close

Enter

Log in using OpenID

6 次産業化とは何ぞや?

embedDownload
松
山
市
長
本
冊
子
が
そ
の
一
助
に
な
れ
ば
幸
い
で
す
。
共
に
地
域
を
盛
り
上
げ
て
い
き
ま
し
ょ
う
。
地
域
産
品
の
P
R
に
努
め
て
い
き
ま
す
の
で
、
に
松
山
の
お
い
し
い
海
の
幸
や
柑 かん
橘 きつ
類
な
ど
い
と
思
っ
て
お
り
ま
す
。
私
自
身
も
積
極
的
で
さ
ら
な
る
地
域
活
性
化
に
つ
な
げ
て
い
き
た
地
元
の
産
品
に
関
心
を
持
っ
て
い
た
だ
く
こ
と
の
方
に
地
域
の
宝
・
魅
力
を
知
っ
て
い
た
だ
き
、
ら
し
い
も
の
が
た
く
さ
ん
あ
り
ま
す
。
多
く
松
山
市
に
は
全
国
や
海
外
に
誇
れ
る
素
晴
そ
れ
が
私
の
思
う
﹁
地
産
知
招
﹂
で
す
。
contents
04
08
10
12
14
16
■創刊特別座談会
■おいしいまつやまストーリー 《北条探訪》
北条おいしいカフェ探訪
■おいしいまつやまストーリー 《銀天街》
まつやまごはんの復興は街の中から
■おいしいまつやまストーリー 《山越》
高齢化社会を真剣にとらえ豊かな食生活を提案する人々
■6次産業化特別対談
遠赤青汁高岡氏・愛媛学園玉井氏 6 次産業化対談
■information
地元産品を使ったイベントやお店のお得な情報♪
そ
の
魅
力
で
た
く
さ
ん
の
人
を
招
き
た
い
。
く
の
方
々
に
知
っ
て
も
ら
え
る
環
境
を
作
り
、
い
と
い
う
現
状
が
あ
り
ま
す
。
そ
れ
ら
を
多
し
か
し
そ
れ
ら
は
意
外
と
知
ら
れ
て
い
な
加
工
品
が
た
く
さ
ん
あ
る
と
い
う
こ
と
で
す
。
に
は
素
晴
ら
し
い
農
産
物
・
水
産
物
や
そ
の
そ
ん
な
日
々
の
中
で
感
じ
る
こ
と
は
松
山
市
ラ
ン
ス
良
く
摂と
る
よ
う
に
し
て
い
ま
す
。
康
を
心
掛
け
て
、
野
菜
や
魚
・
果
物
な
ど
を
バ
私
は
市
長
と
い
う
仕
事
柄
、
普
段
か
ら
健
思
い
ま
す
。
こ
の
距
離
の
近
さ
が
地
産
地
消
の
魅
力
だ
と
話
を
聞
こ
う
と
思
え
ば
聞
く
こ
と
が
で
き
る
、
現
在
、
顔
を
見
よ
う
と
思
え
ば
見
ら
れ
る
、
安
全
を
重
視
す
る
志
向
が
強
く
な
っ
て
い
る
消
費
者
の
皆
さ
ん
の
、
食
に
対
す
る
安
心
、
﹁
地
産
地
消
﹂
と
﹁
地
産
知
招
﹂
『おいしいまつやまストーリー』
食をめぐる
人・仕事・自然
今日は、日々 Oic: 現場で活躍しておられる方、
いろいろな Oic: に関心を持っておられる方に
お集まりいただきました。
松山がさらに Oic:matsuyama となるよう、
皆さんの Oic: への思いを語り合っていただきました。
text by Kanae Miyauchi / photographs by Takeshi Fujiyama Gou Aibara
05
た
ち
若
い
者
の
役
目
だ
と
思
い
ま
す
。
細
か
い
地
域
ま
で
働
き
か
け
る
の
が
僕
っ
て
、
自
然
も
失
わ
れ
て
い
き
ま
す
。
長
野
地
元
の
若
者
の
農
業
離
れ
に
よ
ま
す
ね
。
が
増
え
て
き
た
ら
い
い
で
す
ね
。
物
の
こ
と
な
ど
内
側
か
ら
気
に
す
る
人
ら
気
に
す
る
の
で
は
な
く
、
ま
ず
食
べ
人
が
増
え
て
き
て
は
い
ま
す
。
外
側
か
食
材
の
お
い
し
さ
を
実
感
し
て
も
ら
う
店
な
ど
で
、
ち
ゃ
ん
と
作
っ
た
野
菜
や
じ
て
も
ら
う
の
が
一
番
で
す
ね
。
飲
食
り
も
﹁
お
い
し
い
﹂
と
い
う
こ
と
を
感
藤 す ロ す く 通 を ク ー 女 青 つ 飛 こ と
山 。 ー 。 と が た ト ル 性 井 の 行 な 思
チ 消 い 促 く な や の 悦 形 で 物 っ
し 費 う 進 さ ど 、 仕 美 な 安 を た
よ
て 者 流 さ ん に 愛 事 さ ん 定 そ の
く
い の れ れ 食 関 媛 を ん じ し こ で
耳
き 目 を て べ わ 野 支 ゃ て そ 、
に
た 線 作 生 て っ 菜 援 野 な い こ モ
す
い で り 産 健 て 大 す 菜 い れ な ッ
る
と 消 た が 康 い 好 る ソ か ば 値 ト
の
考 費 い あ に ま き カ ム と 、 段 ー
は
﹁
え 者 と が な す プ ラ リ 思 そ で は
松
て に 思 っ っ 。 ロ ー エ い れ 。 そ
山
い ア い て て 野 ジ ス で ま も 低 こ
や
ま プ ま い 流 菜 ェ ク す す
空 そ
。 。 一
語おま売生
っいざ者産
てしまそ者
もいなし・
ら松立て加
い山場消工
まのの費業
し未方者者
た来に、・
。を、さ販
お
い
し
い
ま
つ
や
ま
座
談
会
に
ア
ピ
ー
ル
し
て
い
け
ば
よ
い
か
悩
み
と
見
た
目
の
バ
ラ
ン
ス
を
ど
う
い
う
風
な
る
と
価
格
が
低
く
な
る
し
、
安
全
性
す
と
見
た
目
が
悪
く
な
り
ま
す
。
そ
う
坂
井
安
全
性
を
考
え
て
農
薬
を
減
ら
じ
て
い
る
か
お
聞
か
せ
く
だ
さ
い
。
そ
の
あ
た
り
、
皆
さ
ん
が
日
頃
ど
う
感
さ
ん
が
苦
し
ん
で
い
る
の
も
現
状
で
す
。
情
報
が
入
っ
て
だ
ん
だ
ん
関
心
を
持
つ
は
ま
だ
ま
だ
少
な
い
で
す
ね
。
都
会
の
ニ
ッ
ク
の
も
の
に
気
を
使
っ
て
い
る
人
松
岡
髪
や
肌
の
こ
と
で
も
、
オ
ー
ガ
い
と
こ
だ
と
思
い
ま
す
。
て
い
け
ば
、
愛
媛
は
何
で
も
作
れ
て
い
売
り
先
を
自
分
た
ち
で
も
っ
と
増
や
し
県
は
と
て
も
い
い
と
こ
や
と
思
い
ま
す
。
長
野
農
業
に
関
し
て
言
え
ば
、
愛
媛
う
﹂
と
い
う
こ
と
を
も
っ
と
皆
さ
ん
に
て
体
の
中
か
ら
き
れ
い
に
な
り
ま
し
ょ
品
を
使
っ
て
い
ま
す
。
﹁
食
べ
物
を
通
し
オ
ー
ガ
ニ
ッ
ク
の
シ
ャ
ン
プ
ー
や
化
粧
松
岡
愛
さ
ん
美
容
師
を
し
て
い
ま
す
。
ス
パ
ラ
ボ
ー
イ
で
す
︵
笑
︶
長
野
玉
ね
ぎ
王
子
は
兄
で
、
僕
は
ア
っ
た
ん
で
す
。
ん
な
ん
で
す
か
?
