close

Enter

Log in using OpenID

1 - さんぱち ボーイスカウト京都第38団

embedDownload
@~f!J1窃@(JJfIJ091患I~~岱
平 成 27年
寺之内幼稚園
時〉
〈日
〈場
3月
所〉
〈案件〉
1. 各 隊 活 動 報 告
[CSJ ・2
/
8T T 8
:
3
0∼ 1
2
:
3
0
[8S〕・ 2
/
1 雪中ハイク
1日(日)
午 後 7時半から
(¥
<
i
[
i
) 田中寺院2 奥
津みl
'
O
)
上京区役所など
9
:1
5∼ 1
6
:
0
0 (車輸送協力,.
{~~~J~9 ~~キ迄~fB~W!キ:宗弘平川フr-、干五時前I'll,,.,号干tL;/;;·
J:
山
R SJ ・
=与特~~ L .,_,__:~':., 手l~ ,__..i:p悼んラ
I
21ub
* ラ ウ ン ド テ ブJ
I
,全 体 会
'
ロ~~f
[サボト
事業]
主為i~~ ,,~~、句、μ 『山♂ρ
9
:
0
0∼
匹羽ヨ畏呂孟担 .
Bo
れ ι 専念立耐
.2
/
1
0 委員会
・2
/
2
2 安全セミナー講習会、連盟会議室
(参加ー谷口 L蒔田 LJ
ぷ~~/.1 下=~:x~~ぷ2「干習会一乗寺集会? ナ槻M百~~ e
r
:
;¥
'zk>
,
.
J
'[ セ フ テ ィ ー 1 ・
円
寺
L
’
←
が品判的事
委員会 1
9・: 3
0 ∼ 白 峯 神 宮 仇 凶 げ 手 屯J
.
.
'
f
1
. lli7'7''
地区登録 1
3
:
4
0∼ 浄 楽 会 館 ( 下 坂 、 藤 井 )
件
Lぅ ・
ゃ
れ
糾
,
,
,
, I
'
G
<
+
t
.
.
_
本地区委員会一 1
/
2
2、 2
/
1
9
*隊審査ー ・
1
/
3
1 (各隊長) 1
,
'
本団審査 ・
2
/
1
1 浄楽会館(中村団委員長)
句協[州司ヰ
−
,
・
、
)
/
1
4 1
9
:3
0∼ 錦 林 小 学 校
本団委員長懇談会, 2
[国際事業1 ・ 1
/
2
8
~[組織強化 1 ・ 2/22
宅
九
不革手
1
IT~ 三河→唱現ネ(
一
'
む
'
"
"
了
L
e
3
. 各隊活動予定
[CS]・ 2
/
8 T丁 :
目3
0∼ 1
2
:
3
0 上京区役所など
•4
/4∼/ 5 春 キ ャ ン ブ 「山国の家 j
[BS]・ 2
/
1 雪中ハイク
.3
/
2
7∼ 2
9 春 キ ャ ン ブ 「静原キャンブ場 J
[VSJ
[RS]
4. 地 区 ・ 連 盟 予 定
字4
干
己
[スカウ卜
事業]
I
i
'
(
} [t:t:
五
仁.
~"1L
[ ー テ−
(
・3
/
1
5 「茶道章技能章講習会 J 9
:1
5∼ キ ャ ン プ 指 月 林
.8
/
7∼ 9力 ブ ス カ ウ ト 大 舎 営 大 会 花背山の家(京都連盟 1
o
on
締約事)
/州恥島帥いち/寸倒防炉、川ザ為幸子
~J
'
r'.i-~~:.:~i~~給料酬はQ11かサポート手をヤ\寸
4
伽レ1
み
?
?
