close

Enter

Log in using OpenID

CATV監視装置パンフレット

embedDownload
CATV 監視装置
1台でRFやTSの監視から映像音声の監視まで実現
関連コントローラとの連携で信頼性の高い自動切替が可能
特 長
● ヘッドエンドの最終出力を客観的に監視することにより、監視の信頼性を向上
● 1台でQAM・パススルー・FM・FSKなどCATVで使用されるほとんどの信号を監視可能
● RF状態だけでなく、復調TSの状態、映像(フリーズ/ブラック)、音声を監視可能
● ポーリングにより全チャンネルを1台で監視可能
● 特定のチャンネルを連続的に監視するモードを搭載
● 当社の関連コントローラと連携し、監視結果に連動した予備器切替えが可能
●
CATV 監視装置と各種ヘッドエンドとの連携
BSトラモジ、リマックス等
64QAM/ 256QAM
QAM
CATV
QAM予備
OFDMパススルー
OFDM
OFDM SP
地上デジタル
放送波
OFDM SP予備
地デジ自主放送
APC 等
ビデオ信号
ENC
ENC
MUX
ENC
伝送路へ
RMP
OFDM
RF
MIX
RF
DIV
光送信器
OFDM
地デジ自主放送予備
FMパススルー
FM
FM SP
FM 放送波
CATV 監視装置
FM SP予備
異常状態通知
設定・表示
FSK/ パイロット信号
CATV
各種制御信号
トラモジ
コントローラ
SP
コントローラ
MUX
コントローラ
監視
コントローラ
BSパススルー
BS-IF
BS SP
各ユニットへ
BS デジタル
放送波
伝送路へ
BS SP予備
広帯域 CS パススルー
広帯域 CS
デジタル放送波
CS SP
CS-IF
RF
MIX
RF
DIV
光送信器
CS SP予備
送出信号の客観的監視で「想定外の異常」も検出
これまでの予備器切替えシステムでは、ユニットが異常
るためには、送出信号を客観的に監視して異常状態を確
を検出し、切替えを行う仕組みでした。この方法ではユニッ
実に検出する必要があります。
トが想定している異常しか切替え対象とならず、
『 想定外
CATV監視装置は『想定外の異常』を客観的に監視し、
の異常』では切替えることができませんでした。
自発的に予備機に切替えを行う信頼性の高いシステム
このような『想定外の異常』での予備器切替えを実現す
です。
CATV 監視装置
CATV 監視装置のブロック図
パケット化
RF、TS、映像・音声状態など送出信号を監視
BSトラモジ、地デジトラモジ、
リマックスのQAM変調波、
CATV監視装置の外観
地デジパススルー、B Sパススルー、地デジ自主 放 送の
OFDM変調波、FM変調波、FSK信号、
さらに伝送路の調
整などに使用するパイロット信号の監視が可能です。
この装置1台でこれらの信号のRF状態(BERやMERな
ど)
と、その信号を復調したTSの監視、映像のフリーズとブ
ラックアウト、音声の状態も監視します。
※後面
周波数ポーリングで高効率・低コストで監視
CATV監視装置では、複数の周波数を順次監視する
ポーリングする周波数を効率的に振り分け、ポーリング周
ポーリングの方式を採用しています。同一の周波数に一巡
期を短縮することが可能です。
した時、前回監視した映像に変化がない場合、
フリーズや
また、CATV監視装置1台で全チャンネルを監視できる
ブラックアウトが発生していると判定します。
ので、設置スペースを抑えることも可能です。
CATV監視装置は、複数の監視部を搭載しているため、
CATV 監視装置 監視画面
静止画像表示(ポーリング毎に書き換わる)
1
2
3
4
5
6
7
8
監視対象階層表示(左部分)
サービス名 1
サービス名 2
サービス名 3
サービス名 4
サービス名 5
サービス名 6
サービス名 7
サービス名 1
サービス名 2
サービス名 3
サービス名 4
サービス名 5
サービス名 6
サービス名 7
サービス名 8
サービス名 9
サービス名 10
サービス名 11
サービス名 12
サービス名 13
サービス名 14
9
BSTM_ サービス名 1
BSTM_ サービス名 2
BSTM_ サービス名 3
BSTM_ サービス名 4
BSTM_ サービス名 5
TDTM_ サービス名 1
TDTM_ サービス名 2
TDTM_ サービス名 3
TDTM_ サービス名 4
TDTM_ サービス名 5
TDPT_ サービス名 3
TDPT_ サービス名 4
TDPT_ サービス名 5
放送休止中
TDPT_ サービス名 1
TDPT_ サービス名 2
フリーズ
RF 状態表示(左)
・TS 階層表示(右)
××× 放送
REMX_ サービス名 1
REMX_ サービス名 2
REMX_ サービス名 3
REMX_ サービス名 4
REMX_ サービス名 5
ブラックアウト
[ ○○○放送 ]
[ ×××放送 ]
画面イメージ
I ピクチャを活用し PC ソフトでデコード
M P E G のデジタル 放 送 映 像は、G O P( G r o u p O f
データとして送る方法よりもネットワークの負荷を軽くし、
Pictures)
単位毎に1フレームのIピクチャが含まれていま
送信する装置側回路も受信するアプリケーション側の処
す。これはフレーム間予測を用いずに符号化した静止画で
理も軽減することができます。
す。CATV監視装置はこのIピクチャを比較してフリーズお
IピクチャはPCのソフトウェアデコーダで容易にデコード
よびブラックアウトの判定を行います。
できるため、効率的な画像監視システムが実現できます。
Iピクチャだけを切り出して判定する方法は、TSを連続
主な仕様
監視対象入力
64QAM / OFDM / FM / FSK / パイロット信号
1ポート
BS / CS
1ポート
TSデータ出力
TS出力
1ポート
TS over IP 出力
1ポート
デスクランブル機能
B-CAS / C-CAS 対応CASカード
最大6枚
その他
Ethernet
10BASE-T / 100BASE-TX
1
保守用Console
RS232C
1
SDカード
TS保存用
1
※各商品の仕様・デザイン・価格等は予告無く変更することがあります。
本 社/〒247-8538 神奈川県鎌倉市岩瀬1285
TEL 0467
(44)
9111(代)FAX 0467(44)
6491
大阪 仙台 名古屋 広島 福岡
http://www.miharu.co.jp
2014年7月
M045B
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
1 012 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content