close

Enter

Log in using OpenID

2015 タッチパネルと構成部材市場の将来展望 2015

embedDownload
―最新マーケティング資料の御案内―
FAX申込書
2015 タッチパネルと構成部材市場の将来展望
2015 タッチパネルと構成部材市場の将来展望
《 申込方法 》当 FAX 申込書に必要事項をご記入の上、弊社制作担当まで直接お申し込み下さい
発刊予定:2015 年 3 月予定
書籍版: 140,000(消費税別)
PDF/データ版:150,000(消費税別)
書籍版・ PDF/データ版セット:160,000(消費税別)
〒103-0016
東京都中央区日本橋小網町 19-5
Marketing &Consultation
富士経済
∼業 界 構 造 が変 化 するタッチパネル最 新 市 場 を分 析 ∼
<調査の概要>
スマートフォン市場では Xiaomi 社を代表とした中国スマートフォンメーカーの成長が著しく、
TEL.
03-3664-5821
それに伴いタッチパネル市場でも中国メーカーが急速にシェアを伸ばしている。中国メーカーが伸
東京マーケティング本部
FAX.
03-3661-9514
張することで大手メーカーは既存用途におけるシェアを低下させており、用途開拓の動きが活発化
ケミカル&マテリアル G
E-mail:[email protected]
株式会社
( ※ 下記
している。また、タブレット端末市場の成長率鈍化やノートパソコンへのタッチパネル搭載率の低
迷によって、タッチパネルメーカーは事業戦略の再構築が迫られている。
一方で、タッチパネルの新しい方式の開発や車載ディスプレイといった今後市場拡大が見込まれ
四角枠内をチェックして下さい。)
る用途への注目度が高まっており、それに伴う構成部材への要求、新用途への適用は年々複雑化し
PDF/データ版を購入
書籍版を購入
書籍版と PDF/データ版のセットを購入
ており、最新のニーズを洗い出した市場動向の情報が求められている。
そこで本調査レポートではアプリケーション、タッチパネル、部材、メーカー事例に大別し、現
状の需要動向及び今後の方向性を分析することで、タッチパネル業界に携わる方々の事業戦略立案
貴
社
名
御
住
所 〒
T
E
に資することを調査目的とする。
<調査ポイント>
L
部
F
署
A
◆ 構造別、方式別タッチパネルの今後の方向性を明確化
X
◆ 有望構成部材の最新市場と要求特性、コスト等を分析
名
◆ アプリケーション、タッチパネル、主要構成部材の関連性、将来性を分析
御
役
職
御
( フ リ カ ゙ ナ )
芳
e
-
m
a
名
名
i
御 支 払 い 予 定 日
通
信
◆
l
月
日(御支払規定:
月
日締、
月
日支払)
◆
資料の発刊要領と申込み方法
発刊要領
● 資 料 体 裁:A-4 判
欄
◆
約 400 頁
● 発 刊 日:2015 年 3 月(予定)
個
人
情
報
の
取
扱
い
ご記入いただきます個人情報は、弊社からの御連絡、レポートの発送、請求書発行にのみ利用させて頂きま
す。法令が定める場合を除き、第三者へ個人情報を開示または取扱いを委託することはございません。ご記入
頂いた個人情報については、ご本人に限り開示等の請求を行うことが出来ます。
「個人情報のお取り扱いについて」
(https://www.fuji-keizai.co.jp/privacy/policy1.html)ご同意いただける
場合のみ個人情報をご記入下さい。
(株)富士経済 個人情報問い合わせ窓口 TEL03-3664-5821 個人情報保
場展望
■2004 年 6 月
■A4 版:321 頁
■105,000 円
護管理者
● 価
格: 書籍版 140,000 円(税別)
PDF/データ版:150,000 円(税別)
書籍版・PDF/データ版:160,000 円(税別)
● 申 込 方 法:電話又は裏面の FAX 申込用紙
に必要事項をご記入の上、弊社
制作担当までお申込み下さい。
※ 限定部数のため、お早めにお申込み下さい。
◆
◆
◆
お問合せ先
〒103-0016
東京都中央区日本橋小網町 19-5
㈱ 富士経済 東京マーケティング本部
ケミカル&マテリアル G
TEL. 03-3664-5821
FAX. 03-3661-9514
