close

Enter

Log in using OpenID

(PDF版)をダウンロードする [1.4MB]

embedDownload
ごあいさつ
アシストの研修サービスは、システムの利用者が最も効果的にソフトウェア製品を活用できるよう、カリキュラムやテ
キストを独自に開発しています。「実践的且つ、現場で活用できる研修」を目指し、長年の販売、サポートで培った実
績の元、経験豊富な講師陣が研修を実施しております。
東京(市ヶ谷)、名古屋、大阪、福岡、札幌の各営業所での定期コースのほか、「複数コースを組み合わせて、短期間
で学習したい」「遠隔地のためなかなか会場に行けない」といったご要望に合わせた、オンサイト・コース(カスタマ
イズ研修)も実施しております。
また、アシストの研修をご受講いただくと、ご受講後 3 ヶ月間、受講した研修内容に関するご質問をお問い合わせいた
だける「アフターサポートサービス」をご利用いただけます。研修で学んだ内容の復習や確認にお役立てください。
アシスト教育部は、今後も常にお客様にご満足いただける研修、およびサービスをご提供すべく努力してまいります。
皆様のご受講を心よりお待ちしております。
お知らせ
Oracle 研修「Oracle Database 12c Release1」に対応
Oracle 研修は、最新バージョンである「Oracle Database 12c Release1」までの内容に対応しました。
テキストには新機能のバージョンが明記されているため、以前のバージョンをお使いの方でもご受講いただけます。
Oracle 研修の詳細は P4~P11 をご覧ください。
札幌会場 サテライト研修を開始
札幌会場で、WebFOCUS 研修と QlikView 研修を定期開催いたします。
これは東京(市ヶ谷)会場の研修を専用のシステムで配信する、サテライト研修として開催されます。
サテライト研修の詳細は P37 を、札幌会場の開催日程は P52~P53 をご覧ください。
Dojo 研修 東京(市ヶ谷)会場で定期開催開始
これまでオンサイト・コースとして開催していた「Dojo 入門」コースを、東京(市ヶ谷)会場で定期開催いたします。
定期開催に伴い、実施時間を半日から一日にボリュームアップし、より詳しく Dojo の操作方法を学んでいただけます。
1 名様からご受講いただけますので、新しくなった「Dojo 入門」コースをぜひご受講ください。
Dojo 研修の詳細は P30~P31 をご覧ください。
お問い合わせ先
株式会社アシスト 教育部
TEL:0120-874-337
URL:http://www.ashisuto.co.jp/ojt/
FAX:0120-874-437
E-Mail(お問い合わせ専用):[email protected]
受付時間:平日 9:00~12:00、13:00~17:00(土、日、祝祭日を除く)
1
目次
ごあいさつ.................................................1
DataSpider 研修......................................26
お知らせ..................................................................1
お問い合わせ先.......................................................1
DataSpider 基本...................................................27
DataSpider 運用...................................................27
アシストの研修..........................................3
DMExpress 研修......................................28
DMExpress 基本...................................................29
Oracle 研修................................................4
Oracle 入門.............................................................6
SQL トレーニング...................................................6
PL/SQL プログラミングⅠ......................................7
PL/SQL プログラミングⅡ......................................7
データベース・アーキテクチャ...............................8
データベース・マネジメント...................................8
バックアップ・リカバリ.........................................9
Recovery Manager 入門........................................9
SQL パフォーマンス・チューニング.....................10
Oracle パフォーマンス・チューニング.................10
Real Application Clusters 11g.........................11
SQL 応用...............................................................11
JP1 研修..................................................12
JP1 ジョブ管理....................................................13
JP1 統合管理........................................................14
WebFOCUS 研修......................................15
WebFOCUS 初級..................................................16
WebFOCUS 中級..................................................16
WebFOCUS 上級..................................................17
WebFOCUS 管理者...............................................17
QlikView 研修..........................................18
QlikView 入門.......................................................19
QlikView 応用.......................................................19
QlikView 管理者 ..................................................20
QlikView ユーザー................................................20
データベース設計研修..............................21
データモデリング・基本.......................................21
データモデリング・概要 ......................................22
データモデリング・実践 ......................................22
PostgreSQL 研修.....................................23
PostgreSQL 体験.................................................23
PostgreSQL 管理基礎..........................................24
PostgreSQL 冗長化構成構築・運用......................25
Dojo 研修.................................................30
Dojo 入門..............................................................31
お申し込み方法........................................32
受講申込................................................................32
チケット申込.........................................................33
注意事項...................................................34
受講料金(チケット)...........................................34
研修のキャンセル..................................................34
研修の中止............................................................34
その他...................................................................34
よくあるご質問........................................35
奨励金・助成金申請.................................36
サテライト研修........................................37
オンサイト・コース.................................38
アフターサポートサービス.......................40
開催会場...................................................41
東京会場(市ヶ谷)..............................................41
名古屋会場............................................................41
大阪会場................................................................42
福岡会場................................................................43
札幌会場................................................................43
開催日程...................................................44
東京会場(市ヶ谷)..............................................44
名古屋会場............................................................46
大阪会場................................................................48
福岡会場................................................................50
札幌会場................................................................52
受講申込書...............................................54
チケット申込書........................................55
本研修コースガイド内で使用しているアイコンは、以下の Web サイトで配布され、使用が許諾されているものです。
Webdesigner Depot http://www.webdesignerdepot.com
2
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
アシストの研修
アシスト教育部では、40 年間の販売、サポートで培った実績を元に、独自の研修を実施しております。
研修をご受講いただいた 95%の方に、研修に満足したとご回答いただいております。(2014 年度実績)
便利な共通チケット制
アシストの定期コースは全国の会場、複数の研修で使える便利な共通チケット制です。
• 全国 5 ヶ所、東京(市ヶ谷)、名古屋、大阪、福岡、札幌にて定期コースを実施しております。
• 全国の会場・複数の研修であってもご受講可能な共通チケット制です。
お得なチケットセットもご用意しております。例えば、全国各地の受講者分や複数プロダクト分をまとめてご購入いた
だくと、お得なセット価格でご受講いただけます。
※定期コースのお申し込み方法、チケットの詳細については、P32 以降をご覧ください。
ご要望に応じたオンサイト・コース
オンサイト・コースでは、お客様のさまざまなご要望にお応えします。
• 定期コースを受講したいが、日程が合わない
• 遠隔地で定期コースに参加できない
• 業務が忙しくて定期コースを受講する時間がない
• 一度に多くの人間に研修を受講させたい
などのご要望にお応えします。
日数の短縮や複数コース(複数プロダクト)の組み合わせ、社内環境(実データ)を使用した研修など、ご希望に応じ
て実施いたします。
また、お客様側で環境をご用意できない場合には、会場・実習機材の貸し出しなども行っておりますので、お気軽にご
相談ください。
※オンサイト・コースの詳細については、P38 をご覧ください。
アフターサポートサービス
ご受講後 3 ヶ月間、受講した研修内容に関するご質問をお問い合わせいただける「アフターサポートサービス」を実施
しております。
FAQ などの技術情報も提供しておりますので、より高いスキルを身につけていただくことができます。
※アフターサポートサービスの詳細については、P40 をご覧ください。
3
Oracle 研修
アシスト Oracle 研修は、アシストが 1987 年に Oracle の日本総代理店になった頃からの歴史があります。
この 20 年以上の経験とノウハウを基に、講師自らが作成したアシスト独自のカリキュラムとテキストは、実践的な内
容で実務ですぐに活用できると好評です。
現在 Oracle を導入されている方、もしくは今後導入を検討されている方も含めて、どなたでもご受講いただける多彩
