close

Enter

Log in using OpenID

14

embedDownload
ネットワークアプリケーション設計論
(14th Week)
2010年 7月
情報メディア教育研究センター
常盤 祐司
[email protected]
© Copyright Hosei University
授業スケジュール
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
第7回
第8回
第9回
第10回
第11回
第12回
第13回
第14回
(4/13):
(4/20):
(4/27):
(5/11):
(5/18):
(5/25):
(6/1):
(6/8):
(6/15):
(6/22):
(6/29):
(7/6):
(7/13):
(7/20):
第15回 (7/--):
ネットワークアプリケーションの歴史,必要性
Googleの事例紹介とテクノロジ解説 (T)
Amazonの事例紹介とテクノロジ解説 (T) (R: 5/31まで)
アプリケーション設計に必要なネットワーク基礎 (T)
DNS,メールなどのメカニズム (T)
Webアプリケーションのメカニズム
サーバサイドにおけるプログラミング技法(1) (T)
サーバサイドにおけるプログラミング技法(2) (T)
ビデオ配信概要(e-Learning形式) (R: 6/30まで)
ユーザ認証とアクセス制御 (T)
ネットワークアプリケーション設計概要
ネットワークアプリケーション設計の留意点 (T)
事例紹介 (R:7/29まで)
最新技術の解説と今後の技術動向
授業評価アンケート
期末テスト
(R): レポート課題, (T):授業中オンラインテスト
© Copyright Hosei University
Cloud
出典:
Appleホームページ(オンライン),入手先 <http://www.apple.com/jp/> (参照 2011-7-16)
IBM ホームページ(オンライン),入手先 <http://www.ibm.com/jp/ja/> (参照 2011-7-16)
© Copyright Hosei University
本日の講義内容
概要
最新技術事例としてクラウドについて企業と大学における事
例を紹介し,クラウド適用に関する考え方の相違について検
討する.
GOAL
クラウドの概要を理解する.
アジェンダ
大学および企業におけるクラウドの活用
本授業の振り返り(Reflection)
授業評価アンケート
© Copyright Hosei University
大学における
クラウドの必要性
© Copyright Hosei University
開発環境の自由化(ソフトウェア)
様々な技術と多数のレファレンスが利用できるようになった
© Copyright Hosei University
クリッカー
1万円/1台
© Copyright Hosei University
研究開発
© Copyright Hosei University
全学展開プロセス
•システム調達
•場所確保
•空調確認
•電源確保
•ネットワーク確保
•導入作業
•運用要員
数
ヶ
月
© Copyright Hosei University
システム基盤選択肢
学内リソース
クラウド
© Copyright Hosei University
まとめ
 研究基盤における利用のように,オンデマンドで要
求されるシステム基盤としてクラウドの活用が考えら
れる.
 様々な定義があるが,クラウドとは「ハードウェアの
制約を受けずに自由にリソースを設定でき,そのリ
ソースの場所が特定できないシステム」といえる.
© Copyright Hosei University
講義全体のまとめ
授業の到達目標及びテーマ
ネットワークアプリケーションの必要性を理解し、それらを開発
するための知識を習得する.
 ネットワークアプリケーションを駆使してビジネスを行っている
GoogleおよびAmazonの概要を説明した.
 ネットワークアプリケーションの基盤となる様々なネットワーク
技術を実習を交えて説明した.
 XAMPPにてデータベースを使ったWebアプリケーションを開
発した.
 ネットワークアプリケーションの設計方法について説明した.
 事例紹介および最新の技術動向を説明した.
© Copyright Hosei University
ネットワークアプリケーションの定義(本講義)
サービスを要求するクライアントとサービスを提供するサーバから
構成されるアプリケーション
クライアント
サーバ
Microsoft Outlook
法政大学 Mail Server
Microsoft Internet Explorer
法政大学 授業支援システム
Windows ネットワーク用クライアント
法政大学PC教室ファイルサーバ
© Copyright Hosei University
今日のAmazonおよびGoogleまでの流れ
特長
1990年代
2000年代
前半
2000年代
後半
技術
 ユーザを特定しない  Webサーバ
 表示内容は固定
 Webブラウザ
 大学/研究機関が推進  CGI
 ユーザを特定する
 ユーザの入力に応じ
た表示
 企業が推進
 Web アプリケー
ションサーバ
 Java, PHP,.net
 独自技術の開発
 開発した技術の提供
 特定企業が推進
 AJAX, jQuery
 仮想化
 独自技術
© Copyright Hosei University
一般的なネットワークアプリケーションシステム形態
サービスプロバイダ
サーバ
(Webアプリケーション)
クライアント
(Webブラウザ)
Web
アプリケーション
