close

Enter

Log in using OpenID

47 89

embedDownload
VOL47
NO.2
前 立 腺 炎 に 対 す るlevofloxacinの
89
臨床 効 果
【原 著 ・臨 床 】
前 立 腺 炎 に お け るlevofloxacinの
臨 床 効 果 と尿 中 あ る い は
前立腺圧 出液 中のサ イ トカイ ンの変動
松井
隆 ・李
宮崎
茂 典 ・郷 司
勝 ・酒 井
豊 ・米 本
洋 次 ・中 野
雄 造 ・樋 口
和 男 ・岡 田
弘 ・荒 川
創 一 ・守 殿
貞夫
彰宏
神戸 大学 医学 部泌 尿 器科*
(平 成10年7月24日
受 付 ・平 成11年1月7日
目 的:急 性 お よ び 慢 性 前 立 腺 炎 に 対 す るlevonoxacin(LVFX)の
ら前 立 腺 炎 に お け る 尿 中 サ イ トカ イ ンtumor
β,IL-6,IL-8の
necrosis
受 理)
有 効 性 お よ び 安 全 性,さ
factor(以
下TNF)-α,
らに これ
interleukin(以
下IL)1
治 療 前 後 で の 変 動 を比 較 検 討 す る 。
対 象 お よ び 方 法:
対 象 は1995年11月
よ り1997年3月
慢 性 前 立 腺 炎 と 診 断 さ れ た19例
ま で に 神 戸 大 学 泌 尿 器 科 お よ び 関係 施 設 泌 尿 器 科 で 急 性 ま た は
と し た 。 方 法 は 急 性 前 立 腺 炎 に 対 し て は,LVFX200∼300mg/日
日 間 投 与 し,有 効 例 に は100∼200mg/日
200∼300mg/日
を14日
治 癒 の 評 価 は,急
間 投 与 し,有
を さ ら に7日
効 例 に は さ ら に100∼200mg/日
性 で7,14,28,42日
評 価 基 準(第3版
目,慢
慢 性 で はVB3中
の サ イ ト カ イ ン をEHSA法
ボ ラ ン テ ィ ア20名
を14日
性 で14,28,42,56日
追 補)に 準 じ 判 定 し た 。 ま たLVFX投
を7
間 継 続 投 与 し た 。慢 性 前 立 腺 炎 に 対 し て はLVFX
間 投 与 した 。 有 効 性 と
目 に 行 い,い
与 前 後 で,急
に て 測 定 し た 。VB3中
ず れ もUTI薬
性 で はVB1ま
効
た はVB2中
の,
サ イ トカ イ ンに つ い て は健 常 成 人
を コ ン トロー ル群 と した 。
結 果:
疾 患 別 の 有効 率 は 急 性 細 菌 性 前 立 腺 炎(ABP)6例
(CBP)9例
で は14日
は3/4で
目 の 判 定 で4/9で
あ り,慢
で は7日
性 非 細 菌 性 前 立 腺 炎4例
あ っ た 。 尿 中 サ イ トカ イ ン に つ い て は,コ
β が 有 意 に 上 昇 して お り,ABP群
のVB1ま
た 。 ま た 治 療 前 後 の 比 較 で は,ABP群
Keywords
男 子 の 尿 路 性 器 感 染 症 の 中 で 急 性 前 立 腺 炎 お よ び慢 性 前 立
と して 強 い 炎 症 反 応 を呈 す る が,抗
菌化
学 療 法 に抵 抗 す る こ とが 多 く,し ば しば 治 療 に 苦 慮 す る 。 本
は 測 定 した 全 項 目に お い て 有 意 な 上 昇 を 認 め
初 尿 中 も し くは 中 間 尿)濃
菌 性 前 立 腺 炎 だ け で な く,細 菌
1.材
1.臨
料
対 象 は1995年1月
∼1997年3月
想 定 して,広
フ ル オ ロ キ ノ ロ ン薬 の1つ
で あ るlevofloxacin(LVEX)(第
,ofloxacin(OFLX)を
体 の う ち の1(エ
ル)体
構 成 す る2つ
の 光学 異性
で あ り,尿 路 性 器 感 染 症 に 対 して 広
今 回 わ れ わ れ は,前
立 腺 炎 患 者 に 対 す るLVFXの
果 を 検 討 す る と と も に,炎
necrosisfactor(以
IL_6.IL_8の
*
症 性 サ イ トカ イ ン で あ るtumor
下TNF>-a,interleukin(以
前 立 腺 マ ッ サ ー ジ 後 尿 中(急
兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 楠 町7-5-2
臨床効
下ID1β,
性 期 にお い て は
の期 間 に神 戸 大 学
略),慢
略)と
性 前 立 腺 炎(chro-
診 断 さ れ た19例
である。
そ の 内 訳 はUTI薬
効 評 価 基 準(第3版,追
し たABP6例,慢
性 細 菌 性 前 立 腺 炎(chronicbacterial
prostatitis,CBPと
略)9例
補)1)に 合 致
お よ びUTI薬
効 評 価 基準
に は 規 定 さ れ て い な い 慢 性 非 細 菌 性 前 立 腺 炎(chronic
non-bacterial
く臨 床 で 使 用 さ れ て い る 。
法
お よ び 関 係 施 設 泌 尿 器 科 で 急 性 細 菌 性 前 立 腺 炎(acute
nicprostatitis,CPと
よ りフ ル オ ロ キ ノ ロ ン薬 が 使 用 され る こ とが 多 い 。
と 方
床試験 の対象
bacterialprostatitis,ABPと
