close

Enter

Log in using OpenID

03現場説明書(27飯舘村除染監督支援業務)

embedDownload
平成27年度飯舘村除染等工事監督支援業務
現
場
説
明
書
1.数量について
別添積算参考資料のとおりである。
2.積算の基地について
積算の基地は、福島市(県庁所在地)である。
3.特殊勤務手当について
本業務の区域毎と作業割合は、以下のとおりである。
区域
比率
手当額
備考
居住制限区域
86%
1,980 円
4 時間未満
避難指示解除準備区域
14%
-
4.配置技術者について
本業務に配置する技術者は、以下のとおりである。
統括委託監督員
職種
定例打合せ
技師(A)
1.0 人/月
工事監督支援
備考
1.0 人/月
4~12 月
委託監督員
技師(C)
-
487.5 人/月
25 人体制
1~3 月
292.5 人/月
15 人体制
5.除染等業務従事者等被ばく線量登録管理制度への参加について
平成26年4月以降に屋外作業に従事する委託監督員は、「除染等業務等に従事する労
働者の被ばく線量等を一元管理するための制度」に登録することとし、当初設計にお
いては3名分を計上しているが、実際の登録者数が当初設計と異なる場合は、別途協
議の上、設計変更の対象とする。
6.適用単価・積算基準等
・技術者単価は、
「平成 27 年度国土交通省設計業務委託等技術者単価」を適用してい
る。
・本業務の諸経費は、
「平成 27 年度国土交通省工事監督支援業務積算基準-3.業務委
託料の積算」により計上している。
7.その他
・本業務は、超過勤務を想定していない。超過勤務を要する場合は、主任調査職員・
統括委託監督員間の協議の上、変更対象とする。
・除染電離則第 19 条及び第 25 条の8で定める安全講習(特別教育)費については、1
名が 1 回受講する分を計上している。
「除染等業務従事者被ばく線量登録管理制度」等
により確認できる実際の受講者数が設計と異なる場合は、別途協議の上、設計変更の
対象とする。
・除染電離則等に基づく放射線防護に要する費用は、当初設計において、保護具・線量
計装具費、安全講習(特別教育)費、一般健康診断費、除染等業務従事者等被ばく線量
登録管理制度への参加に要する費用を計上している。その他のものについて必要がある
場合は、別途協議の上、設計変更の対象とする。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
75 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content