close

Enter

Log in using OpenID

14~24ページ(Pdf形式:3815KB)

embedDownload
地域だより
︵
取
材
日
9
月
29
日
︶
︶
ただん
。とが
息本
子当
さに
んよ
がく
話し
して
てく
くだ
ださ
さる
いお
まか
しげ
院
の
先
生
を
は
じ
め
、
ス
タ
ッ
フ
の
皆
さ
で
す
。
1
0
0
歳
を
迎
え
ら
れ
た
の
も
病
院
に
様
子
を
伺
い
に
行
か
れ
て
い
る
そ
う
て
お
り
、
息
子
さ
ん
が
1
日
に
2
回
は
病
横
山
さ
ん
は
市
内
の
病
院
に
入
院
さ
れ
の
お
祝
い
を
さ
れ
ま
し
た
。
山
さ
ん
が
、
ご
家
族
と
一
緒
に
記
念
の
日
1
0
0
歳
の
誕
生
日
を
迎
え
ら
れ
た
横
横山滿喜子さん
(大正3年9月27日生まれ)
すにい
。活ま
用し
さた
せ。
て寄
い附
た金
だは
き有
ま効
ま
、
大
変
あ
り
が
と
う
ご
ざ
ま
及
び
、
関
係
団
体
の
皆
さ
参
加
プ
レ
ー
ヤ
ー
の
皆
さ
た
だ
き
ま
し
た
。
︵
11
団
体
︶
に
寄
附
し
て
い
万
円
を
、
障
害
者
支
援
団
体
名
︶
の
チ
ャ
リ
テ
ィ
ー
金
22
ゴ
ル
フ
大
会
﹂
︵
参
加
者
82
﹁
第
50
回
美
作
チ
ャ
リ
テ
ィ
ー
1
0
0
歳
お
め
で
横と
山
滿う
喜ご
子
さざ
んい
︵
殿ま
所す
︶
リ
ー
ク
ラ
ブ
で
開
催
さ
れ
た
委
員
長
︶
か
ら
美
作
カ
ン
ト
亀山弘道実行委員長(左)
と萩原市長
行
委
員
会
︵
亀
山
弘
道
実
行
作
チ
ャ
リ
テ
ィ
ー
ゴ
ル
フ
実
殿
夕
空
子
ど
も
会
が
受
賞
さ
れ
ま
し
た
。
県
青
少
年
育
成
県
民
会
議
会
長
表
彰
を
田
岡
山
県
子
ど
も
会
連
合
会
会
長
、
譖
岡
山
大
会
が
き
ら
め
き
プ
ラ
ザ
で
開
催
さ
れ
、
6
月
15
日
豸
、
第
43
回
岡
山
県
子
ど
も
お
ら
れ
ま
す
。
り
地
域
の
ス
ポ
ー
ツ
振
興
に
尽
力
さ
れ
て
に
贈
ら
れ
る
も
の
で
、
30
年
以
上
に
わ
た
域
の
ス
ポ
ー
ツ
振
興
に
功
績
が
あ
っ
た
方
し
て
自
己
の
研
鑽
に
励
む
と
と
も
に
、
地
永
き
に
わ
た
り
ス
ポ
ー
ツ
推
進
委
員
と
を
、
英
田
地
域
ス
ポ
ー
ツ
少
の
チ
ャ
リ
テ
ィ
ー
金
10
万
円
会
﹂
︵
参
加
者
1
0
5
名
︶
﹁
チ
ャ
リ
テ
ィ
ー
ゴ
ル
フ
大
リ
ー
ク
ラ
ブ
で
開
催
さ
れ
た
月
、
6
月
に
英
田
光
カ
ン
ト
田殿夕空子ども会
江見美佐子さん(川上)
ま
た
、
10
月
1
日
貉
、
美
い
﹂
と
話
さ
れ
ま
し
た
。
年
2
回
の
大
会
を
続
け
た
援
を
し
て
い
き
た
い
の
で
、
英
田
地
域
の
教
育
関
係
の
支
ま
橋し
本た
清。
会
長
は
﹁
今
後
も
年
団
に
寄
附
し
て
い
た
だ
き
子
ど
も
会
活
動
で
表
彰
全
国
ス
ポ
ー
ツ
推
進
委
員
連
合
か
ら
感
謝
状
会
︵
橋
本
清
会
長
︶
か
ら
2
リ
テ
ィ
ー
ゴ
ル
フ
実
行
委
員
表
彰
・
感
謝
状
を
受
け
ら
れ
た
方
を
ご
紹
介
し
ま
す
。
9
月
25
日
貅
、
英
田
チ
ャ
橋本清会長
(左)
と英田地域スポーツ少年団の保護者の方々
表
彰
・
感
謝
状
チ
ャ
リ
テ
ィ
ー
金
贈
呈
式
有
料
広
告
広告の内容に関する責任は、広告主が負うものとする。
2014.12月号 14
地域だより
安倍首相と記念撮影
け
て
お
ら
れ
ま
し
た
。
か
れ
た
様
子
で
、
親
し
げ
に
話
し
か
首
相
は
萩
原
市
長
が
い
る
こ
と
に
驚
ず
記
念
撮
影
を
行
い
ま
し
た
。
安
倍
れ
て
い
ま
し
た
。
チ
に
賛
辞
を
述
べ
、
名
刺
交
換
を
さ
に
挨
拶
に
来
ら
れ
、
市
長
の
ス
ピ
ー
投
資
家
の
方
々
が
、
市
長
の
と
こ
ろ
セ
ミ
ナ
ー
終
了
後
に
は
、
多
く
の
え
る
こ
と
が
で
き
ま
し
た
。
到
着
し
、
今
回
の
出
張
を
無
事
に
終
12
時
間
の
フ
ラ
イ
ト
で
羽
田
空
港
に
き
ま
し
た
。
日
本
ま
で
飛
行
機
で
約
︵
美
作
市
秘
書
室
濱
田
宏
治
︶
15 2014.12月号
安
倍
首
相
が
控
室
に
到
着
し
、
ま
待
ち
ま
す
。
を
し
な
が
ら
、
安
倍
首
相
の
到
着
を
良
か
っ
た
と
思
い
ま
す
。
首
長
の
中
で
、
観
客
の
反
応
は
一
番
全
て
終
え
て
、
日
本
へ
の
帰
路
に
着
そ
し
て
、
ア
メ
リ
カ
で
の
予
定
を
で
、
他
の
参
加
者
の
皆
さ
ん
と
会
談
ス
ピ
ー
チ
は
と
て
も
好
評
で
、
4
い
ま
し
た
。
会
場
の
ヒ
ル
ト
ン
ホ
テ
ル
の
控
室
い
よ
い
よ
セ
ミ
ナ
ー
当
日
で
す
。
が
主
催
し
、
世
界
各
都
市
で
開
催
し
﹁
感
覚
を
取
り
戻
す
﹂
と
言
っ
て
、
ナ
ル
内
で
出
発
待
ち
で
す
。
市
長
は
に
出
国
手
続
き
を
済
ま
せ
、
タ
ー
ミ
時
に
空
港
で
集
合
し
ま
し
た
。
早
め
機
で
出
発
な
の
で
、
2
時
間
前
の
9
成
田
空
港
を
11
時
10
分
発
の
飛
行
出
席
す
る
和
歌
山
県
知
事
、
新
潟
県
て
、
夕
刻
よ
り
、
同
じ
セ
ミ
ナ
ー
に
を
し
ば
ら
く
散
策
し
ま
し
た
。
そ
し
解
消
す
る
た
め
に
、
マ
ン
ハ
ッ
タ
ン
ホ
テ
ル
に
到
着
後
、
時
差
ボ
ケ
を
し
て
く
れ
ま
し
た
。
﹁
M
I
M
A
S
A
K
A
﹂
と
コ
ー
ル
市
長
の
呼
び
か
け
に
応
え
、
笑
顔
で
9
月
25
日
貅
︻
現
地
時
間
︼
り
ま
す
。
ア
メ
リ
カ
は
広
い
で
す
ね
。
経
済
産
業
省
の
担
当
者
の