ふ1ふ円減E===~~ :
;(~L村吟
平均川崎もド向。_;f?.,"
i
f
i'
i
t
&
拍枯れ硲 叫
i
j,/<"/子~o ベ*地区委員会ブ刊住)仰~
%引叫品問∼
大
\t
.君
も
を ¥*団委員長懇談会ー 4/19 10:00∼ 錦 林 小 学 校
-~品川」
/
ハ叩否。旨みま告
/
0−
且
,{
¥p V 片
"-
l •
*京都連盟 1
0
0酢記念式典一 1
1/
1
平安神宮・岡崎公園・みや以内
科目豊田 1
0
0目崎訴事 ・
・
・
8
/
1
7∼ 2
3 イギリス・ロンドン派遣びり吟)
5. 団 活 動 予 定
論
"
'J
.~毛
6 その他
ヤ、円 4 砕
骨
F
l11
事T主→円相 U
特~ ,:;J~ 設問
ま験い時波宮
・23WSJ スウエ デ ン ス カ ウ ト 京 都 訪 問 に つ い て
−サンパチロゴの選定について
・今年のスカウトボシユウ活動について
.サンパチ団チーフについて
\目 J
口
︺
/ A
園田
幼州
3/22
稚暗
3/22
....、初『百1
ラ長 E
ヨ
"
"
'
き
寺ヰ
*次回団会議』
内出
之 47
7
. 今後の予定
2015/3/1(日) 38団 団会議・団委員会 合同
19:30-22:[email protected]
19団の田中 団委員長がご見学に来られました
3
J
寺別るみれち
38CS勝
勝集会活動記録
テーマ仕掛けられた爆弾
目標自ら考え判断し、決断する力を養う
場所:上京区内官公庁
参加指導者
蒔田
ニ谷
インストフクター 大谷
佐織
開 催 日 : 平 成27年 2月8日(日)
集合時間:午前8時 30分
解散時間:午後 12時 30分
南
中西
谷口
J
l
l悶
前川
辻
下 坂 楓 太 安井堀次期 川田涜斗
参加スカウト
使用備品
記入者:蒔田
隊旗救急箱
下坂凍
東皇汰
山本治永
安井
安田
梶山一郎
暗号文
不足物
購入品(円)
ヴログラム
午 前8時半より開会式
指示文を解読し、上京消防へ
上京消防にて消火器を用いた消化訓練を実施
1月から続くテーマということでありスカウトは熱心に
聞いていた
10時 15分ごろ上京消防を後にし、京都府庁(正門
南副長が府庁について説明
指ホ文より上京税務署を経由し上京区役所へ移動
11時より上京区役所見学。 4つのきづかいを学ぶ
屋上テラスや会議室も見せて日ただく。新しい庁舎
ド
帯
のため、スカウトもなかなか来ないところゆえに3
に興味を持っていた
午 後 12時中立売御門へ移動し閉会式
Y
.
ν I'
刊
を3
し
ト1'-I
ゃっト?犬山一
手-~件;ト川E域t主:己E匂卒申ドド汗ル,1,.-し4
:ト
屯
乍
型
’
5
切Z
汁
t
問
ι
R
宇
幸
-~~
.
l
i
。干~ l0
'
.
l
,寸
?ーツヤ斗白 1ユト
%
"
f
レ
チャレンジ賞愚’者
時ペ仏紙、 'J&IニE~ )
→
ユ 匂 tι向~~
f緑町、宮
集会中のけが a病 気
簡の位置
名前 1
状 況 a原因
連絡事項
・上京消防並びに上京区役所については、閉庁日にも関わらず、ご理解をいた
本集会の遂行にご協力いただきました。
個スカウトは話の聞き方が悪い傾向にある。( ex,長い話だと飽きたりする)
他の集会でも改良できる余地はある
11月集会で規律訓練を行ったが、忘れている傾向が強いため今後の集会で
を入れて取り組もうと考えている
四
、
f』
、4
1
7
f
pふ佳 _
1
_
。
わ
やづh づ"If 吃 1;海宣言いじ I~-(;、ρ
わがIf・ f斗が'/ !t"-~'tiも今 ι良《〉自白T
判所。 ふ診
;
L
斗
38団 BS隊 団 会 議 資 料
2
0
1
<活動報告>
・2月隊集会
2
/
1(
日
)9
:
1
5
∼1
650@峠下∼貴船口
・:
欠席スカウト藤井
リーダー小野、河合
v
s:津井、川田
車榎本さん、末吉さん、島村さん
優秀班:虎班
前日夜より市内でも雪が降り、かなりの雪の中の雪中ハイキングとなった。ハイキング
自体は大きなドラブルは無かったが、山の上では気温が低く、スカウ卜は寒がっていた。
昼食のカップ麺は現地で沸かすのではなく、ポットにお湯を入れて持って行った方が良か
ったかもしれない。前年と同じく、渡りにくい滝のポイン卜はザイルが必須。
Iし
各班とも新入スカウ卜の指導を積極的に行っていた点は評価できる。ただ、自分で/L
たゴミの片付けなどができていなかったこともあり、班長を通じて指導する必要がある。
班集会も全員が参加できていないようだ、った。全員が最低でも 1回は参加できるよう班
I
集会を充実させるE夫をトダ一間で話し合う必要がある。
pf;: 事~·l:'tt~t品みリー
111玉県弘 'Ji,~~、性ぃ
長嶋T丹も~ ''-;)づ、ず~'1,
守
杓
('
.
i
)
読む
l?}'I玉県 1-i~ 叶体れ1\r-r'i:)zj ニk.-~"" 皆いe
J
'
i!