な研修をご用意しております。
対応バージョン
Oracle 研修は、一部を除いて Oracle Database 12c Release1 までの内容に対応しています。
テキストには新機能のバージョンが明記されているため、異なるバージョンをお使いの方でもご受講いただけます。
※「Real Application Clusters 11g」は、Oracle Database 11g Release2(11.2.0.1)のみに対応しています。
※「SQL 応用」は、Oracle Database 11g Release2 までの内容に対応しています。
アシスト Oracle 研修の特徴
蓄積されたスキル、ノウハウ
アシストの Oracle 研修は、アシストが 1987 年に Oracle の日本総代理店となった頃からの歴史があります。その当
時からのスキル・ノウハウを集約し、洗練された研修コースを現在も提供し続けています。改訂に改訂を重ねた実務的
な研修を是非ご受講ください。
高い講師力
アシストの講師陣は、受講後アンケートの「講師の対応は?」という項目で、約 96%の受講者から「大変満足」と評
価いただいております。また、書籍の執筆を担当するなど、技術力のある講師陣が研修を担当いたします。
実践的なオリジナルテキストの使用
長年の経験やノウハウに基づいて講師自らが作成したオリジナルテキストを使用しています。最新のバージョンにも対
応しており、各バージョンの新機能を分かりやすく表示しています。
図や例題を豊富に使用することによって分かりやすく解説し、実務ですぐに活用いただけます。また、テキスト付属の
確認問題で受講後の復習も可能です。
<テキストの一例>
Oracle Database 12c
までの内容に対応しています。
各バージョンからの新機能や Enterprise Edition 固有の機能には
マークをつけています。そのため、どのような環境をお使いでも
問題なくご受講いただけます。
例題が充実しているため
実務でいざという時に
ご参考いただけます。
図解が充実しており、とても
分かりやすくなっています。
補足や Tips は NOTE に
まとめています。
4
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
受講モデル
初心者向け
入門者モデル
Oracle の基本構造や SQL の基礎構文など、 Oracle の全体像を理解できます。
新入社員や異動された方など、これから Oracle に携わる方にぴったりのモデルです。
Oracle 入門
Oracle を体系的に
理解できるため、
初心者・経験者どちらの
方にとっても
お勧めのコースです。
SQL トレーニング
経験者向け
データベース・アーキテクチャ
管理者モデル
開発者モデル
管理者として必要な運用管理タスクの理解や
バックアップリカバリ、システムチューニングの
技術を習得できます。
Oracle を使用した開発で必要な PL/SQL の習得、
索引や SQL 記述方法などによる SQL チューニン
グ技術を習得できます。
データベース・マネジメント
PL/SQL プログラミングⅠ
バックアップ・リカバリ
PL/SQL プログラミングⅡ (※)
Recovery Manager 入門(※)
SQL 応用 (※)
Oracle パフォーマンス・チューニング
SQL パフォーマンス・チューニング
Real Application Clusters (※)
※ マークのついているコースは、各受講モデルにおいて
必須ではありませんが、受講を推奨しております。
研修前後の手厚いフォロー
アシスト Oracle 研修では、研修を効果的にご受講いただくため、また研修受講後に更にスキルアップいただくために
以下 3 つのコンテンツをご用意しております。
アフターサポートサービス
受講後のフォローとして 2 つのサービスをご提供しております。
・ご質問受付サービス :ご受講後 3 ヶ月間、該当コースに関するご質問をお問い合わせいただけます。
・ダウンロードサービス:演習環境構築用スクリプトや補足資料をダウンロードいただけます。
研修前・研修後の腕試し(ダウンロードサービス内にリンクがございます。)
研修の受講前後にチャレンジいただけるテストをご用意しております。
・受講前テスト:受講前のスキル確認や研修内容の把握などにご利用いただけます。
・受講後テスト:復習や知識習得度の確認にご利用いただけます。
Oracle 自習用環境作成手順のご紹介(ダウンロードサービス内にリンクがございます。)
Oracle より無償で提供されている Oracle Database Express Edition(Oracle XE)を基にした、自習環境作成手
順をご紹介しております。復習や ORACLE MASTER 試験対策などにご活用いただけます。
上記コンテンツは弊社 Web ページよりご利用いただけます。
URL : http://www.ashisuto.co.jp/ojt/aftersupport/
5
Oracle 入門
※旧コース名「Oracle
※旧コース名「Oracle 概要」
Oracle を使用した開発・管理を行う上でのファースト・ステップとして、リレーショナル・データベース管理ソフト
ウェアである Oracle の役割、基本機能、基本アーキテクチャを説明します。
形態:講義
日数:1 日
必要チケット枚数:2 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)・名古屋・大阪・福岡
コース内容
開催時間:10:00~17:00
受講対象
• データベース概要
リレーショナル・データベースの特徴、それを管理するシステ
ム(RDBMS)の必要性について
• SQL 概要
RDBMS 必須の言語である SQL の特徴と利点について
• Oracle アーキテクチャ概要
Oracle の内部構造とデータベース管理表であるデータ・ディ
クショナリについて
• Oracle の基本機能
ユーザーと権限、ロック、読取り一貫性などの機能について
• バックアップ・リカバリ概要
障害の種類とリカバリの概要、また障害対策システムの紹介
• Oracle の標準ツール
Oracle の標準ツールの特徴や用途について
(SQL*Loader、Recovery Manager、Data Pump
Export/Import、Oracle Enterprise Manager など)
これから Oracle を使用される方。エンドユーザーからアプリ
ケーション開発者、データベース管理者まで、幅広いユーザーの
入門コースとしてお薦めします。
受講前提
下記条件を満たしている方。
<コンピュータの基礎>
• メモリー、ディスクなどの基本的な IT 用語を理解している。
SQL トレーニング
リレーショナル・データベースの処理で使用する SQL の基本構文、使用方法について説明します。
形態:実習
日数:3 日
必要チケット枚数:9 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)・名古屋・大阪・福岡
コース内容
• 問合せの基本操作、応用操作
データを検索するコマンドについて
• DML(データ操作)の基本操作
データを追加、更新、削除するコマンドについて
• トランザクション制御
特定の処理を確定、または取消す単位であるトランザクション
について。またトランザクションを利用したロック、読取り一
貫性の機能について
• DDL(データ定義)の基本操作
表、ビューの作成方法や制約の定義方法などについて
6
開催時間:10:00~17:00
受講対象
初めて SQL を使用される方。SQL を使用してアプリケーション
開発される方、データベースを管理者される方。
受講前提
「Oracle 入門(旧 Oracle 概要)」を受講された方。
もしくは下記条件を満たしている方。
<コンピュータの基礎>
• マウスやキーボードの簡単な操作が行える。
• 基本的なタイピングを行える。
• メモリー、ディスクなどの基本的な IT 用語を理解している。
<リレーショナル・データベースの基礎>
• データは列と行の 2 次元の表形式で表現されることを理解して
いる。
• 関連性が強いデータごとに表を分けて格納し、必要に応じて複
数の表を結合できることを理解している。
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
PL/SQL プログラミングⅠ
SQL(非手続き型言語)を手続き型言語(プロシージャ型)として機能拡張した Oracle 独自のプログラミング言語
「PL/SQL」の基礎知識を習得できます。
形態:実習
日数:3 日
必要チケット枚数:12 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)・大阪
コース内容
開催時間:10:00~17:00
受講対象
• 概要
PL/SQL の特徴・機能および利点について
• 基本記述
変数の定義、データ抽出、エラー発生時の対処方法など、
PL/SQL の基本構文について
• ストアド・サブプログラム
プロシージャ、ファンクションの特徴や作成方法について
• パラメータ
パラメータを使用した汎用性の高いプログラムの作成について
• トリガー
あるタイミングで、暗黙的に実行される PL/SQL プログラムで
あるトリガーの具体的な使用方法、作成について
• サブプログラムの管理
関連オブジェクトの依存性による影響について
これから PL/SQL を使用してアプリケーション開発をされる方。
受講前提
「SQL トレーニング」を受講された方。
もしくは下記条件を満たしている方。
<SQL の基礎>
• SELECT、DML(INSERT、UPDATE、DELETE)の基本的な
SQL を習得している。
• トランザクション、COMMIT、ROLLBACK、ロックについて
理解している。
PL/SQL プログラミングⅡ
コンポジット型やバルク配列処理、動的な SQL 文、パッケージなど、Oracle 独自のプログラミング言語「PL/SQL」
の応用的な記述方法について、実習を通して習得します。
形態:実習
日数:2 日
必要チケット枚数:8 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)・大阪
コース内容
• コンポジット型
より汎用性の高いプログラムを作成するための、ユーザーによ
るデータ定義方法について
• バルク配列処理
コレクションを使用した配列処理によってパフォーマンスを向
上させる方法について
• システム固有の動的 SQL
PL/SQL プログラム内で、DDL 文や動的 SQL を記述する方法
について
• ユーザー定義パッケージ
関連する複数のストアド・サブプログラムなどをパッケージ化
する方法について
• ユーティリティ・パッケージ
Oracle 社提供の各種パッケージの使用方法について
開催時間:10:00~17:00
受講対象
これから PL/SQL を使用してアプリケーション開発をされる方。
受講前提
「PL/SQL プログラミング I」を受講された方。
もしくは下記条件を満たしている方。
<PL/SQL の基礎>
• 基本的な PL/SQL ブロック(宣言部・実行部・例外処理部)の
作成方法を習得している。
• ストアド・サブプログラム(プロシージャ、ファンクション)
の作成方法を習得している。
7
データベース・アーキテクチャ
Oracle データベースにおけるデータ保護、パフォーマンス向上のための仕組みを中心に、Oracle データベースに携わ
る方にとって重要な内部アーキテクチャを説明します。
形態:講義
日数:2 日
開催時間:10:00~17:00
必要チケット枚数:8 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)・名古屋・大阪・福岡
コース内容
受講対象
• データベースの処理と構造
Oracle データベースのファイル構成、メモリおよびプロセス
構成を SQL の流れに沿って説明
• 論理データベース構造と処理
表領域、セグメント、エクステント、データ・ブロックなどの
論理構造とデータ操作について
• セグメントの種類と特徴
データ・セグメント、索引セグメント、一時セグメント、
UNDO セグメントについて
• 同時実行性とロック
同時実行性を実現するロックについて
アプリケーション開発者/データベース管理者の方。
受講前提
「Oracle 入門(旧 Oracle 概要)」を受講された方。
もしくは下記条件を満たしている方。
<コンピュータの基礎>
• メモリー、ディスクなどの基本的な IT 用語を理解している。
<RDBMS の基礎>
• データベースがデータの集合体であることを理解している。
• データは列と行の 2 次元の表形式で表現されることを理解して
いる。
データベース・マネジメント
データベース管理に必要なコマンドを実習を通して習得できます。また、管理者として知っておくべき情報や注意事項
を習得できます。
形態:実習
日数:3 日
必要チケット枚数:12 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)・名古屋・大阪
コース内容
• データベースの管理タスク
管理者が行うべきタスクとデータベース管理に役立つ情報など
について
• データベースの起動と停止
データベースの起動と停止方法、また起動ステップで行うメン
テナンスについて
• 初期化パラメータ
初期化パラメータの設定、変更方法について
• ユーザーの管理
一般ユーザーの作成から作成後のアクセス制御や、監査などに
ついて
• ネットワーク設定
Oracle データベースにリモート接続を行う際の基本的な設定
方法について
• データベースのファイル管理
表領域とデータ・ファイルの管理、オンライン REDO ログ・
ファイル、制御ファイルの作成と管理について
• セグメントの管理
表・索引・一時セグメント・UNDO セグメントの作成、管理に
ついて
8
開催時間:10:00~17:00
受講対象
データベース管理者の方。
受講前提
「データベース・アーキテクチャ」を受講済みの方。
もしくは下記条件を満たしている方。
<Oracle アーキテクチャの基礎>
• Oracle Server はデータベースとインスタンスから構成されて
いることを理解している。
• データベースを構成する各ファイルの役割を理解している。
その他、注意事項
バックアップの取得や障害時のリカバリ方法につきましては
「バックアップ・リカバリ」でご紹介しています。
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
バックアップ・リカバリ
Oracle におけるバックアップ方法およびリカバリ方法を実習を通して習得できます。また、障害が発生した場合どの
ように復旧すべきかを、ケースごとに説明します。
形態:実習
日数:2 日
必要チケット枚数:8 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)・名古屋・大阪
コース内容
開催時間:10:00~17:00
受講対象
• バックアップ・リカバリ概要
データベースに発生する各障害の概要とエラーの把握方法につ
いて
• インスタンス障害とリカバリ
障害復旧に備えた仕組みとインスタンス障害からのリカバリ方