方
々
と
の
十
日
町
市
長
、
京
都
市
長
、
そ
し
て
、
に
、
美
作
に
は
移
住
し
て
き
た
方
を
し
た
が
、
ニ
ュ
ー
ヨ
ー
ク
の
皆
さ
ん
15
分
間
と
い
う
限
ら
れ
た
時
間
で
会
し
ま
し
た
。
会
理
事
の
ジ
ョ
ナ
サ
ン
加
治
氏
と
面
フ
ォ
ル
ニ
ア
州
政
府
経
済
開
発
委
員
実
際
に
来
ら
れ
た
方
々
の
事
例
を
述
癒
し
、
回
復
さ
せ
る
力
が
あ
る
と
、
と
こ
ろ
、
非
常
に
興
味
を
持
た
れ
て
作
市
の
紹
介
を
さ
せ
て
い
た
だ
い
た
ヨ
ー
ク
で
の
ス
ピ
ー
チ
の
資
料
で
美
考
え
ら
れ
て
い
る
方
で
、
ニ
ュ
ー
加
治
氏
は
日
本
へ
の
投
資
な
ど
を
出
張
記
の
始
ま
り
で
す
。
て
い
る
セ
ミ
ナ
ー
で
す
。
日
本
の
地
顔
合
わ
せ
を
兼
ね
た
夕
食
会
に
出
席
べ
な
が
ら
、
美
作
市
に
実
際
に
移
住
9
月
22
日
豺
︻
日
本
時
間
︼
域
の
魅
力
な
ど
を
外
国
企
業
に
紹
介
し
ま
し
た
。
し
て
社
会
の
一
員
と
な
る
小
規
模
投
ト
ロ
と
い
う
日
本
と
世
界
と
の
貿
易
し
、
日
本
へ
の
投
資
を
呼
び
か
け
る
9
月
23
日
貂
︻
現
地
時
間
︼
資
を
呼
び
か
け
ま
し
た
。
や
日
本
へ
の
投
資
を
促
進
す
る
団
体
た
め
に
行
わ
れ
て
い
ま
す
。
サ
ン
フ
ラ
ン
シ
ス
コ
で
、
カ
リ
対
日
投
資
セ
ミ
ナ
ー
と
は
、
ジ
ェ
そ
れ
で
は
萩
原
市
長
の
ア
メ
リ
カ
○
対
日
投
資
セ
ミ
ナ
ー
と
は
?
だ
き
ま
す
。
ア
メ
リ
カ
出
張
記
を
書
か
せ
て
い
た
民
の
皆
さ
ま
へ
の
報
告
を
兼
ね
て
、
ま
し
た
。
そ
の
出
張
に
つ
い
て
、
市
5
日
間
、
米
国
に
出
張
し
て
ま
い
り
濱
田
が
9
月
22
日
豺
か
ら
26
日
貊
の
萩
原
市
長
に
随
行
し
て
、
秘
書
室
セ
ミ
ナ
ー
﹂
に
参
加
す
る
た
め
に
、
ヨ
ー
ク
で
開
催
さ
れ
た
﹁
対
日
投
資
9
月
23
日
貂
、
米
国
・
ニ
ュ
ー
こ
と
に
な
り
ま
し
た
。
自
治
体
の
代
表
と
し
て
、
出
席
す
る
持
ち
上
が
り
、
日
本
の
田
舎
の
地
方
そ
の
中
で
、
セ
ミ
ナ
ー
の
話
し
が
に
意
見
交
換
を
続
け
て
い
ま
し
た
。
あ
り
、
当
時
の
同
僚
の
方
々
を
中
心
商
産
業
省
に
勤
務
し
て
い
た
こ
と
も
長
は
経
済
産
業
省
の
前
身
で
あ
る
通
経
済
産
業
省
に
な
り
ま
す
。
萩
原
市
ジ
ェ
ト
ロ
を
所
管
し
て
い
る
の
が
○
な
ぜ
萩
原
市
長
が
選
ば
れ
た
の
?
9
月
22
日
豺
︻
現
地
時
間
︼
デ
ィ
空
港
に
到
着
し
ま
し
た
。
ヨ
ー
ク
、
ジ
ョ
ン
・
エ
フ
・
ケ
ネ
そ
13
時
間
か
け
て
、
米
国
ニ
ュ
ー
し英
飛た語
行。の
書
機
籍
は
を
定
刻
買
に
っ
出
て
読
発
し
ん
、
で
お
い
よ
ま
22
日
の
午
前
11
時
に
逆
戻
り
で
す
。
着
し
た
ら
、
出
発
時
刻
と
ほ
ぼ
同
じ
、
時
間
か
け
て
移
動
し
ま
し
た
が
、
到
の
ぼ
る
こ
と
に
な
り
ま
す
の
で
、
13
13
時
間
あ
り
ま
す
。
日
に
ち
を
さ
か
日
本
と
ニ
ュ
ー
ヨ
ー
ク
の
時
差
は
び
か
け
ま
し
た
。
会
場
の
皆
さ
ん
も
、
K
A
﹂
と
コ
ー
ル
し
て
欲
し
い
と
呼
皆
さ
ん
に
何
度
も
﹁
M
I
M
A
S
A
い
た
い
、
と
い
う
こ
と
で
、
会
場
の
S
A
K
A
﹂
の
名
前
を
覚
え
て
も
ら
か
け
ま
し
た
。
ま
ず
は
﹁
M
I
M
A
場
の
皆
さ
ん
に
美
作
の
魅
力
を
語
り
ス
コ
ま
で
は
飛
行
機
で
6
時
間
か
か
ニ
ュ
ー
ヨ
ー
ク
か
ら
サ
ン
フ
ラ
ン
シ
ラ
ン
シ
ス
コ
へ
移
動
に
な
り
ま
す
。
会
の
予
定
が
あ
っ
た
の
で
、
サ
ン
フ
翌
日
に
サ
ン
フ
ラ
ン
シ
ス
コ
で
面
萩
原
市
長
の
ア
メ
リ
カ
出
張
記
セ
しプ基レルピ
萩たレ調ーーーセミそ
原。ゼ講Cプチミナの
市
ン演Eで、ナー後
長
テにOあ世ーが、
は
ー続のる界で始し
はま
、
シきキ
的、りば
流
ョ、ンモ
ら
暢
ン日ドルな安まく
な
が本レガ金倍しの
英
始のッン融首た歓
語
ま首ドス機相。談
で
り長氏タ関の
後
会
まののングス
、
9
月
24
日
貉
︻
現
地
時
間
︼
セミナーでスピーチをする萩原市長
地域だより
金
婚
を
迎
え
ら
れ
た
36
組
の
方
に
お
ン
プ
ラ
ザ
で
開
催
さ
れ
、
め
で
た
く
念
い
た
し
ま
す
。
生
を
送
っ
て
い
た
だ
け
る
よ
う
ご
祈
健
康
で
60
年
、
70
年
と
充
実
し
た
人
こ
れ
か
ら
も
ご
夫
婦
そ
ろ
っ
て
、
励
及
び
激
励
金
・
花
束
が
贈
呈
さ
れ
まが会
萩 し 美 に 10
原た作出月
市。市場1
民さ日
長
セれ貉
、
ンる、
大
タ皆全
川
ーさ国
教
でんス
育
開のポ
長
催激ー
か
さ励ツ
ら
れ会大
激
金婚を迎えられた36組の方々
10
月
18
日
貍
ボ
ウ
リ
ン
グ
フ
ェ
ス
テ
ィ
バ
ル
全
日
本
オ
ー
バ
ー
70
ダ
ブ
ル
ス
笹
原
有
貴
︵
林湯
野郷
高︶
校
1
年
少
年
男
子
団
体
戦
少
年
男
子
個
人
戦
10
月
13
日
豺
・
豢
ボ
ウ
リ
ン
グ
競
技
勝
間
田
高
校
2
年
絹
田
千
穂
︵
長
谷
内
︶
個
人
演
技
種
目勝
間
田
高
校
2
年
水
島
千
里
︵
上
相
︶
勝
間
田
高
校
2
年
団
絹体
田種
千目
穂
︵
長
谷
内
︶
10
月
18
日
貍
小
林
悠
人
︵
楢
原
上
︶
全国の舞台で頑張ってください!
