close

Enter

Log in using OpenID

CJPRINTEDINJAPANB50 梢 8047-60(T) 911121110987 6 5 4 3 2 1

embedDownload
偽物川伸
CJPRINTEDI
NJAPANB508047-60(T)
9
1
1
1
21110987654321 90/12
梢
⑨
.
, .$
•
1
1
1
リング
はク
ρ
ブ ア ン (TS-440S
のみ),
ヒートシンクがついて
艶 T~ふ/日 o シリーズグ)
FSKモ ー ド は AFSKがJ
{
i
'で
、
います G 後 i対およびt1~IJ
るためのターミナルには
民訴をあまり初日コ壁 など
FSKモ ー ド を
AFSKオ
ディオ
しくは H
iべ
を
J
てJょ1
),
で
ざい。
ジを参照してください。
盤
強 TS-440シ 1
)ース、は
な
したものが
cwフ ル フ レ ャ
ジ)主主で、 i
t1
)ニ ヤ
クイン
F
させないでくだ
〆
)
欣許制こ
ン ブ が がJ
1
'
1し
t
:
:
.売土、ソ
土せん〉
1
)ニ ヤ
ン
I
,
c
,
シートに
アンブを手!Jf'lさせ一心 j詰
[
土
ι
、
し子ように,
おべー
また
を受けないよ
Lて く だ さ L、
うな場所を選んで、
:
.
'ざ
しh
してく t
7Jーヒーターのるり主義
しけには設;夜しな片道
くf
ござ
"
0
山ノ川丸山にな
りますので, 12V以 ド
または,
16V以上,(7)這
!王を加えないでくだ‘さ
し
光をさけ,乾
燥 し た 風 通 し の EH
所ーを選んでくだ
。
、
L
ソトジ〉
,
¥
/
¥
l'
)7
アブユ
ーし¥
L、
ンノ主;
J
C
-
l¥
FJ
内W
FhnU
アンテナについ
ヰ
首詔
喜
初期セッテイン夕、について...ーゎ
{
こ
:
:
Jl
¥て
マ
一ý11議 ;L~百子につ L
8
受信のしかた
出
¥て
1
)ニ ア ア ン プ の コ ン ト ロ ー ル に つ い て
オプションの取り付け・・・・ー。
議声合成ユニットシ
SSBドM
CW.FSK--
クリスタ J
l
ノフィ jレタ
24
]転載ブラケット MB-430
ー
"
をいかた
メ モ リ ー の1
21
~悲準周波数の較エE
メモリー入力
2
7
ピ
メモリ一入力の解除
2
8
サイドトーンの音量調整
どλ 雲 ( 二
メモリー入力
モ
メモリースキャン
1
)
し
、
イ ス プ レ イ の OHz
表示
メモリーの呼び出し
メ弓
μ
内 容 の γFOへ の 呼 び 込 み
間
メモリーの消去
3
2
フログラムスキャン
訪
CW400Hzシ フ ト へ の 変 更
5
6
マイコンの初期設定のしかた
5
7
インターフェイス用I
Cの変則すけ
問路動作説明
械 受
よ校長く機能な鋭い二なすために..
e
送信部
受信なするとき
F
君子アッテネーターについて
34
ッテについて
34
ユニット
34
世界の放送
35
電波を発射する前に
35
故襲撃とお考えになる舗に
内庁について
36
アクセサリ
AGcrこつじ、て
36
申鵠害警の蓄さ方
VOXに つ い て
3
8
TS-440V送 信 機 系 統 国
C Wブ レ ー ク イ ン に つ い て
AしC,PWR,SWRメ ー タ ー に つ い て 。
39
出路盟
39
定
ヤグラム
i
2つ の VFOに つ い て
フごロック
マ匂
PROC(ス ピ ー チ ブ ロ セ ッ サ ー ) に つ い て
XITに つ L、て
τS-440S送 信 機 系 統 侶
38
。39
?ι9dnu
TS-440Sの 場 合
を6
TS-440Vの 場 合
38
S
εし
とC
TIVITY(選 択 度 ) 切 り 換 え に つ い て
マーマーマ2 7 a o o
3
7
送信をすると会
品
について
今4 A
YCUOOQuad
n
む P白 p o n U F O P Q
I
FSHIFTツ マ ミ に つ L、て
NOTCH(ノッチ)フィルタ
受信部
む
スケルチ)ツマミについて
55
ド変更時のとーブ務の変更
QUQuooaunHW
Rdad
民 j w 民d q u p
メモリーロックアウト
u
部品配置凶
保唱と調整
凋匂広
2
6
JqJRUY
2
6
テンキーによる厨波数設定のしかた
内
テ ン キ ー ヲ ブ c ! グ ラ ム ネ ー の1
5
をいかた
句2
22
22
£1UF3phdrhJRhJualu
ま
2
i
:f
蓄のしかた
す2 0 0 Q d n 3 n u
JW
n
M守 8Y
品
局 仏 寸 凋 仏YFι 均
キボ…ド
,
m
m
翻定渇について
受活用
議
ノイズ対策について
各部的名執とはたらさ
444 ヰ
e
ッラー 1
)
40
3
※オブシ
c
主
的
幽回国副
周囲圃
5
い
錨
富聾ダ、ンボーノレ箱などは,移動のときや,アブターサーピスのご依頼時などのために保管し
ておいてください
O
取扱説明警
CA
しコード
VOX用 ツ マ ミ
TS-440V:4A
ラグ(ピン)
発 泡 ス チ ロ … jレ(間
/
発泡スチロール(円
2
〈ちッ と 以 外
(とうらどヂイブ計三ス:ピタ)
外部:ぇ万一アラー一(土イ /1 こーダブス
~16Q
DC屯 1
1
:1:3民 V,む流:ff- 20A以 L(sタイ
ヅ〉もグ〕をご f
ぬ1
1
)く さ v)
()ニジ〉とき、 S-HO
n
,
シリ
コ亡、 1~
/
レ
f
1
¥の!人J
t
m:;えと一一プ
、1(Vタ イ ブ ) の も の を こ 使 1
1
1くだ
ブ),4.SA …
1
)、
んJ
よ(土 !
tJ
j
,
さい。
f
エレクトロニゾクキーそご
f
史Jfj孟,約をお徐
て('
め く だ さ Lミ 。 本 機 の 綿 子
l
こはがj十 S5Vが i
れています。
fす る ま で 絶 対
ン
コネクタ支出丸
〆¥
しっ
かりととし込んでくだ
に
;
y
,
'
しj
ふまな‘いでくださ L。
、
さ"'
0
ついて (J)
叫
ア ン テ ナ 端 fの イ ン ピ ー タ ン ス は 50
〆
!~返事政などの f0.: I
泌をン十三然に防ぐためにも,
またスブリアス縦奇、f
を少なく
Q です。
して,質の良い電波を発射するためにも,~女子なアースをとることは大切な
8.
i
訂
正I
の 調 整i
府立,夕、ミーロードを被
ことです。市販のアース柊,銅版などを地中に均め,
続 し て 行 っ て く だ さ "'
0
十分に太い棋で,でき
るだけ矧かくセ、ソトの GND端 fに拡=続してください。
8VSWRが お い 場 合 は , ト ラ ブ ル の 版
i
刈となります。
@ 詳 し く は 45べ ー ジ 参 照
7
モービル(移動局)の場合
9
最高
出 力 は 50W.iでです。
TS-440S をご f史J!Jの jJr~ 合{土,
)
Jを 50Wに 改 渡 し て く だ さ
@ 詳 し く は 43ページ参!l現
1
4
三のボディーと
G
N
D
i
t
f
f
i
j
をf
妾あEして
くだもさ,
アンテヴーは,
とが{本 LニJ,
l
j
;
ざい。
ザ/
j
婆事ムのさ
ないよう
。
、
L
l
'
t
取付金具
MB-430
(オプション)
判。シリー
も
ジ〉¥ー
γら 弓
()
く さ 1 .¥
u
)くは
PS22
PS-32
叫
すシリーズグノ{タロホンは,
および「ノ¥イインピーダンス
D
インヒーータ/ス
PS51
叫
MIC、以 f(ニ ( 土 問 波 紋 ア ゾ ブ ダ ウ ン 1
"
1路 と 灯 、
l
!
ll
i
与が J
表彰しさ;/Lて1"ま十ので、 、 れ の マ イ ク 口
こ
寸
;
ま
(
5
0
0i
l~ :
i
O
kn)グγ♂ イ ク が 1
J
t
J
i
J
で ふ ま ず 。 ッ む の お バi
乙とう心心 oと
い
, MC
-i
うりのよ ;
1
1
.
:i
IJを n
辻、ン、タトをしま手と次ドキーの
f
ρ ありま
しま
I
k
jとなる土石tf
V
9。
4 UP
8V(1kCi緩与え人り
之 Sγ8Y
PTT悶 に 過 さ な L、
マイク
D
1 MIC
マイク
MIC
ρTT用に過さな L、
マイク
g ホンの接続盟書
〔正面パネル側〕
PT了 間 マ イ ク ロ ホ /
9
島
(霊~f韓関〕
波数ヂィスプレイ
メーター
8J2Hl, 受 信 の )
l
i
W
支数を 100Hzステ
ッブで、表ノ1ミします
.メモリーチャンネ/レや, RIT/XIT
の!筑波数も表ぷします。
SCAN,
SPLIT,
@メモリー, VFOA/B,
RIT/XITの 作 動 作 の 友 ボ も し ま
す。
15ペ ー ジ を 参 )
!
(
1してください。
O
. 受 信 の と き Sメ ー タ ー と し て 働 き
ます
・送イf:lのとき,りj換 え ス イ ッ チ に よ
り ALC, PWR ノ
( fワー), S W R
0
を指ぶします。
POWER(電 源 )
電波スイッチです。
NB(ノイズブランカ
スイ
O Nす る と パ ル
織かれます。
タ
O Nにすると叉信人 J
J
1
i
:
1
:~}を約20dB
減哀しまーす。強力な信行ーが人感した
ときに使射します。
HON在S(ヘッドホーン)
がヤッタ
ヘ ッ ド ホ ー ン パ1
の
す。
mJJジ ャ ッ ク で
重
J(
J
'
J
;に
'
i
'
l
..
iゑりとな
くまわすと n
ります。メモリ}チャンネル切り換
えスイソチとしても 1~ えます。
ではぃ
二らf!れしてく
マミ
ビート妨 )~:1^r"~-
,
}j
)す;なくなるよう
I
にJ
ヰキさします。
受 信 郊 の 出 問l
i
支場料設の利討,i/li
J
繋
をする、ソ?ミです。 通常は時計Jir
らi
へ!日!し切って主主大感度で使用します。
)ツ
オプションのブイノレタ
、
匂穐砂
をえり
けると
4つ の 選 択 1
支を f
[
)
むに
換えることができます。“
f
l
勺
位段ではモードに{えってれがJ
スペツ
AGC(オートゲインコントロー/レ)
I
"
J路 の 動 作 時 簡 を 切 り 換 え る ス イ ソ
チです。 通常;は S
l,O Wで お 使 い く だ
さしミ。
NOTCH(ノッチ〉スイッ
ONに す る と ノ ッ チ フ ィ ル タ ー が
動作します。
タ
毘
y
期
数
波
利チ
c
oy
c
z
﹂
ー
FSHIFT(シフト)ツマミ
ül1i~ を取り除いたり,交信託質調
ONす る と RIT/XIT以 外 の 問 波
数 がi
制定されます。
終に使います。
1
1
VOICE(
(
議
{
麓F
覇
〕
メータースイッチ
ス〉スイッチ
ONにするとぷノメ),J
i
'i
皮数を発}おし
ます。
.
i
!
&{, i; 肝与のメータ--1行 IJ~ を切り換え
ます。
(オフ。ションユニット VS~l を立文り
1
,
j
(
t
7
'
:
こ
土
必
イ
ヤ
)
ALC PWR SWR
一一一¥ 1/
一一-
L Irnl_1
AしC :ALC
重力行, ~k íi!l
PWR :;
E
.
{
,
;
i
!UJ
SWR: ア ン テ ナ の SWI
ミ
λ タ ン J 屯イえ-1ツ
送信,受イえを切り換えるスイソチ
です
SEND:
REC 受伝一状態
O
AUTの(オート) 1
f
t
l
]にすると送イ三
1I:'f,オートアンテナチューナ -f~HI
となります。
THI
え(スルー}慨にすると,オ
ートアンテナチューナーは長夜間され
ん。
AT
AUTO/THRUスイ、ソチがAUTO
の と き ATTUNE
ス イ ッ チ を ONに
守ると,アンテナチューナーがアン
テ ナ と の ? ッ チ ン グ を れ 勧 告Z
Jに 行 な
います。
ATTUNEイ ン ジ ケ ー タ ー は チ ュ
ーニング中に点灯し,動作が終 f
ると消えます。
一一一一卓越
ツ7 ミ
CW('
,
I
討
u
年のキャリアレベノしを
,
1
/
,
j
熱するツ?ミです。 込i
i
1U,
'
iに ALC
メ ー タ ー の 振 れ が AL
仁ゾ
ンを A
度
えないようにi
おi
移してくだ、さい。
PROむ(プ時セッサー〉
スイッチ
O Nに す る と ス ピ ー チ フ 。 ロ セ ッ サ
が 動 作 し ま す 。 (USB
,
LSB,
FMモ
ド)
m
i
三,受{,}1 波 紋 を , 単 独 に , え は
I
t
j)
jを約:土 1kHz変 化 さ せ る こ と が
できます。
,
,
ード
1
5べ } ジ を 参 照 し で く だ さ い 。
1
3
〈キーボード〕
AM/4
押 す と AM十
トド に切}りH
換喚削り,(7
己
χ
,
1
a
J
付 jし ま す
インジケ一夕…カか、¥1
O
押すと川モ
ドに切り換り,(7
インジケ}ータ…カ勺江主 r ます。
押すと cw モードに切り ~I) , (
7
インジケ…ターが},JβJします。
押すど
USBモ ャ ド に 切 り 換 り ,
Fインジケーターが{(:l:rします。
.
t
r
P
守ーとし S
lミモ
ドに
t
)
JりJ
負f
),
Fインジケャターが},'HJします。
1
すとブ 口グラム
Vド01
た
,)
H
I
I年l
二
十1
1
l
スキャン, メモリーチャンネ/レやが l
I
1す と メ モ リ ー ス キ ャ ン と な り
日制二十1
1
ます。
V
m
J1
1
.1めよi
又
り
し,おじ A N
メモリ一人 1
上ヘキーによる問主主主え p党 正 け 消
し の と き な ど にf
切りしますの
る!会宏之ジ〉ぷ〉むニ
。 叫
ッグアウト時(にぶ士 L
X灯、動作
'
Pに 灯 し ま す 。
F.LOCK スイソチを t~1 し fこときに
点灯します。
R
RIT (受 1
;;
J
t
,'
l
i
皮数のみ変イヒ) を 制
作させるときに使)jJします。
XIT (送信問波数のみ変化)
1'1'させるときに使間します。
F
た す き が け 動 作 時 に 送 信 治i
波数を
I
l
斜i
勺l
こ'乏イパするために 1
aHlします。
VFOの A と 1
3を 切 り 換 え る キ
です。 VFOの A と 1
3の モ ー ド は 独 な
して L、ます。
VFOの A と 8 の た す き が け 運 I
H
を す る と き に O Nにします。
1の VFO (Aま た は B)
与t
イ
E品
川'
F
'
t
に
, '
(
也
の VFO(おまたは A)の 問 i
皮
数を 致 さ せ る と き に 使 用 し ま す 。
A
1
5
(
事
審
霊
童
)
REMOTEコ ネ ク タ ー
REMOTEコ ネ ク タ ー は つ ぎ の よ
うに内部で接続されています。
外音匹コント口
J
レ
(送{言時約十 12VDC.
f
闘 ま す 。 農 大 伽 A)
GNDiつ
ハ↓ヘユ外部 ALC入 力
I
な@"
ス?ンパイ端子一一ーポ主
(この持者子をアース
すると滋憶になけす
1
)レ
RTTY(AFSKJ活
力1
i
'Il!i'0")オーデ f
オ人 }
J!
J
尚 fです。 詳 し く は 2
4ペ ー ジ
を参出してください。
(
I
}
十スピーカ
出力
(
5
)~ (
4
)
)
同 会 〈 ¥ リ レ ー ( 送 信 時ON)
(受信時ON)
リレー(コモン端子)
セットの後方より免た図
コ ー ド 併jから気たl2i
GNDと し て
;
交
互
2
してくだ、さ L。
、
一一色。遁緬幽
ツ7 ミ
j
,
j
J
r
1
t
の γIIIツ ? ミ を X
:
:しi
ふん
で守系してく f
ごさ L。
、
ACC1
この端rt~J' はインターフェースユニ
ソト (
I
F
2
3
2
C
)を 持 続 す る 場 介 に 佼
1
1
1します。
スピー均一)
外部スピーカー被続
m端 {iごす。
;
.
;
.
寸
ア
ツ
C Wを 送 伝 す る 場 合 , 浴 け ん を 被
統するためのジャックです。
D C後 i
原 入 力 端 fです。 HI
.
減
の
'
屯
i
民i
コードを接続してください。募数
主窓して
電 圧 は 13.8Vで す 。 極 性 に j
くだ、きい。
ACC3ジ ャ ッ ク
1
'
1
備のビンジヤソクです。 内自1
1は
配線さされていません。
1
7
e
8
•
•
4
>
> 0
CW
VOX
:
3
Rペ ー ジ を 参 照 し て く だ さ い 。
POW間
島正
OFF
もし ON(品 ) に な っ て い た ら
干卒してのFF (臆)にしてぐア二、き
L。
、
ATT
VOIC王
OFF
藤嘉
NB
γOICE
OFF
車
霊L
A
T
τ
もし ON(品 〉 に な 勺 ご い た ら
手取して OFF( 〉 ん し て く だ さ
Lミリ
タ
品
SEND
REC(重量)状態にしてくだ、さ
し
、
。
REC( 獄 ) で 受 信 状 態 で す
SEND(雌〉で送伝状態です。
O
Z拠
隠C
ム
ひ TO
皇室〉にしィでください。
THR1Jで オ ー ト ア ン テ ナ チ
護
主
1
/"
さ
し
迫
。
ニグ〉スイソ
E
翠
なわれます。
議
f
ゴe'l。
、
F
〆
SQL,
NOTCIIツ 7 ミとも ,f
支
時 計 方 舟 へ1
"
1し切りま十。
7
。
ミ
Rn
ソXIT
.