法について
• メディア障害とバックアップ・リカバリ
バックアップの種類・取得方法、メディア障害発生時の基本的
なリカバリ方法について
• ケースごとの対処方法
データファイル、REDO ログファイル、制御ファイルに障害が
発生した際のケースごとの対処方法について
データベース管理者の方。
受講前提
「データベース・アーキテクチャ」、「データベース・マネジメ
ント」を受講された方。
もしくは下記条件を満たしている方。
<Oracle アーキテクチャと運用管理の基礎>
• Oracle Server はデータベースとインスタンスから構成されて
いることを理解している。
• データベースを構成する各ファイルの役割と基本的な運用管理
方法を理解している。
Recovery Manager 入門
Oracle にバンドルされているバックアップ・リカバリ・ツールである Recovery Manager の利点と基本的な使用方法
を実習を通して習得できます。
形態:実習
日数:1 日
必要チケット枚数:4 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)・大阪
コース内容
• Recovery Manager 概要
Recovery Manager の特徴やアーキテクチャについて
• バックアップ操作
Recovery Manager を使用したバックアップの方法やバック
アップの管理について
• リストア・リカバリ操作
障害発生時の Recovery Manager によるリストア・リカバリ
操作と代表的なケーススタディについて
• Recovery Manager のリポジトリの管理
Recovery Manager の設定や操作履歴の集合であるリポジト
リの管理方法について
開催時間:10:00~17:00
受講対象
データベース管理者の方。
受講前提
「バックアップ・リカバリ」を受講された方。
もしくは下記条件を満たしている方。
<手動でのバックアップ・リカバリの基礎>
• 各ファイルのバックアップ方法および障害発生時の対処方法に
ついて、基本を理解している。
9
SQL パフォーマンス・チューニング
Oracle をより効果的に使用するための SQL チューニング方法を説明します。また、索引の有無、SQL の記述方法がパ
フォーマンスにどのように影響するのか、実習を通して習得できます。
形態:実習
日数:3 日
必要チケット枚数:12 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)・大阪
コース内容
開催時間:10:00~17:00
受講対象
• SQL の診断ツール
動的パフォーマンス・ビュー、SQL トレース機能、TKPROF
ユーティリティ、EXPLAIN PLAN コマンドの使用方法など
• 索引の作成と管理
B*Tree 索引の特徴・利点と作成方法、また索引の管理方法に
ついて
• 効果的な SQL の記述方法
索引を効率的に使用するための SQL の記述方法について
• 結合
複数の表を結合した際の内部動作について
• コストベース・オプティマイザ
コストベース・オプティマイザの適切な目標選択と、統計収集
方法・管理について
アプリケーション開発者/データベース管理者の方。
受講前提
「SQL トレーニング」、「データベース・アーキテクチャ」を
受講された方。
もしくは下記条件を満たしている方。
<SQL の基礎>
• SQL の基本的な構文を理解している。
<Oracle アーキテクチャの基礎>
• Oracle で利用される共有メモリの構造、物理的なファイルの
構造などの基本的なアーキテクチャを理解している。
Oracle パフォーマンス・チューニング
Oracle データベースのパフォーマンス診断方法、発生している問題の解決方法を習得できます。
形態:実習
日数:2 日
必要チケット枚数:8 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)・大阪
コース内容
• DB の診断方法
Oracle 標準の DB 監視・診断ツール(動的パフォーマンス・
ビューや Statspack など)を使用して、DB のボトルネックを
特定する方法について
• チューニング方法
よく発生する問題に対する解決方法について、DB の診断結果
をもとに、データベースの仕組みを踏まえながら説明します。
例えば、Oracle の共有メモリー(SGA)を効率的に使用する
方法について、メモリーの構造や特徴を確認しながら解説しま
す。
• Enterprise Manager を使用したチューニング
パフォーマンス分析やアドバイザに関する特徴や注意事項につ
いて
開催時間:10:00~17:00
受講対象
データベース管理者の方。
受講前提
「データベース・アーキテクチャ」を受講された方。
もしくは下記条件を満たしている方。
<Oracle アーキテクチャの理解>
• Oracle Server はデータベースとインスタンスから構成されて
いることを理解している。
• データベースを構成する各ファイルの役割を理解している。
• インスタンス内の各メモリー領域の役割を理解している。
• SQL 文が発行されたときの Oracle 内部動作を理解している。
※本コースのご受講には、上記コースに加え、「SQL パフォー
マンス・チューニング」を受講済み、もしくは同等の知識をお
持ちであることを推奨します。
10
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
Real Application Clusters 11g
高可用性システムに不可欠となった Real Application Clusters(RAC)に関して、重要なポイントだけをピックアッ
プし、1 日で説明します。
形態:講義
日数:1 日
必要チケット枚数:4 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)・大阪
コース内容
※他の Oracle 研修とは終了時刻が異なります。
受講対象
• RAC 概要
RAC を使用するメリット、RAC 構成要素、RAC データベース
への接続、RAC アーキテクチャ(キャッシュ・フュージョンの
仕組み等)について
• Oracle Clusterware
Oracle が提供するクラスタソフトの特徴や構成要素、また
Oracle Clusterware リソースの管理方法やサービスによる
ワークロード管理について
• インスタンス・記憶域管理
RAC 環境におけるインスタンスの起動・停止、初期化パラメー
タ、REDO ログ・ファイルの管理について
• 障害対策と障害時の対応
バックアップ方法、ログ・ファイルと Oracle Clusterware リ
ソースの監視、障害(インスタンス障害やノード障害等)発生
時の対応について
• RAC 環境のチューニング
RAC 環境で発生しやすいパフォーマンス問題と、その解消のポ
イントについて
SQL 応用
開催時間:10:00~18:00
RAC データベースの管理者の方。
受講前提
シングルデータベース環境の運用経験がある方。
「データベース・アーキテクチャ」を受講された方、もしくは同
等の知識をお持ちの方。
※本コースのご受講には、上記コースに加え、「データベース・
マネジメント」「バックアップ・リカバリ」「Oracle パ
フォーマンス・チューニング」を受講済み、もしくは同等の知
識をお持ちであることを推奨します。
その他、注意事項
• Oracle Database 11g Release2(11.2.0.1)のみに対応し
たコースです。
• 本コース内で Oracle Clusterware、RAC のインストール方 法については触れておりません。
• 本コースは、講義のみのコースです。
(Oracle Database 11g Release2 までの内容に対応)
効率性を向上させるオプション、条件分岐などの複雑な処理、表構成に合わせた記述方法など、実践的な記述テクニッ
クをピックアップし、1 日で説明します。
形態:実習
日数:1 日
必要チケット枚数:2 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)・大阪
コース内容
• SQL のコーディング
標準 SQL の使用や、分かりやすく効率的な SQL など、SQL を
使った開発における注意点について
• 条件分岐
CASE 式、条件分岐関数、MERGE など、SQL で条件分岐を行
う方法について
• 値の集計・分析
GROUP BY 句、HAVING 句を使用した、集合値を扱うテク
ニックについて
• 副問合せ
相関副問合せや EXISTS 述語を使用した、複雑な値の比較につ
いて
• NULL の取り扱い
NULL を取り扱う際の注意点と対策について
• 表示結果のカスタマイズ
行列変換(PIVOT)など、問合せ結果のフォーマットを変更す
るテクニックについて
開催時間:10:00~18:00
※他の Oracle 研修とは終了時刻が異なります。
受講対象
アプリケーション開発者の方。
受講前提
本コースは実践的な SQL 記述テクニックをご紹介するコースの
ため、SQL 文の基本記述については習得済みであり、ある程度
の現場経験を積んでいる方を対象としています。
その他、注意事項
• Oracle Database 11g Release2(11.2.0.1)までの内容に
対応したコースです。
• SQL 文の基本記述については「SQL トレーニング」の内容を
ご確認ください。
11
JP1 研修
統合運用管理製品 JP1 によるジョブ管理、統合管理について基本機能から運用テクニックまでを短期間で習得いただ
けるコースをご用意しています。
短時間で効率的に全体像から各機能及び注意点を学ぶことができるコースのため、体系立てた理解や各機能での利用イ
メージを掴んでいただくことができます。
システム運用管理に初めて携わる方から、既に JP1 製品をご利用いただいている方まで是非ご利用ください。
また、定期的に開催しているコース以外にも、お客様先で実施するオンサイト・コースや、ご要望に合わせて研修内
容・日数・時間帯などに個別に対応する JP1 カスタマイズ研修もご提供しています。
ご要件により受講コースや提供方法についてのご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
対応バージョン
JP1 研修は、V7~V10.5 に対応しています。
JP1 研修の特徴
研修の特徴
JP1 研修は全コースで「運用マニュアルとして使える」オリジナルテキストを使用し、「注意点」や「現場で使えるテ
クニック」を盛り込んだ構成となっています。
「運用マニュアルとしても使える」テキスト
アシストの研修テキストは、研修後の運用マニュアルとしてお使
いいただけるよう構成しているため、テキストを参照しながら実
環境での設定や操作を行っていただけます。
「注意点」や「現場で使えるテクニック」を盛り込んだ構成
基本機能はもちろんの事、各機能の特徴や注意事項、Tips 情報な
ども盛り込まれているため、各機能の使用方法のイメージや活用
方法もご理解いただけます。
概念的で分かりにくい箇所では図を多用し、設定項目の確認や設
定手順の流れを確認いただけます。
JP1 を効果的に利用するには「どこまでの設定が必要なのか」が
重要なポイントとなります。また、各機能の特徴や注意点、Tips
情報も合わせて確認いただけます。
カスタマイズ研修に対応
ジョブ管理、統合管理以外の JP1 製品に関する研修については、お問い合わせください。
(例) JP1 アベイラビリティ管理コース、JP1 ネットワーク管理コース、各種オプション製品に関する研修など。
12
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
JP1 ジョブ管理
JP1/Automatic Job Management System 3(JP1/AJS3)を使用してシステム運用管理を実現する上で必要な機
能や操作方法を習得できます。
形態:実習
日数:2 日
必要チケット枚数:8 枚
6 枚(サテライト研修時)
コース内容
• ジョブ管理概要
JP1/AJS3 概要と製品構成、ジョブ管理の流れについて
• 環境設定
JP1 ユーザーの管理方法と実行エージェント設定について
• ユニット定義
ユニット(ジョブ)の作成手順、作成例について
• スケジュール定義
スケジュール設定手順、スケジュール設定例について
• 実行登録
実行登録手順、登録方法の違いについて
• 処理の監視
実行状況の監視、監視画面の違いや見方について
• 運用オペレーション
再実行、強制終了など運用オペレーションについて
開催時間:10:00~17:00
開催会場:東京(市ヶ谷)・大阪
名古屋・福岡(サテライト会場)
受講対象
JP1/AJS3 を使用したジョブ管理システムの設計、構築、運用を
担当される方。
受講前提
Windows、UNIX の基本操作と基本用語(コマンド、タスク、
ジョブ等)を理解されている方。
※実習は Windows Server 2008 R2 に JP1 をインストールし
た環境で行います。
対象製品
JP1/Automatic Job Management System 3
JP1/Base
コースの習得目標
•
•
•
•
•
JP1 全体の概念や JP1/AJS3 の概要と基本的な製品構成を理解している。
JP1 独自のユーザー(JP1 ユーザー)を用途に合わせて設定ができる。
業務(処理)を定義する流れやジョブ作成時のポイントを理解して設定ができる。
定例実行スケジュール、非定例実行スケジュールの考え方を理解して設定ができる。
ジョブの実行結果・状況などの監視や、実行の強制終了、再実行、スケジュール変更などのオペレーションができる。
13
JP1 統合管理
JP1/Integrated Management - Manager(JP1/IM - Manager)を使用してシステム統合管理に必要な機能や操作
方法について習得できます。
形態:実習
日数:2 日
必要チケット枚数:8 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)・大阪
コース内容
• JP1 概要
JP1 全体の概要、統合管理製品の操作イメージについて
• 環境設定
JP1 ユーザーの管理方法と IM 構成管理の設定について
• JP1 イベント設定
ログファイル監視、Windows イベントログなど、監視イベン
トの発行設定とポイントについて
• JP1 イベントのフィルタリング
各種フィルターの設定と使い分けについて
• JP1 イベントの監視
統合監視画面(セントラルコンソール、セントラルスコープ)
の監視設定について
• アクションの実行
JP1 イベントへの対応方法(コマンド実行、自動アクション、
ローカルアクション)の設定について
• 運用オペレーション
運用時の各種機能の設定やオペレーション内容について
• 運用管理時のポイント
運用の効率化、トラブル時の初期対応、システムのバックアッ
プやリカバリ方法について
開催時間:10:00~17:00
受講対象
JP1/IM、JP1/Base を使用した統合管理システムの設計、構
築、運用を担当される方。
受講前提
Windows、UNIX の基本操作と基本用語(コマンド、タスク、
