close

Enter

Log in using OpenID

AVG Internet Security 2014

embedDownload
AVG Internet Security 2014
ユーザーマニュアル
ドキュメント改訂 2014.22 (6/ 19/ 2014)
Copyright AVG Technologies CZ, s.r.o. All rights reserved.
他のすべての商標はそれぞれの所有者に帰属します。
この製品は、RSA Data Security, Inc. の MD5 Message- Digest Algorithm を使用しています。Copyright (C) 1991- 2, RSA Data Security, Inc.
Created 1991
この製品は、C- SaCzech libraryのコードを使用しています。Copyright (c) 1996- 2001 Jaromir Dolecek ([email protected]).
この製品は、圧縮ライブラリzlib を使用しています。Copyright (c) 1995- 2002 Jean- loup Gailly and Mark Adler.
この製品は、圧縮ライブラリlibbzip2 を使用しています。Copyright (c) 1996- 2002 Julian R. Seward.
1
目次
.............................................................................................................................................. 5
1. はじめに
.............................................................................................................................................. 6
2. AV G インストール要件
...............................................................................................................................................................................................
6
2.1 対応オペレーティング
システム
............................................................................................................................................................................................... 6
2.2 最低および推奨ハードウェア要件
.............................................................................................................................................. 7
3. AV G インストール処理
...............................................................................................................................................................................................
7
3.1 ようこそ:
言語の選択
...............................................................................................................................................................................................
8
3.2 ようこそ:
ライセンス使用許諾契約
............................................................................................................................................................................................... 9
3.3 ライセンスをアクティベート
............................................................................................................................................................................................... 10
3.4 インストール種別の選択
...............................................................................................................................................................................................
12
3.5 カスタム
オプション
............................................................................................................................................................................................... 13
3.6 インストールの進行状況
............................................................................................................................................................................................... 14
3.7 おめでとうございます。
.............................................................................................................................................. 15
4. インストール後
............................................................................................................................................................................................... 15
4.1 製品登録
...............................................................................................................................................................................................
15
4.2 ユーザー
インターフェースへのアクセス
............................................................................................................................................................................................... 15
4.3 全コンピュータをスキャン
...............................................................................................................................................................................................
15
4.4 Eicar
検査
...............................................................................................................................................................................................
16
4.5 AVG
の既定の設定
17
5. AV G ..............................................................................................................................................
ユーザー インターフェース
............................................................................................................................................................................................... 18
5.1 上部の行ナビゲーション
...............................................................................................................................................................................................
21
5.2 セキュリティ
ステータス情報
............................................................................................................................................................................................... 22
5.3 コンポーネント概要
...............................................................................................................................................................................................
23
5.4 マイ
アプリケーション
...............................................................................................................................................................................................
24
5.5 スキャン
/ アップデートのクイック リンク
...............................................................................................................................................................................................
24
5.6 システム
トレイ アイコン
...............................................................................................................................................................................................
26
5.7 AVG
Advisor
...............................................................................................................................................................................................
27
5.8 AVG
Accelerator
28
6. AV G ..............................................................................................................................................
コンポーネント
............................................................................................................................................................................................... 28
6.1 コンピュータの保護
............................................................................................................................................................................................... 32
6.2 ウェブ閲覧時の保護
...............................................................................................................................................................................................
34
6.3 Identity
Protection
............................................................................................................................................................................................... 35
6.4 メール保護
............................................................................................................................................................................................... 37
6.5 ファイアウォール
2
...............................................................................................................................................................................................
40
6.6 Quick
Tune コンポーネント
42
7. AV G ..............................................................................................................................................
S ecurity Toolbar
45
8. AV G ..............................................................................................................................................
Do Not Track
...............................................................................................................................................................................................
45
8.1 AVG
Do Not Track インターフェース
............................................................................................................................................................................................... 47
8.2 追跡プロセスの情報
............................................................................................................................................................................................... 47
8.3 追跡プロセスのブロック
...............................................................................................................................................................................................
48
8.4 AVG
Do Not Track 設定
49
9. AV G ..............................................................................................................................................
高度な設定
............................................................................................................................................................................................... 49
9.1 表示
............................................................................................................................................................................................... 52
9.2 サウンド
...............................................................................................................................................................................................
53
9.3 一時的に
AVG 保護を無効にする
............................................................................................................................................................................................... 54
9.4 コンピュータの保護
...............................................................................................................................................................................................
58
9.5 メール
スキャナ
............................................................................................................................................................................................... 72
9.6 ウェブ閲覧時の保護
...............................................................................................................................................................................................
75
9.7 Identity
Protection
............................................................................................................................................................................................... 76
9.8 スキャン
............................................................................................................................................................................................... 81
9.9 スケジュール
............................................................................................................................................................................................... 90
9.10 アップデート
............................................................................................................................................................................................... 94
9.11 例外
............................................................................................................................................................................................... 96
9.12 ウイルス隔離室
...............................................................................................................................................................................................
97
9.13 AVG
自己保護
...............................................................................................................................................................................................
97
9.14 プライバシー
設定
100
9.15 ...............................................................................................................................................................................................
エラー状態を無視
101
9.16 ...............................................................................................................................................................................................
Advisor - 既知のネットワーク
.............................................................................................................................................. 102
10. ファイアウォール設定
102
10.1 ...............................................................................................................................................................................................
全般
104
10.2 ...............................................................................................................................................................................................
アプリケーション
105
10.3 ...............................................................................................................................................................................................
ファイルとプリンタの共有
............................................................................................................................................................................................... 106
10.4 高度な設定
............................................................................................................................................................................................... 107
10.5 定義済みネットワーク
108
10.6 ...............................................................................................................................................................................................
システム サービス
109
10.7 ...............................................................................................................................................................................................
ログ
112
11. AV..............................................................................................................................................
G スキャン
113
11.1 ...............................................................................................................................................................................................
定義済みスキャン
............................................................................................................................................................................................... 122
11.2 シェル拡張スキャン
3
...............................................................................................................................................................................................
123
11.3 コマンドライン
スキャン
126
11.4 ...............................................................................................................................................................................................
スキャン スケジュール
............................................................................................................................................................................................... 132
11.5 スキャン結果
133
11.6 ...............................................................................................................................................................................................
スキャン結果詳細
135
12. AV..............................................................................................................................................
G File S hredder
.............................................................................................................................................. 136
13. ウイルス隔離室
.............................................................................................................................................. 138
14. 履歴
............................................................................................................................................................................................... 138
14.1 スキャン結果
139
14.2 ...............................................................................................................................................................................................
常駐シールドの結果
142
14.3 ...............................................................................................................................................................................................
Identity Protection の結果
143
14.4 ...............................................................................................................................................................................................
メール保護の結果
144
14.5 ...............................................................................................................................................................................................
オンラインシールドの結果
146
14.6 ...............................................................................................................................................................................................
イベント履歴
147
14.7 ...............................................................................................................................................................................................
ファイアウォール ログ
148
15. AV..............................................................................................................................................
G 更新
............................................................................................................................................................................................... 148
15.1 アップデートの実行
...............................................................................................................................................................................................
148
15.2 アップデート
レベル
..............................................................................................................................................
150
16. FAQ
およびテクニカル サポート
4
1. はじめに
このユーザー マニュアルは、AVG Internet Security 2014 の包 括 的 なユーザー マニュアルです。
AVG Internet Security 2014 は複 数 の保 護 機 能 を備 え、あらゆるオンライン活 動 からユーザーを守 り
ます。ユーザーは ID 窃 盗 、ウイルス、有 害 なサイトへのアクセスについて心 配 せずにすみます。AVG 保
護 クラウド技 術 とAVG コミュニティ保 護 ネットワークが導 入 されています。この機 能 では、AVG が最 新 の
脅 威 情 報 を収 集 し、その情 報 をコミュニティで共 有 することで、最 高 レベルの保 護 を提 供 します。ユー
ザーは安 全 にオンライン ショッピングやバンキングを利 用 できます。リアルタイム保 護 により、ソーシャル
ネットワークやインターネットでの閲 覧 ・検 索 を安 心 して楽 しむことができます。
その他 の情 報 ソースを使 用 することも可 能 です。
ヘルプ ファイル: トラブルシューティング セクションは、AVG Internet Security 2014に含 まれる
ヘルプファイルで直 接 使 用 可 能 です (ヘルプ ファイルを開 くには、アプリケーションのダイアログで
F1 キーを押 します)。このセクションには、ユーザーが技 術 的 な問 題 について専 門 家 のヘルプを
検 索 するときに最 も多 く発 生 している状 況 の一 覧 が表 示 されます。現 在 発 生 している問 題
に最 も近 い状 況 を選 択 してクリックすると、問 題 の解 決 策 を示 す詳 細 手 順 が表 示 されます。
AVG Web サイトのサポート センター: AVG Web サイト (http://www.avg.com/) で問 題 の解
決 策 を検 索 することもできます。[サポート センター] セクションには、販 売 と技 術 的 な問 題 の
両 方 に対 応 するトピック グループの概 要 が構 造 化 された方 法 で表 示 されます。
よくある質 問 : AVG Web サイト (http://www.avg.com/) では、よくある質 問 という個 別 の構 造
化 されたセクションを検 索 することもできます。このセクションには、サポート センター / FAQ お
よびチュートリアルメニュー オプションからアクセスできます。また、すべての質 問 は販 売 、技
術 、ウイルスというカテゴリに分 かれて整 理 されています。
AVG ThreatLabs: AVG 関 連 の専 門 ウェブサイト (http://www.avgthreatlabs.com/websitesafety-reports/) であり、ウイルス問 題 に特 化 し、オンラインの脅 威 についての概 要 を提 供 しま
す。また、ウイルスやスパイウェアの駆 除 手 順 や脅 威 に対 する保 護 方 法 の提 案 も確 認 できま
す。
ディスカッション フォーラム: AVG ユーザーのディスカッション フォーラム (http://forums.avg.com)
も利 用 できます。
5
2. AVG インストール要件
2.1. 対応オペレーティング システム
AVG Internet Security 2014 は、次 のオペレーティング システムで稼 動 するワークステーションの保 護 を
目 的 としています。
Windows XP Home Edition SP2
Windows XP Professional SP2
Windows XP Professional x64 Edition SP1
Windows Vista(x86 および x64、すべてのエディション)
Windows 7(x86 および x64、すべてのエディション)
Windows 8 (x32 および x64)
(また、特 定 のオペレーティング システム用 サービス パック)
注 意 : Identityコンポーネントは Windows 2000 および XP x64 ではサポートされていません。 これらのオ
ペレーティング システムでは、AVG Internet Security 2014 のインストールはできますが、Identity
protection コンポーネントのインストールはできません。
2.2. 最低および推奨ハードウェア要件
AVG Internet Security 2014 の必 須 ハードウェア要 件 :
Intel Pentium CPU 1.5 GHz 以 上
512 MB (Windows XP) / 1024 MB (Windows Vista、Windows 7) の RAM メモリ
1.3 MB のハードディスク空 き領 域 (インストール用 )
AVG Internet Security 2014 の推 奨 ハードウェア要 件 :
Intel Pentium CPU 1.8 GHz 以 上
512 MB (Windows XP) / 1024 MB (Windows Vista、Windows 7) の RAM メモリ
1.6 MB のハードディスク空 き領 域 (インストール用 )
6
3. AVG インストール処理
コンピュータにAVG Internet Security 2014 をインストールする場 合 は、最 新 のインストール ファイルを
取 得 する必 要 があります。最 新 バージョンの AVG Internet Security 2014 を確 実 にインストールする
ために、AVG Web サイト(http://www.avg.com/)からインストール ファイルをダウンロードすることをお勧 め
します。[サポート / ダウンロード] セクションには、各 AVG 製 品 のインストール ファイルの概 要 が構 造
化 された形 式 で表 示 されます。
ダウンロードしてインストールするファイルがわからない場 合 は、Web ページ下 部 の [製 品 の選 択 ] サー
ビスを使 用 できます。3 つの簡 単 な質 問 に回 答 すると、必 要 なファイルが正 確 に定 義 されます。[続 行 ]
ボタンをクリックすると、ユーザーのニーズに合 わせてカスタマイズされたダウンロード ファイル一 覧 に移 動
します。
インストール ファイルをハードディスクにダウンロードし保 存 した後 、インストール処 理 を実 行 することがで
きます。インストールは一 連 のシンプルでわかりやすいダイアログから構 成 されています。各 ダイアログで
はインストール処 理 の各 ステップの概 要 を説 明 しています。各 ダイアログ ウィンドウの詳 細 については次
のとおりです。
3.1. ようこそ: 言語の選択
インストール処 理 の最 初 のウィンドウは、[AVG インストーラへようこそ] ダイアログです。
このダイアログでは、インストール処 理 で使 用 する言 語 を選 択 できます。コンボ ボックスをクリックすると、
言 語 メニューがロールダウンします。任 意 の言 語 を選 択 すると、選 択 した言 語 でインストール処 理 が続
行 します。
注 意 : この時 点 では、インストール処 理 の言 語 のみを選 択 しています。AVG Internet Security
2014 アプリケーションは選 択 した言 語 でインストールされます。英 語 は必 ず自 動 的 にインストー
ルされます。ただし、その他 の言 語 をインストールして、AVG Internet Security 2014 で使 用 する
こともできます。次 の [カスタム オプション] 設 定 ダイアログの 1 つでは、別 の言 語 を選 択 できま
す。
7
3.2. ようこそ: ライセンス使用許諾契約
[AVG インストーラへようこそ] ダイアログでは、AVG ライセンス契 約 の全 文 が表 示 されます。
契 約 内 容 の全 体 をよくお読 みください。全 文 をよく読 み、内 容 を理 解 した上 で、この使 用 許 諾 契 約 に
同 意 する場 合 は、[同 意 する] ボタンをクリックします。使 用 許 諾 契 約 に同 意 しない場 合 は、[同 意 し
ない] ボタンをクリックします。インストール処 理 がただちに中 断 されます。
AVG 公 正 取 扱 通 知 およびプライバシー ポリシー
ライセンス契 約 の他 に、このセットアップ ダイアログでは AVG 公 正 取 引 通 知 およびライセンス ポリシ
ーの詳 細 も確 認 できます。詳 しい情 報 を見 ることができるウェブサイトへのアクティブなハイパーリンクとし
て、ここで紹 介 された機 能 はダイアログ内 に表 示 されます。各 リンクをクリックすると、AVG Web サイト(
http://www.avg.com/)に移 動 し、これらのデフォルトの全 文 を確 認 できます。
コントロール ボタン
最 初 のセットアップ ダイアログでは 2 つのコントロール ボタンのみが利 用 できます。
印 刷 バージョン - このボタンをクリックすると、AVG ライセンス契 約 の全 文 を、印 刷 に適 した配
置 でウェブ上 に表 示 します。
拒 否 - クリックすると、ライセンス契 約 を拒 否 します。セットアップ処 理 はただちに終 了 します。
AVG Internet Security 2014 はインストールされません!
戻 る - クリックすると、1 つ前 のセットアップ ダイアログに戻 ります。
同 意 - クリックすると、ライセンス契 約 を読 んで理 解 して同 意 したことを確 認 します。インストー
ルは続 行 され、次 のセットアップ ダイアログに進 みます。
8
3.3. ライセンスをアクティベート
ライセンスのアクティベート ダイアログでは、指 定 されたテキスト フィールドにライセンス番 号 を入 力 する
ように指 示 されます。
どこでライセンス番 号 を見 つけることができますか
セールス番 号 は、AVG Internet Security 2014 ボックスの CD パッケージに記 載 されています。ライセン
ス番 号 は AVG Internet Security 2014 をオンラインで購 入 後 に受 信 する確 認 メールに記 載 されてい
ます。この番 号 を記 載 通 り正 確 に入 力 する必 要 があります。デジタル形 式 のライセンス番 号 が利 用 で
きる (メールに記 載 )場 合 は、コピーと貼 り付 けを使 用 して入 力 することを推 奨 します。
コピーと貼 り付 け機 能 を使 用 する方 法
コピーと貼 り付 け機 能 を使 用 して AVG Internet Security 2014 ライセンス番 号 をプログラムに入 力 す
ることで、番 号 を確 実 に正 しく入 力 できます。次 の手 順 を実 行 してください。
ライセンス番 号 が記 載 されているメールを開 きます。
ライセンス番 号 の先 頭 をクリックして番 号 の末 尾 までドラッグしたところでボタンを放 します。番
号 が強 調 表 示 されるはずです。
Ctrl キーを押 しながら C キーを押 します。番 号 がコピーされます。
コピーした番 号 を貼 り付 ける場 所 をポイント・アンド・クリックします。
Ctrl キーを押 しながら V キーを押 します。選 択 した場 所 に番 号 が貼 り付 けられます。
9
コントロール ボタン
通 常 のセットアップ ダイアログと同 様 に、3 つのコントロール ボタンがあります。
キャンセル - クリックすると、ただちにセットアップ処 理 を中 止 します。AVG Internet Security
2014 はインストールされません。
戻 る - クリックすると、1 つ前 のセットアップ ダイアログに戻 ります。
次 へ - クリックすると、インストールを続 行 し、1 つ次 のステップに進 みます。
3.4. インストール種別の選択
[インストール種 別 の選 択 ] ダイアログでは、[エクスプレス インストール] と[カスタム インストール] の
2 つのインストール オプションから選 択 できます。
エクスプレス インストール
ほとんどのユーザーには、標 準 のエクスプレス インストールの選 択 を強 くお勧 めします。この方 法 では
AVG Internet Security 2014 は完 全 自 動 モードで、AVG Security Toolbar を含 め、プログラムベンダ
ーにあらかじめ定 義 された設 定 でインストールされます。この設 定 は、最 適 なリソース消 費 で最 大 のセ
キュリティを実 現 します。将 来 的 には、設 定 の変 更 の必 要 が生 じた場 合 、常 に AVG Internet
Security 2014 アプリケーションで直 接 変 更 できます。
[次 へ] ボタンをクリックすると、次 のインストール処 理 のダイアログに進 みます。
カスタムインストール
10
カスタムインストールは、AVG Internet Security 2014 を標 準 設 定 でインストールしない妥 当 な理 由
がある場 合 (特 定 のシステム要 件 への適 合 など)、経 験 のあるユーザーのみが行 ってください。このオプ
ションを選 択 する場 合 、ダイアログでいくつかの新 しいオプションがアクティベートされます。
AVG Toolbar をインストールしてインターネット保 護 を強 化 - デフォルトの設 定 を変 更 しな
い場 合 は、このコンポーネントはデフォルトのインターネット ブラウザに自 動 的 にインストールさ
れ (現 在 サポートされているブラウザは Microsoft Internet Explorer バージョン 6.0 以 上 および
Mozilla Firefox バージョン 3.0 以 上 )、インターネット閲 覧 中 の包 括 的 オンライン保 護 を提 供 し
ます。それ以 外 のインターネット ブラウザには対 応 していません。Avant ブラウザなど、別 のイン
ターネット ブラウザを使 用 している場 合 は、予 期 しない動 作 を起 こす可 能 性 があります。
AVG Secure Search をデフォルトのホームページおよび新 しいタブページとして設 定 し保
持 する - デフォルトのインターネットブラウザとそのタブを、AVG Secure Search をホームページと
して開くことに合意するにはチェックを付 けておきます。
デフォルトの検 索 プロバイダとして AVG Secure Search を設 定 し保 持 する - オンラインで
の最大限のセキュリティを実現するために、Link Scanner Surf Shield と連動する AVG Secure
Search エンジンの使用に合意するにはチェックを付けておきます。
インストール先 フォルダ - ここで、ユーザーはAVG Internet Security 2014がインストールされ
る場 所 を指 定 します。デフォルトでは、AVG Internet Security 2014は、ダイアログのテキスト
フィールドに示 されるように、C: ドライブのプログラムファイル フォルダにインストールされます。こ
の場 所 を変 更 したい場 合 は、ブラウズボタンを使 用 してドライブ構 成 を表 示 し、対 象 フォルダ
を選 択 します。ソフトウェア ベンダーが事 前 設 定 した既 定 のインストール先 に戻 すには、[既
定 ] ボタンをクリックします。
[次 へ] ボタンをクリックして、[カスタム オプション] ダイアログに進 みます。
コントロール ボタン
通 常 のセットアップ ダイアログと同 様 に、3 つのコントロール ボタンがあります。
キャンセル - クリックすると、ただちにセットアップ処 理 を中 止 します。AVG Internet Security
2014 はインストールされません。
戻 る - クリックすると、1 つ前 のセットアップ ダイアログに戻 ります。
次 へ - クリックすると、インストールを続 行 し、1 つ次 のステップに進 みます。
11
3.5. カスタム オプション
カスタム オプション ダイアログではインストールの詳 細 なパラメータが設 定 できます。
[コンポーネント選 択 ] セクションには、インストール可 能 なすべての AVG Internet Security 2014 コン
ポーネントの概 要 が表 示 されます。デフォルト設 定 が適 当 でない場 合 、特 定 のコンポーネントを削 除 /
追 加 することができます。ただし、選 択 できるコンポーネントは購 入 した AVG 製 品 に含 まれている
コンポーネントのみです。[コンポーネント選 択 ] リストの項 目 を強 調 表 示 すると、該 当 するコンポーネ
ントの簡 単 な説 明 がこのセクションの右 側 に表 示 されます。各 コンポーネントの機 能 に関 する詳 細 につ
いては、このマニュアルの「コンポーネント概 要 」の章 を参 照 してください。ソフトウェア ベンダーが事 前 設
定 した既 定 の設 定 に戻 すには、[既 定 ] ボタンをクリックします。
コントロール ボタン
通 常 のセットアップ ダイアログと同 様 に、3 つのコントロール ボタンがあります。
キャンセル - クリックすると、ただちにセットアップ処 理 を中 止 します。AVG Internet Security
2014 はインストールされません。
戻 る - クリックすると、1 つ前 のセットアップ ダイアログに戻 ります。
次 へ - クリックすると、インストールを続 行 し、1 つ次 のステップに進 みます。
12
3.6. インストールの進行状況
[インストールの進 行 状 況 ] ダイアログにはインストール処 理 の進 行 状 況 が表 示 されます。ユーザー操
作 は必 要 ありません。
インストール処 理 の終 了 後 、次 のダイアログに自 動 的 に進 みます。
コントロール ボタン
このダイアログにはコントロール ボタンが 2 つあります。
最 小 化 - インストール 処 理 には数 分 かかる場 合 があります。ボタンをクリックすると、ダイアロ
グ ウィンドウを最 小 化 してシステム バー上 にアイコンとして表 示 できます。インストールが完 了
すると、ダイアログが再 度 表 示 されます。
キャンセル - このボタンを使 用 するのは、現 在 のインストール処 理 を停 止 する場 合 のみです。
キャンセルすると、AVG Internet Security 2014 はインストールされません。
13
3.7. おめでとうございます。
おめでとうございます。AVG Internet Security 2014が正 常 にインストールおよび設 定 されたことを確
認 できます。
製 品 改 善 プログラムおよび プライバシー ポリシー
このダイアログでは、製 品 改 善 プログラム (詳 細 については、AVG 高 度 な設 定 /製 品 改 善 プログラム
の章 を参 照 ) に参 加 するかどうかを決 定 します。このプログラムでは、全 体 的 なインターネット セキュリ
ティレベルを高 める目 的 で、検 出 された脅 威 に関 する匿 名 の情 報 を収 集 します。すべてのデータは
AVG のプライバシー ポリシーに従 って機 密 として処 理 されます。プライバシー ポリシー リンクをクリック
すると、AVG Web サイト(http://www.avg.com/)に移 動 し、AVG のプライバシー ポリシー規 定 の全 文 を
確 認 できます。この内 容 に同 意 する場 合 は、オプションを選 択 してください (既 定 ではこのオプションが
選 択 されています)。
[終 了 ] ボタンをクリックして、インストール処 理 を完 了 します。
14
4. インストール後
4.1. 製品登録
AVG Internet Security 2014 のインストールが終 了 したら、AVG Web サイト(http://www.avg.com/)でオ
ンライン製 品 登 録 を行 ってください。登 録 後 、AVG ユーザー アカウント、AVG アップデート ニュースレタ
ー、その他 登 録 ユーザーのみに提 供 されるサービスが利 用 できるようになります。最 も簡 単 な登 録 方 法
は、AVG Internet Security 2014 ユーザー インターフェースから直 接 行 う方 法 です。上 の行 の [ナビゲ
ーション / オプション/ 今 すぐ登 録 ] の項 目 を選 択 してください。AVG Web サイト(http://www.avg.com/)
の [登 録 ] ページに移 動 します。ページ上 の指 示 にしたがってください。
4.2. ユーザー インターフェースへのアクセス
AVG メイン ダイアログには複 数 の方 法 でアクセスできます。
AVG システム トレイ アイコン
デスクトップの AVG アイコンをダブルクリックします。
メニューから、スタート / すべてのプログラム / AVG / AVG 2014
4.3. 全コンピュータをスキャン
AVG Internet Security 2014 インストール前 にウイルスが感 染 している可 能 性 あります。このため、全
コンピュータをスキャンを実 行 して、PCが感 染 していないことを確 認 してください。最 初 のスキャンにはか
なりの時 間 (1 時 間 程 度 ) を要 することがありますが、コンピュータが脅 威 にさらされていないことを確 認
するため、スキャンの実 行 をお勧 めします。 全 コンピュータをスキャンを実 行 する方 法 については、AVG
スキャンの章 を参 照 してください。
4.4. Eicar 検査
AVG Internet Security 2014 が正 常 にインストールされたことを確 認 するために、EICAR テストを実 行
できます。
EICAR テストは、ウイルス対 策 システムの動 作 をテストするために使 用 される、標 準 的 で完 全 に安 全
な方 法 です。これは実 際 のウイルスではなく、危 険 なコードを一 切 含 まないため、万 一 検 出 されなくて
もコンピュータが危 険 にさらされることはありません。ほとんどの製 品 は、これがあたかもウイルスであるかの
ように反 応 します(「EICAR-AV-Test」のような明 確 な名 称 で報 告 されます。)。EICARのWebサイト
www.eicar.comでEICARウイルスをダウンロードすることができ、また、そこですべての必 要 なEICARテスト
情 報 も入 手 できます。
eicar.comファイルをダウンロードし、それをローカルディスクに保 存 します。テスト ファイルのダウンロードを
確 認 後 すぐに、AVG Internet Security 2014 が警 告 とともにそれに反 応 します。この通 知 は、AVG が
正 常 にコンピュータにインストールされていることを証 明 します。
15
AVGがEICARテストファイルをウイルスとして特 定 できない場 合 、プログラム設 定 を再 度 確 認 す
る必 要 があります。
4.5. AVG の既定の設定
AVG Internet Security 2014 の既 定 の設 定 (アプリケーションがインストール後 に正 しく動 作 する
ための初 期 設 定 ) では、すべてのコンポーネントと機 能 が最 適 なパフォーマンスで動 作 するようソフト
ウェア ベンダーによって設 定 されています。特 に理 由 がない場 合 、AVG の設 定 を変 更 しないでくだ
さい。設 定 変 更 は、経 験 のあるユーザーが行 うことを推 奨 します。AVG 設 定 を変 更 する必 要 があ
る場 合 、AVG 高 度 な設 定 に移 動 します。メインメニューの [オプション/高 度 な設 定 ] 項 目 を選 択 し、
新 しく開 いた AVG 高 度 な設 定 ダイアログで AVG 設 定 を変 更 します。
16
5. AVG ユーザー インターフェース
AVG Internet Security 2014 メイン ウィンドウが開 きます。
メインウィンドウは複 数 のセクションに分 けられます。
上 部 の行 ナビゲーションは、メイン ウィンドウの上 部 セクションに並 んだ 4 つのアクティブなリン
クで構 成 されます (AVG は気 に入 っていますか? 、レポート、サポート、オプション)。 詳 細 >>
セキュリティステータス情 報 には、現 在 の AVG Internet Security 2014 のステータスの基 本
情 報 が表 示 されます。詳 細 >>
インストールされたコンポーネント概 要 は、メイン ウィンドウの中 央 セクションの中 の水 平 の
細 長 いブロックに表 示 されます。コンポーネントは、各 コンポーネントのアイコンが付 いたライト
グリーンのブロックとして表 示 されます。また、コンポーネントのステータス情 報 も合 わせて表 示 さ
れます。詳 細 >>
マイ アプリケーション は、メイン ウィンドウの中 央 下 部 の細 長 い部 分 に図 で表 示 され、既 に
コンピュータにインストールされているか、インストールが推 奨 される追 加 の AVG Internet
Security 2014 アプリケーションの概 要 を示 します。詳 細 >>
スキャン / アップデートのクイックリンク はメイン ウィンドウ下 部 のブロック行 に配 置 されていま
す。これらのボタンを使 うと、最 も重 要 で頻 繁 に使 用 する AVG の機 能 にすぐにアクセスできま
す。詳 細 >>
AVG Internet Security 2014のメインウィンドウの外 側 に、アプリケーションにアクセスするために使 用 す
るもう一 つのコントロール エレメントがあります。
システム トレイ アイコン は、モニター右 下 端 に位 置 し (システム トレイ上 )、現 在 の AVG
Internet Security 2014 の状 態 を示 します。詳 細 >>
17
5.1. 上部の行ナビゲーション
上 部 の行 ナビゲーションは、メイン ウィンドウの上 部 セクションに複 数 のアクティブなリンクが並 んで構
成 されています。ナビゲーションには次 のボタンが含 まれます。
5.1.1. Facebook で AVG に参加
このリンクをクリックすると、インターネット セキュリティを最 大 限 に高 めるための最 新 の AVG 情 報 、ニュー
ス、ヒント、秘 訣 などを共 有 する、AVG Facebook コミュニティに接 続 します。
5.1.2. レポート
新 しいレポート ダイアログを開 くと、以 前 に実 行 したスキャンとアップデート処 理 の関 連 レポートの概 要
がすべて表 示 されます。スキャンまたはアップデートが現 在 実 行 中 の場 合 、メイン ユーザー インターフェ
ースの上 部 ナビゲーションの中 にあるレポートの文 字 の隣 に回 転 中 の円 の形 が表 示 されます。この円
をクリックすると、実 行 中 の処 理 の進 捗 を示 すダイアログに移 動 します。
18
5.1.3. サポート
4 つのタブ構 成 の新 しいダイアログを開 くと、AVG Internet Security 2014 に関 連 するすべての情 報 が
表 示 されます。
ライセンスとサポート - このタブでは製 品 名 、ライセンス番 号 、有 効 期 限 が表 示 されます。ダ
イアログの下 部 にはご利 用 いただけるすべてのカスタマーサポートの連 絡 先 の概 要 が順 に明
記 されています。タブでは次 のアクティブ リンクとボタンが使 用 できます。
o (再 )アクティベート - クリックすると新 しい [AVG アクティベート ソフトウェア] ダイアログが
開 きます。該 当 するフィールドにライセンス番 号 を入 力 してセールス番 号 (AVG Internet
Security 2014 のインストール中 に使 用 した番 号 ) を置 き換 えるか、現 在 のライセンス番
号 を別 の番 号 に変 更 します (上 位 の AVG 製 品 にアップグレードする場 合 など)。
o クリップボードにコピー - このリンクを使 ってライセンス番 号 をコピーし、必 要 な場 所 に貼 り
付 けます。この方 法 でライセンス番 号 を正 しく確 実 に入 力 できます。
o 今 すぐ更 新 - 少 なくとも、現 在 のライセンスが切 れる1ヶ月 前 の適 切 な時 期 に AVG
Internet Security 2014 ライセンス更 新 を購 入 することを推 奨 します。有 効 期 限 が近
づくと通 知 されます。このリンクをクリックするとAVG ウェブサイト (http://www.avg.com/)
に移 動 し、ライセンス状 況 、有 効 期 限 、更 新 /アップグレードの提 供 についての詳 細 な
情 報 が表 示 されます。
製 品 - このタブでは、製 品 情 報 、インストール済 みコンポーネント、インストール済 みのメール
保 護 、システム情 報 など、AVG Internet Security 2014 の最 も重 要 な技 術 データの概 要 を
提 供 します。
プログラム - このタブでは、プログラム ファイルのバージョン情 報 、および製 品 に使 用 されている
サードパーティコード情 報 を参 照 できます。
ライセンス契 約 - このタブでは、AVG Technologies のライセンス契 約 の全 文 を読 むことができ
ます。
19
5.1.4. オプション
AVG Internet Security 2014 のメンテナンスには、[オプション] 項 目 からアクセスできます。矢 印 をクリッ
クすると、ロールダウン メニューが開 きます。
コンピュータ スキャン 全 コンピュータをスキャンを実 行 します。
選 択 されたフォルダをスキャン... - AVG スキャン インターフェースに切 り替 わり、コンピュータの
ツリー構 造 からスキャンするファイルとフォルダを設 定 できます。
ファイルスキャン... - 特 定 のファイルを 1 つ指 定 してオンデマンド テストを実 行 できます。このオ
プションをチェックすると、新 しいウィンドウが開 いてデスクトップのツリー構 造 が表 示 されます。対
象 のファイルを選 択 し、スキャンの実 行 を確 認 します。
アップデート - AVG Internet Security 2014 のアップデート処 理 を自 動 的 に実 行 します。
ディレクトリからのアップデート... - ローカルディスクの指 定 フォルダ内 のアップデートファイルから
アップデートプロセスを実 行 します。ただし、このオプションは緊 急 時 にのみ推 奨 されます。イン
ターネットに接 続 できない場 合 (たとえば、コンピュータが感 染 し、インターネットから切 断 されて
いる、コンピュータはあるネットワークに接 続 されているがインターネットへアクセスができない場
合 など) がその例 です。フォルダの参 照 ウィンドウで、アップデートファイルを保 存 したフォルダを
選 択 し、アップデートプロセスを実 行 します。
ウイルス隔 離 室 - 隔 離 スペース (ウイルス隔 離 室 )へのインターフェースを開 きます。AVG
は、検 出 した感 染 が何 らかの理 由 で自 動 修 復 できなかった場 合 にすべてを削 除 してここに移
動 します。隔 離 室 内 では、感 染 ファイルは隔 離 され、コンピュータの安 全 は保 証 されます。同
時 に感 染 ファイルは将 来 の修 復 に備 えて保 存 されます。
履 歴 - さらに詳 細 なサブメニュー オプションを提 供 します。
o スキャン結 果 - スキャン結 果 の概 要 を表 示 するダイアログが開 きます。
o 常 駐 シールド検 出 - 常 駐 シールドによって検 出 された脅 威 の概 要 ダイアログを開 きま
す。
o Identity Protection 検 出 Identityコンポーネントによって検 出 された脅 威 の概 要 のダイア
ログを開 きます。
o メール保 護 検 出 - メール保 護 コンポーネントによって危 険 と見 なされ、検 出 されたメー
ルの添 付 ファイルに関 する概 要 ダイアログを開 きます。
o オンライン シールド検 出 - オンライン シールドによって検 出 された脅 威 の概 要 ダイアログ
を開 きます。
o イベント履 歴 ログ - すべてのログに記 録 された AVG Internet Security 2014 アクション
の概 要 を表 示 する履 歴 ログ インターフェースを開 きます。
o ファイアウォール ログ - すべてのファイアウォールの活 動 の詳 細 な概 要 を表 示 するダイア
ログが開 きます。
高 度 な設 定 ... - [AVG 高 度 な設 定 ] ダイアログを開 きます。ここでは AVG Internet
Security 2014 の設 定 を編 集 できます。通 常 はソフトウェア ベンダーが定 義 している既 定 のア
プリケーション設 定 の使 用 をお勧 めします。
20
ファイアウォール設 定 ... - ファイアウォール コンポーネントの高 度 な設 定 のダイアログを開 きま
す。
ヘルプの内 容 - AVG ヘルプ ファイルを開 きます。
サポートを利 用 する - AVG ウェブサイト (http://www.avg.com/) のカスタマーサポート センター
ページを開 きます。
AVG Webサイト - AVG ウェブサイト (http://www.avg.com/) を開 きます。
ウイルスと脅 威 について - オンラインのウイルス百 科 事 典 をAVG ウェブサイトから開 きます (
http://www.avg.com/)。ここでは、特 定 されたウイルスに関 する詳 細 情 報 を検 索 することができ
ます。
アクティベート- インストールプロセス時 に入 力 したライセンス番 号 を使 ってアクティベート ダイア
ログを開 きます。このダイアログではライセンス番 号 を変 更 してセールス番 号 (AVG をインストー
ルしたときの番 号 )を置 き換 えたり、古 いライセンス番 号 (新 しい AVG 製 品 にアップグレードし
た場 合 など) を置 き換 えたりできます。AVG Internet Security 2014 の試 用 版 を使 用 してい
る場 合 は、最 後 の 2 つの項 目 が [今 すぐ購 入 ] および [アクティベート] として表 示 され、製
品 版 をすぐに購 入 できます。セールス番 号 でインストールされている AVG Internet Security
2014 の場 合 、[登 録 ] および [アクティベート] として表 示 されます。
今 すぐ登 録 / マイアカウント - AVG ウェブサイトの登 録 ページに接 続 します(http://www.avg.