−
訴
匂
?
r
rれ恥叫?学専弘
オペ刊ても干与 iユL1
φし
工 、白
ν
不
ぺf
t
¥
1
-l~t来
}
'
(
:
t長生モニれの花。
、
そT シ山台軒以しい品川 :r~る
0
1
机 J
i
'
l
l
b
1ニ
むノ
t
語
う~~晶玉
V円 L
事l-
?手そ夕刻印ぷt
<
1
#l刊
で
~
'
t
r
v
:
r
功
汁ウユャ民ふ1
件
ト
\
:
:
.
・立つM
事、悲しーいいげ
v
v
'
C
.
存
主 主主的(ぺ5
-}~ ;i: {-~v「砕いんて九 仰 い ニ 日j
\~おて乙-:-;仏ふ
撃ち刊毛おも
;
r
¥r
"
・
キ
主 サ白1
。針弘、自《 }
I
c
五九辺、指ぺ》
コ前\ ¥
1付
与 与
な 8:j=:{;.1.
・
v~l
"
し
そ
y
.山 以 下 幸 }f
~
/)AA
L
τ1
”
−?に吐デベ苛〉マペウバ
。
持
品
ミZ
P
吋い
'
(
ρ
f
J
口主主
l寸iベ芯詳しー
ロ
¥
)
む
ロ
品川
仏
IlJ
0
¥
'
.
'
.
.
.
=
f
為
' O
b
常時升もれ叱さ− :iミ
V う~~
f
z
仁村民?;'
~ゾバヤ
守内三・@恥!
ヤペシI
令ぷ悦,.
C:
i:
.
I
令1
-'i~v'?oT\ 引竹山号wし
i
l
詰京 ~~~比ホいし守脚ム
;
おくいご山z~:;~~~~み(
ふ〈
G
王者以b孝
弘E
平成 27 年 3 月
障集会翼蕗計盟書
当番組:
担当:
を
コ
作
ギ
る
リ
楽
等
し
を
さ
安
を
全
知
る
に
。扱える。協力して物
5 日(日) 活動毘標 ノ
7 年 3 月 1
平成 2
集会日
集会時間
スタッフ集合
集合場所
解散場所
活動場所
持ち物
時間
見本から寸法を湯川、設計図 i
」基づき
9 時 00 分 ∼ 12時 00分 活動概要 材木から草を作る。穴あけ等は大人が
f
’
1
'つ−。
8時 50分
うさぎ
:7工作
寺のうち 稚 園
しか
進歩
稚園
:7工作
寺のうち
くま
稚園
手
ャ
レ
ン
グ
章
:
3-4
工作博士 1
,
4
寺のうち
訓練異一式、軍手、水筒
番号 担当
8
:
5
0
9
:
0
0
内容
用意するもの
スタッフ集合
2
スカウト集合
3
開会セレモニー
1‘大輪カフコール
2 隊旗儀礼
a ソング『連盟歌』
3‘隊長の話(安全について)
9
:
4
5
∼
1
1:
15
4
作業の説明
1 設計図の完成
2
.材木の計測
3 材木切断
4 釘十T
ち
5
.穴あけ(リーダーが実施)
6
.キャスター取り付け
1
1乏O
∼
1
1
:
4
0
5
1 車で遊ぶ
自
関会セレモニー
1
.大輪
2悶表彰
3『隊長の話
4 ソング『光の道』
5
.隊旗儀礼
6
.仲良しの輸をして解散
9
:、00
∼
9
:
1
5
1
1
:
4
5
∼
1
1
:
5
5
組
三谷
安全チェックリスト
予想される危険
z作成時
ノコギリで手を切る
金槌で手を叩く
材木が体L当たる、足の上に落ちる
置いてある工異で怪我をする
−遊ぶ時
車から落ちる、壁l
-ぶつかる
隊旗
(
2
0分
)
章
対策、準備
軍手を片方(卒 木を持つ手I
::)はめる
軍手を片方(重 を持つ手I
::)はめる
材木を晶〈上 1ない、振り回さない
使わない工具の管理に注意する
両手i
』軍手をはめる、
錦 1
5毒襲撃力ブキャンプ重要額
ナ
マ
日場
韓
所
s%\'.fJPr~も ~63
ワ
醐霊ホテんの推理対決
2
0
1
5年4月4田(土)∼ 4月5自(自)
東北山園の家
3
1
1 京都市右京区東北小塩初 J
I口11-3
干60ト 0
電話番号 075-853-0124
集
£』
Cl
年4月4自
2015
9時4
5分
解 散
2
0
1
5年4月5日
リーダー連絡先
1
5時 3
0分
蒔田隊長連絡先 0
80-8343-6803
メ
ラt 下氏??