ジョブ等)を理解されている方。
※実習は Windows Server 2008 R2 や、Linux(Red Hat
Enterprise Linux 6)などに JP1 をインストールした環境で行
います。
対象製品
JP1/Integrated Management - Manager
JP1/Base
コースの習得目標
•
•
•
•
•
•
•
•
•
JP1 全体の概念や統合管理製品の概要と基本的な製品構成を理解している。
JP1 ユーザーを用途に合わせて設定ができる。
統合管理環境の構成管理設定ができる。
アプリケーションログや OS ログなどの設定方法やポイントを理解している。
監視イベントの絞り込みの検討ポイントや設定方法を理解している。
監視画面のカスタマイズや設定時のポイントを理解している。
各種アクションの設定方法やポイントを理解している。
管理者やオペレーターなど担当毎に必要な設定や操作内容を理解している。
トラブル時の初期対応や、運用の効率化のための検討イメージができる。
14
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
WebFOCUS 研修
弊社では WebFOCUS の開発者・管理者向けに、WebFOCUS 初級、中級、上級、管理者の 4 つのコースをご用意して
おります。
WebFOCUS 研修は実践性を重視し、すべて実習形式の研修となっています。全コース 1~2 日間という短期間、かつ
低価格のコース体系となっているため、お忙しいシステム担当者の方の負担にならない範囲で、ご受講いただけます。
WebFOCUS を効率的にご活用いただくため、弊社 WebFOCUS 研修を是非ご利用ください。
対応バージョン
WebFOCUS 研修は、WebFOCUS 8 に対応しています。
WebFOCUS 研修の特徴
研修の特徴
WebFOCUS 研修は全コースオリジナルテキストを使用し、実習をメインとした構成が特徴です。
また、研修の実習で使用したファイルやサンプルのファイルは、すべて弊社アフターサポートサービスからダウンロー
ドできます。
概念的に分かりにくい箇所では図を多用。
WebFOCUS 初級コースの総合実習で作成する
アプリケーション。
受講モデル
WebFOCUS 初級 1 日
基礎
WebFOCUS 中級 2 日
WebFOCUS 初級、中級は、 WebFOCUS 担当者必須のコースです。
WebFOCUS の概要や、開発ツールである Developer Studio の基本
操作を学んでいただけます。
WebFOCUS 上級 2 日
WebFOCUS 上級は、 WebFOCUS の開発者向けに特化したコースです。
初級、中級で学んだことを踏まえ、チューニングや開発効率といった、
さらに実践的な内容に踏み込んでいきます。
開発者向け
もし、 WebFOCUS のサーバ管理のみを担当され
るのであれば、初級、中級コースのご受講後、
管理者コースをご受講いただくことも可能です。
WebFOCUS 管理者 1 日
WebFOCUS 管理者は、 WebFOCUS の管理者
向けのコースです。
WebFOCUS のアーキテクチャ、ログやトラブ
ルシュート、セキュリティの設定など、管理者
の方はもちろん、開発を行う上でも必要となる
サーバの周辺知識を網羅したコースになってお
ります。
管理者向け
15
WebFOCUS 初級
WebFOCUS の開発者の方を対象に、基本的なアプリケーション開発についてご覧いただくコースです。
Developer Studio という開発ツールを使用して、レポート作成や Web ページの作成方法を習得し、WebFOCUS の基
本的なアプリケーション開発の方法を身に付けることを目的としております。
形態:実習
日数:1 日
必要チケット枚数: 4 枚
3 枚(サテライト研修時)
コース内容
•
•
•
•
•
•
開催時間:10:00~17:00
開催会場:東京(市ヶ谷)・名古屋・大阪・福岡
札幌(サテライト会場)
受講対象
概要
レポート作成の必須機能
計算式の作成
レポートの詳細設定
ドリルダウンレポート
総合実習
WebFOCUS を使用してアプリケーションを開発される方。
システムの管理、製品の評価などの目的で WebFOCUS の全体像
を把握したい方。
受講前提
Windows の基本的な操作(マウス操作やキーボード操作)がで
きる方。
RDBMS と Web ページの基本的な用語をご存知の方。
WebFOCUS 中級
WebFOCUS 初級コースの内容を踏まえ、より実践的なアプリケーション開発についてご覧いただくコースです。
WebFOCUS 初級、中級の両コースをご受講いただければ、Developer Studio の基本機能を一通り身に付けることが
できます。データの加工(関数、結合)に関する知識、データを視覚的に表現する機能、分かりやすいユーザインター
フェースの作成方法を身に付けることを目的としております。
形態:実習
•
•
•
•
•
•
•
•
開催時間:10:00~17:00
必要チケット枚数: 8 枚
6 枚(サテライト研修時)
開催会場:東京(市ヶ谷)・名古屋・大阪・福岡
札幌(サテライト会場)
コース内容
受講対象
概要
関数を使用した一時項目の作成
二次検索(HOLD ファイル出力)
グラフの作成
レポートレイアウトの編集
Web ページの作成
変数の制御
総合実習
16
日数:2 日
WebFOCUS を使用してアプリケーションを開発される方。
受講前提
「WebFOCUS 初級」を受講された方、もしくは同等の知識をお
持ちの方。
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
WebFOCUS 上級
本コースは WebFOCUS の基本機能を習得した方を対象としたコースです。
WebFOCUS 初級、中級コースをご受講いただければ、Developer Studio の基本操作は一通り身に付けられます。し
かし、実際の開発では基本機能を踏まえた上で、それを応用する知識が求められます。さらに、単純に"作れる"だけで
なく、パフォーマンスや開発効率を意識することも重要です。
本コースでは、弊社が長年のサポート経験で培ったノウハウをベースに、現場で使える知識を実習形式でご覧いただき
ます。
形態:実習
日数:2 日
必要チケット枚数:8 枚
6 枚(サテライト研修時)
コース内容
開催時間:10:00~17:00
開催会場:東京(市ヶ谷)
名古屋・大阪(サテライト会場)
受講対象
• コマンドの利用
コマンドを使用して開発を効率化する方法、コマンドでしかで
きない処理、デバッグの方法
• プロシジャのチューニング
チューニングの手法、レスポンスを改善する方法
• 日付演算
締め日の計算、週末や月末の計算、日付に関するチューニング
Tips など
• JOIN と MATCH
複雑な結合(例えば一時項目をキーとした JOIN)、JOIN と
MATCH におけるチューニング Tips など
• テクニカル Tips
累計値、ABC 分析、HTML 間の変数の受け渡しなど
WebFOCUS でのレポート開発を担当される方。
これから WebFOCUS をお使いいただく方はもちろん、すでに
WebFOCUS の開発をされている経験者の方にもお薦めです。
受講前提
「WebFOCUS 初級」、「WebFOCUS 中級」を受講された方、
もしくは同等の知識をお持ちの方。
WebFOCUS 管理者
WebFOCUS の管理者または開発者の方を対象に、WebFOCUS サーバの様々な機能とケーススタディについてご覧い
ただくコースです。WebFOCUS サーバの基本機能、アーキテクチャ、ログやトラブルシュートなどについて学ぶこと
で、より効率的な開発、運用管理の手順、トラブル発生時の対応などの習得を目的としています。
形態:実習
日数:1 日
必要チケット枚数:4 枚
3 枚(サテライト研修時)
コース内容
•
•
•
•
•
•
概要
開発と運用の効率化
システム構成と運用管理のポイント
運用管理実習
セキュリティ
トラブルシュート実習
開催時間:10:00~17:00
開催会場:東京(市ヶ谷)
名古屋・大阪(サテライト会場)
受講対象
WebFOCUS の管理者、開発者の方。
WebFOCUS の運用管理を担当する方はもちろん WebFOCUS 全
般の設定や構築を担当する開発者の方もご受講ください。
受講前提
「WebFOCUS 初級」、「WebFOCUS 中級」を受講された方、
もしくは同等の知識をお持ちの方。
17
QlikView 研修
QlikView は、独自のインメモリ技術と連想技術により、ハイパフォーマンスな分析を可能にした次世代分析ツールで
す。
弊社では QlikView の開発者・管理者向けに、QlikView 入門、応用、管理者の 3 つのコースをご用意しております。
また、より手軽に QlikView でのデータの分析手法を身に付けたい方のために、短期間低価格でご受講いただける
QlikView ユーザーコースをご用意しております。
全コース実践性を重視しており、QlikView 入門、応用コース、そしてユーザーコースではデータベースからのデータ
のロード方法、ドキュメントの分析方法などを、豊富な実習をとおしてご覧いただきます。
QlikView を効率的にご活用いただくため、弊社 QlikView 研修を是非ご利用ください。
対応バージョン
QlikView 研修は、QlikView 11 に対応しています。
QlikView 研修の特徴
QlikView 研修では、QlikView でのアプリケーション開発を、実習形式で分かりやすく解説します。
また、研修の実習で使用したファイルやサンプルのファイルは、すべて弊社アフターサポートサービスからダウンロー
ドできます。※QlikView 管理者コースは、講義のみのコースです。
概念的に分かりにくい箇所では図を多用。
QlikView 11 の新機能「並列ステー
ト」についても解説
さまざまなグラフや表の作成をとおした豊富な実習
18
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
QlikView 入門
本コースは QlikView の開発者の方を対象に、QlikView の製品概要と基本的なアプリケーション開発についてご覧い
ただくコースです。
QlikView の製品概要、データベースからデータを取り込む方法、ユーザーインターフェース(画面)の作成方法につ
いて、身に付けることを目的としております。
形態:実習
日数:1 日
必要チケット枚数:4 枚
3 枚(サテライト研修時)
コース内容
開催時間:10:00~17:00
開催会場:東京(市ヶ谷)・名古屋・大阪
福岡・札幌(サテライト会場)
受講対象
• QlikView 概要
• データロード
• ユーザーインターフェース
QlikView の概要を知りたい方。
QlikView を使用してアプリケーションを作成する方。
受講前提
Windows の基本的な操作(マウス操作やキーボード操作)がで
きる方。
RDBMS の基本的な用語をご存知の方。
QlikView 応用
本コースは QlikView 入門コースの内容を踏まえ、より実践的なアプリケーション開発についてご覧いただくコースで
す。
データロード時の注意事項、データロードの応用、シートオブジェクトでの高度な演算などについて、身に付けること
を目的としております。
形態:実習
日数:2 日
必要チケット枚数:8 枚
6 枚(サテライト研修時)
コース内容
•
•
•
•
•
•
データロード時の注意事項
データロードの応用
QVD ファイルと差分更新
比較分析
高度な演算
ユーザーインターフェースの応用
開催時間:10:00~17:00
開催会場:東京(市ヶ谷)・名古屋・大阪
福岡・札幌(サテライト会場)
受講対象
QlikView を使用してアプリケーションを作成する方。
QlikView の管理者、開発者の方。
受講前提
「QlikView 入門」を受講された方、もしくは同等の知識をお持
ちの方。
19
QlikView 管理者
本コースは QlikView の管理者を対象に、QlikView Server の利用方法についてご覧いただくコースです。
システム構成やアーキテクチャ、管理コンソールを使用したサーバ設定の変更方法等、運用管理を行う上で習得してお
くべき内容について、身に付けることを目的としております。
形態:講義
日数:1 日
必要チケット枚数:4 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)
コース内容
開催時間:10:00~17:00
受講対象
• QlikView システム構成
システム構成、アーキテクチャー、ドキュメントファイル参照
手順
• 管理コンソール
QlikView Management Console の概要/使い方
• ライセンス管理
CAL の管理方法、ライセンスリース
• ドキュメント運用設定
データ更新方法、Publisher 機能概要、バックアップ
• セキュリティ
セキュリティ概要、ユーザ認証、アクセス許可
• パフォーマンス
メモリ管理、CPU の利用、スケールアップ/スケールアウト
QlikView Server を管理する方。
QlikView について理解を深めたい方。
受講前提
システム管理に関する基本的な知識をお持ちの方。
その他、注意事項
本コースは QlikView Server/Publisher と QlikView Client で
構成される環境を想定した内容となっております。
上記以外のオプション製品の説明は含まれません。
QlikView ユーザー
本コースは QlikView をご利用中、またはご利用をご検討中のすべての方を対象に、QlikView でのデータの分析につ
いてご覧いただくコースです。
システム部門の方だけでなく、QlikView Personal Edition(※)を個人でお使いの方や、QlikView のご利用をご検
討中の方にもご受講いただける内容で、特に普段 Excel や Access などを使用して、データの閲覧・分析をおこなって
いる方に最適な内容です。短期間低価格でご受講いただけますので、ぜひお気軽に研修にご参加ください。個人ユー
ザーの方や学生の方なども歓迎です。
QlikView 入門、応用、管理者コースは企業内での展開を前提としたコースで、主にシステム部門の開発者・管理者の方を対象としてお
ります。本コースは経営企画・経理・マーケティング・営業マネージャーの方など、どなたでもご受講いただけます。
(※)QlikView Personal Edition は QlikView のフリーバージョンです。弊社 Web サイトからダウンロードしていただければ、期間
無制限に無償でご利用いただけます。 ⇒アシスト QlikView 製品ページ http://www.ashisuto.co.jp/prod/qlikview/
形態:実習
日数:0.5 日
必要チケット枚数:2 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)
コース内容
•
•
•
•
QlikView の特徴、Excel や他のツールとの違い
Excel やデータベースからのデータの取り込み方法
グラフや表の作成方法
QlikView でのさまざまな可視化・分析手法
