close

Enter

Log in using OpenID

1970s 1980s

embedDownload
400
1973
1971年、アメリカ人発明家ジェイコブソンのアイデアと
カワサキの技術力のコラボレートにより、試作艇が完成。
1973年に400の製造が開始され1975年、
コーストガードから船内発動機付きボートとして承認を受けた。
Kawasaki
JET SKI
ALL
MODELS
since 1973~
40
th
今年、40周年を迎えたカワサキ ジェットスキー。
わずか398㎤、26馬力だったノリモノが、
この40年でどのような進化を経て、
現在に至ったのか。
各年代のジェットスキーの変遷を、
改めて振り返ってみよう。
カワサキ ジェットスキー40周年記念企画 第1弾
カワサキモータースジャパン
special thanks/
1970s
300
ジェットスキー史上、最小排気量のモデル。
「手軽にジェットスキーの醍醐味が味わえる」
をコンセプトに開発され、294㎤の単気筒エンジンながら、最大30馬力を発揮。
●全長×全幅×全高:2140×620×640mm ●エンジン種類:水冷2ストローク単気筒
●排気量:294㎤ ●連続最高出力:30㎰/6000rpm ●乾燥重量:101kg ●定
員:1名
1973
1986
当時カワサキが生産していたスノーモビルのエンジンを流用。初年度はハル先端が丸い
WSAAと尖ったWSABがそれぞれ500台、明石工場でハンドメイドにより生産された。
ジェットスキー初のタンデムモデル。
フロントにエンジンを搭載し、全長2225mmのショート
ハルはバランスを取るのが難しく、水中からの乗り込みはテクニックが要求された。
●全長×全幅×全高:2003×610×660mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:398㎤ ●連続最高出力:26㎰/6000rpm ●乾燥重量:100kg ●定
員:1名
●全長×全幅×全高:2225×690×900mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:635㎤ ●連続最高出力:52㎰/6000rpm ●乾燥重量:125kg ●定
員:2名
1977
1987
400のハルを改良して走行安定性を高め、436㎤のニューエンジンを搭載。
『ヨンヨンマ
ル』
の愛称で親しまれ、550発売後もレースの世界を中心に愛されたモデル。
550の後継として発売され、
フロントから後ろに向かって流線形を描くフラッシュサーフェ
スのボディーが新鮮なイメージを与えた。エンジンフードにはじめてロック式を採用。
●全長×全幅×全高:2140×610×640mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:436㎤ ●連続最高出力:27㎰/6000rpm ●乾燥重量:110kg ●定
員:1名
●全長×全幅×全高:2205×680×760mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:635㎤ ●連続最高出力:52㎰/6000rpm ●乾燥重量:128kg ●定
員:1名
400
X-2
440
650 SX
1980s
1983年に日本国内での販売を開始。
1986年には、現在もファンが多い名機X-2がデビュー。
80年代後半は毎年、意欲的なモデルが開発され、
ジェットスキーの楽しみ方も多様化していく。
1987
300 SX
(国内未導入)
ジェットスキー史上、
もっとも短いハルを採用した軽量コンパクトモデル。水の抵抗を受け
にくい三角形にシェイプされたバウにより、
クイックなコーナリングを実現していた。
●全長×全幅×全高:2000×670×705mm ●エンジン種類:水冷2ストローク単気筒
●排気量:294㎤ ●連続最高出力:30㎰/6000rpm ●乾燥重量:100kg ●定
員:1名
1982
1988
世界で20万台以上を販売した、不朽のベスト&ロングセラーモデル。その運動性能の高
さから、
ジェットスキーが世界的ブームとなる火付け役となった。
バスタブのようなハル形状で運転席1、後部座席2のシートを持つ、
カワサキ初の3シータ
ー。
トリガータイプのスロットルを採用し、水面の穏やかな川や湖で愛用された。
●全長×全幅×全高:2140×610×640mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:531㎤ ●連続最高出力:36㎰/5750rpm ●乾燥重量:112kg ●定