な
ぎ
な
た
競
技
津
山
東
高
校
3
年
谷
口
き
く
み
︵
三
倉
田
︶
山
本
百
紅
︵
山
口
︶
10
月
17
日
貊
サ
ッ
カ
ー
競
技
第
69
回
国
民
体
育
大
会
長
崎
国
体
り
で
す
。
︵
順
不
同
・
敬
称
略
︶
組
安
手
藤
演
武
海
咲
一
般津︵
男山明林
女東見野
高︶高
校
校
1
1
年
年
大
会
名
・
出
場
選
手
は
次
の
と
お
山
本
佳
歩
︵
山
口
︶
が
期
待
さ
れ
ま
す
。
組
演
武
高
校
生
女
子
ま
し
た
。
各
選
手
の
大
会
で
の
活
躍
埼
玉
県
︵
少
林
寺
拳
法
︶
祝
状
贈
呈
式
﹂
が
作
東
バ
レ
ン
タ
イ
集
ま
り
い
た
だ
き
ま
し
た
。
萩
原
市
長
か
ら
の
お
祝
い
の
言
葉
10
月
1
日
貉
、
﹁
金
婚
ご
夫
婦
お
が
贈
呈
さ
れ
ま
し
た
。
の
後
、
1
組
ず
つ
お
祝
状
と
記
念
品
in 2
岩
11 埼 0
月玉1加小手
4藤貝県
3
年富利︵
日
少男雄ボ
豺
林︵︵ウ
・
寺原湯リ
豢
拳︶郷ン
︶グ
法
︶
全
国
大
会
金
婚
ご
夫
婦
お
祝
状
贈
呈
式
開
催
全
国
ス
ポ
ー
ツ
大
会
出
場
者
激
励
会
ɄɄʑʗʐʂ
有
料
広
告
࢖ၕ ழߔǎ༃౺
Īॢī঳ষǒ૪ġāɘȹɉā
Īᄄī঳ষǐ૪Ǐnjယġ
他の学年については、お問い合わせください。
美作市役所のすぐ近く
小学校英語指導者資格保有
UFM!1979.83.1529
少人数制でお一人さまからスタートできます。
広告の内容に関する責任は、広告主が負うものとする。
2014.12月号 16
各種大会結果
第
3
位
山
本
洋
二
︵
北
山
︶
優
勝
小
林
巧
人
︵
英
田
︶
準
優
勝
小
坂
田
勝
美
︵
猪
臥
︶
優
勝
松
本
孝
一
︵
山
外
野
︶
◆
◆
成 84 参 美
名加作
人中
績
数央
︵
グ
敬
ラ
称
ウ
略
ン
︶
ド
ゴ
ル
フ
同
好
会
◆
◆
主 湯 場 10
郷 月
催グ所1
日
ラ
貉
ウ
ン
ド
ゴ
ル
フ
場
中
優
準
第
学
優
3
生
勝
勝
位
男
子
の門浅︵井︵和
部野浦武辺武田
美枝蔵 蔵一
楓武花
孔
︵苗
︵武
道
英美道
館
田作館
︶
︶︶︶
◆
開
催
日
中
央
会
グ
ラ
ウ
ン
ド
ゴ
ル
フ
大
会
高
学
第
準
3
年
優
位
女
勝
子
の︵森
和
部武岩︵
田
武
輝
蔵一蔵大
武郎武空
道
道
館
館
︶
︶
し
ま
す
。
強烈な打ち合い
美
作
市
と
大
船
渡
市
と
の
交
流
︵
武
蔵
武
道
館
︶
会
﹂
へ
美
作
市
代
表
と
し
て
出
場
優
勝
和
田
昇
大
少
年
団
剣
道
交
流
大
会
県
予
選
ち
合
わ
せ
を
行
い
ま
し
た
。
種
イ
ベ
ン
ト
へ
の
参
加
に
つ
い
て
打
後
児
童
ク
ラ
ブ
へ
の
慰
問
活
動
や
各
訪
問
し
、
こ
ど
も
園
・
学
校
・
放
課
り
、
市
役
所
の
関
係
部
署
も
併
せ
て
船
渡
市
と
の
交
流
を
計
画
し
て
お
ル
ゴ
ー
ル
夢
館
で
は
、
長
期
的
な
大
た募生手館
さ 。 っ 時 県 ・ 10
たよ大オ月
ら
募 り 船 ル 22
に
金博渡ゴ日
、
等物市ー貉
現
の館をル、
代
訪夢
寄
玩
贈の問館現
具
を来しの代
博
行館、職玩
物
い者震員具
館
まか災が博
・
しら発岩物
オ
て
い
き
ま
す
。
大船渡市の新沼会計課長に
募金を手渡す橋爪館長
(右)
高
学
年
男
子
の
部
さ
れ
る
﹁
第
37
回
全
国
ス
ポ
ー
ツ
小
林
百
︵々
勝花
田
︶
第
3
位
小
林
知
世
︵
英
田
︶
準
優
勝
杉
本
愛
呼
︵
勝
田
︶
優
勝
宮
元
海
︵
勝
田
︶
月
1
日
貍
、
岡
山
武
道
館
で
開
催
準
優
勝
美
勝
合英
同
チ
ー
ム
優
勝
武
蔵
武
道
館
今
回
の
大
会
成
績
に
よ
り
、
11
低
学
第
年
3
位
女
子
の杉森
部本元
宏
善
︵太
︵
勝勝
田田
︶︶
準
優
勝
安
室
拓
︵
勝
田
︶
高
学
年
団
体
低
学
年
団
体
準
優
勝
武
蔵
武
道
館
優
勝
勝
田
A
優
勝
山
本
一
晟
︵
勝
田
︶
準
優
勝
所
風
子
︵
勝
田
︶
低
学
年
男
子
の
部
優
勝
浅
浦
茉
夏
︵
美
作
︶
◆
成
績
︵
敬
称
略
︶
ル
夢
館
を
通
じ
て
今
後
さ
ら
に
続
い
は
、
現
代
玩
具
博
物
館
・
オ
ル
ゴ
ー
現
代
玩
具
博
物
館
・
オ
ル
ゴ
皆ー
さル
ま夢
の館
想大
い船
を渡
届市
け訪
に問
⋮
◆
◆
宮場9開
本 月催
武所7日
蔵
日
顕
豸
彰
武
蔵
武
道
館
中
学
生
女
子
の
福
部︵田
武
蔵悠
武佑
道
館
︶
第
3
位
小
椋
雄
雅
︵
勝
田
︶
準
優
勝
西
岡
優
樹
︵
勝
田
︶
美
作
市
ス
ポ
ー
ツ
剣少
道年
交団
流
大
会
有
料
広
告
広告の内容に関する責任は、広告主が負うものとする。
17 2014.12月号
図書館だより
Ĵĵ‫ڏ‬ƞLJǼȖǫ
࠽ࡌࡌࡴࡡ㸦෇
中央図書館(☎72-1135)
クリスマスツリーをかざろう!