開催時間:13:00~17:00
受講対象
• QlikView Personal Edition をお使いの方、これから使ってみ
たい方。
• 普段 Excel や Access などを使用してデータを閲覧・分析して
いる方。
• QlikView をすでにお使いの方で、データの分析と可視化に関
する、事例や Tips を知りたい方。
• QlikView の導入を検討中のシステム部門の方。
受講前提
Windows の基本的な操作(マウス操作やキーボード操作)がで
きる方。
20
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
データベース設計研修
企業情報システムの核となるデータベースの設計手法を習得していただく研修です。
弊社では、開発現場での 30 年余りのコンサルティング実績から設計ノウハウを蓄積し、独自のデータモデリング技法
として体系化しています。主な特長は、仕様変更に強いデータベースを構築できる点にあります。
独自のデータモデリング技法のエッセンスを、研修用に抽出して整理し、理論と現場感覚とのバランスが取れたカリ
キュラムを設定いたしました。
「データモデリング・概要」コースでは、“使える知識”を 1 日で、「データモデリング・基本」コースでは、“使え
る知識”と“使えるスキル”を 2 日で習得することができます。
また「データモデリング・実践」コースでは、お客様の業務とデータを対象にした実例演習となるため、より実践的な
スキルを習得することができます。
データモデリング・基本
弊社独自のデータモデリング技法の知識習得と実践経験を積むことを目的とした 2 日間のコースです。
本コースは、データモデリングの知識体系の講義に加え、開発現場の臨場感あふれる演習をご用意し、モデリングツー
ルを使いながらの体験的学習を進められる内容としています。
知識体系だけではなく、演習を通じてデータモデリングを習得したい方には最適なコースです。
形態:実習
日数:2 日
必要チケット枚数:8 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)・名古屋・大阪・福岡
コース内容
• 論理データモデリング
ER モデル技法、正規化・簡便法、安定性検証など、実践的な
知識とスキルを体系化。必要最小限の安定したデータ構造を作
成できます。
[演習テーマ]
正規化・簡便法、最適化など論理データモデルの作成
開催時間:10:00~17:00
受講対象
データ管理者、データベース管理者、データベース設計に関連す
るシステム担当者の方。これからデータベース設計に携わるご予
定の方、RDBMS にご興味がある方など。
受講前提
特にございません。
• 物理データモデリング
処理効率設計、テーブル設計、インデックス設計など、実践的
な知識とスキルを体系化。アクセス方式と格納方式の観点から
全体最適なデータベース構造を作成できます。
[演習テーマ]
処理効率設計など物理データモデルと DDL の作成
その他、注意事項
演習は「ER/Studio」(モデリングツール)を使用します。
21
データモデリング・概要
※ オンサイト・コースのみ
弊社独自のデータモデリング技法から、企業システムに共通して優先すべき内容やお客様からの評価が高い内容をピッ
クアップしました。データモデリングの知識体系を 1 日で習得できます。
知識体系だけを習得し、演習が不要な方には最適なコースです。
形態:講義 日数:1 日 コース内容
価格:¥324,000(税込)/10 名様
受講対象
講義は「データモデリング・基本」と同じ内容です。
但し、演習を除いた講義のみのコースです。
データ管理者、データベース管理者、データベース設計に関連す
るシステム担当者の方。これからデータベース設計に携わるご予
定の方、RDBMS にご興味がある方など。
受講前提
特にございません。
データモデリング・実践
※ オンサイト・コースのみ
お客様の業務とデータを対象にした実例演習が中心のコースです。
教科書の箱庭ビジネスから抜け出した実践的な設計と実装ノウハウの取得や、開発過程のデータのサブセットをご持参
いただければ短期間での設計と実装が可能となるコースです。
形態:実習 日数:5 日(週 1 日で 5 週連続開催) コース内容
お客様企業の業務とデータを題材に実践的なノウハウをカスタマ
イズして習得できます。
短期間でデータベース設計工程を実施するコースです。
講義は「データモデリング・基本」と同じ内容です。
価格:¥ 1,620,000(税込)/3 名様
受講対象
データ管理者、データベース管理者、データベース設計に関連す
るシステム担当者の方。これからデータベース設計に携わるご予
定の方、RDBMS にご興味がある方など。
受講前提
特にございません。
22
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
PostgreSQL 研修
PostgreSQL は、エンタープライズ環境に必要な機能が備わった、オープンソースの本格派リレーショナル・データ
ベース管理システムです。
コース体系
アシストの PostgreSQL 研修では、アーキテクチャから運用管理に関する基礎スキルを体系的かつ短期間で習得でき
る「PostgreSQL 管理基礎」コースと、レプリケーション構成の構築および運用手順を習得できる「PostgreSQL 冗長
化構成構築・運用」コースをご用意しております。
基本的な運用管理スキルを身に付けたい方
OSS-DB Silver 取得を検討されている方
PostgreSQL 管理基礎
レプリケーションのスキルを身に付けたい方
PostgreSQL 冗長化構成
構築・運用
自己学習教材「
PostgreSQL 体験」
自己学習教材「PostgreSQL
体験」
~初心者・研修受講の時間の確保が難しい方向け~
PostgreSQL の主な機能や仕組みを、テキストと実習によって体験しながら自己学習が行える研修教材です。
学習時間:3~5 時間 価格:¥10,800(税込)またはアシスト研修チケット 1 枚
多くの例題が掲載されたテキストと、実習用に CentOS に事前
インストールされた PostgreSQL9.0.3 の VMware 用イメージ
ファイル、そしてテキスト例題の動画デモコンテンツ(Flash 形
式)をご用意した自己学習教材です。
1.例題が豊富なテキスト
テキストには数多くの例題が掲載されており、全ての例題を実習
環境でお試しいただけます。
2.実習用 PostgreSQL 環境で、実際に体験できる
CentOS に PostgreSQL9.0.3 がインストールされた VMware 用
イメージファイルが DVD でついてきます。そのため
PostgreSQL 環境をすぐに構築でき、体験しながら学習できま
す。
3.デモコンテンツで、例題を目と耳で体験できる
すべての例題をキャプチャした Flash 形式のデモコンテンツが
DVD でついてきます。音声ガイダンスも含まれているため、実
際の操作内容を 1 つ 1 つ確認しながら学習できます。
例題内容をすぐに確認したいような場合に向いています。
コース内容
• PostgreSQL 概要
PostgreSQL の歴史、特徴、バージョンについて
• PostgreSQL の基本を理解する
psql の使用方法やバックスラッシュコマンド、PostgreSQL で
のトランザクション管理や同時実行制御について
• データベースを管理する
PostgreSQL の基本アーキテクチャ、データベースクラスタや
データベースの作成、ユーザや権限の管理、データベースの状
況確認や SQL アクセスパスの確認について
• バックアップ・リカバリを体験する
データベースの停止・起動状態でのバックアップとリカバリ方
法、pg_dump によるバックアップとリカバリ方法について
受講対象
PostgreSQL の利用を検討している方、これから PostgreSQL
をはじめて学習する方。
受講前提
• RDBMS の基本機能を理解している方。
• 基本的な Linux コマンドを理解している方。
その他、注意事項
本教材は、一般的なデータベースの基礎知識を習得するための ものではなく、PostgreSQL の基礎知識習得を目的として作成さ
れています。
23
PostgreSQL 管理基礎
PostgreSQL の内部構造・特徴をはじめ、PostgreSQL データベースを運用管理する上で押さえておくべきポイント
を、実習を通して習得できます。
形態:実習
日数:2 日
必要チケット枚数:8 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)・名古屋・大阪
コース内容
• PostgreSQL アーキテクチャ
メモリ・プロセスなど、内部アーキテクチャ全般について
• データベースの管理タスク
データベースの起動停止方法、またユーザ管理やクライアント
認証など、管理者が行うべきタスクとデータベース管理に役立
つ情報などについて
• データベースの監視
データベース、ユーザセッション監視と設定方法について
• データベースオブジェクトの管理
テーブルスペース機能の利用方法や、表や索引の作成と管理に
ついて
• バックアップリカバリの基礎
バックアップの種類・取得方法、各障害における基本的なリカ
バリ方法について
• SQL チューニング
SQL チューニングに必要な基礎知識や、チューニングのステッ
プ、スキャン方式・結合のチューニングについて
• データベースチューニング
データベースチューニングについての必要な手順と方式、メモ
リ関連などのチューニングポイントについて
• PostgreSQL 動作検証結果
性能・安定性検証結果から PostgreSQL の利用範囲を考察
• SI Object Browser for PostgreSQL 概要
機能概要や基本的な使い方について
開催時間:10:00~17:00
受講対象
PostgreSQL に興味のある方。
PostgreSQL の導入をご検討されている方。
現在ご利用中の PostgreSQL の運用管理でお困り/お悩みの方。
受講前提
下記条件を満たしている方。
<Linux の基礎>
Linux の基本操作ができる方。
<RDBMS の基礎>
リレーショナル・データベースに関する基本的な知識を有する
方。
※本コースは、PostgreSQL の基礎構造、運用管理方法を広く浅
くご紹介する構成となっております。
ソースコードレベルに該当するような細かな内部動作等は解説
しておりません。これから PostgreSQL を本格的に利用され
る方を対象とした構成レベルになっております。
※演習は CentOS に PostgreSQL9.0.3 がインストールされた
VMware 環境で行います。
※テキスト、演習共に PostgreSQL9.0.3 をベースとしておりま
すが、9.1~9.3 の主な新機能は別紙でお配りしております。
アカデミック認定校と OSS-DB Silver 認定教材について
アシストは、 LPI-Japan より OSS-DB 技術者認定資格アカデミック認定校として認定されています。
PostgreSQL 管理基礎は、 LPI-Japan より OSS-DB Silver の認定教材としても認められているため、
試験範囲の基礎スキル習得にもお勧めです。
※OSS-DB Silver の試験範囲は網羅しておりますが、あくまで実践的な項目が中心の構成となってい
ます。資格取得を検討されている方は、当研修と併せて試験対策書籍等でご準備いただくことをお勧め
します。
24
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
PostgreSQL 冗長化構成構築・運用
PostgreSQL9.2 の標準機能であるホットスタンバイとストリーミングレプリケーションの特徴をはじめ、構築および
運用手順に関するポイントを、実習を通して習得できます。
形態:実習
日数:1 日
必要チケット枚数:4 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)・大阪
コース内容
• PostgreSQL で実装可能な冗長化構成について
PostgreSQL 基本構造と実装可能な冗長化構成の紹介
• ホットスタンバイとストリーミングレプリケーションについて
PostgreSQL 標準機能である、ホットスタンバイとストリーミ
ングレプリケーション、カスケードレプリケーションの特徴に
ついて解説
• ホットスタンバイとストリーミングレプリケーションおよびカ
スケードレプリケーションの構築手順について
実習を通して実際にレプリケーション構成を構築
• ホットスタンバイとストリーミングレプリケーションの運用手
順について
データ同期状態の確認方法や運用時の注意点などを実習を通し
て解説
• 障害発生時の対応
フェイルオーバの実行手順などを実習を通して解説
• ホットスタンバイとレプリケーション構成の性能について
性能検証結果から、レプリケーション構成におけるオンライン
処理への影響度などを解説
開催時間:10:00~17:00
受講対象
現在ご利用中の PostgreSQL の運用管理でお困り/お悩みの方。
PostgreSQL の冗長化について検討されている方。
受講前提
下記条件を満たしている方。
<Linux の基礎>
Linux の基本操作ができる方。
<PostgreSQL の基礎>
「PostgreSQL 管理基礎」を受講された方、もしくは同等の知識
をお持ちの方。現在、PostgreSQL を運用・管理されている方。
※本コースは、PostgreSQL の冗長化構成を広く浅くご紹介する
構成となっております。ソースコードレベルに該当するような
細かな内部動作等は解説しておりません。
※実習は CentOS に PostgreSQL9.2.4 がインストールされた
VMware 環境で行います。
25
DataSpider 研修
DataSpider Servista は、様々なデータやアプリケーションを自由に「つなぐ」ことができるデータ連携(EAI)ツー
ルです。ノンプログラミングで簡単に GUI での開発ができ、処理の運用管理機能も充実しているため、生産性高く
データ連携処理の自動化を実現できます。
弊社では DataSpider の開発・運用・管理担当者様向けに、DataSpider 基本、運用の 2 つのトレーニングコースをご
用意しております。
DataSpider 基本コースでは、実際にデータ連携処理を作成しながら開発ノウハウを学んで頂けます。
DataSpider 運用コースでは、ユーザー管理やログ管理等運用に関わる項目を詳細に解説します。
DataSpider をご活用いただくため、弊社 DataSpider 研修を是非ご利用ください。
DataSpider 研修の特徴
DataSpider 研修では、DataSpider の処理開発を実習形式で分かりやすく解説します。
また、実習で使用したデータは、すべて弊社アフターサポートサービスからダウンロードして頂けます。
※DataSpider 運用コースは、講義のみのコースです。
図を多用して分かりやすく解説。
26
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
DataSpider 基本
本コースでは DataSpider の製品概要とデータ連携処理開発、機能全般について実習しながら解説します。
