close

Enter

Log in using OpenID

2 症 例 デ ー タ 症例No.

embedDownload
症 例 デ ー タ
症例:30歳代 男性
506
15.5
45.2
89.3
30.6
34.2
21.6
Retic
x10^4/μl
g/dl
%
fl
pg
g/dl(%)
x10^4/μl
1.2 %
WBC
blast
promylo
mylo
meta
sta
seg
lym
mon
eos
baso
aty.ly
N-RBC
7.8 x10^3/μl
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
溶血傾向ほか
NAPスコア
Hb-F
SWテスト
HAMテスト
直接クームス
間接クームス
%
尿・便検査
尿糖
尿蛋白
尿潜血
U-RBC
U-WBC
便ヘモグロビン
骨 髄
NCC
MGK
LLA
x10^4/μl
/μL
赤芽球系
pro
baso
poly
ortho
mitosis
顆粒球系
blast
promylo
mylo
meta
sta
seg
eos
baso
mitosis
その他
mon
lym
plasma
reticul
other
M/E
Auer Body (-)
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
凝固・線溶
-
/HPF
/HPF
ng/ml
症例No.
2
主訴・病歴など :昨日より寒気、発熱
末 梢 血
RBC
HGB
HCT
MCV
MCH
MCHC
PLT
出血時間
PT(sec)
PT(%)
INR
APTT
Fbg
FDP
FDP-DD
AT(Ⅲ)
TAT
PIC
min
sec
%
sec
mg/dL
μg/ml
μg/ml
%
ng/ml
ng/ml
T cell 系
CD1
CD2
CD3
CD4
CD5
CD7
CD8
CD25
CD30
B cell 系
CD10
CD19
CD20
CD22
CD23
CD79a
κ
λ
骨髄系
CD11b
CD13
CD14
CD33
CD64
CD65
CD117
その他
CD34
CD56
HLA-DR
CD41
KORSA
CD71
生化学検査
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
染色体・遺伝子
WT1
copies/ugRNA
TP
ALB
CRP
AST
ALT
LD
ALP
T-CHO
TG
T-Bil
D-Bil
BUN
CRN
7.6 g/dl
8.16
21
29
152
265
1.7
13
0.89
Na
K
Cl
Ca
P
g/dl
mg/dl
IU/L
IU/L
IU/L
IU/L
mg/dl
mg/dl
mg/dl
mg/dl
mg/dl
mg/dl
138
4.1
99
mg/dl
mg/dl
IgG
IgA
IgM
HPT
mg/dl
mg/dl
mg/dl
mg/dl
フェリチン
Fe
UIBC
Cu
VB12
葉酸
ng/ml
μg/dl
μg/dl
μg/dl
pg/ml
ng/ml
sIL2R
β2-mg
CEA
EPO
TK活性
U/ml
mg/L
核型
HTLV-Ⅰ抗体
1.5
mU/ml
U/L
自己免疫・感染
/ml
CH50
mg/dl
C3
mg/dl
C4
ANF
LE
抗DNA
抗内因子抗体
抗胃壁抗体
PA-IgG
ヘリコバクターピロリIgG
寒冷凝集素
倍
パルボウイルスB19抗体
IgG
IgM
CMV抗体
IgG
IgM
EBV抗体
EBNA
VCA
HIV抗体
HTLV-Ⅰ抗体
その他の検査
(-)
平成20年度第2回四国血液検査研修会
実習症例 プロセスシート 症例.2
検査データ所見
白血球
赤血球
網状赤血球
血小板
・減少
・貧血あり
・小球性
・減少
・減少
・減少
LD
他の特徴的な
データ所見
・異常なし
・貧血なし
・正球性
・異常なし
・異常なし
・増加
・多血
・大球性
・増加
・増加
・異常なし ・増加
溶血傾向
血栓傾向
出血傾向
肝機能異常
腎機能異常
自己免疫
感染症/炎症
・あり
・あり
・あり
・あり
・あり
・あり
・あり
・なし
・なし
・なし
・なし
・なし
・なし
・なし
・不明
・不明
・不明
・不明
・不明
・不明
・不明
白血球像
好中球
リンパ球
単球
好酸球
好塩基球
異型リンパ球
中毒性顆粒
形態異常
他の封入体等
・減少
・減少
・減少
・減少
・減少
・≧3%
・あり
・あり
・異常なし
・異常なし
・異常なし
・異常なし
・異常なし
・<3%
・なし
・なし
・増加
・増加
・増加
・増加
・増加
・なし
末梢血液像所見
赤血球像
連銭形成
凝集像
大小不同
色素不同
多染性赤血球
破砕赤血球
涙滴赤血球
他の奇形等
血小板像
凝集像
大小不同
巨大/大型
顆粒異常
他の所見
・あり
・なし
・あり
・なし
・あり
・なし
・あり
・なし
・異常なし ・増加
・あり
・なし
・あり
・なし
マラリア原虫寄生赤血球
シェフナー斑
・あり
・あり
・巨大
・あり
・なし
・なし
・大型
・なし
・なし
他の形態所見
異常細胞像(あれば)
・>芽球
大きさ
・あり
核小体
・不整
核形
核切れ込み ・なし
・大きい
N/C比
・かたい
クロマチン網
・不整
細胞辺縁
他の特徴