ハ
イ
スγづJ-/_j(B干
斗q
’二i乱川和やは、\};)~ti
均 ι:
p
ト判。
キャンブスケジューん
1日目
2日自
9
:
4
5
集合
寺のうち幼稚園
1
0
:
0
0
パス出発
1
1:
0
0
開会式
1
1:
1
5
プログラム①I\イキング
1
2
:
0
0
昼食
1
4
:
0
0 入所式
1
5
:
3
0
現集金
1
7
:
0
0 タ童
1
印 O
1
9
:
0
0
2
1
:
0
0
2
2
:
0
0
入浴
プログラム②夜間訓練
組 長 次長会議
E
消灯
6
:
3
0
7
:
0
0
7
:
3
0
8
:
0
0
8
:
4
5
9
:
3
0
1
2
:
0
0
1
3
:
0
0
1
3
:
3
0
1
4
:
0
0
'!~""fl守、科t 1
5
:
3
0
〔川大\fj市色萩官'~1三
i
起床
朝のつどい・散事
朝食準備
朝金
朝の点韓掴朝礼
プログラム③ロープワーク
昼食
閉会式準備
閉会式 出発式
パス乗車
解散
E
3
H27、
4、 カブ隊
一一一一主主将辺主筆査一一一_ Lfil:::lt~ι且吃量五基区五ヰE
4/'1(
土
)
∼ 4/5(
日
)
(一泊二日)
上宿泊費(小、中学校、 1,000円、高校生 L
,
f
i
O
O円、大人, 2
,
0
f
i
O円
)
1,000 円× 10~ =
1
0
,
0
0
0円
高校生
名一
1
,
5
0
0円 × 2
-
3
,
0
0
0円
大人(リゲ、育成会)
2
,
0
5
0円
×名
8-
1
6
,
4
0
0円
子供(スカウト)デンコ
チ(中学生)見学者(予目
ノ
ト
言
十
2
9
,
4
0
0円
I、食事関係、その他、費(担当者、育成会、野行)
4/4(土)(夕食)
4/5(日)(朝食)
3
0
,
0
0
0円
4/5(日)(昼食)
J
ノ\
言
十
3
0
,
0
0
0円
I、衛生備品、その他、雑費等
備品、会議用(スカウト、本部育成会)平らf)イit~
有料施設使用費等
1
0
,
0
0
0円
ストア守使用料、その他、有料施設等
ト隊プログラム、関係等
記念品、(材料、備品、他!)
'
1
,
0
0
0同
小言十
1
4
,
0
0
0円
I、交通関係費(往復)
送迎車問、荷物運搬車、その他
1
5
,
0
0
0円
(カソリン代、他)
判科 (:if弘知与し~~-!'.
隊長
日 泰麗
小計
1
5
,
0
0
0円
合計
8
8
,
4
0
0円
カブ隊夏のプログラムについて : 三谷一貴 副長
今年は、京都連盟100周年を記念して、花脊キャンプ場で
、カブ隊夏キャンプ大集会が行われる
□ 8月7日午後集合~8月9日午後解散
□ 38団カブ隊は参加する。4月中旬に京連に申請する
輸送は京都バスを計画しているが、38団は寺之内幼
稚園バスをお借りしたい
□ カブ隊の夏舎営・キャンプは、この大集会を充当
理由は、2つのキャンプの予算がないこと、
隊リーダーが、2つの土日を空けることが難しい
□ 河合敏晃 地区コミ
「京連のキャンプはお祭り的なので、隊舎営は本来別
に行うべき。 38団のカブ隊は夏舎営を年間プログラムの
集大成に位置づけていないので、絶対ではないが」
□ 中村団委員長
「隊として最低でも8月の隊集会は実施して欲しい。出
来れば、お泊まりの隊集会が望ましい」
38団 BS隊 団 会 議 資 料
2
山
1小野昌紀
f
c
h
ι
'弘
和E
<活動報告>
<今後の予定>
•
"
主 可
y
qも
守
会 J'/'/i¥-ilt\枠マβ
洲日)車いす駅伝奉仕
v作ゅ戸、予ユ− r
!f
シ
コ
ーf
t
'!ち/炉、長官
3
/
1
5
.
