close

Enter

Log in using OpenID

CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル

embedDownload
CKB-RZ/A1H
ハードウェア・マニュアル
(第 3 版)
Copyright (C)2014 (株)コンピューテックス
ご使用になる前に
このたびは CKB-RZ/A1H をお買い上げいただきありがとうございます。
CKB-RZ/A1H をご使用になる前にマニュアルをよくお読みいただき、正しくお使いください。
 本製品を輸出する(日本国外への持出含む)場合、またはソフトウェアを国内非居住者に提供する場合は外国為替及び外国貿易
法に従って必要な手続きをお取りください。
 本製品および付属のマニュアル、回路図、ソフトウェア等の一部、または全部を無断で使用することや、複製することはできません。
 本製品の内容、および仕様に関しては製品の信頼性、機能、設計の改良により将来予告なしに変更することがあります。
 COMPUTEX は、(株)コンピューテックスの登録商標です。
 その他本書で取り上げる会社名および製品名などは、一般に各メーカーの商標、または登録商標です。
ご使用上の注意事項
 本製品は一般的な組み込み用途に使用されることを意図して設計されており、機能および性能においてきわめて高い信頼性・安全
性が求められ、その故障や誤動作が直接人命に影響を与えたり危害をおよぼす恐れのある用途もしくは社会的に甚大な影響を与え
る恐れのある用途(軍事関連機器、原子力関連機器、航空・宇宙関連機器、交通関連機器、燃焼制御関連機器、医療関連機
器、発電制御用機器、海底機器、各種安全装置等)での使用を意図して設計、製造されたものではありません。上記用途に使用
されたことにより発生した損害等について、当社では一切責任を負いかねます。
 本製品に搭載されている部品の一部は、発熱により高温になる場合があります。周囲の環境や取り扱いによってはやけどの原因とな
る恐れがあります。本体の電源が入っている間、または電源切断後本体の温度が下がるまでの間は、基板上の電子部品、及びその
周辺部分には触れないでください。
 水、湿気、ほこり、油煙などの多い場所に設置しないでください。また、表示された正しい電源・電圧でお使いください。火災、故障、
感電などの原因となることがあります。
 本製品は、万全を期して出荷検査を行っておりますが、未実装部品のパターンについてはパターンショート、パターン切れがあっても保
証致しません。
保証について
本製品の保証内容、免責事項につきましては、当社 WEB サイトに掲載されている「製品保証規定」をご確認ください。
http://www.computex.co.jp/support/guarantee/index.htm
目次
第 1 章 はじめに ......................................................................................................... 1
1.1 はじめに ........................................................................................................................................................................ 1
1.2 特長 .............................................................................................................................................................................. 1
第 2 章 仕様............................................................................................................... 2
2.1
2.2
2.3
2.4
仕様概要 .................................................................................................................................................................... 2
外形仕様 .................................................................................................................................................................... 3
回路構成 .................................................................................................................................................................... 5
メモリマップ ................................................................................................................................................................... 6
2.4.1 外部バスメモリマップ................................................................................................................................... 6
第 3 章 機能............................................................................................................... 7
3.1 設定 .............................................................................................................................................................................. 7
3.1.1 ブートモードの設定 .................................................................................................................................... 7
3.1.2 SSCG 機能の設定 ................................................................................................................................... 7
3.1.3 GPIO 入力レベル切替 ............................................................................................................................. 8
3.2 リセット........................................................................................................................................................................... 9
3.3 LED .............................................................................................................................................................................10
3.3.1 POWER LED.............................................................................................................................................10
3.3.2 モニタ用 LED .............................................................................................................................................10
3.4 電源 ............................................................................................................................................................................11
3.4.1 電源回路構成 .........................................................................................................................................11
3.4.2 電源供給方法 .........................................................................................................................................12
3.4.3 外部への電源供給 .................................................................................................................................13
3.5 シリアルフラッシュメモリ ............................................................................................................................................14
3.6 SDRAM ......................................................................................................................................................................14
3.7 EEPROM ...................................................................................................................................................................15
3.8 シリアル・インターフェース .......................................................................................................................................15
3.8.1 SIO_CN .......................................................................................................................................................16
3.8.2 SIOEX_CN..................................................................................................................................................16
3.9 USB ホストインターフェース ...................................................................................................................................17
3.9.1 USB_CN ......................................................................................................................................................17
3.10 Ethernet インターフェース ...................................................................................................................................18