一
度
お
会
い
し
た
か
︵
編
集
部
︶
玉
ね
ぎ
王
子
っ
て
長
野
さ
て
い
ま
す
。
会
を
務
め
る
藤
山
健
で
す
。
カ
フ
ェ
を
だ
き
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
。
司
司
会
・
藤
山
皆
さ
ん
お
集
ま
り
い
た
ら
え
る
こ
と
が
多
い
ん
で
す
。
理
屈
よ
食
べ
て
も
ら
う
と
初
め
て
分
か
っ
て
も
れ
て
し
ま
う
ん
で
す
。
で
も
、
実
際
に
て
も
、
す
ぐ
﹁
高
い
よ
ね
﹂
っ
て
言
わ
越
智
オ
ー
ガ
ニ
ッ
ク
な
も
の
を
勧
め
よ
う
に
な
っ
た
ら
い
い
で
す
ね
。
て
、
農
家
が
髪
や
美
容
の
こ
と
を
話
す
美
容
師
さ
ん
が
食
べ
物
の
こ
と
を
話
し
藤
山
そ
う
で
す
ね
え
。
こ
れ
か
ら
は
、
ま
す
。
農
業
で
お
金
儲
け
は
難
し
い
な
京
か
ら
I
タ
ー
ン
で
来
て
11
年
に
な
り
柑
橘
の
有
機
栽
培
を
し
て
い
ま
す
。
東
岡
田
義
之
さ
ん
中
島
で
み
か
ん
な
ど
バ
イ
パ
ス
役
を
し
て
い
ま
す
。
ろ
で
す
。
消
費
者
と
生
産
者
を
つ
な
ぐ
な
っ
て
提
携
し
て
運
営
し
て
い
る
と
こ
は
、
生
産
者
と
消
費
者
両
方
が
理
事
と
て
い
ま
す
。
他
の
生
協
と
違
う
と
こ
ろ
や
有
機
栽
培
の
野
菜
を
家
庭
に
配
送
し
高 ま ば 社 を な い に 今 乱 に 関 坂 て 何 栽 一 ア 自
須 す な 会 再 く い 来 こ し 食 心 東 い か 培 般 ト 然
賀 。 ら の 生 て と て そ て に が 一 き 主 を 社 レ 派
真
な 進 し 、 か る 食 い 迫 高 輝 た 婦 普 団 ー の
さ
い み た 食 無 と の る っ ま さ い の 及 法 ド 理
ん
時 方 り を 農 思 本 状 て っ ん と 立 す 人 の 事
に だ と 通 薬 う 来 態 、 て 思 場 る ﹁ 商 を
添
で 活 ま 品 し
き と か じ だ ん の だ そ き こ っ
て
加
て か 、 て と で 意 と の ま の い で 動 ほ を て
物
い 、 生 コ か す 味 思 弊 し 数 ま き も ろ 扱 い
の
る 考 き ミ 言 。 を う 害 た 年 す る し ば う ま
な
と え 方 ュ う 単 考 ん と が で 。 こ て ﹂ 活 す
と い で
い
思 な だ ニ の に え で し 、 食
動 。
食
を ま 自
っ け と テ で 体 る す て 強 へ
フ
し す 然 や ェ
混 引 の
品
て れ か ィ は に 時
、
。
。
越
智
香
織
さ
ん
主
婦
で
す
。
コ
ー
プ
伝
え
て
い
き
た
い
と
思
い
ま
す
。
な
考
え
方
で
い
い
わ
け
で
は
な
く
、
皆
あ
﹂
と
い
う
考
え
で
す
。
で
も
、
そ
ん
か
ら
こ
の
程
度
で
い
い
ん
や
な
い
か
な
坂井重典
Shigenori Sakai
砥 部 町 で 梅・み か ん・レ モ ン・
柿を栽培。今年度は県青年農業
者 の 理 事を務 め、仲 間と意 見 交
換しながら活動。
仲神正樹
Seiki Nakagami
仲神農園。伊予市上三谷で、ナス、レ
タス、米を中心に栽培。農業大学時代
の同級生と「農業戦隊タガヤスンジャ
ー」を 結 成、イベントなどに 参 加し、
食べる事の大切さを訴えながら勉強中。
長野洋平
Yohei Nagano
株式会社OCファーム暖々の里を兄
と経営。玉ねぎ、アスパラ、キャベ
ツを栽培。アスパラボーイと呼ばれ
る。夢は、大量生産をして愛媛を農
業聖地にすること。妻と2人の子供。
積
の
こ
な
せ
る
農
家
に
な
ろ
う
と
思
っ
ア
ス
パ
ラ
ガ
ス
を
作
っ
て
い
ま
す
。
面
を
立
ち
上
げ
て
、
玉
ね
ぎ
、
キ
ャ
ベ
ツ
、
長
野
洋
平
さ
ん
兄
と
農
業
生
産
法
人
思
っ
て
い
ま
す
。
の
名
前
で
自
信
を
持
っ
て
出
し
た
い
と
ス
を
中
心
に
栽
培
し
て
い
ま
す
。
自
分
仲
神
正
樹
さ
ん
伊
予
市
で
松
山
長
ナ
し
て
い
ま
す
。
青
年
農
業
者
連
絡
協
議
会
の
副
会
長
を
ん
、
レ
モ
ン
、
柿
な
ど
を
作
っ
て
い
ま
す
。
坂
井
重
典
さ
ん
砥
部
町
で
梅
、
み
か
か
せ
く
だ
さ
い
。
食
に
つ
い
て
の
思
い
を
忌
憚
な
く
お
聞
や
暮
ら
し
の
中
で
感
じ
て
お
ら
れ
る
、
ト
を
し
て
お
り
ま
す
。
今
日
は
、
仕
事
経
営
し
な
が
ら
、
食
の
ジ
ャ
ー
ナ
リ
ス
04
く
だ
さ
い
。
ま
す
。
こ
れ
か
ら
は
﹁
引
き
算
﹂
が
始
た
い
と
思
っ
て
お
ら
れ
る
か
お
聞
か
せ
す
。
皆
さ
ん
は
、
何
を
発
信
し
て
い
き
招・ 藤 る
﹂ 山
の
が
と
い 松 面
う 山 白
言 市 い
葉 長 か
を さ も
ね
使
っ ん 。
て は
お ﹁
ら 地
れ 産
ま 知・
と
い
う
味
付
け
な
ど
で
若
者
が
発
信
す
リ
エ
イ
テ
ィ
ブ
に
繋
が
っ
て
い
く
ん
だ
﹂
ん
な
田
舎
の
体
験
が
か
っ
こ
い
い
、
ク
っ
た
的
に
発
信
す
る
の
で
は
な
く
、
﹁
こ
は
多
い
ん
で
す
。
年
寄
り
が
昔
は
良
か
ー
タ
ー
は
そ
ん
な
田
舎
出
身
の
人
が
実
坂
東
介
在
す
る
し
、
ス
ト
ー
リ
ー
性
も
あ
り
と
言
っ
て
る
ん
で
す
。
そ
こ
に
は
人
も
わ 坂
っ 東
て
る 地
か 産
な 地
と 消
。 の
僕 言
は 葉
﹁
の
地
役
恵・
割
地
は
楽・
﹂ 終
し
た
。
こ
の
流
れ
が
広
が
る
と
い
い
と
地
元
の
物
を
使
う
よ
う
に
な
っ
て
き
ま
か
ら
ね
。
最
近
、
松
山
も
学
校
給
食
に
は
実
質
は
名
ば
か
り
の
と
こ
あ
り
ま
す
の
た
め
に
も
な
り
ま
す
ね
。
地
産
地
消
う
の
が
一
番
で
す
よ
ね
。
若
い
農
業
者
高
須
賀 い
と
こ
ろ
の
声
を
聞
い
て
生
き
ら
れ
る
そ
ん
な
気
が
し
ま
す
。
自
分
の
心
の
深
い
る
、
本
質
が
変
わ
っ
て
し
ま
っ
て
い
る
、
て
い
ま
す
。
誰
か
の
物
差
し
で
計
っ
て
ュ
ニ
ケ
ー
シ
ョ
ン
に
陥
り
や
す
く
な
っ
ー
シ
ョ
ン
に
不
安
が
あ
っ
て
妄
想
コ
ミ
を
出
て
い
く
こ
と
が
多
い
ん
で
す
が
、
プ
を
書
い
た
り
し
て
。
若
い
人
が
地
元
る
と
き
も
自
分
な
り
に
工
夫
し
て
ポ
ッ
ら
い
い
な
あ
と
思
い
ま
す
。
野
菜
を
売
考
え
て
も
ら
え
る
よ
う
に
し
て
い
け
た
仲 と ま
神
思 す
っ 。
食 て 若
べ も い
る ら 人
こ え に
と る 農
の よ 業
意 う っ
味 に て
。 面
を
白
も
い
っ
ぞ
と
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
。
を
作
成
し
て
い
き
ま
す
。
本
当
に
あ
り
や
志
を
生
か
し
て
﹁
お
い
し
い
松
山
﹂
感
し
ま
し
た
。
今
後
、
皆
さ
ん
の
思
い
高須賀 真
思
い
ま
す
。
Makoto Takasuka
愛媛有機農産生活協同組合(ゆう
き生協)事務局長。愛媛県内の組
合員へ無農薬の野菜や安全安心食
材等を中心に宅配業務を行う。妻
と4人の子供。
岡田義之
Yoshiyuki Okada
東京から中島に I ターンして就農。
有機栽培で柑橘や生姜等を栽培。
最近ジンジャーシロップなどの加
工品も作り始めた。妻と3人の子供。
07
い
ま
、
活
躍
し
て
い
る
ク
リ
エ
地
元
の
も
の
を
食
べ
て
も
ら
越智香織 Kaori Ochi
坂東一輝
主婦、コープ自然派えひめ理事。フ
ェアトレードの「熊猫研究所」研究員。
一般社団法人まほろば運営会委員。
子育てしながら環境や人に優しいも
のを伝えたくて活動中。
有限会社ヴォルカニックカンパニ
ー代表取締役。「地恵地楽」をモ
ットーに、こだわりの安心安全食
材で青空食堂3店舗経営
青 ー そ
井 ペ う
ー い
今 パ う
は ー 意
多 に 味
く 期 で
の 待 も
人 し 今
て
が い 回
コ ま の
ミ す こ
ュ 。 の
ニ
フ
ケ
リ
様
々
な
こ
と
の
中
心
に
あ
る
の
だ
と
実
自
然
や
環
境
、
文
化
や
教
育
や
仕
事
、
き
る
情
報
を
ほ
し
が
っ
て
い
る
ん
で
す
。
ん
で
す
。
若
い
マ
マ
た
ち
は
、
信
頼
で
極
め
が
大
切
に
な
っ
て
き
て
る
と
思
う
に
言
わ
れ
る
よ
う
に
な
っ
て
、
今
は
見
越 カ 済
智
ル 学
へ 者
地 と も
産 い グ
地 う ロ
消 こ ー
、 と バ
安 を ル
心 言 か
安 っ
て ら
全 ま 、
と す グ
盛 ね ロ
ん 。 ー
大
き
な
農
業
を
し
て
行
き
た
い
と
思
い
﹁
俺
に
任
せ
ろ
!
!
