close

Enter

Log in using OpenID

Cisco UCS E シリーズ サーバ At-A

embedDownload
Cisco UCS E シリーズ サーバ
データセンター クラスの仮想化対応ブレード サーバをブランチ オフィスに提供
At-A-Glance
Cisco UCS E シリーズ サーバとは
Cisco UCS E シリーズ サーバは、複数の拠点を持ち、中央集中型の IT インフラストラクチャを利
Cisco Unified Computing System™(Cisco UCS)ポートフォリオの一部である Cisco UCS® E シ
用している企業が、パフォーマンス、耐障害性、コンプライアンスなどの理由から、ブランチ オフィス
リーズ サーバは、データセンター クラスの仮想化対応ブレード サーバをブランチ オフィスに提供し
でローカルにアプリケーションをホストすることを必要とする場合に最適のソリューションです。前世
ます。Cisco UCS E シリーズ サーバは、仮想化に対応した高密度、シングルソケットのブレード
代の Cisco UCS Express サーバとは異なり、この新しい Cisco UCS E シリーズ サーバは、当初
サーバであり、簡易性、パフォーマンス、アプリケーション充実度をバランスよく実現しつつ、省電力
からデータセンター クラスのブレード サーバとして設計されており、ベアメタル環境と仮想化環境
で動作する設計になっています。この小型フォーム ファクタのパワフルな x86 64 ビット ブレード
の両方の OS およびアプリケーション導入をサポートするとともに、はるかに高いパフォーマンスと
サーバは、Cisco® Integrated Services Routers Generation 2(ISR G2)および Cisco 4400 シリー
ズ ISR のネットワーキング プラットフォームに収納され、効率的なブランチ オフィスで重要なインフ
大容量の RAM およびハードディスクを提供します。Cisco UCS E シリーズ ブレード サーバは、パ
ワフルかつ省電力の Intel Xeon Processor を採用しているため、Microsoft Windows Server、
ラストラクチャ サービスやミッション クリティカルなビジネス アプリケーションをホストするように設計
SuSE、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)、Oracle Enterprise Linux の複数の仮想インスタンスを、
されています(図 1)。
Microsoft Hyper-V、VMware vSphere、Citrix XenServer といった業界先進の仮想プラットフォー
Cisco UCS E シリーズ サーバには、2 つのフォーム ファクタがあります。1 つは、高性能かつ省
電力の 4 コア Intel® Xeon® Processor E3-1105C(v1 または v2)を搭載し、最大で 1.8 GHz のク
ロック速度、16 GB の RAM、および 2 テラバイト(TB)のローカル ストレージをサポートするシン
グル幅ブレード サーバです。もう 1 つは、最大 6 コアの高性能 Intel Xeon Processor E5-2400
を搭載し、最大で 48 GB の RAM と 3 TB のローカル ストレージをサポートするダブル幅ブレード
ムに導入する際に威力を発揮し、企業がブランチ オフィスに仮想化テクノロジーを導入するための
優れた手段を提供します。内蔵のリモート Lights Out 管理によって、ベアメタル環境、仮想化環境
のいずれでも、アプリケーションやサービスを柔軟にプロビジョニングし、管理することができるため、
複数の拠点を持つ企業は、ビジネスの俊敏性を高めながら、総所有コスト(TCO)を減らし、ブラン
チ オフィスのインフラストラクチャからより大きな価値を得ることができます。
サーバです。
アプリケーション
図 1.