い抗 菌 ス ペ ク トル お よ び 前 立 腺 組 織 へ の 移 行 性
度 を治 療 前 後 で 測 定 し,前 立 腺 炎
に お け る 各 種 サ イ トカ イ ンの 意 義 に つ い て 検 討 を加 え た 。
が 分 離 され な い 非 細 菌 性 前 立 腺 炎 で も,潜 在 す る 細 菌 感 染 を
一 製 薬)は
お い てIL-1
の 治 療 後 の 有 意 な低 下 を認 め た。
菌化 学療 法 に対 す る反 応
者 は 一般 に症 状 は 軽 微 で あ る が,抗
症 に 対 す る 治 療 と して は,細
目の 白血 球 の 改 善 率
のVB3に
イ トカ イ ン
腺 炎 は 比 較 的 頻 度 の 高 い 重 要 な疾 患 で あ る 。 前 者 は 細 菌 感 染
性 は よい 。 一 方,後
性細 菌性 前 立 腺炎
の14日
ン ト ロ ー ル 群 に 比 しCBP群
た はVB2で
でTNF-α
3前 立 腺 炎,levofloxacin,サ
目 の 判 定 で6/6,慢
prostatitis,以
下CNPと
た 。 な お,慢 性 前 立 腺 炎 の う ち,試
略)4例
であっ
験 開始 時 の 細 菌 学 的
検 査 に て上 記 基 準 に規 定 さ れ る 菌種 お よ び菌 量 が 分 離 さ
れ た も の をCBP,そ
れ 以 外 をCNPと
患 者 年 齢 はABPで35∼72(平
し て 集 計 した 。
均47.9)歳CBPで34∼61
FEB.1999
日 本 化 学 療 法 学 会 雑 誌
90
(平 均45.8)歳,CNPで44∼69(平
均57.4)歳
であっ
ABPで
主 治 医 が 治 療 を終 了 して よ い と判 断 し た症 例
に つ い て は,休
た。
な お 本 試 験 の 実 施 に 際 し,試 験 担 当 医 師 は 試 験 の 内容
終 了 後14日
薬 後 に 治癒 判 定 を行 っ た 。 す な わ ち投薬
目,28日
な どを 被 験 者 に説 明 し,本 試 験 へ の参 加 に つ い て 被 験 者
治 癒,再
本 人 の 自由 意 志 に よ る 同 意 を,文 書 また は 口 頭 に よ り得
UTI薬
て投 薬 を行 っ た。
の 所 見 か ら1.著
2.投
与 方法
1)急
性 細 菌性 前 立 腺 炎(ABP)
燃 疑,ま
目に症 状 お よ び 白 血 球 の 推 移 よ り
た は 再 燃 の い ず れ か に 判 定 し,さ
効 評 価 基 準 の 判 定 方 法 に 準 じ て,白
(状 態),の3段
効(状
態),2.有
し た 症 例 も含 め て,42日
本 剤 を1回100mg1日3回,7日
間投 与 した 。 ま ず
3日 目 に 症 状 に 対 す る 効 果 を 確 認 の 後,7日
目 に評価
効(状
階 に 判 定 し た 。CBPで
て42日
目 お よ び56日
態),3.無
は28日
目 お よ び56日
判 定 と し て 評 価 し た 。CNPも,追
らに
血 球 と細 菌
効
以 上投 薬
目 に 同様 に 治癒
跡 可 能 な 症 例 につ い
目 に 治 癒 判 定 し た 。 な お,統
一
し,有 効 例 で 継 続 投 与 が 適 当 と考 え られ た 場 合 は1日2
判 定 とは 別 に 主 治 医 判 定 を行 っ た 。 投 薬 終 了 時 に薬 効判
回 に減 量 して14日
定 と し て,自
目 まで 投 与 した 。 な お,原 則 どお り
14日 問 投 与 さ れ た もの は4例,3日
間 お よ び7日
間で
投 与 終 了 した もの が そ れ ぞ れ1例 で あ っ た 。
2)慢
性 細 菌 性 前 立 腺 炎(CBP)お
明,の
よび慢性 非 細 菌
性 前 立 腺 炎(CNP)
した。 この 場 合7日
た は3回,14日
間投 与
目 に評 価 し,
覚 所 見,検
効,3.や
査 所 見 の推 移 を もと
や 有 効,4.無
効,5.不
い ず れ か に 判 定 し た 。 治 癒 判 定 は 投 薬 終 了 後28
癒,2.治
癒せ
い ず れ か と した 。
4.安
目 に 一 度 評 価 し,有 効 と考 え られ
目 まで 投 与 した。14日
覚 症 状,他
効,2.有
日 目 に 自 覚 症 状 な ど に よ り 行 い.1.治
ず,の
本 剤 を1回100mg1日2ま
た もの に つ き14日
に,1.著
全 性 の 評価
自他 覚 的 副 作 用 お よ び 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 の 有 無 に
よ り安 全 性 の 評 価 を 行 っ た 。 副 作 用 は 投 与 期 間 中 お よび
有 効 例 で継 続 投 与 が 適 当 と考 え られ た場 合 は投 与 量 を減
全 観 察期 間 中 の 副 作 用 の 有 無 に つ き判 定 した 。 臨 床検 査
量 し(1回100mgを1日1ま
値 に つ い て は 投 薬 前,お
た は2回)さ
目ま で投 与 した 。 な お,CBPで
投 与 され た もの は5例,56日
ら に28日
は,原 則 どお り28日 間
間投 与 され た もの が3例,
57日 間投 与 され た もの が1例
で,CNPは4例
と も28
日間投 与 され た。
3.薬
各 判 定 日 に,自 覚 症 状(発
前 立 腺 触 診 所 見(腫 張,圧
