close

Enter

Log in using OpenID

1 - 富士通テン

embedDownload
安全に正しくお使いになるために
この取扱説明書および製品への表示では、製品を安全に正しくお使いいただき、お
客様やほかの人々への危害や財産への損害を未然に防止するために、以下の表示を
しています。その表示と内容をよく理解してから本文をお読みください。
警告
この表示を無視して誤った取扱いをすると、人が死亡または重
傷を負う可能性が想定される内容を示しています。
この表示を無視して誤った取扱いをすると、人が傷害を負う可
注意
能性が想定される内容および物的損害のみの発生が想定される
内容を示しています。
本機のために必ず守っていただきたいことや、知っておくと便利なことを下記の表
示で記載しています。
本機の故障や破損を防ぐために守っていただきたいこと
アドバイス
本機が故障したときにしていただきたいこと
知っておくと便利なこと
ワンポイント
知っておいていただきたいこと
1
はじめに
リスニングポジションの設定 .........24
音量バランスの調整 ........................25
本書の見方 ........................................ 6
LOUDNESS の設定 .......................26
特長 ................................................... 8
サブウーファの設定 ........................26
ご使用になる前に ......................... 10
ディスクについて ............................ 11
サブウーファの出力を調整する ....... 26
画面の調整・設定 .......................... 27
MD について .................................... 14
画質調整画面の表示 ........................27
液晶パネルについて ........................ 15
ライト点灯時に
昼画表示にするには .......... 28
TV について ..................................... 15
画面を消すときは ............................... 28
基本操作
画質の調整 .......................................... 29
優先画面の設定 ................................30
ソースの切り替え方 ..................... 16
タッチスイッチの表示切り替え .....31
ソースを切り替える ........................ 16
画面スイッチの
表示切り替えについて ...... 31
操作画面の表示 ...................................16
機能スイッチの表示について ........... 31
各ソースの操作画面 ..................... 17
壁紙の設定 ........................................32
音の調整 ......................................... 18
画面モード切り替え ........................33
主音量の調整 .................................... 18
ラジオの操作
操作音の設定 .................................... 18
ラジオの使い方 ............................. 34
音質の調整 ..................................... 19
ラジオを聞く ....................................34
音質調整画面の表示 ........................ 19
手動で選ぶ .......................................... 34
DSP(音場)の設定 ....................... 21
自動で選ぶ .......................................... 34
DSP(音場)
モードを設定する ...............21
プリセットスイッチから選ぶ ........... 34
DSP(音場)
の調整、記憶 ......................21
DSP(音場)
レベルをリセットする .......21
EQ(イコライザ)の調整 .............. 22
放送局を記憶する ............................35
マニュアル(手動)で記憶する ....... 35
AUTO.P(自動)で記憶する ........... 35
AUTO.P で記憶した放送局を
変更する .............................. 35
音質を設定する ...................................22
エリアスイッチについて .................36
EQ カーブの調整、記憶 ....................23
交通情報を受信する ........................36
EQ カーブをリセットする ................23
2
聞きたい放送局を選ぶ .....................34
Circle Surround Ⅱの設定 ............ 20
局名スイッチについて .....................37
ラジオを止める ................................ 37
聞きたい曲を探す ............................... 43
聞きたい CD を探す .......................... 43
CDプレーヤーの操作
CD プレーヤーの使い方 .............. 38
聞きたい曲や同じ CD を
繰り返し聞く .................43
CD を聞く ........................................ 38
いま聞いている曲を
繰り返し再生する .............. 43
聞きたい曲を選ぶ ............................ 38
いま聞いている CD を
繰り返し再生する .............. 43
早送り・早戻しする .......................... 39
聞きたい曲を探す ............................ 39
同じ曲を繰り返して聞く ................ 39
曲の順番をランダムに聞く .............43
いま聞いている CD の中から
ランダムに聞く .................. 43
曲の順番をランダムに聞く ............ 39
チェンジャー内全 CD の中から
ランダムに聞く .................. 43
CD を止める .................................... 39
CD を止める .....................................43
MDプレーヤーの操作
MDチェンジャーの操作
MD プレーヤーの使い方 .............. 40
MD チェンジャーの使い方 .......... 44
MD を聞く ....................................... 40
MD を聞く ........................................44
聞きたい曲を選ぶ ............................ 40
聞きたい曲を選ぶ ............................44
早送り・早戻しする .......................... 40
早送り・早戻しする ........................44
聞きたいグループを選ぶ ................ 41
聞きたい MD を選ぶ .......................44
聞きたい曲を探す ............................ 41
同じ曲を繰り返して聞く ................ 41
チェンジャー内の全 MD から
聞きたい曲や
MD を探す ....................45
曲の順番をランダムに聞く ............ 41
聞きたい曲を探す ............................... 45
MD を止める .................................... 41
聞きたい MD を探す .......................... 45
CD チェンジャーの操作
聞きたい曲や同じ MD を
繰り返し聞く .................45
CD チェンジャーの使い方 .......... 42
いま聞いている曲を
繰り返し再生する .............. 45
CD を聞く ........................................ 42
いま聞いている MD を
繰り返し再生する .............. 45
聞きたい曲を選ぶ ............................ 42
早送り・早戻しする ........................ 42
聞きたい CD を選ぶ ........................ 42
チェンジャー内の全 CD から
聞きたい曲や
CD を探す .................... 43
曲の順番をランダムに聞く .............45
いま聞いている MD の中から
ランダムに聞く .................. 45
チェンジャー内全 MD の中から
ランダムに聞く .................. 45
次ページに続く
3
MD のタイトルや曲名
などを表示する ............ 45
MD を止める .................................... 45
ディスクに表示されている
マークについて .................. 53
ディスクの構成について ................... 53
操作の流れについて ........................54
TVの操作
DVD プレーヤーの使い方 ........... 55
TV の使い方 .................................. 46
TV を見る ......................................... 47
DVD を見る .....................................55
映像を操作する ................................55
見たいチャンネルを選ぶ ................ 47
映像を再生する ................................... 55
手動で選ぶ ...........................................47
早送り・早戻しする ........................... 56
自動で選ぶ ...........................................47
パネルスイッチから
早送り・早戻しする .......... 56
プリセットスイッチから選ぶ ............47
チャンネルを記憶する .................... 47
タッチスイッチから
早送り・早戻しする .......... 56
マニュアル(手動)で記憶する ........47
映像を一時止める ............................... 56
AUTO.P(自動)で記憶する ...........48
映像を止める ...................................... 56
AUTO.P で記憶した
チャンネルを変更する .......48
ディスクメニューを操作する .........57
TV 設定画面の切り替え ................. 49
エリアスイッチについて ................ 49
局名スイッチについて .................... 50
DVD を止める ..................................57
見たい映像を探す ............................57
チャプターから探す ........................... 57
タイトル番号から探す ....................... 58
音声多重放送を切り替える ............ 50
メニュー番号から探す ....................... 58
TV モードを終わる ......................... 50
タッチスイッチの表示を
切り替える ....................59
DVD/VTR の操作
DVD プレーヤーを
お使いになる前に ........ 51
タッチスイッチを消す ....................... 59
タッチスイッチの表示場所を
切り替える .......................... 59
画面表示・音声の切り替え ..................60
DVD ビデオの特長 ......................... 51
アングルの切り替え ........................... 60
マルチ音声機能について ...................51
字幕言語の切り替え ........................... 61
マルチアングル機能について ............51
音声言語の切り替え ........................... 61
字幕表示機能について .......................52
DVD プレーヤーの設定 ..................62
ディスクについて ............................ 52
音声言語を設定する ........................... 63
再生できるディスクの
種類について ......................52
コードを入力する ......................... 63
