close

Enter

Log in using OpenID

2・3ページ

embedDownload
トピックス
3
市政三期目に向けて
月に策定した基本構
222人・団体が北九州市表彰を受賞
▼若松眞一 ▼和田修一
【小倉南区】 ▼安心院綾子 ▼植
▼山形小夜子 ▼山口兄稲 ▼山
田庨 ▼山本邦雄 ▼山本千恵子
古谷満弘 ▼本郷義廣 ▼前野惠
子 ▼松山千鶴惠 ▼宗定克輔 り ▼藤井勝美 ▼藤川秀子 ▼
彰 ▼藤田隆一 ▼増田真紀子 ▼松尾一四 ▼水口鉄昭 ▼水摩
田伶子 ▼寺島美佐子 ▼永田豊
▼野村光春 ▼濱田幸子 ▼ 島
寛長 ▼倉本賢次 ▼栗原百代
▼篠原廣一郎 ▼田丸道代 ▼鶴
孝義 ▼梶谷昭晴 ▼金子廣利 ▼神田一生 ▼國武辰男 ▼久米
▼大江展子 ▼大森一彦 ▼奥中
市では社会福祉や教育などの分
野で功 労 があった 個 人や団 体 を 表
今 年は︑ 月 日 に表 彰 式 が 行
われ︑合計222人・団体が受賞し
田孝志 ▼馬詰博道 ▼岡田隆 ▼小川健 ▼椛島広光 ▼佐藤勇
彰しています︒
ました︒︿敬称略﹀
夫 ▼佐藤博勝 ▼眞田澄惠 ▼
康男 ▼南勝信 ▼南惠一郎 ▼
蓑毛髙子 ▼宮木紘康 ▼宮﨑昭
産業経済功労
【若松区】 ▼伊藤國彦
消防功労
【門司区】 ▼髙田年男
【小倉北区】 ▼大村成人 ▼久保
敬次郎
【小倉南区】 ▼菊竹信雄 ▼ 野
保博
【若松区】 ▼内村勝藏 ▼楠田和
美 ▼前田英夫
【八幡西区】 ▼瓜生文彦 ▼桑園
幸明
【戸畑区】 ▼菅野君男
照美 ▼林清助 ▼林德彦 ▼原
田千代子 ▼檜山弘之 ▼福田泰
繁行 ▼宗サヨ子 ▼出水信惠 ▼寺田浩幸 ▼中川壽文 ▼中山
【戸畑区】 ▼青木一 ▼奥野忠 ▼川島利勝 ▼黒木正己 ▼末次
博志 ▼古海博 ▼松永裕己
【市外】 ▼岡俊江
幸 ▼丸岡啓一 【小倉南区】 ▼榎本孝史 ▼岡本
【小倉北区】 ▼田中聡 ▼西村正
永年勤続功労
▼郡山博夫 ▼澤邉公德 ▼白幡
美矢子 ▼友澤良二 ▼花田佐惠
子 ▼濱谷正人 ▼廣岡實雄 ▼
治 ▼南良子 ▼吉田尊
【市外】 ▼植田温雄
夫 ▼森敏明 ▼山内正史 ▼米
光安則
峯﨑一男 ▼三好孝雄 ▼山田さ
き子 ▼吉田滿代
下田忠義 ▼永津信介 ▼仲道弘
起 ▼西田勝 ▼野口 子 ▼松
原富雄 ▼村上佐代子 ▼森田光
【門司区】 ▼石田由香里 ▼稲益
【八幡東区】 ▼麻生隆 ▼飯田隆
子 ▼石松敏勝 ▼伊藤一雄 ▼
【門司区】 ▼濱崎揖子 ▼福島司
【小倉北区】 ▼青木眞知子 ▼角
雄
富子 ▼入倉敏彦 ▼岩谷くる美
▼⻆本正樹 ▼梶崎正信 ▼木戸
内田弘幸 ▼宇津定七 ▼岡本詔
洋 ▼尾上賢介 ▼木下勝弘 ▼
田敬子 ▼西尾智子 ▼宮川孝明
【小倉南区】 ▼板家守夫 ▼柏原
【若松区】 ▼大石紀代子 ▼大庭
卓朗 ▼岡部正生 ▼加藤明德 都子 ▼清本勝代 ▼刀禰義弘 ▼長尾一正 ▼丹生美津子 ▼宮
木下定子 ▼隈元恭子 ▼倉光順
子 ▼桑野末夫 ▼興梠正信 ▼
▼西之原透 ▼芳賀茂木 ▼芳賀
文明 ▼馬場京子 ▼松岡茂光 組 みへの賛 否 なども 尋ねていま
状況や今後の市の具体的な取り
掲載しています︒
ども含めた全ての施設の情報を
【八幡東区】 ▼山﨑繁美
【八幡西区】 ▼栗田英樹
【戸畑区】 ▼伊藤慶徳 ▼渡辺邦
明
【市外】 ▼勝野君子
︵東
月 日㈬︑全国都市会館
京 都︶
で最終選考会が行われ︑選
考 委 員の直 木 賞 作 家・井 上 荒 野