(日)茶道章講習会〔注工?イル専念ヒ注
申込スカウト
安井、藤井、辻、加藤、川勝、大和久
3
/
2
7(
金
)
∼ 29(
日
) 春キャンプ@百井青少年村キャンプ場
知1~7' fE~~
l
r
.
.
号
(
七Y
t
←
均
千
戎:JI
&
バ島、初手守山 Tン使レ、/有弘ユセ3
L
す"f<ニ ~-u 、下\fi'-' 1:'I\イ有ゾ7、γ1もう~がな
, 1
0
.
,
,
_
o
0'
t町 内
0
F
i
Y
r li~~ \午~~%弘
ち/引下
v
r
オ
判 lJJえる→
Vら
ユ
い
卜
も
@十要予防み生/
I
A1
£
;
;
1
7
0
l
予
混i
)~" おム 10- 七万 T :.,,.'jv.
河合敏晃 地区コミより「Parents & Leader Note プ
ロジェクト発表」の依頼
□ 日時
H27.4.4(土) 13:00-15:00
□ 場所 京都連盟
□ Parents & Leader Note プロジェクトの趣旨
・ リーダーが、各スカウトを評価
・ 各スカウトはその評価を保護者に見てもらう
・ 保護者から、感想などをリーダーに返す
この意思疎通を双方向に伝える事により、3者の育成
やコミュニケーションが深まる。 昨年より、京都連盟
で始めており、この4月4日に、各隊が集まり、ボーイ
隊・カブ隊など隊伍との取り組みを発表し合う。
□ ボーイ隊は、小野昌紀隊長または、島村悠吾副長に
発表してもらう
案は、リーダーが活動毎に、各スカウトの良い所を
メモし、全員分を保護者にお見せすることを考えてい
る。
□ カブ隊も、同様参加・発表を計画して欲しい
□ 団として取り組んでいることを示すために、団委員
の参加・発表もお願いしたい
中村団委員長→ 榎本副団委員長にお願いしたい → 榎本副団委員長「年度末の工事があれば難しいが、
まずは参加ということで了解」
SWEDEN 23WSJ 派遣団
2015/3/2
1. 派遣団
• リーダー・スカウト計 1,911 名
• 世界ジャンボリー参加前後に、京都観光予定
• 年齢 14歳〜17歳、 男⼥混成
• 班編制 9⼈ スカウト +1名 リーダー
• 全体派遣リーダー 4名
2. 予定訪問⽇と、⽇程
参考
京都ホームステイ
Sweden
その他イベント
• 23th July:
320
•
7/25-28
7/23
⽊
320
• 24th July: 480
イタリア 320⼈
•
8/8-10
7/24
⾦
480
• 25th July:
1180
イギリス 40⼈
7/25
⼟
1,180
• 26th July: 1180
7/26
⽇
1,180
• 27th July:
1180
7/27
1,180
• 23WS⽉ Jamboree
7/28(⽕)〜8/8(⼟) 中村団委員⻑より
7/28-8/8
• 今から時間が厳しいが、昨年から
• 9th August: 460 世界ジャンボリー
聞いている話であり、協⼒したい
8/7-9
花脊カブ隊夏キャンプ⼤集会
• 10th August: 460
• 7/25-6、8/8-9の⼟⽇などに、
8/9
⽇
460
38団が、交流会の機会を設けて
• 11th August: 460
あげ、地区・京都連盟に参加を
8/10
⽉
460
呼びかける。
• 12th August: 160
• 糺の森、学校、市役所などの施
8/11
⽕
460
• 13th August: 80
設を借りることも可能
8/12
⽔
160 BS隊キャンプ (久多)
• 別途、計画を⽴てる場を設けよう
• 14th August: 80
8/13
⽊
80
BS隊キャンプ
8/14
⾦
80
BS隊キャンプ 〜 8/16
• 河合地区コミ 「Venture個⼈
Project」として取り組むこともあ
る
3. スウェーデン派遣団からの要請
• 京都のスカウトに当観光に同⾏してもらい、交流したい
• 出来る範囲でいい
• 詳細プログラム(上記⽇程別観光先など)は、決まり次第連絡す
る
• 要望により、男⼥や年代を分けることも可能
Boy Scout Kyoto 38
1
SWEDEN 23WSJ 派遣団
2015/3/2
A1/2: The scouts will visit Kyoto both before and after the camp. The
numbers are preliminary but will show a good estimate of how many scouts
will be in Kyoto.
23th July: 320
24th July: 480
25th July: 1180
26th July: 1180
27th July: 1180
9th August: 460
10th August: 460
11th August: 460
12th August: 160
13th August: 80
14th August: 80
Q3: What ages, gender ?