3.10.1 LAN_CN ....................................................................................................................................................18
3.11 microSD カードスロット .......................................................................................................................................19
3.11.1 microSD_CN ...........................................................................................................................................19
3.12 無線 LAN モジュール・インターフェース ...........................................................................................................20
3.12.1 WLAN_CN ................................................................................................................................................20
3.13 コンポジットビデオ・インターフェース ..................................................................................................................21
3.14 ディスプレイ・インターフェース ..............................................................................................................................22
3.14.1 LCD_CN....................................................................................................................................................23
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
3.15 カメラ・インターフェース .........................................................................................................................................24
3.15.1 接続方法 .................................................................................................................................................24
3.15.2 CAMERA_CN .........................................................................................................................................24
3.16 JTAG インターフェース .........................................................................................................................................25
3.16.1 DBG_CN ...................................................................................................................................................25
3.16.2 JTAG エミュレータを接続する ............................................................................................................25
3.17 拡張用端子...........................................................................................................................................................26
3.17.1 EXT1_CN .................................................................................................................................................26
3.17.2 EXT2_CN .................................................................................................................................................27
3.18 外形寸法................................................................................................................................................................28
第 4 章 関連製品 ...................................................................................................29
4.1 無線 LAN モジュール .............................................................................................................................................29
4.1.1 CM-J100....................................................................................................................................................29
4.2 ディスプレイ・モジュール ..........................................................................................................................................29
4.2.1 CKB-LCD-02...........................................................................................................................................29
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第1章 はじめに
1.1 はじめに
CKB シリーズは、産業機器向けの本格的な組込み製品としてラインナップするコンピューテックス製組み込みボードです。
CPU の各種インターフェースを搭載し、メモリは大容量サイズの ROM/RAM を搭載、ボードサイズはコンパクトで、試作機とし
ての評価はもちろん機器への組み込みに最適です。また、開発環境 Linux SDK(Software Development Kit)を用意しています
ので、スピーディーかつ低コストな開発をサポートします。
CKB シリーズは上記 SDK を含む Linux オプションをはじめ、IEEE802.11b/g/n 規格に対応した無線 LAN モジュール
CM-J100、タッチパネル付き LCD を搭載したディスプレイ・モジュール CKB-LCD-02 などのオプション製品を用意しています。
1.2 特長
 ルネサス エレクトロニクス製 ARM Cortex-A9 コア マイクロプロセッサ「RZ/A1H」を搭載
・ 各種ドキュメント(導入マニュアル、ハードウェア・マニュアル)付属
・ 回路図、部品表付属
・ 2 芯電源ケーブル付属
 開発環境の充実
・ Linux SDK (オプション)
 大容量メモリを搭載
・ シリアルフラッシュ - 16M バイト, SPI I/F, ブート ROM
・ SDRAM – 32M バイト, 16bit バス
・ EEPROM – 128 バイト, I2C バス
 各種インターフェースを搭載
・ UART (シリアル)
・ USB2.0 ホスト×2ch
・ Ethernet (10BASE-T / 100BASE-TX)
・ microSD
・ 無線 LAN モジュール
・ コンポジットビデオ (入力)
・ ディスプレイ・モジュール
・ JTAG
・ 拡張用端子(30 ピン/16 ピン)
 機能拡張の充実
・ 無線 LAN モジュール CM-J100 (SDIO I/F モデル)
・ ディスプレイ・モジュール CKB-LCD-02
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 1 章 はじめに 1
第2章 仕様
2.1 仕様概要
項目
CPU
クロック
シリアルフラッシュ
SDRAM
EEPROM
シリアル I/F
メモリ
USB ホスト I/F
Ethernet I/F
microSD カード I/F
無線 LAN モジュール I/F
コンポジットビデオ I/F
ディスプレイ I/F
カメラ I/F
JTAG I/F
拡張用端子
スイッチ
LED
外形寸法
電源
消費電流
使用環境
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
仕様
R7S721001VCBG (RZ/A1H)
・内蔵 RAM 10M バイト
・324 ピン BGA (19mm×19mm, 0.8mm ピッチ)
・コア電源:1.2V、I/O 電源:3.3V
・ブートモード:SPI シリアルフラッシュ / SD スイッチにより切替可
水晶発振子
・48MHz (CPU クロック)
・32.768KHz (リアルタイムクロック)
・27MHz (デジタルビデオデコーダ)
MX25L12835FZNI-10G (Macronix):16M バイト、SPI I/F
MT48LC16M16A2P-7E IT:G (MICRON):32M バイト、16bit バス
M24C01-RMN6TP (STMicro):1Kbit、I2C I/F
FIFO 内蔵シリアルコミュニケーションインターフェース機能 (調歩同期式シリアル通信) チャネル 0
D-sub 9pin コネクタ×1
RS-232C トランシーバ:MAX3232E (MAXIM)
USB ホストコントローラ機能 チャネル 0/1
USB2.0 Type-A コネクタ×1 (2 口)
イーサネットコントローラ機能
トランス内蔵 LAN コネクタ×1
PHY チップ:uPD60610 (ルネサス エレクトロニクス)
MAC アドレスは EEPROM に書き込まれています。貼付シールを参照してください。
MMC/SD ホストインターフェース機能 チャネル 0
microSD カードスロット×1
無線 LAN モジュール用インターフェース
SDIO I/F モデル CM-J100 接続用コネクタ
ビデオ入力 (VIDEO_IN)
RCJ コネクタ×1
オプション製品 CKB-LCD-02 接続用
40 極コネクタ×1 (フレキシブルフラットケーブル接続)
CPU のキャプチャエンジンユニット信号接続用端子
26 極コネクタ×1 (フレキシブルフラットケーブル接続)
20 ピンハーフピッチコネクタ×1
CPU 信号拡張用端子
・30 ピン端子 (コネクタ未実装)
・16 ピン端子 (コネクタ未実装)
・モードスイッチ (4 極)
・リセットスイッチ
Power(緑):5V、LED1(赤):P8_8、LED2(赤):P8_9
90.0mm×73.0mm (突起部分含まず)
DC5V ±5%
①DC ジャック:HEC3600-016110 (ホシデン)
②2 ピンコネクタ:B 2P-SHF-1AA (日本圧着端子)
400mA (本製品単体で使用した場合)
※周辺機器を接続した場合は異なります。
動作温度:-20℃~+70℃
動作湿度:10%~90%RH 結露なし
第 2 章 仕様 2
2.2 外形仕様
[3] SIO_CN
[2] USB_CN
[1] LAN_CN
[4] POWER
[16] DBG_CN
[5] PCN2
[6] PCN1
[7] SW2
[8] SW1
[9] WLAN_CN
[10] EXT2_CN
[15] EXT1_CN
[11] LED1
[12] LED2
[14] microSD_CN
[13] RCA1_CN
CKB-RZ/A1H TOP VIEW
[17] SIOEX_CN
[19] LCD_CN
[18] CAMERA_CN
CKB-RZ/A1H BOTTOM VIEW
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 2 章 仕様 3
 名称一覧
No.