﹂
と
い
え
る
よ
う
な
地
消
を
超
え
て
限
界
ま
で
大
き
く
し
て
、
を
掴
み
た
い
で
す
︵
笑
︶
ぼ
く
は
地
産
ね
ぎ
王
子
カ
ッ
プ
﹂
な
ど
、
女
性
の
心
イ
ス
ブ
ッ
ク
、
マ
マ
さ
ん
バ
レ
ー
の
﹁
玉
は
、
単
に
食
べ
る
こ
と
に
と
ど
ま
ら
ず
、
︵
編
集
部
︶
皆
さ
ん
の
お
話
か
ら
、
﹁
食
﹂
ま
し
た
。
を
し
て
い
た
だ
き
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
藤 み ジ
山
か ュ
ん ー
皆 を ス
さ 食 の
ん べ 代
、 て わ
大 ほ り
変 し に
中 い も
身 で っ
の す と
濃 。 も
い
っ
と
話
夫
を
始
め
て
い
ま
す
。
ブ
ロ
グ
や
フ
ェ
う
す
る
ん
や
、
と
言
わ
れ
た
ん
で
す
よ
。
な
ど
と
書
い
て
マ
イ
ナ
ス
を
出
し
て
ど
逆
輸
入
す
る
と
い
い
ん
で
し
ょ
う
ね
。
ラ
イ
ン
が
あ
る
の
で
︵
笑
︶
都
会
か
ら
出
過
ぎ
る
と
叩
か
れ
る
と
い
う
松
山
の
で
、
わ
ざ
わ
ざ
﹁
内
子
産
﹂
﹁
北
条
産
﹂
は
、
全
国
的
な
プ
レ
ミ
ア
物
の
証
拠
な
そ
の
当
時
は
○
○
産
と
書
い
て
あ
る
の
地
元
の
野
菜
に
こ
だ
わ
っ
て
き
ま
し
た
。
坂 す り
東 か 組
。 ん
う
で
ち
き
で
た
は
坂
、
東
2
さ
0
ん
0
、
3
い
年
か
か
が
ら
で
、
ず
か
し
い
﹂
っ
て
思
っ
た
み
た
い
に
。
が
﹁
ル
ー
ズ
ソ
ッ
ク
ス
じ
ゃ
な
い
と
恥
る
と
良
い
と
思
い
ま
す
。
一
時
若
い
子
か
し
い
﹂
と
言
っ
た
ノ
リ
で
定
着
さ
せ
売
る
に
は
、
﹁
そ
う
じ
ゃ
な
い
と
恥
ず
感
で
す
。
松
山
で
本
当
に
い
い
も
の
を
は
み
ん
な
忙
し
く
て
、
お
互
い
が
繋
が
繋
ぐ
こ
と
を
し
て
き
ま
し
た
。
で
も
、
そ
の
あ
た
り
は
都
会
の
人
の
方
が
敏
経
営
す
る
お
店
で
﹁
地
産
地
消
﹂
に
取
れ
始
め
た
ん
で
す
。
そ
れ
以
前
か
ら
、
と
い
う
言
葉
は
2
0
0
5
年
か
ら
使
わ
藤 す っ さ
山 ね て ん
。 ﹂ に
と ﹁
調
い こ
べ
う の
て
こ 野
み
と 菜
る
に お
と
な い
﹁
れ し
地
ば い
産
い か
地
い ら
消
で 買
﹂
て
ほ
し
い
と
思
い
ま
す
。
子
供
が
お
母
ん
ど
ん
良
い
食
材
を
取
り
入
れ
て
い
っ
な
い
で
し
ょ
う
か
。
学
校
給
食
に
も
ど
い
う
き
っ
か
け
に
な
っ
て
い
く
の
で
は
と
、
家
庭
で
も
食
を
大
事
に
し
よ
う
と
で
食
べ
て
る
ん
で
す
。
い
ろ
ん
な
情
報
を
総
合
し
て
ト
ー
タ
ル
般
の
人
に
は
な
か
な
か
分
か
り
に
く
い
。
る
っ
て
言
う
か
・
・
・
。
野
菜
の
差
は
一
食
べ
る
ん
で
は
な
く
て
、
心
で
食
っ
て
と
自
体
が
楽
し
い
、
味
や
プ
レ
ミ
ア
で
っ
た
自
分
の
出
身
地
の
も
の
食
べ
る
こ
い
ま
し
た
。
ぜ
ん
ぜ
ん
意
識
し
て
な
か
あ
﹂
っ
て
。
こ
れ
、
面
白
い
な
あ
と
思
﹁
そ
う
い
え
ば
実
家
に
帰
っ
て
な
い
な
出
身
地
や
﹂
と
喜
ん
で
く
れ
た
ん
で
す
。
て
あ
る
の
を
見
て
、
若
い
子
が
﹁
私
の
ん
な
流
れ
に
な
っ
て
き
ま
し
た
が
、
当
藤 ね う
山 。 こ
と
を
そ
、
う
僕
で
ら
す
も
ね
発
。
信
イ
し
ギ
な
リ
け
ス
の
れ
ば
経
と
繋
が
る
幸
せ
、
そ
れ
が
一
番
だ
と
い
食
べ
ら
れ
る
こ
と
の
幸
せ
、
地
域
の
人
ま
り
、
楽
し
み
方
も
変
わ
っ
て
き
ま
す
。
す
る
生
活
環
境
に
変
え
て
い
く
必
要
が
き
て
い
ま
す
が
、
心
の
豊
か
さ
を
追
求
1
1
以
後
い
ろ
ん
な
こ
と
が
変
わ
っ
て
っ
て
い
く
時
間
が
あ
り
ま
せ
ん
。
3
・
ド
と
か
ス
ロ
ー
ラ
イ
フ
と
か
言
う
割
に
な
っ
て
き
ま
し
た
ね
え
。
ス
ロ
ー
フ
ー
今
は
、
だ
ん
だ
ん
人
の
関
係
が
希
薄
に
産
者
と
消
費
者
、
組
合
員
さ
ん
同
士
を
単
な
る
物
の
売
り
買
い
で
は
な
く
、
生
れ
て
い
た
か
も
知
れ
ま
せ
ん
ね
︵
笑
︶
初
は
、
変
人
の
集
ま
り
み
た
い
に
思
わ
来
ま
し
た
。
今
で
こ
そ
、
世
の
中
が
そ
か
ら
、
安
心
安
全
な
食
を
言
い
続
け
て
高 す プ 集 入
須 ね を ま れ
賀
。 発 っ ら
揮 て れ
ゆ
し い に
う
て る く
き
盛 方 い
生
り 々 ん
協
上 が で
は
げ リ す
、
て ー ね
3
ほ ダ 。
0
し ー こ
年
い シ こ
前
で ッ に
に
は
、
家
に
友
達
を
呼
ん
で
、
料
理
教
て
い
け
た
ら
と
思
い
ま
す
。
休
み
の
日
松 よ
岡 う
に
い し
い た
情 い
報 も
を の
お で
客 す
様 。
に
も
伝
え
せ
る
ん
だ
ろ
う
と
考
え
る
よ
う
に
な
り
者
と
し
て
こ
れ
か
ら
の
子
供
に
何
を
残
﹁
命
を
つ
な
ぐ
﹂
原
点
の
仕
事
を
す
る
仲 で す
神
す よ
よ 。
お 。 ど
と
ん
と
ど
し
ん
結
書
婚
い
し
て
た
み
ん
た
で
ら
す
い
が
い
、
ょ
っ
と
し
た
失
敗
話
と
か
、
面
白
い
で
坂 ん に
東 で は
す 当
農 よ た
家 ね り
の 。 前
の
日
こ
常
と
の
苦
で
労
も
話
、
新
と
鮮
か
な
ち
も
感
動
し
て
も
ら
え
る
ん
で
す
。
僕
ら
の
き
つ
い
み
か
ん
山
を
見
せ
た
だ
け
で
長 ら う
野 よ ま
い く
街 か な
の ・ い
人 ・
・ し
に ・ 、
は
ど
、
う
山
ア
の
ピ
上
ー
ル
の
し
傾
た
斜
作
ろ
う
と
思
う
の
で
す
が
、
ブ
ロ
グ
も
坂 い と
井 か ぞ
な っ
地 け と
域 れ し
の ば ま
人 な す
や ら 。
消 な み
費 い ん
者 と な
と 思 で
関 い 考
係 ま え
を す て
。
坂 ら 伝
井
い 統
い 的
仕 な な
事 あ も
の と の
途 思 な
中 い ど
で ま も
食 す 広
べ 。 め
る
て
み
い
か
け
た
ん
あ
ち
ゃ
ん
や
母
さ
ん
が
作
っ
て
く
れ
た
い
ま
す
。
核
家
族
の
若
い
人
に
も
、
ば
い
で
す
。
よ
う
、
僕
た
ち
も
が
ん
ば
っ
て
い
き
た
き
て
、
そ
れ
を
都
会
に
も
発
信
で
き
る
事
に
で
き
る
農
家
が
ど
ん
ど
ん
増
え
て
体
験
し
て
ほ
し
い
で
す
。
た
だ
作
物
を
素
の
農
業
の
姿
を
子
供
た
ち
に
見
せ
て
、
山
で
遊
ん
で
い
た
こ
と
が
ど
ん
な
に
素
ま
し
た
。
子
供
の
こ
ろ
に
、
田
ん
ぼ
や
長 と 室
野 思 み
っ た
エ て い
ン い な
ド ま 楽
ユ す し
ー 。 い
ザ
ご
ー
飯
を
会
つ
を
か
し
む
た
工
い
は
最
高
に
う
ま
い
で
す
。
皆
さ
ん
に
も
Kazuki Bando
そ
ん
な
あ
る
時
、
﹁
内
子
産
﹂
と
書
い
僕
は
地
元
を
守
っ
て
行
こ
う
と
思
っ
て
で
は
の
良
さ
を
分
か
っ
て
、
地
元
を
大
作
る
だ
け
で
な
く
、
そ
ん
な
地
元
な
ら
よ
う
に
な
っ
た
ん
で
す
。
自
然
の
中
で
、
晴
ら
し
い
こ
と
だ
っ
た
の
か
、
分
か
る
後
に
農
業
は
ど
う
な
っ
て
い
る
か
思
う
を
入
れ
て
い
な
い
と
思
え
ま
す
。
20
年
松岡 愛
Ai Matsuoka
Kanon agora 美容師、ファッション
リーダーとして、ファンも多い。キ
レ イな 肌 キレ イな 髪 を 作る「元」
の食について勉強中。おいしいご
飯屋さんで女子会をしたりおうちご
飯会をしている。
藤
山
松
山
は
新
し
い
価
値
観
が
受
け
い
ま
す
。
た
だ
、
松
山
市
は
農
業
に
力
青井悦美
Etsumi Aoi
カラー&ベジフルビューティーアド
バイザー。好きを仕事にするカラ
ースクール「エ・クルール」経営。
内閣府地域社会雇用創造事業
「100 年後の食卓」を通じて地域が
元気になってほしいという思いで活
動中。
で
コ
ミ
ュ
ニ
テ
ィ
を
作
り
や
す
い
と
思
岡 戻 っ
田
っ て
て お
松 い し
山 く ゃ
は と べ
規 い り
模 う し
感 て
的
じ 、
に
い で ま
い す た
と 。 仕
こ
事
ろ
に
付
い
て
い
て
、
人
々
が
カ
フ
ェ
に
集
ま
イ
タ
リ
ア
な
ど
で
は
カ
フ
ェ
文
化
が
根
ン
の
あ
り
方
が
変
わ