形態:実習
日数:1 日
必要チケット枚数:4 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)
コース内容
•
•
•
•
開催時間:10:00~17:00
受講対象
DataSpider 概要
データ連携処理開発
トリガー機能
マイログ
DataSpider を使用して連携処理を開発する方。
DataSpider の運用・管理担当の方。
受講前提
Windows の基本的な操作(マウス操作やキーボード操作)がで
きる方。
DataSpider 運用
※ オンサイト・コースのみ
本コースは DataSpider のサーバーを管理する方を対象に、運用管理を行う上で習得しておきたい内容を分かりやすく
解説します。
形態:講義
コース内容
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
リポジトリ DB とユーザ管理
グローバルリソースの種別
マウント設定
メモリの有効活用について
トリガー機能
エクスポートとインポート
その他の運用ツール
ログ管理
運用監視
バックアップとリカバリ
バージョンアップ
日数:0.5 日
※ 価格については、お問い合わせください。
受講対象
DataSpider の運用・管理担当の方。
DataSpider について理解を深めたい方。
受講前提
DataSpider 基本コース受講済みまたは同等の知識をお持ちの
方。
システム管理に関する基本的な知識をお持ちの方。
27
DMExpress 研修
DMExpress は、データ統合市場で最も高速に ETL 処理を実行できるソフトウェアです。
ETL 処理のパフォーマンスに特化した独自の高速アルゴリズムでハードウェアリソースを効率的に使用し、処理性能を
大幅に向上します。また、シンプルな GUI で開発時間を短縮します。
弊社では DMExpress の設計・開発・運用・保守担当者様向けに、DMExpress 基本のトレーニングコースをご用意し
ております。
本コースでは、実際に処理を作成しながら開発ノウハウを学んで頂けます。
また、実習を通して処理性能を最大化するためのコツや処理設計時及び保守・運用時の考慮点について解説します。
DMExpress をご活用いただくため、弊社 DMExpress 研修を是非ご利用ください。
DMExpress の特徴
DMExpress 研修では、DMExpress の処理開発を実習形式で分かりやすく解説します。
また、実習で使用したデータは、すべて弊社アフターサポートサービスからダウンロードして頂けます。
DMExpressジョブエディタ
DMExpressタスクエディタ
視覚的に処理フローを把握できる DMExpress ジョブエディタ / タスクエディタを使って実習。
28
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
DMExpress 基本
本コースでは DMExpress の製品概要と GUI での処理開発、処理性能を最大化するコツについて実習しながら解説しま
す。
形態:実習
日数:1 日
必要チケット枚数:4 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)
コース内容
•
•
•
•
•
DMExpress 概要
処理開発の基本
処理開発の応用
処理設計時の考慮点
保守・運用時の考慮点
開催時間:10:00~17:00
受講対象
DMExpress の処理を設計・開発する方。
DMExpress の保守・運用担当の方。
受講前提
Windows の基本的な操作(マウス操作やキーボード操作)がで
きる方。
29
Dojo 研修
Dojo は、操作マニュアル&シミュレーション教材作成ツールです。IT システムを操作するだけで、対象システムの画
面と操作手順を自動的に記録し、さまざまな形式の操作マニュアルやシミュレーション教材を簡単に作成できます。
Dojo 研修コースでは、実習を通して Dojo の主要機能であるキャプチャー機能、編集機能、ジェネレート機能やコンテ
ンツ作成時に役立つ Tips を短時間で習得していただけます。Dojo を効率的にご活用いただくため、弊社 Dojo 研修
コースをご利用ください。
対応バージョン
Dojo 研修は Dojo 6.00 に対応しています。
Dojo 研修の特徴
研修の特徴
Dojo 研修では、Dojo でのコンテンツ作成の他、コンテンツ作成時に役立つ Tips、オプション機能について、実習を
まじえて分かりやすく解説します。研修をご受講いただいた方には、受講特典として Web ブラウザでご利用いただけ
る「Dojo 操作ガイド」をお渡ししております。
Dojo上での設定箇所やTipsが一見して分かるよう図を多用。
30
「 Dojo 操作ガイド」では Dojo で作成した Dojo の使い方に関する
コンテンツをご利用いただけます。
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
Dojo 入門
本コースは、Dojo を利用して、IT システムの操作手順のキャプチャーを取得し、操作マニュアル、もしくはシミュ
レーション教材を作成するまでの基本的な操作方法を短時間で身に付けることを目的としています。
形態:実習
日数:1 日
必要チケット枚数:4 枚
開催会場:東京(市ヶ谷)
コース内容
•
•
•
•
•
•
•
Dojo 概要
基本操作
操作マニュアルの作成
シミュレーション教材の作成
プロジェクトのメンテナンス
実践的なコンテンツの作成
その他(Dojo オプション、プロパティ、マニュアルエディ
ターなど)
開催時間:10:00~17:00
受講対象
初めて Dojo をお使いになる方。
Dojo をすでにお使いの方で、Dojo の一通りの機能や Tips を知
りたい方。
Dojo を使ったことがあるが、基本操作を忘れてしまった方。
Dojo 体験版をお使いの方で、これから使ってみたい方。
受講前提
Windows の基本的な操作(マウス操作やキーボード操作)がで
きる方。
31
お申し込み方法
アシストでは、弊社研修会場で定期的に研修を開催しています(定期コース)。
お客様のご要望に応じて開催する一社向け研修(オンサイト・コース)をご希望されるお客様は、P38『オンサイト・
コース』をご覧ください。
ご注意
定期コースはすべて共通チケット制です。定期コースをご受講いただくには、受講申込とチケット申込が必要です。
お申し込みは、Web、もしくは FAX にて受け付けております。お電話、E-Mail では受け付けておりません。
受講申込は、原則として研修開始日の 6 営業日前までとなります。
お申し込み期限を過ぎた場合は、弊社教育部まで開催状況、空席情報をお問い合わせください。
チケットは研修ご受講時にご持参いただく必要があります。そのため、チケット申込は研修開始日から 1 週間程度の余
裕を持って行ってください。
受講申込
Web でのお申し込み手順
アシスト研修ページより、以下の手順でお申し込みください。
URL:http://www.ashisuto.co.jp/ojt/
1. 上記ページの右メニューから「お申し込み方法」をクリックします。
2. 「Web でのお申し込み」の検索フォームを使用して該当の研修を検索します。
3. 検索結果から、該当の研修を選択してください。
4. ID をお持ちの方は ID とパスワードを入力して、ID をお持ちでない方は ID を新規登録してお申し込みください。
FAX でのお申し込み手順
P54 の受講申込書に受講者情報をご記入の上、FAX でお申し込みください。受講申込書 1 枚につき 1 名様のお申し込
みとなるため、複数名お申し込みの場合は、受講申込書をコピーしてご使用ください。
受講申込書は以下のアシスト研修ページからダウンロードすることもできます。
URL:http://www.ashisuto.co.jp/ojt/
1. 上記ページの右メニューから「お申し込み方法」をクリックします。
2. 「FAX でのお申し込み」から受講申込書 PDF をダウンロードできます。
お申し込み確認メール
お申し込み完了後、弊社より確認メールを送信します。メールが届かない場合は、恐れ入りますが弊社教育部までご連
絡ください。
E-Mail を受信できない場合は、弊社教育部まで事前にご連絡ください。
送信したメールが受講票となります。研修当日はメール本文を印刷した受講票、および事前に購入したチケットをお持
ちの上、会場までお越しください。
32
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
チケット申込
Web でのお申し込み手順
アシスト研修トップページより、以下の手順でお申し込みください。
URL:http://www.ashisuto.co.jp/ojt/
1. 上記ページの右メニューから「お申し込み方法」をクリックします。
2. 「チケットの購入」の「Web でチケットを購入」から「チケットお申し込みページ」をクリックします。
3. ID をお持ちの方は ID とパスワードを入力して、ID をお持ちでない方は ID を新規登録の上、チケット枚数、送付
先、請求先など必要事項を入力してお申し込みください。
FAX でのお申し込み手順
P55 のチケット申込書に必要事項をご記入の上、FAX でお申し込みください。
チケット申込書は以下のアシスト研修ページからダウンロードすることもできます。
URL:http://www.ashisuto.co.jp/ojt/
1. 上記ページの右メニューから「お申し込み方法」をクリックします。
2. 「チケットの購入」の「FAX でチケットを購入」からチケット申込書 PDF をダウンロードできます。
弊社よりチケット、および請求書を郵送します
お申し込み完了後、1 週間以内にチケット、および請求書を郵送いたします。チケットが届かない場合は、恐れ入りま
すが弊社教育部までご連絡ください。
チケット代金を指定の口座にお振り込みください。お振り込み期限は、チケット購入月の翌月の最終営業日です。
※個人でお申し込みの方の入金期限は、3 週間以内となります。チケットは、入金確認後に郵送させていただきます。
価格と有効期限
チケットは 1 枚¥10,800(税込)からご購入いただくことができ、まとめてご購入いただくほどお得になります。
ただし、チケットの有効期限は 1 年間です。有効期限切れのチケットはご利用いただけませんのでご注意ください。
チケット枚数
1枚
価格(税込)
¥10,800
11 枚セット
¥108,000
23 枚セット
¥216,000
35 枚セット
¥324,000
期間限定でお得なキャンペーンを行っている場合もあります。
詳細は、弊社 Web ページ(http://www.ashisuto.co.jp/ojt/)をご覧ください。
なお、キャンペーンチケットは通常チケットと有効期限が異なる場合がございます。
33
注意事項
受講料金(チケット)
• チケットは、弊社開催の研修コースでのみご利用いただけます。トレーニングパートナーで開催する研修ではご利用
いただけません。
• チケットの有効期限は 1 年間です。有効期限切れのチケットはご利用いただけません。
• チケット代金の払い戻しはできません。
• チケットの紛失につきましては責任を負いかねます。チケットの再発行はいたしかねますのでご了承ください。
• チケット代金のお振り込み期限は、チケット購入月の翌月の最終営業日です。
※個人でお申し込みの方の入金期限は、3 週間以内となります。チケットは、入金確認後に郵送させていただきま
す。
研修のキャンセル
• 研修のキャンセルは、研修開始日の 6 営業日前までです。それ以降のキャンセルはお受けできません。
Web からお申し込みいただいた場合は、Web の「My ページ」からキャンセルできます。
FAX でお申し込みいただいた場合は、弊社教育部までご連絡ください。
• ご受講日程の変更、ご受講コースの変更をしたい場合は、受講申込をキャンセル後、変更後の研修にお申し込みくだ
さい。この場合も期限は研修開始日の 6 営業日前までです。
• ご受講される方を変更したい場合、急遽代理の方にご受講いただく場合は、弊社教育部までご連絡ください。
• なお、6 営業日を切ってキャンセルをされた場合は、キャンセルをされた研修の規定枚数分のチケットを申し受けま
す。
研修の中止
• お申し込みが所定の人数に満たない場合は、研修の開催を中止いたします。中止の場合は、研修開始日の 5 営業日前
までにご連絡いたします。
その他
• 研修当日は、受講票(確認メールを印刷したもの)とチケットをご持参ください。お持ちいただけなかった場合、研
修をご受講いただけない場合があります。
• 研修内容の録音・録画はご遠慮願います。
• テキストの先渡しは行っておりません。
• 研修コースの受講前提を満たされていない場合、お客様の目的が達成できない可能性があります。
• テキスト改訂などにより、予告なく研修内容を変更する場合があります。
34
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
よくあるご質問
受講者以外の者が代理で研修に申し込むことは可能ですか。
代理の方にお手続きいただくことは可能ですが、お申し込み内容はご受講される方の情報でご登録くだ
さい。
弊社より送信した確認メールが研修当日の受講票となります。
なお、Web で受講申し込みを行われる場合は、お一人ずつ ID をご登録ください。同じ ID を複数の方で
共有利用することはできません。
業務都合により、申し込んだ研修を受講できなくなりました。
研修開始日の 6 営業日前までであれば、日程を変更できます。Web で研修の受講申し込みを行われた場
合は、Web で研修キャンセル後、別日程の研修にお申し込みいただくことも可能です。
詳細は P34『研修のキャンセル』をご覧ください。
研修毎に異なる研修会場に申し込めますか。
可能です。ご都合のよい研修会場にお申し込みください。
チケットを申し込むのを忘れていました。研修開始日直前でも間に合いますか。
チケットを当日研修会場にてお渡しすることも可能です。弊社教育部までお問い合わせください。
代表者がまとめてチケットを購入できますか。
可能です。また、チケットの送付先とご請求先は個別にご指定いただくことも可能です。
チケット代金の振り込み期限はいつですか。
チケット購入月の翌月の最終営業日です。
例えば、10 月 31 日に購入された場合は、翌 11 月の最終営業日がお振り込み期限となります。
※個人でお申し込みの方の入金期限は、3 週間以内となります。
研修内容のカスタマイズは可能ですか。
可能です。オンサイト・コースとしてご要望に合わせた研修を実施できます。ご要望をヒアリングさせ
ていただきますので、弊社教育部までお問い合わせください。
詳細は P38『オンサイト・コース』をご覧ください。
35
奨励金・助成金申請
奨励金・助成金について、ご質問・ご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。必要書類への押印、修
了証・タイムシート・領収証の発行等も承ります。
訓練等実施・出席状況報告書への押印
下記へ送付いただけましたら、押印し返送いたします。