員:1名
●全長×全幅×全高:2710×1525×770mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒
●排気量:635㎤ ●連続最高出力:52㎰/6000rpm ●乾燥重量:239kg ●定
員:3名
1984年 US版
1989
550
JETMATE
htt㎰://www.kawasaki-motors.com/
提供:福井 昇
JET SKI 440/550
Catalog
2014
1985
ULTRA 310LX
1984年に発行された、1985年モ
デル
(JS440-A9/JS550-A4)
の
US版カタログ。
この1984年に、
日
本国内でJJSBAが設立されている。
TS
「スポーツ走行を2人で楽しむ
(タンデム・スポーツ)
」
をコンセプトに開発され、
その頭文字
を機種名に採用。ステップスルーのシートは、
レスキューやパトロールにも便利だった。
●全長×全幅×全高:2780×1070×970mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒
●排気量:635㎤ ●連続最高出力:52㎰/6000rpm ●乾燥重量:188kg ●定
員:2名
026
027
1990s
1994
1995
1998
Super Sport Xiの限定レーシングバージョン。最大出力は84馬力をマークし、比類なき強
さを発揮。金森 稔選手が、
はじめてワールドチャンピオンを獲得したモデル。
3シーターモデルのSTに、パワフルなツインキャブレターを装備したモデル。パワーユニッ
トは最大75馬力を発生し、3人乗りでもゆとりあるライディングを実現した。
マイナーチェンジ後のSuper Sport Xiから、ハンドル前部のメーターやチルト機能などを
取り除き、低価格と軽量化を実現したタンデムスポーツモデル。
●全長×全幅×全高:2530×1030×945mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:743㎤ ●連続最高出力:84㎰/6750rpm ●乾燥重量:174kg ●定
員:2名
●全長×全幅×全高:3100×1180×990mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:743㎤ ●連続最高出力:75㎰/6500rpm ●乾燥重量:250kg ●定
員:3名
●全長×全幅×全高:2530×1030×945mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:743㎤ ●連続最高出力:75㎰/6500rpm ●乾燥重量:185kg ●定
員:2名
1990
1994
1996
1998
排気口からの水の逆流や騒音対策のため、後方排気システムを採用。大型バンパーが
装備され、
ポンプケースやバルクヘッド、
ライドプレートも改良。耐久性と運動性を高めた。
マリンスポーツの多様化にあわせて開発された、3シーターモデル。ロングハルの採用によ
り安定した走行が楽しめ、
レジャーからレスキューまで幅広いシーンで活躍。
ハルから空気を吹きだして水との摩擦を低減するKAISや、エンジン回転数に応じてノズ
ル角を自動調節するKATSなど、画期的なメカニズムを装備した2人乗りモデル。
国内未導入の900 STX
(JT900-A1)
のハルに、743㎤のエンジンを搭載。手軽な3人乗
りモデルとして、
ファミリーユーザーを中心に人気を集めた。
●全長×全幅×全高:2140×620×640mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:530㎤ ●連続最高出力:39㎰/6250rpm ●乾燥重量:114kg ●定
員:1名
●全長×全幅×全高:3100×1180×990mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:743㎤ ●連続最高出力:67㎰/6250rpm ●乾燥重量:240kg ●定
員:3名
●全長×全幅×全高:2760×1070×999mm ●エンジン種類:水冷2ストローク3気筒 ●排気量:1071㎤ ●連続最高出力:120㎰/6750rpm ●乾燥重量:265kg ●
定員:2名
●全長×全幅×全高:3100×1180×990mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:743㎤ ●連続最高出力:75㎰/6500rpm ●乾燥重量:280kg ●定
