close

Enter

Log in using OpenID

Arista 7010T:高性能、多機能、省電力設計、オープンな拡張性

embedDownload
7010T シリーズ
概要
Arista 7010T シリーズの概要
Arista 7010T シリーズ 48 x 1G
データセンターの運用には、高性能のネットワーク・ソ
リューションが欠かせません。Arista 7010T イーサネッ
ト・スイッチ・ファミリは、コンパクトな筐体、低消費電力、
冷却機能に、パフォーマンス、スケーラビリティ、可用性、
運用の容易さを併せ持ち、高度なパフォーマンスを必要
とする企業のニーズを満たします。
高性能





最大スループット 176Gbps
最大 132Mpps(百万パケット/秒)
ワイヤスピードによる L2 および L3 転送
4MB パケット・バッファー
消費電力は 1 ポートあたり 1W 未満
L2/L3 の機能が豊富:
ゼロ・タッチ・プロビジョニング(ZTP)
ヒットレス MLAG ISSU
AEM による事前対応的な管理
ネットワーク可視性を提供する sFlow
VM Tracer 統合
RAIL for Big Data and Hadoop
OpenStack、eAPI、Directflow *
RAIL for Big Data and Hadoop
Chef、Puppet、Ansible 自動化
bash、python、C++で拡張可能なプラットフォーム
優れたスケーラビリティ







7010T シリーズでは、AC 電源と DC 電源に対応するため、2 つのモデルを用意し
ました。どちらも 100/1000 イーサネット用 RJ45 ポートを 48 個、1GbE または
10G アップリンク接続用 SFP+ポートを 4 個装備し、多様な光ケーブルに対応し
ます。
7010T 導入のシナリオ
豊富な機能











