close

Enter

Log in using OpenID

2.6.1 緒言 2.6.1.1 名称及び化学構造式 2.6.1.2 MDV3100 の薬理作用

embedDownload
2.6.1
緒言
MDV3100
2.6.1
2.6.1.1
緒言
名称及び化学構造式
MDV3100 の名称及び化学構造式は以下のとおりである。
一般名:INN
JAN
enzalutamide(r-INN: WHO Drug Information 2013 年 27 巻 1 号 r-INN: List 69 p.56)
(日本名)エンザルタミド,(英名)Enzalutamide
化学名:4-{3-[4-cyano-3-(trifluoromethyl)phenyl]-5,5-dimethyl-4-oxo-2-sulfanylideneimidazolidin-1yl}-2-fluoro-N-methylbenzamide
構造式:
分子式:C21H16F4N4O2S
分子量:464.44
2.6.1.2
MDV3100 の薬理作用
MDV3100 は,アンドロゲン受容体(AR)アゴニスト活性を持たない,経口投与可能な AR シ
グナル伝達阻害薬である。MDV3100 は,AR へのアンドロゲンの結合を競合的に阻害し,AR の
過剰発現下及び既存の抗アンドロゲン薬に抵抗性を示す前立腺癌細胞において,AR の核内移行及
び AR とその下流遺伝子との結合を阻害する。また,MDV3100 は,AR 依存性の遺伝子発現を阻
害し,前立腺癌細胞の増殖を抑制するとともに,前立腺癌細胞の細胞死及び腫瘍退縮作用を示す。
2.6.1.3
効能・効果
前立腺癌
2.6.1.4
用法・用量
通常,成人にはエンザルタミドとして 160 mg を 1 日 1 回経口投与する。
/
アステラス製薬
1
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
目次
2.6.2
薬理試験の概要文 .........................................................................................................4
2.6.2.1
まとめ.........................................................................................................................6
2.6.2.1.1
効力を裏付ける試験 ................................................................................................6
2.6.2.1.2
副次的薬理試験........................................................................................................8
2.6.2.1.3
安全性薬理試験......................................................................................................10
2.6.2.1.4
結論 ........................................................................................................................11
2.6.2.2
効力を裏付ける試験.................................................................................................11
2.6.2.2.1
MDV3100 による AR リガンド結合部位へのアンドロゲン結合の阻害................12
2.6.2.2.2
MDV3100 による AR 核内移行阻害作用 ...............................................................13
2.6.2.2.3
MDV3100 による AR とその下流遺伝子との結合阻害作用 ..................................15
2.6.2.2.4
MDV3100 による AR 依存性転写活性阻害作用,癌細胞増殖阻害作用,細胞死
誘導作用及び腫瘍退縮作用 ...................................................................................17
2.6.2.2.5
MDV3100 のアゴニスト活性 .................................................................................25
2.6.2.2.6
代謝物の効力を裏付ける薬理作用.........................................................................28
2.6.2.3
副次的薬理試験 ........................................................................................................30
2.6.2.3.1
MDV3100 の副次的薬理作用 .................................................................................31
2.6.2.3.2
代謝物の副次的薬理作用 .......................................................................................33
2.6.2.4
安全性薬理試験 ........................................................................................................34
2.6.2.4.1
中枢神経系に及ぼす影響 .......................................................................................36
2.6.2.4.2
呼吸系に及ぼす影響 ..............................................................................................40
2.6.2.4.3
心血管系に及ぼす影響...........................................................................................41
2.6.2.5
薬力学的薬物相互作用試験 ......................................................................................42
2.6.2.6
考察及び結論............................................................................................................42
2.6.2.7
図表 ..........................................................................................................................43
2.6.2.8
参考文献 ...................................................................................................................43
図表一覧
表 2.6.2-1
略号及び用語の定義一覧 ...............................................................................4
表 2.6.2-2
去勢抵抗性前立腺癌患者血漿中最大非結合型濃度の予測値のまとめ ..........9
/
アステラス製薬
1
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
表 2.6.2-3
副次的薬理試験で得られた結果のまとめ....................................................10
表 2.6.2.2-1
MDV3100 の効力を裏付ける試験に使用した前立腺癌細胞........................12
表 2.6.2.2.1-1
MDV3100,ビカルタミド及びヒドロキシフルタミドのヒト野生型 AR
に対する結合親和性.....................................................................................13
表 2.6.2.2.1-2
ヒト変異型 AR に対する MDV3100 の結合親和性......................................13
図 2.6.2.2.2-1
MDV3100 による AR 核内移行阻害作用の 1 例 ..........................................14
表 2.6.2.2.2-1
AR の核内移行に対する MDV3100 の阻害作用 ..........................................15
図 2.6.2.2.3-1
MDV3100 による AR とその下流遺伝子との結合阻害作用(AR アゴニスト
の存在下及び非存在下) .............................................................................16
図 2.6.2.2.3-2
VP16-AR ルシフェラーゼレポーターアッセイにおける,MDV3100
による AR 核内移行下流シグナル阻害作用.................................................17
図 2.6.2.2.4.1-1
LNCaP/AR 細胞における MDV3100 の AR 依存性遺伝子発現阻害作用 ....18
図 2.6.2.2.4.2-1
MDV3100 による前立腺癌細胞 VCaP 増殖抑制作用 ..................................19
図 2.6.2.2.4.2-2
前立腺癌細胞 LNCaP 及び W741C-LNCaP における DHT による細胞増殖
に対する MDV3100,ビカルタミド及びヒドロキシフルタミドの阻害作用
.....................................................................................................................20
図 2.6.2.2.4.2-3
ヒト前立腺癌細胞 VCaP における MDV3100 による細胞死誘導
(PARP 断片化).........................................................................................21
図 2.6.2.2.4.2-4
ヒト前立腺癌細胞 LNCaP/AR における MDV3100 による細胞死誘導
(カスパーゼ-3 断片化).............................................................................21
図 2.6.2.2.4.3-1
去勢抵抗性前立腺癌 LNCaP/AR 担癌マウスモデルにおける MDV3100 の
腫瘍退縮作用................................................................................................22
表 2.6.2.2.4.3-1
去勢抵抗性前立腺癌 LNCaP/AR 担癌マウスにおける MDV3100 の
腫瘍退縮作用................................................................................................23
図 2.6.2.2.4.3-2
LNCaP/AR 担癌マウスにおける MDV3100 投与による体重増加作用........24
図 2.6.2.2.4.3-3
LNCaP/AR 担癌マウスにおける MDV3100 投与による Ki-67 染色
抑制作用.......................................................................................................24
表 2.6.2.2.5-1
AR 核内移行に対する MDV3100 及びビカルタミドのアゴニスト活性
についての定量的評価 .................................................................................25
図 2.6.2.2.5-1
AR 核内移行評価系における MDV3100 及び抗アンドロゲン薬の作用......26
図 2.6.2.2.5-2
AR と AR コアクチベータ蛋白との結合に対する MDV3100,DHT,
ビカルタミド及び RD162 の作用 ................................................................27
表 2.6.2.2.6-1
LNCaP 細胞におけるヒトアンドロゲン受容体に対する MDV3100 代謝物
の結合親和性................................................................................................28
図 2.6.2.2.6-1
アンドロゲン受容体核内移行に対する MDV3100 代謝物 M1,M2,M3
及び M4 の阻害作用 .....................................................................................29
2
MDV3100
表 2.6.2.2.6-2
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100 と代謝物 M2 の in vitro 薬効を裏付ける試験結果のまとめ:
AR に対する結合親和性及び AR 核内移行阻害作用 ...................................29
表 2.6.2.3-1
副次的薬理作用として評価した各種受容体,チャネル,トランスポー
ター,酵素 ...................................................................................................31
表 2.6.2.3.1-1
MDV3100 の特異性についての試験結果.....................................................32
表 2.6.2.3.2-1
MDV3100 代謝物の特異性についての試験結果 ..........................................34
表 2.6.2.4-1
MDV3100 安全性薬理試験...........................................................................35
表 2.6.2.4.1.2-1
MDV3100 の痙攣誘発性に関する in vivo 非臨床試験 .................................36
表 2.6.2.4.1.2-2
マウス単回投与時 a の MDV3100 の Cmax 及び AUC24h ...............................37
表 2.6.2.4.1.2-3
マウス単回投与時 a の M2 の Cmax 及び AUC24h ..........................................38
表 2.6.2.4.1.2-4
雄性マウスの痙攣に関する用量依存性 a .....................................................39
表 2.6.2.4.1.2-5
MDV3100 投与により痙攣の認められた最低投与量での MDV3100 の
血漿中薬物濃度(各群各性の平均値) .......................................................40
3
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
2.6.2
薬理試験の概要文
本項で使用した略号及び用語の定義一覧を表 2.6.2-1 に示す。
表 2.6.2-1
略号及び用語の定義一覧
略号及び用語
定義
AR
Androgen Receptor(アンドロゲン受容体)
AUC
Area Under the Curve(血漿中濃度-時間曲線下面積)
AUC24h
0 時間から 24 時間までの血漿中濃度-時間曲線下面積
AUC168h
0 時間から 168 時間までの血漿中濃度-時間曲線下面積
Bic
Bicalutamide(ビカルタミド)
β-gal
Beta-Galactosidase(ベータガラクトシダーゼ)
CHO
Chinese Hamster Ovary(チャイニーズハムスター卵巣)
Cmax
Maximum Plasma Concentration(最高血漿中濃度)
COS-1
アフリカミドリザル腎臓由来細胞
CSS
Charcoal-Stripped Serum(チャコール処理血清)
DHT
Dihydrotestosterone(ジヒドロテストステロン)
FBS
Fetal Bovine Serum(ウシ胎仔血清)
FOB
Functional Observational Battery(機能観察総合評価法)
GABA
Gamma Aminobutyric Acid(ガンマアミノ酪酸)
GLP
Good Laboratory Practice(医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施
基準)
GnRH
Gonadotropin Releasing Hormone(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)
HEK293
Human Embryonic Kidney 293(ヒト胎児腎臓由来細胞)
hERG
Human Ether-a-Go-Go-Related Gene(ヒト ether-a-go-go 関連遺伝子)
IC50
Concentration Required for 50% Inhibition(50%阻害濃度)
Ki
Inhibition Constant(阻害定数)
LNCaP
Human prostate cancer cells which express T877A-mutated AR(ヒト前立
腺癌の転移巣から樹立されたヒト前立腺癌細胞株,発現している AR
は T877A 変異型)
LNCaP/AR
Human prostate cancer LNCaP cells in which wild type ARs are
transfected(野生型アンドロゲン受容体を強制発現させたヒト前立腺
癌細胞株 LNCaP,去勢抵抗性前立腺癌のモデルとして使用)
M1
Major Human Metabolite (Inactive) MDPC0001(ヒト主要代謝物(非活
性)
,MDPC0001,MDV3100 カルボン酸体)
M2
Major Human Metabolite (Active) MDPC0002(ヒト主要代謝物(活性),
MDPC0002,MDV3100 N-脱メチル体)
4
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
M3
Metabolite MDPC0003(代謝物 MDPC0003,M4 N-脱メチル体)
M4
Metabolite MDPC0004(代謝物 MDPC0004,MDV3100 ヒダントイン
体)
M5
Metabolite MDV3105(代謝物 MDV3105,M4 カルボン酸体)
M6
Metabolite MDV3106(代謝物 MDV3106,MDV3100 水酸化体)
M7
Metabolite MDPC196(代謝物 MDPC196,MDV3100 シアノ水和体)
M9
M2 シアノ水和体,M7 N-脱メチル体
M10
M1 シアノ水和体,M7 カルボン酸体,M9 カルボン酸体
M11
Metabolite MDPC197(代謝物 MDPC197,M1 グルクロン酸抱合体)
M12
Metabolite MDPC198(代謝物 MDPC198,M5 グルクロン酸抱合体)
M13
Metabolite MDPC200(代謝物 MDPC200,MDV3100 N-メチル-S-グル
タチオン抱合体)
M14
MDV3100 N-メチル-S-システイニルグリシン
M15
MDV3100 N-メチル-S-システイン
M16
MDV3100 N-メチル-S-アセチルシステイン
M17
M5 タウリン抱合体
mRNA
Messenger Ribonucleic Acid(メッセンジャーRNA)
PARP
Poly Adenosine Diphosphate-Ribose Polymerase(ポリアデノシン二リン
酸リボースポリメラーゼ)
PSA
Prostate-Specific Antigen(前立腺特異抗原)
R-1881
Methyltrienolone(メチルトリエノロン)
RLU
Relative Light Unit(相対的発光量)
QTc
corrected QT(補正 QT 間隔)
SCID
Severe Combined Immunodeficiency(重度複合免疫不全)
TBPS
t-butylbicyclophosphorothionate
t1/2
Elimination Half-Life(消失半減期)
TMPRSS2
Transmembrane Protease, Serine 2(膜貫通プロテアーゼ,セリン 2 型)
tmax
Time to Maximum Drug Concentration(最高薬物濃度到達時間)
VCaP
Human prostate cancer cell line which overexpresses wild type AR(野生
型アンドロゲン受容体を過剰発現するヒト前立腺癌細胞株,去勢抵
抗性前立腺癌のモデルとして使用)
VP16-AR, Cos-7
Cos-7 細胞に導入したアンドロゲン依存性化学発光レポーター遺伝
子を VP16-AR によって活性化させる系,VP16-AR 融合蛋白はアン
ドロゲン非依存的に核内に移行する
W741C-LNCaP
Human prostate cancer LNCaP cells in which W741C-mutated ARs are
transfected(W741C 変異アンドロゲン受容体を導入したヒト前立腺癌
細胞株 LNCaP,去勢抵抗性前立腺癌のモデルとして使用)
YFP
Yellow Fluorescent Protein(黄色蛍光蛋白質)
5
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
2.6.2.1
まとめ
MDV3100 は,アンドロゲン受容体(AR)アゴニスト活性を持たない AR シグナル伝達阻害薬
であり,去勢療法及び既存の抗アンドロゲン薬治療に対して抵抗性を示す進行性前立腺癌患者に
対して有効性を示すと考えられる新規の経口投与可能な化合物である。MDV3100 は,AR へのア
ンドロゲンの結合を競合的に阻害し,AR の過剰発現下及び既存の抗アンドロゲン薬に抵抗性を示
す前立腺癌細胞において AR の核内移行及び AR とその下流遺伝子との結合を阻害した。また,
MDV3100 は,AR 依存性の遺伝子発現を阻害し,前立腺癌細胞の増殖を抑制するとともに,前立
腺癌細胞の細胞死を誘導した。去勢抵抗性前立腺癌担癌モデルにおいては,腫瘍退縮作用を示し
た。更に,MDV3100 が AR アゴニスト活性を持っていないことが示された。ヒト主要代謝物であ
る M2 は,AR 結合親和性及び AR 核内移行阻害作用において,MDV3100 と同等の活性を示した
が,もう一つのヒト主要代謝物である M1 は MDV3100 様の薬理活性を示さなかった。
MDV3100 及び M2 は GABA 開口性クロライドチャネルに結合し,阻害作用を示した。安全性
薬理試験において高用量の MDV3100 をマウスに投与した際に認められた用量依存的な痙攣誘発
作用は,MDV3100 及び M2 の GABA 開口性クロライドチャネル阻害作用に起因する可能性が推
察された。安全性薬理試験においてはそれ以外に中枢神経系,呼吸系,心血管系に対する作用は
認められなかった。
薬理試験の概要文及び概要表は,効力を裏付ける試験(2.6.2.2)
