close

Enter

Log in using OpenID

8.計器飛行証明

embedDownload
航空従事者学科試験問題
P40
資 格
計器飛行証明 (飛)(回)
題数及び時間
20題 2時間
科 目
計器飛行一般〔科目コード:14〕
記 号
H1CC141270
◎ 注 意 (1) 「航空従事者学科試験答案用紙」(マークシート)の所定の欄に、「受験
番号」、「受験番号のマーク」、「科目」、「科目コード」、「科目コー
ドのマーク」、「資格」、「種類」、「氏名」及び「生年月日」を記入す
ること。
「受験番号」、「受験番号のマーク」、「科目コード」及び「科目コード
のマーク」の何れかに誤りがあると、コンピュータによる採点処理が不可
能となるので当該科目は不合格となります。
(2) 解答は「航空従事者学科試験答案用紙」(マークシート)に記入すること。
(3) 「NAVIGATION LOG」を提出する必要はありません。
◎ 配 点
1問 5点
◎ 判定基準
合格は100点満点の70点以上とする。
計証-一般-1/5
[飛行計画問題] 計器飛行方式による次の飛行計画について、NAVIGATION LOGを
完成させ問1から問6に答えよ。
出発日: ××年○月○日 出発予定時刻: 10時00分(JST)
出発地: OS空港 目的地: FG空港 代替地: FU空港 巡航高度: 10,000ft
飛行経路: OS空港→ A VOR→ B VOR→ C VOR→ D VOR→ FG空港
代替地への経路: FG空港→ E VOR→ FU空港
代替地への巡航高度 : 10,000ft (上昇、降下は考慮しない)
性能諸元
速度(TAS) : 上昇 130kt
巡航 170kt
降下 150kt
燃料消費率
上昇 42gal/hr
巡航 28gal/hr
降下 24gal/hr
:
上昇降下率
上昇 1,000ft/min
降下 500ft/min
:
※飛行方法
1) 出発はNAVIGATION LOGに記載された[OS空港~A VOR~B VOR]の経路上
を飛行する。
到着及び進入着陸はNAVIGATION LOGに記載された[C VOR~D VOR~FG
空港]の経路上を飛行する。出発地及び目的地の標高は0(零)ftとする。目的地
での高度が0(零)ftとなるように降下を開始し、途中に通過高度の指定はない。
2) 計算に使用する風は上昇時 080/10kt、降下時 050/20ktとし、巡航時は
NAVIGATION LOG枠内の風を使用する。ただし、風向は磁方位とする。
問 1
FG空港への到着予定時刻(JST)に最も近いものはどれか。
(1) 11時54分 (2) 11時57分 (3) 12時00分 (4) 12時03分 問 2
FG空港からFU空港までの予定飛行時間に最も近いものはどれか。
(1) 44分
(2) 46分
(3) 48分
(4) 50分
問 3
A VORからB VORへのCHに最も近いものはどれか。
(1) 245度
(2) 247度
(3) 254度
(4) 256度
問 4
本飛行が航空運送事業の用に供する飛行でない場合であって代替飛行場を飛行計画に
表示する場合、OS空港を出発する際に必要な燃料搭載量の最小値に最も近いものは
どれか。ただし、回転翼航空機が待機する場合の燃料消費率は巡航と同じとする。
(1) 97 gal
(2) 100 gal
(3) 103 gal
(4) 106 gal
問 5
B VOR上空において、気圧が29.92inHgで外気温度が-20℃ のときのCASに最も
近いものはどれか。
(1) 150 kt
(2) 160 kt
(3) 170 kt
(4) 180 kt
計証-一般-2/5
問 6
降下開始点に最も近いものはどれか。
(1) D VOR 直上
(2) D VOR から 5分間飛行した地点
(3) D VOR から 7分間飛行した地点
(4) D VOR から 9分間飛行した地点
問 7
計器飛行証明を有していなければ行うことができない飛行に該当しないものはどれか。
(1)計器飛行方式による飛行
(2)計器飛行
(3)185km又は30分を超えて行う夜間飛行
(4)110km又は30分を超えて行う計器航法による飛行
問 8
管制承認について正しいものはどれか。
(1)管制承認限界点は目的飛行場のみである。
(2)管制機関以外の機関経由で中継される場合は「ATC CLEARS」が前置される。
(3)飛行計画経路と同一の経路が承認される場合は「VIA YOUR PLANNED