名称
仕様
型番
メーカ
[1]
LAN_CN
LAN コネクタ
SI-60118-F
MAGJACK
[2]
USB_CN
USB ホストコネクタ
UBA-4RS-D14T-4D
JST
[3]
SIO_CN
シリアル I/F コネクタ
DELC-J9PAF-23L9E
JAE
[4]
POWER
POWER LED (緑)
TLGE1002
TOSHIBA
[5]
PCN2
2 芯電源ケーブル接続用コネクタ
B 2P-SHF-1AA
JST
[6]
PCN1
DC ジャック
HEC3600-016110
Hosiden
[7]
SW2
CPU リセット・スイッチ
CB3-S15FTP2
NKK
[8]
SW1
CPU モード・スイッチ
KHS42C
OTAX
[9]
WLAN_CN
無線 LAN モジュール接続用コネクタ
AXK630347YG
Panasonic
[10]
EXT2_CN
拡張用端子
[11]
LED1
モニタ用 LED (赤)
TLRE1002A
TOSHIBA
[12]
LED2
モニタ用 LED (赤)
TLRE1002A
TOSHIBA
[13]
RCA1_CN
コンポジットビデオ入力端子
RCJ-014
CUI INC
[14]
microSD_CN
microSD カードスロット
DM3AT-SF-PEJM5
HRS
[15]
EXT1_CN
拡張用端子
[16]
DBG_CN
デバッガ接続用コネクタ
[17]
SIOEX_CN
シリアル I/F 拡張端子
[18]
CAMERA_CN
カメラ接続用コネクタ
FH12A-26S-0.5SH(55)
HRS
[19]
LCD_CN
ディスプレイ・モジュール接続用コネクタ
FH12A-40S-0.5SH(55)
HRS
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
-
-
FTSH-110-01-F-DV
-
備考
未実装
未実装
SAMTEC
-
-
未実装
第 2 章 仕様 4
2.3 回路構成
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 2 章 仕様 5
2.4 メモリマップ
2.4.1 外部バスメモリマップ
Start Address
0x0000 0000
0x0400 0000
0x0800 0000
0x0C00 0000
0x1000 0000
0x1400 0000
0x1800 0000
0x2000 0000
0x2A00 0000
0x4000 0000
0x4400 0000
0x4800 0000
0x4C00 0000
0x5000 0000
0x5400 0000
0x5800 0000
End Address
0x03FF FFFF
0x07FF FFFF
0x0BFF FFFF
0x0FFF FFFF
0x13FF FFFF
0x17FF FFFF
0x1FFF FFFF
0x209F FFFF
0x3FFF FFFF
0x43FF FFFF
0x47FF FFFF
0x4BFF FFFF
0x4FFF FFFF
0x53FF FFFF
0x57FF FFFF
0xFFFF FFFF
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
Size
32MB
16MB
10MB
-
Memory Map
CS0
CS1
CS2
CS3
CS4
CS5
その他
その他
その他
CS0ミラー
CS1ミラー
CS2ミラー
CS3ミラー
CS4ミラー
CS5ミラー
その他
Memory
空き
空き
空き
SDRAM (16bit バス)
空き
空き
シリアルフラッシュメモリ
内蔵 RAM
空き
空き
第 2 章 仕様 6
第3章 機能
3.1 設定
本製品には、RZ/A1H のブートモードの設定スイッチがあります。使用するブートモードに合わせて設定します。
SW1
Note
スイッチを切り替える場合は、電源 OFF の状態で行ってください。
3.1.1 ブートモードの設定
RZ/A1H のブートモードを SW1(1)スイッチで設定します。
以下のモードをサポートします。
SW1(1)スイッチ
OFF
ON
ブートモード
ブートモード 3
(シリアルフラッシュブート)
ブートモード 4
(eSD ブート)
備考
出荷時設定
-
3.1.2 SSCG 機能の設定
RZ/A1H の SSCG 機能を SW1(2)スイッチで設定します。
SW1(2)スイッチ
OFF
ON
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
ブートモード
SSCG 機能 ON
SSCG 機能 OFF
備考
出荷時設定
第 3 章 機能 7
3.1.3 GPIO 入力レベル切替
SW1(3)スイッチと SW1(4)スイッチは GPIO への入力レベルを切り替えます。
SW1(3)スイッチ
OFF
ON
P0_4 端子
High
Low
備考
出荷時設定
SW1(4)スイッチ
OFF
ON
P0_5 端子
High
Low
備考
出荷時設定
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 3 章 機能 8
3.2 リセット
リセット動作は以下の 2 つがあります。
①
電源投入時のリセット動作
電源投入時に 3.3V (VCC33) 電源が電圧約 1.0V に達するとリセットが開始されます。 RES 端子は専用 IC
MAX6414UK22+T (MAXIM) により、約 270ms 間 Low パルスが出力されます。Low パルスが解除され High になると CPU
はパワーオンリセット処理を開始します。
②
リセットスイッチによるリセット動作
SW2
リセットスイッチ SW2 を押すと、 RES 端子は専用 IC により約 270ms+スイッチを押した長さの間 Low パルスが出力されま
す。Low パルスが解除され High になると CPU はパワーオンリセット処理を開始します。
タイムチャート
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 3 章 機能 9
3.3 LED
POWER LED
モニタ用 LED (LED1, LED2)
3.3.1 POWER LED
POWER LED (緑)は、DC5V 外部電源が入ると点灯します。
DC5V (VCC50) の状態
ON
OFF
POWER (D6)
点灯
消灯
3.3.2 モニタ用 LED
モニタ用として RZ/A1H の P8_8 端子に LED1 (赤) が、P8_9 端子に LED2 (赤) が接続されています。
P8_8、P8_9 の出力
High
Low
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
LED1 (D8)、LED2 (D7)
点灯
消灯
第 3 章 機能 10
3.4 電源
本製品は、DC5V 入力を必要とします。
3.4.1 電源回路構成
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 3 章 機能 11
3.4.2 電源供給方法
電源の供給方法は 3 通りあります。
PCN2
PCN1
EXT2_CN
EXT1_CN
①
DC ジャック PCN1 から電源を供給する
DC ジャック PCN1 から電源を供給する場合は、DC5V の AC アダプタを接続してください。
AC アダプタは、外径φ4.0mm、内径φ1.7mm のセンタープラスのものをご使用ください。
AC アダプタは、CKB-RZ/A1H Linux オプションに付属されるほか単体でも販売しています。
②
電源コネクタ PCN2 から電源を供給する
電源コネクタ PCN2 から電源を供給する場合は、付属の 2 芯電源ケーブルをご使用いただき、DC5V 電源を供給してくだ
さい。
No.