com/ 。登 録 データを入 力 してください。AVG 製 品 を登 録 したお客 様 のみが無 料 テクニカル
サポートをご利 用 いただけます。
AVG について - 新 しいダイアログが開 き、購 入 したライセンスに関 するデータ、アクセス可 能 な
サポート、製 品 およびプログラム情 報 、ライセンス契 約 書 の全 文 が 4 つのタブに表 示 されま
す。(同 じダイアログを、メイン ナビゲーションのサポートリンクを介 して開 くことができます。)
5.2. セキュリティ ステータス情報
[セキュリティステータス情 報 ] セクションは AVG Internet Security 2014メイン ウィンドウの上 部 にあり
ます。このセクションでは、AVG Internet Security 2014の現 在 のセキュリティステータスに関 する情 報 が
常 に表 示 されます。このセクションで表 示 されるアイコンの意 味 は以 下 の通 りです。
- 緑 のアイコンは AVG Internet Security 2014 が完 全 に機 能 していることを示 します。コ
ンピュータは完 全 に保 護 され、最 新 のインストール済 みのコンポーネントがすべて適 切 に動 作 し
ています。
- 黄 色 のアイコンは、1つ以 上 のコンポーネントが間 違 って設 定 され、プロパティ/設 定 を確
認 する必 要 があることを警 告 しています。AVG Internet Security 2014 には致 命 的 な問 題 は
21
なく、おそらく何 らかの理 由 で一 部 のコンポーネントをオフにしたものと思 われます。保 護 は適 用 さ
れています。ただし、問 題 のコンポーネントの設 定 に注 意 してください。誤 って設 定 されたコンポー
ネントは、オレンジの細 長 いメイン ユーザー インターフェースに警 告 とともに表 示 されます。
何 らかの理 由 でコンポーネントのエラー状 態 を無 視 することにした場 合 にも黄 色 のアイコンが表
示 されます。エラー状 態 を無 視 オプションは、高 度 な設 定 / エラー状 態 を無 視 からアクセスでき
ます。コンポーネントのエラー状 態 を認 識 しながらも、何 らかの理 由 によって AVG Internet
Security 2014 のエラー状 態 を保 持 し、警 告 を表 示 したくない場 合 にこのオプションを選 択 しま
す。特 別 な場 合 にこのオプションを使 用 する必 要 があるかもしれませんが、[エラー状 態 を無 視 ]
オプションはすぐにオフにすることを強 く推 奨 します。
また、AVG Internet Security 2014 でコンピュータの再 起 動 が必 要 な場 合 にも黄 色 のアイコン
が表 示 されます (再 起 動 が必 要 です)。この警 告 に注 意 して、PC を再 起 動 してください。
- オレンジのアイコンは AVG Internet Security 2014 が致 命 的 な状 態 であることを示 して
います。1 つ以 上 のコンポーネントが適 切 に動 作 していないため、AVG Internet Security 2014
はコンピュータを保 護 できません。報 告 された問 題 に注 意 し、ただちに修 復 してください。エラーを
自 分 で修 復 できない場 合 、AVGテクニカルサポートチームにお問 い合 わせください。
AVG Internet Security 2014 が最 適 なパフォーマンスに設 定 されていない場 合 は、新 しい [クリッ
クして修 復 ] ボタン (問 題 が複 数 のコンポーネントに関 連 している場 合 は [クリックしてすべてを修
復 ] ボタン) がセキュリティステータス情 報 の横 に表 示 されます。このボタンをクリックすると、プログ
ラム チェックおよび設 定 の自 動 処 理 が実 行 されます。これは AVG Internet Security 2014 を最
適 なパフォーマンスに設 定 し、最 高 レベルのセキュリティを実 現 するための最 も簡 単 な方 法 で
す。
セキュリティステータス情 報 に注 意 し、問 題 がレポートされた場 合 にはすぐに解 決 するようにすることを
強 く推 奨 します。そうでない場 合 、コンピュータが危 険 にさらされます。
注 意 :AVG Internet Security 2014 ステータス情 報 は、システム トレイ アイコンからも常 時 確 認 できま
す。
5.3. コンポーネント概要
インストールされたコンポーネント概 要 は、メイン ウィンドウの中 央 セクションの中 の水 平 の細 長 いブ
ロックに表 示 されます。コンポーネントは、各 コンポーネントのアイコンが付 いたライト グリーンのブロックと
して表 示 されます。各 ブロックには保 護 の現 在 の状 態 についての情 報 が表 示 されます。コンポーネント
が正 しく設 定 され、完 全 に機 能 している場 合 、情 報 は緑 色 の文 字 で表 示 されます。コンポーネントが
停 止 した場 合 、機 能 は制 限 されるか、コンポーネントがエラーの状 態 です。オレンジ色 のテキスト フィー
ルドに警 告 の文 字 が表 示 され、ユーザーに通 知 されます。各 コンポーネントの設 定 に注 意 することを
強 く推 奨 します。
コンポーネント上 でマウスを動 かすと、メイン ウィンドウの下 部 に簡 単 な説 明 が表 示 されます。その説 明
は、コンポーネントの機 能 について簡 単 に紹 介 しています。また、コンポーネントの現 在 の状 態 を通 知
し、正 しく設 定 されていないコンポーネントのサービスを特 定 します。
インストールされているコンポーネントのリスト
AVG Internet Security 2014 の [コンポーネント概 要 ] セクションには、次 のコンポーネントの情 報 が
示 されます。
22
コンピュータ - このコンポーネントは 2 つのサービスに対 応 しています。ウイルス対 策 シールド
は、システム内 のウイルス、スパイウェア、ワーム、トロイの木 馬 、望 ましくない実 行 ファイルまた
はライブラリを検 出 し、悪 意 のあるアドウェアからユーザーを保 護 します。また、ルートキット対
策 スキャンは、アプリケーションやドライバ、ライブラリの内 部 に潜 む危 険 なルートキットをスキャ
ンします。詳 細 >>
ウェブ閲 覧 - インターネット検 索 や閲 覧 中 に Web ベースの攻 撃 からユーザーを保 護 します。
詳 細 >>
個 人 情 報 - コンポーネントが、インターネット上 の新 しいまたは不 明 の脅 威 からユーザーのデ
ジタル資 産 を常 に保 護 するIdentity Shield サービスを実 行 します。詳 細 >>
メール - は受 信 メールのメッセージにスパム メールがあるかどうかをチェックし、ウイルス、フィッシ
ング攻 撃 、その他 の脅 威 をブロックします。 詳 細 >>
ファイアウォール - 各 ネットワーク ポートのすべての通 信 を制 御 し、悪 意 のある攻 撃 からユー
ザーを保 護 し、侵 入 の試 みをすべてブロックします。詳 細 >>
利 用 可 能 なアクション
コンポーネント概 要 で、任 意 のコンポーネントのアイコンの上 にマウスを移 動 すると、コンポ
ーネントが強 調 表 示 されます。同 時 に、コンポーネントの基 本 機 能 説 明 がユーザー インター
フェースの下 部 に表 示 されます。
コンポーネントのアイコンを 1 回 クリックすると、コンポーネントの独 自 のインターフェースが開
いて、コンポーネントの現 在 のステータスの情 報 が表 示 されます。また、コンポーネントの設 定 と
統 計 データにアクセスできます。
5.4. マイ アプリケーション
[マイ アプリケーション] エリア (コンポーネント セットの下 にある緑 色 のブロックの線 ) では、既 にコンピュ
ータにインストールされているか、インストールが推 奨 される追 加 の AVG アプリケーションの概 要 が表 示
されます。ブロックは条 件 付 きで表 示 され、次 のアプリケーションのいずれかを示 す場 合 があります。
モバイル保 護 は、携 帯 端 末 をウイルスおよびマルウェアから保 護 するアプリケーションです。ま
た、スマートフォンを紛 失 した際 に遠 隔 で追 跡 する機 能 も提 供 します。
LiveKive は安 全 なサーバーでのオンライン データ バックアップ専 用 です。LiveKive は自 動 的
にすべてのファイル、写 真 、音 楽 を安 全 な場 所 にバックアップします。家 族 や友 人 と共 有 した
り、iPhone や Android デバイスなどのあらゆる Web 対 応 デバイスからアクセスしたりできます。
Family Safety は不 適 切 な Web サイト、メディア コンテンツ、オンライン検 索 からお子 様 を守
り、オンライン活 動 に関 するレポートを提 供 します。AVG Family Safety はキー入 力 技 術 を採
用 し、チャットルームやソーシャル ネットワーク サイトでのお子 様 の活 動 を監 視 します。オンライ
ンで子 供 たちを被 害 に遭 わせる既 知 の単 語 やフレーズ、言 語 を検 出 し、SMS またはメールで
直 ちに通 知 します。アプリケーションは、お子 様 一 人 ひとりを適 切 な水 準 で保 護 するよう設 定
でき、一 意 なログインで個 別 に監 視 します。
PC Tuneup アプリケーションは詳 細 システム分 析 と訂 正 用 の高 度 なツールです。このツールは
コンピュータの速 度 とパフォーマンスを改 善 する方 法 を分 析 します。
23
MultiMi はすべてのメールとソーシャル アカウントを一 箇 所 の安 全 な場 所 に集 めます。家 族
や友 人 との交 流 や、インターネットの閲 覧 、写 真 や動 画 、ファイルの共 有 が簡 単 になります。
MultiMi にはリンクスキャナ サービスが含 まれます。表 示 しようとするあらゆる Web ページにある
すべてのリンク先 の Web ページを解 析 し、安 全 を確 認 することによって、ますます増 加 する
Web 上 の脅 威 からユーザーを保 護 します。
AVG Toolbar はインターネット ブラウザから直 接 使 用 できます。インターネット の閲 覧 中 に最
大 限 のセキュリティを確 保 します。
マイ アプリケーション アプリケーションの詳 細 な情 報 については、各 ブロックをクリックします。専 用 の
AVG Web ページに転 送 されますので、そこでコンポーネントをすぐにダウンロードすることもできます。
5.5. スキャン / アップデートのクイック リンク
クイックリンクはAVG Internet Security 2014 ユーザーインターフェイスのボタン下 部 に位 置 しています
。これらのリンクをクリックすると、スキャンやアップデートなど最 も重 要 で最 も多 く使 用 されるアプリケーショ
ン機 能 に素 早 くアクセスできます。クイック リンクはユーザー インターフェースのすべてのダイアログにありま
す。
今 すぐスキャン - このボタンは 2 つのセクションに分 かれて表 示 されます。今 すぐスキャン リン
クをクリックすると、全 コンピュータをスキャンをただちに起 動 し、自 動 的 にレポート ウィンドウが
開 いて進 行 状 況 と結 果 を見 ることができます。[オプション] ボタンをクリックすると、スキャン オ
プション ダイアログが開 きます。ダイアログでは、スケジュール スキャンの管 理 と、全 コンピュータ
をスキャン / 特 定 のファイルとフォルダのパラメータを編 集 できます。(詳 細 については、「AVG ス
キャン」の章 を参 照 してください。)
今 すぐアップデート - このボタンをクリックすると、ただちに製 品 アップデートを開 始 します。AVG
システムトレイ アイコンのスライドダイアログ内 に、アップデート結 果 についての情 報 が表 示 され
ます。 (詳 細 については、「AVG アップデート」の章 を参 照 してください。)
5.6. システム トレイ アイコン
AVG システム トレイ アイコン (Windows タスクバー上 、モニター右 下 端 のシステムトレイ)では、現 在
の AVG Internet Security 2014 のステータスが表 示 されます。 このアイコンは AVG Internet Security
2014 のユーザー インターフェースが表 示 されているかどうかにかかわらず、システム トレイ上 に常 に表 示
されます。
AVG システム トレイ アイコン表 示
24
フルカラーでその他 の要 素 がない場 合 、アイコンはすべての AVG Internet Security 2014
コンポーネントがアクティブで完 全 に機 能 していることを示 しています。ただし、コンポーネントの
いずれかが完 全 に機 能 していない状 態 で、ユーザーがコンポーネント状 態 を無 視 することを選
択 した場 合 にも、同 じ方 法 でアイコンが表 示 されます。([コンポーネント状 態 を無 視 ] オプショ
ンを確 認 すると、コンポーネントのエラー状 態 を認 識 しつつ、何 らかの理 由 でその状 態 を保 持
し、エラー状 態 に関 する警 告 を表 示 しないことを明 示 したことになります。)
エクスクラメーション マークの付 いたアイコンは、あるコンポーネント (または複 数 のコンポーネ
ント) がエラー状 態 になっていることを示 します。必 ずこのような警 告 に注 意 し、適 切 に設 定 さ
れていないコンポーネントの設 定 の問 題 を解 決 するようにしてください。コンポーネントの設 定 を
変 更 するには、システム トレイ アイコンをダブルクリックして、アプリケーションのユーザー インター
フェースを開 きます。エラー状 態 になっているコンポーネントの詳 細 については、「セキュリティス
テータス情 報 」セクションを参 照 してください。
フルカラーで表 示 されているシステム トレイ アイコンが点 滅 し、光 が回 転 している場 合 があ
ります。この状 態 は現 在 アップデート処 理 が実 行 されていることを示 します。
表 示 されているフルカラー アイコンに矢 印 が付 いている場 合 は、AVG Internet Security
2014 スキャンが実 行 中 であることを示 しています。
AVG システムトレイアイコン情 報
さらに、AVG システムトレイ アイコンは現 在 の AVG Internet Security 2014 内 の活 動 およびプログラ
ムでのステータス変 更 の可 能 性 (例 :スケジュールスキャンあるいはアップデートの自 動 起 動 、ファイア
ウォールのプロファイル切 り替 え、コンポーネントのステータス変 更 、エラーステータスの発 生 など)につい
てもシステムトレイ アイコンから開 かれるポップアップウィンドウで通 知 します。
AVG システム トレイ アイコンから実 行 できるアクション
AVG システム トレイ アイコンは、AVG Internet Security 2014 のユーザー インターフェースへのクイッ
ク リンクとして使 用 することもできます。アイコンをダブルクリックするだけです。アイコンを右 クリックすると、
次 のオプションの簡 単 なコンテキスト メニューを開 きます。
AVG を開 く- クリックすると、 のユーザー インターフェースAVG Internet Security 2014が開 き
ます。
一 時 的 に AVG 保 護 を無 効 にする - このオプションでは、AVG Internet Security 2014 に
よる保 護 機 能 すべてを一 度 にオフにすることができます。やむを得 ない場 合 を除 き、このオプ
ションの使 用 はお勧 めしません。インストール処 理 中 に望 ましくない中 断 が発 生 しないように
するために、インストーラやソフトウェア ウィザードで実 行 中 のプログラムやアプリケーションを終
了 するように指 示 される場 合 があります。それでも通 常 は、新 しいソフトウェアやドライバをイン
ストールする前 に AVG Internet Security 2014 を無 効 にする必 要 はありません。AVG
Internet Security 2014 を一 時 的 に無 効 にしなければならない場 合 は、必 要 な作 業 が終
わったらすぐに再 有 効 化 する必 要 があります。ウィルス対 策 ソフトウェアが無 効 な状 態 でインタ
ーネットやネットワークに接 続 している場 合 は、コンピュータが攻 撃 の危 険 にさらされています。
スキャン - クリックすると、定 義 されたスキャン のコンテキストメニュー (全 コンピュータをスキャン
特 定 のファイルとフォルダ) が開 きます。目 的 のスキャンを選 択 すると、すぐにスキャンが実 行 され
ます。
25
実 行 中 のスキャン... - 現 在 コンピュータでスキャンが実 行 されている場 合 にのみこの項 目 が表
示 されます。この場 合 、スキャンの優 先 度 の設 定 、実 行 中 のスキャンの停 止 または一 時 停 止
を実 行 できます。さらに、すべてのスキャンの優 先 度 の設 定 、すべてのスキャンの一 時 停 止
すべてのスキャンの停 止 アクションも実 行 できます。
Quick Tune を実 行 - クリックすると、Quick Tune コンポーネントが起 動 します。
AVG MyAccount にログイン - 登 録 製 品 の管 理 、追 加 の保 護 の購 入 、インストール ファイ
ルのダウンロード、過 去 の注 文 と請 求 書 の確 認 、個 人 情 報 の管 理 ができるマイアカウント ホ
ームページを開 きます。
今 すぐアップデート - すぐにアップデートを起 動 します。
ヘルプ - スタート ページがらヘルプ ファイルを開 きます。
5.7. AVG Advisor
AVG Advisor は、コンピュータの速 度 を低 下 させたり、危 険 にさらすような問 題 を検 出 し、その状 況 を
解 決 するためのアクションを提 案 するために設 計 されました。突 然 コンピュータの速 度 が落 ちた場 合 (イ
ンターネットの閲 覧 や、全 体 的 なパフォーマンスで)、通 常 その原 因 が何 なのか、またその後 の問 題 の解
決 方 法 についてははっきりとはわかりません。そこで AVG Advisor が登 場 します。システムトレイに表 示
される通 知 により問 題 が何 であるかを知 らせ、その修 復 方 法 を提 案 します。AVG Advisor は、潜 在
的 な問 題 を発 見 するため、PC で実 行 中 のすべての処 理 を監 視 し、問 題 の回 避 方 法 のヒントを提 供
するパフォーマンス機 能 です。
AVG Advisor は、ポップアップがシステム トレイ上 をスライドする形 で表 示 されます。
具 体 的 には、AVG Advisor は次 のことを監 視 します。
現 在 開 いている Web ブラウザの状 態 。Web ブラウザは、特 に複 数 のタブやウィンドウを開 い
たままにしているとメモリに負 担 をかけ、コンピュータの速 度 が低 下 するなど、システムのリソース
を過 剰 に消 費 する場 合 があります。そのような場 合 は、通 常 Web ブラウザを再 起 動 すること
が役 立 ちます。
ピアツーピア接 続 の実 行 。ファイルの共 有 で P2P プロトコルを使 用 した後 、接 続 が時 々 アク
ティブなまま残 り、相 当 量 の帯 域 幅 を消 費 することがあります。その結 果 、Web の閲 覧 スピー
ドの低 下 を招 く可 能 性 があります。
よくある名 前 の付 いた不 明 なネットワーク。これは通 常 、ポータブル コンピュータを使 ってさま
ざまなネットワークに接 続 しているユーザにのみ該 当 します。新 しい未 知 のネットワークが、よく
知 られていて頻 繁 に使 われるネットワーク (Home や MyWifi など) と同 じ名 前 である場 合 、混
乱 を来 たし、誤 ってまったく不 明 な危 険 の可 能 性 があるネットワークに接 続 してしまう恐 れがあ
ります。AVG Advisor は、既 知 の名 前 が実 際 に新 しいネットワークを示 していることを警 告 す
ることで、この問 題 を防 止 します。もちろん、不 明 なネットワークが安 全 だと判 断 した場 合 は、
26
以 降 に再 度 報 告 されることがないように、AVG Advisor の既 知 のネットワーク リストに保 存 す
ることができます。
これらの各 状 況 においては、AVG Advisor は、発 生 の可 能 性 がある問 題 を警 告 し、競 合 するプロセ
スやアプリケーションの名 前 とアイコンが表 示 されます。さらに、AVG Advisor は発 生 の可 能 性 がある問
題 を避 けるために必 要 な手 順 を提 案 します。
サポートされているウェブ ブラウザ
この機 能 は次 のウェブ ブラウザで動 作 します。Internet Explorer Chrome Firefox Opera Safari
5.8. AVG Accelerator
AVG Accelerator はオンライン ビデオのサービスをスムーズにして、ダウンロードを簡 単 にします。ビデオ高
速 化 処 理 を実 行 しているときには、システム トレイ ポップアップ ウィンドウに通 知 が表 示 されます。
27
6. AVG コンポーネント
6.1. コンピュータの保護
コンピュータコンポーネントは、ウイルス対 策 とデータ セーフの 2 つの主 なセキュリティサービスを提 供 し
ます。
ウイルス対 策 は、すべてのファイル、コンピュータのシステム領 域 、リムーバブル メディア (フラッ
シュディスク等 ) を保 護 するスキャン エンジンから構 成 され、既 知 のウイルスをスキャンします。
検 出 されたウイルスは動 作 をブロックされ、駆 除 またはウイルス隔 離 室 に隔 離 されます。常 駐
保 護 は「バックグラウンドで」動 作 するため、通 常 、ユーザーがこの処 理 を意 識 することはありま
せん。ウイルス対 策 は、ヒューリスティック スキャンも使 用 します。ファイルは一 般 的 なウイルスの
特 性 についてスキャンされます。これは、新 種 のウイルスが既 存 の一 般 的 なウイルス特 性 を含
む場 合 、新 種 で未 知 のウイルスであってもウイルス対 策 で検 出 可 能 であることを意 味 します。
AVG Internet Security 2014 はまた、システム内 の不 審 な実 行 可 能 アプリケーションや DLL
ライブラリを分 析 、検 出 することができます。(さまざまな種 類 のスパイウェア、アドウェアなど)。 .
さらに、ウイルス対 策 は疑 わしいエントリ、インターネット一 時 ファイルに対 しシステムレジストリ
をスキャンし、潜 在 的 に有 害 なアイテムを他 の感 染 と同 様 に処 理 することができます。
データ セーフにより、安 全 な仮 想 隔 離 室 を作 成 し、重 要 または機 微 なデータを保 存 すること
ができます。データ セーフのコンテンツは暗 号 化 され、ユーザーが選 んだパスワードで保 護 され
るため、承 認 のない人 はアクセスできません。
ダイアログ コントロール
ダイアログの 2 つのセクションを切 り替 えるには、各 サービス パネルの任 意 の場 所 をクリックするだけで
す。パネルは水 色 でハイライトされます。ダイアログの 2 つのセクションには、次 のコントロールが表 示 さ
れます。それぞれの機 能 は、どちらのセキュリティサービス(ウイルス対 策 またはファイル 隔 離 室 )に属 し
ていても同 じです。
28
有 効 化 / 無 効 化 - このボタンは交 通 信 号 に似 ていますが、視 覚 的 にも機 能 的 にも同
様 の役 割 を果 たします。有 効 化 / 無 効 化 を切 り替 えるには、1 回 クリックします。 緑 色 は有 効
化 を意 味 し、ウイルス対 策 セキュリティサービスはアクティブで完 全 に機 能 しています。赤 色 は、
サービスが無 効 化 された場 合 など、無 効 化 された状 態 を表 します。サービスを無 効 化 する理 由
が特 になければ、すべてのセキュリティ設 定 を既 定 のままで維 持 することを強 くお勧 めします。既
定 の設 定 ではアプリケーションの最 適 なパフォーマンスと最 大 限 の安 全 性 を保 証 します。何 らか
の理 由 によってサービスを無 効 にする場 合 、現 在 完 全 に保 護 されていないという情 報 と赤 色 の
警 告 サインが表 示 され、ただちに危 険 の可 能 性 に関 して警 告 されます。できるだけ早 く、再
度 サービスを有 効 化 するようにしてください。
設 定 - このボタンをクリックすると、高 度 な設 定 インターフェースに移 動 します。各 ダイアログ
が開 き、ウイルス対 策 など、選 択 したサービスの設 定 ができます。高 度 な設 定 インターフェースで
は、AVG Internet Security 2014 内 の各 セキュリティサービスの設 定 をすべて編 集 できます。
ただし、設 定 は上 級 者 ユーザーのみが行 うことをお勧 めします。
統 計 - このボタンをクリックすると、AVG ウェブサイト(http://www.avg.com/)の専 用 ページに
移 動 します。 このページには、特 定 の期 間 にコンピュータで実 行 されたすべての AVG Internet
Security 2014 活 動 全 体 に関 する詳 細 な統 計 情 報 が表 示 されます。
詳 細 - このボタンをクリックすると、ハイライトしたサービスの簡 単 な説 明 がダイアログの下
部 に表 示 されます。
- ダイアログ左 上 のセクションにある緑 色 の矢 印 を使 用 すると、メイン ユーザー インターフェー
スのコンポーネント概 要 に戻 ります。
データ セーフの作 成 方 法
コンピュータの保 護 ダイアログのデータ セーフセクションに、セーフを作 成 ボタンがあります。ボタンを押
して、同 じ名 前 の新 しいダイアログを開 き、ここで作 成 するセーフのパラメータを設 定 できます。必 要 な
情 報 をすべて入 力 し、アプリケーションの指 示 に従 います。
29
最 初 に、セーフの名 前 を指 定 し、強 力 なパスワードを設 定 します。
セーフの名 前 - 新 しいデータ セーフを作 成 するには、まず、わかりやすいように適 切 な名 前 を
選 びます。家 族 とコンピュータを一 緒 に使 用 している場 合 、セーフのコンテンツに加 えて、父 の
メールなど名 前 も入 れるとよいでしょう。
パスワードの作 成 / パスワードの再 入 力 - データ セーフに使 用 するパスワードを作 成 し、
適 切 なテキストフィールドに入 力 します。右 側 の画 像 インジケータがパスワードが弱 い(ソフト
ウェアツールによって比 較 的 容 易 に解 読 される)または強 いかを示 します。パスワードは少 なく
とも中 程 度 の強 度 であることが推 奨 されます。大 文 字 、数 字 、ドットやダッシュなどといったそ
の他 の文 字 を含 めることでパスワードをより強 く作 ることができます。パスワードがきっちりと入 力
されていることを確 認 するには、パスワードを表 示 ボックスにチェックを入 れます(誰 もあなたの
画 面 を見 ていないことを確 認 してください)。
パスワードのヒント - パスワードを忘 れてしまった場 合 に思 い出 す助 けとなるパスワードのヒン
トを作 成 しておかれることを強 くお勧 めします。データ セーフは、パスワードがある場 合 のみアク
セスを許 可 することでユーザーのファイルを保 護 しています。これには例 外 はなく、つまりパスワ
ードを忘 れてしまうとデータセーフにアクセスできなくなります。
テキストフィールドに必 要 なデータをすべて設 定 したら、次 へボタンをクリックして次 のステップに進 みま
す。
このダイアログには次 の設 定 オプションがあります。
ロケーション - は、データ セーフが置 かれている物 理 的 な場 所 を示 します。バードドライブの
適 切 な場 所 を参 照 するか、予 め定 義 された場 所 であるドキュメントフォルダに保 持 します。一
度 データ セーフを作 成 すると、その場 所 を変 更 することができないことに、ご留 意 ください。
サイズ - データ セーフのサイズを予 め決 定 し、ディスク上 の必 要 な領 域 を割 り当 てることができ
ます。その値 は、小 さすぎたり(必 要 を満 たさない)大 きすぎたり(必 要 以 上 にディスク領 域 を
占 める)しないようにします。データセーフに何 を入 れるかがすでに分 かっている場 合 、すべての
ファイルを1つのフォルダに入 れ、フォルダを選 択 リンクを使 用 して、合 計 サイズを自 動 計 算 す
ることができます。必 要 に応 じて、後 でサイズ変 更 することも可 能 です。
30
アクセス - このセクション内 のチェックボックスにより、データ セーフへの便 利 なショートカットを作
成 できます。
データ セーフの使 用 方 法
設 定 が納 得 いくものであれば、セーフを作 成 ボタンをクリックします。データ セーフが使 用 できますとい
う新 しいダイアログが表 示 され、ファイルを保 存 するためのセーフが使 用 できることを知 らせます。セーフが
開 いており、すぐにアクセスできます。次 回 以 降 セーフにアクセスする際 は、設 定 したパスワードを使 用 し
てセーフのロック解 除 を行 ってください。
新 しいデータ セーフを使 用 する場 合 は、今 すぐ開 くボタンをクリックして、データ セーフを開 く必 要 があ
ります。開 くとすぐに、新 しい仮 想 ディスクとしてデータ セーフがコンピュータに表 示 されます。ドロップダウ
ンメニューから任 意 の文 字 を割 り当 てます (現 在 空 きのあるディスクからしか選 択 できません)。概 して、C
(通 常 、ハードドライブに割 り当 て) A(フロッピーディスク ドライブ) (DVD ドライブ)の選 択 は許 可 さ
れません。データセーフをロック解 除 する度 に、後 で使 用 可 能 なドライブを選 択 いただけます。
データ セーフをロック解 除 する方 法
次 回 データ セーフにアクセスする際 は、設 定 したパスワードを使 用 してセーフのロック解 除 を行 ってくださ
い。
31
テキストフィールドに、ユーザーを認 証 するパスワードを入 力 して、ロック解 除 ボタンをクリックします。パス
ワードを思 い出 すための助 けが必 要 な場 合 は、ヒントをクリックして、データ セーフの作 成 時 に設 定 し
たパスワードのヒントを表 示 します。新 規 データ セーフは、データ セーフの概 要 にロック解 除 の状 態 で表
示 され、ファイルを必 要 に応 じて追 加 /削 除 できます。
6.2. ウェブ閲覧時の保護
ウェブ閲 覧 保 護 は 2 つのサービスから構 成 されます。リンクスキャナ サーフシールドとオンライン シー
ルドです。
リンクスキャナ サーフシールドは、日 進 月 歩 でますます増 加 する Web 上 の脅 威 からユーザ
ーを保 護 します。このような脅 威 は、政 府 機 関 のサイト、有 名 な大 企 業 のサイト、中 小 企 業
のサイトなど、あらゆる種 類 の Web サイトに潜 み、そのサイトに 24 時 間 以 上 存 在 することは
ほとんどありません。リンクスキャナは表 示 しようとするすべての Web ページにある各 リンクを
チェックし、リンク先 の Web ページを解 析 することでユーザーを保 護 します。安 全 性 の確 認 が
必 要 である、ユーザーがリンクをクリックしようとしたタイミングでチェックが実 行 され、サイトの安
全 性 が保 証 されます。リンクスキャナ サーフシールドはサーバー プラットフォームの保 護 に
は対 応 していません。
オンライン シールドは、リアルタイムの常 駐 保 護 の一 種 です。Web ブラウザに表 示 され、コン
ピュータにダウンロードされる前 に、Web ページの内 容 とそのページに含 まれる可 能 性 のある
ファイルをスキャンします。オンライン シールドは、アクセスしようとしているページが危 険 な
javascript を含 んでいる場 合 、ページの表 示 を防 ぎます。また、ページに含 まれるマルウェアも
検 出 することができ、コンピュータにダウンロードされないようにします。この強 力 な保 護 は開 こう
とする Web ページの悪 意 のある内 容 をブロックし、コンピュータへのダウンロードを防 止 します。
この機 能 が有 効 化 されていると、危 険 なサイトへのリンクをクリックしたり、URLを入 力 したりす
ると、自 動 的 にWebページを開 かないようにブロックし、不 注 意 な感 染 から保 護 します。エクス
プロイト Web ページは、単 にサイトにアクセスするだけでコンピュータが感 染 する可 能 性 がある
ことを覚 えておくことが重 要 です。オンライン シールドはサーバー プラット フォームには対 応
していません。
32
ダイアログ コントロール
ダイアログの 2 つのセクションを切 り替 えるには、各 サービス パネルの任 意 の場 所 をクリックするだけで
す。パネルは水 色 でハイライトされます。ダイアログの 2 つのセクションには、次 のコントロールが表 示 さ
れます。それぞれの機 能 は、どちらのセキュリティサービス (リンクスキャナ サーフシールドまたはオンライン
シールド) に属 していても同 じです。
有 効 化 / 無 効 化 - このボタンは交 通 信 号 に似 ていますが、視 覚 的 にも機 能 的 にも同
様 の役 割 を果 たします。有 効 化 / 無 効 化 を切 り替 えるには、1 回 クリックします。緑 色 は有 効
化 を意 味 し、リンクスキャナ サーフシールドまたはオンライン シールド セキュリティサービスはアク
ティブで完 全 に機 能 しています。赤 色 は、サービスが無 効 化 された場 合 など、無 効 化 された状
態 を表 します。サービスを無 効 化 する理 由 が特 になければ、すべてのセキュリティ設 定 を既 定 の
ままで維 持 することを強 くお勧 めします。既 定 の設 定 ではアプリケーションの最 適 なパフォーマンス
と最 大 限 の安 全 性 を保 証 します。何 らかの理 由 によってサービスを無 効 にする場 合 、現 在 完
全 に保 護 されていないという情 報 と赤 色 の警 告 サインが表 示 され、ただちに危 険 の可 能 性 に関
して警 告 されます。できるだけ早 く、再 度 サービスを有 効 化 するようにしてください。
設 定 - このボタンをクリックすると、高 度 な設 定 インターフェースに移 動 します。各 ダイアログ
が開 き、リンクスキャナ サーフシールドまたはオンライン シールドなど、選 択 したサービスの設 定 が
できます。高 度 な設 定 インターフェースでは、AVG Internet Security 2014 内 の各 セキュリティ
サービスの設 定 をすべて編 集 できます。ただし、設 定 は上 級 者 ユーザーのみが行 うことをお勧 め
します。
詳 細 - このボタンをクリックすると、ハイライトしたサービスの簡 単 な説 明 がダイアログの下 部
に表 示 されます。
- ダイアログ左 上 のセクションにある緑 色 の矢 印 を使 用 すると、メイン ユーザー インターフェー
スのコンポーネント概 要 に戻 ります。
33
6.3. Identity Protection
Identity Protection コンポーネント は、 インターネット上 の新 しいまたは不 明 の脅 威 からユーザーのデ
ジタル資 産 を常 に保 護 するIdentity Shield サービスを実 行 します:
Identity Protection はあらゆる種 類 のマルウェア (スパイウェア、ボット、ID 窃 盗 など) から保 護
するマルウェア対 策 サービスです。行 動 分 析 技 術 を使 用 して、発 生 したばかりの新 しいウイル
スに対 する保 護 を提 供 します。Identity Protection は ID 窃 盗 によるパスワード、銀 行 アカウン
ト情 報 、クレジットカード番 号 、その他 の貴 重 な個 人 デジタル情 報 の窃 盗 を防 止 することに
特 化 しています。PC を狙 うあらゆる種 類 の悪 意 のあるソフトウェア (マルウェア)を対 象 としま
す。PC または共 有 ネットワーク上 で実 行 中 のすべてのプログラムが正 常 に動 作 していることを
確 認 します。Identity Protection は継 続 的 に疑 わしい動 作 を検 出 およびブロックし、あらゆる
新 しいマルウェアからコンピュータを保 護 します。Identity Protection は新 しく未 知 の脅 威 に対
