close

Enter

Log in using OpenID

319KB - Spansion

embedDownload
MB9B560L シリーズ
32 ビット・マイクロコントローラ
FM4 ファミリ
データシート
Errata Sheet
ページ
場所
訂正内容
Original document code: DS709-00005-1v0-J
Rev. 1.0 April 25, 2014
33
入出力回路形 以下の
式
分類
I
で示すように追加。
回路
備考
P-ch
P-ch
N-ch
R
Publication Number MB9B560L_DS709-00005-1v0-J-DE
CONFIDENTIAL
・CMOS レベル出力
・CMOS レベルヒステリ
シス入力
・プルアップ抵抗制御あ
Digital output
り
・5V トレラント
・スタンバイ制御あり
・ プルアップ抵抗 :
Digital output
約 50 kΩ
・IOH = -4 mA, IOL = 4 mA
・ PZR レジスタ制御可能
Pull-up resistor
・ I2C 端子として使用す
control
るとき、デジタル出力
Digital input
P-ch トランジスタは
Standby mode
常にオフです。
control
Revision 1.0
Issue Date April 25, 2014
E R R A T A
ページ
場所
訂正内容
各 CPU ステー ・VBAT ドメイン端子状態一覧表を以下の
トにおける端子 (誤)
状態
VBAT 端子状態形式
53
S H E E T
S
グループ
機能名
GPIO
選択時
GPIO
選択時
で示すように訂正。
INITX
入力
状態
デバイス
内部
リセット
状態
タイマモード,
RTC モード
または
ストップモード
状態
ディープスタンバイ
RTC モード
または
ディープスタンバイ
ストップモード
状態
ディープ
スタンバイ
モード
復帰直後
状態
電源安定
INITX=0
‐
電源安定
INITX=1
‐
電源安定
INITX=1
SPL=0
SPL=1
電源安定
INITX=1
SPL=0
SPL=1
電源安定
INITX 1
-
設定不可
設定不可
設定不可
設定不可
Hi-Z/ GPIO 選択 Hi-Z/
直前状態
内部入力
内部入力 内部入力
保持
"0"固定 "0"固定 "0"固定
直前状態
保持
Hi-Z/
GPIO 選択
Hi-Z/
内部入力 内部入力 内部入力
"0"固定
"0"固定
GPIO 選択
GPIO 選択
"0"固定
外部サブ
クロック
入力
T
設定不可
設定不可
直前状態
保持
選択時
Hi-Z/
内部入力
"0"固定
直前状態
保持
Hi-Z/
内部入力
"0"固定
直前状態 直前状態 直前状態 直前状態
サブ水晶
Hi-Z/
発 振 出 力 内部入力
"0"固定
端子
Hi-Z/
直前状態
保持
保持/
保持/
保持/
保持/
発振
発振
発振
発振
直前状態
保持/
発振
内部入力 停止時*は 停止時*は 停止時*は 停止時*は
"0"固定
Hi-Z/
Hi-Z/
Hi-Z/
Hi-Z/
停止時*は
内部入力 内部入力 内部入力 内部入力
内部入力
"0"固定
"0"固定
"0"固定
"0"固定
Hi-Z/
"0"固定
*ストップモード, ディープスタンバイストップモードは発振が停止します。
VBAT 端子状態形式
(正)
S
INITX
入力
状態
デバイス
内部
リセット
状態
タイマモード,
RTC モード
または
ストップモード
状態
ディープスタンバイ
RTC モード
または
ディープスタンバイ
ストップモード
状態
ディープ
スタンバイ
モード
復帰直後
状態
電源安定
INITX=0
‐
電源安定
INITX=1
‐
電源安定
INITX=1
SPL=0
SPL=1
電源安定
INITX=1
SPL=0
SPL=1
電源安定
INITX=1
-
選択時
直前状態
保持
直前状態
保持
直前状態 直前状態 直前状態 直前状態
保持
保持
保持
保持
直前状態
保持
GPIO
直前状態
直前状態
直前状態 直前状態 G 直前状態 直前状態
直前状態
保持
保持
グループ
機能名
GPIO
選択時
保持
保持
保持
保持
保持
外部サブ
ク ロ ッ ク 直前状態
入力
保持
直前状態
保持
直前状態 直前状態 直前状態 直前状態
保持
保持
保持
保持
直前状態
保持
T 選択時
直前状態 直前状態 直前状態 直前状態
サブ水晶
発振出力
端子
直前状態
直前状態
保持
保持
保持/
保持/
保持/
保持/
発振
発振
発振
発振
停止時は 停止時は 停止時は 停止時は
Hi-Z *
Hi-Z *
Hi-Z *
直前状態
保持
Hi-Z *
*WTOSCCNT レジスタの連携制御ビット(SOSCNTL)が”0”の場合は、直前状態保持。
WTOSCCNT レジスタの連携制御ビット(SOSCNTL)が”1”の場合は、ストップモード,
ディープスタンバイストップモード時に発振が停止します。
2
CONFIDENTIAL
MB9B560L_DS709-00005-1v0-J-DE1, April 25, 2014
E R R A T A
ページ
場所
55
電気的特性
S H E E T
訂正内容
以下で示すように訂正。
2 推奨動作条件
項目
記号
規格値
最小 最大
条件
単位
備考
電源電圧
VCC
2.7*5
5.5
V
*5:電源電圧が最小値未満かつ低電圧リセット/割込み検出電圧以上の間は、内蔵高速 CR
クロック(メイン PLL 使用含む)または内蔵低速 CR クロックでの命令実行と低電圧検
