close

Enter

Log in using OpenID

B型肝炎ワクチン接種による 抗体獲得効果の検討

embedDownload
B型肝炎ワクチン接種による
抗体獲得効果の検討
西條公勝、嶋貫久美子、渡部千恵子、西條元彦
医療法人社団城南会 西條クリニック鷹番 西條クリニック下馬
背景
透析患者のHBs抗原陽性率は男性2.12%、女性1.78%
(2007年末)であり、本邦の一般人口と比較すると依然高値
である。また近年若年層を中心にgenotype Aによる性交渉
に伴う感染が拡大している。
透析患者に対するB型肝炎ワクチン接種が推奨されている
が、HBs抗体獲得率が低いことが指摘されている。
目的
透析患者に対するB型肝炎ワクチン(以下HBワクチン)
接種によるHBs抗体獲得率、抗体獲得に影響を与える因
子、抗体維持期間を検討すること。
対象
当院および関連1施設でHBワクチンを接種し
効果判定をした106人
全患者
194人
HBs
HBs抗原もしくはHBs抗体陽性
HBs
34人
ワクチン接種拒否
36人
効果判定不能
8
8人
HBワクチン接種
106人
方法
組換え沈降B型肝炎ワクチン(ビームゲン®)10μgを3回
(0・1・6ヶ月後)皮下注射した。
HBs抗体(CLIA法)獲得の有無でresponder群とnon-responder
群に分類し、抗体獲得に影響を与えた因子を検討した。
また接種後最長3年間HBs抗体価を観察した。
HBワクチン接種
106人
responder
non-responder
患者背景
患者数 n(%)
男性 n(%)
年齢
糖尿病性腎症 n(%)
透析歴 (月)
BMI
Hb (g/dl)
Albumin (g/dl)
CRP (mg/dl)
HBc抗体陽性 n(%)
HCV抗体陽性 n(%)
responder
non-responder
p-value
47(44.3%)
36(76.6%)
71.6±12.3
15(31.9%)
82.6±71.5
21.5±3.2
10.7±1.8
3.64±0.40
0.33±0.57
10(21.3%)
1(2.1%)
59(55.7%)
32(54.2%)
73.5±12.4
25(42.4%)
90.7±77.6
21.1±3.8
10.8±1.0
3.50±0.33
0.50±1.05
2(3.4%)
4(6.8%)
0.017
0.416
0.201
0.583
0.501
0.665
0.047
0.323
0.004
0.262
エリスロポイエチン抵抗性
p=0.015
25
erythropoiesis resistance index
20
週当たりのエポエチン投与量(U/週)
週当たりのエポエチン投与量( 週)
透析後体重(
(g/dl)
)
透析後体重(kg)
体重( ) x Hb(
15
10
換算比
12.4
エポエチン:ダルベポエチン = 200:
:1
5
エポエチン:エポエチンベータペゴル(隔週
エポエチン:エポエチンベータペゴル 隔週)
隔週 = 120:1
7.5
0
responder
n=47
non-responder
n=59
HBs抗体価 接種1年後の推移
HBsAb
(mIU/ml)
n=42
HBsAb
(mIU/ml)
900
180
800
160
700
140
1年後HBsAb
HBsAb
600
500
400
300
120
100
80
60
200
40
100
20
0
ワクチン接種後
126.1±184.3
Y=0.1956x-3.5692
R2=0.7247
p<0.05
0
1年後
28.2±42.3
0
500
獲得したHBsAb
1000
(mIU/ml)
(mIU
HBワクチン再接種による免疫記憶効果
HBsAb (mIU/ml)
250
P=0.08
200
症例1
症例2
2
150
症例3
105.2
症例4
100
症例5
50
平均
15.2
0
初回接種
再接種
透析患者に対するHBワクチン 報告
年
発表者
国
接種量
(μg)
接種
回数
2010
小島寛司ら
(行橋クリニック)
日本
10
3
80.2
2010
山形ゆみ子ら
(市立島田市民病院)
日本
10
3
48.3
2010
興津亜紀ら
(城北共立クリニック)
日本
10
3
57
2013
竹内智子ら
(御上会野州病院)
日本
10
3~6
68
2012
Lin SY
台湾
40
4
0.1.2.6
Engerix-B®
70.5
40
4
0.1.2.6
Euvax B®
80.8
20
3
0.1.6
Euvax B®
92
2012
Ahmadi F et al
スケジュー
ル(月)
ワクチン
抗体獲得
率(%)
イラン
2013
Afsar B
トルコ
40
4
0.1.2.6
2014
Saran KA et al
サウジ
アラビア
40
4
0.1.2.6
Engerix-B®
89.6
2014
Ayub MA et al
ブラジル
40
4
0.1.2.6
Engerix-B®
59
78.4
まとめ
① HBワクチン10μg×3回皮下注射によるHBs抗体獲得率は44.3%
でありこれまでの報告と比較して低かった。
② responder群はnon-responder群よりも男性の割合が多く、HBc抗体
陽性の割合が多く、血清アルブミンが高値、ESA抵抗性が低かった。
③ 抗体維持率は1年後59.5%、3年後50%と低値であった。
④ 獲得したHBs抗体価が高いほど、1年後の抗体価は保たれていた。
⑤ HBワクチンを再接種すると免疫記憶効果により、初回接種より
HB
高いHBs抗体価を獲得出来た。
結語
透析患者に対するHBワクチン接種は、既存の接種回数・
投与量ではHBs抗体獲得率、維持率が低いため、接種方法
を見直す必要がある。
現在10μg×4回接種(0・1・2・6ヶ月後)での検討を行ってい
10μg 4
0 1 2 6
る。
日本透析医学会
COI開示
筆頭発表者名:西條公勝
演題発表に関連し、開示すべきCO
I 関係にある
演題発表に関連し、開示すべき
企業などはありません。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
4 970 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content