se adentró
en el mundo de la guitarra a través de su tío Carmelo, quien vivió
de primera mano el resurgir de la guitarra en el siglo XX con Andrés
Segovia y Regino Sainz de la Maza. Para comenzar el año con alegría
y optimismo estos dos magníficos músicos nos han preparado un
repertorio de música española desde el barroco a nuestros días, interpretada con el instrumento musical más representativo de nuestra
cultura, la guitarra.
アンドレス・セゴビア、
レヒノ・サインス・デ・ラ・マサらと共に20世紀の新たなギター
Martes 20 de enero
a las 19:00
1月20日(火)19:00~
Auditorio (planta BF1)
セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディ
トリアム
Entrada gratuita
入場無料
Reserva:
Se ruega confirmación en:
予約:参加ご希望の方は
以下ウェブサイトよりお申込みください。
http://reservas.palabras.jp/
ムーブメントを生きたギタリスト、
カルメロ・マルティネス。彼が、
自ら指南を与えて
ギターの世界に入り、
スペイン、
オーストリ
ア、
ドイツで音楽教育を受けた甥、
ダビ・
マルティネスとともに来日します。スペイン
のバロックから現代音楽まで、我が国の
誇るギターの演奏で輝かしい新年を迎え
ましょう。
8
Jueves 22 de enero
Encuentros con el Deporte
a las 19:00
El “Método Miguel” de Fútbol Sala
Auditorio (planta BF1)
フットサル、
ミゲル流メソッド
1月22日(木)19:00~
地下1階オーディ
トリアム
スポーツとの出会い
http://reservas.palabras.jp/
Desde que Miguel Rodrigo se convirtió en el Seleccionador Nacional
de Fútbol Sala, Japón ha sido campeón, en dos ocasiones, del AFC
Futsal Championship: Dubai 2012 y Vietnam 2014 y ha ganado el
reconocimiento al mejor equipo de Asia del 2012 al 2014. El reciente
documental sobre su método de entrenamiento ha ganado el premio
“syacyou-syou”; por todo ello queremos rendirle un especial homenaje mostrando algunas imágenes de su trabajo y pidiéndole que comparta con nosotros las claves de su éxito.
Idiomas: español y japonés
ミゲル・ロドリゴ氏がフットサル日本代表チーム監
Entrada gratuita
入場無料
Reserva:
Se ruega confirmación en:
予約:参加ご希望の方は
以下ウェブサイトよりお申込みください。
言語 : スペイン語・日本語
督に就任して以来、
チームはAFCフットサル選手
権ドバイ2012、ベトナム2014で連覇を達成、
また
2012~2014年アジアAFC年間最優秀フットサ
ルチームに選ばれるなど輝かしい成績を残していま
す。またミゲル・ロドリゴ氏のトレーニング方法に迫
ったドキュメンタリー作品が先日制作され、各方面
で高い評価を受けました。氏のこれまでの取り組み
に敬意を評し、
その成功の秘訣をうかがいます。
9
Charla con fotos y música
El Encuentro de los Samuráis de Date
con el Mundo
スライド・
トーク&音楽
「伊達侍と世界をゆく」
Por orden del señor feudal Masamune Date en 1613 un grupo de samuráis emprendieron un viaje por México, Cuba, España, Francia, Italia y Filipinas, que duró siete años. La periodista Ritsuko Kudo y el fotógrafo Yuji
Shinoda han recorrido el mismo camino y nos acercarán la visión del mundo que los samuráis se encontraron hace cuatrocientos años, a través de
un recorrido fotográfico. Moderador: el periodista Hiroaki Idaka. Habrá un
mini-concierto de la joven arpista Natsumi Imamura después de la charla.
1613年からの7年間、伊達政宗の命を受けた侍たちは、
メキシコ、
キューバ、
スペ
イン、
フランス、
イタリア、
フィリピンを巡る壮大な旅を続けた。旅先で彼らはどんな
世界と出会い、何を感じたのか?400年の
時を超えて旅の全行程を辿ったジャーナリ
スト・工藤律子と写真家・篠田有史が、侍
たちが歩いたラテン世界をライブ感覚た
Jueves 29 de enero
a las 19:00
1月29日(木)19:00~
Auditorio (planta BF1)
セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディ
トリアム
Entrada gratuita
入場無料
Reserva:
Se ruega confirmación en:
予約:参加ご希望の方は
以下ウェブサイトよりお申込みください。
http://reservas.palabras.jp/
Idioma: japonés
言語 : 日本語
Colaboración:
Centro de publicación de Kahoku Shimpo
協力: 河北新報出版センター
っぷりの写真とともに紹介する。司会はジ
ャーナリストの伊高浩昭氏。後半は若き
アルパ奏者・今村夏海のミニコンサート。
10
Sábado 7 de febrero
a las 13:00
Viernes 27 de febrero
a las 19:00*
*Foro de cine tras la proyección
2月7日(土)13:00~
2月27日(金)19:00~*
*上映後シネフォーラム
Auditorio (planta BF1)
地下1階オーディ
トリアム
Entrada gratuita
入場無料
Reserva: sin reserva previa
予約:予約不要・先着順
Idioma:
español con subtítulos en inglés
言語 :
スペイン語
(英語字幕付)
Cine del mes, febrero
Blancanieves
Pablo Berger, España, 2012, 105 min.