,副次的薬理試験(2.6.2.3)
,安
全性薬理試験(2.6.2.4)及び薬理試験概要表(2.6.3)により構成される。
2.6.2.1.1 効力を裏付ける試験
In vitro 及び in vivo 非臨床薬効薬理試験において,MDV3100 の AR シグナル伝達経路に対する
阻害作用並びに AR 依存性前立腺癌細胞増殖阻害作用,細胞死誘導作用及び腫瘍退縮作用を評価
した(2.6.2.2 効力を裏付ける試験)
。去勢抵抗性及び既存抗アンドロゲン薬抵抗性前立腺癌細胞
として,LNCaP/AR,VCaP 及び W741C-LNCaP を用いた。
AR へのアンドロゲン結合阻害作用
AR に対する MDV3100 の結合は in vitro 結合実験により評価した(2.6.2.2.1 MDV3100 による AR
リガンド結合部位へのアンドロゲン結合の阻害)
。MDV3100 は野生型 AR(野生型 AR 発現 COS-1
]の結合を阻害し,
細胞より調製)に対する放射性リガンド[[3H]dihydrotestosterone([3H]DHT)
その Ki 値は 0.038 μmol/L(0.018 μg/mL)であった。また,変異型 AR(LNCaP より調製)に対す
る放射性リガンド[[3H]メチルトリエノロン([3H]R-1881)]の結合も同様に阻害し,その IC50 値
は 0.060 μmol/L(0.028 μg/mL)であった。更に,MDV3100 は,AR のリガンド結合ドメインに対
して,合成 AR アゴニストである R-1881 と競合的に結合することが示された。
6
MDV3100
2.6.2
薬理試験の概要文
AR 核内移行阻害作用
MDV3100 の AR 核内移行阻害作用の評価には,AR と蛍光蛋白との融合蛋白を用いた定性的な
方法及び,ベータガラクトシダーゼ(β-gal)酵素断片コンプリメンテーションアッセイを用いた
定量的な方法を用いた(2.6.2.2.2 MDV3100 による AR 核内移行阻害作用)
。本評価は,AR アゴニ
ストの存在下で実施した。その結果,蛍光蛋白を用いた評価系において,MDV3100 は DHT によ
る AR 核内移行を阻害した。
定量的な β-gal 酵素断片コンプリメンテーションアッセイにおいても,
MDV3100 は AR アゴニスト(ノルゲステロール)による AR 核内移行を阻害し,その IC50 値は
1.88 μmol/L(0.873 μg/mL)であった。
AR とその下流遺伝子との結合阻害作用
MDV3100 の AR とその下流遺伝子との結合に対する阻害作用は,クロマチン免疫沈降法を用い
た細胞系により評価した(2.6.2.2.3 MDV3100 による AR とその下流遺伝子との結合阻害作用)
。
MDV3100 は,AR によって制御されている遺伝子[前立腺特異抗原(PSA)及び膜貫通プロテアー
ゼ,セリン 2 型(TMPRSS2)
]を含むクロマチンと AR との結合を阻害した。更に,AR に依存し
て活性化されるルシフェラーゼレポーター遺伝子と VP16-AR 融合蛋白を導入した細胞を用いて,
MDV3100 の阻害作用を評価した。この融合蛋白は,核に移行する際(第一段階)にアンドロゲン
刺激を必要としないが,転写の際(第二段階)にはアンドロゲンが必須となる。MDV3100 は,
AR アゴニストである R-1881 による転写活性化を阻害したことから,AR とその下流遺伝子との
結合に対して阻害作用を示すことにより,AR シグナルを阻害することが示唆された。
AR 依存性転写活性阻害作用,癌細胞増殖阻害作用,細胞死誘導作用及び腫瘍退縮作用
MDV3100 の AR シグナル伝達阻害の結果として起こる,前立腺癌細胞での AR 依存性転写活性
阻害,細胞増殖阻害,細胞死誘導及び腫瘍退縮について評価した(2.6.2.2.4 MDV3100 による AR
依存性転写活性阻害作用,癌細胞増殖阻害作用,細胞死誘導作用及び腫瘍退縮作用)
。MDV3100
は,複数の去勢抵抗性前立腺癌細胞(LNCaP/AR,VCaP,W741C-LNCaP)において,AR を介す
る遺伝子発現及び細胞増殖を抑制し,アポトーシス誘導により細胞死を増加させた。
去勢抵抗性前立腺癌細胞を移植した担癌モデルマウス[LNCaP/AR 腫瘍を担癌した複合免疫不
全(SCID)マウス]において,腫瘍増殖に対する MDV3100 及びビカルタミド(1 日 1 回経口投
与,28 日間)の作用を評価した。MDV3100 は 1,10 及び 50 mg/kg で抗腫瘍作用を示し,10 mg/kg
及び 50 mg/kg で腫瘍を退縮させた(投与 28 日目において,10 mg/kg 投与群で 37%,50 mg/kg 投
与群で 68%の腫瘍退縮が認められた)。一方,ビカルタミド 50 mg/kg 投与群の腫瘍体積は,投与
28 日において溶媒投与群と同程度であった。
AR に対するアゴニスト活性
AR シグナル伝達の種々のステップ(AR 核内移行,AR とコアクチベータ蛋白との結合,及び
AR とその下流遺伝子との結合)及び AR の下流シグナル(AR 依存性遺伝子発現,及び細胞増殖)
7
MDV3100
2.6.2
薬理試験の概要文
に対する MDV3100 のアゴニスト作用について評価した(2.6.2.2.5 MDV3100 のアゴニスト活性)。
全ての評価系において,ビカルタミドなどの抗アンドロゲン薬はアゴニスト活性を示したが,
MDV3100 はアゴニスト活性を示さなかった。
以上の効力を裏付ける試験により,MDV3100 は,既存の抗アンドロゲン薬とは異なる,AR シ
グナル伝達経路の複数のステップを阻害する AR シグナル伝達阻害薬であり,また AR に対して
アゴニスト活性を持たないことが示された。これらの結果は,臨床第 III 相二重盲検試験[CRPC2]
において MDV3100 が去勢抵抗性前立腺癌患者の全生存期間を延長させたという臨床成績を支持
するものと考えられた。
MDV3100 代謝物における効力を裏付ける試験
非臨床試験において,現在までに 16 種の代謝物(M1–M7,M9–M17)が同定されている(表
2.6.4.5-1,表 2.6.4.5-2)。これらの中で,ヒト血漿中の主代謝物は M1(MDPC0001)及び M2
(MDPC0002)であった[2.7.2.2.2.1 健康被験者を対象とした単回投与マスバランス試験(マスバ
ランス試験[CL-0001]
)
]
。この M1 及び M2 については,MDV3100 の効力を裏付ける試験中の主
な試験(AR へのアンドロゲン結合阻害作用及び AR 核内移行阻害作用)において,その薬理活性
を評価した(2.6.2.2.6 代謝物の効力を裏付ける薬理作用)
。その結果,M2 は AR に対して MDV3100
と同等の高い親和性を示し(IC50 = 0.12–0.176 μmol/L)
,AR アゴニストによる AR 核内移行に対し
ても MDV3100 と同等の阻害作用を示した(IC50 = 3.2 μmol/L)。以上のことから,M2 は MDV3100
の薬効発現に寄与していると考えられた。また,これらの評価系において,M1 は薬理活性を示さ
なかった。他の代謝物は,ヒト血漿中でわずかしか検出されなかったか,あるいは AR に対する
親和性は極めて低かった。
2.6.2.1.2 副次的薬理試験
副次的薬理試験として MDV3100,M1 及び M2 の AR 以外への作用を評価した(2.6.2.3 副次的
薬理試験)
。まずは 89 種(M1 及び M2 は 86 種)の受容体,酵素,イオンチャネル及びトランス
ポーターに対する MDV3100,M1 及び M2 の 10 μmol/L(それぞれ MDV3100: 4.64 μg/mL,M1:
4.51 μg/mL,M2: 4.50 μg/mL に相当)における結合親和性を検討した。この濃度は,160 mg を投
与された去勢抵抗性前立腺癌患者における血漿中最高非結合型濃度と比較して,7.3 倍以上高い濃
度であった(表 2.6.2-2)
。
8
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
表 2.6.2-2
去勢抵抗性前立腺癌患者血漿中最大非結合型濃度の予測値のまとめ
化合物
定常状態における患者血漿中
最大濃度(μg/mL)
蛋白非結合率
定常状態における患者血漿中
最大非結合型濃度(μg/mL)a
MDV3100
16.6 b
2.77% e
0.460
M1
8.87 c
2.03% f
0.180
M2
d
f
0.613
a
b
c
d
e
f
12.7
4.83%
:定常状態における患者最高血漿中濃度と蛋白非結合率の積として記載
:160 mg/day 投与患者の定常状態における Cmax 値(表 2.7.2-5[CL-0007])
:160 mg/day 投与患者の定常状態における Cmax 値(表 2.7.2-6[CL-0007])
:160 mg/day 投与患者の定常状態における Cmax 値(表 2.7.2-7[CL-0007])
:MDV3100 のヒト血漿中 in vitro 蛋白結合率最低値より算出(PRO3100NC32)
:M1 及び M2 のヒト血漿中 in vitro 蛋白結合率最低値より算出(9785-ME-0018)
MDV3100 と M2 はヒトプロゲステロン受容体及びラット並びにヒト GABA 開口性クロライド
チャネルに対して同程度の作用を示し,副次的薬理作用としては基本的に同じであった(表
2.6.2-3)。ヒトプロゲステロン受容体に対する親和性(IC50)は,MDV3100 が 16.1 μmol/L
(7.48 μg/mL)
,
M2 が 6.2 μmol/L
(2.79 μg/mL)
であった。これらの IC50 値は,
患者血漿中の MDV3100
及び M2 の最高非結合型濃度と比較して少なくとも 4.6 倍高かった(表 2.6.2-2)
。ラット GABA 開
口性クロライドチャネルに対する親和性(IC50)は,MDV3100 が 2.6 μmol/L(1.21 μg/mL)
,M2
が 7.1 μmol/L(3.20 μg/mL)であった。これらの IC50 値は,患者血漿中の MDV3100 及び M2 の最
高非結合型濃度と比較して少なくとも 2.6 倍高かった(表 2.6.2-2)
。なお,MDV3100 及び M2 は,
表 2.6.2-3 にまとめた分子種以外の分子種に対しては親和性を示さなかった。
一方 M1 は,ヒト GABA 開口性クロライドチャネルに対しては弱い阻害作用を示した(IC50 値:
20.7 μmol/L)が,プロゲステロン受容体を含め評価した他の全ての分子種に対して親和性を示さ
なかった。
同様に,200 種以上のヒトキナーゼに対する MDV3100,M1 及び M2 の阻害作用についても検
討した。MDV3100,M1 及び M2 は評価した全てのキナーゼに対して,阻害作用を示さなかった。
9
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
表 2.6.2-3
分子種
副次的薬理試験で得られた結果のまとめ
試験系
ラット GABA 開口性
クロライドチャネル
In vitro binding
ヒト GABA 開口性ク
ロライドチャネル
Cell-based
activity a
In vitro binding
ヒトプロゲステロン
受容体
Cell-based activity
(β receptor)
Cell-based activity
(α receptor)
IC50,
μmol/L
2.6
NA
NA
7.1
3.0
20.7
2.3
16.1
NA
6.2
Ki,
μmol/L
2.1
NA
NA
5.9
NA
NT
NT
6.08
NA
5.0
NA
47% at 10 μmol/L
81% at 10 μmol/L
NA
NA
NA
NA
NA
74% at 10 μmol/L
NA
MDV3100
13.5
NT
NA
MDV3100
> 30
NT
NA
被験物質
MDV3100
M1
M2
M2
MDV3100
M1
M2
MDV3100
M2
阻害率
a:GABA 受容体発現アフリカツメガエル卵母細胞における GABA 刺激による電流を指標とした。
GABA:ガンマアミノ酪酸,IC50:50%阻害濃度,Ki:阻害定数,NA:該当なしまたは算出されず,
NT:実施せず
2.6.2.1.3 安全性薬理試験
MDV3100 は in vitro において hERG 電流を阻害することが示されたが,その IC50 は臨床推奨用
量である 160 mg/day を反復投与された去勢抵抗性前立腺癌患者の血漿中非蛋白結合型濃度よりも
10 倍以上高かった(2.6.2.4.3.1)
。また,中枢神経系,呼吸系及び心血管系に対する急性の作用を,
マウス,ラットあるいはイヌを用いて検討した(2.6.2.4)
。ラットを用い,中枢神経系に対する作
用を機能観察総合評価法(FOB)により,呼吸系に対する作用をプレチスモグラフィー法により,
いずれも 30,100 及び 200 mg/kg の投与量で検討したところ,いずれの用量でも MDV3100 投与に
関連すると考えられる急性の作用は認められなかった。心血管系に対する作用を無麻酔イヌを用
いたテレメトリー試験により 5,15 及び 30 mg/kg の用量で検討したところ,いずれの用量におい
ても MDV3100 は血圧,心拍数及び心電図に影響を及ぼさなかった。
MDV3100 は GABA 開口性クロライドチャネルを阻害したことから,マウスにおける痙攣誘発
作用を検討した(2.6.2.4.1.2)
。その結果,MDV3100 は単回投与及び 7 日間反復投与試験において
用量依存的に痙攣を誘発した。痙攣は 200 mg/kg/day 以上の投与群で認められたが,単回投与毒性
試験の 100 mg/kg 投与群,4 週間反復投与毒性試験の 60 mg/kg/day では認められなかった。マウス
単回経口投与時に痙攣の認められなかった最高投与量(100 mg/kg)の Cmax 及び AUC24h は,
160 mg/day を服用する患者で予想される Cmax 及び AUC24h のそれぞれ 2.5 倍及び 2.3 倍であった。
また,マウスで痙攣の認められた最低用量(200 mg/kg)投与時の Cmax 及び AUC24h は,臨床で
160 mg/day を投与された患者の定常状態の Cmax 及び AUC24h のそれぞれ 3.4 倍及び 3.3 倍であった。
10
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
2.6.2.1.4 結論
MDV3100 は,AR に対するアンドロゲンの結合を競合的に阻害し,AR の過剰発現下及び既存
抗アンドロゲン薬抵抗性の前立腺癌細胞において AR の核内移行及び AR とその下流遺伝子との
結合を阻害した。MDV3100 は,AR 依存性の遺伝子発現及び前立腺癌細胞の増殖を阻害し,細胞
死を誘導した。また,MDV3100 の投与により去勢抵抗性前立腺癌モデルにおいて腫瘍の退縮が認
められた。更に,MDV3100 は AR に対してアゴニスト活性を示さなかった。以上より,MDV3100
は,AR シグナル伝達経路の複数のステップを抑制する AR シグナル伝達阻害薬であり,且つ AR
アゴニスト作用を持たないことが示された。ヒト主要代謝物である M2 は,AR 結合親和性及び
AR 核内移行阻害作用において,MDV3100 と同等の活性を示したが,もう一つのヒト主要代謝物
である M1 は MDV3100 様の薬理活性を示さなかった。
MDV3100 及び M2 は GABA 開口性クロライドチャネルに結合し,阻害作用を示した。また,
MDV3100 は 200 mg/kg 以上の投与により,
マウスに痙攣を惹起した。
GABA 開口性クロライドチャ
ネルを阻害する化合物が痙攣を誘発することが知られている(Treiman, 2001)ことから,安全性
薬理試験において高用量の MDV3100 をマウスに投与した際に認められた用量依存的な痙攣誘発
作用は,MDV3100 及び M2 の GABA 開口性クロライドチャネル阻害作用に起因する可能性が推
察された。安全性薬理試験において,MDV3100 は臨床推奨用量である 160 mg/day に相当する曝
露量において中枢神経系,呼吸器系及び循環器系に対する急性作用を示さなかった。
2.6.2.2
効力を裏付ける試験
MDV3100 の AR シグナル伝達阻害薬としての作用を in vitro 及び in vivo において評価した。こ
れらの試験はアンドロゲン感受性ヒト前立腺癌細胞(LNCaP)及び去勢抵抗性前立腺癌細胞
(LNCaP/AR,W741C-LNCaP,及び VCaP)を用いて実施した。また,AR が細胞質から核に移行
する際にアンドロゲン刺激を必要としないが,転写の際にはアンドロゲンが必須となる AR 依存
性遺伝子転写の細胞モデルとして,VP16-AR, Cos-7 を用いた(表 2.6.2.2-1)
。
11
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
表 2.6.2.2-1
Cell types
MDV3100 の効力を裏付ける試験に使用した前立腺癌細胞
Characterization
References
LNCaP
ヒト前立腺癌の転移巣から樹立された。発現している AR
は,877 位のトレオニンがアラニンに置換された変異 AR
である。この変異は多くの前立腺癌において認められ,
細胞増殖を促進し,細胞死に対する抵抗性を獲得するこ
とにより細胞を生存させる。更に他のステロイドによる
AR 活性化を促進する。
Horoszewicz, 1983
Taplin, 1999
Gaddipati, 1994
Suzuki, 1996
Sun, 2006
LNCaP/AR
ヒト野生型 AR を過剰発現させた LNCaP の遺伝子組み替
え体。AR 依存性増殖を示すが,ビカルタミドが無効であ
ることから,去勢抵抗性前立腺癌モデルとして使用され
ている。
Chen, 2004
W741C-LNCaP
発現ベクターを用いて LNCaP に W741C 変異 AR(741 位
のトリプトファンがシステインに置換された変異 AR)を
組み入れた遺伝子組み換え体。W741C 変異 AR はビカル
タミド抵抗性を有する。
細胞内に内在性の T877A 変異 AR
と外因性の W741C 変異 AR が発現している。
Hara, 2003
VCaP
去勢抵抗性前立腺癌患者の脊椎転移巣から樹立された。
内在性の AR 遺伝子増強が認められる。
Korenchuk, 2001
Liu, 2008
VP16-AR, Cos-7
Cos-7 細胞に導入したアンドロゲン依存性化学発光レ
ポーター遺伝子を VP16-AR によって活性化させる系。
VP16-AR は完全長ヒト AR と VP16 ビリオンの融合蛋白を
コードする。その融合蛋白はアンドロゲン非依存的に核
内に移行する。
Hsieh, 2008
AR:アンドロゲン受容体
2.6.2.2.1 MDV3100 による AR リガンド結合部位へのアンドロゲン結合の阻害
添付資料 4.2.1.1-17, 4.2.1.1-1, 4.2.1.1-2, 4.2.1.1-3, 4.2.1.1-4, 4.2.1.1-5
MDV3100 による AR リガンド結合部位へのアンドロゲン結合の阻害作用は,野生型 AR を発現
させた COS-1 細胞から調製した細胞質画分を用いて,[3H]DHT の結合置換実験により検討した
(9785-PH-0002)
。MDV3100 は野生型 AR に対する[3H]DHT の結合を阻害し,その Ki 値は
0.038 μmol/L(0.018 μg/mL)であった(表 2.6.2.2.1-1)
。
12
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
表 2.6.2.2.1-1
MDV3100,ビカルタミド及びヒドロキシフルタミドの
ヒト野生型 AR に対する結合親和性
Test compound
MDV3100
Bicalutamide
Hydroxyflutamide
Ki (nmol/L)
(95% CI)
38
(25 – 56)
42
(36 – 50)
18
(14 – 23)
数値は triplicate にて実施した 4 回試行の幾何平均を,カッコ内の数値は 95%信頼区間を示す。
CI:信頼区間,Ki:阻害定数
(9785-PH-0002 より抜粋)
他の複数の試験において,前立腺癌細胞 LNCaP に発現する変異型 AR(T877A,877 位のトレ
オニンがアラニンに置換)に対する MDV3100 の親和性を評価した(PRO3100NC44,PRO3100NC66,
PRO3100NC132 及び PRO3100NC134)
。MDV3100 は T877A 変異型 AR に対する放射性リガンド
([3H]R-1881)
の結合を阻害し,
その IC50 値は 0.060 μmol/L
(0.028 μg/mL)
であった(表 2.6.2.2.1-2)
。
表 2.6.2.2.1-2 ヒト変異型 AR に対する MDV3100 の結合親和性
MDV3100 Binding Studies to Androgen Receptor with Mutation Threonine 877 Alanine
Study No.
Ki (μmol/L)
IC50
(μmol/L)
PRO3100NC44 a
0.0130
0.0188
0.0345
0.0516
PRO3100NC66
PRO3100NC132
PRO3100NC134
Mean ± SEM
0.0131
0.0378
0.0205
0.022 ± 0.006
0.0359
0.108
0.0522
0.060 ± 0.016
a:2 回試行のそれぞれの数値
注:全ての試験は同一の方法にて実施した。細胞質画分は LNCaP 細胞より調製し,放射性リガンドとして
[3H]R-1881 を用いた。
IC50:50%阻害濃度,Ki:阻害定数,SEM:平均値の標準誤差
Schild プロット解析を用いて,AR へのリガンド結合に対する MDV3100 の阻害様式(競合的あ
るいは非競合的)を検討した(PRO3100NC81)
。合成 AR アゴニストである[3H]R-1881 を放射性リ
ガンドとして,結合置換実験を実施した。MDV3100 は,様々な濃度の[3H]R-1881 の AR に対する
結合を濃度依存的に阻害した。阻害定数(Ki 値)は,[3H]R-1881 濃度の違いによって大きな影響
を受けなかった(0.033 – 0.073 μmol/L)ことから,MDV3100 の AR へのリガンド結合に対する阻
害作用は競合的であることが示唆された。
2.6.2.2.2 MDV3100 による AR 核内移行阻害作用
添付資料 4.2.1.1-6, 4.2.1.1-7, 4.2.1.1-8, 4.2.1.1-9
AR の核内移行は,AR と蛍光蛋白との融合蛋白を用いた定性的な評価法と,ベータガラクトシ
ダーゼ(β-gal)酵素断片コンプリメンテーションアッセイを用いた定量的な方法の,2 種の細胞
評価系にて評価した。MDV3100 の阻害作用は,AR アゴニストの存在下で測定した。
13
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
定性的な評価には,ヒト組換え AR と黄色蛍光蛋白(YFP,Schaufele, 2005)の融合蛋白を発現
させたヒト胎児腎臓由来細胞(HEK293)を使用した。AR-YFP 融合蛋白の核内移行は蛍光強度を
指標に評価した。本評価において,AR アゴニストである DHT による AR-YFP 融合蛋白の核内移
。MDV3100 は 1 μmol/L において DHT による核内移行
行の誘導が確認された(PRO3100NC155)
を阻害した。一方,ビカルタミドは 1 μmol/L において DHT による核内移行を部分的にしか阻害
しなかった。DHT 非存在下において,ビカルタミドと異なり,MDV3100 は AR の核内移行を誘
導せず,アゴニスト活性を示さなかった。
β-gal 酵素断片コンプリメンテーションアッセイを用いた定量的な方法により,化学発光を指標
として,MDV3100 の AR 核内移行に対する作用を検討した(PRO3100NC43)
。この試験において,
MDV3100 及びビカルタミドはノルゲステロールによる AR 核内移行を阻害し,
IC50 値はそれぞれ,
0.85 及び 0.7 μmol/L であった(図 2.6.2.2.2-1)。MDV3100 の阻害作用は独立した 3 回の試験により
。
検討し,平均 IC50 値は 1.88 μmol/L(0.873 μg/mL)であった(表 2.6.2.2.2-1)
図 2.6.2.2.2-1
MDV3100 による AR 核内移行阻害作用の 1 例
MDV3100 とビカルタミドによる,ノルゲステロール誘発 AR 核内移行阻害作用。AR の核内移行は,β-gal 酵素断
片コンプリメンテーションアッセイを用いた定量的な細胞評価系にて評価した。ノルゲステロールの濃度は,最
大反応の 80%を惹起する濃度である 2.6 nmol/L を用いた。縦軸の相対的光度(RLU)は AR 核内移行の指標であ
る化学発光の強度を表す。
MDV3100 はノルゲステロールによる AR 核内移行を阻害し,IC50 値は 0.85 μmol/L であっ
た。ビカルタミドの IC50 値は 0.7 μmol/L であった。各点は triplicate の平均値±標準誤差を示す。
(PRO3100NC43)
14
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
表 2.6.2.2.2-1
Study No.
