close

Enter

Log in using OpenID

ATM インターフェイスでのネットワーク管理の実装

embedDownload
ATM インターフェイスでのネットワーク管理の実装
目次
概要
前提条件
要件
使用するコンポーネント
表記法
インターフェイスの統計情報
層ごとのオクテットとパケット数
ATM サブインターフェイスごとのオクテットとパケットの数
ATM VC ごとのオクテットとパケットの数
SNMP トラップ
ATMインターフェイスのためのMIB
関連情報
概要
このドキュメントでは、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)を使用して ATM インターフェイスのネットワーク管理データ
を収集する方法について説明します。 このドキュメントは、特に Cisco ルータ ATM インターフェイスに重点を置いています。
前提条件
要件
このドキュメントに関する固有の要件はありません。
使用するコンポーネント
このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。
表記法
ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。
インターフェイスの統計情報
ATM は、3 層のスタックで構成されています。 SONET または T1 のような ATMアダプテーション・レイヤ (AAL)、ATM層および
物理層。 各層では、それぞれ少しづつ異なる方法でパケットとオクテットをカウントしています。 同様に、ATMインターフェイ
スはこれらのエントリとの ifTable の複数回を、現われます:
SONET のような物理層、
ATMセル 層
AAL5 層
サブインターフェイス(Cisco IOSソフトウェア レベルによって)
これらのマルチプルレイヤを説明する ifTable データの例はここにあります:
# snmpwalk -c public 192.168.1.1 ifDescr
IF-MIB::ifDescr.1 = STRING: ATM0
IF-MIB::ifDescr.2 = STRING: Ethernet0
IF-MIB::ifDescr.3 = STRING: ATM0-atm layer
IF-MIB::ifDescr.4 = STRING: ATM0.0-atm subif
IF-MIB::ifDescr.5 = STRING: ATM0-aal5 layer
IF-MIB::ifDescr.6 = STRING: ATM0.0-aal5 layer
IF-MIB::ifDescr.7 = STRING: Null0
IF-MIB::ifDescr.8 = STRING: ATM0.1-atm subif
IF-MIB::ifDescr.9 = STRING: ATM0.1-aal5 layer
IF-MIB::ifDescr.10 = STRING: ATM0.11-atm subif
IF-MIB::ifDescr.11 = STRING: ATM0.11-aal5 layer
# snmpwalk -c public 192.168.1.1 ifType
IF-MIB::ifType.1 = INTEGER: sonet(39)
IF-MIB::ifType.2 = INTEGER: ethernetCsmacd(6)
IF-MIB::ifType.3 = INTEGER: atm(37)
IF-MIB::ifType.4 = INTEGER: atmSubInterface(134)
IF-MIB::ifType.5 = INTEGER: aal5(49)
IF-MIB::ifType.6 = INTEGER: aal5(49)
IF-MIB::ifType.7 = INTEGER: other(1)
IF-MIB::ifType.8 = INTEGER: atmSubInterface(134)
IF-MIB::ifType.9 = INTEGER: aal5(49)
IF-MIB::ifType.10 = INTEGER: atmSubInterface(134)
IF-MIB::ifType.11 = INTEGER: aal5(49)
SNMP カウンターを参照して下さい: SNMP カウンターの FAQ 詳細については。
層ごとのオクテットとパケット数
AAL5 プロトコル・データ・ユニット (PDU)は含んでいます:
8 バイト RFC 1483 カプセル化ヘッダー
オリジナル レイヤ3 パケット
可変長パッディング
8 バイトの AAL5 トレーラ
可変長パッディングが 48 バイトの合計 AAL5 PDU サイズに倍数をするのに使用されています。 AAL5 層のオクテットはオリジナ
ル レイヤ3 パケットのバイトおよび 8 バイトだけの RFC1483 ヘッダ数えます。 パケットはこのレベルで AAL5 PDU の数を数え
ます。 show atm vc および show interface atm Command Line Interface (CLI)カウンターを使用するか、または AAL5 層 情
報をこの出力を見るために検知 するのに SNMP を使用して下さい:
# snmpwalk -c public 192.168.1.1 ifDescr | grep aal5
IF-MIB::ifDescr.5 = STRING: ATM0-aal5 layer
IF-MIB::ifDescr.6 = STRING: ATM0.0-aal5 layer
IF-MIB::ifDescr.9 = STRING: ATM0.1-aal5 layer
IF-MIB::ifDescr.11 = STRING: ATM0.11-aal5 layer
AAL5 PDU は複数の 48 バイト ブロックに更にセグメント化され、ATM層で 53 バイト ATMセルを形成するためにそれから各ブロ
ックは 5バイト セルヘッダーを与えられます。