っ
て
き
て
ま
す
ね
。
藤 あ
山
る
で
日 し
本 ょ
で う
は ね
コ え
ミ 。
ュ
ニ
ケ
ー
シ
ョ
06
も
ぜ
ひ
堪
能
あ
れ
。
な
ど
に
納
品
さ
れ
て
い
る
庄
大
根
。
風
早
の
郷
風
和
里
や
ハ
ト
マ
ー
ト
は
あ
る
の
で
す
。
食
材
一
つ
、
そ
こ
に
も
ス
ト
ー
リ
ー
食
の
文
化
が
築
き
上
げ
ら
れ
て
い
る
。
自
然
と
人
が
合
わ
さ
っ
て
始
め
て
、
い
ま
す
。
そ
れ
は
自
然
あ
っ
て
こ
そ
。
私
た
ち
は
食
べ
る
こ
と
で
生
き
て
と
、
幸
せ
な
気
持
ち
に
な
り
ま
す
ね
。
子
供
た
ち
が
食
べ
て
い
る
と
考
え
る
こ
れ
か
ら
3
月
に
か
け
て
、
店
の
加
わ
り
ま
し
た
。
﹃
美
味
し
い
﹄
と
大
根
が
サ
ラ
ダ
と
し
て
メ
ニ
ュ
ー
に
干
し
大
根
で
し
た
が
、
今
年
は
生
の
提
供
さ
れ
て
い
ま
す
。
去
年
は
切
り
学
校
給
食
で
12
月
∼
2
月
に
か
け
て
い
﹄
と
、
平
成
22
年
か
ら
松
山
市
の
﹃
子
供
た
ち
に
は
地
元
の
野
菜
を
安
の
導
入
を
考
え
ら
れ
た
そ
う
で
す
。
そ
れ
を
見
た
学
校
の
先
生
が
給
食
へ
堪
能
さ
せ
て
く
れ
る
場
所
で
あ
る
。
種
が
、
四
季
折
々
の
自
然
の
良
さ
を
の
他
に
も
草
木
合
わ
せ
て
約
5
0
0
2
5
0
本
も
植
わ
っ
て
い
る
の
だ
。
そ
﹁
啓
翁
桜
︵
山
形
原
産
︶
﹂
が
約
﹃
千
愛 夢 脇
う
媛
ら さ
県 ら ん
内 ﹄ ご
で 。 夫
唯
婦
一
が
、
営
3
ん
月
で
に
咲
い
く
る
温
も
り
あ
る
お
店
だ
っ
た
。
素
敵
な
ジ
ャ
ズ
の
流
れ
る
和
モ
ダ
ン
な
、
木
の
心
し
て
美
味
し
く
食
べ
て
も
ら
い
た
吹
き
大
根
の
記
事
が
掲
載
さ
れ
た
。
そ
こ
は
O
P
E
N
し
て
6
年
目
。
地
元
子の
供野
た菜
ちを
の
口
へ
3
年
前
、
庄
大
根
を
使
っ
た
風
呂
落
な
建
物
が
見
え
て
く
る
。
…
地
元
松
山
の
素
敵
な
味
を
、
皆
さ
ん
自
然
が
私
を
呼
ん
で
い
る
高
台
の
ほ
う
に
木
々
れ
る
お
洒
上/庄大根で埋め尽くされた畑をバック
に満面の笑みの坂本さん。庄大根は葉の
付 け 根 の 部 分 から1 / 3 程 が 赤 紫 色 で あ
る。大 根 葉 の 中 心も同 様 に 赤 紫 。下 膨 れ
した形が特徴であり、髭が太く多い。甘味
が 強く煮 崩 れしや す い ほど柔らか い が 、
肉 質 は 緻 密で ある。すり大 根 にしても水
北条善応寺
分が出過ぎないのだ。
右 / 庄 大 根と酢 の 強 いカ ボス( 橙・な つ
柑)で 漬 けることによって、自然と優しい
左上/こだわりを感じるセレクトの大蔵陶
園・NORITAKEのハイセンスな食器をはじ
め、温かみあるアーティスト食器を使用。
左 /テラスから望 む 海と山 の 風 景 美を堪
能。店内には和テイストの、どこか懐かしく
愛おしい家具やお雛様の温かい郷愁感。
空間+食器+食+自然…。
あなたは何を感じるのだろうか?
桜 色 になる『さくら漬 け』の 完 成。特 有 の
甘味を感じられる。
北条
・お米は雑穀米(十五穀米)、
お野菜/果物は地元産、お肉
は国内産。ワッフルは、地元
中山そば粉使用。
『夢うらら』
北
条
バ
イ
パ
ス
河野小
岡山畳店
善応寺
http://yumeurara.jimbo.com
P
09
と
、
一
人
で
も
⋮
自
然
の
中
で
過
ご
す
気
を
与
え
て
く
れ
る
。
家
族
で
、
友
達
話
も
豊
富
で
、
何
気
な
い
一
言
が
元
優
し
い
﹁
食
﹂
に
温
か
い
空
間
。
お
れ
て
い
る
。
野
菜
や
果
物
が
ふ
ん
だ
ん
に
使
用
さ
グ
・
ラ
ン
チ
・
ワ
ッ
フ
ル
⋮
地
元
の
﹁
食
﹂
に
こ
だ
わ
っ
て
い
る
モ
ー
ニ
ン
手
作
り
に
よ
る
健
康
で
安
全
な
っ
く
り
し
た
。
﹂
か
る
事
に
初
め
て
気
づ
い
た
時
は
、
び
の
動
き
が
1
日
を
通
し
て
す
ご
く
わ
し
い
笑
顔
で
語
っ
て
く
れ
た
。
﹁
太
陽
人
。
ア
ッ
ト
ホ
ー
ム
な
雰
囲
気
で
優
る
朝 空
早 間
く 。
か
ら
パ
ン
を
焼
く
千
脇
夫
に
は
夕
陽
を
⋮
。
ほ
っ
と
ひ
と
息
つ
け
ら
﹄
だ
か
ら
こ
そ
、
朝
は
朝
陽
を
夕
方
絶
景
ス
ポ
ッ
ト
。
そ
ん
な
﹃
夢
う
ら
拝
め
る
の
だ
。
ま
さ
に
隠
れ
家
的
・
周
り
は
色
と
り
ど
り
の
春
の
絶
景
が
た
。
紆
余
曲
折
し
つ
つ
も
、
17
年
前
き
な
団
体
名
が
つ
い
て
い
る
の
だ
。
さ
ん
た
ち
に
相
応
し
い
温
か
い
前
向
で
﹃
見
守
る
﹄
の
意
で
あ
る
。
坂
本
年
前
か
ら
選
抜
採
種
を
開
始
し
ま
し
ア
ッ
バ
タ
ー
レ
と
は
イ
タ
リ
ア
語
方
々
が
農
業
試
験
場
と
協
力
し
、
29
な
く
し
て
は
な
ら
な
い
﹄
と
地
元
の
ま
っ
て
い
る
。
し
か
し
、
庄
大
根
を
も
の
に
な
っ
て
い
き
味
も
落
ち
て
し
庄
大
根
は
ど
ん
ど
ん
原
種
と
は
違
う
あ
る
地
野
菜
。
﹃
長
い
年
月
の
中
で
、
て
い
る
の
で
す
。
来
種
で
あ
る
﹃
庄
大
根
﹄
は
守
ら
れ
レ
の
皆
さ
ん
の
努
力
で
、
伝
統
の
在
を
通
し
て
頑
張
っ
て
い
る
ア
ッ
バ
タ
ー
ら
で
も
、
伝
統
を
守
る
た
め
に
年
間
業
。
寒
い
時
期
に
収
穫
を
迎
え
な
が
『おいしいまつやまストーリー』
約
地
区
に
根
付
い
て
い
た
歴
史
1
5
0
年
前
か
ら
地
元
庄
繋
が
る
重
要
な
採
種
の
作
業
も
手
作
を
徹
底
。
一
つ
一
つ
の
種
が
、
未
来
へ
歴史と文化の庄大根
∼在来野菜を見守る∼
冬本番。冷たい風が頬を刺すそんな時期。
旧北条市庄地区では土の中で、
今か今かと庄大根が抜かれるのを待っています。
text by Hinako Fujioka / photographs by Takeshi Fujiyama Hinako Fujioka
こ
だ
わ
り
の
培
育
で
土
壌
の
管
理
様
は
圧
巻
で
す
。
大
根
の
葉
で
埋
め
尽
く
さ
れ
て
い
る
と
生
産
さ
れ
て
お
り
、
畑
一
面
が
庄
さ
ん
。
現
在
5a
の
面
積
で
こ
つ
こ
つ
を
始
め
と
す
る
ア
ッ
バ
タ
ー
レ
の
皆
大
根
を
守
り
続
け
て
い
る
坂
本
さ
ん
に
渡
り
エ
コ
農
法
を
取
り
入
れ
、
庄
し
た
笑
顔
で
語
る
坂
本
さ
ん
。
10
年
え
た
ら
嬉
し
い
﹄
と
、
キ
ラ
キ
ラ
と
﹃
庄
大
根
が
み
ん
な
に
知
っ
て
も
ら
代 生
表 ア 産
ッ者
坂バ・
本タ庄
信ー大
子レ根
さ 研
ん 究
会
]
『夢うらら』
贅
沢
を
ご
体
感
あ
れ
。
に
本
来
の
性
質
を
持
っ
た
元
来
の
種
[
N
に
近
い
も
の
を
採
取
す
る
こ
と
に
成
Oic:
matsuyama
story.1
始
ま
っ
た
の
で
す
。
功
。
そ
こ
か
ら
庄
大
根
の
復
活
劇
が
08
﹃
ぎ
ん
こ
い
市
場
﹄
。
銀天街
Oic:
matsuyama
story.2
つ
い
た
ユ
ニ
ー
ク
な
ネ
ー
ミ
ン
グ
、
﹃
銀
天
街
に
恋
す
る
﹄
の
由
来
か
ら
商
店
街
は
楽み
しん
いな
場で
所
に
。
で
も
あ
る
の
だ
。
市
伝
説
を
再
現
し
、
常
設
し
た
お
店
初
・
﹃
蛇
口
か
ら
ポ
ン
ジ
ュ
ー
ス
﹄
の
都
イ
ル
で
は
も
っ
た
い
な
い
。
愛
媛
県
ン
ト
等
で
そ
の
場
限
定
と
い
う
ス
タ
に楽しそうに感じるのは、彼女から放たれるエ
り、妻であり、生産者であり、宴会芸の達人であ
まつやまごはんの復興は街の中から
ンターテイナーの熱い魂なのだろうか。母であ
で
あ
る
。
も
は
や
都
市
伝
説
と
化
し
は
﹃
蛇
口
か
ら
ポ
ン
ジ
ュ
ー
ス
﹄
な
の
漬
物
も
あ
る
の
だ
が
、
注
目
す
べ
き
気
を
醸
し
出
し
て
い
る
。
お
惣
菜
や
話
と
い
っ
た
ア
ッ
ト
ホ
ー
ム
な
雰
囲
で
、
ち
ょ
っ
と
近
所
に
出
か
け
て
立
ち
ス
タ
ッ
フ
の
方
や
お
客
様
の
会
話
菜
や
果
物
が
並
ん
で
い
ま
す
。
区
の
生
産
者
さ
ん
の
旬
の
新
鮮
な
野
る
方
も
。
店
中
を
訪
れ
る
と
、
中
予
地
さ
れ
て
お
り
、
時
折
立
ち
止
ま
っ
て
い
は
大
画
面
の
T
V
が
ド
カ
ン
と
設
置
り
産
直
市
場
が
現
れ
る
。
入
り
口
に
通
り
の
真
ん
中
あ
た
り
に
、
い
き
な
存
知
だ
ろ
う
か
?