再生可能なディスクの地域番号
(リージョンコード)
について ..............................52
字幕言語を設定する ........................... 63
コードを入力する ......................... 63
メニュー言語を設定する ................... 64
コードを入力する ......................... 64
4
マルチアングル ( アングル選択マーク )
の表示を設定する ...............64
視聴制限を設定する ...........................65
映像出力を切り替える .......................66
ご参考に
知っておいていただき
たいこと ................... 69
言語コード一覧 ................................ 67
VTR の使い方 ............................... 68
こんなメッセージが
表示されたときは .........69
VTR を見る ...................................... 68
故障とお考えになる前に .................70
VTR モードを終わる ...................... 68
用語説明 ......................................... 72
目的別索引 ..................................... 73
索引 ................................................. 78
目的別索引は各機能の説明ページを簡単に検索できます。操
作でお困りのときは、目的別索引から該当の操作を検索して
お使いください。
● 製品に添付されている各種説明書や保証書などは必ずお読みください。
これらの指示を守らなかったことによる不具合に対しては、当社は責任を負いかねます。
● 仕様変更などにより、本書の内容と本機が一致しない場合もありますのでご了承ください。
本書はやさしく取り扱ってください。
無理に広げたり引っ張ったりするとページがバラバラになってしまう場合があります。
やさしい取り扱いをお願いします。
5
はじめに
本書の見方
セクションタイトル
セクションタイトルを表示しています。
項目タイトル
項目ごとにタイトルが
つけられています。
操作タイトル
操作目的ごとにタイトルが
つけられています。
操作手順
操作の内容です。
番号の順に操作して
ください。
ワンポイント
操作に関連することなど
を記述しています。
6
本書の見方
はじめに
セクション見出し
セクションの見出しを表
示しています。
操作画面
操作する画面を表示して
います。
次ページに続く
次のページに操作説明が続
くことを表示しています。
7
はじめに
特長
さまざまな演奏会場を擬似的に
再現する DSP機能(21ページ)
緻密に調整できるイコライザ
機能(22 ページ)
お聞きになる音楽のジャンルやソースに
よって、さまざまな環境の臨場感を擬似的
に再現し、楽しむことができます。
お聞きになる音楽のジャンルやお好みに
合わせた音質を簡単に選ぶことができま
す。また、1 つの音域を強調することも可
能です。
お好みの場所に音場の中心を設
定する POS、BAL/FAD 機能
(24、25ページ)
簡単に音場の中心を設定することができ
ます。また、各スピーカーの音量バランス
を調整することにより、届きにくいスピー
カーからの音を強調することができます。
8
壁紙の切り替え(32ページ)
インフォメーション(情報)画面や、オー
ディオ操作画面などの背景色をお好みの
色に切り替えることができます。
特長
高画質・高音質で記録された DVD- Video
を再生します。(DVD は、映画 1 本分に
相当する高画質映像と、CD を上回る高音
質なデジタルサウンドを記録することが
できるメディアです。)
はじめに
美しい映像と迫力あるサウンドが
楽しめるDVD プレーヤー(51ページ)
旅先でも簡単に放送局を探し出
すエリアプリセット機能
(36、49ページ)
旅先など、放送局がわからない場所でも、
その地域の放送局を表示、記憶することが
できます。一時的に記憶する機能なので、
あらかじめ記憶させていた放送局もなく
なりません。
CD-R、CD-RWに記録された
音楽データを再生する CD プ
レーヤー(38 ページ)
CD-R、CD-RW に対応しており、パソコ
ンなどで、自分だけのオリジナルディスク
を作成し、本機で再生することができま
す。
LongPlay 方式で記録した MD
を再生するMDLP(40 ページ)
MDLP 圧縮方式で長時間録音された MD
を再生します。
(MDLP は、通常の 2 倍、4 倍の長時間録
音することができるモードです。
)
システムアップ
● CD チェンジャー(42 ページ)
・MD チ
ェンジャー(44 ページ)
複数のディスクをノンストップで再生
するので、ロングドライブなどのとき
便利です。
また、それぞれのチェンジャーの中か
ら聞きたい曲を簡単に探し出し、再生
することもできます。
● ビデオ接続コード
別売のビデオ接続コードを接続する
と、本機で、ビデオカメラなどの映像
をご覧になることができます。
9
はじめに
ご使用になる前に
走行中のオーディオ操作は安全
運転に支障がないように十分注
意して行ってください。また、
車外の音が十分聞こえる音量で
お楽しみください。
故障したままの使用は絶対しな
いでください。
煙、変な音、変なにおいがした
場合、すぐに電源を OFF にして
ください。
交通事故の原因となります。
こんなときはすぐにオーディオ
の電源を OFF にしてください。 故障の原因となります。
車内温度には注意してください。
夏期は車内温度が高くなります
ので、車内の温度を下げてから
お使いください。
走行中運転者はテレビの操作を 分解、改造はしないでください。 モニターに強い力を加えたりし
極力しないでください。
ないでください。
また、車外の音が十分聞こえる
音量でお楽しみください。
交通事故の原因となります。
本機内部は、精密な構造になっ
ていますので、万一不具合が生
じた場合にはお買い上げの販売
店にご相談ください。
故障の原因となります。
モニターの上にコップや缶など 差し込み口にはディスクおよび モニター収納時指などを差し込
異物を置かないでください。 “メモリースティック”以外のも まないよう注意してください。
また、モニターを倒したままに のを絶対に入れないでください。
しないでください。
故障の原因となります。
故障の原因となります。
ケガをしたり、故障の原因とな
ります。
本機からディスクまたは“メモリースティック”を取り
出すときは水平方向に引き出してください。
上側に強く引き出さないでください。また、下側にも強
く押しながら引き出さないでください。
ディスクに傷がつき、音とびをしたり、
“メモリース
ティック”を破損するおそれがあります。
10
ご使用になる前に
はじめに
ディスクについて
●寒いときや雨降りのときは、車内のガラスが曇るように、本機内部にも露(水滴)
が生ずることがあります。(結露現象)この場合、音がとんだり、再生が停止した
りしますので、しばらくの間、換気または除湿してからご使用ください。
●プレーヤー内部を保護するため、異常が生じたときは自動的にプレーヤーの機能
が止まります。画面に出たメッセージにしたがって操作しても動かないときは、故
障の恐れがありますのでお買い上げの販売店にご相談ください。
●悪路走行などで激しく振動した場合、音とびをすることがあります。
使用できるディスクについて
● 音楽用 CD・映像用 DVD は下記のマークのついたディスクが使用できます。DVDR/RW(DVD-Recordable/ReWritable)、DVD+R/RW(DVD+Recordable/
ReWritable)は、ビデオモードで書き込まれたディスクのみ再生できます。ビデオ
レコーディング(VR)モードで書き込まれたディスクは再生できません。
● Dolby Digital に対応しており下記のマークのついたディスクが使用できます。
ドルビーラボラトリーズからの実施権に基づき製造されています。Dolby、ドルビー及びダブル D記号はドル
ビーラボラトリーズの商標です。
● CD-R(CD-Recordable)、CD-RW(CD-ReWritable)は、記録状態やディスク
の特性、キズ、汚れ、長時間の車室内環境における劣化により再生できない場合が
あります。また、ファイナライズ処理されていない CD-R 、CD-RW や UDF フォー
マットで書き込みされた CD-R 、CD-RW は再生できません。
● DVD-R/RW(DVD-Recordable/ReWritable)、DVD+R/RW(DVD+Recordable/
ReWritable)は、記録状態やディスクの特性、傷、汚れ、長時間の車室内環境に
おける劣化により再生できない場合があります。またファイナライズ処理されてい
ない DVD-R/RW、DVD+R/RW は再生できません。パソコンで記録したディスク
は、アプリケーションの環境により再生できない場合があります。
● CD-TEXT 機能は市販の CD-TEXT 対応 CD のみ対応しています。CD-R や CD-RW
では文字が正常に表示されない場合があります。
● 記憶部分に透明または半透明部分がある CD、C-thru Disc は、正常に出し入れや
再生ができなくなるおそれがありますので使用しないでください。
次ページに続く
11
はじめに
ご使用になる前に
● スーパーオーディオ CD(SACD)はハイブリッドディスクの CD 層のみ再生でき
ます。
● CCCD(Copy Control CD)は正式な CD 規格に準拠していないため再生できな
い場合があります。
● CD-EXTRA は音楽 CD として再生することができます。
● Mixed Mode CD のデータトラックの音声は再生されません。音楽トラックのみ
の再生となります。
● Video-CD は再生できません。
ディスクの取扱いについて
12
● ディスクは直射日光をさ
け、必ずケースにいれて保
管してください。ディスク
がそり、使用できなくなる
おそれがあります。
● 記録面はもちろん、レー
ベル面にも紙テープを貼
らないでください。故障
の原因となります。
● ひびがはいったディス
クやそりが大きいディ
スクは、使用しないでく
ださい。故障の原因とな
ります。
● 記録面に触れないよう
に持ってください。(虹
色に光っている面)ディ
スクが汚れ、音とびをす
ることがあります。
● 汚れたディスクを使用するとディスクに傷がつき、音
とびをするおそれがあります。ディスクが汚れたとき
は、市販のディスク・クリーナでディスクの内側中心
から外側方向へ軽く拭きとってください。
ご使用になる前に
● 新しいディスクをご使用になると、ディス
クのセンターホールや外周部に“バリ”が
あることがあります。
“バリ”がついている
ときは、ボールペンなどで取り除いてから
ご使用ください。
“バリ”がついているディ
スクを使用すると、
“バリ”の破片がディス
クの信号面に付着し、音とびをする場合が
あります。
バリ
ボールペン
バリ
レンタルディスクについて
● ディスクにセロハンテープやレンタルディ
スクのラベルなどの糊がはみ出したり、剥
がした痕があるものはお使いにならないで
ください。そのままプレーヤーにかけると、
ディスクが取り出せなくなったり、故障す
る原因となることがあります。
はじめに
新しいディスクについて
バリの破片
記録面
特殊形状のディスクについて
● ハート型や八角形など特殊形状のディスク
は、演奏できません。機器の故障の原因と
なりますので、ご使用にならないでくださ
い。
ディスクのアクセサリーについて
● 音質向上やディスク保護用として市販され
ているアクセサリー(スタビライザー、保
護 シ ー ルな ど)は 使 用 しな い で く ださ い。
デ ィスクの 厚さや 外形寸法 が変わる ため、
故障の原因となる場合があります。
CD リング
● 音質向上や防振効果を高める CD の保護用
として市販されているアクセサリー(CD リ
ング・プロテクター)は使用しないでくださ
い。内部ではずれて再生できなかったり取
り出せなくなるため、故障の原因となる場
合があります。
13
はじめに
ご使用になる前に
MDについて
●寒いときや雨降りのときは、車内のガラスが曇るように、本機内部にも露(水滴)
が生ずることがあります。(結露現象)この場合、音がとんだり、再生が停止した
りしますので、しばらくの間、換気または除湿してからご使用ください。
●プレーヤー内部を保護するため、異常が生じたときは自動的にプレーヤーの機能
が止まります。画面に出たメッセージにしたがって操作しても動かないときは、故
障の恐れがありますのでお買い上げの販売店にご相談ください。
MDの取扱いについて
● いつもよい音を楽しむため、定期的にカートリッジの
表面についたホコリやゴミなどを乾いた布で拭き取っ
てください。
● ラベルがはがれていたり、ネームテープが貼ってある
MD は使用しないでください。
● 直射日光や湿気の多いところをさけて保管してくださ
い。MD がそり、使用できなくなります。
● シャッターを手であけたり、記録面に触れないように
持ってください。MD が汚れ、音とびをすることがあり
ます。
14
ご使用になる前に
はじめに
液晶パネルについて
●液晶パネルは斜め方向から見ると画面が白っぽく見えたり、黒っぽく見えたりす
ることがあります。
●太陽の光などの外光が表示部にあたると画面が見えにくくなります。
TV について
●バ ッ テリ ー 交 換や ヒ ュ ー ズ交 換 な どで バ ッ テリ ー と の接 続 が 断た れ た とき は、
セットしたチャンネルの記憶は全て消去されます。
●車載 TV の受信は受信場所によって、電波の強さがかわったり、障害物などの影響
により最良な受信状態を維持することが困難な場合もあります。この関係の主な
例を以下に説明します。
● 電車の架線、高圧線、信号機、ネオンサイ
ンなどの近くで受信すると、画像が乱れた
り雑音がはいる場合があります。
● 電波 の特性 上、建物 や山な どが障 害物と
なって受信状態が悪くなることがありま
す。
● ラジオ放送やアマチュア無線の送信用アン
テナの近くで受信すると、画像が乱れたり
雑音がはいる場合があります。
● トンネル内にはいると電波が微弱になり受
信状態が悪くなります。
● 放送局から遠ざかると電波が微弱になり受
信状態が悪くなります。
● 一部の地域において、TV、ラジオなどの送
信アンテナ塔付近では、受信している周波
数以外の電波の影響により、映像・音声に
乱れが生じる場合があります。