一 般
『グリーン・グリーン』
(あさのあつこ 著/徳間書店)
農林高校に都会育ちの新米教師
がやってきた。出会ったのはバ
ラの花が好きな豚⁉季節ごとの
実習や、生徒たちの苦悩と向き
合う、驚きと笑いと感動の日々
を描く。『日本農業新聞』掲載
に加筆・修正し、単行本化。
児 童
『いのちの花』
(綾野まさる 作/ハート出版)
殺処分された犬が事業系廃棄物
として処分されているという現
実にショックを受けた女子高生
たちが考えた「いのちの花プロ
ジェクト」。処分された犬の骨
を土に入れて花を育てるこの活
動を、実話をもとに物語化して
伝える。
12月2日(火)∼25日(木)
ā࠵໘Ɉʇ˂ʑʶʑʜ˂ĜɅʹʛʓĜʐʃĜʡɬ
āȥȰɧȠĊઞ‫ݡ‬௤ɜȜɤɘȳƴ
「にじの会」による読み聞かせ会
12月13日(土) 10:00∼11:00
冬休み映画会
12月27日(土) 10:30∼12:05
āĶ॔௲ཹʵʉʛʠʺˋʑʗĜ
āāāʆˁʞɻʢɂ࿉ऋɈ‫ݴ‬ഩʏɿɼʷķ
Ī:6ယī
14:00∼16:15
āĶʩɼ˄ĜʜĆʂʮĆʃ˂ʫɺˋ
āāāāāāāāāāāāāā౺ჩɈಶķ
Ī246ယī
作東図書館(☎75-0007)
サンタさんからのメッセージをお届けします♪
12月2日(火)∼
āʍˋʗȯɭȦʞĜʶ်ɅǍȾɈ൜ɅႨɬǏઋೊ
āɭɁȩɦɘȱȹăɃɭɄႨȦ໴ȽɀȞɥȥɄĉ
ā࡚ȽɀȥɣɈȤߖȱəĊ
「かぼちゃの馬車」による読み聞かせ会
12月20日(土) 14:00∼15:00
冬休み映画会
12月25日(木) 10:00∼11:20・14:00∼15:20
āĶȥȞȫȾʖ˅˂
āāāāāāȺĆȺĆȺĆȺȞɖȠȫɭķ
Ī91ယī
英田図書館(☎74-3104)
ほのぼのお楽しみ会
ै૮९ࣆ
一般 『ラストレター』
(さだまさし 著/朝日新聞出版)
『復活祭』
(馳星周 著/文藝春秋)
『人間、最後はひとり』
(吉沢久子 著/さくら舎)
『ぐでたま哲学』
(サンリオ 編/大和書房)
12月10日(水) 10:00∼11:30
児童 『どんぐりむらのほんやさん』
冬休み映画会
12月24日(水) 10:00∼11:25
āĶʠɼʑʠĜ˂Ĝķ
Ī96ယī
東粟倉図書館(☎78-3650)
図書館クイズ 12月1日(月)∼20日(土)
(なかやみわ 作/学研マーケティング)
『希望の牧場』
(森絵都 作/岩崎書店)
『鹿の王 上・下』
(上橋菜穂子 作/KADOKAWA)
『しっぽのひみつ』
(PHP研究所)
āāāāāāāāāāāāāāĪൎ௣ćழߔ౺ī
āř౷‫ސ‬ཡ࿍ŕा࿚Ɉৄࠓɉ23ॢ33໲
Īॢīȥɣă
ブックカフェ
12月20日(土) 10:30∼11:30
āāʇ˂ʑʶʑɂ૥ຮဦߔɬʞĜʶɅȱȹৄᆔ‫ޏ‬ă
āāāāāāāāāāāāāāāĪൎ௣ć‫ཾێ‬ī
詳しい内容は、
美作市図書館
中央・作東・英田・大原
12月の
休館日
1日(月)・8日(月)・15日(月)
21日(日)∼23日(火・祝)・26日(金)
29日(月)∼31日(水)
東粟倉
ǯȪȃǯ
7日(日)・14日(日)・21日(日)
23日(火・祝)・27日(土)∼31日(水)
2014.12月号 18
こんにちは 健康さん
◆岡山県では、風しんの無料抗体検査を実施して
います。
無料抗体検査対象者(受検できる医療機関等詳
しくは県ホームページをご覧ください)は、検査
日において岡山県内に住所を有し、次のいずれか
に該当する方。
①妊娠を希望する女性
②①の配偶者などの同居者
(1歳未満の方を除く)
③風しんの抗体価が低い妊婦の配偶者などの同居
者(1歳未満の方を除く)
※過去に風しん抗体検査を受けたことがある方、
風しんの既往歴がある方のいずれかに該当する
方を除きます。
問い合わせ先
岡山県健康福祉部健康推進課
蕁086−226−7331
ホームページ
http://www.pref.okayama.jp/page/380502.html
◆美作市では、
予防接種の費用助成を行っています。
○助成対象者
次のいずれかに該当し、
風しん抗体検査を受け、
抗体価が低い方。
①妊娠を希望している16歳以上50歳未満の女性
②①の同居者 ③風しんの抗体価の低い妊婦の同居者
○助成額
3,000円(1人につき1回とします)
○申請方法
申請書兼請求書に必要事項を記入し、次の書類
を添付して、美作市健康づくり推進課または各総
合支所に提出してください。
・領収書 (接種者名、接種日及び接種費用の分
かるもの)
・予防接種済証等の接種が証明できるもの
・風しん抗体検査の結果が分かる書類
◆問い合わせ先
美作市健康づくり推進課 蕁75−3911
場 所
乳
幼
児
健
診
育
大原保健センター
美作保健センター
児
相
談
16日㈫
12日㈮(幼児)・ 15日㈪(乳児)
☆各種健康診断・育児相談等に関する問い合わせ先
美作市健康づくり推進課(蕁75−3911)
、または各総合支所保健師まで
ご連絡ください。
‫ܲڹ‬ƠƯƯǗȵȀȝÆZSP
中華風ロール白菜の
クリーム煮
白菜にはビタミンCが多く含まれ、免疫力を高め、風邪を予防する働
きがあります。
【材 料】
(4人分)
【つくり方】
① 塩少々(分量外)を入れた湯で白菜がしんなりするまで茹
白菜………………8枚
豚ひき肉…………350g
で、ざるに上げる。根元の硬いところとAの白ネギはみじ
白ネギ………1本分
ん切りにしておく。
ショウガのしぼり汁
② 豚ひき肉に①の白菜の芯のみじん切りとAを全て入れ、よ
………小さじ1
く練り混ぜる。混ざったら8等分にする。
A
酒……………大さじ2
③ ①の白菜の水気を拭き、②のたねの1つ分をのせ、手前か
卵……………1/2個
ら巻く。残りのたねも同様にする。
塩・コショウ…少々
④
巻き終わりを下にして鍋に並
水…………………かぶるくらい
べ、かぶるくらいの水を加えて
鶏がらスープの素
中火にかける。沸騰してきたら
………小さじ1と1/2
B 塩……………小さじ1/2
Bを加えて弱火にし、20分程煮
コショウ……少々
る。
牛乳………………カップ1
⑤ 牛乳を加えて再びふたをして約
片栗粉……………大さじ1
3分煮る。
水…………………大さじ2
⑥ 水溶き片栗粉を加え、仕上げに
黒コショウ………適量
黒コショウをお好みでふる。
{
{
【1人分:エネルギー322褫
たんぱく質5.1g カルシウム163㎎ 食塩2.5g】
今月の健康おすすめレシピは、12月12日㈮のみまちゃんネルで放送しますので、ぜひご覧ください。
19 2014.12月号
お知らせ窓口
年金受給者の皆さんへ
『扶養親族等申告書』は期限までに提出しましょう
NEWS
老齢や退職を支給事由とする年金は、雑所得として所得税及び復興特別所得税の課
税対象とされています。
(障害年金・遺族年金は課税されません)
課税対象となる受給者の方には、毎年11月上旬までに日本年金機構から「公的年金