松
に
﹁
産
直
市
﹂
が
あ
る
の
は
ご
山
市
銀
天
街
ア
ー
ケ
ー
ド
と
人
と
が
繋
が
り
合
っ
た
一
つ
の
地
す
べ
て
1
か
ら
作
り
上
げ
ら
れ
、
人
『おいしいまつやまストーリー』
「繋がり」で
街がよみがえる
上/笑顔の素敵な向井さん。何だって前向き
て
い
た
小
話
の
一
つ
だ
っ
た
が
、
イ
ベ
り、多様な顔を待つ彼女の魅力は尽きることを
知らない。
左/様々な場所から集められた産直品の数々。
美味しいのは、野菜や花が並ぶこの場所の雰
囲気なのかもしれない。五感に響くこの季節の
『ぎんこい市場』
千舟町通り
食べ物・花など、生活にあると嬉しい何気ない
『ぎんこい市場』
ダイコクドラッグ
ZARA
銀天街
N
明屋書店
彩り。あなたは感じますか?
銀天街GET
P
せ
て
く
れ
る
。
『蛇口からポンジュース!?』きゃっきゃっ
と楽しそうな女子高生。もはや都市伝説
は、生きる伝説になりつつある。
も
あ
る
の
だ
。
[
次
項
へ
]
11
聞
け
て
、
会
話
を
楽
し
め
る
場
所
で
ら
れ
て
い
る
そ
う
だ
。
旅
の
小
話
を
る
。
歩
き
遍
路
の
方
も
よ
く
立
ち
寄
札
所
の
う
ち
2
箇
所
も
お
寺
が
あ
ん
。
こ
の
地
区
に
は
四
国
八
十
八
番
家
の
主
婦
9
名
の
女
性
グ
ル
ー
プ
さ
果
物
や
漬
物
を
作
っ
て
い
る
専
業
農
だ
。
松
山
市
浄
瑠
璃
地
区
で
野
菜
や
の
、
長
い
お
付
き
合
い
に
な
る
そ
う
ぎ
ん
こ
い
市
場
オ
ー
プ
ン
前
か
ら
市
]
に
お
伺
い
し
ま
し
た
。
の
う
ち
の
一
つ
の
団
体
[
浄
瑠
璃
菜
菜
を
作
っ
て
い
る
数
あ
る
生
産
者
さ
ん
こ
い
市
場
﹄
。
ぎ
ん
こ
い
市
場
の
商
品
て
く
れ
る
優
し
さ
が
﹁
ほ
っ
⋮
。
﹂
と
さ
産
者
さ
ん
が
集
ま
っ
て
で
き
た
﹃
ぎ
ん
を
、
誰
に
で
も
平
等
に
笑
顔
で
教
え
地
元
の
活
性
化
を
願
う
各
々
の
生
分
か
ら
な
い
事
や
知
り
た
い
こ
と
所
な
の
だ
。
時
間
で
は
な
い
だ
ろ
う
か
。
い
市
場
﹄
で
吟
味
す
る
の
は
楽
し
い
の
思
い
の
詰
ま
っ
た
商
品
を
﹃
ぎ
ん
こ
で
生
ま
れ
る
商
品
が
あ
る
の
だ
。
人
消
費
者
の
目
線
で
、
生
産
者
の
目
線
造
・
販
売
し
て
い
た
。
母
の
目
線
で
、
粉
ブ
ー
ム
前
か
ら
﹁
米
粉
パ
ン
﹂
を
製
の
良
さ
を
な
ん
だ
か
感
じ
ら
れ
る
場
る
﹃
ご
近
所
付
き
合
い
﹄
と
い
う
も
の
る
。
現
代
社
会
で
希
薄
に
な
り
つ
つ
あ
五
感
に
訴
え
か
け
ら
れ
る
感
動
が
あ
近
い
店
﹄
と
い
う
コ
ン
セ
プ
ト
の
元
、
至
福
感
。
﹃
ふ
る
里
と
田
ん
ぼ
と
畑
に
笑
顔
や
手
作
り
の
食
べ
物
を
通
し
た
も
と
も
と
は
向
井
さ
ん
自
身
、
米
・
・
・
ぎ
ん
こ
い
市
場
で
生
ま
れ
る
∼
店
生主
産の
・姿
加∼
工
・
販
売
気
持
ち
触と
れ気
合持
えち
るが
場
所
に
。
軒並み並ぶ野菜に足を止める。「今夜は何にしようかしら?」なんて会話が、すぐにでも聞こ
えそうなこの懐かしい感じ。そういえば、お母さんの味って何だっけ?ふる里の味を間近で
探そう。今からはじめる『つながり八百屋』でのストーリー。
感
じ
た
の
だ
。
い
た
野
菜
の
あ
り
が
た
み
を
改
め
て
瞬
間
だ
っ
た
。
ご
近
所
さ
ん
に
頂
い
て
っ
て
い
た
自
分
へ
喝
を
い
れ
ら
れ
た
の
だ
が
、
地
元
へ
の
愛
着
が
薄
れ
か
か
の
言
葉
に
感
動
し
た
。
田
舎
育
ち
な
の
繋
が
り
﹄
と
言
っ
て
い
た
。
私
は
こ
向
井
さ
ん
曰
く
、
﹃
味
の
繋
が
り
は
人
名
物
母
ち
ゃ
ん
の
よ
う
な
店
主
の
て
、
﹃
つ
な
が
り
﹄
が
生
ま
れ
る
。
物
を
通
し
て
、
人
と
の
交
流
を
通
し
だ
ろ
う
か
?
食
を
通
し
て
、
買
い
生
ま
れ
る
空
間
は
ど
れ
だ
け
あ
る
の
で
、
ほ
っ
こ
り
と
昔
な
が
ら
に
会
話
が
け
で
は
な
い
の
で
あ
る
。
そ
ん
な
中
て
い
る
の
だ
。
若
者
だ
け
が
集
う
わ
り
、
老
若
男
女
問
わ
ず
人
々
が
方
や
公
共
交
通
機
関
の
充
実
も
れ あ
こ
の
周
辺
に
は
昔
か
ら
住
ん
で
い
る
松
山
市
中
心
街
と
は
言
っ
て
も
、
手
作
り
良の
さ温
はか
今み
どあ
こる
へ
?
ぜ
産
直
市
な
の
だ
ろ
う
か
?
し
か
し
若
者
の
集
う
街
中
で
、
な
元
へ
の
愛
の
形
で
も
あ
る
の
だ
。
10
つくり手から
「想い」を込めて
Oic:
matsuyama
story.5
高齢化社会を真剣にとらえ、豊かな食生活を提案する人々
相手のことを考えると、何を提案すべきか自然と分かるようです。
text by Yuka Miyoshi Takeshi Oyabu / photographs by Yuka Miyoshi
右上/建物内はホテルの様な落ち
器。おもてなしの心で選び抜いた
小物は高級感漂うものである。
左/お話を伺ったチーフマネージ
ャー高島彰範さん。長年の接客業
で培った経験を生かす。
Concierina ( コンシェリナ )
て
く
れ
る
方
に
飽
き
ら
れ
ん
よ
う
、
よ
。
そ
ん
な
時
で
も
お
弁
当
を
食
べ
菜
を
使
用
す
る
と
い
う
こ
と
な
ん
こ
と
は
、
旬
の
間
は
頻
繁
に
同
じ
野
﹁
旬
の
食
材
を
使
用
す
る
と
い
う
ま
し
た
。
復
古
の
大
号
令
な
の
で
す
。
る
で
し
ょ
う
。
地
産
地
消
と
は
健
康
の
形
を
考
え
直
す
き
っ
か
け
で
も
あ
る
事
に
と
ど
ま
ら
ず
、
幸
せ
な
社
会
を
取
り
戻
そ
う
、
そ
れ
は
た
だ
食
べ
健
康
を
取
り
戻
そ
う
、
本
来
の
食
て
き
た
の
だ
と
思
わ
れ
ま
す
。
岩
田
誠
司
さ
ん
に
お
話
を
お
伺
い
し
ざ
ま
な
ひ
ず
み
が
は
っ
き
り
と
表
れ
お
弁
当
を
作
ら
れ
る
の
料
理
長
そ
ん
な
安
心
、
安
全
に
こ
だ
わ
っ
た
た
だ
く
こ
と
が
で
き
ま
す
。
か
。
今
、
高
齢
化
社
会
を
迎
え
、
さ
ま
を
見
失
っ
た
の
で
は
な
い
で
し
ょ
う
私
た
ち
は
そ
ん
な
当
た
り
前
の
こ
と
調
理
さ
れ
て
い
る
の
で
、
安
心
し
て
い
加
物
は
一
切
使
用
せ
ず
、
手
作
り
で
り
で
食
べ
る
、
高
度
経
済
成
長
期
に
採
れ
た
て
の
地
元
の
も
の
を
手
作
間
性
を
引
き
出
す
﹂
様
々
な
設
備
に
高
島
さ
ん
の
お
話
に
よ
る
と
﹁
人
話
を
お
伺
い
ま
し
た
。
ー
フ
マ
ネ
ー
ジ
ャ
ー
高
島
さ
ん
に
お
者
娯
楽
施
設
﹃
コ
ン
シ
ェ
リ
ナ
﹄
の
チ
メ
リ
ッ
ト
は
鮮
度
に
あ
り
ま
す
。
生
命
地
元
産
の
野
菜
を
食
べ
る
一
番
の
れ
て
い
ま
す
。
﹂
食
材
や
文
化
を
と
て
も
大
切
に
思
わ
者
の
皆
様
は
生
ま
れ
育
っ
た
愛
媛
の
然
に
会
話
に
花
が
咲
き
ま
す
。
利
用
ま
す
。
﹁
お
い
し
い
食
事
が
あ
れ
ば
自
し
て
も
強
い
こ
だ
わ
り
を
持
っ
て
い
そ
ん
な
コ
ン
シ
ェ
リ
ナ
は
食
に
関
家
か
ら
、
そ
の
日
の
朝
に
収
穫
さ
れ
で
は
松
山
市
近
郊
の
契
約
農
弁
当
﹄
の
お
弁
当
で
す
。
し
て
お
出
し
し
て
い
る
の
が
、
﹃
宅
配
そ
ん
な
コ
ン
シ
ェ
リ
ナ
が
昼
食
と
か
も
し
れ
ま
せ
ん
。
る
大
き
な
意
義
は
こ
こ
に
も
あ
る
の
然
の
こ
と
で
す
。
地
元
の
も
の
を
食
べ
そ
の
文
化
を
愛
お
し
く
思
う
の
は
当
て
ら
れ
て
お
り
、
化
学
調
味
料
や
添
う
で
す
。
野
菜
は
農
薬
不
使
用
で
育
た
新
鮮
な
野
菜
を
仕
入
れ
て
い
る
そ
て
や
っ
と
ん
よ
ね
。
﹂
し
た
い
け
ん
、
い
ろ
い
ろ
な
工
夫
を
し