値を提供します。
Cisco UCS E シリーズ サーバと Cisco 4451-X ISR
Cisco UCS E シリーズ サーバは、次のようなさまざまなワークロードで優れたパフォーマンスと価
•
Microsoft Windows のコア サービス:Microsoft Active Directory ドメイン サービス(AD DS)、
Microsoft Windows 印刷サービス、Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)サーバ、
ドメイン ネーム システム(DNS)サーバ、ファイル サービスなど
•
ミッションクリティカルなビジネス アプリケーション:販売時点管理(POS)システム、銀行窓口
用の支店内コントロール ポイント(IOCP)、仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)、電子
カルテ(EMR)システム、在庫管理システムなど
•
クライアント管理サービス:構成および運用管理、モニタリング サービス、アップデートおよび
パッチ適用サービス、バックアップおよびリカバリ サービス、ターミナル サーバ ゲートウェイ
など
•
シスコの仮想化ネットワーク サービス:Cisco バーチャル WWAS(vWAAS)、エンタープライ
ズ コンテント デリバリ システム(ECDS)、ビデオ監視マネージャ(VSM)など
Cisco UCS E シリーズ サーバ
データセンター クラスの仮想化対応ブレード サーバをブランチ オフィスに提供
At-A-Glance
Cisco UCS E シリーズ サーバの特長
•
スタンドアロンの Cisco UCS C シリーズ ラック サーバとの一貫性のあるデバイス管理
コンパクトなデータセンター クラス Intel x86 64 ビット ブレード サーバ
•
仮想メディアや、仮想のキーボード、ビデオ、マウス(KVM)をサポート
Cisco UCS E シリーズ サーバは、最新の Intel Xeon Processor を採用したフル機能の汎用サー
•
ベアメタル OS とハイパーバイザ プロビジョニングの両方をサポート
バです。次のような特長があります。
•
ルータ管理システムから独立したサーバ管理者用の管理コンソールにより、サーバ管理者と
ネットワーク管理者の業務を分離可能
•
高いパフォーマンスと信頼性を備えつつ、運用や保守が容易で消費電力の少ないモジュール
型のブレード サーバ フォーム ファクタ
•
コストやサイズを最小限に抑えたシングル幅ブレードと、パフォーマンスや容量を重視したダ
ブル幅ブレードの 2 つのフォーム ファクタで提供
Cisco ISR G2 および Cisco 4451-X ISR は、Cisco UCS E シリーズ サーバ用のブレード サー
•
最大 4 コアの Intel Xeon Processor E3-1105C v1 および v2(シングル幅の場合)
プラットフォームの特長は次のとおりです。
•
最大 6 コアの Intel Xeon Processor E5-2418L v2(ダブル幅の場合)
•
最大 8 コアの Intel Xeon Processor E5-2428L v2(ダブル幅の場合)
•
RAM の最大容量は、16 GB(シングル幅)または 48 GB(ダブル幅)
•
ストレージの最大容量は、2 TB(シングル幅)または 3 TB(ダブル幅)
•
ハードウェア RAID 0 および 1(シングル幅)またはハードウェア RAID 0、1、および 5(ダブル
幅)に対応
•
2 つのギガビット イーサネット インターフェイスを内蔵
•
外部ポートは、ギガビット イーサネット ポート X 1(シングル幅)、またはギガビット イーサネッ
ト ポート X 2(ダブル幅)
•
前面パネルの VGA、USB X 2、シリアル コンソール コネクタ
データセンター クラスのオペレーティング システムおよびハイパーバイザのハードウェア認定
•
10/100BASE-T アウトオブバンド管理インターフェイス X 1
ダブル幅ブレード サーバには、1 ギガビット イーサネット ポート X 4 と、10 ギガビット イーサ
ネット X 1 および Fibre Channel over Ethernet(FCoE)ポートのどちらかを選択して、スト
レージまたはネットワーク I/O を追加できるオプションの PCI Express(PCIe)スロットを用意
•
Microsoft Windows Hardware Quality Labs(WHQL)
•
•
VMware vSphere ハードウェア互換性リスト(HCL)
•
Citrix XenServer ハードウェア認定
•
RHEL ハードウェア認定
•
SuSE Enterprise Linux ハードウェア認定
•
データセンター サーバ クラスの SAS シングルレベル セル(SLC)/エンタープライズ マルチレ
ベル セル(eMLC)いずれかの SSD、SAS ハード ドライブ、SAS 自己暗号化ドライブ(SED)、
または SATA ホットスワップ可能ハード ドライブを選択可能
•
配線が不要な、簡単で迅速なハードウェア プロビジョニング
専用のブレード管理
Cisco Integrated Management Controller(IMC)は、Cisco UCS E シリーズ サーバ用のハードウェ
ア管理コントローラです。Cisco UCS E シリーズ IMC の特長は次のとおりです。
•
コマンドライン インターフェイス(CLI)および GUI による管理コンソールで、Cisco UCS E シ
リーズ サーバ ハードウェアをリモートまたはローカルで設定およびモニタリング
ブランチのアーキテクチャの統合
バ ラックとして使用できるネットワーキング プラットフォームです。Cisco ISR G2 および 4451-X
•
1 台または複数台の Cisco UCS E シリーズ x86 64 ビット ブレード サーバを 1 つのシャーシ
に収納できるコンパクトなラック
•