さ ん︑角 田 光 代 さ ん︑芥 川 賞 作
分~
●大賞 ﹁次ぎの人﹂
井岡道子
︵ 歳・東京都︶
グラフィックデザイナー︒成 安
女 子 短 期 大 学 意 匠 科 卒 業︒平 成
時︑産業経済局商業振興課
︵小
階︑☎
年 か ら 執 筆 開 始︒平 成
第 回やまなし文学賞を受賞︒
●佳作 ▼
﹁うつむく朝﹂志馬さ
ち子
︵ 歳・東 京 都︶ ▼
﹁ものか
げの雨﹂高倉やえ
︵ 歳・東京都︶
■表彰式
月 日 ㈯ 時 から︑旧 門 司
三井倶楽部
︵門司港㆑トロ地区︶
で︒♥ 文 学 館 ☎571・1505
へ︒
北九州都市計画道路
(街路事
業)
の事業認可に係る図書
路線は 号線と砂津長浜線の
各 都 市 計 画 道 路︒縦 覧は事 業 期
時
間中
︵土・日 曜日︑祝・休日︑年末
~
階︑
日︒詳 細は市 民 文 化
☎582・2191︶
で︒
分︑建設局街路課
︵市 役 所
分~
551・3646︶か 八 幡 西 区 役
ます︒
時
年 始 は 除 く︶
の
倉 駅 北 側︑A I M ビ ル
年に
♥総務企画局総務課☎582・
2102へ︒
勝道
【小倉北区】 ▼吉田昇吾
【八幡東区】 ▼大熊亮道 ▼大熊
人命救助
クラブ
【市 外 】
▼か ん も ん 北 九 州ファン
イメージアップ功労
ラブ
永武 ▼八坂和子 【小倉南区】 ▼下曽根少年消防ク
【門司区】 ▼僧清虚顕彰会 ▼松
まちづくり功労
津始快 ▼村上叡司 ▼森岡孝生
▼山口勝安
汎子 ▼中村賢一 ▼中村久美
【若松区】 ▼麻生了司 ▼阿部芳
直 ▼小野裕 ▼梶明子 ▼加藤
佳治 ▼倉松秀敏 ▼後藤昭二 す︒詳しい調査結果については市
この公共施設白 書は市のホー
ムページで公開しているほか︑各
家・川 上 未 映 子さんによる 選 考
の結 果︑次のと おり 受 賞 作 品 が
生前林芙美子も
大賞の作品は︑
寄稿した雑誌
﹃ 婦人公論
︵ 月
決定しました︒︿敬称略﹀
意見を募集しています︒
日号︶
﹄
に掲載します︒
大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法に係
る届出書
︵フレス
縦 覧はチェリーヒルズ
ポ黒 崎 ︶
東側敷地
︵八幡西区桜ケ
所総務企画課で︒縦覧期間中︑商
ご 覧 く だ さい
出前講演のご利用を
に閲 覧 用の冊 子 を 設 置 し︑随 時
教育文化功労
【小倉北区】 ▼赤川明子 ▼淺倉
高橋健 ▼田川信達 ▼竹中弘昌
▼辻畑誠治 ▼豊福和男 ▼中尾
美 ▼岡田黎子 ▼並河敦 ▼和
田慧子
▼栄秀雄 ▼佐竹雅代 ▼菅敬 ▼松村章 ▼宮地久男 ▼八尋照
和 ▼山﨑嘉武 ▼山中英生
【八幡西区】 ▼愛甲亮子 ▼安部
▼杉谷廣子 ▼髙向幹範 ▼德本
知道 ▼土手栄治 ▼中尾博成 勲 ▼有田敬三 ▼有本篤 ▼池
永重喜 ▼村利之 ▼上野一成
のホームページ
︵アドレスは表紙
区役所総務企画課・出張所︑市民
階︶
︑文書館
︵小 倉 北 区 大 手 町 ︶
文 化 スポーツ 局 広 聴 課
︵市 役 所
参照︶
をご覧ください︒
公共施設白書の作成
公 共 施 設 白 書では︑施 設のハ
ード 面 に 加 え︑利 用 状 況 や 収 支
状況などの詳しい情報を取りま
とめました︒
地 域 に 出 向 いてお 話 し しま す︒
公共施設の現状や取り組みな
どについて︑市民の皆さんに理解
