close

Enter

Log in using OpenID

26~29

embedDownload
3. システム構成と配線
4. パラメータ設定
パラメータの概要
( はツイストペア線を表します)
IM
速度モニタ出力
トルクモニタ出力
42
43
SP
CN X5
3.83kΩ
1kΩ
10kΩ
●パラメータは以下の 3 通りの方法で設定できます。
① 本体前面パネル
(DV0P4460:日
② A4 シリーズ用 セットアップ支援ソフトウェア「PANATERM®」
本語・英語版)
(別売)とパソコンの組合せ
③ コンソール(DV0P4420)
(別売)
前面パネルでの設定
FG
〈お願い〉Pr5B=0の場合は、
50
速度設定第4速(Pr56)
に速度制限値を入力して
ください。
12 ZSP
41 COM(Pr0Aで選択)
ゼロ速度検出出力
TLC
40
トルク制限中出力
(Pr09で選択)
11 BRKOFF+
10 BRKOFF-
ブレーキ解除出力
ALM39 AT-SPEED+
38 AT-SPEED-
ALM+
VDC
12~24V
速度到達信号出力
36
37
サーボアラーム出力
35 S-RDY+
34 S-RDYサーボレディ出力
CWL
CCW駆動禁止入力 9 CCWL
CW駆動禁止入力 8
ゲイン切替入力
サーボオン入力
28
DIV
速度ゼロクランプ入力 26 ZEROSPD
制御モード切替入力 32
C-MODE
アラームクリア入力 31 A-CLR
CL
29 SRV-ON
27 GAIN
4.7kΩ
INH
設定のしかた
表示用LED(6桁)
エラー発生時はすべてのLEDが点滅し、
エラー表示画面に切り替わります。
警告発生時はすべてのLEDがゆっくり点滅
します。
データ変更桁の上位桁への移動。
30
7 COM+
33
アンプは、その特性・機能などを設定する各種のパラメータを持っています。本章では、
それぞれのパラメータの機能・目的を説明しています。よくご理解頂いた上で、お客様
の運転条件に最適な状態に調整してご使用ください。
<お知らせ>
パソコン画面上でのパラメータ設定のしかたについては「PANATERM®」の取扱説明書
を参照ください。
1kΩ
CCWTL/TRQR 16
17
GND
10kΩ
3.83kΩ
分
周
器
CWTL 18
制御モードPr02=5、
またはPr5B=1の時の配線例
16
トルク指令入力
CCWTL/TRQR
17
(0∼±10V)
GND
トルク指令入力または
速度制限入力(0∼±10V)
GND
14
SPR/TRQR
20kΩ
CZ
GND
19
25
24
OZ+
OZ-
15
Z相出力(オープンコレクタ)
Z相出力
330Ω
330Ω
23
49
OB+
OB-
21
48
OA-
OA+
22
330Ω
B相出力
A相出力
トルク制御モード時のコネクタ CN X5 の配線例
各モードにおける表示変更、データの変更、
パラメータ等の選択、動作の実行。
(点滅する小数点が表示されている桁に対
して有効)
を押すと数値が増え、
を押すと数値が減る。
セットボタン(常に有効) 選択表示と実行表示の切り替え。
モード切替えボタン(選択表示で有効) 5種類のモードを切替えます。
①モニタモード ④オートゲインチューニングモード
⑤補助機能モード
②パラメータ設定モード
③EEPROM書き込みモード パラメータの設定はモードをパラメータ設定モードに切替えた後、データを設定します。
− 26 −
− 27 −
4. パラメータ設定
「PANATERM®」の概要
接続のしかた
セットアップ支援ソフトウェア「PANATERM®」
(DV0P4460:日本語・英語版)
(別売)
は次のことができます。
① アンプのパラメータの設定と保存、メモリ(EEPROM)への書き込み。
② 入出力モニタ、パルス入力のモニタ、負荷率のモニタ。
③ 現在のアラーム表示とエラー履歴の参照。
④ 波形グラフィックのデータ測定とデータ保存呼び出し。
⑤ オートゲインチューニングの実行。
⑥ 機械系の周波数特性の測定。
RS232 接続ケーブル(別売)
・DVOP1960(DOS/V機用)
CN X4に接続
コンソールでの設定
セットアップ支援ソフトウェア
「PANATERM®」のセットアップディスク
・DV0P4460:日本語・英語版(別売)
表示用LED(6桁)
エラー発生時はすべてのLEDが点滅し、
エラー表示画面に切り替わります。
ID(軸名)番号表示(2桁)
選択されたアンプのPr00(軸名)に設定されているID番
号を表示します。パラメータ設定モードのときは、パラメー
タ番号を表示(2桁)
します。
CN X4に接続
データ変更桁の桁移動に使います。
データの変更、パラメータの選択動作の実行に使います。
を押すと数値が増え、
を押すと数値が減る。
セットボタン モード切替えボタンで選択した各モードとそれぞれの実
行表示に切替えます。
モード切替えボタン 6種類のモードへ切替えます。
①モニタモード
⑤補助機能モード
②パラメータ設定モード
・試運転 (JOG)
③EEPROM書込みモード ・アラームのクリア
④ノーマルオートゲイン
⑥コピー機能モード
・アンプからコンソールへのパラメータコピー
チューニングモード
・コンソールからアンプへのパラメータコピー
コンソール(別売)
・DVOP4420
<お願い>
・コネクタは、確実にアンプのコネクタ CN X4 に接続してください。
・ケーブルを持っての抜き挿しは、絶対に行わない。
パラメータの設定は、
モードをパラメータ設定モードに切替えた後、
データを設定します。
操作の詳細は同梱のコンソールの取扱説明書を参照してください。
− 28 −
− 29 −
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
116 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content