1
2
③
電源
GND
DC5V
拡張用端子から電源を供給する
拡張用端子 EXT1_CN から電源を供給する場合は、EXT1_CN の 1 ピンに DC5V、20 ピンと 29 ピンに GND を接続して電
源供給してください。
拡張用端子 EXT2_CN から電源を供給する場合は、EXT2_CN の 1 ピンに DC5V、15 ピンに GND を接続して電源供給し
てください。
Note
・3 通りのいずれかの方法で電源を供給してください。PCN1、PCN2、拡張端子から同時に電源を供給しないでください。
Note
消費電流は接続する周辺機器により異なります。「2.1 仕様概要」を参照し、余裕を持った電源を使用してください。
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 3 章 機能 12
3.4.3 外部への電源供給
拡張用端子などを介して本製品から+3.3V 電源を外部へ供給する場合は、以下の電流を超えないようにしてください。
電源
+3.3V (VCC33)
外部供給可能な電流
約 200mA (参考値)
Note
使用環境によって消費電流は異なりますので、上記の値は参考値としてお考えください。
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 3 章 機能 13
3.5 シリアルフラッシュメモリ
本製品には、16M バイトのシリアルフラッシュメモリを搭載しています。
シリアルフラッシュメモリは、CPU の SPI インターフェースに接続されています。
シリアルフラッシュメモリへの書き込み方法については、導入マニュアルを参照してください。
3.6 SDRAM
本製品には、32M バイト の SDRAM を搭載しています。
CPU に 16bit バスで接続されています。
カスタマイズについては、付属のマクロ・ファイル、または Linux オプションに付属のソースファイルを参照してください。
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 3 章 機能 14
3.7 EEPROM
本製品には、パラメータ保存用として 1Kbit の EEPROM を搭載しています。
ネットワーク設定の保存や各種パラメータの保存にご利用ください。
出荷時は、Ethernet 用の MAC アドレスが書き込まれています。このアドレスは当社が IEEE により取得したアドレスで、そのま
まご使用になれます。MAC アドレスを変更される場合には、お客様にて取得されたアドレスをご使用ください。
3.8 シリアル・インターフェース
本製品のシリアル・インターフェースは 1 ポート搭載し、シリアル・インターフェース・コネクタ (SIO_CN)と
拡張用端子(SIOEX_CN)を用意しています。
RZ/A1H のチャネル 0 を RS-232C トランシーバを介して、インターフェースに接続しています。
SIO_CN
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
SIOEX_CN
第 3 章 機能 15
3.8.1 SIO_CN
コネクタは、D-sub 9 ピン(オス)です。
No.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
機能
CD
RXD
TXD
DTR
GND
DSR
RTS
CTS
RI
接続先
N.C.
RXD0 / P2_15
TXD0 / P2_14
DSR (6 ピン) とパターンで接続
GND
DTR (4 ピン) とパターンで接続
CTS (8 ピン) とパターンで接続
RTS (7 ピン) とパターンで接続
N.C.
備考
RS-232C トランシーバを経由して RZ/A1H に接続しています。
RS-232C トランシーバを経由して RZ/A1H に接続しています。
3.8.2 SIOEX_CN
RS-232C トランシーバに接続した拡張用端子で、10 ピン 2.54mm ピッチのスルーホールです。コネクタは実装されていません。
SIO_CN の半田面側からご利用できます。
No.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
機能
N.C.
RXD
TXD
DTR
GND
DSR
RTS
CTS
N.C.
N.C.
接続先
RXD0 / P2_15
TXD0 / P2_14
SIO_CN の 4, 6 ピンに接続
GND
SIO_CN の 4, 6 ピンに接続
SIO_CN の 7, 8 ピンに接続
SIO_CN の 7, 8 ピンに接続
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
備考
RS-232C トランシーバを経由して RZ/A1H に接続しています。
RS-232C トランシーバを経由して RZ/A1H に接続しています。
第 3 章 機能 16
3.9 USB ホストインターフェース
本製品は、USB HOST を 2 ポート搭載しています。RZ/A1H の USB0 と USB1 コントローラを使用します。
それぞれ High-Speed / Full-Speed / Low-Speed をサポートしています。
USB_HCN
3.9.1 USB_CN
2 段式 USB Type-A コネクタです。
差込口
上段
下段
No.