2月の映画上映会
『ブランカニエベス』
パブロ・ベルヘル/スペイン/2012年/105分
Ganadora de 10 premios Goya, esta versión libre del cuento de los
Hermanos Green narra la historia de Carmen, una joven hermosa que
huye de su pasado para emprender un apasionante viaje acompañada por sus nuevos amigos: una troupe de enanos toreros. Esta obra
maestra usa los modos narrativos del cine mudo, con fotografía en
blanco y negro y la música como elemento conductor.
2012年にスペイン・ゴヤ賞10部門で賞を獲得したパブロ・ベルヘル監督・脚本
作品。
グリム童話「白雪姫」
をベースにしながら自由な発想でストーリーは語られ
る。天才闘牛士の娘カルメン。美しく成長
した彼女は、命を狙おうとする継母から逃
れ、彼女はこびと闘牛士団と冒険の旅に
出る。女性闘牛士として行く先々で人気を
集めるようになったカルメンだったが…。
モノ
クロ・サイレント・音楽映画の傑作。
11
Miércoles 11 de febrero
Simposio
Arquitectura social:
vivienda y espacio urbano
シンポジウム
a las 15:00
2月11日(水)15:00~
Embajada de
Brasil
ソーシャル・アーキテクチャ:住居と都市空間
El concepto de viviendas sociales ha ido evolucionando y grandes arquitectos se
han interesado en este tipo de viviendas, optando por ejemplos funcionales, creativos y económicos, que demuestran la variedad de soluciones al problema y manifiestan cómo con un buen diseño de arquitectura es posible generar un espacio
digno optimizando los recursos disponibles. Contaremos con la participación de los
arquitectos españoles Juan Pascual y Jorge Almazán, del japonés Taku Sakaushi y
de los brasileños Miguel Falci y Rodrigo Fortes. Moderado por Fernando Turró.
近年、低コスト住宅建築のコンセプトがこれまでにない発展を見せています。著名建築家らの多く
が、低コストスタイルの住居の建設に興味の目を向けているのです。機能的、創造的かつ経済的
に優れたモデルを作ることで、様々な問題解決策
を提示し、限られた資源でも優れた建築デザイン
が広々とした空間を作ることが可能になります。こ
のような低コスト建築は、大きな自然災害や人的
災害に見舞われた地域で、仮設住宅を提供する
場合にに生かされるものです。スペイン人建築家
のフアン・パスクアル、
ホルヘ・アルマザン、
日本人
建築家の坂牛卓、
そしてブラジルからはミゲル・ファ
ルチ、
ロドリゴ・フォルチスら建築家が参加します。
司会・フェルナンド・
トゥロー
Auditorio (planta BF1)
セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディ
トリアム
Entrada gratuita
入場無料
Reserva:
Se ruega confirmación en:
予約:参加ご希望の方は
以下ウェブサイトよりお申込みください。
http://reservas.palabras.jp/
Idiomas: español y japonés
言語 : スペイン語・日本語
Colaboración: Universidad de Keio,
Universidad de Ciencia de Tokio
協力:慶應義塾大学、東京理科大学
12
Jueves 12 de febrero
a las 19:00
2月12日(木)19:00~
Auditorio (planta BF1)
セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディ
トリアム
Entrada gratuita 入場無料
Reserva:
Se ruega confirmación en:
予約:参加ご希望の方は
以下ウェブサイトよりお申込みください。
http://reservas.palabras.jp/
Idioma: japonés 言語 :日本語
Organizado por la Asociación de Amistad
Colombia-Japón y el Instituto Cervantes de Tokio
Patrocinado por la Embajada de Colombia,
ProColombia, AJACAL
主催:日本コロンビア友好協会・セルバンテス文化
センター東京
協賛:コロンビア大使館、ProColombia、
AJALAC
(ラテンアメリカ協会)
13
Conferencia de Kosei Izawa
Enseñanzas del Amazonas
宮城のサル調査会会長伊沢紘生講演会
「アマゾンの熱帯雨林から学んだこと」
Se dice que la selva amazónica, junto con los arrecifes de coral, contiene la
mayor parte y riqueza de la biodiversidad del planeta. En esta conferencia
el profesor Izawa nos contará sus experiencias durante 30 años observando la ecología, el comportamiento y la sociedad de diversas especies
de los monos del Nuevo Mundo o platirrinos, las cuales nos muestran los
valores de la naturaleza olvidados por el hombre moderno, especialmente
un tema profundo e importante que compete a todos los seres vivos: “el
orgullo de la especie” y “la cara oculta de la lógica de la competencia”.
