close

Enter

Log in using OpenID

AIO KRK 0207試験:切除不能進行・再発大腸癌患者の一次治療として

embedDownload
#3503
Oral Abstract
Session
2014年 米国臨床腫瘍学会 NEWS FLASH
May 30-June 3, 2014, Chicago, Illinois
AIO KRK 0207試験:切除不能進行・再発大腸癌患者の一次治療としてフッ化ピリミジン系
薬剤+オキサリプラチン+ベバシズマブ導入療法施行後の維持療法におけるフッ化ピリミジン系
薬剤+ベバシズマブ療法、ベバシズマブ単剤療法あるいは無治療を比較した第Ⅲ相非劣性試験
Maintenance strategy with fluoropyrimidines (FP) plus bevacizumab (Bev), Bev alone, or no treatment, following a standard combination of FP, oxaliplatin (Ox), and Bev as firstline treatment for patients with metastatic colorectal cancer (mCRC) : A non-inferiority phase Ⅲtrial : AIO KRK 0207
Klinik für Tumorbiologie, Freiburg, Germany Dirk
Arnold, et al.
切除不能進行・再発大腸癌に対するオキサリプラチン(L-OHP)を含む化学療法+ベバシズマブ(BEV)療法施行後の、維持療
法におけるフッ化ピリミジン系薬剤単剤(FP)+ BEV 療法に対する BEV 単独療法あるいは無治療の非劣性について検証した
結果が報告された。
主要評価項目である TFS は、FP + BEV 療法群に対する BEV 単独療法群の非劣性は認められたが、FP + BEV 療法群に対
する無治療群の非劣性は認められなかった。PFS1 は、FP + BEV 療法群で 6.2 カ月、BEV 単独療法群で 4.8 カ月、無治
療群で 3.6 カ月であった。PFS1 の結果から、維持療法においてはコントロールアームである FP+BEV 療法が標準治療で
あることが示唆された。
Treatment algorithms
FP*+
BEV+
Oxaliplatin
FP* + BEV
R
BEV
with CR/PR/
SD
no treatment
Stratification
・Adjuvant tx
・CR/PR vs SD
・ECOG PS
・CEA at baseline
Re-Induction
any FP*
+/- BEV
+/- Ox
2nd progression
Maintenance:
non-PD
1st progression
Induction: 24 wks
PFS1
TFS
切除不能進行・再発大腸癌患者に対して導入療法としてFOLFOX/CapeOX
+BEV を24 週 間 投 与し、PDとならな かった 患 者 をFP+BEV 療 法 群、
BEV 単独療法群、あるいは無治療群へランダムに割り付けた。
主要評価項目は time to failure of strategy(TFS;ランダム化から維持療
法および再導入療法後のPDまでの期間)
、副次的評価項目は無増悪生存期間
(PFS1;ランダム化から初回PDまでの期間)
、
全生存期間
(OS)
、
毒性等とした。
再導入を施行せず二次療法もしくは治療非施行例ではPFS1を TFSとした。
片側α=0.00125、検出力 80%、非劣性マージン上限をHR=1.43として
サンプルサイズを算出したところ、必要イベント数は各群148 イベントで
あった。
AIO sponsored phase Ⅲ trial
106 sites in Germany
(55 hospital, 51 private practices)
837 eligible
8 major protocol
violations
829 started induction
n = 353(42%)
not
randomized
476 randomized
3 major protocol
violations
156
BEVmono
BEV
n = 156
no treatment
n = 158
84
79
82
86
Capecitabine
16
21
18
14
CR/PR
44
60
60
59
SD
28
40
40
41
PD
16
-
-
-
NE/ND
11
-
-
-
16/84
16/84
16/84
16/84
Age (median, range); yrs.
64 (25-82)
65 (32-82)
66 (32-82)
Gender (female/male); %
33/67
32/68
37/63
64/32/3
63/34/3
59/38/3
Site (colon/rectum); %
65/35
61/39
63/37
No. of metastatic sites (1/>1); %
47/52
45/55
39/61
LDH (normal/abnormal/nr * ); %
46/44/10
38/51/11
35/57/8
Discont. of Ox yes / no
at induction (%)
ECOG PS (0/1/2); %
Primary tumor resected; %
75
77
70
Previous (neo) adjuvant chemo;
%
12
12
10
M1 at diagnosis
79
79
79
4
8
9
unknown; %
* not reported
患者背景は、3 群において概ね差は認められなかった。
TFS: All arms
100
n
80
Median
Events (months)
115
6.8
FP/BEV
141
BEV
153
129
6.5
No treatment
153
138
6.1
All patients from randomization
60
6.5
log-rank test p=0.099
40
20
0
473 randomized and eligible
159
FP/BEV
Randomized pts
FP/BEV
n = 159
FU/FA
Induction FP
backbone (%)
Figure3
Study conduct