IFSHIFTツマミと
も 惨 セ ン タ … (00)佼護)にイト
わせます。
AFツ?ミは一九三設が j
]
量肢にな
るようにJ
司令詳します。
ヌツマミは時計方向へし
切っておきまーす。
72
勺
,ι
a'F¥
〆 hもふ
ii
YMMW
j
U
ES
U
v
fN
fxy﹄
侃F
f
r、
什U
的打ハハU
〆戸、、
、
口
也
Lに
い -Jugeza
S 一ottrh
A
11γs
ミ(J)賜転ト Jレタ(J)鵠警護
AUτ0 の f
立誌にしてくださ
F.LOCK,
PROC
安問。T
CH,
AGC.
武イッチ
日
目
白日
¥
一
一
(
昆
)
L一
一γ
一一J
OFF(鍾)
にしてく f
ござし、。
i
百
POWEI
ミスイッチを ONに し て く だ さ い o (
L
付定 )
"
i
の 場 合 は DC安 定 化 滋 J
泌を主主初に ONし て か ら 本 機 の
POWERス イ ッ チ を ONにしてくた、さい。)
メーターのパイロットランプ。が,..'!::kTし,阿波数ディ
.
d
ミされます。
スプレイに!去]波数が #
POWER
バンドスイッチで希殺の/<ンドを選びます。 lMHzス
イッチを押すと,ステッブでパンドが変えられ
ます
このキーを押すと, u
P!
DOW
対 キ ー で lMHzず
つ変化できますの
周波数が惑いつぢへ事変化し
兵器波数が低い方へ変化します
モードキーで開きたいそードに合わせます。
SSB通信は[:E]際慣 i
雪上 7MHz傍
以 ド は LSB
,
lOMHz帯 以 上 は USBで使われます。二本機
には 9
.
5Mflzを 境 に し て し SBと USBを!'!がj(
(
'
Jに切り
アマチュア無線の
換える機能があります。
SELECTIVITYツ ? ミ が AUTOのときは良重力的に
選択度1:;"'変わります。
押したモードキ
には LEDが点灯しますの
r
,
,
]
議J(VFO) ツ ? ミ を ゆ っ く り 対 し て 目 的 の 信 主J
A
も明りように照こえるように合わせます。
s
キ
,H
'
)
i
f
I
l
]
に1
"
]す
/
酬
と阿波数が必 L、 に , ば I
t
、
S
',
i
十)
j
l
r,
Hこ
I
T
]すと!r'
]
i波 数 が 低 い }jに変わりますの
p
くり
〈ツミ;
で
、
議¥
J
す¥
(
士
没:も心、こ
χ
ます斗
主
一一シ
f ¥
I
〆 /
L- ' - ¥
六,)
ム--'"省幽緬舗雌
キ
ベ
叩
ノ行レス'1'1/イズ云
、
、
L
Jt
4
ふん三
時の「ザー」という
します
υ
作
d
tv
、
けべージを考書燃してくだ
NOTCHフィ Jレターョ
屯イf
¥ (じれりなどの ìtH三カまあるときに f選~JH します 0
:
i
5べ…ジを事会撚してください。
I
FSHIFT:
.ìli:技するイ.(~Jゐによる i兆七を避けるときに後Jtjします 0
;
3
5ベ ー ジ を 参 照 し て く だ さ L。
、
にす安 J
Jな
ます(/)ぐ,ツ
I
J¥
1}
t
J
を'乏 γするとき
りし
とを J
y
え詩,こし C
仁コミイソチをにしてくだ
る
し
、υ
:3'1べージを参黙してください。
1
,
¥LOCKスイッチを押すと,長V
J
u
.
J
N
J波数が!,!
l
i之 さ れ
,
ます。 l
i
i
Jf
t
,fJ
(VFO)ツ?ミを不Jlj,色、に 1
"
1し で も 変 化 し ま
G
人F ツ マ ミ を
せん。
1
"
1して h
主i
直L~V~ht になるように,(),\J'\'ii:して
くf
こざし
その飽
AF一場一昨
J
N
J
i
皮紋設定(まテンキ
を問いてダイレクトにぷ定寸
ることカ tごきます。
2
8
26べ?ジを参照してくださ(, '
0
AGCス イ ッ チ
屯{パ (CW)と7
i
よぷ (SSB)のときにイ郎、分けます
0
;
)
6ペ ー ジ を 参 n
日してください。
2
し$器j
りSB
,
FM
O
MODEキーで, LSB,
USBま た は FMを 押 し ま す
FMは 28MHzパンドに使}りします。
O
。
しかた霊童とじに設!主します。
このとき, íむの然線 jJÍ! {.n 二 at1t^~ を Ij えないかを十分
二
;J
H
i
宇治、めく t
<
'うし、
メータ
w
スイソチをヲ
(
τ
します
ALC PWR SWR
メ ー タ ー の 仮 れ が ALCゾ ー ン の 範 闘 を 越 え な い よ
場
審
うに,ゲインを
してくだ、さし
ALCゾ ー ン を 峨 え る と f
fが談む!添い!になり
ますの
日ずイグ Eコホンの PTTスイソチを,j
t
f
lすーか,
スタンノ¥
lしてメ ENDにし三f'
イスイソチをど H
8
_SEND
ユーニッ j
、については
み今
/¥一一シジ)シ
9
しくアン
く?、:汚し、
グ
〉
Y
'
-
しくは
ジを
してくださし
CW
vox
メ、タ
ス イ ッ チ を SWI
えに切り換え,
.
i
8
.1
パH与のア
ン テ ナ と の マ ソ チ ン グ を 数 字 見 し ま す の SWRメ } タ 】 の
J
行づえができるだ '
r1.5以 ト に な る 状 態 で 本 機 を こ 使 J jJ
くださIr'1u
ニグ〉担年との J
れJ
Jカ
ず
SWr~ ソ/
わブーをトげたいときはメーータ~~-笑えスイッチを
PWRに し て , メ ー タ 一 千 段 針 を 凡 な が ら CAR ツザマミを
f
足時計)jJ
o
Jに
[
,
,1
して調整します。
CARツ マ ミ を 誠 繋 し て ノ fワ ー を ド げ た と き ,
持1
m経 過 に と も な し 冶 パ ワ ー が 変 化 す る こ と
ります。
PROCス イ ッ チ
i
DXjiliイバにI!&J
Jを 1
t
i
{
tします。
ωペ ー ジ を 参 照 し て く だ さ い 。
2
8
RIγ/XIγ キー,ツマミ
O
10
O
10
利 子f
み と 同 波 紋 を ず ら し て 送 交i
,
jを 行 う と き に f
史的
します。
i
////
A
B
5o 100 150 W
5 10∞
;
3
6, :
3
9べージを参!!告してくださ L。
、
SPUT A
B T FSETキー
叩
,
1
0ペ ー ジ を 参 照 し て く だ さ い 。
ALCソ ー ン
2
3
輔 cw
O
〉 を 背1
Mの
cwtこします。
MODI
三キ}で
メ 】 タ } ス イ ソ チ を ALCに t
J
Ji
)換 え て く だ さ い れ
ALC PWR S W除
緩鱗重量
4秒
スタンノ f イスイ
yチ を
KEY
間同
SENDにし, ,怠けんを+'Ilす と
送信状態にi
tります〈
ゼミフ"レークインヲフルブレ…ク
よ必合は,
エ レ ク ト ロ ニ ッ ク キ ー ヤ ー そ そ N!HlTる土i
J
イヤはジ
fンで長fJ{'
r
cさ せ る
スタンノ〈イスイソチがでも )2H;;~た
ヤ
ソ ク の 竹 に i な し て く だ さ L、
o 4~機の場介は十 :l.fiV
l
,
カ
言
、l
Pておりますの
なります。
1
くξY
メ} ターの指多?の
十 55V
lが 人 工C ゾ 、 ン の おj字 分 に な
る よ う に CAHツマミを,)Y持柊してくださいの
O
i
吋ジ)
本機L
すグ〉で,
トーーン
ア。ヅ〉ときヅ〉
ナノし、ん
主j
…
タ
ミナル.2ニソト y口、んのスタンノ〈イ{, i で j
手交じ
のi
切J1
)1
換えが,'
1
'
,
>宇;る場介はこの検作は必会ありませんの
O
RTTY/AMTOl
ミタ
ミナ/しを.i
kf,;;ニモードにして,
ターミナルi
人i
械 の AFSKヲM
l&日与を発娠させます。この
とき, ALCメ
タ ー の 指 針 の 振 れ が ALCゾ ー ン の 約
半 分 に な る よ う に MICツ マ ミ 安 調 繁 し て く だ さ い 。
このときブノレノぐワー
となります。
ノぐワーを fげ た い と き は メ ー タ 一 切 換 え て イ 、 ソ チ を
ドれTJ~ にして,
メータ-+行針ーを凡なカずら MICツ 7 ミを
こ
,1
"
1
してく
し
ミ
)Eキーグ)子、 SKをl
+
jIします。
110シリース;、のくモ
しずござ
ドで交 1
,るた灼
j
司
UAFSK!
fJヲMMI"IJi1i-を料った RTTY/AMTORI
lJタ
}ミナノレユニソトが必裂です。
2
園
字申守
AFSK出 発 桜 認 め 発 ' 1
M周 波 数 は 必 ず 2125Hz/
229511
zJjJのノ¥イトーンのものをイ変則してください o
1kHzj,
b1iの問 i
皮 数 の ロ ー ト ー ン 発J
反絡を俊則した
ヲ主阪誌の I乙
公J
河j
皮によるスブリアスを発射する
場介,
y
私
恐れがあります。
:
1
. TS140シリーズ本体とターミナノレユニソトを i h
→
メ ー タ ー ス イ ッ チ を 人 LCに し ま す
c
7
)~i::',立It:電源でい動 1'1'させると,
υ
ターミナル人
m}J配
I
"
Jし に よ り 雨 期 波 の 1
"
1り こ み を 起 こ す こ と
ぬをご f
史mください。
があります。 別 々 の 後 j
協の引き
ALC PWR S以I
R
1,ド SK動 作l
I
寺 は マ イ ク ロ ホ ン の ス イ ソ チ を OFFに
するか,
噌場四由幽
7
イクロホンコネクタをはずしてください
0
5
. FSKモ ー ド の キ ャ リ ア ポ イ ン ト は LSB と
j
,]
iじてい
す。 AMTORタ ー ミ ナ ル を 使 用 す る 場 合 は タ ー ミ ナ
ル内蔵の AFSK の出 )J ;fu~牲を反転させてください O
6
. FSKlN端 子 の 人 }
Jレ ベ ル は 100mVn Fに し て
くアごさ L。
、
し
画盤職務軸
嬬議敷設立をのし
動 作 中 の VFO, ま た は メ モ リ ー チ ャ ン ネ ル へ 周 波 数 の 設 定 を , テ ン キ ー に よ っ て 直 接 入 力 す る
ニとカダできます。
応〆「臥
I ¥ T / ^ ^r
'
I
.
'
.
r
-
~ ~....."...ト
ーを +
I
J
Iしてください。
(
1
)
ィスブレイには今
がす〉てよ::/J~ き tl1
…一~
L一 一 一 一 一 … 二 一 一 一 一 一 二 一 一 一 一
(
2
)希 望 す る 問 波 数 を , テ ン キ ー に よ り 人 }
jします。
在ご二コ
区二二コ
(
3
)テ ン キ ー の 入 力 を 7桁 指 定 す る と , 終 fし ま す ( 密 工 コ キ ー を 押 す 必 要 は あ り ま せ ん 〉 。 テ ン キ ー の 入 力 が 令 部
の 桁 で 、 な く て も , 駆 と コ キ ー を 押 す こ と に よ り 伐 り は 全 て “ 0" とぷノメされ,入 j
Jを終わります。
1
])
1
9
キーを押して,
江
コ
のm
i
iに 仰 す と 1
40l500MHzに
設定されまーす。
キーを十すかヲ
ノ、
し
五
n
を
まi
予しごく f
ござし凡
々能範閉め湾波数は受け付けません。
表示の場合て、ち,入力持のみ:
ャンネルヘ人する場令のそードは
す。
るグ)ドぴ〉
にならり
スタン
ド
ド
ヲ
メモリ
{立川チャンネルごとに]グルーブとし
1
_
'
ン守二ノレ(~ま之よか部品じらお,
K己
主
お9チャンネノレ
ーブごと
また,
として
しますのでヲ
えると
えばヂャンネル
らり均
ておくのもーつの
/ネノレは
制
でしょう。メモリースキャンはグノレ
こうするとわかりベふすく
90~99 チャンネノレは送,
汚J
Iメ モ リ ー と し て f
夜間でさまフ
o
メ暗ザー入力
(
1
)
1i
i
J湖、ソ 7 ミ)くはテンキー,モードキーにより,記憶させたいモードあえぴ問波数を決めます。
A
I
(
2
)
キーを J
察しま,
VFQ
'
1
.
1
(VF
、
OがI
J
{
'
fっ
i
犬態)
一
円
寸 1
I I'
:
1
.しi
u
場
静
(08チャンネルの場合)
(
3
)
M
_
S
C
l
ミ〈メモリーースクロール)状態となり令メモリーチャンネんをヲ γFOツ マ ミ 什 関 車 去 で 約 時 チ ャ ン ネ ル 〉
又 は テ ン キ ー に よ り 指 定 し ま す 。 ( デ ィ ス プ レ イ の M.CHに表ノぶされます。)
験
(23チャンネルの場合)
(
4
)斥 U
:
,
コ
笹Eコキーを押しますと者
M.SCf
ミ(メモリ…スクロ…ル)状態が解除され,指定されたメモリーチャンネ
(VFOは メ モ リ ー 状 態 か ら VFO状態へと戻ります。)
ルに(1)で指定した周波数及ひ"モードがメモリーされます。
~~
ご注意
場
静
tし 寸
Ci
勺
.
1 I 1
'
:
1し
i
1
) M.SCR(メ モ リ ー ス ク ロ ー ル ) 状 態 の と き は 使 用 中 の VFOの動作状態のまま, M.CH悉 号 , お よ
び!吉]波数表示のみ検索ができ,メモリーの内容や空チャンネルの篠認ができます。
2) RIT/XITが O Nの場合は, RIT/XIT分を含んだ周波数となります。
3)メモリーチャンネルは, VFOツ ? ミ , テ ン キ ー の 他 BANDス イ ッ チ " 7 イ ク の
UP/DOWNに
より指定できます。
2
7
メ弓去ザー入力的解除
恒三正コキーを押してから,もう
キーを t
1
pすか,
度押すまでの1
mに ま ち が っ た 場 介 や 変 反 し た い 場 合 は
J動 作 が 解 除 に な り ま す 。
又 は ス タ ン パ イ ス イ ソ チ を O Nす る こ と に よ り メ モ リ 一 人 )
SEND
配汚コ
-
控訴コ
f
f
i
l
r♂ 〉 〆 ♂ 』 つ 〆 / ← - - -/'
./ノ
~)()~9!l チャンネルにメモリ}人 }J する場合
/ REC
ON/OFドにかかわらず,
VFOA(ま た は B)が?イパイ!!IIメモ
t.
t
こは A)カ
行
きHH!
羽メモリーに必'1:[きれぎす
リーャ VFOR(:
ご注意
1. '受信欄メモリーはRlT 阿波書丸込イz市 )
1メ モ リ ー は XIT阿波数を合んど]1iJ波紋となります。
般のメモリー
(()O~的チャンネノレ)から込,交{,ば 1) メニモ 1) ーにデーす転泌すみとさ.15.,
史
{
,j
し
メモリーしたj
濁波数を呼び出します。
(
l
)IVFO/~召キーを.tljl しますと, M.CH干
l
1L
f, そ の メ モ リ ー さ れ て い る モ ー ド と 問 波 数 が 表 ノj之されますの
子
コ
(
2
)メモリーーチャンネルを,
1.
1
日!調、ソ?ミ
(11
"
1事えがJ10Cチャンネノレ) )くはテンキ】により指定します。
で 、 が の 字 メ モ
1
)一
ー に す る と ヌ は り す と な り 主 ず 7う
ぎ
ゅ
A
に す る と yと の 状 態 に 限 り は と な り ま ? の
メモ 1)-
ミがのよゑイヤヲけにすると
mγ
は心持ぴ〉状態にノシ
メ モ リ - れ て い な い 場 会 門 仁 子 い ン ネ ル ) は 争 M 仁 擦 り の み 炎 ノj之され
またもアドの
弓
去
チ
乙
ネ Jyを チ ー
1
)一
、
メニ
γ
ンネ/レごと
いへかり,ヘ
LγL
/才、/し/)
ヅ
〕
夕
、
、 fレー一戸¥二うよ I
ひね引
1
令
ノミ(ノ〉グソし
一円
/しヲ二
)
1
(
キーを押したまま守テンキーでスキャンさせたいグルーブ力主主初のチャン守二/レ会(jO
f
1rfi) 指シヒします。
。チャンネル
lO~l~) チャンネ ;y
やり O~9\) ナャンネル
(
2
)
キーを係主します。スキャンがスタートします。
を十行:J::した土持 f
r
汐J1
I ) グ ル ー プ 2の
グノレーソ
例 2 ) グ ル ブ iの 江 コ
を十行:J::したj:
J
占介
グノレー 3
及ひとグルーブ:,の
ク jレ ア l
2
卒スタート
ス キ ャ ン 脅 ギ さ jし 、
ア iノ
ー
ァ L,
、 iャンネ JLL二/
ν
1
)
告押した場合)
!
jぴ
ビート、がiL正くなります。 j
キーを押すとスキ
スキャンがイ i
去
すJ令 チ ャ ン ネ ル と は 人 }
J済 の メ モ 1
)ー で な お か つ ロ ソ ク ア ウ ト (i
淀川 i
Lは メ モ リ
の ロ ソ ク ア ウ ト グ を お 〆 し み く だ さ い ) さ jしていないメモリ…チャンネノしです。
2. 選 択 グ ル ー ブ l
人l
に ス キ ャ ン の イ l対J
I7'J-"チャンネルが lチャンネノしもなか")た ら ス タ … ト せ ず れ がj的
に解除と
z
rり メ モ リ ー チ ャ ン ネ ル に J;::ります。
,: . 選 択 グ ル
ブグ)指'よじはノ〈ソクアソブされ,初期 j
"
立去はグル
ブ O~9 まですべてのグルー Jブ。が指
:J::とな")ています。
4 .選択グ/し}ブの指定 }j iL は広亘正コキーを.j"ljl しながら 10 キーによりグループの数'ドを.fl~ しますがス
キャンの願書干に関係なく 10の グ ル ー ブ
UIi惚会食めません)まで指定できます。
W
I
J
)藍CANコ … → 立 コ → 巴 コ ベ 江 コ → 百 コ
今在コ…ゃ{室温ゴースター卜
1
(
+
1
1
寸)
十行:之された i
登 択 グ ル ー ブ は 1, 2, ら
,
(
i
l
:
lJす)
討となります。
5. ス キ ャ ン 中 , ス タ ン パ イ ス イ ッ チ を 押 し て も ス キ ャ ン は 解 除 と な り ま す
(
i
. スキャンは指'よグノレーブの i
、{江から
O
L
f立のん 1
"
1に副作+しますが,星川i
"'
lにノ〈ンド及びマイクロホ
江から!、イ,i
:
}
j
l
l,
Hニスキャンします。 1
,
i
],閥、ソマミを以 I
.
l
hn}jII,
j
{ニ1
"
1し
ンの DOWNスイッチを判!すと If
‘
ても
l
'
i
J十止になります。スイソチを肉1
1す〉くは l
,
J
i
,
v
l
i
jツ マ ミ を 1め る と ス キ ャ ン は ふ た た び 、 i
、{なからLf立
}
j
l,
J
jヘ ス キ ャ ン を 開 始 し ま す 。
2
9
メモリー内容の VFOへの呼ぴ込み
メ モ リ ー し た 内 容 を , VFOへ1ヂぴ
mすことができます。
1) 区 亙 日 キ ー に よ り , メ モ リ ー 状 態 に し ま す 。
争
日一目己主.~J
(23チャンネルとした場合)
2
) VFOツマミ,
)くはテンキーでメモリ}チャンネ/しを指定します。
(
{
l
子
び
、
キーを押すと
J乙の
VFO状
態 にf
)
さります。)
(1
6チャンネルを指定)
:
l
)
キーを押すと,その!付'存 ;
l
J'VFO/¥人 )
Jされ、
VFO長
}
J{
'
I となります。
A
ご注意
vro
1)メモリーで RlT /XIT が O災の場介,置!:.:L.コキーで VFO へ Ilf ぴ Il{tl されますと,そのまま I~IT/
XITは ONとな‘りますり
2)える乏{, ~ j
j
l
Jメモリーグ )J'
1
,
)f入そ{, dJliJi 土 fid イ!'.J::: ノ J~ <
I
!