アマゾンの熱帯雨林は、海のサンゴ礁と並び、地球上でもっとも生物多様性に富んだ自
然といわれています。伊沢紘生氏はこのアマゾンに30年間通い詰め、新世界ザル
(広鼻
猿類)
を中心にさまざまな生きものたちの生
態や行動や社会を観察していらっしゃいまし
た。そこから見えてきたものは、現代社会に
生きる私たちが捨てた、
ないしは忘れ去った
価値観(自然観)
でした。今回は最も重要な
テーマである彼らの生きざまの根底を律する
「競争の裏側の論理」
と、生物種すべてが
持つ「種の誇り」
とについて、
わかり易く解説
いただきます。
Del viernes 13 de febrero
al miércoles 13 de marzo
2月13日(金)~3月13日(水)
Auditorio (planta BF1)
セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディ
トリアム
Entrada gratuita 入場無料
Reserva:
Se ruega confirmación en:
予約:参加ご希望の方は
以下ウェブサイトよりお申込みください。
http://reservas.palabras.jp/
Idiomas:
español, japonés y árabe
言語 :
スペイン語・日本語・アラビア語
15
Mes de la cultura árabe
en el Cervantes
セルバンテス・アラブ文化月間
En colaboración con Asociación de Mujeres de Embajadores de Países
Árabes (SWAAJ) hemos preparado estas jornadas en las que queremos
resaltar la influencia árabe de España, centrándonos en el papel de
Al-Ándalus como capital cultural. Para ello contaremos con una charla de
Mohammad Bashir Kurdis sobre las relaciones entre los países árabes,
España y Japón, talleres de caligrafía, henna e incienso, degustación de
comidas típicas, muestra de moda, danza, exposición de arte y un concierto de fusión de música árabe y flamenca con Suhail Serghini.
駐日アラブ大使夫人の会
(SWAAJ)
協力のもと企画開催されるアラブ月間。
この期
間、
アラブがスペインに与えてきた影響を取り上げ、
文化の中心地としてのアルアンダ
ルスの役割に着目します。1ヶ月の間には、
モハメッド・バシール・クルディス氏によるア
ラブ諸国とスペインそして日本の関係につ
いての講演、
アラビア文字やヘナ、香の
体験講座、様々な地方の名物料理の試
食会、
ファッションの展示会、
ダンスショー、
アラビアアート展、
アラビア音楽とフラメ
ンコを融合したスハイル・セルヒニのコン
サートなどが開催される予定です。
Programa
プログラム
Viernes 13 de febrero a las 18:30
Conferencia de Bashir Kurdi
+ inauguración de la exposición de arte
2月13日
(金)
18:30~
バシール・クルディ講演会+アート展覧会オープニング
Sábado 28 de febrero a las 15:30
Conferencia de Mme. Shifa Haddad sobre similitudes
entre España, Japón y los países árabes + coloquio con
Mme. Utako Arrour y Mme. Jamila Al- Gunaid
2月28日
(土)
15:30~
Miércoles 18 de febrero a las 15:00
シーファ・ハダッド ヨルダン大使夫人講演会「アラブ諸国・日本・スペ
インの類似性」+ ウタコ・アルール モロッコ大使夫人、
ジャミラ・ア
ルグナイド イエメン大使夫人によるトーク
2月18日
(水)
15:00~
Miércoles 4 de marzo a las 18:00
Demostración de caligrafía por Mme. Jamilah Al-Otaibi
+ Introducción al idioma árabe por Nariman Elshamly
ジャミラ・アルオタイビ クエート大使夫人によるカリグラフィーデモン
ストレーション+ナリマン・エルシャミィによるアラビア語入門
Sábado 21 de febrero a las 13:00
Conferencia sobre el café, por Mme. Jamila Al-Suwaidi
+ conferencia sobre el incienso y la henna, por Mme.
Samira Ali Abdelaziz + Danza Folclórica Dabka
2月21日
(土)
13:00~
ジャミラ・アルスウェイディ カタール大使夫人による講演会
「コーヒとデーツ」+サミラ・アリ・アブデラジズ スーダン大使夫人に
よる講演会「インセンスとヘナ」+ダッカフォルクロールダンス
Conferencia sobre Al Ándalus: Antonio Gil, Víctor
Barraso, Francisco Garzón, Vicente Otamendi, Vicente
Alcañiz y Gabriel González + proyección del corto "Jasmenco", de los hermanos Salman
3月4日
(水)
18:00~
アントニオ・ヒル、
ビクトル・バラッソ、
フランシスコ・ガルソン、
ビセンテ・
オタメンディ、
ビセンテ・アルカニス、
ゴンサレス・ガブリエル講演会
「アル
アンダルス」
+サルマン兄弟によるショートムービー上映
『ジャスメンコ』
Viernes 13 de marzo, a las 19:00
Proyección de películas + Concierto de Suhail Serghini
3月13日
(金)
19:00~
映画上映&スハイル・セルヒニコンサート
16
Lunes 16 de febrero
Abdelrahman Shalan “Osuna-arashi”
Idiomas: japonés, español y árabe
アブデラフマン・シャーラン“大砂嵐金崇郎”
2月16日(月)19:00~
言語 :日本語・スペイン語・アラビア語
Torneo de Tokio: sábado 24 de
enero de 16:00h a 18:00h
Torneo de Osaka: sábado 14 de
marzo, de 16:00h a 18:00h
初場所を語る会
1月24日(土) 16:00~18:00
大阪場所を語る会
3月14日
(土)
16:00~18:00
Idioma: español 言語 : スペイン語
Auditorio (planta BF1)
地下1階オーディ
トリアム
Entrada gratuita 入場無料
Reserva:
Se ruega confirmación en:
予約:参加ご希望の方は
以下ウェブサイトよりお申込みください。
http://reservas.palabras.jp/
17
Encuentros con el Deporte: Sumo
a las 19:00
スポーツとの出会い
Osuna-arashi es el primer luchador africano y árabe que compite en la
máxima categoría del sumo, Makuuchi. Con motivo de las celebraciones
del Mes de la Cultura Árabe, este magnífico deportista vendrá al Cervantes, justo antes de marcharse al torneo “Haru Basho”, para hablarnos de
su experiencia en Japón y de las diferencias culturales con su tierra, Egipto.
