close

Enter

Log in using OpenID

426-437

embedDownload
426
慢 性 前 立 腺 炎 に お け るChlamydia
trachomatisの
― 前 立 腺 分 泌 液 中 抗Chlamydia
Westernblotting法
関 与 の研 究
trachomatis
IgAの
に よ る 反 応 バ ン ドの 分 析 ―
札幌医科大学医学部泌尿器科
小六
幹夫
熊本
悦明
広瀬
崇興
(平成6年12月9日 受付)
(平成7年2月14日 受理)
Key
words:
chronic
heat
prostatitis,
shock
要
Chlamydia
trachomatisが
Chlarnydia
trachornatis,
protein
旨
慢 性 前 立 腺 炎 の 起 炎 微 生 物 で あ るか 否 か に つ い て は 未 だ 賛 否 両 論 が あ る .
そ こ で 今 回,慢 性 前 立 腺 炎 様 症 状 を有 す る92症 例 を 含 む169例 に お い て,前 立 腺 分 泌 液 中 の 白血 球 数 別 の
抗C.trachomatis
IgA陽
性 率 をEnzyme
そ の 陽 性 所 見 を 確 認 し た.さ
KDa)
IgAの
immuno
を 用 い て 検 討 し,Westernblotting法
有 無 を 確 認 し,慢 性 前 立 腺 炎 に お け るC.trachomatisの
前 立 腺 分 泌 液 中 の 抗CtrachomatisIgA陽
中 の 白 血 球 数 別 で は10WBC/hpf以
WBC/hpf未
assay法
ら に 前 立 腺 分 泌 液 中 の 抗C.trachomatis
あ っ た.前
序
文
占 め,ま
.09)は な か っ
性 率 は,Western-
満 の群 で は0%(0/12)
高 か っ た.
上 の 慢 性 前 立 腺 炎 の29.0%(20/69)にC.trachomatis
慢 性 前 立 腺 炎 の 起 炎 微 生 物 に な り得 る と考 え られ た .
慢性 前立腺炎 は昨年 の当科外来男 性患者 の
5.6%(52/926)を
IgA陽
立 腺 分 泌 液 中 の 白血 球 数 別 で は,10WBC/hpf
で あ り,局 所 の 炎 症 程 度 が 強 い ほ ど陽 性 率 は有 意(p=0.013)に
の 関 与 が 示 唆 さ れ,C.trachomatisが
た他 の 報 告1)で は6.8%
C.trachomatisは
性感染症 の主要病 原微生物 の
一つ で あ るが
,男 女 と もに そ の 感 染 症 が 潜 在 的 に
流 行 して い る2)3).そ して女 性 でC.trachomatis性
を 占 め る,比 較 的 頻 度 の 高 い 疾 患 で あ る.慢 性 前
子 宮 頸 管 炎 か ら骨 盤 内 炎 症 性 疾 患(PID)に
立 腺 炎 は起 炎 微 生 物 の検 出 の 有 無 に よ り細 菌 性 と
る よ う に,男 性 で はC.trachomatis性
非 細 菌 性 に分 類 され る が,一 般 細 菌 以 外 の 起 炎 微
C.trachomatis性
生 物 とし てChlamdia
い と考 えて い る.
chomatis)の
trachomatis(以
下C.tra-
存 在 が 最 近 注 目 され る よ う に な っ て
い る.
幌 市 中 央 区南1条 西16丁 目
札 幌 医 科 大学 泌 尿 器 科
小六
幹夫
波及 す
尿 道炎 か ら
前立腺炎 に波及す る可能性が高
そ のC.trachomatisは
で あ る た め,検
別 刷請 求 先:(〒060)札
60
群 で37 .9%(11/29),5
群 で11.1%(1/9),5WBC/hpf未
立 腺 分 泌 液 中 白血 球 数10WBC/hpf以
(HSP:
あ っ た .前 立 腺 分 泌 液
(20/69),5∼9WBC/hpfの
あ り,局 所 の 炎 症 程 度 と陽 性 率 に 有 意 差(p=0
以 上 の 群 で38.5%(5/13),5∼9WBC/hpfの
により
Protein
起 炎 性 に つ い て 検 討 した .
上 で の 陽 性 率 が 高 か っ た .一 方,前 立 腺 分 泌 液 中 の 抗HSP
blotting法 施 行 可 能34例 で は17 .6%(6/34)で
従 っ て,前
Shock
性 率 は 全 体 で は26.0%(44/169)で
上 の 群 で29.0%
満 の 群 で は18.3%(13/71)で
た が,5WBC/hpf以
Heat
細 胞 内偏 性 寄生 微 生 物
出 に は感 染 局 所 の 粘 膜 上 皮 を採 取
す る必 要 が あ るが,前
立腺分泌 腺粘膜 の直接採取
は臨 床 上 容 易 で は な く,研 究 的 に現 在 まで に前 立
感染症学雑誌
第69巻 第4号
慢 性 前 立 腺 炎 に お け るC.trachomatisの
427
関与
腺 生 検 に よ り 慢 性 前 立 腺 炎 組 織 か らC.tra-
の 指 標 とな る前 立 腺 分 泌 液 中 白血 球 数 とC.tra-
chomatisの
chomatis抗
検 出 を試 み た 報 告 は少 な か ら ず あ る
が4)∼7)C.trachomatisの
起炎 性 につ いて未 だ一 定
体 保 有 率 との 関 係 を み る対 象 と し て
適 切 な 症 例 群 で あ る と考 え検 討 対 象 に加 えた.
な お,慢 性 前 立 腺 炎 様症 状 を有 す る症 例 と男 子
の 見 解 が 得 ら れ て い な い8).
と こ ろ でC.trachomatis感
染 症 は粘 膜 感 染 症
不 妊 症 症 例 を合 わ せ た169症 例 の うち,前 立 腺 分 泌
で あ る た め,感 染 局 所 の 分 泌 液 中 に 分 泌 型IgAが
液 中 の 白血 球 数 が10WBC/hpf以
排 泄 さ れ る こ とが 推 察 さ れ る.そ
と した92症 例 に つ い て は,前 立 腺 分 泌 液 また は前
こで 我 々 は慢 性
前 立 腺 炎 症 例 の 前 立 腺 分 泌 液(Expressed
tate Secretion:
をEnzyme
EPS)中C.
immuno
し,約20%の
chomatis
Pros-
trachomatis特
assay(以
異IgA
下EIA法)で
存 在 を 確 認 し て お り9)10),そ れ ら
の 症 例 で はC.trachomatisに
よる慢性 前 立 腺 炎
EIA法
は,ど
IgAの
検 出 に用 い る
の キ ッ ト を使 用 し た 場 合 で も特 異 性
が 充 分 で は な い と の 報 告 も あ る11)∼13).そ こ で 今
回,抗C.trachomatis
IgAの
症 例 で は精 液 中 の 白血 球 数 の検 討 も行 っ た.
trachomatis HSPに
す る た め,EIA法
で のIgA陽
で 確 認 試 験 を 行 っ た.さ
性 検 体 に つ い て
Westernblotting法
で の 反 応 バ ン ド を 検 討 し,特
う ち,感
対 す るIgAの
清 に つ い て も同 時 に検 討 した.
な お,検 討 した 症 例 は全 て 初 診 時 の未 治 療 例 で
あ る.