の VFOに,込イ, dHlJ は fJ~ イ'(1<ノJ~ していない }j の
VFO にi1予び,'f', ~h , スブ リ ソ ト は ONとなります。
oしません。
i
:))ヤチャンネ lしの場介はがJf
'
I
) VFOの }
I
す脊は盟主主コキーを押したIl!
j
:J
,
'
,
(でげi);されますが, メ モ リ ー の 内 有 は , i
')
;さ れ ず に 伐 り
u
ます。
は,次のよ
メ
してメモ
γ ン午、/レ, .
事し、
し
五
/
し
3、ソマミ
{土テン
(1
6チ ャ ン ネ jレ奇消去する)
日)
キーを押しながら
キーを +
I
j
lします。
与 ) デ ィ ス ブ レ イ グ 〉 ぷ ノy
:がげjぇ,げJ
1;されます。
3
1
.
)
l雫 守 一 時 ツ ク ア ウ ト
メモリースキャンをするときに,飛び越したいチャンネルを指定することができます。
(
l
)M.SCR( メ モ リ ー ス ク ロ ー ル ) 状 態 以 外 の メ モ リ ー 1札 口 ソ ク ア ウ ト し た い チ ャ ン ネ / し を 指 〉ζ します。(テンキ
一
,
)くは l
'
i
L
v
;
f
j
ツマミによる)
(23チャンネルを指定)
(
2
)区 立 主 口 キ 】 を 押 し ま す と , デ ィ ス ブ レ イ の メ モ リ ー チ ャ ン ネ ノ し の 機 の 小 数 点 マ … ク が 点 灯 し , ロ ッ ク ア ウ ト さ
れたことをノメします。
(23チヤ/ネルを口ックアウト指定)
(
3
)
f
t
}
〆
(
キーを押しますとち小数点7
クが
mえ守口、、ノケアウトが解除きれます。
(ロソクアウト解除)
O
ンネ
々
ヲ
1
1
9
])
。
7CJI
08Cl
l
ミ
14.100.0USf
1
4.
200.0USH
06CH
1
4
.
01O.0CW
キーを押したまま, PG.S.]の
(
l
)
PG.S.
(2)~思コキーを離しますと,
グ)
09CH
14.
320.0AM
く
〉l
まl'G
.S.2C)
をIlIUi大押します。( i)
及ぴ PG.~ふ 2 の
を1係次押します。ー
Cl
l6の モ ー i
ごと Cl
l8のモ
(i
i)
ドでフ。ログラムスキャンカぜスタートします。
, ~.PG.S.1 一「
Q
υ
mm
CH6
C内7
白
川内⋮
L
一一
一一
一一-
2
S
G
﹁岡山﹁
po一一
。
十ι
∞リ人
C引8
AS
lu
吋
/j.
H
α 制ーlJ
﹁
一
一仁川↓⋮
S
G 一
戸
。
一
UM
1 ︿
C
⋮
長﹁し
FJ
人叶
日夕
の
(i
i)の場介
CW
l_
(
3
) 在需諒詰キ…を押しますとラブ ログラムスニキャンが解除;されラストッブ し た 脳 波 数 と そ の モ
v
l
ドのより動
行:と t
j
.
' ります心
例)
は)グルーブを指定しないときは,
窓誌瓦コキ
を押すと,プログラムスキャンスピードが選くなり,もつ
(
5
)ス キ ャ ン 中 に モ ー ド キ
ご注意
,
l
i
jに 指 定 し た グ ル ー ブ を く り か え し ス キ ャ ン し ま す 。
イ支押すと芯の i
返さに 1
返ります。
を押すと,モート‘の変史ーが n
[能です。
1.スキャンの範闘を指定しない場介, '
1
1
動的にスキャンは解除されます。ただし,雨スキャンのと
@ど九らか
}
jで も ス キ ャ ン が 可 能 な ら そ の グ ル ー プ の み の 単 独 ス キ ャ ン と な り ま す 。
2. 選択グループの十E
7
l
i
:はノ f ッ ク ア ッ プ さ れ , 初 期 設 定 は l
対スキャンとなります。
:
3. 選 択 グ ル ー プoの指定えi
i
去l
土器詰瓦コキーを押しながら 1
0キ ー の
Eコ,I!コ
または両方押して指
乏 で き ま す が , ぞ れ 以 外 の 数'
f
:
(ま受 f
、
fけません。
4. ス キ ャ ン 中 , ス タ ン パ イ ス イ ッ チ を 押 す と ス キ ャ ン は 解 除 と な り ま す 。
s_ ス キ ャ ン は
CH6一
→ CH7, CH8.'CH9の }
j[
r
l
],こ動作しますが,スキャン r
t
'に マ イ ク ロ ホ ン の UP/
,
DOWNス イ ソ チ ま た は VFOツ マ ミ に よ り ス キ ャ ン の )
;
i
(,
jを 変 え る こ と が で き ま す 。 マ イ ク ロ ホ ン
のスイッチを j
減すか,または I
,
i
]v
l
i
lツ7 ミの I
Jl]転をt!.めると t
1j.ぴ指定 }
i
f
i,
jにスキャンを開始します。
3
3
いZ
「
畠
掴
曲
重
量
受信をするとき
TS-440シ リ ー ズ は , 受 信 を す る と き に 効 果 的 な い ろ い ろ の 機 能 を 持 っ て い ま す 。
RFア ヅ ヂ ヰ ー タ ー に つ い て
非 常 に 強 力 な 浴i
皮が人!巡すると,
そのじりーが j
互依阿波数
1(
1
勺グシ乏{H.i
りふがブ ロソクされたり,
の土まきイヤは 1
A
I
t
'
(
.
!
妄
'
交
{
,
;
t
VOICE
NB
る阿波数の土恭介は S メーターがあえ切れてしまったりするこ
とがあります。このようなとき,
ると,
ATTス イ ッ チ を ONにす
RF アンプへの入力信号は約 20dB 減 ~t し,強力な{, ;
;
けによる妨フ子が科部立されて,
ゴミのノかない安定した'¥7:
,
{k
t
k態
にすることができます。 (500kHz~1.6MHz のノ〈ンドでは,
あらかじめ約 2
(ほBのア、ソテネーターが仲人されていますの)
A
T
τ
f
j動 中 内 イ グ ニ ッ シ ョ ン ノ イ ズ ー の よ う な ハ'JL
〆ス'1'1:ノイズ:
おれスイッヂを
k し七く f
ごさ L冶。/イ
スにが[l)(されていたイJ
5
1が 1JJ11なにうきあがってきます。
1
1
1
、
与
長 ;1}
f
h
'
fO) r十戸一一」 とし、う雑去を i
践した l d
;
j
,
h
'
}
(
土
,
ツマミそを Il~î"t! ゾj ふi に守ゆっくり同し,
この
スピーカ…からの事者:
九二カサ嬰くなる(臨界ぷつようにセソトしてくだ、さい。この
ように SQL ツマミを調繋しますと,和子同の f~. ~;‘が人っ
てきた時のみ兵ーが関こえます。
λ
すでモ… ド
しますがそ
ドにより
外来ノイズ円強さによ
ケ/し
くなり玄ずりこのと
もノイズは
をし
2
ぱ
//
、
し
る
発 て 字 ' / ミ を ま わ し て 誌 も - , か ら の が Lる
ことがで、きます。このツマミはヲむとき B,
LSB,
C Wの お そ
一
。
ト、でくのような f
夜いそ去します。
勢υ
SE
ヨモードの場合
らう}jJ
l
l
Hニ1
"
1しますと,受信Itl
J
波数の低い }
j
j
) らの滋伝を
λ
除くことができます。この結果??質的には,ローカット
(
1
J
:
t
いf
4カ'
1
J
:
t
j
J,告さオしる)の正まになります。
にお!しますと,受信関波数のおし、 }jj
p らの滋じを
除くことができます。音質は,ハイカット(おい符が低減)
の汗になります。
@@
申}
j
J
l
ll
¥
こ1
"
1しますと,受イパ閥波数の低い }
jからの混イバを
r
建
診
しS8モ ー ド の 場 合
除くことができます。よ子震は, USBと逆になり,ノ、イカッ
i
F
:
/ア ト ツ マ ミ
iになります。
トの f
r
i
Jしますと, 受 {i~J 古lì皮費支のお L 、
に[
}jか ら の i
叉1
dが
総かれ,刊をは,
本/
グ〉
になり
ecwモ ー ド の 場 合
C¥
月/モ
ドでは
シフトツマミと]之口、ツマミを討す
ることによりどソチを令交えることができます。
③ド SKモ ー ド の 場 合
RTTYタ ー ミ ナ ル ユ ニ ソ ト の ? ー ク @ ス ペ ー ス イ ン ジ ケ
タ…またはクロスノ fターンを見なカずら? グ ・ ス ペ
、
イJ
レター
む付(/ツ
ス
いて
受イバしている裕域内に, CW のような単 1i~~; ~}の Ht1~~' があ
る場合, NOTCHス イ ッ チ を O Nにして, NOTCHツ マ
ミでビ-民俗が段小となるように調殺してください。こ
のスイッチはすべてのモードでが,)400~260m訟の範洲で動
作します。
NOTCHツマミ r
j
L
央 で 約 1400Hzのビート滋イ誌を除去で
きるようになっています。
ディオ1
渇波数
ノ ッ チ OFF
/ '
yチ
一円園
受信信号
受信信号
母
オーデイオ周波数
i
箆路の動作
ノッチON
NOTCHツ マ ミ の 使 い 方
3
5
RITについて
日I
Tツ マ ミ の 使 い 方
R
I
Tとは, R
e
c
e
i
v
e
rI
n
c
r
e
m
e
n
t
a
lTuningの略て¥ 送信
周波数を変えないてー,受信期波数のみを約土 1kHz 変化~せる
こ と が で き ま す 。 交 信 中 に , キ1子一)斗の送信周波数がずれた
場合,主同調ダイヤルを I
n
)すと臼分の送{,;,-J,'
.
i波 数 も ず れ て
し ま い ま す の で 父ITス イ ッ チ を O Nとし, RITツ ? ミ を
まわして,
t
r
l予 防 の 送 信 向 波 数 に , こ ち ら の 受 信 問 波 数 を
合わせます。
ツマミを時計ン方向へ 1
"
]す と , 周 波 数 は 高 く な り , 反 1寺
,
;
十
方向に l
r
i
]すと,低くなります。
1) RITが 動 作 し て い ま す と , 送 信 }
;
'
;
j波 数 と 受
信周波数が
A
致しませんので,新しく j
j
l
Jの M
一
一
一
一 FUNCTION--
を 時v
i
;
-:f:易イヤは,必ず I
ミTTス イ ソ チ を OFFに
してください。
2) VFOと 沢 1TはそtLぞ、れ 10Hzステソブ?で
防波数が変化しますがぷノメは 100Hz桁までし
か 行 い ま せ ん 。 こ の た め Fの 例 の [J内のよう
に VFO 胤波数と RIT 胤波数の災ノJ~Ni:*:刊行に
途いが出る場合があります。これは表ノメのみ
で 実 撚 に は 10Hz ス テ ッ ブ で 悶 i
!
主主主は変 f
ヒし
ます。
γFO
R
I
T
/
(
)
註マ
1
[
企
出9
。
瓦
」
。
主
;]1
9
AGCス イ ッ チ は
AGCI!議務部時定数殺を努り換える叉イ
モードではくゴスイソ
は次めよう
C双f
ツミ
場合。
SLOW:
しまそ/レ o
りf
替をえて f
語
き
し
ミ
を受信する場介。
くして
SHIFT
ら L主
♂
三
?
-によりヲ
ー
ふn
り
ブイ/しタ
(
γ
;くおぷ仁/おおく、トJ
)を月三,)
付けた土主主イヤグ〉ナロ}ボンションです。
:YK-88Sを必〈り f
、
jけた土お f
T, スカ ート午、?
M1
カ氾女~しまヲ 0
YK-88SNを土1
えり付けた i
喜
子λ ,
;
持 j液中市が
。
:
2
.
:
2kHzカ〉ら 1.8kHzとなり,
SELECTIVIτγ
H
訂
正jの 多 い
Ml
場介などクリアーな受信ができます。
M2
:I
人J
I
殺の SSBブイノレター(,~g: .t!!:を IPITî :
2
.
2kHz)
となります
w
M2
o
内 線 の A Mフ ィ ル タ ー ( 帯 域 幅 6kHz)と
なります。
ご注意
思J
I先 の ク リ ス タ ノ レ フ ィ ル タ ー が 組 み 込 ま れ て い
.J
:
J
;
r
{
:
;
', N お よ び Mlのポジシ二!ンでは'乏も{
なv
できません。
ずのモ
ド
( ) 内 は2
;
;
?域事M !
Ol'TlONフィパ〆タ一千J ()内は必域事長;
j
455kHz (2.2kHz) I 8.83MHz(2.4kHzま た は し 8kHz)+ 455kHz (2.2kHz)
j
455kHz (6.0kHz)
455kHz (2.2kHz)
8.83MHz(500Hz ま た は 270Hz)十 455kHz (2.2kHz)
1
8.83MHz ( ス / し ー + 455kHz (6.0kHz)
MANUALM OI)子;
Ol
'
1
'IONブイ/レタ
ブイルタ-}!\~し
1
,
j
8.83MHz(500Hz ま f
こは 270Hz)十 455kHz (
2“2kHz)
8
.83MHz(2.4kHzま た は 1.8kHz)ト 455kHz (2.2kHz)
十
455kHz (2.2kHz) I 8.83MHz (スルー)
十
455kHz (
2
.2kHz)
455kHz (6.0kHz)
十
455kHz (6.0kHz)
1
'S
-440シリーズにはオプション(別グ己)としてっきのフ
8.83MHz (スルー)
隔1.8kHz
YK-88SN :帯域 i
付窓、さ t
l.ています。
ィル タ ー が f
YK-88S
このフィルターを取り f
、
fけ る と 帯 域 輔 が 狭
務主主恥I
:
2
.
4kHz
このフィルターを取り{、f
けると,}t}域幅 (
2
.
2
kHz)が わ ず か に 狭 く な り ス カ ー ト 特 性 が 大 幅
に改善されます。
くなり,スカート特'til:も改善されます。
YK-88C
帯域!幅 500Hz
C W附 の フ ィ ル タ ー で す 。
YK-88CN:諸島域幅 270Hz
C W片jの狭,市・域フィルターです。
3
7
送信をするとき
TS-440シ リ ー ズ は , 送 信 を す る と き に 効 果 的 な い ろ い ろ の 機 能 を 持 っ て し ミ ま す 。
VOX
いて
ANTIVOX
VOXス イ ッ チ
1
1
1
'I
j
1に ス ピ ー カ
より H~ ただーで、 VOXI f1 I Ji各カ£誤
VOX到'
VOX動 作 (SSB/FM時)および、ブレークイン動作 (CW
ONで VOXま た は ブ レ ー ク イ ン 機 動 作 し な い よ う に 調 絡 し ま す 。 ( な お , ヘ ソ ド ホ ン 殺 続 1キ
は ANTIVOXは 動 作 し ま せ ん )
能が動作します。
[1討のスイッチです。
ス ラ イ ド ス イ ッ チ の 中 央f
立法で
VOXONとなります。
VOXツマミ
f、tì~ の VOX
高 く な る φ¥/OX感度一イJ:tくなる
Jllツマミをぷし i
ふんで調移してくださ
l¥)
(
、
、
¥!r r
VOXアンプの平J
I得 を 調 絡 す る ツ マ ミ で す 。 VOX動 {
'
I'が
主 j援 に な る よ う に 謝 絡 し て く だ さ い 。
VOX励行,1
1
,
'
1
¥ i
l
i磁 H年I
1
誌を議終す一るツマミです。主主勺な
1
な;廷にしてお使いくださ l.
>
0
時間
RECの{川氏にしたまま
モ ル ス nげのス 〈ース}哲 JI
i
¥Hニタト>1去の cけを乏イ.iす る こ と
fはた態に1",:る機 f
i
E ができ士す
で
, Uけ ん 会 押 す こ と に よ け れ 動 的 に 送.