するリアルタイムのコンピュータ保 護 を提 供 します。このコンポーネントはすべてのプロセス (非 表
示 のプロセスを含 む) と286 以 上 の異 なる動 作 パターンを監 視 し、システム内 で悪 意 のある活
動 が発 生 しているかどうかを判 断 できます。このため、ウイルス データベースにはまだ登 録 され
ていない脅 威 でも検 出 できます。不 明 なコードがコンピュータに侵 入 すると、悪 意 のある動 作
の監 視 と追 跡 が即 時 実 行 されます。ファイルが悪 意 のあるものだと判 定 された場 合 、Identity
Protection はコードを除 去 してウイルス隔 離 室 に移 し、システムに対 して実 行 された変 更 (コ
ード挿 入 、レジストリ変 更 、ポート オープンなど) すべてを元 に戻 します。保 護 を適 用 するため
にスキャンを実 行 する必 要 はありません。この技 術 はきわめて積 極 的 な保 護 であるため、アッ
プデートはほとんど必 要 ありません。常 に保 護 が適 用 されています。
ダイアログ コントロール
ダイアログ内 で、次 の制 御 を行 えます:
有 効 化 / 無 効 化 - このボタンは交 通 信 号 に似 ていますが、視 覚 的 にも機 能 的 にも同
様 の役 割 を果 たします。有 効 化 / 無 効 化 を切 り替 えるには、1 回 クリックします。緑 色 は有 効
化 を意 味 し、Identity Protection セキュリティサービスはアクティブで完 全 に機 能 しています。赤
色 は、サービスが無 効 化 された場 合 など、無 効 化 された状 態 を表 します。サービスを無 効 化 す
34
る理 由 が特 になければ、すべてのセキュリティ設 定 を既 定 のままで維 持 することを強 くお勧 めしま
す。既 定 の設 定 ではアプリケーションの最 適 なパフォーマンスと最 大 限 の安 全 性 を保 証 します。
何 らかの理 由 によってサービスを無 効 にする場 合 、現 在 完 全 に保 護 されていないという情 報 と
赤 色 の警 告 サインが表 示 され、ただちに危 険 の可 能 性 に関 して警 告 されます。できるだけ早
く、再 度 サービスを有 効 化 するようにしてください。
設 定 - このボタンをクリックすると、高 度 な設 定 インターフェースに移 動 します。各 ダイアログ
が開 き、Identity Protection など、選 択 したサービスの設 定 ができます。高 度 な設 定 インターフェ
ースでは、AVG Internet Security 2014 内 の各 セキュリティサービスの設 定 をすべて編 集 でき
ます。ただし、設 定 は上 級 者 ユーザーのみが行 うことをお勧 めします。
詳 細 - このボタンをクリックすると、ハイライトしたサービスの簡 単 な説 明 がダイアログの下 部
に表 示 されます。
- ダイアログ左 上 のセクションにある緑 色 の矢 印 を使 用 すると、メイン ユーザー インターフェー
スのコンポーネント概 要 に戻 ります。
残 念 ながら AVG Internet Security 2014 には Identity Alert サービスは含 まれません。このタイプの保
護 を利 用 したい場 合 、[アップグレードしてアクティベート] ボタンをクリックすると専 用 ウェブページに移
動 し、Identity Alert ライセンスを購 入 することができます。
AVG Premium Security エディションであっても、Identity Alert サービスは特 定 の地 域 でしかご利 用 いた
だけません: 米 国 、英 国 、カナダ、アイルランドのみ。
6.4. メール保護
メール保 護 コンポーネントは、メール スキャナおよびスパム対 策 の 2 つのセキュリティサービスに対 応
しています。
メール スキャナ: 最 も一 般 的 なウイルスとトロイの木 馬 の感 染 源 の一 つはメールです。フィッシ
ング、スパムはメールをさらに大 きなリスクソースとします。無 料 メールアカウントは、さらにこのよ
うな悪 意 のあるメールを受 信 する可 能 性 が高 くなり(これらはめったにスパム対 策 技 術 を導 入
していないため)、かなりのホームユーザーはこのようなメールを利 用 しています。 また、ホームユ
ーザーは、不 明 なサイトをインターネット サーフィンしたり、個 人 情 報 (メールアドレスなど) を含
むオンライン フォームに情 報 を入 力 し、メールを介 しての攻 撃 にさらされる機 会 を増 やします。
企 業 では、通 常 業 務 用 のメールアカウントを使 用 し、スパム対 策 フィルタ等 を導 入 してリスクを
削 減 します。 メール保 護 コンポーネントは、すべての送 受 信 されるメール メッセージをスキャン
します。メールでウイルスが検 出 されると、必 ずウイルス隔 離 室 にただちに移 動 されます。 この
コンポーネントでは特 定 の種 類 のメールの添 付 ファイルを除 外 できます。また、メールが感 染 し
ていないことを示 す認 証 テキストを送 信 メールに追 加 できます。メール スキャナはサーバー プ
ラットフォームには対 応 していません。
スパム対 策 は、すべてのメール メッセージをチェックし、好 ましくないメールをスパムとしてマーク
します (スパムとは未 承 諾 で送 られてくるメールであり、たいていは膨 大 な数 のメールアドレス宛
に大 量 に一 斉 送 信 され、受 信 者 のメールボックスをいっぱいにする製 品 やサービスの広 告 で
す。スパムは消 費 者 が同 意 をした合 法 的 な商 業 メールではありません) 。 スパム対 策 は、特
別 なテキスト文 字 列 を追 加 して、メール (スパムとして特 定 されたメール)の件 名 を修 正 でき
ます。これで、メールクライアントでメールを簡 単 にフィルタリングできます。スパム対 策 コンポーネ
ントは、複 数 の分 析 手 法 を使 用 して各 メールを処 理 し、好 ましくないメールに対 する最 大 限
の保 護 を提 供 します。 スパム対 策 コンポーネントは、スパム保 護 のため、定 期 的 に更 新 され
るデータベースを使 用 します。また、RBLサーバー (「既 知 のスパム送 信 者 」メールアドレスの公
開 データベース)を使 用 したり、手 動 でメールアドレスをホワイトリスト (スパムとしてマークされ
35
ない)およびブラックリスト (常 にスパムとしてマーク)に追 加 できます。
ダイアログ コントロール
ダイアログの 2 つのセクションを切 り替 えるには、各 サービス パネルの任 意 の場 所 をクリックするだけで
す。パネルは水 色 でハイライトされます。ダイアログの 2 つのセクションには、次 のコントロールが表 示 さ
れます。それぞれの機 能 は、どちらのセキュリティサービス (メール スキャナまたはスパム対 策 ) に属 してい
ても同 じです。
有 効 化 / 無 効 化 - このボタンは交 通 信 号 に似 ていますが、視 覚 的 にも機 能 的 にも同
様 の役 割 を果 たします。有 効 化 / 無 効 化 を切 り替 えるには、1 回 クリックします。 緑 色 は有 効
化 を意 味 し、セキュリティサービスはアクティブで完 全 に機 能 しています。赤 色 は、サービスが無
効 化 された場 合 など、無 効 化 された状 態 を表 します。サービスを無 効 化 する理 由 が特 になけ
れば、すべてのセキュリティ設 定 を既 定 のままで維 持 することを強 くお勧 めします。既 定 の設 定 で
はアプリケーションの最 適 なパフォーマンスと最 大 限 の安 全 性 を保 証 します。何 らかの理 由 によっ
てサービスを無 効 にする場 合 、現 在 完 全 に保 護 されていないという情 報 と赤 色 の警 告 サインが
表 示 され、ただちに危 険 の可 能 性 に関 して警 告 されます。できるだけ早 く、再 度 サービスを
有 効 化 するようにしてください。
メール スキャナ セクションには、2 つの「交 通 信 号 」ボタンが表 示 されます。 この方 法 では、メー
ル スキャナに受 信 メッセージと送 信 メッセージのどちらか、または両 方 をチェックさせるかどうかを
別 々 に指 定 できます。 既 定 では、スキャンは受 信 メッセージに対 してはオン、感 染 のリスクがある
程 度 低 い送 信 メッセージに対 してはオフに設 定 されています。
設 定 - このボタンをクリックすると、高 度 な設 定 インターフェースに移 動 します。各 ダイアログ
が開 き、メール スキャナまたはスパム対 策 など、選 択 したサービスの設 定 ができます。高 度 な設
定 インターフェースでは、AVG Internet Security 2014 内 の各 セキュリティサービスの設 定 をす
べて編 集 できます。ただし、設 定 は上 級 者 ユーザーのみが行 うことをお勧 めします。
統 計 - このボタンをクリックすると、AVG ウェブサイト(http://www.avg.com/)の専 用 ページに
移 動 します。 このページには、特 定 の期 間 にコンピュータで実 行 されたすべての AVG Internet
36
Security 2014 活 動 全 体 に関 する詳 細 な統 計 情 報 が表 示 されます。
詳 細 - このボタンをクリックすると、ハイライトしたサービスの簡 単 な説 明 がダイアログの下
部 に表 示 されます。
- ダイアログ左 上 のセクションにある緑 色 の矢 印 を使 用 すると、メイン ユーザー インターフェー
スのコンポーネント概 要 に戻 ります。
6.5. ファイアウォール
ファイアウォールは、トラフィックをブロック、または許 可 することで、2 つ以 上 のネットワーク間 のアクセス
コントロール ポリシーを実 行 するためのシステムです。ファイアウォールには 1 セットのルールが含 まれま
す。このルールは外 部 から (一 般 的 にはインターネットから)の攻 撃 から内 部 ネットワークを保 護 し、あ
らゆるネットワーク ポート上 のすべての通 信 をコントロールします。定 義 されたルールにしたがって、通 信
が評 価 され、許 可 、または禁 止 されます。ファイアウォールが侵 入 の試 みを認 識 すると、その試 みを「ブ
ロック」し、侵 入 者 のコンピュータへのアクセスを許 可 しません。ファイアウォールを設 定 して、定 義 された
ポート経 由 および定 義 されたソフトウェア アプリケーションに対 する内 部 /外 部 通 信 (双 方 向 、受 信 ま
たは送 信 )を許 可 または禁 止 します。例 えば、ファイアウォールを設 定 して、Microsoft Internet
Explorer を使 用 したウェブデータの送 受 信 のみを許 可 することができます。その他 のブラウザによるウェブ
データの送 信 の試 みはブロックされます。これにより、個 人 を特 定 できる情 報 が許 可 なくコンピュータから
送 信 されないように保 護 します。コンピュータが、インターネット上 やローカルネットワーク上 の他 のコン
ピュータとデータを交 換 する方 法 をコントロールします。また、組 織 内 では、ファイアウォールはネットワー
ク上 の他 のコンピュータからの内 部 ユーザーによる攻 撃 から、コンピュータを保 護 します。
AVG Internet Security 2014 では、ファイアウォールがコンピュータのすべてのネットワーク ポート上 の
トラフィックを制 御 します。ファイアウォールは、定 義 されたルールに基 づいて、インターネットまたはローカ
ル ネットワークに接 続 しようとするコンピュータで実 行 中 のアプリケーションまたはコンピュータに接 続 しよう
とする外 部 アプリケーションを評 価 します。これらのアプリケーションに関 して、ファイアウォールはネットワー
ク ポートでの通 信 を許 可 あるいは禁 止 します。デフォルトでは、アプリケーションが不 明 な場 合 (定 義 さ
れたファイアウォール ルールがない場 合 等 )、ファイアウォールはその通 信 を許 可 するかブロックするかを
確 認 します。
AVG ファイアウォールはサーバー プラットフォームの保 護 には対 応 していません。
推 奨 :一 般 には、個 々 のコンピュータで複 数 のファイアウォールを使 用 することは推 奨 されていません。コ
ンピュータのセキュリティは複 数 のファイアウォールをインストールしても向 上 しません。これらの2つのアプリ
ケーションで競 合 が発 生 する可 能 性 が高 いです。したがって、コンピュータではファイアウォールを1つだけ
使 用 し、他 のすべてのファイアウォールを無 効 化 して、起 こりうる競 合 とそれに関 する問 題 のリスクを排
除 することを推 奨 します。
37
注 意 : AVG Internet Security 2014のインストール後 、ファイアウォール コンポーネントがコンピュータの再
起 動 を必 要 とすることがあります。その場 合 、コンポーネントのダイアログが表 示 され、再 起 動 の必 要 性
を知 らせます。ダイアログ内 に今 すぐ再 起 動 ボタンがあります。再 起 動 が行 われるまで、ファイアウォー
ルのコンポーネントは完 全 にアクティベートされません。さらに、ダイアログ内 の変 更 オプションはすべて無
効 になります。警 告 に注 意 し、お使 いの PC をすぐに再 起 動 させてください。
使 用 できるファイアウォール モード
ファイアウォールでは、コンピュータがドメイン内 にあるか、スタンドアロンか、ノートパソコンかによって、特
定 のセキュリティルールを定 義 することができます。各 コンピュータ タイプによって異 なるレベルの保 護 が
必 要 になります。これらのレベルには該 当 するモードが適 用 されます。要 するに、ファイアウォール モード
とはファイアウォール コンポーネントの特 別 な設 定 です。ユーザーはこのような予 め定 義 された数 々 の設
定 を利 用 することができます。
自 動 - このモードでは、ファイアウォールはすべてのネットワーク トラフィックを自 動 的 に処 理 し
ます。どのような決 定 もユーザーが下 すことはありません。ファイアウォールは、既 知 の各 アプリケ
ーションの接 続 を許 可 すると同 時 にアプリケーションのルールを作 成 して、今 後 アプリケーション
が常 に接 続 できるよう指 定 します。その他 のアプリケーションについては、アプリケーションの動
作 によってファイアウォールが接 続 を許 可 するかブロックするかを決 定 します。ただし、そのような
状 況 下 ではルールは作 成 されません。またアプリケーションは接 続 を試 みる時 に再 度 チェックさ
れます。自 動 モードは安 定 しているため、ほとんどのユーザーに対 して推 奨 されます。
対 話 - このモードはコンピュータとやりとりするすべてのネットワーク トラフィックを完 全 に制 御 す
る場 合 に便 利 です。ファイアウォールはトラフィックを監 視 し、データの通 信 や転 送 のそれぞれの
試 みをユーザーに通 知 します。ユーザーは自 分 が適 切 だと判 断 したとおりに、その試 みを許 可
したりブロックしたりできます。上 級 ユーザーのみにお勧 めします。
インターネットへのアクセスをブロック - インターネット接 続 が完 全 にブロックされます。インター
ネットにまったくアクセスできなくなり、外 部 からあなたのコンピュータにアクセスできることはありま
せん。特 別 な場 合 や短 期 間 の使 用 の場 合 に限 ります。
ファイアウォール保 護 を無 効 にする(推 奨 しません)- ファイアウォールを無 効 にして、コン
38
ピュータと通 信 するすべてのネットワークトラフィックを許 可 します。これによって、結 果 的 にハッ
カーによる攻 撃 を受 けやすくなります。このオプションは常 によく考 えた上 で、慎 重 に設 定 してく
ださい。
特 定 の自 動 モードはファイアウォール内 でも有 効 であることに注 意 してください。コンピュータまたは
Identity protection コンポーネントが無 効 になった場 合 、このモードは暗 黙 で有 効 化 されます。そのた
め、コンピュータはさらに脆 弱 になります。そのような場 合 、ファイアウォールは既 知 の絶 対 に安 全 なアプ
リケーションのみを自 動 的 に許 可 します。その他 の場 合 はすべてユーザーが決 定 を行 います。これは無
効 化 された保 護 コンポーネントを補 完 するためであり、コンピュータを安 全 に保 つための対 策 です。
ダイアログ コントロール
ダイアログには、ファイアウォール コンポーネントの状 態 に関 する基 本 情 報 の概 要 が表 示 されます。
ファイアウォール モード - 現 在 選 択 されているファイアウォール モードの情 報 を表 示 します。
現 在 のモードを別 のモードに変 更 する場 合 は、表 示 されている情 報 の隣 にある [変 更 ] ボタン
を使 用 すると、ファイアウォール設 定 インターフェースに切 り替 わります (ファイアウォール プロファ
イルの使 用 上 の説 明 と推 奨 については、前 のパラグラフを参 照 してください)。
ファイルとプリンタの共 有 - では、ファイルとプリンタの共 有 が(双 方 向 で)現 在 許 可 されている
かどうかを通 知 します。ファイルとプリンタの共 有 とは、実 際 には Windows で「共 有 」としてマー
クしたファイルまたはフォルダ、共 通 のディスク ユニット、プリンタ、スキャナ、および同 様 のあらゆ
るデバイスを共 有 するということです。このようなアイテムは、安 全 と考 えられるネットワーク (家
庭 、職 場 、学 校 など) 内 でのみ共 有 することが望 ましいです。ただし、公 開 ネットワーク (空 港
の Wi-Fi やインターネット カフェなど) に接 続 している場 合 は、おそらく一 切 の共 有 を望 まない
でしょう。
接 続 先 - 現 在 接 続 しているネットワークの名 前 情 報 を表 示 します。Window XP の場 合 、
ネットワーク名 は、最 初 に接 続 した時 に特 定 のネットワークに付 けた名 称 に対 応 しています。
Window Vista 以 降 の場 合 、ネットワーク名 は、[ネットワークと共 有 センター] で自 動 的 に付 け
られます。
このダイアログには次 のコントロールがあります。
変 更 - このボタンを使 うと、個 々 のパラメータの状 態 を変 更 できます。変 更 手 順 の詳 細 について
は、上 のパラグラフにある特 定 のパラメータの説 明 を参 照 してください。
設 定 - このボタンをクリックすると、ファイアウォール設 定 インターフェースに移 動 します。ここ
では、すべてのファイアウォール設 定 を編 集 できます。設 定 の変 更 はすべて上 級 者 ユーザーのみ
が行 って下 さい。
デフォルトにリセット - このボタンをクリックすると、現 在 のファイアウォール設 定 を上 書 きし、
自 動 検 出 を基 にした既 定 の設 定 に戻 します。
詳 細 - このボタンをクリックすると、ハイライトしたサービスの簡 単 な説 明 がダイアログの下 部
に表 示 されます。
- ダイアログ左 上 のセクションにある緑 色 の矢 印 を使 用 すると、メイン ユーザー インターフェー
スのコンポーネント概 要 に戻 ります。
39
6.6. Quick Tune コンポーネント
Quick Tune コンポーネントは詳 細 なシステム分 析 と訂 正 用 の高 度 なツールです。このツールはコンピュ
ータの速 度 と全 般 的 なパフォーマンスを改 善 する方 法 を分 析 します。パフォーマンスの修 復 を介 して、
メイン ユーザーインターフェイスから開 きます。
コンポーネントでは、レジストリエラー、不 要 なファイル、断 片 化 および破 損 したショートカットが解 析 さ
れ修 正 されます。
レジストリ エラーは、コンピュータの速 度 低 下 やエラー メッセージの表 示 を引 き起 こす可 能 性
のある Windows レジストリのエラー数 を示 します。
不 要 なファイルは、削 除 された可 能 性 が高 く、ディスク領 域 を占 有 しているファイルの数 を示
します。一 般 的 には、各 種 一 時 ファイルやごみ箱 のファイルが不 要 なファイルとして判 断 されま
す。
断 片 化 では、長 期 間 の使 用 により物 理 ディスクのいたるところに分 散 して断 片 化 したハード
ディスクの割 合 を計 算 します。
破 損 したショートカットは、動 作 しないショートカットや存 在 しない場 所 へのショートカットな
どの問 題 を示 します。
システムの分 析 を開 始 するには、[今 すぐ分 析 ] ボタンをクリックします。次 に、分 析 の進 行 状 況 と分 析
結 果 がグラフに直 接 表 示 されます。
40
結 果 の概 要 には、検 出 されたシステム上 の問 題 の数 が各 検 査 済 みカテゴリに従 って分 類 された形 で
表 示 されます。分 析 結 果 は [重 要 度 ] 列 の軸 上 にグラフィカルに表 示 されます。
コントロール ボタン
今 すぐ分 析 (分 析 前 に表 示 ) - このボタンをクリックすると、コンピュータの分 析 を直 ちに実 行 し
ます。
今 すぐ修 正 (解 析 が終 了 した時 点 で表 示 ) - このボタンをクリックすると、検 出 されたエラーが
すべて修 正 されます。訂 正 処 理 が完 了 するとすぐに結 果 の概 要 が表 示 されます。
キャンセル - このボタンをクリックすると、分 析 の実 行 を停 止 するか、分 析 完 了 時 にデフォルト
のAVG メイン ダイアログ (コンポーネント概 要 ) に戻 ります。
41
7. AVG Security Toolbar
AVG Security Toolbarはリンクスキャナ サーフシールド サービスと密 接 に連 携 し、インターネット閲 覧
中 に最 大 限 のセキュリティで保 護 するツールです。AVG Internet Security 2014 では AVG Security
Toolbarのインストールは任 意 です。インストール処 理 中 にこのコンポーネントをインストールするかどうか
を確 認 します。AVG Security Toolbarはインターネット ブラウザから直 接 利 用 できます。現 在 、
Internet Explorer (バージョン 6.0 以 上 ) および Mozilla Firefox (バージョン 3.0 以 上 ) のインターネット ブ
ラウザに対 応 しています。 それ以 外 のインターネット ブラウザには対 応 していません (例 : Avant ブラウザ
など、別 のインターネット ブラウザを使 用 している場 合 は、予 期 しない動 作 を起 こす場 合 があります)。
AVG Security Toolbarは次 の項 目 から構 成 されています。
AVG ロゴとドロップダウン メニュー:
o 現 在 の脅 威 レベル - ウェブ上 の現 在 の脅 威 レベルをグラフィカルに表 示 したウイルスラ
ボのウェブページを開 きます。
o AVG 脅 威 ラボ - 特 定 のAVG 脅 威 ラボのウェブサイト(http://www.avgthreatlabs.com)
を開 き、さまざまなウェブサイトのセキュリティ情 報 や現 在 の脅 威 のレベルをオンラインで
探 すことができます。
o Toolbar ヘルプ - すべての AVG Security Toolbarの機 能 に対 応 しているオンライン ヘ
ルプを開 きます。
o 製 品 フィードバックの送 信 - Web ページのフォームが開 き、AVG Security Toolbarに
ついてのご意 見 を入 力 できます。
o エンドユーザー ライセンス契 約 - お使 いのAVG Internet Security 2014に関 するライ
センス契 約 の全 文 が見 られるAVG ウェブサイトのページを開 きます。 o プライバシー ポリシー - AVG プライバシー ポリシーの全 文 が見 られる AVG ウェブサイ
トのページを開 きます。
o AVG Security Toolbar のアンインストール - 各 対 応 ウェブ ブラウザでの AVG
Security Toolbarのアンインストール方 法 について詳 細 に説 明 したウェブページを開 き
ます。
o AVG Security Toolbar について... - 新 しいウィンドウが開 き、現 在 インストールされた
いるバージョンの AVG Security Toolbarに関 する情 報 が表 示 されます。
検 索 フィールド - AVG Security Toolbarを使 用 してインターネットを検 索 します。表 示 される
検 索 結 果 は 100 パーセント安 全 であるため、安 全 性 と快 適 性 が保 証 されます。検 索 フィール
ドにキーワードまたはフレーズを入 力 して、[検 索 ] ボタンをクリックします (または Enter キーを
押 します)。
サイト セーフティ- このボタンは、新 しいダイアログを開 いて、今 開 いているページの現 在 の脅
威 レベル (安 全 です) についての情 報 を提 供 します。この概 要 は展 開 可 能 であり、ブラウザ
ウィンドウ内 のページの右 側 に関 するすべてのセキュリティ活 動 の全 詳 細 が表 示 できます(ウェ
42
ブサイトの完 全 な報 告 )。
Do Not Track - DNT サービス は、ユーザーのオンラインアクティビティに関 するデータを収 集 する
ウェブサイトの識 別 に役 立 ち、許 可 またま禁 止 を選 択 できます。詳 細 >>
削 除 - 「ごみ箱 」ボタンを押 すと、閲 覧 、ダウンロード、オンライン フォームの情 報 を削 除 する
か、あるいは検 索 履 歴 を一 括 ですべて削 除 するかを選 択 できるメニューが表 示 されます。
天 気 - このボタンをクリックすると、新 しいダイアログが開 き、選 択 した場 所 の現 在 の天 気 と2
日 間 の天 気 予 報 が表 示 されます。この情 報 は 3 ∼ 6 時 間 ごとに定 期 的 に更 新 されます。こ
のダイアログでは、目 的 の場 所 を手 動 で変 更 したり、気 温 を摂 氏 で表 示 するか華 氏 で表 示
するかを選 択 したりできます。
43
Facebook - このボタンをクリックすると、AVG Security Toolbarから直 接 Facebook ソーシャル
ネットワークに接 続 できます。
次 のアプリケーションへのクイック アクセス ショートカット ボタン: 電 卓
Explorer.
メモ帳
Windows
44
8. AVG Do Not Track
オンライン活 動 に関 するデータを収 集 しているウェブサイトを識 別 できるように、AVG Do Not Track アイ
コンを常 に表 示 しておくことをお勧 めします。AVG Do Not Track は AVG Security Toolbar の一 部 であ
り、ユーザーのアクティビティに関 するデータを収 集 するウェブサイトや広 告 主 を表 示 し、許 可 または禁 止
を選 択 できます。
AVG Do Not Trackは、各 サービスのプライバシーポリシーについての詳 細 な情 報 に加 え、可
能 な場 合 はサービスを拒 否 する直 接 リンクを表 示 します。
さらに、AVG Do Not Track では、追 跡 されたくないことを自 動 的 にサイトに通 知 する W3C
DNT プロトコル をサポートしています。この通 知 はデフォルトで有 効 化 されていますが、いつで
も変 更 ができます。
AVG Do Not Track は、これらの契 約 条 件 の下 で提 供 されます。
AVG Do Not Track はデフォルトで有 効 化 されていますが、いつでも簡 単 に無 効 にできます。
手 順 については FAQ のAVG Do Not Track 機 能 を無 効 にするの記 事 を参 照 してください。
AVG Do Not Track についての詳 細 は、弊 社 ウェブサイトを参 照 してください。
現 在 、AVG Do Not Track 機 能 は Mozilla Firefox、Chrome、および Internet Explorer ブラウザでのみ
サポートされています。
8.1. AVG Do Not Track インターフェース
オンライン中 、AVG Do Not Track は、どんな種 類 のデータ収 集 活 動 でも発 見 次 第 すぐに警 告 しま
す。このような場 合 AVG Security ToolbarにあるAVG Do Not Track アイコンは見 た目 が変 わります。
アイコンのそばに検 出 されたデータ収 集 サービスの数 を示 す小 さな数 字 が表 示 されます:
クリックすると次 のダイアログが表 示 されます:
アイコンを
45
検 出 されたデータ収 集 サービスはすべて [このページのトラッカー] 概 要 に一 覧 表 示 されます。 AVG
Do Not Track で識 別 されるデータ収 集 活 動 は 3 種 類 あります。
Web analytics (デフォルトでは許 可 ): パフォーマンスと個 々 のウェブサイト機 能 の向 上 のために
使 用 されるサービス。Google Analytics、Omniture、Yahoo Analytics などのサービスはこのカテ
ゴリに入 ります。ウェブサイトが目 的 通 りに動 作 しない可 能 性 があるため、Web analytics サー
ビスをブロックしないことを推 奨 します。
Ad Networks (デフォルトでは一 部 をブロック): ユーザーのオンライン活 動 について、直 接 的 ま
たは間 接 的 に複 数 のサイトでデータを収 集 または共 有 するサービスは、コンテンツベースの広
告 とは違 った、個 人 向 けに特 化 した広 告 を提 供 します。これはウェブサイトで有 効 な各 アド
ネットワークのプライバシーポリシーに基 づいて決 定 されます。一 部 のアドネットワークはデフォル
トでブロックされます。
Social Buttons (デフォルトでは許 可 ): ソーシャル ネットワーク機 能 の向 上 のために設 計 され
た構 成 要 素 です。ソーシャル ボタンはソーシャル ネットワークから訪 問 中 のサイトにわたって動
作 します。ログインしている間 、オンライン活 動 についてのデータを収 集 することがあります。ソー
シャル ボタンの例 : Facebook ソーシャル プラグイン、Twitter ボタン、Google +1など。
注 意 : ウェブサイトのバックグラウンドで実 行 されているサービスによっては、上 述 の 3 つのセクションのう
ちの一 部 が AVG Do Not Track ダイアログに表 示 されない場 合 があります。
ダイアログ コントロール
追 跡 とは何 ですか? - ダイアログの上 部 セクションにあるこのリンクをクリックすると、トラッキング
の基 本 的 な性 質 についての詳 細 な説 明 および特 定 のトラッキングの種 類 の説 明 が記 載 され
た専 用 ウェブページにリダイレクトされます。
46
すべてをブロック - ダイアログの下 部 セクションにあるこのボタンをクリックすると、すべてのデータ
収 集 活 動 を希 望 しないことになります。(詳 細 はトラッキング プロセスの章 を参 照 してください。
Do Not Track 設 定 - ダイアログの下 部 セクションにあるこのリンクをクリックすると、様 々 な
AVG Do Not Track パラメータの個 別 の設 定 ができる専 用 ウェブページにリダイレクトされます
(詳 細 は「AVG Do Not Track 設 定 」の章 を参 照 )。
8.2. 追跡プロセスの情報
検 出 されたデータ収 集 サービスのリストは特 定 のサービスの名 前 のみを提 供 します。個 々 のサービスを
ブロックすべきか許 可 すべきかを熟 知 した上 で決 定 するには、詳 細 を知 る必 要 があるかもしれません。
その場 合 は、個 々 のリストの上 にマウスを移 動 します。情 報 のポップアップにサービスの詳 細 なデータが
表 示 されます。サービスがお客 様 の個 人 データ、あるいはその他 の有 効 なデータを収 集 しているかどう
か、データがその他 の第 三 者 と共 有 されているかどうか、また収 集 されたデータが保 管 され、さらなる利
用 の可 能 性 があるかどうかがわかります。
情 報 ポップアップの下 部 のセクションに、検 出 された個 々 のサービスのプライバシー ポリシーの専 用 ウェブ
サイトを表 示 する プライバシー ポリシー のリンクが表 示 されます。
8.3. 追跡プロセスのブロック
アドネットワーク / ソーシャル ボタン / ウェブ分 析 のすべてのリストに、どのサービスをブロックするかを制 御
するオプションが表 示 されます。次 の 2 つの方 法 でブロックを設 定 できます。
すべてをブロック - ダイアログの下 部 セクションにあるこのボタンをクリックすると、すべてのデータ
収 集 活 動 を希 望 しないことになります。(ただし、この操 作 によって、サービスを実 行 している
個 々 のウェブページが機 能 しなくなる場 合 がありますので留 意 してください。)
- 検 出 されたサービスを一 度 に全 部 ブロックしたくない場 合 は、サービスを個 別 に許 可 す
るかブロックするかを指 定 できます。また、検 出 されたシステムの実 行 を部 分 的 に許 可 すること
47
ができます (ウェブ分 析 など)。これらのシステムではウェブサイトの最 適 化 のために収 集 したデー
タを使 用 しますが、このような方 法 ですべてのユーザーに共 通 するインターネット環 境 の改 善 に
役 立 てます。一 方 で、アドネットワークと分 類 されたすべてのプロセスのデータ収 集 アクティビティ
を同 時 にブロックすることができます。各 サービスの隣 にある
アイコンをクリックするだけで、
データ収 集 をブロック(処 理 名 に取 り消 し線 が入 った状 態 で表 示 されます)したり、データ収 集
を再 度 許 可 することができます。
8.4. AVG Do Not Track 設定
Do Not Track オプション ダイアログは次 の構 成 オプションを提 供 します。
Do Not Track は有 効 です - デフォルトでは、DNT サービスは有 効 化 されています。(スイッチ
ON)サービスを無 効 化 するには、スイッチをOFFにします。
ダイアログの中 央 セクションでは、アドネットワークに分 類 される既 知 のデータ収 集 サービスがリ
ストされたボックスが表 示 されます。 デフォルトでは、 Do Not Track は一 部 のアドネットワーク
を自 動 でブロックします。残 りも同 様 にブロックするか、許 可 しておくかはユーザが決 定 します。
そのような場 合 は、リストの下 の [すべてをブロック] ボタンをクリックします。または[デフォルト]
ボタンを使 って変 更 されたすべての設 定 をキャンセルし、元 の構 成 に戻 ることができます。
Notify web sitesウェブサイトの通 知 ... - このセクションではトラックしたくないウェブサイトを
通 知 オプション をオン/オフに切 り替 えられます(デフォルトではオン)。 追 跡 されたくない検 知 デ
ータをプロバイダーに知 らせるには Do Not Track の機 能 を選 択 します。
48
9. AVG 高度な設定
AVG Internet Security 2014 の高 度 な設 定 ダイアログは [高 度 な AVG 設 定 ] という名 前 の新 しいダ
イアログで開 きます。 このウィンドウは2つのセクションにわかれています。左 部 はにツリー状 のナビゲー
ションが表 示 されます。設 定 を変 更 したいコンポーネント (または特 定 の部 分 ) を選 択 すると、ウィンドウ
右 側 のセクションに編 集 ダイアログが表 示 されます。
9.1. 表示
ナビゲーション ツリーの最 初 の項 目 である [状 況 ] は AVG Internet Security 2014 ユーザー インター
フェースの全 般 設 定 を参 照 し、アプリケーションの動 作 の基 本 オプションを示 します。
言語選択
[言 語 選 択 ] セクションでは、任 意 の言 語 をドロップダウン メニューから選 択 できます。選 択 した言 語
は、AVG Internet Security 2014 ユーザー インターフェース全 体 で使 用 されます。ドロップダウン メニュ
ーには、インストール処 理 中 に選 択 した言 語 と英 語 (既 定 で自 動 的 にインストール) のみが表 示 され
ます。AVG Internet Security 2014 の言 語 切 り替 えが完 了 した場 合 は、アプリケーションを再 起 動 す