サーバ
①
システム基盤
DB
②
③
© Copyright Hosei University
システム開発から運用の流れ
上流
IT戦略の
策定
業務分析
および改善
システム
企画
要件定義
下流
設計
アーキテクチャ
設計
実装
外部
設計
テスト
移行
運用
内部
設計
出典:吉原庄三郎,“はじめての設計をやり抜くための本”,翔泳社,2008, 東京
© Copyright Hosei University
ガラパゴス化
出典:NRI未来ナビ,“「ガラパゴス化」する日本”,NRI,
http://www.nri.co.jp/navi/2008/080213_1.html
© Copyright Hosei University
外部環境に関わる留意点
クライアント側
•ユーザ端末が多様化している.
‒スマートフォン/電子Pad
•使える動画形式が限られることがある.
‒iPadはFlash未対応
サーバ側
• システム大規模化の選択肢が多様化している.
‒スケールアップ/スケールアウト/クラウド
• “Free”で使えるシステムが出てきた.
‒Google Apps, slideshare, flickr, You Tube, Ustream
• 標準化が継続して進められている.
© Copyright Hosei University
マルチクライアント対応の考慮点
画面サイズ
インプット方法
動画再生
iPodおよびiPadでは
flashを再生できない
iPadおよびiPod イメージ出典: Apple HP http://www.apple.com/jp/
© Copyright Hosei University
データと表示形式の分離
XML形式データ
<student>
<id>1001</id><name>法政 一郎</name>
<faculty>法学部</faculty><grade>3</grade>
</student>
<student>
<id>1002</id><name>法政 二郎</name>
<faculty>経済学部</faculty><grade>2</grade>
</student>
XSLT(XSL Transformations)プロセッサ
携帯用
XSL
HTML
iPad用
XSL
HTML
eXtensive
Stylesheet
Language
PC用
XSL
HTML
© Copyright Hosei University
CSS3による出力チャネル対応
<link href="css/iphone.css" rel="stylesheet" type="text/css" media="only screen and (min-width: 0px)
and (max-width: 320px)" >
<link href="css/tablet.css" rel="stylesheet" type="text/css" media="only screen and (min-width: 321px)
and (max-width: 910px)" >
<link href="css/desktop.css" rel="stylesheet" type="text/css" media="only screen and (min-width:
911px)" >
© Copyright Hosei University
iPad事例
iPadでサポートされないFLASH
HTML5にて動画をサポートするようになったCNN
出典:CNN, http://edition.cnn.com/
© Copyright Hosei University
サーバ増強
DB
DB
スケールアップ
スケールアウトの考慮点
並列化対応
コスト
•サーバ
•ソフトウェアライセンス
運用・管理
DB
DB
スケールアウト
SUN イメージ出典: http://blogs.sun.com
© Copyright Hosei University
インターネット“Free”アプリケーション
Google Apps
slideshare
flickr
事例1
事例2
出典:
Google Apps: http://www.google.co.jp/apps/
slideshare: http://www.slideshare.net/
flickr: http://www.flickr.com/
© Copyright Hosei University
HTML5
2011
IE9
Firefox4
Safari5
Opera11
IETF: Internet Engineering Task Force
WHATWG: Web Hypertext Applications Technology Working Group
出典: Daniel Eran Dilger, “Why Apple is betting on HTML 5: a web history”,
http://www.appleinsider.com/articles/09/09/19/why_apple_is_betting_on_html_5_a_web_history.html&page=2
© Copyright Hosei University
ネットワークアプリケーション リフレクション
本授業を振り返り
得られたものについて
投稿してください.
(5分)
© Copyright Hosei University
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
1 945 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content