市民センター等の市民利用施
設について︑施設・部屋別の平均
#随時︒詳細は♥を︒
公共施設白書の特徴
稼 働 率 や 利 用 者一人 当 たりのコ
を深めていただ くために職 員 が
スト な ど︑詳 細 な 情 報 を 公 開 し
♥建築都市局都市マネジメン
ト政策室☎582・2076へ︒
ています︒
林芙美子文学賞 受賞作品が決定
▼仲摩重利 ▼中村勝重 ▼中村
シズヱ ▼西村政彦 ▼深川みど
元則 ▼安達幹雄 ▼荒木正弘 ▼石倉修身 ▼上田一正 ▼内義
秀壽 ▼中塚睦彦 ▼中西康典 社会福祉功労
10
「人にやさしく、
まちには活力」で、
北九州市の明るい未来へ歩みを
進めます
年
こんにちは。三 期 目を迎えました市 長の北 橋
皆さん、
健 治です。二期八 年 間、
「人にやさしく 元 気 なまちづく
り」を進めてきました。平成
想・基本計画「元気発進! 北九州」プランに基づき、子育
てや福祉、教育、環境、地域経済の活性化、安全・安心な
ど多くの成 果を上げることができました。ご協 力いただ
いた市民の皆さんに深く感謝申し上げます。
三 期 目は「人にやさしく、まちには活 力」を合 言 葉に、
六つの政策を進めます。
一つ目は、人にやさしい高齢・少子
対 策です。健 康 長 寿 社 会、安心して子どもを産み育てら
れる社会への取り組みを加速させます。二つ目は、北九州
市新成長戦略の着実な推進です。北九州空港や港湾の活
用による物流活性化、
にぎわいづくりなどでまちを元気に
します。三つ目は、
まち・ひと・しごと創生です。国や県と
も連携しながら各界・有識者などとともに市総合戦略を
策定し、女性や若者の定着につながる魅 力ある地 域づく
りに取り組みます。四つ目は、世 界の環 境 首 都を目 指し
た環 境 未 来 都 市の創 造です。国 際 貢 献や資 源 循 環 型 社
会づくりなど、環 境 分 野で自 治 体トップランナーの取り
組みを進めます。五つ目は、安全・安心なまちづくりです。
地域での支え合い、警察との協力など防災・防犯対策を
強化し、五年後に政令指定都市でトップ3に入る安全な
都 市を目 指します。最 後に、行 財 政 改 革を進め、持 続 可
能で安定的な財政の確立、維持に努めます。
本 市には、過 去 何 度 と な く 公 害 な どの 困 難 を 克 服
し、
その経験を都市の魅力に変えてきた歴史があります。
「地方創生」が国全体の課題となっています。北九州市の
明るい未来の創生に向けて、三期目も市民の皆さんと手
を携え、力強く歩みを進めてまいります。
2
公共施設マネジメントの取り組みを進めています
公共施設の現状と課題
高度経済成長期に集中して整
備 された 公 共 施 設 を ど うやって
更新していくかが全国の自治体
共通の課題となっています︒その
中でも 本 市 は︑市 民一 人 当 た り
の公共施設の保有量が政令市で
最大となっており︑今後の厳しい
設を現在の規模のまま維持し続
財 政 状 況 を 考 え る と︑全ての施
けることはできません︒
そのた め 本 市では︑公 共 施 設
の保有量縮減などの目標を掲げ
た 公 共 施 設マネジメントの取り
組 み を 進 めてい く た めに︑平 成
年度中に各種実行計画を策定
します︒
また︑特 別 会 計 や 企 業 会 計 な
時
丘︶
︒ 月 日㈬まで
︵土・日曜日︑ 業 振 興 課へ意 見 書の提 出 ができ