参考
•
•
•
•
7/25-28 イタリア・ホームスティ 320⼈
8/8-10 イギリス ・ホームスティ 40⼈
8/7-9 京都カブ隊夏キャンプ⼤集会(花脊)
8/12-16 BS隊キャンプ (久多)
- So that we will invite the same sets of group.
A3: The ages will be 14-17 years old, mixed genders boys and girls patrols
of 9(+1 leader) and troops of 36(+4 leaders).
Comment: They will attend activities in groups of 9 scouts and 1 leader or
36 scouts and 4 leaders. We understand that everyone can not meet
Japanese scouts but if even 1 Swedish scout can meet 1 Japanese scout we
think that is a very good experience. Once our program is finished I will be
able to provide you with the exact dates and what activities will take place
on those dates, and if your scouts want to join they are welcome to. If you
wish, I can also include the ages of the scouts who belong to what troop, in
case everyone is 14 or everyone is 17 years old as well as the gender
balance (so that not a 17 year old girl for example visits the activity of 14year old boys or vice versa, it might be boring).
Boy Scout Kyoto 38
2
H27年度 募集活動など
過去⾒学者のフォローと
今年の参加型⾒学会
•
•
9/15 スカウトディ
12/23 お餅つき
2015/3/2
ホームページ年間維持費
•
•
1,300円
2015/2⽉ 更新済み
ホームページ改訂案
結論
• 新学期になったら、⼩1・⼩2の⼦供達が他の習い事や
スポーツを始める前に、⾒学受け⼊れのちらしを配る
• チラシ配布の予算は、丹⽻ 団会計のご了承済み
• 3/22 の団会議に、⼤薮がちらし案を持参し、プログラムとの
整合を図る
• 予定、⾒学参加⾏事
• 5/10 カブ隊集会 サイクリング
• 6/7 科学センター訪問
• 6/28 さんぱちクリーン作戦
• 下記、⾒学者には、カブ隊リーダーと、組織拡⼤の藤井綾⼦
団委員からも、保護者に参加をお誘いする
Boy Scout Kyoto 38
3
さんぱち ロゴ・チーフ
•
⽬的
2015/3/2
⽬的
• サンパチ活性のための、スカウト募集活動
⽤途
• スカウト募集ちらし
• 刊⾏物
• ホームページ
案が決まったら、プロのデザイナー(38団OB)に作り直してもらう
•
次ページのロゴ案を、カブ隊・ボーイ隊のスカウト
に選んでもらう
•
⼩野昌紀隊⻑・蒔⽥ カブ隊⻑に案を配り、各
隊集会などで、集める。
• 結果を、3/22の団会議にて全員で議論する
⼩野佳代⼦団委員より
•
ホームページ・募集ちらし・カブラリーなどで
使える団の⼩旗、ワッペン などに使えるとい
い
中村団委員⻑
•
•
•
団チーフをつくることも考えている。また38団
の機関誌など出版物にも使うので、複数のロゴ
があってもいい
Boy Scout Kyoto 38
4
さんぱちロゴ投票 ⽒名:
(A)
(E)
1ばん:
(B)
(C)
(F)
(H)
(L)
Boy Scout Kyoto 38
2ばん:
(D)
(O)
(G)
(I)
(J)
(M)
2015/3/2
(K)
(N)
5
ホームステイを
ホームステイ Q&A
引き受けた理由は何ですか?
Ql 言葉が心配で、す
簡単な言葉や身振り手緩りでも大丈夫です。いちば
ん楽しく遊んだのは言葉が出来ない小さな子と、もで
あったリしますので、あまり心配はいりません。必要
に応じて県連銀や地区の国際委員会、または地域の
国際交流協会などに相談するとともできます匂
経験者に聞きました
港型
02部屋の準備はど、うしたら良いで、しよう
特別に部屋を用意できなくても、 寝る場所が確保できれば大丈夫です。子ど
もと同じ部屋でも結構ですu子どもがリビングで寝て自分の部屋を提供する
などの工夫をしてもよいでしょう。またベッ ドが無くても、日本の生活習償と
して布団で就寝するととは貴重な体験の機会になりますロ
03おもてなしはどのようにすればよいでしょう
普段の食事を家族と楽しくすること、自分の子どものように家族として援す
るととが最大のおもてなしになリます。お客機として接するのではなく、自分
の子どもと同じように家族として接して下さい。気にしすぎ、神経質になりす
ぎ、世話をやきすぎないことがポイントです。
Q4観光地などへ連れて行がなければなりませんか
・国際交流の経験を得る事がで‘き、子と、もたちにとっても大変良い
刺激になると思ったから。
・海外の方と接するチャンスがないので是非チャレンジ、したかった
から。
歳)がスカウ卜の時に/\ワイでホームステイをし、
・ 次 男 ( 現 在 44
大変お世話になった。また、様々な体験をして随分成長した事もあ
り、色々な国々の子と、もたちと交流を深めたいと思ったから。
・外国のスカウトとふれあい、日本にないものを感じたいと思ったから。
・英語力、国際交流能力の向上のため、子どもたちに国際感覚を身
につけさせたかったからロ
第 23回世界スカウトジャンボリー
2015年開催
2015年 7 月 E目目(火3
∼日月白日(土)
山口問観須,音色§浜地
,伶白伴、.