熱,会 陰 部 痛 な ど)お よ び
痛,熱 感 な ど)の 経 過 を評 価
見 はMeares&Stamey法
に てVB1
採 取 し,VB1,VB3(前
マ ッサ ー ジ 後 初 尿)は 尿 沈 渣,EPSは
立腺
塗抹標 本 強拡 大
検1視 野 の 白血 球 を算 定 し,そ の 推 移 を 検
討 した 。 た だ しABPに
お い て は 急 性 期 の 前 立 腺 マ ッサ
ー ジ は 行 わ ずVB1ま
た は ,VB2(中
間 尿)を 検 討 した 。
細 菌 検 体 採 取 に は,シ ー ドス ワブ2号
統 一 判 定 と し て,急 性 で は ま ず3日
る評 価 を 行 った 後,7,14日
の,CBPとCNPで
目 に,慢 性 で は7,14,28
日 目に,自 覚 症 状,白 血 球 に 対 す る効 果,ま
た細 菌 性 の
準 じた 。 な おCNPは
白血 球 に 対 す る 効 果 を除 い て 効 果
を 客 観 的 に判 定 す る方 法 が な い た め,参
み を判 定 した 。
合臨床効果
判定方法に
考 と して こ れ の
のVB
の 炎症性 サイ ト
与前
℃ に 保 存 し,三 菱 化 学 ビ ー シ ー エ ル に て,TNF-α,Iレ
1β お よ びIL-6はHuman
IL-8はhuman
immonoassay(R&D社),
IL-8ELISA
kit(TFB社)を
用 い て測
定 した 。
II.結
1.臨
は,統
のABPに
対 す るLVFXの
一 判 定 で は,3日
の 改 善 率 で,有
癒 率 は,白
で,治
臨 床 効 果(Tables
1,2)
目 の 症 状 に 対 す る 効 果 で は5/5
効 率 は7日
目6/6,14日
目3/4で,治
血 球 と 症 状 に よ る 判 定 で は28日
準 に 準 じ た 判 定 で28日
目1/2,42
目1/2,42日
あ っ た 。 主 治 医 判 定 で は 有 効 率 は14日
癒 率 は42日
Escherichia
coagulase
目2/3で
coliが6例
negative
べ て 消 失 し,14日
(Table
果
床効果
目3/3で
補)の
の サ イ トカ イ
後 の 推 移 を 検 討 し た 。 サ イ ト カ イ ン の 測 定 は 尿 を-20
日 目3/3,UTI基
菌 に 対 す る効 果,総
はVB3中
しく
与 前 値 と コ ン ト ロ ー ル 群 と の 比 較,投
もの は細 菌 に 対 す る効 果 も判 定 し,そ れ らの組 み 合 わ せ
効 評 価 基 準(第3版,追
はVB1も
TNF-α,IL-1β,IL-6,IL-8の4つ
か ら総 合 臨 床 効 果 を判 定 した 。 自覚 症 状 に対 す る 効 果,
白血 球 に対 す る効 果,細
常
の サ イ トカ イ ン を 測 定 し比 較 し た 。 測 定 した の は
6例
目に症 状 に対 す
行 い,異
て,同 意 を 得 た ボ ラ ン テ ィ ア の 健 常 成 人 男 子20名
を 用 い,VB1,VB
培 養 に は ウ リ カル トEを 使 用 した 。 細 菌 同 定
は三 菱 化 学 ビー シ ー エ ル に て 行 っ た。
は,UTI薬
清 電 解 質 な ど)を
ン を投 薬 開 始 直 前 と終 了 時 に 測 定 した 。 また 対 照 と し
カ イ ン で,投
よ び 前 立 腺 圧 出 液(expressedprostatic
secretion以 下EPS)を
2,VB3の
機 能,血
イ トカ イ ンの 検 討
はVB2中
した 。
(400倍)鏡
5.サ
3中
尿 お よ びEPS所
機 能,腎
化学
変 動 の 有 無 を判 定 した 。
尿 中 サ イ ト カ イ ン に つ い て はABPで
効 と治癒 の 判 定 方 法
(初 尿)お
検 査(肝
よ び 投 薬 終 了 時 に 血 算,生
3)。
中4例
目5/5
あ っ た。投 与 前 検 出 菌 は
を 占 め て い た 。7日
staphylococci(CNS)1株
目 に は こ のCNSも
目に
を除 きす
消 失 し て い た
VOL47
NO.2
Table
前 立 腺 炎 に 対 す るlevonoxacinの
1.Participating
hospitals
and doctors
Table
Department of Urology,Kobe University schoolof medicine
Takashi Matsui,Masaru Lee,Yutaka Sakai,Yuzo Nakano,
Akihiro Higuchi,Sigenori Miyazaki,Isao Hara,
Masato Fujisawa,Kazuo Gohji,Hiroshi Okada,
Soichi Arakawa,Sadao Kamidono
Department of Urology,Shakaihoken Kobe Central Hospital
Noboru Ito,Masashi Shinozaki,Isao Tsuji
Department of Urology,Saiseikai Hyogoken Hospital
Kenji Minayoshi,Kenji Oba
Department of Urology,Hyogo prefectural Kakogawa Hospital