員:3名
1991
小文字から大文字へ
ジェットスキーのロゴ変更
1996
ジェットスキー
パトロール
90年代に入ると、
ジェットスキーはスタンドアップから
ランナバウト全盛の時代へとシフト。
大排気量・高馬力化が進み、
1999年には145馬力に到達。
550 SX
SC
Xi-R
STS
ST
1100 ZXi
➡
ジェットスキー史上で唯一、横に並んで2人が座れるタンデムモデル。ベンチシートと左右
にスライドするハンドルで、座る位置をかえずに操船を交代することができた。
●全長×全幅×全高:2780×1230×1070mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気
筒 ●排気量:635㎤ ●連続最高出力:49㎰/6000rpm ●乾燥重量:200kg ●定員:2名
●全長×全幅×全高:3100×1180×990mm ●エンジン種類:水冷2ストローク3気筒
排気量:743㎤ ●連続最高出力:80㎰/7000rpm ●乾燥重量:275kg ●定員:3
名
750 STX
550SX
Memorial Model発売
1982年に登場し、17年
の歴史を誇る550シリー
ズの最終モデル。
シリア
ルナンバーが刻印された
メモリアルプレートが付
属していた。
1992
1995
1997
1999
洗練されたフォルムを持つハルに、60馬力を発揮する強力なパワーユニットを搭載。世界
のスタンドアップシーンをリードする、画期的なスタンドアップモデルとして誕生した。
743㎤エンジンに、
ツインキャブレターを搭載したスタンドアップモデル。最大出力は72馬
力となり、
レースにおける戦闘力がさらに高められた。
史上最高傑作と評価の高い3人乗りSTXハルに、3気筒1071㎤エンジンを搭載したスポ
ーツツアラー。スポーツ性だけでなく、ユーティリティー性能にもすぐれている。
高速安定性能にすぐれるSTXハルに、CDCVトリプルキャブレターを装備した891㎤エン
ジンを搭載。スポーツだけでなく、
ツーリングやトーイングなど幅広い遊びに対応。
●全長×全幅×全高:2210×700×680mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:743㎤ ●連続最高出力:60㎰/6250rpm ●乾燥重量:144kg ●定
員:1名
●全長×全幅×全高:2210×700×680mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:743㎤ ●連続最高出力:72㎰/6500rpm ●乾燥重量:149kg ●定
員:1名
●全長×全幅×全高:3100×1170×1050mm ●エンジン種類:水冷2ストローク3気
筒 ●排気量:1071㎤ ●連続最高出力:120㎰/6750rpm ●乾燥重量:270kg ●定員:3名
●全長×全幅×全高:3100×1170×1050mm ●エンジン種類:水冷2ストローク3気
筒 ●排気量:891㎤ ●連続最高出力:100㎰/6750rpm ●乾燥重量:278kg ●定員:3名
1992
1995
1997
1999
750 SX
X-4
750 SXi
750 ZXi
1100 STX
900 STX(JT900-A1)
(国内未導入)
900 STX (JT900-B1)
1100 STX Limited
当時のPWC史上最強の62馬力を発揮する743㎤エンジンを搭載。2人乗りでもスポー
ツ走行が楽しめるモデルとなり、現在に続くランナバウト人気の先駆けとなった。
Xiに続くスポーツランナバウトとして開発され、
すぐれた高速安定性とクイックな旋回性能
を実現。
ライダーにかかる水しぶきを抑えるKSDなど、様々な新機能が採用された。
891㎤エンジンを搭載した3人乗りモデル。
日本国内では発売されなかった。
IJSBAナショナルチャンピオンを獲得したクリス・マックルゲージ艇のレプリカ。2ピース構
造のスポンソンやレース仕様のポンプカバーなど、細部のこだわりで人気を集めた。
●全長×全幅×全高:2530×1030×945mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:743㎤ ●連続最高出力:62㎰/6250rpm ●乾燥重量:170kg ●定
員:2名
●全長×全幅×全高:2760×1070×999mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:743㎤ ●連続最高出力:82㎰/7000rpm ●乾燥重量:253kg ●定