Por otra parte, y debido al éxito de la actividad celebrada en julio, los días
24 de enero y 14 de marzo nos reuniremos de nuevo para practicar español y aprender más sobre el sumo, mientras vemos en directo los torneos
de Tokio y Osaka.
大砂嵐はアフリカ大陸またアラブ出身者としてはじめての幕内力士です。アラブ
文化月間の開催を記念し、
この素晴らしい力士をセルバンテスにお招きし、
春場所
直前に日本での経験や自国エジプトとの
文化の違いについてお話を伺います。
また昨年6月に行われた会が大変好
評だったことを受け、大相撲一月初場
所、三月大阪場所にあわせ、映像を見
ながら相撲についてスペイン語で語る会
「スペイン語で相撲を語ろう」
を開催し
ます。
Encuentros con hispanistas: Hajime Yamaguchi
Mi encuentro con el mundo literario de
Gonzalo Torrente Ballester
スペイン語文化研究者との出会い:山口 元
トレンテ文学との邂逅
Torrente Ballester aceptó mi petición de entrevistarlo, y amablemente
me invitó a su casa en Salamanca. Un sillón en su estudio llamó mi
atención. “Es donde mi padre hila sus imágenes”, me explicó uno de
sus hijos. En aquel momento no pude entender lo que esas palabras
significaban. Hoy quiero dilucidar el encanto de su literatura desde el
punto de vista de la imaginación y el arte de darle forma.
マドリッド大学に留学していた私はトレンテ・バジ
Martes 17 de febrero
a las 19:00
2月17日(火)19:00~
Auditorio (planta BF1)
セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディ
トリアム
Entrada gratuita
入場無料
Reserva:
Se ruega confirmación en:
予約:参加ご希望の方は
以下ウェブサイトよりお申込みください。
http://reservas.palabras.jp/
ェステルの戯曲を学位論文のテーマに選んだ。
Idioma: japonés
インタビューを申し込むと、
トレンテ先生は私をサラ
言語 : 日本語
マンカの自宅に招いてくれた。先生の書斎で見か
けた肘掛け椅子。
「父がイメージを紡ぎだす時にい
つも腰かけている椅子です」
とご子息が教えてくれ
た。
その時の私にはまだその言葉の重みは理解で
きなかった。
あれから四半世紀以上が経った今日、
トレンテ文学を想像力と構成力の観点から掘り下
げてみたい。
18
Miércoles 25 de febrero
a las 19:00
2月25日(水)19:00~
Auditorio (planta BF1)
セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディ
トリアム
Entrada gratuita
入場無料
Reserva:
Se ruega confirmación en:
予約:参加ご希望の方は
以下ウェブサイトよりお申込みください。
http://reservas.palabras.jp/
Idiomas: español y japonés
言語 : スペイン語・日本語
19
Encuentro literario
El Caribe no termina:
la obra bicultural de Junot Díaz
文学の出会い
Embajada de la
República Dominicana
カリブは終わらない:
ジュノ・ディアスのバイカルチャー作品
Galardonado con el prestigiosísimo Premio Pulitzer de Ficción de 2008 por La
maravillosa vida breve de Óscar Wao, Junot Díaz es un extraordinario narrador
y profesor de MIT. Nacido en República Dominicana, con sus duras descripciones sobre la compleja realidad de los emigrantes hispanoamericanos en los
Estados Unidos ha conseguido convertirse en el primer dominicano en hacerse
un hueco entre los grandes de la literatura americana contemporánea. Será un lujo tenerlo aquí
y conversar con él sobre cómo el biculturalismo
ha marcado su obra. ¡No te lo pierdas!
傑作「オスカー・ワオの短く凄まじい人生」
で2008年ピュリ
ツァー賞を受賞したジュノ・ディアス。天賦の才を持つ語り
手であり、
マサチューセッツ工科大学教授でもあります。
ド
ミニカ共和国出身の彼は、
アメリカ合衆国に住むヒスパニ
ック移民としての厳しい現実を乗り越え、
ドミニカ人として
現代アメリカ文学を代表する作家としての地位を築き上
げました。この度ディアス氏をお招きし、二つの国の文化
が作品にどれほど意味を持つものかお話をうかがいます。
Día de la Mujer
Maruja Torres
国際女性の日
マルハ・
トーレスを迎えて
El 8 de marzo se conmemora en todo el mundo el Día Internacional de
la Mujer y en el Cervantes queremos sumarnos un año más a estas celebraciones con un encuentro con una de las mujeres más destacadas
del panorama literario y periodístico español: Maruja Torres. Compartirá con nosotros su experiencia no solo profesional sino vital, centrándose en su paso por los países árabes, que tan bien conoce, y de los
que nos hablará con motivo del mes árabe que también celebramos.