Cisco キャンパスATM スイッチで、ATM層のオクテットはパケットはセルの数を数えるが、ATMセルの総バイト数を数えます。
Ciscoルータで、ATM セル層 SNMP カウンターはほとんどの ATM インターフェイスのドライバの制限が理由で維持されません。
ルータの ATM サブインターフェイスのための ATMセル 層はこの制限を受継ぎます。 詳細についてはセル カウンタで、ATM PVC
の利用を測定することを参照して下さい。
物理層で(と、たとえば、SONET か T1)、メインインターフェイスのための SNMP カウンターはまだ AAL5 PDU を、同じ次 show
interface atm コマンド出力表します。 この場合、これらは ifTable/ifXTable カウンターのためのです:
#snmpwalk -c public 192.168.1.1 ifDescr.1
IF-MIB::ifDescr.1 = STRING: ATM0
#snmpwalk -c public 192.168.1.1 ifType.1
IF-MIB::ifType.1 = INTEGER: sonet(39)
非ユニキャストに、ブロードキャストおよびマルチキャスト・ パケット カウンターに SONET および AAL5 層で意味がありませ
ん; それらは 0 に現在または一定ではないです。
物理層(SONET や T1 など)では、ifTable や ifXTable を使用してオクテットやパケットの数を得ることができます。
ATM サブインターフェイスごとのオクテットとパケットの数
ATM、フレーム リレーおよびバーチャルLAN (VLAN)のようなテクノロジーはインターフェイスの異なる型をもたらしました: 仮
想インターフェイス、かサブインターフェイス。 たとえば ATM インターフェイスの場合、複数の permanent virtual
circuit(PVC; 相手先固定回線)を持つことができます。 主インターフェイス全体の使用率は重要ですが、個々のサブインター
フェイスでのトラフィックの量にも注目する必要があります。 RFC 1573 (RFC 2233 によって置き換えられる以降
)はサブイ
ンターフェイスのための疎テーブルの概念を導入しました。 スパース テーブルとは、サブインターフェイス用の ifTable の行
で、オブジェクトがそのサブインターフェイスに割り当てられていない列には値がない場合があることを意味しています。
リリース 11.1 の ifTable のサブインターフェイスのための Cisco IOSソフトウェア 設定された サポート。 フレーム リレー
および ATM LANエミュレーション(LANE)サブインターフェイス サポートは Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.1 に追加さ
れました。 その他の ATM サブインターフェイスのサポートは、Cisco 12000、4x00/M、72xx、および 75xx プラットフォーム用
に 12.0(1)T で追加されました。 各サブインターフェイスは、2 つの ifTable エントリで表されます。 atmSubInterface 層
(ATM層)のための 1 つおよび AAL5 層のための 1。 メインインターフェイスに関しては、ほとんどの ATMルータ インターフェ
イスがセル層数をサポートしないので、パケットおよびオクテット・ カウンタは AAL5 層 エンティティにだけ利用できます。
ifType atmSubInterface (インターネットアドレス管理機構[IANA] ifType 数は ATM サブインターフェイスのために = 134)定
義されます。 atmSubinterface 層は仮想 ATM 層です。 atmSubInterface 層に対応するインターフェイスMIB 変数に主要な(物
理的 な)インターフェイスの ATM層のそれらと同じセマンティクスがあります。
これらの準拠グループは atmSubInterface 層に適用します:
ifGeneralInformationGroup
ifFixedLengthGroup
ifHCFixedLengthGroup
これらの変数の値は atmSubInterface および AAL5 両方のために ATM サブインターフェイスが作成されるとき層設定 されます:
ifIndex
ifDescr
ifName
ifType
これらの変数の値は atmSubInterface および AAL5 層のために全く同じにアップデートされます:
ifHighSpeed ifSpeed これらの変数は ATM サブインターフェイスで設定される帯域幅を使用して SNMP GET 要求の間に更新
済です。 サブインターフェイスで設定される別途の帯域幅がない場合メインインターフェイスの帯域幅は使われます。
ifPhysAddress NSAP アドレス削除の可能性を説明するために各 SNMP GET 要求の間にサブインターフェイスのためのネッ
トワーク・サービス・アクセス・ポイント(NSAP)アドレスと、アップデートされるこの変数 is is。
ifAdminStatus、ifOperStatus これらの変数はサブインターフェイスの管理ステータス と 動作ステータスを示し、値は
Cisco IOSソフトウェアおよびハードウェアインターフェイス 記述子ブロック(IDB)で利用可能 な状態から判別されます。
ifLastChange この変数は sysUpTime とサブインターフェイスが現在のオペレーショナル・ ステートを入力する時アップデ
ートされます。
これらの変数は現在のインターフェイスのドライバのセル層 の カウンタの欠如による atmSubInterface 層のために維持されま
せん:
ifInOctets、ifOutOctets
ifHCInOctets、ifHCOutOctets
カウンターは新しい ATMポート アダプタ(PA)のドライバがセル層 の カウンタを提供する場合設定されるかもしれません。
