close

Enter

Log in using OpenID

BCX-AD-901 B5 H481 (SVM032AA).indd

embedDownload
サービスマニュアル
石油小形給湯機(直圧)
CBX-H481F、CBX-H481E
石油給湯機付ふろがま(直圧)
CKX-H481SAF、CKX-H481SAE
制 御 基 板 型 式 / BCX-AD-901
長府工産株式会社
SVM032AA
目 次
1.アフターサービスの注意点………………………………………………………………………………… P 1
2.試運転の注意点……………………………………………………………………………………………… P 3
3.故障の見分け方とその対策
(1)エラー表示一覧 ……………………………………………………………………………………… P 4
(2)応急運転一覧 ………………………………………………………………………………………… P 5
(3)給湯運転エラーチャート …………………………………………………………………………… P 6
(4)ふろ運転エラーチャート …………………………………………………………………………… P 14
4.リモコンの機能
(1)給湯温度設定 ………………………………………………………………………………………… P 19
(2)ふろ温度設定 ………………………………………………………………………………………… P 19
(3)ふろ給湯優先温度 …………………………………………………………………………………… P 19
(4)EEPROM 履歴モード …………………………………………………………………………………… P 20
(5)モニターモード ……………………………………………………………………………………… P 21
(6)機種設定モード ……………………………………………………………………………………… P 22
◆ 現地での機種設定 …………………………………………………………………………………… P 22
◆ 基板のリユース ……………………………………………………………………………………… P 22
◆ EEPROM 初期化手順 ………………………………………………………………………………… P 22
(7)各種設定モード ……………………………………………………………………………………… P 23
(8)法定点検時期のお知らせ(タイムスタンプ)……………………………………………………… P 24
5.ふろ自動運転………………………………………………………………………………………………… P 24
6.た し 湯…………………………………………………………………………………………………… P 24
7.さ し 水…………………………………………………………………………………………………… P 25
8.おいだき運転………………………………………………………………………………………………… P 25
9.保 温 運 転…………………………………………………………………………………………………… P 25
10.ヒーター凍結予防・ふろ凍結予防………………………………………………………………………… P 26
11.太陽熱温水器接続 ………………………………………………………………………………………… P 27
12.機能部品のチェック方法 ………………………………………………………………………………… P 28
13.各部の名称 ………………………………………………………………………………………………… P 35
14.配 線 図 ………………………………………………………………………………………………… P 37
15.リ モ コ ン ………………………………………………………………………………………………… P 39
16.フローチャート …………………………………………………………………………………………… P 42
17.機種別部品一覧表
本体部品一覧表/機種別…………………………………………………………………………………… P 50
バーナー部品一覧表………………………………………………………………………………………… P 62
リモコン一覧表……………………………………………………………………………………………… P 64
18.音声一覧表 ………………………………………………………………………………………………… P 65
1.アフターサービスの注意点
.アフターサービスの注意点
●制御基板のみ交換
バージョンを確認の上、交換前後で互換性のあるバージョンに交換してください。出荷の段階で、既に「機
種設定」が完了していれば、そのまま交換できます。ただし、「機種設定」をされていない制御基板は自
身がどの機種なのかを設定できていません。現地で「機種設定」を必ず行なってください。P22 をご参
照ください。
●リモコンのみ交換
リモコン型式を確認の上、交換前後で同じリモコン型式の物にしてください。また、バージョンについ
ても互換性のある物に交換してください。制御基板を交換しないので、「機種設定」は不要です。
●制御基板とリモコンの全交換
●制御基板
とリモコンの全交換
上記「制御基板のみ交換」と同様に機種設定を行なってください。リモコンに関しては、制御基板との
組み合せに注意してください。P22 をご参照ください。
●チェック項目
現地で確認する事項は、次のとおりです。
(1) 製品型式名 (2) 製造ロット、設置年月または購入年月 (3) 設置状況 (4) トラブルの状況
(5) 機器の履歴(定期点検の実施状況など)
●メンテナンスのポイント
(1) 手 順 ①診断 = 使用状態の確認 / 問診 / 修理項目の決定
②修理(整備)作業 = 交換 / 交換部品の保管 / 修理項目の決定 / 組付け
③修理(整備)後のテスト
(2) 分解の際の注意
( イ ) 機器は個々の部品を組合せたいくつかのグループからなっています。
まず、グループ別に分解し、さらに細部の分解を行なうことがコツです。むやみに分解すると
正しい組立てができなくなります。
( ロ ) 電装用のコードや内部配線は、無理な引っ張り、取りはずしを行なわないでください。
(3) 組付けの際の注意
( イ ) 小ネジ、ナット類は元の位置に確実に締め付けてください。
( ロ ) 燃焼筒、電磁ポンプ、ファンモーターなどの接合部は、均等にネジを締め付けて、空気漏れ、油
漏れのないように組み立ててください。
( ハ ) パッキン、シール類は、新品と交換してください。
( ニ ) 送油管の連結部分は、確実に締め付け、油漏れのないことを確認してください。
( ホ ) 部品を交換する場合は、機器に合った正しい部品を用いてください。
( ヘ ) 配管の接続部分にクイックファスナーを採用しています。配管分解後の組立時は付け忘れのな
1
いことを確認してください。
( ト ) 制御基板及び電装品に水がかからない様にしてください。
(4) 安全装置点検の際の注意
( イ ) よごれ、ゴミはよく掃除し取り除いてください。
( ロ ) 安全装置の動作不良時は、配線接続部分に異常がないかどうかを調べてください。
( ハ ) 電装品は絶縁抵抗及び導通を確認してください。
( ニ ) 整備後、運転を行ない、正常に作動することを確認してください。
(5) 確認項目
( イ ) 油漏れの無いこと。 ( ロ ) 水漏れの無いこと。 ( ハ ) 操作部の円滑性。
( ニ ) 安全装置類の作動の良否。 ( ホ ) 燃焼性能。
2
2.試運転の注意点
.試運転の注意点
●運転(運転開始手順)
●運転
運転開始手順)
〔給湯の確認〕
(1) リモコンの「運転スイッチ」を「入」にしてください。
(2) 設置後に初めて使用するときは、最初に
設置後に初めて使用するときは、最初に4L
4L通水しないと運転スイッチ以外のスイッチ操作および燃
通水しないと運転スイッチ以外のスイッチ操作および燃
焼動作は受け付けません。
給湯栓を開いて、リモコンの給湯温度を変更し、湯温が変わることを確認してください。
〔ふろ自動の確認〕(CKX のみ)
ふろ自動は必ず浴槽が空の状態で行なってください。
ふろ自動中は給湯を使わないでください。(初回ふろ自動運転時のみ)
(1) 浴槽を空にして排水栓をしてください。
(2) リモコンの「運転スイッチ」を「入」にしてください。
(3)「ふろ自動スイッチ」を押して、ふろ自動運転をしてください。
(4) お知らせ音が鳴り、保温運転になったら、ふろ温度と湯量を確認してください。
(初期値はふろ温度が 40℃、お湯はり量 180 Lです)
(5)「おいだきスイッチ」、「たし湯スイッチ」、「さし水スイッチ」についても動作を確認してください。
(6)「運転スイッチ」を「切」にしてください。
・
・最初のふろ自動は、保温運転になるまで止めないでください。ふろ自動を途中で止めたときは、「運転
スイッチ」を「切」にし、「ふろ自動スイッチ」と「おいだきスイッチ」を 10 秒間押し続けてリセッ
トした後、浴槽を空にしてふろ自動をやり直してください。
※最初のふろ自動は、循環口の位置を確認しながらお湯はりするので通常より時間がかかります。
3
3.故障の見分け方とその対策
.故障の見分け方とその対策
最近起こったエラーは、
「+」スイッチと「-」スイッチを同時に押した状態で運転スイッチを入れる
と確認できます。エラー番号は時刻表示部に点滅表示します。
確認できるエラー履歴数は 16 個までです。「+」「-」スイッチを押して履歴番号を変更し、確認し
てください。番号の小さい順に新しいエラーとなります。
(同じ内容のエラーでも各々に履歴となりカ
ウントします)「+」「-」スイッチを長押し(2秒以上)すると連続で移動します。
(1)エラー表示一覧
)エラー表示一覧
エラー
4
故 障 内 容
対象機種
CBX
CKX
参照ページ
002
初期残水異常
-
○
14 ~ 15
032
排水栓忘れ
-
○
16 ~ 17
100
電源周波数の異常
○
○
6~7
101
電源電圧異常
○
○
110
着火不良、不着火
○
○
10 ~ 11
120
途中失火、油切れ
○
○
10 ~ 11
140
温度ヒューズの断線
○
○
6~7
141
熱交ハイリミットの作動
-
○
6~7
151
ハイカットの作動
○
○
6~7
162
ふろハイリミットの作動
-
○
14 ~ 15
220
対震自動消火装置(感震器)の作動
○
○
6~7
252
水流スイッチの異常
-
○
14 ~ 15
301
熱交出口サーミスタの異常
○
○
6~7
310
外気温サーミスタの異常
○
○
12 ~ 13
311
出湯サーミスタの異常
○
○
8~9
320
高温出湯異常
○
○
8~9
321
給水サーミスタの異常
○
○
8~9
322
ふろサーミスタの異常
-
○
14 ~ 15
323
高温給水異常
○
○
8~9
331
熱交出口サーミスタの短絡または断線
○
○
8~9
340
油温サーミスタの異常
○
○
8~9
342
過熱防止サーミスタの異常
-
○
8~9
343
高温油温異常
○
○
8~9
411
給水フローセンサーの異常
○
○
10 ~ 11
412
湯はりフローセンサーの異常
-
○
14 ~ 15
421
漏水検知異常
○
○
14 ~ 15
450
送風機の回転数異常
○
○
8~9
460
ダンパモーターの異常
○
○
12 ~ 13
エラー
対象機種
故 障 内 容
CBX
CKX
参照ページ
572
断水
○
-
590
異常燃焼
○
○
632
循環ポンプの異常
-
○
16 ~ 17
650
水量制限弁の異常
○
○
12 ~ 13
660
混合弁の異常
○
○
12 ~ 13
710
電磁ポンプ回路の故障
○
○
8~9
720
疑似火炎
○
○
8~9
760
リモコン通信異常
○
○
10 ~ 11
888
法定点検時期のお知らせ(タイムスタンプ)
○
○
12 ~ 13
○
○
003
停電、または電源 OFF
(エラー履歴にのみ掲示)
10 ~ 11
(2)応急運転一覧
)応急運転一覧
・CBX、CKX 共通
エラー
421
故 障 部 品
漏水検知異常
給 湯
お湯はり
おいだき
たし湯
さし水
凍結運転
○
×
×
×
×
×
給 湯
お湯はり
おいだき
たし湯
さし水
凍結運転
・CKX のみ
エラー
故 障 部 品
002
初期残水異常
○
×
×
×
×
×
032
排水栓忘れ
○
×
×
×
×
×
252
水流スイッチの異常
○
×
×
×
×
×
322
ふろサーミスタの異常
○
×
×
×
×
×
412
湯はりフローセンサーの異常
○
×
×
×
×
×
632
循環ポンプの異常
○
×
×
×
×
×
※給湯に関する機能部品故障時は全停止、ふろ機能部品故障時は給湯使用可とします。
運転 OFF でエラーはリセットされます。
■次のような場合は故障ではありません。
お湯が白く濁って見える
給湯栓を開いてもすぐお湯が出ない
水中に溶けていた空気が細かい泡となって白く見えるためで問題は
ありません。
機器から給湯栓まで距離がありますので、お湯が出てくるまで少し
時間がかかります。
出湯量を多くすると給湯温度が低くな
給湯能力以上のお湯が出ていますので、給湯栓を絞ってください。
る
湯の使用量が少ない(約3L / 分以下)場合、バーナーは燃焼しま
湯の使用量が少ないと運転しない
せんので使用量を多くしてください。
湯の温度が変化するときがある
同時に2箇所以上給湯した場合、湯量が変動するため、それに伴い
湯の温度も変化しますので注意してください。
ふろ運転をしていないのに、おいだき表
ふろ凍結予防運転をしています。気温が上がると停止します。
示が点灯する
5
(3)給湯運転エラーチャート
)給湯運転エラーチャート
ᢃ᠃ȩȳȗ ༓໲ᘙᅆ
μƘ˺ѣƠƳƍ
ෞ໊
ෞ໊
ᩓ
เ৲λࢸȪȢdzȳƴ˴Njᘙᅆƞ
ǕƳƍŵ
ᩓ
เ৲λࢸȪȢdzȳƴૠ‫܌‬Ƹᘙᅆ
ƞǕǔƕž ſƕᘙᅆƞǕƳƍŵ
Ƹƍ
Ǩȩȸ
•žȪȢdzȳƷᡫ̮ီࠝſ