E-mail:[email protected]
URL:http://www.fuji-keizai.co.jp
2015 タッチパネルと構成部材市場の将来展望
調査対象品目・企業
※調査進捗によって調査品目は変更する可能性があります。
∼業界構造が変化するタッチパネル最新市場を分析∼
調 査 内 容
Ⅰ.タッチパネル編
各市場の最新動向及び将来予測を分析
市場編
Ⅰ.タッチパネル市場編
1.製品概要
7.地域別需要動向
2.主要参入企業及び製品グレード
8.価格動向(グレード別又は種類別)
1.フィルム型静電容量式タッチパネル
2.カバーガラス一体型静電容量式タッチパネル
3.市場規模推移(2013 年実績∼2020 年予測) 9.課題点と新規開発動向
3.インセル型静電容量式タッチパネル
4.オンセル型静電容量式タッチパネル
4.メーカーシェア動向(2014 年実績)
10.当該製品の業界構造
5.静電容量式タッチスイッチ
6.ぺん入力型タッチパネル
5.用途別需要構成(2014 年実績)
11.中長期的展望/ロードマップ
6.タイプ別需要構成
Ⅱ.部材編
各調査対象品目の特徴・市場動向を把握
Ⅱ.部材市場編
1.ITO フィルム(静電容量式用)
4.Ag ナノワイヤフィルム
7.カバーガラス(加工品・材料)
10.回路配線材(ターゲット材)
13.ドライフィルムレジスト
16.高・低屈折率コーティング剤
19.メッシュ用パターニング材
※
下線部は新規品目
※
2.Ag メッシュフィルム
3. Cu メッシュフィルム
5.CNT フィルム
6.IM フィルム/HC フィルム
8.カバーシート(加工品・材料)
9.回路配線材(ペースト)
11.OCA(静電容量式用)
12.OCR
14.耐熱保護フィルム(製造工程用)15.ハードコーティング剤
17.表面防汚コーティング剤
18.コントローラ IC
20.ターゲット材(透明導電性フィルム用)
1.製品概要
6.地域別需要動向
2.主要参入企業及び製品グレード
7.価格動向(グレード別又は種類別)
3.市場規模推移(2012 年実績∼2020 年予測) 8.課題点と新規開発動向
4.メーカーシェア動向(2014 年実績)
9.当該製品の業界構造
5.用途別需要構成(2014 年実績)
10.中長期的展望/ロードマップ
二重線部は品目統合/品目細分化
Ⅲ.メーカー事例編
各調査対象企業の特徴・販売動向・生産体制を把握
メーカー事例編
※調査進捗によって対象企業の変更有
Ⅲ.タッチパネルメーカー事例編
韓国
LG Innotek、ELK、Iljin Display、SMAC
台湾
Young Fast、J-Touch、Innolux、TPK、AUO、GIS、CPT
日本
日本写真印刷、アルプス電気、グンゼ、パナソニック、ジャパンディスプレイ、凸版印刷、大日本
印刷、富士フイルム、住友化学、日本航空電子工業
中国
O-film、Success Electronics、Tianma Microelectronics、Top Touch Electronics
Laibao High-Technology 、Goworld Display 、Eachopto-electronics 、BielCrystal Manufactory
Truly Opto-Electronics 、EELY-ECW
業界関係者必見!! 2015 年 3 月発刊予定 好評ご予約受付中!!
正規製本版の印刷部数には限りがあるため、予めご予約を推奨しています
1.企業/製品概要
4.部材調達動向/サプライチェーン
2.販売/価格動向(2014 年実績)
5.今後の事業戦略
3.生産体制
総括編
★
★
★
★
★
★
アプリケーション(スマートフォン、タブレット端末等)の最新市場動向を分析
曲面タッチパネルの開発、最新市場動向を分析
中国タッチパネル市場を分析
ガラス型(アウトセル型:GG)静電容量式タッチパネル/抵抗膜式タッチパネルの最新市場動向を調査
タッチパネル及び主要構成部材の競合動向を分析
ダイレクトボンディングの比率を分析
お問い合わせはこちら
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
42 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content