close

Enter

Log in using OpenID

2面(PDF:325KB)

embedDownload
~協働のまちづくりに向けて~
三輪地区
interview
1
中 央 :も 三
輪地区区長 ・ 自治会長会
み い ふ み お
会長 籾井二三男さん
み や ぎ み き
城美紀
左 : 三輪北部地区担当職員 宮
な が い かつよし
右 : 三輪南部地区担当職員 永井克佳
26
11
まちづくり研修会の様子
14
高平地区
ま ち づ く り 研 修 会 こ れ か れつつあり、近所で互いに協
くり と
す
る
か
、
ど
う
し
て
い
く
か
を
話
し
「
」 題した講 演をしてい
ら の 三 輪 地 区 を 考 え る をを 力し合い、支え合うといった
ただきました。講演会終了後
合
う
た
め
、
区
長
会
と
各
地
縁
団
」
総 合 福 祉 保 健 セ ン タ ー で 開 ことが少なくなってきている
ののアンケートでは、参加者か
元 気 な 高 平 の 郷 づ く 体、地域担当職員とで 年
地域 活性化に向けた
催 し ま し た ( 年年 月月 日日 と感じています。一方で、今
月に意見交換会を行いました。 ら協議会活動に参加・協力し
りを目指して!
新たな取り組み
後さらに高齢化が進み、一人
開催 。。
たいとの回答が寄せられまし
)
仮
研 修 会 で は 三 輪 地 区 の 人 暮らしのお年寄りが増えてい
(称 高
) 平郷づくり協議会 た。
口・年齢・世帯数の推移など、 くなかで、個人や家族だけで
の
設
立
に
向
け
て
地域データについて理解を深 は解決できない事柄がますま
楽しく元気な郷づくり
意見交換会の結果、区長会
め た 後、 地 域 の 課 題 に 今 後 す 増 え て く る と 思 わ れ ま す
や各地縁団体、活動グループ 地域の課題や将来像を地域
どう取り組めば良いかについ が、いざというときに地域内
ひさ た か ひ ろ
などで構成する 仮称 )高
て、近畿大学 久久隆隆浩浩教授か で 支 え 合 うこと が で き る と、
(
「 平 住民で共有し、高平地区の特
郷づくり協議会 のの
ら講演をいただきました。こ 大きな安心感につながると思
」 年6月 色をいいかした新しい地域づく
設立を目指して、 年2月か りに取り組んでいきたいと思
の講演を聴くにつれて、今ま います。
らら 高
で考えていたこととは全く違 ま た、 災 害 が 起 き た 時、
「 平地区まちづくり組織 い ま す。 難 し いこ と で す が、
検討準備委員会 で準備を進
う地域 活 動の進め方がある 自 治 会 の 活 発 な 地 域 と そ う
何かしたい 」地
」
「
「 域をもっと
めています。
ことを知り、とても前向きな で な い 地 域 と で は 大 き な 違
良 く し たい と
」 いう想いや 意意
委員会では、組織体制や規 見を出し合えばきっといいも
気持ちになりました。これま い が あ る と い わ れ、 地 域 を
約、各地縁団体との連携、高 のができると思います。その
では、いかに地域活動に参加 基 盤 と し た 人 と 人 と の つ な
平地区の強みや弱み、地域資 ためにも協議会にはいろいろ
してもらうかを考えていまし が り の 大 切 さ が 再 認 識 さ れ 高平地区の特徴
源や課題について話し合いま な考えを持った人に参加して
たが、無理に活動に参加して て い ま す。 こ う し た こ と か
三輪地区の特徴
もらうのではなく、出来る人 ら も、 い ざ と い う 時 に 近 所 高平地区は、四季 折々の風 し た。そ の 中 で、 協
「 議 会 や もらいたい。特に、若い世 代
田 園 風 景 の 広 が る 農 村 地 が出来ることから活動をして で 助 け 合 う こ と が で き る 仕 景が楽しめる、自然豊かな農 準備委員会のことを地域住民 や女性には積極的にかかわっ
域や丘陵地にある住宅地域、 いけば良いということ、また 組 み づ く り を 進 め て い け れ 村地域です。里山やあまご釣 に知ってもらいい、理解しても
て
も
らいたいです。
りなど自然を体験できる施設 らうことが大切なのではない
ばと思います。
三田駅前の既成市街地など、
地
域
の
中
に
い
る
人
た
ち
が
そ
の
今後は広報紙やホームペー
がたくさんあることも魅力の かか という意見が出ました。
多様な特性を併せ持っている 得 意 分 野 を 活 か し て、 地 域
ジなどを作成して情報発信し
」
ひとつです。困った 時 は 助 け そこで、まずは準備委員
地 域 で す。 地 域 内 で は 自 治 活 動 を 進 め て い く 方 法 を 知 地域力を高めるために
ていく予定です。地域住民がが
合うなど隣近所で親しいいお付 人人を選出した各地縁団体に対 つながりを持って元気に活動
区・自治会をはじめ、民生委 ることが出来たからです。
現
在
、
地
域
で
は
そ
れ
ぞ
れ
き合いがあり、お互い支 えあ して、 年 月に 中間報告 している 姿 を 見 て く だ さい。
員 児 童 委 員 協 議 会、 老 人 ク 参 加 者 の 中 か ら も 地 域
「
「
の
地
域
特
性
に
応
じ
、
各
団
体