等の受給者の扶養親族等申告書」が送付されていますので、12月1日の提出期限まで
に必ず提出してください。
この申告により、翌年中に受けられる年金にかかる所得税及び復興特別所得税の源
泉徴収税額が決まります。もし提出を忘れると各種控除が受けられず、所得税の源泉
徴収税額が多くなる場合がありますのでご注意ください。
なお、年金以外に収入がある方は確定申告が必要です。
○平成27年度分「扶養親族等申告書」が送付される方(課税対象となる方)
・65歳未満…年金額が108万円以上
・65歳以上…年金額が158万円以上
◆詳しくは、ねんきんダイヤル(蕁0570−05−1165)、津山年金事務所
(蕁0868−31−2365)
、美作市市民生活課国保年金係(蕁72−1143)
、
または各総合支所地域福祉係
蕁
0
8
6
8
︱
3
1
︱
2
3
6
5
来
所
、
ま
た
は
電
話
津
山
年
金
事
務
所
◆
相
談
方
法
◆
予
約
・
問
い
合
わ
せ
先
大
原
公
民
館
ま
た
は
各
総
合
支
所
地
域
福
祉
係
蕁
7
2
︱
0
9
2
6
美
作
市
民
セ
ン
タ
ー
午
前
10
時
∼
午
後
3
時
午
前
10
時
∼
午
後
3
時
美
作
市
市
民
生
活
課
蘆
12
月
26
日
貊
蘆
12
月
18
日
貅
◆
問
い
合
わ
せ
先
美
作
市
民
セ
ン
タ
ー
美
作
市
民
セ
ン
タ
ー
美
作
市
民
セ
ン
タ
ー
午
前
10
時
∼
午
後
3
時
午
前
10
時
∼
午
後
3
時
午
前
10
時
∼
午
後
3
時
蘆
12
月
19
日
貊
蘆
12
月
4
日
貅
蘆
12
月
5
日
貊
美
作
市
民
セ
ン
タ
ー
◆
日
時
・
場
所
作
東
公
民
館
午
前
10
時
∼
午
後
3
時
証
も
忘
れ
な
い
よ
う
ご
用
意
く
だ
さ
い
。
午
後
1
時
∼
4
時
蘆
12
月
12
日
貊
れ
た
方
の
身
分
証
明
書
や
運
転
免
許
蘆
12
月
5
日
貊
ま
た
、
年
金
相
談
の
代
行
を
委
任
さ
東
粟
倉
総
合
支
所
の
委
任
状
を
ご
用
意
く
だ
さ
い
。
午
後
1
時
∼
4
時
相
談
を
さ
れ
る
と
き
は
、
本
人
か
ら
蘆
12
月
5
日
貊
な
お
、
本
人
以
外
の
ご
家
族
等
が
勝
田
ふ
れ
あ
い
セ
ン
タ
ー
※
◆
日いのど相
時。を相談
で談に
・
きには
場
る関、
所
だす契
ける約
ご資書
持料・
参と領
くな収
だる書
さもな
い
内
容
な
ど
を
お
知
ら
せ
く
だ
さ
い
。
午
後
1
時
∼
4
時
だ
き
、
希
望
す
る
日
程
と
相
談
し
た
蘆
12
月
5
日
貊
号
の
分
か
る
書
類
を
用
意
し
て
い
た
に
は
、
年
金
手
帳
な
ど
の
基
礎
年
金
番
英
田
保
健
セ
ン
タ
ー
午
後
1
時
∼
4
時
らと
い
ま電、、
す話おお
。で気悩
の軽み
ごにの
相ごこ
談相と
も談が
受くあ
けだり
付さま
けいし
て。た
予
約
を
お
願
い
し
ま
す
。
予
約
の
際
前
に
津
山
年
金
事
務
所
ま
で
、
電
話
で
い
ま
す
。
相
談
を
ご
希
望
の
方
は
、
事
蘆
12
月
4
日
貅
大
原
公
民
館
午
前
9
時
∼
正
午
年
金
相
談
は
、
予
約
制
と
な
っ
て
蘆
12
月
4
日
貅
年
金
相
談
︵
美
作
市
内
︶
◆
日
時
・
場
所
お
気
軽
に
ご
相
談
く
だ
さ
い
。
相
談
相
談
は
無
料
で
、
秘
密
厳
守
で
す
。
でま
まに
消すす相す、美
費。。談。消作
費市
者
相に
生で
問
談は
活は
は、
題
相、
無専
な
談市
料門
ど
を民
で相
で
開の
、談
お
秘員
催方
困
密が
しを
り
厳応
の
て対
守じ
こ
い象
行
政
・
人
権
相
︵談
美
作
市
内
︶
消
費
生
活
相
談
ひ
と
り
で
悩
ま
ず
、
ま
ず
相
談
お
知
ら
せ
窓
口
M
I
M
A
S
A
K
A
2014.12月号 20
お知らせ窓口
い税度
相。務と
談
課な
は
まり
無
でま
料
おす
。
で
申ご
、
秘
し予
密
込約
厳
みは
守
く美
で
だ作
す
さ市
。
つ
や
ま
総
合
相
談
セ
ン
タ
ー
︵
当
日
受
付
可
︶
で
、
時
間
は
30
分
程
士
に
よ
る
相
談
会
で
す
。
予
約
優
先
方
、
ご
相
談
く
だ
さ
い
。
地
元
弁
護
サ
ラ
金
へ
の
返
済
等
で
お
困
り
の
◆
美
岡主蕁
︵作
山 7
美市
県催2
作
司
︱美保世
法
3作健代
6市セ交
書
7北ン流
士
7山タ多
会
津
4ー目
山
0と的
支
1なホ
部
番りー
地︶ル
◆着
吉講剤は
田 ︵さ
喜師工み
代
作・
子
用竹
さ
、串
ん
手・
芸お
用し
でぼ
もり
可・
︶接
◆
◆
持 11 申 20
参月込名
物 27 期 程
日間度
貅
多
∼重
お
金債
の務
困法
り律
ご
と相
相談
談会
∼
蕁
0
8
6
8
︱
2
3
︱
1
2
4
7
◆
◆
場 午 12 日
前月 所 10 13 時
時日
∼貍
正
午
厳
守
で
す
。
◆
定あはを
ら、欠
員かご席
負
じ担さ
めいれ
ごたる
了
承だ場
くき合
だまも
さす材
いの料
。で費
、
※
申
し
込
み
後
、
や
む
を
得
ず
講
座
◆るのる望た婚チタ
平日講パ基すん・ャー岡
午
成 座ソ礎る仕出レ︵山
前
27 時 を コ 知 女 事 産 ン ウ 県
10
開ン識性を・ジィ男
年
時
催基やを中育支ズ女
1
10
し本エ対断児援セ共
月
分
ま操ク象し・事ン同
14
∼
す作セに、介業タ参
日
午
。等ル就再護とー画
後2貉
を3業就等し︶推
4月∼
習級に職でてで進
時 20
得程関をい、はセ
日
す度す希っ結、ン
貊
︵
次
ペ
ー
ジ
へ
続
く
︶
15
名
︵
選
考
に
よ
り
決
定
︶
◆
募
集
人
数
程
度
を
予
定
︶
蘆
相
談
専
用
電
話︵
津
山
市
山
下
53
︶
美
作
県
民
局
内
午
後
1
時
∼
5
時
午
前
9
時
∼
正
午
月
曜
日
∼
金
曜
日
蘆
相
談
受
付
日
時
岡
山
県
消
費
生
活
セ
ン
タ
津ー
山
分
室
さ問す関務成与
相い題るす、年、登
談。にこる破後売記
は
つと相産見買に
無
いで談にに、関
料
て、、関関建す
、
、日そすす物る
予
ぜ頃のるる、相
約
ひか他相相会談
不
ごら、談談社︵
要
相お法、、の相
談悩律境多登続
、
くみに界重記、
秘
だの関に債︶贈
密
、
必
要
に
な
り
ま
す
。
※
別5
途0
材0