出のみ動作可能です。
69
電気的特性
(3) 内蔵 CR 発振規格を以下の
で示すように訂正
(VCC = 2.7V ~ 5.5V, VSS = 0V)
4. 交流規格
項目
クロック
周波数
記号
FCRH
規格値
単位
最小 標準 最大
条件
Tj = -20°C ~ + 105°C
Tj = - 40°C ~ + 125°C
3.92
3.88
4
4
4.08
4.12
Tj = - 40°C ~ + 125°C
3
4
5
備考
トリミング時
*1
MHz
非トリミング
時
周波数
tCRWT
30
μs *2
安定時間
*1: 出荷時に設定されるフラッシュメモリ内の CR トリミング領域の値を周波数トリ
ミング値/温度トリミング値に使用した場合
*2: トリミング値設定後に高速 CR クロックの周波数が安定するまでの時間です。
なお、トリミング値設定後、周波数安定時間が経過するまでの期間も高速 CR クロッ
クをソースクロックとして使用できます。
108
電気的特性
6. 12 ビット
D/A コンバー
タ
・D/A 変換部電気的特性を以下の で示すように追加。
(VCC = AVCC = 2.7V~5.5V, VSS = AVSS = AVRL = 0V, Ta = - 40℃~ + 105℃)
項目
分解能
変換時間
記号 端子名
備考
-
-
-
12
bit
0.56
0.69
0.81
μs
負荷 20pF
tc100
2.79
3.42
4.06
μs
負荷 100pF
INL
微分直線性誤差*
DNL
出力電圧
オフセット
VOFF
電源電流*
単位
tc20
直線性誤差*
アナログ出力
インピーダンス
規格値
最小 標準 最大
DAx
RO
IDDA
IDSA
AVCC
-16
-
+ 16
LSB
-0.98
-
+ 1.5
LSB
-
-
10.0
mV
0x000 設定時
- 20.0
-
+ 1.4
mV
0xFFF 設定時
3.10
3.80
4.50
kΩ
D/A 動作時
2.0
-
-
MΩ
D/A 停止時
260
330
410
μA
D/A 動作時 AVCC=3.3V
400
519
620
μA
D/A 動作時 AVCC=5.0V
-
-
14
μA
D/A 停止時
*:無負荷時
April 25, 2014, MB9B560L_DS709-00005-1v0-J-DE1
CONFIDENTIAL
3
E R R A T A
ページ
場所
115
電気的特性
S H E E T
訂正内容
「(1)復帰要因:割込み/WKUP」の・復帰カウント時間を以下の
で示すように訂正。
11. スタンバ (誤)
イ復帰時間
項目
記号
サブタイマモード
RTC モード
ストップモード
(メイン/高速 CR/PLL
ランモード復帰)
RTC モード
ストップモード
(サブ/低速 CR ラン
モード復帰)
ディープスタンバイ
RTC モード
ディープスタンバイ
ストップモード
Ticnt
規格値
標準
最大*
単位
備考
881
1136
μs
270
581
μs
240
480
μs
308
667
μs
RAM 保持なし
308
667
μs
RAM 保持あり
(正)
項目
記号
サブタイマモード
RTC モード
ストップモード
(メイン/高速 CR/PLL
ランモード復帰)
RTC モード
ストップモード
(サブ/低速 CR ラン
モード復帰)
ディープスタンバイ
RTC モード
ディープスタンバイ
ストップモード
4
CONFIDENTIAL
Ticnt
標準
規格値
最大*
896
1136
μs
316
581
μs
270
540
μs
365
667
μs
RAM 保持なし
365
667
μs
RAM 保持あり
単位
備考
MB9B560L_DS709-00005-1v0-J-DE1, April 25, 2014
E R R A T A
ページ
場所
117
電気的特性
S H E E T
訂正内容
「(2)復帰要因: リセット」の・復帰カウント時間を以下の
で示すように訂正。
11. スタンバ (誤)
イ復帰時間
項目
スリープモード
高速 CR タイマモード
メインタイマモード
PLL タイマモード
低速 CR タイマモード
サブタイマモード
RTC モード
ストップモード
ディープスタンバイ
RTC モード
ディープスタンバイ
ストップモード
記号
Ticnt
規格値
標準
最大*
116
266
単位
備考
μs
116
266
μs
258
258
567
567
μs
μs
258
567
μs
308
667
μs
RAM 保持なし
308
667
μs
RAM 保持あり
(正)
項目
スリープモード
高速 CR タイマモード
メインタイマモード
PLL タイマモード
低速 CR タイマモード
サブタイマモード
RTC モード
ストップモード
ディープスタンバイ
RTC モード
ディープスタンバイ
ストップモード
April 25, 2014, MB9B560L_DS709-00005-1v0-J-DE1
CONFIDENTIAL
記号
Ticnt
規格値
標準
最大*
155
266
単位
備考
μs
155
266
μs
315
315
567
567
μs
μs
315
567
μs
336
667
μs
RAM 保持なし
336
667
μs
RAM 保持あり
5
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
319 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content