Ʒ᪮ႸǛӋༀƠƯƘƩƞƍŵ
ᩓเdzȸȉ
ᲢСࣂؕெͨᲣ Ƹƍ
ƴ″‵‣••≹ƕƖƯƍǔŵ
ƍƍƑ
dzȳǻȳȈƴ″‵‣••≹ƕ
ƖƯƍǔŵ
Ƹƍ
ƍƍƑ
ȖȬȸǫȸǛᄩᛐƠƯƘƩƞƍŵ
ᢃ᠃ȩȳȗ ༓໲ᘙᅆ
ໜ໊
ෞ໊
Ȣȋǿȸᘙᅆ
≔≓≓
ᩓเԗඬૠƷီࠝ
ᢃ᠃ǹǤȃȁǛλǕƳƓ
ƢƱദࠝƴᢃ᠃Ƣǔŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ᩓเԗඬૠƷɟ଺ႎƳ
ီࠝǛ౨ჷƠLJƠƨŵ
≔≗≓
ภࡇȒȥȸǺƷૺዴ
ɶዒዴƕૺዴŴLJƨƸdz
ȍǯǿƕƸƣǕƯƍǔŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ɶዒዴǛʩ੭ƢǔƔdzȍ
ǯǿǛദƠƘӕ˄ƚƯƘ
Ʃƞƍŵ
≔≗≔
༏ʩȏǤȪȟȃȈ
Ʒ˺ѣ
ᆰƩƖƳƲ༏ʩ੭֥ƴီ
ࠝƕƳƍƔໜ౨ࢸŴᢃ᠃
ǹǤȃȁǛλǕƳƓƢƱ
ദࠝƴᢃ᠃Ƣǔŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
༏ʩȏǤȪȟȃȈƕ˺ѣ
ƠƯƍƨ‫ئ‬ӳŴҾ‫׆‬Ǜӕ
ǓᨊƍƯƔǒϐࡇᢃ᠃Ǜ
᧏‫ڼ‬ƠŴီࠝƕƳƍƜƱ
ǛᄩᛐƠƯƘƩƞƍŵ
≔≘≔
ȏǤǫȃȈƷ˺ѣ
ᆰƩƖƳƲ༏ʩ੭֥ƴီ
ࠝƕƳƍƔໜ౨ࢸŴᢃ᠃
ǹǤȃȁǛλǕƳƓƢƱ
ദࠝƴᢃ᠃Ƣǔŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ȏǤǫȃȈƕ˺ѣƠƯƍ
ƨ‫ئ‬ӳŴҾ‫׆‬ǛӕǓᨊƍ
ƯƔǒϐࡇᢃ᠃Ǜ᧏‫ڼ‬
ƠŴီࠝƕƳƍƜƱǛᄩ
ᛐƠƯƘƩƞƍŵ
≕≕≓
≖≓≔
ƍƍƑ
‫ݣ‬ᩗᐯѣෞ້ᘺፗ
Ʒ˺ѣ
‫ע‬ᩗƕƋƬƨŵ
༏ʩЈӝǵȸȟǹ
ǿƷီࠝ
༏ʩЈӝǵȸȟǹǿƷ
৽৴͌ƸദࠝưƋǔŵ
Ƹƍ
ƍƍƑ
༏ʩЈӝǵȸȟǹǿǛ
ʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
6
Ƹƍ
СࣂؕெƷȒȥȸǺƕЏǕƯ
ƍǔŵ
ƍƍƑ
ȆǹǿȸƳƲưᩓเԗඬૠƕ
ദࠝƳʙƕᄩᛐưƖǔŵ
Ǩȩȸ
•žȪȢdzȳƷᡫ̮ီࠝſ
ƷɟໜᦋዴϋƷ᪮ႸǛܱ଀Ტᄩ
ᛐᲣƠƨƕ˴NjᘙᅆƞǕƳƍŵ
Ƹƍ
Ҿ‫׆‬ǛӕǓᨊƍƯƔǒСࣂؕ
ெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ᩓเdzȸȉƕૺዴƠƯƍǔŵ
СࣂؕெƷȪȢdzȳᇢ‫᧓܇‬ƴ
‶‵‣․⁈ƕƖƯƍǔŵ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
Ƹƍ
ȪȢdzȳǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ᩓเdzȸȉǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
ᩓเƷ̓ዅ૾ඥǛᄩᛐƠƯƘƩ
ƞƍŵᲢႆᩓೞƷ̅ဇƳƲᲣ
Ƹƍ
ፃ˳ࡁƴᆭƕᆰƍƯೞ֥ϋƴ
੎ൢ๨ǕƠƯƍǔŵ
Ƹƍ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ภࡇȒȥȸǺƕૺዴƠƯƍǔŵ
ƍƍƑ
Ҿ‫׆‬ǛӕǓᨊƍƯƔǒภࡇȒ
ȥȸǺǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
Ƹƍ
ƍƍƑ
ᢅ༏᧸ഥǵȸȟǹǿƷ৽৴͌
ƸദࠝưƋǔŵ
Ƹƍ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
ᢅ༏᧸ഥǵȸȟǹǿǛʩ੭Ơ
ƯƘƩƞƍŵ
ɶዒዴǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ȏǤǫȃȈƷɶዒዴǛჺዂƢ
ǔƱദࠝƴᢃ᠃Ƣǔŵ
ஜ˳ʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ɶዒዴƴီࠝƸƳƍŵ
Ƹƍ
ƍƍƑ
༏ʩЈӝǵȸȟǹǿƷ৽৴͌
ƸദࠝưƋǔŵ
Ƹƍ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
༏ʩЈӝǵȸȟǹǿǛʩ੭Ơ
ƯƘƩƞƍŵ
ȏǤǫȃȈǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
ͼ૲‫ע‬ƴᚨፗƞǕƯƍǔŵ
Ტஜ˳ƕͼƍƯƍǔᲣ
Ƹƍ
ƍƍƑ
ᢃ᠃ǹǤȃȁǛλǕƳƓƢƱ
ദࠝƴᢃ᠃Ƣǔŵ
Ƹƍ
‫ݣ‬ᩗᐯѣෞ້ᘺፗƕ˺ѣƠƯ
ƍƨŵ
ƍƍƑ
‫ݣ‬ᩗᐯѣෞ້ᘺፗƷɶዒዴǛჺ
ዂƢǔƱദࠝƴᢃ᠃Ƣǔŵ
Ƹƍ
‫ݣ‬ᩗᐯѣෞ້ᘺፗǛʩ੭ƠƯ
ƘƩƞƍŵ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
7
ᢃ᠃ȩȳȗ ༓໲ᘙᅆ
μƘ˺ѣƠƳƍ
ໜ໊
ෞ໊
Ȣȋǿȸᘙᅆ
≖≕≓
᭗ภЈืီࠝ
ฆӳࡰƸദࠝưƋǔŵ
Ƹƍ
ƍƍƑ
ฆӳࡰǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
≖≕≖
᭗ภዅ൦ီࠝ
‫ٽ‬ᨗ༏ภ൦֥ƕ੗ዓƞǕ
Ưƍǔŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
‫ٽ‬ᨗ༏ภ൦֥Ƹ੗ዓưƖ
LJƤǜŵ੗ዓǛƸƣƠƯ
ƘƩƞƍŵ
≖≔≔
ЈืǵȸȟǹǿƷ
ီࠝ
≖≕≔
ዅ൦ǵȸȟǹǿƷ
ီࠝ
≖≖≔
༏ʩЈӝǵȸȟ
ǹǿƷီࠝ
≖≗≓
඗ภǵȸȟǹǿ
Ʒီࠝ
≖≗≕
ᢅ༏᧸ഥǵȸȟ
ǹǿƷီࠝ
≖≗≖
᭗ภ඗ภီࠝ
ǵȸȟǹǿƷdzȍǯǿƕ
ƸƣǕƯƍǔŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ǵȸȟǹǿƷdzȍǯǿǛ
ᄩܱƴƸNJƯƘƩƞƍŵ
඗ภǵȸȟǹǿƸദࠝ
ưƋǔŵ
Ƹƍ
ƍƍƑ
඗ภǵȸȟǹǿǛʩ੭
ƠƯƘƩƞƍŵ
≗≘≓
ᡛ᫘ೞƷ‫᠃ׅ‬ૠီ
ࠝ
≚≔≓
СࣂؕெƷᩓᄬȝ
ȳȗ‫ׅ‬ែƷ૏ᨦ
≚≕≓
ွ˩້໒౨ჷ
Э৕Ƹദࠝƴӕ˄ƚǒǕ
Ưƍǔŵ
ƍƍƑ
ദƠƘӕ˄ƚƯƘƩƞƍŵ
8
Ƹƍ
༏ʩЈӝǵȸȟǹǿƱዅ൦ǵ
ȸȟǹǿƷ੗ዓƕ᧓ᢌƬƯƍ
ǔŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ЈืǵȸȟǹǿǛʩ੭ƠƯƘ
Ʃƞƍŵ
ദƠƘ੗ዓƠƯƘƩƞƍŵ
༏ʩЈӝǵȸȟǹǿƱዅ൦ǵ
ȸȟǹǿƷ੗ዓƕ᧓ᢌƬƯƍ
ǔŵ
ЈืǵȸȟǹǿƸദࠝưƋǔŵ
ƍƍƑ
ዅ൦ǵȸȟǹǿƸദࠝưƋǔŵ
Ƹƍ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ዅ൦ǵȸȟǹǿǛʩ੭ƠƯƘ
Ʃƞƍŵ
ദƠƘ੗ዓƠƯƘƩƞƍŵ
ǵȸȟǹǿǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ǵȸȟǹǿᣐዴƕеƚƨǓŴ
Џ
ǕƨǓŴ
໲ƚƨǓƠƯƍǔŵ
ƍƍƑ
dzȍǯǿƴ൦Ǎ඗ȷɧϵ෩ƕ
ੑƔƬƯƍǔŵ
ƍƍƑ
ƍƍƑ
৽৴͌ƸദƠƍƔŵ
Ƹƍ
Ƹƍ
Ƹƍ
ǵȸȟǹǿǛʩ੭ƠƯƘƩƞ
ƍŵųųųųųųųųųųų
ǑƘਚƖӕǓʑƔƠƯƘƩƞ
ƍŵ
ɶዒዴƴီࠝƸƳƍŵ
ɶዒዴǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
dzȍǯǿƸദƠƘ੗ዓƞǕƯ
ƍǔŵ
Ƹƍ
ദƠƘ੗ዓƠƯƘƩƞƍŵ
Ƹƍ
ദƠƘӕǓ˄ƚƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ᡛ᫘ೞƷdzȍǯǿǛᄩܱƴС
ࣂؕெƴ੗ዓƠƯƘƩƞƍŵ
ᡛ᫘ೞƱСࣂؕெǛʩ੭ƠƯ
ƘƩƞƍŵ
dzȳǻȳȈǛ˂Ʒೞ֥ƱσဇƠ
ƳƍƳƲƷ‫ݣ‬ሊǛƠƯƘƩƞƍŵ
ᢃ᠃ǹǤȃȁǛλǕႺƢƱദ
ࠝƴᢃ᠃Ƣǔŵ
ƍƍƑ
໒౨Ј֥Ƹദࠝƴӕ˄ƚǒǕ
Ưƍǔŵ
Ƹƍ
ദƠƘӕ˄ƚƯƘƩƞƍŵ
ᩓเᩓ‫ן‬ƕ˯ɦƠƨŵ
඗ภǵȸȟǹǿƸദƠƘӕǓ
˄ƚǒǕƯƍǔŵ
ƍƍƑ
ᡛ඗ኺែǛໜ౨ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ƍƍƑ
ƍƍƑ
ᡛ᫘ೞƷdzȍǯǿƕСࣂؕெ
ƴᄩܱƴ੗ዓƞǕƯƍǔŵ
඗ƷภࡇƸᢘദưƋǔŵ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
໒౨Ј֥Ʒᩓ‫͌ן‬ƸദࠝưƋ
ǔŵ
Ƹƍ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
໒౨Ј֥Ǜʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
9
ᢃ᠃ȩȳȗ ༓໲ᘙᅆ
μƘ˺ѣƠƳƍ
ໜ໊
ෞ໊
Ȣȋǿȸᘙᅆ
≚≙≓
ȪȢdzȳdzȸȉƷ੗ዓ
ƸദƠƘᘍƳǘǕƯƍ
ǔŵ
ȪȢdzȳƷᡫ̮ီࠝ
Ƹƍ
ƍƍƑ
ദƠƘ੗ዓƠƯƘƩƞ
ƍŵ
Ȣȋǿȸᘙᅆ
ዅืƕഥLJǔ
≘≚≕
‵‴⁊ƷLj
ƓืƸǓɶƴዅืఀǛ
᧍NJƨŵ
ૺ൦
ƍƍƑ
Ƹƍ
ᢃ᠃ǹǤȃȁǛλǕႺ
ƠƯƘƩƞƍŵ
ᢃ᠃ȩȳȗ ༓໲ᘙᅆ
ദࠝƴ༓໲ƠƳƍ
ໜ໊
ෞ໊
Ȣȋǿȸᘙᅆ
≔≔≓
‫້ڂ‬NjƠƘƸɧბ້
≔≕≓
ᡦɶ‫້ڂ‬
೅᭗ƕ᭗ƍŵ
Ტ೅᭗‣••• ˌɥᲣ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ǪǤȫǹȈȬȸȊȸƴǴȟƕƭLJ
ƬƯƍǔŵ
Ƹƍ
ǪǤȫǹȈȬȸȊȸǛੈᨊƠƯƘ
Ʃƞƍŵ
༓໲Ƣǔƕዅืภ
ࡇƕ˯ƍŴLJƨƸ
ᡦɶư൦ƴƳǔŵ
ೞᆔᚨ‫ܭ‬Ǜ᭗‫ע‬ˁಮƴ
‫୼٭‬ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
༓૰ǿȳǯƴ൦ƕƨLJƬ
Ưƍǔŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ȉȬȳӝƔǒ൦Ǜ৷ƍ
ƯŴ༓૰ǿȳǯƷੈᨊ
ǛƠƯƘƩƞƍŵ
ᢃ᠃ȩȳȗ ༓໲ᘙᅆ
ໜ໊
ෞ໊LJƨƸ
଺ŷໜ໊
ዅื᣽ƕ‫ݲ‬ƳƢƗǔŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ዅื᣽Ǜ‫ف‬ǍƠƯƘƩ
ƞƍŵ
Ȣȋǿȸᘙᅆ
μƘ˺ѣƠƳƍ
≗≔≔
ዅ൦ȕȭȸǻȳǵ
Ʒီࠝ
๨൦ƠƯƍǔŵ
Ƹƍ
ਦ‫ܭ‬Ʒ߻ʙࡃƴ̲ྸǛ
̔᫂ƠƯƘƩƞƍŵ
10
ƍƍƑ
ȪȢdzȳƷ‫ࡸ׹‬ǛƦǖƑƯƘ
Ʃƞƍŵ
Ƹƍ
ȪȢdzȳdzȸȉ‣ஜ࢘ƨǓƷᣐ Ƹƍ
ዴ৽৴Ƹ‣†…ₐˌɦưƋǔŵ
ƍƍƑ
ȪȢdzȳdzȸȉƷᧈƞƸ․•⊐
ˌɦưƋǔŵ
Ƹƍ
‫ࡸ׹‬ƷီƳǔȪȢdzȳǛ˄ƚ
Ưƍǔŵ
ƍƍƑ
ƍƍƑ
ዒƗឱƠƳƲƷᢿЎƕƋǕƹȪ
ȢdzȳdzȸȉǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
੗ዓӧᏡƳȪȢdzȳǛ˄ƚƯ
ƍǔŵ
․•⊐ˌɦƴƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
ೞ֥ƴ‫ࣖݣ‬ƠƨȪȢdzȳ èǛ
˄ƚƯƘƩƞƍŵ
Ƹƍ
ȪȢdzȳǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
èஇኳ᪫ƴᚡ᠍ƠƯƍLJƢžȪȢdzȳɟᚁᘙſ
ųিƍƸŴᣐዴ‫׋‬ǛӋༀƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
ૺ൦ƠƯƍǔŵ
Ƹƍ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ዅ൦᧏‫ڼ‬LJưƓࢳƪƘƩƞƍŵ
ዅൢǍ੎ൢƕദࠝƴᘍƳƑǔ
ᚨፗǛƠƯƍǔŵ
ȕȭȸǻȳǵȸƸദࠝưƋǔŵ
ȕȭȸǻȳǵȸǛʩ੭ƠƯƘ
Ʃƞƍŵ
Ƹƍ
༓૰ǿȳǯƴ໊඗ƕƋǓŴᡛ඗
ȐȫȖƸ‫ܦ‬μƴ᧏ƍƯƍǔŵ
Ƹƍ
ƍƍƑ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ƍƍƑ
ዅ඗ƠƯᡛ඗ȐȫȖǛ᧏ƍƯ
ƘƩƞƍŵ
ᚨፗ࿢‫ؾ‬ǛᙸႺƠƯƘƩƞƍŵ
ᡛ඗ኺែƷǨǢ৷ƖƕЈஹƯ
ƍǔŵ
ǨǢ৷ƖǛƠƯƘƩƞƍŵ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
Ƹƍ
໒౨Ј֥Ʒᩓ‫͌ן‬ƸദࠝưƋ
ǔŵ
Ƹƍ
ƍƍƑ
Ƹƍ
СᨂࡰǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ȐȸȊȸǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
Ƹƍ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
༏ʩЈӝǵȸȟǹǿǛʩ੭Ơ
ƯƘƩƞƍŵ
ภࡇᚨ‫ܭ‬Ǜ᭗ƘƠƯƘƩƞƍŵ
Ƹƍ
༏ʩЈӝǵȸȟǹǿƷ৽৴͌
ƸദࠝưƋǔŵ
ᩓᄬȝȳȗŴȎǺȫƸദࠝư
Ƌǔŵ
ƍƍƑ
μƘ્ᩓƠƯƍƳƚǕƹǤǰ
ȊǤǿȸŴ્ᩓǛƠƯƍǔƕŴ
ီࠝưƋǕƹǨȬǯȈȭȸȉ
Ǜʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
໒౨Ј֥Ǜʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
Сᨂࡰƕ૏ᨦƠƯƍǔŵ
Ƹƍ
ƍƍƑ
ƍƍƑ
ȪȢdzȳƷภࡇᚨ‫ܭ‬ƕ˯ƢƗ
ǔŵ
ǨȬǯȈȭȸȉƷ્ᩓཞ७Ƹ
ദࠝưƋǔŵ
ƍƍƑ
ɶዒዴƴȎǤǺƕλƬƯƍǔŵ
ƍƍƑ
ዅ൦ȕȭȸǻȳǵǛʩ੭ƠƯ
ƘƩƞƍŵ
Ƹƍ
ɶዒዴǛǷȸȫȉƠƯƘƩƞ
ƍŵ
11
Ȣȋǿȸᘙᅆ
μƘ˺ѣƠƳƍ
≗≙≓
ȀȳȑȢȸǿȸƷ
ီࠝ
ɶዒዴŴdzȍǯǿƴီ
ࠝƸƳƍŵ
Ƹƍ
ƍƍƑ
ദƠƘ੗ዓƠƯƘƩƞƍŵ
≙≘≓
൦᣽СᨂࡰƷီࠝ
൦᣽СᨂࡰȷฆӳࡰƷ
ӕ˄Ǜ᧓ᢌƬƯƍǔŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ദƠƘ੗ዓƠƯƘƩƞƍŵ
ᚨ‫ܭ‬ภࡇƴƳǒ
ƳƍŵLJƨƸμƘ
˺ѣƠƳƍŵ
Ȣȋǿȸᘙᅆ
≙≙≓
ฆӳࡰƷီࠝ
ฆӳࡰȷ൦᣽СᨂࡰƷ
