close

Enter

Log in using OpenID

1 Chapter1-CQ7 班名:脳卒中一般 大項目:脳卒中一般の管理 中項目

embedDownload
Chapter1-CQ7
班名:脳卒中一般
大項目:脳卒中一般の管理
中項目:合併症対策
小項目:消化管出血
ン
ト用
推奨
高齢や重症の脳卒中患者では特に消化管出血の合併に注意し、抗潰瘍薬(H2受容体拮抗薬)
の予防的投与が推奨される(グレード C1)。
ク
コ
メ
エビデンス
欧米では急性期脳卒中の 1.5-3%が消化管出血を起こし、その半数は重症であった 1.1,1)
(レベル 4)。高齢者、重症の脳卒中で特に多い傾向であった。抗血栓薬の使用は有意な危
険因子ではなかった。一方、台湾からは急性期脳卒中での消化管出血の合併頻度は 7.8%と
報告されており、アジア人における消化管出血の頻度の多さが示されている 1.2)(レベル 4)。
何れの報告でも消化管出血を起こした例の予後は不良である 1.1,1,1.2)(レベル 4)。
脳卒中や頭部外傷などを含めた救急症例における消化管出血に対する H2 受容体拮抗薬
には有効性が示されているが 2-4,6)(レベル 4)、脳卒中症例のみを対象とした報告はない。
また、同様に PPI(プロトンポンプ インヒビター)に関しても脳卒中症例のみを対象と
した研究はない。一方、6時間毎のスクラルファート1gの内服の、脳出血急性期におけ
る胃出血の予防に関しては、プラセボと有意差なく、また 8 時間毎の H2 受容体拮抗薬ラニ
チジン 50mg の静注にも、有効性はみられなかった 7)(レベル 2)。
リッ
注:本邦では現在、H2 受容体拮抗薬の注射薬(シメチジン、ファモチジン、ラニチジン)
のみ保険適応があり、PPI に関して保険適応はない。
パ
ブ
引用文献
1.1) O'Donnell MJ, Kapral MK, Fang J, Saposnik G, Eikelboom JW, Oczkowski W, et al.
Gastrointestinal bleeding after acute ischemic stroke. Neurology 2008;71:650-655.
1) Davenport RJ, Dennis MS, Warlow CP. Gastrointestinal hemorrhage after acute
stroke. Stroke 1996 ; 27 : 421-424.
1.2)
Hsu HL, Lin YH, Huang YC, Weng HH, Lee M, Huang WY, et al. Gastrointestinal
hemorrhage after acute ischemic stroke and its risk factors in Asians. Eur Neurol
2009;62:212-218.
2) 大塚敏文, 八木義弘, 島崎修次, 他. 脳血管障害,頭部外傷による胃酸分泌亢進に対す
るファモチジン(F)注の抑制効果の検討 プラセボ(P)を対照とした二重盲検比較試
験.診療と新薬 1991 ; 28 : 1-12.
3) 天羽敬祐, 大塚敏文, 角田幸雄, 他. 救急患者の過大侵襲ストレスによる胃酸分泌亢
進に対する Ranitidine 注射液の臨床用量および有用性に関する予備的検討. 臨床成人
病 1993 ; 23 : 243-258.
4) 石山憲雄, 永田淳二, 佐野公俊. 脳血管障害に合併せる中枢性消化管出血に対する
1
パ
ブ
リッ
ク
コ
メ
ン
ト用
cimetidine の効果 とくに予防薬について. 救急医学 1984 ; 8 : 1705-1709.
6) 杉山貢, 芦川和高, 上田守三, 他. 救急領域における過大ストレス状態下でのシメチ
ジンの胃酸分泌抑制効果. 消化器科 1991 ; 15 : 289-299.
7) Misra UK, Kalita J, Pandey S. Mandal SK. A randomized placebo controlled trial
of ranitidine versus sucralfate in patients with spontaneous intracerebral
hemorrhage for prevention of gastric hemorrage. J Neurol Sci 2005 ; 239 : 5-10.
2
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
149 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content