Osamu Matsumoto,Hirokazu Tanaka,Kei Matsushita
Department of Urology,Kansai Rosai Hospital
Nobori Shimatani,Hiroshi Yamazaki,Takaaki Inoue,
Hiroyoshi Shimogaki
Department of Urology,Kobe National Hospital
Keiichi Umezu,Kazushi Tanaka, Makiko Kunimatsu
Department of Urology,Takasago Municipal Hospital
Hitoshi Nagata,Satoshi Maruyama
Department of Urology,Miki Municipal Hospital
Kaneyasu Kondo,Osamu Imanishi,Yuichi Sakamoto
Department of Urology,Shinsuma Hospital
Masuyoshi Harada,Yoko Inaba,Yasushi Nakano
Department of Urology,Kasai Municipal Hospital
Takehiro Izumi,Nobuo Yasui
Department of Urology,Akashi Municipal Hospital
Satoshi Ohbe,Masuo Yamashita,Hideo Soga
Department of Urology,Nishiwaki Municipal Hospital
NobuoKataoka,Takahiro Iwamoto,Koji Hayashi
Department of Urology,Sanda Municipal Hospital
Gaku Kawabata,Yasuyuki Okamoto,Yoshihito Mizuno
Department of Urology,Yodogawa Christian Hospital
Minoru Hazama,Shojin Ka,Masaki Kominami
Department of Urology,Shinko Hospital
Nozomu Yamanaka,Kiyohiko Goto,Yuji Yamada
Table
Table
2.Clinical
efficacy
91
臨 床効 果
for ABP
3.Efficacy
4.Bacteriological
and
cure rate
response
of ABP
in ABP
92
Table
Table
9例
のCBPに
一判 定 で は
6.Efficacy
効 率 は7日
癒 率 は,白
日 目3/6,56日
目4/5,56日
4,5)は,統
目4/9,28日
基 準 に 準 じた 甥 定 で は
あった。主治 医判 定で は有
癒 率 は56日
で,単
目8/9で
あ った 。
数 菌 感 染 が2例,複
数菌
で あ っ た 。Staphylococcus epidermidisと
Entmcoccus
faeealisは
そ れ ぞ れ4株
日 目 の 細 菌 学 的 効 果 を 示 す(Table
efficacy for CBP
Table
血 球 と 症 状 に よ る 判 定 で は42
目4/8で
目3/3で,治
投 与 前 分 離 菌 は24株
感 染 が7例
目3/7,14日
目5/7で,UTI・
効 率 は28日
5.Clinical
and cure rate of CBP
対 す る 臨 床 効 果(Tables
,有
目5/9で,治
42日
FEiB.1999
日 本 化 学 療 法 学 会 雑 誌
が 分 離 さ れ た 。14
6)。 投 与 前 出 現 菌24
株 の う ち,19株
が 消 失 し た 。S.epidermidisは2/4,E.
faecalisは3/4,
NFRは2/3の
消 失 率 で あ っ た。
7.Bacteriological
response
in CBP
VOL.47
NO.2
前 立 腺 炎 に 対 す るlevonoxacinの
Table
Table
CNPに
and cure rate
7,8)。
血 球 に 対 す る 効 果 の み を 判 定 し,有
目2/2,14日
目3/4,28日
目2/2で,治
白 血 球 と 症 状 に よ る 判 定 で は42日
2.安
目2/2で
for CNP
統 一
効 率 は
癒 率 は,
目1/2,56日
で あ っ た 。 主 治 医 判 定 で は 有 効 率 は28日
癒 率 は56日
efficacy
of CNP
対 す る 臨 床 効 果 を 示 す(Tables
判 定 で は,白
7日
9.Efficacy
8.Clinical
93
臨 床効 果
目3/3
目3/3で,治
あ った。
全性
全 例 に お い て 明 らか な 副 作 用 の 発 現 は 認 め ら れ な か っ
た 。 臨 床 検 査 値 異 常 変 動 はCBPの1例
に お い て28日
*
目 に 血 小 板 減 少,BUN上
て28日
目 にGPT上
な もの で,薬
3.サ
昇,Cl上
昇,他
の1例
昇 が 認 め ら れ た が,い
ず れ も軽 微
0.4,IL-1β:mean
-6:mean
ml,SD
SIGNED
cytokines
in
RANK
the
TEST
patients
with
ABP
befbre and after treatment.