宛先:〒102-8109 東京都千代田区九段北 4-2-1 市ヶ谷東急ビル
修了証・タイムシート・領収証等の発行が必要な場合は、あわせてご依頼いただくとスムーズです。
修了証・タイムシートの発行
以下の内容をご連絡いただけましたら、確認後発行・発送いたします。
ご連絡先:アシスト教育部 [email protected]
ご連絡内容:
・ご受講コース名
・ご受講会場
・ご受講日
領収書の発行
領収書の発行
以下の内容をご連絡いただけましたら、ご入金確認後発行・発送いたします。
ご連絡先:アシスト教育部 [email protected]
ご連絡内容:
・請求書番号(請求書右上に記載)
・ご入金日
・領収書お宛名
・領収書但し書き
・領収書送付先
36
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
サテライト研修
サテライト研修は、アシストセミナールーム間を専用のシステムで繋ぎ、ある会場で開催されている研修を他の会場で
も受講できるようにしたものです。
講義はメイン会場にいる講師が担当しますが、サテライト会場にも技術者が常駐しフォローをいたしますので、講師が
その場にいるのと遜色ない品質で、研修をご受講いただけます。
もちろん、サテライト会場にも実習環境をご用意しており、実習もおこなっていただけますし、ご不明点についてご質
問いただくことも可能です。
サテライト会場
メイン会場
テレビ会議
システム
テレビ会議
システム
札幌会場
メイン講師
( スピーカー )
名古屋会場
東京会場
大阪会場
受講者
受講者
福岡会場
アシスタント
現時点で、サテライト研修に対応しているコースは以下のとおりです。
コース名
メイン会場/チケット枚数 サテライト会場/チケット枚数
JP1 ジョブ管理
東京(市ヶ谷)会場/8 枚 名古屋会場/6 枚
福岡会場/6 枚
WebFOCUS 初級
東京(市ヶ谷)会場/4 枚 札幌会場/3 枚
WebFOCUS 中級
東京(市ヶ谷)会場/8 枚 札幌会場/6 枚
WebFOCUS 上級
東京(市ヶ谷)会場/8 枚 名古屋会場/6 枚
大阪会場/6 枚
WebFOCUS 管理者 東京(市ヶ谷)会場/4 枚 名古屋会場/3 枚
大阪会場/3 枚
QlikView 入門
東京(市ヶ谷)会場/4 枚 福岡会場/3 枚
札幌会場/3 枚
QlikView 応用
東京(市ヶ谷)会場/8 枚 福岡会場/6 枚
札幌会場/6 枚
開催日程については、P44 以降に掲載の『開催日程』をご覧ください。
名古屋会場 P46 ~ P47
大阪会場
P48 ~ P49
福岡会場
P50 ~ P51
札幌会場
P52 ~ P53
37
オンサイト・コース
弊社で開催している定期コースの内容をベースに、研修内容・日程・実施場所・人数などをお客様のご要望に合わせて
実施するのがオンサイト・コースです。
詳細は弊社教育部までお問い合わせください。
例えば、以下のようなメリットがあります。
• 新人研修や管理者育成など、ご要望に合わせてカスタマイズできます。
• 遠隔地などの理由により、定期コースのご受講が難しい場合、お客様の設備にて研修を実施できます(実習環境など
の条件がありますので、ご相談ください)。
• 受講人数が多く、日程の調整が難しい場合もお客様の環境にて研修を実施できます。
• お客様のご要望に合わせたコースやテキストを作成し、カスタマイズして実施が可能です。
ご注意
ご受講人数、開催場所についてはあらかじめご相談ください(セミナールーム、実習環境などを考慮する必要がありま
す)。
開催場所によっては、オンサイト・コース料金とは別に、交通費・宿泊費を申し受ける場合がございます。
オンサイト・コースのご依頼は、開催までの日程に余裕を持ってご連絡ください。
基本的に弊社営業日(平日)に開催する前提です。土日祝祭日などの開催をご希望される場合は、別途ご相談くださ
い。
カスタマイズについて
お客様のご要望、目的などをヒアリングし、研修メニューをカスタマイズして実施できます。
よくあるカスタマイズの例
• 複数コースを短期間で実施してほしい。
• 定期コースで扱っている製品以外のオプション製品(機能)も合わせて実施してほしい。
• スキルアップのため、上級者用の研修を作成してほしい。
カスタマイズで発生する料金は個別にお見積もりいたします。カスタマイズ可能な内容、料金等の詳細については、弊
社教育部までお問い合わせください。
38
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
オンサイト・コース価格
※こちらに記載のない研修については、お問い合わせください。
基本料金
項目
金額(税込)
単位
Oracle、JP1、WebFOCUS、QlikView
PostgreSQL、Dojo
¥270,000 1 日 10 名様まで
データベース設計
※データモデリング・実践は除く
¥324,000 1 日 10 名様まで
備考
1 日は実質 6 時間です。基本料金には一部
を除き研修テキスト費用を含みます。
その他、追加料金
項目
金額(税込)
単位
備考
人数超過料金
Oracle、JP1、WebFOCUS、QlikView
PostgreSQL、Dojo
¥21,600 1 日 1 名様につき 規定の人数(通常 10 名様)を超える場
人数超過料金
データベース設計
※データモデリング・実践は除く
¥27,000 1 日 1 名様につき
アシスタント料金
実習用端末貸し出し料金
セミナールーム貸し出し料金
合に発生します。
¥108,000 1 日 1 名につき
ご受講人数が 10 名様を超える場合な
ど、講師以外のアシスタント講師が必要
となる場合に発生します。
アシスタント講師が複数名必要な場合
は、アシスタント講師の人数分の料金が
発生します。
¥8,640 1 日 1 台につき
実習環境のセットアップ、運搬費用を含
みます。サーバ等が必要な場合はサーバ
台数分追加となります。
¥54,000 1 日 1 部屋につき お客様側で会場をご用意できない場合、
かつ弊社のセミナールームが使用可能な
場合、弊社セミナールームの貸し出しが
可能です。
実習環境セットアップ料金
時間延長料金
¥162,000 1 日につき
¥43,200 1 時間につき
お客様の環境にて研修を実施する場合、
実習環境のセットアップ、構築、準備等
はお客様側であらかじめ行っていただく
ことが前提です。
セットアップ等を弊社で行う場合は、左
記の料金が発生します。
規定の実施時間(通常 6 時間)を超える
場合に発生します。
39
アフターサポートサービス
アフターサポートサービスは、研修をご受講いただいたお客様の「受講後をフォローする」サービスです。ご受講後の
復習をサポートいたしますので、研修でご紹介した内容を自分の力に変え、確実に習得することができます。
アフターサポートサービスには、「ご質問受付サービス」と「ダウンロードサービス」があります。
ご利用いただく際は、以下の URL からアフターサポートの Web ページにアクセスしてください。
http://www.ashisuto.co.jp/ojt/aftersupport/
ご質問受付サービス
研修後、受講コースに関するご質問をお問い合わせいただけます。ご受講後の新たなご質問などに担当者がお答えしま
す。復習やスキルアップにお役立てください。
対象者:アシスト研修コースの受講者
対象研修:Oracle、JP1、WebFOCUS、QlikView、データベース設計、PostgreSQL、DataSpider、DMExpress
Dojo
ご利用方法の詳細は、上記アフターサポートのページをご参照ください。
利用規約
• ご利用期間は、該当コースのご受講開始日より 3 ヶ月間です。
• ご質問はご受講いただいた研修コースで使用しているコーステキストの範囲内に限らせていただきます。
例えば PostgreSQL について、ソースコードの確認が必要となるような、内部動作に関するご質問にはお答えいたしかねます。
• トラブル・不具合に関するご質問、お客様の環境に依存するご質問はご遠慮ください。
• ご質問に対する回答としてサンプル等のご提供は行いません。また、アシスト教育部からご依頼した場合を除き、データやファイル
等のご送付はご遠慮ください。
• ご質問に対するアシスト教育部からのご連絡は、3 営業日以内に行ないます。ただし、ご質問内容によっては回答が遅れる場合もあり
ますのでご了承ください。
ダウンロードサービス
研修テキストで使用されているサンプルファイルや補足資料などをダウンロードできます。
また、お客様からいただいたご質問をまとめた FAQ や、研修内でご紹介できなかった追加の技術情報などもご提供し
ています。
コースを受講してない方も自由にご利用いただけますが、ご受講後にテキストを復習しながら使用すると、更なるスキ
ルアップに役立ちます。
対象者:どなたでもご利用いただけます。
対象研修:Oracle、JP1、WebFOCUS、QlikView、PostgreSQL、DataSpider、DMExpress、Dojo
利用規約
• ご提供している技術情報、ファイルなどに関するご質問はご遠慮ください。
• サンプルなどをご利用になる場合は、お客様の責任のもとでご利用ください。
これらの使用によりいかなる損害が生じたとしても、弊社では一切保証致しかねますので、ご了承ください。
• ダウンロードサービスを提供していないコースもございますので、予めご了承ください。
40
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
開催会場
東京会場(市ヶ谷)
住所、連絡先
〒102-8109 東京都千代田区九段北 4-2-1
市ヶ谷東急ビル 1 階
お問い合わせ先:0120-874-337(教育部)
アクセス
都営地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅 A4 出口より
徒歩 1 分
東京メトロ 有楽町線 市ヶ谷駅 より徒歩 4 分
東京メトロ 南北線 市ヶ谷駅 より徒歩 6 分
(A4 出口へは各路線より地下通路にて移動
可)
JR 市ヶ谷駅 より徒歩 4 分 新幹線でお越しのお客様
東京 1,2 番線 中央線快速(高尾方面)
↓ 2駅 4分
御茶ノ水 2 番線 総武線各駅停車
(三鷹方面)
↓ 3駅 8分
市ヶ谷
飛行機でお越しのお客様
羽田空港 1,2 番線 京急空港線急行(印旛日本医大方面)
↓ 9 駅 22 分
品川 1 番線 山手線(東京方面)
↓ 7 駅 15 分
秋葉原 5 番線 総武線各駅停車(中野方面)
↓ 4 駅 10 分
市ヶ谷
名古屋会場
住所、連絡先
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦
1-11-11 名古屋インターシティ 4 階
TEL :052-232-8211
お問い合わせ先:0120-874-337
(教育部:※東京)
アクセス
地下鉄東山線/鶴舞線・伏見駅直結
新幹線でお越しのお客様
名古屋(新幹線)
↓ 徒歩 10 分
名古屋(地下鉄) 1 番線 市営地下鉄東山線
(藤が丘方面)
↓ 1駅 3分
伏見
41
大阪会場
住所、連絡先
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町 4-20
グランフロント大阪タワー A 13F
TEL :06-6373-7116
お問い合わせ先:0120-874-337
(教育部:※東京)
アクセス
JR 大阪駅より徒歩 1 分
地下鉄御堂筋線梅田駅より徒歩 3 分
阪神梅田駅より徒歩 4 分
阪急梅田駅/地下鉄四つ橋線西梅田駅より徒歩 5 分
JR 北新地駅/地下鉄谷町線東梅田駅より徒歩 7 分
新幹線でお越しのお客様
新大阪 15 番線または 16 番線 JR 神戸線
(大阪・三ノ宮方面)
↓ 1駅 5分
大阪
42
飛行機でお越しのお客様
伊丹空港
↓ 徒歩 5 分
大阪空港 大阪モノレール(門真市方面)
↓ 1駅 4分
蛍池 2 番線 阪急宝塚本線(大阪梅田方面)
↓ 9 駅 20 分
梅田(阪急線)
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
福岡会場
住所、連絡先
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東 2-6-1
九勧筑紫通ビル 9F
TEL :092-481-7156
お問い合わせ先:0120-874-337
(教育部:※東京)
アクセス
JR/地下鉄 博多駅 筑紫口より徒歩 5 分
札幌会場
住所、連絡先
〒060-0003 北海道札幌市中央区北 3 条西 4-1-1
日本生命札幌ビル 13F
TEL :011-281-1161
お問い合わせ先:0120-874-337
(教育部:※東京)
アクセス
JR 札幌駅南口より徒歩 4 分
地下鉄南北線 さっぽろ駅
11 番出口地下歩行空間直結
43
開催日程
東京会場
(市ヶ谷)
東京会場(市ヶ谷)
2015 年 1 月
日
12/ 28
月
火
12/ 29
年末年始休暇
4
水
12/ 30
年末年始休暇
5
木
年末年始休暇
6
金
1
12/ 31
2
元旦
7
年末年始休暇
8
QlikViewユーザー
土
3
9
QlikView入門
10
QlikView応用
Oracle入門
11
12
13
14
成人の日
15
16
17
SQLトレーニング
QlikView管理者
WebFOCUS初級
WebFOCUS中級
Dojo入門
18
19
20
21
22
23
24
PL/SQLプログラミングⅠ
データベース・アーキテクチャ
JP1ジョブ管理
25
26
QlikView入門
27
28
QlikView応用
29
30
31
DataSpider基本
PL/SQLプログラミングⅡ
WebFOCUS上級
JP1統合管理
WebFOCUS管理者
SQLパフォーマンス・チューニング
2015 年 2 月
日
1
月
火
2
水
3
4
データベース・マネジメント
QlikView入門
金
6
9
DMExpress基本
JP1ジョブ管理
Recovery manager
入門
10
QlikViewユーザー
11
Oracle入門
土
7
Oracleパフォーマンス・チューニング
QlikView応用
バックアップ・リカバリ
8
木
5
データモデリング・基本
12
建国記念の日
13
14
PostgreSQL管理基礎
JP1統合管理
15
16
17
18
19
20
21
SQLトレーニング
QlikView入門
QlikView応用
PostgreSQL冗長化
構成構築・運用
22
23
QlikView管理者
24
25
WebFOCUS中級
26
27
28
JP1ジョブ管理
PL/SQLプログラミングⅠ
QlikView入門
SQL応用
Dojo入門
44
WebFOCUS初級
DataSpider基本
Real Application
Clusters 11g
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
東京会場
(市ヶ谷)
東京会場(市ヶ谷)
2015 年 3 月
日
1
月
火
2
水
3
木
4
データベース・アーキテクチャ
QlikViewユーザー
金
5
6
土
7
データベース・マネジメント
QlikView応用
WebFOCUS管理者
DMExpress基本
8
9
10
11
12
13
14
バックアップ・リカバリ