IC50
(μmol/L)
PRO3100NC43
AR の核内移行に対する MDV3100 の阻害作用
Androgen Receptor Nuclear Translocation
PRO3100NC57
PRO3100NC78
0.85
3.275
1.5
Mean ± SD a
1.88 ± 1.26
a:平均値及び標準偏差は,同じ方法を使用して評価した 3 つの試験より得られた値から算出した。
IC50:50%阻害濃度,SD:標準偏差
2.6.2.2.3 MDV3100 による AR とその下流遺伝子との結合阻害作用
添付資料 4.2.1.1-20
AR とその下流遺伝子との結合に対する MDV3100 の阻害作用は,クロマチン免疫沈降法によっ
て評価した。DHT 存在下で,LNCaP/AR 細胞を MDV3100 とともにインキュベートした後,AR
特異的抗体を用いた免疫沈降法にてクロマチンを分離し,AR により制御される遺伝子(PSA ま
,
[Tran, 2009
(参)
]。
たは TMPRSS2)
を含むクロマチンを定量的 PCR 法にて測定した(9785-PH-0005)
MDV3100 は,DHT によって生じた PSA または TMPRSS2 遺伝子を含むクロマチンと AR との結
合を阻害した(図 2.6.2.2.3-1)
。ビカルタミドも阻害作用を示した。
MDV3100 及びビカルタミドのアゴニスト活性を評価するために,DHT 非存在下で,LNCaP/AR
細胞を MDV3100 とともにインキュベートした後,
クロマチン免疫沈降法を実施した
(図 2.6.2.2.3-1,
[Tran, 2009(参)
]
。MDV3100 は,10 μmol/L においても PSA あるいは TMPRSS2
9785-PH-0005)
遺伝子を含むクロマチンと AR との結合を促進しなかったことから,アゴニスト活性を持たない
ことが示された。一方で,ビカルタミドは,AR とクロマチンとの結合を促進したことから,アゴ
ニスト活性を持つことが示された。
15
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
MDV3100 による AR とその下流遺伝子との結合阻害作用
(AR アゴニストの存在下及び非存在下)
0.20
10 mol/L
MDV3100
1 mol/L
MDV3100
10 mol/L
Bicalutamide
1 mol/L
Bicalutamide
Vehicle
0.00
0.80
0.60
0.40
0.20
0.00
10 mol/L
MDV3100
0.40
1.00
1 mol/L
MDV3100
0.60
Vehicle
1 nmol/L DHT
1.20
10 mol/L
Bicalutamide
0.80
1.40
1 mol/L
Bicalutamide
Vehicle
1 nmol/L DHT
Vehicle
PSA ChIP (% input)
1.00
TMPRSS2 ChIP (% input)
図 2.6.2.2.3-1
LNCaP/AR 細胞は,チャコール処理血清 5%含有アンドロゲン除去培地中,被験物質とともに 1 時間プレインキュ
ベーションした後,
更に 1 nmol/L DHT の存在下及び非存在下で 3 時間インキュベーションした。
被験物質として,
ジメチルスルフォキシド(溶媒: Vehicle)
,ビカルタミド(Bic,1 及び 10 μmol/L),MDV3100(1 及び 10 μmol/L)
を使用した。図の縦軸は,免疫沈降した PSA エンハンサー(左図)及び TMPRSS2 エンハンサーの定量値を示す
(% input,1 回試行 duplicate の平均値)
。各エンハンサーの定量値は,リアルタイム PCR を用いて測定した。
(9785-PH-0005)
AR 依存性ルシフェ
MDV3100 の AR とその下流遺伝子との結合に対する阻害作用を示すために,
ラーゼレポーター遺伝子を活性化する VP16-AR 融合蛋白を用いた系にて評価した[Tran, 2009
(参)
]
。この VP16-AR 融合蛋白は,VP16 ドメインを介した核への局在化作用により,アンドロ
ゲンの刺激が無くても AR の核内移行が起こる(Hsieh, 2008)
。また,核内に移行した AR とその
下流遺伝子とが結合すると,ルシフェラーゼレポーター遺伝子の発現亢進が認められる。本評価
系において,AR アゴニストである R-1881 はルシフェラーゼレポーター遺伝子発現を亢進させた
(図 2.6.2.2.3-2)
。MDV3100 は,核内において AR とその下流遺伝子との結合を阻害することによ
り,R-1881 によるルシフェラーゼレポーター遺伝子発現亢進を阻害した。MDV3100 は R-1881 の
非存在下,10 μmol/L においてルシフェラーゼレポーター遺伝子発現を誘導しなかったことから,
アゴニスト活性を持たないことが示された。一方で,ビカルタミドはルシフェラーゼレポーター
遺伝子の発現を誘導した。
16
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
図 2.6.2.2.3-2
VP16-AR ルシフェラーゼレポーターアッセイにおける,
MDV3100 による AR 核内移行下流シグナル阻害作用
VP16-AR による AR 依存性レポーター遺伝子発現誘導。Cos-7 細胞に ARE(4x)-ルシフェラーゼプラスミドと
VP16-AR 融合蛋白を導入した。細胞は 1 nmol/L R-1881 の存在下及び非存在下で,ジメチルスルフォキシド(溶
媒; Veh)
,ビカルタミド(Bic,1 及び 10 μmol/L),RD162(MDV3100 と同様の薬理作用を有する構造類似体,1
及び 10 μmol/L),MDV3100(1 及び 10 μmol/L)とともに 24 時間インキュベーションした。細胞を溶解し,ルシ
フェラーゼアッセイを実施した。縦軸は相対的光度を示す(3 回試行の平均値±標準誤差)。
(Tran, 2009
Figure 3C)
2.6.2.2.4 MDV3100 による AR 依存性転写活性阻害作用,癌細胞増殖阻害作用,
細胞死誘導作用及び腫瘍退縮作用
ビカルタミドが細胞増殖抑制作用を示さない前立腺癌細胞株(LNCaP/AR,VCaP,及び
W741C-LNCaP,表 2.6.2.2-1 を参照)を用いて,MDV3100 の AR シグナル伝達阻害作用に基づく
作用について検討した。
2.6.2.2.4.1
去勢抵抗性前立腺癌細胞における MDV3100 の AR 依存性遺伝子転写活性
阻害作用
MDV3100 の AR 依存性遺伝子転写活性に対する作用は,LNCaP/AR 細胞を用いて,AR の標的
遺伝子である PSA と TMPRSS2 の mRNA の発現量を測定することにより評価した
[Tran, 2009
(参)
]。
MDV3100 は,
R-1881 による PSA 及び TMPRSS2 の mRNA 発現上昇を阻害した
(図 2.6.2.2.4.1-1)。
一方,ビカルタミドはこの系において明らかな阻害作用を示さなかった。R-1881 非存在下,
MDV3100 は PSA 及び TMPRSS2 の mRNA 発現を増加させなかったことから,アゴニスト活性を
]
。一方,ビカルタミドは PSA 及び TMPRSS2 の mRNA
持たないことが示された[Tran, 2009(参)
発現を増加させたことから,アゴニスト作用を持つことが示された。
17
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
図 2.6.2.2.4.1-1
LNCaP/AR 細胞における MDV3100 の AR 依存性遺伝子発現阻害作用
LNCaP/AR 細胞における MDV3100 の AR 依存性遺伝子発現阻害作用。細胞はチャコール処理血清 5%含有アンド
ロゲン除去培地にて培養し,PSA 及び TMPRSS2 mRNA 発現量を定量的 PCR によって測定した。細胞は 1 nmol/L
R-1881 の存在下及び非存在下,ジメチルスルフォキシド(溶媒; Veh)
,ビカルタミド(Bic,1 及び 10 μmol/L),
RD162(MDV3100 と同様の薬理作用を有する構造類似体,1 及び 10 μmol/L),MDV3100(1 及び 10 μmol/L)とと
もに 8 時間インキュベーションした。縦軸はアクチン mRNA 量に対する相対値を表す(3 回試行の平均値±標準偏
差)
。
(Tran, 2009
2.6.2.2.4.2
Figure 1C)
前立腺癌細胞培養系における MDV3100 の細胞増殖阻害作用及び細胞死誘導
作用
添付資料 4.2.1.1-18, 4.2.1.1-19, 4.2.1.1-6
ビカルタミド感受性
(LNCaP)
及びビカルタミド抵抗性
(W741C-LNCaP,
LNCaP/AR,
及び VCaP,
表 2.6.2.2-1)前立腺癌細胞における,細胞増殖及び細胞死に対する MDV3100 の作用を検討し,ビ
カルタミドの作用と比較した。MDV3100 は LNCaP,W741C-LNCaP,及び VCaP において,DHT
刺激時あるいは FBS 存在下での細胞増殖を抑制し,生細胞数を減少させた[Tran, 2009(参),
9785-PH-0003,9785-PH-0004]
。MDV3100 の細胞増殖抑制作用はビカルタミドより強力であり,
且つ MDV3100 は細胞増殖促進作用を示さなかった(図 2.6.2.2.4.2-1 及び図 2.6.2.2.4.2-2)
。
18
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
図 2.6.2.2.4.2-1
MDV3100 による前立腺癌細胞 VCaP 増殖抑制作用
MDV3100 及び関連物質による前立腺癌細胞 VCaP 増殖抑制作用。VCaP 細胞は,ウシ胎仔血清(FBS)含有培地に
て,図中に示した被験物質とともに培養した(点線:1 μmol/L,実線:10 μmol/L)。対照として,FBS 含有培地に
て培養した細胞と,チャコール処理血清(CSS)含有培地にて培養した細胞の結果を示す。生細胞数は CellTiter-Glo®
にて測定した(3 回試行の平均値±標準誤差)
。Bic:ビカルタミド,RD162:MDV3100 と同様の薬理作用を有する
構造類似体
(Tran, 2009
Figure 1D)
19
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
図 2.6.2.2.4.2-2
前立腺癌細胞 LNCaP 及び W741C-LNCaP における DHT による細胞増殖に
対する MDV3100,ビカルタミド及びヒドロキシフルタミドの阻害作用
A.
B.
前立腺癌細胞 LNCaP(A)及び W741C-LNCaP(B)における,DHT による細胞増殖に対する MDV3100,ビカル
タミド,ヒドロキシフルタミドの阻害作用。LNCaP 及び W741C-LNCaP 細胞は 1 nmol/L の DHT 及び様々な濃度
の被験物質とともに 6 日間インキュベーションした。生細胞数は CellTiter-Glo®を用いて測定した。値は 3 回試行
の平均値±標準誤差を示す。各試行において,各濃度 6 ウェルからデータを得た。図中の ASP9785 は MDV3100 を
表す。
(9785-PH-0004)
MDV3100 による細胞死(アポトーシス)の誘導は,VCaP 及び LNCaP/AR 細胞におけるポリア
デノシン二リン酸リボースポリメラーゼ(PARP)及びカスパーゼ-3 のウエスタンブロットにより
評価した。MDV3100(10 μmol/L)で 1 日または 3 日間処理した VCaP 細胞において,PARP 断片
化が認められた[図 2.6.2.2.4.2-3,Tran, 2009(参)
]
。その PARP 断片化の強度は,チャコール処理
によりアンドロゲンを除去した血清で培養した細胞と同程度であった。一方,ビカルタミド
(10 μmol/L)は PARP の断片化を起こさなかった。また,MDV3100(1 及び 10 μmol/L)により 2
日または 4 日間処理した LNCaP/AR 細胞においても,カスパーゼ-3 の断片化が認められた(図
20
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
2.6.2.2.4.2-4,PRO3100NC155)
。これらの結果から,検討に用いられた細胞において,MDV3100
は細胞死誘導作用を有することが示唆された。
図 2.6.2.2.4.2-3
ヒト前立腺癌細胞 VCaP における MDV3100 による細胞死誘導
(PARP 断片化)
PARP 断片化に対するビカルタミド,RD162(MDV3100 と同様の薬理作用を有する構造類似体)
,及び MDV3100
の作用。VCaP 細胞は,ウシ胎仔血清(FBS)含有培地中で,溶媒及び 10 μmol/L の被験物質により 1 日あるいは 3
日間処理した。対照として,FBS 含有培地にて培養した細胞と,チャコール処理血清(CSS)含有培地にて培養し
た細胞を示す。10 μmol/L の etoposide により 1 日間処理した細胞を,細胞死陽性対照とした。細胞溶解物をウエス
タンブロットにて評価した。Bic:ビカルタミド,RD162:MDV3100 と同様の薬理作用を有する構造類似体
(Tran, 2009
Figure 1E)
図 2.6.2.2.4.2-4
ヒト前立腺癌細胞 LNCaP/AR における MDV3100 による細胞死誘導
(カスパーゼ-3 断片化)
LNCaP/AR 細胞における MDV3100 のカスパーゼ-3 断片化(C-3 clv,アポトーシスマーカー)誘導作用。細胞は,
溶媒,MDV3100(1 及び 10 μmol/L)ノコダゾールにより 2 日あるいは 4 日間処理した。細胞死の指標であるカス
パーゼ-3 の断片化は,ウエスタンブロットにより確認した。上の 2 行は,全長のカスパーゼ-3 及び 175 位のアス
パラギン酸部分で切断されたカスパーゼ-3 を認識する抗体#9665 を用いた結果,下から 2 行目は,切断されたカス
パーゼ-3 を認識するが全長カスパーゼ-3 は認識しない抗体#9661 を用いた結果である。ノコダゾールは陽性対照
として用いた。
#9661:断片化カスパーゼ-3 を認識する抗体,#9665:全長及び断片化カスパーゼ-3 を認識する抗体,Actin:ベー
タアクチン,C-3 clv:断片化カスパーゼ-3,C-3 t:全長カスパーゼ-3,Noc:ノコダゾール,Veh:溶媒
(PRO3100NC155)
21
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
2.6.2.2.4.3
去勢抵抗性前立腺癌担癌モデルマウスにおける MDV3100 の腫瘍退縮作用及び
腫瘍組織での細胞増殖抑制作用
添付資料 4.2.1.1-21, 4.2.1.1-22(参)
腫瘍増殖に対する作用は,去勢抵抗性前立腺癌担癌マウスを用いて評価した(PRO3100NC48)。
去勢した複合免疫不全(SCID)マウスに LNCaP/AR 細胞を皮下移植し,MDV3100 及びビカルタ
ミドを経口投与した。MDV3100 の 10 及び 50 mg/kg 投与群の腫瘍体積は,溶媒投与群と比較して
有意に(p<0.05)小さかった(図 2.6.2.2.4.3-1)
。また,28 日間投与後の MDV3100 10 mg/kg 投与
群の腫瘍体積は,溶媒投与群より 62%小さく,投与開始時と比較すると腫瘍が 37%退縮していた。
また 50 mg/kg 投与群では,
溶媒投与群より 82%小さく,投与開始時と比較して 68%退縮していた。
一方,ビカルタミド 50 mg/kg 投与群の腫瘍体積は,投与 28 日において溶媒投与群と同程度であっ
た。なお,本試験における MDV3100 の用量 50 mg/kg は,去勢抵抗性前立腺癌患者に 160 mg/day
)と同程度の血
投与した際の定常状態の血漿中濃度(Cmax: 16.6 μg/mL,表 2.7.2-5[9785-CL-0007]
漿中濃度(Cmax: 10.4 μg/mL,PRO3100NC21)が得られる用量として設定された。また,ビカルタ
ミドの用量 50 mg/kg は,前立腺癌患者(50 mg/day 投与:欧米における承認用量)における定常
状態の血漿中濃度(21.7 μmol/L)と同程度の血漿中濃度(25 μmol/L)になるように設定された
(Cockshott, 1990)
。
図 2.6.2.2.4.3-1
去勢抵抗性前立腺癌 LNCaP/AR 担癌マウスモデルにおける MDV3100 の
腫瘍退縮作用
去勢した雄性 CB17 SCID マウスの肩胛骨上部皮下に LNCaP/AR 細胞(2 × 106 個)を移植した。各群の平均腫瘍体
積が 170–212 mm3 に達した時点(移植 84 日後)で薬物投与を開始した。被験物質(MDV3100,ビカルタミド)は
溶媒[1% CMC(カルボキシメチルセルロース)+ 0.1% Tween80]に懸濁し,1 日 1 回経口投与した(28 日間,各
群 7 例)
。測定可能な腫瘍体積は 40 mm3 以上であった。溶媒投与群と薬物投与群との腫瘍体積の比較には,ノン
パラメトリック分散分析及び Kruskal Wallis 検定を実施した(*:p < 0.05,**:p < 0.01,溶媒投与群との比較)
。
値は 7 例の平均値を示し,図を見やすくするため,標準誤差は表記していない。
(PRO3100NC48)
22
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
MDV3100 投与群では,腫瘍体積が測定不能な大きさにまで退縮する個体が認められた(低用量
1 mg/kg 投与群において 1/7 例,高用量 50 mg/kg 投与群において 3/7 例)
。一方,ビカルタミド
(50 mg/kg)投与群では腫瘍増殖抑制作用はわずかであり,腫瘍退縮は認められなかった(表
2.6.2.2.4.3-1)
。
表 2.6.2.2.4.3-1
去勢抵抗性前立腺癌 LNCaP/AR 担癌マウスにおける MDV3100 の腫瘍退縮作用
Number of Mice
Day 0
Day 28
with No Measurable
Treatment Group
Tumor Volume mm3 Tumor Volume mm3
% Inhibition of
Tumors/Total
Tumor
Growth a
Mean
±
SD
Mean
±
SD
Number of Mice
Vehicle
MDV3100
1 mg/kg/day
MDV3100
10 mg/kg/day
MDV3100
50 mg/kg/day
Bicalutamide
50 mg/kg/day
0/7
176 ± 65
348 ± 192
NA
1/7
170 ± 41
202 ± 98
42
0/7
212 ± 91
133 ± 93
62
3/7
192 ± 85
62 ± 65
82
0/7
206 ± 67
330 ± 198
5
a:腫瘍増殖抑制率(%)= (1 – [薬剤投与群の腫瘍体積]/[溶媒投与群の腫瘍体積]) × 100
SD:標準偏差,NA:該当せず
(PRO3100NC48)
投与期間中の体重について評価したところ,MDV3100 投与群では投与開始時と比較して体重減
少は認められなかった。MDV3100 の中用量(10 mg/kg)及び高用量(50 mg/kg)投与群では体重
の増加が認められた(図 2.6.2.2.4.3-2)
。ビカルタミド投与群では投与開始時と比較して,わずか
に体重が減少したが,その減少は溶媒投与群と同程度であった。
23
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
図 2.6.2.2.4.3-2
LNCaP/AR 担癌マウスにおける MDV3100 投与による体重増加作用
Body weight: change from baseline (g)
4.0
vehicle
3.0
MDV3100
1 mg/kg
2.0
1.0
MDV3100
10 mg/kg
0.0
MDV3100
50 mg/kg
bicalutamide
50mg/kg
-1.0
-2.0
0
4
8
12
16
20
24
28
Treatment time (days)
LNCaP/AR 担癌マウスにおける MDV3100 投与による体重増加作用。溶媒,ビカルタミド,及び MDV3100 を 1 日
1 回 28 日間経口投与した際のマウスの体重変化。グラフは投与開始時と比較した体重変化の平均値と標準偏差を
示す(各群 7 例)
。
(PRO3100NC48)
更に,LNCaP/AR 担癌マウスの腫瘍組織における細胞増殖を免疫組織学的に検討したところ,
MDV3100
(50 mg/kg,
21 日間投与)
は Ki-67 染色を指標とした細胞増殖を抑制した(図 2.6.2.2.4.3-3,
)
。
PRO3100NC48 Study 11(参)
図 2.6.2.2.4.3-3
LNCaP/AR 担癌マウスにおける MDV3100 投与による Ki-67 染色抑制作用
Vehicle
MDV3100
溶媒及び MDV3100(50 mg/kg)を 21 日間投与した LNCaP/AR 担癌 SCID マウスより得た腫瘍組織の病理組織標本。
紫色の部分が Ki-67 染色部位。
(PRO3100NC48 Study 11(参)
)
24
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
2.6.2.2.5 MDV3100 のアゴニスト活性
添付資料 4.2.1.1-7, 4.2.1.1-8, 4.2.1.1-9, 4.2.1.1-10, 4.2.1.1-11
MDV3100 の AR アゴニスト作用は,AR 依存性腫瘍増殖に重要な AR シグナル伝達の 3 つのス
テップ(AR 核内移行,AR とコアクチベータ蛋白との結合,及び AR とその下流遺伝子との結合)
に関して細胞培養系を用いて検証した。更に,AR シグナル依存性遺伝子発現に対する作用も検討
した[Tran, 2009(参)
]
。全ての評価系において,MDV3100 は明らかなアゴニスト活性を示さな
かった(PRO3100NC43,PRO3100NC127,PRO3100NC138,Tran, 2009)
。一方,抗アンドロゲン
薬(ビカルタミド,フルタミド,及びニルタミド)はこれらの系において,それぞれアゴニスト
活性を示した。
β-gal 酵素断片コンプリメンテーションアッセイ(2.6.2.2.2 MDV3100 による AR 核内移行阻害作
用)を用いた定量的な AR 核内移行評価系において,MDV3100 は,ほとんどアゴニスト活性を示
さなかった。
同様の方法で実施した一連の 5 試験において,
MDV3100 の AR 核内移行誘導作用は,
アゴニストであるノルゲステロールやビカルタミドと比較して弱かった(表 2.6.2.2.5-1)
。
表 2.6.2.2.5-1
AR 核内移行に対する MDV3100 及びビカルタミドのアゴニスト活性についての
定量的評価
Maximum Induction of Nuclear Translocation as Measured by Bioluminescence a
Study No.
PRO3100NC43
PRO3100NC57
MDV3100
1
2
1.7
1.7
2.6
Bicalutamide
2.8
10 b
NT
16.8
17.1
c
12
35
19.6
NT
NT
Norgesterol
PRO3100NC78 PRO3100NC127 PRO3100NC138
a:値は被験物質による最大発光強度と溶媒による発光強度との比を表す。試験報告書内では S/B と表記してい
る。値が 1 の場合,核内移行作用が確認できないことを示す。
b:試験報告書中ではビカルタミドを MDV3000 と表記している。
c:ノルゲステロールは AR アゴニストであり,陽性対照として使用した。
NT:評価せず
更に,この AR 核内移行評価系において,MDV3100 の作用を抗アンドロゲン薬[ビカルタミド,
ニルタミド及びヒドロキシフルタミド(フルタミドの活性本体)
]と比較した(PRO3100NC138)。
ビカルタミド,ニルタミド及びヒドロキシフルタミドは,いずれも濃度依存的に AR の核内移行
を誘発したが,MDV3100 は,ほとんど作用を示さなかった。同様の抗アンドロゲン薬との比較試
験においても,MDV3100 は,ほとんどアゴニスト作用を示さなかった。AR アゴニストである
6α-fluorotestosterone の作用を 100%とすると,ビカルタミド,ニルタミド及びヒドロキシフルタミ
ドのアゴニスト作用はそれぞれ 11%,
22%及び 3%であり,MDV3100 のアゴニスト作用は 1%であっ
た(PRO3100NC127,図 2.6.2.2.5-1)
。
25
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
図 2.6.2.2.5-1
AR 核内移行評価系における MDV3100 及び抗アンドロゲン薬の作用
MDV3100 及び抗アンドロゲン薬(ビカルタミド,ニルタミド,ヒドロキシフルタミド)による AR 核内移行作用。
AR を発現させたヒト胎児腎臓由来細胞(HEK293)を用いた β-gal 酵素断片コンプリメンテーションアッセイによ
り評価した。相対的光度(RLU)は AR の核内移行度合いを反映したベータガラクトシダーゼ活性を示す。
(PRO3100NC127)
AR シグナル伝達には,
活性化した AR が核内コアクチベータ蛋白と結合することも重要である。
蛍光共鳴エネルギー転移(FRET)アッセイにおいて,MDV3100 は AR とコアクチベータ蛋白と
の結合を促進しなかった[図 2.6.2.2.5-2,Tran, 2009(参)
]
。一方,DHT 及びビカルタミドは AR
とコアクチベータ蛋白との結合を促進するアゴニスト活性を示した。
26
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
図 2.6.2.2.5-2
AR と AR コアクチベータ蛋白との結合に対する MDV3100,DHT,
ビカルタミド及び RD162 の作用
AR リガンド結合ドメインとコアクチベータ蛋白 FxxLF との結合に対するジヒドロテストステロン(DHT),
MDV3100,ビカルタミド(Bic)
,及び RD162(MDV3100 と同様の薬理作用を有する構造類似体)の作用。FxxLF
蛋白と AR リガンド結合ドメインとの結合により,テルビウムとフルオレセイン間の蛍光共鳴エネルギー転移
(FRET)が誘導される。図は被験物質無処置時の値を 1 とした比をプロットしたものである(quadruplicate,2 回
の試行の平均値±標準誤差)
。
(Tran, 2009
Figure 3D)
AR の下流遺伝子と AR との結合に対しても,MDV3100 のアゴニスト活性を評価した(2.6.2.2.3
MDV3100 による AR とその下流遺伝子との結合阻害作用)
。
LNCaP/AR 細胞において,
DHT は PSA
及び TMPRSS2 クロマチンの免疫沈降を促進し,アゴニスト活性を示した。DHT の非存在下にお
いて,ビカルタミドは DHT と同様に免疫沈降を促進したが,MDV3100 は促進作用(アゴニスト
作用)を示さなかった(図 2.6.2.2.3-1)
。
VP16-AR 融合蛋白を用いたルシフェラーゼレポーター遺伝子活性化の系においても,MDV3100
のアゴニスト活性を検討した(2.6.2.2.3 MDV3100 による AR とその下流遺伝子との結合阻害作用)
。
R-1881 及びビカルタミドはルシフェラーゼレポーター遺伝子を活性化したが,MDV3100 は活性
化しなかった(図 2.6.2.2.3-2)
。
MDV3100 の AR シグナル伝達に及ぼす影響について,AR 依存性遺伝子である PSA 及び
TMPRSS2 の mRNA 発現量を測定することにより評価した(2.6.2.2.4.1 去勢抵抗性前立腺癌細胞
における MDV3100 の AR 依存性遺伝子転写活性阻害作用)
。LNCaP/AR 細胞において,AR アゴ
ニストである R-1881 により,これら 2 種の mRNA 発現量の上昇が認められた。AR アゴニストの
非存在下,ビカルタミドはこれらの mRNA 発現量を上昇させたが,MDV3100 は発現を促進しな
かった(図 2.6.2.2.4.1-1)
。
27
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
以上より,MDV3100 は,AR 依存性腫瘍の増殖に重要な AR シグナル伝達経路の 4 つのステッ
プ(AR 核内移行,AR とコアクチベータ蛋白との結合,AR とその下流遺伝子との結合,及び AR
依存性遺伝子発現)においてアゴニスト活性を示さないことが明らかとなった。
2.6.2.2.6 代謝物の効力を裏付ける薬理作用
添付資料 4.2.1.1-12, 4.2.1.1-13, 4.2.1.1-15, 4.2.1.1-16
非臨床試験において,16 種の代謝物(M1–M7,M9–M17)が同定されている(表 2.6.4.5-1,表
2.6.4.5-2)
。これらの代謝物の中で,M1(MDPC0001)と M2(MDPC0002)がヒト血漿中で主要
代謝物として検出されている。M1 及び M2 について,LNCaP 細胞における AR に対する結合親和
性を評価した。更に,2.6.2.2.2 にて記述されている AR 核内移行性評価系を用いて,AR シグナル
伝達に対する阻害作用についても評価した。
M1 及び M2 の AR に対する結合親和性(IC50 及び Ki 値)を表 2.6.2.2.6-1 に示す。M2 の親和性
は MDV3100 の親和性(Ki = 0.0131–0.0378 μmol/L,表 2.6.2.2.6-2)と同程度であったが,M1 の親
和性は低かった。
表 2.6.2.2.6-1
LNCaP 細胞におけるヒトアンドロゲン受容体に対する MDV3100 代謝物の
結合親和性
Study No.