料円
費
2,
0
0
0
円
程
度
キ
ャ
リ
ア
ア
受ッ
講プ
者講
募座
集
◆
※
◆きをい
はた無受る希っ結応
︵
津
津
山
実だ料講方望た婚募
料
山
すん・資
男
費し
る仕出格
市
女
。
︵、
産
教
事
女
新
共
合
ア魚
性を・
同
計材
ル
費
育
中
で
町
で
ネ
﹁参
・
児
22
断
17
8,
・
さ画
検
日し・
津
んセ
0定
間、介
山
・ン
0受
出再護
5
さタ
0験
席就等
階
んー
で職で
円料
︶
﹂
21 2014.12月号
蘆
相
談
窓
口
◆
受
講
料
講
座
で
す
。
蕁
7
2
︱
2
9
0
0
蕁
0
8
6
︱
2
2
6
︱
0
9
9
9
司
法
書
無士
料に
法よ
律る
相
談
会
◆
◆
来 内 英 場 午 12
年 田 後月
の 容 公 所 1 11
民
時日
干
館
∼貅
支
︵
を
2
押
時
し
間
絵
程
で
度
つ
︶
く
る
美
作
市
教
育
委
員
会
社
会
教
育
課
◆
申
込
・
問
い
合
わ
せ
先
◆
※
場貉の期
を 22 間
所除日の
く間う
︶︵ち
た、
だ毎
し週
、水
2∼
月土
11 曜
日日
蘆
相
談
専
用
電
話
◆
日
時
午
後
1
時
∼
5
時
午
前
9
時
∼
正
午
火
曜
日
∼
日
曜
日
蕁
7
2
︱
4
5
5
7
美
作
市
税
務
課
押
し
絵
づ
く
り
教
室
蘆
相
談
受
付
日
時
◆
◆
岡
山すす次蕁美問
県。るの7作い
消
相と2市合
費
談こ︱商わ
生
をろ6工せ
活
受で6観先
も9光
セ
け消3課
ン
付費
タ
け生
ー
て活
いに
ま関
◆
予
約
・
問
い
合
わ
せ
先
◆
美 場 午 12
作 後月
市 所 1 10
時日
民
︵
30 貉
セ
美
分
ン
作
∼
タ
市
4
ー
役
時
3
所視階
30
と
分
聴
な
覚
り
︶室
募
集
蕁
0
8
6
8
︱
2
0
︱
1
1
5
5
司
法
書
士
濱
田
正
典
つ
や
ま
総
合
相
談
セ
ン
タ
ー
長
◆
日
時
◆
問
い
合
わ
せ
先
平成26年度美作市成人式
平成27年1月11日豸、美作文化センターで
平成26年度美作市成人式を開催します。
◆日 時
平成27年1月11日豸
午前10時30分開式
◆会 場
美作文化センター
◆内 容
式典、記念行事(美作ジョイフルバンドに
よる演奏)、記念撮影
◆対象者
平成6年4月2日∼平成7年4月1日生ま
れの方で、美作市内に住所を有する方、また
は美作市内の中学校を卒業された方
※対象者の方には、案内のハガキを送付して
おります。届いていない方は、美作市教育
委員会社会教育課までご連絡ください。
◆問い合わせ先
美作市教育委員会社会教育課
蕁72−2900
お知らせ窓口
び
、
申
し
込
み
方
法
が
異
な
り
ま
す
訓
練
科
に
よ
っ
て
募
集
対
象
者
及
そ
の
他
届
出
に
関
し
て
ご
不
明
な
点
出
が
義
務
づ
け
ら
れ
ま
し
た
。
い
る
方
に
も
﹁
蜜
蜂
飼
育
届
﹂
の
提
で
な
く
、
趣
味
で
蜜
蜂
を
飼
育
し
て
興
法
が
施
行
さ
れ
、
養
蜂
業
者
だ
け
れ
ま
で
県
下
の
他
の
シ
ル
バ
ー
人
材
そ
の
事
務
費
に
つ
き
ま
し
て
、
こ
て
い
ま
す
。
だ
き
、
セ
ン
タ
ー
の
運
営
費
用
と
し
配
分
金
に
一
定
率
の
事
務
費
を
い
た
に
事
務
費
が
あ
り
ま
す
が
、
会
員
の
当
セ
ン
タ
ー
の
作
業
費
請
求
金
額
ま
た
、
定
例
検
査
も
毎
月
第
3
水
て
実
施
し
ま
す
。
談
・
検
査
時
間
を
普
段
よ
り
延
長
し
普
及
啓
発
と
早
期
発
見
の
た
め
、
相
H
I
V
・
エ
イ
ズ
の
正
し
い
知
識
の
す
。
美
作
保
健
所
勝
英
支
所
で
は
、
1
9
8
8
年
に
制
定
し
た
も
の
で
必
要
書
類
や
届
出
の
除
外
規
定
、
◆
無入勝
料場央
料文
化
ホ
ー
ル
◆
◆
場 午 12 日
後月 所 1 14 時
時日
∼豸
︵
開
場
正
午
︶
◆
※
教無受平
材料講成
料 27
費
年
な
1
ど
月
は
24
別
日
途
貍
必
・
要
25
。
日
豸
平
成
25
年
1
月
1
日
か
ら
養
蜂
振
ミ
ツ
バ
チ
を
飼
育
さ
皆れ
さて
まい
へる
公
益
社
団
法
人
美
作
市
シ
ル
バ
ー
人
材
セ
ン
タ
ー
おか
知ら
らの
せ
的
に
W
H
O
︵
世
界
保
健
機
関
︶
が
◆
試
験
日
に
対
す
る
差
別
・
偏
見
の
解
消
を
目
ズ
の
ま
ん
延
防
止
と
患
者
・
感
染
者
な
の
ウは
ィな
ンフ
タァ
ーミ
コリ
ンー
サ
ー
ト
11
月
10
日
平豺
成∼
27
年
1
月
9
日
貊
蕁
7
5
︱
1
1
1
1
http://www.pref.okayama.jp/
page/349915.html
等
が
ご
ざ
い
ま
し
た
ら
美
作
県
民
局
◆
申
込
方
法
の
で
、
岡
山
県
立
北
部
高
等
技
術
専
門
校
へ
お
問
い
合
わ
せ
く
だ
さ
い
。
作
東
総
合
支
所
業
務
管
理
係
岡
山
県
畜
産
課
ホ
ー
ム
ペ
ー
ジ
で
こ す 12
れ。月
は
1
、
日
世
は
﹁
界
世
レ
界
ベ
エ
ル
イ
で
ズ
の
デ
エ
ー
イ
﹂
蕁
7
3
︱
4
0
5
4
︵
美
作
市
入
田
2
9
1
︱
2
︶
蘆
◆
6
申Oエ
カ
込Aク
ス︵月
期
間事テ平訓
練
成
務リ
ア 27
科科年
4
20 10 月
名名∼
9
月
︶
◆
問
い
合
わ
せ
先
蕁
0
8
6
8
︱
2
3
︱
1
3
1
0
世
界
エ
イ
ズ
デ
ー
美
作
保
健
所
勝
英
支
所
◆
連
絡
・
問
い
合
わ
せ
先
電
︵
気
平
設
成
備
27
科
年
4
10 20 平 月
名名成∼
28
年
3
月
︶
木
工
科
20
名
木
造
建
築
科
◆
バ場午
12
レ 後
月
ン所6
1
タ
時
日
イ
∼平豺
ン
9成∼
パ
時 27
ー
年
ク
1
作
月
東
4
日
豸
◆
日
時
10
万
円
以
下
の
過
料
に
処
さ
れ
る
こ
た
は
虚
偽
の
届
出
を
し
た
と
き
は
、
農
畜
産
物
生
産
課
畜
産
第
一
班
美
作
県
民
局
農
林
水
産
事
業
部
◆
届
出
・
問
い
合
わ
せ
先
蕁
7
2
︱
8
7
1
1
と
が
あ
り
ま
す
。
人
材
セ
ン
タ
ー
公
益
財
団
法
人
美
作
市
シ
ル
バ
ー
◆