適
な
生
活
を
提
供
し
て
い
る
、
高
齢
ら
そ
の
文
化
に
触
れ
て
き
た
人
間
が
繁
高
齢
者
の
方
の
生
活
に
注
目
し
、
快
う
に
な
っ
て
い
る
よ
う
で
す
。
そ
ん
な
ど
か
ら
高
齢
者
の
方
も
多
く
住
む
よ
で
す
が
、
交
通
の
利
便
性
な
華
街
の
印
象
が
強
い
松
山
市
目
指
さ
れ
た
そ
う
で
す
。
る
た
め
の
き
っ
か
け
作
り
の
場
所
を
慮
し
て
言
え
な
い
よ
う
な
夢
を
叶
え
夢
を
引
き
出
す
、
普
段
家
族
に
は
遠
過
ご
し
て
も
ら
い
、
本
当
に
叶
え
た
い
地
方
に
特
産
物
が
あ
り
、
幼
少
期
か
ま
た
食
と
は
一
つ
の
文
化
で
す
。
各
元
気
に
暮
ら
せ
て
い
け
る
の
で
す
。
て
こ
そ
、
私
た
ち
の
体
に
力
が
付
き
、
力
に
あ
ふ
れ
た
新
鮮
な
野
菜
を
食
べ
ず
ら
っ
と
野
菜
が
並
ん
で
い
た
。
野
菜
ご
協
力
も
あ
り
朝
の
オ
ー
プ
ン
に
は
価
﹄
で
提
供
で
き
る
よ
う
、
ご
主
人
の
旬
の
野
菜
を
﹃
安
心
・
安
全
・
安
ト
を
頂
き
ま
し
た
。
け
て
行
き
た
い
で
す
ね
。
﹄
と
コ
メ
ン
が
生
ま
れ
る
野
菜
の
販
売
を
長
く
続
う
こ
と
が
大
切
な
ん
で
す
。
つ
な
が
り
野
菜
を
知
っ
て
食
べ
て
も
ら
う
と
言
通
し
て
笑
顔
が
生
ま
れ
、
会
話
か
ら
付
き
合
い
が
希
薄
な
現
在
、
直
売
を
代
表
の
松
田
さ
ん
よ
り
﹃
ご
近
所
イ
ン
で
販
売
し
て
い
る
そ
う
だ
。
か
け
た
。
夏
場
は
朝
取
れ
野
菜
を
メ
パ
ラ
菜
︶
と
言
う
も
の
を
は
じ
め
て
見
こ
と
だ
っ
た
。
現
に
中
国
野
菜
︵
ア
ス
た
野
菜
を
入
荷
し
て
く
れ
る
と
い
う
ぎ
ん
こ
い
市
場
の
中
で
も
、
変
わ
っ
え
て
い
ま
す
。
浄瑠璃
Oic:
matsuyama
story.3
を
使
用
し
、
農
薬
は
最
小
限
に
お
さ
る
べ
く
自
然
肥
料
︵
油
粕
+
堆
肥
等
︶
ら
れ
る
も
の
を
生
産
す
る
理
念
。
な
な
い
が
自
分
た
ち
が
安
心
し
て
食
べ
お
客
様
を
迎
え
て
い
る
。
多
量
で
は
常
に
新
鮮
で
種
類
豊
富
な
品
た
ち
の
口
へ
運
ば
れ
な
い
の
で
あ
る
。
ん
の
頑
張
り
な
く
し
て
、
野
菜
は
私
感
さ
れ
て
い
る
そ
う
だ
。
生
産
者
さ
の
恵
み
の
産
物
だ
と
言
う
こ
と
を
痛
野
菜
た
ち
。
天
の
恵
み
で
あ
り
、
自
然
な
た
め
天
候
に
左
右
さ
れ
る
生
き
た
直
売
所
[
浄
瑠
璃
菜
菜
市
]
え に
て
で
、
﹃
安
食心
材安
・全
食﹄
品な
に
注
目
う ら が
昨 か 魅 た
今 ? 力 く
を さ
、
感 ん
季
じ 並
節
る ん
の
の で
流
は い
れ
私 る
が
だ と
ア
、
け 何
バ
ウ
だ か
ト
ろ し
N
207
194
久谷中
八坂寺
左/自家製漬物や季節の野菜
+評判の果物。種類豊富だから
こそ聞 いてみ た い 生 産 者 の 知
恵や知識。会話から生まれるこ
の『つながり』
下/手作りの直売所の周りには、
可愛い花が植えられている。思
わず笑顔になってしまう。
『浄瑠璃菜菜市』
浄瑠璃寺
『浄瑠璃菜菜市』
P
http://www.geocities.jp/joururi_saisai/
二番町
Oic:
matsuyama
story.4
内側から綺麗になる料理のマジ
ック。
彩り豊かに、品数豊富。
見た
目ばかりに捉われず、美味しく美
しくなりた い 女 性 の た め の 贅 沢
なオーガニックフード
ヴァンサンカン PENSEE ( パンセ )
る
こ
と
だ
ろ
う
。
様々な野菜を使用することで、色
とりどりのお弁当になるのがvimi
の特徴。
この日の献立は揚げ出し
豆腐のそぼろあんかけ、鶏の胡
vimi料理長の岩田誠司
さん。365日新鮮な野菜
を生かした食事を提供
する。
麻揚げ、風呂吹き大根、ハマチの
みぞれ煮、新鮮生野菜の盛り合
わせなど。容器はコンシェリナの
特注品でおかずが映えるように
なっている。
Locanda Del Cuore
ロカンダデルクオーレ
http://blogs.yahoo.co.jp/hirofamiglia
Boulangerie Galopin
ブーランジェリーガロパン
こだわり菓子工房あん庵
が
こ
れ
か
ら
益
々
注
目
さ
れ
は
じ
め
会
で
あ
っ
た
。
オ
ー
ガ
ニ
ッ
ク
フ
ー
ド
﹁
食
﹂
の
大
切
さ
を
今
一
度
考
え
る
機
り
﹂
を
支
援
す
る
こ
と
を
テ
ー
マ
に
の
だ
。
﹁
活
き
活
き
と
輝
く
人
生
作
ー
ガ
ニ
ッ
ク
フ
ー
ド
が
提
供
さ
れ
た
リ
エ
に
よ
る
特
別
企
画
と
し
て
、
オ
と
い
っ
た
地
元
有
名
店
と
野
菜
ソ
ム
ン
・
こ
だ
わ
り
の
菓
子
工
房
あ
ん
庵
ロ
カ
ン
ダ
デ
ル
ク
ォ
ー
レ
・
ガ
ロ
パ
テ
ィ
ー
﹂
が
開
催
さ
れ
た
。
恒
例
の
﹁
ハ
ッ
ピ
ー
ク
リ
ス
マ
ス
パ
ー
ン
﹃
ヴ
ァ
ン
サ
ン
カ
ン
パ
ン
セ
﹄
に
て
昨
年
末
、
番
町
小
学
校
隣
の
サ
ロ
地
元
有
食名
店
に
美よ
のる
コ
ラ
ボ
×
13
調
理
法
を
変
え
と
る
ん
よ
。
や
っ
ぱ
り
vimi
地
元
で
採
れ
た
も
の
は
地
元
で
消
費
力
を
入
れ
て
い
る
と
言
う
こ
と
で
し
vimi
左上/今治産タオルに砥部焼の食
た
。
そ
れ
は
茶
室
や
、
シ
ア
タ
ー
ル
ー
vimi
着いたデザイン。茶室、美容ルーム
も。
もちろんバリアフリー設計だ。
ム
な
ど
の
工
夫
を
凝
ら
し
た
設
備
で
・
山越
『おいしいまつやまストーリー』
す
。
こ
れ
ら
の
施
設
内
で
心
を
豊
か
に
12
い
ま
す
。
玉井道雄
自
分
で
作
っ
た
商
品
を
自
分
で
売
っ
て
学校法人愛媛学園地域連
携室室長
独自の 感 覚で 地 域 の 経
済・文化を分析する。連携
をつくることは地域をつく
ること、売る側と買う側が互
い に 役 割 を 交 換し合 い 両
得 を 得る「お 互 い 様 の 関
係」を作ることという信念の
もと、若者の育成にあたる。
で
き
な
け
れ
ば
成
立
し
ま
せ
ん
。
土
が
︵
次
号
へ
続
く
︶
が
必
要
で
し
ょ
う
ね
︵
笑
︶
主
や
地
域
と
信
頼
関
係
を
結
ぶ
こ
と
が
な
ど
に
よ
っ
て
、
松
・
竹
・
梅
コ
ー
ス
あ
り
ま
し
た
。
そ
れ
を
乗
り
越
え
、
地
ぞ
れ
の
生
き
方
、
個
性
、
地
域
の
実
情
地
を
借
り
る
ま
で
に
も
相
当
の
抵
抗
が
玉
井 ﹁
6
次
産
業
化
﹂
に
も
、
そ
れ
開
墾
す
る
と
こ
か
ら
始
め
ま
し
た
。
農
い
つ
ま
で
も
元
気
に
お
ら
れ
ま
す
よ
。
は
、
耕
作
放
棄
地
を
借
り
て
ユ
ン
ボ
で
ス
か
ら
始
め
る
覚
悟
が
必
要
で
す
。
私
を
育
て
る
の
は
楽
し
い
こ
と
な
ん
で
す
。
よ
ね
。
年
は
関
係
な
い
で
す
よ
。
作
物
売
れ
る
デ
パ
ー
ト
に
持
っ
て
行
っ
て
、
ん
で
す
。
私
は
、
東
京
・
大
阪
の
一
番
政
治
の
こ
と
で
も
日
本
人
は
知
ら
な
い
人
が
増
え
て
き
ま
し
た
。
本
当
の
こ
と
1
1
以
後
だ
ん
だ
ん
と
本
物
を
求
め
る
こ
と
が
多
す
ぎ
ま
す
。
そ
れ
で
も
、
3
・
り
し
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
マ
イ
ナ
る
商
品
を
作
る
に
は
、
基
礎
を
き
っ
ち
高
岡 ス
で
成
功
し
て
い
る
事
例
も
あ
り
ま
す
信
頼
関
係
を
築
く
こ
と
が
で
き
小売・
卸売等
生産者
食関連各種団体
消費者の皆様
っ
て
も
売
れ
ま
せ
ん
。
食
の
こ
と
で
も
マ
イ
ナ
ス
か
ら
取
り
組
む
覚
悟
で
高 も 小
岡 あ さ
る な
ば と 身
あ 思 の
ち い 丈
ゃ ま に
ん す あ
が 。 っ
た
葉
6
っ
ぱ
次
産
ビ
業
ジ
化
ネ
でも参加できます
た
な
・製造
!
