close

Enter

Log in using OpenID

da Vinci シリーズカニューラシール

embedDownload
**2015 年 01 月 13 日 (第 5 版 )
医 療 機 器 届 出 番 号 :13B1X10126000001
(新 記 載 要 領 に基 づく改 訂 )
*2014 年 09 月 01 日 (第 4 版 )
機 械 器 具 (49)医 療 用 穿 刺 器 、穿 削 器 及 び穿 孔 器
リデューサ(JMDN コード:70225000)
一般医療機器
da Vinci シリーズカニューラシール
再使用禁止
【警 告 】
2. 原 理
1.本 書 及 び「da Vinci サージカルシステム」(承 認 番 号 :
本 品 を併 用 する「da Vinci シリーズカニューラ」(届 出 番 号 :
22100BZX01049000)又 は「da Vinci Si サージカルシステム」(承 認
13B1X10126000002)に装 着 することで、内 視 鏡 処 置 具 等 の作 業 を
番 号 :22400BZX00387000)の添 付 文 書 及 び取 扱 説 明 書 をよく読
行 うための挿 入 口 を作 製 し、抜 去 時 の体 腔 からのガス漏 れを減 少 さ
み、完 全 に理 解 した上 で使 用 すること。[不 適 切 な使 用 により組 織
せ、体 腔 の気 密 性 を保 つ。
の損 傷 や機 器 の故 障 につながることを防 ぐため。]
【使 用 目 的 、効 能 又 は効 果 】
[併 用 医 療 機 器 ]
「da Vinci シリーズカニューラ」
1. 本 品 は、「da Vinci シリーズカニューラ」(届 出 番 号 :
(届 出 番 号 :13B1X10126000002)に取 り付 け、作 業 中 のガス漏 れを
13B1X10126000002)との併 用 時 のみ使 用 すること。
減 らし、体 腔 の気 密 性 を保 つ。
【使 用 方 法 等 】
【禁 忌 ・禁 止 】
1. 再 使 用 禁 止
1. 本 品 を使 用 する際 には、事 前 に本 品 と併 用 する機 器 の添 付 文 書
2. 再 滅 菌 禁 止
及 び取 扱 説 明 書 を熟 読 すること。
3. 低 侵 襲 的 技 術 が禁 忌 である場 合 は本 品 を使 用 しないこと。また、
本 品 を使 用 目 的 以 外 の目 的 で使 用 しないこと。
2. 使 用 方 法
(1)「da Vinci サージカルシステム」又 は「da Vinci Si サージカルシ
ステム」の添 付 文 書 及 び取 扱 説 明 書 に従 い、システムを準
【形 状 ・構 造 及 び原 理 等 】
備 する。
1. 本 品 には、以 下 の構 成 品 がある。
(1) 8mm カニューラシール
(2) 「da Vinci シリーズカニューラ」及 び腹 部 トロカール(胸 部 トロカ
ール)が適 切 に洗 浄 及 び滅 菌 されていること、異 常 がないこ
とを確 認 する。
(3) 「da Vinci シリーズカニューラ」の挿 入 口 に本 品 を無 菌 的 にし
っかりと装 着 する。
(4) 腹 部 トロカール(胸 部 トロカール)のシャフトを本 品 の挿 入 口 か
ら「da Vinci シリーズカニューラ」に完 全 に挿 入 し、腹 部 トロカ
ール(胸 部 トロカール)のラッチで固 定 する。(以 下 、「カニュ
ーラ組 立 品 」とする。)
(5) 一 般 的 な外 科 的 処 置 により穿 刺 部 位 の皮 膚 切 開 を行 い、
「カニューラ組 立 品 」を体 腔 に挿 入 した後 、腹 部 トロカール
(2) 8.5-13mm カニューラシール
(胸 部 トロカール)のみを抜 去 して作 業 用 チャンネル(ポート)
を作 製 する
(6) 本 品 及 び「da Vinci シリーズカニューラ」を「da Vinci サージカル
システム」のカニューラマウントに取り付ける。
(7) 「インストゥルメント」※を本 品 の挿 入 口 から「da Vinci シリーズ
カニューラ」に挿 入 し、使 用 する。
「インストゥルメント」※:「EndoWrist インストゥルメント」(承 認
番 号 :22100BZX01051000)、「EndoWrist モノポーラインスト
ゥルメント」(認 証 番 号 :22100BZX01050000)、「EndoWrist
バイポーラインストゥルメント」(認証番号:22100BZX01048000)
を指す。
** (3) 5mm カニューラシール
(8) 使 用 後 は、本 品 及 び「da Vinci シリーズカニューラ」を「da
