close

Enter

Log in using OpenID

10・18・24MHz帯 インバーテット V型ワイヤーアンテナ MT

embedDownload
● 調整要領
●エレメント組立要領
1.コイルにA・Bエレメントを取付けます。 (10・24MHz)
10・18・24MHz帯 インバーテット
V型ワイヤーアンテナ
MT-WARC 取扱説明書
コイルの向きはありません
3. 先端をターミナルに差し込み
圧着してからハンダ付けします
図1
1cm皮をむく
この度は、弊社製品をお買い上げいただきありがとうございます。
本品は、10・18・24MHzWARCバンドワイヤーアンテナです。
広帯域バランの採用により不要輻射を抑えTVIに対して強い設計
です。しかし十分に調整が取れていなければ、その性能を発揮できま
せんので、本書を注意深くお読みになり全体を把握した上で
ご使用ください。
図2
2. Bエレメントはスリーブを
通しコイル側に折返します
Aエレメントはビニタイで
縛りワイヤークリップで
固定します
スリーブ
(Bエレメントのみ)
A(B)マーク
1. エレメントのマークを
穴に合わせます
2. A・Bエレメントを仕上げます。
● 規格
エレメントのXマークを
碍子の穴に合わせます
周波数帯: 10・18・24MHz帯
最大入力: 500WA3J /300W A1
V.S.W.R.: 1:1.5以下
入力インピーダンス: 50Ω
全 長: 8m/10m二線式
Aマーク
Bマーク
Aエレメント
Bエレメント
ビニタイで縛る
図3
スリーブを圧着して固定
ビニタイで縛る
ワイヤークリップで固定
● 組立て・調整作業をする際の注意
・ 組立ては、部品の脱落などがないように、適切な工具を用いて確実に
おこなってください。
・ アンテナを設営する際には、安全に十分配慮してください。
高所での作業を行う場合は特に気をつけてください。
・ 悪天候下での作業は、おこなわないでください。
3.Cエレメントを組立てます。(18MHz)
図3の様に、CエレメントのDマーク部分にも、波形碍子を取付けます。
実際に運用する状態にアンテナを設置して調整します。
調整はエレメントを切らずに折返して行ないます。
・調整の順序は1、2、3のどちらからでも結構です。
・VSWRを低くするためには、アンテナの最低地上高を4m以上としてくだ
さい。
・アンテナインピーダンスは、エレメントを開く角度で変化します。120
゜でおよそ50Ωになります。
1. 10・24MHz帯の調整(A・Bエレメント)
まず24MHz帯から調整します。VSWRを測り、低い方に同調していれ
ば、ワイヤークリップとビニタイをゆるめ、Aエレメント(A∼C間)を
短くします。5cmで、約300KHz高い方に同調します。
もし、周波数が高い方に同調している場合は、逆に間隔を長くしま
す。次に10MHz帯のVSWRを測ります。低い方に同調していれば、ワイ
ヤークリップとビニタイをゆるめ、Bエレメント(B∼X間)が、短くな
るように、Xマークを折返します。5cmで、約100KHz高い方に同調し
ます。満足する特性が得られるまで10/24MHz帯の長さを調整してく
ださい。
2. 18MHz帯の調整(Cエレメント)
Cエレメントは、A・Bエレメントに対し30∼60°の角度で展張してく
ださい。上からアンテナを見た場合、X条になります。
C∼D間を5cm短かくしますと、約100KHz高い方に同調します。
*調整が完了しましたら、全てのワイヤークリップとビニタイを、
しっかり固定してください。
4.エレメントをバランに取付けます
図4を参考に、上記で組立てたエレメントをバランに取付けます。
Aエレメントをバランのターミナルに通し、Cマークで折り返し
ビニタイで固定します。その後、Cエレメントと共にバランの
ターミナルにネジ止めします。
5.バランサポーターの取付け
10MHzBANDSWRCHART
1.6
1.5
VSWR
1.6
1.5
1.4
1.3
1.0
まず、同軸ケーブルをバランサポーターの下から通し、M-Pコネクターを
バランに接続します。その後、コネクターの接合部分をブチルゴムで巻いて
防水処理し、バランをサポーターに差込みます。
18MHzBANDSWRCHART
VSWR
-0.2
fo
MHz
1.4
1.3
1.0
+0.2
-0.2
fo
MHz
+0.2
ワニストロン
チューブ
ターミナル
※パイプ内径はφ18.5で仕上がっているため、市販されているM-Pコネクター
(外径φ19)は通りません。市販のM-Pコネクターを使用される場合には、
あらかじめケーブルをサポーターに通した後に、コネクターのハンダ処理を
してください。
ビニタイ
図4
24MHzBANDSWRCHART
1.6
1.5
VSWR
Aエレメント
1:1バラン
BL-40X
Cエレメント
コネクター
1.4
1.3
1.0
Cマーク
BL-40X
Cマーク
-0.2
fo
MHz
120°
+0.2
30∼60°
3.1m
約4.6m
3.9m
1.35m
碍子
バラン
サポーター
Cエレメント
(18MHz)
A・Bエレメント
(10・24MHz)
ワイヤークリップ
スリーブ
ワイヤークリップ
同軸ケーブルの荷重を
バランに直接かけない為に
ループを作ります
Aマーク
Xマーク
Xマーク
敷地は対角線で11m以上必要とします。
〒849-0934佐賀市開成二丁目6-6 TEL:0952-31-0103(代) FAX:0952-32-1046
ロープ
Bマーク
地上高
4m以上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
121 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content