ど 飲食店 食品
メーカー
れ
る
所
﹂
へ
持
っ
て
い
く
必
要
が
あ
る
代
で
す
。
そ
し
て
、
売
る
た
め
に
は
﹁
売
が
い
な
い
と
、
せ
っ
か
く
良
い
物
を
作
基
礎
を
し
っ
か
り
、
の
暮
ら
し
の
中
か
ら
生
み
出
し
て
い
く
、
生
み
出
さ
な
け
れ
ば
生
き
残
れ
な
い
時
高
岡 良
い
も
の
が
分
か
る
お
客
さ
ん
の
大
き
な
課
題
で
も
あ
り
ま
す
。
で
き
ま
せ
ん
ね
。
私
は
、
女
性
が
自
分
組
み
で
す
。
で
も
、
な
か
な
か
真
似
は
農
家
自
身
が
付
加
価
値
の
高
い
商
品
を
培
し
て
自
分
で
加
工
し
て
自
分
で
売
る
。
し
た
情
報
発
信
力
を
鍛
え
る
こ
れ
は
、
専
門
学
校
な
ど
教
育
の
現
場
人
生
哲
学
で
も
あ
る
素
晴
ら
し
い
取
り
に
な
り
ま
す
。
こ
れ
か
ら
は
自
分
で
栽
栽
培
や
生
産
の
現
場
を
基
盤
に
っ
て
い
る
こ
と
が
説
得
力
に
な
り
ま
す
。
的
な
﹁
一
人
6
次
産
業
化
﹂
で
す
ね
。
報
発
信
は
で
き
ま
せ
ん
ね
。
体
験
が
伴
さ
に
高
岡
社
長
に
し
か
で
き
な
い
男
性
の
な
い
農
家
は
切
り
捨
て
ら
れ
る
こ
と
こ
と
が
大
事
で
す
。
現
場
を
よ
く
理
解
し
て
な
い
と
よ
い
情
玉
井 高
岡
社
長
の
取
り
組
み
は
、
ま
自
分
で
加
工
し
て
自
分
で
売
る
高
岡 T
P
P
が
始
ま
る
と
、
競
争
力
自
分
で
栽
培
し
て
を
語
っ
て
い
た
だ
き
ま
し
た
。
い
た
だ
き
、
6
次
産
業
化
の
現
状
と
希
望
者
事
情
に
詳
し
い
玉
井
先
生
と
対
談
し
て
客
さ
ん
と
の
信
頼
関
係
を
築
い
て
い
く
が
フ
ァ
ン
を
増
や
す
こ
と
で
す
ね
。
お
ん
で
す
。
人
で
売
る
ん
で
す
。
売
る
人
高 言 い
岡 葉 る
で 自
こ す 信
れ ね の
は 。 裏
、
付
経
け
験
が
の
あ
積
っ
て
み
こ
重
ね
そ
な
の
れ
は
、
全
て
の
過
程
を
自
分
で
行
っ
て
す
が
、
販
売
者
自
身
が
栽
培
や
生
産
の
だ
け
で
説
得
力
の
あ
る
発
信
が
で
き
ま
関
わ
っ
て
努
力
し
て
い
る
人
は
、
そ
れ
玉 ん い
井 ど ん
ん で
社 宣 す
長 伝 。
の し 自
よ な 分
う い で
に と 作
、 い っ
全 け て
て ま 自
自 せ 分
分 ん で
で 。 ど
を
私
た
ち
が
発
信
し
な
け
れ
ば
な
ら
な
合
わ
せ
て
取
り
組
む
生
き
方
や
地
域
の
実
情
に
で
行
く
だ
け
で
す
。
て
そ
こ
に
向
か
っ
て
、
く
じ
け
ず
進
ん
作
り
を
、
日
本
一
の
高
い
目
標
を
掲
げ
し
っ
か
り
で
き
、
他
に
は
な
い
商
品
を
方
で
す
。
今
回
は
、
サ
ー
ビ
ス
の
現
場
や
若
さ
れ
引
き
付
け
ら
れ
る
ん
で
す
ね
。
そ
化
さ
れ
る
に
当
た
っ
て
モ
デ
ル
と
な
っ
た
の
迫
力
に
、
お
客
も
バ
イ
ヤ
ー
も
圧
倒
玉
井 社
長
の
お
話
を
伺
う
と
、
社
長
対地6
談域次
し連産
て携業
いの化
た中の
だで先
き若駆
ま者者
しを、
た育遠
。て赤
る青
玉汁
・
井高
道岡
雄照
先海
生社
に長
と
高岡照海
遠赤青汁株式会社代表取
締役社長
環境と経済が両立した循
環型社会を目指し、耕作放
棄地を開墾して、ケールや
にんにくの有機栽培に取り
組む。遠赤外線を利用した
2次産業
3次産業
加工製造
6次産業
流通販売
総合産業
1 次産業・2次産業・3次産業、
その全てを結んで新たな事業の創出を目指すことが
6次産業化という考え方です。
農林水産業の
資源
加工販売・他業種の
しくみ・ノウハウ
「モノ」
「ヒト」
「機能」を
プラスして
流通
「おいしい松山」は松山ブランド創出のための大きな力となる
愛媛の農林水産業の6次産業化を応援しています
② チャレンジを助ける
プランナーがいます
団 体でも個 人 の 取り組 みであって
制 定されたの が「 6 次 産 業 化 法 」
もチャレンジ することができます。そ
者 等 による新 事 業 の 創 出 等 及 び
6次産業化プランナーがいます。
( 地 域 資 源を 活 用した、農 林 漁 業
地域の農林水産物の利用促進に
関する法律)です。
のチャレンジを総合的にサポートする
新 たな 加 工 や 販 売 、輸 出 等 に取り
組 みたいときや 事 業 化の資 金 面での
③ 人も自然も地域社会も
元気になります
日 本 政 策 金 融 公 庫 の 調 査 によると、
「6次産業化」を実行した農業者の75パ
ー セントが 所 得 向 上を 挙 げ、また、生 産
拡 大 や 従 事 者 の やりが い の 向 上 につ な
がったことを挙げています。
今後、バイオマスエネルギーの利用な
このような 取り組 みを行う農 林
サポートを得たいとき、違う分 野の産
ど、循環型社会の農林水産業を核とした
れば様々なメリットがあります。
業 化プランナーの親 身な支 援を受 け
います。6 次 産 業 化 は、人も自然も地 域
漁 業 者 がこの 法 律 の 認 定 を 受 け
製法で遠赤青汁、熟成発酵
業との連携が必要なときなど、6次産
られるのです。
新たな産業を創り出すことが求められて
社 会も、いきいきと活 性 化させる取り組
みだといえるのです。
した 黒 にんにくなど、独自
の商品を多数開発製造し、
販 売まで 一 貫して行う。グ
ロー バ ル な 視 点で 情 勢 分
析し、海外への販路拡大を
図っている。
[ 6 次産業化とは何ぞや? ]
※参加費無料・駐車場無(公共機関をご利用下さい)
1 次産業
農林水産業
6 次 産 業 化 を 推 進 するため に
第2回おいしいまつやま異業種交流会
2 月 3 日[金](19:00 ∼ 21:00)
■場所: えひめイズム(大街道3丁目)
農林水産業の6次産業化
① 6 次化を推進する為の
法律ができました
1
6次化事例:
『ジャム・ドライフルーツ』
自ら、いちじく・さくらんぼを生産する
N農園さん。規格外の廃棄処分品の再
消費者 + 生産者 + 販売者 でつくる
■日時:
新たな「松山ごはん」
「松山ブランド」を創造しよう !!