1
,
持急もお舟
tρ1
与 l
~.
ネ事手~1ffit銑
スカウト達が国際人になるための第一歩
ホームステイ
のススメ
関
ホストファミリーの支援体制
観光地やテーマI~ークなどに連れて行く必要はありません。団や隊の集会、
学校や部活動の見学、ス-/~ーなど普段の買い物に一緒に行くととで充分
ですし、そのようなB常の生活の体験を彼らは望んで、います。
QSアレルギーなどの盆事制限はどうすれば良いですか
普段召し上がっているものを一人分追加するととで
結構ですυ躍も理想的なホームステイは、通常の臼
本人の生活を体験するζ とが目的です。アレルギー
や嫌いなもの、 宗教や自圏の生活習慣で受け入れら
れないものなどは事前に情報を提供します。
Q6同じ年頃の子どもがいません
同年代のスカウトや子どもがいなくても問題ありません。家族の一員として
受け入れ、暖かく銭してあげるととで充分です。
し
、。
h
t
t
p
:
/
/
w
w
w
.
s
c
o
u
t
.
o
r
.
j
p
/
f
o
r members/In
t
l
/
i
n
t
lt
i
p
s
.
h
t
m
l
20
司
一
章一
人
ボーイスカウト日本連盟
干1
1
3
8
5
1
7 東京都文京区本郷ト3
4
3
Q9病気やけがをした場合はどうすれば良いでしょうか
万が一病気やけがをした場合には、指導者と連絡が取れる連絡体制を重量え
ています。また、それらの賞用はゲストの費用負担で対応します。
HPh
t
t
p
:
/
/
w
阿 .s
c
o
uし白 r
.j
p
/
2014
年 12
月発行
意思話スカウト日本連盟
i
S C O U T ASSOCIATION O F JAPAN
M 混匂柏渇−血
O U咽
相曲
4248
団や隊、地区の方と連携して、日中の相手をお願いするなど協力して連携す
るととも可能です。
MO
QB泊められますが、仕事で日中の相手が出来ません
日
一
−
基本的には、滞在中における侵周すべてをホストファミリーが負担する必要
はありません。ゲストの個人的な支出、例えば外出時の交通貨、買い物など
は当然ゲストの個人負担になります。
M社。山市屯
vt
07費用の負担はど‘うすれは畏いで、しようか
所属されている団や隊で、ゲストを受け入れる体制を整えるととも良
いでしょう。団や隊での歓迎会や隊集会、班集会などに参加する、ま
たは近隣の案内をするととは、ホストファミリーの負担を軽減させる
だけでなく、団のスカウトにとっても、海外のスカウトと交流出来る良
い機会になります。
受け入れ準備のための、ゲストに関する情報は事前に提供されます。
また、ホストファミリーを支鑑する体制を、県連盟、地区で整えますの
で、受け入れ準備、コミュニケーション、習慣、文化などの情報提供を
いたします、また、緊急時の連絡、支援体制も§えて、ホストファミリー
をパックアップ致します。また、ホームステイを初めてお引き受け頂く
方は、日本連盟発行の「ホームステイの手引き」を参考にしてくださ
国際人になるための第一歩
スカウトたちを世界で活躍できる国際人に育てるためには、海外や
外国語に興味を持たせる体験が大切で、す。ホームステイから海外へ
の興疎が始まります。ふれあいの経験は一生の宝物です。
ホストファミリ一体験談
いつか外国に行ってみたいな!