る必 要 があります。次 の手 順 を実 行 してください。
ドロップダウン メニューで任 意 のアプリケーション言 語 を選 択 します。
[適 用 ] ボタン (ダイアログの右 下 端 ) をクリックして選 択 内 容 を確 定 します。
[OK] ボタンをクリックして、確 定 します。
新 しいダイアログがポップアップ表 示 され、アプリケーションの言 語 を変 更 するには AVG
Internet Security 2014
49
[今 すぐ AVG を再 起 動 ] ボタンをクリックしてプログラムの再 起 動 を許 可 し、その後 すぐに言
語 変 更 が有 効 になります。
システム トレイ通 知
このセクションでは、AVG Internet Security 2014 アプリケーションのステータスに関 するシステム トレイ
通 知 を非 表 示 に設 定 できます。既 定 ではシステム通 知 の表 示 は有 効 です。この設 定 を保 持 すること
をお勧 めします。システム通 知 は、スキャンまたはアップデート プロセスの実 行 や, AVG Internet
Security 2014 コンポーネントのステータス変 更 などを通 知 します。このような通 知 には特 に注 意 する必
要 があります。
ただし、何 らかの理 由 で、このような方 法 で通 知 しない場 合 や、ある通 知 (特 定 の AVG Internet
Security 2014 コンポーネントに関 する) のみを表 示 する場 合 は、次 のオプションにより任 意 の内 容 を定
義 および指 定 できます。
システム トレイ通 知 を表 示 する(既 定 では有 効 ) - 既 定 ではすべての通 知 が表 示 されま
す。この項 目 のチェックを外 すとすべてのシステム通 知 表 示 は無 効 になります。オンにした場 合
は、表 示 する通 知 を選 択 できます。
o アップデート 通 知 (既 定 では有 効 ) - AVG Internet Security 2014アップデート処 理
の起 動 、進 行 、完 了 に関 する情 報 を表 示 するかどうかを決 定 します。
o コンポーネント変 更 の通 知 (既 定 では無 効 ) - コンポーネントの有 効 /無 効 、または潜
在 的 な問 題 に関 する情 報 を表 示 するかどうかを決 定 します。 コンポーネントの不 具 合
状 態 をレポートする際 、このオプションは、 すべての AVG Internet Security 2014 コン
ポーネントの問 題 をレポートするシステム トレイ アイコンの便 利 な機 能 と同 様 の役 割 を
果 たします。
o 常 駐 シールド自 動 脅 威 削 除 の通 知 (自 動 アクション) (既 定 では有 効 ) - ファイルの
保 存 、コピー、開 く処 理 に関 する情 報 を表 示 するかどうかを決 定 します (この設 定 は、
常 駐 シールドの [自 動 修 復 ] オプションが選 択 されている場 合 にのみ有 効 です)。
o スキャン 通 知 (既 定 では有 効 ) - スケジュールされたスキャンの自 動 起 動 、進 行 、結
果 に関 する情 報 を表 示 するかどうかを決 定 します。
o ファイアウォール通 知 (既 定 では有 効 ) - コンポーネントの有 効 化 /無 効 化 の警 告 、ト
ラフィック ブロックなど、ファイアウォール状 態 とプロセスに関 する情 報 を表 示 するかどうか
を決 定 します。 たとえば、コンポーネントの有 効 化 /非 有 効 化 警 告 、トラフィックのブロッ
クなどが表 示 されます。この項 目 にはさらに 2 つの選 択 オプションがあります (各 オプショ
ンの詳 細 については、このマニュアルの「ファイアウォール」の章 を参 照 してください)。
-ネットワーク接 続 ポイント (規 定 では無 効 ) - ネットワークに接 続 している場 合 、 は
ネットワークが既 知 であるかどうか、プリンタの共 有 がどのように設 定 されているかを通
知 します。
50
-ブロックされたアプリケーション(規 定 では有 効 ) - 不 明 または不 審 なアプリケーション
がネットワークへ接 続 しようとしている場 合 に はその試 みをブロックし、通 知 を表 示 しま
す。 必 ず通 知 されて便 利 なため、常 にこの機 能 を有 効 にしておくことをお勧 めしま
す。
o メール スキャナ通 知 (既 定 では有 効 ) - すべての送 受 信 メールに関 する情 報 を表 示
するかどうかを決 定 します。
o 統 計 情 報 に関 する通 知 (既 定 では有 効 ) - このオプションにチェックを付 けると、定 期
的 な統 計 情 報 確 認 通 知 をシステム トレイに表 示 できます。
o AVG アクセラレータ に関 する通 知 (既 定 では有 効 ) - AVG アクセラレータ 動 作 に関
する通 知 を表 示 するかどうかを決 定 します。 AVG アクセラレータ サービスはオンライン
ビデオの再 生 をスムーズにして、ダウンロードを簡 単 にします。
o ブート時 間 向 上 に関 する通 知 (規 定 では無 効 ) - お使 いのコンピュータのブート時 間
の短 縮 について通 知 するかどうかを決 定 します。
o AVG Advisor に関 する通 知 (既 定 では有 効 ) - AVG Advisor の活 動 に関 する情 報 を
システム トレイ上 のスライド パネルに表 示 するかどうかを決 定 します。
ゲーム モード
この AVG 機 能 は、AVG 情 報 バルーン (スケジュール スキャンが開 始 するときなどに表 示 ) によって妨 害
される可 能 性 がある全 画 面 アプリケーション用 に設 計 されています (情 報 バルーンはアプリケーションの
最 小 化 やグラフィックのエラーを引 き起 こす可 能 性 があります)。このような問 題 を回 避 するには、 [全
画 面 アプリケーションが実 行 されているときにゲームモードを有 効 にする] オプションのチェックボック
スを付 けた状 態 にしておきます(既 定 の設 定 )。
51
9.2. サウンド
サウンドダイアログでは、サウンド通 知 によって特 定 の AVG Internet Security 2014 アクションの通 知
を行 うかどうかを指 定 できます。
この設 定 は現 在 のユーザー アカウントでのみ有 効 です。つまり、各 コンピュータ ユーザーに固 有 のサウン
ド設 定 が行 われます。サウンド通 知 を有 効 にする場 合 は、[サウンド イベントを有 効 にする] オプショ
ンを選 択 (このオプションは既 定 では有 効 ) し、関 連 するすべてのアクションのリストを有 効 にします。さら
に、[全 画 面 アプリケーションがアクティブのときにはサウンドを再 生 しない] オプションを選 択 すると、
サウンド通 知 が邪 魔 になるような状 況 でサウンド通 知 を非 表 示 にすることができます (このマニュアルの「
高 度 な設 定 /表 示 」の章 の「ゲーム モード」セクションを参 照 )。
コントロール ボタン
参 照 - リストから各 イベントを選 択 し、[参 照 ] ボタンをクリックすると、ディスクを参 照 してイベン
トに割 り当 てるサウンド ファイルを検 索 できます。(現 時 点 では、*.wav サウンドのみがサポート
されています。)
再 生 - 選 択 したサウンドを再 生 するには、リストのイベントを強 調 表 示 し、[再 生 ] ボタンをク
リックします。
削 除 - [削 除 ] ボタンをクリックすると、特 定 のイベントに割 り当 てられたサウンドを削 除 します。
52
9.3. 一時的に AVG 保護を無効にする
[一 時 的 に AVG 保 護 を無 効 にする] ダイアログでは、AVG Internet Security 2014 の保 護 機 能 す
べてを一 度 にオフにすることができます。
やむを得 ない場 合 を除 き、このオプションの使 用 はお勧 めしません。
インストール処 理 中 に望 ましくない中 断 が発 生 しないようにするために、インストーラやソフトウェア ウィ
ザードで実 行 中 のプログラムやアプリケーションを終 了 するように指 示 される場 合 がありますが、それでも
通 常 は新 しいソフトウェアやドライバをインストールする前 に AVG Internet Security 2014 を無 効 に
する必 要 はありません。インストール中 に問 題 が発 生 した場 合 は、まず常 駐 保 護 を無 効 にしてくださ
い (常 駐 シールドを有 効 にする)。AVG Internet Security 2014 を一 時 的 に無 効 にしなければならな
い場 合 は、必 要 な作 業 が終 わったらすぐに再 度 有 効 にする必 要 があります。ウイルス対 策 ソフトウェア
が無 効 な状 態 でインターネットやネットワークに接 続 している場 合 は、コンピュータが攻 撃 の危 険 にさら
されています。
AVG 保 護 を一 時 的 に無 効 にする方 法
[一 時 的 に AVG 保 護 を無 効 にする] チェック ボックスを選 択 し、[適 用 ] ボタンをクリックして選 択 内
容 を確 定 します。新 しく開 いた 一 時 的 に AVG 保 護 を無 効 にする ダイアログで、AVG Internet
Security 2014 を無 効 にする時 間 を指 定 します。既 定 では、保 護 は 10 分 間 無 効 になります。新 しい
ソフトウェアのインストールなどの一 般 的 なタスクを実 行 するには十 分 な時 間 です。もう少 し時 間 を長 く
することもできますが、このオプションはどうしても必 要 な場 合 を除 き、推 奨 されません。その後 、無 効 に
されたコンポーネントはすべて自 動 的 に再 度 有 効 になります。最 長 で、次 のコンピュータの再 起 動 まで
AVG 保 護 を無 効 にできます。一 時 的 に AVG 保 護 を無 効 にする ダイアログには、ファイアウォール
コンポーネントをオフにする別 のオプションがあります。これを行 うには、[ファイアウォール保 護 を無 効 に
53
する] にチェックを付 けます。
9.4. コンピュータの保護
9.4.1. ウイルス対策
ウイルス対 策 は、常 駐 シールドと連 携 し、あらゆる既 知 の種 類 のウイルスとスパイウェア、マルウェア一
般 (ダウンロードされた後 まだ有 効 化 されていないマルウェアなど、いわゆる休 止 状 態 の非 アクティブなマ
ルウェアを含 む) からコンピュータを継 続 的 に保 護 します。
54
[常 駐 シールド設 定 ] ダイアログでは、[常 駐 シールドを有 効 化 ] 項 目 (このオプションは既 定 では有
効 ) を有 効 /無 効 にして、常 駐 保 護 を完 全 に有 効 化 または無 効 化 できます。また、有 効 にする常 駐
保 護 機 能 を選 択 できます。
脅 威 を駆 除 する前 に確 認 する (既 定 ではオン)) - チェックを付 けると、常 駐 シールドによって
アクションが自 動 的 に実 行 されなくなり、代 わりに検 出 された脅 威 について説 明 し、処 理 方
法 を決 定 するダイアログが表 示 されます。チェックを外 したままにすると、AVG Internet
Security 2014 は自 動 的 に感 染 を修 復 し、修 復 できない場 合 はオブジェクトをウイルス隔 離
室 に移 動 します。
不 審 なプログラムとスパイウェア脅 威 をレポート (既 定 ではオン) - チェックを付 けると、スキャ
ンを有 効 にし、ウイルスと同 時 にスパイウェアもスキャンします。スパイウェアは疑 わしいマルウェア
のカテゴリに含 まれます。通 常 は、セキュリティリスクとなる場 合 でも、このようなプログラムを故
意 にインストールすることができます。コンピュータのセキュリティを高 めるため、この機 能 を有 効
にしておくことをお勧 めします。
不 審 なプログラムの拡 張 セットをレポート (既 定 ではオフ) - チェックを付 けると、スパイウェア
の拡 張 パッケージを検 出 します。スパイウェアとは、直 接 製 造 元 から入 手 する場 合 には完 全
に問 題 がなく無 害 なプログラムですが、後 から悪 意 のある目 的 で誤 用 されるおそれのあるプロ
グラムです。これは、コンピュータ セキュリティをさらに高 めるための追 加 的 な手 段 ですが、合 法
的 なプログラムもブロックする可 能 性 があるため、既 定 ではオフになっています。
終 了 時 にファイルをスキャン (既 定 ではオフ) - 終 了 時 のスキャンを有 効 にすると、アクティブな
オブジェクト (アプリケーションやドキュメントなど) の実 行 または終 了 時 に AVG スキャンが実 行
されます。この機 能 はコンピュータを一 部 の高 度 なウイルスから保 護 する上 で役 立 ちます。
リムーバブル メディアのブートセクターをスキャンする - (既 定 ではオン)
ヒューリスティック分 析 を使 用 (既 定 ではオン) - ヒューリスティック分 析 (仮 想 コンピュータ環 境
で実 行 されるスキャン対 象 オブジェクト命 令 の動 的 エミュレーション) は、スキャン実 行 中 に採
用 されるウイルス検 出 方 法 の 1 つです。
レジストリで参 照 するファイルをスキャン(既 定 ではオン) - このパラメータを定 義 すると、スター
トアップ レジストリに追 加 されたすべての実 行 ファイルが AVG によってスキャンされるため、次
回 のコンピュータ再 起 動 時 に既 知 の感 染 が実 行 されることはありません。
完 全 スキャンを有 効 にする (既 定 では無 効 ) - このオプションにチェックを付 けると、特 定 の状
況 (緊 急 事 態 ) において最 も完 全 なアルゴリズムを有 効 にして、脅 威 の原 因 となる可 能 性 の
あるすべてオブジェクトを徹 底 的 にチェックします。この方 法 を実 行 すると多 少 時 間 がかかりま
す。
インスタント メッセージと P2P ダウンロード保 護 を有 効 にする (既 定 ではオン) - この項 目 に
チェックを付 けると、インスタント メッセージの通 信 (AIM Yahoo! Windows Live Messenger
ICQ Sk ype...) と、ピアツーピアのネットワーク (サーバーを介 さずにクライアント間 の直 接 の接
続 を許 可 する、潜 在 的 に危 険 なネットワーク。通 常 は音 楽 ファイルの共 有 に使 用 ) 内 でダウ
ンロードされるデータを確 認 してウイルスを除 去 します
55
常 駐 シールドによってスキャンされたファイル] ダイアログでは、スキャン対象のファイルを特 定 の拡 張
子 を指 定 して設定できます。
該 当 するチェック ボックスを選 択 すると、すべてのファイルをスキャンするか、感 染 可 能 なファイルと選
択 した種 類 のドキュメントのみをスキャンするかどうかを決 定 します。スキャンを高 速 化 しながら最 高
水 準 の保 護 を維 持 するために、既 定 の設 定 を維 持 することをお勧 めします。既 定 の設 定 では、感 染
の可 能 性 があるファイルのみがスキャンされます。ダイアログの各 セクションには、スキャン対 象 の定 義 ファ
イルの拡 張 子 リストが表 示 されます。このリストは編 集 可 能 です。
拡 張 子 のないファイルを必 ずスキャンする (デフォルトではオン) にチェックを付 けると、拡 張 子 がなく
未 知 の形 式 でも常 駐 シールドによってスキャンされることが保 証 されます。拡 張 子 のないファイルは疑 わ
しいため、この機 能 をオンにしておくことを推 奨 します。
9.4.2. ルートキット対策
ルートキット対 策 設 定 ダイアログでは、 ルートキット対 策 サービスの設 定 とルートキット対 策 スキャン
の特 定 のパラメータを編 集 できます。ルートキット対 策 スキャンは、全 コンピュータをスキャンに含 まれる
既 定 の処 理 です。
56
アプリケーション スキャンとドライバ スキャンでは、ルートキット対 策 スキャンの対 象 を詳 細 に指 定 す
ることができます。これらの設 定 は上 級 者 ユーザー向 けです。すべてのオプションをオンにしておくことをお
勧 めします。また、ルートキット スキャン モードを選 択 することもできます。
クイック ルートキット スキャン - すべての実 行 中 のプロセス、ロードされたドライバ、およびシス
テム フォルダ (通 常 は、c:\Windows) をスキャンします。
完 全 ルートキット スキャン - すべての実 行 中 のプロセス、ロードされたドライバ、システム フォ
ルダ (通 常 は、c:\Windows)、およびすべてのローカル ディスク (フラッシュ ディスクは含 まれます
が、フロッピー ディスクおよび CD ドライブは含 まれません) をスキャンします。
57
9.4.3. キャッシュ サーバー
[キャッシュ サーバー設 定 ] ダイアログは、すべての種 類 の AVG Internet Security 2014 スキャンを高
速 化 するためのキャッシュ サーバー プロセスを参 照 します。
キャッシュ サーバーは信 頼 できるファイル (信 頼 できるソースのデジタル署 名 があるファイルは信 頼 できる
ファイルと見 なされます) の情 報 を収 集 して保 持 します。これらのファイルは自 動 的 に安 全 で再 スキャン
の必 要 がないファイルと見 なされるため、スキャン中 にスキップされます。
[キャッシュ サーバー設 定 ] ダイアログには次 の設 定 オプションがあります。
キャッシュを有 効 にする (デフォルトではオン) - チェックを外 すと、キャッシュ サーバーをオフに
切 り替 え、キャッシュ メモリを空 にします。最 初 に使 用 中 のすべてのファイルが 1 つずつウイル
スおよびスパイウェア スキャンされるため、スキャンの速 度 が低 下 し、コンピュータの全 体 的 なパ
フォーマンスが低 下 する可 能 性 があります。
新 しいファイルのキャッシュへの追 加 を有 効 にする (デフォルトではオン) - チェックを外 すと、
キャッシュ メモリへのファイルの追 加 を停 止 します。キャッシュを完 全 にオフにするか、次 回 のウ
イルス データベース アップデートまで、既 にキャッシュに保 存 されたファイルのすべてが保 持 され
使 用 されます。
キャッシュ サーバーを無 効 にする理 由 がない場 合 は、既 定 の設 定 を保 持 し、両 方 のオプション
を有 効 にすることを強 くお勧 めします。そうでない場 合 は、システムの速 度 とパフォーマンスが大
幅 に低 下 するおそれがあります。
9.5. メール スキャナ
このセクションでは、メール スキャナとスパム対 策 の詳 細 設 定 を編 集 できます。
58
9.5.1. メールスキャン
メールスキャナダイアログは3つのセクションに分 けられます。
メールスキャン
このセクションでは、送 受 信 されるメールに関 する基 本 項 目 を設 定 できます。
受 信 メールをチェックする (既 定 ではオン) - このボックスを選 択 /クリアすることで、メール クライ
アントに配 信 されるすべてのメール メッセージをスキャンするかどうかを選 択 します。
送 信 メールをチェックする (既 定 ではオフ) - このボックスを選 択 /クリアすることで、自 分 のアカ
ウントから送 信 されるすべてのメール メッセージをスキャンするかどうかを選 択 します。
ウイルス感 染 したメッセージの件 名 を修 正 する (既 定 ではオフ) - スキャンによって感 染 メッ
セージとして検 出 されたメール メッセージに関 する警 告 を表 示 する場 合 は、この項 目 にチェック
を付 け、テキスト フィールドに任 意 のテキストを入 力 します。このテキストがすべての感 染 メール
の [件 名 ] フィールドに追 加 されるため、感 染 メッセージを簡 単 に識 別 し除 外 できます。 初 期
値 は***VIRUS*** です。この値 を使 用 することをお勧 めします。
スキャン プロパティ
このセクションでは、メール メッセージのスキャン方 法 を指 定 できます。
ヒューリスティック分 析 を使 用 する (既 定 ではオン) - チェックを付 けると、メール メッセージをス
キャンするときにヒューリスティックス検 出 方 式 使 用 します。 このオプションをオンにすると、拡 張
子 だけでなく実 際 の添 付 ファイルの内 容 を考 慮 して、メールの添 付 ファイルをフィルタできます。
フィルタリングは [メール フィルタリング] ダイアログで設 定 できます。
59
不 審 なプログラムとスパイウェア脅 威 を報 告 する (既 定 ではオン) - チェックを付 けると、ス
キャンを有 効 にし、ウイルスと同 時 にスパイウェアもスキャンします。スパイウェアは疑 わしいマル
ウェアのカテゴリに含 まれます。通 常 は、セキュリティリスクとなる場 合 でも、このようなプログラム
を故 意 にインストールすることができます。コンピュータのセキュリティを高 めるため、この機 能 を
有 効 にしておくことをお勧 めします。
不 審 なプログラムの拡 張 セットを報 告 する (既 定 ではオフ) - チェックを付 けると、スパイウェ
アの拡 張 パッケージを検 出 します。スパイウェアとは、直 接 製 造 元 から入 手 する場 合 には完 全
に問 題 がなく無 害 なプログラムですが、後 から悪 意 のある目 的 で誤 用 されるおそれのあるプロ
グラムです。これは、コンピュータ セキュリティをさらに高 めるための追 加 的 な手 段 ですが、合 法
的 なプログラムもブロックする可 能 性 があるため、既 定 ではオフになっています。
アーカイブ ファイルの内 容 をスキャンする (既 定 ではオン) - チェックを付 けると、メール メッセ
ージに添 付 されたアーカイブ ファイルの内 容 をスキャンします。
完 全 スキャンを有 効 にする (既 定 ではオフ) - このオプションをチェックすると、特 定 の状 況 (コ
ンピュータがウイルスや攻 撃 に感 染 している疑 いがある場 合 など) が発 生 した場 合 に最 も完 全
なスキャン アルゴリズムを有 効 にし、感 染 の可 能 性 が非 常 に低 いコンピュータ領 域 もスキャン
します。これにより、問 題 がないことを確 実 に確 認 します。この方 法 を実 行 すると多 少 時 間 が
かかります。
メール添 付 ファイルの報 告
このセクションでは、潜 在 的 に危 険 なファイルまたは不 審 なファイルに関 する追 加 レポートを設 定 できま
す。警 告 ダイアログは表 示 されませんのでご注 意 下 さい。認 証 テキストのみがメールの最 後 に追 加 され
ます。このようなレポートはメールス保 護 検 出 ダイアログにリストされます。
パスワード保 護 されたアーカイブを報 告 する - パスワードで保 護 されたアーカイブ (ZIP、RAR
など) のウイルス スキャンはできません。ボックスにチェックを付 けると、潜 在 的 に危 険 なオブジェ
クトとしてこのようなアーカイブを報 告 します。
パスワード保 護 された文 書 を報 告 する - パスワード保 護 された文 書 はウイルス スキャンでき
ません。ボックスにチェックを付 けると、潜 在 的 に危 険 なものとしてこれらの文 書 を報 告 します。
マクロを含 むファイルを報 告 する - マクロは、あるタスクをユーザーが簡 単 に実 行 するためにあ
らかじめ定 義 した一 連 の命 令 です (MS Word のマクロが広 く知 られています)。マクロには潜 在
的 に危 険 な命 令 が含 まれる可 能 性 があります。このボックスにチェックを付 けると、マクロを含 む
ファイルを不 審 なファイルとして報 告 します。
拡 張 子 偽 装 を報 告 する - たとえば、不 審 な実 行 可 能 ファイル「something.txt.exe」が、無
害 なテキストファイル「something.txt」として偽 装 されている場 合 があります。ボックスにチェック
を付 けると、潜 在 的 に危 険 なオブジェクトとしてこのような拡 張 子 を報 告 します。
レポートされたメール添 付 ファイルをウイルス隔 離 室 に移 動 - メールスキャンで検 出 された
添 付 ファイルがパスワード保 護 されたアーカイブ、パスワード保 護 されたドキュメント、マクロを含
むファイル、拡 張 子 偽 装 を含 むファイルの場 合 、メールでレポートするかどうかを指 定 します。こ
のようなメールがスキャン中 に検 出 された場 合 、検 出 された感 染 オブジェクトをウイルス隔 離 室
に移 動 するかどうかについても指 定 することができます。
60
認 証 ダイアログの特 定 のチェック ボックスを選 択 すると、受 信 メール (受 信 メールを認 証 ) と送 信 メー
ル (送 信 メールを認 証 ) を認 証 するかどうかを決 定 できます。 各 オプションについては、さらに [添 付
ファイルがある場 合 のみ] パラメータを指 定 することで、添 付 ファイル付 きのメール メッセージにのみ認
証 を追 加 することができます。
既 定 では、認 証 テキストにはこのメッセージでウイルスが検 出 されなかったことを示 す基 本 情 報 のみが含
まれます。ただし、ニーズに合 わせてこの情 報 を拡 張 したり変 更 したりできます。その場 合 は、任 意 の認
証 テキストを [メール認 証 テキスト] フィールドに入 力 します。 メール認 証 テキストに使 用 される言
語 セクションでは、自 動 生 成 された認 証 テキスト (このメッセージにウイルスは検 出 されませんでした) を
表 示 する言 語 を定 義 できます。
注 意 : 指 定 された言 語 で表 示 されるのは既 定 のテキストのみであり、カスタマイズされたテキストは自 動
的 に翻 訳 されないことに注 意 してください。
61
添 付 ファイル フィルタ ダイアログでは、メール添 付 ファイルのスキャン パラメータを設 定 できます。デフォ
ルトでは、添 付 ファイルを削 除 オプションはオフとなっています。アクティブ化 する場 合 は、感 染 あるいは
潜 在 的 に危 険 だと検 出 されたすべてのメールメッセージ添 付 ファイルは自 動 的 に除 去 されます。削 除
する添 付 ファイルのタイプを定 義 したい場 合 、各 オプションを選 択 します。
すべての実 行 可 能 ファイルを削 除 - すべての*.exe ファイルが削 除 されます。
すべての文 書 を削 除 - すべての *.doc、*.docx、*.xls、*.xlsx ファイルが削 除 されます。
これらのカンマ区 切 りの拡 張 子 を含 むファイルを除 去 - 定 義 された拡 張 子 のすべてのファ
イルを削 除 します
サーバー セクションでは、メールスキャナ サーバーのパラメータを編 集 することができます。
POP3 サーバー
SMTPサーバー
IMAP サーバー
また、[新 しいサーバーの追 加 ] ボタンを使 用 して、新 しい送 受 信 メール サーバーを定 義 することもでき
ます。
62
受 信 メール用 の POP3 プロトコルを使 用 してメール スキャナサーバーを設 定 できます。
POP3 サーバー名 - このフィールドでは新 しく追 加 したサーバー名 を指 定 できます (POP3 サー
バーを追 加 するには、左 側 のナビゲーション メニューの POP3 項 目 を右 クリックします)。自 動
63
的 に作 成 された「AutoPOP3」サーバーの場 合 は、このフィールドは無 効 になっています。
ログインの種 類 - 受 信 メールに使 用 されるメールサーバーを決 定 する方 法 を定 義 します。
o 自 動 - メール クライアントの設 定 に従 って、自 動 的 にログインが行 われます。
o 固 定 ホスト - プログラムは常 にここで指 定 されたサーバーを使 用 します。メール サーバ
ーのアドレスと名 前 を指 定 してください。ログイン名 は変 更 されません。名 前 について
は、IP アドレス (123.45.67.89 など) とドメイン名 (pop.acme.com など) を使 用 できま
す。メール サーバーが標 準 以 外 のポートを使 用 する場 合 、このポートをコロンで区 切
り、サーバー名 の後 に指 定 できます (pop.acme.com:8200など)。POP3 通 信 の標 準 ポ
ートは 110 です。
追 加 設 定 - より詳 細 なパラメータを設 定 します。
o ローカルポート - メールアプリケーションからの通 信 用 ポートを指 定 します。メールアプリ
ケーション上 で、このポートをPOP3通 信 のポートとして指 定 する必 要 があります。
o 接 続 - このドロップダウン メニューでは、使 用 する接 続 の種 類 (通 常 /SSL/SSL 既 定 )
を指 定 できます。SSL 接 続 を選 択 した場 合 、送 信 データは第 三 者 に追 跡 、監 視 され
るリスクを負 うことなく暗 号 化 されます。この機 能 は送 信 先 のメール サーバーが対 応 し
ている場 合 にのみ使 用 可 能 です。
メールクライアント POP3 サーバー有 効 化 - このアイテムをチェック/チェック解 除 すると、指 定
された POP3 サーバーを有 効 化 /無 効 化 します。
送 信 メール用 の SMTP プロトコルを使 用 してメール スキャナサーバーを設 定 できます。
64
SMTP サーバー名 - このフィールドでは新 しく追 加 したサーバー名 を指 定 できます (SMTP サ
ーバーを追 加 するには、左 側 のナビゲーション メニューで SMTP 項 目 右 クリックします)。自 動
的 に作 成 された「AutoSMTP」サーバーの場 合 は、このフィールドは無 効 になっています。
ログイン タイプ - メール送 信 で使 用 するメール サーバーを決 定 する方 法 を定 義 します。
o 自 動 - ログインは、メール クライアントの設 定 に従 って自 動 的 に実 行 されます。
o 固 定 ホスト - プログラムは常 にここで指 定 されたサーバーを使 用 します。メール サーバ
ーのアドレスと名 前 を指 定 してください。名 前 については、ドメイン名 (smtp.acme.com
など) および IP アドレス (123.45.67.89 など) を使 用 できます。メール サーバーが標 準
以 外 のポートを使 用 する場 合 、このポートをコロンで区 切 り、サーバー名 の後 に記 述 す
ることができます(たとえば、smtp.acme.com:8200)。SMTP 通 信 の標 準 ポートは 25 で
す。
追 加 設 定 - より詳 細 なパラメータを設 定 します。
o ローカル ポート - メール アプリケーションからの通 信 用 ポートを指 定 します。メール アプ
リケーション上 で、このポートを SMTP 通 信 のポートとして指 定 する必 要 があります。
o 接 続 - このドロップダウン メニューでは、使 用 する接 続 の種 類 (通 常 /SSL/SSL 既 定 )
を指 定 できます。SSL 接 続 を選 択 した場 合 、送 信 データは第 三 者 に追 跡 、監 視 され
るリスクを負 うことなく暗 号 化 されます。この機 能 は送 信 先 のメール サーバーがそれに対
応 している場 合 のみ使 用 可 能 です。
メール クライアント SMTP サーバー有 効 化 - このボックスのオン/オフを切 り替 えると、指 定 し
た SMTP サーバーの有 効 化 と無 効 化 を切 り替 えます。
65
送 信 メール用 の IMAP プロトコルを使 用 してメール スキャナサーバーを設 定 できます。
IMAP サーバー名 - このフィールドでは新 しく追 加 したサーバー名 を指 定 できます (IMAP サー
バーを追 加 するには、左 側 のナビゲーション メニューで右 クリックします)。自 動 的 に作 成 された
66
「AutoPOP3」サーバーの場 合 は、このフィールドは無 効 になっています。
ログイン の種 類 - メール送 信 で使 用 するメール サーバーを決 定 する方 法 を定 義 します。
o 自 動 - ログインは、メール クライアントの設 定 に従 って自 動 的 に実 行 されます。
o 固 定 ホスト - プログラムは常 にここで指 定 されたサーバーを使 用 します。メール サーバ
ーのアドレスと名 前 を指 定 してください。名 前 については、ドメイン名 (smtp.acme.com
など) および IP アドレス (123.45.67.89 など) を使 用 できます。メール サーバーが標 準
以 外 のポートを使 用 する場 合 、このポートをコロンで区 切 り、サーバー名 の後 に指 定 で
きます (smtp.acme.com:8200 など)。IMAP 通 信 の標 準 ポートは 143 です。
追 加 設 定 - より詳 細 なパラメータを設 定 します。
o ローカルポート - メールアプリケーションからの通 信 用 ポートを指 定 します。IMAP 通 信
用 ポートとして、このポートをメール アプリケーションで指 定 する必 要 があります。
o 接 続 - このドロップダウン メニューでは、使 用 する接 続 の種 類 (通 常 /SSL/SSL 既 定 )
を指 定 できます。SSL 接 続 を選 択 した場 合 、送 信 データは暗 号 化 され、データが第
三 者 によって追 跡 あるいは監 視 されるリスクを回 避 できます。この機 能 は送 信 先 のメー
ル サーバーがそれに対 応 している場 合 のみ使 用 可 能 です。
メール クライアント IMAP サーバーを有 効 にする - このボックスを選 択 /クリアすると、指 定 し
た IMAP サーバーを有 効 /無 効 にします。
9.5.2. スパム対策
67
スパム対 策 設 定 ダイアログでは、スパム対 策 保 護 をオンにする チェックボックスによって、スパム対 策
スキャンのオン/オフを切 り替 えることができます。このオプションは既 定 ではオンになっています。また、変
更 する理 由 がない場 合 は、この設 定 を保 持 することをお勧 めします。
次 に、スコアの判 定 レベルを選 択 することができます。スパム対 策 フィルタは、複 数 の動 的 スキャン技 術
に基 づいて、各 メッセージにスコアを割 り当 てます(例 えば、メッセージの内 容 がSPAMにどの程 度 類 似
しているか等 )。値 を入 力 するかスライダを左 右 に動 かす(値 の範 囲 は 50 ∼ 90)ことによって、[スコア
がこの値 を超 える場 合 スパムとしてメッセージを判 定 する] 設 定 を調 整 できます。
一 般 的 には、閾 値 を50から90の間 、不 明 な場 合 は、90に設 定 することを推 奨 します。以 下 はスコアの
閾 値 の一 般 的 な概 要 です。
値 80 ∼ 90 - スパムの可 能 性 が高 いメールは除 外 されます。 一 部 の正 常 なメッセージも誤 っ
て除 外 される可 能 性 があります。
値 60 ∼ 79 - かなり積 極 的 な設 定 でスパムの可 能 性 があるメールは除 外 されます。正 常 な
メッセージも除 外 される可 能 性 があります。
値 50 ∼ 59 - 非 常 に積 極 的 な設 定 です。スパムではないメールが、本 物 のスパム メールと同
様 に除 去 される可 能 性 が高 くなります。通 常 、この値 は推 奨 されません。
スパム対 策 設 定 ダイアログでは、さらに検 出 されたスパムメールメッセージの処 理 方 法 を定 義 すること
ができます。
メッセージを迷 惑 メールフォルダに移 動 (Microsoft Outlook プラグインのみ) - この項 目 を
チェックすると、検 出 された各 スパム メッセージが自 動 的 に MS Outlook メール クライアントの
特 定 の迷 惑 メール フォルダに移 動 するよう指 定 できます。 現 時 点 では、この機 能 はほかのメ
ール クライアントではサポートされていません。
送 信 メールの受 信 者 をホワイトリストに追 加 - このチェックボックスにチェックを付 けると、す
べての送 信 メールの受 信 者 が信 頼 でき、その受 信 者 のメール アカウントから送 信 されるすべて
のメール メッセージの配 信 を許 可 することを承 認 します。
スパムとして判 定 されたメッセージの件 名 を修 正 - スパムとして検 出 されたメッセージの件
名 にを特 定 の単 語 や文 字 を追 加 したい場 合 、このチェックボックスにチェックを付 けます。追 加
するテキストをテキスト フィールドに入 力 します。
誤 検 出 をレポートする前 に確 認 する - インストール処 理 中 に、プライバシーのプリファレンス