じれ7
1
1
、仏スタンノ〈イスイッチを
J¥
をブレ}クイン長'JJ1'tc といいますカヘ T~ふ 440 シリーズではっ
ぎ、の 2賄 額 の J
i5
'
¥ができます。
1) リ ニ ア ア ン ブo TIA22O
}
I
J,おうはフルブレ
クインの動作はできません。
セ ミ ブ レ ー ク イ ン ま た は ア Jレブレークインび〉と
き
,
ニ.~' 5
主
iじでも宍ーなるバンド j
詩1
'
Cの ブ レ
)モード/)"j,J
クイン長I
}
{
1
'は で き ま 4士ん。
cw以 外 の ぞ ー ド と め タ aス モ ー ド 運 矯 は
c玖f
的
{
できませんの
込 f.~
4お 山 z
3
:) ス イ ソ チ カ "SEMIま た は FULLの 1
1
;
、
'
fSEND
セミブレークイン
スイッヲーを円災にしますとキーイングとは然
多
﹂
ソ?のげ授をにあるコミイノ
す
叩σ
ルブレ
i
(
7
)
1
¥
[込(ニし三ます今
しますーので、リニア
〆/
し
仁i
ミヌツマミ
PWf
ミ:T
S-140シリース;の込イバ
γ
シリ
スグリ
し
、
"
j
J (遂行淡)を指ノjえしま
J
Jインピー グンスと,アン
ナ と の ? ソ チ ン グ が と れ て い る か 白 紙1R)を々、しま
す
。
S
S
B
I
I,
'
i (特に DXI
"
iとの交イパI
1
年),村 1f
l
;,
i
にぷく f解
してもらえないi
必f
kに ス ピ ー チ プ ロ セ ッ サ ー を 1
&
主}りしてト
クパワーを場大させると効果があります。
-)て黙なりまザ)
10kD~33k Ç)(マイク口ホンに J
イク
イクロホンのコネクターへ
百
;
jt
IUJ}~'!?イクロホンを使J!jするよお介(土鼓人(
人 )Jと プ ど り げ を 劣 化 f
浮クヲ I
,rt対とな‘ります
J
ず
イクロホン j
n
jJf与にイバ吟(7)ようなアヅテネータ
をイ進!1fJするか,
l
u
k~ì
F
~:3:3 k ~ì の抵抗〈使!Hする
?イクロホンによって異なります。)を弘法ダJ
Iに
持続してくださ子い。〔参考
マイクロホン!前夜ー
ぬ dBの 場 介 , マ イ ク か ら 約 5cmグ)J
lj
'潟Hで 使
ow
Sし
'
む
,1
1
:lOm V(
lkHz)
}りした目、干のマイクロホン端 f
です〕
XIT
J
i
l
J[数を交えずに込{,{I
沿,!:主役そそがJ十
そもひ N
l
kト1z ,
,
]e
交する
ことカヤごきます。
RITで 受 1
,
1
l
t
r
Ji
l:支数そをがjか し た i
J
4
f
F, ぞ の ま ま の 状 態 で 込
{パすると杭 l
f
l
;
,
jに ず れ た ま ま の 周 波 数 で j
ゑぷすることにな
i
i
J斜、ソマミで変えることなく
ります。そのようなIlキ l
汚:みます o XITス イ ソ チ を も う
ス イ ッ チ を 押 す だ け でi
押すと,
一命一 IFSHIFT
日I
T
IXIT
X口
、
イ
支
xn
、は OF
ドになります。
xn
、J
'
,
d
i
皮数(土テ、イスプレイ
1にぷノJくされます。
3
9
2つ 的VFOについて〔主主ぜ A曹部 2つ め VF
りがt悲惨事審者のでしょ
VFOA,
Bの
[
,t
.
j
ん をf
l1!い,能率の良い運!日を行なう
A
思酉キ-
ことができます。一舟立に, QSOは 相 手 ぬ と いiじ
!
日i
皮
VFO A で 受 {
.
.
jとして位斗!2Jキーを押すことにより,
数で行ないますので, C Qを 出 し て い る 相 予 防 に , こ
送 信 は VドoBJ
合j
波 数 に な り ま す 。 ま た VFO Rで 受
ち ら の 問 波 数 を 合 わ せ れ ば 相 f子陥を 1乎ぶことができま
イパをして I
SPL
lT
! キ ー を 押 す こ と に よ り 主1
1
.
¥土
( VFO
す
。
A の同j
皮数になります。
,
i
]1
1
;
)
'
に
いま, C Qを出しているAfci)を,多数の同が I
1乎んだとします。
AI
"
jは i
反抗の小からお);,Jのコールサ
※ 受1
,
;
を VドoA, J
E
.
イ
パ
を VFO B と い う よ う に ず1
'
l
t
を
つけておけば,急、いで長主H'
I
'
"
jに 応 答 し ま す 。 と こ ろ が ま だ 数 多
イ ン を 擁 認 し て B)
くの向が A 誌を 1乎ぴ続けていたとすると,
BJ
"
jは 混 じ
EEキ VFO A/sによる SPLITf
i
J
]
{
iO)と き 交 M
"
!
'に
のためf'l
分に士、jす る 応 符 が あ っ た こ と が わ か り ま せ ん 。
E
1
t
tの た め ス ム ー ズ な QSOは
もし,わかったとしても U
キーを押すと,押しているIil
J
だけi'lIみの j
泣い!日波紋を
望めません。
ティスプレイ,',に炎ノメすることができ,
ここでみつの解決法として, C Qを l
Hし て い る 川 会
ま
,
呼ぶ問波数を J
念、織的にズラす J
j法がとられています。
符が別々の)t;
J
波数で呼んでく
tば),,](主交イ,¥)よれ皮数を
数多くの}みが異なる周波数で i呼んでいみとさ,
どの )
1
,)波紋で Hヂんでいる I
"
jに!必符しているかがわかれ
ば 三.
1¥
1
長J
i
l
支数をただちにその!占ji
l
主主主にセソトしてコ
変えて祁予防と選択するこどができます。
E
.
i
1Ull, '乏イパHlち三人
、こで、 A, B 2つ の Vドりカヘ ;
,1 j
j
}~村Liま rl )
"
jに)必?干される隊ょ手¥(土 !..J くなります¥
yf
;し に 弘 少 。
豊
富 Cむ を 出 し て い る
J
'
;
j波
キーを利Ifjし て , 交 , .
d
ド
数をセットします。
押すことにより,
りおを送{, H二決めた場イヤラ
次長身代以) VF()内 向
波数,モードそ去最J
J
1
1
''
1
'の Vド0 に ヴ 士 さ せ る こ と が で
す
'~{t~- 状態のま
;
2
S
{
.;
)
t
i
J
i
度数をも変えることができます。
この I
t
;-J沈没は後で、引
かす必裂はありませんので、 VFO B に は 子 を ふ れ ま せ
ノ
/レ。
U
姉
{I
J
;
とば, VFO A が 7MHzLSB, VFOB が 21MHz
,]中キーを押せば,
USsの場合ヲ 7MHzを 受 1
VドO Aでこちらの十;?:ょした),',J
i
l主数の;ぬJ
I
司会交イ"し
て
I
ly
'
,んでくるれ 1f)"Jに)必?干していさま J。
u
k
冷
与
VFO B も 7MHzLSBモードとなりま寸。
l
i
皮主数を!開
i
卦
釘
;
打1
:
き
, 1
也主に初宵カがず な
7 公いカか冶どうか' 支
え, n1
.
;
)とI
,
J
i
,
)
I
;
j
i
皮数で 1ヂんでいる )
"
jが L、ないかどうかチェックし
キー
臣キーを押すことにより,ディスプレイトグ〉
VFO A または Bが表ノメされ, A ま た は 肢 の VFOか初j
いていることがわかります。
例えばA
)"jの 問 j
皮数を VFOA で 受 ujし
瓦
]
:
l
(
-
ーを押して, VFO B で迷った周波数を込{,;'すること
'
,している同の際波数十夜去がある
ができます。 (CQの 1
場 合 は そ の 防 波 数 に VFO B を合わせます。)
土f
ーをふれません。
ます。このとき, VFOツ マ ミ に J
ツマミ
/
AUTO!TH汽Uス イ ン チ
¥
ATTUNEスインチー
オートアンテナチューナーは 20Q~150Q (SWRで
4. A T '1、 UNE スイッチを ON にすると j主~M' ;j犬態とな
約 2,
5:1
)の範鴎で向調を敬ることができます。
り
,
J
娘妥杭するアンテナ糸の s
う
仇
W
へ
1
f
y
ぼ
1
角
無
!
慎
UR
リ
に
l
こ
斗ι
I
i
,]
,
ぷ
澗
i
お
淵
E
司
l
を月又らずにアンテナ系を ,
澗
V
,
司宅柊存してカか込らこ使
Wモ
くアニさし、〉
k才人 三、メねら
ングヴ
ノ
I
H
J
Jがf'j1
1
1
]
(
1
'
]
(二約lOW となりますり
アンテナチゴ
A T'
1
、
UNEイ ン ジ ケ } タ ー が 点 灯 し , チ ュ ー ニ
ング動 1Î がJft ì まりますー。このときモ-1--"の JしJ~ は C
、
〉
しどんくするとイ/ジケ
タ
l
J勺 チ ュ 一 二 二 ン
クーが終わります。
ナ ー は え の , 、 ア ン テ ナ グ )SWE
を il~ くす一ゐことカ返っと急ますカヘ
トーになります。
主}
Jをイi
う
り
J
(
ニ
マ
そ
I
I
1j
'ニ
.
i
.
'
s
.
、スイソチーをひにしてく f
ょ
、
さ
ご注意
L凡
!) A T TUNEス イ ソ チ を O Nするとヲ
i",すためには l
Eしく調主;長さ h t
ニ SWI
えの 1
1
¥い ア ン テ
りl
n
舜 A T'
{
、
じ N Eイ ン ジ ケ ー タ ー が 点 灯 し ,
ナを使うことが重要です。
すぐ消える土持合はすでに?ッチングが立文
このオートアンテナチューナーはヲ 3 , 5MHz~28MHz
れている状態で、す。
の各?デュアパンド℃鋭絡し主主習。
2) A T TUNEス イ ソ チ を O F子、にしない
1
. i~1 りするノ〈ンドのアンテナが IF
る かl
i
ι忍してくだ、 d.
t。
、
:ぅ)チューニングがスタートしでも,なか
しく持続さ h てい
2. AじT OI
i
、 IIRUスイ、ソチを ON(AUTO{
1lわにし
でください。
な か 終 わ ら な い 場 合 は A T TUNEスイ
ソ チ を イ 支 OFFにし,
:
l
. CW
,
F Mモート、と I
f
1
]十五に CARツ マ ミ を ;
{
i
'ニl
f
lし
てが-)1 0H寺 ~12 時の 1:Li授にセソトします。
テナチューナーはがJ2 ~3W のIt',
と受ぷ状態になりません。
ださ
Lミ o
j
l
j
.
V
'O N してく
f
I
手
段 O Nす る こ と に よ り チ ュ
ーンク¥点が見つけやすくなります。
J
Jか ら 制
M
l
n
!
かくり j
返してもチューニンク、がま守わらな
作 ひ ま す が , CARツ マ ミ が さEに 回 し 切 ら れ て い
易f
Tは,
,,J
る場合は出力が出ないためチューナーは動作し
THRUに し て S W Rメ ー タ ー で ア ン テ ナ
ませんυ
フ7~ を},1,1:1食,
AUTO!
1
、 H R Uス イ ッ チ を
,iIヰキ在してくださ1, '
0
4
1
領掲揚掲揚罷醐
.
.
.
.
.
..
.
JII)I~
《
車
7~戸、チナの取り付けについて
ニ
、
づ
主
モービルアンテナについて
I
Ii販のアンテナ本台(ノ f ン パ ー マ ウ ン ト が 良 L、)を
f
却I
(
D
i
!
左近のがで,ウレタンパンパーを装幸子した取
があります。このようながに,アンテナ基台
を取り付ける場合は,必ずアンテナ本台のア
し,ボの;iてディーへしっかりと取り付けてください。
ース織をボディーへ綾地してください。
(
1)アンテナの敬り付け
I
王子、般のモービルアンテナは, VHFの ア ン テ ナ と 比 絞 し
t
お新しいアンテナ等のみと知のインピーダンス f
でも,その形状も大きく(風圧を受ける 1M 積が大~\, 、
),
長
i
;の ア ン テ ナ 調 整 を す る 場 合 は , 次 の よ う に
I予 fzT も大きいですから,取 f、j'j!~fì は
して*機の SWRメ
L.) かりした頑丈な
ものを選んでくだ、さ L、 般 的 に は , I
ヌ1
のようなノくンパー
マウント
ナは,
J
j式 の も の が 良 い よ う で す 。 モ ー ビ ル 惜 の ア ン テ
ボのボデ{令~H三がJ袋地点反となりますので,アンテ
ナ息子?のアース慨は,ボディーに完令に線地する必空さがあ
ターを使JlJしてアンテナ
、
を 湖 特 し て く だ さ L。
• CAR ツマミを反時計Ji IÎ,]に~しきって,
送伝出力をしぼっておきますの
・次に送信状態にし,
CARツ マ ミ を 徐 々 に
I
Y
i
'
j
,l
十
t
J
i
r
j
]に 姻 し て , パ ワ ー を 上 げ て い き ま
りますり
れ i
必 常 の ア ン テ ナ 系 の VSWRi
l
!
i
J
ユ
E
:I
士
写
ブノレノてワーにしなくても測定できます。
.G灯
、
・ ア ン テ ナ 系 を 完 全 に 調 終 (VSWRを 1
れした後は,ブルパワーで送信すること
カドごきます。
ロ ー イ デ ィ ン グ コ イ jレ
jレ ー フ サ イ ド 取 イ す の 場 合
ボンネット内部から引き
主主主芸をはがしてアースをしっ力、りとる
して引き 1
6む
出向車車ケ…ブんの車内への引込み方
パンパ…?ウントの場介,
IHlして引き込みます。
を手J
トランケル}ムのノド I
きの六
トランクルームから
'
F内へは,
後部の路!おそ外しますと,引き込むことができます。
J~
フサイド(7)場イヒ
ドアヅラ
し
色
し
ミ
事
議
ラ
すの
ケープノし
t
)
ソヴ。グ3
V
アツレジ〉
ノ¥
ド
グ
ヲ
ンテナ
を ご れ 移 設 会 人 と し て す さ 才Lる
と き に は ヲ れr(
こ ぐワーダウンしなば
y
りません。
タ〈グ〉
J
ダウンす る
ー
な
j
ってく f
ごさし為。
1. セット氏自討の 2枚 の ケ … ス を は ず し ま す 。
2. 符 i
会j
慨にあるフィルタ
ユ ニ ッ ト の 50Wとぷノさ
れているどンにぶされていゐ茶色リー一 i
ご線をビンコ
ネクターカ、らダA きます。
:)フィルターユニットのぷ板
-で ど こ に も と さ れ て
1
イノレタ
い な か っ た れ 色 リ ー ド 線 を 50Wぷノメのどンにど三しま
す。これで W O Wから 50Wへ の パ ワ
斗ニソト
ダウンC!
x
j
i
互の
主
主
称
、Jーでどこにも接続され
作来は終り
ていなかった白色リード
')ド
t'l動小ーの芯 i
J
)
j
(は , パ ソ テ り
とオノレタネータ…〈発屯機)
ケら,構成されています。エンジンをスタートさせる時は,
ッテリーを{史Jf
jし て , ス タ ー タ ー モ ー タ ー を ま わ し て ,
訟も,ノ〈ッテリーから大
エ ン ジ ン を か け ま す 。 ( こ の 時 がf
@エンジンを 1
1.めた状態で,長時 i
H
lj
副長を行わないでくだ
さ L。
、
f-t-,電Il:討をおくり付けて,バッテリーの充電状態,
-主底流 i
電!J:を託子見するのも良いでしょう
O
混j
戒がi
A
iれます。)エンジンがい!転しますと,オルタネ}
ターは,発電を開始します。 ボーの滋気系統の負街状態によ
り,オルタネーターから灸街へ電流を供給したり,ノ〈ソテ
リーへ充議したり調整しています。(レギュレーターによ
り調繁されて Lミます。)
したがって,
トランシ…パー:淳一のアクセサリーを多く使
F
ねする場合は,オルタネーターの発電殺を才一パーしない
オ jレ タ ネ ー タ
ようにii:怠する必要があります。これを光電不足状態とい
いますが,この状態で長く使用しますと,ノ〈ッテリーが過
放電します。したがってライト等は点灯で、きても,スター
ターモーターをM!I!すことができなくなることがあります。
こ の よ う な こ と を 防J
Lするためにも,
の保守について
[':1動車のノ〈ッテリ
E
J頃 i
t
,えまして運用してください。
・荷主の浴 i
ぬをフルに予定っている状態,例えばライト,
ター,
ワイノ fーその{也を f
史刑している時=は,
ヒー
トランシー
ノ〈一等の使用をさけてください。
4
3
イ
モービル運用時のノイズ対簸について
れが!rrf{の発作:するノイズ{ぬは,手喰々あります。代表的 T~ー
-1ク¥二ッションコイ }
v, テ イ ス ト リ ピ ュ
ものとして,
v
タ
一芳の},[/火系から発作ごするイグニッションノイズまたは,
t
ヒーターのモータ}裕行およひ、静浴2
ワイパーモーター,
です。この中で,イグニ、ソションノイス、がレベル的にも大
きなものとな)ています。
TS-440 シ リ ー ズ に は イ グ ニ ゾ シ 干 ン ノ イ ズ を - t!
j
lえ る た め
に
NBス イ ソ チ が あ り ま す 。 こ の ス イ ソ チ に 似 る 以 l
i
iに
,
ノイス、グ〉予をノ l
eを で き る だ'
(
H
!
l
!える二とカ♀大切で、す。;大にそ
の
土
、i
策Jii
去 に つ い て 簡 単 に 持'
l
d
Lてみたし、と川、います o
mア ン テ ナ 郡 高 交 付 位 譲
イグニソションノイズ(土、コニンジンおより発ノ iしま J
ーか
ら,アンテナは
(リ-¥,"一一ノぐンノえ
なお./'(くエンジン主り j
支ざけてくださいり
7
々卒)
間抵抗入プラグ(})fi愛馬
、、}
常
兵
お
I
!