Metabolite Compound ID
PRO3100NC65
PRO3100NC73
PRO3100NC59
IC50,
μmol/L
Ki, μmol/L
IC50,
μmol/L
Ki, μmol/L
IC50,
μmol/L
Ki, μmol/L
M1
MDPC0001
> 10
ND
> 10
ND
> 10
ND
M2
MDPC0002
0.176
0.0589
0.12
0.051
0.17
0.074
LNCaP 細胞から調製した AR を含有する細胞質画分を各代謝物(0.001–10 μmol/L)とともにインキュベーション
した。放射性リガンドとして[3H]R-1881 を用いた。10 μmol/L において明らかな結合が認められなかった場合は
Ki 値を算出しなかった。
IC50:50%阻害濃度,Ki:阻害定数,ND:実施せず
AR アゴニストによる AR 核内移行に対する M1 及び M2 の阻害作用を,β-gal 酵素断片コンプリ
メンテーションアッセイを用いて評価した。M2 は,ノルゲステロールによる AR 核内移行を阻害
し,その IC50 値は 3.2 μmol/L であった。M1 の IC50 値は 60 μmol/L 以上であった(図 2.6.2.2.6-1,
PRO3100NC70)
。
28
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
図 2.6.2.2.6-1
アンドロゲン受容体核内移行に対する MDV3100 代謝物 M1,M2,M3 及び
M4 の阻害作用
ノルゲステロールによる AR 核内移行に対する MDV3100 代謝物 M1(MDPC0001)
,M2(MDPC0002)
,M3
(MDPC0003)
,及び M4(MDPC0004)の阻害作用。ノルゲステロールの濃度は,最大反応の 80%の作用を示す
14 nmol/L を用いた。縦軸は化学発光の相対強度(RLU)を示す。陽性対照として使用したゲルダナマイシン(AR
アンタゴニスト)の IC50 値は 0.018 μmol/L であった。図中凡例の MDPC00X(X は 1~4 の数字)は MDPC000X
と同義である。
(PRO3100NC70)
以上より,M2 は AR に対して MDV3100 と同等の親和性を示し,AR 核内移行に対しても同等
の阻害作用を示した(表 2.6.2.2.6-2)
。また,ノルゲステロール非存在下で,いずれの代謝物もア
ゴニスト活性を示さなかった(PRO3100NC70)
。M2 は,上記試験において MDV3100 と同等の
AR シグナル伝達阻害作用を示したことから,MDV3100 を去勢抵抗性前立腺癌患者に投与した際
の薬効発現に寄与すると考えられた。
表 2.6.2.2.6-2
MDV3100 と代謝物 M2 の in vitro 薬効を裏付ける試験結果のまとめ:
AR に対する結合親和性及び AR 核内移行阻害作用
Inhibition of DHT-Induced
Nuclear Translocation
Androgen Receptor Binding Affinity
Test Compound
IC50, μmol/L
MDV3100
0.0359 – 0.108
M2
0.12 – 0.176 c
Ki, μmol/L
a
0.0131 – 0.0378
0.051 – 0.074 c
IC50, μmol/L
a
0.85 – 3.275 b
3.2 d
a:表 2.6.2.2.1-2 を参照,b:表 2.6.2.2.2-1 を参照,c:表 2.6.2.2.6-1 を参照,d:PRO3100NC70
IC50:50%阻害濃度,Ki:阻害定数
29
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
2.6.2.3
副次的薬理試験
MDV3100 及びヒト主要代謝物(M1,M2)の副次的薬理試験として,表 2.6.2.3-1 に示す 89 種
の受容体,チャネル,トランスポーター及び酵素に対する in vitro 結合親和性を評価し,親和性が
認められた標的については機能に対する作用も評価した。MDV3100 と代謝物 M2 は,いずれも
GABA 開口性クロライドチャネルとプロゲステロン受容体に結合し,阻害作用を示した。
加えて,200 種以上のヒトキナーゼ(一般的なキナーゼ,受容体キナーゼ,及び代謝キナーゼ
を含む)に対する MDV3100 及び代謝物(M1,M2)の作用を in vitro にて検討した。MDV3100 及
び代謝物は評価した全てのキナーゼに対して作用を示さなかった。
30
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
表 2.6.2.3-1
副次的薬理作用として評価した各種受容体,チャネル,トランスポーター,酵素
Adenosine
Adenosine A1
Adenosine A2A
Adenosine A3
Adrenergic
Adrenergic α1 non-selective
Adrenergic α2 non-selective
Adrenergic β1
Adrenergic β2
Angiotensin
AT1
AT2
Benzodiazepine
BZD central
Bradykinin
B1
B2
Cannabinoid
CB1
CB2
Cholecystokinin
CCKA (CCK1)
CCKB (CCK2)
Corticotropin releasing hormone
CRF1
Dopamine
Dopamine D1
Dopamine D2S
Dopamine D3
Dopamine D4.4
Endothelin
ETA
ETB
GABA
GABA (non-selective)
Glutamate
Glutamate, AMPA
Glutamate, Kainate
Glutamate, NMDA
Growth hormone secretagogue
Ghrelin (GHS)
Histamine
Histamine H1
Histamine H2
Histamine H3
Imidazoline
Imidazoline I1
Imidazoline I2
Leukotriene
LTB4 (BLT1)
LTD4 (CysLT1)
Gonadotropin-releasing
LH-RH
Melanocortin
MC4
Muscarinic
Muscarinic (non-selective)
Neurokinin
NK1
NK2
NK3
Neuropeptide
Y (non-selective)
Nicotinic
N (neuronal)
(α-BGTX-insensitive) (α4β2)
Opiate
Opioid (non-selective)
Nociceptin
ORL1 (NOP)
Phencyclidine
PCP
Purinergic
P2X
P2Y
Serotonin
5-HT (non-selective)
Sigma
Sigma σ (non-selective)
Somatostatin
SST5
Nuclear Hormone Receptors
Glucocorticoid GR
Estrogen ER
Progesterone PR
Androgen AR
Thyroid TH
Thyrotropin
TRH1
Arginine vasopressin
V1a
V2
Channels
Ca2+ channel (L, DHP site)
Ca2+ channel (L, diltiazem site
(benzothiazepines)
Ca2+ channel (L, verapamil
site) (phenylalkylamines)
K+ ATP channel
K+ channel (HERG)
(membrane preparation)
K+ V channel
SK+ Ca channel
Na+ channel (site 2)
Cl- channel
Transporters
NE transporter
DA transporter
GABA transporter
Choline transporter (CHT1)
5-HT transporter
Enzyme Assays
Phosphodiesterases
PDE1
PDE2
PDE3
PDE4
PDE5
Cyclases
Adenylyl cyclase
Guanylyly cyclase
Other enzymes
PKCα
Acetylcholinesterase
Catecholamine O-methyl
transferase (COMT)
GABA-transaminase
Monoamine oxidase A
Monoamine oxidase B
Phenylethanolamine-N-met
hyltransferase
Tyrosine hydroxylase
ATPase (Na+/K+)
2.6.2.3.1 MDV3100 の副次的薬理作用
添付資料 4.2.1.2-1, 4.2.1.2-2, 4.2.1.2-3, 4.2.1.2-4, 4.2.1.2-5, 4.2.1.2-6,
4.2.1.2-7, 4.2.1.2-8, 4.2.1.2-9, 4.2.1.2-14, 4.2.1.2-15
31
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
89 種の受容体,チャネル,トランスポーター及び酵素に対する MDV3100 の結合親和性を評価
した(PRO3100NC49,PRO3100NC50)。10 μmol/L における 50%以上の結合親和性並びに機能阻
害を薬理学的に意味のある活性として定義した。MDV3100 は,ヒト AR に加えて,ラット GABA
開口性クロライドチャネル及びヒトプロゲステロン受容体に対して親和性を示した(表
2.6.2.3.1-1)
。具体的には,MDV3100 は,ラット大脳皮質から調製した膜標本における GABA 開
口性クロライドチャネルに対する[35S]t-butylbicyclophosphorothionate(TBPS)の結合を阻害した。
ピクロトキシン等の痙攣誘発物質が,TBPS 結合部位で GABA 開口性クロライドチャネルを阻害
することによって痙攣作用を誘発するとの報告(Lewin, 1988, Treiman, 2001)があることから,
MDV3100 の阻害作用を検討した。MDV3100 の GABA 開口性クロライドチャネルに対する阻害作
用は,ヒト GABA 受容体(α1β3 GABA-A 及び α1β3γ2 GABA-A サブタイプ)を発現させたアフリ
カツメガエル卵母細胞における GABA 誘発電流に対する作用により評価した。その結果,
MDV3100 は GABA 開口性クロライドチャネルにおける GABA 誘発電流を濃度依存的に阻害した。
一方,GABA 受容体へのアゴニスト作用による電流の増加は示さなかった(PRO3100NC72)
。ま
た,MDV3100 は,細胞機能評価系においてプロゲステロン β 受容体を阻害したが,アゴニスト作
用は示さなかった(PRO3100NC131,PRO3100NC145)。プロゲステロン α 受容体に対する阻害作
用はわずかであった(PRO3100NC145)
。更に,MDV3100 はエストロゲン受容体に対して殆ど親
和性を示さず(10 μmol/L において-2%及び 2.5%,PRO3100NC49,PRO3100NC68)
,エストロゲン
受容体を介する細胞機能に対しても影響を及ぼさなかった(PRO3100NC129)
。なお, MDV3100
は,表 2.6.2.3.1-1 にまとめた分子種以外に対しては親和性を示さなかった。
表 2.6.2.3.1-1 MDV3100 の特異性についての試験結果
Test
Compound
MDV3100
Target
Assay
IC50,
μmol/L
Ki,
μmol/L
Rat GABA-gated
chloride channel
In vitro binding
2.6
2.1
Human GABA-gated
chloride channel
GABA-evoked currents in Xenopus
laevis oocytes expressing GABA
receptors
3.0
NA
In vitro binding
16.1
6.08
Cell-based activity
13.5
NT
Cell-based activity
> 30
NT
Human progesterone
receptor
Progesterone β
receptor
Progesterone α
receptor
IC50:50%阻害濃度,GABA:ガンマアミノ酪酸,Ki:阻害定数,NA:該当せず,NT:実施せず
MDV3100 の副次的薬理作用として,200 種以上のヒトキナーゼ(一般的なキナーゼ,受容体キ
ナーゼ,及び代謝キナーゼを含む)に対する作用を in vitro にて検討したが,MDV3100 は評価し
た全てのキナーゼに対して明らかな作用を示さなかった(MDV3100 の濃度:1,3,10 μmol/L,
PRO3100NC58,PRO3100NC136,PRO3100NC137)
。
32
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
2.6.2.3.2 代謝物の副次的薬理作用
添付資料 4.2.1.2-3, 4.2.1.2-10, 4.2.1.2-17, 4.2.1.2-16, 4.2.1.2-18,
4.2.1.2-3, 4.2.1.2-11, 4.2.1.2-12, 4.2.1.2-13
代謝物 M1 及び M2 の副次的薬理作用として,86 種の受容体,チャネル,トランスポーター及
び酵素に対する結合親和性を評価した(PRO3100NC63)
。10 μmol/L における 50%以上の結合親和
性並びに機能阻害を薬理学的に意味のある活性として定義した。
その結果,M2 は,GABA 開口性クロライドチャネルに対する親和性(ラット大脳皮質から調
製した可溶性膜画分に対する[35S]TBPS 結合の阻害)とプロゲステロン受容体に対する親和性
(T47D 細胞の細胞質画分に対する[3H]progesterone 結合の阻害)を示した(表 2.6.2.3.2-1)
。更に
M2 は,ヒト GABA 受容体(α1β3 GABA-A サブタイプ)を発現させたアフリカツメガエル卵母細
胞における GABA 誘発電流を阻害した(PRO3100NC72)
。M2 は,エストロゲン受容体に対して
は親和性を示さなかった(PRO3100NC63)
。
M1 は,アデノシン A3 受容体に対する親和性(ヒト A3 受容体発現 HEK293 細胞から調製した
膜画分に対する IB-MECA 結合の阻害)とノルエピネフリントランスポーターに対する親和性(ヒ
トノルエピネフリントランスポーター発現 CHO 細胞から調製した膜画分に対するプロトリプチ
ン結合の阻害)を示した(表 2.6.2.3.2-1)。しかしながら,複数濃度(10 μmol/L まで)で実施した
再試験においては,M1 の A3 受容体に対する親和性もノルエピネフリントランスポーターに対す
る親和性も認められなかった(PRO3100NC158)
。更に,細胞機能評価系において,M1 はこれら
の標的に対して,アゴニスト並びにアンタゴニスト作用を示さなかった(PRO3100NC159,
PRO3100NC160)
。以上より,M1 は A3 受容体及びノルエピネフリントランスポーターに対して作
用を示さないと考えられた。また,M1 はラット GABA 開口性クロライドチャネルに対して低い
親和性を示し(10 μmol/L で 47%阻害,PRO3100NC63)
,ヒト GABA 受容体(α1β3 GABA-A 及び
α1β3γ2 GABA-A サブタイプ)
を発現させたアフリカツメガエル卵母細胞における GABA 誘発電流
に対しても弱い阻害作用を示した(IC50 値: 20.7 μmol/L,PRO3100NC72)
。なお,M1 及び M2 は,
表 2.6.2.3.2-1 にまとめた分子種以外に対しては親和性を示さなかった。
加えて,200 種以上のヒトキナーゼに対する M1 及び M2 の作用を MDV3100 と同様に in vitro
にて検討した。M1 及び M2 は評価した全てのキナーゼに対して明らかな作用を示さなかった
(PRO3100NC141,PRO3100NC142)
。
33
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
表 2.6.2.3.2-1 MDV3100 代謝物の特異性についての試験結果
Metabolite
M2
Target
Rat
GABA-gated
chloride
channel
Human
GABA-gated
chloride
channel
Human
progesterone
receptor
Estrogen
receptor
Rat
GABA-gated
chloride
channel
Human
GABA-gated
chloride
channel
M1
Adenosine A3
receptor
Activity
IC50,
μmol/L
Ki,
μmol/L
81% inhibition
at 10 μmol/L
NA
NA
NA
7.1
5.9
NA
2.3
NT
74% inhibition
at 10 μmol/L
NA
NA
NA
6.2
5.0
In vitro binding
3% inhibition at
10 μmol/L
NT
NT
In vitro binding
47% inhibition
at 10 μmol/L
NA
NA
GABA-evoked currents in
Xenopus laevis oocytes
expressing GABA receptors
NA
20.7
NT
NT
NT
IA
IA
IA
NA
NT
NT
IA
IA
IA
NA
Assay
In vitro binding
GABA-evoked currents in
Xenopus laevis oocytes
expressing GABA receptors
In vitro binding
In vitro binding
Cell-based activity assay
Norepinephrine
transporter
In vitro binding
Cell-based activity assay
69% inhibition
at 10 μmol/L
26% inhibition
at 10 μmol/L
10% inhibition
at 100 μmol/L
56% inhibition
at 10 μmol/L
26% inhibition
at 10 μmol/L
48% inhibition
at 100 μmol/L a
a:M1 はノルエピネフリントランスポーターに対して濃度依存的な阻害作用を示さなかった。
GABA:ガンマアミノ酪酸,IA:値を算出するには活性が不十分,IC50:50%阻害濃度,Ki:阻害定数,
NA:該当せず,NT:実施せず
2.6.2.4
安全性薬理試験
安全性薬理試験として,
in vitro では HEK293 細胞に発現させた hERG チャネルに対する作用を,
in vivo では中枢神経系,呼吸系及び心血管系に対する作用を GLP 適合試験として実施した。表
2.6.2.4-1 に実施した安全性薬理試験の概略を記載した。
34
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
表 2.6.2.4-1
報告書番号
試験表題
hERGカリウムチャ
ネルを発現させた
PRO3100NC91(参)哺乳動物細胞に対
するMDV3100の作
用
hERG カリウムチャ
ネルを発現させた
PRO3100NC104
ヒト胎児由来腎臓
細胞に対する
MDV3100 の作用
hERGカリウムチャ
ネルを発現させた
PRO3100NC92(参)哺乳動物細胞に対
するMDPC0002の作
用
hERG カリウムチャ
ネルを発現させた
PRO3100NC107
ヒト胎児由来腎臓
細胞に対する
MDPC0002 の作用
MDV3100 をラット
に経口投与した際
PRO3100NC96
の神経行動学的な
評価
マウスにおける
9785-PT-0005(参)MDV3100 の痙攣誘
発作用
PRO3100NC95
PRO3100NC94
MDV3100 を雄性
ラットに経口投与
した際の呼吸系に
対する評価
MDV3100 を無麻酔
の雄性ビーグル犬
に経口投与した際
のテレメトリーシ
ステムを用いた心
血管系に対する安
全性薬理試験及び
血漿中薬物濃度測
定試験
MDV3100 安全性薬理試験
GLP
準拠
試験系
被験物質
及び
投与方法
試験実施施設
hERG カリウムチャ
ネルを発現させた MDV3100,
否
in vitro
ヒト胎児腎臓由来
細胞
hERG カリウムチャ
ネルを発現させた MDV3100,
適
in vitro
ヒト胎児腎臓由来
細胞
hERG カリウムチャ
ネルを発現させた
M2,
否
in vitro
ヒト胎児腎臓由来
細胞
hERG カリウムチャ
ネルを発現させた
M2,
適
in vitro
ヒト胎児腎臓由来
細胞
適
雄性 CD® [Crl:CD® MDV3100,
経口投与
(SD)]ラット
否
雄性マウス,
Crlj:CD1(ICR)
適
雄性 CD® [Crl:CD® MDV3100,
経口投与
(SD)]ラット
適
無麻酔雄性ビーグ MDV3100,
経口投与
ル犬
MDV3100,
経口投与
35
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
2.6.2.4.1 中枢神経系に及ぼす影響
2.6.2.4.1.1
MDV3100 の中枢神経系に及ぼす影響
添付資料 4.2.1.3-6
各群 10 例の雄性 Sprague-Dawley(Crl:CD [SD])ラットに MDV3100 を 30,100 及び 200 mg/kg
の投与量で単回経口投与し,FOB により神経行動学的な急性作用を検討した(PRO3100NC96)。
溶媒(
,以下
と略記)対照群として投与容量に応じて各群
10 例より成る 2 群を設定した。投与容量は 0,30 及び 100 mg/kg 投与群については 2.2 mL/kg,0
及び 200 mg/kg 投与群については 4.4 mL/kg とした。
神経行動学的評価は投与前ならびに投与後 2,
6 及び 72 時間に実施した。
その結果,いずれの投与量においても MDV3100 投与に起因する神経学的な影響,すなわち活
動性,興奮性,神経筋機能,知覚運動性機能,自律神経機能あるいは生理学的状態に変化は認め
られなかった。
2.6.2.4.1.2
MDV3100 及び代謝物 M2 の痙攣誘発作用の検討
添付資料 4.2.3.7.6-4, 4.2.3.1-1(参), 4.2.3.2-1(参), 4.2.1.3-5(参),
4.2.3.2-8, 4.2.2.3-3, 4.2.2.3-2, 4.2.3.2-3(参), 4.2.3.2-9(参)
副次的薬理試験において,MDV3100 及び代謝物 M2 が in vitro において GABA 開口性クロライ
ドチャネルに結合し,その機能を阻害することが確認された(2.6.2.3.1 及び 2.6.2.3.2)
。GABA 開
口性クロライドチャネルを阻害する化合物と痙攣誘発との関連性が報告されている(Treiman,
2001)ことから,MDV3100 の痙攣誘発性に関して,マウス,ラットあるいはイヌを用いて in vivo
における検討を行った(表 2.6.2.4.1.2-1)
。
表 2.6.2.4.1.2-1
試験
ラットの 2 週間反復
経口投与毒性試験
マウスの単回経口投
与毒性試験
マウスの 1 週間反復
経口投与毒性試験
マウスの痙攣に関
する検討試験
ビーグル犬の 4 週間
反復経口投与毒性
試験
MDV3100 の痙攣誘発性に関する in vivo 非臨床試験
結果
試験番号
100 mg/day/kg をラットに反復経口投与した際痙攣が
誘発された。30 mg/kg/day 以下では痙攣は認められな PRO3100NC31
かった。
400 mg/kg 以上をマウスに単回投与した際,痙攣が誘
9785-TX-0002
発された。200 mg/kg 以下では痙攣は認められなかっ
(参)
た。
300 mg/kg/day 投与群で投与 2 日に痙攣が認められた。 9785-TX-0007
(参)