プロジェクトに参 加 することに参 加 した場 合 に指 定 できます。検 出 された脅 威 が AVG に報 告
されます。レポートは自 動 的 に作 成 されます。ただしこのチェックボックスは、検 出 されたスパム
を AVG に報 告 する前 に、通 知 を表 示 してメッセージが本 当 にスパム メールであるかどうかを
確 認 したい場 合 に選 択 します。
68
エンジン パフォーマンス設 定 ダイアログ(左 側 のナビゲーションのパフォーマンスを選 択 すると表 示 され
ます)では、スパム対 策 コンポーネントのパフォーマンスを設 定 します。
スライダを左 右 に動 かして、ローエンド デスクトップ/ハイエンド デスクトップの間 で、スキャン パフォー
マンス範 囲 のレベルを変 更 します。
ローエンド デスクトップ - スパムを判 定 するスキャン処 理 中 に、ルールは使 用 されません。学
習 データのみが判 定 に使 用 されます。コンピュータ ハードウェア性 能 が著 しく低 い場 合 などを
のぞき、このモードは一 般 の利 用 には推 奨 されません。
ハイエンド デスクトップ - このモードでは大 量 のメモリを消 費 します。スパムを判 定 するスキャ
ンの処 理 中 には、ルールとスパム データベース キャッシュ、基 本 ルールと高 度 なルール、スパム
送 信 者 IP アドレス、スパム送 信 者 データベースの機 能 が使 用 されます。
[オンライン チェックを有 効 にする] は既 定 でオンとなっています。これにより、Mailshell サーバーとの通
信 によってスキャン データが Mailshell データベースとオンラインで比 較 されるため、より正 確 なスパム検
出 が実 行 されます。
一 般 的 には、デフォルト設 定 を保 持 し、合 理 的 な理 由 がある場 合 にのみ変 更 することを推 奨
します。この設 定 の変 更 は上 級 者 ユーザーのみが行 ってください。
ホワイトリストアイテムは、[承 認 されたメール送 信 者 リスト] ダイアログを開 きます。このダイアログに
は、許 可 され、メッセージが決 してスパムとしてマークされない送 信 者 メール アドレスとドメイン名 のグロー
バル リストを含 むリストが表 示 されます。
69
編 集 インターフェースでは、望 ましくないメッセージ (スパム) を送 信 しない送 信 者 のリストを編 集 できま
す。また、スパムメッセージが生 成 されないことがわかっているドメイン名 (avg.com等 )のリストを編 集 しま
す。既 にスパム送 信 者 やドメイン名 のリストがある場 合 は、各 メールアドレスを直 接 入 力 するか、一 度
にアドレスの全 リストをインポートすることでリストを入 力 できます。
コントロール ボタン
次 のコントロール ボタンを利 用 できます。
編 集 - このボタンをクリックすると、ダイアログが開 きます。このダイアログでは、手 動 でアドレス
のリストを入 力 できます(コピーとペーストも使 用 できます)。1行 に1アイテム(送 信 者 、ドメイン
名 )を入 力 します。
エクスポート - 何 らかの目 的 でレコードをエクスポートする場 合 は、このボタンをクリックします。
すべてのレコードがプレーン テキスト形 式 で保 存 されます。
インポート - すでにメールアドレスやドメイン名 のテキストファイルお持 ちの場 合 、このボタンを
選 択 することで単 純 にそのリストをインポートすることができます。ファイルの内 容 については、1
行 につき 1 項 目 (アドレス、ドメイン名 ) のみを含 める必 要 があります。
70
ブラックリストは、スパム送 信 者 としてブロックするメール アドレスとドメイン名 のリストを含 むダイアログを
開 きます。
編 集 インターフェースでは、望 ましくないメッセージ(スパム)を送 信 するであろう送 信 者 のリストを編 集 し
ます。また、スパムメッセージが送 信 される完 全 なドメイン名 リスト (spammingcompany.com など)を
編 集 できます。リスト中 のアドレスとドメインからのメールは、すべてスパムとして判 定 されます。既 にスパ
ム送 信 者 やドメイン名 のリストがある場 合 は、各 メールアドレスを直 接 入 力 するか、一 度 にアドレスの
全 リストをインポートすることでリストを入 力 できます。
コントロール ボタン
次 のコントロール ボタンを利 用 できます。
編 集 - このボタンをクリックすると、ダイアログが開 きます。このダイアログでは、手 動 でアドレス
のリストを入 力 できます(コピーとペーストも使 用 できます)。1行 に1アイテム(送 信 者 、ドメイン
名 )を入 力 します。
エクスポート - 何 らかの目 的 でレコードをエクスポートする場 合 は、このボタンをクリックします。
すべてのレコードがプレーン テキスト形 式 で保 存 されます。
インポート - すでにメールアドレスやドメイン名 のテキストファイルお持 ちの場 合 、このボタンを
選 択 することで単 純 にそのリストをインポートすることができます。
71
エキスパート設 定 には、スパム対 策 機 能 の多 数 の設 定 オプションが含 まれています。これらの設
定 は、詳 細 なスパム対 策 設 定 が必 要 とするネットワーク管 理 者 のような、経 験 あるユーザー専
用 です。このため、個 々 のダイアログに関 する詳 細 なヘルプは提 供 されていません。各 オプショ
ンの簡 単 な説 明 については、ユーザー インターフェース上 に直 接 表 示 されます。Spamcatcher
(MailShell Inc.) の高 度 な設 定 に精 通 していない場 合 は、設 定 変 更 を行 わないことを強 くお勧
めします。ファイルが不 適 切 に変 更 された場 合 は、パフォーマンスの悪 化 やコンポーネント機 能
の不 正 動 作 につながるおそれがあります。
それでも高 度 なレベルでスパム対 策 の設 定 を変 更 する必 要 があると考 えられる場 合 、ユーザー インター
フェースで直 接 提 供 される指 示 に従 ってください。一 般 には、各 ダイアログで 1 つの特 定 の機 能 を見 る
ことができ、それを編 集 できます。その説 明 は常 にダイアログに表 示 されます。ユーザーは、次 のパラメー
タを編 集 することができます。
フィルタリング - 言 語 リスト、国 リスト、許 可 された IP、ブロックする IP、ブロックする国 、ブロッ
クする文 字 セット、スプーフィング送 信 者
RBL - RBL サーバー、マルチヒント、しきい値 、タイムアウト、最 大 IP
インターネット接 続 - タイムアウト、プロキ シサーバー、プロキシ認 証
9.6. ウェブ閲覧時の保護
リンクスキャナ設 定 ダイアログでは、次 の機 能 のオン/オフを切 り替 えることができます。
サーフシールドを有 効 化 - (既 定 ではオン)エクスプロイト サイトにアクセスした時 、サイトに対
するアクティブな(リアルタイムの)保 護 を有 効 化 します。ユーザーが Web ブラウザ(あるいは他
のHTTPを使 用 するアプリケーション)から Web ページにアクセスする際 、既 知 の悪 意 のあるサ
72
イトへの接 続 と、エクスプロイト コンテンツがブロックされます。
「リンクスキャナにより保 護 されています」を追 加 ... - (既 定 ではオフ) Facebook / MySpace
ソーシャル ネットワークから送 信 された、アクティブなハイパーリンクを含 むすべてのメッセージをリ
ンクスキャナで確 実 にチェックし、認 証 されるようにする場 合 は、このオプションを確 認 します。
9.6.1. オンライン シールド
[オンライン シールド] ダイアログには次 のオプションがあります。
オンライン シールドを有 効 にする (既 定 では有 効 ) - オンライン シールド サービス全 体 を有
効 または無 効 にします。 オンライン シールドの高 度 な設 定 については、次 に表 示 される [
Web 保 護 ] ダイアログで設 定 します。
AVG Accelerator を有 効 にする (既 定 では有 効 ) - AVG Accelerator サービスを有 効 または
無 効 にします。AVG Accelerator はオンライン ビデオのサービスをスムーズにして、ダウンロード
を簡 単 にします。ビデオ高 速 化 処 理 を実 行 しているときには、システム トレイ ポップアップ ウィ
ンドウに通 知 が表 示 されます。
脅 威 通 知 モード
ダイアログの下 部 では、検 出 された起 こりうる脅 威 に関 する情 報 を通 知 する方 法 (標 準 ポップアップ ダ
73
イアログ、トレイ バルーン通 知 、あるいはトレイ アイコン情 報 ) を選 択 します。
Web保 護 ダイアログでは、Webコンテンツのスキャンに関 するコンポーネント設 定 を編 集 することができま
す。編 集 インターフェースでは、以 下 の基 本 オプションを設 定 します。
o アーカイブをチェックする - (既 定 ではオフ): WWW ページに含 まれるアーカイブ コンテン
ツをスキャンします。
o 不 審 なプログラムとスパイウェア脅 威 を報 告 する - (デフォルトではオン): チェックを付
けると、ウイルスと同 時 にスパイウェアのスキャンもアクティベートします。スパイウェアは疑
わしいマルウェアのカテゴリに含 まれます。通 常 は、セキュリティリスクとなる場 合 でも、こ
のようなプログラムを故 意 にインストールすることができます。コンピュータのセキュリティを
高 めるため、この機 能 を有 効 にしておくことをお勧 めします。
o 不 審 なプログラムの拡 張 セットをレポート - (デフォルトではオフ): チェックを付 けると、
スパイウェアの拡 張 パッケージを検 出 します。スパイウェアとは、直 接 製 造 元 から入 手 す
る場 合 には、完 全 に問 題 がなく、無 害 なプログラムですが、後 から悪 意 のある目 的 で
誤 用 される可 能 性 のあるプログラムです。これは、コンピュータ セキュリティをさらに高 め
るための追 加 的 な手 段 ですが、合 法 的 なプログラムもブロックする可 能 性 があるため、
既 定 ではオフになっています。
o ヒューリスティック分 析 を使 用 - (デフォルトではオン): ヒューリスティック分 析 (仮 想 コン
ピュータ環 境 でのスキャン オブジェクトの動 的 エミュレーション) を使 用 して、表 示 される
ページ コンテンツをスキャンします。
o 完 全 スキャンを有 効 にする - (デフォルトではオフ): このオプションにチェックを付 けると、
特 定 の状 況 (コンピュータが感 染 している疑 いがある場 合 など) が発 生 した場 合 に最 も
完 全 なスキャン アルゴリズムを有 効 にし、感 染 の可 能 性 が非 常 に低 いコンピュータ領
74
域 もスキャンします。これにより、問 題 がないことを確 実 にします。この方 法 を実 行 すると
多 少 時 間 がかかります。
o 常 駐 シールドで、ダウンロードした実 行 ファイルをスキャン - (デフォルトではオン): 実
行 ファイル(一 般 的 な拡 張 子 は exe、bat、com など)をダウンロード後 にスキャンします。
常 駐 シールドは、ダウンロードを行 う前 にファイルをスキャンし、コンピュータに悪 意 のある
ファイルが入 り込 まないようにします。しかし、このスキャンはスキャン対 象 ファイルの最
大 部 分 サイズによる制 限 があります - このダイアログの次 の事 項 をご覧 ください。そのた
め大 きなファイルのスキャンは部 分 ごとに実 施 されますが、これがほとんどの実 行 ファイル
にも当 てはまります。実 行 ファイルは、コンピュータ内 でさまざまなタスクを実 施 できるた
め、100% 安 全 でなければなりません。これは、ダウンロード前 に部 分 的 なファイルス
キャンを行 い、ダウンロード完 了 後 にもスキャンを行 うことで確 実 になります。このオプショ
ンをチェックされることを推 奨 します。このオプションを無 効 にしても、AVG が潜 在 的 に危
険 なコードを検 出 するため安 心 はできます。通 常 の場 合 、実 行 ファイルをひとつの複 合
体 として評 価 できないため、誤 検 出 が発 生 する可 能 性 があります。
ダイアログ内 のスライダーでスキャンされる最 大 ファイルサイズを定 義 できます - 含 まれる
ファイルが表 示 されるページにある場 合 、これがコンピュータにダウンロードされる前 にスキャ
ンできます。ただし、大 きいファイルのスキャンは時 間 がかかり、Webページのダウンロードの
速 度 が著 しく遅 くなる場 合 があります。スライドバーを使 用 して、オンライン シールドでス
キャンされるファイルの最 大 サイズを指 定 できます。ダウンロード ファイルが指 定 値 より大 き
く、オンライン シールドでスキャンされない場 合 でも、保 護 は継 続 します。この場 合 、ファイ
ルは感 染 し、常 駐 シールドがそれをすぐに検 出 します。
9.7. Identity Protection
Identity Protection はマルウェア対 策 コンポーネントであり、あらゆる種 類 のマルウェア (スパイウェア、
ボット、ID 窃 盗 など) に対 する保 護 を提 供 します。行 動 分 析 技 術 を使 用 して、発 生 したばかりの新 し
いウイルスに対 する保 護 を提 供 します (コンポーネントの機 能 に関 する詳 細 については、Identity
Protection の章 を参 照 してください)。
[Identity Protection 設 定 ] ダイアログでは、Identity Protection コンポーネントの基 本 機 能 のオン/オフ
を切 り替 えられます。
75
Identity を有 効 化 (既 定 ではオン) - チェックを外 すと、Identity Protection コンポーネントをオフにしま
す。
やむを得 ない場 合 を除 き、このオプションをオフにしないことを強 くお勧 めします。
Identity Protection が有 効 化 されている時 は、脅 威 が検 出 された時 の動 作 を指 定 できます。
常 にプロンプトを表 示 (既 定 ではオン) - 脅 威 が検 出 されたときに、隔 離 室 に移 動 するかを
確 認 するプロンプトが表 示 され、実 行 するアプリケーションが削 除 されないようになります。
自 動 的 に検 出 された脅 威 を隔 離 - このチェックボックスをオンにすると、検 出 されたすべての
潜 在 的 な脅 威 は、即 座 にウイルス隔 離 室 の安 全 な場 所 に移 動 されます。既 定 の設 定 を保
持 していると、脅 威 が検 出 されたときに、隔 離 室 に移 動 するかを確 認 するプロンプトが表 示 さ
れ、実 行 するアプリケーションが削 除 されないようになります。
自 動 的 に既 知 の脅 威 を隔 離 - マルウェアの可 能 性 があるものとして検 出 された全 てのアプ
リケーションを自 動 的 に即 時 に ウイルス隔 離 室 に移 動 する場 合 は、この項 目 をオンにしてお
きます。
9.8. スキャン
高 度 なスキャン設 定 は 4 つのカテゴリに分 けられ、このカテゴリは AVG が定 義 した特 定 のスキャン タイ
プを示 します。
全 コンピュータをスキャン - 事 前 に定 義 された標 準 のコンピュータ全 体 のスキャンです。
特 定 のファイルとフォルダ - 予 め定 義 されたコンピュータの特 定 エリアのスキャンです。
76
シェル拡 張 スキャン - Windows Explorer 環 境 から直 接 選 択 されたオブジェクトのスキャンで
す。
リムーバブル デバイスのスキャン - コンピュータに接 続 した特 定 のリムーバブル デバイスのスキャ
ンです。
9.8.1. 全コンピュータをスキャン
全 コンピュータをスキャン] オプションでは、ソフトウェア ベンダーがあらかじめ定 義 したスキャンの 1 つで
ある全 コンピュータをスキャンのパラメータを編 集 できます。
スキャン設 定
スキャン設 定 セクションでは、任 意 にオン/オフできるスキャンパラメータのリストを提 供 します。
感 染 を修 復 /除 去 する際 に確 認 メッセージを表 示 しない(既 定 ではオン) - スキャン実 行 中
にウイルスが特 定 された際 、修 復 可 能 な場 合 は自 動 で修 復 されます。感 染 したファイルを自
動 的 に修 復 できない場 合 、感 染 したオブジェクトはウイルス隔 離 室 に移 動 されます。
不 審 なプログラムとスパイウェア脅 威 をレポート (既 定 ではオン) - チェックを付 けると、スキャ
ンを有 効 にし、ウイルスと同 時 にスパイウェアもスキャンします。スパイウェアは疑 わしいマルウェア
のカテゴリに含 まれます。通 常 は、セキュリティリスクとなる場 合 でも、このようなプログラムを故
意 にインストールすることができます。コンピュータのセキュリティを高 めるため、この機 能 を有 効
にしておくことをお勧 めします。
不 審 なプログラムの拡 張 セットを報 告 する (デフォルトではオフ) - チェックを付 けると、スパイ
ウェアの拡 張 パッケージを検 出 します。スパイウェアとは、直 接 製 造 元 から入 手 する場 合 には
完 全 に問 題 がなく無 害 なプログラムですが、後 から悪 意 のある目 的 で誤 用 されるおそれのあ
77
るプログラムです。これは、コンピュータ セキュリティをさらに高 めるための追 加 的 な手 段 です
が、合 法 的 なプログラムもブロックする可 能 性 があるため、既 定 ではオフになっています。
Tracking Cookie をスキャンする (デフォルトではオフ) - このパラメータを定 義 することで
Cookie を検 出 します。 (HTTP cook ie は、サイトのプリファレンスや電 子 ショッピング カートの
内 容 など、ユーザー固 有 の情 報 の認 証 、追 跡 、メンテナンスに使 用 されます)。
アーカイブの内 容 をスキャンする (既 定 ではオフ) - このパラメータを定 義 すると、ZIP や RAR
などのアーカイブ内 に格 納 されているすべてのファイルをスキャンします。
ヒューリスティック分 析 を使 用 (デフォルトではオン) ヒューリスティック分 析 (仮 想 コンピュータ
環 境 で実 行 されるスキャン対 象 オブジェクト命 令 の動 的 エミュレーション) は、スキャン実 行 中
に採 用 されるウイルス検 出 方 法 の一 つです。
システム環 境 をスキャンする (既 定 ではオン) - コンピュータのシステム領 域 もチェックされます。
完 全 スキャンを有 効 にする (既 定 ではオフ) - このオプションをチェックすると、特 定 の状 況 (コ
ンピュータが感 染 している疑 いがある場 合 など) が発 生 した場 合 に最 も完 全 なスキャン アルゴ
リズムを有 効 にし、感 染 の可 能 性 が非 常 に低 いコンピュータ領 域 もスキャンします。これによ
り、問 題 がないことを確 実 にします。この方 法 を実 行 すると多 少 時 間 がかかります。
ルートキットのスキャン (既 定 ではオン) - ルートキット対 策 スキャンは、コンピュータ上 でマル
ウェアの活 動 を隠 すことができるプログラムや技 術 など、ルートキットの可 能 性 を検 索 します。
ルートキットが検 出 されても、必 ずしもコンピュータが感 染 しているというわけではありません。通
常 のアプリケーションの特 有 のドライバやセクションが誤 ってルートキットとして検 出 される場 合
もあります。
スキャンするかどうかを判 断 することも必 要 です。
すべてのファイル タイプ このオプションを使 用 すると、スキャンが不 要 なファイルの拡 張 子 をカ
ンマで区 切 ったリスト (保 存 すると、カンマはセミコロンに変 わります) を指 定 することによって、ス
キャンの例 外 を定 義 できます。
選 択 されたファイル タイプ - 感 染 の可 能 性 のあるファイルのみをスキャンするよう指 定 できま
す(一 部 のプレーン テキスト ファイルやその他 の非 実 行 可 能 ファイルなど、感 染 の可 能 性 がな
いファイルはスキャンされません)。これには、メディア ファイル (ビデオ、オーディオ ファイル - 多 くの
場 合 、これらのファイルはサイズが非 常 に大 きく、ウイルスに感 染 している可 能 性 が非 常 に低
いため、このボックスのチェックを外 している場 合 はスキャン時 間 がさらに短 縮 されます) が含 ま
れます。ここでも、常 にスキャンする必 要 があるファイルの拡 張 子 を指 定 できます。
任 意 で拡 張 子 のないファイルをスキャンできます。このオプションは既 定 ではオンになっていま
す。変 更 する理 由 がない場 合 は、この設 定 を保 持 することをお勧 めします。拡 張 子 のないファ
イルは不 審 であるため、常 にスキャンすることをお勧 めします。
スキャン速 度 を調 整
[スキャン速 度 を調 整 ] セクションでは、システム リソース使 用 状 況 に応 じて、任 意 のスキャン速 度 を指
定 できます。既 定 ではこのオプションの値 は、自 動 的 にリソースを使 用 するユーザー依 存 レベルに設 定
されています。スキャンの速 度 を上 げたい場 合 、スキャンにかかる時 間 を削 減 することができますが、ス
キャン実 行 中 、システムリソース使 用 量 は著 しく上 がり、PC 上 の他 の作 業 の速 度 が低 下 します (この
オプションは、コンピュータの電 源 がオンであり、コンピュータ上 で作 業 をしているユーザーがいない場 合 に
78
適 しています)。一 方 、スキャンの時 間 を延 長 することで、システムリソース使 用 量 を下 げることができま
す。
追 加 スキャン レポートを設 定 ...
[追 加 スキャン レポート...] リンクをクリックすると、[スキャン レポート] ダイアログが開 きます。このウィン
ドウでは報 告 する検 出 項 目 を定 義 します。
9.8.2. 特定のファイルとフォルダ
特 定 のファイルとフォルダの編 集 インターフェースは全 コンピュータをスキャン編 集 ダイアログと同 一 で
す。すべての設 定 オプションは同 一 です。ただし、デフォルト設 定 は全 コンピュータをスキャンの場 合 には
より厳 密 なものとなっています。
この設 定 ダイアログで設 定 されるすべてのパラメータは、特 定 のファイルとフォルダで選 択 されたスキャン
エリアのみに適 用 されます。
79
注 意 : 特 定 のパラメータの説 明 については、AVG 高 度 な設 定 / スキャン / 全 コンピュータをスキャンの
章 を参 照 して下 さい。
9.8.3. シェル拡張スキャン
この項 目 はシェル拡 張 スキャンと呼 ばれ、以 前 の全 コンピュータをスキャン同 様 、ソフトウェア ベンダー
が事 前 定 義 したスキャンを編 集 できます。設 定 がWindows Explorer 環 境 から直 接 起 動 される (シェル
拡 張 )特 定 オブジェクトのスキャンに関 連 している場 合 、Windows Explorer のスキャンの章 を参 照 して
ください。
パラメータのリストは全 コンピュータをスキャンで利 用 できるものと同 一 です。ただし、既 定 の設 定 が異 な
ります (たとえば、全 コンピュータをスキャンの場 合 、既 定 ではアーカイブをチェックせずにシステム環 境 を
スキャンしますが、シェル拡 張 スキャンでは逆 になります)。
注 意 : 特 定 のパラメータの説 明 については、AVG 高 度 な設 定 / スキャン / 全 コンピュータをスキャンの
章 を参 照 して下 さい。
全 コンピュータをスキャン ダイアログと比 較 すると、シェル拡 張 スキャン ダイアログには AVG ユーザー
インターフェースのその他 の設 定 セクションがあり、スキャンの進 行 状 況 を表 示 するかどうか、AVG ユー
ザー インターフェースからスキャン結 果 にアクセスできるようにするかを指 定 できます。また、スキャンで感
染 が検 出 された場 合 にのみスキャン結 果 を表 示 するように指 定 できます。
80
9.8.4. リムーバブル デバイスのスキャン
リムーバブル デバイスのスキャン] の編 集 インターフェースは完 全 コンピュータスキャン編 集 ダイアログに
非 常 に似 ています。
リムーバブルデバイスのスキャンは、コンピュータにリムーバブルデバイスを接 続 したときに、自 動 的 に起
動 します。既 定 では、このスキャンはオフになっています。ただし、リムーバブル デバイスは大 きな脅 威 源
なので、潜 在 的 な脅 威 をスキャンすることが非 常 に重 要 です。このスキャンを準 備 し、必 要 なときに自
動 的 に起 動 するようにするには、[リムーバブル デバイスのスキャンを有 効 化 ] オプションにチェックを
付 けます。
注 意 : 特 定 のパラメータの説 明 については、AVG 高 度 な設 定 / スキャン / 全 コンピュータをスキャンの
章 を参 照 して下 さい。
9.9. スケジュール
スケジュールセクションでは、デフォルト設 定 を編 集 することができます。
スケジュール スキャン
定 義 アップデート スケジュール
プログラム アップデート スケジュール
スパム対 策 アップデート スケジュール
81
9.9.1. スケジュール スキャン
スケジュール スキャン(または新 しいスケジュール設 定 )のパラメータは、3 つのタブで編 集 できます。必 要
に応 じて、各 タブで [このタスクを有 効 にする] 項 目 のチェックをオン/オフにすると、スケジュール スキャン
を一 時 的 に有 効 化 /無 効 化 できます。
次 に、[名 前 ] テキスト フィールド (すべての既 定 のスケジュールでは無 効 化 )には、プログラム ベンダー
によってこのスケジュールに割 り当 てられた名 前 を指 定 します。新 しく追 加 されたスケジュール (左 側 の
ナビゲーション ツリーにある [スケジュール スキャン] 項 目 を右 クリックして新 しいスケジュールを追 加 でき
ます)の場 合 、独 自 の名 前 を指 定 できます。その場 合 は、テキスト フィールドが開 き、編 集 できるように
なります。スキャンには、必 ず簡 潔 で、説 明 的 で、適 切 な名 前 を使 用 して、後 に他 のスキャンと区 別 で
きるようにしてください。
例 :「新 規 スキャン」あるいは「マイスキャン」という名 前 は適 切 ではありません。これらの名 前 は、実 際
にスキャンがチェックする対 象 を指 さないからです。一 方 で適 切 な名 前 の例 としては、「システム エリア
スキャン」などがあります。また、スキャンが全 コンピュータをスキャンか、選 択 されたファイルとフォルダのス
キャンであるかを区 別 する名 前 を指 定 する必 要 もありません。ユーザー独 自 のスキャンは常 に選 択 され
たファイルとフォルダのスキャンの特 定 のバージョンになります。
このダイアログでは、さらに以 下 のスキャン パラメータを定 義 できます。
スケジュール実 行
ここでは、新 しくスケジュールされたスキャンを起 動 する時 間 間 隔 を指 定 できます。特 定 の期 間 が経 過
した後 に繰 り返 しスキャンを起 動 定 期 実 行 ...)、正 確 な日 時 を定 義 (特 定 の時 間 間 隔 で実 行 ...
)または、スキャン起 動 のトリガとなるイベントを定 義 (コンピュータの起 動 時 に実 行 )することでタイミン
グを定 義 できます。
82
高 度 なスケジュール オプション
このセクションでは、コンピュータが低 電 源 モードあるいは完 全 に電 源 オフになっている場 合 に、スキャン
が実 行 される条 件 を定 義 します。スケジュール スキャンが指 定 した時 間 に起 動 すると、AVG システム
トレイ アイコン 上 に開 かれるポップアップ ウィンドウで通 知 されます。
次 に、スケジュール スキャンが実 行 中 であることを通 知 する新 しい AVG システム トレイ アイコン (フルカ
ラーで点 滅 表 示 ) が表 示 されます。AVG アイコンを右 クリックすると、コンテキスト メニューが開 き、実 行
中 のスキャンを一 時 停 止 または停 止 することができます。また、現 在 実 行 中 のスキャンの優 先 度 も変
更 できます。
[設 定 ] タブには、任 意 でオン/オフ可 能 なスキャン パラメータのリストが表 示 されます。既 定 ではほとんど
のパラメータがオンになっており、その機 能 はスキャン実 行 中 に適 用 されます。この設 定 を変 更 する合
理 的 な理 由 がない場 合 は、あらかじめ定 義 された設 定 を維 持 することを推 奨 します。
感 染 を修 復 /除 去 する際 に確 認 メッセージを表 示 しない (既 定 ではオン): スキャン実 行 中
にウイルスが特 定 された際 、修 復 可 能 な場 合 は自 動 で修 復 されます。感 染 したファイルを自
動 的 に修 復 できない場 合 、感 染 したオブジェクトはウイルス隔 離 室 に移 動 されます。
不 審 なプログラムとスパイウェア脅 威 を報 告 する (デフォルトではオン): チェックを付 けると、
スキャンを有 効 にし、ウイルスと同 時 にスパイウェアもスキャンします。スパイウェアは疑 わしいマ
ルウェアのカテゴリに含 まれます。通 常 は、セキュリティリスクとなる場 合 でも、このようなプログラ
ムを故 意 にインストールすることができます。コンピュータのセキュリティを高 めるため、この機 能 を
有 効 にしておくことをお勧 めします。
不 審 なプログラムの拡 張 セットを報 告 する (既 定 ではオフ): チェックを付 けると、スパイウェア
83
の拡 張 パッケージを検 出 します。スパイウェアとは、直 接 製 造 元 から入 手 する場 合 には完 全
に問 題 がなく無 害 なプログラムですが、後 から悪 意 のある目 的 で誤 用 されるおそれのあるプロ
グラムです。これは、コンピュータ セキュリティをさらに高 めるための追 加 的 な手 段 ですが、合 法
的 なプログラムもブロックする可 能 性 があるため、既 定 ではオフになっています。
Tracking Cookies のスキャン (デフォルトではオフ): このパラメータを指 定 すると、スキャン実 行
中 に Cookie を検 出 します (HTTP cook ie は、サイトの設 定 や電 子 ショッピング カートの内 容
など、ユーザー固 有 の情 報 の認 証 、追 跡 、メンテナンスに使 用 されます)。
アーカイブの内 容 をスキャンする (既 定 ではオフ): このパラメータを指 定 すると、ファイルが ZIP
や RAR などのアーカイブで保 存 されている場 合 でも、すべてのファイルに対 してスキャン チェッ
クを実 行 します。
ヒューリスティック分 析 を使 用 する (デフォルトではオン): ヒューリスティック分 析 (仮 想 コンピュ
ータ環 境 で実 行 されるスキャン対 象 オブジェクト命 令 の動 的 エミュレーション) は、スキャン実 行
中 に採 用 されるウイルス検 出 方 法 の一 つです。
システム環 境 をスキャンする (既 定 ではオン): コンピュータのシステム領 域 もチェックされます。
完 全 スキャンを有 効 にする (既 定 ではオフ): このオプションをチェックすると、特 定 の状 況 (コン
ピュータが感 染 している疑 いがある場 合 など) が発 生 した場 合 に最 も完 全 なスキャン アルゴリ
ズムを有 効 にし、感 染 の可 能 性 が非 常 に低 いコンピュータ領 域 もスキャンします。これにより、
問 題 がないことを確 実 にします。この方 法 を実 行 すると多 少 時 間 がかかります。
ルートキットのスキャン (既 定 ではオン): ルートキット対 策 スキャンは、コンピュータ上 でマルウェ
アの活 動 を隠 すことができるプログラムや技 術 など、可 能 なルートキットを検 索 します。ルート
キットが検 出 されても、必 ずしもコンピュータが感 染 しているというわけではありません。通 常 の
アプリケーションの特 有 のドライバやセクションが誤 ってルートキットとして検 出 される場 合 もあり
ます。
スキャンするかどうかを判 断 することも必 要 です。
すべてのファイル タイプ このオプションを使 用 すると、スキャンが不 要 なファイルの拡 張 子 をカ
ンマで区 切 ったリスト (保 存 すると、カンマはセミコロンに変 わります) を指 定 することによってス
キャンの例 外 を定 義 できます。
選 択 されたファイル タイプ - 感 染 の可 能 性 のあるファイルのみをスキャンするよう指 定 できま
す (一 部 のプレーン テキスト ファイルやその他 の非 実 行 可 能 ファイルなど、感 染 の可 能 性 がな
いファイルはスキャンされません)。これには、メディア ファイル (ビデオ、オーディオ ファイル - これら
のファイルは多 くの場 合 、サイズが非 常 に大 きく、ウイルスに感 染 している可 能 性 が非 常 に低
いため、このボックスのチェックを外 している場 合 はスキャン時 間 がさらに短 縮 されます) が含 ま
れます。ここでも、必 ずスキャンする必 要 があるファイルの拡 張 子 を指 定 できます。
任 意 で拡 張 子 のないファイルをスキャンできます。このオプションは既 定 ではオンになっていま
す。変 更 する理 由 がない場 合 は、この設 定 を保 持 することをお勧 めします。拡 張 子 のないファ
イルは不 審 であるため、常 にスキャンすることをお勧 めします。
スキャン速 度 を調 整
このセクションでは、さらに、システム リソース使 用 状 況 に応 じて、希 望 するスキャン速 度 を指 定 すること
ができます。既 定 ではこのオプションの値 は、自 動 的 にリソースを使 用 するユーザー依 存 レベルに設 定 さ
れています。スキャンの速 度 を上 げたい場 合 、スキャンにかかる時 間 を削 減 することができますが、スキャ
84
ン実 行 中 、システムリソース使 用 量 は著 しく上 がり、PC 上 の他 の作 業 の速 度 が低 下 します (このオプ
ションは、コンピュータの電 源 がオンであり、コンピュータ上 で作 業 をしているユーザーがいない場 合 に適 し
ています)。一 方 、スキャンの時 間 を延 長 することで、システム リソース使 用 量 を減 らすことができます。
追 加 スキャン レポートを設 定
[追 加 スキャン レポート...] リンクをクリックすると、[スキャン レポート] ダイアログが開 きます。このウィン
ドウでは報 告 する検 出 項 目 を定 義 します。
コンピュータ シャットダウン オプション
[コンピュータ シャットダウン オプション] セクションでは、スキャン処 理 の終 了 時 に自 動 的 にコンピュー
タをシャットダウンするかどうかを決 定 できます。このオプション (スキャン完 了 時 にコンピュータをシャッ
トダウン) を選 択 すると、現 時 点 でコンピュータがロックされている場 合 でも、コンピュータをシャットダウン
させる新 しいオプション (コンピュータがロックされた場 合 強 制 的 にシャットダウンする) が有 効 になり
ます。
85
[場 所 ] タブでは、[全 コンピュータをスキャン] あるいは [特 定 のファイルとフォルダ] のどちらでスケジュール
するかを定 義 できます。特 定 のファイルとフォルダ を選 択 した場 合 、ダイアログ下 部 のツリービューで対
象 フォルダを指 定 することができます。
86
9.9.2. 定義アップデート スケジュール
やむを得 ない理 由 がある場 合 [このタスクを有 効 にする] 項 目 のチェックを外 してスケジュールされ
た定 義 アップデートを一 時 的 に無 効 にし、後 から再 度 有 効 にすることができます。
このダイアログ内 では、定 義 アップデート スケジュールの一 部 の詳 細 パラメータを設 定 できます。[名 前 ]
テキスト フィールド (すべての既 定 のスケジュールで無 効 化 )には、プログラム ベンダーによってこのスケ
ジュールに割 り当 てられた名 前 が表 示 されます。
スケジュール実 行
デフォルトでは、新 しいウイルス検 出 のアップデートが使 用 可 能 になる度 に、タスクが自 動 的 に開 始 しま
す。(自 動 で実 行 )。何 か特 別 な理 由 がない限 り、この設 定 を保 持 されることを推 奨 します。保 持 し
ない場 合 は、タスク開 始 を手 動 で設 定 でき、アップデート開 始 についての新 しいスケジュール定 義 とし
て、時 間 の間 隔 を指 定 できます。タイミングは、特 定 の期 間 の後 に繰 り返 し起 動 するアップデート (...