機能
5
VBUSIN1
6
7
8
DM1
DP1
GND
1
VBUSIN0
2
3
4
DM0
DP0
GND
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
備考
RZ/A1H の P3_7 端子で制御します。
P3_7 = High のとき、VBUS に 5V が供給されます。
この時、ジャンパ JP1 をショートしてください。
USB1 通信ポート
RZ/A1H の P5_10 端子で制御します。
P5_10= High のとき、VBUS に 5V が供給されます。
USB0 通信ポート
第 3 章 機能 17
3.10 Ethernet インターフェース
本製品は、10/100BASE-TX 対応の Ethernet インターフェースを 1 ポート搭載しています。RZ/A1H の Ethernet コントローラ
を使用します。
LAN_CN
機能
ボード構成
コネクタ
MAC 層コントローラ
PHY 層コントローラ
通信速度(参考値)
仕様
10/100BASE-TX 1 ポート
RJ-45 8 ピン、LED×2 (MagJack)
CPU 内蔵コントローラ
uPD60610 (ルネサス エレクトロニクス)
送信:約 41Mbps、受信:約 56Mbps
※組み込み Linux で測定した実測値です。使用環境やソフトウェアによって変動します。
Ethernet を使って外部と通信を行う場合、MAC アドレスが必要になります。当社が用意した MAC アドレスは EEPROM に書き
込まれていますのでご利用ください。MAC アドレスは本製品に貼付されているシールをご確認ください。
3.10.1 LAN_CN
・ LINK LED(左)
LINK 発生時に点灯します。
・ ACTIV LED(右)
CKB Linux オプションによりボードがカスタマイズさ
れると点灯します。
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
No.
1
2
3
4
5
6
7
8
信号
TX+
TXRX+
RX-
第 3 章 機能 18
3.11
microSD カードスロット
本製品は、microSD カードスロットを 1 スロット搭載しています。
microSD_CN
3.11.1 microSD_CN
No.
1
2
3
4
5
6
7
8
A
B
信号名
SD_D2_0 / P4_15
SD_D3_0 / P4_14
SD_CMD_0 / P4_13
+3.3V (VCC33)
SD_CLK_0 / P4_12
GND
SD_D0_0 / P4_11
SD_D1_0 / P4_10
GND
SD_CD_0 / P4_8
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
備考
カード挿入時に Enable になります
Card Detect 用
Low=カード検出 / High=カード未検出
第 3 章 機能 19
3.12 無線 LAN モジュール・インターフェース
本製品は、コンピューテックス製 無線 LAN モジュール“CM-J100”を搭載することができます。
CM-J100 は、WLAN_CN コネクタに接続します。
WLAN_CN
無線 LAN モジュール
無線 LAN モジュール“CM-J100”については当社ホーム・ページを参照してください。
http://www.computex.co.jp/products/cm_j/
無線 LAN モジュール
外形寸法
制御仕様
CM-J100
22.0mm×32.0mm
SDIO
アンテナ
オンボード
外部
仕様
IEEE802.11b/g/n
国内技術基準適合認証済
CM-J100
3.12.1 WLAN_CN
No.
1
3
信号
+3.3V (VCC33)
+3.3V (VCC33)
入出力*1
備考
出力
無線 LAN モジュール
への供給電源
5
+3.3V (VCC33)
出力
CM-J100 の
リファレンス電源
7
9
11
SD_D3_1 / P3_14
SD_D2_1 / P3_15
SD_D1_1 / P3_10
入出力
入出力
入出力
13
SD_D0_1 / P3_11
入出力
15
17
19
SD_CMD_1 / P3_13
SD_CLK_1 / P3_12
Reserve
入出力
出力
-
21
P2_13
入力
23
P3_9
出力
25
27
29
Reserve
GND
GND
-
SDIO 信号
CM-J100 制御信号
WL_IRQ 機能
CM-J100 制御信号
WL_EN 機能
CM-J100 制御信号
No.
2
4
信号
RSPCK4 / P4_0
MOSI4 / P4_2
入出力*1
出力
出力
6
MISO4 / P4_3
入力
8
10
12
SSL40 / P4_1
N.C.
N.C.
出力
-
14
P8_12
出力
16
18
20
Reserve
N.C.
N.C.
-
22
N.C.