ӕ˄Ǜ᧓ᢌƬƯƍǔŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ദƠƘ੗ዓƠƯƘƩƞƍŵ
Ȣȋǿȸᘙᅆ
ᡫࠝѣ˺Ƣǔ
≛≛≛
ໜ౨଺஖ƷƓჷǒ
ƤᲢǿǤȠǹǿȳ
ȗᲣ
ถ඗ज़ჷ֥Ʒ˺ѣ
≖≔≓
‫ٳ‬ൢภǵȸȟǹǿ
Ʒီࠝ
‫ٳ‬ൢภǵȸȟǹǿƷdz
ȍǯǿƕƸƣǕƯƍǔŵ
Ƹƍ
‫ٳ‬ൢภǵȸȟǹǿƷdzȍ
ǯǿǛᄩܱƴƸNJƯƘƩ
ƞƍŵ
12
ƍƍƑ
ȀȳȑȢȸǿȸƷ‫᠃ׅ‬Ƹദࠝ
ưƋǔŵ
Ƹƍ
ȀȳȑƷ᠆ƸദࠝưƋǔŵ
Ƹƍ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
ƍƍƑ
ȀȳȑȢȸǿȸǛʩ੭ƠƯƘ
Ʃƞƍŵ
ȐȸȊȸǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
dzȍǯǿƸദƠƘ੗ዓƞǕƯ
ƍǔŵ
Ƹƍ
Ƹƍ
൦᣽СᨂࡰƴǴȟƕ֣ǜưƍ
ǔŵ
ƍƍƑ
ƍƍƑ
ƍƍƑ
ദƠƘ੗ዓƠƯƘƩƞƍŵ
ฆӳࡰƷdzȍǯǿƕƸƣǕƯ
ƍǔŵ
ɶዒዴŴdzȍǯǿƴီࠝƸƳ
ƍŵ
ǴȟǛӕƬƯƘƩƞƍŵ
ദƠƘ੗ዓƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
ЈืǵȸȟǹǿƸദࠝưƋǔŵ
Ƹƍ
ฆӳࡰǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ЈืǵȸȟǹǿǛʩ੭ƠƯƘ
Ʃƞƍŵ
ฆӳࡰƷdzȍǯǿǛᄩܱƴƸ
NJƯƘƩƞƍŵ
ඥ‫ܭ‬ໜ౨Ʒໜ౨஖᧓ƴƳǓLJ
ƠƨŵȪȢdzȳƴᚡ᠍Ʒžໜ
౨Ӗ˄ᆸӝſƴƝᡲዂƘƩƞ
ƍŵ
༓૰ǿȳǯƴ໊඗ƕҗЎƋǔŵ
Ƹƍ
ƍƍƑ
ƍƍƑ
ɶዒዴǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
Ƹƍ
ถ඗ज़ჷ֥Ǜʩ੭ƠƯƘƩƞ
ƍŵ
ዅ඗ƠƯƘƩƞƍŵ
ɶዒዴƴီࠝƸƳƍŵ
ถ඗ज़ჷ֥ƷdzȍǯǿǛƸƣ
ƢƱᜩԓᘙᅆƕෞƑǔŵ
Ƹƍ
‫ٳ‬ൢภǵȸȟǹǿƕૺዴƠƯ
ƍǔŵ
Ƹƍ
‫ٳ‬ൢภǵȸȟǹǿǛʩ੭ƠƯ
ƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
৽৴͌ƸദƠƍƔŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
13
(4)ふろ運転エラーチャート
)ふろ運転エラーチャート
ƾǖᢃ᠃ƕμƘ
˺ѣƠƳƍŵ
ᢃ᠃ȩȳȗ
ໜ໊
Ȣȋǿȸᘙᅆ
≔≙≕
ƾǖȏǤȪȟȃȈ
Ʒ˺ѣ
≓≓≕
И஖സ൦ီࠝ
И‫ׅ‬ƾǖᐯѣᢃ᠃଺ƴෘ ƍƍƑ
಺ƴ൦ƕλƬƯƍǔŵ
Ƹƍ
൦Ǜ৷ƍƯƘƩƞƍŵ
≕≘≕
൦්ǹǤȃȁƷီ
ࠝ
ࣅ࿢ኺែŴࣅ࿢ӝȕǣȫǿȸ
ƴǴȟƕƭLJƬƯƍǔŵ
Ƹƍ
ੈᨊǛƠƯƘƩƞƍŵ
≖≕≕
ƾǖǵȸȟǹǿƷ
ီࠝ
ƍƍƑ
ࣅ࿢ȝȳȗƷǨǢ৷Ɩ
ƸҗЎưƋǔŵ
Ƹƍ
ƍƍƑ
ԠƼ൦ǛƠƯȝȳȗϋƷǨ
ǢǛǑƘ৷ƍƯƘƩƞƍŵ
ƾǖǵȸȟǹǿȷ༏ʩ
ЈӝǵȸȟǹǿƷӕ˄
Ǜ᧓ᢌƑƯƍǔŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ᣐዴǛ˄ƚஆƑƯƘƩƞƍŵ
≗≔≕
≗≕≔
ืƸǓȕȭȸǻȳ
ǵȸƷီࠝ
ƓืࢌǓɶƴឪƜƬƨŵ
๨൦౨ჷီࠝ
ǫȩȳƕ᧏ƍƯLJƢƔŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ǫȩȳǛ᧍NJƯƘƩƞ
ƍŵ
14
Ƹƍ
ƍƍƑ
ƾǖǵȸȟǹǿƷ৽৴͌Ƹദ
ࠝưƋǔŵ
Ƹƍ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
ƾǖǵȸȟǹǿǛʩ੭ƠƯƘ
Ʃƞƍŵ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
Ƹƍ
ƾǖ‫ׅ‬ែƸࣅ࿢ƠƯƍǔŵ
Ƹƍ
ƍƍƑ
൦්ǹǤȃȁƴǴȟƕƭLJƬ
Ưƍǔŵ
ƍƍƑ
ƍƍƑ
Ƹƍ
൦්ǹǤȃȁǛʩ੭ƠƯƘƩ
ƞƍŵ
ੈᨊǛƠƯƘƩƞƍŵ
ƾǖᣐሥƕᧈƢƗǔŵLJƨƸ
୺ƕǓƕ‫ٶ‬ƢƗǔŵƾǖᣐሥ
ƕ‣• ˌɥƋǔŵᲢ‣୺ƕǓ
Ƹ•†‧ ƱƠƯᚘምƠLJƢᲣ
ƍƍƑ
ᣐሥƕƭLJƬƯƍǔŵ
൦්ǹǤȃȁƷɶዒዴӏƼdz
ȍǯǿƸദࠝưƋǔŵųųų
ƍƍƑ
ࣅ࿢ȝȳȗǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
Ƹƍ
Ƹƍ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ᣐሥǛ৖ႺƠƠƯƘƩƞƍŵ
ᣐሥǛ৖ႺƠƠƯƘƩƞƍŵ
Ƹƍ
৽৴͌ƸദƠƍƔŵ
ƍƍƑ
ƍƍƑ
ƾǖǵȸȟǹǿƷdzȍǯǿƕ
ƸƣǕƯƍǔŵ
ƍƍƑ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ƾǖǵȸȟǹǿƷdzȍǯǿǛ
ᄩܱƴƸNJƯƘƩƞƍŵ
ዅ൦‫ן‬ƕ˯ƍŴLJƨƸૺ൦Ơ
Ưƍǔŵ
ɶዒዴǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ੈᨊǛƠƯƘƩƞƍŵ
Ƹƍ
ƾǖǵȸȟǹǿƕૺዴƠƯƍ
ǔŵ
Ƹƍ
ƾǖǵȸȟǹǿǛʩ੭ƠƯƘ
Ʃƞƍŵ
ᣐሥŴࣅ࿢ӝȕǣȫǿȸŴዅ൦ǹ ƍƍƑ ืƸǓȕȭȸǻȳǵȸƷdzȍ
ȈȬȸȊƴǴȟƕƭLJƬƯƍǔŵ
ǯǿƕƸƣƯƍǔŵ
Ƹƍ
ዅ൦‫ן‬ǛᢘദƴƠƯƘƩƞƍŵ
ืࢌǓᩓᄬࡰƸദࠝưƋǔŵ
ɶዒዴƴီࠝƸƳƍŵ
Ƹƍ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ืƸǓȕȭȸǻȳǵȸƷdzȍ
ǯǿǛᄩܱƴƸNJƯƘƩƞƍ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
ืࢌǓᩓᄬࡰǛʩ੭ƠƯƘƩ
ƞƍŵ
൦ᢊȡȸǿȸƕ‫ׅ‬ƬƯƍLJƢ
Ɣŵ
ƍƍƑ
ዅ൦ȕȭȸǻȳǵǛʩ੭ƠƯ
ƘƩƞƍŵ
Ƹƍ
๨൦ƠƯƍLJƢŵ
ਦ‫ܭ‬Ʒ߻ʙࡃ
ƴ̲ྸǛ̔᫂ƠƯƘƩƞƍŵ
15
ƾǖᢃ᠃ƕᡦɶ
ưഥLJǔŵ
ᢃ᠃ȩȳȗ
ໜ໊
≓≖≕
੎൦ఀࣔǕ
ࣅ࿢ኺែȕǣȫǿȸƕƭLJƬ
Ưƍǔŵ
Ƹƍ
ȕǣȫǿȸƷੈᨊǛƠƯƘƩ
ƞƍŵ
≙≖≕
16
ࣅ࿢ȝȳȗƷီࠝ
ƍƍƑ
ᣐሥƕƭLJƬƯƍǔŵ
Ƹƍ
ᣐሥƷ৖ႺƠǛƠƯƘƩ
ƞƍŵ
ƍƍƑ
ෘ಺Ʒ੎൦ఀƸᄩܱƴ᧍LJƬ
Ưƍǔŵ
Ƹƍ
ƍƍƑ
Ƹƍ
ƍƍƑ
੎൦ఀǛ᧍NJƯƔǒŴƾǖᢃ
᠃ǛǍǓƳƓƠƯƘƩƞƍŵ
൦්ǹǤȃȁƴǴȟƕƭLJƬ
Ưƍǔŵ
ࣅ࿢ኺែƔǒ൦ƕ๨ǕƯƍǔŵ
Ƹƍ
൦්ǹǤȃȁƷɶዒዴӏƼdz
ȍǯǿƸദࠝưƋǔŵ
Ƹƍ
ƍƍƑ
൦ƕ๨ǕƳƍǑƏƴϼፗƠƯ
ƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
ࣅ࿢ȝȳȗƷ੎൦ఀƸ᧍LJƬ
Ưƍǔŵ
੎൦ఀǛ᧍NJƯƘƩƞƍŵ
Ƹƍ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
൦්ǹǤȃȁǛʩ੭ƠƯƘƩ
ƞƍŵ
ੈᨊǛƠƯƘƩƞƍŵ
СࣂؕெǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ෘ಺Ʒࣅ࿢ӝLJưസǓืƕƳƍƷ
ƴŴ
ƓƍƩƖǹǤȃȁǛ਀Ơƨŵ
ƍƍƑ
ࣅ࿢ȝȳȗƕ˺ѣƠƯƍǔŵ
Ƹƍ
Ƹƍ
ƍƍƑ
ƍƍƑ
СࣂؕெƔǒ‣••⁈ƸЈƯƍǔŵ
Ƹƍ
ࣅ࿢ȝȳȗǛʩ੭ƠƯƘƩƞƍŵ
ෘ಺Ʒࣅ࿢ӝLJưƓืǛƸƬƯŴ
Ɠ
ƍƩƖǹǤȃȁǛ਀ƠƯƘƩƞƍŵ
ƍƍƑ
ƾǖᣐሥƕᧈƢƗǔŵLJƨƸ
୺ƕǓƕ‫ٶ‬ƢƗǔŵƾǖᣐሥ
ƕ‣•⊐ˌɥƋǔŵᲢ≔୺ƕǓ
Ƹ•†‧⊐ƱƠƯᚘምƠLJƢᲣ
Ƹƍ
ᣐሥƷ৖ႺƠǛƠƯƘƩƞƍŵ
17
4.リモコンの機能
メインリモコンとサブリモコンに機能的な差はありません。リモコン基板上のジャンパーの設定によって
最大3台まで接続可能です。(メイン、サブ1、サブ2、またはメイン、サブ1、ふろの組み合わせ)
サブリモコンを設定する場合はリモコン基板上のジャンパー線(JP 1、JP 2)をニッパーなどで切断
して設定してください。
JP 1
メインリモコンとして使用する場合
JP 2
工場出荷時のまま使用
サブリモコン 1 として使用する場合
そのまま
切 断
サブリモコン 2 として使用する場合
切 断
そのまま
各リモコンで使用できる機能
給湯
お湯はり
(CBX)
ふろ自動
(CKX)
予約
(CKX)
通 話
(CKX)
リモコンなし
×
×
×
×
×
メインリモコンのみ
○
○
○
○
×
ふろリモコンのみ
○
○
×
×
メインリモコン、サブリモコン
○
○
○
×
メインリモコン、ふろリモコン
○
○
○
○
メインリモコン、サブリモコン
ふろリモコン
○
○
○
○ ※
○
※メインリモコンまたはサブリモコンから通話を開始した場合は、ふろリモコンを呼び出します。
ふろリモコンから通話を開始した場合は、メインリモコン、サブリモコンで先に応答したリモコンと通
話します。メインリモコンとサブリモコンの間では通話ができません。
リモコン一覧
種 類
機 種 名
メインリモコン
サブリモコン
M-032DSP
S-032DS
M-032DAP
S-032DA
ふろリモコン
CBX-H481F
単機能
CBX-H481E
CKX-H481SAF
セミオート
CKX-H481SAE
18
F-032DA
(1)給湯温度設定
①メインリモコンのみの場合は、メインリモコンの運転(入/切)スイッチを入れたとき、設定された温
度になるよう燃焼制御を開始し、電源を切ると停止します。
②ふろリモコンのみの場合は、ふろリモコンの運転(入/切)スイッチを入れたとき、ふろ給湯優先温度
設定にて制御します。
③メインリモコン、ふろリモコン両方を接続した場合は、メインリモコンの給湯設定温度で制御し、ふろ
リモコンでふろ給湯優先スイッチを入れた場合は、ふろ給湯優先温度設定で制御します。
※自動運転中でお湯はり中、及びおいだき、たし湯中、さし水中は給湯温度の変更はできません。
(CKX のみ)
給湯温度は 35℃から 50℃まで 1℃刻みで設定できます。50℃以上は5℃刻みで 60℃まで設定できます。
55℃以上は「高温」表示がでます。
(2)ふろ温度設定 ふろ温度の設定は 36℃から 48℃まで1℃刻みで設定可能です。
42℃から 43℃へ変更する場合は、[+]スイッチを2秒以上押し続けると変更されます。
(3)ふろ給湯優先温度 ふろリモコンが優先の場合に浴室優先の給湯温度を設定できます。
19
(4)EEPROM 履歴モード
EEPROM は各種設定や運転情報、エラー履歴を記憶している部品です。一度記憶した情報は、初期化を
行なわない限り消えないため、停電復帰時に機器の再設定をする必要がありません。
運転 OFF のときに「+」スイッチと「設定」スイッチを同時に長押しすることで EEPROM 履歴モード
に入ります。EEPROM 履歴モードでは次表の項目について確認できます。
項 目
番号
番号
項 目
1
28 エラー発生経過日数 最新【日】
2
29 エラー発生経過日数 2代前【日】
3
ふろ設定温度【℃】
30 エラー発生経過日数 3代前【日】
4
31 エラー発生経過日数 4代前【日】
5
32 エラー発生経過日数 5代前【日】
6
33 リモコン ON/OFF 情報
7
リモコン接続情報
001 =ふろリモコンのみ
34 002 =メインリモコンのみ
003 =メインリモコン・ふろリモコン
004 =メインリモコン・ふろリモコン・サブリモコン
8
最大お湯はり量設定【L】
9
たし湯量設定【L】
35 電源投入回数【回】
10 さし水量設定【L】
36 1世代前の機種設定番号
11 予約時刻設定(AM0:00 ~)【min】
37 2世代前の機種設定番号
12 保温時間設定【H】
38 現行機種設定に変更してからの経過日数【日】
13
39 現行機種設定/1世代前の機種設定間の経過日数【日】
14
40 現行機種設定/2世代前の機種設定間の経過日数【日】
15
41 制御基板ソフト/バージョン番号
16 給湯設定温度または給湯設定【℃】
42 リモコンソフト/バージョン番号
17 ふろ給湯設定温度【℃】
43 1世代前のリモコンバージョン番号
18
44 2世代前のリモコンバージョン番号
19 総燃焼時間【H (×100)】
45 現行リモコンバージョンに変更してからの経過日数【日】
20 総着火回数【回 (×100)】
46 現行リモコンバージョン番号/1世代前のリモコ
ンバージョン番号間の経過日数【日】
21 総電源投入日数【日 (×10)】
47 1世代前のリモコンバージョン番号/2世代前の
リモコンバージョン番号間の経過日数【日】
22 明→暗時間設定値【sec】
48
23 暗→消灯時間設定値【min】
49 点検回数(タイムスタンプ解除操作回数)【回】
24 時計表示 ON/OFF
50 タイムスタンプ解除からの経過日数(OLD)
25 凍結予防運転 ON/OFF
51 タイムスタンプ解除からの経過日数(NEW)
26 機種設定番号
27 エラー発生回数
20
項目が空白の番号は本機種では使用しません。
(5)モニターモード
運転の状態にかかわらず「-」スイッチと「設定」スイッチを同時に長押しすることでモニタ-モード
に入ります。モニターモードでは以下の項目について確認できます。運転(入/切)スイッチを押すと
モニターモードを解除します。
項 目
番号
1
熱交出口サーミスタ温度【℃】
確 認 基 準、 説 明
現在の熱交出口サーミスタ検出温度。
2
出湯サーミスタ温度【℃】
現在の出湯温度。
3
給水サーミスタ温度【℃】
現在の給水温度。
4
混合弁位置【ステップ数】(× 10)
水側全開「000」
、湯側全開「270」
5
制限弁位置【ステップ数】
(× 10)
全開「000」
、全閉「270」
6
給水フローセンサー瞬時流量値【L/min】
(×1/10) 熱交換器へ流れる流量。200 = 20.0L/min
7