3月8日国際女性の日は、女性の地位向上のため国連によって定められた記念日
です。セルバンテス文化センターは今年もこの日をお祝いするため、
スペイン文学・
ジャーナリズムの第一人者、
マルハ・
トー
レス氏をお招きします。作家としてだけで
Lunes 9 de marzo
a las 19:00
3月9日(月)19:00~
Auditorio (planta BF1)
セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディ
トリアム
Entrada gratuita
入場無料
Reserva:
Se ruega confirmación en:
予約:参加ご希望の方は
以下ウェブサイトよりお申込みください。
http://reservas.palabras.jp/
Idiomas: español y japonés
言語 : スペイン語・日本語
なく、
ご自身の生き方について、
またセン
ターで同時開催中のアラブ月間にちな
み、
トーレス氏のアラブ諸国歴訪の経験
についてお話をうかがいます。
20
Lunes 16 de marzo
a las 19:00
3月16日(月)19:00~
Auditorio (planta BF1)
セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディ
トリアム
Entrada gratuita
入場無料
Reserva:
Se ruega confirmación en:
予約:参加ご希望の方は
以下ウェブサイトよりお申込みください。
http://reservas.palabras.jp/
Patrocinado por la Fundación Maruwa
fomento de baile español
後援:
公益財団法人スペイン舞踊振興MARUWA財団
Las Minas Flamenco Tour
ラス・ミナス・フラメンコツアー
Con más de medio siglo de vida, el Festival de Cante de las Minas
es uno de los encuentros de música flamenca más importantes del
mundo, que conmemora los cantes que se gestaron en el siglo XIX en
la sierra minera de Cartagena-La Unión. En esta ocasión os presentamos una síntesis de lo mejor de este festival, que contará con la
participación de Ricardo Fernández del Moral (cante), Amador Rojas
(baile), Yolanda Osuna (baile), José Tomás Jiménez (guitarra) y Oscar
de Manuel (percusión), con un show cargado de sensibilidad. ¡Un viaje
por la historia del flamenco!
50年以上も歴史を持つカンテ・デ・ラス・
ミナスは、
フラメンコ界で最も重要なフェスティ
バルです。
カルタヘナの鉱山ラ・ウニオン地域に19世紀から続くカンテ
(歌)
を記念し
て開催されています。
セルバンテス文化センターではこの度ラ・ウニオンフェスティバル
の集大成を皆様にご覧いただきます。
リカルド・フェルナンデス・デル・モラル
(カンテ)
、
アマドール・ロハス
(バイレ)
、
ヨラ
ンダ・オスナ
(バイレ)
、
ホセ・
トマス・
ヒメネス
(ギター)
そしてオスカル・
デ・マヌエル
(パーカッション)
を迎
え、五感を刺激するフラメンコの
歴史の旅へご招待します。
21
Cine del mes, marzo
Carmina o revienta
Paco León, España, 2012, 70 min.
3月の映画上映会
『カルミナ』
パコ・レオン監督/スペイン/2012年/70分
Carmina es el retrato una señora de 58 años que regenta una venta
en Sevilla. Tras sufrir varios robos, inventa una original manera de recuperar el dinero para sacar a su familia adelante. Mientras espera el
desenlace de su plan, reflexiona sobre su vida. Magníficamente dirigida y escrita por Paco León, esta comedia familiar está protagonizada
por su propia madre, Carmina Barrios, y su hermana, María León.
セビリアで食料品店を切り盛りする58才のおかみカルミナの物語。80本ものハ
ムを盗まれたカルミナは、
お金を取り戻して家計をやりくりするため、
ある計画を立
てる。22才で子持ちの娘マリア、医者に
Viernes 20 de marzo
a las 19:00*
*Foro de cine tras la proyección
Sábado 28 de marzo
a las 16:00
3月20日(金)19:00~*
*上映後シネフォーラム
3月28日(土)16:00~
Auditorio (planta BF1)
地下1階オーディ
トリアム
Entrada gratuita
入場無料
Reserva: sin reserva previa
予約:予約不要・先着順
Idioma: español
言語 : スペイン語
禁じられるも飲酒のやめられない夫アント
ニオ、店を手伝うバシリオとその女友達ら
登場人物が交差し、
キッチンには様々な
人生、家族のあり方、
そして奇跡が映し出
される。
22
Inauguración:
Martes 24 de marzo
a las 19:00
Exposición:
hasta el 30 de abril
オープニング:
3月24日(火)19:00~
展覧会: 4月30日(木)まで
Sala de exposición (planta 2F)
2階ギャラリー
Entrada gratuita 入場無料
Reserva:
Se ruega confirmación en:
Exposición conmemorativa de Luis Ocaña
Kumano Kodo y el Camino de Santiago
ルイス・オカーニャ追悼写真展
『熊野古道とサンティアゴ巡礼道』
El Camino de Santiago y la de Kumano Kodo comparten una larga tradición de peregrinaciones. Para descubrir las similitudes y diferencias
entre estas dos rutas, que tienen sus orígenes en la Edad Media y
han sido declaradas Patrimonio de la Humanidad, os presentamos,
con la colaboración del Gobierno de Wakayama, esta exposición del
gran fotógrafo Luis Ocaña, que retrató con su objetivo estos dos lugares sagrados. Paralelamente exhibiremos la muestra sobre el monte
Koya-san, con motivo de los 1200 años de su apertura.