アナログ放送からデジタル放送への移行について
地上デジタル放送は、関東、中京、近畿の三大広域圏の一部で 2003 年 12 月から開
始され、その他の地域でも、2006 年末までに放送が開始される予定です。該当地
域における受信可能エリアは、当初限定されていますが、順次拡大される予定です。
地上アナログ放送は 2011 年 7 月に終了することが、国の方針として決定されてい
ます。
15
基本操作
ソースの切り替え方
ソースを切り替える
■パネルスイッチから切り替える
1
SOURCE MENU を押します。
2
SOURCE MENU のタッチスイッチに
タッチすると、タッチしたソースがス
クリーン表示(オンスクリーン表示)さ
れます。
■タッチスイッチから切り替える
1
SOURCE MENU 呼び出しスイッチ
2
●
●オンスクリーン画面
操作画面の表示
1
16
AUDIO CONT を押します。
オ ー デ ィ オ 操 作 画 面、ま た は DVD/
TV/VTR 設 定 画 面 で、図 の 位 置 の
SOURCE MENU 呼び出しスイッチに
タッチします。
SOURCE MENU のタッチスイッチに
タッチすると、タッチしたソースの操
作画面が表示されます。
にタッチすると、もとの画面にもど
ります。
基本操作
各ソースの操作画面
各ソースの操作画面は、次のように表示されます。
● AM 操作画面
● FM 操作画面
基本操作
● CD プレーヤー操作画面
● MD プレーヤー操作画面
● TV 操作画面
● DVD プレーヤー操作画面
● CDチェンジャー操作画面(別売)
● MDチェンジャー操作画面(別売)
「優先画面の設定」(30 ページ)で画面の切り替えを自動解除に設定すると、操作画面を表示さ
せてから約20 秒以上(TV ・DVD 操作画面では約6 秒以上)操作をしなかったときは、操作
画面は自動解除されオンスクリーン表示に切り替わり、その後もとの画面にもどります。また、
画面の切り替えを継続表示に設定すると、操作画面は自動解除されずに継続して表示されます。
17
基本操作
音の調整
主音量の調整
1
VOL スイッチを押します。
● 調整レベルは 0 ∼ 80 です。
+(上側):音量 UP(大きくなる)
−(下側):音量 DOWN(小さくなる)
操作音の設定
パネルスイッチを押したときや、タッチス
イッチにタッチしたときの操作音を設定す
ることができます。
1
情報 を押します。
2
設定 にタッチします。
3
操作音設定の 1 、 2 、 3 、 4 、
OFF のいずれかにタッチします。
● OFF にタッチすると、操作音が解除(消
音)になります。
4
設定完了 にタッチします。
● 安全運転に支障のないように適度な音量でお聞きください。
● ソースを切り替えたとき、音量に違いが生じることがあります。音量は、お使いにな
るソースに合わせて調整してください。
● DVD プレーヤーを再生中に音量を調整すると、DVD プレーヤー用の音量レベルとし
て記憶させることができます。
● DVD プレーヤー再生中に調整した音量レベルは、他のソースでは機能しません。DVD
の前に使用していたソースで調整した音量レベルになります。
18
基本操作
音質の調整
音質調整画面の表示
基本操作
音場の設定やイコライザ、音量バランスなどを調整することにより、最適な音響空間を創り出
すことができます。
音質の調整には、各オーディオモードの操作画面から行うものと、情報画面から行うものが
あります。
■操作画面から
TV・VTR 操作画面では 設定 、DVD
操作画面では
、 設定 の順にタッチ
すると、音質調整のタッチスイッチが表示さ
れます。
■情報画面から
INFO を押し、 設定 にタッチします。
操作画面や設定画面から下記の設定・調整ができます。
タッチスイッチ・項目
機 能
ページ
DSP
お聞きになる音楽のジャンルやソースに合わせて、イメー
ジに合った音場(演奏会場)を再現することができます。
21
EQ
あらかじめ設定されているイコライザカーブを調整した
り、お好みのイコライザカーブを作成することができま
す。
22
Circle Surround Ⅱ
既存のスピーカーシステム(お車のスピーカーが4つの
場合)で、簡単に疑似サラウンドを創り出すことが
できます。
20
POS
人数や乗車位置に合わせて音像定位を切り替えることが
できます。
24
FADER BALANCE
前後、左右の音量バランスを調整することができます。
25
LOUDNESS
小音量時の低・高音を強調することができます。
26
サブウーファ出力
サブウーファの出力を調整することができます。
26
19
基本操作
音質の調整
Circle SurroundⅡの設定
Circle Surround Ⅱは、センタースピーカーやサブウーファが接続されていなくても、低音
の迫力感や音像の定位感を再現する機能です。ラジオや TV などの音声にも適応します。
1
各オーディオの操作画面、または TV・
VTR・DVD の 設 定画 面 で、 LOW
に
(●)
タッチします。
● タッチスイッチにタッチするごとに下記
のように切り替わります。
OFF → Low → Hi
● Low:再現効果が小さい
Hi:再現効果が大きい
OFF:機能を解除します。
● Circle Surround Ⅱは、DSP や EQ、POS(リスニングポジション)と同時に設定
できません。
●Circle Surround Ⅱ、SRS と(●)記号は SRS Labs, Inc. の商標です。
● Circle Surround Ⅱ技術は SRS Labs, Inc. からのライセンスに基づき製品化されて
います。
20
音質の調整
DSP(音場)の設定
DSP(音場)モードを設定する
1
2
基本操作
再生する音楽に残響音を加え、あらかじめ設定されているさまざまな環境の臨場感を擬似的
に再現できます。
DSP にタッチします。
タッチスイッチにタッチすると、表の
ような音場モードになります。
● 設定完了後、 戻る にタッチすると、 設定
は記憶され、直前の画面にもどります。
タッチスイッチ
音場モードの種類
タッチスイッチ
音場モードの種類
CONCERT
コンサートホール
CLUB
ディスコ、クラブ
LIVE
ライブハウス
CATHEDRAL
残響音の多い教会
THEATER OFF
映画館・劇場
DSP OFF
DSP(音場)の調整、記憶
DSP(音場)レベルをリセットする
あらかじめ設定されている各モードの DSP
(音場)をお好みのレベルに調整、記憶する
ことができます。
現在、記憶されている DSP(音場)レベル
をメーカー調整値(初期値)にもどすことが
できます。
1
お好みの音場モードで、 ∧ 、 ∨ に
タッチします。
● 調整レベルは+側、−側各 5 段階です。
2
1
OFF を“ピーッ”と音がするまで
タッチします。
● 音場レベルが初期値にリセットされます。
調整した音場モードを“ピーッ”と音
がするまでタッチします。
●DSP(音場)レベルを調整中に、
別の DSP(音場)モードに切り
替えた場合、設定しても調整レ
ベルは記憶されません。
●DSP(音場)は、Circle
Surround Ⅱと同時に設定でき
ません。
21
基本操作
音質の調整
EQ(イコライザ)の調整
音質を設定する
あらかじめ設定されているイコライザカーブを選択し、お好みの音質に設定できます。
1
2
EQ にタッチします。
タッチスイッチにタッチすると、表の
ような音質モードになります。
● 設定完了後、 戻る にタッチすると、設定は
記憶され、直前の画面にもどります。
タッチスイッチ
音質モードの種類
FLAT
EQ 補正なし
EQ1
POPS に効果のあるカーブ
EQ2
ROCK に効果のあるカーブ
EQ3
JAZZ に効果のあるカーブ
EQ4
CLASSIC に効果のあるカーブ
EQ5
VOCAL に効果のあるカーブ
EQ は、Circle Surround Ⅱと同時に設定できません。
22
音質の調整
EQ カーブをリセットする
現在、記憶されているイコライザカーブをあ
らかじめ設定されているイコライザカーブ
(メーカー初期値)にもどすことができます。
1
お好みのイコライザカーブをイメージし
て指でゆっくり画面にタッチします。
1
イコライザカーブを呼び出します。
2
FLAT を“ピーッ”と音がするまで
タッチします。
基本操作
EQ カーブの調整、記憶
あらかじめ設定されているイコライザカー
ブをお好みの音質に調整、記憶させることが
できます。
● イコライザカーブが初期値にリセットさ
れます。
● 微調整するときは、調整したい周波数帯域
にタッチする、または周波数スイッチに
タッチし、画面左の ∧ 、 ∨ にタッチ
します。
周波数帯域
周波数スイッチ
記憶したいスイッチ EQ1 ∼ EQ5 を
2 “ピーッ”と音がするまでタッチします。
● 記憶されたイコライザカーブで設定でき
るようになります。
● 設定完了後、 戻る にタッチすると、設定
は記憶され、直前の画面にもどります。
微調整時に ∧ 、 ∨ にタッチし続けると連続的に変化しますが、センター値で停
止するので、再度 ∧ 、 ∨ にタッチしてください。
23
基本操作
音質の調整
リスニングポジションの設定
人数、乗車位置に合わせて、音場感が楽しめる音像定位に切り替えることができます。
各シートにタッチして簡単に音像定位を切り替えることができます。
1
POS にタッチします。
2
ポジション(シート)にタッチします。
● 設定されたポジションは水色に表示が替
わります。再びタッチすると設定は解除
されます。表のような 4 つのポジション
に設定できます。
● OFF にタッチすると、 全ての設定は解
除されます。
● 設定完了後、 戻る にタッチすると、設定
は記憶され、直前の画面にもどります。
表示
ポジション(位置)
表示
ポジション(位置)
運転席を
中心にした音場
前席を
中心にした音場
助手席を
中心にした音場
後席を
中心にした音場
POS(リスニングポジション)は、Circle Surround Ⅱや音量バランス(FADER
BALANCE )と同時に設定できません。
24
音質の調整
音量バランスの調整
1
POS にタッチします。
2
FADER BALANCE
す。
3
お好みのバランスポイントにタッチし
ます。
基本操作
前後左右の音量バランスを調整し、届きにくいスピーカーからの音を強調することができま
す。
にタッチしま
● 微調整するときは、 ∧ 、 ∨ 、 < 、ま
たは > にタッチします。
● 調整完了後、 戻る にタッチすると、調整
は記憶され、直前の画面にもどります。
● センター にタッチすると、音量バランス
の設定がリセットされます。
(設定値が 0
になります。
)
●FADER BALANCE(音量バランス)は、リスニングポジション(POS)と同時
に設定できません。
●微調整時に ∧ 、 ∨ 、 < 、または > にタッチし続けると連続的に変化しま
すが、センター値になった場合は停止するので、再度 ∧ 、 ∨ 、 < 、または
> にタッチしてください。
25
基本操作
音質の調整
LOUDNESS の設定
サブウーファの設定
オーディオを小音量で聞いているときなど
の、低・高音の不足感を補正して、メリハリ
のある音にすることができます。
サブウーファを接続したときの出力調整を
設定します。
1
INFO を押します。
サブウーファの出力レベルを調整すること
ができます。
2
設定 にタッチします。
1
INFO を押します。
2
設定 にタッチします。
3
LOUDNESS の ON 、ま た は OFF
にタッチします。
サブウーファの出力を調整する
3
サブウーファ出力の ∧ ・ ∨ にタッ
チします。
● 出力レベルは 4 段階の設定ができます。
4
設定完了 にタッチします。
4
26
設定完了 にタッチします。
基本操作
画面の調整・設定
オーディオの操作画面や、TV 、DVD などの画質を調整したり、操作スイッチ(タッチス
イッチ)を表示させなくすることができます。また、操作画面などを自動解除、または継続
表示に設定することができます。
基本操作
画質調整画面の表示
オーディオ操作画面のコントラストや明るさ、TV 、DVD 、VTR画面のコントラストや明る
さ、色などを調整することができます。
画面を見やすくするため、ライト(車幅灯、尾灯、番号灯)の消灯・点灯により昼画/夜画
に表示が切り替わります。
(初期状態)
●ライト消灯時・・・<昼画表示>
●ライト点灯時・・・<夜画表示>
<オーディオ操作画面>
●昼画表示<ライト消灯時>
●夜画表示<ライト点灯時>
< TV・DVD・VTR画面>
●昼画表示<ライト消灯時> ●夜画表示<ライト点灯時>
27
基本操作
画面の調整・設定
1
オーディオモードの操作画面、またはTV、DVD、VTR 画面で 画質 を押します。
2
調 整 が 完 了 し た ら、 調整完了 に タ ッ チ し ま す。
● 約 20 秒以上操作しなかったときは、自動で設定し表示していた画面にもどります。
●オーディオ操作画面時
● TV・DVD・VTR 画面時
ライト点灯時に昼画表示にするには
1
昼画面 に タ ッ チ す る ご と に、昼 画 表 示 と 夜 画 表 示 が 切 り 替 わ り ま す。
●オーディオ操作画面時
● TV・DVD・VTR 画面時
画面を消すときは
1
画面消 に タ ッ チ し ま す。
● 再度、画面を表示させるには、 NAVI を押します。
「優先画面の設定」
(30 ページ)で画面の切り替えを自動解除に設定すると、操作画
面を表示させてから約 20 秒以上操作をしなかったときは、画面に何も表示されなく
なります。
( 画面消 にタッチした状態にもどります。)
28
画面の調整・設定
画質の調整
昼画・夜画それぞれ独立して調整することができます。
基本操作
●オーディオ操作画面時
■ 色 合 い(TV・DVD・VTR 画 面 時 の み)
1
緑色を強くするときは 緑 、赤色を強
くするときは 赤 にタッチします。
■コントラスト
1
強くするときは 強 、弱くするときは
弱
にタッチします。
● TV・DVD・VTR 画面時
■色の濃さ(TV・DVD・VTR 画面時のみ)
1
濃くするときは 濃 、淡くするときは
淡 にタッチします。
■明るさ
1
明るくするときは 明 、暗くするとき
は 暗 にタッチします。
29
基本操作
画面の調整・設定
優先画面の設定
インフォメーション(情報)画面、オーディオ・TV・DVD 操作画面を表示させて、約 20
秒以上操作しなかったとき、
「自動解除」
(もとの画面にもどる)、または「継続表示」に切り
替えることができます。
1
情報 を押します。
2
設定 にタッチします。
3
優 先 画 面 設 定 の 自動解除 、ま た は
継続表示 にタッチします。
● 各画面を継続して表示させるには
継続表示 にタッチしてください。
4
設定完了 にタッチします。