祝・休 日 は 除 く︶
の
月
ス ポ ーツ 局 市 民 活 動 推 進 課 ☎
まちづくりステップアップ事業 市民が主体的に取り組む地域の
が掲げる課題・目標に︑市と市民
北九州市環境未来都市計画
活 動に助 成 し ま す
645・3101へ︒
みなとや海辺の活動 港や海辺
とその周辺で行う自然環境保全・
特性を生かしたまちづくり活動
市民活動団体と市との協働事業
美化活動や地域づくり︑
まちづく
以内
︵限 度 額
団体などが協働により取り組む
分の
詳細は各区役所総務企画課へ︒
円︶
︒選考あり︒# 月 ~ 日︒
費の
活 動に事 業 費 を 助 成 します︒募
万
万
活動
に助 成 しま す︒助 成 額は対 象 経
額は▼活動助成金=
り 活 動 など を 助 成 しま す︒助 成
月 ~ 日︒詳細
以内
︵限 度 額 100 万
月 ~ 日︒
動 な どの費 用 を 助 成 しま す︒助
詳 細 は 市 民 文 化 ス ポ ーツ 局 市
万 円︶
︒選 考 あ り︒#
へ︒
民活動推進課☎645・3101
︵限 度 額
成額は対象経費の 分の 以内
円︶
︒選考あり︒#
分の
育て﹂
など︒助成額は対象経費の
集 テーマは
﹁環 境 ﹂や
﹁福 祉 ﹂
︑﹁子
活動
円まで︒期間は最長 年間 ▼継
万円ま
選考あり︒#
5967へ︒
◎=対象 ☆=定員、定数 $=料金、費用 ♣=開所時間 ♡=休所日 *=市の担当課 #=申し込み £=ネット窓口
(電子申請)
♥=問い合わせ ♦=共通の内容
★掲載の情報は市のホームページ
(アドレスは表紙参照)
でもご覧になれます ★ 基本事項 の記入方法は6ページを参照 ★時間は24時間表記
12
め市民アンケート調査を実施し︑
また︑市 民 意 見の把 握 や 施 設
に関する正確な情報の公開のた
公共施設白書を作成しました︒
市民アンケート調査の実施
施設利用者だけではなく施設
を利用していない市民を含めて︑
広く意見を把握するため無作為
に抽 出した 市 民3000人に対
し︑
郵送によるアンケート調査を
64
◎市民ボランティア団体︑ NPO公益活動支援事業 NPO
続活動助成金=
2
学校・教育関係機関︑
NPO法人︒ 法 人 や 市 民 団 体 が 行 う 公 益 活
で︒
♠
30
実施しました︒︵回答率 ・ %︶
19
12 17
30
主な調査結果
30
4
● 公共施設の老朽化対策につい
77
30
1
割以上が市政の課題とし
16
5
ては
▲
11
8
4
て認識
%削 減 す る﹂とい
31
は港 湾 空 港 局 計 画 課 ☎321・
2
● 施 設 保 有 量を
﹁少 な く と も 今
年 間で
48
28
4
14
15
2
1
4
30
15
4
28
21 30
1
1
後
その他︑市 民 利 用 施 設の利 用
4
17
1
1
5
20
41
3
8
5
1
3
1
4
2
20
20
3
9
う市の方針には 割以上が賛同
8
公開された公共施設白書
▲
27
40
1
50
TOPICS
2
トピックス
平成27年3月1日
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
4 629 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content