カプスカウト
お母さんと一絡に日本の料理を作りました。
作
り方をお母さんが苦労して英語で説明してい
ましたが、どうにか通じたみたいです。お別れ
の時、もう少しいて欲しくてとても悲しくなって
涙が出て来ました。英語をもっと勉強していつ
か外国に行ってみたいです
世界に友たちを作ろう
U
m
AG
川
一
げ
ω川
⑧‘
,
町
山
町市
和
u
第 23回世界スカウトジャンボリーには、
162の国と地域力、ら 2万人を超えるλカ
ウトと指導者が参加します。多くの方々が、
日本の家庭で文化・習慣に触れたいと、
ホームステイを希望しています。ホームス
テイは日本にいながら世界に友だちを作る
ことのできる国際交流です。ボーイスカウ
トのホームステイでは、よく HoHo
(HomeH
o
s
p
i
t
a
l
i
t
yProgrammeの略称)、
「ホーホー」と呼ばれることがあります。
英語を話せるようになるぞ!
ボーイスカウ卜
あいさつくらいしか英語が出来ないのでとて
も不安でした。でもゆっくり英語を話してくれ
たので、安心しました。ゲームをしたり、日本の
遊ひ、をしたりして遊びました。私はまだ英語が
出来ないので、話せるようになって、いずれ外
国でホームステイをしたいなぁと恩いました。
保護者の声
受入国;ブラジル
「
子どもたちが相手の国の事をインターネット等で調べ、子供同士で
メールの交換をしていました。子供たちはいつの自にか相手国に
行ってみたいという夢を十寺っています3 」
受入国:アメリカ
「初級の患子は、出会いの時はとても緊張していましたが、団歓迎会
等の行事で心が和んできたようです。アメリカス力ウトの知人が日本
にいたので訪問しました。との 3日聞は彼にとって良い思い出がで
きたようで、成田では別れを惜しんで号泣していましたの」
w
受入国: 園
「はじめは緊張し、不安でしたが、団歓迎会や小中学生との交流等を
行い楽しかったで・すロ気持ちが通じれば交流はできると感じました。
子どもたちが自信を持ち、世界に自を向けられるようにと願っていま
す
。J
受入国:フィリヒン
「特に遠出はせず、近所の買い物・銭湯などに行きました白ありふれ
た日本の日常生活に興味を持ったようです、小さな子ども遣の子守
をしてくれて、子と、もたちは楽しかったようで‘すo」
涙が出るくらい楽しかった!
普段の生活を体験させてください
ベンチザースカウト
ゲストは素顔の日本を知リたいと希望して
います。団や!琢の集会に参加したり、学校を
見学したり、スーパーに買い物に行くなど、
家族の一員として迎え日本の生活を体験さ
せてください。テーマパークや観光地に行
くなど特別な対応ではなく、普段の日本の
生活を体験するととをゲストは期待し希望
しているのです@
誰にでも簡単にできる身近な国際受流
日本にいながら、家族全員が異文化体験を
出来るのは、ホームステイの醍醐喋です。
また、日本の文化や習慣に気付く良い機会に
だ'!y
もなります。
' ~ ~)... E ノ
:
ー
い
器
準
コミュニケーションが取れるか、期間中楽しく
過ごしてくれるかなどの不安と緊張がありまし
たが、すぐに打ち解けることが出来ました。近く
のお寺や学校の見学などをして過ごし、楽しい
時聞はあっという聞に過ぎました。別れるとき
僕らは泣いていて、三日で泣ける程仲良くなれ
るスカウ卜同士の友情は熱いものだと思いま
した。今回の経験はぼくにとって一生の財産で・
す。との経験を今後のスカウ卜活動などに活か
していきます。
異文化を感じる良い機会
カブスカウト保護者
我が家は誰も英語を話せませんが、子どもが受
け入れたいと言う事で手を挙げました。小学生
の息子は家に着くなり、「トランプをしよう」 「
買
い物に行こう」と積極的で、不思議と違和感も
少なくホ ムステイがはじまりました。たこ焼き
や海苔巻き作リ、茶道、着付けなどお互いの文
化を肌で感じられた良い機会になりました。
外国スカウトの感想
インドネシアのスカウ卜
「ホスト家庭とスカウトと共に訪問した高校の化学の実験室などを見
学させて頂き、その充実ぶりには驚きました。また、学校で一緒にス
ポーツをした事はとても良い経験でしたのj
アメリカのス力ウ ト
「ホスト家庭の方々は英語を話せません
でしたが、一生懸命に話しかけてくれた
ので、なんとかコミュニケーションを取る
事が出来、問題はありませんでした。食
事、文化など日本がとても好きになりま
した。」
イギリスのスカウト
/乞
「ホスト家庭が自分たちの部屋を私の為 T
K提供して下さった事に感謝していま .
す。いつかとのお返しをしたいと思って 砕
います。
J
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
1 835 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content