優先画面設定を 自動解除 に設定すると、オーディオ操作画面を表示しても、自動でナ
ビ ゲ ー シ ョ ン 画 面 に 切 り 替 わ り ま す。オ ー デ ィ オ 操 作 画 面 を 表 示 さ せ る 場 合 は、
AUDIO CONT を押してください。また、ACC を OFF から ON にしたときに、オー
ディオ画面を表示させる場合も、同様に AUDIO CONT を押してください。
30
画面の調整・設定
タッチスイッチの表示切り替え
機能スイッチの表示について
オーディオ操作画面や TV 設定画面では、普
段あまり使用されないタッチスイッチは収
納されていて画面に表示されません。下記の
操作で表示させます。
1
オ ー デ ィ オ 操 作 画 面 や、DVD・TV・
VTR設定画面で、図の位置のSOURCE
MENU 呼び出しスイッチにタッチしま
す。
● タッチスイッチが表示されていないとき
は、タッチスイッチによる操作をすること
ができません。操作をするときは、タッチ
スイッチを表示させてください。
1
基本操作
画面スイッチの表示切り替えについて
オーディオ操作画面や、DVD・TV・VTR 設
定画面でタッチスイッチを表示させないよ
うにすることができます。
機能 にタッチします。
● 機能スイッチが表示されます。
● 機能スイッチは、各オーディオによって違
います。
SOURCE MENU 呼び出しスイッチ
機能 にタッチする、または機能スイッ
チの枠以外の画面にタッチすると機能ス
イッチを収納します。
● 機能スイッチを表示させているときは、機
能スイッチ以外のタッチスイッチによる
操作をすることができません。機能スイッ
チを収納してから操作してください。
●
● タッチスイッチを表示させるときは、画面
にタッチします。
31
基本操作
画面の調整・設定
壁紙の設定
ナビゲーションのメニュー画面やインフォメーション(情報)画面、オーディオの操作画面
などの背景をお好みに合わせて切り替え、表示することができます。
1
INFO を押します。
2
設定 にタッチします。
3
1 、 2 、 3 、 4 のいずれかに
タッチします。
● 選択した画像を表示します。
4
32
設定完了 にタッチします。
画面の調整・設定
画面モード切り替え
● ワイドモードを選択します。
基本操作
1
DVD・TV・VTR 設定画面で、
ワイドモード にタッチします。
● ワイドモード切り替え画面になります。
● ワイドモード は、
下記の操作で表示させ
ることができます。
DVD:操作画面で、
、 設定 の順にタッチ
TV :操作画面で、 設定 、 機能 の順にタッチ
VTR:操作画面で、 設定 にタッチ
2
標準 、 ワイド1
、 ワイド2 、ま
●ワイドモード切り替え画面
たは ワイド3 にタッチします。
■標準画モード
たて3:よこ 4 の割合の画面(普通の TV 画
面の大きさ)で両端が黒く表示されます。
■ワイド1 画モード
たて3:よこ4の割合の画面(普通のTV画面の大
きさ)を左右方向に均等に拡大して表示します。
■ワイド2 画モード
たて3:よこ 4 の割合の画面(普通の TV 画
面の大きさ)を左右方向に非均等に拡大して
表示します。
■ワイド3 画モード
たて 3:よこ 4 の割合の画面(普通の TV 画
面の大きさ)を上下左右方向に均等に拡大し
て表示されます。
● ワイド画面放送を受信するときは、この
モードに切り替えてください。
お客様が個人的にワイド画面で視聴する限りにおいては問題ありませんが、営利目的、
または公衆に視聴させることを目的として画面の圧縮・引き伸ばしなどを行うと、著作
権法上で保護されている著作者の権利を侵害する恐れがありますので、ご注意ください。
33
ラジオの操作
ラジオの使い方
SOURCE MENU 呼び出しスイッチ
パワー
スイッチ
SOURCE
MENU
スイッチ
機能スイッチ
・エリア
・AUTO.P
チューニング
スイッチ
交通情報
スイッチ
プリセットスイッチ
ラジオを聞く
1
SOURCE MENU を押す、または
SOURCE MENU 呼び出しスイッチに
タッチします。
2
AM ラジオを受信するときは AM に、
FM ラジオを受信するときは FM に
タッチします。
聞きたい放送局を選ぶ
手動で選ぶ
1
●
、または
プリセットスイッチから選ぶ
を押します。
(上側)
: 1 ステップずつ上がる
(下側)
: 1 ステップずつ下がる
1
記憶されているプリセットスイッチに
タッチします。
● 放送局の記憶は「放送局を記憶する」
(次
ページ)を参照してください。
(1 ステップ:AM 9kHz、FM 0.1MHz )
自動で選ぶ
1
、または
を“ピッ”と
音がするまで押します。
● 現在、画面に表示されている周波数に一番
近い放送局を、自動的に選局して受信した
ところで止まります。途中で解除したいと
きは、もう一度押すと解除します。
受信電波の弱い地域では、自動選局ができないことがあります。
34
ラジオの使い方
放送局を記憶する
プリセットスイッチに放送局を記憶させるにはマニュアル(手動)と AUTO.P(自動)の 2
つのモードがあり、それぞれのモードは独立しています。
マニュアル(手動)で記憶する
1
AUTO.P(自動)で記憶する
機能スイッチ表示画面で、
を
AUTO.P
1 “ピーッ”と音がするまでタッチします。
● AUTO.P が表示され自動的に選局を始め
ます。“ピピッ”と音がすると自動選局が
終了し一時的に記憶されます。
手動選局、または自動選局で記憶させ
たい放送局を選びます。
● もう一度 AUTO.P にタッチすると、も
との記憶されていた放送局に表示が切り
替わります。
記憶させたいプリセットスイッチを
AUTO.Pで記憶した放送局を変更する
2 “ピーッ”と音がするまでタッチします。
● 放送局(周波数)が記憶されます。プリ
セットスイッチにタッチして選局できる
ようになります。
ラジオ
“AUTO.P”、または“AREA.P”が画面表示
されていないことを確認します。
● 表示されているときは AUTO.P 、また
は エリア (次ページ参照)にタッチする
と、AUTO.P またはエリアからマニュア
ルに切り替わります。
1
手動選局、または自動選局で記憶させ
たい放送局を選びます。
記憶させたいプリセットスイッチを
2 “ピーッ”と音がするまでタッチします。
AUTO.P について
AUTO.P は一時的にプリセットスイッチに記憶させる機能のため、AUTO.P を使用してもマニュアルで記憶
させた放送局は記憶されています。ふだんお聞きになる放送局をマニュアルで記憶しておけば、旅先などで
AUTO.P を使用してもマニュアルで記憶した放送局は呼び出すことができます。
AUTO.P 動作中または動作後に AUTO.P にタッチすると、プリセットメモリーは AUTO.P 動作前の状態
に戻ります。(このとき AUTO.P で記憶した放送局は消去されます。)AUTO.P からマニュアルへの切り替え
は下記になります。
マニュアル
AUTO.P を“ピーッ”と音
がするまでタッチする
AUTO.P にタッチする
(AUTO.P で記憶された放送局は消去されます)
AUTO.P
(サーチ開始)
プリセットスイッチに
放送局を自動的に記憶
AUTO.P
(サーチ完了)
●受信電波の弱い地域では AUTO.P での自動受信ができないことがあります。
●同じ放送局からの受信でも、チューニングスイッチで記憶した放送局と AUTO.P
スイッチで記憶した放送局は一致しないことがあります。
●AUTO.P スイッチを同じ場所で繰り返し操作しても、受信電波の状態により、記
憶される放送局が異なることがあります。
● 受信できた放送局が 6 局未満のとき、残りのプリセットスイッチには何も記憶されま
せん。
35
ラジオの操作
ラジオの使い方
エリアスイッチについて
自分のいる地域の放送局名の受信周波数がわからないときに、その地域の放送局の表示・選
局ができます。
1
機能スイッチ表示画面で、 エリア に
タッチします。
● もう一度 エリア にタッチすると、もとの
記憶されていた放送局に表示が切り替わ
ります。
●“AREA.P”の表示と、その地域で放送さ
れている放送局名と周波数が表示されま
す。
● 表示されている放送局を選ぶときは、周波
数の表示されているプリセットスイッチ
にタッチします。
交通情報を受信する
1
を押します。
● あらかじめセットされている交通情報局
(1620kHz)を受信します。
● もう一度
を押すと交通情報画面
は解除されます。
● 交通情報の受信周波数を変更するときは、
AM ラジオモードで周波数を選局し、
を“ピッ”と音がするまで長く押
します。
●交通情報を受信中、チューニングスイッチを押しても交通情報局は切り替わりま
せん。
●初期設定時は 1620kHz にセットしてあります。
●バッテリーなどを交換したときは 1620kHz に戻ります。
36
ラジオの使い方
局名スイッチについて
ラジオを受信したとき、同じ周波数の放送局の放送地域が重複している地域で表示されます。
1
機 能 ス イ ッ チ 表 示 画 面 で、 局名 に
タッチします。
ラジオ
● 重複した放送局名が切り替わります。
● 放送が受信できても、放送局名を表示でき
ない地域があります。
ラジオを止める
1
PWR を押します。
● もう一度 PWR を押すと、電源を切る前
の受信放送局(周波数)が受信されます。
37
CD プレーヤーの操作
CD プレーヤーの使い方
SOURCE MENU呼び出しスイッチ
パワー
スイッチ
SOURCE
MENU
スイッチ
選曲・頭出し・
早送り(早戻し)
スイッチ
機能スイッチ
・RPT
・RAND
・SCAN
CDを聞く
ディスク差し込み口に CD を差し込むと、再
生を始めます。
1
2
CD が差し込まれているときに
SOURCE MENU を押す、または
SOURCE MENU呼び出しスイッチに
タッチします。
聞きたい曲を選ぶ
聞きたい曲の頭出しができます。
1
●
、または
を押します。
(上側)
:次曲を選ぶとき
(下側)
:前曲を選ぶとき
CD にタッチします。
● 再生を始めます。
●CD-TEXT など、タイトル情報(タイトルや曲名など)が記録されているときは表
示することができます。
表示文字数は半角文字で最大 28 文字、全角文字で最大 14 文字です。
収録タイトル文字数の多い CD-TEXT では表示できない場合があります。
●CD-R/RW の CD-TEXT は表示できない場合があります。
38
CDプレーヤーの使い方
早送り・早戻しする
いま聞いている曲を早送り・早戻しすること
ができます。
1
●
、
を“ピッ”と音がす
るまで押します。
(上側)
:曲を進めるとき
(下側):曲を戻すとき
聞きたい曲を探す
1
機能スイッチ表示画面で、 SCAN に
タッチします。
● 全曲の始めの10秒間だけ順に再生します。
希望曲になったら、もう一度 SCAN に
タッチするとその曲で再生を続けます。
1
機 能 ス イ ッ チ 表 示 画 面 で、 RPT に
タッチします。
● 一度 RPT にタッチすると、解除するま
で繰り返します。もう一度 RPT にタッ
チすると解除されます。
曲の順番をランダムに聞く
1
CD
“ピッ”と音がすると早送り(早戻し)モー
ドに切り替わり、スイッチから手を離すま
で早送り(早戻し)します。
同じ曲を繰り返して聞く
機能スイッチ表示画面で、 RAND に
タッチします。
● 一度 RAND にタッチすると、解除する
ま で ラ ン ダ ム 再 生 し ま す。も う 一 度
RAND にタッチすると解除されます。
● 曲が終わるごとに次に再生する曲を任意
に決めているので、同じ曲が数回連続で再
生されることがあります。
CDを止める
1
PWR を押します。
● もう一度 PWR を押すと再生が再開され
ます。
39
MD プレーヤーの操作
MD プレーヤーの使い方
SOURCE MENU
呼び出しスイッチ
パワー
スイッチ
SOURCE
MENU
スイッチ
選曲・頭出し・
早送り(早戻し)
スイッチ
機能スイッチ
・RPT
・RAND
・SCAN
MDを聞く
早送り・早戻しする
MD 差し込み口に MD を差し込むと、再生を
始めます。
1
2
MD が差し込まれているときに
SOURCE MENU を押す、または
SOURCE MENU 呼び出しスイッチに
タッチします。
いま聞いている曲を早送り・早戻しすること
ができます。
1
●
、
を“ピッ”と音がす
るまで押します。
(上側)
:曲を進めるとき
(下側)
:曲を戻すとき
“ピッ”と音がすると早送り(早戻し)モー
ドに切り替わり、スイッチから手を離すまで
早送り(早戻し)します。
MD にタッチします。
● 再生を始めます。
聞きたい曲を選ぶ
聞きたい曲の頭出しができます。
1
●
、または
を押します。
(上側):次曲を選ぶとき
(下側)
:前曲を選ぶとき
●MD にタイトルや曲名などが記録されているときは表示することができます。
また、表示文字数は、半角文字では最大 28 文字、全角文字では最大 14 文字まで
表示します。
●MDLP 方式で録音された MD は録音状態によって、“LP4(4 倍モード)”、“LP2
(2 倍モード)”を表示します。また、グループを設定している場合は、GROUP ∧ 、
GROUP ∨ を表示します。
40
MDプレーヤーの使い方
聞きたいグループを選ぶ
MDLP 方式でグループを作成し録音された
ディスクはグループ単位で選ぶことができ
ます。また、グループ名が記録されていれば
表示します。
1
GROUP ∧ 、または GROUP ∨ に
タッチします。
聞きたい曲を探す
1
機能スイッチ表示画面で、 SCAN に
タッチします。
1
機能スイッチ表示画面で、 RAND に
タッチします。
● 一度 RAND にタッチすると、解除する
ま で ラ ン ダ ム 再 生 し ま す。も う 一 度
RAND にタッチすると解除されます。
● 曲が終わるごとに次に再生する曲を任意
に決めています。このため、同じ曲が数回
連続で再生されることがあります。
MDを止める
1
MD
● GROUP ∧ (上側)
:次のグループを選
ぶとき
:前のグループを選
GROUP ∨ (下側)
ぶとき
● 選択されたグループの最初の曲を再生し
ます。
曲の順番をランダムに聞く
PWR を押します。
● もう一度
れます。
PWR を押すと再生が再開さ
● 全曲の始めの 10 秒間だけ順に再生します。
希望曲になったら、もう一度 SCAN に
タッチするとその曲で再生を続けます。
同じ曲を繰り返して聞く
1
機 能 ス イ ッ チ 表 示 画 面 で、 RPT に
タッチします。
● 一度 RPT にタッチすると、解除するま
で繰り返します。もう一度 RPT をタッ
チすると解除されます。
41
CD チェンジャーの操作
CD チェンジャーの使い方
別売の CDチェンジャーを接続すると操作できます。
SOURCE MENU
呼び出しスイッチ