スペイン・サンティアゴの道と熊野古道はどちらも長い歴史と伝統を持つ巡礼道で
予約:オープニングに参加ご希望の方
は以下ウェブサイトよりお申込みください。
す。中世から続くふたつの道は、共にユネスコの世界遺産に指定されています。
こ
http://reservas.palabras.jp/
ス文化センターではガリシア出身の写真
の度和歌山県の協力を得て、
セルバンテ
家ルイス・オカーニャ氏の遺作を展示しま
す。ふたつの聖地の違いや似通った精
神性の流れる風景をご覧いただけることで
しょう。高野山開創1200年を記念して、
ルイス・オカーニャ氏が遺した高野山の未
23
公開作品を併せて展示します。
Encuentros con la ciencia
Alternativas energéticas: la Fusión Nuclear
科学との出会い
代替エネルギーとしての核融合
La fusión nuclear, la energía que da su luz a las estrellas, es considerada a día
de hoy la única alternativa energética viable para futuras generaciones frente a los combustibles fósiles, cuyos recursos se extinguirán este siglo. ¿Pero
cuánto sabemos de ella? ¿Es posible hacer un sol en la tierra y aprovechar su
energía? En este primer encuentro con la ciencia contaremos con dos grandes
autoridades mundiales en el mundo de la fusión nuclear: el científico español
Juan Ramón Knaster, Director del Proyecto Internacional IFMIF en Rokkasho
y Shinichi Ishida, ex-Director de Proyecto de JT60SA, el superconductor Europeo-Japonés Tokamak, en construcción en Naka. Ambos nos acercarán a esta
nueva opción energética y nos hablarán sobre sus ventajas.
恒星が光を発するエネルギーとなる核融合は、今世紀中に枯渇する化石燃料に変わる、次世
代唯一の実現可能かつクリーンな代替エネル
ギーであると考えられています。けれども私たち
はこのエネルギーのことをほとんど知りません。
本講演会では核融合の大家であるスペイン人
科学者、六ヶ所村IFMIF
(国際核融合材料照
射施設)事業長フアン・ラモン・ナスター氏、
そして元JT-60SA 事業チームディレクター、
那珂サテライトトカマク計画プロジェクトチーム
石田真一氏をお招きし、
このエネルギーの新たな
選択と利点についてうかがいます。
Jueves 26 de marzo
a las 19:00
3月26日(木)19:00~
Auditorio (planta BF1)
セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディ
トリアム
Entrada gratuita
入場無料
Reserva:
Se ruega confirmación en:
予約:参加ご希望の方は
以下ウェブサイトよりお申込みください。
http://reservas.palabras.jp/
Idiomas: español y japonés
言語 : スペイン語・日本語
24
Europe Clean Energies (ECE)
es un grupo de empresas
japonesas y españolas líderes que
desarrolla y promueve proyectos de
energía solar fotovoltaica en Japón.
ヨーロッパ・クリーン・エナジーズ(ECE)は
3-7-8 Kojimachi, Chiyoda-ku, Kojimachi Yamaguchi Building - 401
102-0083 Tokyo (Japan)
T: + 81 3 6261 3579 F: + 81 3 6261 3589 E: [email protected]
東京都千代田区麹町3丁目7番8
麹町山口ビル401号室
TEL 03-6261-3579 FAX 03-6261-3589 Eメール [email protected]
www.ecenergy.jp
日本で太陽光発電プロジェクトの開発・促進を行う、
日本及びスペイン企業による
業界有数のグループに成長しました。
Celebración
Día Mundial del teatro
お祝い
世界舞台芸術の日
El grupo de teatro del Instituto Cervantes, “Quetzal” presentará, en
este día tan especial para las Artes Escénicas, la obra: “El Caso de
la Mujer Asesinadita”, de Miguel Mihura y Álvaro de Laiglesia. En esta
comedia romántica, poética y de intriga, se mezclan pasiones con hechos paranormales. Hay en ella una gran pasión, fuerzas telepáticas
y un dulce y pequeño asesinato. Los protagonistas se aman, pero no
pueden ser felices hasta que...
今年もセルバンテス文化センター東京のシアターグループ、
ケツァルによる公演で
世界演劇の日をお祝いしましょう。演目はミゲル・ミウラ、
アルバロ・デ・ライグレシア
作のロマンティックコメディ
「それはこうし
て始まった
(殺されちまった女事件)」で
す。科学では説明できないテレパシーの
力、愛と陰謀が渦巻く詩的作品。登場
Viernes 27 de marzo
a las 19:00
3月27日(金)19:00~
Auditorio (planta BF1)
セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディ
トリアム
Entrada gratuita
入場無料
Reserva:
Se ruega confirmación en:
予約:参加ご希望の方は
以下ウェブサイトよりお申込みください。
http://reservas.palabras.jp/
Idioma:
español con subtítulos en japonés
言語 :
スペイン語
(日本語字幕付)
人物は愛しあっていても決して幸せには
なれない、
ある時が来るまでは…
26
Del jueves 2
al sábado 4 de abril
III Cumbre Flamenca de Japón
Auditorio (planta BF1)
Con esta III Cumbre Flamenca de Japón, el Instituto Cervantes de
Tokio quiere presentar una vez más a los grandes artistas japoneses
que han destacado por su dedicación y profesionalidad en el arte
flamenco. Esta muestra, comisariada por el pintor Chiaki Horikoshi, y
que contará con un homenaje a Shoji Kojima, nos traerá a más de 30
artistas que se subirán al escenario para demostrarnos durante tres
días que el buen flamenco ya no tiene fronteras. Para más información visite: http://tokio.cervantes.es/
4月2日(木)~4日(土)
セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディ
トリアム
Entrada:
Venta anticipada en la recepción
del Instituto Cervantes:
1.000 yenes
Venta el mismo día: 1.500 yenes
入場料:
公演1ヶ月前よりセルバンテス文化センター
東京受付にて前売券販売:1.000円
当日券会場にて販売:1.500円
第3回クンブレ・フラメンカ・デ・ハポン
第1回、
2回と大きな反響を生んできた、
日本フラメンコ界の頂点を極めるバイラオ
ール、
ギタリストが一同に介するフェスティバル「クンブレ・フラメンカ・デ・ハポン」
が今年も開催されます。小松原庸子、小島章司ら日本フラメンコ界に君臨するア
ーティストが出演。
もはやフラメンコに国
境がないことをご覧いただけるでしょう。
スペイン在住30年のアーティスト堀越
千秋さんの企画協力により実現するも
のです。詳細はウェブサイトをご覧くださ
い。http://tokio.cervantes.es/
27
Cine del mes, abril
Todo lo que tú quieras
Achero Mañas, España, 2010, 101 min.