J
ベ
/
,
を í~ 1flしますと字
また,
~r
I
、y、ノ}ブーヲゲ、 f
よ れ←ァニ手ノプ
噌
'
J
*が あ り ま す の
ノ イ ズi
l
¥:i成に必
!4f;r~(こ jlHÎC 人りブラグコート、を例的しますと,よ
り効果がふりますu
(3)*ン デ ィ ン ダ
動管?ミグ〉構 J
I
支部品{士,
イ廷でふりその結イトば
流
f
!
くj
守
低 阿 波(
I
'
J
!ニ 持 続 さ れ て い る よ う で す が , 山 波 (
I
Z
Jに は 浮 い
し、る
マフラー,
ります。絞首えは,
ニにンジン,
ミゾション手
リアアクスル等およびボンネットヤすがあります。
これらを,太い!日間!
l
!ケーブ/しの制品目線などで筏続しますと,
イグニソン
3
ンノイ父、写に大変効!殺があります ι こ れ を ボ
ン デ イ ン グ と 呼 び ま す 。 ブ ロ の 然 奈 良 ,t
{な ど は , こ の よ う な
対策がさ;/L,ぐ L、ます。
(
4
)ア ー ス の 位 議
ぐ
う
れ!
I
Jは, セソトのよ!ょくで,
I
長J
也 す る と 対j来 が あ り 土 す
ノイスカサi
kノトと rシ
ゐ
}
,
'
,:
l
をねと
L,
j
コλ
i
省
静
ゾ/レジ)さま)し i
上ぶンれソト
畿ノミゾデ 1
)
曜
静
内的総長(よ …ぶブ
ゐ(こシ
l
j;
,
と
イ
メ)(ニダ〉ノ〈ソ
i
人 主 / ど し 、 よ ) う)
i 立しごく,、
ゲ〉十枚!
1
)
して己主以
ペ
1
Lに
イ ナ ス を タ ト し て よ , ,、ごく-ざし人
く
チ yγ ノ¥ンド
めし士会
ノイベ?
I~ ,
γ
アンテナ
多く d
iiV.丈きれており
j
i
l
勺,王立 j党条件
r
んでく f
ござし¥ 1t
二
,
~く
て平を
4
7
1
おしてヲ
y 1
,
印 刷 "
f!'ータリ
ピ
く 土
/
、
明 うF
ヅ)1r)~!l1 する
すすめします一。
以のアンテナ
I
lF)j1
アンァナはヲ J
f
3;jたも fp
り
fìl霊の}ぷドi村、j 策は今完全にしておくことが必安一
1 χぷ
)な口…タ 1
)
l
zぷ
l
zノベンドで{土ヲト i
、
:
%
1グ〉よ
ム γンナナを J
I
l、
,
1 二!必 }Jを ず 主 し ま す れ
J
!
重.
すο
ヨ ド 機 の ア ン テ ナ 入 出 力 イ ン ピ ー ダ ン ス は ヲ 500と な っ て
ぶ り ま す の で ア ン テ ナ へ 接 続 す る 間 報 ケ ー ブ ん は , 500系
の 5D-2V,
8D-2V只 G 8等 を ご 使 用 く だ お い υ
ザ
また,アンテナと 1
,;j.I!t:.ケーブノしはマソチング(インそニー
タンスを介わせること)させて使!りしてくださ,
'
0l
,
J
i1
'
1
[
1ケ
tイ ン ピ ー ダ ン ス と ア ン テ ナ の f ンヒー夕、ンス
ブノしの午、子 t
J
訟
,では,
が介わな" ,
;
Jk
l
i
i
J事前ケ…ブノレ I,二之 u
i
l
主fJ{!1 じ
噌
l
J
.
H
lうえもIi"iJI
tL ,同事IH ケーブ/しからの不安 IÞI~射が起こりヲ
'1、 VI , BCI の!以 Ikl と7'~,ります, SW 倒的の 1,icD, ílrí は“ 1
の で , な る べ く こ のu
t
tに 近 つ け る 必 授 が あ り ま す
と次官主(土 “L
ス
ごくださ¥(',
.,です
7
泊以
タワーピームアンテナ
4
5
子
守τ
γY(AFSK)じついて
8F
只
奇γTY
持号
ν
ア?チコユ町ア?然!終棋肘
d
線泉に使)川
l
付
j
:
ざされる }
沢
ミ
ど
口
T
、
'
1
'
、γYグ
の
)
{
代
にJ
ぷ
壬
'
d
l
が
的
ぷ
内
〈
句
)
7
な
な
〉‘f
ね
3り (
は
土
,
P<い〉ようなな‘ Jオt~ 一 iドくコ凶一一ド (Bau c! ot
coc
!e
ω
) と1ヂ
(
ば
工 h る日 可
i
i
t
吋
{
江
"
【
スヲート
の?一ク符符吟 5
η
?と ス べ 一 ス f
符字りで
マイー「ム 2ムム 5
ι
堂
殺
!
z
'
ド, 特 殊 記 L
J
ー
を 5i
'
t
{
¥
J:の符けに変撚して込・交じをおこ
な い ま すo
h
k近 で は 符 り の 品 交 い を 防 J ! す る た め , エ ラ
チエソクを
f
Z
7んだねりゐのま11.み介わせによる
スペースー---'-'-'
ス卜
yブ
'---'叩」
a
i
歩進/しだ !
i
.
針パ
も お こ な わ れ て い ま す 。 (ASCII, AMTOR"{;;)
マーケ
スヲト
1
.2 3 4
スベース
8RTTY謀 鰹
スト yプ
RTTYの 符 り や を つ く り
I
Hす た め に は ,
CPじ を i
付1
緩した
¥
b
i
匁 ! 日 の コ ー ド 交 換 機 能 を 持 っ た } どn、
Y ターミナルユニソ
トを f
史的するん?去と,パ}ソナルコンビューターを利}りし
てコード交換そをおこなう
:スト yブ
怜一一一一- A一一一一吋唖一一一- 8一一一---..l
5単 位 の RTTY;:
守号
J
iWが あ り ま ず 。
このコ}ド交換された;i
テ、イオ
)
Jを セ ソ ト ジ)FSKlN
端 fに 人 )
Jします。
受信した I
どrTY{
i
;りーを
ν)
n
'
(.
j
妾J
l
!
'
.角
平!
'
H>Kる交:';<や数子:に浪:
米 " ど J
ンムドー
y
~-
e
工 J出
ν
」
イ
J
L
J
ゐ に 変 換 し て CPUI
λ
j殺 の タ } ミナルユニ、ソトやノぐソコ
FSK端子:定格
ンでコード交換をおこな帆い,モニタ…ーディスプレイやブリ
AFSKI
N
ンターにm
JJします。
50mV以 上
(MICGAIN中 央 に て ,
フ)~ノてワーに要するレ
ヘ jレ)
\l--~えと
(ANT入 力 1mV,負荷抵
十
J
t47kQに て )
AFSKoun
高子
c
マ ー ク イJ
L
J
Pに 2125kHz, ス ベ } ス 1 !
1
}に 2295kHzの オ ー デ ィ オ 時 計 支 部 を 絞
った場合の),'
i
l
i
J
貨をc
l関 係 を ノ メ し ま す ( 1
、i
ヌ
J
)
0
J
,
'
;
J
i
J
定数ぷノメは乏も?のキャリア!主]J
i
Jz数
7
シお
(LSお そ
2295Hz
2125Hz
TS-14け で は FSK動 11年の
ト、)をぷノメしておりますの
ト
キノト
ノ主
J
コ
ス
,~
民警
I
主インタ
)L?
ニ
ジ j議
パL
セソト
額/、、/
イ/夕、
べ I~ 変挽
1ミトフ 7 シ
1ぇH( (
ズ
1
ま
!
l
.
ト
¥
1
.
ン
〉
し
i
lJいてて、全てですりコントローんする命令形態
¥
-
) ー ト
も 強 イ と さ れ て い ま す の で ¥ 犯 人 引 く7を JIj,'た や さ し い
より外ト刻;グ〉ノぜソコンでよスドグ〉コントロ}←/しカミでさま~-
しくは}
;
I
トぷりの外先日て7 ン ト 口
イ / タ ー ブ ヱ ー コ ミ は γγ l.レベノレグ〉
がで
n_
ゴ マ 、 解 説"
I
i
ブログラムでけ:が丘、がりま
事
会}
!
(
iし て く だ さ い 。
圃パ}ソコンでコントロ
/しできゐ内芥
9 メモ
ド
代
J
「
て
0/
八
¥
,
1
お
ヨ ♂
の
)
k
,
川
,
ワ
允
y
SVI
eメ モ リ (じ~ll の l内勾三容等ぴの),;必子允九己ルみyメ;げiドj1 しと
号守一さカかミえ
E
口
iの 1
乞
》
切
;
J
J
刀
)りJ
5え
⑮ V、
午
FO Aと ヨ
ち
E とメ モ リ
i
)
将
換
手
手
喚
:
毛
CIIの 切 り J
換え
1
)
惨 VFOのとき PL
lT ON/OFF
@モードの交史
S.i以パ/"えもげ)旬H換 え
勢 Rr
I¥X灯、 とうれI(
プ
〕 り N/OF
ド
ゆ セ ソ ト グ ) 動 作 状 態 の 読 み I hL
SMIC UP/DOWNの ON/OFF
SRn¥XITJ主j波 数 の UP/DOWN
SLOCKS Wの ON/OFF
SSCANON/Oドド
ACC2
パネル菌カ、ら昆た邸
プラグ〈別号室)
ACι~2 片付t~"'N. プラグ( f
n
5
/
r
i 1351-0
討を)
H¥採 り : と (
ふマ!の )
Jは,主主 !
:
i( / ) サ ー ど ス セ ン タ … 主 た は 引 業 p
J
i
おi
l
J
i,ミ介ーせく
F
ご0
¥"'0
端子番号
F
符
持喜子名
2
オ
トlC
7
無向己主主l
NC
1lí~l'íd昔話
アィオ
党イ r
;
;
l
l
l
j}
Jが ボ リ ょ
GND
アース(オ
NC
1f思ぬ~;fJ詰
6
NC
!
1
刊己線
7
NC
1f堅持己線
8
GND
アース
1
0
1
1
1
2
1
3
J
i
ディオ!l',}
Jの シ ー ル ド 線 の GNDを 筏 絞 し ま す 。 )
パ ネ ルi
耐の MICの立品;fよ り 人 )
Jされたじりゐを d
i
j
f
Jし ま 仁
MIC
三 二L
ソi:レ え/しでIl'.)
Jさ h ま j。
,
'
1)
J滋}十:大人 j
Jそも 与におしミて 4.7kQ終 織 で300mV
以
戸、}
日
ム 九 段Htなく
;
U
1
'
,)
J
途
ト
NC
オディオ
人}
J
GND
スタンノぐイ
ア ー ス し ま す と げ'
i
{
をされます。
世嬰前己キj
見
テヘタi
制パ )
j
jの 人 }
J端 fて、す。 SSBの ALC拾
えれ 出 し 人)
J浴 I
fは 約 500mV(lkHz
変調)です。 F Mの場{'i'2VU1の 人 }
J浴 1
1
;が 必 要 で す の で MICま た は FSKIN
!
I
i
l
i
l
fからも Iり を 人 )
Jし て く だ さ い 。
ア
Jの シ ー ル ド 線 の GNDを 依 絞 し ま す 。 )
ス(オーディオ人 }
スタンノぐイ端 f
ーです。ア}スしますと,
J
追いになります。
4
7
ザニアアンプ(JJご3ン 長 期 ー ん に つ い て ¥
cwブ ル ブ レ ー ク イ ン で 紛 か に 快 適 な 巡 川 が で き る よ う
出荷時は外部コントロール用のりレ…は動作しないように
なっています。コントロ
ルリレーでリニアアンプをスタ
ンパイさせるためには,凶のようにスイソチユニソトのヒ
去し終えてくださ1.'
0
ン会 OFFか ら O Nに J
ま た 込f
r
;時 に は
REMOTEコ ネ ク タ ー の 7怒 PINに は
約 12V(]OmAMAX)の
'
,!
!
:
)
j
:が;れますので,
こ の 浴1
1
:を利Jlj
して外吉i
lの リ ニ ア ア ン ブ を コ ン ト ロ ー ル す る こ と も
"
f能 で
す。
セソ卜後昔話
リニアアンゾをイむする与イトは f
、ぷ o
冷ゾテグ(とンy
をご干I
J
mく だ さ い 。 吋 社 リ ニ ア ア ン ブ TIA22は,
アンブ}こ f
寸h
宣告しているコントロールケ
リニア
フ
ソ L手
ケ
イ
差!
Iりしてく
f
ごさ L
。
、
ニづ主窓
η ,922i
土 ( 川 ブ JGブ レ ー ク イ ン 動 作 は で き ま
せん
η
。
.
,
e
<
<
t
4'1>場
ニ
五
ニ
ニ
イ 文 ユ ニ ソ ト (VS )
に
こ
と i
こより,
ィスブ レイを凡なくてもヲ
波数合によ')
υ
て ふ こ と えj支でさまヲ
ーソトのスイヲソチ切り
日hを
霊ことできます。
1.セットの[,幻!IJのケースをはずします。
2. 主
主Jに 見 え る [ F ュ ニ ソ ト を J
I
えり付けているシャ
シーの 1~ltlÌ側のネジ 2 本をはずし.
IFユ ニ ッ ト を
起 こ し て PLLニL ニ ッ ト が 見 え る よ う に し ま す 。
:
o
. PLLユニ、ソトのす年取1刻に VS,
1ユ ニ ソ ト を 取 り 付
け る ス ベ ー ス が あ り ま す の で . VS-lユ ニ ッ ト の I
,rJ
d
oに i
i:怠して 1
.
j胤 の ネ ジ 3/
[
正
で[
1
{
1
;
ζ します。
4. J
l
x
.
りf
、
Iけた VS-lユ ニ ッ ト の 近 く に , 後 続 さ れ て
い な い 3ビ ン コ ネ ク タ ー と
8ビ ン コ ネ ク タ ー が あ
りますので.VS-lユ 二 ッ ト の J
0
1に 3 ビ ン コ ネ ク タ
を. J02に お ど ン コ ネ ク タ ー を 硲 実 に ふ し 込 み ま
す。
G
. 次 に IFユ ニ ッ ト の コ ネ ク タ ー に , や は り ぷ 接 続
の 4ビンコネクター③をぷし込みます。
6 VS,
lユ ニ ソ ト の S1ス イ ソ チ で
唱
9
日本語ムくは英持
を選んでください。
屯 淑 を 人 れ . VOICEス イ ッ チ を 押 す と J
l
i
j;
i
J
(
委
主
を
t1'i~1じみ i 二げますので,お長['7;メの fv i
込に
VS-lユ ニ ッ ト
の VRl を謝繋してくどさい。
よご注意
1
_
1
J
l
j
J
ケースに取り付けられているスビ
w
カ
ーかムのけード主1迫害子切らぃヒう(~
くだ、さ L。
為
スピョァフーからのリー
F
m
奈は
2 ピンの
コ ネ ク タ ー で IFユ ニ ソ ト の コ ネ ク タ ー に
す去最元さf.Lています。 このコネクターをま友い
て作業してく f
ごさいの
電
③
J
VR 1
叩
4
9
クザスタルアィ J
レター
TS-440 シリーズ、にはオフ シ ョ ン ブ fルタ
ο
として
YK-88S,
YK-88SN,
YK-88C,
YK-88CNカ汁 I
L
なされてい
ます。次の ^t~:'Î1ti でオブ。ションフィルターを 11'Zり 1.j けて
くだーさし、。
このときスピーカーからのリードキぷを切らないよ
うに j絞 り は ず し て く だ さ い 。
1
'
.f
W
Jの ケ ー ス を は ず し ま す の
2. I
Fユ ニ ッ ト 基 板 を 似I
A:しているネジ 7本をはずし,
1. セ ソ 卜 の
シャーシ}からAhこします。
:
i
. IF.
'2.ニットのフィルタ-}絞り{、f
けスベースへ,フ
イノレターをぶし j
ふみ,災{長J
Iのノ f タ…ン泌をノ、ンダ付
け し ま す (G ヶ r
i
)
i
)
0
このとき尽板よりづき et
れした足
(!本〉をひ)1
)J
f
i
くりますり
ノノハンダ1-1けは小寝込ーのハンダゴテ 05W-30W
f
,'J:)で¥できるだけすばやく行なってくだ
せい
に
,
をわ fF
スソド?tり門ずす
レ当
スピーカーからのリード線を切らない
ようにごi
L必;く f
ござし、
1
えは YK88SNを取り 1
.
j
ムける J
l
幸子フィ
YK88~よ
ルタ一選択}打点色 iト
ド縦守層鑑]→閣議むへし
J
換えます。
じ
ラ ムくはおじふ を与えけ
Y
イノレター選択 J
H'
il色 リ ー ド 線 を
し換えます
0
6. YK.88Cと
, YK.88CNを訂正 1
)l
.
j-けるよ必イヤ, YK-88C
を
, YK-州 ま た は YK88SNの場所へ, YK-88CN
n
を
, YK-約8じ の J
:
V
j)
i
f
iへ 1
1
'
え
り
千 ,
J フィルタ
J
i
-色 リ ー ド 線 を 通 量 劃 → 母 語 劃 へ ,
;1長タ~J!J
(I
色リード総を
直語劃→仁語通コへ)宇:し符えます。
7. 1
ド ユ ニ ソ ト 合 シ ャ ー シ ー に 1亡どおりにネジ G本 で
l
I
,
l
i
乏します。
8. ス ピ ー カ ー の コ ネ ク タ を j
乙どおりに去し込み,ケ
ースを i
絞り
(
rますの
ジ〉会計はそれぞ
れ
2
*
づっ千iり ま す が ど 九 ら の 綴 れ こ 被 絞
!~てもカミまし、全士 λ/ の
I
Fエ
A. つり dげ 型 で 使 用 の 場 合
コ引アングルを f
l動車ボディオ号へ取付けてください。
③スペーサーをトランシーパ
1
二側に 1
1
X
1
れずでくださし、。
ス フ"1) ンクすワッシャ
六 角 ボ jレ }
";1"ラネジ
トランシーノ〈ーを コ明アングノレに土j
ぇ付けて'芯 fです。
A
(取 1
,
jけ に は , 六 戸i穴 i
J;t()レト,チョウボルトいずれか
れ好きな1
0で け て く だ さ い J
おトランシーパーの脱妻子は刈サイドの六角穴付ボル
トまたは,チョウボルトをゆるめるだけで餓単にできま
す。
六 角 穴f
寸ボ jレ卜
またはチョウボルト
醐角度の調整方法
角度変換はコ引アングソレの穴1iI:践を移動させて最適の伐
置に一六 j
f
j穴 付 ボ ル ト で 附 定 す る 。 ( こ の 同 定 は 付 属 の 六 角
JI,ミてください。またはチョウボルトを使則す
棒スパナを H
る。)
5
1
B. 床 措 置 型
色白
ベーサ
をトランシ
ト(ニぇ
r
でく
さし
アングノレ
ソトに限定してくど
し&。
儀a
六 角 穴f
すボルト
またはチョウボルト
B-2.