パワー
スイッチ
SOURCE
MENU
スイッチ
選曲・頭出し・
早送り(早戻し)
スイッチ
ディスク切り替えスイッチ
CDを聞く
1
2
SOURCE MENU を押す、または
SOURCE MENU 切り替えスイッチに
タッチします。
CD チェンジャー 1 台を接続している
場合は CD CHANGER1 に、CD
チェンジャー 2 台を接続している場合
は CD CHANGER1 、または
CD CHANGER2 にタッチします。
機能スイッチ
・DISC
RPT
・DISC
RAND
・DISC
SCAN
・RPT
・RAND
・SCAN
早送り・早戻しする
「CD プレーヤーの使い方」
(39 ページ)を
参照してください。
聞きたいCDを選ぶ
チェンジャーの中から聞きたい CD を選ぶこ
とができます。
1
ディスク切り替えスイッチにタッチし
ます。
● 選択された CD の番号が反転します。
聞きたい曲を選ぶ
「CD プレーヤーの使い方」
(38 ページ)を
参照してください。
●ディスク切り替えスイッチは、CD チェンジャーに挿入できる CD の枚数分を表示
し、挿入したディスク番号のみ選択することができます。
●CD チェンジャーに CD が挿入されていない場合には、CD チェンジャーモードに
切り替えることができません。
●CD チェンジャーおよび CD チェンジャーデッキが接続されている場合は、
CD CHANGER1 、または CD CHANGER2 にタッチすると切り替えること
ができます。
42
CDチェンジャーの使い方
チェンジャー内の全CD か
ら聞きたい曲やCD を探す
聞きたい曲を探す
「CD プレーヤーの使い方」
(39 ページ)を
参照してください。
聞きたいCD を探す
1
機能スイッチ表示画面で、
DISC SCAN にタッチします。
聞きたい曲や同じCDを
繰り返し聞く
いま聞いている曲を繰り返し再生する
「CD プレーヤーの使い方」
(39 ページ)を
参照してください。
いま聞いているCDの中からランダムに聞く
「CD プレーヤーの使い方」
(39 ページ)を
参照してください。
チェンジャー内全CDの中からランダムに聞く
1
機能スイッチ表示画面で、
DISC RAND にタッチします。
● 一度設定すると解除するまで繰り返しま
す。もう一度 DISC RAND にタッチす
ると解除されます。
● 曲が終わるごとに次に再生する曲を任意
に決めています。このため、同じ曲が数回
連続で再生されることがあります。
CDを止める
1
CDチェンジャー
● CD チェンジャー内、全 CD の 1 曲目に録
音されている曲を、始めの 10 秒間だけ順
に再生します。もう一度 DISC SCAN
にタッチすると、そのまま再生を続けま
す。
曲の順番をランダムに聞く
PWR を押します。
● もう一度 PWR を押すと再生が再開され
ます。
いま聞いているCDを繰り返し再生する
1
機能スイッチ表示画面で、
DISC RPT にタッチします。
● 一度設定すると解除するまで繰り返しま
す。もう一度 DISC RPT にタッチする
と解除されます。
43
MD チェンジャーの操作
MD チェンジャーの使い方
別売の MDチェンジャーを接続すると操作できます。
SOURCE MENU
呼び出しスイッチ
パワー
スイッチ
ディスク
切り替え
スイッチ
SOURCE
MENU
スイッチ
機能スイッチ
・DISC
RPT
・DISC
RAND
・DISC
SCAN
・RPT
・RAND
・SCAN
選曲・頭出し・
早送り(早戻し)
スイッチ
MDを聞く
1
2
SOURCE MENU を押す、または
SOURCE MENU 呼び出しスイッチに
タッチします。
早送り・早戻しする
「MD プレーヤーの使い方」
(39 ページ)を
参照してください。
聞きたいMDを選ぶ
MDCH にタッチします。
チェンジャーの中から聞きたいMDを選ぶこ
とができます。
聞きたい曲を選ぶ
1
「MD プレーヤーの使い方」(38 ページ)を
参照してください。
ディスク切り替えスイッチにタッチし
ます。
● 選択された MDの番号が反転します。
●MD にタイトルや曲名などが記録されているときは表示することができます。
TITLE にタッチすると、半角文字では最大 28 文字まで表示できます。
●ディスク切り替えスイッチは、MD チェンジャーに挿入できる MD の枚数分を表示
し、挿入したディスク番号のみ選択することができます。
●MD チェンジャーが接続されている場合は、 MD CHANGER にタッチすると切
り替えることができます。
44
MDチェンジャーの使い方
チェンジャー内の全MDか
ら聞きたい曲やMDを探す
聞きたい曲を探す
「MD プレーヤーの使い方」(39 ページ)を
参照してください。
聞きたいMD を探す
1
機能スイッチ表示画面で、
DISC SCAN にタッチします。
● MDチェンジャー内、全 MD の 1曲目に録
音されている曲を、始めの 10 秒間だけ順
に再生します。もう一度 DISC SCAN
にタッチすると、そのまま再生を続けま
す。
曲の順番をランダムに聞く
いま聞いているMDの中からランダムに聞く
「MD プレーヤーの使い方」
(39 ページ)を
参照してください。
チェンジャー内全MDの中からランダムに聞く
1
● 一度設定すると解除するまで繰り返しま
す。もう一度 DISC RAND にタッチす
ると解除されます。
● 曲が終わるごとに次に再生する曲を任意
に決めています。このため、同じ曲が数回
連続で再生されることがあります。
いま聞いている曲を繰り返し再生する
いま聞いているMDを繰り返し再生する
1
機能スイッチ表示画面で、
DISC RPT にタッチします。
● 一度設定すると解除するまで繰り返しま
す。もう一度 DISC RPT にタッチする
と解除されます。
1
MDチェンジャー
MDのタイトルや
曲名などを表示する
聞きたい曲や同じMDを
繰り返し聞く
「MD プレーヤーの使い方」(39 ページ)を
参照してください。
機能スイッチ表示画面で、
DISC RAND にタッチします。
TITLE にタッチします。
● タイトルや曲名などの表示中は、
TITLE が TITLE OFF に切り替わり、
TITLE OFF にタッチするとディスク切
り替えスイッチに表示が切り替わります。
MDを止める
1
PWR を押します。
● もう一度 PWR を押すと再生が再開され
ます。
45
TV の操作
TVの使い方
エンジンスイッチが ON または ACC で、さらに安全上の配慮から車を完全に停止し、パーキ
ングブレーキをかけた場合のみ TVをご覧になることができます。
(走行中に TVモードを選択
した場合、音声のみになります。
)
パワー
スイッチ
SOURCE MENU 切り替えスイッチ
AUDIO CONT
スイッチ
SOURCE
MENU
スイッチ
選局スイッチ
プリセットスイッチ
AUTO.P スイッチ
●TV 操作画面に切り替えたとき、各タッチスイッチは約 6 秒間表示されます。
AUDIO CONT を押す、または画面にタッチすると再度、表示します。
●地上デジタルテレビジョン放送では、デジタル放送用のチャンネルが必要なため、
一部地域において UHF 放送のチャンネル変更が行われています。
そのため、以下の現象が起こる可能性があります。
● 今まで見ていたチャンネルが急に見えなくなる。
● 今まで見ていたチャンネルに別の放送局の画像が映る。
また、エリアスイッチで受信放送局表示をさせた場合にも、以下の現象が起こる
可能性があります。
● チャンネルと放送局名が一致しない。
● プリセットスイッチを操作したとき、記憶させた放送局が受信できない。
● プリセットスイッチを操作して受信したとき、放送局名が表示できない。
このような現象は、チャンネル変更によって生じた現象で、機器の故障・
不具合ではありません。これらの場合は、AUTO.P スイッチ(48 ページ)や
選局スイッチ(次ページ)でもう一度ご希望のチャンネルの設定を行ってくださ
い。
46
TV の使い方
プリセットスイッチから選ぶ
TV を見る
1
2
SOURCE MENU を押す、または
SOURCE MENU 切り替えスイッチに
タッチします。
TV にタッチします。
1
● チャンネルの記憶方法は
「チャンネルを記
憶する」右記を参照してください。
2
● TV 画面になります。
● AUDIO CONT を押す、または画面に
タッチすると、TV 操作画面になります。
見たいチャンネルを選ぶ
1
を押す 、または ∧ 、
∨ にタッチします。
● 押すごとに 1 ステップずつチャンネルが
UP/DOWN します。
プリセットスイッチにチャンネルを記憶さ
せるにはマニュアル(手動)と AUTO.P(自
動)の 2 つのモードがあり、それぞれのモー
ドは独立しています。
(下側):
∨ チャンネル DOWN(小さくなる)
自動で選ぶ
1
、
を“ピッ”と音がする
まで押す、または ∧ 、 ∨ に“ピッ”、
“ピッ”と2度続けて音がするまでタッチ
します。
マニュアル(手動)で記憶する
“AUTO.P”、または“AREA.P”が画面表示
されていないことを確認します。
● 表示されているときは AUTO.P または
エリア (49 ページ参照)にタッチする
と、AUTO.P または AREA.P からマニュ
アルに切り替わります。
1
TV
(上側):
∧ チャンネル UP(大きくなる)
決定 にタッチすると、放送局受信画
面に切り替わります。
チャンネルを記憶する
手動で選ぶ
、
記憶されているプリセットスイッチに
タッチします。
手動選局、または自動選局で記憶させ
たい放送局を選びます。
記憶させたいプリセットスイッチを
2 “ピーッ”と音がするまでタッチします。
● チャンネルが記憶されます。 プリセット
スイッチをタッチして選局できるように
なります。
● 現在、受信しているチャンネルに一番近い
放送局を、自動的に選局して受信したとこ
ろで止まります。途中で止めたいときは
もう一度押すと解除されます。
● 受信電波の弱い地域では、自動選局できな
いことがあります。
47
TV の操作
TVの使い方
AUTO.P(自動)で記憶する
1
AUTO.P を“ピーッ”と音がするま
でタッチします。
● AUTO.P が表示され自動的に選局を始め
ます。“ピピッ”と音がすると自動選局が
終了し記憶されます。
● もう一度、 AUTO.P にタッチすると、も
との記憶されていた放送局に表示が切り
替わります。
AUTO.Pで記憶したチャンネルを変更する
1
手動選局、または自動選局で記憶させ
たい放送局を選びます。
記憶させたいプリセットスイッチを
2 “ピーッ”と音がするまでタッチします。
AUTO.P について
AUTO.P は一時的にプリセットスイッチに記憶させる機能のため、AUTO.P を使用し
てもマニュアルで記憶させたチャンネルは記憶されています。
ふだんご覧になるチャンネルをマニュアルで記憶しておけば、旅先などで AUTO.P を
使用してもマニュアルで記憶したチャンネルは呼び出すことができます。
AUTO.P 動作中または動作後に AUTO.P にタッチすると、プリセットメモリーは
AUTO.P 動作前の状態にもどります。
(このとき AUTO.P で記憶したチャンネルは消
去されます。)AUTO.P からマニュアルへの切り替えは下記になります。
マニュアル
AUTO.P を“ピーッ”と音
がするまでタッチする
AUTO.P にタッチする
(AUTO.P で記憶された放送局は消去されます)
AUTO.P
(サーチ開始)
プリセットスイッチに
放送局を自動的に記憶
AUTO.P
(サーチ完了)
●受信電波の弱い地域では AUTO.P での自動受信ができないことがあります。
●同じ放送局からの受信でも、選局スイッチで記憶したチャンネルと AUTO.P ス
イッチで記憶したチャンネルは一致しないことがあります。
●AUTO.P スイッチを同じ場所で繰り返し操作しても、受信電波の状態により、記
憶されるチャンネルが異なることがあります。
●受信できたチャンネルが 8 局未満のとき、残りのプリセットスイッチには何も記
憶されません。
48
TV の使い方
TV 設定画面の切り替え
TV モードでは、TV 設定画面に切り替えると
下記の操作ができます。
● 機能スイッチの表示
・エリアプリセット
・音声多重放送の切り替え
・画面モード(ワイドモード)の切り替え
● DSP 、EQ 、POS などの音質調整
● マニュアルでのチャンネルの記憶
1
設定 にタッチします。
● エリアプリセットや音声多重放送の切り
替え操作などをおこなうことができます。
● 戻る にタッチするとTV操作画面にもど
ります。
エリアスイッチについて
自分のいる地域の放送局のチャンネルがわ
からないときに、その地域のチャンネルの表
示・選局ができます。
1
機能スイッチ表示画面で、 エリア に
タッチします。
●“AREA.P”の表示とともにその地域で放
送されている放送局名とチャンネルが表
示されます。
● 放送局を選ぶときは、表示されているプリ
セットスイッチにタッチします。
● もう一度 エリア にタッチすると、もとの
記憶されていた放送局に表示が切り替わ
ります。
TV
TV 設定画面でチャンネルをマニュアルで記憶すると、TV 画面に切り替わりますの
で連続して記憶できません。
49
TV の操作
TVの使い方
局名スイッチについて
TV を受信したとき、同じチャンネルの放送
局の放送地域が重複している地域で表示さ
れます。
1
機 能 ス イ ッ チ 表 示 画 面 で、 局名 に
タッチします。
TV モードを終わる
1
PWR を押します。
● もう一度 PWR を押すと電源を切る前
の受信放送局(チャンネル)が受信(音声
のみ)されます。
● 重複した放送局名が切り替わります。
音声多重放送を切り替える
音声多重放送を受信しているときは、主音声
や副音声を切り替えて聞くことができます。
1
機能スイッチ表示画面で、 主 / 副 を
タッチするごとに、下図の順に切り替
わります。
主音声 副音声 主・副音声
MAIN SUB MAIN・SUB
●放送を受信できても、放送局名を表示できない地域があります。
●2ヶ国語放送を受信したときは、
が表示され主音声や副音声を切り替えて聞く
ことができます。
50
DVD/VTR の操作
DVD プレーヤーをお使いになる前に
本機は、DVD ビデオの高画質映像と高音質なデジタルサウンドを再生することができます。
また、DVD ビデオに記録されている複数の言語(音声や字幕など)を切り替えて表示できる
ほか、同じ場面が複数のアングルで記録されているものは、好きなアングルに切り替えて再
生することができます。
DVD ビデオの特長
マルチ音声機能について
DVD ディスクには複数の言語が収録されているものがあり、再生中、TV の音声多重放送の
ように音声言語を切り替えることができます。
街の中心を流れるこの川は ...
