close

Enter

Log in using OpenID

2-2-1 氏名 福原 俊一 所属 ACP日本支部 京都大学 医学研究科 社会

embedDownload
2-2-1
氏名
福原 俊一
所属
ACP日本支部
京都大学 医学研究科
社会健康医学系専攻*
福島県立医科大学
福原 俊一
栗田 宜明
氏名
栗田 宜明
所属
福島県立医科大学 臨床研究イノベーションセンター
使用言語
日本語
対象者:
後期研修医(卒後 3 年目以上)・初期研修医(卒後 1-2 年目)を優先します
SCP 委員会 企画タイトル
ACP 臨床研究 WS シリーズ 3
「論文執筆に活かせる FIRM2NESS チェック」
企画の内容:
目的:FIRM2NESS チェックによる臨床上の研究疑問(リサーチ・クエスチョン)の磨き方をグループワーク形式で学
び、さらに論文執筆の過程で FIRM2NESS チェックがどう活かされるかを知る。
対象: 初期研修医から後期研修医 で、当日までに事前学習(80 分ぐらいかかります)を済ませられる方を優先
します(後期研修医以降の医師も参加可能です)
学習目標:
1.「リサーチ・クエスチョンの作り方」を学ぶ
2. リサーチ・クエスチョンの効果的な改善法(FIRM2NESS チェック)を学ぶ
3. FIRM2NESS チェックが論文執筆にどう役立つかを学ぶ
学習方略:
1. 当日前までに事前学習を 2 つ行っていただきます:
(ア) Web 講義の視聴:「リサーチ・クエスチョンの作り方」所要 60 分
(イ) 事前課題の提出:所要 20 分
2. グループワークでリサーチ・クエスチョンをブラッシュアップ
3. 発表で講評・フィードバック
4. FIRM2NESS チェックが論文執筆にどう役立つか講義
使用言語:日本語(ミニ講義とグループディスカッション)
タイムテーブル:合計 90 分
項目
担当者
所要時間
Welcome / 目的
福原
5分
アイスブレイク & グループワーク
ファシリテーター
35 分
福原
25 分
栗田
20 分
持ち寄った RQ のディスカッション
発表
フィードバック
ミニレクチャー
2
FIRM NESS を活用した論文執筆
まとめ/アンケート記入
5分
企画運営者:
·
福原 俊一(ACP 日本支部理事、京都大学医療疫学分野 教授、福島県立医科大学 副学長)
·
東 光久(SPC 副委員長、白河総合診療アカデミー 特任准教授)
·
栗田 宜明(SPC 委員、ACP 日本支部年次総会 2013-2015 演題査読委員長、福島県立医科大学
臨床研究イノベーションセンター 講師)
·
高田 俊彦(京都大学医療疫学分野、白河総合診療アカデミー 特任講師)
·
来海 美穂(京都大学医療疫学分野 特定助教)
·
清水 さやか(京都大学医療疫学分野 特定助教)
·
新畑 覚也(京都大学医療疫学分野、福島県立医科大学臨床研究イノベーションセンター)
·
矢嶋 宣幸(京都大学医療疫学分野、福島県立医科大学臨床研究イノベーションセンター)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
381 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content