う気持ちでつながっています。 説明会 を」 行いました。
さらに、 活動に参加してもらえるのが一
ラブ、
婦人会などの各団体が、 の 人 材 と つ な が っ て、 楽 し
が
活
発
に
活
動
を
展
開
さ
れ
て
人口は減 少 傾 向で、特に若い
年2月には、高平地区住民 番うれしいですが、 面白いこ
それぞれの分野において活発 く 地 域 づ く り を す す め て い
い
ま
す
。
し
か
し
な
が
ら
、
各
「
世代の転出が多く、少子高齢 を対象にした 高平地区まち とをしているな
に活動されています。
きたい という声も聞くこ
「
」
団
体
の
取
り
組
み
や
課
題
を
地
」こ「 んなこと
化が進んでいます。
づくり講演 会 を開催しまし してみたら など関心を持って
とができ、新たな地域コミュ
」
域
全
体
と
し
て
把
握
す
る
機
能
」
まちづくり研修会
た。準備委員会が な
ニティの展開に手応えを感
「 ぜ協議 もらえたらと思います。その
が
な
い
の
が
現
状
で
す
。
地
域
活
動
の
現
状
や
課
題
会を設立する必要があるのか 」 ためにもまず自分たちが今で
じました。
こ
れ
か
ら
の
三
輪
地
区
の
地
地 域 に は 防 災、 防 犯 な ど
を説明し、近畿大学久隆浩教 きる活動をして、 楽しくやっ
域 づ く り を 進 め て い く た め 高 平 地区ではこれまで区 長
「
の全体に共通する課題もあ
授に み
「 んなで楽しくまちづ ている 」が
に は、 各 団 体 が 情 報 共 有 を 会や長寿会、婦人会を中心に、
「 んばっている 姿姿
」
れ ば、 そ れ ぞ れ の 地 域 特 有
をお伝えできたらと思ってい
行 い、 連 携 す る 中 で 活 動 を 各地縁団体が地域活動を支え
の 課 題 が あ る 中 で、 そ れ ら
ます。
し て い く こ と が 重 要 で あ る る担い手として熱 心に活 動 し
を解決していくためにどの
地域を出た人にはいつでも
と 考 え て い ま す。 そ の 実 現 ていました。しかし、新しい会
ように取り組んでいけばい
帰れるふるさとを残したいと
の た め に は、 ま ち づ く り 協 員が増えないなど構 成員が固
い の か を 考 え ま し た。 三 輪
思いますし、高平地区がみな
議 会 な ど 新 た な 組 織 体 制 に 定 化・高 年年 齢 化 し、、役 員 もそ
地 区 区 長・ 自 治 会 長 会 が 中
さんの こ
向 け 取 り 組 み を 進 め て い く の重い責 任や役 割に負 担を感
「 ころのふるさと にに
」
心 と な り、 地 域 担 当 職 員 と
なることを願っています。
こ と が 必 要 で あ る と 思 っ て じていました。そして区長会と
共 に 協 議 を 重 ね る 中 で、 自
お り、 そ の こ と で さ ら に 地 ともに地 域 活 動の中 心であっ
分たちの地域をより良いも
ふ
域 力 を 高 め て い く こ と に つ た 婦 人 会 が 休 会 し た こ と は、
「 るさと井戸端談議 」
のにしていくためにはまず、
高 平 地区にとって大きな出 来
ながると考えています。
地 域 に 住 む 人 た ち が 集 い、
これから地域で何かをした
事事でした。
これからの地域をみんなで
いなど、日 頃思っていること
高平地区をいつまでも元気で
考える場を持つことが大切
人と人とのつながり
を自由に話す会です。毎月第
住み続けることができる地域に
だと共通認識をもつことが
4木 曜 日 時 か ら 時 まで、
するためには、地域住民自らが
できました。
生 活 形 態 の 多 様 化 な ど に
コ
ミュニティたかひらで行って
考え行動することが必要です。
そ こ で、 三 輪 地 区 区 長・ より、人と人との関わりも薄
います。
そこで、今後の高平地区をどう
自 治 会 長 会 と 市 が 共 催 し、
19
21
25
27
26
12
13
高平地区まちづくり講演会
市では、市民センター等を拠点に 24 年4月か
ら 「 地域担当職員 」 を配置し、地域と行政が一
体となって、協働のまちづくりを進めています。
いつまでも住みたい、住み続けたいまちをつ
くるためには、地域特性をいかした市民主体の
まちづくりが必要です。
本特集では2回 ( 3月1日・15 日号 ) にわけて、
活力あるふるさとづくりに向けて進めているさ
まざまな取り組みについて、各地域で活動され
ている皆さんから伺ったお話を紹介します。
市 民 ・ 地域の
地域の力
力
2
平成 27 年3月 15 日
広報
2
interview
前列中央 : 高平地区まちづくり組織検
い り え みつぐ
討準備委員会委員長
入江貢さん
こ た に け い こ
:
前列左
: 小谷啓子さん 前列右
いぬい や え の
いぬい て つ ろ う
乾 八重野さん 後列左 : 乾哲郎さん
み や ぎ み き
後列右 : 高平地区担当職員 宮城美紀
27
26
11
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
325 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content