(方法)
らに
1.抗 体 測 定 法
1)検 体 の 採 取 法
前 立 腺 分 泌 液 は肛 門 か らの 示 指 に よ るマ ツサ ー
染局所 にお ける
ジ圧 出 後,尿 道 か らピペ ッ トに て採 取 後 チ ュー ブ
強 い 炎 症 の 誘 因 と な る こ と が 推 察 さ れ て い るC
に 入 れ-20℃
trachomatisの60KDa熱
は 綿 棒 に て 吸収 採 取 し(綿 棒1本
shock
protein;
シ ョ ツ ク 蛋 白(Heat
以 下HSP)14)∼17)に
存 在 を 分 析 し た.そ
局 所 の 炎 症 程 度 と の 関 連 性 を 分 析 し,慢
にTrisバ
IgAと
性前 立腺
関 与 を よ り明 確 に
い た.ま
あた り約50μl相
ッ フ ァー750μlに て16倍 に 希 釈 し て 用
で凍結保存
した もの を室 温 解 凍 して 用 い た.
EIA法
材 料 と方 法
道分泌液
で 凍 結 保 存 し測 定 時
た,血 清 は遠 心 分 離 後-20℃
2)抗C.trachomatis
検 討 し 得 た の で そ の 成 績 を 報 告 す る.
IgA,
IgG抗 体 価 測 定 法
の 一 つ で,最 近 開 発 さ れC.trachomatis
に対 す る 特 異 性 が か な り高 い と さ れ る
(対 象)
札 幌 医大 前 立 腺 炎研 究 会 の 泌 尿 器 科 施 設 を受 診
し,前
で 凍 結 保 存 した.一 方,尿
当),小 チ ュ ー ブ に入 れ-20℃
対 す るIgAの
し て 抗C.trachomatis
炎 に お け るC.trachomatisの
陽性 率 を,急 性
疾 患 に お け る そ れ と比 較 す る 目 的 で 急 性 のC.
特 異 性 を よ り確 実 に
Westernblotting法
に 前 立 腺 分 泌 液 中IgAの
子不妊症
trachomatis性 男 子 尿 道 炎20例 の 尿 道 分 泌 液 と血
の 可 能 性 が あ る と推 測 し て い る.
し か し 抗C.trachomatis
の細 菌 学 的 検 討 も行 った.男
また,慢 性 疾 患 で あ る慢 性 前 立 腺 炎 にお け るC.
症 例 で 前 立 腺 分 泌 液 中 抗CtraIgAの
立 腺 マ ッサ ー ジ後 初 尿(first voided bladder urine
3: VB3)中
測定
上 の症 例 を 中 心
立 腺 分 泌 液 お よ び血 清 の 採 取 が 可 能 で あ っ
HITAZYME(R)(日
た.判
立 化 成)13)18)を用 い て 測 定 し
定 は陰 性 コ ン トロール の 平 均 吸 光 度 に
た 慢 性 前 立 腺 炎 様 症 状 を 有 す る92症 例 と男 子 不 妊
0.15
症77症
0.15 (IgG)の 吸 光 度 を カ ッ トオ フ値 と して 判 定 し
例 に つ い て 検 討 を 行 っ た.こ
れ ら全 症 例 は
初 尿 に よ るIDEIAク
ラ ミ ジ ア(R)(協 和 発 酵)に
りC.trachomatis性
尿 道 炎 の ない こ とを確認 し
て い る.男
よ
子 不 妊 症 症 例 は前 立 腺 炎 症 例 と同様 の
性 活 動 を 有 す る 年 齢 層 で あ り,し
か も症 状 を 有 さ
な い に も拘 らず 前 立 腺 分 泌 液 中 に 白 血 球 を 有 す る
症 例 が 半 数 以 上 で あ る こ と か ら,局
平 成7年4月20日
所 の炎症程度
(IgA),
0.12
(IgG)を
加 え,0.2
(IgA),
た.
2.Westernblotting法
に よる前 立 腺 分 泌 液 お
よ び 尿 道 分 泌 液 中IgAのC.trachomatis特
異性
の確認
C.trachomatis特
キ ッ トもEIA法
異 性 が 高 い と さ れ る今 回 の
で あ るた め,他
のChlamydia属
小六
428
Fig.
(1)
1
Immunoblotting
Purification
Fig. 2
assay
of elementary
幹夫 他
HSP
(60KDa)
separation
method
for
C.
trachomatis
bodies (EBs)
Purified EB
Preparation
of purified
EBs
by sodlum
dodecyl
sulfate
(SDS)
↓
(2) SDS-polyacrylamide
gel electrophoresis
of purified
EBs
↓
(3) Electrophoretic
transfer
of EB
nitrocellulose
membrane
protein
to
↓
(4) Immune
reaction
of structual
polypeptides
of
C.trachomatis
with IgA antibodies
in samples
と の 交 差 反 応 に よ り偽 陽 性 と な る 可 能 性 は 否 定 で
き な い.そ
こ でHITAZYME(R)で
前立腺分泌液 お
よ び 尿 道 分 泌 液 中 抗C.trachomatis
例 に つ い てWesternblotting法
IgA陽
性 症
を用 い て確 認 試 験
を 施 行 し た.
方 法 の 詳 細 は 当 教 室 の 林 の 報 告10)に 準 じ た が,
簡 略 化 す る とFig.1の
如 くで あ る.前 立 腺 分 泌 液
の 検 体 量 が 充 分 で な い 症 例 も一 部 に あ りWesternblotting法
が 可 能 で あ っ た 症 例 は,前 立 腺 分 泌 液
中 抗C.trachomatis
あ っ た.尿
ting法
IgA陽
道 分 泌 液 は15例
で
対 す るIgAの
Elementary
body
白 に はHSPとouter
OMP-2)の2種
に よ るC.trachomatis
(以 下EB)蛋
membrane
の 反 応 バ ン ド に はOMP-2お
白 中 の60KDa蛋
た バ ン ドが 混 在 す る の で,EB全
画 に はOMP-2が
有
の 手 順 はFig.
Triton-X
超 遠 心 分 離 を 行 う.可 溶 分 画 に
含 む ポ リペ プ チ ド,不
含 ま れ る.可
可溶 分
溶 分 画 はTriton-X
4.2次
抗 体(抗
IgA,ま
た は不
応 バ ン ドは 抗OMP-2
ヒ トIgA(α)ヤ
EB
Fig.1の
polypeptideを
ギ 血 清)中
に
認 識 す るIgA
要 領 で 作 製 され たEB
polypeptideの
転 写 され た ニ トロ セ ル ロ ー ス膜 と,2次
て の抗 ヒ トIgA
させ,反
抗体 とし
(α)ヤ ギ血 清 を室 温 で30分 間 反 応
応 バ ン ド形 成 の 有 無 を確 認 した.反 応 バ
ン ド無 形 成 の場 合,交
(界
加 え37℃ で60分 間 放 置 後,4QCで60
分 間100,000×gで
はHSP(60KDa)を
反 応 し
述 す る と以 下 の 如 く で あ る.