This river, which runs through
the center of the town is...
マルチアングル機能について
DVD/VTR
DVD ディスクには、同じ場面が複数のアングルで記録されているもの(マルチアングル)が
あり、再生中、好きなアングルに切り替えることができます。
映像のアングルが切り替わります。
本機は、マクロビジョンコーポレーションやその他の権利者が保有する、米国特許権及びその
他の知的所有権によって保護された著作権保護技術を搭載しています。この著作権保護技術の
使用にはマクロビジョンコーポレーションの許諾が必要であり、マクロビジョンコーポレー
ションが特別に許諾する場合を除いては、一般家庭その他における限られた視聴用以外に使用
してはならないこととされています。改造または分解は禁止されています。
51
DVD/VTR の操作
DVD プレーヤーをお使いになる前に
字幕表示機能について
DVD ディスクには複数の字幕が記録されているものがあり、再生中に、字幕言語を切り替える
ことができます。また、字幕を表示しないように設定して、映像を再生することもできます。
ディスクについて
再生できるディスクの種類について
本機は、NTSC カラーテレビ方式に対応していますので、ディスクやパッケージに「NTSC」と
表示されているディスクをご使用ください。
再生できるディスクの
種類とマーク
大きさ/再生面
最大再生時間
12cm /片面
1層
2層
< MPEG 2 方式>
133 分
242 分
12cm /両面
1層
2層
266 分
484 分
再生可能なディスクの地域番号(リージョンコード)について
DVD ディスクには
(地域番号)が表示されているものがあり、このマーク(数字)は
ディスクの再生可能な地域を表しています。本機は、このマークに「2」または、「ALL」が
ないディスクは再生することができません。このようなディスクを再生しても、
「このディス
クは再生できません」というメッセージが画面に表示されます。また、地域番号のマークが
ないディスクでも地域が制限されていることがあり、本機で再生できないことがあります。
DVD、ソフト制作者の意図により再生状態が決められていることがあります。
本機ではソフト制作者が意図したディスク内容にしたがって再生を行うため、
操作したとおりに機能が働かない場合があります。再生するディスクに付属の
説明書も必ずご覧ください。
52
DVDプレーヤーをお使いになる前に
ディスクに表示されているマークについて
DVD のディスクやパッケージに表示されているマークには下記のものがあります。
マーク
意 味
音声のトラック数を表します。
字幕の数を表します。
アングル数を表します。
選択可能な画像アスペクト比(TV 画面の横と縦の比率)を表します。
●「16:9」はワイド画面、
「4:3」は標準画面です。
再生可能な地域番号を表します。
● ALL は全世界向け、数字は地域番号です。「2」は日本を示します。
ディスクの構成について
DVD に収録されている映像や曲は、いくつかの区切りに分けられています。
大きく分けた区切りをタイトルと言い、それぞれのタイトルには番号(タイトル番号)が付
けられています。また、タイトルは小さな区切りのチャプターで構成されており、それぞれ
のチャプターにも番号(チャプター番号)が付けられています。
チャプター1
タイトル 1
チャプター2
チャプター3
タイトル 2
チャプター2
チャプター3
DVD/VTR
チャプター1
DVD‐Video
チャプター1
タイトル 3
タイトル番号
チャプター2
チャプター3
チャプター番号
53
DVD/VTR の操作
DVD プレーヤーをお使いになる前に
操作の流れについて
映像の操作や検索、DVD プレーヤーの初期設定などの流れを説明します。
● タッチスイッチにタッチすると、下記の操作画面に切り替わります。
● DVD 操作画面
サーチ
●タイトル画面
設定
●メニュー操作画面
●メニュー番号検索画面
54
初期設定
数字
●初期設定画面
DVD/VTR の操作
DVD プレーヤーの使い方
エンジンスイッチが ON または ACC で、さらに安全上の配慮から車を完全に停止し、パーキ
ングブレーキをかけた場合のみ DVDをご覧になることができます。
(走行中に DVD モードを
選択した場合、音声のみになります。)
SOURCE MENU
切り替えスイッチ
タイトル番号
チャプター番号
再生時間
パワースイッチ
SOURCE
MENU
スイッチ
チャプター切り替え・
早送り(早戻し)
スイッチ
ボタン消しスイッチ
DVDを見る
映像を操作する
DVD 差し込み口に DVD を差し込むと、再生
を始めます。
2
DVD が差し込まれているときに
SOURCE MENU を押す、または
SOURCE MENU 切り替えスイッチに
タッチします。
1
にタッチします。
DVD/VTR
1
映像を再生する
DVD にタッチします。
● 再生を始めます。
● 操作スイッチ(タッチスイッチ)を表示す
る場合は、 AUDIO CONT を押す、また
は画面にタッチします。
●DVD プレーヤーモードに切り替えたとき、タッチスイッチなどの情報は約 6 秒間
表示されます。 AUDIO CONT を押す、または画面にタッチすると再度、表示
します。
●ディスクによって、自動再生されないものや、ディスクに記録されているメニュー
項目を選択しないと、再生されないものがあります。「ディスクメニューを操作す
る」(57 ページ)
55
DVD/VTR の操作
DVD プレーヤーの使い方
早送り・早戻しする
再生している映像を早送り・早戻しすることができます。
パネルスイッチから早送り・早戻しする
1
●
、または
を“ピッ”と
音がするまで押します。
(上側)
:映像を進めるとき
(下側):映像を戻すとき
●“ピッ”と音がすると早送り(早戻し)モー
ドに切り替わり、スイッチから手を離すま
で早送り(早戻し)します。
タッチスイッチから早送り・早戻しする
1
、または
●“ピッ”と音がすると早送り(早戻し)モー
ドに切り替わり、スイッチから手を離す
まで早送り(早戻し)します。
映像を一時止める
1
にタッチします。
● 一時停止中(
)に
を短くタッチ
するとスロー再生します。
56
にタッチします。
映像を止める
1
■
にタッチします。
DVDプレーヤーの使い方
DVDを止める
ディスクメニューを操作する
ディスクに収録されているメニューを操作
することができます。
1
2
3
にタッチします。
メニュー 、ま たは トップメニュー
にタッチします。
にタッチします。
1
PWR を押します。
● もう一度 PWR を押すと再生が再開(音
声のみ)されます。
見たい映像を探す
見 た い 映 像 を タ イ ト ル や チ ャ プ タ ー、メ
ニュー番号(内容ごとに区切られた番号)か
ら探すことができます。
チャプターから探す
1
●
、または
を押します。
(上側)
:次のチャプターを選ぶ
とき
(下側)
:前のチャプターを選ぶ
とき
4
決定 にタッチします。
DVD/VTR
5
にタッチし、再
生したい映像を選びます。
ディスクによって記録されているメニュー項目は違います。また、ディスク内容に
したがって再生を行うため、操作したとおりに機能しない場合があります。
57
DVD/VTR の操作
DVD プレーヤーの使い方
タイトル番号から探す
1
2
DVD 操 作 画 面 で
す。
にタッチしま
サーチ にタッチします。
● タイトル番号入力画面が表示されます。
3
数字 にタッチします。
● メニュー番号入力画面が表示されます。
2
●
− 、 + 、− 10 、+ 10 に
タッチし、タイトル番号を入力します。
− 、または + にタッチすると、
タイトル番号が 1ずつ切り替わります。
● − 10 、または + 10 にタッチすると、
タイトル番号が 10 ずつ切り替わります。
]
3
決定 にタッチします。
メニュー番号から探す
1
にタッチします。
4
●
− 、 + 、− 10 、+ 10 に
タッチし、タイトル番号を入力します。
− 、または + にタッチすると、
メニュー番号が 1 ずつ切り替わります。
● − 10 、または + 10 にタッチすると、
メニュー番号が 10 ずつ切り替わります。
5
58
決定 にタッチします。
DVDプレーヤーの使い方
タッチスイッチの表示を切り替える
再生中、タッチスイッチの表示を切り替えたり、タッチスイッチの表示を消すことができま
す。
タッチスイッチを消す
1
ボタン消 にタッチします。
● AUDIO CONT を押す、または画面に
タッチすると、再度、タッチスイッチを表
示します。
タッチスイッチの表示場所を切り替える
1
にタッチします。
2
にタッチします。
3
パネル にタッチします。
● タッチするごとにタッチスイッチの表示
場所が上下に切り替わります。
DVD/VTR
59
DVD/VTR の操作
DVD プレーヤーの使い方
画面表示・音声の切り替え
再生する映像の字幕言語や音声言語、表示アングルを切り替えることができます。
アングルの切り替え
ディスクに複数のアングルが収録されてい
ると、アングルを切り替えて表示することが
できます。
1
2
にタッチします。
3
アングル切替 にタッチします。
● アングル番号が替わり、映像のアングルが
切り替わります。
アングル番号
マルチアングルが表示されているとき
に アングル にタッチします。
● アングル番号が表示されます。
マルチアングルマーク
アングル切替 にタッチするごとに、ディスクに収録されているアングルが順に切
り替わります。
60
DVDプレーヤーの使い方
字幕言語の切り替え
音声言語の切り替え
ディスクに複数の字幕言語が収録されてい
ると、字幕を切り替えて表示することができ
ます。
ディスクに複数の音声言語が収録されてい
ると、音声を切り替えて再生することができ
ます。
1
1
2
にタッチします。
字幕 にタッチします。
2
にタッチします。
音声 にタッチします。
● 字幕番号および言語が表示されます。
● 音声番号および言語が表示されます。
3
3
字幕切換 にタッチします。
字幕番号および言語
● 音声番号が替わり、音声の再生言語が切り
替わります。
音声番号および言語
DVD/VTR
● 字幕番号が替わり、字幕の表示言語が切り
替わります。
音声切換 にタッチします。
● 字幕切換 にタッチするごとに、ディスクに収録されている字幕言語が順に切り替
わります。
● 音声切換 にタッチするごとに、ディスクに収録されている音声言語が順に切り替わ
ります。
●再生するディスクによっては、 字幕切換 や 音声切換 にタッチしても字幕や音
声が切り替わらない場合があります。この場合は、ディスクメニューから字幕や
音声を切り替えてください。「ディスクメニューを操作する」(57 ページ)
61
DVD/VTR の操作
DVD プレーヤーの使い方
DVDプレーヤーの設定
再生中の音声や字幕表示、メニュー表示の言語をあらかじめ設定することができます。また、
マルチアングルマークの表示・非表示や視聴制限なども設定することができます。
1
2
にタッチします。
3
初期設定 にタッチします。
設定 にタッチします。
● 初期設定画面が表示されます。
4
タッチスイッチ
各タッチスイッチにタッチすると下記
の設定を行うことができます。
機 能
ページ
音声
再生する映像の音声言語を設定します。
次ページ
字幕
再生する映像の字幕言語を設定します。
次ページ
ソフトメニュー
表示するメニューの言語を設定します。
64
マルチアングルマーク
視聴制限
映像出力切換
マルチアングルマークの表示・非表示を設定します。
64
再生できる DVD ビデオを制限します。
65
画面サイズを設定します。
66
初期設定画面で設定を変更した後、 決定 にタッチせずに、画面が切り替わるスイッ
チ( SOURCE MENU 、 AUDIO CONT ) を押すと DVD の再生は停止した状態
になります。
再度再生する場合は映像操作画面で
にタッチします。(55 ページ参照)
62
DVDプレーヤーの使い方
音声言語を設定する
字幕言語を設定する
再生中の映像をお好きな言語で楽しむこと
ができます。
再生中の映像をお好きな字幕で表示するこ
とができます。
1
初期設定画面で 音声 にタッチします。
1
初期設定画面で 字幕 にタッチします。
2
お好みの言語にタッチします。
2
お好みの言語にタッチします。
● その他 にタッチすると画面に表示され
た言語以外の言語を設定できます。
● その他 にタッチすると、画面に表示さ
れた言語以外の言語を設定できます。
● 字幕非表示 にタッチすると、画面に字幕
を表示せずに再生することができます。
コードを入力する
優先音声言語設定画面で その他 に
タッチします。
2
言語コードを入力します。
● 言語コードについては「言語コード一覧」
(67 ページ)を参照してください。
3
決定 にタッチします。
コードを入力する
1
優先字幕言語設定画面で その他 に
タッチします。
2
言語コードを入力します。
DVD/VTR
1
● 言語コードについては「言語コード一覧」
(67 ページ)を参照してください。
3
決定 にタッチします。
選択された言語でもディスクが対応していない言語であれば、切り替えることはできま
せん。
63
DVD/VTR の操作
DVD プレーヤーの使い方
メニュー言語を設定する
マルチアングル(アングル選択マーク)の表示を設定する
ディスクに収録されているメニューなどの
表示言語を設定することができます。
再生中、マルチアングルマークの表示・非表
示を設定することができます。
1
初 期 設 定 画 面 で ソフトメニュー に
タッチします。
1
2
お好みの言語にタッチします。
● タッチするごとに「表示」と「非表示」が
切り替わります。
初期設定画面で マルチアングルマーク
にタッチします。
● その他 にタッチすると画面に表示され
た言語以外の言語を設定できます。
2
決定 にタッチします。
コードを入力する
1
ソフトメニュー言語設定画面で
その他 にタッチします。
2
言語コードを入力します。
● 言語コードについては「言語コード一覧」
(67 ページ)を参照してください。
3
決定 にタッチします。
●選択された言語でもディスクが対応していない言語であれば、切り替えることはできませ
ん。
●マルチアングルマークの表示設定を「 表示 」に設定すると、ディスク内の複数ア
ングルが選択可能な状態になったとき、画面の右上にマルチアングルマークが表
示されます。
64
DVDプレーヤーの使い方
視聴制限を設定する
ディスクの中には、成人向けの内容や暴力シーンなど、子供に見せたくない場面の視聴を制
限できるものがあります。この視聴制限は、レベルによって段階的に設定することができま
す。
1
初期設定画面で 視聴制限 にタッチし
ます。
2
数字を1 番号ずつタッチして暗証番号
を入力します。
4
5
3
お好みの視聴制限レベルにタッチしま
す。
決定 にタッチします。
決定 にタッチします。
DVD/VTR
●視聴制限レベルが記録されていないディスクでは設定ができません。
●暗証番号は必ず入力してください。入力しないと視聴制限の設定を行うことがで
きません。
●暗証番号が入力されていない場合、上側に表示される暗証番号は「−−−−」で
表示されます。
●一度、暗証番号を入力すると次回以降、本項目の利用時には暗証番号が必要とな
ります。暗証番号を忘れないようご注意ください。もし、暗証番号を忘れた場合
は、 クリア に 10 回タッチすると、初期化(暗証番号未設定の状態)することが
できます。
●視聴制限レベルは大きく 3 種類に分類されます。
レベル 1 ……子ども向けの DVD ソフトのみを再生します。(一般向けと成人向
けの DVD ソフトの再生を禁止します。)
レベル 2 ∼ 7…子ども向けと一般向けの DVD ソフトのみを再生します。(成人向
けの DVD ソフトの再生を禁止します。)
レベル 8 ……全ての DVD ソフトを再生します。(初期設定)
65
DVD/VTR の操作
DVD プレーヤーの使い方
映像出力を切り替える
1
初期設定画面で
タッチします。
映像出力切換
に
● タッチするごとに下図の順に画面サイズ
が切り替わります。
16:9
4:3
レターボックス
4:3
パンスキャン
●「16:9」
通常のワイドサイズで表示されます。
4:3 のサイズで収録された DVD ソフト
の場合は左右両端が黒表示、または左右
に伸びた表示になります。
●「4:3〔レターボックス〕
」
上下両端が黒く表示された映像になりま
す。
4:3 のサイズで収録された DVD ソフト
の場合は画面サイズぴったり(4:3)で
表示されます。
2
決定 にタッチします。
●「4:3〔パンスキャン〕
」
左右両端がカットされた映像になります。
4:3 のサイズで収録された DVD ソフト
の場合は画面サイズぴったり(4:3)で
表示されます。
後席モニターなどの別のモニターを接続した場合、本機(フロント)で設定した映
像出力切替のサイズにより、後席モニターで表示されるサイズは異なります。
お客様が個人的にワイド画面で視聴する限りにおいては問題ありませんが、営利目
的、または公衆に視聴させることを目的として画面の圧縮・引き伸ばしなどを行う
と、著作権法上で保護されている著作者の権利を侵害する恐れがありますので、ご