①挿入口
Vinci サージカルシステム」又 は「da Vinci Si サージカルシス
テム」から取 り外 した後 、本 品 を「da Vinci シリーズカニュー
ラ」から取 り外 し廃 棄 する。
3. 使 用 方 法 等 に関 連 する使 用 上 の注 意
気 腹 時 の送 気 レベルを適 切 に保 つこと。
** (1) 本 カニューラシールの径 よりも外 径 が小 さいカニューラを通 してイ
ンストゥルメントを挿 入 しないこと。[ガスが漏 出 し、気 腹 圧 が低 下
** (4) EndoWrist ステープラー用 カニューラシール
するため。]
** (2) 気 腹 圧 を維 持 するにはカニューラシールが確 実 にカニューラに装
①挿入口
着 されていることを確 認 すること。
②キャップ
<確 実 な装 着 の確 認 方 法 >
8mm カニューラシールおよび EndoWrist ステープラー用 カニュ
ーラシール:
目 視 にてカニューラボウルに確 実 に装 着 されていることを確 認
すること。
1/2
P-001-01-05
5mm カニューラシール:
クリック音 で所 定 の位 置 に装 着 されたことを確 認 すること。
8.5‐13mm カニューラシール:
4 つすべてのタブがカニューラリップ上 にあることを確 認 するこ
と。
【使 用 上 の注 意 】
1. 重 要 な基 本 的 注 意
(1) 本 品 を使 用 目 的 以 外 の目 的 で使 用 しないこと。
(2) 本 書 及 び「da Vinci サージカルシステム」又 は「da Vinci Si サー
ジカルシステム」の添 付 文 書 及 び取 扱 説 明 に従 い、訓 練 を受
けた医 師 により、医 療 施 設 内 でのみ使 用 すること。
(3) 本 品 を使 用 する前 に必 ず、本 品 に亀 裂 、破 損 等 の異 常 がない
ことを確 認 すること。異 常 が認 められた場 合 には、本 品 を使 用
しないこと。
(4) 本 品 の保 管 場 所 については次 の事 項 に注 意 すること。
1) 清 潔 で乾 燥 した、換 気 のよい場 所 に保 管 すること。
2) 損 傷 又 は感 染 のリスクを防 ぐため、直 射 日 光 のあたる高 温 、
多 湿 な場 所 には保 管 しないこと。
3) 損 傷 又 は感 染 のリスクを防 ぐため、本 品 を X 線 、放 射 線 又 は
強 い電 波 にさらされる場 所 (マイクロ波 治 療 器 具 、短 波 治 療
器 具 、MRI、無 線 電 信 機 の付 近 等 )には保 管 しないこと。
**2. 不 具 合 ・有 害 事 象
(1) 重 大 な不 具 合
動作不良
破損
(2) 重 大 な有 害 事 象
気 腹 の漏 れ
【貯 蔵 ・保 管 方 法 及 び使 用 期 間 等 】
1. 貯 蔵 ・保 管 方 法
(1) 高 温 、多 湿 、直 射 日 光 を避 け、常 温 で保 管 すること。
(2) 清 潔 で乾 燥 した、換 気 の良 い場 所 に保 管 すること。
(3) 包 装 材 料 に傷 をつけたり、ピンホールを生 じさせたりしないように
取 り扱 うこと。
2. 使 用 期 限
(1) 本 品 の包 装 に記 載 されている「使 用 期 限 」までに使 用
すること。
(2) 製 品 の先 入 れ先 出 しを励 行 すること。
【包 装 】
1 個 /1 袋 (販 売 単 位 :10 袋 /1 箱 )
* 【主 要 文 献 及 び文 献 請 求 先 】
製 造 販 売 業 者 :インテュイティブサージカル合同会社
住 所 :東 京 都 港 区 赤 坂 一 丁 目 12 番 32 号
アーク森 ビル
電 話 :03-5575-1419
FAX:03-5575-1408
* 【製 造 販 売 業 者 及 び製 造 業 者 の氏 名 又 は名 称 及 び住 所 等 】
製 造 販 売 業 者 :インテュイティブサージカル合同会社
住 所 :東 京 都 港 区 赤 坂 一 丁 目 12 番 32 号
アーク森 ビル
電 話 :03-5575-1344
製 造 業 者 :INTUITIVE SURGICAL, INC
又は
Applied Medical Resources Corporation
国 名 :アメリカ合 衆 国
2/2
P-001-01-05
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
246 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content