希 釈 し た 精 製EBに0.5%
で出現
が 存 在 す るか 否 か の検 討
に よ る60KDa
を 施 行 し た.そ
応 バ ン ドは抗HSP
可 溶 分 画 にお け る60KDa反
C.trachomatis
有 分 画 に 分 離 し,各 分 画 を 用 い て
2に 示 し た が,詳
面 活 性 剤)を
2 (以 下,
蛋 白 をHSP含
間
超 遠 心 分 離 し,上 清 を捨 て た.
1gAと 判 定 した.
の た めEB全
よ びHSPに
Bio-Rad)で
可 溶 分 画 は,洗 浄
ッフ ァー に て 洗 浄 し た 後4。Cで60分
した60KDa反
体 で あ る
protein
結 乾 燥 した.不
可 溶 分 画 を用 い て のWesternblotting法
検討
蛋 白 を 用 い たWesternblotting法
Westernblotting法
処 理 した後,凍
100,000×gで
類 が 存 在 す る19).そ
分 画 とOMP-2含
除 去 用 カ ラム(バ イ オ ビ ー ズSM2,
用Trisバ
全 例 でWesternblot-
感 染 性 を 有 す るC.trachomatis菌
PBSで
中34例
が 可 能 で あ っ た.
3.Westernblotting法
HSPに
性 検 体44例
差 反 応 な し と判 定 した.
5.前 立 腺 分 泌 液 の細 菌 学 的 検 討
前 立 腺 に お け る細 菌 感 染 の 有 無 を検 討 す る た
め,前 立 腺 分 泌 液 の 一 般 細 菌 培 養 を行 った.前
腺 分 泌 液 量 が 不 十 分 な 症 例 で はVB3を
立
検 体 とし
た.前 立 腺 分 泌 液 で は シ ー ドス ワ ブ2号(栄
感染症学雑誌 第69巻
研),
第4号
慢 性 前 立 腺 炎 に お け るC.trachomatisの
VB3で
関与
429
は ウ リカル トTMを 用 い て菌 数 定 量 し,そ の
成
1.抗C.trachomatis
後 分 離 菌 を 同定 した.
グ ラ ム 陰 性 桿 菌(GNR)数
が103cfu/ml以
上,
ま た グ ラム 陽 性 球 菌(GPC)数
が104cfu/ml以
上同
液,血
検 討 し た169症
性 前 立 腺 炎 と した20).
をFig.3に
IgAの
あ る因 子 の 有 意 差 検 定 に はKruskal-Wallis法
用 い た.有 意 水 準 はp<0.05と
Fig. 3
serum
169),血
を
Comparison
of the positive
rate
of anti-C.
of chronic
IgA
示 し た.
清 で20.1%(34/169)で
trachomatis
IgA
27.0% (44/169)
Positive rate in EPS:
20.1% (34/169)
Positive rate in serum:
and IgG in
3.6% (6/169)
20.1% (34/169)
Positive rate of anti-C. trachomatis IgA in the serum
-according
to leukocyte count in EPS-
and EPS
the groups for either the serum
EPS
平 成7年4月20日
お,前
IgG
Positive rate in serum:
Serum
あ り,前
prostatitis
significant differences were seen between
性 率 の成 績
陽 性 率 は 前 立 腺 分 泌 液 で27.0%(44/
Positive rate in EPS:
# No
IgG陽
血 清 と も に 陽 性 に12.4%(21/169),前
and in EPS in the cases
Fig. 4
IgA,
泌 液 中 陽 性 率 が 高 か っ た.な
し た.
前立 腺 分 泌
例 の 前 立 腺 分 泌 液 お よ び血 清 に
お け る 抗C.trachomatis
2群 間 の 有 意 差 検 定 に はX2検 定 を 用 い,順 位 の
IgGの
清 別 の 陽 性 率 の比 較
定 さ れ た 症 例 を細 菌 感 染 あ り と判 定 し,細 菌 性 慢
6.統 計 学 的 検 討 法
績
IgA,
EPS
or
立腺分
立 腺 分 泌 液,
立腺分泌液
小六
430
陽 性,血
清 陰 性 は13.6%
陰 性,血
一 方
清 陽 性 は7.7%(13/169)で
,IgGの
169),血
(23/169),前
あ っ た.
群 の 血 清 中 抗C.
IgA陽
性
た.な
に群 別
群 の 前 立 腺 分 泌 液 中 抗C.trachomatis
陽 性 率 を 検 討 し た が,成
お,前
績 をFig.4の
立 腺 分 泌 液 中 白血 球 数
け て 検 討 し た.前
「0WBC/hpf
上 の 群 」:
(3/20),「
中WBC
(-)」:
群 」: 27.6%
群 」: 15.6%
(-)/精
液 中WBC
0%
(0/6)で
(-)/精
あ っ た.白
4.前
立 腺 分 泌 液 中 抗C.
「5∼9WBC/hpfの
WBC/hpfの
中WBC(-)/
群 」: 37.9%
群 」: 22.2%
0%(0/6)で
(-)/精
あ っ た.白
に 有 意 差(p=0.09)は
5WBC/hpf以
(10/45),「
精 液 中WBC(+)」:
「前 立 腺 分 泌 液 中WBC
(20/69),
(11/29),「1∼4
を 検 討 し た が,成 績 をFig.5の
液 中WBC
5.血
(-)」:
rate
Serum
清 中 抗C.
trachomatis
血 清 中 抗C.trachomatis
た と こ ろ,成 績 をFig.5の
上 で の 陽 性 率 が 高 か っ た.
IgG陽
of anti-C.
性 率
右 に示 す 様 に 白血
IgGと
認 め
前立 腺分泌
IgG陽
性 率 を検 討 し
左 に 示 す 様 に,白
数 別 の 群 間 で 陽 性 率 に 有 意 差(p=0.004)が
-according
前
液 中 白血 球 数 との 関 連 性
認 め ら れ な か っ た が,
Positive
IgGと
ら れ な か っ た.
(3/20),
血 球 数 別 の群 間 で 陽 性 率
Fig. 5
血球 数
球 数 別 の 群 間 で 陽 性 率 に 有 意 差(p=0.14)は
前立腺 分泌液
15.0%
液
認 め られ
trachomatis
前 立 腺 分 泌 液 中 抗C.trachomatis
上 の 群 」: 29.0%
(+)」:
前 立 腺 分 泌 液 中WBC
立 腺 分 泌 液 中 白血 球 数 との 関 連 性
た.
「10WBC/hpf以
(7/45),
な か っ た.
立 腺 に炎 症 が な
く て も精 嚢 腺 に は 炎 症 が 存 在 す る 症 例 と判 断 し
15.0%
症例
性 率 はFig.
別 の 群 間 で 陽 性 率 に 有 意 差 (p=0.15)は
立 腺 分 泌 液 に は 白血 球 を認 め ず
精 液 中 に 白 血 球 を 認 め る 場 合,前
IgA陽
(16/69),「5∼9WBC/hpfの
「前 立 腺 分 泌 液 中WBC
右 に示 し
に分
trachomatis
(8/29),「1∼4WBC/hpfの
IgA
の 群 」 は 精 液 中 白 血 球 数 の 有 無 で さ ら に2群
前立腺 分泌
4の 左 の 如 く に な る.「10WBC/hpf以
23.2%
症 例 を 前 立 腺 分 泌 液 の 白 血 球 数 別 に5群
IgAと
前 項 と 同 様 に 症 例 を 群 別 し て 検 討 し た.各
陽 性 率 は 前 立 腺 分 泌 液 で3.6%(6/
立 腺 分 泌 液 中 抗C.trachomatis
清 中 抗C.trachomatis
液 中 白血 球 数 との 関連 性
率 と前 立 腺 分 泌 液 中 白 血 球 数 と の 関 連 性
し,各
3.血
立腺 分泌液
あ っ た.