Sábado 11 de abril
a las 13:00
Viernes 24 de abril
a las 19:00*
4月の映画上映会
*Foro de cine tras la proyección
アチェロ・マニャス/スペイン/2010年/101分
*上映後シネフォーラム
『すべて君のために』
4月11日(土)13:00~
4月24日(金)19:00~*
Leo, padre de Dafne, una niña de cuatro años, se queda solo al cargo
de su familia tras la muerte de su mujer. Este hombre conservador y
homófobo, cuida de la pequeña como mejor puede. Dafne, muy afectada por la ausencia de su madre, reclamará continuamente la figura
materna. Leo, con el único objetivo de buscar la felicidad de Dafne,
será capaz de renunciar a sí mismo, luchando contra sus propios
prejuicios, hasta el punto de perder su propia identidad.
Auditorio (planta BF1)
マドリッドに暮らす平凡な家族、
レオとアリシアそして4才の娘ダフィネ。彼らの生
Idioma:
español con subtítulos en inglés
活はアリシアの突然の死で一変する。育
児をすべて引き受けていたアリシアがいな
くなり、
それまで保守的だったレオが男手
地下1階オーディ
トリアム
Entrada gratuita
入場無料
Reserva: sin reserva previa
予約:予約不要・先着順
言語 :
スペイン語
(英語字幕付)
ひとつで子供を育てることに。深く傷つい
た娘ダフィネは、
レオに母の姿を求める。
娘の幸せを願うレオは、
自身の偏見とアイ
デンティティに反し娘の期待に応えようと
するのだった。
28
Sábado 18 de abril
de 11:30 a 16:00
4月18日(土)11:30~16:00
Sala de exposición (planta 2F)
セルバンテス文化センター東京 2階ギャラリー
Entrada gratuita
入場無料
Reserva:
Sin reserve previa
予約:
予約不要
(いつでもご入場いただけます)
Celebración
Sant Jordi
お祝い
サン・ジョルディの日
En Sant Jordi es tradición regalar flores y libros a amigos y familiares.
Ven a celebrar con nosotros la fiesta catalana por antonomasia y disfruta de los libros, talleres para niños, concierto de música y muchas
actividades más. Habrá presentación de baile de bastons, rifa y copas
de cava para adultos. ¡Os esperamos! Organizado por la Associació
Japonesa d‘Amistat amb Catalunya.
花と本を贈りあうスペイン・カタルーニャの伝統、
サン・ジョルディの日
(4月23日)
を祝いましょう。
ミニ講演会やミニコンサートなど文化の紹介や子供向きの様々
なワークショップを中心に、
みなさんと楽しい時間を過ごす一日です。日本ではま
だ知られていないカタルーニャのダンス
「バストンス」
(Ball de Bastons)
をご覧い
ただきます。大人にはスパークリングワイ
ンCAVAの提供もあります。バラの花や
お菓子のあたる抽選会もお楽しみです。
皆さんのご来場をお待ちしています!
主催:日本・カタルーニャ友好親善協会
29
Día Internacional del Libro
Encuentro con Jorge Volpi
世界本の日
ホルヘ・ボルピとの出会い
El día 23 de abril fue elegido como Día Internacional del Libro, pues
coincide con la fecha del fallecimiento de tres grandes escritores:
Miguel de Cervantes, William Shakespeare y el Inca Garcilaso de la
Vega. Desde Tokio queremos unirnos a estas celebraciones con un
encuentro con uno de los escritores más destacados de la prosa actual: el mexicano Jorge Volpi, miembro destacado de la generación del
crack. ¡No te lo pierdas!
4月23日は世界本の日。これは同日が3人の偉大
Jueves 23 de abril
a las 19:00
4月23日(木)19:00~
Auditorio (planta BF1)
地下1階オーディ
トリアム
Entrada gratuita
入場無料
Reserva:
Se ruega confirmación en:
予約:参加ご希望の方は
以下ウェブサイトよりお申込みください。
http://reservas.palabras.jp/
な作家、
ミゲル・デ・セルバンテス、
ウイリアム・シェ
Idiomas: español y japonés
イクスピア、
インカ・ガルシラーソ・デ・ラ・ベガの命日
言語 : スペイン語・日本語
であることから、
ユネスコによって制定されたもので
す。本年度ここ東京では、
メキシコ人現代作家の
代表的存在、90年代のクラック・ムーヴメントの旗
揚げであるホルヘ・ボルピを招き、
この日をお祝いし
ます。
30
Horario:
de martes a viernes de 10:30 a
19:45 horas.
Sábados de 10:30 a 17:30
horas.
Cerrado: domingos y lunes. El
acceso a la biblioteca es libre.