852 assessed for eligibility
All pts
n = 852
Best response
(%)
*FP = any fluoropyrimidine in a standard protocol (e.g. mFOLFOX6, FOLFOX4,
Cape/Ox, LV5FU2, Cape 2x1000)
BEV used in standard doses (5 mg/kg q 2 wks or 7.5 mg/kg q 3wks arm A; 7.5 mg/
kg 3q 3 wks arm B)
Figure2
Baseline characteristics
Table1
Rate without event (%)
Figure1
0
2
4
6
8 10 12 14 16 18 20 22 24 26 28 30 32 34 36 38
Time (months)
158
no
treatment
BEV vs FP/BEV
HR=0.98; 95%CI: 0.76-1.26、 log-rank test p=0.85
no treatment vs FP/BEV HR=1.22, 95%CI: 0.96-1.57、 log-rank test p=0.11
852 例を登録し、うち 476 例をFP+BEV 療法群(159 例)
、BEV 単独療
法群(156 例)あるいは無治療群(158 例)へランダムに割り付けた。
主要評価項目であるTFSは、FP+BEV 療法群で6.8カ月、BEV 単独療法群
で6.5カ月、無治療群では6.1カ月であった(p=0.099)
。
本報告には、日本では未承認・適応外の薬剤および用法・用量が含まれておりますのでご注意ください。
記載されている薬剤の使用にあたっては、各薬剤の添付文書を参照してください。
#3503
Oral Abstract
Session
2014年 米国臨床腫瘍学会 NEWS FLASH
May 30-June 3, 2014, Chicago, Illinois
AIO KRK 0207 試験:切除不能進行・再発大腸癌患者の一次治療としてフッ化ピリミジン系薬剤+オキサリプラチン+ベバシズマブ
導入療法施行後の維持療法におけるフッ化ピリミジン系薬剤+ベバシズマブ療法、ベバシズマブ単剤療法あるいは無治療を比較した
第Ⅲ相非劣性試験
PFS1 from start of maintenance
Figure4
Rate without event (%)
100
80
n
Events
Median
(months)
FP/BEV
141
116
6.2
BEV
153
135
4.8
No treatment
153
145
3.6
All patients from randomization
Months
Median TFS
Median PFS1
6
4.6
4
log-rank test p<0.001
60
Re-induction rates and PFS1/TFS
Figure5
2
40
20
0
0
2
4
6
8 10 12 14 16 18 20 22 24 26 28 30 32 34 36 38
Time (months)
BEV vs FP/BEV
HR=1.21; 95%CI: 0.95-1.58、 log-rank test p=0.13
no treatment vs FP/BEV HR=2.08, 95%CI: 1.80-2.66、 log-rank test p<0.001
no treatment vs BEV
HR=1.57, 95%CI: 1.24-1.98、 log-rank test p<0.001
PFS1中央値は、FP+BEV 療法群で 6.2 カ月、BEV 単独療法群で 4.8 カ月、
無治療群では 3.6 カ月であった。FP+BEV 療法群はBEV 単独療法群と比
較して良好な成績であり(HR=1.21、95%CI:0.95-1.56、p=0.13)
、無
治療群と比較して有意な差が認められた(HR=2.06、95% CI:1.60-2.66、
p <0.001)
。
100
FP/BEV
n = 146
BEV
n = 147
no treatment
n = 155
Progressive disease
58%
79%
86%
Unacceptable
toxicity
8%
5%
1%
Investigator's
decision
7%
n
Events
Median
(months)
FP/BEV
157
70
23.8
BEV
156
67
26.2
No treatment
156
66
23.1
All patients from randomization
80
23.7
log-rank test p=0.70
60
40
20
0
20%
FP/BEV
OS from start of maintenance
Figure6
End of maintenance: Main reasons
Patient demand
BEV
維持療法後の再導入率は、FP+BEV 療法群で 21%、BEV 単独療法群で
43%、無治療群では 45%であった。
Rate without event (%)
Table2
No treatment
Re-induction
No re-induction
21%
43%
45%
0
5
10
15
7%
20
25
30
35
40
45
Time (months)
n=473
Interim analysis: 203 events
5%
4%
4%
維持療法開始以降の OS 中央値は、FP+BEV 療法群で 23.8 カ月、BEV 単
独療法群で 26.2 カ月、無治療群では 23.1カ月であった(p=0.70)
。
維持療法の主な中止の理由はPD であり、許容できない有害事象はFP+
BEV 療法群で 8%、BEV 単独療法群で 5%、無治療群では1%であった。
末梢神経障害はいずれの群においても概ね Grade1∼ 2 であり、その他の
Grade3 の毒性はいずれも5%未満であった。
本報告には、日本では未承認・適応外の薬剤および用法・用量が含まれておりますのでご注意ください。
記載されている薬剤の使用にあたっては、各薬剤の添付文書を参照してください。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
479 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content