め た(Table9)。
各 種 サ イ ト カ イ ン値 は,TNF-a:mean
ml,SD
Fig.1.Uhnary
WILCOXON
剤 投 与 終 了 後 は正 常 値 に復 した 。
イ トカ イ ンの 検討 成 績
コ ン ト ロ ー ル と し た 健 常 ボ ラ ン テ ィ ア20例
VB3中
におい
49.4で
0.71pg/
0.56P9/ml,SD
2 .94P9/ml,SD
2.9,IL-8:
にお け る
mean
お け るLVFX投
与 前 後 で の サ イ トカ イ ン の 推
与 後(7日
目)で は,全 例 が 有 効 と判
0.55,IL
定 され て い るの と平 行 して,測
29.6 P9/
著 明 に低 下 す る 傾 向(TNF一
定 した 全 項 目が 治療 後 に
αの み 有 意 な 変 動)を 示 し
て い た。
あった。
各 種 前 立 腺 炎 に お け る 五VFX投
ABPに
移(Fig.1)は,投
与 前 尿 中 サ イ トカ イ
CBPに
お け るLVFX投
与 前 後 で の サ イ トカ イ ン の 推
ン と コ ン ド ロ ー ル 群 と の 平 均 値 を 比 較 す る と,ABP群
移 を示 す(Fig.2)。
で はTNF一
傾 向 は 認 め られ な か っ た。 た だ し,Ecoliの
α:mean8.44P9/m1,SD10.57,IL-1β:
有 効 例,無
効 例 の い ず れ に も一 定 の
た 症 例2に
SD312,IL-8:mean12,46gP9/ml,SD23,216で,
の 症 例 に 比 べ 前 値 が 高 く,治 療 後 は 著 明 な 低 下 が み ら
測 定 し た 全 項 目 に お い て コ ン ドロ ー1ル群 に 比 し有 意 に 上
れ,臨 床 効 果 と平 行 して お り,炎 症 の 消 長 はサ イ トカ イ
昇 し て い た 。CBPお
ンの 推 移 に 影 響 して い る と思 わ れ た 。
よ びCNPで
は コ ン トロ ー ル 群 に
比 し 明 ら か な 差 は 認 め ら れ な か っ た が,CBP群
1β(mean2.4P9/m1,SD2・63)の
でIL-
み 有 意 な上 昇 を認
CNPに
お い て はIL一1β,IL-6お
分離 され
mean1,048pg/m1,SD1,186,IL-6:mean375pg/ml,
よ びIL-8で,他
お け る サ イ トカ イ ンの 推 移(Fig.3)を
有効
群 と無 効 群 に 分 け た が 一 定 の 傾 向 は 認 め られ な か っ た 。
94
FEB.1999
日 本 化 学 療 法 学 会 雑 誌
Fig.2.Urinary
before
cytokines
and after
in
the
patients
with
CBP
Fig.3.Urinary
treatment.
before
Table
test: WILCOXON SIGNED RANK TEST(vs
III.考
10.Cytokines
in urine
before
cytokines
and after
in
the
patients
with
CNP
treatment.