これらの変数は atmSubInterface 層のために ATM層で維持されないので維持されません:
ifInUcastPkts、ifInNUcastPkts
ifOutUcastPkts、ifOutNUcastPkts
ifInBroadcastPkts、ifOutBroadcastPkts
ifInMulticastPkts、ifOutMulticastPkts
ifInDiscards
ifHCInUcastPkts、ifHCInMulticastPkts、ifHCInBroadcastPkts、
ifHCOutUcastPkts、ifHCOutMulticastPkts、ifHCOutBroadcastPkts
これらの変数は per-VC ベースのこれらの統計情報を収集することはできないので atmSubInterface 層で更新済ではないです:
ifInErrors
ifOutErrors
ifInUnknownProtos
ifOutDiscards
ifOutQLen
これらの変数は ATM サブインターフェイスのための偽に接続されます:
ifPromiscuousMode
ifConnectorPresent
ATM VC ごとのオクテットとパケットの数
各 AAL5 VC のカウンターに関しては、CISCO-AAL5-MIB を使用し、ATM PVC の利用の詳細については測定を参照して下さい。
AAL5 VC が ATM サブインターフェイスで設定される唯一の VC である場合 SNMP によって ifTable でそのサブインターフェイス
のために AAL5-layer エントリを使用することによって/ifXTable それのための対応した AAL5 カウンターを得ることができま
す。 AAL5-layer サブインターフェイス カウンターの絶対値はこのサブインターフェイスで前もって設定され、削除されるか、
または取り替えられた以降だった VC のための状態を過ぎて表すかもしれません。 通常、これはあなたとして普通問題、計算の
使用差分(2 つのカウンター ポーリング間の違い)ではないです。
SNMP トラップ
ATM インターフェイスでは、MIB II で定義されているジェネリックの link up と down トラップをサポートしています。 この
出力例は ATM (IMA)ネットワークモジュール上の ATM 逆多重化でキャプチャ されました。 それはトラップのコンテンツを表
示する debug snmp packet コマンドを使用しました。
3640-1.1(config)# interface ATM 2/0
3640-1.1(config-if)# no shutdown
3640-1.1(config-if)#
*Mar 1 20:17:24.222: SNMP: Queuing packet to 171.69.102.73
*Mar 1 20:17:24.222: SNMP: V1 Trap, ent products.110,
addr 10.10.10.1, gentrap 3, spectrap 0
!--- The gentrap value "3" identifies the LinkUp generic trap.
ifEntry.1.1 = 1
ifEntry.2.1 = ATM2/0
ifEntry.3.1 = 18
lifEntry.20.1 = up
*Mar 1 20:17:24.290: SNMP: Queuing packet to 171.69.102.73
*Mar 1 20:17:24.290: SNMP: V1 Trap, ent ciscoSyslogMIB.2,
addr 10.10.10.1, gentrap 6, spectrap 1
clogHistoryEntry.2.49 = LINK
clogHistoryEntry.3.49 = 4
clogHistoryEntry.4.49 = UPDOWN
clogHistoryEntry.5.49 = Interface ATM2/0, changed state to up
clogHistoryEntry.6.49 = 7304420
ルータがトラップ PDU を送信 したことを確認する show snmp コマンドを発行して下さい。
3640-1.1# show snmp
Chassis: 10526647
55 SNMP packets input
0 Bad SNMP version errors
16 Unknown community name
0 Illegal operation for community name supplied
0 Encoding errors
37 Number of requested variables
0 Number of altered variables
2 Get-request PDUs
37 Get-next PDUs
0 Set-request PDUs
55 SNMP packets output
0 Too big errors (Maximum packet size 1500)
2 No such name errors
0 Bad values errors
0 General errors
39 Response PDUs
16 Trap PDUs
Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2 前に、debug snmp packet コマンドの出力は ATM サブインターフェイスの
locIfReason オブジェクトのための NO_SUCH_INSTANCE_EXCEPTION の値を表示したものです。 すなわち、ATM サブインターフェ
イスのために、この情報がデフォルトで含まれているルータはトラップを生成します:
sysUpTime.0 = 53181
snmpTrapOID.0 = snmpTraps.3