炎検出器情報(アナログ値)
【V】
連続燃焼時は 040 ~ 044、消火時は 000
8
ファン回転数【rpm】(× 10)
炎の大きさで約 2,500 ~ 5,700rpm(表示は 250 ~ 570)
まで可変。
9
ダンパモーター位置
全閉「000」
、全開「062」
※時計回りに開く。
10 油比例弁出力
「000」~「254」
11 油補正率
「000」~「120」
12 油温サーミスタ温度【℃】
現在の油温度。
13 ふろサーミスタ温度【℃】
現在のふろ温度。水流スイッチに内蔵。循環ポンプを駆
動させ、ある程度循環させてから温度を見る。
14 出湯量【L/min】
(×1/10)
現在の出湯量(算出)。200 = 20.0L/min
15 現時点までの総湯はり量【L】
総お湯はり量。
16 出力【kcal/h】
250 = 25,000kcal/h
17 水流スイッチ状態
OFF =水流未検知、ON =水流検知
18 湯はりフローセンサー瞬時流量値【L/min】(×1/10) 現在のお湯はり量。200 = 20.0L/min
19
20 外気温サーミスタ温度【℃】
現在の外気温度。外気温サーミスタは外装側板に付けて
いる為、実際は内部の熱の影響を受けます。
※ 環境温度より若干高めになります。
21 対震自動消火装置(感震器)状態
OFF =未検知、ON =検知
22
23 温度ヒューズ
OFF =異常、ON =正常
24 ハイカット状態
OFF =正常、ON =異常
25 電磁ポンプ動作状態
OFF =停止、ON =作動
26 イグナイター動作状態
〃
27 循環ポンプ動作状態
〃
28 凍結予防ヒーター動作状態
〃
29 保温インターバル時間【min】
外気温、ふろ配管の温度変化で自動調節。
30 凍結予防運転のポンプ動作時間【min】
凍結予防運転のポンプ作動時間。
31 凍結予防運転の動作周期【min】
外気温、ふろ配管の温度変化で自動調節。
32
33 湯はり電磁弁
OFF =停止、ON =作動
34 過熱防止サーミスタ温度【℃】
現在の過熱防止サーミスタ温度。
項目が空白の番号は本機種では使用しません。 21
(6)機種設定モード
制御基板の設定を高地仕様やセミオート機種にするなど、機種選択がリモコンから行なえます。ただし、
異なる設定をした場合は故障の原因となりますのでご注意ください。
運転 OFF 状態でリモコンの「+」スイッチと「-」スイッチ、
「設定」スイッチを同時に長押しするこ
とで機種設定モードに入ります。
「+」「-」スイッチを押して該当する機種番号に合わせて「設定」スイッチを押すと自動的に再起動を
行ない、リモコンの表示が消え「- - 表示」と「リモコン Ver.」が点滅します。「- - 表示」が「時計表示」
のみになると機種設定完了です。
〔機種設定番号と対応機種一覧〕
機種番号
CBX-H481F
CBX-H481E
CKX-H481SAF
CKX-H481SAE
平地仕様 0 ~ 1,000 m
031
高地仕様 1,000 ~ 1,500 m
034
平地仕様 0 ~ 1,000 m
032
高地仕様 1,000 ~ 1,500 m
035
平地仕様 0 ~ 1,000 m
019
高地仕様 1,000 ~ 1,500 m
022
平地仕様 0 ~ 1,000 m
020
高地仕様 1,000 ~ 1,500 m
023
※機種設定を切り替えると以前設定された温度、お湯はり量などの設定値は初期化されます。
◆現地での機種設定
現地での機種設定
機器が設置されている現地において基板を交換する際には、必ず機種設定を行なう必要があります。
基板はできるだけ出荷手順を踏んだものを使用してください。手持ちで使い回しの基板を使用(リユース)
する場合には、必ず EEPROM 初期化を行なってください。
◆基板のリユース
基板のリユース
交換された基板をリユースする場合には、EEPROM 初期化を行なったあと、機種切り替えをする必要があ
ります。初期化を行なわない場合、以前の情報が EEPROM に残るため、動作不良や不具合などの原因を確
認することが出来なくなります。
◆ EEPROM 初期化手順
電源コードを抜き、電源を OFF にします。基板上のチェックピン[CN7]を短絡して、電源を投入し
てください。10 秒程度保持した後に電源を OFF にし、短絡をやめてください。[CN7]の位置は配線図
を参照してください。
また、初期化されたかどうかの判定は、電源を ON にしたときリモコンの機種設定が「000」であれば初
期化済みです。この後(6)の方法で機種を設定してください。
22
(7)各種設定モード
リモコンの設定スイッチで設定できる項目 / メインリモコン・ふろリモコン共通
初 期 値
設 定 内 容
ふ
ろ
温
CBX-H481E
CBX-H481F
保
温
時
CKX-H481SAE
CKX-H481SAF
度
お 湯 は り 量
(最大湯はり量設定)
設 定 範 囲
CBX-H481E
CBX-H481F
CKX-H481SAE
CKX-H481SAF
40 ℃
36℃~ 48℃(1℃刻み)
180 L
(300L)
50 L~最大湯はり量設定で設定した値
(100 ~ 500 L)
0~ 12 時間、
24 時間(連続)
間
4 時間
音
量
中
大、中、小、消音(操作音は小) 時
刻
-:--
AM 0:00 ~ 11:59、PM 0:00 ~ 11:59
①設定スイッチを押す。②項目を選択。③「+」「-」スイッチで値を変更。④設定スイッチを押す。
その他の設定 / メインリモコン・ふろリモコン共通
項目番号
設 定 内 容
CBX
CKX
1
1
2
2
3
3
4
5
初 期 値
変更内容・範囲
60 秒
0~ 255 秒
5分
1~ 255 分
時刻表示の有無
ON
OFF = 無 ON = 有
ふろ凍結予防運転の有無
ON
OFF = 無 ON = 有
ON
OFF = 無 ON = 有
300 L
100 ~ 500L
明点灯から暗点灯に
なるまでの時間(秒)
暗点灯から消灯するまでの 時間(分)
保温運転の有無
(たし湯・おいだき後の保温)
4
6
最大湯はり量
5
7
給湯最高温度(℃)
60℃
40 ~ 50、55、60℃
6
8
ふろ最高温度(℃)
48℃
36 ~ 48℃
9
保温インターバル時間設定
---(自動)
---(自動)、10 ~ 60 分
7
10
運転切り忘れ防止機能の有無
OFF
OFF = 無 ON = 有
8
11
節約モードの有無
OFF
OFF = 無 ON = 有
9
12
灯油使用量表示の有無
OFF
OFF = 無 ON = 有
①設定スイッチと「+」スイッチを2秒以上押す。②項目番号を選択。③「+」
「-」スイッチで値を変
更。④設定スイッチを押す。
23
(8)法定点検時期のお知らせ(タイムスタンプ)
電源投入後の累積日数が 3650 日(10 年)を経過した場合、長期使用製品安全点検制度にもとづいて
ボイラーの点検を促すためのお知らせです。時計表示部に「888」が 3 回点滅し通常表示に戻る、を繰
り返します。運転切の状態から運転入に入った場合、1 回目のみアナウンスが流れます。
‿‟•‥․‶⁅⁂‡‶″⁂
‒⁅ ‟•‥․‶⁅‡‶″
◆タイムスタンプのリセット方法
(メインリモコン、ふろリモコンのどちらでも操作できます)
Ĭ
Į
İ
①タイムスタンプのリセット前の確認
運転を入にして、以下のことを確認します。
Ქ
Ყ
・チャイルドロック表示が消えていることを確認する。
・通話状態でないことを確認する。
・リモコンに「888」が点滅していることを確認する。
ĭ
②スイッチ操作1
Ქ
Ყ
運転を切にします。
右図に示す4つのスイッチを同時に5秒長押しします。
③スイッチ操作1の確認
į
運転が入になり、チャイルドロック表示が点灯します。
Ქ
Ყ
④スイッチ操作2
右図に示す4つのスイッチを同時に5秒長押しします。 ⑤スイッチ操作2の確認
‸‟•‥․‶″
一旦運転が切になり、リモコンのバージョンを表示した後、運転が入にな
ります。
リモコンに「888」が点滅していないことを確認します。
Ĭ
Į
İ
Ქ
Ყ
タイムスタンプ次回お知らせ時期
タイムスタンプをリセットすると次からは 1095 日(3年)ごとに「888」
が点滅し、お知らせします。
ĭ
Ქ
応急処置
Ყ
ボイラの電源コードを抜いて差しなおすと、10 日間は「888」を表示しま
せん。点検前のユーザーによる応急処置として使用してください。
į
Ქ
Ყ
5.ふろ自動運転(
ふろ自動運転(CKX
CKX のみ
のみ)
(1)ふろ自動運転は「お湯はり」「おいだき」「保温」を自動的に行ないます。
(2)「ふろ自動」スイッチを押すと運転を開始しますが、残り湯が循環口より上にある場合は、お湯はりを
しないでおいだきになります。また、残り湯が循環口より下にある場合は、お湯はり後おいだきと保温
をします。
(3)「お湯はり」中は、ふろ温度、給湯温度、その他設定の変更はできません。
6.た し 湯
た し 湯(CKX
CKX のみ
のみ)
「たし湯」スイッチを押してから「+」「-」スイッチで値を変更し、再度「たし湯」スイッチを押すと確
定します。
24
単
初
期
位
10 L
値
30 L
設
定
範
囲
10 ~ 300 L ※
給
湯
温
度
ふろ設定温度 -5℃
※ = 最大たし湯量は「4. リモコンの機能/
(7)各種設定モード」の最大湯はり量で変更可能です。
7.さ し 水
さ し 水(CKX
CKX のみ)
「さし水」スイッチを押してから「+」「-」スイッチで値を変更し、再度「さし水」スイッチを押すと確
定します。さし水後は保温運転の自動おいだき/インターバル時間が最低 10 分以上となります。
(現時
点で 10 分以上のカウント=継続、10 分以内のカウント= 10 分に延長)
単
位
初
設
期
定
範
10 L
値
10 L
囲
10 ~ 300 L ※
※ = 最大さし水量は「4. リモコンの機能/
(7)各種設定モード」の最大湯はり量で変更可能です。
8.おいだき運転
おいだき運転(CKX
CKX のみ)
(1)循環ポンプ ON より5秒間連続で水流スイッチ ON を確認できれば、ふろ循環ありと判断します。
(循環
ポンプ ON から 60 秒経過後、2回続けておいだき操作をして水流スイッチ ON 検出できない場合は循
環ポンプの異常となります)
(2)ふろ温度を検出し、温度が低い場合はふろ温度(※)まで上がるように沸き上げを開始します。この際
すでに設定温度以上を検出した場合は、おいだき運転終了となります。また、安全のためおいだき運転
は 48℃が上限です。
(3)保温運転中においだき運転すると、ふろ設定温度+2℃となります。
(4)給湯とおいだき運転は同時運転が可能です。
9.保
保 温 運 転 (CKX
CKX のみ)
ふろ自動運転終了後、自動的に保温運転を開始します。保温運転中は時間経過毎に循環ポンプ運転を行な
います。ただし、保温設定時間が 0 時間の場合は、保温運転に入りません。
実温度-設定温度
保温運転する間隔
外気温 15℃未満
外気温 15℃以上
2.0℃以上
28 分
40 分
2.0 ~
1.5℃
26 分
35 分
1.5 ~
1.0℃
24 分
30 分
1.0 ~
0.5℃
22 分
25 分
0.5 ~ -0.5℃
20 分
-0.5 ~ -1.0℃
18 分
-1.0 ~ -1.5℃
16 分
-1.5 ~ -2.0℃
15 分
-2.0℃以下
14 分
25
10.ヒーター凍結予防・
10
ヒーター凍結予防・ふろ凍結予防
ふろ凍結予防
(1)ヒーター凍結予防
給湯器内部の配管や部品などが凍結しないように、給水配管、出湯配管に取り付けられた計6箇所の凍
結予防ヒータが作動します。(CKX は循環ポンプにも取り付けで計7箇所)
(開始条件) 外気温サーミスタが3℃以下になった場合。または、外気温サーミスタが断線、短絡している場合。
(終了条件) 外気温サーミスタが7℃以上になった場合。
外気温サーミスタが断線、または短絡している場合は、外気温サーミスタが正常値になるまで(修理
されるまで)、ヒーター凍結予防運転を継続します。
(2)ふろ凍結予防(CKX のみ)
ふろ回路が凍結しないように、ふろ配管内の湯水を循環させます。下記の「◆ふろ凍結予防運転の設定
方法」でふろ凍結予防運転の有無を切り替えできます。
(開始条件)
ふろ運転停止またはふろ運転エラー発生時に、外気温サーミスタが3℃以下または断線・短絡したと
きに水流を検出した場合。
(終了条件)
ふろ運転を開始した場合や、外気温サーミスタが断線・短絡していない状態で7℃以上になった場合。
水流を検出できない場合。
◆ふろ回路の凍結予防
ふろ回路の凍結予防運転制御(
運転制御(CKX
CKX のみ) ①残り湯の有無判定
循環ポンプ ON した後で水流スイッチの ON を確認できたら、水ありと判断する。(②へ)
(③へ)
循環ポンプ ON から3分経過後、水流スイッチの ON を検出できなかった場合は、水なしと判断する。
②残り湯がある場合 ふろサーミスタの検出温度から循環ポンプの ON / OFF 時間を決定して、循環ポンプ運転を制御します。
③残り湯がない場合 循環ポンプを停止します。
水がないと判断した後で浴槽に水を満たしても、ふろ凍結防止運転は行いません。
ふろ運転をするか運転スイッチを入れ直すと、ふろ凍結予防運転の禁止状態は解除されます。
◆ふろ
ふろ凍結予防運転の設定方法
凍結予防運転の設定方法(
(CKX のみ) 運転スイッチを ON にし、
「設定」スイッチと「+」スイッチを 2 秒以上押します。再度「設定」スイッ
チを3回押し、項目番号を 4 に合わせます。ふろ凍結予防運転の有無を下表を参考に「+」
「-」スイッ
チで変更してください。
「設定」スイッチを2秒以上押すか 10 秒以上放置すると設定を終了します。
ふろ凍結予防運転 有
ON
ふろ凍結予防運転 無
OFF
※ふろ凍結予防運転「無」の場合でもヒーター凍結予防はします。
26
11.太陽熱温水器接続(
11.