開館時間:
火曜〜金曜 10:30-19:45
(貸出は19:30まで)
土曜 10:30-17:30(貸出は17:15まで)
閉館:日・月及びセンターの休館日
図書館の閲覧は無料です。
Contacto:
correo electrónico:
[email protected]
Teléfono: 03-5210-1704
(en horas de servicio)
Fax: 03-5210-1714
お問い合わせ:
メール: [email protected]
電話:03-5210-1704
(開館時間内)
ファックス:03-5210-1714
31
Información de la
Biblioteca Federico García Lorca
フェデリコ・ガルシア・ロルカ
図書館からのお知らせ
La Biblioteca Federico García Lorca cuenta con una colección compuesta por
libros en español y en las otras lenguas oficiales de España, centrada en literatura y en materiales de enseñanza de español como lengua extranjera. Tiene
una sección local formada por obras en japonés relacionadas con España e
Hispanoamérica, libros en español de temática japonesa, literatura española e
hispanoamericana traducida al japonés y literatura japonesa traducida al español. Colecciona más de 15.000 libros, 1.500 películas y más de 1.200 CDs.
PRECIOS DE SOCIOS: Socio general: 3.300 yenes/año. Socio estudiante y
mayor de 60 años: 1.500 yenes/año.
フェデリコ・ガルシア・ロルカ図書館は、文学と外国語としてのスペイン語学習を中心
に、
スペイン語とスペインのその他の公用語
の本を集めています。日本語の書籍につい
てもスペインとスペイン語圏に関連した作
品、
スペイン語圏文学作品の翻訳本を所蔵
しています。蔵書は1万5000冊、映画他の
映像資料は1.200ございます。
図書館会員年会費:一般3300円、
学生・シニア
(60才以上)
1500円
Cuentacuentos y talleres didácticos para niños
子供のための読み聞かせ 遊びながら学びましょう
La biblioteca se constituye en un espacio de encuentro entre los niños y el mundo
hispánico. A través de cuentacuentos y actividades lúdicas, los niños se familiarizan con el vocabulario de los diferentes temas que se tratan en los talleres y
participan activamente en los juegos y manualidades realizadas. ¡Os esperamos!
図書館では、子供達がスペイン語圏の文化に触れる会を開
いています。読み聞かせ、楽しいアクティビティから子供達は
自然とスペイン語の語彙に親しむことができます。ゲームや
ワークショップ 、手をつかった遊びで様々なテーマをとりあ
げます。子供達集まれ!
17 de enero a las 16:00h:
“El Año Nuevo”
21 de febrero a las 16:00h:
“San Valentín”
14 de marzo a las 16:00h:
“La primavera”
18 de abril a las 16:00h:
“El Día Internacional del libro infantil”
1月17日(土) 2月21日(土)
3月14日(土) 4月18日(土)
16:00~
Entrada: 1.100 yenes por niño
参加費:1,100円
(お子様1名につき)
Idioma: español 言語:スペイン語
http://reservas.palabras.jp/
Club de lectura
読書倶楽部
El Club de lectura es un grupo de personas que leen la misma obra literaria. Después, se reúnen una vez al mes para comentarla coordinados por un moderador.
La participación está abierta a todas las personas
interesadas, pero con un límite máximo de 20 asistentes. Las sesiones se desarrollan en español.
同じ文学作品をグループで読む会です。1ヶ月に1度集まり、司
会の進行で作品について意見を交わします。興味のある方は
どなたでもご参加いただけます。人数は最大20人まで、
スペイ
ン語で行われます。
31 de enero a las 11:00h:
“Selección de cuentos de Ricardo Garibay”
28 de febrero a las 11:00h:
PENDIENTE DE CONFIRMACIÓN
28 de marzo a las 11:00h:
“La tejedora de sombras” de Jorge Volpi
25 de abril a las 11:00h:
“Juegos de la edad tardía” de Luis Landero
1月31日(土) 2月28日(土)
3月28日(土) 4月25日(土)
11:00~
Entrada gratuita 参加無料
Idioma: español 言語:スペイン語
(中級以上) 32
7F
レストラン メソン・セルバンテス
Mesón Cervantes
6F
フェデリコ・ガルシア・ロルカ図書館
Biblioteca Federico García Lorca
5F
オフィス
Oficina
3/4F
教室
Aulas
2F
ギャラリー
Salas de exposiciones
1F
受付・セルバンテス書店
Recepción Librería Cervantes
B1F
Ichigaya
Yotsuya
オーディトリアム
Auditorio
http://tokio.cervantes.es
InstitutoCervantesTokio
@CervantesTokio
Instituto Cervantes de Tokio
Edificio Cervantes 2-9, Rokubancho, Chiyoda-ku, Tokio 102- 0 0 8 5
セルバンテス文化センター東京
〒102-0085 東京都千代田区六番町2-9 セルバンテスビル
Tel: 03-521 0-1800 E-m ail: a c x1 to k @ c e r va n te s . e s
● 東京メトロ有楽町線「麹町駅」5、6番出口より徒歩3分
● JR・東京メトロ・都営地下鉄「市ヶ谷駅」より徒歩6分
● JR・東京メトロ「四ツ谷駅」四ツ谷口、麹町口より徒歩7分
Kojimachi
ターキッシュ
エアラインズで
スペインを発見
ターキッシュエアラインズでスペインを自由自在
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
3 722 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content