-
24
TXD5 / P8_13
出力
26
28
30
RXD5 / P8_11
CTS5 / P11_7
RTS5 / P11_8
入力
入力
出力
備考
SPI 信号
未使用
CMJ_RST 機能
CM-J100/CM-J200 をリセットする信号
シリアル信号
未使用
*1:入出力は CKB 基準です。
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 3 章 機能 20
3.13 コンポジットビデオ・インターフェース
本製品は、複合映像信号(CVBS)入力用ジャックを搭載しており、コンポジットビデオケーブルを接続できます。
RCA1_CN
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 3 章 機能 21
3.14 ディスプレイ・インターフェース
本製品は、当社製ディスプレイ・モジュールに接続する専用コネクタを搭載しています。
ディスプレイ・モジュールは、タッチパネル付き LCD を搭載した製品です。
LCD_CN
LCD_CN コネクタは、オプション製品のディスプレイ・モジュール(CKB-LCD)とフレキシブルフラットケーブル(FFC)で接続する
専用端子です。FFC は、0.5mm ピッチ、40 芯、端末部厚 0.3mm のものを使用します。コネクタは上接点タイプです。
ディスプレイ・モジュールの制御プログラムは CKB Linux オプションとして別途ご用意しています。
■ディスプレイ・モジュールと CKB ボードの接続イメージ
裏面
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 3 章 機能 22
3.14.1 LCD_CN
信号名
入出力*1
+5V (VCC50)
-
+3.3V (VCC33)
-
LCD0_DATA0 / P3_8
LCD0_DATA1 / P11_6
LCD0_DATA2 / P11_5
LCD0_DATA3 / P11_4
LCD0_DATA4 / P11_3
LCD0_DATA5 / P11_2
GND
LCD0_DATA6 / P11_1
LCD0_DATA7 / P11_0
LCD0_DATA8 / P10_15
LCD0_DATA9 / P10_14
LCD0_DATA10 / P10_13
LCD0_DATA11 / P10_12
LCD0_DATA12 / P4_4
LCD0_DATA13 / P4_5
LCD0_DATA14 / P4_6
LCD0_DATA15 / P4_7
LCD0_DATA16 / P5_0
LCD0_DATA17 / P5_1
GND
LCD0_CLK / P11_15
LCD0_TCON3 / P11_11
(STH/SP/HS)
LCD0_TCON4 / P11_10
(STVA/VS)
LCD0_TCON2 / P11_12
(DE)
LCD0_TCON1 / P11_13
(INT)
LCD0_TCON0 / P11_14
(RST)
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
34
35
36
37
38
39
40
No.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
備 考
パネル用映像データバス
パネル用映像データバス
パネル用映像データバス
LCD pixel CLOCK
出力
LCD horizontal sync
出力
LCD vertical sync
出力
LCD AC bias enable chip select
入力
タッチパネル操作割り込み信号
入力
リセット信号
P8_10
出力
LCD バックライトパワーイネーブル信号
High = Enable, Low = Disable
GND
GND
RIIC1SDA / P1_3
RIIC1SCL / P1_2
GND
入出力
出力
-
I2C 信号
タッチパネル制御に使用
*1:入出力は CKB 基準です。
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 3 章 機能 23
3.15 カメラ・インターフェース
本製品は、カメラ・モジュールを接続する専用コネクタを搭載しています。
CPU のキャプチャエンジンユニット(CEU)機能により、カメラからのデータを取得する構成です。
カメラ・モジュールを接続する場合にご利用ください。
3.15.1 接続方法
CAMERA_CN コネクタにフレキシブルフラットケーブル(FFC)で接続します。
FFC は、0.5mm ピッチ、26 芯、端末部厚 0.3mm のものをご使用ください。
CAMERA_CN コネクタは上接点タイプです。
3.15.2 CAMERA_CN
No.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
信号名
+5V (VCC50)
+3.3V (VCC33)
VIO_CLK / P10_0
N.C.
VIO_D0 / P2_0
VIO_D1 / P2_1
VIO_D2 / P2_2
VIO_D3 / P2_3
VIO_D4 / P2_4
VIO_D5 / P2_5
VIO_D6 / P2_6
VIO_D7 / P2_7
N.C.
N.C.
N.C.
N.C.
VIO_FLD / P1_12
N.C.
VIO_HD / P10_2
VIO_VD / P10_1
CAMERA_CLK (24MHz)
GND
P11_9 ( CAM_EN )
RIIC1SDA / P1_3
RIIC1SCL / P1_2
GND
入出力*1
入力
入力
入力
入力
入力
入力
入力
入力
入力
入力
入力
入力
出力
出力
入出力
出力
-
備 考
CEU 用入力クロック
CEU 用データバス
フィールド信号
未使用
CEU 用水平同期
CEU 用垂直同期
24MHz クロック
カメライネーブル用信号
I2C 用データ
I2C 用クロック
*1:入出力は CKB 基準です。
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 3 章 機能 24
3.16 JTAG インターフェース
本製品は、JTAG インターフェースコネクタを搭載しています。コネクタには 20 ピンハーフピッチコネクタを搭載しています。
DBG_CN
当社デバッガ PALMiCE3 でご使用の際は、専用の変換プローブ「SWJ-PRB-MIL20-20HP」が必要です。
PALMiCE3 との接続
3.16.1 DBG_CN
No.
1
3
5
7
9
11
13
15
17
19
信号名
+3.3V (VCC33)
GND
GND
N.C.
GND
GND
GND
GND
GND
GND
入出力*1
出力
-
No.
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20
信号名
TMS
TCK
TDO
TDI
RESET
N.C.
N.C.
TRST
N.C.
N.C.