ごとに実 行 ) または正 確 な日 時 (特 定 の時 刻 に実 行 ...) を指 定 することで、定 義 できます。
高 度 なスケジュール オプション
このセクションでは、コンピュータが低 電 源 モードあるいは完 全 に電 源 オフになっている場 合 に、定 義 アッ
プデートが実 行 される条 件 を定 義 します。
他 のアップデート設 定
[インターネット接 続 が利 用 できるようになった時 点 ですぐにアップデートを再 実 行 する] オプション
にチェックすると、インターネット接 続 に障 害 が発 生 し、アップデート処 理 が失 敗 した場 合 、インターネッ
87
ト接 続 が復 旧 した時 点 で必 ずすぐにアップデートを再 開 できます。スケジュールされたアップデートが指
定 した時 間 に起 動 すると、AVG システム トレイ アイコン上 に開 くポップアップ ウィンドウによってこのことが
通 知 されます (高 度 な設 定 /表 示 ダイアログの既 定 の設 定 を保 持 している場 合 )。
9.9.3. プログラム アップデート スケジュール
やむを得 ない理 由 がある場 合 [このタスクを有 効 にする] 項 目 のチェックを外 してスケジュールされ
たプログラム アップデートを一 時 的 に無 効 にし、後 から再 度 有 効 にすることができます。
[名 前 ] テキスト フィールド (すべての既 定 のスケジュールで無 効 化 )には、プログラム ベンダーによって
このスケジュールに割 り当 てられた名 前 が表 示 されます。
スケジュール実 行
ここでは、新 しくスケジュールされたプログラム アップデートを実 行 する時 間 を指 定 します。タイミングは、
定 期 実 行 指 定 した時 間 に実 行 アクションにより実 行 のいずれかによって定 義 することができま
す。
高 度 なスケジュール オプション
このセクションでは、コンピュータが低 電 源 モードあるいは完 全 に電 源 オフになっている場 合 に、プログラ
ムアップデートが実 行 される条 件 を定 義 します。
他 のアップデート設 定
88
[インターネット接 続 が利 用 できるようになった時 点 ですぐにアップデートを再 実 行 する] オプション
にチェックすると、インターネット接 続 に障 害 が発 生 し、アップデート処 理 が失 敗 した場 合 、インターネッ
ト接 続 が復 旧 した時 点 で必 ずすぐにアップデートを再 開 できます。スケジュール済 みのアップデートが指
定 した時 間 に起 動 すると、AVG システム トレイ アイコン上 に開 くポップアップ ウィンドウによってこのことが
通 知 されます (高 度 な設 定 /表 示 ダイアログの既 定 の設 定 を保 持 している場 合 )。
注 意 : スケジュール済 みのプログラム アップデートとスケジュール スキャンの時 間 が一 致 する場 合 は、
アップデート プロセスが優 先 され、スキャンは中 断 されます。その場 合 はコリジョンについて通 知 されま
す。
9.9.4. スパム対策アップデート スケジュール
やむを得 ない理 由 がある場 合 、[このタスクを有 効 にする] 項 目 のチェックを外 してスケジュールされたス
パム対 策 アップデートを一 時 的 に無 効 にして、後 から再 度 有 効 にすることができます。
このダイアログ内 では、アップデート スケジュールの一 部 の詳 細 パラメータを設 定 できます。[名 前 ] テキ
スト フィールド (すべての既 定 のスケジュールで無 効 化 )には、プログラム ベンダーによってこのスケジュ
ールに割 り当 てられた名 前 を指 定 します。
スケジュール実 行
ここでは、新 しくスケジュールされたスパム対 策 アップデート起 動 までの時 間 を指 定 します。ある期 間 の
後 に(..ごとに実 行 )繰 り返 される.スパム対 策 アップデート起 動 を定 義 、正 確 な日 時 (特 定 の間 隔
で実 行 )を定 義 、あるいはアップデート起 動 が関 連 付 けられるイベント(コンピュータ起 動 に基 づくアク
ション)を定 義 する方 法 のいずれかでタイミングを定 義 できます。
高 度 なスケジュール オプション
89
このセクションでは、コンピュータが低 電 力 モードあるいは完 全 に電 源 オフになっている場 合 に、スパム対
策 アップデートが実 行 される条 件 を定 義 します。
他 のアップデート設 定
[インターネット接 続 が利 用 できるようになった時 点 ですぐにアップデートを再 実 行 する] オプション
にチェックすると、インターネット接 続 に障 害 が発 生 し、スパム対 策 アップデート処 理 が失 敗 した場 合 、
インターネット接 続 が復 旧 した時 点 で必 ずすぐにアップデートを再 開 するようにできます。
スケジュール スキャンが指 定 した時 間 に起 動 すると、AVG システム トレイ アイコン 上 に開 くポップアップ
ウィンドウによってこのことが通 知 されます (高 度 な設 定 /表 示 ダイアログの既 定 の設 定 を保 持 している
場 合 )。
9.10. アップデート
アップデートナビゲーションは、新 しいダイアログを開 きます。このダイアログでは、AVGアップデートに関
する一 般 的 なパラメータを指 定 します。
ファイルアップデートのタイミング
このセクションでは、アップデート処 理 によって PC の再 起 動 が必 要 な場 合 に、3 つのオプションから選 択
できます。次 回 の PC の再 起 動 時 にアップデートを完 了 するようにスケジュール設 定 するか、ただちに再
起 動 できます。
ユーザーの確 認 を要 求 (既 定 )- アップデート処 理 完 了 に必 要 な PC 再 起 動 を確 認 する
画 面 が表 示 されます。
90
すぐに再 起 動 - コンピュータはアップデート処 理 が完 了 した時 点 で、自 動 的 に即 時 再 起 動 さ
れます。ユーザー確 認 は要 求 されません。
次 回 のコンピュータの再 起 動 時 に完 了 - アップデート処 理 の完 了 は次 回 のコンピュータの
再 起 動 時 まで延 期 されます。コンピュータが少 なくとも 1 日 に 1 回 定 期 的 に再 起 動 すること
が確 実 である場 合 にのみ、このオプションが推 奨 されます。
アップデート後 のメモリ スキャン
このチェックボックスをオンにすると、各 アップデートが正 常 に完 了 した後 に、新 しいメモリスキャンを起 動
するように定 義 します。ダウンロードした最 新 のアップデートには新 しいウイルス定 義 が含 まれている場
合 がありますが、即 座 にスキャン適 用 されます。
追 加 アップデート オプション
各 プログラムアップデート時 に新 しいシステム復 旧 ポイントを作 成 - デフォルトではオン
各 AVG プログラムアップデートの起 動 前 に、システム復 旧 ポイントが作 成 されます。アップデー
ト処 理 が失 敗 し、オペレーティング システムがクラッシュする場 合 には、必 ずこのポイントから元
の設 定 で OS を復 旧 できます。このオプションは、スタート/プログラム/アクセサリ/システムツール/
システムの復 元 からアクセスできますが、上 級 ユーザーのみが変 更 を行 うことをお勧 めします。こ
の機 能 を使 用 する場 合 は、このチェックボックスにチェックを付 けておきます。
DNS アップデートを使 用 する (既 定 ではオン) - この項 目 にチェックを付 けると、アップデートが
実 行 された時 点 で、AVG Internet Security 2014 が DNS サーバー上 の最 新 のウイルス デー
タベース バージョンと最 新 のプログラム バージョンに関 する情 報 を検 索 します。次 に、最 小 限
の必 須 のアップデート ファイルのみがダウンロードされ、適 用 されます。この方 法 ではダウンロー
ドされるデータ量 が最 低 限 に抑 えられるため、アップデート処 理 が高 速 で実 行 されます。
実 行 中 のアプリケーションを終 了 する確 認 を要 求 (デフォルトではオン) - をチェックすること
で、アップデート処 理 の完 了 に必 要 な場 合 、現 在 実 行 中 のアプリケーションが許 可 なく終 了
しないように確 認 できます。
コンピュータ時 間 を確 認 デフォルトではオン)- このオプションにチェックを付 けると、コンピュー
タ時 間 と正 確 な時 間 との差 が指 定 された時 間 よりも大 きい場 合 に通 知 を表 示 するよう宣 言
します。
91
9.10.1. プロキシ
プロキシ サーバーとは、より安 全 なインターネット接 続 を保 証 するスタンドアロン サーバー、または PC
上 のサービスです。特 定 のネットワーク ルールによって、インターネットに直 接 またはプロキシ サーバーを
介 して接 続 できます。次 に、アップデート設 定 - プロキシダイアログの最 初 のアイテムで、コンボボックス
メニューから希 望 するものを選 択 する必 要 があります。
プロキシ サーバーを使 用 しない - デフォルト設 定
プロキシを使 用
プロキシを使 用 して接 続 し、失 敗 した場 合 のみ直 接 接 続 します。
プロキシを使 用 するオプションを選 択 した場 合 、さらにいくつかのデータを指 定 する必 要 があります。サー
バー設 定 は手 動 あるいは自 動 で行 われます。
手動設定
手 動 設 定 (手 動 オプションをチェックすると、該 当 する入 力 欄 が有 効 化 されます)を選 択 する場 合 、以
下 の項 目 を指 定 してください。
サーバー - サーバーのIPアドレスまたはサーバー名 を指 定 します。
ポート - インターネットアクセスを許 可 するポート番 号 を指 定 します(デフォルトでは、この番 号
は 3128に設 定 されていますが、変 更 可 能 です 不 明 な場 合 は、ネットワーク管 理 者 にお問 い
合 わせください
プロキシ サーバーは、各 ユーザーの独 自 のルールを設 定 することもできます。プロキシ サーバーがこのよう
92
に設 定 されている場 合 、プロキシ認 証 を使 用 にチェックを付 け、有 効 なユーザー名 とパスワードを入 力
してください。
自動設定
自 動 設 定 を選 択 する場 合 (自 動 を選 択 すると、該 当 する入 力 欄 が有 効 化 されます。)、プロキシ設
定 をどこから取 得 するかを選 択 します。
ブラウザから - 設 定 はデフォルトのインターネット ブラウザから読 み込 まれます。
スクリプトから - 設 定 は、プロキシ アドレスを返 す機 能 とともに、ダウンロードされたスクリプトか
ら読 み込 まれます。
自 動 検 出 - 設 定 は、プロキシ サーバーから直 接 検 出 されます。
9.10.2. URL
[URL] ダイアログは更 新 ファイルがダウンロードされるインターネット アドレスのリストを提 供 します。
コントロール ボタン
このリストは、以 下 のコントロールボタンを使 用 して修 正 します。
追 加 - ダイアログを開 き、新 しいURLを指 定 してリストに追 加 します
編 集 - ダイアログを開 き、選 択 されたURLパラメータを編 集 します。
削 除 - 選 択 されたURLをリストから削 除 します。
93
上 に移 動 - 選 択 された URL を1つ上 の場 所 に移 動 します。
下 に移 動 - 選 択 された URL を1つ下 の場 所 に移 動 します。
9.10.3. 管理
アップデート管 理 ] ダイアログには 2 つのオプションがあり、2 つのボタンを使 用 してアクセスできます。
一 時 アップデートファイルの削 除 - このボタンをクリックすると、すべての重 複 するアップデート
ファイルをハードディスクから削 除 します(デフォルトでは、これらのファイルは 30 日 間 保 存 され
ます)。
ウイルス データベースを以 前 のバージョンに戻 す このボタンをクリックすると、最 新 のウイル
ス データベースのバージョンをハードディスクから削 除 し、以 前 に保 存 されたバージョンに戻 しま
す (新 しいウイルス データベースのバージョンは次 回 のアップデートに含 まれます。)
9.11. 例外
例 外 ダイアログでは、例 外 を定 義 できます。例 外 とは、AVG Internet Security 2014 によって無 視 さ
れる項 目 です。通 常 、AVG が脅 威 としてプログラムやファイルを検 出 し続 けたり、安 全 なウェブサイトを
危 険 とみなしてブロックし続 ける場 合 に例 外 の定 義 が必 要 になります。この例 外 リストにそのようなファ
イルやウェブサイトを追 加 すると、以 降 は AVG による報 告 やブロックがされなくなります。
問 題 になっているファイルやプログラム、ウェブサイトが本 当 に間 違 いなく安 全 かを常 に確 認 して
ください。
94
既 に例 外 が定 義 されている場 合 、ダイアログの表 には例 外 の一 覧 が表 示 されます。各 項 目 の隣 には
チェックボックスがあります。チェックボックスが選 択 されている場 合 は、例 外 が有 効 です。選 択 解 除 され
ている場 合 は、例 外 は定 義 されていますが、現 在 使 用 されていません。列 ヘッダーをクリックすると、該
当 する条 件 に基 づいて許 可 されたアイテムを並 び替 えることができます。
コントロール ボタン
例 外 を追 加 - クリックすると新 しいダイアログが開 き、AVG のスキャンから除 外 する必 要 がある
項 目 を指 定 できます。最 初 に、ファイルやフォルダ、URL などのオブジェクトのタイプを定 義 しま
す。次 に、ディスクを探 して各 オブジェクトのパスを指 定 したり、URL を入 力 します。最 後 に、選
択 したオブジェクトを無 視 する AVG の機 能 を選 択 します。(常 駐 シールド、Identity
Protection、スキャン、ルートキット対 策 )。
編 集 - このボタンは既 に例 外 が定 義 されていて、表 に表 示 されている場 合 にのみ有 効 です。
また、このボタンを使 うと選 択 した例 外 の編 集 ダイアログが開 き、例 外 のパラメータを設 定 する
ことができます。
削 除 - このボタンを使 うと以 前 に定 義 した例 外 をキャンセルできます。個 別 に削 除 することも、
一 覧 から例 外 をまとめてハイライトし、定 義 した例 外 を一 括 でキャンセルすることもできます。
例 外 をキャンセルすると、個 々 のファイルやフォルダ、URL は再 度 AVG でスキャンされます。
ファイルやフォルダ自 体 ではなく、例 外 が削 除 された場 合 にのみスキャンされることに注 意 してく
ださい。
95
9.12. ウイルス隔離室
ウイルス隔 離 室 メンテナンスダイアログでは、ウイルス隔 離 室 に格 納 されるオブジェクト管 理 に関 する
パラメータを定 義 できます。
ウイルス隔 離 室 のサイズを制 限 - スライダを使 用 して、ウイルス隔 離 室 の最 大 サイズを設 定
できます。サイズは、ローカルディスクのサイズに対 する割 合 で指 定 されます。
自 動 ファイル検 出 - このセクションでは、ウイルス隔 離 室 にオブジェクトが格 納 される最 大 時
間 (...日 以 降 経 過 したファイルを削 除 ) と、ウイルス隔 離 室 に格 納 される最 大 ファイル数 (
格 納 されるファイルの最 大 数 ) を定 義 します。
96
9.13. AVG 自己保護
AVG 自 己 保 護 は、AVG Internet Security 2014 がそれ自 身 のプロセス、ファイル、レジストリキーお
よびドライバを改 ざんされたり無 効 化 されることから保 護 することができます。この種 の保 護 をする主 な
理 由 としては、一 部 の巧 妙 な脅 威 がウイルス対 策 保 護 の解 除 を試 みた後 、コンピュータに無 制 限 に
被 害 をもたらすことが挙 げられます。
この機 能 を有 効 にしておくことをお勧 めします。
9.14. プライバシー 設定
[プライバシー プリファレンス] ダイアログは、AVG 製 品 改 善 に参 加 し、全 体 的 なインターネット セキュ
リティレベルの向 上 を支 援 するものです。お客 様 による報 告 は、世 界 中 のすべての参 加 者 から最 新 の
脅 威 に関 する情 報 を収 集 し、全 ユーザーに対 する保 護 を向 上 させるために役 立 てられます。報 告 は
自 動 的 に行 われるため、お客 様 にご不 便 をおかけすることはありません。また、報 告 に個 人 情 報 は一
切 含 まれません。検 出 した脅 威 の報 告 は任 意 ですが、このオプションを有 効 にしておくようにお願 いして
おります。これにより、すべての AVG ユーザーの保 護 機 能 が強 化 されます。
97
ダイアログでは、次 の設 定 オプションが使 用 できます。
AVG 製 品 改 善 プログラムに参 加 して AVG による製 品 の改 善 に協 力 する (既 定 ではオ
ン) - AVG Internet Security 2014 のさらなる機 能 改 善 にご協 力 いただける場 合 は、チェック
ボックスをオンにしてください。これにより、検 出 された脅 威 はすべて AVG に報 告 されます。
AVG では世 界 中 の参 加 者 全 員 からマルウェアに関 する最 新 情 報 を収 集 することで、メンバー
全 員 の保 護 レベルを向 上 させることができます。報 告 は自 動 的 に行 われるため、お客 様 にご
不 便 をおかけすることはありません。また、報 告 に個 人 情 報 は一 切 含 まれません。
o 誤 検 出 されたメールに関 するユーザー確 認 データの送 信 を許 可 する (既 定 ではオ
ン) - スパム対 策 サービスの誤 検 出 によってスパムとして認 識 されたメール メッセージ、あ
るいは検 出 されなかったスパムメッセージに関 する情 報 を送 信 します。この種 類 の情 報
の送 信 時 には、確 認 ダイアログが表 示 されます。
o 特 定 された脅 威 または不 審 な脅 威 に関 する匿 名 データの送 信 を許 可 する (既
定 ではオン) - コンピュータで検 出 された不 審 あるいは明 らかに危 険 なコードや動 作 パタ
ーン (ウイルス、スパイウェア、アクセスしようとしている悪 意 のある Web ページ) に関 する
情 報 を送 信 します。
o 製 品 の使 用 状 況 に関 する匿 名 データの送 信 を許 可 する (既 定 ではオン) - 検 出
数 、実 行 されたスキャン、成 功 /失 敗 した更 新 など、アプリケーションの使 用 状 況 に関
する基 本 統 計 情 報 を送 信 します。
クラウド検 出 検 証 を許 可 する (デフォルトではオン) - 検 出 された脅 威 が本 当 に感 染 してい
るのか、誤 検 出 であるのかを確 認 します。
AVG パーソナライズ をオンにしてユーザーの AVG 使 用 体 験 をパーソナライズします(デ
フォルトではオフ)- この機 能 はお使 いのPCにインストールされたプログラムやアプリケーションの
動 作 を匿 名 で分 析 します。この分 析 により、AVGはユーザーのニーズに直 接 応 えるサービスを
98
提 供 し、最 大 限 の安 全 性 を維 持 します。
最 も一 般 的 な脅 威
今 日 においては、単 なるウイルスだけではなく、さまざまな脅 威 が存 在 します。悪 意 のあるコードと危 険
な Web サイトの作 成 者 は非 常 に革 新 的 であり、新 しい種 類 の脅 威 が常 に出 現 しています。そしてそ
の多 くはインターネット上 に存 在 しているのです。一 般 的 な脅 威 :
ウイルスとは、それ自 体 をコピーし、拡 大 させる悪 意 のあるコードで、多 くの場 合 、被 害 が出 る
まで気 が付 きません。一 部 のウイルスは深 刻 な脅 威 であり、独 自 の方 法 で、ファイルを削 除 し
たり意 図 的 に変 更 したりします。ウイルスには、音 楽 を演 奏 するなど、一 見 無 害 のように見 え
るものもあります。ただし、すべてのウイルスは基 本 的 に増 殖 する能 力 を持 つため危 険 です。
単 純 なウイルスでさえコンピュータ メモリ全 体 をすぐに制 御 し、障 害 を引 き起 こすことができま
す。
ウイルスの下 位 カテゴリにワームがあります。通 常 のウイルスと異 なり、ワームは感 染 する
「キャリア」を必 要 としません。ワームは、通 常 それ自 体 を含 んだメールで他 のコンピュータに送
信 されます。結 果 、メール サーバーとネットワーク システムのオーバーロードなどを引 き起 こしま
す。
スパイウェアは、通 常 マルウェアのカテゴリとして定 義 されます (マルウェアとはウイルスを含 む悪
意 のあるソフトウェアのことです)。このマルウェアには、コンピュータの所 有 者 が知 らない間 に同
意 なく個 人 情 報 、パスワード、クレジット カード番 号 を盗 んだり、コンピュータに侵 入 し、攻 撃
者 にリモートでコンピュータをコントロールさせたりすることを目 的 とするプログラム (通 常 はトロイ
の木 馬 ) が含 まれます。
不 審 なプログラム はスパイウェアの一 種 ですが、必 ずしもコンピュータに被 害 を及 ぼすとは限
りません。PUP の具 体 的 な例 としては、ポップアップ広 告 を表 示 させ、広 告 を配 信 することを
目 的 としたソフトウェアであるアドウェアがあります。これらは迷 惑 ではあるものの実 際 には無 害
です。
また、Tracking cookie もスパイウェアの一 種 と見 なされます。この小 さなファイルは Web ブラ
ウザに保 存 され、再 度 アクセスした際 、自 動 的 に「親 」Web サイトに送 信 されます。Tracking
cookie には閲 覧 履 歴 などのデータが含 まれています。
エクスプロイトはオペレーティング システム、インターネット ブラウザ、あるいは重 要 なプログラム
の欠 陥 や脆 弱 性 を利 用 する悪 意 のあるコードです。
フィッシングは信 頼 できる有 名 な組 織 を装 って重 要 な個 人 情 報 データを取 得 しようとする試
みです。たとえば、被 害 者 宛 てに銀 行 口 座 の詳 細 情 報 を更 新 するように求 める大 量 のメー
ルが送 信 されます。このメールで被 害 者 は銀 行 の偽 の Web サイトへのリンクに誘 導 されます。
デマウイルスは危 険 な情 報 、何 かを警 告 する情 報 、あるいはただ単 に迷 惑 で無 用 な情 報 を
含 む大 量 のメールです。上 記 の脅 威 の多 くはデマウイルス メールを使 用 して広 がります。
悪 意 のある Web サイトとは、故 意 に悪 意 のあるソフトウェアをコンピュータにインストールするも
のです。ハッカーに攻 撃 されたサイトにも同 様 にアクセスしたユーザーを感 染 させる危 険 が潜 ん
でいますが、このようなサイトは本 来 は合 法 的 な Web サイトです。
このようなすべての種 類 の脅 威 からユーザーを保 護 するために、AVG Internet Security 2014 に
は特 別 なコンポーネントが含 まれています。コンポーネントの概 要 については、「コンポーネント
概 要 」の章 を参 照 してください。
99
9.15. エラー状態を無視
[エラー状 態 を無 視 ] ダイアログでは、情 報 の通 知 を表 示 しないコンポーネントにチェックを付 けることが
できます。
既 定 では一 覧 で選 択 されているコンポーネントはありません。つまり、すべてのコンポーネントは、エラー
状 態 となる場 合 は、すぐに以 下 の方 法 で通 知 されます。
システム トレイ アイコン - すべての AVG コンポーネントが正 常 に動 作 している間 はアイコンは
4 色 で表 示 されますが、エラーが発 生 すると、黄 色 のエクスクラメーション マークのついたアイコ
ンが表 示 され、
AVG メイン ウィンドウの [セキュリティステータス情 報 ] セクションに既 存 の問 題 に関 する説 明 が
表 示 されます。
何 らかの理 由 のため、ある状 況 で一 時 的 にコンポーネントをオフにする必 要 があるかもしれません。すべ
てのコンポーネントを永 続 的 にオンにし続 け、既 定 の設 定 を保 持 することが望 ましいため、この
操 作 は推 奨 されません。しかし、このような状 況 は起 こりえます。この場 合 、システム トレイ アイコンが
自 動 的 にコンポーネントのエラーステータスをレポートします。ただし、この場 合 には、ユーザーが自 分 で
慎 重 に設 定 を行 い、潜 在 的 なリスクを認 識 しているため、実 際 のエラーについては説 明 できません。同
時 に、グレイ色 で表 示 されると、アイコンは表 示 される可 能 性 のある他 のエラーを実 際 に報 告 できませ
ん。
この場 合 、エラー状 態 を無 視 ダイアログでエラー状 態 となる可 能 性 のある (あるいはオフになる)コンポ
ーネントを選 択 できますが、その状 態 は通 知 されません。[OK] ボタンをクリックして、すべての変 更 を確
認 します。
100
9.16. Advisor - 既知のネットワーク
AVG Advisor には、接 続 中 のネットワークを監 視 する機 能 が含 まれています。新 しいネットワークが見
つかった場 合 (すでにネットワーク名 が使 用 済 みの場 合 は混 乱 を招 く可 能 性 があります)に通 知 して、
ネットワークの安 全 性 を確 認 するよう推 奨 します。新 しいネットワークへの接 続 が安 全 であると判 断 した
場 合 、安 全 なネットワーク リストにも保 存 することができます。(不 明 なネットワークが検 出 されると、
AVG Advisor トレイ通 知 がシステム トレイからスライド表 示 され、そこにリンクが表 示 されます。 詳 細 に
ついては AVG Advisor の章 を参 照 してください)。AVG Advisor はネットワークの一 意 的 な属 性 (具 体
的 には MAC アドレス) を記 憶 し、次 回 は通 知 を表 示 しません。接 続 中 の各 ネットワークは自 動 的 に
既 知 のネットワークと認 識 され、リストに追 加 されます。[削 除 ] ボタンを押 すことで、各 エントリを削 除 で
きます。個 々 のネットワークは、再 度 不 明 で危 険 の可 能 性 があると見 なされます。
このダイアログ ウィンドウでは、既 知 と考 えられるネットワークを確 認 できます。
注 意 : AVG Advisor の既 知 のネットワーク機 能 は Windows XP 64 ビット版 ではサポートされていませ
ん。
101
10. ファイアウォール設定
ファイアウォール設 定 は新 しいウィンドウで表 示 されます。ここでは、いくつかのダイアログで、コンポーネン
トの高 度 なパラメータを設 定 することができます。ファイアウォール設 定 は新 しいウィンドウで表 示 されま
す。ここでは、いくつかのダイアログで、コンポーネントの高 度 なパラメータを編 集 することができます。設
定 は基 本 モードまたはエキスパートモードで実 行 できます。設 定 ウィンドウを初 めて開 く場 合 は基 本 バ
ージョンで表 示 され、次 のパラメータの編 集 ができます。
全般
アプリケーション
ファイルとプリンタの共 有
ダイアログ下 部 には、[エキスパート モード] ボタンが表 示 されます。ボタンをクリックすると、非 常 に高 度
なファイアウォール設 定 の詳 細 項 目 がダイアログのナビゲーションに表 示 されます。
高 度 な設 定
定 義 済 みネットワーク
システムサービス
ログ
ただし、製 造 元 はすべての AVG Internet Security 2014 コンポーネントを最 適 なパフォーマンスを
実 現 できるように設 定 しています。特 に理 由 がない場 合 は、既 定 の設 定 を変 更 しないでくださ
い。設 定 変 更 はすべて上 級 者 ユーザーのみが行 うようにして下 さい。
10.1. 全般
一 般 的 な情 報 ダイアログには、利 用 可 能 なすべてのファイアウォール モードの概 要 が表 示 されま
す。現 在 選 択 されているファイアウォール モードは、メニューから別 のモードを選 択 するだけで変 更 できま
す。
ただし、製 造 元 はすべての AVG Internet Security 2014 コンポーネントを最 適 なパフォーマンスを
実 現 できるように設 定 しています。特 に理 由 がない場 合 は、既 定 の設 定 を変 更 しないでくださ
い。設 定 変 更 は経 験 のあるユーザーのみが行 うことを推 奨 します。
102
ファイアウォールでは、コンピュータがドメイン内 にあるか、スタンドアロンか、ノートパソコンかによって、特
定 のセキュリティルールを定 義 することができます。各 コンピュータ タイプによって異 なるレベルの保 護 が
必 要 になります。これらのレベルには該 当 するモードが適 用 されます。要 するに、ファイアウォール モード
とはファイアウォール コンポーネントの特 別 な設 定 です。ユーザーはこのような予 め定 義 された数 々 の設
定 を利 用 することができます。
自 動 - このモードでは、ファイアウォールはすべてのネットワーク トラフィックを自 動 的 に処 理 し
ます。どのような決 定 もユーザーが下 すことはありません。ファイアウォールは、既 知 の各 アプリケ
ーションの接 続 を許 可 すると同 時 にアプリケーションのルールを作 成 して、今 後 アプリケーション
が常 に接 続 できるよう指 定 します。その他 のアプリケーションについては、アプリケーションの動
作 によってファイアウォールが接 続 を許 可 するかブロックするかを決 定 します。ただし、そのような
状 況 下 ではルールは作 成 されません。またアプリケーションは接 続 を試 みる時 に再 度 チェックさ
れます。自 動 モードは安 定 しているため、ほとんどのユーザーに対 して推 奨 されます。
対 話 - このモードはコンピュータとやりとりするすべてのネットワーク トラフィックを完 全 に制 御 す
る場 合 に便 利 です。ファイアウォールはトラフィックを監 視 し、データの通 信 や転 送 のそれぞれの
試 みをユーザーに通 知 します。ユーザーは自 分 が適 切 だと判 断 したとおりに、その試 みを許 可
したりブロックしたりできます。上 級 ユーザーのみにお勧 めします。
インターネットへのアクセスをブロック - インターネット接 続 が完 全 にブロックされます。インター
ネットにアクセスできないため、外 部 からはコンピュータにアクセスできません。特 別 な場 合 や短
期 間 の使 用 の場 合 に限 ります。
ファイアウォール保 護 を無 効 にする ファイアウォールを無 効 にして、コンピュータとやりとりす
るすべてのネットワーク トラフィックを許 可 します。これによって、結 果 的 にハッカーによる攻 撃 を
受 けやすくなります。このオプションは常 によく考 えた上 で、慎 重 に設 定 してください。
特 定 の自 動 モードはファイアウォール内 でも有 効 であることに注 意 してください。コンピュータまたは
Identity protection コンポーネントが無 効 になった場 合 、このモードは暗 黙 で有 効 化 されます。そのた
め、コンピュータはさらに脆 弱 になります。そのような場 合 、ファイアウォールは既 知 の絶 対 に安 全 なアプ
リケーションのみを自 動 的 に許 可 します。その他 の場 合 はすべてユーザーが決 定 を行 います。これは無
103
効 化 された保 護 コンポーネントを補 完 するためであり、コンピュータを安 全 に保 つための対 策 です。
10.2. アプリケーション
アプリケーション ダイアログでは、過 去 にネットワーク上 で通 信 を試 みたすべてのアプリケーションのリス
トと、それらに割 り当 てられたアクションのアイコンが表 示 されます。
アプリケーションのリストには、コンピュータ上 で検 出 されたアプリケーションと各 アプリケーションに割 り当
てられたアクションが表 示 されます。次 の種 類 のアクションを使 用 できます。
- すべてのネットワークの通 信 を許 可
- 通 信 をブロック
- 定 義 された高 度 な設 定
既 にインストールされているアプリケーションのみが検 出 されます。既 定 では、新 しいアプリケー
ションが初 めてネットワーク上 での接 続 を試 みるときに、ファイアウォールは信 頼 されたデータベー
スに基 づいて自 動 的 にアプリケーションのルールを作 成 するか、通 信 を許 可 またはブロックするか
を確 認 します。後 者 の場 合 、選 択 内 容 を永 久 ルールとして保 存 できます。永 久 ルールはこの
後 ダイアログにリスト表 示 されます。
もちろん、すぐに新 しいアプリケーション ルールを定 義 することもでき、このダイアログで、[追 加 ] をクリック
して、アプリケーションの詳 細 を入 力 します。
アプリケーション以 外 にも、リストには 2 つの特 別 な項 目 が表 示 されます。優 先 アプリケーション ルー
ル リストの上 部 )は、常 に他 の個 々 のアプリケーション ルールよりも優 先 して適 用 されます。他 のアプ
リケーション ルール リストの下 部 )は、不 明 で未 定 義 のアプリケーションのように特 定 のアプリケーショ
ンルールが適 用 されない場 合 、「最 終 インスタンス」として使 用 されます。このようなアプリケーションが
ネットワーク上 で通 信 を試 みる場 合 に実 行 されるアクションを選 択 します。ブロック (通 信 は常 にブロック
されます)、許 可 (通 信 はすべてのネットワークで許 可 されます)、確 認 (通 信 を許 可 するかブロックする
104
かを決 定 するため、確 認 が表 示 されます)。これらの項 目 には一 般 のアプリケーションとは異 なった
設 定 オプションがあり、上 級 者 ユーザー向 けの設 定 です。設 定 を修 正 しないことを強 くお勧 めし
ます。
コントロール ボタン
以 下 のコントロール ボタンを使 用 してリストを編 集 することができます。
追 加 - 新 しいアプリケーション ルールを定 義 するための空 のダイアログを開 きます。
編 集 - 既 存 のアプリケーションのルール セットを編 集 するためのダイアログを開 きます。同 じダ
イアログですが、データがすでに入 力 されています。
削 除 - 選 択 されたアプリケーションをリストから削 除 します。
10.3. ファイルとプリンタの共有
ファイルとプリンタの共 有 とは、実 際 には Windows で「共 有 」としてマークしたファイルまたはフォルダ、共
通 のディスク ユニット、プリンタ、スキャナ、および同 様 のあらゆるデバイスを共 有 するということです。この
ようなアイテムは、安 全 と考 えられるネットワーク (家 庭 、職 場 、学 校 など) 内 でのみ共 有 することが望 ま
しいです。ただし、公 開 ネットワーク (空 港 の Wi-Fi やインターネット カフェなど) に接 続 している場 合
は、おそらく一 切 の共 有 を望 まないでしょう。AVG ファイアウォールは共 有 を簡 単 にブロックまたは許 可
できます。また、既 にアクセスしたネットワークに対 してその選 択 を保 存 することができます。
ファイルとプリンタの共 有 ダイアログでは、ファイルとプリンタの共 有 の設 定 と、現 在 接 続 されているネッ
トワークを編 集 できます。Window XP の場 合 、ネットワーク名 は、最 初 に接 続 した時 に特 定 のネットワ
ークに付 けた名 称 に対 応 しています。Window Vista 以 降 の場 合 、ネットワーク名 は、[ネットワークと共
有 センター] で自 動 的 に付 けられます。
105
10.4. 高度な設定
高 度 な設 定 ダイアログの編 集 は、経 験 のあるユーザーのみを対 象 としています。
高 度 な設 定 ダイアログでは、次 のファイアウォール パラメータの選 択 または選 択 解 除 ができます。
ファイアウォールでサポートしている仮 想 マシンへのトラフィック、または仮 想 マシンからの
トラフィックをすべて許 可 - VMWare などの仮 想 マシンでのネットワーク接 続 をサポートしま
す。
仮 想 プライベート ネットワーク (VPN) へのトラフィックをすべて許 可 - VPN 接 続 をサポート
します (リモート コンピュータへの接 続 に使 用 )。
不 明 な送 受 信 トラフィックを記 録 - 不 明 なアプリケーションによる接 続 の試 行 (送 受 信 ) を
すべてファイアウォール ログに記 録 します。
