close

Enter

Log in using OpenID

B2B2X時代に向けた柔軟なネットワークサービス提供

embedDownload
サービスファンクションチェイニング技術を活用した柔軟なサービス提供技術
サービス共創
ネットワーク
Flexible Service Offering Method Using Service Function Chaining Technology
柔軟な制御・連携強化
ああああああ
B2B2X時代に向けた柔軟なネットワークサービス提供
N-14
Flexible Network Service Offering for B2B2X Era
将来ネットワークにおいては、ネットワーク機能を仮想化(NFV/SDN)し、それらを安全かつ自在に利用できるようにすることで、エンドユー
ザの要望に応じて快適なネットワークサービスを提供し、B2B2Xビジネスの拡大をめざします。光コラボレーションにおいても、柔軟かつ拡
張性の高いネットワーク機能の提供により、サービス事業者による幅広いサービスの創出を支えます。
医療
環境
交通
特
流通
製造
エンドユーザへ幅広いサービスを提供
スポーツ/
エンターテイメント
観光
サービス事業者A
(通信キャリア)
Cache
サービス事業者B
(センサ事業者)
サービス事業者C
(コンテンツ事業者)
SIP FW
M2M-PF
ピア間
通信
CPE DPI
共用M2Mエリアネットワーク[N-11]
ピア間通信プラットフォーム[N-12]
コントローラ
SW/R
SW/R
■ サービス事業者は、将来ネットワークの多様なネットワーク機能
を部品のように利用してネットワークサービスを柔軟に構築し、
エンドユーザに提供可能
■ サービスファンクションチェイニング技術により、サービス契約と
連動してネットワークを自動的に制御することで、エンドユーザ
は、希望するサービスを迅速に利用可能
■ コントローラからの論理スライス管理や機能配備の自動制御に
より、サービス事業者は、専門的な知識がなくても簡単に運用
可能
利用シーン
■ サービス事業者は、各事業内容(センサ事業、コンテンツ事業
等)に適したネットワークをエンドユーザに提供
論理スライス
物理NW
徴
分散DC
集中DC
SW/R
SW/R
SW/R
SW/R
■ エンドユーザは、ポータルサイトを経由してコンテンツ配信や
ゲームサービス、ファイヤウォール等を自由に選択して利用
バリューパートナーと拓く未来
仮想リソース割当最適化[N-13]
多様なネットワーク機能を仮想化し、快適なネットワークサービ
スを提供することで、B2B2Xビジネスの拡大をめざしています。
[email protected]
Copyright © 2015 NTT. All Rights Reserved.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
1 519 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content