100 mg/kg/day 以下では痙攣は認められなかった。
MDV3100 は 200 mg/day/kg 以上の投与量で用量依存
9785-PT-0005
的に痙攣を誘発した。60 mg/day/kg では痙攣は認め
(参)
られなかった。
MDV3100 は 60 mg/kg/day の投与量で痙攣を誘発し
PRO3100NC18
た。30 mg/kg/day 以下では痙攣は認められなかった。
36
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
ラット及びマウスを用いて MDV3100 及び M2 の脳内移行性を検討した(PRO3100NC84 及び
9785-ME-5016)。その結果,MDV3100 及び M2 はラット及びマウスのいずれにおいても血液脳関
門を通過することが認められた。マウスにおいては,MDV3100 及び M2 の脳内濃度はそれぞれの
血漿中濃度とおおむね同程度であった。このことから,MDV3100 を経口投与した際に脳内の
GABA 開口性クロライドチャネルを阻害することが可能であると考えられた。
雌雄マウスを用いた単回投与毒性試験において,MDV3100 を 50,100,200,400,800 及び
1600 mg/kg の投与量で経口投与したところ,400 mg/kg 以上を投与した雌雄で間代性痙攣が認めら
れた(n=24/性/群,9785-TX-0002(参))
。投与後に経時的に採血を行い,MDV3100 及び M2
の血漿中薬物濃度を測定した。MDV3100 及び M2 の Cmax 及び AUC24h をそれぞれ表 2.6.2.4.1.2-2
と表 2.6.2.4.1.2-3 に示す。MDV3100 及び M2 の Cmax 値を各群各性ごとに比較すると,M2 は
MDV3100 のおおむね 2~40 分の 1 程度であった。
表 2.6.2.4.1.2-2
マウス単回投与時 a の MDV3100 の Cmax 及び AUC24h
投与量及び投与期間
ヒト b
160 mg/day,1 日 1 回×49 日間
50 mg/kg 単回投与
100 mg/kg 単回投与
200 mg/kg 単回投与
マウス
400 mg/kg 単回投与
800 mg/kg 単回投与
1600 mg/kg 単回投与
性
男性
雄
雌
雄
雌
雄
雌
雄
雌
雄
雌
雄
雌
血漿中 MDV3100 濃度
Cmax
AUC24h
ヒトに対
ヒトに対
AUC24h
Cmax
(μg/mL) する比 c (μg·h/mL) する比 c
16.6
NA
322
NA
34.6
2.1
620
1.9
40.8
2.5
698
2.2
42.3
2.5
743
2.3
54.6
3.3
885
2.7
56.5
3.4
1047
3.3
66.0
4.0
1121
3.5
71.0
4.3
1630
5.1
113.9
6.9
2240
7.0
95.2
5.7
NC
NC
92.1
5.5
NC
NC
73.6
4.4
1134
3.5
56.1
3.4
1151
3.6
a 試験番号:9785-TX-0002(参)
b 49 日間投与後の定常状態における Cmax と AUC24h(表 2.7.2-5 [9785-CL-0007])
c 表中に示した代表的なヒトでの値に対するマウス単回投与時の Cmax あるいは AUC24h 値の比
NA, 該当値なし; NC, 未計算
37
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
表 2.6.2.4.1.2-3
マウス単回投与時 a の M2 の Cmax 及び AUC24h
投与量及び投与期間
ヒト b
160 mg/day,1 日 1 回×49 日間
50 mg/kg 単回投与
100 mg/kg 単回投与
200 mg/kg 単回投与
マウス
400 mg/kg 単回投与
800 mg/kg 単回投与
1600 mg/kg 単回投与
性
男性
雄
雌
雄
雌
雄
雌
雄
雌
雄
雌
雄
雌
血漿中 M2 濃度
Cmax
AUC24h
ヒトに対
ヒトに対
Cmax
AUC24h
(μg/mL) する比 c (μg·h/mL) する比 c
12.7
NA
278
NA
2.0
0.16
40
0.14
4.2
0.33
62
0.22
4.0
0.31
58
0.21
4.7
0.37
80
0.29
9.2
0.72
129
0.46
6.2
0.49
114
0.41
28.6
2.25
136
0.49
27.1
2.13
125
0.45
3.3
0.26
NC
NC
2.3
0.18
NC
NC
16.2
1.28
115
0.41
14.9
1.17
144
0.52
a 試験番号:9785-TX-0002(参)
b 49 日間投与後の定常状態の Cmax 及び AUC24h(表 2.7.2-5 [9785-CL-0007])
c 表中に示した代表的なヒトでの値に対するマウス単回投与時の Cmax あるいは AUC24h 値の比
NA, 該当値無し; NC, 未計算
マウスでの 1 週間反復投与毒性試験において,ICR マウス(n=5/性/群)に MDV3100 を 30, 100
及び 300 mg/kg/day の投与量で経口投与した(9785-TX-0007(参))
。その結果,300 mg/kg/day 投
与群の投与 2 日に雌で間代性痙攣が認められた。
1 群 10 例の雄性マウスに溶媒あるいは MDV3100 の 60 あるいは 200 mg/kg/day を 1 日 1 回 7 日
間あるいは MDV3100 の 400 mg/kg を単回経口投与し,ビデオでモニタリングして痙攣の発生を調
べた(9785-PT-0005(参))
。その結果,200 mg/kg/day 投与群では投与開始日の投与後 9 から 23
時間に,投与 2 及び 3 日の投与後 1 から 22 時間に強直性あるいは間代性痙攣が認められた。
400 mg/kg 投与群では単回投与後 4 から 24 時間に強直性あるいは間代性痙攣が認められた。
38
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
表 2.6.2.4.1.2-4
用量
雄性マウスの痙攣に関する用量依存性 a
投与期間
痙攣の発生率
0.5%メチルセルロース水溶液
7日
0/10
溶媒(
7日
0/10
7日
0/10
7日
9/10 b
1日
7/10 c
)
60 mg/kg/day
200 mg/kg/day
b
400 mg/kg c
a
b
c
試験番号:9785-PT-0005(参)
200 mg/kg/day 投与群では投与 1 日から投与 3 日までに 10 例中 9 例で痙攣が認められた。
400 mg/kg 投与群では単回投与後 24 時間までに 10 例中 7 例で痙攣が認められた。
Foster らは,MDV3100 がマウスに 200 mg/kg/day を投与した際に痙攣を惹起し,また,GABA
開口性クロライドチャネルを阻害することを報告しており(Foster, 2011)
,これは我々と同様の結
果であった。
ラットの 2 週間反復投与毒性試験において,雌雄 SD ラットに溶媒(
)あるいは MDV3100
を 10,30 及び 100 mg/kg/day の投与量で経口投与した(n=10/性/群(主試験)及び n=9/性/
群(血漿中薬物濃度測定試験)
,PRO3100NC31)
。その結果,高用量(100 mg/kg/day)の血漿中薬
物濃度測定群の雌 1 例で投与 9 日に痙攣が認められ,その後死亡した。本動物では死亡前に呼吸
音及び剖検時に肺の赤色が認められたため,これらの変化は投与液の誤嚥に起因するものと考え
られた。しかし,誤嚥が痙攣に関与したかどうかは明らかではなかった。なお,100 mg/kg/day 投
与時の MDV3100 の雌の Cmax と AUC24h はそれぞれ 70.8 μmol/L(32.9 μg/mL)及び 349 μg·h/mL で
あった。ラット 1 週間反復投与毒性試験において MDV3100 及び M2 を測定した。その結果,そ
れぞれの Cmax 値を各群各性ごとに比較すると M2 は MDV3100 のおおむね 10~100 分の 1 程度で
。
あった(9785-TX-0011(参))
雌雄ビーグル犬を用いた 4 週間反復投与毒性試験(PRO3100NC18)では,高用量群(60 mg/kg/day,
n=6/性)の雌 1 例で最終投与翌日,計画屠殺直前に痙攣が認められた。ほかに痙攣は認められな
かった。この雌 1 例では痙攣が認められた週までに体重が約 20%減少しており一般状態が悪化し
ていたため,痙攣と被験物質との直接的な関連は明確ではなかった。痙攣の認められた動物の曝
露量(Cmax; 73.0 μg/mL 及び AUC24h; 1280 μg·h/mL)は同群の雌の他例に比べ明らかな差異は認め
られなかった(Cmax; 59.6 ± 10.5 μg/mL 及び AUC24h; 1180 ± 155 μg·h/mL; 同群の平均±標準偏差)
。
現在実施中であるビーグル犬を用いた 39 週間反復投与毒性試験[n=4/性/群(主群)+ 3/性
]では,最高投与量である 45 mg/kg/day 投与群の雄 1 例で投与 13 日の投与前に 3
/群(休薬群)
回痙攣が認められた(9785-TX-0013(参))。そのため,当日の投与は中止し,投与 12 日の投与
後 25 時間(初回の痙攣の約 2.5 時間後)及び投与 12 日の投与後 31.5 時間(3 回目の痙攣の 0.5 時
間後)に MDV3100,M1 及び M2 の血漿中濃度を測定した。1 回目の MDV3100,M1 及び M2 の
血漿中濃度はそれぞれ 26.7,7.82 及び 1.73 μg/mL,2 回目はそれぞれ 26.3,5.52 及び 1.89 μg/mL
であった。本動物は投与 13 日から 16 日まで休薬したのち 17 日より投与を再開したが,その後投
39
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
与期間を通じて最終投与日まで痙攣は再現しなかった。
また,
MDV3100 及び M2 を測定した結果,
それぞれの Cmax 値を各群各性ごとに比較すると,M2 は MDV3100 のおおむね 20~50 分の 1 程度
であった(9785-TX-0013(参))
。
In vivo 非臨床試験における痙攣誘発性に関するまとめ
マウスへの MDV3100 の投与により用量依存的な痙攣の発現が認められたが,ラット及びイヌ
の反復投与毒性試験では,ラットで 1 例,イヌで 2 例のみに痙攣が認められたにすぎない。しか
しながら,いずれの動物とも痙攣を誘発した投与量における MDV3100 の Cmax は同等であった(表
2.6.2.4.1.2-5)
。各試験において MDV3100 と M2 の Cmax 値を動物種毎に比較すると,M2 は MDV3100
に対してマウスではおおむね 2~40 分の 1,ラットでは 10~100 分の 1,イヌでは 20~50 分の 1
程度であり,M2 の血漿中濃度の痙攣発現に対する寄与は MDV3100 に比べ少ないものと考えられ
た。それに対して,臨床で 160 mg/day 服用時の定常状態においては,M2 と MDV3100 の Cmax は
ほぼ同等であったことから,臨床においては痙攣発作に対する M2 の寄与は非臨床と比較して相
対的に高いと考えられた(表 2.4-2)
。
表 2.6.2.4.1.2-5
a
b
c
d
MDV3100 投与により痙攣の認められた最低投与量での MDV3100 の
血漿中薬物濃度(各群各性の平均値)
動物種
投与期間
痙攣の認められた最低用量
性
Cmax (μg/mL)
AUC24h (μg·h/mL)
マウス a
1週
200 mg/kg
雄
56.5
1047
ラット b
2週
100 mg/kg
雌
32.9
349
イヌ c
4週
60 mg/kg
雌
59.6
1180
イヌ d
39 週
45 mg/kg
雄
23.1
358
試験番号:9785-PT-0005(参), 血漿中薬物濃度データ:9785-TX-0002(参)
試験番号:PRO3100NC31
試験番号:PRO3100NC18
試験番号:9785-TX-0013(参)
2.6.2.4.2 呼吸系に及ぼす影響
添付資料 4.2.1.3-7
雄性ラット(n=8/群)に MDV3100 の 30,100 及び 200 mg/kg を単回経口投与し,プレチスモ
グラフ法により呼吸パラメータ(呼吸数,一回換気量,分時換気量)を測定した(PRO3100NC95)。
溶媒(
)対照群として投与容量に応じて 2 群を設定した。投与容量は 0,30 及び 100 mg/kg
投与群については 2.2 mL/kg,0 及び 200 mg/kg 投与群については 4.4 mL/kg とした。なお,投与は
1 時間以上プレスチモチャンバーに順化させベースラインのデータを測定したのちに行い,その
後 8 時間以上データを収集した。
40
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
その結果,MDV3100 は 200 mg/kg 投与群まで呼吸パラメータ及び一般症状に影響を及ぼさな
かった。
2.6.2.4.3 心血管系に及ぼす影響
2.6.2.4.3.1
MDV3100 及び M2 の hERG チャネルに対する作用
添付資料 4.2.1.3-4
hERG チャネルを介するカリウム電流(hERG 電流)に及ぼす影響を,hERG チャネルを発現さ
せたヒト胎児腎臓由来細胞(HEK293 細胞)を用いてパッチクランプ法により評価した。
その結果,MDV3100(3~60.5 μmol/L)及び M2(3~60 μmol/L)は hERG 電流を抑制し,IC50
はそれぞれ 15.7 μmol/L(7.29 μg/mL)及び 18.6 μmol/L(8.38 μg/mL)であった(PRO3100NC104
及び PRO3100NC107)
。
一般的に,hERG チャネルの阻害は薬物がチャネル内腔に取り込まれることによって生じるた
め,血漿中の非蛋白結合型の薬物が関与すると考えられる。去勢抵抗性前立腺癌患者に 160 mg/day
の用量を反復投与した場合の定常状態における,MDV3100 及び M2 の最高血漿中非蛋白結合型濃
度はそれぞれ 0.460 μg/mL 及び 0.613 μg/mL であり,hERG 電流抑制作用の IC50 と比較して,それ
ぞれ 16 倍及び 14 倍低かった(表 2.4-2)。
2.6.2.4.3.2
無麻酔イヌの心血管系に対する作用
添付資料 4.2.1.3-8
テレメトリー送信器を埋め込んだ無麻酔無拘束下の雄性ビーグル犬(n=4)に,溶媒(
)
ならびに MDV3100 の 5,15 及び 30 mg/kg を,ラテン方格法にて 14 日間隔で強制経口投与して心
血管系に対する作用を検討した(PRO3100NC94)
。また,上記の最終投与後に 14 日間の休薬期間
を設け,同じ個体を用いて血漿中薬物濃度の測定を行った。動物は 2 群
(n=2/群)
に分け,
MDV3100
の 15 あるいは 30 mg/kg を投与し,投与前と投与後 2,4,8,12,24,48,72,120 及び 168 時間
に採血を行い血漿中薬物濃度を測定した。
その結果,いずれの用量においても血行動態パラメータ(血圧及び心拍数)に MDV3100 投与
に起因すると思われる変化は認められなかった。また,心電図パラメータ(PR,RR,QRS,QT
及び QTc 間隔)も定性的及び定量的に正常範囲内であった。1 例では溶媒投与後に散発的な第二
度房室ブロックがみられたが,正常範囲内の変化と考えられた。心電図波形の異常や不整脈も認
められず,死亡例もなかった。
MDV3100 の血漿中曝露の増加は,15 及び 30 mg/kg 投与群の間で用量比より小さく,Cmax では
15 mg/kg と比較して 30 mg/kg の方がわずかに低かった。15 及び 30 mg/kg 投与時の平均 Cmax はそ
れぞれ 11.5 及び 8.07 μg/mL,tmax は 10 及び 24 時間,AUC168h は 448 及び 582 μg·h/mL,t1/2 は 32.7
及び 42.9 時間であった。また,投与後 2 及び 24 時間の間における MDV3100 の血漿中濃度の変動
は 2 倍未満であった。4 例のイヌすべてにおいて,最終採血時点である投与後 168 時間において
41
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
も MDV3100 が検出された(> 0.0100 μg/mL)
。15 mg/kg 投与時の Cmax(11.5 μg/mL)は 160 mg/day
を投与された去勢抵抗性前立腺癌患者での定常状態での Cmax(14.5 μg/mL)とほぼ同等であった。
以上の in vitro 及び in vivo での心血管系に関する安全性評価の結果より,去勢抵抗性前立腺癌患
者に 160 mg/day を投与した際に心血管系に影響を及ぼす可能性は少ないものと考えられた。
2.6.2.5
薬力学的薬物相互作用試験
薬力学的薬物相互作用に関する試験は実施しなかった。
2.6.2.6
考察及び結論
非臨床薬効薬理試験において,MDV3100 は AR シグナル伝達阻害薬であることが示された。
MDV3100 は,アンドロゲンの AR に対する結合を阻害し,アンドロゲン存在下で AR の核内移行
を阻害し,
AR とその下流遺伝子との結合を阻害した。
去勢抵抗性前立腺癌細胞(LNCaP/AR,
VCaP,
W741C-LNCaP)において,MDV3100 は,AR 依存性遺伝子転写活性の阻害作用,細胞増殖抑制作
用,アポトーシスによる細胞死の誘導作用を示した。AR を過剰発現させた前立腺癌細胞
(LNCaP/AR)をマウスに移植した去勢抵抗性前立腺癌担癌モデルにおいて,MDV3100 は腫瘍退
縮作用を示した。MDV3100 が去勢抵抗性前立腺癌モデルにおいて,臨床推奨用量である
160 mg/day に相当する投与量(50 mg/kg)で腫瘍退縮作用を示したことから,MDV3100 の去勢抵
抗性前立腺癌患者に対する効果が期待できる。また,ビカルタミドなどの抗アンドロゲン薬は長
期投与により,AR に対するアゴニスト活性を示すようになることから,抗腫瘍効果が減弱すると
考えられている。これら抗アンドロゲン薬がアゴニスト作用を示す複数の評価系において,
MDV3100 は AR に対するアゴニスト作用を示さないことが確認された。これらの結果から,
MDV3100 は既存の抗アンドロゲン薬とは異なり,前立腺癌患者に対して,長期投与による薬効減
弱や癌細胞に対する増殖促進を誘導しないと推察される。
ヒト血漿中に認められる主要代謝物 M1 及び M2 に関して,M2 は MDV3100 と同等の AR シグ
ナル伝達阻害作用を有していることが確認されたが,M1 にはそのような作用は認められなかった。
更に,M2 はプロゲステロン受容体並びに GABA 開口性クロライドチャネルに対して,MDV3100
と同等の阻害活性を有することが確認された。
各種受容体及び酵素に対する薬理学的試験において MDV3100 は GABA 開口性クロライドチャ
ネルに対する阻害活性を示し,マウスでは 200 mg/kg/day 以上の投与量で用量依存的に痙攣が発現
した。また,ラット及びイヌの反復投与毒性試験で低頻度ではあるが痙攣が認められた。以上の
データより MDV3100 は用量依存的に痙攣を誘発する可能性が示唆された。MDV3100 の痙攣誘発
作用は臨床での安全性評価(2.5.1.4.2)における成績との関連が疑われる。対照群を設定しないオー
プンラベル試験(第 I 相試験[S-3100-1-01])においても 360 mg/day 以上の用量において痙攣発作
が認められており,臨床での投与量の上限を規定する毒性であった。そのため,痙攣発作の既往
42
2.6.2
薬理試験の概要文
MDV3100
や素因を有する患者ならびに痙攣発作に対する閾値を低下させる懸念のある薬剤を処方されてい
る患者への MDV3100 の使用にはより注意が必要と考えられた。非臨床試験において MDV3100
と M2 の Cmax 値を比較すると,M2 は MDV3100 のおおむね 2~100 分の 1 程度であったが,臨床
では 160 mg/day 服用時の定常状態において,M2 と MDV3100 の Cmax はほぼ同等であり,臨床に
おいては非臨床に比べ痙攣発作に対する M2 の寄与が相対的に高いと思われた。
更に,MDV3100 の中枢神経系,呼吸系及び心血管系に対する作用を評価した。MDV3100 をラッ
トに 200 mg/kg まで単回経口投与した結果,神経行動学的な急性作用あるいは呼吸系に対する影
響を示さなかった。心血管系機能の評価では,MDV3100 及び M2 は in vitro において hERG 電流
を阻害することが示されたが,IC50 は 160 mg/day を服用する患者で予想される血漿中非蛋白結合
型濃度よりもいずれも 10 倍以上高かった。ビーグル犬に MDV3100 を 30 mg/kg まで単回経口投与
しテレメトリーシステムを用いて検討した結果,心血管系に対する影響は認められなかった。
2.6.2.7
図表
図表は各項の本文中の適切な場所に挿入した。
2.6.2.8
参考文献
Chen CD, Welsbie DS, Tran C et al. Molecular determinants of resistance to antiandrogen therapy. Nat Med
2004;10(1):33-9.
Cockshott ID, Cooper KJ, Sweetmore DS et al. The pharmacokinetics of Casodex in prostate cancer patients
after single and during multiple dosing. Eur Urol 1990;18(Suppl 3):10-7.
Foster WR, Car BD, Shi H et al. Drug safety is a barrier to the discovery and development of new androgen
receptor antagonists. Prostate 2011;71(5):480-8.
Gaddipati JP, McLeod DG, Heidenberg HB et al. Frequent detection of codon 877 mutation in the androgen
receptor gene in advanced prostate cancers. Cancer Res 1994;54(11):2861-4.
Hara T, Miyazaki J, Araki H et al. Novel mutations of androgen receptor: a possible mechanism of bicalutamide
withdrawal syndrome. Cancer Res 2003;63(1):149-53.
Horoszewicz JS, Leong SS, Kawinski E et al. LNCaP model of human prostatic carcinoma. Cancer Res
1983;43(4):1809-18.
Hsieh CL, Cai C, Giwa A et al. Expression of a hyperactive androgen receptor leads to androgen-independent
growth of prostate cancer cells. J Mol Endocrinol 2008;41(1):13-23.
Korenchuk S, Lehr JE, MClean L et al. VCaP, a cell-based model system of human prostate cancer. In Vivo
2001;15(2):163-8.
Lewin AH, de Costa BR, Rice KC et al. meta- and para-Isothiocyanato-t-butylbicycloorthobenzoate: irreversible
ligands of the γ-aminobutyric acid-regulated chloride ionophore. Mol Pharmacol 1989;35(2):189-94.