清 で20.1%(34/169)で
2.前
幹夫 他
trachornatis
to leukocyte
IgG in the serum
血球
あっ
and EPS
count in EPS-
EPS
感染症学雑誌 第69巻
第4号
慢 性 前 立 腺 炎 に お け るCtmhomatisの
た.
6.Westernblotting法
抗C.trachomatis
に よる前 立 腺 分 泌 液 中
IgAの
特 異 性 の確 認 と反 応 バ
関与
431
Fig. 6 Confirmation of the presence/absence
of
anti HSP IgA in EPS by Westernblotting
Examination of a case of chronic prostatitis
(WBC in EPS>_10/hpf)—
ン ドの 分 析
1)抗C.trachomatislgAの
(major
outer
KDa)に
主 要 外 膜 蛋 白
Inembrane
protein:MOMP,40
対 す る反 応 の検 討
Westernblotting法
が 施 行 可 能 で あ っ た34症 例
で は 外 膜 蛋 白 の 大 部 分 を 占 め るMOMP(40KDa)
と の 反 応 は 全 例 に 認 め ら れ,今 回 使 用 し たEIA法
に 偽 陽 性 症 例 が な い こ と が 確 認 で き た.
2)抗CtmchomatislgAの60KDaに
対す る反
応 の検 討
Westernblotting法
施 行 の 際 に,MOMPと
応 バ ン ド と と も に 出 現 す る60KDaと
ド は44日1%(15/34)に
(55.9%:19/34)で
の反
の反応 バ ン
認 め ら れ た.残
は60KDaに
り の/9例
対 す る反 応 バ ン ド
形 成 は な か っ た.
3)60KDaに
対 す る 反 応 バ ン ドの,よ
り詳 細 な
分析
Fig.6に
WBC/hpf以
前 立 腺 分 泌 液 中 の 白 血 球 数 が10
上 で 抗HSPIgA陽
Fig. 7
性,抗OMP-2
Positive
rate
―according
平 成7年4月20日
of and-MOMP,
to
leukocyte
IgA陰
性 の 慢 性 前 立 腺 炎 症 例 に お け るWesternb-
lotting法
の 電 気 泳 動 所 見 を 示 し た.可 溶 分 画 で は
60KDaと
の 反 応 バ ン ド を 認 め る が,不 可 溶 分 画 で
60KDaと
の 反 応 バ ン ド は 認 め ら れ な い.さ
OMP-2,
count
in
HSP
EPS―
IgA in EPS
らに対
小六
432
照 と し てEB全polypeptide分
画 に2次
を 反 応 さ せ た 結 果 を 示 し た が,反
ら れ ず,2次
す るIgAは
幹夫 他
抗体 の み
応 バ ン ドは認 め
抗 体 中 に はEBpolypeptideを
認 識
存 在 し な い こ と が 確 認 さ れ た.
以 上 の 所 見 か ら,こ
高 い こ とが 示 され た.
7.前 立 腺 分 泌 液 の 細 菌 学 的 所 見 と抗CtraL
chomatisIgA検
出 との 関連 性
前 立 腺 分 泌 液 中 に 抗Ctmchomatis
IgA陽
性
例 が か な りの 頻 度 で検 出 さ れ,CtrachomatiS感
の 症 例 で 認 め ら れ た60KDa
の 反 応 バ ン ド は,前 立 腺 分 泌 液 中 のIgAが60KDa
染 の可 能 性 が 考 え られ た が,他
蛋 白 の う ちHSPと
の関 連 性 につ い て も検 討 す べ く,前 立 腺 分 泌 液 中
の み 反 応 した た め に 出現 し た
も の で あ る こ と が 確 認 さ れ た.こ
KDaと
の 様 な 方 法 で60
の 反 応 バ ン ド の 分 析 を 行 っ た.
Fig.7に
こ とが 少 な い た め,10WBC/hpf以
に よ る反 応 バ ン ドの 分 析 成 績 を 示
し た.
上 の 群 」で はMOMPの
み との
症 例 は23.1%(3/13),MOMP,OMP-2,
性
群 」で はMOMPの
み との 反
検 出状 況 を ま とめ る と,Table2の
2の 症 例 は44.4%(4/9),MOMP,HSPの
症 例 は
11.1%(1/9),で
性 率 は
あ っ た.抗HSPIgA陽
Table
細菌性慢 性前立腺 炎 は
あ った.ま た,抗CtrachomatiS
Bacterial
species
detected
in EPS
あ っ た.
「1∼4WBC/hpfの
群 」で はMOMPの
み との 反
G N R: Escherichia coli (3), Klebsiella pneumoniae (1)
Pseudomonas aeruginosa (1)
応 バ ン ド 形 成 症 例 は80.0%(8/10),MOMP,
OMP-2の
1
如 くに
上 の群 」で は細 菌 性 慢 性 前
立 腺 炎 は13.1%(8/61),非
86.9%(53/61)で
応 バ ン ド形 成 症 例 は44.4%(4/9),MOMP,OMP-
11.1%(1/9)で
IgAの
な る.「10WBC/hpf以
あ っ た.
「5∼9WBC/hpfの
症 例 は20.0%(2/10)で
Serratia marcescens (1)
Acinetobacter calcoaceticus (1)
あ っ た.抗HSP
NF-GNR (1)
IgA陽
性 率 は0%(0/10)で
「OWBC/hpfの
あ っ た.
群 」 で は2例
と もMOMPの
み
G P C: Staphylococcus epidermidis (5)
Enterococcus faecalis (2)
Streptococcus agalactiae (1)
Streptococcus mitis (1)
と の 反 応 バ ン ド形 成 症 例 で あ っ た.
以 上 の 所 見 か ら 抗HSPIgA陽
性 率 は前 立 腺 分
Streptococcus equinus (1)
Coagulase
泌 液 中 の 白 血 球 数 が 多 い ほ ど 有 意(p=0.0133)に
Table
2
Clasification
示
け る一 般 細 菌 と前 立 腺 分 泌 液 中抗CtrachomatiS
あ っ た.抗HSPIgA陽
率 は38.5%(5/13)で
ら19株 の 一 般 細 菌 が 分 離 同
離 菌 の 菌 種 分 布 をTable1に
前 立 腺 分 泌 液 中 白血 球 数 別 に群 別 し,各 群 に お
の 症 例 は15.4%(2/13),MOMP,HSPと
の 症 例23.1%(3/13)で
定 さ れ た が,分
例 中15症
す.