すべてのアプリケーションルールのルール検 証 を無 効 にする - 各 アプリケーションルールが適
用 されるすべてのファイルをファイアウォールが継 続 的 に監 視 します。バイナリファイルの変 更 が
あると、証 明 書 を確 認 したり、信 頼 されたアプリケーションのデータベースを参 照 するといった標
準 的 な方 法 で、ファイアウォールがアプリケーションの信 頼 性 をもう一 度 確 認 しようとします。ア
プリケーションが安 全 であると確 認 できない場 合 、ファイアウォールは選 択 されたモードに基 づい
て、アプリケーションに対 処 します。
o ファイアウォールが自 動 モードで動 作 している場 合 、デフォルトとしてアプリケーションは
許 可 されます。
o ファイアウォールが インタラクティブ モードで動 作 している場 合 、アプリケーションはブロッ
クされ、アプリケーションをどう処 理 するべきかユーザーに判 断 を求 める質 問 ダイアログが
表 示 されます。
特 定 のアプリケーションに対 処 する望 ましい方 法 について、アプリケーション ダイアログ内 で各 アプ
106
リケーションに個 別 に定 義 できます。
10.5. 定義済みネットワーク
定 義 済 みネットワーク ダイアログ内 の編 集 は、経 験 のあるユーザー向 けです。
定 義 済 みネットワークダイアログはコンピュータが接 続 するすべてのネットワークのリストを提 供 します。
このリストには検 出 されたすべてのネットワークに関 する次 の情 報 が表 示 されます。
ネットワーク - コンピュータが接 続 されているすべてのネットワーク名 の一 覧 が表 示 されます。
IP アドレス範 囲 - 各 ネットワークは自 動 的 に検 出 され、IP アドレス範 囲 の形 式 で指 定 されま
す。
コントロール ボタン
ネットワークの追 加 - 新 しいダイアログ ウィンドウを開 きます。ここでは、ネットワーク名 の入
力 や IP アドレス範 囲 の指 定 など、新 しく定 義 されたネットワークのパラメータを編 集 することが
できます。
107
ネットワークの編 集 - ネットワーク プロパティダイアログ ウィンドウ (上 記 を参 照 ) を開 きま
す。ここでは、既 に定 義 されたネットワークのパラメータを編 集 できます (ダイアログは新 しいネッ
トワークの追 加 ダイアログと同 一 です。前 のパラグラフを参 照 してください。)。
ネットワークの削 除 - ネットワークのリストから選 択 したネットワークへの参 照 を削 除 します。
10.6. システム サービス
システム サービスとプロトコル ダイアログ内 の編 集 は、経 験 のあるユーザー向 けです。
[システム サービスとプロトコル] ダイアログには、ネットワーク通 信 が必 要 な可 能 性 がある Windows
標 準 システムサービスおよびプロトコルがリスト表 示 されます。表 には、次 の列 があります。
システム サービスとプロトコル - この列 には、各 システム サービス名 が表 示 されます。
108
アクション - この列 には、割 り当 てられたアクションのアイコンが表 示 されます。
o
すべてのネットワークの通 信 を許 可
o
通 信 をブロック
リストのアイテム(割 り当 てられたアクションを含 む)の設 定 を編 集 するには、アイテムを右 クリックして、[
編 集 ] を選 択 します。 システム ルールの編 集 は上 級 者 ユーザーによってのみ実 施 されることが望
ましいですが、一 般 にはシステム ルールを編 集 しないことを強 くお勧 めします。
ユーザ定 義 システムルール
独 自 のシステム サービス ルール (次 の図 を参 照 ) を定 義 するために新 しいダイアログを開 くには、[ユー
ザー システム ルールの管 理 ] ボタンをクリックします。システム サービスおよびプロトコルのリスト内 に表
示 されているいずれかの項 目 について設 定 の編 集 を行 う場 合 、同 じダイアログが開 きます。ダイアログ
上 部 のセクションには、現 在 編 集 されたシステム ルールの詳 細 すべての概 要 が表 示 され、下 部 のセク
ションには選 択 した詳 細 が表 示 されます。ルール詳 細 では、各 ボタンを使 用 して編 集 、追 加 、削 除 が
できます。
詳 細 ルール設 定 は高 度 な設 定 であり、主 としてファイアウォール設 定 を完 全 に制 御 する必 要 の
あるネットワーク管 理 者 を対 象 としています。通 信 プロトコル、ネットワークポート番 号 、IP アドレ
ス定 義 などについての知 識 がない場 合 は、この設 定 を変 更 しないでください。設 定 を変 更 する
必 要 がある場 合 は、詳 細 について、各 ダイアログ ヘルプ ファイルを参 照 してください。
10.7. ログ
ログ ダイアログ内 の編 集 は、すべて経 験 のあるユーザーのみを対 象 としています。
ログ ダイアログでは、すべてのログに記 録 されたファイアウォール アクションとイベントのリストを確 認 する
ことができます。2 つのタブには関 連 するパラメータの詳 細 な説 明 が付 属 しています。
トラフィック ログ - このタブでは、ネットワークに接 続 しようとしたすべてのアプリケーションの活
動 に関 する情 報 を表 示 します。各 項 目 では、イベント時 刻 、アプリケーション名 、各 ログ アク
109
ション、ユーザー名 、PID、トラフィック方 向 、プロトコル タイプ、リモートおよびローカル ポート番
号 、リモートおよびローカル IP アドレスの情 報 などを見 ることができます。
信 頼 されたデータベース ログ - 信 頼 されたデータベースとは、常 にオンライン通 信 を許 可 でき
る認 証 され信 頼 されたアプリケーションに関 する情 報 を収 集 する AVG 内 部 データベースで
す。新 しいアプリケーションが初 めてネットワークに接 続 しようとするとき(つまり、まだこのアプリケ
ーションに指 定 されたファイアウォール ルールがない場 合 )、そのアプリケーションに対 してネット
ワーク通 信 を許 可 するかどうかを決 定 する必 要 があります。まず、AVG は信 頼 されたデータベ
ースを検 索 し、アプリケーションがリストにある場 合 は、自 動 的 にネットワークアクセスを付 与 し
ます。その後 に初 めて、データベースに利 用 できる情 報 がない場 合 、アプリケーションのネットワ
ーク アクセスを許 可 するかどうかを確 認 するスタンドアロン ダイアログが表 示 されます。
110
コントロール ボタン
リストを更 新 - すべてのログに記 録 されたパラメータは、各 属 性 によって時 系 列 (日 付 )ある
いはアルファベット順 (他 のカラム)等 でソート可 能 です。各 カラムヘッダーをクリックするだけで
す。[リスト更 新 ] ボタンを使 用 して、現 在 表 示 されている情 報 を更 新 します。
ログを削 除 - 表 のすべてのエントリを削 除 します。
111
11. AVG スキャン
既 定 では、AVG Internet Security 2014 はスキャンを実 行 しません。初 回 のスキャンの後 (実 行 するよ
う指 示 されます)、常 に監 視 状 態 にある AVG Internet Security 2014 の常 駐 コンポーネントによって完
全 に保 護 され、悪 意 のあるコードはコンピュータに侵 入 できないためです。当 然 、定 期 的 にスキャンを
実 行 するようにスケジュール設 定 したり、ニーズに合 わせていつでもスキャンを手 動 で起 動 したりできま
す。
AVG スキャン インターフェースはメイン ユーザー インターフェースから 2 つのセクションに分 かれたボタンを
使 ってアクセスできます。
今 すぐスキャン - ボタンをクリックすると、全 コンピュータをスキャンをただちに起 動 し、自 動 的 に
レポート ウィンドウが開 いて進 行 状 況 と結 果 を見 ることができます。
オプション - このボタンを選 択 すると、(緑 色 のフィールドに水 平 の線 が 3 本 表 示 されています)
[スキャン オプション] ダイアログが開 きます。ダイアログでは、スケジュール スキャンの管 理 およ
び全 コンピュータをスキャン / 特 定 のファイルとフォルダのパラメータを編 集 できます。
112
スキャン オプション ダイアログには、3 つのメイン スキャン設 定 セクションが表 示 されます。
o スケジュール スキャンを管 理 - このオプションををクリックすると、新 しいダイアログが開
き、すべてのスキャン スケジュールの概 要 が表 示 されます。スキャンを個 別 に定 義 する
前 に、一 覧 に表 示 された、ソフトウェア ベンダーが事 前 に定 義 したスケジュール スキャン
を参 照 できます。スキャンはデフォルトでは無 効 になっています。有 効 にするには、スキャ
ンを右 クリックしてコンテキスト メニューから [タスクの有 効 化 ] オプションを選 択 します。ス
ケジュールされたスキャンが有 効 化 されると、[スケジュール編 集 ] ボタンを使 って設 定 を
編 集 することができます。[スケジュール追 加 ] ボタンをクリックすると、新 しい独 自 のスキャ
ン スケジュールを作 成 することもできます。
o 全 コンピュータをスキャン /設 定 - このボタンは 2 つのセクションに分 かれて表 示 されま
す。[全 コンピュータをスキャン] オプションをクリックすると、ただちにコンピュータ全 体 をス
キャンを開 始 します (コンピュータ全 体 をスキャンの詳 細 については、事 前 に定 義 された
スキャン / 全 コンピュータをスキャンの各 章 を参 照 してください)。[設 定 ] セクションをクリッ
クすると、全 コンピュータをスキャンの設 定 ダイアログに移 動 します。
o 特 定 のファイルとフォルダ / 設 定 - ボタンは 2 つのセクションに分 かれています。[特 定
のファイルとフォルダ] オプションをクリックすると、コンピュータの選 択 した範 囲 のスキャンを
ただちに開 始 します (選 択 したファイルとフォルダのスキャンに関 する詳 細 は、事 前 に定
義 されたスキャン / 特 定 のファイルとフォルダの各 章 を参 照 してください)。[設 定 ] セクショ
ンをクリックすると、特 定 のファイルとフォルダの設 定 ダイアログに移 動 します。
o コンピュータ内 のルートキット / 設 定 をスキャン - ルートキットについてコンピュータをス
キャンとラベルされたボタンの左 側 セクションですぐにルートキット対 策 スキャンを開 始 し、
(ルートキットのスキャンに関 する詳 細 は、あらかじめ定 義 されたスキャン / コンピュータ内
のルートキットをスキャンの章 をご参 照 ください)。設 定 セクションがクリックされるとルート
キットスキャンの設 定 ダイアログに移 動 します。
11.1. 定義済みスキャン
AVG Internet Security 2014 の主 要 な機 能 の 1 つは、オンデマンド スキャンです。オンデマンドのス
キャンは、ウイルス感 染 の疑 いがある場 合 、コンピュータのさまざまな箇 所 をいつでもスキャンできるように
設 計 されています。いずれにせよ、このような検 査 を、たとえウイルスがコンピュータにないと思 われる場
113
合 でも、定 期 的 に実 行 することを強 く推 奨 します。
AVG Internet Security 2014 には、ソフトウェア ベンダーがあらかじめ定 義 した次 の種 類 のスキャンがあ
ります。
11.1.1. 全コンピュータをスキャン
全 コンピュータをスキャンは、コンピュータ全 体 をスキャンして、感 染 と不 審 なプログラムがあるかどうかを
確 認 します。 このスキャンはコンピュータのすべてのハード ドライブをスキャンし、ウイルス感 染 を検 出 し
て修 復 するか、検 出 した感 染 をウイルス隔 離 室 に移 動 します。コンピュータ全 体 のスキャンは、最 低 で
も週 に 1 度 は実 行 されるようスケジュールすることが推 奨 されます。
スキャン実 行
全 コンピュータをスキャンは、[今 すぐスキャン] ボタンをクリックして、メイン ユーザー インターフェースか
ら直 接 起 動 できます。 このスキャンに対 して、さらに特 別 な設 定 をする必 要 はありません。スキャンはた
だちに開 始 されます。全 コンピュータをスキャンの進 行 状 況 ダイアログ (スクリーンショットを参 照 ) に
は、進 行 状 況 と結 果 が表 示 されます。必 要 に応 じて、スキャンを一 時 的 に中 断 (一 時 停 止 )、または
キャンセル (停 止 ) することができます。
スキャン設 定 編 集
[全 コンピュータをスキャン - 設 定 ]ダイアログで、全 コンピュータをスキャン の設 定 を編 集 できます (ダ
イアログには、[スキャン オプション] ダイアログ内 の [全 コンピュータをスキャン] の [設 定 ] リンクを使 ってア
クセスできます)。一 般 的 には、既 定 の設 定 を保 持 し、合 理 的 な理 由 がある場 合 にのみ変 更 す
ることを推 奨 します。
114
スキャン パラメータのリストでは、必 要 に応 じて、特 定 のパラメータのオン/オフを切 り替 えることができま
す。
感 染 を修 復 /除 去 する際 に確 認 メッセージを表 示 しない (既 定 ではオン) - スキャン実 行
中 にウイルスが特 定 された際 、修 復 可 能 な場 合 は自 動 で修 復 されます。感 染 したファイルを
自 動 的 に修 復 できない場 合 、感 染 したオブジェクトはウイルス隔 離 室 に移 動 されます。
不 審 なプログラムとスパイウェア脅 威 を報 告 する (既 定 ではオン) - チェックを付 けると、ウイ
ルスと同 時 にスパイウェアのスキャンも有 効 化 します。スパイウェアは疑 わしいマルウェアのカテゴ
リに含 まれます。通 常 は、セキュリティリスクとなる場 合 でも、このようなプログラムを故 意 にイン
ストールすることができます。コンピュータのセキュリティを高 めるため、この機 能 を有 効 にしておく
ことをお勧 めします。
不 審 なプログラムの拡 張 セットを報 告 する (既 定 ではオフ) - チェックを付 けると、スパイウェ
アの拡 張 パッケージを検 出 します。スパイウェアとは、直 接 製 造 元 から入 手 する場 合 には完 全
に問 題 がなく無 害 なプログラムですが、後 から悪 意 のある目 的 で誤 用 されるおそれのあるプロ
グラムです。これは、コンピュータ セキュリティをさらに高 めるための追 加 的 な手 段 ですが、合 法
的 なプログラムもブロックする可 能 性 があるため、既 定 ではオフになっています。
Tracking Cookie をスキャンする (既 定 ではオフ) - このパラメータを定 義 すると、スキャン実 行
中 に Cookie を検 出 します (HTTP cook ie は、サイトの設 定 や電 子 ショッピング カートの内 容
など、ユーザー固 有 の情 報 の認 証 、追 跡 、メンテナンスに使 用 されます)。
アーカイブの内 容 をスキャンする (既 定 ではオフ) - このパラメータを定 義 すると、ZIP や RAR
などのアーカイブ内 に格 納 されているすべてのファイルをスキャンします。
ヒューリスティック分 析 を使 用 する (既 定 ではオン) - ヒューリスティック分 析 (仮 想 コンピュータ
環 境 で実 行 されるスキャン対 象 オブジェクト命 令 の動 的 エミュレーション) は、スキャン実 行 中
にウイルス検 出 に使 用 される方 法 の 1 つです。
システム環 境 をスキャン (デフォルトではオン) - スキャンではコンピュータのシステムエリアも
チェックされます。
115
完 全 スキャンを有 効 にする (既 定 ではオフ) - このオプションをチェックすると、特 定 の状 況 (コ
ンピュータが感 染 している疑 いがある場 合 など) が発 生 した場 合 に最 も完 全 なスキャン アルゴ
リズムを有 効 にし、感 染 の可 能 性 が非 常 に低 いコンピュータ領 域 もスキャンします。これによ
り、問 題 がないことを確 実 にします。この方 法 を実 行 すると多 少 時 間 がかかります。
ルートキットのスキャン(デフォルトではオン) - 全 コンピュータのスキャンにルートキット対 策 ス
キャンが含 まれます。ルートキット対 策 スキャン は別 に開 始 されます。
追 加 スキャン設 定 - このリンクからは、新 しい [追 加 スキャン設 定 ] ダイアログを開 きます。この
ダイアログでは、次 のパラメータを指 定 できます。
o コンピュータのシャットダウン オプション - 実 行 中 のスキャン処 理 が終 了 した時 点 で
自 動 的 にコンピュータをシャットダウンするかどうかを決 定 します。このオプション (スキャ
ン完 了 時 にコンピュータをシャットダウン) を選 択 すると、現 時 点 でコンピュータがロッ
クされている場 合 でも、コンピュータをシャットダウンさせる新 しいオプション (コンピュータ
がロックされた場 合 強 制 的 にシャットダウンする) が有 効 になります。
o スキャンのファイル タイプ - さらに、スキャンするかどうかを決 定 する必 要 があります。
すべてのファイル タイプ - このオプションを使 用 すると、スキャンが不 要 なファイルの
拡 張 子 をカンマで区 切 ったリストを指 定 することによって、スキャンの例 外 を定 義 で
きます。
選 択 されたファイル タイプ - 感 染 の可 能 性 のあるファイルのみをスキャンするよう
指 定 できます (一 部 のプレーン テキスト ファイルやその他 の非 実 行 可 能 ファイルな
ど、感 染 の可 能 性 がないファイルはスキャンされません)。これには、メディア ファイル
(ビデオ、オーディオ ファイル - 多 くの場 合 、これらのファイルはサイズが非 常 に大 きく、
ウイルスに感 染 している可 能 性 が非 常 に低 いため、このボックスのチェックを外 して
いる場 合 はスキャン時 間 がさらに短 縮 されます) が含 まれます。ここでも、必 ずスキャ
ンする必 要 があるファイルの拡 張 子 を指 定 できます。
オプションとして、拡 張 子 のないファイルをスキャンできます。このオプションは既 定
116
ではオンになっています。変 更 する理 由 がない場 合 は、この設 定 を保 持 することを
お勧 めします。拡 張 子 のないファイルは不 審 であるため、常 にスキャンすることをお
勧 めします。
スキャン実 行 速 度 を調 整 する - スライダを使 用 して、スキャン処 理 の優 先 度 を変 更 できま
す。既 定 ではこのオプションの値 は、自 動 的 にリソースを使 用 するユーザー依 存 レベルに設 定
されています。 低 速 でスキャン処 理 を実 行 してシステム リソース負 荷 を最 小 化 (コンピュータで
同 時 に作 業 をする必 要 があり、スキャンに時 間 がかかってもよい場 合 に便 利 です) したり、シス
テム リソース消 費 量 の高 い高 速 スキャン (コンピュータが一 時 的 に使 用 されていない場 合 など
に便 利 です) を実 行 できます。
追 加 スキャン レポートを設 定 - このリンクをクリックすると、[スキャン レポート] ダイアログが
開 きます。このダイアログでは、レポート対 象 の検 出 の種 類 を選 択 できます。
警 告 : これらのスキャン設 定 は、新 規 に定 義 するスキャンのパラメータと同 一 です。これは AVG スキャ
ン/スキャン スケジュール/スキャン方 法 の章 に記 載 されています。全 コンピュータをスキャンの既 定 の設
定 を変 更 する場 合 は、新 しい設 定 を既 定 の設 定 として保 存 し、以 降 のすべての全 コンピュータをス
キャンに使 用 できます。
11.1.2. 特定のファイルとフォルダをスキャン
特 定 ファイルとフォルダをスキャン - 選 択 した領 域 のみスキャンします (選 択 したフォルダ、ハード ディス
ク、フロッピー ディスク、CD など)。ウイルスが検 出 され、処 置 される場 合 のスキャンの進 行 状 況 は、全 コ
ンピュータのスキャンを実 行 している時 と同 じです。検 出 されたウイルスは修 復 されるか、ウイルス隔 離
室 に移 されます。特 定 のファイルとフォルダでは、ユーザー独 自 のスキャン設 定 とスケジュールを実 行 でき
ます。
スキャン実 行
特 定 のファイルとフォルダは、[スキャン オプション] ダイアログから [特 定 のファイルとフォルダ] ボタンをク
リックすることで直 接 起 動 できます。[スキャンする特 定 のファイルとフォルダを選 択 ] という新 しいダイア
ログが開 きます。ツリー上 でスキャンするフォルダを選 択 します。選 択 したフォルダへのそれぞれのパスが
自 動 的 に作 成 され、このダイアログの上 部 のテキスト ボックスに表 示 されます。また、このスキャンからす
べてのサブフォルダを除 外 する場 合 、自 動 生 成 されたパスの前 にマイナス記 号 「-」を記 述 します (スクリ
ーションショットを参 照 )。スキャンからフォルダ全 体 を除 外 するには「!」パラメータを使 用 します。スキャン
を実 行 するには、[スキャン開 始 ] ボタンをクリックします。スキャン処 理 自 体 は基 本 的 に全 コンピュータ
をスキャンと同 じです。
117
スキャン設 定 編 集
特 定 のファイルとフォルダをスキャンの設 定 を特 定 のファイルとフォルダをスキャン - 設 定 ダイアログ
で調 整 できます (ダイアログは、スキャン オプション ダイアログ内 の特 定 のファイルとフォルダをスキャンの
設 定 リンクからアクセスできます)。 一 般 的 には、デフォルト設 定 を保 持 し、合 理 的 な理 由 がある
場 合 にのみ変 更 することを推 奨 します。
スキャン パラメータのリストでは、必 要 に応 じて、特 定 のパラメータのオン/オフを切 り替 えることができま
す。
感 染 を修 復 /除 去 する際 に確 認 メッセージを表 示 しない (既 定 ではオン): スキャン実 行 中
にウイルスが特 定 された際 、修 復 可 能 な場 合 は自 動 で修 復 されます。感 染 したファイルを自
動 的 に修 復 できない場 合 、感 染 したオブジェクトはウイルス隔 離 室 に移 動 されます。
118
不 審 なプログラムとスパイウェア脅 威 を報 告 する (既 定 ではオン): チェックを付 けると、スキャ
ンを有 効 にし、ウイルスと同 時 にスパイウェアもスキャンします。スパイウェアは疑 わしいマルウェア
のカテゴリに含 まれます。通 常 は、セキュリティリスクとなる場 合 でも、このようなプログラムを故
意 にインストールすることができます。コンピュータのセキュリティを高 めるため、この機 能 を有 効
にしておくことをお勧 めします。
不 審 なプログラムの拡 張 セットを報 告 する (既 定 ではオフ): チェックを付 けると、スパイウェア
の拡 張 パッケージを検 出 します。スパイウェアとは、直 接 製 造 元 から入 手 する場 合 には完 全
に問 題 がなく無 害 なプログラムですが、後 から悪 意 のある目 的 で誤 用 されるおそれのあるプロ
グラムです。これは、コンピュータ セキュリティをさらに高 めるための追 加 的 な手 段 ですが、合 法
的 なプログラムもブロックする可 能 性 があるため、既 定 ではオフになっています。
Tracking Cookie をスキャンする (既 定 ではオフ): このパラメータを定 義 すると、スキャン実 行
中 に Cookie を検 出 します (HTTP cook ie は、サイトの設 定 や電 子 ショッピング カートの内 容
など、ユーザー固 有 の情 報 の認 証 、追 跡 、メンテナンスに使 用 されます)。
アーカイブの内 容 をスキャン (既 定 ではオン): ZIP や RAR などのアーカイブ内 に格 納 されて
いるすべてのファイルをスキャンします。
ヒューリスティック分 析 を使 用 する (既 定 ではオン): ヒューリスティック分 析 (仮 想 コンピュータ
環 境 で実 行 されるスキャン対 象 オブジェクト命 令 の動 的 エミュレーション) は、スキャン実 行 中
にウイルス検 出 に使 用 される方 法 の 1 つです。
システム環 境 をスキャンする (既 定 ではオフ): コンピュータのシステム領 域 もチェックされます。
完 全 スキャンを有 効 にする (既 定 ではオフ): このオプションをチェックすると、特 定 の状 況 (コン
ピュータが感 染 している疑 いがある場 合 など) が発 生 した場 合 に最 も完 全 なスキャン アルゴリ
ズムを有 効 にし、感 染 の可 能 性 が非 常 に低 いコンピュータ領 域 もスキャンします。これにより、
問 題 がないことを確 実 にします。この方 法 を実 行 すると多 少 時 間 がかかります。
追 加 スキャン設 定 - このリンクをクリックすると、新 しい [追 加 スキャン設 定 ] ダイアログが開 き
ます。このダイアログでは、次 のパラメータを指 定 できます。
119
o コンピュータのシャットダウン オプション - 実 行 中 のスキャン処 理 が終 了 した時 点 で
自 動 的 にコンピュータをシャットダウンするかどうかを決 定 します。このオプション (スキャ
ン完 了 時 にコンピュータをシャットダウン) を選 択 すると、現 時 点 でコンピュータがロッ
クされている場 合 でも、コンピュータをシャットダウンさせる新 しいオプション (コンピュータ
がロックされた場 合 強 制 的 にシャットダウンする) が有 効 になります。
o スキャンのファイル タイプ - さらに、スキャンするかどうかを決 定 する必 要 があります。
すべてのファイル タイプ このオプションを使 用 すると、スキャンが不 要 なファイルの
拡 張 子 をカンマで区 切 ったリストを指 定 することによって、スキャンの例 外 を定 義 で
きます。
選 択 されたファイル タイプ - 感 染 の可 能 性 のあるファイルのみをスキャンするよう
指 定 できます (一 部 のプレーン テキスト ファイルやその他 の非 実 行 可 能 ファイルな
ど、感 染 の可 能 性 がないファイルはスキャンされません)。これには、メディア ファイル
(ビデオ、オーディオ ファイル - これらのファイルは多 くの場 合 、サイズが非 常 に大 きく、
ウイルスに感 染 している可 能 性 が非 常 に低 いため、このボックスのチェックを外 して
いる場 合 はスキャン時 間 がさらに短 縮 されます) が含 まれます。ここでも、必 ずスキャ
ンする必 要 があるファイルの拡 張 子 を指 定 できます。
オプションとして、拡 張 子 のないファイルをスキャンできます。このオプションは既 定
ではオンになっています。変 更 する理 由 がない場 合 は、この設 定 を保 持 することを
お勧 めします。拡 張 子 のないファイルは不 審 であるため、常 にスキャンすることをお
勧 めします。
スキャン実 行 速 度 を調 整 する - スライダを使 用 して、スキャン処 理 の優 先 度 を変 更 できま
す。既 定 ではこのオプションの値 は、自 動 的 にリソースを使 用 するユーザー依 存 レベルに設 定
されています。低 速 でスキャン処 理 を実 行 してシステム リソース負 荷 を最 小 化 (コンピュータで
同 時 に作 業 をする必 要 があり、スキャンに時 間 がかかってもよい場 合 に便 利 です)したり、シ
ステム リソース消 費 量 の高 い高 速 スキャン(コンピュータが一 時 的 に使 用 されていない場 合 な
どに便 利 です)を実 行 したりできます。
追 加 スキャンレポートを設 定 - このリンクは、スキャン レポート ダイアログを開 きます。このダ
イアログでは、レポートされる検 出 の種 類 を選 択 することができます。
警 告 : これらのスキャン設 定 は、新 規 に定 義 するスキャンのパラメータと同 一 です。これはAVG スキャン/
スキャン スケジュール/スキャン方 法 の章 に記 載 されています。特 定 のファイルとフォルダの既 定 の設 定
を変 更 する場 合 、新 しい設 定 を既 定 の設 定 として保 存 し、すべての特 定 のファイルとフォルダに適 用 で
きます。また、この設 定 はすべての新 規 スケジュールのテンプレートとして使 用 できます (すべてのカスタマ
イズ スキャンは、選 択 したファイルやフォルダのスキャンの現 在 の設 定 に基 づいて実 行 されます)。
120
11.1.3. コンピュータ内をルートキットスキャン
コンピュータ内 のルートキット スキャンは、コンピュータ上 の悪 意 のあるソフトウェアの存 在 を隠 すプロ
グラムや技 術 等 の危 険 なルートキットを検 出 し、効 果 的 に除 去 する特 別 なツールです。ルートキット
は、システムの所 有 者 や正 式 な管 理 者 の許 可 なくコンピュータ システムの基 本 的 なコントロールを実
行 するように設 計 されたプログラムです。スキャンすることで、あらかじめ定 義 されたルールに基 づいて、ル
ートキットを検 出 できます。ルートキットが検 出 されても、必 ずしも感 染 しているというわけではありませ
ん。時 々 、ルートキットはドライバとして使 用 されたり、正 しいアプリケーションの一 部 の場 合 もあります。
スキャン実 行
コンピュータ内 のルートキットスキャンは、コンピュータ内 をルートキットスキャンボタンをクリックするこ
とで、スキャン オプションダイアログから直 接 開 始 できます。ルートキット対 策 スキャンの進 行 中 の新 し
いダイアログが開 き、開 始 したスキャンの進 行 状 況 が表 示 されます。
スキャン設 定 編 集
ルートキット対 策 の設 定 ダイアログでルートキット対 策 スキャンの設 定 を編 集 できます(ダイアログヘ
は、スキャン オプションダイアログで、ルートキットスキャンのためにコンピュータをスキャンの設 定 リンクを
使 ってアクセスできます)。一 般 的 には、既 定 の設 定 を保 持 し、合 理 的 な理 由 がある場 合 にのみ
変 更 することを推 奨 します。
121
アプリケーション スキャンとドライバ スキャンでは、ルートキット対 策 スキャンの対 象 を詳 細 に指 定 す
ることができます。これらの設 定 は上 級 者 ユーザー向 けです。すべてのオプションをオンにしておくことをお
勧 めします。また、ルートキット スキャン モードを選 択 することもできます。
クイック ルートキット スキャン - すべての実 行 中 のプロセス、ロードされたドライバ、およびシス
テム フォルダ (通 常 は、c:\Windows) をスキャンします。
完 全 ルートキット スキャン - すべての実 行 中 のプロセス、ロードされたドライバ、システム フォ
ルダ (通 常 は、c:\Windows)、およびすべてのローカル ディスク (フラッシュ ディスクは含 まれます
が、フロッピー ディスクおよび CD ドライブは含 まれません) をスキャンします。
11.2. シェル拡張スキャン
AVG Internet Security 2014 では、全 コンピュータをスキャンあるいは特 定 領 域 のスキャンで実 行 され
るあらかじめ定 義 されたスキャン以 外 にも、クイック スキャン オプションを使 用 して、Windows Explorer
環 境 で特 定 オブジェクトのスキャンを直 接 実 行 できます。内 容 が不 明 なファイルを開 く場 合 、そのファイ
ルのみをチェックできます。次 の方 法 で実 行 します。
122
Windows Explorer で、チェックするファイル(あるいはフォルダ)を選 択 します。
マウスをオブジェクトに移 動 して右 クリックし、コンテキスト メニューを開 きます。
[AVG でスキャン] オプションを選 択 して、ファイルを でスキャンしますAVG Internet Security
2014。
11.3. コマンドライン スキャン
AVG Internet Security 2014 ではコマンド ラインからスキャンを実 行 するときにオプションを利 用 できま
す。このオプションはサーバー上 のインスタンスに対 して利 用 できます。あるいは、コンピュータのブート後
に自 動 的 に起 動 するバッチ スクリプトを作 成 するときに利 用 できます。コマンド ラインからスキャンを起
動 するときには、AVG のグラフィカル ユーザー インターフェースで提 供 されるほとんどのパラメータを使 用
できます。
コマンドラインから AVG スキャンを起 動 するには、AVG がインストールされているフォルダで次 のコマンド
を実 行 します。
32 ビット OS の場 合 avgscanx
64 ビット OS の場 合 avgscana
コマンドの構 文
コマンドの構 文 は次 のとおりです。
avgscanx /パラメータ ... たとえば、完 全 コンピュータ スキャンの場 合 avgscanx /comp
avgscanx /パラメータ /パラメータ .. 複 数 のパラメータを使 用 する場 合 、これらのパラメータをス
123
ペースとスラッシュで区 切 り、1 行 に並 べる必 要 があります。
パラメータが特 定 の値 を必 要 とする場 合 (例 : /scan パラメータにはスキャンの対 象 として選 択
したコンピュータの場 所 の情 報 が必 要 であり、選 択 した場 所 への正 確 なパスを指 定 する必 要
があります) は、値 をセミコロンで区 切 る必 要 があります。例 : avgscanx /scan=C:\;D:\
スキャン パラメータ
利 用 可 能 なパラメータの完 全 な概 要 を表 示 するには、パラメータの /? を付 加 して該 当 するコマンドを
入 力 します。あるいは、/HELP と入 力 します (例 : avgscanx /?)。唯 一 の必 須 のパラメータは、スキャン
対 象 のコンピュータ領 域 を指 定 する /SCAN です。オプションの詳 細 については、「コマンド ライン パラメ
ータ概 要 」を参 照 してください。
スキャンを実 行 するには、[Enter] を押 します。スキャン中 は、Ctrl+C または Ctrl+Pause を押 して、プロ
セスを停 止 することができます。
グラフィック インターフェースから起 動 する CMD スキャン
Windows セーフ モードでコンピュータを実 行 している場 合 、グラフィック ユーザー インターフェースからコマ
ンドライン スキャンを起 動 することもできます。スキャン自 体 はコマンド ラインから実 行 されます。[コマンド
ライン コンポーサー] ダイアログでは、便 利 なグラフィック インターフェースでは大 部 分 のスキャン パラメー
タを指 定 できます。
このダイアログは Windows セーフ モードでのみ利 用 可 能 です。このダイアログの詳 細 説 明 については、
ダイアログから直 接 開 くことができるヘルプ ファイルを参 照 してください。
11.3.1. CM D スキャン パラメータ
以 下 は、コマンドライン スキャンで利 用 可 能 なすべてのパラメータの一 覧 です。
/SCAN
特 定 のファイルとフォルダ /SCAN=path;path (例 :/SCAN=C:\;D:\)
/COMP
全 コンピュータをスキャン
/HEUR
ヒューリスティック分 析 を使 用
/EXCLUDE
スキャンからパス、またはファイルを除 外
/@
コマンドファイル /ファイル名 /
/EXT
指 定 した拡 張 子 のファイルをスキャン /例 :EXT=EXE,DLL/
/NOEXT
これらの拡 張 子 をスキャンしない /例 :NOEXT=JPG/
/ARC
アーカイブをスキャン
/CLEAN
自 動 的 に駆 除
/TRASH
感 染 ファイルをウイルス隔 離 室
124
/QT
クイック スキャン
/LOG
スキャン結 果 ファイルを生 成
/MACROW
マクロを報 告 する
/PWDW
パスワード保 護 されたファイルを報 告 する
/ARCBOMBSW
アーカイブ ボムを報 告 する(何 度 も圧 縮 されたアーカイブ)
/IGNLOCKED
ロックされたファイルを無 視
/REPORT
ファイルにレポート /ファイル名 /
/REPAPPEND
レポート ファイルに追 加
/REPOK
未 感 染 ファイルを「OK」として報 告 する
/NOBREAK
CTRL-BREAK キーでの中 断 を許 可 しない
/BOOT
MBR/ブート チェックを有 効 化
/PROC
アクティブなプロセスをスキャン
/PUP
不 審 なプログラムを報 告 する
/PUPEXT
不 審 なプログラムの拡 張 設 定 を報 告 する
/REG
レジストリをスキャン
/COO
cookie をスキャン
/?