・=芽球
・<芽球
・なし
・類円形
・あり:(
様)
・小さい
・柔らかい(幼若)
・偽足様
・滑らか
臨床への報告事項
追加実施すべき検査項目
RBC内にマラリア原虫(輪状体、栄養体)
感染RBCはやや大型
シェフナー斑(+)
PH7.4緩衝液を使用したギムザ染色
総合的な異常所見(骨髄像含む)と推察される病態および疾患
末梢血CBCに異常なし。白血球分画では単球と好塩基球の軽度増加を認める。
白血球に明らかな形態異常なく、血小板は大小不同あり、大型も認められる。
赤血球内にマラリア原虫の寄生を認める。(感染赤血球率 0.1%)
寄生赤血球はやや膨大。赤染する斑(シェフナー斑)がみられる。
輪状体の大きさは赤血球直径の1/3より大きく、アメーバ状の栄養体も認められる。
以上の形態所見より、三日熱マラリアと診断される。
症 例 デ ー タ
症例:30歳代 男性
506
15.5
45.2
89.3
30.6
34.2
21.6
13.3
1.2
WBC
blast
promylo
mylo
meta
sta
seg
lym
mon
eos
baso
aty.ly
N-RBC
x10^4/μl
g/dl
%
fl
pg
g/dl(%)
x10^4/μl
%
7.8 x10^3/μl
0.0 %
0.0 %
0.0 %
0.0 %
2.0 %
44.0 %
35.0 %
12.0 %
4.0 %
2.0 %
1.0 %
マラリア原虫 (+)
溶血傾向ほか
NAPスコア
Hb-F
SWテスト
HAMテスト
直接クームス
間接クームス
%
尿・便検査
尿糖
尿蛋白
尿潜血
U-RBC
U-WBC
便ヘモグロビン
骨 髄
NCC
MGK
LLA
x10^4/μl
/μL
赤芽球系
pro
baso
poly
ortho
mitosis
顆粒球系
blast
promylo
mylo
meta
sta
seg
eos
baso
mitosis
その他
mon
lym
plasma
reticul
other
M/E
Auer Body (-)
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
凝固・線溶
-
/HPF
/HPF
ng/ml
症例No.
2
主訴・病歴など :寒気、発熱
末 梢 血
RBC
HGB
HCT
MCV
MCH
MCHC
PLT
RDW
Retic
出血時間
PT(sec)
PT(%)
INR
APTT
Fbg
FDP
FDP-DD
AT(Ⅲ)
TAT
PIC
min
sec
%
sec
mg/dL
μg/ml
μg/ml
%
ng/ml
ng/ml
T cell 系
CD1
CD2
CD3
CD4
CD5
CD7
CD8
CD25
CD30
B cell 系
CD10
CD19
CD20
CD22
CD23
CD79a
κ
λ
骨髄系
CD11b
CD13
CD14
CD33
CD64
CD65
CD117
その他
CD34
CD56
HLA-DR
CD41
KORSA
CD71
生化学検査
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
%
染色体・遺伝子
WT1
copies/ugRNA
TP
ALB
CRP
AST
ALT
LD
ALP
T-CHO
TG
T-Bil
D-Bil
BUN
CRN
7.6 g/dl
8.16
21
29
152
265
1.7
13
0.89
Na
K
Cl
Ca
P
g/dl
mg/dl
IU/L
IU/L
IU/L
IU/L
mg/dl
mg/dl
mg/dl
mg/dl
mg/dl
mg/dl
138
4.1
99
mg/dl
mg/dl
IgG
IgA
IgM
HPT
mg/dl
mg/dl
mg/dl
mg/dl
フェリチン
Fe
UIBC
Cu
VB12
葉酸
ng/ml
μg/dl
μg/dl
μg/dl
pg/ml
ng/ml
sIL2R
β2-mg
CEA
EPO
TK活性
U/ml
mg/L
核型
HTLV-Ⅰ抗体
mU/ml
U/L
自己免疫・感染
CH50
C3
C4
ANF
LE
抗DNA
抗内因子抗体
抗胃壁抗体
PA-IgG
ヘリコバクターピロリIgG
/ml
mg/dl
mg/dl
(-)
寒冷凝集素
倍
パルボウイルスB19抗体
IgG
IgM
CMV抗体
IgG
IgM
EBV抗体
EBNA
VCA
HIV抗体
HTLV-Ⅰ抗体
(-)
その他
<現病歴>
昨日より悪寒、発熱あり。
<来院時現症>
体温 35.7℃
胸部ラ音なし
SPO2 98%
インフルエンザ検査(-)
インドからの留学生 マラリア既往歴あり
症例No.
2
30歳代 男性
主訴: 悪寒、発熱
現病歴: 昨日より悪寒、発熱あり。来院時問診にてマラリアの既往が発覚。検査部へ精査依頼。インドからの留学生。
身体所見: 意識清明 体温 35.7℃
末梢血 メイギムザ染色 末梢血 ギムザ染色(PH7.4)
1/2
対照症例 熱帯熱マラリア
㊟ 血小板がRBC上に乗った場合は、マラリア感染RBCのように見えることがあるので、注意が必要。
2/2
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
4 912 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content