注意ください。
66
DVDプレーヤーの使い方
言語コード一覧
「音声」、
「字幕」、
「ソフトメニュー」の言語は、下記のコード番号から数字を入力し選択することができます。
言語名称
日本語
英語
フランス語
ドイツ語
イタリア語
スペイン語
オランダ語
ロシア語
中国語
韓国語
ギリシャ語
アファル語
アブバジャ語
アフリカーンス語
アムハラ語
アラビア語
アッサム語
アイマラ語
アゼルバイジャン語
バシキール語
ベラルーシ語
ブルガリア語
ビハーリー語
ビスラマ語
ベンガル語
チベット語
ブルトン語
カタロニア語
コルシカ語
チェコ語
ウェールズ語
デンマーク語
ブータン語
エスペラント語
エストニア語
バスク語
ペルシア語
フィンランド語
フィジー語
フェロー語
フリジア語
アイルランド語
スコットランドゲール語
ガルシア語
グアラニ語
グジャラート語
コード
0801
0809
0818
0821
0825
0901
0905
0911
0914
0919
0923
1009
1023
1101
1111
1112
1113
1114
1119
1121
1125
1201
1214
1215
1220
1222
1307
1309
1311
1312
1314
1315
1318
1319
1320
1325
1401
1405
1415
1503
1513
1518
1601
1612
1619
1620
言語名称
ハウサ語
ヒンディー語
クロアチア語
ハンガリー語
アルメニア語
国際語
Interlingue
イヌピアック語
インドネシア語
アイスランド語
ヘブライ語
イディッシュ語
ジャワ語
グルジア語
カザフ語
グリーンランド語
カンボジア語
カンナダ語
カシミール語
クルド語
キルギス語
ラテン語
リンガラ語
ラオス語
リトアニア語
ラトビア語
マダガスカル語
マオリ語
マケドニア語
マラヤーラム語
モンゴル語
モルダビア語
マラータ語
マライ語
マルタ語
ビルマ語
ナウル語
ネパール語
ノルウェー語
プロバンス語
オモロ語
オリヤー語
パンジャブ語
ポーランド語
アフガニスタン語
ポルトガル語
コード
1721
1813
1814
1815
1823
1901
1904
1907
1908
1909
1911
1912
1913
1914
1915
1917
1918
1919
1920
1921
1922
1923
2001
2005
2007
2008
2009
2011
2012
2014
2015
2018
2019
2020
2023
2111
2118
2126
2209
2215
2315
2408
2515
2621
言語名称
ケチュア語
レートロマン語
キルンディー語
ローマ語
キンヤルワンダ語
サンスクリット語
シンド語
サンド語
セルボクロアチア語
セイロン語
スロバック語
スロベニア語
サモア語
ショナ語
ソマリ語
アルバニア語
セルビア語
シスワティ語
セストゥ語
スンダ語
スウェーデン語
スワヒリ語
タミル語
テルグ語
タジク語
タイ語
チグリス語
ツルキ語
タガログ語
セツワナ語
ニュージーランド語
トルコ語
ツォンガ語
タタール語
トウィ語
ウクライナ語
ウルドゥー語
ウズベグ語
ベトナム語
ポラピュク語
ウォルフ語
コーサ語
ヨルバ語
ズールー語
DVD/VTR
コード
1001
0514
0618
0405
0920
0519
1412
1821
2608
1115
0512
0101
0102
0106
0113
0118
0119
0125
0126
0201
0205
0207
0208
0209
0214
0215
0218
0301
0315
0319
0325
0401
0426
0515
0520
0521
0601
0609
0610
0615
0625
0701
0704
0712
0714
0721
67
DVD/VTR の操作
VTRの使い方
市販の VTR 機器を接続すると、ビデオをご覧になれます。エンジンスイッチが ON または
ACC で、さらに安全上の配慮から車を完全に停止し、パーキングブレーキをかけた場合のみ
ビデオをご覧になることができます。
(走行中に VTR モードを選択した場合、音声のみにな
ります。)
SOURCE MENU 切り替えスイッチ
パワー
スイッチ
AUDIO CONT
スイッチ
SOURCE
MENU
スイッチ
VTRを見る
1
2
SOURCE MENU を押す、または
SOURCE MENU 切り替えスイッチに
タッチします。
VTRモードを終わる
1
PWR を押します。
● もう一度 PWR を押すと再生が再開(音
声のみ)されます。
VTR にタッチします。
● VTR 画面になります。
● AUDIO CONT を押す、または画面に
タッチすると、VTR操作画面になります。
VTR 操作画面に切り替えたとき、各タッチスイッチは約 6 秒間表示されます。
AUDIO CONT を押す、または画面にタッチすると再度、表示します。
68
ご参考に
知っておいていただきたいこと
こんなメッセージが表示されたときは
下記のようなメッセージが表示された場合、原因と処置を参考にもう一度確認してください。
メッセージ
原因
CD検索中です
CDチェンジャーにマガジンをセッ
トしたとき、CDチェンジャーが
ディスクの有無を検索しているた
め。
CDのふたが開いています
CDチェンジャーの扉が開いてるた
め。
CDをお確かめください
○○枚目の CD をお確かめ下さい
CDが汚れている、または裏返しに
なっているため。
CD(MD)が入っていません
MP3 が入っていません
CD(MD)プレーヤーまたは CD
(MD)チェンジャーにディスクが
入っていないため。
CDプレーヤーに MP3 ディスクが
入っていないため。
処置
検索が終わるまで、そのまま、し
ばらくお待ちください。
CDチェンジャーの扉を閉めてく
ださい。
ディスクが汚れているときはク
リーニングしてください。裏返し
のときは正しく入れてください。
音楽ディスクを入れてください。
MP3 ディスクを入れてください。
異常検知で CD(MD)停止中で
す※
なんらかの原因で CD(MD)プ
レーヤーまたは CD(MD)チェン
ジャーが動かないため。
イジェクト操作を行ってください。
CDマガジンが入っていません
CDチェンジャーにマガジンが入っ
ていないため。
マガジンを入れてください。
走行中は音声を
お楽しみください
走行中に TV または DVDを見よう
としたため。
車を安全な場所に停車させてサイ
ドブレーキをかけてからお楽しみ
ください。
※ イジェクト操作をしても動作しないときは、販売店にご相談ください。
ディスクが入っていません
原因
DVD ディスクが入っていないた
め。
処置
DVD ディスクを入れてください。
異常検知で DVD 停止中です
※1
何らかの原因で DVD プレーヤーが
動かないため。
イジェクト操作を行ってください。
温度異常のため DVD 停止中です
※2
DVD プレーヤーの温度が異常に高
いため。
温度が下がるまで、しばらくその
ままでお待ちください。
対応していない DVD を入れている
対応している DVD を入れてくだ
さい。(11、52 ページ参照)
この DVD は演奏できません
ため。
受け付けないコードです
DVD に対応していない言語コード
を入力したため。
DVD に対応している言語コード
コード番号が正しくありません
暗証番号が正しく入力されなかっ
たため。
正しい暗証番号を入力してくださ
視聴制限がかかっており再生でき
ません
視聴制限がかかっているため。
ご参考に
メッセージ
を確認してください。
い。
視聴制限の設定を変更して再生し
てください。
※ 1 イジェクト操作をしても動作しないときは、販売店にご相談ください。
※ 2 この状態のときは、しばらくお待ちください。デッキ内部の温度が常温に復帰しますと、表示が
消えて再生を再開します。長時間経過しても表示が消えないときは販売店にご相談ください。
69
ご参考に
知っておいていただきたいこと
故障とお考えになる前に
ちょっとした操作のちがいで故障と間違えることがありますので、以下の表にもとづき、ま
ず、確認してください。
処置をしても直らないときは、販売店で点検をお受けください。
症 状
処置
低温時に電源を ON にした場合、
しばらく画面が暗い
液晶の特性によるものです。
故障ではありません。
しばらくそのままでお待ちくださ
い。
電源を ONにした後、しばらく画
面にムラがある
液晶のバックライトの特性による
ものです。
故障ではありません。しばらくす
ると安定します。
音が出ない
音量の調整不良。
音量スイッチを押して確認してく
ださい。
スピーカーコードがはずれている。
スピーカーコードの接続を確認し
てください。
音量の調整不良。
左右音量調整をして確認してくだ
さい。
調整した音質が放送、ディスクに
含まれていない。
放送、ディスクを変更して確認し
てください。
電源が入っていない。
車のキーを「ACC」または「ON」
の位置にしてください。
すでに 1 枚入っていて 2 枚目を入
れようとしている。
すでに入っている CD・MD・
DVDをイジェクトしてから、お好
みの CD・MD・DVD を入れてく
ださい。
片側(左右もしくは前後)のス
ピーカーだけ音が出る
音質調整をしても音質が変化しな
い
CD・MD・DVD が入らない
70
考えられること
知っておいていただきたいこと
症 状
考えられること
結露している。
CD・MD・DVD に大きなキズや
ソリがある。
他の CD・MD・DVD を入れてく
ださい。
CD・MD・DVD がひどく汚れて
いる。
CD・MD・DVD の再生ができな
い
クリーニングしてください。
(12 ページ参照)
CD・MD・DVD が裏返しになっ
ている。
CD・MD・DVDを正しい向きで
挿入してください。
対応していない CD・MD・DVD
が挿入されている。
対応している CD・MD・DVDを
挿入してください。
(11 ページ参
照)
自動再生されない DVD ディス
クが挿入されている。
CD CHANGER1 、
CD CHANGER2 が表示さ
処置
しばらく放置してから使用してく
ださい。(11 ページ参照)
画面に
DVDディスクに収録されているメ
ニューを操作してください。
(57 ページ参照)
CDチェンジャーの接続が不完全。
CDチェンジャーとの接続を確認
してください。
MDチェンジャーの接続が不完全。
MD チェンジャーとの接続を確認
してください。
れない
MDCH にタッチしても MD
チェンジャーにならない
音声は出るが、映像が出ない
音声は出るが、TV 映像が出ない
(停車中)
パーキングブレーキを引いていな
い。
パーキングブレーキを引いてくだ
さい。
車の電源スイッチが入っていない。
車のキーを「ACC」または「ON」
の位置にしてください。
接続コードの接続が不完全。
各接続コードの接続を確認してく
ださい。
TV の映像または音が出ない
VTR 入力になっている。
ディスプレイに光る点がある
液晶パネルは 99.99%以上の有効
画素がありますが、0.01%以下の
画素欠けや常時点灯するものが生
じることがあります。
電気的なノイズを発生する電装品
を本機のそばで使用していません
か。
高電圧を発生させて作動するもの
(例)マイナスイオン発生器
高電波を発生するもの
(例)携帯電話、無線機
ご参考に
ください。
(31 ページ参照)
映像も音も出ない
オーディオ画面が乱れる、ノイズ
が入る
SOURCE MENU を押して
画面消しボタンで画面を消したと
き。
TV にタッチして、放送局を選
択してください。
故障ではありませんので、そのま
まご使用ください。
本機からできるだけ遠ざけてご使
用ください。
遠ざけても影響が出る場合は、ご
使用をお控えください。
71
ご参考に
用語説明
スーパーオーディオ CD 原音のアナログ波形に極めて近い形で音をデジタ
(SACD)
ル記録する DSD(Direct Stream Digital)方式
を採用した高音質オーディオディスクの規格です。
スーパーオーディオ CD には以下の種類がありま
す。
●シングルレイヤーディスク
HD 層※が 1 層のみのディスク
●デュアルレイヤーディスク
HD 層※が 2 層のみのディスク
●ハイブリッドレイヤーディスク
HD 層※と CD 層※合わさった2層のディスク
※ HD層:スーパーオーディオ CD の高密度信号層
CD層:既存の CD プレーヤーで読み取り可能な層
CD-EXTRA 音楽用の音楽データトラックとパソコン用の PC
データトラックを1枚のメディアの中にマルチ
セッションで書き込んだものです。この場合、第
1セッションには音楽データトラックを記録し、
第2セッション以降に PC データトラックを記録
するため、音楽 CD プレーヤーは第2セッション
以降の PC データトラックを再生することがなく
なります。
Mixed Mode CD 音楽用の音楽データトラックとパソコン用の PC
データトラックを1枚のメディアの中にシングル
セッションで書き込んだものです。この場合、第
1トラックには PC データトラックを記録し、第
2トラック以降に音楽データトラックを記録する
ため、音楽 CD プレーヤーは第1トラックの PC
データを再生してしまい、大きなノイズが出力さ
れてしまいます。これは音楽 CD プレーヤーがマ
ルチセッションに対応しているため、マルチセッ
ションの CD を再生すると第1セッションしか認
識せず、これが再生されてしまうためです。
コピーコントロール CD パソコンなどで音楽データを読み取り、データ化、
レーベルゲート CD 保存ができないように処理してある CD のことで
す。
コピーコントロール CD 、レーベルゲート CD に
は下記のマークが付与されています。
ご使用になる前に、必ずパッケージなどに同梱
されている説明書をお読みください。
72
ご参考に
目的別索引
画面・音の調整について
<画面の調整に関して>
■オーディオ操作画面や TV・DVDの画面を見やすくしたい
「画質調整画面の表示」........................................................................................ P27
■操作画面、または設定画面の表示を、自動で切り替えたい
「優先画面の設定」................................................................................................ P30
■画面を消したい
「画面を消すときは」............................................................................................ P28
■操作画面などのタッチスイッチを消したい
「タッチスイッチの表示切り替え」..................................................................... P31
■画面をワイドモードにしたい
「画面モード切り替え」........................................................................................ P33
<音の調整に関して>
■音量をかえたい
「主音量の調整」.................................................................................................... P18
■スイッチを操作したときの操作音を消したい(鳴らしたい)
■音質をかえたい
ご参考に
「操作音の設定」.................................................................................................... P18
●マルチチャンネルを擬似的に創り出したい
「Circle Surround Ⅱの設定」....................................................................... P20
●演奏会場を擬似的に創り出したい
「DSP(音場)の設定」................................................................................... P21
●イコライザを調整したい
「EQ(イコライザ)の調整」.......................................................................... P22
●乗車位置に合わせて、音像定位を切り替えたい
「リスニングポジションの設定」
..................................................................... P24
●前後左右の音量のバランスを調整したい
「音量バランスの調整」.................................................................................... P25
次ページに続く
73
ご参考に
目的別索引
オーディオ関係