今 6 次産業化を推奨している理由
説明会・名刺交換会・個別相談会、同時開催
15
高
岡
照
海
社
長
は
、
6
次
産
業
化
が
法
制
参加者・
参加企業
大募集
●お申し込み・お問い合わせは:
プラス印刷フードクリエイト事業部
戸田高博 (089-932-9885)
E-mail: [email protected]
利用、若葉の活用に取り組みました。
ジャム・紅茶などの新商品開発と、
こ
2
6次化事例:
『アップルパイ・おやき』
中山間地域の農家の女性が中心と
なって設立された組合。地域の農産物
のリンゴを利用したアップルパイや「お
やき(焼き
)」等の加工品を製造販売
だわりある栽培方法で他商品との差別
しています。全員素人の女性達が手弁
定客の取り込みや首都圏への販路拡
の5倍の売り上げを実現。
また体験農場を通じて地域の方と一
最優秀賞(農林水産大臣賞)を受賞し、
化を実現。アンテナショップを設け、固
大にも力を入れています。
体となり、イベント開催などで地元の盛
り上げにも力を入れています。
当で商品化・販売に頑張り、設立当初
「農山漁村チャレンジ活動」において
地域事業化の成功例として有名になり
ました。
14
2/18( 土 ) ∼ 19( 日 )
Oic:matsuyama
発
行
/
松
山
市
役
所
産
業
経
済
部
地
域
経
済
課
制
作
/
株
式
会
社
エ
イ
ト
ワ
ン
● 時間:18 日 ( 土 ) 10:00 16:00
19 日 ( 日 ) 9:00 15:00
● 場所:アイテムえひめ大展示場
● 料金:無料
■お問い合わせ先:
まつやま農林水産まつり
実行委員会事務局
(松山市農林水産課内)
Tel. 089-948-6567
午後 1 時 30 分より
※先着 100 名様
Oic:
matsuyama
公
共
施
設
・
団
体
・
公
的
サ
ー
ビ
ス
〒790-0931 松山市湯渡町 10-25
Oic:matsuyama 編集部 090-9472-2975 Mail: [email protected]
教
育
・
医
療
・
宿
泊
●松山市役所
各支所・出張所
●市内各公民館
●松山観光コンベンション協会
●松山市総合コミュニティ
センター
●松山市民会館
●松山城二の丸史跡庭園
●松山中央公園
●野外活動センター
●松山市埋蔵文化財センター
●松山市考古館
●北条スポーツセンター
●コムズ
●愛媛CATV
大手町オープンスタジオ
●松山市総合福祉センター
●風早の郷風和里
●学校法人愛媛学園愛媛
調理製菓専門学校
●河原学園関連学校
●アビスイン松山
●松山ユースホテル
●松山調剤薬局築山店
●レデイ薬局
一番町調剤薬局
●ホテルサンルート松山
●道後やや
● 時間:10:00 12:00
● 場所:中央児童センター
● 対象:小学 3 年生以上
● 定員:30 人
● 料金:ひとり 500 円
● 締切:1 月 27 日 ( 金 ) 必着
■お問い合わせ先:
中央児童センター Tel. 089-933-9311
県内各地より選び抜かれた多彩な果実と
加工品が勢 い。お楽しみ抽選会、みか
んクイズ、ステージ演奏などイベント盛
り沢山。果実コンクールは予約販売です
のでお早めにお越し下さい。
つきは
※会場等詳細はお問い合わせ下さい。
● 南部児童センター
2/12( 日 )10:00 ∼ 12:00
● 新玉児童館
2/12( 日 ) 9:30 ∼ 11:30
● 味生児童館
2/12( 日 )13:00 ∼ 15:00
● 久米児童館
2/11( 土 )10:00 ∼ 12:00
14:00 ∼ 16:00
● 久枝児童館
2/12( 日 )14:00 ∼ 16:00
● 畑寺児童館
2/12( 日 )10:00 ∼ 12:00
2/5( 日 )
● 時間:21 日 ( 土 ) 10:00 19:00
22 日 ( 日 ) 10:00 18:00
● 場所:いよてつ高島屋8階
スカイドーム特設会場
● 料金:無料
■お問い合わせ先:風早の郷 風和里
Tel. 089-911-7700
Tel. 089-953-5051
Tel. 089-970-0907
Tel. 089-922-3800
Tel. 089-905-9614
道後
● 時間: 午前 8 時∼正午まで
■お問い合わせ先:
道後にきたつの路日曜朝市実行委員会
Tel. 089-943-8342 [email protected]
●sumile(すみれ)
●田中戸
●フジ 松山市内各店
小
飲
飲
売 ●サークルK 松山市内各店
食 ●風味花伝
食 平和通店、椿参道店、R11BP 店
店 ●ゆうき生協
店 ●ハグ
店 ●the blue marble
(ブルーマーブル)
●県立美術館レストラン
●お米の岩田屋
●ピッツェリアマルブン
●マッハマンカフェ
●つぶつぶネットショップ
●日々くらしのモノ。
南高井店
●Federico(フェデリコ)
●シュー
●みなと食堂
●たも屋
●ブリッジ
●自然をほおばる sola
●アンノモリカフェ
●フィフスエレメンツ
●Fondente
●R-Greaserz
●モアミュージック
●居酒屋 夢の家
●鯛や
●J's
●地恵地楽ダイニング青空食堂
●艶吉(3店舗)
●古泉
千舟店、久米店、 味店
●いち万堂
●三津浜商店街
●昼どころ夜ばなし 季菜
●猫カフェ RonRon
●コープ自然派えひめ
●浪漫亭 鴨川本店
●クックチャム
●ふるさと交流館(さくらの湯)
●La cal cafe(ラカロリカフェ)
フジグラン松山店
●La Vita(ラ・ヴィータ)松山店
●カフェ・ダイニング メルシー
●vimi(美味)
●えひめイズム
●中国割烹 大岩
●CHARLIE S
感性価値創造ショップ
●trattoria FLOR(フロア)
VEGETABLE CAFE
●Natural Greens
●自然食炭焼きダイニングあじ彩
(チャーリーズベジタブル
カフェ)
●末広マート本店、立花店
●トラットリア ナトゥーレ
●FRUIT JUICE & GIFT
●JA 松山市福音寺青空市場
ナトゥーラ
noma-noma
●ファーマーズマーケット
●cafeNo.2(カフェナンバーツー)
●Gouter de Maman
いーふぁーまーず
●活魚料理 海鮮北斗
(グーテ・ド・ママン)
●天恵の果実 だいいち
●レストラン門田
●洋菓子工房 菓子夢
●フレッシュファクトリー八百甚
●バール・コーヴォ
●チョコレート専門店
●光だまり庵
●じい家
ルショコラティエ C
●菓子小屋
●カフェ アーリーブルーメル ●あんから庵
●コサス
つばき店・フジグラン店
●グリッププラザ松山店
●ベルベルジン
●cafe La hale(カフェ ラ ハレ)
●Cafe & 蕎麦 sova sova
●DIO PICCOLO
●ヒビキ庵
●CHARLIE S VEGETABLE
●FREE MAN
●カルコバ
(チャーリーズベジタブル)
●SPRAY
●ベーカリーえびす屋
●naturel(ナテュレ)
●ぎんこい市場
●BIG MAMA
●Salon de Emu
●あげ☆あげ、地参地笑市
(サロン・ドゥ・エミュ)
●四国厨房 ( 株 )
●paek side cafe
●SOHSOH - 草草 ●ハウジング夢有
●夢うらら
ロープウェー通り店
●道後村(不動産)
●闇市ジョニー 朝生田店
JR 駅前店
●大進建設株式会社
●癒しカフェ
編集後記
Tel. 089-943-5801
道後温泉がさらに魅力的になる、日
曜朝市が毎月第4日曜日に開催さ
れています!道後商店街横の「道後
にきたつの路」に、30 ∼ 40 の店舗
がズラ∼ッと並び、地元で採れた新
鮮な野菜や果物、手作りのお弁当や
お などが販売されます。
北条
先着 300 名限定! 1,000 円以上お
買い上げのお客様に空クジ無しの
抽選券をお渡しします。地元で獲
れた新鮮野菜や特産品などの賞品
を用意しています。
Tel. 089-969-1005
1/22( 日 )
湊町
1/21( 土 ) ∼ 22( 日 )
■大人気みかん
2/11( 土 )
バレンタインデーが近づいて
きました。今年のバレンタイ
ンチョコは児童館で作ったあ
ま∼いお菓子を渡して、友達
やおうちのヒトを happy にし
ませんか?
松山で生産される農林水産物やその
加工品の試食及び展示販売を行いま
す。あわせて皆様の生活に役立つ農
林水産業の各種情報の展示を実施。
皆様の日々の暮らしを豊かにするこ
と、間違いなしです。当日はマイバッ
グの持参にご協力をお願いします。
創
刊
号
二
○
一
二
年
一
月
二
○
日
発
行
若草
三津
美
容
・
そ
の
他
サ
ー
ビ
ス
●メナム
●トヨペット(宮田)
●3ta2
●アカマツ株式会社
●直塾
●松山ヨーガサークル
●美容室キャンバス
●e*couleur(エ・クルール)
●アトリエやの
●リビングカルチャーセンター
●Agre'able 教室
●(株 ) ビジネスアシスト四国
●リラクゼーションサロン ヒーナ
●ヴァンサンカン・パンセ
●メディカルフィットネス・
ハーツ本町
●atelier hair design COR(コル)
●美容室みらい
●優風(yu-ka)
●セイユーハウジング
松山西展示場
●城山横丁
●愛 YOU カイロプラクティック院
●松山ウィメンズカウンセリング
●トラックタイム
●アゴラ
●カノン アゴラ
●アトリエ ココ
●四国コンタクト
●ステラクルー
●株式会社アイ・サポート
●癒し家
(順不同)
上記協力店に在庫が無い場合、松山
市役所産業経済部地域経済課か、株
式会社エイトワン Oic:matsuyama
編集部までお問い合わせ下さい。
した。また、私たちは遠くの事(東京や大
今回、取材をするにあたって様々な新し
発行
松山市役所
産業経済部地域経済課
に問われはじめ関心が高まってきたのが
(松山やその周辺)を知らなかったりします。
した笑顔に励まされた素敵な制作タイム。
企画
心・安全」
「地産地消」
「オーガニック」とい
す。愛媛・松山は食材の宝庫でもあります。
魅力的な方々とお会いすることができま
監修
編集
大藪 崇
植木 美夫
藤山 健
藤岡 日向子
宮内 香苗
三好 由華
藤山 健
相原 豪
秦 英高
「食は人に良い」
と書きます。食が社会的
7 年 前 の 2 0 0 5 年で す。そのころから「安
う言葉などが使われはじめました。そもそ
阪)の 事 は 知っていても意 外と近 隣 の 事
実は身近な場所や人に宝の情報がありま
した。松山中の皆さんに、いえいえ、日本中
報発信源となればと思います。編集部スタ
今回めでたくOic:matsuyamaが創刊さ
撮影
DTP
と向き合いました。私と同じビギナー目線
制作
株式会社エイトワン
印刷製本
プラス印刷株式会社 (おいしい松山)が市民の皆様の新しい情
して私たちの価値観も大きく変化してきま
ッフ一同が松山の食の発展に繋がる紙面
いった事を多くの方から聞くようになりま
今後ともよろしくお願いします。
【藤山】
した。そんな中「本当の事が知りたい」そう
ありがとうございました。
【藤岡】
松山市から発行される「Oic:matsuyama」
も食は安心で安全なのが当たり前なので
すが、社会全体が複雑になり、情報が散乱
い出会いがありました。皆さんのキラキラ
作りを心がけて取材制作してまいります。
の皆さんに、お知らせしたーい。
【宮内】
れました。制作にあたって初めて松山の食
で情報発信ができればと思います。
【三好】
※本誌に掲載されている情報は Oic:matsuyama 編集部が独自に選定・編集しています。 ※本誌記事・写真の無断転載・複製を禁じます。本誌掲載の情報は 2012 年 1 月現在のものです。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
2 458 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content