このトピックに関 するヘルプを表 示
/HELP
このトピックに関 するヘルプを表 示
/PRIORITY
スキャン優 先 度 (低 、自 動 、高 ) を設 定 (高 度 な設 定 / スキャンを参 照 )
/SHUTDOWN
スキャン完 了 時 にコンピュータをシャットダウン
/FORCESHUTDOWN スキャン完 了 時 にコンピュータを強 制 シャットダウン
/ADS
Alternate Data Stream をスキャン (NTFSのみ)
/HIDDEN
拡 張 子 を偽 装 したファイルを報 告 する
/INFECTABLEONLY
感 染 の可 能 性 がある拡 張 子 を持 つファイルのみをスキャン
/THOROUGHSCAN
完 全 スキャンを有 効 にする
/CLOUDCHECK
誤 検 出 を確 認
/ARCBOMBSW
再 圧 縮 されたアーカイブ ファイルを報 告
125
11.4. スキャン スケジュール
AVG Internet Security 2014では、オンデマンドで (コンピュータにウイルスが侵 入 した疑 いがある場 合
など) またはスケジュールに基 づいてスキャンを実 行 できます。スケジュールに基 づいてスキャンを実 行 す
ることを強 く推 奨 します。この方 法 で、コンピュータが感 染 の可 能 性 から保 護 されていることを保 証 でき、
スキャンがいつ起 動 しているかを考 える必 要 がありません。全 コンピュータ スキャンを週 に 1 度 以 上 定
期 的 に実 行 することをお勧 めします。ただし、可 能 な場 合 は、コンピュータのスキャンを毎 日 実 行 してく
ださい。既 定 のスキャン スケジュールはこのように設 定 されています。コンピュータが常 にオンとなっている
場 合 、作 業 時 間 外 にスキャンを実 行 するよう設 定 することができます。コンピュータがオフになっていたた
めスケジュールが実 行 されなかった場 合 に備 えて、コンピュータの起 動 時 にスキャンを実 行 するようにスケ
ジュールを設 定 します。
スケジュール スキャンダイアログは、[スキャン オプション] ダイアログの[スケジュール スキャンの管 理 ]
ボタンからアクセスできます。ここではスキャンのスケジュールを作 成 または編 集 できます。新 しいスケジュ
ール スキャンダイアログが開 き、現 在 スケジュールされているすべてのスキャンの完 全 な概 要 が表 示 さ
れます。
ダイアログ内 でユーザー個 別 のスキャンを指 定 できます。スキャン スケジュールを追 加 ボタンを使 用 し
て、新 しい独 自 のスキャン スケジュールを作 成 することができます。スケジュール スキャン(または新 しい
スケジュール設 定 )のパラメータは、3 つのタブで編 集 できます。
スケジュール
設定
場所
各 タブで「信 号 」ボタンを切 り替 えるだけで
化 /無 効 化 できます。
必 要 に応 じてスケジュールされたテストを一 時 的 に有 効
126
11.4.1. スケジュール
ダイアログの上 部 にある [スケジュール] タブには、現 在 定 義 されているスキャンのスケジュール名 を指 定
できるテキスト フィールドが表 示 されます。スキャンには、必 ず簡 潔 で、説 明 的 で、適 切 な名 前 を使 用
して、後 に他 のスキャンと区 別 できるようにしてください。たとえば、「新 規 スキャン」あるいは「マイ スキャ
ン」という名 前 は適 切 ではありません。これらの名 前 は、実 際 にスキャンがチェックする対 象 を示 していな
いためです。一 方 で適 切 な名 前 の例 としては、「システム エリア スキャン」などがあります。
このダイアログでは、さらに以 下 のスキャン パラメータを定 義 できます。
スケジュール実 行 - ここでは、新 しくスケジュールされたスキャンを起 動 する時 間 間 隔 を指 定
できます。特 定 の期 間 が経 過 した後 に繰 り返 しスキャンを起 動 (定 期 実 行 ...)、正 確 な日 時
を定 義 (特 定 の時 間 間 隔 で実 行 ...)、または、スキャン起 動 のトリガとなるイベントを定 義 (コ
ンピュータの起 動 時 に実 行 )することでタイミングを定 義 できます。
高 度 なスケジュールオプション - このセクションでは、コンピュータが低 電 源 モードあるいは完
全 に電 源 オフになっている場 合 に、スキャンが実 行 される条 件 を定 義 できます。スケジュール
スキャンが指 定 した時 間 に起 動 すると、AVG システム トレイ アイコン上 に開 かれるポップアップ
ウィンドウで通 知 されます。次 に、スケジュール スキャンが実 行 中 であることを通 知 する新 しい
AVG システム トレイ アイコン (フルカラーで点 滅 表 示 ) が表 示 されます。AVG アイコンを右 ク
リックすると、コンテキスト メニューが開 き、実 行 中 のスキャンを一 時 停 止 または停 止 することが
できます。また、現 在 実 行 中 のスキャンの優 先 度 も変 更 できます。
ダイアログ内 の制 御
保 存 - このタブまたはこのダイアログのその他 のタブで行 ったすべての変 更 を保 存 し、スケジュ
ール スキャン概 要 に戻 ります。したがって、すべてのタブで検 査 パラメータを設 定 したい場 合
は、すべての必 要 項 目 を指 定 した後 で、このボタンを押 し、保 存 して下 さい。
- ダイアログ左 上 のセクションにある緑 色 の矢 印 を使 用 すると、スケジュール スキャン概 要
に戻 ります。
127
11.4.2. 設定
ダイアログの上 部 にある [設 定 ] タブには、現 在 定 義 されているスキャンのスケジュール名 を指 定 できる
テキスト フィールドが表 示 されます。スキャンには、必 ず簡 潔 で、説 明 的 で、適 切 な名 前 を使 用 して、
後 に他 のスキャンと区 別 できるようにしてください。たとえば、「新 規 スキャン」あるいは「マイ スキャン」とい
う名 前 は適 切 ではありません。これらの名 前 は、実 際 にスキャンがチェックする対 象 を示 していないため
です。一 方 で適 切 な名 前 の例 としては、「システム エリア スキャン」などがあります。
[設 定 ] タブには、任 意 でオン/オフ可 能 なスキャン パラメータのリストが表 示 されます。この設 定 を変 更
する合 理 的 な理 由 がない場 合 は、あらかじめ定 義 された設 定 を維 持 することを推 奨 します。
感 染 を修 復 /除 去 する際 に確 認 メッセージを表 示 しない (既 定 ではオン): スキャン実 行 中
にウイルスが特 定 された際 、修 復 可 能 な場 合 は自 動 で修 復 されます。感 染 したファイルを自
動 的 に修 復 できない場 合 、感 染 したオブジェクトはウイルス隔 離 室 に移 動 されます。
不 審 なプログラムとスパイウェア脅 威 を報 告 する (デフォルトではオン): チェックを付 けると、
スキャンを有 効 にし、ウイルスと同 時 にスパイウェアもスキャンします。スパイウェアは疑 わしいマ
ルウェアのカテゴリに含 まれます。通 常 は、セキュリティリスクとなる場 合 でも、このようなプログラ
ムを故 意 にインストールすることができます。コンピュータのセキュリティを高 めるため、この機 能 を
有 効 にしておくことをお勧 めします。
不 審 なプログラムの拡 張 セットを報 告 する (既 定 ではオフ): チェックを付 けると、スパイウェア
の拡 張 パッケージを検 出 します。スパイウェアとは、直 接 製 造 元 から入 手 する場 合 には完 全
に問 題 がなく無 害 なプログラムですが、後 から悪 意 のある目 的 で誤 用 されるおそれのあるプロ
グラムです。これは、コンピュータ セキュリティをさらに高 めるための追 加 的 な手 段 ですが、合 法
的 なプログラムもブロックする可 能 性 があるため、既 定 ではオフになっています。
Tracking Cookies のスキャン (デフォルトではオフ): このパラメータを指 定 すると、スキャン実 行
中 に Cookie を検 出 します (HTTP cook ie は、サイトの設 定 や電 子 ショッピング カートの内 容
など、ユーザー固 有 の情 報 の認 証 、追 跡 、メンテナンスに使 用 されます)。
アーカイブの内 容 をスキャンする (既 定 ではオフ): このパラメータを指 定 すると、ファイルが ZIP
や RAR などのアーカイブで保 存 されている場 合 でも、すべてのファイルに対 してスキャン チェッ
クを実 行 します。
128
ヒューリスティック分 析 を使 用 する (デフォルトではオン): ヒューリスティック分 析 (仮 想 コンピュ
ータ環 境 で実 行 されるスキャン対 象 オブジェクト命 令 の動 的 エミュレーション) は、スキャン実 行
中 に採 用 されるウイルス検 出 方 法 の一 つです。
システム環 境 をスキャンする (既 定 ではオン): コンピュータのシステム領 域 もチェックされます。
完 全 スキャンを有 効 にする (既 定 ではオフ): このオプションをチェックすると、特 定 の状 況 (コン
ピュータが感 染 している疑 いがある場 合 など) が発 生 した場 合 に最 も完 全 なスキャン アルゴリ
ズムを有 効 にし、感 染 の可 能 性 が非 常 に低 いコンピュータ領 域 もスキャンします。これにより、
問 題 がないことを確 実 にします。この方 法 を実 行 すると多 少 時 間 がかかります。
ルートキットのスキャン (既 定 ではオン): ルートキット対 策 スキャンは、コンピュータ上 でマルウェ
アの活 動 を隠 すことができるプログラムや技 術 など、可 能 なルートキットを検 索 します。ルート
キットが検 出 されても、必 ずしもコンピュータが感 染 しているというわけではありません。通 常 の
アプリケーションの特 有 のドライバやセクションが誤 ってルートキットとして検 出 される場 合 もあり
ます。
追 加 スキャン設 定
このリンクをクリックすると、新 しい [追 加 スキャン設 定 ] ダイアログが開 きます。このダイアログでは、次 の
パラメータを指 定 できます。
コンピュータのシャットダウン オプション - 実 行 中 のスキャン処 理 が終 了 した時 点 で自 動 的
にコンピュータをシャットダウンするかどうかを決 定 します。このオプション (スキャン完 了 時 にコン
ピュータをシャットダウン)を確 定 すると、現 在 コンピュータがロックされている場 合 でも、コンピュ
ータをシャットダウンさせる新 しいオプション (コンピュータがロックされた場 合 、強 制 的 にシャット
ダウンする)が有 効 化 されます。
スキャンのファイル タイプ - さらに、スキャンするかどうかを決 定 する必 要 があります。
o すべてのファイルタイプ このオプションを使 用 すると、スキャンが不 要 なファイルの拡 張
子 をカンマで区 切 ったリストを指 定 することによって、スキャンの例 外 を定 義 できます。
129
o 選 択 されたファイル タイプ - 感 染 の可 能 性 のあるファイルのみをスキャンするよう指 定
できます (一 部 のプレーン テキスト ファイルやその他 の非 実 行 可 能 ファイルなど、感 染
の可 能 性 がないファイルはスキャンされません)。これには、メディア ファイル が含 まれます
(ビデオ、オーディオ ファイル - これらのファイルは多 くの場 合 、サイズが非 常 に大 きく、ウイ
ルスに感 染 している可 能 性 が非 常 に低 いため、このボックスのチェックを外 している場 合
はスキャン時 間 がさらに短 縮 されます) 。ここでも、必 ずスキャンする必 要 があるファイル
の拡 張 子 を指 定 できます。
o 任 意 で拡 張 子 のないファイルをスキャンできます。このオプションは既 定 ではオンに
なっています。変 更 する理 由 がない場 合 は、この設 定 を保 持 することをお勧 めします。
拡 張 子 のないファイルは不 審 であるため、常 にスキャンすることをお勧 めします。
スキャン速 度 を調 整
このセクションでは、さらに、システム リソース使 用 状 況 に応 じて、希 望 するスキャン速 度 を指 定 すること
ができます。既 定 ではこのオプションの値 は、自 動 的 にリソースを使 用 するユーザー依 存 レベルに設 定 さ
れています。スキャンの速 度 を上 げたい場 合 、スキャンにかかる時 間 を削 減 することができますが、スキャ
ン実 行 中 、システムリソース使 用 量 は著 しく上 がり、PC 上 の他 の作 業 の速 度 が低 下 します (このオプ
ションは、コンピュータの電 源 がオンであり、コンピュータ上 で作 業 をしているユーザーがいない場 合 に適 し
ています)。一 方 、スキャンの時 間 を延 長 することで、システム リソース使 用 量 を減 らすことができます。
追 加 スキャン レポートを設 定
[追 加 スキャン レポート...] リンクをクリックすると、[スキャン レポート] ダイアログが開 きます。このウィン
ドウでは報 告 する検 出 項 目 を定 義 します。
ダイアログ内 の制 御
保 存 - このタブまたはこのダイアログのその他 のタブで行 ったすべての変 更 を保 存 し、スケジュ
ール スキャン概 要 に戻 ります。したがって、すべてのタブで検 査 パラメータを設 定 したい場 合
は、すべての必 要 項 目 を指 定 した後 で、このボタンを押 し、保 存 して下 さい。
- ダイアログ左 上 のセクションにある緑 色 の矢 印 を使 用 すると、スケジュール スキャン概 要
に戻 ります。
130
11.4.3. 場所
[場 所 ] タブでは、[全 コンピュータをスキャン] あるいは [特 定 のファイルとフォルダ] のどちらでスケジュール
するかを定 義 できます。特 定 のファイルまとフォルダをスキャンを選 択 する場 合 は、このダイアログの下 部
に表 示 されるツリー構 造 がアクティブになり、スキャンするフォルダを選 択 できます (スキャンするフォルダが
見 つかるまでプラス ノードをクリックして項 目 を展 開 します)。各 ボックスにチェックを付 けると複 数 のフォル
ダを選 択 できます。選 択 されたフォルダは、ダイアログ上 部 のテキスト フィールドに表 示 され、ドロップダウ
ン メニューに選 択 されたスキャン履 歴 が保 持 されます。希 望 するフォルダへのフルパスを手 動 で入 力 す
ることもできます (複 数 のパスを入 力 する場 合 は、スペースを入 れずセミコロンで区 切 る必 要 があります
)。
ツリー構 造 内 には、[特 別 な場 所 ] という部 分 もあります。各 チェック ボックスにマークを付 けると、次 のよ
うにスキャンする場 所 の一 覧 が表 示 されます。
ローカル ハード ドライブ - コンピュータのすべてのハード ドライブ
プログラム ファイル
o C:\Program Files\
o 64 ビット バージョン C:\Program Files (x86)
マイ ドキュメント フォルダ
o Win XP: C:\Documents and Settings\Default User\My Documents\
o Windows Vista/7: C:\Users\user\Documents\
共 有 ドキュメント
o Win XP: C:\Documents and Settings\All Users\Documents\
o Windows Vista/7: C:\Users\Public\Documents\
131
Windows フォルダ - C:\Windows\
その他
o システム ドライブ - オペレーティング システムがインストールされているハードドライブ (通
常 は C:)
o システム フォルダ - C:\Windows\System32\
o 一 時 ファイル フォルダ - C:\Documents and Settings\User\Local\ (Windows XP); or C:
\Users\user\AppData\Local\Temp\ (Windows Vista/7)
o 一 時 インターネット ファイル - C:\Documents and Settings\User\Local
Settings\Temporary Internet Files\ (Windows XP); or C:
\Users\user\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files (Windows
Vista/7)
ダイアログ内 の制 御
保 存 - このタブまたはこのダイアログのその他 のタブで行 ったすべての変 更 を保 存 し、スケジュ
ール スキャン概 要 に戻 ります。したがって、すべてのタブで検 査 パラメータを設 定 したい場 合
は、すべての必 要 項 目 を指 定 した後 で、このボタンを押 し、保 存 して下 さい。
- ダイアログ左 上 のセクションにある緑 色 の矢 印 を使 用 すると、スケジュール スキャン概 要
に戻 ります。
11.5. スキャン結果
スキャン結 果 概 要 ダイアログには、過 去 に実 行 されたすべてのスキャンの結 果 が一 覧 で表 示 されま
す。この表 には、各 スキャン結 果 に関 する次 の情 報 が表 示 されます。
アイコン - 最 初 の列 に、スキャンの状 況 を示 す情 報 アイコンが表 示 されます。
132
o
感 染 は検 出 されませんでした、スキャンは完 了 しました
o
感 染 は検 出 されませんでした、スキャンは完 了 前 に中 断 されました
o
感 染 は修 復 されました、スキャンは完 了 しました
o
感 染 は検 出 され、修 復 されませんでした、スキャンは完 了 前 に中 断 されました
o
感 染 は検 出 され、すべて修 復 または削 除 されました、スキャンは完 了 しました
o
感 染 は検 出 され、すべて修 復 または削 除 されました、スキャンは完 了 前 に中 断 され
ました
名 前 - この項 目 では個 々 のスキャン名 を表 示 します。2 つの事 前 に定 義 されたスキャンの 1
つか、独 自 のスケジュール スキャンのいずれかです。
開 始 時 間 - スキャンが起 動 された正 確 な日 時 を示 します。
終 了 時 間 - スキャンが終 了 、一 時 停 止 、中 断 した正 確 な日 時 を示 します。
検 査 されたオブジェクト - スキャンされたすべてのオブジェクトの合 計 数 を示 します。
感 染 - 除 去 /検 出 された感 染 の合 計 数 を示 します。
高 / 中 / 低 - 次 の 3 項 目 では、重 要 度 が高 、中 、低 のそれぞれについて、検 出 された感 染
の数 を示 します。
ルートキット - スキャン中 に見 つかったルートキットの合 計 数 を示 します。
ダイアログ コントロール
詳 細 を見 る - ボタンをクリックすると、選 択 したスキャンに関 する詳 細 情 報 (表 の上 にハイライト
されています)を参 照 できます。
結 果 を削 除 - ボタンをクリックすると、一 覧 表 から選 択 されたスキャン結 果 情 報 が削 除 されま
す。
- ダイアログ左 上 のセクションにある緑 色 の矢 印 を使 用 すると、メイン ユーザー インターフェー
スのコンポーネント概 要 に戻 ります。
11.6. スキャン結果詳細
選 択 したスキャン結 果 の詳 細 情 報 の概 要 を開 くには、[詳 細 を表 示 ] ボタンをクリックすると、[スキャン
結 果 概 要 ] ダイアログにアクセスできます。それぞれのスキャン結 果 の情 報 が詳 細 に記 載 された同 じダ
イアログ インターフェースに移 動 します。これらの情 報 は 3 つのタブに分 けられます。
概 要 - この概 要 では、スキャンが正 常 に完 了 したかどうかや脅 威 が見 つかった場 合 に何 が起
こったかなど、スキャンに関 する基 本 情 報 を提 供 します。
詳 細 - このタブでは、検 出 された脅 威 の詳 細 など、スキャンに関 するすべての情 報 を表 示 し
133
ます。概 要 をファイルにエクスポートを使 用 すると、.csv ファイルにスキャン結 果 を保 存 できま
す。
検 出 - このタブはスキャン中 に脅 威 が検 出 された場 合 にのみ表 示 され、その脅 威 に関 する詳
細 情 報 を提 供 します。
低 い重 要 度 : 情 報 または警 告 で、本 物 の脅 威 ではありません。通 常 はマクロを含
むドキュメント、パスワードで保 護 されたドキュメントやアーカイブ、ロックされたファイルな
ど。
中 程 度 の重 要 度 : 通 常 は PUP (アドウェアなど、潜 在 的 に望 ましくないプログラ
ム) または tracking cookie。
高 い重 要 度 : ウイルス、トロイの木 馬 、エクスプロイトなどの深 刻 な脅 威 。さらに、
ヒューリスティックによる検 出 方 法 によって検 出 されたオブジェクト (つまり、ウイルス データベ
ースにまだ記 載 されていない脅 威 ) も挙 げられます。
134
12. AVG File Shredder
AVG File Shredderは、完 全 に安 全 な方 法 でファイルを削 除 するように設 計 されており、復 元 のための
ソフトウェアツールを使 用 してもまったく復 元 不 可 能 です。
ファイルまたはフォルダを破 棄 するには、ファイルマネージャー(Windows Explorer、Total Commander な
ど)を右 クリックし、AVGで永 久 に破 棄 を選 択 します。ごみ箱 にあるファイルも破 棄 することができます。
特 定 の場 所 にある特 定 のファイル(CD ROMなど)が確 実 に破 棄 できない場 合 、通 知 が表 示 される
か、またはコンテキストメニューのオプションが使 用 可 能 な状 態 になりません。
ご注 意 ください : 破 棄 すると、ファイルは永 久 に消 滅 します。
135
13. ウイルス隔離室
ウイルス隔 離 室 は、AVGスキャン中 に検 出 された不 審 なオブジェクトまたは感 染 したオブジェクトを管
理 する安 全 な環 境 です。スキャン中 に感 染 したオブジェクトが検 出 され、AVG で自 動 的 に修 復 できな
い場 合 、この不 審 なオブジェクトの処 理 方 法 を決 定 するための画 面 が表 示 されます。推 奨 される解 決
方 法 は、このオブジェクトをウイルス隔 離 室 に移 動 することです。ウイルス隔 離 室 の主 な目 的 は、削
除 されたファイルを一 定 期 間 保 存 しておき、そのファイルが元 の場 所 で必 要 がないものであることを確 認
できるようにすることです。ファイルが存 在 しないことによって問 題 が発 生 する場 合 は、問 題 のファイルを
分 析 に送 信 したり、元 の場 所 に復 元 したりできます。
ウイルス隔 離 室 インターフェースが別 ウィンドウで開 き、隔 離 された感 染 オブジェクトに関 する情 報 の概
要 が表 示 されます。
追 加 日 - 疑 わしいファイルが検 出 され、ウイルス隔 離 室 に移 動 された日 時 を表 示 します。
重 大 度 - に含 まれるID コンポーネントAVG Internet Security 2014をインストールする場 合 、
問 題 なし (緑 色 の3点 ) から非 常 に危 険 (赤 色 の3点 ) までの 4 レベルの検 出 重 大 度 がグラ
フィカルにこのセクションに表 示 されます。感 染 タイプ情 報 (感 染 レベルに基 づいて、リストに表
示 されているすべてのオブジェクトは実 際 に感 染 しているか感 染 の可 能 性 があります)
脅 威 の名 前 - オンラインのウイルス百 科 事 典 に従 って、検 出 された感 染 名 を表 示 します。
ソース - AVG Internet Security 2014のどのコンポーネントが各 脅 威 を検 出 したかを特 定 しま
す。
メッセージ - 場 合 によっては、検 出 された各 脅 威 に関 する詳 細 コメントをこの欄 にメモとして
表 示 することがあります。
コントロール ボタン
136
ウイルス隔 離 室 インターフェースでは次 のコントロール ボタンが利 用 できます。
復 元 - 感 染 ファイルをディスク上 の元 の場 所 に復 元 します。
場 所 を指 定 して復 元 - 感 染 したファイルを選 択 したフォルダに移 動 します。
詳 細 - ウイルス隔 離 室 に隔 離 された特 定 の脅 威 に関 する詳 細 情 報 については、リスト内
の選 択 した項 目 をハイライトし、[詳 細 ] ボタンをクリックすると、新 しいダイアログが開 いて検 出
された脅 威 の説 明 が表 示 されます。
削 除 - 感 染 ファイルをウイルス隔 離 室 から完 全 に削 除 します。元 に戻 すことはできません。
空 にする - すべてのウイルス隔 離 室 内 のファイルを 完 全 に削 除 します。ウイルス隔 離 室 か
ら削 除 するとファイルはディスクから削 除 されるため、元 に戻 すことはできません (ごみ箱 には移
動 されません)。
137
14. 履歴
[履 歴 ] セクションには、過 去 のすべてのイベント (たとえばアップデート、スキャン、検 出 、その他 ) に加
え、これらのイベントに関 するレポートが含 まれます。このセクションは、メイン ユーザー インターフェースの
[オプション / 履 歴 ] の項 目 からアクセスできます。さらに、すべてのイベントが記 録 された履 歴 は、次 の
部 分 に分 けられます。
スキャン結 果
常 駐 シールド検 出
メール保 護 の検 出
オンライン シールド検 出
イベント履 歴 ログ
ファイアウォールログ
14.1. スキャン結果
スキャン結 果 の概 要 ダイアログには、AVG Internet Security 2014 メイン ウィンドウの上 の行 にある
ナビゲーションの [オプション / 履 歴 / スキャン結 果 ] メニュー 項 目 からアクセスできます。ダイアログに
は、以 前 実 行 されたすべてのスキャンと結 果 情 報 のリストが表 示 されます。
名 前 - スキャン指 定 。予 め定 義 されたスキャンの名 前 あるいは、自 分 のスケジュール済 のス
キャンに付 けられた名 前 です。各 名 前 には、スキャン結 果 を示 すアイコンが表 示 されます。
- 緑 のアイコンはスキャン中 に感 染 が検 出 されなかったことを示 します。
- 青 のアイコンは、スキャン中 に感 染 があり、感 染 したオブジェクトは自 動 的 に除 去
138
されたことを知 らせています。
- 赤 のアイコンは、スキャン中 に感 染 が検 出 され、それを除 去 できなかったことを警
告 しています。
各 アイコンは完 全 な形 、または半 分 のアイコンで表 示 されます。完 全 な形 のアイコン
は正 常 終 了 したスキャンを示 しています。半 分 になったアイコンはスキャンがキャンセル
されたか中 断 されたことを示 しています。
注 意 : 各 スキャンの詳 細 情 報 については、詳 細 を見 るボタン(ダイアログ下 部 )からア
クセス可 能 なスキャン結 果 ダイアログを参 照 してください。
開 始 時 間 - スキャンが実 行 された日 時
終 了 時 間 - スキャンが終 了 した日 時
スキャン済 オブジェクト - スキャンでチェックされたオブジェクトの数
感 染 - 検 出 /除 去 されたウイルス感 染 の数
高 / 中 - これらの項 目 は、重 要 度 が高 と中 のそれぞれについて、除 去 /検 出 された感 染 の合
計 数 を示 します
情 報 - スキャン過 程 と結 果 に関 する情 報 (一 般 的 には完 了 か中 断 かの情 報 )
ルートキット - 検 出 されたルートキット
コントロールボタン
スキャン結 果 概 要 ダイアログには、以 下 のコントロールボタンがあります。
詳 細 を見 る - クリックすると、[スキャン結 果 ] ダイアログに切 り替 わり、選 択 したスキャンの詳 細
データを表 示 します。
結 果 を削 除 - クリックすると、スキャン結 果 概 要 から選 択 したアイテムを削 除 します。
- AVG メイン ダイアログ (コンポーネント概 要 ) をデフォルトに戻 すには、このダイアログの左
上 端 にある矢 印 を使 います。
14.2. 常駐シールドの結果
常 駐 シールドサービスはコンピュータのコンポーネントの一 部 であり、ファイルがコピーされたり、開 かれ
たり、保 存 される時 にそのファイルをスキャンします。ウイルスや何 らかの種 類 の脅 威 が検 出 されると、以
下 のダイアログ経 由 で即 時 に警 告 が表 示 されます。
139
警 告 ダイアログでは、検 出 され感 染 と判 断 されたオブジェクトに関 する情 報 (脅 威 )、および認 められた
感 染 の事 実 的 な説 明 (説 明 ) が表 示 されます。詳 細 を表 示 リンクをクリックすると、オンライン ウイルス
エンサイクロペディアに移 動 します。ここでは、既 知 のウイルスであれば、検 出 された感 染 の詳 細 な情 報
を調 べることができます。ダイアログでは、検 出 された脅 威 の対 処 方 法 について、可 能 な解 決 策 の概
要 を参 照 することもできます。その他 の選 択 肢 としては [保 護 してください (推 奨 )] が推 奨 として表
示 されます。可 能 な限 り、常 にこのオプションに設 定 しておくことをお勧 めします。
注 意 : 検 出 されたオブジェクトのサイズがウイルス隔 離 室 の空 き領 域 上 限 を超 えている場 合 がありま
す。この場 合 、感 染 したオブジェクトをウイルス隔 離 室 に移 動 しようとすると、この問 題 を通 知 する警 告
メッセージがポップアップ表 示 されます。ただし、ウイルス隔 離 室 のサイズは変 更 することができます。ウイ
ルス隔 離 室 のサイズは、ハードディスクの実 際 のサイズに対 する調 整 可 能 な割 合 として定 義 されます。
ウイルス隔 離 室 のサイズを増 やすには、[AVG 高 度 な設 定 ] の [ウイルス隔 離 室 サイズの上 限 ] オプショ
ンを使 用 して [ウイルス隔 離 室 ] ダイアログに移 動 します。
ダイアログの下 部 には [詳 細 を表 示 する] リンクがあります。このリンクをクリックすると、新 しいウィンドウ
が開 き、感 染 の検 出 時 に実 行 していたプロセスに関 する詳 細 情 報 およびプロセス ID が表 示 されます。
常 駐 シールド検 出 のすべてのリストが常 駐 シールド検 出 ダイアログ内 の概 要 に表 示 されます。このダ
イアログには、AVG Internet Security 2014メイン ウィンドウの上 の行 にあるナビゲーションの [オプショ
ン / 履 歴 / 常 駐 シールド検 出 ] メニュー項 目 からアクセスできます。ダイアログには、常 駐 シールドが
危 険 と見 なして検 出 し、修 復 あるいはウイルス隔 離 室 に移 動 したオブジェクトの概 要 が表 示 されます。
140
検 出 された各 オブジェクトについて、以 下 の情 報 が提 供 されます。
脅 威 の名 前 - 検 出 されたオブジェクトの説 明 (場 合 によっては名 前 ) およびその場 所
結 果 - 検 出 されたオブジェクトで実 行 されたアクション
検 出 時 刻 - 脅 威 が検 出 された日 時
オブジェクトタイプ - 検 出 されたオブジェクトの種 類
プロセス - 検 出 ができるように、潜 在 的 に危 険 なオブジェクトを呼 び出 すために実 行 されたア
クション
コントロール ボタン
更 新 - オンライン シールド
エクスポート - 検 出 されたオブジェクトの完 全 なリストをファイルにエクスポートします。
選 択 して削 除 - リスト内 で選 択 した項 目 をハイライトした後 にこのボタンをクリックすると、選
択 した項 目 が削 除 されます。
すべての脅 威 を削 除 - このボタンをクリックすると、ダイアログのリストにあるすべての項 目 を削
除 します。
- AVG メイン ダイアログ (コンポーネント概 要 ) をデフォルトに戻 すには、 このダイアログの
左 上 端 にある矢 印 を使 います。
141
14.3. Identity Protection の結果
Identity Protection の結 果 ダイアログには、AVG Internet Security 2014 メインウィンドウの上 にある
ナビゲーションのオプション / 履 歴 / Identity Protection の結 果 メニューからアクセスできます。
このダイアログには、Identity Protection コンポーネントによって検 出 された結 果 がすべて一 覧 で表 示 さ
れます。検 出 された各 オブジェクトについて、以 下 の情 報 が提 供 されます。
脅 威 の名 前 - 検 出 されたオブジェクトの説 明 (場 合 によっては名 前 ) およびそのソース
結 果 - 検 出 されたオブジェクトで実 行 されたアクション
検 出 時 刻 - 不 審 なオブジェクトが検 出 された日 時
オブジェクトタイプ - 検 出 されたオブジェクトの種 類
プロセス - 検 出 ができるように、潜 在 的 に危 険 なオブジェクトを呼 び出 すために実 行 されたア
クション
ダイアログの下 部 には、リストの下 に上 記 でリストされた検 出 オブジェクトの総 数 に関 する情 報 が表 示 さ
れます。さらに、検 出 オブジェクトの完 全 なリストをファイルにエクスポート (リストをファイルにエクスポー
ト)し、検 出 オブジェクトのすべてのエントリを削 除 (リストを空 にする)ことができます。
コントロール ボタン
Identity Protection Results インターフェイスで利 用 できるコントロールボタンは次 の通 りです。
リストを更 新 - 検 出 された脅 威 のリストの更 新
- AVG メイン ダイアログ (コンポーネント概 要 ) をデフォルトに戻 すには、このダイアログの左
上 端 にある矢 印 を使 います。
142
14.4. メール保護の結果
メール保 護 の検 出 ダイアログには、AVG Internet Security 2014 メインウィンドウの上 にあるナビゲー
ションのオプション / 履 歴 / メール保 護 の検 出 メニューからアクセスできます。
このダイアログには、メールスキャナコンポーネントによって検 出 された結 果 がすべて一 覧 で表 示 されま
す。検 出 された各 オブジェクトについて、以 下 の情 報 が提 供 されます。
検 出 名 - 検 出 されたオブジェクトの説 明 (場 合 によっては名 前 ) およびそのソース
結 果 - 検 出 されたオブジェクトで実 行 されたアクション
検 出 時 刻 - 不 審 なオブジェクトが検 出 された日 時
オブジェクトタイプ - 検 出 されたオブジェクトの種 類
プロセス - 検 出 ができるように、潜 在 的 に危 険 なオブジェクトを呼 び出 すために実 行 されたア
クション
ダイアログの下 部 には、リストの下 に上 記 でリストされた検 出 オブジェクトの総 数 に関 する情 報 が表 示 さ
れます。さらに、検 出 オブジェクトの完 全 なリストをファイルにエクスポート (リストをファイルにエクスポー
ト)し、検 出 オブジェクトのすべてのエントリを削 除 (リストを空 にする)ことができます。
コントロール ボタン
メールスキャナ検 出 インターフェースで利 用 できるコントロールボタンは以 下 の通 りです。
リストを更 新 - 検 出 された脅 威 のリストの更 新
- AVG メイン ダイアログ (コンポーネント概 要 ) をデフォルトに戻 すには、このダイアログの左
上 端 にある矢 印 を使 います。
143
14.5. オンラインシールドの結果
オンライン シールドは ウェブブラウザに表 示 され、コンピュータにダウンロードされる前 に、ウェブページの
内 容 およびそこに含 まれる可 能 性 のあるファイルをスキャンします。脅 威 が検 出 されると、次 のダイアログ
で即 時 に警 告 が表 示 されます。
警 告 ダイアログでは、検 出 され感 染 と判 断 されたオブジェクトに関 する情 報 (脅 威 )、および認 められた
感 染 の事 実 的 な説 明 (オブジェクトの名 前 ) が表 示 されます。詳 細 リンクをクリックすると、オンライン ウ
イルス エンサイクロペディアに移 動 します。ここでは、既 知 のウイルスであれば、検 出 された感 染 の詳 細
な情 報 を調 べることができます。ダイアログには次 のコントロール エレメントがあります。
詳 細 を表 示 - リンクをクリックすると、新 しいポップアップ ウィンドウが開 き、感 染 が検 出 された
ときに実 行 中 であったプロセスの情 報 とプロセス ID が表 示 されます。
閉 じる - ボタンをクリックすると、警 告 ダイアログを閉 じます。
疑 わしいウェブページは開 かれません。また、脅 威 の検 出 は オンライン シールド検 出 結 果 のリストに
ログ出 力 されます。検 出 された脅 威 の概 要 には、AVG Internet Security 2014メイン ウィンドウの上
部 にある行 ナビゲーションの [オプション / 履 歴 / オンライン シールド検 出 結 果 ] メニュー項 目 からアク
セスできます。
144
検 出 された各 オブジェクトについて、以 下 の情 報 が提 供 されます。
脅 威 の名 前 - 検 出 されたオブジェクトの説 明 (場 合 によっては名 前 ) およびそのソース (ウェブ
ページ)
結 果 - 検 出 されたオブジェクトで実 行 されたアクション
検 出 時 刻 - 脅 威 が検 出 された日 時
オブジェクトタイプ - 検 出 されたオブジェクトの種 類
プロセス - 検 出 ができるように、潜 在 的 に危 険 なオブジェクトを呼 び出 すために実 行 されたア
クション
コントロール ボタン
更 新 - オンライン シールド
エクスポート - 検 出 オブジェクトの完 全 なリストをファイルにエクスポート
- AVG メイン ダイアログ (コンポーネント概 要 ) をデフォルトに戻 すには、このダイアログの左
上 端 にある矢 印 を使 います。
145
14.6. イベント履歴
イベント履 歴 ダイアログには、AVG Internet Security 2014メイン ウィンドウの上 のナビゲーションにあ
るオプション / 履 歴 / イベント履 歴 メニュー項 目 からアクセスできます。 このダイアログでは、AVG
Internet Security 2014動 作 中 に発 生 した重 要 なイベントの概 要 を確 認 できます。ダイアログでは次
のタイプのイベントの記 録 が表 示 されます。AVG アプリケーションのアップデートに関 する情 報 、スキャン
の開 始 、終 了 、停 止 に関 する情 報 (自 動 的 に実 行 されるテストを含 む)、ウイルス検 出 (常 駐 シールド
またはスキャンによる) に関 連 するイベント情 報 (発 生 場 所 など)、その他 の重 要 なイベント。
イベントごとに次 の情 報 が一 覧 表 示 されます。
イベント日 時 はイベントが発 生 した正 確 な日 付 と時 刻 です。
ユーザーはイベント発 生 時 にログインしていたユーザー名 を示 します。
ソースはイベントのトリガーとなったソース コンポーネントまたはその他 の AVG システムの一 部
に関 する情 報 です。
イベント説 明 は実 際 に発 生 したイベント内 容 の簡 単 な概 要 です。
コントロール ボタン
リスト更 新 - このボタンをクリックすると、イベント リストのすべてのエントリが更 新 されます。
閉 じる - このボタンをクリックすると、AVG Internet Security 2014メイン ウィンドウ
146
14.7. ファイアウォール ログ
このダイアログは高 度 な構 成 として用 意 されており、明 確 にその設 定 について知 っている場 合 を
除 いて、いずれの設 定 も変 更 しないことを推 奨 します!
ログ ダイアログでは、すべてのログに記 録 されたファイアウォール アクションとイベントのリストを確 認 する
ことができます。2 つのタブには関 連 するパラメータの詳 細 な説 明 が付 属 しています。
トラフィック ログ - このタブでは、ネットワークに接 続 しようとしたすべてのアプリケーションの活
動 に関 する情 報 を表 示 します。各 項 目 では、イベント時 刻 、アプリケーション名 、各 ログ アク
ション、ユーザー名 、PID、トラフィック方 向 、プロトコル タイプ、リモートおよびローカル ポート番
号 、リモートおよびローカル IP アドレスの情 報 などを見 ることができます。
信 頼 されたデータベース ログ - 信 頼 されたデータベースとは、常 にオンライン通 信 を許 可 でき
る認 証 され信 頼 されたアプリケーションに関 する情 報 を収 集 する AVG 内 部 データベースで
す。新 しいアプリケーションが初 めてネットワークに接 続 しようとするとき(つまり、まだこのアプリケ
ーションに指 定 されたファイアウォール ルールがない場 合 )、そのアプリケーションに対 してネット
ワーク通 信 を許 可 するかどうかを決 定 する必 要 があります。まず、AVG は信 頼 されたデータベ
ースを検 索 し、アプリケーションがリストにある場 合 は、自 動 的 にネットワークアクセスを付 与 し
ます。その後 に初 めて、データベースに利 用 できる情 報 がない場 合 、アプリケーションのネットワ
ーク アクセスを許 可 するかどうかを確 認 するスタンドアロン ダイアログが表 示 されます。
コントロール ボタン
リストを更 新 - すべてのログに記 録 されたパラメータは、各 属 性 によって時 系 列 (日 付 )ある
いはアルファベット順 (他 のカラム)等 でソート可 能 です。各 カラムヘッダーをクリックするだけで
す。[リスト更 新 ] ボタンを使 用 して、現 在 表 示 されている情 報 を更 新 します。
ログを削 除 - 表 のすべてのエントリを削 除 します。
147
15. AVG 更新
アップデートが定 期 的 に実 行 されていない場 合 、セキュリティソフトウェアは脅 威 からの保 護 を保 証 でき
ません。ウイルス作 成 者 はソフトウェアとオペレーティング システムの両 方 の欠 陥 を常 に探 して、それを利
用 しようとしています。新 しいウイルス、新 しいマルウェア、新 しいハッキング攻 撃 は日 々 出 現 していま
す。このため、ソフトウェア ベンダーはアップデートとセキュリティパッチを継 続 的 に発 行 し、発 見 されたセ
キュリティホールを修 正 しています。
あらゆるコンピュータの脅 威 が新 しく出 現 し、高 速 で拡 大 することを考 えると、AVG Internet Security
2014 を定 期 的 にアップデートすることは絶 対 に不 可 欠 です。最 善 の方 法 は、自 動 アップデートが設 定
されているプログラムの既 定 の設 定 に従 うことです。AVG Internet Security 2014 のウイルス データベー
スが最 新 でない場 合 、プログラムは最 新 の脅 威 を検 出 できません。
AVG を定 期 的 に更 新 することは非 常 に重 要 です。可 能 な限 り、ウイルス定 義 更 新 を毎 日 実
行 してください。緊 急 度 の低 いプログラム アップデートは週 次 で実 行 してもかまいません。
15.1. アップデートの実行
最 高 のセキュリティを実 現 するために、既 定 では、AVG Internet Security 2014 が 4 時 間 ごとに新 し
いウイルス データベースのアップデートを検 索 するようにスケジュール設 定 されています。AVG アップデー
トは固 定 のスケジュールではなく、新 しい脅 威 の量 と重 要 度 に応 じてリリースされるため、AVG ウイルス
データベースが常 に最 新 の状 態 であることを保 証 するためにはこのチェック機 能 が非 常 に重 要 です。
新 しいアップデート ファイルをただちに確 認 する場 合 は、メイン ユーザー インターフェースの [今 すぐアップ
デート] クイック リンクを使 用 します。このリンクはいつでもユーザーインターフェースダイアログから利 用 でき
ます。アップデートを開 始 すると、AVGはまず利 用 可 能 な新 しいアップデートファイルがあるかどうかを確
認 します。ある場 合 は、AVG Internet Security 2014 はダウンロードを開 始 し、アップデート処 理 を実
行 します。AVG システムトレイ アイコンのスライドダイアログ内 に、アップデート結 果 についての情 報 が表
示 されます。
アップデートの実 行 回 数 を減 らす場 合 は、独 自 のアップデート実 行 パラメータを設 定 できます。しかし、
1日 に少 なくとも1回 アップデートを実 施 されることが強 く推 奨 されます。設 定 は [高 度 な設 定 /スケ
ジュール] セクションで編 集 できます。具 体 的 には次 のダイアログが表 示 されます。
定 義 アップデート スケジュール
プログラム アップデート スケジュール
スパム対 策 アップデート スケジュール
15.2. アップデート レベル
AVG Internet Security 2014 では 2 つのアップデート レベルから選 択 できます。
定 義 更 新 には、信 頼 できるウイルス対 策 、スパム対 策 、およびマルウェア対 策 保 護 に必 要 な
変 更 が含 まれています。通 常 、コードの変 更 は含 まれす、定 義 データベースのみをアップデー
トします。このアップデートは、提 供 され次 第 、すぐに適 用 する必 要 があります。
プログラム アップデートには、様 々 なプログラム変 更 、修 正 、改 善 が含 まれます。
アップデートのスケジュールを作 成 するときには、両 方 のアップデート レベルのパラメータを定 義 できます。
148
定 義 アップデート スケジュール
プログラム アップデート スケジュール
注 意 :プログラムのアップデートとスケジュールスキャンが同 時 になった場 合 、アップデート処 理 が優 先 度
が高 く、スキャンは中 断 されます。そのような場 合 、コリジョンについての通 知 が行 われます。
149
16. FAQ およびテクニカル サポート
AVG Internet Security 2014アプリケーションに関 する販 売 や技 術 的 な問 題 がある場 合 は、さまざま
な方 法 でサポートを検 索 できます。次 のオプションから選 択 してください。
サポートを利 用 する: AVG アプリケーションから AVG ウェブサイト(http://www.avg.com/)の専
用 カスタマーサポートページを表 示 できます。ヘルプ / サポートを利 用 する メイン メニュー項
目 を選 択 すると、利 用 可 能 なサポート手 段 が掲 載 された AVG ウェブサイトに移 動 します。続
行 するには、Web ページの指 示 に従 ってください。
サポート (メイン メニューのリンク): AVG アプリケーション メニュー (メイン ユーザー インターフェー
スの上 ) の [サポート] リンクをクリックすると、新 しいダイアログが開 き、ヘルプの依 頼 に必 要 に
なる可 能 性 のあるあらゆる種 類 の情 報 が表 示 されます。このダイアログにはインストールされて
いる AVG プログラムに関 する基 本 データ (プログラム/データベース バージョン)、ライセンス詳 細
情 報 、クイック サポート リンクの一 覧 が表 示 されます。
ヘルプ ファイルのトラブルシューティング: 新 しいトラブルシューティング セクションは、AVG
Internet Security 2014に含 まれるヘルプファイルで直 接 使 用 可 能 です (ヘルプ ファイルを開 く
には、アプリケーションのダイアログで F1 キーを押 します)。このセクションには、ユーザーが技 術
的 な問 題 について専 門 家 のヘルプを検 索 するときに最 も多 く発 生 している状 況 の一 覧 が表
示 されます。現 在 発 生 している問 題 に最 も近 い状 況 を選 択 してクリックすると、問 題 の解 決
策 を示 す詳 細 手 順 が表 示 されます。
AVG Web サイトのサポート センター: AVG Web サイト (http://www.avg.com/) で問 題 の解
決 策 を検 索 することもできます。[サポート センター] セクションには、販 売 と技 術 的 な問 題 の
両 方 に対 応 するトピック グループの概 要 が構 造 化 された方 法 で表 示 されます。
よくある質 問 : AVG Web サイト (http://www.avg.com/) では、よくある質 問 という個 別 の構 造
化 されたセクションを検 索 することもできます。このセクションには、サポートセンター / FAQ お
よびチュートリアル メニューオプションからアクセスできます。また、すべての質 問 は販 売 、技
術 、ウイルスというカテゴリに分 かれて整 理 されています。
AVG ThreatLabs: AVG 関 連 の専 門 ウェブサイト (http://www.avgthreatlabs.com/websitesafety-reports/) であり、ウイルス問 題 に特 化 し、オンラインの脅 威 についての概 要 を提 供 しま
す。また、ウイルスやスパイウェアの駆 除 手 順 や脅 威 に対 する保 護 方 法 の提 案 も確 認 できま
す。
ディスカッション フォーラム: AVG ユーザーのディスカッション フォーラム (http://forums.avg.com)
も利 用 できます。
150
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
2 957 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content