員:2名
●全長×全幅×全高:3100×1180×990mm ●エンジン種類:水冷2ストローク3気筒 ●排気量:891㎤ ●連続最高出力:100㎰/6500rpm ●乾燥重量:300kg ●定
員:3名
●全長×全幅×全高:3100×1170×1050mm ●エンジン種類:水冷2ストローク3気
筒 ●排気量:1071㎤ ●連続最高出力:120㎰/6750rpm ●乾燥重量:278kg ●定員:3名
1993
1995
1998
1999
X-4のエンジンに、
ツインキャブレターを搭載。最大出力が72馬力と大幅にアップし、当時
のレースシーンを席巻した。
750 ZXiと同じハルに、最大100馬力を発生するジェットスキー初の3気筒エンジンを搭載。
ハル下部も全面ペイントされ、
レッドとライムグリーンの2カラーをラインナップ。
750 SXiのハルを大幅に改良し、
さらに戦闘力を高めたモデル。デビュー1年目で、
クリス・
マックルゲージがIJSBAナショナルチャンピオンを獲得した。
ジェットスキー史上最強の145馬力エンジンを搭載した2シータースポーツ。強烈な加速と
水面を切り裂くような旋回性能を発揮し、多くのファンを魅了した。
●全長×全幅×全高:2530×1030×945mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:743㎤ ●連続最高出力:72㎰/6500rpm ●乾燥重量:176kg ●定
員:2名
●全長×全幅×全高:2760×1070×999mm ●エンジン種類:水冷2ストローク3気筒 ●排気量:891㎤ ●連続最高出力:100㎰/6750rpm ●乾燥重量:253kg ●定
員:2名
●全長×全幅×全高:2210×700×680mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:743㎤ ●連続最高出力:72㎰/6500rpm ●乾燥重量:155kg ●定
員:1名
●全長×全幅×全高:2890×1129×1028mm ●エンジン種類:水冷2ストローク独立
3気筒 ●排気量:1176㎤ ●連続最高出力:145㎰/6750rpm ●乾燥重量:
278kg ●定員:2名
SuperSport Xi
028
1995年に、
ジェットスキーのロゴが小文字から
現在の大文字に変更された。
レスキューやパトロールで活躍していた3人乗りSTSをベースに、赤色回転灯や拡声器、
救命浮環を装備。
ブラック&ホワイトのカラーリングが独特の雰囲気を醸しだす。
Xi Sport
900 ZXi
750 SXi pro
Ultra 150
029
2000s
2003
2009
2012
カワサキ初の4ストロークエンジン搭載モデル。超高性能モーターサイクルNinja ZX12Rのエンジンをベースに新開発されたエンジンは、最大125馬力を発生。
ウルトラスーパースポーツモデルULTRA260Xに、
クルージング時の快適性をさらに高め
る波形模様にデザインされた新設計のLXuryseat
(ラグジャリーシート)
を装備。
ULTRA 300X/300LXと同じ高剛性・軽量ハルが採用され、
ニューモデルとして登場。78
リットル大容量燃料タンクや、軽快なクルージングが楽しめるLXuryseatも標準装備。
●全長×全幅×全高:3120×1180×1020mm ●エンジン種類:水冷4ストローク4気
筒 ●排気量:1199㎤ ●連続最高出力:125㎰/7200rpm ●乾燥重量:334kg ●定員:3名
●全長×全幅×全高:3370×1195×1150mm ●エンジン種類:水冷4ストローク4気
筒インタークーラー付きスーパーチャージャー ●排気量:1498㎤ ●連続最高出力:
260㎰/7750rpm ●整備質量:482kg ●定員:3名
●全長×全幅×全高:3370×1195×1150mm ●エンジン種類:水冷4ストローク4気
筒 ●排気量:1498㎤ ●連続最高出力:160㎰/7500rpm ●整備質量:423 kg ●定員:3名
2000
2004
2009
2014
パワーを損なうことなく、環境にやさしいDI
(ダイレクト・インジェクション)
エンジンを搭載。
燃費向上の他、
オイル消費量や排気ガスに含まれる有害物質も大幅に削減。
12Fのエンジンをパワーアップし、ハンドル位置の見直しや絶妙なセッティングが施された
サイドバンパーフィンと新スポンソン採用により、新次元のコーナリング性能を実現。