反 応 バ ン ド形 成 症 例 は38.4%(5/13),MOMP,
HSPと
上 の症例 を主
体 と した92症 例 で の 検 討 とな った.92症
例(16.3%:15/92)か
「10WBC/hpf以
OMP-2の
の細 菌 学 的 検 討 を行 った.-一 般 的 に は前 立 腺 分 泌
液 中 の 白血 球 数 が 少 な い症 例 で は培 養 が行 わ れ る
前 立 腺 分 泌 液 中 白 血 球 数 別 の,Wes-
ternblotting法
の一般細菌 感染 と
of chronic
prostatitis
depending
negative
upon causative
Staphylococcus (1)
organism
感染症学雑誌
第69巻 第4号
慢 性 前 立 腺 炎 に お け るCtrachomatisの
433
関与
IgA陽
性 率 は,細 菌 性 慢 性 前 立 腺 炎 で は37.5%(3/
染 局 所 か らの 菌 体 また は抗 原 の検 出 が 必 要 で あ る
8),非
細 菌 性 慢 性 前 立 腺 炎 で は22.6%(12/53)で
が,前 立 腺 で は そ の解 剖 学 的 特 徴 か ら非 常 に 困難
で あ る.特 にCtrachomatiSは
あ っ た.
「5∼9WBC/hpfの
群 」で は 細 菌 性 慢 性 前 立 腺 炎
は22.7%(5/22),非
(17/22)で
IgA陽
生 物 で あ るた め,前 立 腺 分 泌 液 中 に はEBが
ほと
ん ど含 まれ ず,そ れ を検 出す る こ とは 困難 で あ る.
細 菌 性 慢 性 前 立 腺 炎 は77.3%
あ っ た が,抗C.trachomatis
細胞 内偏性寄生微
性
現 在 ま で,慢 性 前 立 腺 炎 症 例 の 前 立 腺 組 織 か らCえ
症 例 は 非 細 菌 性 慢 性 前 立 腺 炎 に の み35.3%(6/17)
trachomatiS菌 体 の検 出 を 試 み た 内 外 の 文 献 の う
に 認 め ら れ た.
ち,検 体 採 取 時 に尿 道 か らのCtrachomatis混
「1∼4WBC/hpfの
群 」で は 細 菌 性 慢 性 前 立 腺 炎
入
を否 定 し た 症 例 で の 検 討 を ま と め る とTable3
は25.0%(2/8),非
細 菌 性 慢 性 前 立 腺 炎 は75.0%
の 如 くで あ るが,CtrachomatiS菌
(6/8)で
た,抗CtrachomatislgA陽
る所 見 は様 々 で あ り4)∼7),CtrachomatiSの 前 立 腺
あ っ た.ま
性 率 は,細
8.CtrachomatiS性
け る,尿
IgAの
にお け る起 炎性 に つ い て は未 だ賛 否 両 論 が あ る.
菌 性 慢 性 前 立 腺 炎 で は50.0%(1/2),
非 細 菌 性 慢 性 前 立 腺 炎 で は33.3%(2/6)で
あ っ た.
男 子 急性尿 道 炎症 例 に お
液 中 のIgA陽
尿 道 炎 症 例20例
の,尿
性 率 は75.0%(15/20)で
性 率 は45.0%(9/20)で
道 分 泌 液 中IgA陽
道分泌
あ り,血
あ っ た.そ
性 症 例15例
体 と し て,Westernblotting法
清
の尿
れ て い る.一
3
positive
平成7年4月20日
rate
of C. trachomatis
of existing
chomatislgAは
染 局 所 分 泌 液 中 の 抗Ctra-
感 染 局 所 に お け るC.tra-
存 在 と強 く関 連 す る こ と を 示 唆 す る
所 見 と考 え られ た.こ の所 見 は既 に小 数 例 な が ら,
察
般 に 起 炎 微 生 物 を 同 定 す る 場 合,感
The
な ら な か っ た が,感
chomatiSの
治 療 薬 選 択 の 立 場 か ら も注 目 さ
"a summary
炎 症 例 で の 尿 道 分 泌 液 中 抗CtrachomatiSIgA
で あ っ た.感 染 時 期 に差 が あ るた め 全 例 陽性 に は
近 年,慢 性 前 立 腺 炎 の 起 炎 微 生 物 の 一 つ と し て,
Ctrachomatisが
存 在 意 義 を検 討
体 が検 出 され た 尿 道
を 施 行 し た.全 例 に
の 反 応 バ ン ド は 全 例 で 認 め ら れ ず,
考
今 回,感 染 局 所 分 泌 液 中IgAの
す る た め,CtrachomatiS菌
陽 性 率 を検 討 した が,そ の 陽性 率 は75.0%(15/20)
の 反 応 バ ン ドが 認 め ら れ た が,HSPお
よ びOMP-2と
cases
出 に よ り起 炎
の 尿 道 分 泌 液 を検
慢 性 前 立 腺 炎 と は異 な っ た 成 績 で あ っ た
Table
分 泌 液(前 立 腺 分 泌 液)中 のIgA検
加 え て きた9)10).
CtmchomatiS性
MOMPと
そ こで我 々 は,臨 床 上 可 能 な診 断 法 と して局 所
微 生 物 を推 測 す る こ とが 次 善 の策 と考 え,検 討 を
道 分 泌 液 お よ び 血 清 中 抗CtmchomatiS
検 討
のIgA陽
体 検出 に関す
reports"
antigen
林10)も報 告 して い るが,こ の所 見 か ら推 定 し て,慢
性 前 立 腺 炎 に お い て も 前 立 腺 分 泌 液 中 の 抗C
tmchomatiSIgAの
in the prostate
gland
存 在 は,前 立 腺 に お け るC
of chronic
non-bacterial
prostatitis
小六
434
Table
4
Comparison
of the positive
IgG in EPS and in serum
according
幹夫 他
rate
of anti-C.
to different
trachomatis
IgA and
studies
txachomatiS菌 体 の 存 在 を 示 唆 す る 所 見 で あ る と
討 す る手 段 と して は極 め て 有 意 義 で あ る と我 々 は
考 え られ る.
考 え て い る.
当 教 室 の 恒 川9)は既 に 慢 性 前 立 腺 炎 症 例 で の 前
立 腺 分 泌 液 中 に 抗Ctmchoma漉
分 泌 型IgAの
と こ ろが 抗 体 検 出 の場 合,用 い るEIA法
の特 異
性 が常 に問 題 とな る.今 回 用 い たHITAZYME(R)
存 在 を確 認 して い る.そ の 陽 性 率 は 前 立 腺 分 泌 液
は 前 述 の 恒 川 お よ び 林 ら の 用 い た,indirect-
中 白 血 球 数10WBC/hpf以
immuno
上 の慢性 前立腺 炎症例
で19.0%(25/132),10WBC/hpf未
満 の症 例 で
9.5%(4/42),OWBC/hpfの
症 例 で0%(0/22)
peroxidase
Diagnostics社
assay(IPAzyme(R):Savyon
製 キ ッ ト)よ り もCtmchomatiS
特 異 性 が 高 い こ とが 証 明 され て い る11)∼13).そ
の様
で あ り,前 立 腺 分 泌 液 中 白血 球 数 が 多 い群 で 陽性
な背 景 か ら,今 回 の 慢 性 前 立 腺 炎 に お け る前 立 腺
率 が 高 い こ と を報 告 した.し か も前 立 腺 分 泌 液 中
分 泌 液 中IgAお
抗 体 価 が 血 清 中 抗 体 価 よ り高 い傾 向 も認 め られ,
過 去 の 成 績 と比 較 し た の がTable4で
前 立 腺 分 泌 液 中IgAはC.tmchomatis感
に つ い て は過 去 のIPAzyme(R)で
染 によ
よ びIgGの
検 討 成 績 を,当 教 室 の
あ る.IgA
の検 討 で は 血 清
る感 染 局 所 免 疫 応 答 を反 映 し,慢 性 前 立 腺 炎 の か
中 の 陽 性 率 が 前 立 腺 分 泌 液 中 よ り も高 率 で あ っ た
な りの 症 例 にCtxachomatiS感
が,今
染 が 関 与 して い
る 可 能 性 が あ る こ とを報 告 した.