QlikView入門
QlikView応用
JP1統合管理
SQLパフォーマンス・チューニング
15
16
17
18
19
WebFOCUS初級
20
QlikView入門
PL/SQLプログラミングⅠ
WebFOCUS中級
21
QlikView管理者
春分の日
DataSpider基本
Dojo入門
22
23
24
25
26
PL/SQLプログラミングⅡ
Oracle入門
QlikView応用
QlikViewユーザー
27
Recovery manager
入門
JP1ジョブ管理
DMExpress基本
29
30
31
4/ 1
4/ 2
データベース・アーキテクチャ
QlikView入門
28
Real Application
Clusters 11g
4/ 3
4/ 4
SQLトレーニング
QlikView応用
WebFOCUS上級
2015 年 4 月
日
3/ 29
月
火
3/ 30
水
1
3/ 31
データベース・アーキテクチャ
QlikView入門
5
木
7
8
SQLパフォーマンス・チューニング
QlikView入門
3
土
4
SQLトレーニング
QlikView応用
6
金
2
WebFOCUS上級
9
10
11
Oracleパフォーマンス・チューニング
QlikView応用
JP1統合管理
DataSpider基本
12
13
14
15
16
WebFOCUS中級
WebFOCUS初級
17
18
バックアップ・リカバリ
データベース・マネジメント
JP1ジョブ管理
Dojo入門
19
20
21
22
Oracle入門
QlikView入門
26
27
28
JP1ジョブ管理
24
25
SQLトレーニング
QlikView応用
PostgreSQL管理基礎
23
QlikView管理者
29
WebFOCUS管理者
DMExpress基本
PostgreSQL冗長化
構成構築・運用
30
5/ 1
5/ 2
昭和の日
45
名古屋会場
2015 年 1 月
日
12/ 28
月
12/ 29
年末年始休暇
4
5
11
12
火
12/ 30
年末年始休暇
水
12/ 31
年末年始休暇
木
1
金
2
元旦
土
3
年末年始休暇
6
7
8
9
10
13
14
15
16
17
20
21
22
23
24
成人の日
18
19
QlikView入門
25
26
27
28
QlikView応用
29
30
31
2015 年 2 月
日
1
月
2
火
3
水
4
木
5
金
6
土
7
JP1ジョブ管理
サテライト
8
9
10
11
12
13
14
20
21
建国記念の日
15
16
17
18
19
WebFOCUS初級
22
46
23
24
25
WebFOCUS中級
26
27
28
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
名古屋会場
2015 年 3 月
日
1
月
2
火
3
水
木
4
5
金
土
6
7
13
14
PostgreSQL管理基礎
8
9
10
11
12
QlikView入門
15
16
17
18
QlikView応用
19
20
21
データモデリング・基本
22
23
24
29
30
31
25
26
4/ 1
27
4/ 2
春分の日
28
4/ 3
4/ 4
2015 年 4 月
日
3/ 29
月
3/ 30
火
3/ 31
水
1
木
2
金
3
土
4
WebFOCUS上級
サテライト
5
6
7
8
9
15
16
10
11
17
18
Oracle入門
12
13
14
SQLトレーニング
19
20
21
22
WebFOCUS初級
26
27
28
23
WebFOCUS中級
29
30
24
25
WebFOCUS管理者
サテライト
5/ 1
5/ 2
昭和の日
47
大阪会場
2015 年 1 月
日
12/ 28
月
火
12/ 29
12/ 30
年末年始休暇
4
5
年末年始休暇
6
水
木
1
12/ 31
年末年始休暇
元旦
7
12
13
8
14
土
3
年末年始休暇
9
WebFOCUS初級
11
金
2
10
WebFOCUS中級
15
16
成人の日
17
データモデリング・基本
JP1ジョブ管理
18
19
20
21
22
23
QlikView入門
25
26
27
28
29
30
31
SQLトレーニング
Oracle入門
WebFOCUS上級
サテライト
24
QlikView応用
WebFOCUS管理者
サテライト
2015 年 2 月
日
1
月
2
火
3
水
木
4
5
PL/SQLプログラミングⅠ
9
10
土
7
PL/SQLプログラミングⅡ
WebFOCUS初級
8
金
6
11
WebFOCUS中級
12
13
14
19
20
21
建国記念の日
15
16
17
18
データベース・アーキテクチャ
データベース・マネジメント
PostgreSQL管理基礎
JP1ジョブ管理
22
23
24
25
SQLパフォーマンス・チューニング
QlikView入門
48
26
PostgreSQL冗長化
構成構築・運用
27
28
Oracleパフォーマンス・チューニング
QlikView応用
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
大阪会場
2015 年 3 月
日
1
月
2
火
3
水
木
4
金
5
6
土
7
バックアップ・リカバリ
WebFOCUS初級
8
9
10
11
WebFOCUS中級
12
Oracle入門
13
14
SQLトレーニング
JP1ジョブ管理
15
16
17
18
19
20
21
春分の日
PL/SQLプログラミングⅠ
QlikView入門
22
23
24
QlikView応用
25
26
PL/SQLプログラミングⅡ
27
28
データベース・アーキテクチャ
JP1統合管理
29
30
4/ 1
4/ 2
31
S QL パ フ ォ ー マ ン ス チ ュ ー ニ ン グ
データベース・マネジメント
S QL パ フ ォ ー マ ン ス チ
ューニング
4/ 3
4/ 4
Real Application
Clusters 11g
2015 年 4 月
日
3/ 29
5
月
3/ 30
6
火
水
木
3/ 31
1
2
S QL パ フ ォ ー マ ン ス チ
ューニング
データベース・マネジメント
S QL パ フ ォ ー マ ン ス チ
ューニング
7
8
9
金
3
土
4
Real Application
Clusters 11g
10
11
SQLパフォーマンス・チューニング
WebFOCUS初級
12
13
14
15
WebFOCUS中級
16
SQL応用
17
18
Oracleパフォーマンス・チューニング
JP1ジョブ管理
19
20
21
22
23
バックアップ・リカバリ
QlikView入門
26
27
28
29
24
25
Recovery manager
入門
QlikView応用
30
5/ 1
5/ 2
昭和の日
49
福岡会場
2015 年 1 月
日
12/ 28
月
12/ 29
年末年始休暇
4
5
火
12/ 30
年末年始休暇
6
水
12/ 31
年末年始休暇
7
木
2
元旦
12
土
3
年末年始休暇
8
9
QlikView入門
サテライト
11
金
1
10
QlikView応用
サテライト
13
14
15
20
21
22
16
17
23
24
成人の日
18
19
WebFOCUS初級
25
26
27
28
WebFOCUS中級
29
30
31
2015 年 2 月
日
1
月
2
火
3
水
4
木
QlikView入門
8
9
10
金
5
11
6
土
7
QlikView応用
12
13
14
20
21
27
28
建国記念の日
15
16
17
18
19
Oracle入門
22
23
24
25
26
QlikView入門
サテライト
50
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
福岡会場
2015 年 3 月
日
1
月
2
火
3
水
4
木
金
土
5
6
7
13
14
QlikView応用
サテライト
8
9
10
11
12
15
16
17
18
19
20
21
データベース・アーキテクチャ
22
23
24
25
26
27
春分の日
28
JP1ジョブ管理
サテライト
29
30
31
4/ 1
4/ 2
4/ 3
4/ 4
2015 年 4 月
日
月
火
水
木
3/ 29
3/ 30
3/ 31
1
2
5
6
7
8
9
金
土
3
4
10
11
データモデリング・基本
12
13
14
19
20
21
QlikView入門
サテライト
26
27
15
16
17
18
22
23
24
25
QlikView応用
サテライト
28
29
30
5/ 1
5/ 2
昭和の日
51
札幌会場
2015 年 1 月
日
12/ 28
月
火
12/ 29
12/ 30
年末年始休暇
4
5
11
12
年末年始休暇
水
12/ 31
年末年始休暇
6
7
13
14
20
21
木
1
金
2
元旦
土
3
年末年始休暇
8
9
10
16
17
23
24
成人の日
18
19
22
QlikView入門
サテライト
25
26
27
28
QlikView応用
サテライト
29
30
31
2015 年 2 月
日
1
月
火
2
3
QlikView入門
サテライト
8
9
水
4
木
金
土
5
6
7
12
13
14
19
20
21
QlikView応用
サテライト
10
11
建国記念の日
15
16
17
18
WebFOCUS初級
サテライト
22
23
24
25
26
27
28
WebFOCUS中級
サテライト
52
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
札幌会場
2015 年 3 月
日
月
1
2
8
9
火
3
10
QlikView入門
サテライト
15
16
水
木
金
土
4
5
6
7
11
12
13
14
19
20
QlikView応用
サテライト
17
18
21
春分の日
WebFOCUS中級
サテライト
WebFOCUS初級
サテライト
22
23
24
29
30
31
25
26
4/ 1
27
4/ 2
28
4/ 3
4/ 4
2015 年 4 月
日
月
火
3/ 29
3/ 30
3/ 31
5
6
7
QlikView入門
サテライト
12
13
水
木
金
土
1
2
3
4
8
9
10
11
16
17
18
22
23
24
25
29
30
QlikView応用
サテライト
14
15
WebFOCUS中級
サテライト
WebFOCUS初級
サテライト
19
20
21
26
27
28
5/ 1
5/ 2
昭和の日
53
FAX:0120-874-437
株式会社アシスト 教育部 行
受講申込書
ご受講者情報(必ずすべての項目にご記入ください。)
会社名:
郵便番号:
住所:
部署名:
氏名:
様 氏名カナ:
様
E-Mail:
電話番号:
FAX 番号:
弊社担当営業:
チケット ・あり ・なし ※なしを選択された方は、研修開始日の 1 週間前までにチケットをお申し込みください。
ご受講会場 ・東京(市ヶ谷) ・名古屋 ・大阪 ・福岡 ・札幌
ご受講コース(ご希望のコース名に○印を付け、ご受講日をご記入ください。)
Oracle
Oracle 入門
月 日
バックアップ・リカバリ
月 日
SQL トレーニング
月 日
Recovery Manager 入門
月 日
PL/SQL プログラミングⅠ
月 日
SQL パフォーマンス・チューニング
月 日
PL/SQL プログラミングⅡ
月 日
Oracle パフォーマンス・チューニング
月 日
データベース・アーキテクチャ
月 日
Real Application Clusters 11g
月 日
データベース・マネジメント
月 日
SQL 応用
月 日
JP1 ジョブ管理
月 日
JP1 統合管理
月 日
WebFOCUS 初級
月 日
WebFOCUS 上級
月 日
WebFOCUS 中級
月 日
WebFOCUS 管理者
月 日
QlikView 入門
月 日
QlikView 管理者
月 日
QlikView 応用
月 日
QlikView ユーザー
月 日
PostgreSQL 冗長化構成構築・運用
月 日
JP1
WebFOCUS
QlikView
データベース設計
データモデリング・基本
月 日
PostgreSQL
PostgreSQL 管理基礎
月 日
DataSpider
DataSpider 基本
月 日
DMExpress
DMExpress 基本
月 日
Dojo 入門
月 日
Dojo
ご記入いただく個人情報に関しましては、下記 URL にあります「個人情報保護方針」、「個人情報の取り扱いについて」に記載されている内容に基づいて
利用・管理させていただきます。 URL: http://www.ashisuto.co.jp/privacy/
個人情報保護に関してご質問などがある場合は、以下にお問い合わせください。
株式会社アシスト 個人情報お問い合わせ窓口 E-Mail: [email protected]
E141031a
54
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
FAX:0120-874-437
株式会社アシスト 教育部 行
チケット申込書
チケット送付先(必ずすべての項目にご記入ください。)
会社名:
郵便番号:
住所:
部署名:
氏名:
様 氏名カナ:
様
E-Mail:
電話番号:
FAX 番号:
ご請求先
□ ご請求先がチケット送付先とおなじ場合はチェックを入れてください。
会社名:
郵便番号:
住所:
部署名:
氏名:
様 氏名カナ:
様
E-Mail:
電話番号:
FAX 番号:
チケット購入枚数および価格
1枚
¥10,800(税込) × 枚
= 円(税込)
11 枚セット
¥108,000(税込) × 組
= 円(税込)
23 枚セット
¥216,000(税込) × 組
= 円(税込)
35 枚セット
¥324,000(税込) × 組
= 円(税込)
合計枚数 枚
合計金額 円(税込)
弊社担当営業(ご存知の場合はご記入ください。)
ご注意
• チケットの有効期限は 1 年間です。
• ご購入いただいたチケット代金の払い戻しはできません。
• チケットの有効期限切れ、紛失につきましては責任を負いかねます。
ご記入いただく個人情報に関しましては、下記 URL にあります「個人情報保護方針」、「個人情報の取り扱いについて」に記載されている内容に基づいて利
用・管理させていただきます。
URL: http://www.ashisuto.co.jp/privacy/
個人情報保護に関してご質問などがある場合は、以下にお問い合わせください。
株式会社アシスト 個人情報お問い合わせ窓口 E-Mail: [email protected]
E141031b
55
皆様のご受講を心よりお待ちしております。
アシスト教育部一同
56
アシスト研修コースガイド 2015 年 1 月~4 月
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
1 440 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content