close

Enter

Log in using OpenID

(52 号) 中国シルク情勢(2015 年1月) 日 絹 連 中国シルク協会が、12

embedDownload
(52 号)
中国シルク情勢(2015 年1月)
日 絹 連
中国シルク協会が、12 月 11 日に西安で 2014 年度全国会員大会を開き、2015 年度の
方針と目標を以下の通り発表した。
①産業地区と団地の合理化推進、技術開発と設備更新、ブランド創出の強化
②2016 年以降 5 カ年発展計画の提出
③生糸電子検査国際基準の実行と関連設備の製造
④各段階のシルク販売活動を活発化させ、内需拡大を推進 等
12 月 16 日、中国国家蚕糸綢弁公室(日本の旧蚕糸事業団に相当)が、11 月に公表し
た 971 トンの在庫糸放出と新しい準備糸 1,500 トンの購入結果を発表した。放出 971 ト
ン 161 口(1 口約 6 トン 100 俵)は 56 社が買付し、平均価格は 294,863.91 元/トン(約
48 ドル/kg)となり、同時に新しい 1,500 トン準備糸の最高価格は 344,000 元/トン(約
56.40 ドル/kg)で、64 社が入札した。この結果、現在の相場にはあまり影響はないが、
一部の放出糸は旧正月後に高く転売される恐れがあるので、その品質保証と市場混乱を
どう管理していくのか。また、業界の一部機屋では、糸が高く転売されることについて
心配している。
中国紡績商会は、12 月 25 日にインドと生糸取引関係のある企業へ通達を出し、12 月
9 日にインド商工部が、中国から輸入した生糸価格に対してアンチダンピングを立案し
たことについて、意見を募集している。
浙江省シルク協会が、
12 月 30 日に 2014 年 1~11 月までのシルク生産統計を発表し、
数量については昨年との比較を避けたが、実状はいくらかの減産と推定している。
87 社の経営実績は 33 社が赤字で全体的に苦戦している。
中国生糸検査連盟が、2015 年 1 月 1 日より新しい検定書を採用する
http://www.esilk.net/web/view.aspx?AID=121360
2014 年 12 月の生糸相場については、11 月と殆ど変りなく、取引量も非常に少ない。
以
上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
122 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content