close

Enter

Log in using OpenID

2014 年 6 月 17 日 お客様各位 UL/ANSI タイプ FR

embedDownload
2014 年 6 月 17 日
お客様各位
UL/ANSI タイプ FR-4 の再分類に関するお知らせ
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
銅張り積層板の評価規格 UL 746E における、UL/ANSI タイプ FR-4 の再分類についてお知らせいたします。
プリント基板(CCN: ZPMV2/8; UL 規格: UL 796)の材料である銅張り積層板(CCN: QMTS2/8; UL 規格: UL
746E)は、材質や特性に応じて UL/ANSI タイプに分類されており、UL/ANSI タイプ FR-4 はこの分類の内の一つ
です。2013 年 5 月 13 日の UL 746E の改訂に伴い、UL は現在 UL/ANSI タイプ FR-4 の再分類に関して
Industry File Review を行っており、改訂規格発効日である 2014 年 6 月 30 日以降、UL/ANSI タイプ FR-4 は、
以下に示す FR-4.0 および FR-4.1 の 2 種の UL/ANSI タイプに再分類されます。
New UL/ANSI Types Replacing FR-4 in UL746E
UL/ANSI
タイプ
一次樹脂
二次樹脂
フィラー
1
難燃剤
基材
FR-4.0
(臭素系
FR-4)
エポキシ
2
不問
無機フィラー
Max 45%
臭素
ガラスクロス
FR-4.1
(ノンハロゲン
FR-4)
エポキシ
2
不問
無機フィラー
Max 45%
ノンハロゲン
ガラスクロス
1
シリカ、クレー、タルク、セラミック、石灰、水酸化アルミニウム、ヒュームド・シリカ、酸化チタン等の無
機フィラー。
2
エポキシ官能性、有機樹脂分の 50 重量%以上。
分類に至った背景
UL では同じ UL/ANSI タイプに分類される銅張り積層板は似通った特性を有するとの観点から、UL/ANSI タイプ
FR-4 を、臭素系難燃剤を用いたエポキシ樹脂をガラスクロスに含侵した銅張り積層板と位置付けていました。し
かし技術の進歩に伴い、これまで上記の基準に当てはまらない材料が数多く UL/ANSI タイプ FR-4 として登録さ
れました。
プリント基板を評価する規格 UL 796 には、一定の条件を満たした銅張り積層板であれば、新規材料を限られた
試験のみを行った上で既存の基板に追加できる、簡易試験プログラムがございます。この簡易試験プログラムは、
同じ UL/ANSI タイプに分類される銅張り積層板は似通った特性を有するという前提に基づいています。しかし実
際には、前述のように異なった材質・特性の銅張り積層板が UL/ANSI タイプ FR-4 に分類されており、これらの
銅張り積層板に対して一律に簡易試験プログラムを適用することは、UL の製品安全評価の信頼性を損ねること
になりかねません。UL は、UL/ANSI タイプ FR-4 の再分類はこの簡易試験プログラムの継続に必要不可欠と考
え、2001 年の Standards Technical Panel (STP)では UL の UL/ANSI タイプ FR-4 再分類案が可決されました。
しかし、再分類による市場への影響を鑑み、2004 年に UL/ANSI タイプ FR-4 再分類を保留いたしました。
以後、UL の提案は STP や世界各地の工業会との会議等、規格討論の場で検討され、2013 年の STP におい
て、IPC 提案による FR-4.0、FR-4.1 への分割案が採用されました。
【重要】
この要求事項の改訂は UL/ANSI タイプ FR-4 の再分類に限ります。温度定格、難燃性、CTI、ダイレクトサポー
ト等、他の要求事項および製品名称に関して変更はございません。また、該当する銅張り積層板を使用した、UL
796 にて評価済みのプリント基板に関して、再評価が要求されることはございません。
最終製品での認証において、使用されるプリント基板および銅張り積層板は一般的に定格の指定(例えば難燃
定格 V-1 以上)もしくは製品名称の指定・登録がされておりますが、プリント基板、銅張り積層板の製品名称およ
び定格の変更がございませんので、この場合 UL/ANSI タイプ FR-4 の再分類に対して、最終製品側でも特に必
要となるアクションはございません。
UL/ANSI タイプ FR-4 の分割に至った経緯や、UL 746E 改訂による銅張り積層板、パーマネントコーティング、プ
リント基板メーカー様への影響に関する資料は、弊社ホームーページにも掲載しておりますので、ご参照ください。
http://www.ul.com/japan/jpn/pages/services/productsafetycertification/standardsrevisions/standards_etc/
再分類の進捗および掲載情報
銅張り積層板(CCN: QMTS2/8; UL 規格: UL 746E)に対する UL/ANSI タイプの再分類は改訂規格発効日であ
る 2014 年 6 月 30 日までに従来の FR-4 から FR-4.0 または FR-4.1 に変更されます。FR-4.0 または FR-4.1
に置き換わった認証情報はオンラインサーティフィケーションディレクトリー(http://database.ul.com/cgibin/XYV/template/LISEXT/1FRAME/index.htm)にて閲覧可能です。
また、プリント基板(CCN: ZPMV2/8; UL 規格: UL 796)のフォローアップサービスプロシージャには、下表 2 の通
り、使用される銅張り積層板の UL/ANSI タイプおよびグレード名が記述されており、UL/ANSI タイプの記載情報
(下表、赤枠箇所)については、順次、認証業務を取扱いさせていただく中で更新してまいります。
つきましては、当面の間、旧情報である”FR-4”と再分類後の”FR-4.0”または”FR-4.1”が混載されておる、または
旧情報のみが掲載されておるケースがございます。
最新の UL/ANSI タイプの確認が必要なケースにおきましては、銅張り積層板グレード名称からオンラインサーテ
ィフィケーションディレクトリーにて再分類後の最新情報をご確認ください。
該当プリント基板に使用さ
れる銅張積層板情報
プリント基板
タイプ名称
表 2 (TABLE II – BASE MATERIALS)
Base Material &
CTI
(PLC)
Min.
Copper
Thk.
(mics)
Type
Dsg.
Mfr
+
Grade
A
ABC
ABC1
FR-4
0.38
-
Yes
9
DS
A
A
ABC
ABC2
FR-4.0
0.38
-
Yes
9
DS
A
A
DEF
DEF1
FR-4.1
0.20
-
Yes
9
DS
A
銅張積層板製
造者名
銅張積層板
グレード名称
Min.
Thk.
(mm)
Meets
UL
746E
DSR
UL/
ANSI
Grade
銅張積層板
UL/ANSI タイプ
お問い合わせ先:
UL Japan カスタマーサービス
e-mail : [email protected]
TEL : 03 - 5293 - 6200
FAX : 03 - 5293 - 6201
プリント基板
パラメータ
SS/
Mfg.
DS@ Process
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
290 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content