ラジオの使い方について
■ラジオを聞きたい
「ラジオを聞く」.................................................................................................... P34
■放送局を探したい
「聞きたい放送局を選ぶ」.................................................................................... P34
■放送局を記憶させたい
「放送局を記憶する」............................................................................................ P35
■今、いるエリアの放送局が知りたい
「エリアスイッチについて」................................................................................ P36
■交通情報を聞きたい
「交通情報を受信する」........................................................................................ P36
CD・CDチェンジャーの使い方について
■ CDを聞きたい
「CD を聞く」...............................................................................................P38,P42
■聞きたい曲や CDを選びたい
「聞きたい曲を選ぶ」..................................................................................P38,P42
■聞きたい曲が何番目、またはどの CDに入っているかわからない
「聞きたい曲を探す」............................................................................................ P39
「チェンジャー内の全 CD から聞きたい曲や CD を探す」.............................. P43
■いま聞いている曲や CDを繰り返し再生したい
「同じ曲を繰り返して聞く」................................................................................ P39
「聞きたい曲や同じ CD を 繰り返し聞く」......................................................... P43
■いつもと違う順番で聞きたい
「曲の順番をランダムに聞く」..................................................................P39,P43
74
目的別索引
MD・MDチェンジャーの使い方について
■ MD を聞きたい
「MD を聞く」..............................................................................................P40,P44
■聞きたい曲や MD を選びたい
「聞きたい曲を選ぶ」............................................................................................ P40
「聞きたい MD を選ぶ」........................................................................................ P44
■聞きたい曲が何番目、またはどの MD に入っているかわからない
「聞きたい曲を探す」............................................................................................ P41
「聞きたい MD を探す」........................................................................................ P45
■いま聞いている曲や MD を繰り返し再生したい
「同じ曲を繰り返して聞く」................................................................................ P41
「聞きたい曲や同じ MD を 繰り返し聞く」........................................................ P45
■いつもと違う順番で聞きたい
「曲の順番をランダムに聞く」..................................................................P41,P45
■ MD に記録した情報を表示したい
「MD のタイトルや 曲名などを表示する」........................................................ P45
TV の使い方について
ご参考に
TV について
■ TVを見たい
「TV を見る」......................................................................................................... P47
■放送局を探したい
「見たいチャンネルを選ぶ」................................................................................ P47
■放送局を記憶させたい
「チャンネルを記憶する」.................................................................................... P47
■ TVの設定画面に表示を切り替えたい
「TV 設定画面の切り替え」.................................................................................. P49
75
ご参考に
目的別索引
■今、いるエリアの放送局が知りたい
「エリアスイッチについて」................................................................................ P49
■今、聞いている音声を切り替えたい
「音声多重放送を切り替える」............................................................................ P50
DVDビデオ/VTRに関して
DVDプレーヤーの使い方について
■ DVDビデオを見たい
「DVD を見る」...................................................................................................... P55
■ディスクについて知りたい
●ディスクやパッケージに表示しているマークの意味が知りたい
「ディスクに表示されているマークについて」............................................. P53
●再生できるディスクを知りたい
「再生できるディスクの種類について」......................................................... P52
●ディスクの構成を知りたい
「ディスクの構成について」............................................................................ P53
■ディスクに記憶されているメニューを操作したい
「ディスクメニューを操作する」......................................................................... P57
■再生している映像を操作したい
「映像を操作する」................................................................................................ P55
■映像を選びたい・探したい
「チャプターから探す」........................................................................................ P57
「タイトル番号から探す」.................................................................................... P58
「メニュー番号から探す」.................................................................................... P58
■タッチスイッチの表示を切り替えたい
「タッチスイッチの表示を切り替える」............................................................. P59
■字幕や音声、映像のアングルを切り替えたい
「アングルの切り替え」........................................................................................ P60
「字幕言語の切り替え」........................................................................................ P61
「音声言語の切り替え」........................................................................................ P61
76
目的別索引
■プレーヤーの設定について知りたい
「音声言語を設定する」........................................................................................ P63
「字幕言語を設定する」........................................................................................ P63
「メニュー言語を設定する」................................................................................ P64
「マルチアングル ( アングル選択マーク ) の表示を設定する」......................... P64
「視聴制限を設定する」........................................................................................ P65
「映像出力を切り替える」.................................................................................... P66
■ VTRを使いたい
「VTR の使い方」.................................................................................................. P68
わからなくてお困りのとき
■画面のメッセージがわからない
「こんなメッセージが表示されたときは」......................................................... P69
■故障かどうかわからない
「故障とお考えになる前に」................................................................................ P70
ご参考に
77
ご参考に
索引
五十音順
ア
エリアスイッチ .................................. 36, 49
音質の調整 ................................................ 19
音声多重放送 ............................................. 50
音量バランス .............................................. 25
カ
画質調整 .................................................... 29
画面の調整.................................................. 27
画面モード切り替え .................................. 33
サ
主音量の調整 ............................................. 18
ハ
背景画(壁紙)............................................ 32
昼画表示...................................................... 28
マ
マルチアングルマーク .............................. 64
ヤ
夜画表示 .................................................... 28
ラ
ラジオの使い方 .......................................... 34
リスニングポジション .............................. 24
78
索引
アルファベット
A
AREA.P ............................................ 36, 49
V
VTR の使い方 ........................................... 68
C
CD プレーヤーの使い方 ........................... 38
CD チェンジャーの使い方 ....................... 42
Circle Surround Ⅱの設定 ...................... 20
D
DISC RAND ............................................ 43
DISC RPT ................................................ 43
DISC SCAN ............................................. 43
DSP(音場)の設定 ................................ 21
DVD ビデオの特長 .................................. 51
DVD プレーヤーの使い方 ....................... 55
E
EQ(イコライザ)の調整 ....................... 22
ご参考に
P
POS ........................................................... 24
R
RAND .......................................... 39,41,43
RPT ............................................. 39,41,43
S
SCAN ........................................... 39,41,43
T
TV 設定画面 .............................................. 49
TV を見る ................................................... 47
79
80
〒652-8510 神戸市兵庫区御所通1丁目2番28号
電話 神戸(078)671-5081
PRINTED WITH
この説明書の印刷には、植物性
大豆油インキを使用しています。
この説明書は、再生紙を使用しています。
©富士通テン株式会社 2004
090002-26960700
0404C (N)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
3 160 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content