入出力*1
入力
入力
出力
入力
出力
入力
-
*1: 入出力は CKB 基準です。
3.16.2 JTAG エミュレータを接続する
CPU の TRST 信号は、CPU の仕様に合わせてプルダウン処理しています。
このとき、当社 PALMiCE3 以外の JTAG エミュレータでは動作しないことがあります。
その場合は TRST 信号をプルアップ処理する必要があり、ジャンパ/TRST(JP3)のヘッダを以下のように変更してください。
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 3 章 機能 25
3.17 拡張用端子
本製品は、CPU 信号の一部を拡張用端子 EXT1_CN (30 ピン) と EXT2_CN (16 ピン) に引き出しています。拡張接続される場
合にご利用ください。拡張用端子は 2.54mm ピッチのスルーホールです。
EXT2_CN
EXT1_CN
3.17.1 EXT1_CN
No
端子名
信号名
1
2
VCC50
VCC33
3
D1
4
D0
5
D3
6
D2
7
D5
8
D4
9
10
11
12
D7
D6
/CS2_P5_8
A2
13
/X_WE0
14
15
16
A3
/X_RD
A4
17
TIOC3C_P8_12
25
SCL3_P1_6
26
SSISCK0_P2_8
27
SDA3_P1_7
28
SSIWS0_P2_9
29
GND
+5V (VCC50)
+3.3V (VCC33)
P6_1 / D1 / LCD1_DATA9 / RLIN30TX / IRQ4 / TIOC1B / SSIDATA4 /
TxD3/ DV0_DATA17
P6_0 / D0 / LCD1_DATA8 / RLIN30RX / DV0_CLK / TIOC1A / IRQ5 / RxD3
/ DV0_DATA16
P6_3 / D3 / LCD1_DATA11 / RLIN31TX / IRQ2 / CTS5 / TIOC2B / TxD2/
DV0_DATA19
P6_2 / D2 / LCD1_DATA10 / RLIN31RX / IRQ7 / TCLKA / TIOC2A / RxD2
/ DV0_DATA18
P6_5 / D5 / LCD1_DATA13 / CAN2TX / SCK5 / SSL10 / DV0_DATA21
P6_4 / D4 / LCD1_DATA12 / CAN2RX / IRQ3 / RTS5 /
RSPCK1/DV0_DATA20
P6_7 / D7 / LCD1_DATA15 / LCD0_TCON6 / RxD5 / MISO1 / DV0_DATA23
P6_6 / D6 / LCD1_DATA14 / LCD0_TCON5 / TxD5 / MOSI1 / DV0_DATA22
P5_8 / LCD0_EXTCLK / IRQ0 / DV1_CLK / DV0_CLK / CS2
P7_10 / A2 / SSIRxD3 / ET_RXD1 / CAN1TX / TIOC3C / IRQ2
P7_6 / WE0 / DQMLL / DV0_DATA22 / ET_TXD2 / CTS7 / SSIWS2 /
TIOC2A
P7_11 / A3 / SSITxD3 / ET_RXD2 / CAN1RX / TIOC3D / IRQ3
P7_8 / RD / SSISCK3 / CAN0RX / TIOC3A / IRQ1
P7_12 / A4 / SSISCK4 / ET_RXD3 / TIOC4A / IRQ4
P8_12 / A20 / SPBCLK_1 / TIOC3C / SCK5 / PWM1E / SGOUT_2 /
SSISCK4
P7_13 / A5 / SSIWS4 / ET_MDIO / TIOC4B / IRQ5
P2_12 / D28 / RSPCK0 / DV0_DATA12 / SPBIO01_0 / CAN3RX / IRQ6 /
LCD1_DATA12 / TIOC1B
GND
P2_11 / D27 / ET_RXD3 / DV0_DATA11 / SSITxD0 / TIOC1A /
LCD1_DATA11 / VIO_D11 / MISO4
+3.3V (VCC33)
P2_10 / D26 / ET_RXD2 / DV0_DATA10 / SSIRxD0 / RLIN30TX /
LCD1_DATA10 / VIO_D10 / MOSI4
P3_1 / LCD0_TCON0 / ET_TXER / IRQ6 / TxD2 / SCI_TXD1 / AUDIO_CLK /
PWM2B / SSL30
P1_6 / RIIC3SCL / DV1_VSYNC / IERxD / IRQ6 / VIO_D12 / DV0_DATA12
P2_8 / D24 / ET_RXD0 / DV0_DATA8 / SSISCK0 / LCD0_TCON6 /
LCD1_DATA8 / VIO_D8 / RSPCD4
P1_7 / RIIC3SDA / DV1_HSYNC / RLIN30RX / IRQ7 / VIO_D13 /
DV0_DATA13
P2_9 / D25 / ET_RXD1 / DV0_DATA9 / SSIWS0 / RLIN30RX / LCD1_DATA9
/ VIO_D9 / SSL40
GND
30
/RES
RES
18
A5
19
P2_12_IRQ6
20
GND
21
SSITXD0_P2_11
22
VCC33
23
SSIRXD0_P2_10
24
MCK
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
信号
-
CKB 上の機能
機能
-
端子処理
-
D1
SDRAM
22Ω経由
D0
SDRAM
22Ω経由
D3
SDRAM
22Ω経由
D2
SDRAM
22Ω経由
D5
SDRAM
22Ω経由
D4
SDRAM
22Ω経由
D7
D6
A2
WE0 /
DQMLL
A3
A4
SDRAM
SDRAM
SDRAM
22Ω経由
22Ω経由
-
SDRAM
22Ω経由
SDRAM
SDRAM
22Ω経由
-
P8_12
WLAN_CN
-
A5
SDRAM
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
4.7KPU
-
-
-
-
-
4.7KPU
-
-
-
-
Ethernet PHY
DBG_CN
EXT2_CN
-
RES
10KPU
第 3 章 機能 26
* : [CKB 上の機能]について
1) 「-」はボード上では使用していない信号です。
2) 「SDRAM」は CS3 エリアを使用しています。
3) 「WLAN_CN」は無線 LAN モジュールをご使用の際に使用する信号です。