Arista 7010T は、高密度のデータセンターを展開するために特別に設計された高
性能、省電力のソリューションです。100/1000 を 48 ポート、統合 1/10GbE SFP+
を 4 ポート搭載し、176Gbps のノンブロッキング転送を多機能の L2 および L3 ス
イッチングで実現します。7050X シリーズの拡張である 7010T は、アリスタのデー
タセンター向けスイッチ製品の一角を担います。
最大 84K の MAC エントリ
最大 16K の IPv4 ルート
最大 84K の IPv4 ホスト・ルート
最大 8K の IPv6 ルート
最大 42K の IPv6 ホスト・ルート
64way ECMP
32 ポートの MLAG
データセンター向けに最適化
 負荷共有型の内部冗長電源
 交換可能な冗長 2 ファン構成ファン・モジュール
 背面吸気/前面排気または前面吸気/背面排気を
選択、切り替え可能なファン・モジュール
 2 ポストおよびゼロ RU マウント
Arista 7010T シリーズは、レイヤ 2 およびレイヤ 3 におけるラインレート・スイッチ
ングを実現することで、データセンターのネットワーク設計を簡素化し、ネットワーク
の導入コストと運用コストを大幅に削減します。Arista 7000 シリーズのボックス型
スイッチやモジュール型スイッチと併用することにより、予測可能で一貫したアプリ
ケーション・パフォーマンスを提供する低遅延の 2 階層ネットワークで、5 万 5 千台
を超える 1G サーバを収容する規模までネットワークを拡張することができます。
L2 および L3 のマルチパス設計に柔軟な選択肢を提供し、オープン規格のサポー
トにより、最大限の柔軟性、スケーラビリティ、ネットワーク全体にわたる仮想化を
実現します。また、Arista EOS の高度な機能によって、一元化された管理による
制御と可視化を可能にします。
 L2 および L3 を基盤とする標準規格により、仮想化サーバ環境向けにモニタリ
ングと可視化の機能を提供
 Software Defined Networking — DirectFlow、eAPI、VXLAN をサポート
 1G 接続にて EOS 機能との一貫性と L2/L3 のフル機能と併せてサポートする
エンタープライズ・サーバ・トップオブラック
 ECMP 設計 — オープン・プロトコルを使用した費用対効果に優れたマルチパス
7010T は、アクセス制御、ネットワーク・セキュリティ機能、およびリモート・モニタリ
ングを首尾一貫して適用して、専用の管理インターフェイスへのアクセスを保護し、
アウトオブバンド・ネットワークの使用を認可されたユーザにのみアクセスを許可し
ます。EOS を搭載する Arista 7010T は、管理ネットワークと本番環境のデータセ
ンター・ネットワークの両方に豊富な機能を提供します。これは Arista 7000 シリー
ズのスイッチに共通する特長です。
IPMI ポート
7010T
サーバ
ネットワーク・ポート
Arista 7010T:高性能、多機能、省電力設計、オープンな拡張性
7010T シリーズ
概要
最大限の柔軟性
スケール・アウトを考慮したネットワークを設計することで、まずは小規模なソリューションを構築し、時間とともにそれを拡張させていくことが可能
になります。シンプルな 2way 設計を、アーキテクチャに大きな変更を加えることなく拡張できます。Arista 7010T では、柔軟なスケール・アウト
設計を可能にする次のような機能強化が行われています。
L3 ECMP を使用するアリスタのリーフ/スパイン設計(1.2:1)
L2 MLAG を使用するアリスタのリーフ/スパイン設計(1.2:1)
主な特長
Arista 7010T シリーズは、ホット・スワップ可能なファン・モジュールと、冗長構成の電源、EOS の優れた可用性、選択可能な L2 または L3 のマ
ルチパス設計のほか、プロビジョニング、可視化、パフォーマンスのモニタリングと仮想化を提供する革新的な EOS 機能をサポートしています。
冗長な電源 - 7010T シリーズは、連続稼働を維持するために、負荷共有型の冗長な AC または DC 電源を内蔵しています。コンパクトな筐体の
おかげで、パフォーマンスと機能の劣る他のソリューションと比較して著しく少ない電力で稼働できます。
ホット・スワップ可能なファン・モジュール - 2 台のファンを装備し、1 台が故障した場合でも十分な冷却能力を提供できます。反転可能なファン・
モジュールは、前面/背面排気または背面吸気/前面排気の両方のエアフローに対応しています。
マルチシャーシ・リンク・アグリゲーション(MLAG) - ネットワーク管理者は、アクティブ/アクティブのレイヤ 2 トポロジですべての相互接続を使用
できます。MLAG とスパニング・ツリーが連携して、ポートをアクティブ/アクティブに維持します。STP が介入するのは、誤設定時に限られます。
これによって、間のリンク帯域幅を増大でき、リンク障害やノード障害のフェイルオーバー時間を数百ミリ秒に短縮できます。
MLAG ISSU - MLAG システムの両方のメンバーは、MLAG ISSU を使って個別にアップグレードできます。ミッション・クリティカルなトラフィック
については、両方のスイッチ・メンバーをまたがるリンク・アグリゲーションとして設定して、アップグレード・プロセス中の稼働中断を最小限に抑え
ることができます。
イコールコスト・マルチパス・ルーティング(ECMP) - スパインとリーフの間のすべてのパスは、BGP や OSPF などの標準のルーティング・プロト
コルを使用してアクティブ/アクティブで動作し、ECMP を使用してすべてのパスがアクティブ/アクティブ・モードで稼働します。
IPv4 および IPv6 のルーティング・サポート - ルーティング・ライセンスがあれば、IPv4 および IPv6 のレイヤ 3 ルーティング(OSPF、BGP、ISIS、
PIM)を使用し、高度な耐障害性を備えたマルチパス・ネットワークを実現できます。
ゼロ・タッチ・プロビジョニング(ZTP) - ZTP を使うと、スイッチを物理的に導入するときに設定作業は不要です。ZTP では、ネットワーク内の一元
的な場所からスイッチがイメージと設定を読み込みます。こうすることで導入の作業が簡単になり、ネットワーク・エンジニアのリソースをもっと生
産的な作業に充てることができます。
アリスタの Software Defined Cloud Networking(SDCN)は、ここまで説明してきた EOS の基盤技術に加えて、自動化したスケールアウト・
ネットワーク・デザインを実現するために、AEM、CloudVision、RAIL、eAPI、OpenStack、VMTracer など、さまざまなテクノロジーを取り入れて
います。
Arista EOS
Arista EOS は、モジュール型のネットワーク OS で、スイッチの状態管理をプロトコル処理およびアプリケーション・ロジックから完全に分離する、
独自の状態共有アーキテクチャを採用しています。標準の Linux カーネルを基盤として構築されており、すべての EOS プロセスは独自の保護メ
モリ空間内で実行され、インメモリ・データベースを介して状態を交換します。このマルチプロセス状態共有アーキテクチャは、インサービス・ソフ
トウェア・アップグレード(ISSU)および自己回復型の耐障害性のための基盤となります。
2014 年 9 月
Arista 7010T:高性能、多機能、省電力設計、オープンな拡張性
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
266 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content