取のセンタ
った
コンゾー/い字
取付ける場介は, 手 ジ >
1
来
持金t+を使うと便利です。
①スベーサーをトランシノトに付けた後
保持念日を
子互角ポ jレト
スブリンクワソシ
f
突いコアング/レにやけま
:qzワンソ
よりとちらと
ときます
b
スイッチユニット
ン)
fッテコーニット
スツデユニット
ディスプレイユニ;; ~
ントロールユニット
コントロールユニッ
イッ
ーツト
…ント
スイッテユニット
スイッチユニット
ィ、ソ
スイッチユニット
、ノト
スイッテユニット
スイッチユニット
ブァイナルユニット
フィルターユニット
RFユ ニ ッ ト
5
3
護基犠賜漉襲史的較lE
1. セ ッ ト の 1
'
.{
I
l
i
J
ケ ー ス 氏r
f
!
Iの ケ ー ス 2枚 を は ず し
ます。
2
. IF
r
f
lIから兄て/叶J!l
J
の I
Fユニソトのド{HlJに PLLユ
ニットが比えますので│ヌi
に
ノjミすコネクターに,
H)~誌
の ビ ン コ ー ド を 之 2しj6みます。どちらのピンでもか
まいません。
:
'
l
.1
氏r
(
l
I
の RFユ ニ ソ ト の コ ネ ク タ
CALに 付 属 の
ビンコードのもう)','}jを設し込みます。
1
. アンテナを持続し, .
L
fY/WWVOOMl
Iz,
l
f
i
Ml
Iz
)浮
を受fi",します。
PLL.l,てこント
5
. PLLニLニ ソ ト の コ ネ ク タ -J
3
0のそばにあるト J
I
マ
TCl をドライノ f ーで向し, JJY/WWVの ど ー
トも?りにマ カ {,;けが示なり,ダ、ブ/レピ
ト(山i
低 2つ の ビ ー ト よ な 〉 が 聞 こ え ま す の で , そ の ビ ー ト
i
h
iが J
F隊 に ー士文ーして おつの t
¥
:
.によみうなりグ)
I,
]
iJ
t
lJが
;法大()主!波数はぷ少〉に ;I-~. るように終しますり
て
:
1
)
行
J
,七/.切れケ撃を!を 11'石噴けて事者,1'~メ It 、プレ{予介
1)
ます¥
7
CALJfli、
l
h
誌上二ンコードを i
h:いてく f
二ざし h
ピ
1
. セソトト.1!討のケースをはずします
2
.I
F二1.__ソトの VRlOを謝終します。
0
ニ
コ
主
主
げ
員J
Iケ ー ス の ス ピ ー カ ー か ら の リ ー ド 線 念
l
J
:くだ、さ L。
、
切らないようにご;l:
5
Kは
,
スピーカーからのけード%
コネクターで
2 ピンの
I
Fユ ニ ッ ト の つ ネ ク タ … 1
1
に会立さオしていま
セソトぴ〉ケス
i
ド
ャ
二Lニ令、ソト(})え分
j刻ケ
はずします"
J
司寄与しま
スのスピーカーからのけ】
線を
七万ら々いようにこ jわさ、くだ怠い。
スヒ
ア ラ ー ゐ ら グ )1
)
ング〉
コネクターで-ユニ二一ソト(})コネグタ…
i
ニ千委総tさtLていまーす一。
亡 誠 二 二τ
去二震三ヨ
ザチウム蓄電池について
このセソトには,メモリーのパソクアソブ芯i
l
i
L
と
し
てリチウム辺地点汁人会長されています。
,命はが}S{jで す
リチウム定ィ也の
ー
ニj
ミ
主
マ イ コ ン ハ ッ ク ア ッ プI
I
Iリ チ ウ ム 電 池 を 交
換すゐ場介は,れはし冶ぷ川、ただし、た鋭先
,}Ij
υ
旬
ハワ}ースイソチをひ
して}よい!支数のぷノj 、が ~~;i;
にリセソトされる (
1
4,
OOO.OOMHz,
USB)場合は,
}くはお主羽りのサービコミステーションに
ごおい炎くださ L。
、
リチ
ウム屯池の},f{,訟をぶしていますので,おいめに交換し
てください
υ
今ァ
ディスプレイの 10Hz犠 恭
セソトぱ.'l',1'~i 持,段ノj 、Fnn皮数表ぶが 100Hz
っていまず。お好みにより,
1
1.伐にな
lOHzl
t
!
イ立に変犯す一るこ
とができます。 i
欠のI
I
t
I
U子に{沿って変兇してくださ1, '
0
1
<. コ ン ト ロ ー ル ユ ニ ソ ト の デ ィ ッ ブ ス イ ッ チ ( 製 品
1
1
'
1
1
古川、?にセット済みですのでいじらないでください)
の ド に あ る ダ イ オ ー ド D66を,ニッノずーなどで切断
1
. セ ソ ト の L1
"カノ<-3f
文を 1
正りはずします。
し て く だ さ い 。 こ れ で 100Hzぷノぶから 10Hzぷノメへ
2. フロントノ f ネlレ の 内 側 の ネ ジ 4本 を は ず し , フ ロ
と変挺されます。
i
jへ 引 き
ントパネルを子,j
t
f
l
lします。
;
{. フ ロ ン ト ノ ぐ ネ ル の 袋 側 に 付 い て い る シ ー ル ド 似 の
ネジを,
UJ
l
リ
I2本
,
ド側 :
1'1ヰはずし,
シールド板を
はずします。
ご注意このとき,ユニットに持続されているリ
ドがtなどを?切らないようにこ H
:
.
l
:
t
.
:くf
ござ L。
、
5
5
i
ご覧費時
t
モードキーを押すと,モールス
I
1
4が出力されますが,
コ ン ト ロ ー ル ユ ニ ソ ト 内 の 夕 、 イ オ 】 ド D65を カ ッ ト す
ることにより通常のどーブ九(ピ、ソ)に変だすること
カミて、きま-9
0
i
i
j/¥IJI
きU
1
Iしま
ントノぐネノ Lを 子 l
:
3. ブ ロ ン ト パ ネ ル の 災 側 l
二
十J"
、ているシ}~ド似の
ネジを,
H
l
l
l
J2/
j
ド
,
ド
{
l
¥
I
J
3
:本 は ず し , シ … ル ド 似 を
はずします。
ごi
3
注 意 こ の と き , ユ ニ ソ ト にJ
在来えされているけー
ござい
ド綿などをらないようにご九二怠く f
0
1
. コント口一/ルレユニゾ卜のテ、イソアスイソ
ある }
η
)
6
5を奄ニゾノてーなどでひj陶?してくだ芯いの
これで,
ビーブ九二に変従されます。
ト
TS-440シリ
ス;では Cれ7シ ブ ト を 800Hzとして"丸
n
さ れ て い ま す が , お り み に よ り 100Hzに 変 i
とすること
ヵ、で、きますり
1. セットグ) 1ドカノ<-;
)f
5
とを土{えりは切ヂしま 9
-"
2. フロントノすネルの "
l
,
j
{
H
1
J
の ネ ジ 4牛ーをはずし,
フロ
l
i
j/¥IJI
きJ
れしまーす。
ントノ f ネ lしをず r
)
;.フロントパネルの華道 f
)
l
J
Iに十1'1,、ているシールド板の
ネジを,
H員
]2
1 J九
F
f
l
!
i
J;)本はずし守シー/レド版を
はずします。
ご注意このとき,
}
エニソトに持続されている I
ド線を切らない上うにこ二一会;ください
1. コ ン ト ロ ー ル ユ ニ ソ ト グ コ デ イ ソ ブ ス イ ソ デ J ) に
ある n'/3 を~,ニソノぐーなどて、切断してくださ l '
0
事
2γごす作。日にぎえくださ予れ
0
?¥1ilum
{戸乙
2. フロントノ fネ ル の 尚 1
l
!
1
1
の ネ ジ 4本 を は ず し , フ ロ
f
Fi
守 Ji
1. セ ッ ト の 1
-ドカノ<--:
3枚 を i
絞りはずします¥〉
イソ?を入札る
初期
1
)
人j
(ま jの で ¥ ごJ
パ必;くだ;去し三
POWER
ます0
2. フロントノ《ネルグ)r
,
l
u
1
J
l
1
J
の ネ ジ 4本 を は ず し , ブ ロ
ントノぐネノレを
1
f
i
i
j
/
¥
'
5I
き1
1
1
,します。
疑似J
Iに f
、
h、 て い る シ ー ル ド 似 の
フロン介トノぐネルの 3
上告tJJネジ
2本,
H
W
Jネ ジ 3
:ノ
1
'
(をはずし,
シ ー ル ド 十}
j
IC54
をよi又りf;í~きま寸。
4. イ ン タ
フェイスキ、ソトの
ICを 字 以
Lの コ ネ ク
タ ー に 必 し 込 み ま す 。 ( IC
5
4
.
5
5
)
このぎさ,
ICの r
r
l
j,き,およひιEを い た め な い よ う
に,長官三'だに)(し i
ムんでくだ、さい。
I
C
5
4:μPDil251AC(NEC)
ムくは干 11 、片品 (M5U2 ら lAP.TMíl251AP~Ç)
I
C
5
5:TC4040BP(京 ;L)
えは十円、 1
'
,
,
' (MC14040BP
,
HD14040BP等)
5
7
国
要
1. 概
こ の 信 号 は 2系 統 に 別 れ て ブfは ノ イ ズ プ ラ ン カ 防 路 に 供 給
され,他方ーはノイズブランキングゲートを通り第 2IFmフ {Jレ
TS-440 シリーズの}ミな十待 111(:( 土, FM~イ長Il年のみダブルコンノぐー
ジ ョ ン , そ の 他 の モ ー ド の 送 信i
王寺とすそでのモードの受イ三時はトリ
ター 1
1
1
]路 に 人 )
Jされます。
者
'
s2IFフ ィ ル タ ー を 通 っ た 受 イ;
:
tf~t けは,ノぐ、ソファーアン
プルコンパージョンタイプで, '
j
'f
1
l
l
J
i
;
l
i
)
!i数は 45.05MHz.8.83MHz
を 総 て IFユ ニ ッ ト に 人 り ,
455kl{zとなっております。
(8.375MHz) と i民会され努~
Iの 第 lお よ び 泌 2 ミ キ サ ー に は ジ ヤ ン ク シ ョ ン FET
受信吉l
,
(2SK125)を
送{.\郊の荷主 l
ミキサーには、ド術変.v1~ !H rC(AN612)を
,
提.~ 2,
斉
0
;
;:3ミキサーには 3SK122によるバランスドミキサーを使!!lし
3ミ キ サ ー で ロ ー カ ル 問 i
皮数
:
nド)告i波 数 (455kHz)に 変 換 さ れ た 後
2系 統 に 分 け ら れ ま す 。
)
jは F MJ
f
l
ブ fル タ ー を i
必り F M.t抑制,後 i
皮j
j
] IC で f~ ,lf司
ま た , 第 3 ミキサーにデコーアルゲート MOSFET
(
3SK73)をJ
采)lJし日iダ イ ナ ミ ソ ク レ ン ジ を '
J
♂対しています。
~~
され,
i
t
!
1
の
)
j,
土 SSBふくは AM)日フィルタ
をi
l
l
i1
)司令悩され
た後f
l
fぴ 2系統に別れ, SSB,A M*キモード呼JjJ
の検討主 1
1
1
]路によ
り従 IUliJ~ れます。
ています。
デ ジ タ ル VFOをはじめ, PLLI
I
I
]
f
f
与は 5つのループから成り,
4. ユ ニ ッ ト
36MHz の;誌やノド品発弘之 {n]ff各によって市 IJ 笹[J~れ 10Hz ステッブの
防波数変化を得るとともに l
ドシフト機能も 1
1
[能としています。
ニソト,コシトロ
ム i
義
審
答
マイクからの
i
y,
$
4
{
パりは
IFユ ニ ソ ト に 人 1
), マ イ ク ア ン プ
この 1f~t rr~ム{まとうミソグブイルターを滋滋して SSB
{
,
¥
;
;
ー
によりローカ J
"
"
)汚j
皮数以 375Mllz) と
ドアンプをと 1
返り,
混 合 さ れ 8.83MHzの信与?となり I
Jされ,
トに入 )
PLLよ 二 ソ ト , ゾ rイ f
J
えドユニッ
持 2 ミ キ サ ー で HET)
苅 波 数 (36_22MHz) と滋イャ
RFユニット (X44ぺ680-00)
ヰ仁
このユニソ卜には交じおむとして作ノ〈ンド }
;
I
)BP
ド,第 l ミキサ
りふは I
衿脱され、 l
^
r
寝Y
変 調 お に よ り 455kHzのj)引きいりふに変換され
とな〉アニ後,第:ミキサ
ノレユニソト,
ニソト,フィルターユニソト, A Tユ ニ ソ ト 等 が あ り ま す 。
F M,
VOXの 谷 川 路 に 別 れ ま す 。 SSB糸のt;
てバ料品され, SSB,
ます ο
IFュ
1、
S440シ リ ー ズ を 機 )
1
l
け る ユ ニ ソ ト は RF-"-ニソト,
45.05MHzの MCF, ~ 2 ミキサー,ノイス、ブランカ 1
1
1
1路
,
8X3MHzの MCFが
,
また込イパ点f)としてお 2 ミ キ サ ー , 第 五 ミ
キサ
I
1J
l
仇
)とそれに絞くアンブ I
(絞終ミキサ
の?イクアンブ,
リミッヂー各がまふまれ,
F MJ
丞い H
与
さ ら に 100kHz
~30MHz をカノてーするのに必療な 4 つの VCO が人っています。
さ hて 45.05孔1HzO){S',}となり, M Cド ( モ ノ リ シ ソ ク ク リ ス タ
的 り , さ ら に 次 の 第 1 ミ キ サ ー に よ り VCO
ルフィルター)をj
阿波数と j
混合され送イバ周波数となります。
I
Ak:'年間波数に変換さ
t
l
1
r
t
f
r
'
t~~~はローノマスフィルタを主壬て,
れたi
ファイナルユニソト
に人 J
Jされます。
IFユニット
(X60-1300-00)
9
8.83MHzの フ ィ ル ヂ ー . ~~:)ミキサ
一,検波,
, 155kHz糸 ブ イ ル タ
f
U
:
)
告i
波I
桝J
1
などの交じ却と,マイクアンプ¥ヂ{告l
変
u
調i:if.,第ぉミキサーと 8.83MHzのブィルターなどの送{,法[iがまH
ファイナルユニットで必空をな電力まで 1
枠制された送信イI
7
5
7は
,
ローパスフィルタで不安なスブリアス成分を1
絞り徐かれオート
アンテナチュ日
4 2.
ナーを通ってアンテナに供給されます。
込まれています。その他,
cwブ レ ー ク イ
y動作をコントロー
/しするタイミング 1
1
1
]路
, 8.375MHzの同奇1
)
'
,
差
以2
5
4
号も公まれて
います。
3
ヰ
ω
i1
3. コ ン ト ロ ー ル ユ ニ ッ ト (X53
450-00)
マ イ ク ロ コ ン ピ ェ ー タ ー を lド 心 と す る ヱ ニ ソ ト で ほ と ん ど
アンテナからの受信人 )
Jい け は RFユ ニ ッ ト に 人 り , 時i
j
l
i
;
i
ノ
ぐ
ネ ル の ス イ ソ チ で ON-OドF 1
1
[古E
なアソテネータを i
I
長して受イパ
で 情f
ぶされ, PLLユ ニ ソ ト の 制 御 を は じ め と す る 防 波 数 制 御 機
能及びぷぶ関係弘多くの制御機能を'乏け持ってし、ますの
バンドパスブイルタに人
ノぐンドにラ上ァう冶
下び)イ}""タ
コントロ
(t
ソトんのデ
宅
1
0ゲ〉
タド
パンドノ fスブイ/レターからのぷ
委主と
ト
ヰ
より
れて等 1
ーで
童文けに交換されを
り策 2 ミキサ ωl二人)]されます。ここで口、 J
N
J波 数 (
3
6,
22MJ!
z
)
L,
J
怒波数(呉川なれがに
れます。
ス予ソブ"i!)
ーブふまれていますり
タノし
また,
ダ
〉
力、}""
令7て の j
務幻長主数のぷゲーとな
J
主ノドふヲぷr,:
i
c(36MHz)カ
£
ま1
1.,ム;/Lています一 ο
るコーニソト
、しよ !
OO W,
、
お
N
はコレクタ災{こえな誌;の
し
,
う
主
と
よ)
j正
会
!
,
そ j
Jな っ て い ま 手 くJ) 、
,
て お り ま すυ
[email protected]
毒
-1340
iゑ CtlUJ に 57 まれゐ J~.;~ r
V
:
母l
i
主などの不安なスブリアス成分を1
!
)
(
i
)除さ,
.r;ミ資の従 )
1
支の発射をJlf
t
mに し て ね り ま す 。 ま た こ の ユ
ニ 吋 ト で は , 進 行 波 お よ び1
え射泌を倹
ブ ロ テ ク シ ョ ン , ぉW R
l
nしており,
ALC, !
X
:
身i
終などに{共品行しております。
4 7. オ ー ト ア ン テ ナ チ ュ ー ナ ー (X57-1150-00)
チェ…ナ
f
mと品目jl'p郊から!反りヲ チーょーナ一斉5
1はコイノレ,ハ
リコンから!えるす巧リマソチンク"
[
n
l路 を 形 成 し て お り , ノ パ コ ン
をモーターにより!~Þ(到して 15 ります。器IJliFlll~lll 土針山 !\JJ 郊の
? ソ チ ン グ 状 態 を 検t
l
'
lし r
i
i
j述 の モ
t
A258-
わハリキ﹂小
W中
でと
タ
を 駅 重 仏 語J
I
街l
し込1
r
:
;
-1
1
'
1
ソナ/グィをよ送金子な状慾に警妻子干しており
ハV
オ
トアンテナチ
i
ナ
は
の
アノ¥ンドご、長JJfiします。
5
9
睡 披 逝 パ ン ド と ア マ チ ュ ア バ ン ド のj
認
}
,
I
;
Ji
皮数と波長には次のようなi
対イ系があります。
TS-440シリーズの受イIl約!波数範闘は 150kHz~ 30MHzの 1
1
;
L、純 i
滑にわたっていますが,
波長
(
m
)
300
(MHz)
E
I
I
を
誌(
1
勺 な と り き め で が(j
ゑ)
"
iぺぷアマ
1
¥
!