Liu W, Xie CC, Zhu Y et al. Homozygous deletions and recurrent amplifications implicate new genes involved in
prostate cancer. Neoplasia 2008;10(8):897-907.
43
MDV3100
2.6.2
薬理試験の概要文
Schaufele F, Carbonell X, Guerbadot M et al. The structural basis of androgen receptor activation: intramolecular
and intermolecular amino-carboxy interactions. Proc Natl Acad Sci USA 2005;102(28):9802-7.
Sun C, Shi Y, Xu LL et al. Androgen receptor mutation (T877A) promotes prostate cancer cell growth and cell
survival. Oncogene 2006;25(28):3905-13.
Suzuki H, Akakura K, Komiya A et al. Codon 877 mutation in the androgen receptor gene in advanced prostate
cancer: relation to antiandrogen withdrawal syndrome. Prostate 1996;29(3):153-8.
Taplin ME, Bubley GJ, Ko YJ et al. Selection for androgen receptor mutations in prostate cancers treated with
androgen antagonist. Cancer Res 1999;59(11):2511-5.
Tran C, Ouk S, Clegg NJ et al. Development of a second-generation antiandrogen for treatment of advanced
prostate cancer. Science 2009;324(5928):787-90.
Treiman DM. GABAergic mechanisms in epilepsy. Epilepsia 2001;42(Suppl 3):8-12.
44
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
目次
2.6.3
薬理試験概要表.............................................................................................................2
2.6.3.1
薬理試験:一覧表.......................................................................................................2
2.6.3.2
効力を裏付ける試験.................................................................................................11
2.6.3.3
副次的薬理試験 ........................................................................................................21
2.6.3.4
安全性薬理試験 ........................................................................................................31
2.6.3.5
薬力学的薬物相互作用試験 ......................................................................................39
/
アステラス製薬
1
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3
2.6.3.1
薬理試験概要表
薬理試験:一覧表
2.6.3.1.1 薬理試験:一覧表(その 1)
被験物質:MDV3100
CTD No.
(Study Number)
Test System
Method of
Administration
GLP
Study
Binding of MDV3100 and
bicalutamide to human AR
In vitro binding to AR in
LNCaP cytosolic extract
In vitro
No
4.2.1.1-1
(PRO3100NC44)
Binding of MDV3100 to human AR
In vitro binding to AR in
LNCaP cytosolic extract
In vitro
No
4.2.1.1-2
(PRO3100NC66)
Binding of MDV3100, bicalutamide,
nilutamide and hydroxyflutamide to
human AR
In vitro binding to AR in
LNCaP cytosolic extract
In vitro
No
4.2.1.1-3
(PRO3100NC132)
Binding of MDV3100, bicalutamide,
hydroxyflutamide and nilutamide to
human AR
In vitro binding to AR in
LNCaP cytosolic extract
In vitro
No
4.2.1.1-4
(PRO3100NC134)
Determination of binding (orthosteric,
allosteric) of MDV3100 to human AR
In vitro binding to AR in
LNCaP cytosolic extract
In vitro
No
4.2.1.1-5
(PRO3100NC81)
Type of Study
Testing Facility
Primary Pharmacodynamics
Effects of MDV3100 on AR nuclear
translocation, cell viability and
apoptotic markers
Nuclear localization with
AR-YFP in HEK293 cells;
Growth and apoptosis of
LNCaP/AR cells
In vitro
No
Medivation Chile Laboratory
Fundación Ciencias Para la
Vida, Avda. Zañartu 1482
Ñuñoa. Santiago. Chile
4.2.1.1-6
(PRO3100NC155)
Table continued on next page
2
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.1.1 薬理試験:一覧表(その 2)
被験物質:MDV3100
CTD No.
(Study Number)
Test System
Method of
Administration
GLP
Study
AR nuclear translocation agonist and
antagonist activity of MDV3100 and
bicalutamide
Cell-based assay for receptor
nuclear translocation activities
In vitro
No
4.2.1.1-7
(PRO3100NC43)
AR nuclear translocation agonist and
antagonist activity of MDV3100 and
bicalutamide
Cell-based assays for receptor
nuclear translocation protein
interaction and androgen
response element activities
In vitro
No
4.2.1.1-8
(PRO3100NC57)
AR nuclear translocation agonist and
antagonist activity of MDV3100
Cell-based assay for receptor
nuclear translocation activity
In vitro
No
4.2.1.1-9
(PRO3100NC78)
AR nuclear translocation agonist and
antagonist activity of MDV3100,
bicalutamide, nilutamide and
hydroxyflutamide
Cell-based assay for receptor
nuclear translocation activity
In vitro
No
4.2.1.1-10
(PRO3100NC127)
AR nuclear translocation agonist
activity of MDV3100, bicalutamide,
nilutamide and hydroxyflutamide
Cell-based assay for AR
receptor nuclear translocation
activity
In vitro
No
4.2.1.1-11
(PRO3100NC138)
Type of Study
Testing Facility
Primary Pharmacodynamics (continued)
Table continued on next page
3
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.1.1 薬理試験:一覧表(その 3)
被験物質:MDV3100, M1, M2, M3, M4, M5, M6
CTD No.
(Study Number)
Test System
Method of
Administration
GLP
Study
Binding of MDV3100 metabolites M1,
M2, M3 and M4 to human AR
In vitro binding to AR in
LNCaP cytosolic extract
In vitro
No
4.2.1.1-12
(PRO3100NC65)
Binding of MDV3100 and metabolites
M1, M2, M3 and M4 to human AR
In vitro binding to AR in
LNCaP cytosolic extract
In vitro
No
4.2.1.1-13
(PRO3100NC73)
Binding of MDV3100 metabolites M5
and M6 to human AR
In vitro binding to AR in
LNCaP cytosolic extract
In vitro
No
4.2.1.1-14
(PRO3100NC116)
Binding of MDV3100 metabolites M1,
M2, M3 and M4 to human AR
In vitro binding to AR in
LNCaP cytosolic extract
In vitro
No
4.2.1.1-15
(PRO3100NC59)
AR nuclear translocation agonist and
antagonist activity of MDV3100
metabolites M1, M2, M3 and M4
Cell-based assay for receptor
nuclear translocation activity
In vitro
No
4.2.1.1-16
(PRO3100NC70)
Binding affinity of MDV3100 on
human and rat androgen receptor
In vitro binding to AR in
cytosolic extract from human
wild type AR-transfected
COS-1 cells
Type of Study
Testing Facility
Primary Pharmacodynamics (continued)
In vitro
No
Pharmacology Research
Laboratories
Astellas Pharma Inc., 21,
Miyukigaoka, Tsukuba-shi,
Ibaraki 305-8585, Japan
4.2.1.1-17
(9785-PH-0002)
Table continued on next page
4
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.1.1 薬理試験:一覧表(その 4)
被験物質:MDV3100
Type of Study
Test System
Method of
Administration
GLP
Study
Testing Facility
CTD No.
(Study Number)
No
Applied Pharmacology
Research Laboratories
Astellas Pharma Inc., 21,
Miyukigaoka, Tsukuba-shi,
Ibaraki 305-8585, Japan
4.2.1.1-18
(9785-PH-0003)
No
Applied Pharmacology
Research Laboratories
Astellas Pharma Inc., 21,
Miyukigaoka, Tsukuba-shi,
Ibaraki 305-8585, Japan
4.2.1.1-19
(9785-PH-0004)
Pharmacology Research
Laboratories
Astellas Pharma Inc., 21,
Miyukigaoka, Tsukuba-shi,
Ibaraki 305-8585, Japan
4.2.1.1-20
(9785-PH-0005)
Primary Pharmacodynamics (continued)
Effects of MDV3100, bicalutamide and
hydroxyflutamide on cell growth of
LNCaP and W741C-LNCaP, human
prostate cancer cells
LNCaP and W741C mutated
AR-transfected LNCaP human
prostate cancer cells
In vitro
Inhibitory effects of MDV3100,
bicalutamide and hydroxyflutamide on
DHT-induced cell growth of LNCaP
and W741C-LNCaP, human prostate
cancer cells
LNCaP and W741C mutated
AR-transfected LNCaP human
prostate cancer cells
Effects of MDV3100 and bicalutamide
on binding of AR to PSA and
TMPRSS2 enhancer regions
Cell-based chromatin
immunoprecipitation assay
using LNCaP cells which
overexpress human wild
type-AR
In vitro
No
Antitumor effects of MDV3100 on
LNCaP AR Lux human prostate cancer
xenografts in castrated SCID mice
LNCaP AR Lux cells
implanted in 5-9-week old
castrated male CB17SCID
mice
Oral gavage
No
4.2.1.1-21
(PRO3100NC48)
Histopathological and IHC comparison
in small or large tumors treated with
MDV3100 or vehicle
LNCaP AR cells implanted in
castrated male SCID mice
Oral gavage
No
4.2.1.1-22(参)
(PRO3100NC48 Study 11)
In vitro
Table continued on next page
5
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.1.1 薬理試験:一覧表(その 5)
被験物質:MDV3100, M1, M2, M3, M4, M5, M6
CTD No.
(Study Number)
Test System
Method of
Administration
GLP
Study
Binding and effects of MDV3100 on
various receptors and enzymes
Receptor binding and enzyme
assays using scintillation
counting, HTRF, RIA,
photometry and fluorimetry
In vitro
No
4.2.1.2-1
(PRO3100NC49)
Effects of MDV3100 on PR, AR and
chloride channel
PR, AR and chloride channel
binding assay
In vitro
No
4.2.1.2-2
(PRO3100NC50)
Effects of MDV3100 and its
metabolites M1, M2, M3 and M4 at
GABAA Receptors
Human ionotropic GABAA
receptors α1β3 and α1β3γ2
In vitro
No
4.2.1.2-3
(PRO3100NC72)
Screening of MDV3100 for agonist
effect on progesterone receptor β
Cell-based assay for receptor
protein interaction activity
In vitro
No
4.2.1.2-4
(PRO3100NC131)
Screening of MDV3100 and its
metabolites M5 and M6, and other
metabolites, for estrogen receptor
binding
In vitro human estrogen
receptor binding assay
In vitro
No
4.2.1.2-5
(PRO3100NC68)
Cell-based assay for receptor
protein interaction activity
In vitro
No
4.2.1.2-6
(PRO3100NC129)
Type of Study
Testing Facility
Secondary Pharmacodynamics
Screening of MDV3100 for agonist and
antagonist effect on estrogen receptor α
Table continued on next page
6
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.1.1 薬理試験:一覧表(その 6)
被験物質:MDV3100, M1, M2, M3, M4
CTD No.
(Study Number)
Test System
Method of
Administration
GLP
Study
In Vitro Pharmacology: Kinase Assays
Receptor kinase assays using
HTRF
In vitro
No
4.2.1.2-7
(PRO3100NC58)
In Vitro Pharmacology: Comprehensive
Kinase Profile
Study of MDV3100
Human kinase assays using
LANCE® or HTRF
In vitro
No
4.2.1.2-8
(PRO3100NC136)
Effect of MDV3100 on various kinases
and other enzymes
Enzyme assays
In vitro
No
4.2.1.2-9
(PRO3100NC137)
Receptor binding and enzyme
assays using scintillation
counting, HTRF, photometry
and fluorimetry
In vitro
No
4.2.1.2-10
(PRO3100NC63)
Effect of M1 and M2 on various
kinases
Enzyme assays
In vitro
No
4.2.1.2-11
(PRO3100NC141)
Effect of M1 and M2 on various
kinases
Kinase assays using LANCE
and HTRF
In vitro
No
4.2.1.2-12
(PRO3100NC142)
Type of Study
Testing Facility
Secondary Pharmacodynamics (continued)
Receptor binding and enzyme
inhibition by MDV3100 metabolites
M1, M2, M3 and M4
Table continued on next page
7
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.1.1 薬理試験:一覧表(その 7)
被験物質:MDV3100, M1, M2
CTD No.
(Study Number)
Test System
Method of
Administration
GLP
Study
Effect of M2 on progesterone receptor
and GABA-gated chloride channel
assays
Protein binding inhibition
assays
In vitro
No
4.2.1.2-13
(PRO3100NC154)
Binding of MDV3100 to progesterone
receptor
In vitro progesterone receptor
binding assay
In vitro
No
4.2.1.2-14
(PRO3100NC130)
Progesterone receptors α and β protein
interaction antagonist activity of
MDV3100
Cell-based assay for receptor
protein interaction activity
In vitro
No
4.2.1.2-15
(PRO3100NC145)
MDCK cells
In vitro
No
4.2.1.2-16
(PRO3100NC159)
In Vitro Pharmacology: Human
Receptor Binding Assays
MDV3100_M1
Binding assays for adenosine
A3, CCK1 receptor and
norepinephrine transporter
In vitro
No
4.2.1.2-17
(PRO3100NC158)
In Vitro Pharmacology: Human
Receptor Functional Assays
MDV3100_M1
Cell based activity assays for
Adenosine A3 receptor and
the CCK1 receptor
In vitro
No
4.2.1.2-18
(PRO3100NC160)
Type of Study
Testing Facility
Secondary Pharmacodynamics (continued)
Effect of M1 on cellular uptake of
norepinephrine
Table continued on next page
8
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.1.1 薬理試験:一覧表(その 8)
被験物質:MDV3100, M2
CTD No.
(Study Number)
Test System
Method of
Administration
GLP
Study
Effects of MDV3100 on cloned hERG
potassium channels expressed in
human embryonic kidney cells
hERG potassium channels
stably expressed in HEK293
cells
In vitro
No
4.2.1.3-1(参)
(PRO3100NC91)
Effects of M2 on cloned hERG
potassium channels expressed in
human embryonic kidney cells
hERG potassium channels
stably expressed in HEK293
cells
In vitro
No
4.2.1.3-2(参)
(PRO3100NC92)
Effects of MDV3100 on cloned hERG
potassium channels expressed in
mammalian cells
hERG potassium channels
stably expressed in HEK293
cells
In vitro
Yes
4.2.1.3-3
(PRO3100NC104)
Effects of M2 on cloned hERG
potassium channels expressed in
mammalian cells
hERG potassium channels
stably expressed in HEK293
cells
In vitro
Yes
4.2.1.3-4
(PRO3100NC107)
Type of Study
Testing Facility
Safety Pharmacology
Table continued on next page
9
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.1.1 薬理試験:一覧表(その 9)
被験物質:MDV3100
CTD No.
(Study Number)
Test System
Method of
Administration
GLP
Study
Male mice,
Crlj:CD1 (ICR), SPF
Oral gavage
No
4.2.1.3-5(参)
(9785-PT-0005)
Neurobehavioral evaluation of orally
administered MDV3100 in rats
Male rats
(Sprague Dawley)
Oral gavage
Yes
4.2.1.3-6
(PRO3100NC96)
Respiratory evaluation of orally
administered MDV3100 in male rats
Male rats
(Sprague Dawley)
Oral gavage
Yes
4.2.1.3-7
(PRO3100NC95)
Cardiovascular Safety Pharmacology
Evaluation of MDV3100 administered
by oral gavage to naive
telemetry-instrumented conscious male
beagle dogs with a toxicokinetic arm
Male beagle dogs
Oral gavage
Yes
4.2.1.3-8
(PRO3100NC94)
Type of Study
Testing Facility
Safety Pharmacology (continued)
Evaluation of convulsive effects of
MDV3100 in mice
AR:アンドロゲン受容体,CCK1:コレシストキニン 1 受容体,COS-1:アフリカミドリザル腎臓由来細胞,GABA:ガンマアミノ酪酸,GLP:医薬品の安全性に関
する非臨床試験の実施基準,HEK293:ヒト胎児腎臓由来細胞株,hERG:ヒト ether-à-go-go-関連遺伝子,HTRF:均一系時間分解蛍光法,LANCE:ランタニドキレー
ト励起法(測定法),LNCaP:ヒト前立腺癌細胞株,M1:MDV3100 代謝物 1(MDPC0001),M2:MDV3100 代謝物 2(MDPC0002),M3:MDV3100 代謝物 3(MDPC0003),
M4:MDV3100 代謝物 4(MDPC0004),M5:MDV3100 代謝物 5(MDV3105),M6:MDV3100 代謝物 6(MDV3106),PR:プロゲステロン受容体,RIA:ラジオ
イムノアッセイ,SCID:複合免疫不全
10
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.2
効力を裏付ける試験
2.6.3.2.1 効力を裏付ける試験(In vitro, その 1)
被験物質:MDV3100
Objective
Species/Test System
Determine binding
affinity of MDV3100
and bicalutamide for
human AR
In vitro competitive
binding of MDV3100 or
bicalutamide with
[3H]methyltrienolone in
a LNCaP cell cytosolic
extract
Determine binding
affinity of MDV3100
for human AR
In vitro competitive
binding of MDV3100
with
[3H]methyltrienolone in
a LNCaP cell cytosolic
extract
Determine binding
affinity of MDV3100,
bicalutamide,
nilutamide and
hydroxyflutamide for
human AR
In vitro competitive
binding of MDV3100,
bicalutamide, nilutamide
and hydroxyflutamide
with
[3H]methyltrienolone in
a LNCaP cell cytosolic
extract
na
2
2
2
Regimen/Methodology
Range of concentrations,
1×10-9 to 1×10-5 mol/L of
MDV3100 or bicalutamide
Range of concentrations,
3×10-10 to 1×10-5 mol/L of
MDV3100
Range of concentrations,
3×10-10 to 1×10-5 mol/L of
each test compound
Key Results
Compound
IC50, mol/L
Ki, mol/L
MDV3100
3.45×10-8
1.30×10-8
MDV3100
(replicate)
5.16×10-8
1.88×10-8
Bicalutamide
8.31×10-8
3.04×10-8
MDV3100:
IC50 = 3.59×10-8 mol/L
Ki = 1.31×10-8 mol/L
Compound
IC50, mol/L
Ki, mol/L
MDV3100
1.08×10-7
3.78×10-8
Hydroxyflutamide
1.09×10-8
3.82×10-9
Bicalutamide
1.61×10-7
5.64×10-8
Nilutamide
2.23×10-8
7.82×10-9
GLP
Study
CTD No.
(Study Number)
No
4.2.1.1-1
(PRO3100NC44)
No
4.2.1.1-2
(PRO3100NC66)
No
4.2.1.1-3
(PRO3100NC132)
Table continued on next page
11
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.2.1 効力を裏付ける試験(In vitro, その 2)
被験物質:MDV3100
Objective
Species/Test System
Determine binding
affinity of MDV3100,
bicalutamide,
nilutamide and
hydroxyflutamide for
human AR
In vitro competitive
binding of MDV3100,
bicalutamide, nilutamide
and hydroxyflutamide
with
[3H]methyltrienolone in
a LNCaP cell cytosolic
extract
na
2
Regimen/Methodology
Range of concentrations,
3×10-10 to 1×10-5 mol/L of
each test compound
Key Results
Compound
IC50, mol/L
Ki, mol/L
MDV3100
5.22×10-8
2.05×10-8
Hydroxyflutamide
9.37×10-9
3.69×10-9
Bicalutamide
6.64×10-8
2.61×10-8
Nilutamide
1.75×10-8
6.89×10-9
GLP
Study
CTD No.
(Study Number)
No
4.2.1.1-4
(PRO3100NC134)
No
4.2.1.1-5
(PRO3100NC81)
Inhibition by MDV3100 at radioligand
concentrations approximating the Kd seems to be
competitive, or orthosteric.
Determine whether
MDV3100 binding to
human AR is
orthosteric or allosteric
In vitro human AR
binding assay with
varying radioligand
([3H]-R1881)
concentrations
2
In vitro 8-point concentration
dose response of MDV3100
binding at each radioligand
concentration
[3H]-R1881, nmol/L
IC50,
nmol/L
Ki,
nmol/L
10
1066
33
3
259
40
1
183
48
0.5
118
52
0.1
77
51
0.05
68
73
Table continued on next page
12
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.2.1 効力を裏付ける試験(In vitro, その 3)
被験物質:MDV3100
Objective
Effects of MDV3100
on AR nuclear
translocation
Effects of MDV3100
on cell viability and
induction of apoptotic
markers
Species/Test System
na
In vitro AR nuclear
translocation:
AR nuclear
HEK293 cells
expressing a fluorescent translocation
: n=1
wild type AR-yellow
fluorescence protein
fusion
Viability and apoptosis:
LNCaP/AR cells
Viability
and
apoptosis:
n=2
Regimen/Methodology
Key Results
AR nuclear translocation: In
vitro 1 μmol/L of MDV3100
or bicalutamide with 1 nmol/L
of DHT, and 1 and 10 μmol/L
of compounds without DHT
AR nuclear translocation:
MDV3100 inhibited DHT-induced AR nuclear
translocation at 1 μmol/L. MDV3100 did not
induce AR nuclear translocation at 1 or 10 μmol/L.
Bicalutamide partially inhibited DHT-induced AR
nuclear translocation at 1 μmol/L. Bicalutamide
induced AR nuclear translocation at 1 or10 μmol/L.
Viability:
In vitro 1 and 10 μmol/L of
MDV3100 with or without
1 nmol/L of DHT for 6 days.
Viability measured with MTS
assay.
Apoptosis:
In vitro 1 and 10 μmol/L of
MDV3100 with or without
1 nmol/L of DHT for 2 or
4 days. Apoptosis by
Western analysis for cleaved
caspase 3
Cell Viability:
MDV3100 at 1 and 10 μmol/L reduced cell
viability.
GLP Study
CTD No.
(Study Number)
No
4.2.1.1-6
(PRO3100NC155)
Cell apoptosis:
MDV3100 at 1 and 10 μmol/L induced apoptosis
(cleaved caspase 3).
Table continued on next page
13
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.2.1 効力を裏付ける試験(In vitro, その 4)
被験物質:MDV3100
Objective
Determine AR agonist
and antagonist dose
response curves of
MDV3100 and
bicalutamide
Determine AR agonist
and antagonist dose
response curves of
MDV3100 and
bicalutamide and cell
toxicity
AR agonist and
antagonist dose
response curves, light
scattering spectroscopy
to determine compound
solubility
Species/Test System
na
Regimen/Methodology
Key Results
GLP Study
CTD No.