ifEntry.1.64 = 64
ifEntry.2.64 = ATM1/0.1-aal5 layer
ifEntry.3.64 = 49
ifEntry.20.64 = NO_SUCH_INSTANCE_EXCEPTION
この例外は OLD-CISCO-INTERFACES-MIB がサブインターフェイスをサポートしないので発生します。 Cisco バグ ID CSCdp41317
(登録ユーザのみ)は snmp-server trap link ietf コマンドによってこの問題を解決します。 この出力は今期待され、RFC
2233 に従います:
sysUpTime.0 = 46573
snmpTrapOID.0 = snmpTraps.4
ifEntry.1.64 = 64
ifEntry.7.64 = 1
ifEntry.8.64 = 1
ifEntry.2.64 = ATM1/0.1-aal5 layer
ifEntry.3.64 = 49
ATMインターフェイスのためのMIB
RFC 1695 は
ATM インターフェイス、ATM 仮想リンク、ATM 相互接続、AAL5 エンティティおよび AAL5 接続を管理するために
ATM および AAL5-related オブジェクトを提供する ATM-MIB を定義します。 MIB では、管理対象オブジェクトを次の 8 つのグ
ループに体系化しています。
ATMインターフェイス 設定
ATMインターフェイス DS3 PLCP
ATMインターフェイス TC サブレイヤー
ATMインターフェイス VPL 設定
ATMインターフェイス VCL 設定
ATM VP Cross Connect
ATM VC Cross Connect
ATMインターフェイス AAL5 VCC パフォーマンス統計情報
Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.2 およびそれ以降は既にルータの ATM インターフェイスで提供されるカウンターの多数に
標準 ATM-MIB 器械使用を提供します。 ATM-MIB はいくつかの SNMP 集合操作のサポートによってデバイスの ATM 設定を変更す
るためにいくつかの機能を提供します(SNMP の ATM 仮想接続の設定を詳細については
参照して下さい)。 この ATM-MIB
snmp 一定機能性は ATM インターフェイスが付いている Ciscoルータでサポートされません、Cisco ATM スイッチのためにそれを
使用できます。 今でもいくつかの制限があります。 たとえば、ATM-MIB は回線エミュレーション・サービス (CES) ポートア
ダプタのための擬似 ATM インターフェイス(ATM-P)への VC/VPs のクロス接続のためにサポートされません。
各製品によってサポートされる他の ATM 関連の MIB を見つけるために特定の ATM ポートアダプタまたはモジュールのための
Cisco IOS MIB ツール、またデータシートおよびコンフィギュレーション・ ガイド使用して下さい。
これは一般的に ルータでサポートされる ATM 関連の MIB のリストです:
ATM-MIB
CISCO-AAL5-MIB
CISCO-ATM-EXT-MIB
CISCO-ATM-PVCTRAP-EXTN-MIB
CISCO-BUS-MIB
CISCO-IETF-ATM2-PVCTRAP-MIB
CISCO-LEC-DATA-VCC-MIB
CISCO-LEC-EXT-MIB
CISCO-LECS-MIB
CISCO-LES-MIB
LAN-EMULATION-CLIENT-MIB
これは一般的に Cisco キャンパスATM スイッチでサポートされる ATM 関連の MIB のリストです:
ATM-MIB
ATM-RMON-MIB
ATM-SOFT-PVC-MIB
CISCO-ATM-ACCESS-LIST-MIB
CISCO-ATM-ADDR-MIB
CISCO-ATM-CONN-MIB
CISCO-ATM-IF-MIB
CISCO-ATM-IF-PHYS-MIB
CISCO-ATM-RM-MIB
CISCO-ATM-SERVICE-REGISTRY-MIB
CISCO-ATM-SIG-DIAG-MIB
CISCO-ATM-SWITCH-ADDR-MIB
CISCO-ATM-SWITCH-CUG-MIB
CISCO-ATM-SWITCH-FR-IWF-MIB
CISCO-ATM-SWITCH-FR-RM-MIB
CISCO-ATM-TRAFFIC-MIB
CISCO-ATM2-MIB
CISCO-BUS-MIB
CISCO-LEC-DATA-VCC-MIB
CISCO-LEC-EXT-MIB
CISCO-LECS-MIB
CISCO-LES-MIB
CISCO-OAM-MIB
CISCO-PNNI-MIB
CISCO-RHINO-MIB
IMA-MIB
LAN-EMULATION-CLIENT-MIB
PNNI MIB
さらに、MIB と、DS1-MIB、DS3-MIB および SONET-MIB のような物理メディアと関連していたと考えて下さい。
関連情報
SNMP を使用した帯域幅使用率の計算方法
ATM PVC の使用率の測定
SNMP の ATM 仮想接続の設定
トラブルシューティング テクニカルノーツ
1992 - 2014 Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
Updated: 2014 年 10 月 19 日
http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/100/1000/1000569_atm_netmngt.html
Document ID: 8602
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
171 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content