マルチギガビット ファブリック(MGF)バックプレーン スイッチにより、1 つの Cisco UCS E シ
リーズ ブレード上のオペレーティング システムやハイパーバイザと、同じ Cisco ISR G2 また
は Cisco 4451-X シャーシ内にある別の Cisco UCS E シリーズ ブレードまたは Cisco
EtherSwitch® モジュールを直接ネットワーク接続可能
•
あらゆるブランチ オフィス サービス(音声、ビデオ、セキュリティ、ネットワークのサービスやア
プリケーション、ワイヤレス、LAN、WAN のネットワーキングなど)を組み込みのリモート管理
機能と統合できる、小型、軽量、省電力の統合型高信頼プラットフォーム
Cisco UCS E シリーズ サーバの利点
Cisco UCS E シリーズは、マルチコアの x86 64 ビット Intel Xeon Processor を搭載したデータセ
ンター クラスの仮想化対応ブレード サーバであり、この省電力かつ高性能のブレード サーバを
Cisco ISR G2 または ISR 4451-X のブランチ オフィス ルータ内に直接組み込むことで、ブランチ
オフィス サーバのフットプリントを大幅に縮小できます。Cisco UCS E シリーズ ブレードが提供す
る独自のゼロフットプリント プロファイルと、Cisco IOS® ソフトウェアで使用できる包括的なブラン
チ オフィス サービスが、すべて 1 台のシャーシに統合され、収納されるため、効率的なブランチ
オフィスのための優れたオールインワン プラットフォームとなります。
Cisco UCS E シリーズ サーバ
データセンター クラスの仮想化対応ブレード サーバをブランチ オフィスに提供
At-A-Glance
– Cisco ISR G2 または ISR 4451-X プラットフォーム向けの Cisco SMARTnet® サービスに
このソリューションには、次のようなさまざまな利点があります。
•
総所有コストの削減:Cisco UCS E シリーズ サーバを Cisco ISR G2 または ISR 4451-X プ
ラットフォームと組み合わせると、次のような形で設備投資(CapEx)と運用コスト(OpEx)の
両方を削減できます。
– サーバのオンサイト導入と配送にかかるコストの削減
– 電力、冷却、ケーブル配線、占有面積に関連するコストの削減
– サーバごとにかかっていたハードウェア サポート コストの撤廃
– システムのアップタイムと可用性の向上
– 新しいアプリケーションの導入やシステムのメンテナンスに関するサービス要請コストの削
減または撤廃
•
より、ルータ シャーシ内に配置されるすべての Cisco UCS E シリーズ サーバがサポート
されます。
•
Cisco ISR G2 または ISR 4451-X シャーシ内に Cisco UCS E シリーズ サーバを配置した後
は、インフラストラクチャを一切変更せずに新しいアプリケーションを導入できます。
– Cisco UCS E シリーズと仮想化テクノロジーを組み合わせることで、一元的な管理や制御
を保ちつつ新しいアプリケーションやサービスをオンデマンドで導入できます。
関連情報
Cisco UCS E シリーズ サーバの詳細については、以下のサイトを参照してください。
http://www.cisco.com/jp/go/ucse/
ブランチ オフィスの運用効率向上:Cisco UCS E シリーズ サーバは、変化し続けるビジネス
ニーズに柔軟に対応できます。
– 新しいアプリケーションをベアメタル環境や仮想化環境に迅速に導入できます。
– 配線が不要な統合型インフラストラクチャであるため、運用の負担を軽減し、新しいサービ
スやインフラストラクチャを迅速かつ容易に追加できます。
– ブレード サーバの使用により、物理サーバのプロビジョニングを高速かつ容易にし、シス
テムのメンテナンスを簡素化できます。
– 専用のベースボード管理コントローラ(BMC)ハードウェア上で実行される Cisco IMC 内蔵
の Lights Out サーバ管理により、Cisco UCS C シリーズ ラック サーバと同じスタンドアロン
管理を実施し、ローカルおよびリモートのサーバ モニタリングと設定管理を実現できます。
– 物理的なセキュリティを強化できます。Cisco UCS E シリーズのブレードは外付けのネット
ワーク ケーブルや物理的な KVM デバイスを一切必要としないため、従来のタワー型や
ラックマウント型のサーバとは異なり、管理性を犠牲にすることなく、ワイヤリング クロー
ゼット内やその他の安全な場所に収納できます。
•
インフラストラクチャ投資の保護:Cisco UCS E シリーズ サーバは、ブランチ オフィスの IT イ
ンフラストラクチャを将来も引き続きサポートできます。
– Cisco ISR G2 または ISR 4451-X の空きサービス モジュール スロットを、サーバの統合
や新しいアプリケーションの導入のために使用できます。
© 2014 Cisco and/or its affiliates. All rights reserved. Cisco、Cisco Systems、および Cisco Systems ロゴは、Cisco Systems, Inc.
またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されている
その他の商標はそれぞれの権利者の財産です。
「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0809R)
Intel、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は米国およびその他の国の Intel Corporation の 商標または登録商標です。C45-708069-04JA 14.11
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
428 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content