太陽熱温水器接続(CBX
CBX のみ)
太陽熱温水器からの給水温度が設定温度に近い場合、燃焼せずにそのまま出湯することがあります。
また、給湯温度の設定にかかわらず、高温の湯が出ることがあります。給水温度が 55℃以上を検知し
た場合、音声「あついお湯が出ます」が流れます。
27
12.機能部品のチェック方法
12
.機能部品のチェック方法
「 * 」のマークが付いている部品はモニターモードにて状態(各項目により異なります)を確認すること
ができます。確認できる項目については「リモコンの機能・モニターモード
リモコンの機能・モニターモード」一覧表(P21)をご確認く
ださい。
オイルストレーナー
オイルストレーナーのカップ内にゴミがつまって
いないかカップをはずして点検します。
電磁ポンプ
電磁ポンプがまったく動かない場合は次のように点検してください。
(イ)制御基板の不具合点検
電磁ポンプのコネクタを抜き、ボイラーを燃焼動作させます。
その時の電磁ポンプ用端子から出力している電圧を測定します。
テスターはACモードで測定してください。
(ロ)出力電圧が正常な場合、電磁ポンプの不良が考えられます。交換し
Ӳŷ
ȆǹǿȸǛ੗ዓ
てください。
出力電圧が異常な場合、制御基板の不良が考えられます。交換して
ください。
電磁ポンプ
電磁ポンプ側コネクタ
(コイル抵抗値)
制御基板側コネクタ
(基板端子AC)
PVG63(2)
(VSGX63)
53Ω
50V
(誤差±10%)
戻り電磁弁
戻り電磁弁の不具合は次のように点検してください。
(イ)制御基板の不具合点検
戻り電磁弁のコネクタを抜き、ボイラーを燃焼動作させます。
その時の戻り電磁弁用端子から出力している電圧を測定します。
ȆǹǿȸǛ੗ዓ
テスターはACモードで測定してください。
(ロ)出力電圧が正常な場合、戻り電磁弁の不良が考えられます。交換してください。
出力電圧が異常な場合、制御基板の不良が考えられます。交換してください。
戻り電磁弁
コイル抵抗値
基板端子AC
PVG63(2)
(MV 5028)
890Ω
100V
(誤差±10%)
28
油 比 例 弁 *
テスターで油比例弁のコイル抵抗を測定します。
油比例弁
コイル抵抗値
基板端子DC
PVG63(2)
(PV6-CK)
40Ω
15V
(誤差±10%)
炎検出器(フォトIC) *
(1)目視で確認する場合
(イ)炎検出器がバーナーに正しく取付けられているか確認します。
(ロ)受光面が汚れていないか確認します。
(ハ)炎検出器(フォトIC)の中継コネクタを制御基板からはずして、
運転スイッチを入れ直してください。
ዪొƳƲ
Ტ൲ǕƕƋǕƹੈᨊƠƯƘƩƞƍᲣ
※取りはずす際、抜けにくい場合があります。
その場合は斜め方向に力を加えながら引き抜いてください。
症 状
処 置 方 法
正常に着火した後エラー表示する
炎検出器の不良が考えられます。交換してください。
バーナーはまったく作動しない
制御基板の不良が考えられます。交換してください。
(2)モニターモードで確認する場合
リモコンのモニターモードで炎検出器の電圧値を確認する。
(「設定」スイッチと「-」スイッチを同時に長押し)
バーナーが燃焼しているとき バーナーが停止しているとき
電圧値
040~044
※炎の大きさで変化します。
電圧値
000
送 風 機 *
送風機の回転数をモニターモードにて確認してください。送風機の最大回転数は 5,700rpm です。(※ 排気方
式で多少異なります)基準値の± 100rpm 程度であれば正常です。基準値をはずれる場合は送風機を交換し
てください。また交換の際は、必ず送風機が止まっていることを確認してから電源を抜いて作業を行ってくだ
また交換の際は、必ず送風機が止まっていることを確認してから電源を抜いて作業を行ってくだ
さい。
テスターで抵抗値を測定する場合は、制御基板のコネクタ 16 の電圧を確認してください。
(
「13. 配線図」参照)
モーター電源:赤 1 -青 4 DC140V
制御電源 :橙 5 -青 4 DC 6V
29
ハイカット *
ハイカットが作動した場合は、熱交換器を十分冷却した後、
リモコンのスイッチを入れ直してください。エラー
が解除されない場合は、ハイカットの導通を測定します。
(1)テスターによる判定方法
症 状
処 置 方 法
導通がない
ハイカットの不良です。交換してください。
導通がある(1.5 Ω以下)
熱交出口サーミスタか中継線または制御基板の不良です。
(2)中継線短絡による判定方法
ハイカットの中継線の両端を短絡して運転してください。症状はモニターモードでも確認できます。
(運
転する必要はありません)下表の( )内がモニターモードの表示です。
症 状
処 置 方 法
正常に運転する(OFF)
ハイカットの不良です。交換してください。
正常に運転しない(ON)
熱交出口サーミスタか中継線または制御基板の不良です。
※判定が済みましたら必ず中継線をハイカットに接続してください。
ȆǹǿȸǛ੗ዓ
温度ヒューズ *
温度ヒューズの中継コネクタを外して、導通を測定します。
症 状
30
処 置 方 法
導通がない
温度ヒューズが断線しています。
「エラーチャート」の温度ヒュー
ズ断線時の処置を実施してください。
導通がある(1.5 Ω以下)
制御基板または中継線の不良です。交換してください。
対震自動消火装置(感震器) *
対震自動消火装置が作動した場合は、配管からの水漏れやオイル漏れがないか機器の異常の有無を確認してか
らリモコンのスイッチを入れ直してください。
エラーが解除されない場合は、対震自動消火装置の導通を測定します。
(1)テスターによる方法
症 状
処 置 方 法
導通がない
対震自動消火装置不良です。交換してください。
導通がある(1.5 Ω以下)
制御基板または中継線の不良です。交換してください。
(2)中継線短絡による判定方法
対震自動消火装置の中継線の両端を短絡して運転してください。
症状はモニターモードでも確認できます。
(運転する必要はありません)次表の( )内がモニターモー
ドの表示です。 ※判定が済みましたら必ず中継線を対震自動消火装置に接続してください。
症 状
処 置 方 法
正常に運転する(OFF)
対震自動消火装置不良です。交換してください。
正常に運転しない(ON)
制御基板または中継線の不良です。交換してください。
ȆǹǿȸǛ੗ዓ
制御基板及びリモコン
(1)制御基板に電源電圧(AC100V)がきているか確認します。
AC90V ~ 110V の電圧がない場合は差し込みコンセント、引き込み口のノーヒューズブレーカーを点検し
ます。
(2)制御基板のヒューズを確認します。
溶断していれば、原因を取り除いてから制御基板を交換してください。
(3)リモコンが正常かどうかの確認は、電源を入れなおしたとき、
「- - 表示」が表示されていれば正常です。
外気温サーミスタ *
●テスターで抵抗値を測定する。
正常な抵抗値の見方
<正常な抵抗値のおよその目安>
外気温
抵抗値
外気温
抵抗値
-20℃
101k Ω
15℃
16 k Ω
(断線レベル)
(イ)おおよその温度を外気温度から見当をつけておく。
-15℃
76k Ω
20℃
12 k Ω
(ロ)外気温サーミスタの中継コネクタをはずしてサーミ
-10℃
57k Ω
25℃
10 k Ω
- 5℃
44k Ω
30℃
7.9k Ω
0℃
33k Ω
35℃
6.4k Ω
5℃
26k Ω
40℃
5.2k Ω
10℃
20k Ω
90℃
0.8k Ω
スタ側の抵抗値を測定する。
(ハ)測定した抵抗値から検知温度を<正常な抵抗値のお
よその目安>より判断する。
(短絡レベル)
31
熱交出口サーミスタ * 出湯サーミスタ * 給水サーミスタ * 油温サーミスタ *
過熱防止サーミスタ *
●テスターで抵抗値を測定する。
(1)サーミスタが断線しても短絡してもバーナーは作動しません。
(2)正常な抵抗値の見方
(イ)おおよその温度の見当をつけておく。
(ロ)サーミスタの中継コネクタをはずしてサーミスタ側の抵抗値を測定する。
(ハ)測定した抵抗値から検知温度を<正常な抵抗値の目安>より判断する。
●モニターモードで確認する場合(サーミスタ共通)
(1)サーミスタの温度値を確認できます。
(2)制御基板及び中継線の状態を確認できます。
熱交出口サーミスタ・出湯サーミスタ
給水サーミスタ・ふろサーミスタ 共通
過熱防止サーミスタ
<正常な抵抗値の目安>
油温サーミスタ
<正常な抵抗値の目安>
温 度
抵抗値
温 度
抵抗値
温 度
抵抗値
温 度
抵抗値
-20℃
76 k Ω
45℃
5.2k Ω
-20℃
67.0k Ω
45℃
4.5k Ω
- 5℃
37 k Ω
50℃
4.5k Ω
0℃
30 k Ω
55℃
3.7k Ω
0℃
26.1k Ω
50℃
3.8k Ω
5℃
21.0k Ω
55℃
5℃
24 k Ω
60℃
3.3k Ω
3.2k Ω
10℃
17.0k Ω
60℃
2.8k Ω
10℃
19 k Ω
25℃
11 k Ω
65℃
2.7k Ω
25℃
9.3k Ω
65℃
2.4k Ω
70℃
2.3k Ω
30℃
7.7k Ω
70℃
30℃
2.0k Ω
8.8k Ω
71℃
2.2k Ω
35℃
6.4k Ω
71℃
2.0k Ω
35℃
7.3k Ω
73℃
2.1k Ω
37℃
6.0k Ω
73℃
1.9k Ω
37℃
6.8k Ω
75℃
2.0k Ω
39℃
5.6k Ω
75℃
1.8k Ω
39℃
6.4k Ω
80℃
1.7k Ω
40℃
5.4k Ω
80℃
1.5k Ω
40℃
6.1k Ω
85℃
1.5k Ω
41℃
5.2k Ω
85℃
1.3k Ω
41℃
5.9k Ω
100℃
1.0k Ω
4.9k Ω
90℃
1.2k Ω
43℃
5.5k Ω
120℃
0.6k Ω
(断線レベル)
(短絡レベル)
(断線レベル)
43℃
(短絡レベル)
ふろサーミスタ *
●テスターで抵抗値を測定する。
(1)浴槽の水面が循環口上部から 10cm 以上あることを確認し、
リモコンの運転スイッチを
「入」
にしてください。
(2)浴槽の水温の見当を付けておき、循環ポンプが回り、循環温度が安定したところで、ふろサーミスタの
コネクタを制御基板からはずしてサーミスタの抵抗値を測定します。
(3)測定した抵抗値から検知温度を上表の<正常な抵抗値のおよその目安>より判断する。
●モニターモードで確認する場合(サーミスタ共通)
(1)サーミスタの温度値を確認できます。
(2)制御基板及び中継線の状態を確認できます。
32
循環ポンプ
(1)循環ポンプに電圧がかかっているかテスターで確認します。接続コネクタは制御基板に接続したままで
測定します。(リモコンの追いだきスイッチを「入」にする)
症 状
処 置 方 法
AC100V が き て い て 循 環 ポ ン
プが作動する。
正常です。
AC100V がきていない。
制御基板の不良です。交換してください。
AC100V を 出 力 し て 循 環 ポ ン
プが作動するが、水が循環し
ない。
AC100V が き て い る が、 循 環
ポンプが作動しない。
① 循環回路または循環ポンプ内のゴミづまりが考えられま
す。点検してください。
② ①に異常がない場合は循環ポンプの不良です。交換してく
ださい。
循環ポンプの不良です。交換してください。
ȆǹǿȸǛ੗ዓ
(2)循環ポンプの巻き線抵抗値を測定します。
接続コネクタを制御基板からはずして測定します。
正常な抵抗値
20 Ω± 5%
湯張り電磁弁
●湯張り電磁弁に電圧がかかっているかテスターで確認します。
接続コネクタは制御基板に接続したままで測定します。(リモコンのふろ自動スイッチを「入」にする)
症 状
処 置 方 法
AC100V がきていて湯張り電磁
弁が作動する。
正常です。
AC100V がきていない。
制御基板の不良です。交換してください。
AC100V がきているが、湯張り
電磁弁が作動しない。
ふろ自動運転をしていないの
に、常に循環口から水が出る。
湯張り電磁弁の不良です。交換してください。
ȆǹǿȸǛ੗ዓ
33
水流スイッチ *
(1)テスターによる判定方法
水流スイッチの中継コネクタをはずして、水流スイッチ側の導通を確認してください。
(2)モニターモードよる判定方法
モニターモードでも確認できます。次表の( )内がモニターモードの表示です。
中継コネクタをはずさずに確認してください。
循環停止