4) 「DBG_CN」は JTAG デバッガをご使用の際に使用する信号です。
5) 「Ethernet PHY」は Ethernet をご使用の際に使用する信号です。
6) 「EXT2_CN」は EXT2_CN 拡張コネクタにも接続されている信号です。
* : [端子処理]について
1) 「-」はボード上では端子処理していない信号です。
2) 「4.7KPU」は 4.7KΩ抵抗でプルアップ処理を行っている信号です。「PU」はプルアップ、「PD」はプルダウンを表します。
Note
拡張ボードに+3.3V 電源を供給する場合は、200mA 以内でご使用ください。
3.17.2 EXT2_CN
No
端子名
1
VCC50
2
VCC33
3
AVCC33
RSPCK2_P8_14
4
信号名
CKB 上の機能
端子処理
信号
機能
+5V (VCC50)
-
-
-
+3.3V (VCC33)
-
-
-
+3.3V (AVCC33)
-
-
-
P8_14 / A22 / SPBIO01_0 / SPBIO00_1 / TIOC2A / RSPCK2 / PWM1G /
TxD4 / SSIDATA4
-
-
22Ω経由
100Ω経由
5
AN0
P1_8 / AN0 / IRQ2 / DREQ0 / VIO_D14 / DV0_DATA14
-
-
6
SSL20_P8_15
P8_15 / A23 / SPBIO11_0 / SPBIO10_1 / TIOC2B / SSL20 / PWM1H / RxD4
-
-
-
7
AN1
P1_9 / AN1 / IRQ3 / VIO_D15 / DV0_DATA15
-
-
100Ω経由
8
MOSI2_P9_0
P9_0 / A24 / SPBIO21_0 / CAN0TX / TCLKC / MOSI2
-
-
-
9
AN2
P1_10 / AN2 / IRQ4 / TCLKB
-
-
100Ω経由
10
MISO2_P9_1
P9_1 / A25 / SPBIO31_0 / CAN0RX / IRQ0 / MISO2
-
-
-
11
AN3
P1_11 / AN3 / IRQ5 / TCLKD
-
-
100Ω経由
12
/RES
RES
Ethernet PHY
DBG_CN
EXT1_CN
100Ω経由
10KPU
13
AN5
P1_13 / AN5 / DV0_HSYNC / WAIT
-
-
100Ω経由
0.1μF 経由
75PD
14
VIN1B
VIN1B
-
-
15
GND
GND
-
-
-
-
0.1μF 経由
75PD
16
VIN2B
VIN2B
-
* : [CKB 上の機能]について
1) 「-」はボード上では使用していない信号です。
2) 「DBG_CN」は JTAG デバッガをご使用の際に使用する信号です。
3) 「Ethernet PHY」は Ethernet をご使用の際に使用する信号です。
4) 「EXT1_CN」は EXT1_CN 拡張コネクタにも接続されている信号です。
* : [端子処理]について
1) 「-」はボード上では端子処理していない信号です。
2) 「10KPU」は 10KΩ抵抗でプルアップ処理を行っている信号です。「PU」はプルアップ、「PD」はプルダウンを表します。
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 3 章 機能 27
3.18 外形寸法
単位(mm)
Info.
コネクタの赤色端子および赤色三角マークは各コネクタの 1 ピンを示しています。
Note
φ3.5×4、φ2.2×8 はターゲット・システムや筐体に取り付けるための取り付け穴です。これらはフレーム接地用としてお
使いください。
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 3 章 機能 28
第4章 関連製品
4.1 無線 LAN モジュール
無線 LAN モジュール外観
(写真は CM-J100)
4.1.1 CM-J100
SDIO I/F 仕様の無線 LAN モジュールです。
・ IEEE802.11b/g/n 準拠
・ 国内技術基準適合認証済み
・ 寸法:22.0mm×32.0mm
チップアンテナを搭載したオンボードモデルと外部アンテナを接続可能なモデルの 2 モデルを用意しています。
4.2 ディスプレイ・モジュール
4.2.1 CKB-LCD-02
CKB シリーズ専用のディスプレイ・モジュールです。
タッチパネル付 LCD を搭載したボードです。
LCD 仕様:7.0 インチ、800(H)×480(V) pixels
CKB-LCD-02 外観
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
第 4 章 関連製品 29
CKB-RZ/A1H
ハードウェア・マニュアル 変更履歴
日付
2014-02
2014-06
2014-07
版
1
2
3
内容
初版
誤記訂正
・ハードウェアレビジョン「Rev0-A」の内容に更新
「3.15 カメラ・インターフェース」
・ CKB-LCD-02 対応に伴う更新
「3.13 ディスプレイ・インターフェース」
「4.2 ディスプレイ・モジュール」
・説明の追加
「3.17.1 EXT1_CN」
「3.17.2 EXT2_CN」
・ 誤記訂正
CKB-RZ/A1H
技術的なお問い合わせについて
CKB-RZ/A1H に関する技術的なお問い合わせについては、当社ホーム・ページ( http://www.computex.co.jp/ )内、サポート
ページの「技術的なお問い合わせ」に掲載されているご質問用紙にご記入の上、E-mail 又は FAX にてテクニカルセンタまでお
送りください。
ご質問用紙に「サポート番号がお問い合わせの際に必要」とありますが、本製品のお問い合わせの際にはサポート番号は不要
です。
株式会社コンピューテックス テクニカルセンタ
E-mail : [email protected]
FAX :
075-551-2585
株式会社コンピューテックス
本社
〒605-0846 京都市東山区五条橋東 4-432-13 對嵐坊ビル
TEL:075-551-0528(代) FAX:075-551-2585
東京営業所
TEL:03-5753-9911(代) FAX:03-5753-9917
テクニカルセンタ
TEL:075-551-0373 FAX:075-551-2585
CKB-RZ/A1H ハードウェア・マニュアル
2014 年 7 月 第 3 版
CM1517(C)1407
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
1 443 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content