ROUTE」の用語により簡略化される。
(4)提出された飛行計画経路を承認することができず変更が生じた場合は「ROUTE
CHANGED」の用語に続き承認された経路がすべて通報される。
問 9
離陸の代替飛行場について(A)~(D)のうち、正しいものはいくつあるか。
(1)~(5)の中から選べ。
(A)1個の発動機が不作動の場合無風状態で、双発機は2時間、3発以上の航空機は
3時間で到達できる範囲内に選定する。
(B)代替飛行場として選定したい飛行場にCAT-Ⅰ精密進入で着陸できる場合は、
当該進入の公示された最低気象条件の値に等しい地上視程が確保可能であれ
ば選定可能となる。
(C)代替飛行場として選定したい飛行場に周回進入で着陸しなければならない場合
は、当該周回進入のMDH(100ft単位に繰上げ)に等しい雲高、及び公示され
た最低気象条件の値に等しい地上視程が確保可能であれば選定可能となる。
(D)離陸の代替飛行場はフライトプランに記入しなくてもよい。
(1)
1
(2)
2
(3)
3
(4)
4
(5) 無し
問 10 速度調整について(A)~(D)のうち、正しいものはいくつあるか。
(1)~(5)の中から選べ。
(A)速度調整を受けたまま、他の管制機関にレーダーハンドオフされた場合、前に
指定された速度調整は移管後も有効である。
(B)ホールディングが指示された場合には、それまで速度調整が行われていた場合
でも速度調整は自動的に解除される。
(C)速度調整中に進入許可が発出された場合には、それまでの速度調整は自動的に
解除される。
(D)レーダー進入に際して速度調整が指示されていた場合は、接地点から5nmの
地点または最終降下開始点のうちいずれか接地点から近い方の地点を通過した
時点で、速度調整は自動的に解除される。
(1) 1
(2) 2
(3) 3
(4) 4
(5) 無し
問 11 最低利用可能フライトレベルが140以外になる場合のQNHはどれか。
(1)29.90 inHg
(2)29.93 inHg
(3)29.98 inHg
(4)30.02 inHg
計証-一般-3/5
問 12 RNAVについて(A)~(D)のうち、正しいものはいくつあるか。
(1)~(5)の中から選べ。
(A)RNAVとは、無線施設、自蔵航法装置若しくは衛星航法装置、又はこれらの組み
合わせで任意の経路を飛行する方式による航法をいう。
(B)RNAV 1 とは、全飛行時間の95%における進行方向に対する横方向の航法誤差
が±5nm以内となる航法精度及びその他の航法性能並びに航法機能要件が規定
される航法をいう。
(C)RNAV 5 とは、全飛行時間の95%における進行方向に対する横方向の航法誤差
が±1nm以内となる航法精度及びその他の航法性能並びに航法機能要件が規定
される航法をいう。
(D)RNP進入とは、全飛行時間の95%における進行方向に対する横方向の航法誤差
が初期進入、中間進入、進入復行の各セグメントにおいて±1nm以内、最終進
入セグメントにおいて±0.3nm以内となる航法精度及びその他の航法性能並びに
航法機能要件(機上性能監視及び警報機能を含む)が規定されるRNAV進入方式
に従い進入することをいう。
(1) 1
(2) 2
(3) 3
(4) 4
(5) 無し
問 13 空港等付近の飛行方法について(A)~(D)のうち、正しいものはいくつあるか。
(1)~(5)の中から選べ。
(A)計器飛行方式により離陸しようとする場合であって当該空港における気象条件が
着陸することができる最低の気象条件未満であるときは、いかなる航空機も離陸
しないこと。
(B)計器飛行方式による進入の方式その他当該空港等について定められた飛行の方式
に従うこと。
(C)計器飛行方式により着陸しようとする場合であって、進入限界高度よりも高い
高度の特定の地点を通過する時点において空港等における気象状態が当該空港等
への着陸のための進入を継続することができる最低の気象条件未満であるときは
着陸のための進入を継続しないこと。
(D)計器飛行方式により着陸しようとする場合であって、進入限界高度以下の高度に
おいて目視物標を引き続き視認かつ識別することによる当該航空機の位置の確認
ができなくなったときは、着陸のための進入を継続しないこと。
(1) 1
(2) 2
(3) 3
(4) 4
(5) 無し
問 14 ATC用レーダーについて正しいものはどれか。
(1)ASRは半径60~80マイルの空港周辺をカバーし、出発/進入管制に使用する。
(2)ARSRは半径500マイルの空域をカバーし、エンルートの管制に使用する。