(Study Number)
2
Range of concentrations, 0 to
16.0 μmol/L of bicalutamide or
MDV3100
Norgesterol as a control agonist
Bicalutamide induced a weak agonist response.
No agonist response was observed with
MDV3100.
Bicalutamide and MDV3100 inhibited nuclear
translocation of AR with IC50 of 0.70 and
0.85 μmol/L, respectively.
No
4.2.1.1-7
(PRO3100NC43)
2
Range of concentrations, 0 to
60 μmol/L of MDV3100 or
bicalutamide
Norgesterol and Geldanamycin
as controls
Bicalutamide induced a partial agonist
response in the
Biosensor
Androgen nuclear translocation and
receptor/co-activator interaction assays. No
agonist response was observed with
MDV3100. Both compounds acted as
inhibitors of AR activity when challenged with
EC80 of agonist. Agonist and antagonist
activities were observed for both compounds in
an Androgen Response Element gene reporter
assay demonstrating the AR in CHO-AR cells
was able to act as a transcription factor. No
conclusive evidence of toxicity was obtained.
No
4.2.1.1-8
(PRO3100NC57)
2
Range of concentrations, 0 to
60 μmol/L of MDV3100
Norgesterol and Geldanamycin
as controls
MDV3100 inhibited AR nuclear translocation
with IC50 of 1.5 μmol/L
No
4.2.1.1-9
(PRO3100NC78)
In vitro
protein
interaction and
nuclear translocation
assays
In vitro
protein
interaction, nuclear
translocation and
Androgen response
element assays
In vitro
protein
interaction and
nuclear translocation
assays
Table continued on next page
14
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.2.1 効力を裏付ける試験(In vitro, その 5)
被験物質:MDV3100
Objective
Species/Test System
na
Regimen/
Methodology
Key Results
Agonist mode
Nuclear hormone
AR agonist and
antagonist
activity by four
compounds in
cells
In vitro
nuclear
translocation assays
2
0 to 3×10-5 mol/L,
6α-fluorotestosterone,
MDV3100,
bicalutamide,
nilutamide or
hydroxyflutamide
GLP Study
CTD No.
(Study Number)
No
4.2.1.1-10
(PRO3100NC127)
No
4.2.1.1-11
(PRO3100NC138)
Antagonist mode
Compound
EC50,
nmol/L
6α-fluorotestosterone
33.83
100%
NR
NR
MDV3100
>30000
1%
5513
83%
Bicalutamide
26440
11%
2482
74%
Nilutamide
17860
22%
5614
70%
Hydroxyflutamide
>30000
3%
5645
76%
Max. % IC50, Max. %
activity nmol/L
Inh.
MDV3100 had the weakest agonist activity of all four
compounds at 1%
Nuclear hormone
AR agonist
activity by four
compounds in
cells
In vitro
nuclear
translocation assays
2
0 to 3×10-5 mol/L,
6α-fluorotestosterone,
MDV3100,
bicalutamide,
nilutamide or
hydroxyflutamide
Compound
EC50, nmol/L
Max % Activity
6α-fluorotestosterone
6.2
100%
MDV3100
>30000
1%
Bicalutamide
17560
14%
Nilutamide
>30000
5%
Hydroxyflutamide
18880
17%
Table continued on next page
15
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.2.1 効力を裏付ける試験(In vitro, その 6)
被験物質:MDV3100, M1, M2, M3, M4, M5, M6
Objective
Species/Test System
In vitro competitive
Determine binding
binding of MDV3100
affinity of
metabolites M1, M2, M3
MDV3100
or M4 with
metabolites M1,
[3H]methyltrienolone in a
M2, M3 and M4
LNCaP cell cytosolic
for human AR
extract
Determine binding
affinity of
MDV3100 and
metabolites M1,
M2, M3 and M4
for human AR
Determine binding
affinity of
MDPC0005 and
MDPC0006 for
human AR
In vitro human AR
binding assay
In vitro human AR
binding assay
na
Regimen/
Methodology
-10
2
2
2
3×10 to
1×10-5 mol/L
1×10-9 to
1×10-5 mol/L
each of
MDV3100, M1,
M2, M3 or M4
3×10-10 to
1×10-5 mol/L of
MDV3105
(MDPC0005)
or MDV3106
(MDPC0006)
Key Results
Compound
IC50, mol/L
Ki, mol/L
M1
> 1.0×10-5
NA
M2
1.76×10-7
5.89×10-8
M3
9.38×10-7
3.14×10-7
M4
1.08×10-6
3.61×10-7
Compound
IC50, mol/L
Ki, mol/L
-7
MDV3100
1.3×10
M1
> 1.0×10-5
CTD No.
(Study Number)
No
4.2.1.1-12
(PRO3100NC65)
No
4.2.1.1-13
(PRO3100NC73)
No
4.2.1.1-14
(PRO3100NC116)
5.7×10-8
NA
1.2×10
-7
5.1×10
M3
3.4×10
-6
1.5×10-6
M4
2.2×10-6
9.7×10-7
Compound
IC50, mol/L
Ki, mol/L
MDPC0005
NA
NA
MDPC0006
1.35×10-7
5.72×10-8
M2
GLP Study
-8
Table continued on next page
16
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.2.1 効力を裏付ける試験(In vitro, その 7)
被験物質:M1, M2, M3, M4
Objective
Species/Test System
Determine
human AR
binding by M1,
M2, M3 and M4
In vitro human AR
binding assay
na
Regimen/Methodology
2
1×10-9 to 1×10-5 mol/L
M1, M2, M3 or M4
Key Results
IC50 for M1 was not calculable
(> 1.0×10-5 mol/L). IC50 for M2, M3 and M4
were 1.7×10-7, 1.9×10-6 and 1.6×10-6 mol/L,
respectively.
GLP Study
CTD No.
(Study Number)
No
4.2.1.1-15
(PRO3100NC59)
No
4.2.1.1-16
(PRO3100NC70)
No agonist response was observed for the test
compounds. Varying degrees of AR nuclear
translocation inhibition (antagonism) were
observed.
Human AR
agonist and
antagonist dose
response curves
for M1, M2, M3
and M4
In vitro
biosensor
androgen receptor
nuclear translocation and
protein interaction
assays
2
0.003 to 60 μmol/L of M1, M2,
M3 and M4
Norgesterol and Geldanamycin
as controls
Compound
EC50, µmol/L
(agonist
mode)
IC50, μmol/L
(antagonist
mode)
Control b
0.004
0.018
M1
NR
> 60
M2
NR
3.2
M3
NR
16.2
M4
NR
11.6
Table continued on next page
17
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.2.1 効力を裏付ける試験(In vitro, その 8)
被験物質:MDV3100
Objective
Determine binding
affinity of
MDV3100,
bicalutamide and
hydroxyflutamide
for human wild
type-AR
Proliferative effects
of MDV3100,
bicalutamide and
hydroxyflutamide on
cell growth of
human prostate
cancer cells
Inhibitory effects of
MDV3100,
bicalutamide and
hydroxyflutamide on
DHT-induced cell
growth of human
prostate cancer cells
GLP Study
CTD No.
(Study Number)
Ki values of MDV3100, bicalutamide and
hydroxyflutamide for human wild type-AR
were 38, 42 and 18 nmol/L, respectively.
No
4.2.1.1-17
(9785-PH-0002)
10, 30, 100, 300, 1000 and
3000 nmol/L of MDV3100,
bicalutamide and
hydroxyflutamide incubated
for 6 days
MDV3100 did not have any agonistic activities
on either T877A mutated AR or W741C
mutated AR.
No
4.2.1.1-18
(9785-PH-0003)
3 (MDV3100 only), 10, 30,
100, 300, 1000 and
3000 nmol/L (bicalutamide
and hydroxyflutamide only)
of MDV3100, bicalutamide
and hydroxyflutamide
incubated for 6 days in the
presence of 1 nmol/L of
DHT
MDV3100 has antagonistic activities on both
T877A mutated AR and W741C mutated AR.
No
4.2.1.1-19
(9785-PH-0004)
Species/Test System
na
Regimen/Methodology
In vitro binding of
MDV3100,
bicalutamide or
hydroxyflutamide
with [3H]DHT in
cytosolic extract from
human wild type
AR-transfected
COS-1 cells
4 independent
experiments
performed in
triplicate
3 to 3000 nmol/L of each
test compound and 3 nmol/L
of [3H]DHT incubated for
4 hs
In vitro LNCaP and
W741C mutated
AR-transfected
LNCaP human
prostate cancer cells
3 independent
experiments
with 6 wells
per dose for
each cell line
3 independent
experiments
with 6 wells
per dose for
each cell line
In vitro LNCaP and
W741C mutated
AR-transfected
LNCaP human
prostate cancer cells
Key Results
Table continued on next page
18
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.2.2 効力を裏付ける試験(In vitro, その 9)
被験物質:MDV3100
Objective
Species/Test System
Evaluate the effect
of MDV3100 and
bicalutamide on the
binding of AR to
PSA and TMPRSS2
enhancer regions in
the presence or
absence of DHT
Cell-based chromatin
immunoprecipitation
assay using LNCaP
cells which
overexpress human
wild type AR
na
Regimen/Methodology
Key Results
GLP Study
CTD No.
(Study Number)
1
(duplicate)
1 and 10 μmol/L for
MDV3100 and
bicalutamide in the
presence and absence of
1 nmol/L of DHT
MDV3100 inhibited DHT-induced AR
association with chromatin PSA and TMPRSS2
enhancer regions.
MDV3100 did not enhance the binding of AR
to chromatin, while bicalutamide induced
AR-chromatin association.
No
4.2.1.1-20
(9785-PH-0005)
a:独立した試行回数,b:アゴニスト活性検討時の対照は norgesterol,アンタゴニスト活性検討時の対照は geldanamycin。
AR:アンドロゲン受容体,CHO-AR:アンドロゲン受容体発現チャイニーズハムスター卵巣細胞,COS-1:アフリカミドリザル腎臓由来細胞,DHT: 5α-ジヒドロテス
トステロン,EC50:50%薬効発現濃度,EC80:80%薬効発現濃度,GABA:ガンマアミノ酪酸,GLP:医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施基準,IC50:50%阻害
濃度,Inh.:阻害,Kd:解離定数,K:
LNCaP:ヒト前立腺癌細胞株,M1:MDV3100 代謝物 (
1 MDPC0001/MCPC001),M2:MDV3100 代謝物 2
(MDPC0002/MCPC002)
,
i 阻害定数,
M3:MDV3100 代謝物 3(MDPC0003/MDPC003),M4:MDV3100 代謝物 4(MDPC0004/MDPC004),NA:算出されず,NR:報告なし,PSA:前立腺特異抗原,
TMPRSS2:膜貫通プロテアーゼ,セリン 2 型
19
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.2.3 効力を裏付ける試験(In vivo)
被験物質:MDV3100
Objective
Species/Test
System
n
Regimen
Key Results
GLP
Study
CTD No.
(Study Number)
No
4.2.1.1-21
(PRO3100NC48)
No
4.2.1.1-22(参)
(PRO3100NC48
Study 11)
Dose-dependent reduction of tumor growth and
significant body weight gain among animals in
MDV3100 treatment groups.
Antitumor effects of
MDV3100 and
bicalutamide on
LNCaP-AR Lux
human prostate cancer
xenografts
Histophathological
and IHC comparison
of small or large
tumors treated with
MDV3100 or vehicle
LNCaP-AR Lux
cells implanted
subcutaneously in
5 - 9 week old
castrated male
CB17SCID mice
Ex vivo tumor
tissue
35
(7/ group)
Small tumor 7 days =
3/group, 21 days =
4/vehicle
5/MDV3100
1, 10 and 50 mg/kg
MDV3100 was
administered once-daily
by oral gavage for 28
consecutive days;
vehicle (1% CMC +
0.1% Tween80)
bicalutamide 50 mg/kg
Tumors from MDV3100
treated (50 mg/kg) and
vehicle treated mice (7
or 21 days of treatment)
were sectioned and
stained for caspase-3,
Ki67 and prostate
specific antigen
Treatment
Group
Number of
non-measurable
tumors/number
of mice
Tumor
volume (SD)
at Day 28,
mm3
Vehicle
0/7
348 (192)
1 mg/kg
MDV3100
1/7
202 (98)
10 mg/kg
MDV3100
0/7
133 (93)
50 mg/kg
MDV3100
3/7
62 (65)
50 mg/kg
Bicalutamide
0/7
330 (198)
No significant differences in percent necrosis or
caspase-3 and prostate specific antigen staining
between vehicle and 50 mg/kg MDV3100 treated
tumors. The only significant difference was
decreased staining for Ki67 in small tumors treated
with 50 mg/kg MDV3100 at 21 days compared with
vehicle.
Large tumor 7 days =
2/group, 21 days =
2/vehicle
3/MDV3100
AR:アンドロゲン受容体,CMC:カルボキシルメチルセルロース,GLP:医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施基準,IHC:免疫組織化学的,LNCaP:ヒト前
立腺癌細胞株,SCID:複合免疫不全
20
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.3
副次的薬理試験
2.6.3.3.1 副次的薬理試験(その 1)
被験物質:MDV3100
Objective
Effect of
MDV3100 on
73 unique
receptors and
16 unique
enzymes
Species/Test System
Receptors: A1, A2A, A3 (h); α1, α2 (non-selective); β1, β2
(h); AT1, AT2 (h); BZD (central); B1, B2 (h); CB1, CB2 (h);
CCKA, CCKB (h); CRF1 (h); D1, D2S, D3, D4.4 (h); ETA,
ETB (h); GABA (non-selective); AMPA; kainate; NMDA;
ghrelin (h); H1, H2, H3 (h); I1, I2; LTB4 (h); LTD4 (h);
LH-RH; MC4 (h); M (non-selective; NK1, NK2, NK3 (h); Y
(non-selective); N (neuronal); opioid (non-selective);
ORL1 (h); PCP; P2X; P2Y; 5-HT (non-selective); σ
(non-selective); sst5 (h); glucocorticoid (h); estrogen (h);
progesterone (h); androgen (h); TH; TRH1 (h); Va, V2 (h);
Ca2+ channel (L, DHP site, L, diltiazem site, L, verapamil
site); K+ATP channel; K+ channel (hERG, h); K+V channel;
SK+Ca channel; Na+ channel; Cl- channel; NE transporter
(h); DA transporter (h); GABA transporter; choline
transporter (h); 5-HT transporter (h)
Enzymes: PDE1, PDE2 (h), PDE3 (h), PDE4 (h), PDE5 (h);
adenylyl cyclase; guanylyl cylase; PKCα (h);
acetylcholinesterase (h); catechol-O-methyl transferase;
GABA transaminase; MAO-A (h); MAO-B (h);
phenylethanolamine-N-methyl transferase; tyrosine
hydroxylase; ATPase (Na+/K+)
na
2
Regimen/
Methodology
Key Results
GLP
Study
CTD No.
(Study Number)
In vitro
MDV3100
1×10-5 mol/L
MDV3100 inhibited specific binding
affinities to androgen (h) receptor by
86% and to Cl- channel by 82% at a
concentration of 1×10-5 mol/L. An
inhibition of > 50% was not observed for
other receptors, channels or transporters
by MDV3100 at a concentration of
1×10-5 mol/L.
No
4.2.1.2-1
(PRO3100NC49)
% inhibition or stimulation determined by scintillation
counting, HTRF, RIA, photometry or fluorimetry.
Table continued on next page
21
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.3.1 副次的薬理試験(その 2)
被験物質:MDV3100
Objective
Inhibitory effect
of MDV3100 on
the PR receptor,
AR and Clchannel
Species/Test System
human PR from MCF-7 cell extract;
human AR from cytosolic LNCaP
extract;
rat GABA-gated chloride channel
from cerebral cortex extract
% inhibition determined by
scintillation counting
na
2
Regimen/
Methodology
In vitro
1.0×10-6,
5.0×10-6,
1.0×10-5,
2.5×10-5 mol/L
Key Results
GLP
study
CTD No.
(Study Number)
No
4.2.1.2-2
(PRO3100NC50)
MDV3100 inhibited PR activity by 55% at a concentration of
2.5×10-5 mol/L. MDV3100 inhibited AR activity and Clchannel activity with IC50 of 3.1×10-7 and 2.6×10-6 mol/L,
respectively.
% Inhibition
MDV3100
concentration
(mol/L)
Progesterone
1.0×10-6
5.0×10-6
1.0×10-5
2.5×10-5
7%
15%
38%
55%
Table continued on next page
22
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.3.1 副次的薬理試験(その 3)
被験物質:MDV3100, M1, M2, M3, M4
Objective
Effect of
MDV3100 and
metabolites M1,
M2, M3 and
M4 on GABAA
receptors
Species/Test System
α1β3 and α1β3γ2 human GABAA
receptors expressed in Xenopus
oocytes
na
4
Regimen/
Methodology
In vitro
0, 1, 3, 10, 30 and
100 μmol/L
MDV3100, M1,
M2, M3 or M4
Key Results
GLP
Study
CTD No.
(Study Number)
No
4.2.1.2-3
(PRO3100NC72)
Brief exposure to MDV3100 or its metabolites; M1, M2,
M3 or M4 caused no detectable inward currents at either
the α1β3 or the α1β3γ2 GABAA receptor indicating that
these compounds do not activate either of these two
forms of the GABAA receptor. MDV3100 and its 4
metabolites antagonized the α1β3 GABAA receptor with
IC50 and % inhibition summarized below. As inhibition
was observed in the μmol/L range, these data indicate that
MDV3100 and its metabolites are functional antagonists
of the GABAA receptor.
α1β3 GABAA
Compound
IC50 (SEM) b,
μmol/L
% Inhibition
(at 100 µmol/L)
MDV3100
3.00 (0.8)
70
M1
20.7 (6.03)
90
c
M2
2.3 (1.5)
75 (2.1)
M3
4.0 (3.15)
57
M4
1.55 (0.19) c
45.0 (4.62)
78
88
Table continued on next page
23
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.3.1 副次的薬理試験(その 4)
被験物質:MDV3100, M5, M6
Objective
Determine
agonist activity
of MDV3100 on
the progesterone
receptor ββ
Binding of
MDV3100 and
metabolites M5
and M6 to the
estrogen receptor
Species/Test System
In vitro
protein interaction assay
Estrogen receptor cell extract
preparation from MCF-7 cells
Regimen/
Methodology
Key Results
GLP
Study
CTD No.
(Study Number)
2
In vitro
0, 0.37, 1.11, 3.33,
10, 30 μmol/L
MDV3100
MDV3100 did not activate the progesterone receptor β at
concentrations up to 30 μmol/L and the EC50 of
MDV3100 was > 30000 nmol/L suggesting that
MDV3100 is not an agonist of the progesterone receptor
β. The positive control compound norgesterol at a
concentration of 370 nmol/L, activated the progesterone
receptor β at a maximum % of activity of 113% with an
EC50 of 6.04 nmol/L.
No
4.2.1.2-4
(PRO3100NC131)
2
In vitro
competitive
binding of 0 or
10 μmol/L
MDV3100 with
[3H]estradiol
MDV3100 did not show significant competition with
[3H]estradiol binding (2.49% inhibition)
No
4.2.1.2-5
(PRO3100NC68)
na
Table continued on next page
24
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.3.1 副次的薬理試験(その 5)
被験物質:MDV3100
Objective
Determine
agonist and
antagonist
activities of
MDV3100 on
the estrogen
receptor
Species/Test System
In vitro
protein interaction assay
Regimen/
Methodology
Key Results
GLP
Study
CTD No.
(Study Number)
2
In vitro
MDV3100,
10 μmol/L
MDV3100 did not inhibit the estrogen receptor at a
concentration of 10 μmol/L (% inhibition was -2.1%).
Also, MDV3100 did not stimulate the estrogen receptor
at a concentration of 10 μmol/L (% stimulation was
-2.9%). These results suggest that MDV3100 is neither
an agonist nor antagonist of the estrogen receptor.
No
4.2.1.2-6
(PRO3100NC129)
na
Effect of
MDV3100 on
various receptor
kinases
Akt1/PKBα (h)
Akt2/PKBβ (h)
Akt3/PKBγ (h)
2
In vitro
1.0×10-6 mol/L,
1.0×10-5 mol/L
MDV3100 did not result in any noteworthy inhibition (<
7%).
No
4.2.1.2-7
(PRO3100NC58)
Effect of
MDV3100 on
various human
kinases
Human kinases
% inhibition determined by
LANCE or HTRF.
2
In vitro
3.0×10-6 mol/L
MDV3100 did not result in any noteworthy inhibition.
No
4.2.1.2-8
(PRO3100NC136)
Effect of
MDV3100 in
various enzyme
assays
Deacetylases,
serine/arginine-rich kinases,
serine-threonine kinases and
tyrosine kinases
2
In vitro
3 μmol/L
MDV3100 did not inhibit any deacetylase,
serine/arginine-rich kinase, serine-threonine kinase or
tyrosine kinase activity by > 50%.
No
4.2.1.2-9
(PRO3100NC137)
Table continued on next page
25
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.3.1 副次的薬理試験(その 6)
被験物質:M1, M2, M3, M4
Objective
Effect of
MDV3100
metabolites M1,
M2, M3 and M4
on 73 unique
receptors and 16
unique enzymes
Species/Test System
Receptors: A1, A2A, A3 (h); α1, α2 (non-selective); β1, β2 (h);
AT1, AT2 (h); BZD (central); B1, B2 (h); CB1, CB2 (h);
CCKA, CCKB (h); CRF1 (h); D1, D2S, D3, D4.4 (h); ETA, ETB
(h); GABA (non-selective); AMPA; kainate; NMDA; H1,
H2, H3 (h); I2; LTB4 (h); LTD4 (h); LH-RH; MC4 (h); M
(non-selective; NK1, NK2, NK3 (h); Y (non-selective); N
(neuronal); opioid (non-selective); ORL1 (h); PCP; P2X;
P2Y; 5-HT (non-selective); σ (non-selective); sst5 (h);
glucocorticoid (h); estrogen (h); progesterone (h); TH;
TRH1 (h); V1a, V2 (h); Ca2+ channel (L, DHP site, L,
diltiazem site, L, verapamil site); K+ATP channel; K+ channel
(hERG, h); K+V channel; SK+Ca channel; Na+ channel; Clchannel; NE transporter (h); DA transporter (h); GABA
transporter; choline transporter (h); 5-HT transporter (h)
Enzymes: PDE1B (h), PDE2A (h), PDE3A (h), PDE4D (h),
PDE5 (h); adenylyl cyclase; guanylyl cylase; PKCα (h);
acetylcholinesterase (h); catechol-O-methyl transferase;
GABA transaminase; MAO-A (h); MAO-B (h);
phenylethanolamine-N-methyl transferase; tyrosine
hydroxylase; ATPase (Na+/K+)
na
2d
Regimen/
Methodology
In vitro
1×10-5 mol/L
Key Results
M1 inhibited specific binding affinities
to A3 (h) receptor by 69%, to
norepinephrine transporter (h) by 56%,
while M2 inhibited specific binding
affinities to progesterone (h) receptor
by 74% and to Cl- channel by 81%.
