close

Enter

Log in using OpenID

14-15 町の話題

embedDownload
PHOTO DIGEST
町の話題
▼迫力あるライブの様子
町の振興発展のために
迫力のライブパフォーマンスに沸く
▼賞状を手にする片岡社長(中央)と石田会長(左)
地域資源・ヤナギを増やそう!
丸和堂がまちづくり基金へ寄附 12/1
ヤナギ植樹事業 11/14
㈲花と葬儀の丸和堂(飛田英雄社長)は、斎場の
オープンを機に町の振興発展に貢献したいと「まち
づくり基金」へ100万円の寄附をしました。
飛田社長は「過疎化も進んできている中、町のた
めにという思いから寄附をさせていただきました」
と話し寄附金を手渡しました。棚野町長は「葬儀の
形が多様化している中、斎場のオープンにより選択
肢が増えるということは町にとっても良いこと。寄
附金は町づくりのため有効に活用させていただきま
す」と感謝を述べ感謝状を手渡しました。
トーパラベツの町有地で今年度のヤナギ植樹が行
われ、白糠小と庶路小の4年生53人が参加し、午前
9時半から1時間程度、約0.25㌶の土地に約4000本
のヤナギを植樹しました。
町が平成21年から実施している『ヤナギ100㌶
栽培作戦inしらぬか』の取り組みの1つで、木育と
町民の健康づくりの一環として行われています。
参加した児童は「寒かったけど楽しかった。ヤナ
ギが大きくなるのを見るのが楽しみ」と話していま
した。11月17日には庶路連合町内会、25日には西庶
路連合町内会の会員も植樹を行っています。
・挿し木の長さは35センチ、4,114本の挿し木を
用意
木材産業の振興発展に貢献
THE TON-UP MOTORS全道ツアー 12/2
片岡さんが木材産業功労表彰を受賞 11/14
ブギウギ専務でおなじみの上杉周大さんが率いる
THE TON-UP MOTORSの北海道179
市町村ツアーの149番目となるライブが、町教育
委員会主催の芸術文化鑑賞会として社会福祉センタ
ーで行われ、町内外から訪れた約250人の聴衆が
ライブを楽しみました。
ライブでは、上杉さんがパワフルな歌声で「北海
道ブギ」など全3曲を熱唱したほか、番組の裏話な
ど軽快なトークで会場は熱気と笑いに包まれ、大い
に盛り上がりました。ライブ終了後には全員で記念
撮影が行われ、ファンとの交流を深めました。
増井林業株式会社の片岡好治社長が、一般社団法
人全国木材組合連合会(吉条良明会長)の木材産業
功労表彰を受賞し報告のため同社長と白糠町森林・
林業・林産業活性化推進議員連盟の石田正義会長が
役場を訪れました。
表彰式は、10月15日に東京都で行われ、多年にわ
たり木材産業の振興発展に貢献した59人が受賞し、
道内では片岡社長を含めて2人が受賞しました。
棚野町長は「全国的な組織から表彰されることは、
これまでの経験と実績があってのことで、我々にと
っても大変喜ばしいことです」と祝福しました。
▲棚野町長に寄附金を手渡す飛田社長(左)
コープさっぽろと地域見守り協定
◇地域貢献活動ありがとうございます◇
▼入選した6人の児童・生徒
高齢者等地域見守り活動協定締結式 11/11
11月17日、森江建設株式会社(森江安社長)は地域貢献活動として、
コープさっぽろ(大見英明理事長)と本町は「白
泊別地区にあるシソ畑の整備とビニールハウスの越冬用作業を行いま
糠町における高齢者等見守り活動に関する協定」を
した。
作業には同社の社員5人が参加し、約3時間の作業でビニールハウ
締結しました。
ス(間口6㍍、奥行20㍍)のビニールシートや骨組の撤去と、ハウス
この協定は、コープさっぽろの宅配業務において
内の土起こしが行われました。また、シソ畑の東端に排水用の溝が掘
見守りや安否確認を行い、異変に気付いた際は町に
られ、畑の水はけ改善、雑草の防除対策がなされました。
連絡をする活動で、コープさっぽろの中村専務理事
町産業振興課の前田広幸課長は「昨年に続いて地域貢献をしていた
▲ハウスからビニールシートを撤去
は「生協は、地域の課題に対して支援していくこと
だき、とても感謝しています。来年のシソ栽培への良い備えとなりま
する作業員
が使命であり、本来の役割を果たすことができ嬉し
した」とお礼を述べていました。
▲協定を締結したコープさっぽろ中島専務理事(右)と棚野
く思う」とあいさつしました。
町長
今年は6人が見事入選
広告
自然の番人宣言ポスターコンクール 11/26
15
会場が一体となって大合唱
第40回白糠町青少年音楽祭 11/15
11月26日、第4回「自然の番人宣言」児童・生徒
ポスターコンクールの表彰式が役場で行われ、棚野
孝夫町長が町内の受賞者6人に賞状と記念品を手渡
しました。
大野琴世さん(庶路中2年)が優秀賞を受賞し、
白糠小1年の池田海瑠羽さんと廣橋謙悟君、庶路中
2年の犬養竣君、佐藤姫和さん、佐藤優奈さんの作
品が佳作に選ばれました。
大野さんは「地球がゴミでいっぱいにならないよ
うにという気持ちを込めて、文字も目立つように工
夫しました」と賞状を手に笑顔で話していました。
広報しらぬか1月号
▲植樹の様子
第40回白糠町青少年音楽祭(同実行委員会主催)
が社会福祉センターで開かれ、児童生徒をはじめ町
内で音楽活動をしている7団体4個人が日ごろの練
習の成果を披露し、町民など約180人の聴衆を魅
了しました。
同音楽祭は、庶路小学校アンサンブル同好会の器
楽演奏「キエフの大門」で幕開け、となりのトトロ
の「さんぽ」を全員で合唱したほか、白糠吹奏楽団
が今年のヒット曲「レット・イット・ゴー」などの
曲を披露し会場を盛り上げました。
▲会場全員で合唱する様子
14
広報しらぬか1月号
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
7 428 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content