陽 性 率 が 血 清 中 よ り も高 か っ た.局 所 で のIgAは
さ ら に 当 教 室 の林10)は,少 数 例 で は あ る がC
trachomatiS性 尿 道 炎 の 治 療2週
液 中 抗C.trachomatis
目の 前 立 腺 分 泌
IgAが 全 て(5/5)陽
あ る こ とを報 告 し,C.trachomatis性
tmchomatiS性
示 した.ま
慢 性 前 立 腺 炎 に 移 行 す る可 能 性 を
Westernblotting法
IgAの
性で
尿 道 炎 がC
た,一 部 の症 例 で は あ るが検 出 さ れ た
IgAがC.trachomatiSに
回 の キ ッ トで の検 討 で は前 立 腺 分 泌 液 中 の
特異 的で ある ことを
で 確 認 した.
産 生 は宿 主 免 疫 応 答 の結 果 で あ り,菌 体
大 部 分 が 分 泌 型 で あ り,血 清 中 よ り前 立 腺 分 泌 液
中 陽性 率 が 高 い 今 回 の成 績 の 方 が 妥 当 な 結 果 で あ
る と考 え て い る.ま たIgGに
関 し て は,今 回 の 前
立 腺 分 泌 液 中 の 陽 性 率 は過 去 の 成 績 よ りか な り低
率 で あ り,IgGの 特 性 を考 えた 場 合,今 回 の所 見 の
方 が よ り妥 当 な 結 果 と考 え られ た.そ
血 清 中 のIgG陽
て お り,炎 症 の 程 度 が 強 い ほ ど,血 中 にIgG抗
今 回 の 検 討 に よ る抗C.txachomatis
め,前 立 腺 分 泌 液 中IgAの
見 は,よ
標 と断 定 す る こ と は 必 ず し も 妥 当 と は云 え な い
が,CtmchomatiSの
慢 性 前 立 腺 炎 へ の 関 与 を検
体
が 持 続 し て い る と推 測 さ れ た.こ れ ら の結 果 か ら,
の 消 失 以 後 も一 定 の期 間 は抗 体 産 生 が 持 続 す るた
存 在 を活 動 性 感 染 の 指
れ に対 し,
性 率 は今 回,炎 症 の程 度 と相 関 し
IgA,IgG所
り正 確 な もの で あ る と考 え て い る.
しか し いず れ のEIA法
にせ よ,い か に特 異 性 が
高 い キ ッ トで あ って も偽 陽性 反 応 が 出 現 す る 可 能
感 染症 学 雑 誌
第69巻
第4号
慢 性 前 立 腺 炎 に お け るCtrachomatisの
性 が あ る.そ こ で 今 回 は,HITAZYME(R)で
症 反 応 を よ り増 強 させ る可 能 性 を示 す所 見 と考 え
のIgA
陽性 症 例 の うち 検 体 量 が 充 分 で あ っ た 全 症 例 に つ
い て,Westernblotting法
に よ る確 認 試 験 を施 行
し,C.tmchomatiS特
前 立 腺 へ の起 炎 性 を
明 確 に す る た め,C.trachomatis構
成蛋 白の うち
起 炎 性 が 強 い と さ れ るHSP(60KDa)14)∼17)に
る 前 立 腺 分 泌 液 中IgAの
法 で 確 認 し,局
EB外
対 す
ど で あ り,EB内
部 蛋 白 は
ど で あ る.MOMPは
外膜蛋 白
の50%以
上 を 占 め る こ と が 知 ら れ て い る13).こ
らEB構
成 蛋 白 の う ち,HSPが
有 す る と考 え ら れ て い る14)17).HSPは
曝 露 時 期 はMOMPに
内部蛋 白で
感 染 し た 場 合,そ
の
免 疫 応 答 と し て 以 下 の2つ
れ に対 す る宿 主 の
が 考 え ら れ る.一
つ に
強 い 抗 原 性 を 発 揮 す る た めHSPの
レ
セ プ タ ー を 有 す る γ/δT細 胞 を 活 性 化 し,Macrophage
chemotactic
じ外 膜 蛋 白 で あ るOMP.2(60
の反 応 バ ン ドも認 め られ た が,全 例 で は
関 して は,抗MOMP
同様 に感 染 が 慢 性 化 す る以 前 か ら 出現 す る
との 報 告15)もあ る.し か し,今 回 の慢 性 前 立 腺 炎 で
factorやIFN-γ
い陽 性 率 で あ り,感 染 局 所 に お け る炎 症 反 応 に何
らか の影 響 を及 ぼ して い る こ と も考 え られ た.抗
OMP-31gAに
関 して は,今 回 検 討 し得 なか っ た.
一方
,急 性 疾 患 で あ るCtxachomatiS性
男子尿
道 炎 症 例 の尿 道 分 泌 液 に は,抗OMP-21gAお
び抗HSPIgAは
EBや
比 較 し て 遅 れ る が,HSPが
感 染 局 所 に 曝 露 さ れ た 場 合,そ
はHSPが
れ
最 も強 い 抗 原 性 を
あ る た め にC.trachomatiSが
ドが 認 め られ た.同
KDa)と
の反応バ ン
の 検 討 で は,局 所 炎 症 程 度 が 強 い症 例 で 比 較 的 高
MOMP(40KDa),OMP-2(60KDa),OMP-3(15
HSP(60KDa)な
は抗HSPIgA以
の検 討 で は全 例 でMOMP(40KDa)と
IgAと
所 炎 症 程 度 と の 関 係 も検 討 し た.
よ びLPSな
な お,前 立 腺 分 泌 液 中IgAに
な か っ た.抗OMP-21gAに
存 在 をWesternblotting
膜 の主 な構 成 蛋 白 は シス テ イ ンに富 む
KDa)お
て い る.
外 に も他 の構 成 蛋 白 に対 る もの も含 まれ る.今 回
異 性 の 確 認 を 試 み た.
さ ら に,C.trachomatisの
435
関与
な どの サ イ
全 て陰 性 で あ った.こ
よ
の こ とは
増 殖 性 を有 す る菌 体 で あ るRB(Reticulate
body)の 内 部 蛋 白 で あ るHSPは,感
染 が慢性化 す
る こ とに よ り,徐 々 に感 染 局 所 に 曝 露 され,そ
れ
が 一 定 量 以 上 に な っ た 時 点 で 宿 主 が 認 識 し,抗
HSPIgAが
分 泌 され る こ とが推 測 さ れ る.結 膜 炎
で は,HSPに
対 す るlgAはMOMPに
対す る
トカ イ ン を 産 生 さ せ,組 織 に 炎 症 反 応 を 起 こ す21).