問
い
合
わ
せ
先
◆
※
美 場 時 電 午 12
作 ま話前月
保 所 で 等 9 17
健
で時日
所
要∼貉
勝
予午
英
約後
支
。6
所
前時
1
日
階
午
後
5
れ
ま
す
。
蜜
蜂
飼
育
届
を
提
出
し
な
い
、
ま
平
成
27
年
4
月
作
業
分
か
ら
◆
日
時
ル
ミ
ネ
ー
シ
ョ
ン
で
華
や
か
に
彩
ら
◆
罰
則
規
定
◆
引
き
上
げ
時
期
だ
さ
い
。
︵
要
予
約
︶
バ
レ
ン
タ
イ
ン
パ
ー
ク
作
東
が
イ
毎
年
1
月
下
旬
3
%
︵
7
%
か
ら
10
%
に
︶
い
ま
す
の
で
、
お
気
軽
に
ご
相
談
く
蘆
1
年
訓
練
◆
募
集
科
及
び
定
員
岡
山
県
立
北
部
高
等
技
訓術
練専
生門
募校
集
恋
人
イ達
ルの
ミ
ネ
ー
シ
ョ
ン
蕁
0
8
6
︱
2
3
5
︱
3
3
0
7
お
蕁
0
8
6
8
︱
2
6
︱
1
1
2
5
知
ら
せ
◆
◆数号
届等、届届め
飼出出ら
出
育者事れ
時
所の項て
期
お
在住
り
地所
ま
、、
す
飼氏
。
育名
予、
定電
蜂話
群番
※
た
だ
し
、
届
出
の
除
外
規
定
が
定
げ
が
必
要
と
な
り
、
の
運
営
上
、
引
き
上
◆
事
務
費
引
き
上
げ
率
く
お
願
い
し
ま
す
。
理
解
の
ほ
ど
よ
ろ
し
い
た
だ
き
ま
す
。
ご
次
の
内
容
に
さ
せ
て
タ
ー
︵
ウ
ィ
ズ
セ
ン
タ
ー
︶
蜜
蜂
を
飼
育
す
る
全
て
の
方
等
も
上
が
り
、
事
業
◆
受
付
期
間
◆
申
込
・
問
い
合
わ
せ
先
12
月
1
日
豺
∼
13
日
貍
岡
山
県
立
北
部
高
等
技
術
専
門
校
津
山
市
川
崎
9
5
3
〒
7
0
8
︱
0
8
4
1
◆
申
込
・
問
い
合
わ
せ
先
◆
届
出
対
象
者
だ
さ
い
。
畜
産
第
一
班
ま
で
お
問
い
合
わ
せ
く
農
林
水
産
事
業
部
農
畜
産
物
生
産
課
ま
し
た
が
、
消
費
税
7
%
で
頑
張
っ
て
き
引
き
上
げ
る
中
、
セ
ン
タ
ー
が
10
%
に
岡
山
県
男
女
共
同
参
画
推
進
セ
ン
曜
日
午
前
10
時
か
ら
11
時
に
行
っ
て
2014.12月号 22
お知らせ窓口
美
作
市
農
業
委
員
会
蕁
7
2
︱
1
1
1
1
◆
問
い
合
わ
せ
先
12
月
22
日
豺
◆
1
月
分
申
請
書
提
出
締
切
日
農
業
委
員
会
へ
の
申
請
書
提
出
締
切
日
は
次
の
と
お
り
で
す
。
す理
。解献
と体
ごに
協対
力す
をる
お皆
願さ
いん
しの
まご
農
業
委
員
会
へ
の
申
請
書
提
出
締
切
日
に
つ
い
て
願
っ
て
い
ま
す
。
ま
す
。
同
会
は
正
し
い
理
解
の
も
と
に
献
体
が
行
わ
れ
る
よ
う
会
﹂
と
い
う
協
力
団
体
が
あ
り
遺
族
に
お
返
し
し
ま
す
。
岡
山
大
学
に
は
﹁
と
も
し
び
1
年
か
ら
1
年
半
後
に
遺
骨
を
お
い
て
遺
体
を
火
葬
し
、
死
後
ん
。
解
剖
実
習
後
は
、
大
学
に
い
た
だ
か
な
く
て
は
な
り
ま
せ
す
か
ら
、
十
分
に
話
し
合
っ
て
や
親
戚
の
同
意
が
必
ず
必
要
で
で年すでも制難
◆合コ
タ
蕁 ー 総 問 わ ー 詳 す 12 る に っ 度 視 国
務いせルし。月た地ては対が
0
中めデ終、策実
5
省合くセく
のにジ了平の施
7
地わだンは
申は対し成たし
デせさタ、
00
し 、 策 ま 27 め て
ジ先いー総
7︱
込遅工す年のい
。ま務
︱
コ
で省
みく事。3各る
0
ー
お地
がとを期月種地
1
ル
問デ
必も完限末支デ
0
セ
いジ
要本了まを援ジ
1
ン
種別
名 称
所在 所有者・管理者 指定年月日
県指定 彫刻 木造大日如来坐像 角南
美作市
昭和59.4.10
【正】
区分
種別
名 称
所在 所有者・管理者 指定年月日
県指定 彫刻 木造大日如来坐像 角南
売
公
の
売却区分
医
・
歯
学
生
の
解
剖
実
習
の
た
教
育
と
研
究
を
目
的
と
し
、
ま
し
た
の
で
、
訂
正
し
て
あ
わ
遺
体
を
全
て
の
医
療
従
事
者
の
献
体
と
は
、
死
後
、
自
分
の
医
献学
体発
に展
ごの
協た
力め
を
◆
し
蕁び岡問
0会山い
8﹂大合
学わ
26
医せ
3︱
学先
5
部
︱
内
7
﹁
0
と
9
も
2
編
]
﹂
に
左
記
の
誤
り
が
あ
り
年
美
作
市
市
勢
要
覧
[
資
料
典
で
配
布
さ
れ
た
﹁
2
0
1
4
美
作
市
制
施
行
10
周
年
記
念
式
10
月
9
日
貅
に
開
催
さ
れ
た
公 売 財 産 の 表 示
1
2
所 在:美作市川北字天王谷東平
地 番:1537番
地 目:山林
地 積:561㎡
最低入札価格
81,000円
(公売保証金)
10,000円
24,000円
(公売保証金)
10,000円
※上記物件の表示は登記簿上の記載によります。
※境界等については、当事者(落札者と隣接所有者)で確定してください。
◎買受人以外の人が代理で入札されるときは、委任状が必要です。
◎当日持参するもの:印鑑、公売保証金。
◎参加を希望される方は、午前11時までにおいでください。
◎公売による権利移転に伴う費用(登録免許税等)は、買受人の負担となります。
෉‫ૢڷ‬ਐ
഼ɈߠۜɂɈဩᅙɉɁȧɘȵɭă
Ⴈ२2ႳɅȾȧ2შɈȮᆀᅙɁȳă
Ŝ2໲2‫ޑ‬Ɉ໴ᅩɅঔɤɘȳă
഼ɈߠۜɂɈဩᅙɉɁȧɘȵɭă
Ⴈ२2ႳɅȾȧ2შɈȮᆀᅙɁȳă
Ŝ2໲2‫ޑ‬Ɉ໴ᅩɅঔɤɘȳă
Ŝ
Ŝ
Ŝ
有効期限 平成26年12月31日
お問い合わせは
美作市市民部税務課
収税係
☎72−4557
෉‫ૢڷ‬ਐ
Ŝ
︻
訂
正
と
お
詫
び
︼
美作市は岡山県市町村税整理
組合に委託し、差押え不動産を
次のとおり公売します。
所 在:美作市藤生字兵頭
地 番:435番8
地 目:山林
地 積:2,406㎡
12月12日㈮ 美作市民センター 午前11時∼ 2階情報資料室
11時30分 (美作市栄町35)
せ
て
お
詫
び
し
ま
す
。
昭和59.4.10
産
と こ ろ
動
不
え
押
差
と き
個 人
め
に
大
学
へ
無
償
で
提
供
す
る
地
各デ
種ジ
支難
援視
が対
終策
了の
﹁
■
文
化
財
︵
P
7
︶
﹂
【誤】
区分
こ
と
で
す
。
献
体
に
は
、
家
族
有効期限 平成26年12月31日