循環中
無(OFF) 有(ON)
導通
有(ON)
処 置 方 法
正常です。
有(ON)
① ゴミがつまっていれば、取り除いてください。
② ①に異常がなければ水流スイッチの不良です。交換して
ください。
無(OFF) 無(OFF)
※(1)に異常がなく(2)に異常がある場合は、制御基板または中継線の不良です。
フローセンサー *
フローセンサーの点検は特殊な計器が必要で、取り付け場所での正確な良否判定を行なうことができません。
実際の動作状況により判断する場合には以下の方法で行なってください。
給湯栓より十分な量の水を出してください。他の異常がないのに機器が全く作動しない場合はフローセンサー
を取り外し、ゴミかみ、またはローターの回転不良がないか確認してください。
ゴミかみの場合はゴミを取り除いてください。
ローターの回転不良の場合には正常なものと交換してください。
34
13.各部の名称
13
.各部の名称
● 構 造 図(CBX-H481F)
Јืǵȸȟǹǿ
ǤǰȊǤǿȸ
ᡛ᫘ೞ
໒౨Ј֥
ȪȢdzȳ੗ዓᇢ‫܇‬Ө
൦᣽Сᨂࡰ
Јืӝ
⁄‥‡…ǪȍǸ
൦ǹȈȬȸȊȸ
ᢅ‫ן‬ᡜƠࡰ
ዅ൦ӝ
⁄‥‡…ǪȍǸ
ዅ൦ǵȸȟǹǿ
൦ൔ̊ࡰ
༏ʩЈӝǵȸȟǹǿ
ȕȭȸǻȳǵȸ
‫ٳ‬ൢภǵȸȟǹǿ
੎൦ఀ
඗ภǵȸȟǹǿ
Сࣂؕெ
ᩓᄬȝȳȗ
༓඗᣽ᛦૢؕெ
ȀȳȑȸȢȸǿȸ
ෞ᪦DZȸǹ
༏ʩ੭֥
ภࡇȒȥȸǺ
ȏǤǫȃȈ
ǪǤȫǹȈȬȸȊȸ
‫ݣ‬ᩗᐯѣෞ້ᘺፗ
Ტज़ᩗ֥Უ
● 構 造 図(CBX-H481E)
Јืǵȸȟǹǿ
ǤǰȊǤǿȸ
ᡛ᫘ೞ
੎൦ఀ
໒౨Ј֥
඗ภǵȸȟǹǿ
Сࣂؕெ
ȪȢdzȳ੗ዓᇢ‫܇‬Ө
൦᣽Сᨂࡰ
Јืӝ
⁄‥‡…ǪȍǸ
൦ǹȈȬȸȊȸ
ᢅ‫ן‬ᡜƠࡰ
ዅ൦ӝ
⁄‥‡…ǪȍǸ
ዅ൦ǵȸȟǹǿ
൦ൔ̊ࡰ
༏ʩЈӝǵȸȟǹǿ
ȕȭȸǻȳǵȸ
‫ٳ‬ൢภǵȸȟǹǿ
ෞ᪦DZȸǹ
ᩓᄬȝȳȗ
༓඗᣽ᛦૢؕெ
ȀȳȑȸȢȸǿȸ
༏ʩ੭֥
ภࡇȒȥȸǺ
ȏǤǫȃȈ
ǪǤȫǹȈȬȸȊȸ
‫ݣ‬ᩗᐯѣෞ້ᘺፗ
Ტज़ᩗ֥Უ
35
● 構 造 図(CKX-H481SAF)
໒౨Ј֥
Сࣂؕெ ǤǰȊǤǿȸ
ืࢌǓᩓᄬࡰ
ȪȢdzȳ੗ዓᇢ‫܇‬Ө
Јืӝ
⁄‥‡…ǪȍǸ
ᢅ‫ן‬ᡜƠࡰ
ዅ൦ǵȸȟǹǿ
ዅ൦ӝ
⁄‥‡…ǪȍǸ
൦ൔ̊ࡰ
൦ǹȈȬȸȊȸ ࢮƖ
༏ʩЈӝǵȸȟǹǿ
ȕȭȸǻȳǵȸ
Ტዅ൦Უ ৏Ǔ
‫ٳ‬ൢภǵȸȟǹǿ
൦᣽Сᨂࡰ
ᡛ᫘ೞ
Јืǵȸȟǹǿ
ȕȭȸǻȳǵȸ
ᲢืƸǓᲣ
ƾǖǵȸȟǹǿ
൦්ǹǤȃȁ
ࣅ࿢ȝȳȗ
඗ภǵȸȟǹǿ
ᩓᄬȝȳȗ
༓඗᣽ᛦૢؕெ
ȀȳȑȸȢȸǿȸ
༏ʩ੭֥
ෞ᪦DZȸǹ
ภࡇȒȥȸǺ
ᢅ༏᧸ഥǵȸȟǹǿ
ȏǤǫȃȈ
ǪǤȫǹȈȬȸȊȸ
‫ݣ‬ᩗᐯѣෞ້ᘺፗ
Ტज़ᩗ֥Უ
● 構 造 図(CKX-H481SAE)
໒౨Ј֥
ǤǰȊǤǿȸ
Сࣂؕெ
ืࢌǓᩓᄬࡰ
ȪȢdzȳ੗ዓᇢ‫܇‬Ө
Јืӝ
⁄‥‡…ǪȍǸ
ᢅ‫ן‬ᡜƠࡰ
ዅ൦ǵȸȟǹǿ
ዅ൦ӝ
⁄‥‡…ǪȍǸ
൦ൔ̊ࡰ
൦ǹȈȬȸȊȸ ࢮƖ
༏ʩЈӝǵȸȟǹǿ
ȕȭȸǻȳǵȸ
Ტዅ൦Უ ৏Ǔ
‫ٳ‬ൢภǵȸȟǹǿ
඗ภǵȸȟǹǿ
൦᣽Сᨂࡰ
ᡛ᫘ೞ
Јืǵȸȟǹǿ
ȕȭȸǻȳǵȸ
ᲢืƸǓᲣ
ƾǖǵȸȟǹǿ
൦්ǹǤȃȁ
ࣅ࿢ȝȳȗ
ǪǤȫǹȈȬȸȊȸ
‫ݣ‬ᩗᐯѣෞ້ᘺፗ
Ტज़ᩗ֥Უ
36
ෞ᪦DZȸǹ
ᩓᄬȝȳȗ
༓඗᣽ᛦૢؕெ
ȀȳȑȸȢȸǿȸ
༏ʩ੭֥
ภࡇȒȥȸǺ
ᢅ༏᧸ഥǵȸȟǹǿ
ȏǤǫȃȈ
14.配 線 図
14
.配 線 図
制御基板配線図
① CBX-H481F、CBX-H481E
ᡛ
᫘
≗
᱅
ႉ
‣‧ ᱅
ೞ
≔ႉ
‴‵⁊‟″‶‟‫‣•‫‬
‥᱅
ዅ൦ȕȭȸǻȳǵȸ
‣… ႉ
≔ហ
≙
᰾ႉ
ೝ ‣
ហ᩷
≔
‣‪
≔
‥
CN7
≖
≙
‣‥
≔
‣․ ≗
≔
‣‣
ᩓเ
″‵‣••⁈
᱅ ᩷
‫ٳ‬ൢภǵȸȟǹǿ
᱅ ᱅
ȒȥȸǺ
‣•≤
≔
‣
ႉႉႉႉႉႉ
≕
≖
≔
≘
≕
‣…
ዯ໋᰾
ហႉ
≚
ហ ហ
ႉ ႉ
໒ ౨ Ј ֥
‣• ႉ
඗᣽ᛦૢ
ႉ᱅ ‣
≔
ႉ ከ
ႉ ᱅
༏ʩЈӝǵȸȟǹǿ
᱅
≚
ೝ
᩷
‣•
᱅
᱅
ከ ‣‣
ហ
᱅
᱅
ហ
ႉ≔
≔᩷
≜
ႉ
᱅
᱅
඗ภǵȸȟǹǿ
᱅ ႉ
ហ ႉ
Јืǵȸȟǹǿ
᱅ ႉ
᩷ ႉ
ዅ൦ǵȸȟǹǿ
ȏ Ǥ ǫ ȃ Ȉ
‫ݣ‬ᩗᐯѣෞ້ᘺፗ
≛
≗
≛
≙
≗
≘
≛ ≔
≛ ≔
‫‫‬
ႉ᱅ ≔
ႉ᱅ ᩷᰾ႉೝዯ᱅ከហ ᩷ហ ೝዯႉከ᱅ ᩷᰾ႉೝዯ᱅ከហ ≚
᱅
᱅
≔
ႉ ႉ
ႉ ≔ႉ
ภࡇȒȥȸǺ
≔
඗
ൔ
̊ ࡰ
̊ ࡰ
൦ ᣽ С ᨂ ࡰ
ൔ
ȀȳȑȢᶌǿᶌ
൦
Ǣȸǹ
ถ඗ज़ჷ֥ ᶝК٥
ᶞ
᰾ႉ
ȡǤȳȪȢdzȳ
᰾᰾
ᩓ ᄬ ȝ ȳ ȗ
඗৏Ǔᩓᄬࡰ
ϵኽʖ᧸Ȓᶌǿᶌ
ǤǰȊǤǿᶌ
ᲢК٥Უ
ǵȖȪȢdzȳ
37
② CKX-H481SAF、CKX-H481SAE
ᡛ
᫘
≗
ೞ
᱅
ႉ
‣‧ ᱅
≔ႉ
‴‵⁊‟″‶‟‫‣•‫‬
‥᱅
ዅ൦ȕȭȸǻȳǵȸ
‣… ႉ
≔ហ
≙
᰾ႉ
ೝ ‣
ហ᩷
≔
‣‪
≔
‥
CN7
≖
≙
᱅
ืࢌǓȕȭȸǻȳǵȸ
‣‥ ႉ
≔ហ
‣․ ᱅
≔᰾
≗
ᢅ༏᧸ഥǵȸȟǹǿ
‣‣
ᩓเ
″‵‣••⁈
᱅ ᩷
‫ٳ‬ൢภǵȸȟǹǿ
᱅ ᱅
ȒȥȸǺ
‣•≤
≔
‣
≕
≖
≘
‣…
≜
≛
≙
≗
≘
≛ ≔
≛ ≔
≜
ዯ໋᰾᱅໋ႉ᱅ ≔
ហႉႉ໋ႉ᱅ ᩷᰾ႉೝዯ᱅ከហ ᩷ហ ೝዯႉከ᱅ ᩷᰾ႉೝዯ᱅ከហ ≚
᱅ ႉ
᩷ ႉ
≚
᱅
᱅
≔
ƾǖǵȸȟǹǿ
Јืǵȸȟǹǿ
ዅ൦ǵȸȟǹǿ
ȏ Ǥ ǫ ȃ Ȉ
ႉ
᱅
᱅
≛
≗
≕
඗ภǵȸȟǹǿ
᱅ ႉ
ዯ ႉ
᱅ ႉ
ហ ႉ
‣• ႉ
඗᣽ᛦૢ
ႉ᱅ ‣
≔
໒ ౨ Ј ֥
ហ ហ
ႉ ႉ
ႉႉႉႉႉႉ
≔
༏ʩЈӝǵȸȟǹǿ
ႉ ከ
ႉ ᱅
᱅
ೝ
᩷
‣• ᱅
᱅
ዯ
ከ ‣‣
᱅
᱅
ហ
ហ
᱅
ႉ≔
≔᩷
≚
‫ݣ‬ᩗᐯѣෞ້ᘺፗ
᱅ ᱅
᱅
᱅
ႉ ႉ
ႉ ≔ႉ
൦්ǹǤȃȁ
᱅ ᱅
ภࡇȒȥȸǺ
≔
඗
ൔ
ถ඗ज़ჷ֥ ᶝК٥
̊ ࡰ
̊ ࡰ
൦ ᣽ С ᨂ ࡰ
ൔ
ȀȳȑȢᶌǿᶌ
൦
Ǣȸǹ
ȡǤȳȪȢdzȳ
ᶞ
ႉ
᰾᰾ ᰾᰾ ᱅
ႉ
ᩓ ᄬ ȝ ȳ ȗ
඗৏Ǔᩓᄬࡰ
⃸
ืࢌǓᩓᄬࡰ
⃸
ࣅ ࿢ ȝ ȳ ȗ
ϵኽʖ᧸Ȓᶌǿᶌ᲼
ϵኽʖ᧸Ȓᶌǿᶌ#
ǤǰȊǤǿᶌ
38
᰾ႉ ᰾ႉ ᱅
ƾǖȪȢdzȳ
è≝ϵኽʖ᧸Ȓȸǿȸ᲻ Ჷ ᣐųሥ
ųųϵኽʖ᧸Ȓȸǿȸ᲼ Ჷ ࣅ࿢ȝȳȗ
ᲢК٥Უ
ǵȖȪȢdzȳ
15.リ
15
リモコン
■ CBX-H481F、CBX-H481E
ȡǤȳȪȢdzȳų᳇ᲧᲪᲭᲬᲾ᳍᳊
ȁȣǤȫȉȭȃǯǹǤȃȁ
ᚨ‫ܭ‬ǹǤȃȁ
ᢃ᠃ȩȳȗ
ƓืƸǓȩȳȗ
Ქ
Ყ
ƓืƸǓ
ƓืƸǓǹǤȃȁ
ᢃ᠃ǹǤȃȁ
ǹȔȸǫȸ
ᲥᲧǹǤȃȁ
39
■ CKX-H481SAF、CKX-H481SAE
ȡǤȳȪȢdzȳų᳇ᲧᲪᲭᲬᲾ᲻᳊
ʖኖǹǤȃȁ
ᡫᛅǹǤȃȁ
ȁȣǤȫȉȭȃǯǹǤȃȁ
ᚨ‫ܭ‬ǹǤȃȁ
ᢃ᠃ȩȳȗ
ƾǖᐯѣȩȳȗ
Ქ
Ყ
ƾǖᐯѣǹǤȃȁ
ᢃ᠃ǹǤȃȁ
ǹȔȸǫȸ
ਘ‫׋ٻ‬
ᲥᲧǹǤȃȁ
ΟέƷƱƖƸዅืภࡇƷ
‫୼٭‬ƕưƖLJƢŵ
ȞǤǯ
ƾǖȪȢdzȳų᳀ᲧᲪᲭᲬᲾ᲻
ƨƠืǹǤȃȁ
ƞƠ൦ǹǤȃȁ
ᡫᛅȩȳȗ
ᢃ᠃ȩȳȗ
ᡫᛅǹǤȃȁ
ᢃ᠃ǹǤȃȁ
ΟέǹǤȃȁ
ᚨ‫ܭ‬ǹǤȃȁ
Ქ
ƾǖᐯѣȩȳȗ
ਘ‫׋ٻ‬
ǹȔȸǫȸ
Ყ
ƾǖᐯѣǹǤȃȁ
ƓƍƩƖȩȳȗ
ƓƍƩƖǹǤȃȁ
ᲥᲧǹǤȃȁ
ȞǤǯ
40
ΟέƷƱƖƸŴዅืภࡇƷ‫୼٭‬Ŵ
ΟέưƳƍƱƖƸŴƾǖภࡇƷ
‫୼٭‬ƕưƖLJƢŵ
ȪȢdzȳᘙᅆᢿ
ϵኽʖ᧸ᢃ᠃ᘙᅆ
ȁȣǤȫȉȭȃǯᘙᅆ
ʖኖᘙᅆ
଺ЦᘙᅆȷǨȩȸᘙᅆ
ƨƠืസǓ᣽ᘙᅆȷƞƠ൦സǓ᣽ᘙᅆ
Οέᘙᅆ
᭗ภᘙᅆ
ᚨ‫ܭ‬ϋܾᘙᅆ
ዅ඗ᘙᅆ
ዅืภࡇᚨ‫ܭ‬
༓໲ᘙᅆ
൦᣽ᘙᅆȷ᪦᣽ᘙᅆ
̬ภᘙᅆ
ƾǖภࡇᘙᅆȷᡫᛅ᪦᣽ᘙᅆ
ᘙᅆᢿƷራᩓƴƭƍƯ
リモコンは節電のため、一定時間機器を使用しないと表示が暗くなります。
ȪȢdzȳƸራᩓƷƨNJŴɟ‫᧓଺ܭ‬ೞ֥Ǜ̅ဇƠƳƍƱᘙᅆƕଢ଼ƘƳǓLJƢŵ
「時計表示をしない」設定にすると暗い表示のあと消灯します。
ž଺ᚘᘙᅆǛƠƳƍſᚨ‫ܭ‬ƴƢǔƱᲢ⁂․‧⊡․
ӋༀᲣŴଢ଼ƍᘙᅆƷƋƱෞ໊ƠLJƢŵ
(予約表示、給油表示、凍結予防運転表示が出ているときは消灯しません)
ᲢʖኖᘙᅆŴዅ඗ᘙᅆŴϵኽʖ᧸ᢃ᠃ᘙᅆƕЈƯƍǔƱƖƸෞ໊ƠLJƤǜᲣ
暗い表示または消灯しているときにスイッチを押すか、機器が作動すると明るい表示
ଢ଼ƍᘙᅆLJƨƸෞ໊ƠƯƍǔƱƖƴǹǤȃȁǛ਀ƢƔŴೞ֥ƕ˺ѣƢǔƱଢǔƍᘙᅆ
に戻ります。
ƴ৏ǓLJƢŵ
ᡫࠝƷଢǔƍᘙᅆ
ă
ଢ଼ƍᘙᅆ
ă
ෞ໊
ଢǔƍᘙᅆƔǒଢ଼ƍᘙᅆŴෞ໊LJưƷ଺᧓Ƹ‫୼٭‬ưƖLJƢŵᲢ⁂․‧⊡․
ӋༀᲣ
41
16.フローチャート
16
.フローチャート
ふろ自動運転(初回)/ CKX-H481SAF、CKX-H481SAE
ƾǖᐯѣᢃ᠃᧏‫ڼ‬
И஖ᚨ‫ܭ‬
൦ˮȇȸǿƋǓ
;'5
Წ‫ׅ‬ႸˌᨀƷᢃ᠃ǁ
01
ืƸǓภࡇᙀദ͌
И஖҄
Ჯ᳆ืƸǓ
൦්ƋǓ
;'5
И஖സ൦Ǩȩȸ
ᲪᲪᲬ
01
ᲭᲪ᳆ืƸǓ
൦්ƋǓ
01
;'5
ืƸǓ᣽Ģᚨ‫ืܭ‬ƸǓ᣽
;'5
੎൦ఀࣔǕǨȩȸ
ᲪᲭᲬ
01
ᲫᲪ᳆ืƸǓ
01
Ც᳆ืƸǓ
൦්ƋǓ
൦්ƋǓ
;'5
01
੎൦ఀࣔǕǨȩȸ
ᲪᲭᲬ
;'5
൦ˮȇȸǿƷᚡচ
സǓƷืƸǓ᣽ምЈ
01
സǓƷืƸǓ᣽ġؕแ൦᣽
;'5
ืƸǓภࡇᙀദ
ืƸǓภࡇᙀദ
žസǓƷืƸǓ᣽hᲬſืƸǓ
സǓƷืƸǓ
൦්ƋǓ
01
;'5
൦්ƋǓ
੎൦ఀࣔǕǨȩȸ
ᲪᲭᲬ
01
੎൦ఀࣔǕǨȩȸ
ᲪᲭᲬ
01
੎൦ఀࣔǕǨȩȸ
ᲪᲭᲬ
;'5
žസǓƷืƸǓ᣽hᲬſืƸǓ
൦්ƋǓ
;'5
ƾǖภࡇĢᚨ‫ܭ‬ภࡇ
;'5
01
̬ภǤȳǿȸȐȫ଺᧓ƷምЈ
ȝǹȈȝȳȗ
ࣅ࿢ȝȳȗ᳉᳈
̬ภǤȳǿȸȐȫƷᚨ‫ܭ‬
ǫǦȳȈ᧏‫ڼ‬
ƾǖภࡇĢᚨ‫ܭ‬ภࡇ
;'5
̬ภᢃ᠃
ƾǖᐯѣᢃ᠃ኳʕ
42
01
ふろ自動運転(2 回目以降)/ CKX-H481SAF、CKX-H481SAE
ƾǖᐯѣᢃ᠃᧏‫ڼ‬
Э‫ׅ‬ƷืƸǓภࡇ
ᙀദ͌ӕࢽ
Ჯ᳆ืƸǓ
൦්ƋǓ
;'5
᲻
01
žؕแ൦᣽hᲬſƷ
ืƸǓ᧏‫ڼ‬
൦්ƋǓ
01
;'5
žؕแ൦᣽hᲬſƷ
ืƸǓ᧏‫ڼ‬
;'5
൦්ƋǓ
01
ืƸǓ᣽Ģᚨ‫ืܭ‬ƸǓ᣽
;'5
੎൦ఀࣔǕǨȩȸ
ᲪᲭᲬ
01
ᲫᲪ᳆ืƸǓ
01
൦්ƋǓ
;'5
സǓƷืƸǓ᣽ምЈ
01
സǓƷืƸǓ᣽ġؕแ൦᣽
;'5
žസǓƷืƸǓ᣽hᲬſืƸǓ
സǓƷืƸǓ
൦්ƋǓ
01
;'5
൦්ƋǓ
੎൦ఀࣔǕǨȩȸ
ᲪᲭᲬ
01
੎൦ఀࣔǕǨȩȸ
ᲪᲭᲬ
01
੎൦ఀࣔǕǨȩȸ
ᲪᲭᲬ
;'5
žസǓƷืƸǓ᣽hᲬſืƸǓ
൦්ƋǓ
;'5
ƾǖภࡇĢᚨ‫ܭ‬ภࡇ
01
᲻
;'5
̬ภǤȳǿȸȐȫ଺᧓ƷምЈ
ȝǹȈȝȳȗ
̬ภǤȳǿȸȐȫƷᚨ‫ܭ‬
ǫǦȳȈ᧏‫ڼ‬
ࣅ࿢ȝȳȗ᳉᳈
ƾǖภࡇĢᚨ‫ܭ‬ภࡇ
̬ภᢃ᠃
01
;'5
ƾǖᐯѣᢃ᠃ኳʕ
43
ポストポンプ/ CKX-H481SAF、CKX-H481SAE
ȝǹȈȝȳȗ᧏‫ڼ‬
ࣅ࿢ȝȳȗ10
൦්ƋǓ
01
;'5
ࣅ࿢ȝȳȗ1((
;'5
ᢅ༏᧸ഥǵȸȟǹǿภࡇġ‧•⃹
01
01
੎൦ఀࣔǕǨȩȸ
ᲪᲭᲬ
ᅺኺᢅ
;'5
ࣅ࿢ȝȳȗ1((
ȝǹȈȝȳȗኳʕ
保温運転/ CKX-H481SAF、CKX-H481SAE
̬ภᢃ᠃᧏‫ڼ‬
;'5
̬ภᚨ‫᧓଺ܭ‬ᲷᲪ
01
01
ǤȳǿȸȐȫኺᢅ
;'5
ࣅ࿢ȝȳȗ10
൦්౨Ј
01
;'5
01
ƾǖภࡇĢƾǖᚨ‫ܭ‬ภࡇ
;'5
01
ᡙƍƩƖɶૺȕȩǰ
ǛǻȃȈᲢ‫ׅ‬ႸᲣ
ȝǹȈȝȳȗ
ᡙƍƩƖᢃ᠃ɶૺ
̬ภ଺᧓ኺᢅ
̬ภᢃ᠃ኳʕ
;'5
01
ࣅ࿢ȝȳȗ1((
;'5
44
Э‫ׅ‬ᡙƍƩƖǛɶૺƠƨ
ࣅ࿢ȝȳȗƷီࠝ
ᲰᲭᲬ
たし湯・さし水運転/ CKX-H481SAF、CKX-H481SAE
ƨƠืŴƞƠ൦᧏‫ڼ‬
ƨƠืŴƞƠ൦᣽ᚨ‫ܭ‬
ƨƠืQTƞƠ൦
ƞƠ൦
ƨƠื
ืƸǓภࡇᲷƾǖᚨ‫ܭ‬ภࡇ≘é
ืƸǓภࡇᲷ൦ᲢᲪࡇᚨ‫ܭ‬Უ
ืƸǓᩓᄬࡰ10
ืƸǓ᣽Ģᚨ‫ܭ‬᣽
01
;'5
ืƸǓᩓᄬࡰ1((
ƨƠื
01
;'5
̬ภᚩӧ
01
;'5
ᡙƍƩƖϼྸ
ƨƠืŴƞƠ൦ኳʕ
45
おいだき運転/ CKX-H481SAF、CKX-H481SAE
ᡙƍƩƖᢃ᠃᧏‫ڼ‬
ࣅ࿢ȝȳȗ10
൦්ƋǓ
01
;'5
01
Э‫ׅ‬ᡙƍƩƖǛɶૺƠƨ
ƾǖภࡇĢƾǖᚨ‫ܭ‬ภࡇ
01
;'5
ࣅ࿢ȝȳȗ1((