IgAよ
も う一 つ に は,HSPが
今 回 の 急 性 尿 道 炎症 例 に お け る尿 道 分 泌 液 は,抗
非 拘 束 性 にT細
胞 を強 力 に活 性 化 す る こ とが
mycobacterium感
染 症 な ど で 報 告22)さ れ て お り,
C.txachomatis感
機 序 に よ り,炎
ス ー パ ー 抗 原 と し てMHC
染 症 にお い て も これ ら と同様 な
症 反 応 が 惹 起 さ れ る こ とが推 察 さ
りや や 遅 れ て 産 生 さ れ る との 報 告23)もあ り
HSPIgAが
産 生 され る前 段 階 の 検 体 で あ っ た こ
と も考 え られ た.さ
らに,急 性 尿 道 炎 で は感 染 局
所 にC.txachomatis菌
抗HSP-lgAが
体 が 多 量 に存 在 す る た め,
中 和 さ れ,一 見 抗HSPIgAが
陰性
で あ る と判 定 され た 可 能 性 も否 定 で き な い.
れ る.
ま た,C.trachomatis
関 与 に つ い て は,例
患 者 に 比 べ,局
HSPの
炎 症 の慢 性 化 との
え ば 骨 盤 内 炎 症 性 疾 患(PID)
所 の 慢 性 炎 症 反 応 の 強 い と考 え ら
れ る 卵 管 閉 塞 患 者 で は,C.txachomatisのHSP
いず れ に せ よ,分 泌 液 中 に抗HSPIgAが
され る た め に は,C.txachomatiS感
な お,慢 性 前 立 腺 炎 は一 般 細 菌 に よ っ て も発 症
す る こ とか ら,Ctrachomatisと
報 告15)さ れ て お り,HSPが
え ら れ る.そ
慢 性 炎 症 の 持 続 に 関与
し た が っ て,今
抗HSPIgA陽
回 の 慢 性 前 立 腺 炎 で の 検 討 で,
性 率 は局 所 炎 症 程 度 が 強 い 症 例 ほ
染 が あ る程 度
以 上 継 続 す る こ とが必 要 で あ る と推 察 さ れ た.
に対 す る抗 体 の検 出 率 は有 意 に高 率 で あ る こ とが
す る こ とが 示 唆 さ れ て い る.
chomatisIgA検
こ で,前
の 混 合 感 染 も考
立 腺 分 泌 液 中 抗Ctra―
討 症例 にお ける前立 腺分 泌 液 中
の 一 般 細 菌 の検 討 も行 っ た.今 回 の検 討 症 例 で は,
細 菌 分 離 率 は16.3%(15/92)と
比 較 的 低 か っ た.
ど 有 意 に 高 い と い う 成 績 は,CtxachomatiSの
し か し細 菌 性 に お い て も抗C.trachomatislgA
HSPが
陽 性 率 は26.7%(4/15)と
上 述 の 機 序 に よ り慢 性 前 立 腺 炎 の 局 所 炎
平成7年4月20日
産生
少 な くな く,混 合 感 染
436
小六 幹夫 他
の 可 能 性 も高 い と考 え ら れ た.
ま た,非
Case-control
chronic
細 菌 性 慢 性 前 立 腺 炎 に お い て も抗C.
tmchomatis
IgA陽
-331
非 細 菌 性 慢 性 前 立 腺 炎 の 起 炎 菌 と し て重
る.さ
ら に,前
立 腺 分 泌 液 中 に 白 血 球 数 が 多 く,
A. W. & Reid,
ed with chlamydia
Urol.,
要 な 位 置 を 占 め て い る こ と を 示 す 所 見 と考 え て い
対 す るIgAの
matis性
出 現 頻 度 が 高 い 所 見 は,C.tmcho-
慢 性 前 立 腺 炎 の 存 在 を よ り 強 く示 唆 す る
7) 丸 田 直 基:
分 離 方 法 等 の御 指
導 をい た だ いた 川崎 医 科 大学 微 生 物 学教 室 松 本
IgA,
明教 授,
らび に電気 泳 動 法 に つ いて 御指 導 いた だ
いた札 幌医 科 大 学微 生 物 学教 室 続
佳 代 先 生,HSPに
IgG抗
林
謙 治, 熊 本 悦 明:
助 教授 に深 謝 致 します.ま た,検 体採 取 に御 協力 戴 き ま し
11)
茂 先 生,梅 原次 男 先生,生 垣 舜二 先 生,郷
路
勉 先 生,宮 本 慎 一 先生,高 塚 慶 次 先 生,高 木 良雄 先 生,
坂
丈 敏 先 生,辺 見
泉先 生,門 野雅 夫 先 生,青 木 正 治先
生,宮 岸 武 弘 先生),お よび抗 体 測 定 に御 協 力 い た だい た 日
立化 成 研 究 所 川越 清 隆 氏 に深 謝 致 し ます.
昌也, 大技 忠 史, 西村 元 一, 宇 埜
智, 新
Minami,
mitted
3) 林
in pregnant
diseases.
謙 治,
二 郎,
K.
Chlamydia
women.
21: 329-331,
熊 本 悦 明,
上 野
&
Yoshio,
study of Chlamydia
了:
H.:
trachomatis
Sexually
trans-
1994.
塚 本 泰 司,
広 瀬 崇 興,
田付
無 症 状 の若 年 男 子 に お け る
trachomatis感
る ス ク リー ニ ン グ 調 査 一.
染率一初 尿検査 によ
感 染 症 誌,
64:
1447-
1453, 1990.
4) Doble,
A., Thomas,
B. J., Walker,
M. M., Haris,
J. R. W., Witherow,
O'N. & Taylor-Robinson,
D.:
The role of Chlamydia
trachomatis
chronic
nonbacterial
ultrasound
guided
prostatitis:
biopsy.
in
A study using
J. Urol.,
141: 332-
333, 1989.
5) Berger,
R. E., Krieger,
R. C., Close,
J. N., Kessler,
C., Holmes,
D., Ireton ,
P.:
K. K. & Roberts,
金 本 康 生:
trachomatisに
に よ る抗 原 特 異 性 の 解 析
1430-1445,
1991.
新 し い ク ラ ミ ジ ア 感 染 症 一
pneumoniae呼
松本
明,
博 夫,
川 越 清 隆:
別 所 敵 子,
trachornatis感
吸器 感染症 一広 島県
1: 1-11,
1993.
岸 本 寿 男,
副 島 林 造,
渡辺
抽 出 抗 原 を 用 い たChlamydia
染 者 抗 体 測 定 用 キ ッ ト (ヒ タ ザ イ
ム ク ラ ミ ジ アAb)
高 松 正武: 高 松 正武: 岡 山大 学 医 学 部泌 尿 器 科 学
来 統計. 西 日泌尿, 54: 512-516, 1992.
2) Koroku,
M., Kumamoto,
Y., Hirose,
T ., Nishimura,
M., Satoh,
T., Hayashi,
K., Tsu-
trachomatis
12) Huminer, D., Samra, Z., Weisman, Y. & Pitlik,
S.: Family outbreaks of psittacosis in Israel.
Lancet, 8611: 615-617, 1988.
良 治,
教 室 にお け る1980年 よ り1990年 まで の11年 間 の外
Chlamydia
保 健 環 境 セ ン タ ー 研 究 報 告,
13)
infection
慢 性 前 立腺 炎 症 例 に お け る
体 の 臨 床 的 意 義 一 血 清 抗 体 との 比 較 お よ
Chlamydia
文
献
1) 大 森 弘 之, 松 村 陽右, 公 文裕 巳, 津 島知 靖, 津 川
T.,
1992.