treatment
control)
察
こ とや,ク
ラ ミジ ア や ウ レア プ ラ ズ マ な どの 一 般 細 菌以
フ ル オ ロキ ノ ロ ン薬 は 強 い抗 菌 力 と幅 広 い抗 菌 ス ペ ク
外 の微 生 物 の 存 在 も否 定 で き ない こ とか ら鋼,抗 菌 化学
トル を有 し,前 立 腺 組 織 や 前 立腺 液 中 へ の 移 行 に優 れ る
療 法 が 行 わ れ る こ とが 多 い。 過 去 に もい くつ か の フ ルオ
こ とか ら,前 立腺 炎 に対 す る抗 菌 化 学 療 法 の 第 一 選択 薬
ロ キ ノ ロ ン薬 に お い てCNPに
と され る こ とが 多 い 。LVFXは
れ て お り4∼8),本剤 に つ い て も そ の 有 用 性 を検 討 す る こ
第 一 製 薬 にて 創 製 され た
経 ロ フ ル オ ロ キ ノ ロ ン薬 で あ り,OFLXを
学 異 性 体 の1(エ
ル)体 で,OFLXよ
構 成す る光
り も約1管
菌 力 を 有 す る と さ れ て い る。 本 剤 は 平 成5年
れ,す
と と し た。 た だ しUTI薬
対 す る臨床効 果が報告さ
効 基 準 で はCNPに
つ い ては
強 い抗
規 定 が な い た め,客 観 性 の あ る指 標 と して 白血 球 の推移
に上 市 さ
の み を 採 用 し,そ の 結 果 は 参 考 と して 呈 示 す る に留 め
で に内 外 で広 く臨 床 に使 用 さ れ て い るが,フ
ルオ
ロ キ ノ ロ ン薬 の うち で も尿 中 や 前 立 腺 組 織 お よ び前 立 腺
た。
投 与 と判 定 の ス ケ ジ ュ ー ル に 関 して は,UTI薬
効基
液 へ の 移 行 に優 れ て お り,尿 路 感 染 症 の み な らず 前 立 腺
準 に規 定 され た薬 効 評 価 だ け で な く,投 与 終 了 数 週 後 の
炎 に対 して も よ い適 応 を も って い る。 本 剤 の 前 立 腺 炎 に
再 燃,再
対 す る 有 用 性 は市 販 前 の 開 発 治 験 段 階 で の 報 告 が あ る
荒 川 ら9)の方 法 に準 じた 。
が2),今 回新 た に 現 時 点 で の 評 価 を行 っ た。CNPに
発 の 有 無 を 含 め 広 く評 価 す る こ と を 目的 と し,
つい
さ らに 近 年,各 種 炎 症 とサ イ トカ イ ンの 研 究 が 種 々行
て は 異 論 の あ る と こ ろ で は あ る が.細 菌 感 染 巣 が 存 在 し
わ れ て い る が,前 立 腺 炎 に お け る 報 告 は 少 な い こ とか
て い て もそ れ が 前 立 腺 の辺 縁 に あ っ た り,腺 管 が 閉塞 し
ら,本 症 に お け るサ イ トカ イ ンの 尿 中 濃 度 を測 定 し,そ
て い る場 合 に はEPSに
の 推 移 を 観 察 して 薬 剤 治療 効 果 と の 関係 を検 討 した 。
反 映 され な い こ と も 考 え られ る
VOL47
NO.2
前 立 腺 炎 に 対 す るlevofloxacinの
臨 床 成 績 は,ABPに
つ い て は3日
例す べ て に 症 状 の 消 失 を 認 め,7日
目での効 果判 定 症
目で も判 定 症 例 全 例
95
臨床 効 果
で あ る こ と を示 唆 す る成 績 と思 わ れ た 。 膀 胱 炎 や 腎 孟 腎
炎 で の 尿 中IL-8が
上 昇 は 尿 中 の 白血 球 に 由 来 し,そ の
が著 効 また は有 効 以 上 と満 足 す べ き成 績 で あ っ た 。ABP
数 に 相 関す る と考 え られ て い るの に対 し,本 症 で はEPS
で は前 立腺 上 皮 と問 質 との 間 の バ リ アが 破 壊 され て薬 剤
やVB3に
白 血 球 が 認 め ら れ る に も か か わ らず,IL-8
が前 立 腺 組 織 へ 移 行 しや す くな り,組 織 内 濃度 が 通 常 よ
に 有 意 な上 昇 が 見 られ ず,こ
り高 くな る と理 解 され て い るが,今
拠 と な るEPS中
回 の 成 績 で もそ れ を
あ っ た が,本
は症状 の 再 燃 は な く,分 離 菌 がStreptococcus
で起 炎 菌 のE.coliと
た して そ れ の み
目に
で前 立 腺 の 炎 症 の 指 標 と して よい の か とい う疑 問 に つ な
例で
が る。
裏付 け る よ う に 高 い 除 菌 率 が 得 られ て い た 。24日
菌 陽 性 で 再 燃 が 疑 わ れ た 症 例 が1例
の こ と は前 立 腺 炎 の 診 断 根
の 白血 球 の存 在 が,は
agalactiae
は 異 な っ て お り,し か も42日
目
な お,サ
イ トカ イ ン はEPS中
の濃 度 を測定 す るの が
もっ と も妥 当 と思 わ れ る が.検 体 量 が 少 な い た めVB3
で は消 失 し て い た こ とか ら 常 在 菌 のcontaminationと
で 代 用 した 。 今 回 は 治 療 前 と 治 療 後 の2ポ
考 え られ た 。
定 し た が,ABPが
CBPで
は統 一 薬 効 判 定 の 有 効 率 が14日
目5/9で あ り,CBPに
目4/9,28日
に対 し,CPで
関 す る近 年 の フ ル オ ロ キ ノ ロ ン
薬 の 臨 床 成 績(UTI基
準 に よ る 有 効 率:76.5%∼100
CNSが
治 療 を 反 映 す る 結 果 を示 して い る の
は 治 療 効 果 に 必 ず し も平 行 しな い 成 績 で
あ っ た 。 ク レア チ ニ ン補 正 の 要 否 な どの 問 題 点 もあ り,
今 後 さ ら に検 討 す る必 要 が あ る と思 わ れ る 。
%)4∼7・9∼12)と
比 べ る と必 ず し も 高 い 成 績 と は い え な か っ