U符できる }
M波 数 が i
k:められていますの
チ ュ ア 無 線 な ど の1
ド
グ
〉
皮主主害]
1勺似!のよう L
二欣 Y
X主先ペ〉アマーチヱア主主主告として,
討
!1
ある
A:の範闘を宍]
1りあてられ,その}.'.']波数によ)て{吋メウヘルツ
300000
周波数 (
kHz)
j
濁波数
300
周 波 数 (M
村z
)
波長
(
m
)
ニグi1
'
,
¥
11
系l
ニ上り,たとえ i
f:
l
l
mノぐンドと 9MHzノ〈ンド{土[,司
Jlmバ ン ド ま t
:i
士 郎1Hzパ ン
じ欣送ノ《ンドを交わしており
(MHz)ノミンドとカ¥ 1
主上主で J
長h した f
n
lメーターノぐンドとし、うよ
ドといえば,
l!z~-9775kllz にわたる欣送ノぐ
ダイヤル!ーで目的 k
ヌi
でその他の }
"
iとたっているところは,
うに呼ばれています。 i
ンドのことをノF します。 ただしバンドによ〉ては 11'_ 石すな換 ~1 に
[
l
i
lA
:
;
長jゑ 泌 1移 動 王 寺 , 航 術 移 動 主 主 , 鼠 体 1移 動 業 務 た
/正〉ごいなゐいものもあり,あくまでも↑子'
1
(
1
勺1ヂ粉、と思ってくだ
標識業務などの干準々の来:符に配分さ f
t.ています。
さいの
り当て
2
壁3
1
0
2
0
1
5
0
毒
主
れ4・t蝶~":":~者
液
放送ハ/ド
2
8
5
醸鶏
5
2
5
中波
放送ノ、/ド
ヨ p -;パ・アフリカ
([email protected] jレコ・襲警 1
討を含む〉
害
軽 l揖
主
主
義
繁 2地域,南北アメリブ7
3地 域 ア ジ ア
a
大浄財1
(ソビエトトルコ 襲警富を隊く〉
a
例外として、この著者と縫う特
n
持)
1<
7
)
昔
話 当となってい
があ
ンド
/
ド
の世主の書誌
三
重
イ説め襲撃機と安全織の畿i
,
{ンド
ド
犠
犯行f
支(こ(土 J
ア令アブ i
)ァ ラ ヅ レ ふ み と ゾ 浪 人 か ず
J
J
I ノミンド
ノ〈ント
f
おで I ヅ
〉
、
し
れ〈ノ)ノ¥ンド i
二
ぷ 言 J, 治
ι1)
ともえ表グ〉
1
Iの 人 り に yシ
ァ
f
)L
どJコよソ
、一¥
s
え
ザマノ
議
欝
;診にベ
護 審 "
紋
トロ仁 Jウ
l
ω
o
グ
〉
lk¥
月
v(ア〉ロ
フラノレカミ
を起しながら人
ま
二
J
ノ¥/"
"
とi
必 ; 子 ; ロ ヂ ば れ て お す ) , 交 の 放 込 が 千 訟 や 経 が く ζ 使えな
伐
j
j:7)1
五!内政込に主として後われてい
フリカ,アジア
I
どハンドでヲ少々かん料にかけて
ご と に に 々 と J迄う
(3200" " 対
)乙ノ〉之〆 j 乙
1)ノ、/ドとがらノ¥/ド
L、
熱
,
;
;
;
民
地
、 ム
1
戸とにな‘け会
90mパ ン
守、」〆、ノ、、
う
ノ
i
く"ア
i
fi),大、子峡ぞ:::心としてはとん
1
支はニプ
ノ
レ
ン・バンドのおの通り本欣込さとまじえた1
1
:
1
僚1
1
)
(込 が け
I
J
' lkW
f
J
, ト グ ) ー カ ノ レ で す 。 対 波 数 が く す 事 や 仁 川f の も く ,
I
ま え 絞 め 大 浴 し かi
詩jこ え ま ゼ ん
れ押しにj
詩j
こえてきます。
I
U
:界 の I
E
I際 汝 込 は
25m, 19m
小心に浴 ìl主を li~ しています。
11 ヰえでの''Z fi~- は芥主ろではありませんが,約書字、子ぬから川大限,
勢 25m パンド (11700~11975kHz)
J!U
ね ア ジ ア ・ オ セ ア ニ ア 地 域 の んjが 炎 l
t
lJ交似ていきま宇。
このパンドから!のハンドでは任問も i~ 鋭機 'fJl:. f~i- が業しめま
穆 75m バンド (3900~4000kHz)
明グ〉ノくンド l
土r
r
i
.
l
tア メ リ カ に I
土?
fl
]
り
、 l'jて1.〆弘、く,
}
Jグ)I
!
i
l
I
'
?
i
う
主
文j
ゑカ>'二こグ〕ノ〈ンドをイ災対jしてし、ます
アジアヲア
'
11
mを 泌 し て 3
J
R小状態の比較的安定したノ〈ンドで,
U
'
.
.
t
E
Jtのロ}カル政滋が l
j
l,[ンです。
フリカ l
I
;
C
i孟がたいてし
かのI
o
イl
'ドどこ
ます。
乏が'乏イzをできます。
夜 間 に は ア ジ ア , オ セ ア ニ ア 地 域 の 汝i
このくらいの将波数までは誌はロ
りませんい夜間
務 バ ン ド
カ jレ!な込し
0
'
)
(まと/レどヘ
な ど の 総 お と じ れf のような泌イ"が多
く守長 }
jrブ ) そ 与 し lllj す の は か な り の 十H
と
γL
よ
、 Jヅ
〉
1
)
千ちてに平年に途
すυ
ずυ ぞ れ だ け に 季 節 の 変 り り の 1没 後 や の ま え な ど に ヲ
辺、わぬ i
主}
jのIniカ心乏イμ で き た と き は
グ )1 十J~t-r??
手長えなどを'泌;える
ア包土決,
のですむ
!
iァフかり叡太
u
年
ニヅ)/<ンドもトロ!ニカノしゅノ'/"ドで 7からラ
ですが,
19m と I
"
Jじ よ う 伝 J
かじで,
宇
J
)に か
け て ア フ リ カ } jj
f
l
iとJ
大
々
に
'
'
1
:
.
イ
, jできることもあります一。このノく
/f
、はソビヱト,インドネシア,
f
l
<
:t
1lJ谷弘
"
;
C
>
レ
シアなどの大'必 )
J が
'
1
'状 態 も
このノ、ンドにも IEjp~そが仁込が多数 t t*!
しけえしやすいかもしれません。
19m(こ得じます日が‘同波紋が r~;l し冶分だけ変化がi~士しく
なります一。
警
警
ド
るバンドですの),',i
i
l
定数が fnJしミだけに 1
I(こよっての変化{主将 l
、月は
、のノ、ンドからは 1
EJrfi~ 放 iるもか心‘り 1 Jな わ れ て お り , 特 に 冬
)
t
)jに(土よトまでがi
冶
,I
I
r
J
i
皮委主のノ〈ンドを f
a!
ljし て い た )
"
jカ¥ こグ〉ノ又
ントーまでおりてきて版います。 60m と{以たような条件ですが,
M数 も は る か に 多 く 大 電 力 川 が 多 い の と ,
1
) ァラ万カ玄間i
え て き ま す¥
l
法 泌 総i
吋僚がく込 1
りとして是正期そrJ'心にしてれに f
史的されてい
きます。
.49mバンド(ら 950,,-, 6200kHz)
日本 M~Jj文込も多数 Jれ
J),みのあし、まをぬって,タメiから卒)j
秋から冬,存にかけ大浴 j
fで に 中 I
q
j
,:1亡万出からItf
iま り ; ジ ア ヲ オ セ ア ニ ア } jl
!
,i '
1粉 に
ソ ノ ヘ ア ブ リ カ )jl合i
のI
"
jが
hな l
u
iカずあります。
i
'
?
f
;, ニ 長 く 人 っ て き た り す る 気 ま ぐ
しかし存から手j
くにはた i
l
l年t
a
Jな が ら 411
弘にメ
リソトの r
,
i
Jし、交{,¥が刻。できます。
太F
お
!
!
!
,J
!
,
{i
l
i!lUJ の Ü~-Jもな計干潟 l こ透Jl'li ~燃の IJil 際汝 jζ に f夜間される
ノ〈ントーです。I!本で'交じできる時期はよ手と秋の,
タん,~干支のヨ
ロ ソ パ ¥ ア ブ リ カ )jl
古i,引の北米 v
l
捕5
}
i
l
古i
でしょう。般に
かけてヨ}ロツノぐ}j1
(
T
jの 交 い が 期 待 で き ま す 。
i
n
J
も
I
1
l
tこえない[17うず多いかも};lIh まベぜんが, 聞 こ え る H年は矢tJ.持与
.41mパ ン ド (7100~ 7300kHz)
2地.
.
;
g
: (!十j~ ヒアメリカ)には注目り、 "1 てがない
た め , 従 波 の と び く あ い は 19m と ほ と ん ど I
"
Jじで寸が,
γ
; しく、 まったく M も!まニえないけカ三あるカ冶と忠、うと, ヨーロ
鯵 11m バンド (25600~261 OOkHz)
て い ま す の で , よ り 符 坊 に 受 fJ
亡、さま寸。
このバンドは宥~
し、王す。
冬 の '1況中状態のたしミときは, ノ
う}
j
か、'111Hヰ
く
,
}
jl
白j, 予
定
!
BJ
[email protected];,二ア}JI
I
l
i守
i
lと持,Htで
アブリフウおi'f
義務パンド
アフ i
)ウ
泉市アジアグ〉ローカ/レ )
"
jが多量k
t
P
!ています。五正郊jは'って屯
{
まj
泌さ
オセアニアからア
ノ
う}
jから{享:否反にかけて;札
て 月l
ニヵ、けてヨーロソノペアフ
与l
i
l
l,
f
(J
には
l
i
i
lな が ら ロ ー カ ル )
"
jなみに",芝府似てユきます。
れに 7
'
6
1
発
髄 I~.
臨電波障害について
霊童波を発射する齢に
JAIA
'
1
1)
u
iの発射ーする泡 i
皮がテレビやラジ
@ ア ? チ ュ ア 然 線1
"
i
'ま
,
ステレオ等の受イえや同信に陣守を
ノ、ムバンドの近くには,多くの業務!il無線 1.~î の防波数が
あ り 運 用 さ れ て い ま す 。 こ れ ら の 無 線 局 の 手 近l
f
[
i鰍で'滋 J
i
支
1J
'
[
:し陣'存の f
t
U
支
,
ただちに径波の発射をt
を発射するとア 7 チュア M
iが完封皮法令を満足していても,
u無 を 線 認 し て く だ
さし、。
不滅J
Iの 電 J
i
支障害が発生することがあり,移動浅間の際には
ドネ ~ì-tfがt'l).与の浴 ir:主によるものであると線認された 1結合には,
じゅうぶんごj
土;なください。とくにつぎの 1
ゐ好での運用は
;2H;{!刊の!l~lkl か受主流llJ の );;\[λ1 か大体の見事長めをつけるためには
隊員 J
Iとして行なわず必要な場合は管河ー干すのヰロ君、そ得るよう
かなり専門的知識を旋する場介もありますので,次のようにし
にしましょう。
J
iWと思いま十。
て処穏を耳えられるのも
'
'.1,業務Hl無線
民間航今:機内,空港敷地内,新幹線取柄 1
明 ら か に 発 振 警 の 終 治 初H
ioをしている場合は,
@ 送 信 機 がi
局及ぴ中継r.;'J)苦i
辺等。
参考
t
rえ た り , 隊 号 令 受 け て い る
な波法(迷Hl焼l
l
i
J
2
5
8条 ) に 従 っ て
日の連絡を受けた場合には, f
喜子生
{
,1
恨J
Iからのドネ )fもふえます
振 動 や ス ブ リ ア ス の 発 射 が ふ え , Jゑ
無線局遂府土党員 J
I 斉~ 9苦
手
! アマチェア局の漆間
i社 通 信 機 サ ー ビ ス 慾 I
1t
ニ
の で 司 こ の よ う な 場 介 に は も よ り の 、l
引 当52S8条
(発射の制限44
ア 7 チ コ ア Miまl
e
j.
r
奇の発射する'i¥l:j
Jjzがぬの無線 ;
1
,
j
の運用;又は放送の受信時に交関を t
j
aえ
,
えるおそれがあるときは,
修
mを!わしつけられるようお別れ、します。
1
Jでの!以内による陣'だの滋 f
i
-t
主宰その付策は j
l
l.に技術的
@受信行l
-t~l: しくはワ
,
丘i
f
rとの交際しもなかなか官官しい土L
i
f
Tが
な間総に止まらず,ごi
すみやかに 2
1
4
J
車問波数に
ア 1みによる電波隊 r~~i- r{{][震につし、ては JAIミし
(11 本アマチュア然
線浅盟)で l
土アマチュアr.
i
J
f
1
l
J
l
のq
lし/れにより、その対策と持',1;
以j丘アマチスア )"j の渓!ll,特に長1\ 会の人三〈待;~長池,詩子咋去で,時
としとテレ[ゴペJ ラ ジ ヲ ス テ レ オ
子機に問符々を今仁、
社会的問題となる場介が兄うけられます。ちらろんアマチュア
JARLではアマチュア九去の従 j
皮I
Si合応対策の T
'
j
li
きとして円、
っとテレオ
Jf﹂
x
れると災い紙製がず?られると盟、われま々お
トB
るわけで、はふりませんコ機.
務局にやし H~I
E
ヅ〉
防 止 の 相 談 を 受 け ま す の で¥JARLグ)欧 f
刊行機 H ま た は JARL'
j
c
カー{J!l
Jと主主しましてもスブリアス浮の不安脳身、I
の発射を彬)
J
i
)
n
1本 ア マ チ ュ ア 無 線i
窓際
z
tの良い"註 j皮の先発t
ができるように念入りに』拘桜検?なを
行って ~PI 術致しております。もし Jj
本機を使llJ '
t
'に 樹 皮;
1
ポ
〒 170 氷点者¥
1段お i
メ巣鴨
らし,
?子がだノ :
1したJ'!会{}¥ム i
,
Jこのせ μ山ニリ二ぶして対処されるようお昭島
L、宝文します。
L
1-2
怨
ります
(
0
3
) 971
日本のテレビ放送のチャンネル
1.
3
8 2 2 1¥
的
チャ
仏 HM
︿
AF
ト
コ4
J
日
!c
h
1
お
話
へ
,
七
!d
4弘
前
i
i
ノ
i
おc
h
ノ
μ?
P﹁
のA U A
之一
4
4ch
市長 ~fìfi2
V
U
せ
什
ハ
リ﹁吋
⋮
つ
ム
ch
6
:0一時 5
6
十
η/}nxvλ 斗A
υAY
p
h
O
i123
、
問 一
FU
ハV 1 i 1 i
つ﹀
b pノ
一
}}1114
。
一1
︿
ハ
川υ
ー
口
ー
21、
'
(h
け池唯十
43c
h
S()().~ 'j O 品
20c
h
,
く
:
)
4
8
/
↑
26、(h
IS48~ 554
ク
そ
ン
27ぐh
28c
h
h
734-.740
、
(
りつ
j¥
ら
リ
c
h
746
門/ 1
AバY
nxnds ハ
け
ぷりつ 4
f?
Ffjiml/4
トム
什/ d υ
作
1-))
斗
り2c
h
品20
ハ
r f {い
/
71
71
(
-
n
v
ぷ
i
a
V
︿ A q
r
4
i
f
、
7
?
μω
QOA
h
36c
3
7ch
728-734
fh
竹 ⋮ £υ
35c
h
722-~ 728
:
'
0c
h
れ
い
す
c
h
⋮
J 守1
コ foρ
ス
之
、
へ
斗パげとりつい
,
h
32
c
h
斗A
門
ゃ
31c
h
OAUS
30ぐh
/J
けれハソムゾハリれけ
FOrj-
パ
J
ケ
008
747
1
α
ハリ!
の勺 JQJhv
JfJHρ
わら
日目﹀にケて
71:
1111111l
2
9c
h
えンド
離
脱
i
務
;
I
!
i
.
数
華
巨
額
(
れAHz) I
cwバント (MHz) 7ォーンパンド (MHz)
バンド
一
一
令
一
一
1 む
1
1.岳災 1
z,n~'
:
仁
川
[
) .三ーと主) .土一
:
l
.K治
lJχ
f
j
;
、
7
:
);
1日
I j当
iっ
ち
を
l
!χ
,
;K
O
:
:
~
.j
I
:J:)
:
¥
.
0
0ど I :1.九 日 s
o
:
!
~
一一一一一一‘一一一一一……I7i¥Illχ'1
:
;
.
1一
I.O引1
I
(
)
O I の刷
.
1
0
0
.
O
:
l
(
)
.
I
(
)
(
)
つ百日刀2
甘口市一 I().I:'O 10.lOO • (0.150 (
11
).
1作
品
1
(
)
.1
,'0)
、
,
4
存
1.1 ゃ l~)O
21M!lχ
作¥21.00り
.21. り
九
!-1Hz,
1
:
什 2
1
.
K
!
1 -21守則
一一一一一一……ー
2
0乱1Hz.
:
:
: ¥2
0
.
0
0
1
1 .2ワ 7
0
(
)
※ 1.9MHz
平
等
(
土
,
ハ
リ
1j.
O
(
)
O
IKMHz.
:
j
;
.I1
針。長お -10.1
(1
0
)
(
)
(
l
1
M
!
!
z
.
:
;
:
W
.
(
)
I出
I
.
O
O
(
)
11
.:
1
;
'
0
13
:
'
1
1
11.100 • 1
1
日I(I
K
IK.110
2
1
.R9 " 1
.
リ
'
J
.
1
1
0
1
1-
.
.
,
り
(
1
C
¥
¥
',
'
(t
e
!, け れ ん
J
*
えアマチ
ア!
!
I
[
i
*
f
Mえ i
ーの資十行か必裂です
※ 10MHz 、
14MH 乙
1
ア1
[
1級
1
0
.