レースに不要な装備はあえて搭載せず、
カワサキのレーシングカラーであるライムグリーン
のカラーリングを採用。走りに徹したモデルに仕あげられている。
PWC史上初となるオーディオシステム「ジェットサウンド」や、
シートの表皮に直射日光に
よる温度上昇を低減させる素材を使用したLXuryseatを標準装備。
●全長×全幅×全高:3120×1180×1020mm ●エンジン種類:水冷2ストローク3気
筒ダイレクト・インジェクション ●排気量:1071㎤ ●連続最高出力:130㎰/
7000rpm ●乾燥重量:314kg ●定員:3名
●全長×全幅×全高:3120×1180×1050mm ●エンジン種類:水冷4ストローク4気
筒 ●排気量:1498㎤ ●連続最高出力:160㎰/7500rpm ●乾燥重量:338kg ●定員:3名
●全長×全幅×全高:3370×1195×1150mm ●エンジン種類:水冷4ストローク4気
筒 ●排気量:1498㎤ ●連続最高出力:160㎰/7500rpm ●整備質量:378kg ●定員:3名
●全長×全幅×全高:3370×1195×1255mm ●エンジン種類:水冷4ストローク4気
筒 ●吸気方式:インタークーラー付スーパーチャージャー ●排気量:1498㎤ ●連続
最高出力:310㎰/8000 rpm ●整備質量:487kg ●定員:3名
2001
2005
Ultra 150のハルに、DIエンジンを搭載した2人乗りモデル。スロットルを離しても変針力
を得られる旋回アシストシステム、
「カワサキ・スマート・ステアリング」
を装備。
X-2の販売終了から10年の時を経て、新型X-2を切望する多くの声に応え
「X-2の魅力を
損なわず、
すべてにおいてX-2を超える」
をコンセプトに、
ニューモデルとして復活。
●全長×全幅×全高:2890×1129×1028mm ●エンジン種類:水冷2ストローク3気
筒ダイレクト・インジェクション ●排気量:1071㎤ ●連続最高出力:130㎰/
7000rpm ●乾燥重量:291kg ●定員:2名
●全長×全幅×全高:2310×730×880mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:781㎤ ●連続最高出力:80㎰/6250rpm ●乾燥重量:159kg ●定
員:1名
2001
2007
DIエンジンや4ストローク化など、
環境対応モデルが続々登場。
そのなかでも新型スタンドアップの登場やX-2復活など、
カワサキらしいスポーツマインドを発揮。
1100 STX D.I.
Ultra 130 D.I.
900 STS
STX-15F
X-2
ULTRA 250X
ULTRA 260LX
STX-15S
2010s
スタンドアップの歴史が幕を閉じ、
ジェットスキーは前人未踏の300馬力に到達。
常に進化し続けるカワサキ ジェットスキーの、
未来のニューモデルへの期待も膨らむ。
スタンドアップ最終モデル
800 SX-R Final Edition
発売
2011年、
日本国内
限定の800 SX-Rフ
ァイナルエディション
を発売。37年に渡る
カワサキの2スト・スタ
ンドアップの歴史が
幕を下ろした。
ULTRA LX
ULTRA 310LX
2014
ULTRA 310R
310馬力エンジンに、最大18ポジションが選べるハンドルバー
(スタンダードで12ポジショ
ン、
オプションのハンドルホルダー装着でさらに6ポジション)
を装備。
●全長×全幅×全高:3370×1195×1155mm ●エンジン種類:水冷4ストローク4気
筒 ●吸気方式:インタークーラー付スーパーチャージャー ●排気量:1498㎤ ●連続
最高出力:310㎰/8000 rpm ●整備質量:475kg ●定員:3名
2014
ULTRA 310X
900STX
(JT900-B1)
のマイナーチェンジモデル。同年には1100 STX D.I.と同じアッパ
ーハルデザインを持つJT900-C1
(900 STX)
もデビューしている。
4ストローク4気筒エンジンに、低回転域から高い過給圧を発生するルーツ式スーパーチ
ャージャーを搭載。すぐれた加速性能を実現した、
ウルトラスーパースポーツモデル。
●全長×全幅×全高:3100×1170×1050mm ●エンジン種類:水冷2ストローク3気
筒 ●排気量:891㎤ ●連続最高出力:100㎰/6750rpm ●乾燥重量:278kg ●定員:3名
●全長×全幅×全高:3370×1195×1150mm ●エンジン種類:水冷4ストローク4気
筒インタークーラー付きスーパーチャージャー ●排気量:1498㎤ ●連続最高出力:
250㎰/7750rpm ●乾燥重量:416kg ●定員:3名
2002
2007
2011
2014
1100STXのハルに、145馬力を発生するUltra150のパワーユニットを搭載。圧倒的な強
さで、IJSBAジェットスポーツツアーの総合1位と2位を独占した。
ULTRA 250Xの船体にSTX-15Fのエンジンを搭載した、
オールラウンドスポーツクルー
ザー。大型燃料タンクと低燃費エンジンの組みあわせで、長距離クルージングが可能に。
新型イートン製TVSルーツ式スーパーチャージャーを搭載し、300馬力へ到達。
このハイ
パワーに対応するため、ハルも高剛性・軽量化が施されている。
310Xをベースに、
スポーティなイメージのグラフィックと310Rと同形状のスポーツシートを
標準装備したスペシャルエディション。
●全長×全幅×全高:3120×1180×1020mm ●エンジン種類:水冷2ストローク3気
筒 ●排気量:1176㎤ ●連続最高出力:145㎰/6750rpm ●乾燥重量:290kg ●定員:3名
●全長×全幅×全高:3370×1195×1150mm ●エンジン種類:水冷4ストローク4気
筒 ●排気量:1498㎤ ●連続最高出力:160㎰/7500rpm ●乾燥重量:380kg ●定員:3名
●全長×全幅×全高:3370×1195×1150mm ●エンジン種類:水冷4ストローク4気
筒 ●吸気方式:インタークーラー付きスーパーチャージャー ●排気量:1498㎤ ●連
続最高出力:300㎰/7750rpm ●整備質量:462kg ●定員:3名
●全長×全幅×全高:3370×1195×1150mm ●エンジン種類:水冷4ストローク4気
筒 ●吸気方式:インタークーラー付スーパーチャージャー ●排気量:1498㎤ ●連続
最高出力:310㎰/8000 rpm ●整備質量:477kg ●定員:3名
2003
2009
2011
ひとまわり大きな船体にパワーアップされたエンジンを搭載したことにより、直進安定性と
旋回性能が向上。初心者には乗りやすく、
プロライダーにはより高い戦闘力を与えた。
PWC界に旋風を巻き起こしたULTRA250Xのデビューからわずか2年後。カワサキのエ
ンジニアが最先端の技術を投入し、260馬力エンジンを搭載したニューモデルが誕生。
300Xと同じ高剛性・軽量ハルに、LXuryseat
(ラグジャリーシート)
を装備。
クルーズコント
ロールや低燃費モードなど、電子制御システムも充実している。
ULTRA 310
シリーズに、
ジェットスキー
40周年スペシャル
デカールを貼付
●全長×全幅×全高:2300×730×735mm ●エンジン種類:水冷2ストローク2気筒 ●排気量:871㎤ ●連続最高出力:80㎰/6250rpm ●乾燥重量:159kg ●定
員:1名
●全長×全幅×全高:3370×1195×1150mm ●エンジン種類:水冷4ストローク4気
筒インタークーラー付きスーパーチャージャー ●排気量:1498㎤ ●連続最高出力:
260㎰/7750rpm ●整備質量:482kg ●定員:3名
●全長×全幅×全高:3370×1195×1150mm ●エンジン種類:水冷4ストローク4気
筒 ●吸気方式:インタークーラー付きスーパーチャージャー ●排気量:1498㎤ ●連
続最高出力:300㎰/7750rpm ●整備質量:462kg ●定員:3名
1200 STX-R
800 SX-R
030
STX-12F
ULTRA LX
ULTRA 260X
ULTRA 300X
ULTRA 300LX
ULTRA 310シリーズのスタンダードモデル。310馬力エンジンと軽快な走行を可能にし
たハル、快適な2ピースシートなど、圧倒的なパフォーマンスを誇る。
●全長×全幅×全高:3370×1195×1150mm ●エンジン種類:水冷4ストローク4気
筒 ●吸気方式:インタークーラー付スーパーチャージャー ●排気量:1498㎤ ●連続
最高出力:310㎰/8000 rpm ●整備質量:477kg ●定員:3名
ULTRA 310X Special Edition
ULTRA 310シリーズの2014年モデルには、左
舷シフトレバー付近にジェットスキー40周年を記
念するスペシャルデカールが貼付されている。
031
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
9 731 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content