た。 今 回 の 対 象 で はS.epidemidisを
イ ン トで 測
以 上,急
性 お よ び 慢 性 前 立 腺 炎 に対 す るLVFXの
用 性 を 検 討 す る と と も に,そ れ らの 治 療 過 程 にお け る サ
分 離 さ れ た 例 が 多 く,い わ ゆ る 前 立 腺 組 織 中 の
イ トカ イ ンの 推 移 に つ き検 討 した 成 績 を報 告 し,考 察 を
細 菌 バ イオ フ ィル ム の 存 在 が 想 定 さ れ,そ の 結 果 と して
加 えた。
除菌 効 果 に影 響 した 可 能 性 も示 唆 さ れ る13)。しか し主 治
医 に よ る治 癒 判 定 で は8/9と
高 い 評 価 を得 て い た こ と
よ り臨 床 的 に は 満 足 で き る 効 果 が あ っ た も の と 思 わ れ
文
1)
UTI研
3版)追
2)
た。
献
究 会(代 表: 大 越 正 秋) UTI薬
補 。Chemotherapy
は統 一 判 定,主
治 医 判 定 と も有 効 例 が 多 く,
3)
胞 や 感 染 局所
4)
熊 本 悦 明, 塚 本 泰 司, 酒 井
5)
慢 性 前 立 腺 炎 に 対 す る 治 療 効 果 。 泌 尿 紀 要33: 471
∼478
, 1987
谷 村 正 信, 片 岡 真 一, 藤 田 幸 利, 他: 慢 性 前 立 腺 炎
6)
に対 す るEnoxacinの
臨 床 的 検 討 。西 日泌 尿51: 2065
∼2070
, 1988
松 本 哲 朗, 田 中 正 利, 熊 澤 浮 一, 他: Cipronoxacin
細胞 か ら分 泌 され る と され て お り,サ イ トカ イ ン ネ ッ ト
ワー ク を介 して 互 い に 関 与 しつ つ,マ
ク ロ フ ァー ジ を 中
心 と した生 体 の 感 染 防 御 に お い て 重 要 な 役 割 を担 っ て い
る。 尿 路 感 染 症 で は尿 中 のIL-6,IL-8が
(BAYO
有 意 に上 昇 す
る こ とが 知 られ て お り14∼18),病態 と の 関 連,治
癒,再
ず し も前 立 腺 の 炎 症 の み を
反 映 して い る とは い え ず,わ
れ わ れ は前 立 腺 炎 の 指 標 と
して は,よ
り直接 的 と考 え られ るVB3中
ン を 測 定 した 。ABPに
つ い て はVB3の
急 性 お よ び 慢 性 前 立 腺 炎, 急 性 副
673∼690,
1987
7)
池 内 隆 夫, 河 村 信 夫, 鈴 木 敬 三, 他: 慢 性 細 菌 性 前
立 腺 炎 に 対 す るTosufloxacinの
者 の 精 液 中 の サ イ トカ イ ン を測 定 し,有 意 な上 昇 を認 め
た とす る 報 告8)もあ る が,必
9867)の
茂, 他:Norfloxacinの
睾 丸 炎 に 対 す る 臨 床 効 果 。 西 日 泌 尿49:
燃
の予 測 因 子 と して の 研 究 が 進 め られ て い る。 前 立 腺 炎 患
財 団法 人 前
立 腺 研 究 財 団 編: 前 立 腺 炎 診 療 マ ニ ェ ア ル, pp.111
∼112 , 金 原 出 版, 東 京, 1990
症性 サ イ トカ イ ンの 前 立 腺 マ ッサ ー ジ後 の 尿 中 濃 度 を検
討 した。 こ れ らサ イ トカ イ ン は 主 にT細
8)
討 。 泌 尿 紀 要39:
安 本 亮 二, 河 野
673∼378,
学, 辻 野
基 礎 的 ・臨 床 的 検
1993
孝, 他: 慢 性 非 細 菌 性
前 立 腺 炎 症 例 に お け る 精 液 中 サ イ トカ イ ン(IL-1β,
の サ イ トカ イ
IL-6,TNF-a)と
そ れ は測 定 し
動 に つ い て 。 泌 尿 紀 要41:
9)
ス パ ル フ ロ キ サ シ ン治 療 で の 変
771∼774,
1995
荒 川 創 一, 守 殿 貞 夫, 熊 澤 浮 一, 他, 細 菌 性 前 立 腺
え な か っ た も の の,VB1やVB2中
の こ れ ら サ イ トカ
炎 に 対 す る 薬 効 評 価 法 の 再 検 討-Temanoxacinの
イ ンが 一 様 に 上 昇 し,健 常 者VB3に
比 し有 意 に 高 か っ
床 試 験 成 績 を 用 い た 解 析-.泌
10)
お い て はIL-1β
以 外 は 前 立 腺 炎 患 者 と正
の 間 に 有 意 な 差 が な く,前 立 腺 の 炎 症 は軽 微
臨
455∼
西 谷 嘉 夫, 公 文 裕 巳, 大 森 弘 之, 他: 細 菌 性 前 立 腺
炎 に 対 す るFleroxacinの
ラ メ ー ター と して 位 置 づ け られ る もの と考 え られ た 。 し
か し,CBPに
尿 紀 要40:
466, 1994
た 。 また 治 療 に よ る症 状 や 所 見 の 消 失 と と も に速 や か に
低 下 して お り,こ れ らサ イ トカ イ ンが 炎 症 を反 映 す るパ
737∼
大 森 弘 之: III治 療 一 わ が 国 に お け る 前 立 腺 治 療 の 現
状一 。 前立 腺 シ ンポ ジ ウム組 織 委 員 会
今 回,前 立 腺 炎 に お け る サ イ トカ イ ンの 意 義 を 検 討 す
の炎
臨 床 的 検 討 一 主 と して
743, 1992
は評価 方 法 が 一 定 して い な い た め 比 較 し え な か っ た 。
る た め に,TNF-a,IL-1β,IL-6,IL.8の4種
1991
鈴 木 恵 三, 堀 場 優 樹: 尿 路 ・性 器 感 染 症 に 対 す る
慢 性 前 立 腺 炎 に 対 す る 有 用 性 一 。泌 尿 紀 要38:
本 剤 に よる 何 らか の 効 果 が 認 め られ た が,本 症 に お け る
フ ル オ ロ キ ノ ロ ン薬 の こ れ ま で の 臨 床 成 績 の 報 告4∼7)と
効 評 価 基 準(第