1
1
1
0
1
.
1
'
,
02
1
.
.
1,
,
(
)
2
1
.
1
'
)
0
り
.
:
1り
2
計
:
cOO .2
!
)
.7
1
1
1
1
心 1i-~J~ ,
~~ L*
J
k, れ i
18MHz 平等を l!EIWl ゐ均 fT はな~ 2紋 ア マ チ :
以 I U I のすe
t
行が必波
fJ{に 従 っ て 処 1
I
そし
つ ぎ の よ う な 杭 状 は 故 防 で は あ り ま せ ん の で よ く お ,)
i
i
'
.
J
べくだ、さい。
てもなおごイぐ高な場介は,
勺十1:の )
ll
I1
,
~十幾サービス:窓 r 1
にご十1
1
.
;
炎ください。
合一
場一
の
一
送一
中広
状
盟
潔
I.MIC ジヤソクグ)1,込みイ~';é 1
ぞまたは
SSB の場合出力が出ない
O
tu
)
、
1
)こ
(0
'
(す
2
.:
¥
I
]
]
Cツマミがしは')てある。
voxが働かない。
をd
をプ叶¥にする。マイク
マ イ ク ブ ラ グ グ ィ 、l
t
.
:0
(RFメータ…・ AしCメ ー タ ー が 振 れ な │
置
処
U
2MICツ マ ミ を } j[
{
'
lへ1
1
1
1
'
)。
‘
I1
.VOX GAI:K、ソマミが MI:
K(こなって Il.VOX GAINツ マ ミ を 1
1し 白i
lない:
Ii
.
'にする。
L、
る。
2.ANTIVOXツマミグ)品特ィ、
D
l
lに
1.セット│人Jむの絞結がリニヤー N
行えみの
会~ ~とされていないパ
コ ネ ク タ ー のJ
友
利L
受信の場
疲
原
状
コネクターーと屯 i
I
J
¥
i
震源スイッチを入れてもランプが
ドとの
1
1.込みを,
~:-:にすみ。
込J
)
︼し
h
ヴ
ν
と
﹀心
菅
s
3/
B1
}74
び
j
ワ v o
h
する
L
φ
1r144
品別へ[
ソ
人
父
ゃいか﹂
ズ)チ
一 wuf
、h
つ 十 ︼ つο
ユはイ
ヒはス
ソ
ノ
チ
ノ
ペ
ー
バ
υ
¥
ノ
ス
0
J
チ
/
づ
つん円り
1
﹁
ひ
るら
ゲIL
、﹀
t しV
しっ
vnγ
7
川け
HMSμ
がはい
ーは人
一 7M
ソいつけ
ズ J
八て
込みl'、'
ヒ刊いが
せず音も出ない。
処
盟
ないか,
今)
JE
ul
る側
叩}
してし、る。
↑
す
ない。
ー
アンテ
信号を受信した
にならない。
なノ、イカットまた
イソチを{むのモードに変えてみ
:
w(ク
!1
通話はt
IIFSHIFT
1
)
ソクのある
)にし
ておく。
しても関繍ツマミを踏
IF
.
SWが ONになっているの
F.LOCKS玖fをOFFにする。
しない。
メモリーの C
HGとC
I
I
7えはじ Hおと CH9
る
。
にやi
も人 )
Jされていない。
"
Jも人 )Jされていな L。
、
メモリーに 1
にすると表示が消える。
Iメモリーにや仙人 )
Jされていないと CH
され,小数点、のみで応j
波数はブ
ランキングされる。
数でどート
える
あり
これはセット
によるもの
みりません。
8
.
:
3
7
5
M
H
z
1
8
.
5
5
7
M
H
z
9MHzおよひ別その
6
5
轍額融額融
し山、六当だくために,つぎのアク
TS-440をより
リ ー はJ
I )が府立されて
おります。
1、
S-410Sとまf
i
1
下せて f
夜間することにより長時間の連
デザイン,
f
H
'
?
i:終に'1'S-440に?ソチしています。
続 送 信 が 可 能 と な り , 快i
訟な運用が栄しめます。
T3110Vにも f
史J!lできます。
SP-430
t
i
量七機)jjぴ〉マイクロホンとして品けされたもので、写
!lすみことにより快適な
'
1
'3-1403 と ま パ ト わ せ て 使 J
経治が楽しめます。
送 信 , 受 の ひH終え換 1
i
'もピア/タソヂの将い操作ごで
スムーズに行えますの
T3-440V(ニも f
夜!日マごきま
。
PS-32
MC-60/S8
γ に?ッチした
定からセソトをる保戸建(
n
l
子 の シ ? ー ト お よ び 滋 大 混j
貯をそ
)
り W Nコミイゾヂが,、ていますので,々、ソト
ノぐにまI
1ムメムむことに上勺,
トうとえれ !!I の侠ぷ吟々たケリユミタ/しブイ I~ タ
レ
ノ
~むことカミ
手j
i
ト ニ く ()ゐ二竺
げ て (
1
ピ?く付行
¥
f
おお
主aお
みえ i
協;乙
う
と
4瓦j
中心!長J
i
皮数 8.830MHz)
'
r
、S440V
にまみ込むことにより
m)J lOOWに な り ま
す
。
Y
1
YK-88SN
CWlti干の激しい QRM に勿~!;裂がj な,仁川7 フィルタ
れていますのソトに筒}れによれ?る
w
とがで、きますの
(主主事活
中 心 開 波 数 8.830MHz)
く
ん 88CN (-6dB;rn:域料: 270Hz
Yl
小 心 波 数 8.830MHz)
シ
ノトーのぷニ悦も芥易にできます。
YK-88C
YK-88CN
MB-430
6
7
る場合は,
ETTYの
F
fl
TS-440Vで
, ア マ チ ュ ア1
集線同を小
る土晶子千
d
i1
坂 の It1
1
1
i
(RTTY(RadioT
c
l
e
t
y
p
e
)も 併 せ て 中
)
j
i
去 (70ページ)を参!l召してください。〕
く 記 載 の L,
をまちカfい
にド記の
してく f
ござ L。
、
また,
本機は, JARL>
(
究
会
主
杉
島
平
壌
ヌi
寄り T 96 を記載することにより, 込 信 機 系 統i
t
こ
グ
)
C
¥f
込
山
自
を行略することができま
周波数帯
霊
童
皮
,
。
〉
主
式
28M
F3
ぴ
〉
※
勺ずる
寺
子
人してく f
ござし h
(
況
は
民
主
ノ
¥
暢
ることにより,
i
ス
x
浮)により
J
うり,
日
りj
きさえてい
ウンはスイッデと
お
,
1 9M
3.5M
50
AI ,A3.
J
,
3.8M
50
AI ,A3.
J
,
7M
50
1,
AI ,A3、
10M
50
ム1 ,A3J ,
14M
50
J
,
AI ,A3.
IBM
50
AI ,A3J ,
A3
1
.
.
A3J
A3J
A3J
A3
1
.
A3
1
.
A3
1
.
ム?I
AI
ム;
AI
ムi
AI
AI
ムl
I
兵A
ム│
f
呆
言
i
E
原
真
周波数
A
3
.
J
F3
電 波 の 型 式
三ま重量機種の登録苦手吟若しくは名称、3<'.(ま
! 発射可能な霊堂 皮の型式、 j
習波数の範劉
iヲMHz
j
i送信機
色
ミ
3.8MHz
50W
AI
.
A31
第 2送信機
7MHz
50W
A1 , A3J
10MHz
50W
AI , A3J
14MHz
50W
AI , A3J
18MHz
50W
AI
一
一
一
d
AI , A3J
機
… 一 一 円 一 町 一 一 一 一 『
AI , A3J
50W
A1 , A3J
一え
言
者 6送信機
A3J
50W
A
斗
-⋮五ロ
50W
唱
↓一三同一一一一局一一一五口
一
一
一
機一掛川⋮機
A3J
qd
AI
組一樹一樹
50W
第⋮第一第
ri
3.5MHz
, F3
I T ヲ7M
きます。な
軸 100W馬 の 場 合
周波数帯
I w
線
28M
AI
1.9M
,
1
0
0
3.5M
,
1
0
0
AI ,A3J ,
AI ,A3J ,
AI ,A3J ,
3.8M
,
トー
,
100
7M
,
100
10M
,
ト一一一一
周波数布、
電 波 の 型 式
プ
]
機)
ぃ
'
AI ,A3J ,
1
0
0
jト…ー
z
,A3J ,
14M
IBM
トーーー
ー …J
21M
24M
,
1
0
0
,
100
,
,
,
,
,
,
,
,
,
ト一一一一
,
I ,A3J ,
,
トー
AI ,A3J ,F3
50
,
,
一 一 一 一 一 …,
電 波 の 型 式
空中(W
線 電 )力
ト
ー
.
トー
AI ,A3J ,
AI ,A3J ,
AI
AI
AI
AI
AI
AI
AI
AI
Fぺ
,
,
,
'
A3J
A3J
, A3J
, A3J
, A3J
, A3J
A3J
,
,
弓
斤 」 弘 、 〉υ
AI ,
A3J ,
F3
ゾ
N
v
V
8 解
周波数
霊童;皮の型式
空中線電力
登録機穣の議録番号若しくは名称、又は
iヲ
MHz
100W
AI
3.5MHz
100W
AI , A3J
第 1,送信機
3.8MHz
i
∞w
AI , A3J
者 2送 信 機
送 害
7MHz
100W
AI , A3J
第 3;送信機
IOMHz
100W
AI , A3J
第 4送信機
14MHz
100W
AI , A3J
第 5送 信 機
IBM
料z
IOOW
AI , A3J
害
事 6送信機
21MHz
100W
AI , A3J
24MHz
IOOW
AI , A3J
オ
トz
発射可能な電波の型式、周波数の範閤
T-97H
機
I,
融鵠コ曾
ノ¥
ζ》
してい
ェ
丈
)j;
:
1
む
然。送信機
l70Hz
、
句i
4mwih輸 品 門 } 的
w,
33認をji--414???、
濁溜狙簿濁灘洛漣沼議選。
「一一二十一一一…ーマ三一一
「一つつ
し-~
「
一
三
「 lz
|己刊行~
!
い
百
人
十l
t
t
屯J
レ
!γJil
i い:邑j~i I
I
uy
岱
ベ I
!
ι
J
I
ii
」一一
で プ -
f
士三七ごっ1
j
片:ヲザ
i
L一J
‘吋
邑品
町
は
j
し 一 一 一J
ト
一一
一一
一一一一一一
一一一
一寸
ドH,
輯醐司、ベ守山可 lV
~!
UNIT (X5j-1340~OO)
一一「
久
「一一一一-
}
.
I
¥
J
・
4u
a
a
H
t
回
︿
xmwh村I4m凶 吋 ︹
}
i
o
o
x田¥ふ﹀
…一一一一一」
Q 50
DTCI43TS
P日,5<
ISS!
33
'
"
155101
「一一一一一一一一一一
c
〈
下
2
Q3
oo
DT仁 114ES
2SCI815Y
25C31138
ア
"
8A
。
151587
lSIOO
ア
D2
ISS!Ol
03
(;6,
8
0
ヲ
"
D9
D
"
D
~
ち
MTZ9.!.JC0
'I)Z-9.1b
MγZ7.5JA
MTZ4.3JC
MTZ3.0JB
fN444801
24
' 会h
(﹀︿印品 14印 ム0100)
"'T
T
「一一一一一一一一
マ蜘
h
仁 F 岳二_~O
ι
幽 出
一一一一一一一一一
AT UNIT(X57-1150-00H自1
2)
… ー 」
し一一一一一一
IC j
!C 2
IC 3
IC 4
IC 5 6
IC ア
!C 8
白
、
崎J
u可
,NJM2903D
H010tl6
:HD10131
:HDIOt25
:8A6109U2
NE !i 5~P
.M83614
Q 1
,
3,
6
0 2,
9
05
07
0100-105
DTCt14εS
2SA950(Y)
ナ SC24~う 8(Y)
OTC124ES
25C266S(γ}
lSS
雪9
υz“ 6.28L
t55133
151
'555
IN60
融
TS-440V
ア
Jレニ工ニット{
1
-1480 00)
目
一一一一むま
Q 2,
3
:25C2509
Q " .2SDI406(Y)
i .輔す
0 2 :SV-03YS
ユニニット{
ア
閥I
T
j前/
一
一
一
i
盟
oj
輔 V-5τ
コ
l-14
PLLニエニット (X50-2050-00)
PLL UNIT (X50 2050-00)
一一一一一一一一一一一一一一一一一一四一一一一一一一一一一一一一一一一一一一由一一一同一
叩
一一一一一一一一一一---,
γ
Y
F
代
"
"
f方
方
、
2
(ろ, 6
ICγ;息。十
防
SN16913P
Q
IC
IC
M54460l
S村ア 45112N
08
'(j5
SN74SlON
し
"
1
'
!
Hi
:
Q 2l
Q
U
市川円
I(
。 3υ 6D HD O D
'C
iγγε
︺
F
S
7
"子 '1~8
←
山川リリ
:ご叫J
,,
Mぺ
0%
+1-
「τ
一一
" 日 時 9(SU
251
.5
6<:(γ}
'
1-5
2SK12:
ア
"
'
き
"
'
4{L)
一一一一一一一一一一一一一一 J
ISt555'HIN4448
0 2,
3,
6 8 υ 5
¥090
[)4,
6,
a,
I
O,
1
2,
1
4,
¥
6,
1
8ゃ20,
22
152
て
'
"
0
25(2666{Y)
22{L
!
25(2570A
2$(2538
OT(!43T5
"ζ19!!91Yl
O
D
o
p
o
2ち(2053
o
2$K!92A!Gf
考)
2SC2603{E)
OT(124E5
JυPC4558C
'
"
ア
"
0
"
‘
"
M74L51'
。
rSN74L514:
1N
M54561P
ISSs3
MA858
'
"
日
?
i
TT310TE
1/
>
160
MY¥3
υ1-3.08" RO~.OEe2
OAN401
,
0
'
"
一日間
i
寝付
ト
ト
ト
一一一一
CONTROL U N!
T (X53 叩 j450~OO) (Aノ2l
一 一 一 一 一 一 一 一J
923
cccccc
V 同旬
・
56
い
。
。,
.
令
。
ト
"
同
,
,
筋
。
TC401
;$
lHIP
・
.
"
Oll8P
TC4030旬P
T(14
OlAl14針
一一一J
一一一」
M
﹁
一
一
i!
e
"
'
、
?
少
慌 ~9
"
'
ω
ο
,
悶
日"ァ
∞
()j()<
も
。
O
οc
Q
山←,"
∞
・
Y
ζ
に
"
話9
1
"ヤヤ司アウ雰Wヲ
………
警護波形式
十三イ"のん人
l
(
IOk
吾妻活路波数畿箇
一 三 紛 糾 I !z
幻
1
ラ(lお V
tらりらか
2
仁
詩
JF
日
!
.IF
イ メ ー ジ 比 l .GMllz
2
す A
ドド
70clBn1
lO OkHz~ l. GMHz
45‘05MHz
IF妨害寄上仁
5
0
c
l
B
)
.'
J
,
!
川 :lOMHz 70dIH'J1
100kHz-l.6MBz 50dBn1
3G.22MI
ぎ
gA
VJM513
日舟 FTA乃へ吋
HXll
V
l
Hz
選 択j
笈(選択皮切替 AUTO持及ひ、オプションフィルター無しの場合)
45.05孔1Hz
送信照波数範閤
1
.
9
0
7
,
C ~ 1リ
ノ、ント
説
。IIIノ〈ン i
、
,::19::.-:LH02Mllz
l
Omノ、ンド
7
.
1
1
ノ、/ド
Iz
.1Ml
¥
¥
[
χ
1
0
.
1 1
0
.
1日?
IFシ フ ト 範 閤
LO.9kH:
d
、JI
RIT/XIT"I変緩凶
IlkHzn
、i
ス ケ ル チ 感 度 〈 臨 界 点 )(ANT
様子電圧)
、ン
]
.
1
.0.
、
ン
l
t
:
.
I
l
{
)
I
'
-1
K
.
l
(
i
i
s
l
l
l
z
つ
、>ド
γ 、ン
ノ
χ
:
i三--~L;)7~) 乱 Jllχ
i
:
.
'
L
H竹内
、
¥>1
、
χ
ノッチ主事愛媛(オーディオ濁波数I5k
H
z
(
こ
て
)
2
i
U
I-2
:
1
.
71
V
1!
χ
20dBnL
周 波 数 確 度 (RIT/XITO F戸時)
終段入力
u
ト1
0>
くlO b
、
.
J 人j
]
(
)
"
c. t'
i
O,
(
て
土]
0x 1
06
)
.
,
J
、I
}
'
J
村羅品
:
主;
1
波 数 1.5kHz)
保証害警
l
OdBJJ, I
不 要 領J
I
瀞j
射
CAし
i
pfE比(変鍛周波数 15k怜 z)
ト
D Cコ ー ト ASSY
,cOdmJI
を
こ
ュ
ヌ
;
1
m
)
。
lヰ
¥
VOXfi
ねツマミ
INプ ラ グ (
7どン)
トド
]
{
I
古i
1
f1
判
i
ヰ
ド
、
不善悪綴射強度 (
cwにで)
!
JOdIH
、
Lf
、
送 儀 周 波 数 特 性 ( 変 誠 扇 波 数 1,5kHz
基準)
411()Hz~ 渋川 O !f z(
6c
1BJJ.ト)
最 大j
潔 波 数 偏 移 (FM)
!5kllzn 1
、
スピーチプロセッサー
没
:,
v
!
,
j
J
,
'
;
j
波
紋1
.
5
k
Il
:
c
'
"イ ク 人 )
J
10mVにて 20clBのIi給与カペリら
~l るにl
~合マイクロホンインピーダンス
日0
0C
] ~5()k C
i
臨淘ヨドアマチュア無線機器こに襲撃会 (JAIA)で 定 め た 測 定 j
去による 0
・定格は,技術開発に伴い変更することがあります。
8
1
アフターサービスのお問合せは、
購入痛または最寄りの当社サービスセンター
営業所をご利用ください。
その他の商品に関するお開会せは、
お客様相談家をニポ利用ください。
電話(
0
3
)
3
4
8
6
5
5
1
5
KENWOOD
株 式 会 社 ケyウッド
東主主都渋谷区渋谷 2
1
7
5
(シオノギ渋谷ど jレ)千
電話(0
3
)
3
4
8
6
5
5
1
1
1
5
0
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
7 226 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content