close

Enter

Log in using OpenID

CN NEWS

embedDownload
CN NEWS
今回はがん化学療法分野が担当します。
テーマは現在幅広いがん腫で使用されているパク
リタキセルについてポイントを復習してみます。
パクリタキセル(PTX):微小管阻害薬:タキサン系
商品名:タキソール.パクリタキセル注「NK」
適応:卵巣がん・子宮体がん・進行または再発の子宮頸
がん・乳がん・非小細胞肺がん・胃がん・再発または遠
隔転移を有する頭頸部がん・再発または遠隔転移を有
する食道がん再発または難治性の胚細胞腫瘍
作用機序:チュブリンに結合し、脱重合を阻害して安定
化→細胞周期をG2/M期で停止
PTXの成り立ち
パクリタキセルは太平洋イチイという植物の樹皮
抽出液中に強力な抗腫瘍性物質が含まれている
ことがわかりました。細胞内の微小管に作用し、
抗腫瘍効果を発揮します。
PTXは白色~微黄白色の粉末ですが水にほとん
ど溶解しないためバイアル中でポリオキシエチレ
ンヒマシ油(クレモホールEL)とエタノールを含ん
だ溶媒に溶解された液薬として提供されます。
Q.パクリタキセル投与時、事前にH1ブロッカー、H
2ブロッカー、ステロイドを投与するのはなぜでしょ
う?
A.パクリタキセルの特徴的な有害事象に、初回投与
開始10分以内に起こる呼吸困難、血圧低下、血管性
浮腫といった過敏反応があります。クレモホールELが
原因とされいます。これらの過敏反応を予防するため
H1ブロッカー、H2ブロッカー、ステロイドが前投薬と
して投与されます。パクリタキセル投与30分前にこれ
らを投与するのは血中の薬物濃度が上昇し、抗ヒスタ
ミン作用が期待できるまで30分ほどかかるからで
す。
当院のレジメンでは必ずPTXの前投薬にはクロールト
リメトン(H1ブロッカー)、ザンタック(H2ブロッカー)、
ステロイド(デカドロン)が組み込まれています。
その他の注意点
PTXはアルコールで溶解されています。PTXを260
mg投与した場合の無水エタノールは20mlとなりこ
れは400mlのビールに相当します。また前投薬とし
て使用されるクロールトリメトンなどのH1受容体拮
抗薬は副作用として眠気が出現するものが多い為、
入院中はともかく通院患者さんには自分で車を運転
しないよう事前の説明が必要となります。
顔面紅潮や動悸などの症状が出現した場合はアル
コールによる症状なのか、アレルギー反応/過敏症
との判別をよく観察する必要があります。PTXはビ
シカント(壊死性)なので血管外漏出にも注意が必
要です。
Q.PTXではフィルター付きのラインを使用す
るように指示されています。なぜでしょう?
A.PTXの結晶が析出する可能性があるので
0.22μ以下のメンブランフィルターを用いたイ
ンラインフィルターを通して投与しなければなり
ません。
当院には化学療法委員会で作成した急性症状に
対するマニュアルがあります。
アレルギー過敏症対処マニュアル、血管外漏出マ
ニュアルを使用し対処していきましょう。
担当:蒲原
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
316 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content