39: 894∼932,
Levonoxacin(DR-3355)の
CNPで
常VB3中
有
は じめ とす る
泌 尿53:
11)
579∼593,
基 礎 的 ・臨 床 的 検 討 。 西 日
1991
古 賀 寛 史, 阪 本 泰 樹, 魚 住 二 郎, 他: 慢 性 前 立 腺 炎 ・
前立 腺 炎様 症 候群 に 対す るオ フ ロキサ シ ンの 臨床 的
日 本 化 学 療 法 学 会 雑 誌
96
検 討 。 西 日泌 尿55:
12)
1311∼1315,
鈴 木 恵 三, 堀 場 優 樹,
炎 に 対 す るSpafloxacinの
121∼128, 1992
13)
松井
1307-1314,
1993
Hedges S, Anderson P, Lindin-Janson
G, et al.:
Interleukin-6
response to deliberate
colonization
of the human urinary tract infectionswitu
Gramnegative bacteria.
Infect immun
59: 421-427,
1991
1993
16)
名 出 頼 男, 他: 細 菌 性 前 立 腺
臨 床 的 検 討 。 泌 尿 紀 要38:
隆, 荒 川 創 一, 守 殿 貞 夫: 慢 性 前 立 腺 炎 に 関
す る基 礎的 お よ び臨床 的研 究一 難治 性 因子 と細 菌 バ
イ オ フ イ ル ム ー 。 西 日泌 尿59:
14)
15)
173∼180,
1997
17)
Nicolle L E, Brunka J, Orr P, et al.: Urinary immunoreactive interleukn-1 alpha and interleukin-6
in bacteriuric institutionalized
elderly subjects. J.
Urol. 149: 1049-1053,
1993
Ko Y C, Jukaide N, Ishiyama S, et al.: Evaluated
Interleukin-8
and levels in the urine of patients
with urinary tract infections.
Infect immun 61:
Clinical
study
on levofloxacin
prostatic
secretion
Hedges S, Stenqvist K, Lindin-Janson
G, et al.:
Comlparison or urine and serum concentrations
of
interleukin-6
in woman with acute pyelonephritis
and asymptomatic
bacteriuria.
J Infwcte Dis 57:
653-656,
1992
Dvidoff R, Yamaguti R, Leach G, et al.: Multiple
urinary cytokine level of bacterial cystitis. J. Urol.
157: 1980-1985,
1997
18)
for prostatitis
FEB.1999
and
of prostatitis
cytokines
in urine
or expressed
patients
Takashi Matsui,Masaru
Lee,Yutaka
Sakai,Yoji Yonemoto,
Yuzo Nakano,Akihiro
Higuchi, Sigenori Miyazaki,Kazuo
Gohji,
Hiroshi
Department
of Urology,Kobe
Okada,Soichi
University
School
Arakawa
of Medicine,7-5-2
and
Sadao
Kamidono
Kusunokicho
Chuou–ku
Kobe city,Japan
The clinical efficacy and safety of levofloxacin(LVFX)were
evaluated in 19 patients with acute bacterial,
chronic bacteirial or chronic non-bacterial prostatitis
(ABP,CBP,CNP).We
measured urinary cytokines
(tumor necrosis factor,TNF-a,interleukin
1/3,IL-1/3,interleukin
6 IL-6,interleukin
8,IL-8)before
and after the treatment.LVFX
was given to ABP patients at dose of 200-300 mg per day for 14 days and to
CBP and CNP at a dose of 100-300 mg per day for 28 days.Efficacy rate for ABP was 6/6 on 7 days by UTI
criteria.While that of CBP was 4/9 on 14 day.WBC improved rate of CNP was 3/4 on 14 day.The levels of
all cytokines of ABP group and that of IL-1 /3in CBP group higher than those of control.The levels of TNFa of ABP after treatment decreased compare with those before treatment significantly.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
1 594 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content