(3)ORSRは洋上航空路の管制を行うための一次レーダーである。
(4)ASR、ARSR、ORSRともに距離誤差はアンテナからの距離の0.3%以内である。
問 15 航空路及び経路について(A)~(D)のうち、正しいものはいくつあるか。
(1)~(5)の中から選べ。
(A)操縦士は原則として、航空路あるいは経路の中心線を飛行しなければならない。
(B)悪天候を回避するために飛行経路を逸脱する必要がある場合は、管制承認を要
求し承認を得なければならない。
(C)VORを使用した国内航空路においては、中心線の両側にそれぞれ最小4マイル
幅の一次区域とその外側に最小4マイル幅の二次区域を有している。
(D)航空路内であれば、管制機関に通報することなく操縦士の判断により悪天候を
回避しながら飛行することができる。
(1) 1
(2) 2
(3) 3
(4) 4
計証-一般-4/5
(5) 無し
問 16 航空機区分と周回進入区域半径(滑走路末端の中心から航空機区分別に決められた半
径)の組合せで正しいものはどれか。
(1)航空機区分 A
:
半径 1.3nm
(2)航空機区分 B
:
半径 1.7nm
(3)航空機区分 C
:
半径 2.5nm
(4)航空機区分 D
:
半径 3.0nm
問 17 最低気象条件 RVR/CMV = 1,000メートルである進入方式について、RVRが利用
できない場合で夜間において進入灯及び滑走路灯が運用されているとき、最低気象
条件の地上視程として正しいものはどれか。
(1) 500メートル
(2)1,000メートル
(3)1,500メートル
(4)2,000メートル
問 18 誘導限界(Guidance limit)について(A)~(D)のうち、正しいものはいくつある
か。(1)~(5)の中から選べ。
(A)レーダー着陸誘導を継続しうる限界である。
(B)精測レーダー進入を行う航空機(周回進入へ移行する航空機を除く)では、精測
レーダー進入に係る決心高度に到達した時点が誘導限界となる。
(C)捜索レーダー進入を行う航空機(周回進入へ移行する航空機を除く)では、進入
滑走路の末端から2nmの点に到達した時点が誘導限界となる。
(D)周回進入へ移行する航空機では、当該周回進入に係る最低降下高度に降下し、進
入滑走路の末端から最低気象条件の地上視程の距離にある点に到達した時点が誘
導限界となる。
(1) 1
(2) 2
(3) 3
(4) 4
(5) 無し
問 19 目視降下点について正しいものはどれか。
(1)精密進入を行う場合の進入限界高度である。
(2)周回進入の後に降下を開始できる点である。
(3)精密進入を行う場合に、適切な目視物標を視認し決心高度以下に降下を開始でき
る点である。
(4)非精密進入により直線進入を通常降下により行う場合において、適切な目視物標
を視認できたときに、最低降下高度以下に降下を開始する位置をいう。
問 20 航空情報用略語と意義の組み合わせで誤りはどれか。
(1)MDA
: 最低降下高度
(2)MRA
: 最低受信可能高度
(3)MSA
: 最低扇形別高度
(4)MOCA : 最低通過高度
計証-一般-5/5
N A V I G A T I O N L O G
ETD 10:00 JST
TIME
DEPARTURE AP
OS
FUEL
TO DESTINATION
:
DESTINATION AP
FG
BURN OFF
RESERVE
FR DESTINATION TO ALTERNATE
:
ALTERNATE AP
FU
ALTERNATE
TOTAL
TO
ALT
TAS
WIND
MC
WCA
MH
DEV
CH
Z DIST
C DIST
G/S
Z TIME
C TIME
ETO
F/F
Z FUEL
C FUEL REMARKS
- A
080/30
299
2W
39
A-VOR
- B
100/30
251
1W
69
B-VOR
- C
080/30
242
1W
63
C-VOR
- D
080/20
218
0
108
D-VOR
090/30
170
2E
72
- E
090/30
350
3W
72
- FU
080/20
341
3W
66
OS
- FG
FG
計証 - 一般 E-VOR
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
153 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content