発
行
/
平
成
26
年
11
月
20
日
月日
医 療 機 関
金澤外科医院 ☎75−1181
11月30日
㈰
☎(0868) さとう記念病院
38−6688
美作中央病院 ☎72−0461
12月7日
㈰
日本原病院
蕁
︵
0
8
6
8
︶
7
2
︱
1
1
1
1
薨
︵
0
8
6
8
︶
7
2
︱
6
3
6
7
〒
7
0
7
︱
8
5
0
1
岡
山
県
美
作
市
栄
町
38
︱
2
原
医
豆
田
梅
本
信
惠
81
歳
■
亡
く
な
ら
れ
た
方
土
居
闍
田
義
雄
90
歳
保
護
者
・
教
礼
奥
澤保
護
谷者
・
心み
釉ゆ優
歩あ二
土
居
野保
護
谷者
・
姫ひ
菜な賢
乃の潔
大
原
安
東
守
85
歳
下
香
山
貞
森
幹
夫
91
歳
巨
勢
中
西
澄
子
95
歳
楢
原
下
福
原
純
子
82
歳
奥
篠
山
迪
子
88
歳
上
山
永
井
伊
津
美
83
歳
☎(0868) 36−3311
院 ☎72−8100
12月14日
㈰
小坂田医院
☎(0868) 38−2043
作 東 診 療 所 ☎75−2772
12月21日
㈰
野々上医院
12月23日
㈫
万
善
豊保
護
田者
・
健け
ん
優
と
人輝
豊
野
大保
護
前者
・
心み和
輝き
斗と秀
楢
原
下
水
嶋
龍
雄
88
歳
湯
郷
藤
原
剛
93
歳
99
歳
湯
郷
中
山
文
雄
64
歳
尾
谷
下
山
順
89
歳
中
川
小
林
三
郎
89
歳
三
保
原
豊
福
登
美
102
歳
中
川
丸
本
登
喜
子
93
歳
北
原
小
阪
田
き
ぬ
よ
☎(0868) 36−8282
湯郷ファミリー ☎72−0531
ク リ ニ ッ ク
小 林 医 院
☎(0868) 38−2008
楢
原
下
絹保
護
田者
・
浩こ
う
志し竹
朗ろ伸
里り
位
田
饌
田
武
史
81
歳
北
原
小
阪
田
澄
子
92
歳
中
山
山
本
美
好
65
歳
海
内
津
田
政
明
78
歳
中
尾
金
藤
ち
ゑ
子
86
歳
湯
郷
石
橋
昌
弘
49
歳
大
原
江
見
今
子
105
歳
田
殿
角
南
昭
一
87
歳
巨
勢
中
西
泰
三
68
歳
下
庄
町
松
本
清
子
84
歳
西
町
小
松
壽
89
歳
大
町
里
見
要
三
62
歳
宗
掛
竹
内
庚
午
84
歳
福
本
田
中
正
79
歳
尾
谷
渡
辺
博
86
歳
山
城
小
林
勉
60
歳
粟
井
中
闍
元
君
江
81
歳
竹
田
小
林
勝
美
86
歳
角
南
清
水
浩
82
歳
土
居
山
本
孝
89
歳
粟
井
中
鳥
形
正
夫
88
歳
土
居
村
井
貞
女
86
歳
川
北
安
東
壽
98
歳
粟
井
中
稲
垣
な
つ
よ
94
歳
白
水
井
口
は
つ
ゑ
86
歳
豊
野
大
川
あ
や
の
84
歳
返
っ
て
い
ま
し
た
。
が
ら
、
美
作
市
の
10
年
を
振
り
な
演
奏
と
歌
声
に
耳
を
傾
け
な
様
子
で
す
。
出
席
者
は
、
上
質
モ
ニ
ッ
ク
管
弦
楽
団
の
演
奏
の
指
揮
に
よ
る
岡
山
フ
ィ
ル
ハ
ー
た年ン
表 。 記 タ 10
紙
念ー月
写
式で9
真
典美日
は
が作貅
、
開市、
催制美
吉
さ施作
田
れ行文
誠
ま 10 化
氏
し周セ
の
表
紙
写
真
り
や
芸
能
は
素
晴
ら
し
い
伝
統
ば
、
秋
に
各
地
で
行
わ
れ
た
祭
く
る
か
も
し
れ
ま
せ
ん
。
例
え
10
年
に
必
要
な
も
の
が
見
え
て
か
を
考
え
る
と
、
こ
れ
か
ら
の
り
、
何
を
残
し
守
っ
て
き
た
の
す
が
、
こ
の
10
年
で
何
が
変
わ
す市
﹁。制来
十
施年
年
行3
一
10 月
昔
周 31
日
﹂
年、
と
を美
言
迎作
わ
え市
れ
まは
ま
あ
と
が
き
※上記内容は一部変更になる場合もありますので、
詳しくは直接医療機関へお問い合わせください。
http://www.city.mimasaka.lg.jp/
美
作
市
の
ホ
ー
ム
ペ
ー
ジ
へ
ど
う
ぞ
報
道
委
員
会
委
員
一
同
ん眠に
。っ、
てキ
いラ
るリ
かと
も光
しる
れ何
まか
せが
方を叫
まあい城しのだはさ
私しるて登ょ魅と﹁れ今も感ば
増じれ
たたも﹁美う力言生て、
﹁
活
ち。のな雄か、わのい地え、る
て移中
ま
探いさ。得れ
の
しもん民意ま利す方き住、
身
す便。創まし美
へのが俗
分
近
が性都生して作
﹂ね地研
な
会﹂た来市
とだ元究野、、
多
と
言り学家は美様のが。らに
こ
れ魅
わかにの何作性良注
る力
れらつ結で市﹂さ目
ろ
ま
す
。
そ
し
て
、
人
口
減
少
が
継
が
れ
て
い
る
も
の
だ
と
思
い
か
ら
こ
そ
活
き
活
き
と
後
世
に
で
な
く
、
内
実
を
伴
っ
て
い
る
で
す
。
そ
れ
ら
は
、
伝
聞
だ
け
久■
生
賀ま
れ
中た
方
尾
安あ
ん
川
北
宿保
護
野者
・
昌
志
伶れ
い
う
Ȥ
1
୳
ȤȞ
10
31 ȩ
ɞ
ə
10
︵敬称略︶
編
集
・
発
行
/
美
作
市
報
道
委
員
会
10月31日現在(住民基本台帳による)
世帯数 12,586世帯
人 口 29,864人 (月 日∼ 月 日届出分 )
※旧字体は常用漢字、または簡
易な文字で掲載しています。
人のうごき
梶
並
内
(先月比 −50人)
(男
14,224人 女
15,640人) 海
転 入 51人 転 出 57人
一
出 生
8人 死 亡 52人
三
72
11月・12月の休日当番医 歳
広
報
み
ま
さ
か
12
月
号
再生紙を使用しています。
ထ౿
౿࣮
࣮ો
࣮
ો ထ౿
౿࣮
࣮ો
࣮
ો
●市営露
●市営露天風呂 ●大芦高原温泉
●市営露天風
営露天風
風呂
風
呂 ●
●大芦
●大
大芦
大
芦高
芦高原
高原
原温
原
温泉
温
泉「雲海」
雲
の湯
クアガーデン武
●能登香の湯 ●クアガーデン武蔵の里
村パークゆ・ら・り・あ
●愛の村パークゆ・ら・り・あ
●市営露天風呂 ●大芦高原温泉
●市営露天風
●市営露
営露天風
風呂
風
呂 ●
●大芦
●大
大芦
大
芦高
芦高原
高原
原温
原
温泉
温
泉
「雲海」
雲
の湯
クアガーデン武
●能登香の湯 ●クアガーデン武蔵の里
村パークゆ・ら・り・あ
●愛の村パークゆ・ら・り・あ
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
3 726 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content