よ る尿 路 性 器 感 染 症 に お け る 局 所 分 泌 液 中 の
つい
浩先 生,丹 田
J.
1989.
1989.
10)
びimmunoblotting法
- . 感 染 症 誌, 65;
た札 幌 医大 前 立腺 炎 研 究 会 の諸 先 生(丸 田
associat-
in 6 patients.
体 価 の 検 討. 感 染 症 誌, 63: 130-137,
IgA抗
Epidemiologic
Prostatitis
38: 297-304,
熊 本 悦 明:
て御 指 導 いた だ い た札 幌 医科 大 学 第一 病 理 学 教室 佐 藤 昇 志
kamoto,
G.:
血 中, 前 立 腺 分 泌 液 中 抗Chlamydia
謝辞:本 稿 を終 え る にあ た り,HSPの
suspected
J. Urol., 141: 328
慢 性 前 立 腺 炎 に お け るC.trachomatis
泌 尿 紀 要,
9) 恒 川 琢 司,
均 先 生,酒 井
with
8) Schachter, J.: Chiamydia trachomatis a cause
of prostatitis ? [editorial]. J. Urol., 134: 711,
1985.
所 見 と 考 え て い る.
宮 下 修行 先 生,な
men
trachomatis
142: 1006-1007,
の 検 討.
炎 症 程 度 の 強 い も の 程C.tmchomatisのHSPに
of
prostatitis.
, 1989.
性 率 は 低 く は な く,C.tmcho6) Bruce,
matisが
study
idiopathic
の 開 発.
感 染 症 誌,
66: 584-
591, 1992.
14) Morrison, R. P., Lyng, K. & Caldwell, H. D.:
Chlamydial disease pathogenesis, ocular hypersensitivity elicited by a genus-specific 57-KD
protein. J. Expt. Med., 169: 663-675, 1989.
15) Wager, E.A., Schachter, J., Bavoil, P., Stephens, R. S.: Differential human serologic
response to two 60,000 molecular
weight
Chlamydia trachomatis antigens. J. Infect. Dis.,
162: 922-927, 1990.
16) Toye, B., Laferriere, C., Claman, P., Jessamine,
P. & Peeling, R.: Association between antibody to the Chlamydial heat shock protein and
tubal infertility. J. Infect. Dis., 168: 1236-1240,
1993.
17) Patton, D.L., Sweeney, T. T. C. & Kuo, C. C.:
Demonstration of delayed hypersensitivity in
Chlamydia trachomatis salpingitis in monkey:
A pathogenic mechanism of tubal damage. J.
Infect. Dis., 169: 680-683. 1994.
18)
田 中 正 利,
松 本 哲 朗,
Chlamydia
trachomatis尿
尾 形 信 雄,
熊 澤 浄 一:
路性 器感染 症 にお け
感 染 症 学雑 誌
第69巻
第4号
慢 性 前 立 腺 炎 に お け るC.trachomatisの
る 血 清 学 的 診 断 に つ い て-HITAZYMEク
ジ アAbの
有 用 性-.
西 日 泌 尿,
Shinnick, T., Young, D., Brennan, P. & O'Brien,
R.: Recognition of a peptide antigen by heat
shock reactive y sT lymphocytes. Science,
249: 67-69, 1990.
22) Kishi, K.: Binding of tryptic fragments
of
mycobacterial 65 kDa heat shock protein to the
cell surface and their possible role as ligands
for PPD-reactive T lymphocytes. J. Kyoto Pref.
Univ. Med., 103: 557-568, 1994.
23) Caldwell, H. D., Stewart, S., Johnson, S. &
Taylor, H.: Tear and antibody response to
Chlamydia trachomatis antigens during acute
Chlamydial conjunctivitis in monkeys as determined by immunoblotting. Infect. Immunol.,
55: 93-98, 1987.
ラ ミ
53:
943-950,
1991.
19) Bavoil, P., et al.: A soluble 60 kilodalton
antigen of Chiamydia spp. is a homologoue of
Escherichia coli GroEL. Mol. Microbiol., 4: 461,
1990.
20) 守 殿 貞 夫,荒 川 創 一, 石神 嚢 次, 酒 井
茂, 熊 本
悦 明, 河 村 信 夫, 大 越 正秋, 鈴 木 恵三, 名 出頼 男,
大 川光 央, 久住 治 男, 伊 藤 康 久, 坂
幸三, 公 文 裕 巳, 大 森 弘 之, 中野
義 人, 河 田
博, 碓 井
亜,
岩 川愛 一 郎, 熊 澤 浄 一: 前 立 腺 炎 に お け る化学 療
法 剤 の評 価 方 法 に つい て 一 患者 条件 お よ び薬効 評
価 基準 一. 泌 尿紀 要, 35: 427-445,
21) Born,
W.,
Hall,
L., Dallas,
A Study
1989.
J., Boymnel,
437
関与
J.,
on the Role of Chlamydia
trachomatis
in Chronic Prostatitis
-Analysis
of Anti-Chlamydia
trachomatis Specific
IgA
in Expressed
Prostate
Westernblotting
Secretion
by
Method-
Mikio KOROKU,
Yoshiaki
KUMAMOTO
& Takaoki
HIROSE
Department
of Urology, School of Medicine, Sapporo Medical University
Opinion among researchers
is divided as to whether Chlamydia trachomatis is the causative
organism of chronic prostatitis. In this study, using enzyme immuno assay, we examined the
positive rate of anti-C. trachomatis IgA according to the leukocyte count in expressed prostate
secretion (EPS), in a total of 169 patients including 92 patients who showed chronic prostatitislike symptoms. And we confirmed, by westernblotting, the presence or absence of and-heat shock
protein (HSP: 60 KDa) IgA in EPS, and we investigated the role of C. trachomatis in chronic
prostatitis.
The total positive rate of and-C. trachomatis IgA in EPS was 26.0% (44/169). According to
the leukocyte count in EPS, the positive rate for the group with more than 10 WBC/hpf was
29.0% (20/69), for the group with 5-9 WBC/hpf was 37.9% (11/29), for the group with less than
5 WBC/hpf was 18.3% (13/71). Accordingly the positive rate of and-C. trachomatis IgA in EPS
was not higher in direct correlation to the severity of the inflammation at the infected site (p=
0.09) . But the positive rate for the group with more than 5 WBC/hpf was higher than for the
group with less than 5 WBC/hpf. On the other hand, the total positive rate of and-HSP IgA in
EPS was 17.6% (6/34), and according to the leukocyte count in EPS, the positive rate for the
group with more than 10 WBC/hpf was 38.5% (5/13), for the group with
(0/12). Accordingly the positive rate of and-HSP IgA in EPS was higher
the severity of the inflammation
at the infected site (p=0.013).
From this results, it was suggested that C. trachomatis was concerned
chronic prostatitis with more than 10 WBC/hpf, and also C. trachomatis is
of chronic prostatis.
平 成7年4月20日
5-9 WBC/hpf was 0%
in direct correlation to
with 29.0% (20/69) of
the causative organism
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
3 370 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content