ᡙƍƩƖɶૺȕȩǰ
ǛǻȃȈᲢ‫ׅ‬ႸᲣ
ȝǹȈȝȳȗ
ᡙƍƩƖᢃ᠃ɶૺ
̬ภᚨ‫ܭ‬Ჷ10
01
;'5
̬ภᚨ‫᧓଺ܭ‬Ჷ
01
̬ภᢃ᠃ϼྸ
01
̬ภ଺᧓ኺᢅ
;'5
ᡙƍƩƖᢃ᠃ኳʕ
46
;'5
;'5
ࣅ࿢ȝȳȗƷီࠝ
ᲰᲭᲬ
凍結予防運転/ CKX-H481SAF、CKX-H481SAE
ϵኽʖ᧸ᢃ᠃᧏‫ڼ‬
01
‫ٳ‬ൢภƕᲭéˌɦLJƨƸ
‫ٳ‬ൢภ6JƷ૏ᨦ
;'5
ϵኽᢃ᠃ͣഥɶ
01
;'5
ϵኽʖ᧸ᢃ᠃ኳʕ
ϵኽʖ᧸ᢃ᠃᧏‫ڼ‬
Ӳᚨ‫͌ܭ‬ƷИ஖҄
ᢃ᠃10
01
‫ٳ‬ൢภ6JᲱéˌɥ
;'5
01
;'5
൦්౨ЈǿǤȞȸ
И஖҄
01
ϵኽʖ᧸ᚩӧƔƭϵኽʖ᧸ᢃ᠃ɶ
;'5
ࣅ࿢ȝȳȗ1((
ࣅ࿢ȝȳȗ10
ϼྸСᨂ଺᧓ኺᢅ
ϵኽʖ᧸ᢃ᠃ኳʕ
;'5
01
൦්ƋǓ
01
;'5
01
൦්ச౨ЈǿǤȞȸ
ǫǦȳȈǢȃȗ
;'5
‫ˌׅ‬ɥ
01
;'5
ࣅ࿢ȝȳȗ1((
ϵኽʖ᧸ᢃ᠃ኳʕ
൦්ச౨ЈǿǤȞȸ
ǫǦȳȈǢȃȗ
01
;'5
൦්౨ЈǿǤȞȸИ஖҄
൦්ச౨ЈǿǤȞȸИ஖҄
ϼྸСᨂǿǤȞȸИ஖҄
ƾǖภࡇஇ‫ૼ୼͌ݱ‬
ƾǖภࡇஇ‫͌ݱ‬ӕࢽ
ᢃ᠃10Ɣƭƾǖภࡇࡇˌɥ
01
;'5
ϵኽʖ᧸ᢃ᠃ǵǤǯȫምЈ
൦්౨ЈǿǤȞȸϐᚨ‫ܭ‬
Ӳᚨ‫͌ܭ‬ƷИ஖҄
൦්ச౨ЈǿǤȞȸϐᚨ‫ܭ‬
ϼྸСᨂǿǤȞȸϐᚨ‫ܭ‬
ϵኽʖ᧸ᢃ᠃ԗ஖ɶ
01
;'5
ࣅ࿢ȝȳȗᢃ᠃ɶ
01
൦්౨ЈǿǤȞȸИ஖҄
൦්ச౨ЈǿǤȞȸИ஖҄
ϼྸСᨂǿǤȞȸИ஖҄
;'5
01
ᢃ᠃10Ɣƭƾǖภࡇࡇˌɥ
;'5
ࣅ࿢ȝȳȗ1((
47
ヒーター凍結予防運転/全機種共通
Ȓȸǿȸϵኽʖ᧸
ࢳೞཞ७
Ȓȸǿȸ1((
01
‫ٳ‬ൢภᲭéˌɦLJƨƸ
‫ٳ‬ൢภ6*Ʒ૏ᨦ
;'5
ѣ˺଺᧓ᚨ‫ܭ‬
Ȓȸǿȸ10
‫ٳ‬ൢภᲱéˌɥ
;'5
01
Ȓȸǿȸ10
;'5
01
Ўኺᢅ
;'5
Ȓȸǿȸ1((
01
ᲯЎኺᢅ
;'5
48
01
お湯はり運転/ CBX-H481F、CBX-H481E
ƓืƸǓ
ҥೞᏡ᧏‫ڼ‬
ืƸǓѣ˺ࢳೞ
ЈืƋǓ
01
;'5
Ўኺᢅ
01
;'5
ืƸǓѣ˺᧏‫ڼ‬
ƓืƸǓѣ˺ኳʕ
ฆӳࡰˮፗӕࢽ
ฆӳൔምЈ
ȕȭȸǻȳǵȸǫǦȳȈ
Јื᣽ᆢም
01
ืƸǓ᣽ĢืƸǓᚨ‫ܭ‬᣽
;'5
ЈืƋǓ
;'5
01
СᨂࡰǛ᧍ഥ
Ўኺᢅ
01
;'5
ૺ൦
ᲯᲱᲬ
ƓჷǒƤȖǶȸЈщ
ƓืƸǓ59Ǜ਀Ơƨ
;'5
01
01
ᅺኺᢅ
;'5
01
ЈืƳƠ
;'5
СᨂࡰǛИ஖҄
ƓืƸǓኳʕ
49
17.機種別部品一覧表
17
.機種別部品一覧表
本体部品一覧表(CBX-H481E)
部 品 名
部 品 番 号
一台分数量
項番
商品コード
1
0928923
バーナーコントローラー
BCX-AD-901
2
0945020
感震器
D7E-2
1
3
0940428
ハイカット(バイメタルサーモ)
US602KXTMP
1
4
9709331
送油管
CPA039AA
1
5
9709332
排水管
CPA040AA
1
6
9709333
出湯管(制限弁 OUT)セット
CPA063AA
1
7
9709353
給水管(熱交 IN)セット
CPA088AA
1
8
9709335
出湯管(熱交 OUT)セット
CPA062AA
1
1
9
0940194
給水サーミスタ
E3M-43-CK10
1
10
0940192
出湯サーミスタ
E3M-43-CK9
1
11
0940194
熱交出口サーミスタ
E3M-43-CK10
1
12
0940191
外気温サーミスタ
KTEC-41-C17
1
13
0940984
温度ヒューズ
CAA349AA
1
14
0960060
過圧逃し弁
VLK001(KA-10M)
1
15
0944984
フローセンサ(給水)
UHPDA001
16
17
0944993
水量サーボセット 比例弁(湯水混合)
水量サーボセット 比例弁(制限弁)
YHLIA250
規 格
ver.1
1
1
1
18
9816994
外装前扉
1530100CGAD
1
19
9816971
外装天板
35601009DAF
1
20
9817076
外装側板
1500100AFAC
1
21
0840420
バーナー組品
BXD-H480
1
104
9706517
クイックファスナー
FSN004
1
6-13 用
209
9701026
O リング P6-FKM
ORI-P06FKM
1
直圧送油管用
※項番が網掛けの部品は P54-P55 に拡大図あり
50
․•
‣‫‫‬
…
‣․
‣…
‣•…
․•‫‫‬
‣•
‣
‣
‣‧
‪
‫‫‬
‣
․‣
‣‣
‣‥
․
‧
‥
‣‪
本体部品展開図(CBX-H481E)
51
本体部品一覧表(CBX-H481F)
項番
商品コード
1
0928923
部 品 名
バーナーコントローラー
部 品 番 号
BCX-AD-901
2
0945020
感震器
D7E-2
1
3
0940428
ハイカット(バイメタルサーモ)
US602KXTMP
1
4
9709331
送油管
CPA039AA
1
5
9709332
排水管
CPA040AA
1
6
9709333
出湯管(制限弁 OUT)セット
CPA063AA
1
7
9709353
給水管(熱交 IN)セット
CPA088AA
1
8
9709335
出湯管(熱交 OUT)セット
CPA062AA
1
9
0940194
給水サーミスタ
E3M-43-CK10
1
10
0940192
出湯サーミスタ
E3M-43-CK9
1
11
0940194
熱交出口サーミスタ
E3M-43-CK10
1
12
0940191
外気温サーミスタ
KTEC-41-C17
1
13
0940984
温度ヒューズ
CAA349AA
1
14
0960060
過圧逃し弁
VLK001(KA-10M)
1
15
0944984
フローセンサ(給水)
UHPDA001
16
17
0944993
水量サーボセット 比例弁(湯水混合)
水量サーボセット 比例弁(制限弁)
YHLIA250
一台分数量
規 格
1
ver.1
1
1
1
18
9816995
外装前扉
1520100CGAC
1
19
9816966
外装天板
33301009DAA
1
20
9817076
外装側板
1500100AFAC
1
21
0840420
バーナー組品
BXD-H480
1
104
9706517
クイックファスナー
FSN004
1
6-13 用
209
9701026
O リング P6-FKM
ORI-P06FKM
1
直圧送油管用
※項番が網掛けの部品は P54-P55 に拡大図あり
52
․•
‣‫‫‬
…
‣․
‣…
‣•…
․•‫‫‬
‣•
‣
‣
‣‧
‪
‫‫‬
‣
․‣
‣‣
‣‥
․
‧
‥
‣‪
本体部品展開図(CBX-H481F)
53
配管部品一覧表(CBX-H481E、CBX-H481F)
項番
商品コード
3
0940428
部 品 名
ハイカット(バイメタルサーモ)
部 品 番 号
US602KXTMP
5
9709332
排水管
CPA040AA
1
6
9709333
出湯管(制限弁 OUT)セット
CPA063AA
1
7
9709353
給水管(熱交 IN)セット
CPA088AA
1
8
9709335
出湯管(熱交 OUT)セット
CPA062AA
1
9
0940194
給水サーミスタ
E3M-43-CK10
1
10
0940192
出湯サーミスタ
E3M-43-CK9
1
11
0940194
熱交出口サーミスタ
E3M-43-CK10
1
13
0940984
温度ヒューズ
CAA349AA
1
14
0960060
過圧逃し弁
VLK001(KA-10M)
1
15
0944984
フローセンサ(給水)
UHPDA001
16
17
54
一台分数量
1
0944993
水量サーボセット 比例弁(湯水混合)
水量サーボセット 比例弁(制限弁)
YHLIA250
規 格
1
1
1
101
9706516
センサーファスナー
FSN001
2
102
9706511
クイックファスナー
FSN002
1
13-22 用
103
9706510
クイックファスナー
FSN003
5
16-25 用
104
9706517
クイックファスナー
FSN004
2
6-13 用
105
9706233
クイックファスナー
QFS-12.7
2
φ 12.7-R3
106
9706515
クイックファスナー
QFS-16
1
16A-R3
201
9701975
Oリング
ORI-P04E575
3
E575 P-4
202
9701267
Oリング
ORI-P06
2
E116 P-6
203
9701337
Oリング
ORI-P12.5
1
E116 P-12.5
204
9701973
Oリング
ORI-P14E575
2
E575 P-14
205
9701972
Oリング
ORI-P16E575
6
E575 P-16
‣…
‣•‧
․•‧
‣•
‣•‥
‣•‧
․•‥
‣•‥
‣‧
‣•‥
․•‧
․•‣ ‫‫‬
‣•‣
‣•…
․•․
‣•‥
‣‣
․•…
․•‣
‣•‣
‣
․•‣ ․•‧
‣‥
‣•․
․•‧
‣•‥
․•…
‣•
‪
․•‧
‣
‧
․•․
‣•…
․•‧
‥
配管部品 拡大展開図(CBX-H481E、CBX-H481F)
55
本体部品一覧表(CKX-H481SAE)
項番
商品コード
1
0928923
部 品 名
バーナーコントローラー
部 品 番 号
BCX-AD-901
2
0940192
過熱防止サーミスタ
E3M-43-CK9
1
3
0945020
感震器
D7E-2
1
4
0940428
ハイカット(バイメタルサーモ)
US602KXTMP
1
5
0963600
循環ポンプ
CS-0280CKA
1
6
9709331
送油管
CPA039AA
1
7
8
9709332
排水管(給湯)
排水管(ふろ)
CPA040AA
一台分数量
規 格
1
ver.1
1
1
9
9709336
出湯管(制御弁 OUT)セット
CPA044AA
1
10
9709337
湯張り管セット
CPA045AA
1
11
9709338
戻り管(P-IN)セット
CPA046AA
1
12
9709339
戻り管(P-OUT)セット
CPA047AA
1
13
9709340
往き管セット
CPA048AA
1
14
9709353
給水管(熱交 IN)セット
CPA088AA
1
15
9709335
出湯管(熱交 OUT)セット
CPA062AA
1
16
0940194
給水サーミスタ
E3M-43-CK10
1
17
0940192
出湯サーミスタ
E3M-43-CK9
1
18
0940194
熱交出口サーミスタ
E3M-43-CK10
1
19
0940191
外気温サーミスタ
KTEC-41-C17
1
20
0940984
温度ヒューズ
CAA349AA
1
21
0960060
過圧逃し弁
VLK001(KA-10M)
1
22
0944984
フローセンサ(給水)
UHPDA001
1
23
24
25
0944993
0944982
水量サーボセット 比例弁(湯水混合)
水量サーボセット 比例弁(制限弁)
YHLIA250
1
1
フローセンサ付湯張り電磁弁
T708-563R
1
26
0944974
水流スイッチ(サーミスタ付)
T56-737(E3M-43-CK11 付 )
1
27
9816994
外装前扉
1530100CGAD
1
28
9816971
外装天板
35601009DAF
1
29
9817077
外装側板
1520100AFAB
1
30
0840420
バーナー組品
BXD-H480
1
104
9706517
クイックファスナー
FSN004
1
6-13 用
209
9701026
O リング P6-FKM
ORI-P06FKM
1
直圧送油管用
※項番が網掛けの部品は P60-P61 に拡大図あり
56
․‫‫‬
․‪
‣‫‫‬
‣•…
․•‫‫‬
․
‣․
․‣
‫‫‬
‧
․…
‣
‣
‣‣
‣•
․‧
‣‧
․․
‥
․‥
‣‥
‥•
‣
‣…
․•
‣‪
‪
․
…
․
本体部品展開図(CKX-H481SAE)
57
本体部品一覧表(CKX-H481SAF)
項番
商品コード
1
0928923
部 品 名
バーナーコントローラー
部 品 番 号
BCX-AD-901
2