An inhibition of > 50% was not
observed for other receptors, channels
or transporters by the four MDV3100
metabolite compounds.
GLP
Study
CTD No.
(Study Number)
No
4.2.1.2-10
(PRO3100NC63)
M1 inhibited acetylcholinesterase (h)
enzyme activity by 51%. All other
enzymes tested were not inhibited by
> 50% by the four MDV3100
metabolite compounds at a
concentration of 1×10-5 mol/L. The
MDV3100 compounds tested did not
induce stimulation of enzyme activity.
% inhibition or stimulation determined by scintillation
counting, HTRF, photometry or fluorimetry.
Table continued on next page
26
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.3.1 副次的薬理試験(その 7)
被験物質:M1, M2
Objective
Species/Test System
na
Regimen/
Methodology
Key Results
GLP
Study
CTD No.
(Study Number)
Effect of MDV3100
metabolites MDPC1and MDPC2-freebase
(M1 and M2,
respectively) on
various enzymes
Serine/arginine-rich kinases, serine-threonine
kinases and tyrosine kinases
2
In vitro
3 μmol/L
M1 and M2 did not inhibit any
serine/arginine-rich kinase, serine-threonine
kinase or tyrosine kinase activity by > 50%.
No
4.2.1.2-11
(PRO3100NC141)
Effect of MDV3100
metabolites M1 and
M2 on various kinases
Human kinases
% inhibition determined by LANCE or HTRF
2
In vitro
3×10-6 mol/L
M1 and M2 did not inhibit any kinase
tested by > 50%.
No
4.2.1.2-12
(PRO3100NC142)
2
M2,
3.0×10-9 to
1.0×10-4 mol/L
M2 inhibited binding of radioligand with
IC50 of 6.2×10-6 mol/L for progesterone
receptors and 7.1×10-6 mol/L for
GABA-gated chloride channels
No
4.2.1.2-13
(PRO3100NC154)
Effect of MDV3100
metabolite M2 on PR
and GABA-gated
chloride channel
assays
Protein binding inhibition assays
Table continued on next page
27
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.3.1 副次的薬理試験(その 8)
被験物質:MDV3100, M1
Objective
Effect of
MDV3100 on the
PR
Determine
antagonist activity
of MDV3100 on
the progesterone
receptors α and β
Species/Test System
Progesterone receptor
In vitro
protein interaction assay
Effect of M1 on
uptake of
norepinephrine
MDCK cells
GLP
Study
CTD No.
(Study Number)
For MDV3100, an IC50 of 1.61×10-5 mol/L and Ki of
6.08×10-6 mol/L were observed. For promegestone, an
IC50 of 2.70×10-8 mol/L and Ki of 1.02×10-8 mol/L were
observed.
No
4.2.1.2-14
(PRO3100NC130)
2
In vitro
MDV3100,
0 (vehicle) to
3.00×10-5 mol/L
Norgestrol,
2.05×10-13 to
1.00×10-5 mol/L
MDV3100 did not activate progesterone receptors α or β.
An IC50 of > 3.00×10-5 mol/L and maximum inhibition of
30.5% were observed for PR α. An IC50 of
1.35×10-5 mol/L and maximum inhibition of 68.6% were
observed for PR β. Control agonist norgestrol activated
PR α and PR β with EC50 of 2.26×10-9 and
1.78×10-9 mol/L, respectively.
No
4.2.1.2-15
(PRO3100NC145)
2
M1,
0.3 to 100 μmol/L
M1 did not inhibit norepinephrine transporter in a
concentration-dependent manner; however, 48% inhibition
was observed at 100 μmol/L (not significant).
No
4.2.1.2-16
(PRO3100NC159)
na
Regimen/
Methodology
2
In vitro
MDV3100,
3.0×10-7 to
3.0×10-5 mol/L
Promegestone
Key Results
Table continued on next page
28
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.3.1 副次的薬理試験(その 9)
被験物質:M1
Objective
Competitive
binding of M1 to
adenosine A3
receptor, CCK1
receptor and the
norepinephrine
transporter
Species/Test System
na
Norepinephrine transporter:
Chinese hamster ovary cells
expressing recombinant human
transporter
Key Results
GLP
Study
CTD No.
(Study Number)
No
4.2.1.2-17
(PRO3100NC158)
In vitro
Adenosine A3
receptor: M1 3×10-8
to 1×10-4 mol/L
competition with
[125I]AB-MECA e
Adenosine A3 receptor: human
embryonic kidney cells
expressing recombinant human
receptor
CCK1 receptor: Chinese
hamster ovary cells expressing
recombinant human receptor
Regimen/
Methodology
2
CCK1 receptor: M1
3×10-8 to
1×10-4 mol/L
competition with
[125I]CCK-8s f
No significant responses were noted.
Norepinephrine
transporter: M1
3×10-8 to
1×10-4 mol/L
competition with
[3H]nisoxetine
Table continued on next page
29
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.3.1 副次的薬理試験(その 10)
被験物質:M1
Objective
Effect of M1 on
adenosine A3 and
CCK1 receptors in
cell based activity
assays
Species/Test System
Adenosine A3 receptor: human
embryonic kidney cells
expressing recombinant human
receptor
CCK1 receptor: Chinese
hamster ovary cells expressing
recombinant human receptor
na
Regimen/
Methodology
2
In vitro
Adenosine A3
receptor: cAMP
formed in response
to IB-MECA g
(10 nmol/L) with M1
at 3×10-8 to
1×10-4 mol/L
Key Results
No significant responses were noted.
GLP
Study
CTD No.
(Study Number)
No
4.2.1.2-18
(PRO3100NC160)
CCK1 receptor:
cAMP formed in
response to CCK8s f
(300 nmol/L) with
M1 at 3×10-8 to
1×10-4 mol/L
a:独立した試行回数,b:平均値(標準誤差)にて表記,c:2 相性(高親和性,低親和性)阻害曲線にて解析,d:クロライドチャネル以外の全ての受容体,酵素に
対する作用の検討は 4 つの MDV3100 代謝物それぞれ 2 回ずつ試行した。クロライドチャネルについては triplicate で 2 回試行した。
e:AB-MECA: N6-(4-Aminobenzyl)-9-[5-(methylcarbonyl)-β-D-ribofuranosyl]adenine, N6-(4-Aminobenzyl)-N-methylcarboxamidoadenosine,f:Sulfated cholecystokinin octapeptide,
g:1-Deoxy-1-[6-[[(3-iodophenyl)methyl]amino]-9H-purin-9-yl]-N-methyl-β-D-ribofuranuronamide
Akt1/PKB:プロテインキナーゼ B,AR:アンドロゲン受容体,cAMP:サイクリックアデノシン一リン酸,CCK1/8:コレシストキニン,Cl-:クロライドイオン,EC50:
50%薬効発現濃度,GABA:ガンマアミノ酪酸,GLP:医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施基準,(h):ヒトの(受容体/酵素)
,HTRF:均一系時間分解蛍光法,
hERG:ヒト ether-à-go-go-関連遺伝子,IC50:50%阻害濃度,LANCE:ランタニドキレート励起法(測定法)
,LNCaP:ヒト前立腺癌細胞株,M1:MDV3100 代謝物 1
(MDPC0001/MDPC1)
,M2:MDV3100 代謝物 2(MDPC0002/MDPC2)
,M3:MDV3100 代謝物 3(MDPC0003)
,M4:MDV3100 代謝物 4(MDPC0004)
,M5:MDV3100
代謝物 5(MDV3105)M6:MDV3100 代謝物 6(MDV3106)
,MDCK:イヌ腎臓尿細管上皮細胞由来細胞株,PR:プロゲステロン受容体,RIA:ラジオイムノアッセ
イ,SEM:平均値の標準誤差
30
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.4
安全性薬理試験
2.6.3.4.1 安全性薬理試験(その 1)
被験物質:MDV3100
Report Title:
CTD No.: 4.2.1.3-1(参)
Study No.: PRO3100NC91
Effect of MDV3100 on Cloned hERG Potassium Channels Expressed in Mammalian Cells
Species/Strain: HEK293 cells
Duration of Dosing: NA
Initial Age: NA
Duration of Postdose: NA
Date of First Dose:
(Experimental start)
Method of Administration: In vitro
Vehicle/Formulation: HB-PS + 0.3% DMSO
GLP Compliance: No
Special Features: Positive control: 90 nmol/L cisapride
Organ Systems
Evaluated
Effects on the
hERG potassium
channel current in
hERG-expressing
HEK293 cells
Species/
Strain
HEK293
cells
Method of
Admin.
In vitro,
patch clamp
Doses a (mg/kg)
MDV3100, 3 to
70 μmol/L
Positive Control:
Cisapride,
90 nmol/L
Sex and No.
per Group b
n=3 replicates
for MDV3100
n=2 replicates
for cisapride
Noteworthy Findings
MDV3100, μmol/L
Mean (SEM)
% inhibition
3
10.2 (1.9)
10
31.9 (0.8)
30
65.8 (0.9)
70
87.9 (1.6)
Cisapride, 90 nmol/L;
mean (SD)
87.5 (2.8)
IC50, μmol/L
17.6
NR
Table continued on next page
31
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.4.1 安全性薬理試験(その 2)
被験物質:M2
CTD No.: 4.2.1.3-2(参)
Study No.: PRO3100NC92
Report Title: Effect of M2 on Cloned hERG Potassium Channels Expressed in Mammalian Cells
Species/Strain: HEK293 cells
Duration of Dosing: NA
Initial Age: NA
Duration of Postdose: NA
Date of First Dose:
(Experimental start)
Method of Administration: In vitro, patch clamp
Vehicle/Formulation: HB-PS + 0.3% DMSO
GLP Compliance: No
Special Features: Positive control: 90 nmol/L cisapride
Organ Systems
Evaluated
Effects on the
hERG potassium
channel current in
hERG-expressing
HEK293 cells
Species/
Strain
Method of
Admin.
Doses a (mg/kg)
M2, 3 to 60 μmol/L
HEK293
cells
In vitro,
patch clamp
Positive Control:
Cisapride,
90 nmol/L
Sex and No.
per Group b
n=3 replicates
for MDV3100
n=2 replicates
for cisapride
Noteworthy Findings
M2, μmol/L
Mean (SEM)
% inhibition
3
12.9 (1.8)
10
39.5 (0.9)
30
68.3 (1.8)
60
85.2 (0.2)
Cisapride, 90 nmol/L;
mean (SD)
87.0 (3.0)
IC50, μmol/L
14.8
NR
Table continued on next page
32
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.4.1 安全性薬理試験(その 3)
被験物質:MDV3100
CTD No.: 4.2.1.3-3
Study No.: PRO3100NC104
Report Title: Effects of MDV3100 on Cloned hERG Potassium Channels Expressed in Human Embryonic Kidney Cells
Species/Strain: HEK293 cells
Duration of Dosing: NA
Initial Age: NA
Duration of Postdose: NA
Date of First Dose:
(Experimental start)
Method of Administration: In vitro
Vehicle/Formulation: HB-PS + 0.3% DMSO
GLP Compliance: Yes
Special Features: Positive control: 60 nmol/L terfenadine
Organ Systems
Evaluated
Species/
Strain
Method of
Admin.
Doses a (mg/kg)
Sex and No.
per Group b
Noteworthy Findings
MDV3100 inhibited hERG potassium current.
Effects on the
hERG potassium
channel current in
hERG-expressing
HEK293 cells
HEK293
cells
In vitro,
patch clamp
MDV3100: 3, 10,
26.1, and
60.5 μmol/L
Positive control :
Terfenadine
60 nmol/L
n=3
cells per dose
group
(n = 4
cells for the
MDV3100
3 µmol/L dose
group)
Concentration MDV3100,
μmol/L
Mean (SEM)
% inhibition
0 (control)
0.6 (0.1)
3
12.0 (1.0) *
10
33.8 (0.3) *
26.1
65.2 (0.4) *
60.5
88.7 (1.2) *
Terfenadine, 60 nmol/L;
Mean (SEM)
82.8 (2.9)
IC50, μmol/L
15.7
NR
Table continued on next page
33
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.4.1 安全性薬理試験(その 4)
被験物質:M2
CTD No.: 4.2.1.3-4
Study No.: PRO3100NC107
Report Title: Effects of M2 on Cloned hERG Potassium Channels Expressed in Human Embryonic Kidney Cells
Species/Strain: HEK293 cells
Duration of Dosing: NA
Initial Age: NA
Duration of Postdose: NA
Date of First Dose:
(Experimental start)
Method of Administration: In vitro
Vehicle/Formulation: HB-PS + 0.3% DMSO
GLP Compliance: Yes
Special Features: Positive control: 60 nmol/L terfenadine
Organ Systems
Evaluated
Species/
Strain
Method of
Admin.
Doses a (mg/kg)
Sex and No.
per Group b
Noteworthy Findings
M2 inhibited hERG potassium current.
Effects on the
hERG potassium
channel current in
hERG-expressing
HEK293 cells
HEK293
cells
In vitro,
patch clamp
Concentration, M2
(μmol/L)
Mean (SEM)
% inhibition
M2: 3, 10, 30, and
60 μmol/L
n=3 cells per
dose group
0 (control)
0.6 (0.1)
Positive control:
terfenadine
60 nmol/L
n=2 cells for
terfenadine
group
3
13.6 (0.8) *
10
33.7 (0.3) *
30
61.1 (1.0) *
60
79.2 (0.4) *
Terfenadine, 60 nmol/L;
Mean (SD)
85.5 (0.5)
IC50 (μmol/L)
18.6
NR
Table continued on next page
34
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.4.1 安全性薬理試験(その 5)
被験物質:MDV3100
CTD No.: 4.2.1.3-5(参)
Study No.: 9785-PT-0005
Report Title: Convulsive Effects of MDV3100 in Mice
Species/Strain: Mouse/Crlj:CD1 (ICR), SPF
Duration of Dosing: 7 days (MDV3100: 0, 60, 200 mg/kg); single dose (MDV3100: 400 mg/kg)
Initial Age: 7 weeks (at first dose)
Duration of Postdose: Observations were made at 1, 2, 4, 6, 8, 10 and 24 hs postdose (repeat-dose groups);
Observations were made at 1, 2, 4, 6, 8, 10, 24, 32, 48, 56 and 72 hs postdose (single-dose groups)
Date of First Dose:
(repeat-dose groups);
(single-dose group)
Method of Administration: Oral gavage
Vehicle/Formulation:
GLP Compliance: No
Special Features: Negative control, 0.5% MC
Organ Systems
Evaluated
Species/
Strain
Method of
Admin.
Doses a (mg/kg)
Sex and No.
per Group b
MDV3100: 0, 60
or 200 mg/kg once
daily for 7 days
Nervous
Mouse/
Crlj:CD1
(ICR), SPF
MDV3100:
Oral gavage 400 mg/kg, single
dose
0.5% MC
(negative control)
(vehicle)
M/10
Noteworthy Findings
In the 0.5% MC,
, and 60 mg/kg treatment groups, no convulsions were observed in
any animals. In the 200 mg/kg group, clonic convulsions (CC) and tonic convulsions (TC)
were observed in 9/10 animals within 3 days of dosing. Two animals in the 200 mg/kg group
were found dead after CC early in the morning. In the 400 mg/kg single-dose treatment
group, CC and TC were observed in 7/10 animals within 24 hs after dosing. One animal in
the 400 mg/kg single-dose group was found dead after CC and TC, while the other 3 animals
experienced no convulsions.
In the 60 mg/kg group, bradypnea was observed in 3 animals. In the 200 mg/kg group,
tremor was observed in 2 animals, bradypnea and hypolocomotion were observed in 9 animals,
and body weight and food consumption were lower than those in the other groups from Day 1
to Day 3. In the 400 mg/kg single-dose group, tremor, bradypnea and hypolocomotion were
observed in 5, 4 and 7 animals, respectively, and food consumption on Day 1 was lower than
that in the negative control group (repeated administration).
Table continued on next page
35
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.4.1 安全性薬理試験(その 6)
被験物質:MDV3100
CTD No.: 4.2.1.3-6
Study No.: PRO3100NC96
Report Title: Neurobehavioral Evaluation of Orally Administered MDV3100 in Rats
Species/Strain: Sprague Dawley rats
Duration of Dosing: Single dose
Initial Age: Approximately 7 weeks
Duration of Postdose: Measurements and observations were made at 2, 6 and 72 hs postdose
Date of First Dose:
Method of Administration: Oral gavage
(Experimental start)
†
GLP Compliance: Yes
Doses a (mg/kg)
Sex and No. per Group
Noteworthy Findings
MDV3100: 0, 30,
100, or 200 mg/kg
M/10; 0 mg/kg (2.2 mL/kg)
M/10; 30 mg/kg (2.2 mL/kg)
M/10; 100 mg/kg (2.2 mL/kg)
M/10, 0 mg/kg (4.4 mL/kg)
M/10, 200 mg/kg (4.4 mL/kg)
Vehicle/Formulation:
Special Features: NA
Organ Systems
Evaluated
Nervous system
Species/
Strain
Sprague
Dawley rats
Method of
Admin.
Oral gavage
MDV3100 did not affect neurobehavioral or
clinical observations.
Table continued on next page
†:
は
のことである。以下同様。
36
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.4.1 安全性薬理試験(その 7)
被験物質:MDV3100
CTD No.: 4.2.1.3-7
Study No.: PRO3100NC95
Report Title: Respiratory Evaluation of Orally Administered MDV3100 in Male Rats
Species/Strain: Sprague Dawley rats
Duration of Dosing: Single dose
Initial Age: Approximately 7 weeks
Duration of Postdose: Measurements and observations were made at 2, 6 and 72 hs postdose
Date of First Dose:
Method of Administration: Oral gavage
(Experimental start)
Vehicle/Formulation:
Special Features:
Organ Systems
Evaluated
Respiratory system
GLP Compliance: Yes
NA
Species/
Strain
Sprague
Dawley rats
Method of
Admin.
Oral gavage
Doses a (mg/kg)
Sex and No. per Group
Noteworthy Findings
MDV3100: 0
(vehicle), 30, 100,
or 200 mg/kg
M/8; 0 mg/kg (2.2 mL/kg)
M/8; 30 mg/kg (2.2 mL/kg)
M/8; 100 mg/kg (2.2 mL/kg)
M/8, 0 mg/kg (4.4 mL/kg)
M/8, 200 mg/kg (4.4 mL/kg)
MDV3100 did not affect clinical observations or respiratory
function (respiratory rate, tidal volume and minute volume).
Table continued on next page
37
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.4.1 安全性薬理試験(その 8)
被験物質:MDV3100
Report Title: Cardiovascular Safety Pharmacology Evaluation of MDV3100 Administered by Oral Gavage to Naïve Telemetry-Instrumented
Conscious Male Beagle Dogs with a Toxicokinetic Arm
CTD No.: 4.2.1.3-8
Study No.: PRO3100NC94
Species/Strain: Beagle dogs
Duration of Dosing: Single doses every 14 days (days 1, 15, 29, 43, and 57)
Initial Age: Approximately 13 months
Duration of Postdose: Telemetry data were collected for 96 hs postdose
Date of First Dose:
Method of Administration: Oral gavage
(Inlife start)
Vehicle/Formulation:
GLP Compliance: Yes
Special Features:
Organ Systems
Evaluated
Cardiovascular
system
Species/
Strain
Beagle dogs
Method of
Admin.
Oral gavage
Doses a (mg/kg)
MDV3100: 0, 5, 15,
or 30 mg/kg
Sex and No.
per Group b
Noteworthy Findings
No test article-related changes in body weight, food consumption, body temperature,
mortality, hemodynamic parameters (heart rate and body pressure) or ECG parameters
(PR, RR, QRS, QT, and QTC) were observed.
M/4
The Cmax values for the mid- and high-dose treatments averaged 11.5 and 8.07 μg/mL,
respectively. Plasma exposure to MDV3100 was less than dose-proportionate. The
high dose (30 mg/kg) was 2-times higher than the mid-dose (15 mg/kg), the mean Cmax
in the high-dose group was 0.7-times of that of the low-dose group.
a:特に記載がない限り単回投与,in vitro 試験については濃度を記載,b:In vitro 試験の場合,独立した試行回数を記載
*:P < 0.05,一元配置分散分析及び Dunnett の多重比較による溶媒対照群との比較
DMSO:ジメチルスルフォキサイド,ECG:心電図,GLP:医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施基準,HEK293:ヒト胎児腎臓由来細胞株,
HB-PS:HEPES (4-(2-Hydroxyethyl)piperazine-1-ethanesulfonic acid)-緩衝生理的食塩水,hERG:ヒト ether-à-go-go-関連遺伝子,IC50:50%阻害濃度,MC:メチルセルロー
ス,M2:MDV3100 代謝物 2(MDPC0002),NA:該当せず,NR:報告なし,SEM:平均値の標準誤差.
38
2.6.3
薬理試験概要表
MDV3100
2.6.3.5
薬力学的薬物相互作用試験
薬理学的薬物相互作用試験は実施しなかった。
39
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
2 731 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content