0940192
過熱防止サーミスタ
E3M-43-CK9
1
3
0945020
感震器
D7E-2
1
4
0940428
ハイカット(バイメタルサーモ)
US602KXTMP
1
5
0963600
循環ポンプ
CS-0280CKA
1
6
9709331
送油管
CPA039AA
1
7
8
9709332
排水管(給湯)
排水管(ふろ)
CPA040AA
一台分数量
規 格
1
ver.1
1
1
9
9709336
出湯管(制御弁 OUT)セット
CPA044AA
1
10
9709337
湯張り管セット
CPA045AA
1
11
9709338
戻り管(P-IN)セット
CPA046AA
1
12
9709339
戻り管(P-OUT)セット
CPA047AA
1
13
9709340
往き管セット
CPA048AA
1
14
9709353
給水管(熱交 IN)セット
CPA088AA
1
15
9709335
出湯管(熱交 OUT)セット
CPA062AA
1
16
0940194
給水サーミスタ
E3M-43-CK10
1
17
0940192
出湯サーミスタ
E3M-43-CK9
1
18
0940194
熱交出口サーミスタ
E3M-43-CK10
1
19
0940191
外気温サーミスタ
KTEC-41-C17
1
20
0940984
温度ヒューズ
CAA349AA
1
21
0960060
過圧逃し弁
VLK001(KA-10M)
1
22
0944984
フローセンサ(給水)
UHPDA001
1
23
24
0944993
水量サーボセット 比例弁(湯水混合)
水量サーボセット 比例弁(制限弁)
YHLIA250
1
1
25
0944982
フローセンサ付湯張り電磁弁
T708-563R
1
26
0944974
水流スイッチ
T56-737(E3M-43-CK11付)
1
27
9816995
外装前扉
1520100CGAC
1
28
9816966
外装天板
33301009DAA
1
29
9817077
外装側板
1520100AFAB
1
30
0840420
バーナー組品
BXD-H480
1
104
9706517
クイックファスナー
FSN004
1
6-13 用
209
9701026
O リング P6-FKM
ORI-P06FKM
1
直圧送油管用
※項番が網掛けの部品は P60-P61 に拡大図あり
58
․‫‫‬
․‪
‣‫‫‬
‣•…
․•‫‫‬
․
‣․
․‣
‫‫‬
‧
․…
‣
‣
‣‣
‣•
․‧
‣‧
․․
‥
․‥
‣‥
‥•
‣
‣…
․•
‣‪
‪
․
…
․
本体部品展開図(CKX-H481SAF)
59
配管部品一覧表(CKX-H481SAE、CKX-H481SAF)
項番
商品コード
2
0940192
部 品 名
過熱防止サーミスタ
部 品 番 号
E3M-43-CK9
4
0940428
ハイカット(バイメタルサーモ)
US602KXTMP
1
5
0963600
循環ポンプ
CS-0280CKA
1
7
8
排水管(給湯)
排水管(ふろ)
CPA040AA
1
9
9709336
出湯管(制御弁 OUT)セット
CPA044AA
1
9709337
湯張り管セット
CPA045AA
1
11
9709338
戻り管(P-IN)セット
CPA046AA
1
12
9709339
戻り管(P-OUT)セット
CPA047AA
1
13
9709340
往き管セット
CPA048AA
1
14
9709353
給水管(熱交 IN)セット
CPA088AA
1
15
9709335
出湯管(熱交 OUT)セット
CPA062AA
1
16
0940194
給水サーミスタ
E3M-43-CK10
1
17
0940192
出湯サーミスタ
E3M-43-CK9
1
18
0940194
熱交出口サーミスタ
E3M-43-CK10
1
20
0940984
温度ヒューズ
CAA349AA
1
21
0960060
過圧逃し弁
VLK001(KA-10M)
1
22
0944984
フローセンサ(給水)
UHPDA001
1
24
0944993
水量サーボセット 比例弁(湯水混合)
水量サーボセット 比例弁(制限弁)
YHLIA250
規 格
1
10
23
60
9709332
一台分数量
1
1
1
25
0944982
フローセンサ付湯張り電磁弁
T708-563R
1
26
0944974
水流スイッチ
T56-737(E3M-43-CK11付)
1
101
9706516
センサーファスナー
FSN001
2
102
9706511
クイックファスナー
FSN002
5
13-22 用
103
9706510
クイックファスナー
FSN003
5
16-25 用
104
9706517
クイックファスナー
FSN004
4
6-13 用
105
9706233
クイックファスナー
QFS-12.7
6
φ 12.7-R3
106
9706515
クイックファスナー
QFS-16
3
16A-R3
201
9701975
Oリング
ORI-P04E575
4
E575 P-4
202
9701267
Oリング
ORI-P06
4
E116 P-6
203
9701337
Oリング
ORI-P12.5
3
E116 P-12.5
204
9701973
Oリング
ORI-P14E575
8
E575 P-14
205
9701972
Oリング
ORI-P16E575
8
E575 P-16
․‣
‣•‧
‣•‧
․•…
․•…
‣•‧
․
‣•‧
․•…
‣․
․•…
‫‫‬
‣
‣•‥
․•‧
‣•‥
․•‣
‧
‣•․
․•…
‣‣
․…
‣•
․•‧
‣•‧
‣•․ ․•‥
‣•
․‧
․•‥
‣‧
․•‧
‣•․ ․•‥
‣•‥
․․
‣•‥
․•‧ ‣•
‣•‥
․•‧
‣…
‣
․•․
‣•‣
‣•‣
‣‪
‣•․
․•
‣•․
․•‣ ‣•…
․•‣
․•‧
․‥
‣‥
․•…
‪
․•․
‣•…
․•․
‣•…
․•‧
․•‣
․
…
配管部品 拡大展開図(CKX-H481SAE、CKX-H481SAF)
61
バーナー部品一覧表(BXD-H480)
62
部 品 名
部 品 番 号
一台分数量
規 格
項番
商品コード
1
0905810
リターンノズル
NZLBN5.5-70C
1
2
0910520
送風機
DRF-8538-932
1
3
0901540
電磁ポンプ比例ユニット
PVG63(2)
1
4
0925230
イグナイター
SIO-1000
1
5
0924090
エレクトロード
ELR090AA
1
№ 90
6
0942520
フォトIC
CAA419AA
1
S10108
7
0914570
燃焼筒
BRT029AA
1
8
0903170
ノズルホルダー
BSA376AA
1
9
9709341
送油パイプ
CPA027AA
2
10
0901960
ステッピングモーター
CAS045AA
1
11
0927936
燃油量調整基板
BCX-BN-900
1
12
0916044
バーナー接続パッキン
GMA087AA
1
MP24S
バーナー部品展開図(BXD-H480)
‥
‫‫‬
…
․
‪
‧
༏ʩ੭֥
‣
ෞ᪦DZȸǹ
‫ם‬Ө
èțȸǹέᇢǛ‫ם‬ӨƷᆭƴᡫƠƯ
ų̅ဇƠƯƘƩƞƍŵ
‣‣
‣•
‣․
63
リモコン一覧表
64
部 品 名
対象機種
種 別
項番
商品コード
1
0935263
M-032DSP(CHK-901M)
CBX-H481F
CBX-H481E
メインリモコン
2
0935261
S-032DS(CHK-901M)
CBX-H481F
CBX-H481E
サブリモコン
3
0935273
M-032DAP(CHK-901M)
4
0935271
S-032DA(CHK-901M)
5
0936111
F-032DA(CHK-901F)
CKX-H481SAF
CKX-H481SAE
CKX-H481SAF
CKX-H481SAE
CKX-H481SAF
CKX-H481SAE
メインリモコン
サブリモコン
ふろリモコン
18.音声一覧表
18
.音声一覧表
音 声
ガイダンスが出力される場面
あついお湯が出ます。
給湯温度が高温設定になった場合
給水温度が 55℃以上を検知した場合(CBX のみ)
給油して下さい。
給油警報が出た場合
おいだきを開始します。
おいだき運転を開始した場合
おいだきを解除します。
おいだき運転を中止した場合
おいだきを終了します。
おいだき運転が終了した場合
たし湯を開始します。
たし湯運転を開始した場合
たし湯を解除します。
たし湯運転を中止した場合
たし湯を終了します。
たし湯運転が終了した場合
さし水を開始します。
さし水運転を開始した場合
さし水を解除します。
さし水運転を中止した場合
さし水を終了します。
さし水運転が終了した場合
保温を開始します。
保温運転を開始した場合
保温を解除します。
保温運転を中止した場合
保温を終了します。
保温運転が終了した場合
お湯はりを開始します。
ふろ自動運転を開始した場合
お湯はりを解除します。
ふろ自動運転を中止した場合
操作できません。ロックをご確認下さい。
チャイルドロック中に許可されないスイッチを操作したとき
揺れを感じました。安全をご確認下さい。
対震自動消火装置が作動した場合
排水栓をご確認下さい。
ふろ自動運転中に水流を検出できない場合
保温時間を設定します。
設定モードで保温時間を変更した場合
現在時刻を設定します。
設定モードで現在時刻を変更した場合
おいだきを終了します。保温を開始します。 おいだき運転から保温運転に入る場合
たし湯を終了します。保温を開始します。
たし湯運転から保温運転に入る場合
予約を設定します。
予約運転を開始した場合
予約を解除します。
予約運転を解除した場合
優先を変更しました。
優先を変更した場合
ロックを設定します。
チャイルドロックを設定した場合
ロックを解除します。
チャイルドロックを解除した場合
通話を開始します。
通話を開始した場合
通話を終了します。
通話を中止・終了した場合
現在時刻をご確認下さい。
現在時刻を設定せずに予約設定しようとした場合
音量を変更しました。
音量を変更した場合
ふろ温度を変更しました。
ふろ設定温度を変更した場合
お湯はり量を変更しました。
お湯はり設定を変更した場合
予約時間を変更しました。
予約時間を変更した場合
保温時間を変更しました。
保温時間を変更した場合
現在時刻を変更しました。
現在時刻を変更した場合
給湯温度を変更しました。
給湯温度を変更した場合
ふろ温度を設定します。
設定モードでふろ温度を変更した場合
お湯はり量を設定します。
設定モードでお湯はり量を変更した場合
予約時間を設定します。
予約設定モードで予約時間を変更した場合
異常です。販売店にご相談下さい。
エラー出力の場合
65
本
社
〒 752-0977 山口県下関市長府東侍町 1-5
TEL:083-245-5441( 代 ) FAX:083-245-9644
大
阪
支
社
〒 567-0031 大阪府茨木市春日 3 丁目 14-17
TEL:072-625-5338( 代 ) FAX:072-625-5742
東
北
支
店
〒 989-3127 宮城県仙台市青葉区愛子東 6 丁目 7-47
TEL:022-391-1215( 代 ) FAX:022-391-1565
横
浜
支
店
〒 226-0025 神奈川県横浜市緑区十日市場町872-19エテルナⅡ-2F
TEL:045-989-5885( 代 ) FAX:045-989-5886
関 東 営 業 所
TEL:0285-31-3177 FAX:0285-31-3188
名古屋営業所
TEL:052-800-5553 FAX:052-800-5563
熊 本 営 業 所
TEL:096-386-2370 FAX:096-386-2371
宮 崎 営 業 所
TEL:0985-50-7624 FAX:0985-50-7869
鹿児島営業所
TEL:099-260-2052 FAX:099-266-2410
沖 縄 営 業 所
TEL:098-874-2397 FAX:098-874-2819
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
3 749 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content