close

Enter

Log in using OpenID

BlueVault Log Management Kシリーズ 製品ガイド

embedDownload
BlueVault
Log Management
Kシリーズ
製品ガイド
ジュピターテクノロジー株式会社
作成: 2014/12/15
変更履歴
版
第 1.0 版
第1.1版
発行日
2014/12/5
2014/12/15
変更内容
新規作成
1)「サポート体制・評価について」追加
2) 訂正:シスログビューア概要→シスログビューワ概要(P.9)
3)ロゴ変更
• Kiwi Syslog Server, Kiwi Syslog Web Access, Kiwi Log Viewer は、米国SolarWinds Worldwide, LLC.の登録商標
です。
• Microsoft、Windows、Windows 7、Windows Server 2012 は、米国Microsoft Corporation.の米国およびその
他の国における登録商標です。
2
BlueVault
Log Management
Kシリーズとは?
• 業界屈指の出荷実績を誇るWindows用シスログサーバー
Kiwi SyslogTM Server と大容量・高速検索に対応できるシスロ
グ専用ビューワ Kiwi Log Viewer をプリインストールした
オールインワンログサーバーアプライアンス です。
製品モデルは 2つ:
エントリーモデル(mT)
標準モデル (D)
Kiwi Syslog Server
Kiwi Log Viewer
3
特長
• すぐに使えます。
– 設置しネットワークにつなぐだけでシスログ収集を開始できます。
– ライセンス登録を完了した状態で出荷いたします。
• 優れたシスログ処理機能
– Kiwi Syslog Serverのすべての機能を
ご利用いただけます。
• Kiwi Syslog Serverのシスログ処理機能の
豊富さと使いやすさは世界のユーザーから
高く評価されています。
• 高速シスログビューワ機能
– シスログをリアルタイム閲覧・検索できます。
• ネットワーク上のブラウザからのシスログ閲覧
に便利な Kiwi Syslog Web Access と
大容量のシスログを高速検索できる
Kiwi Log Viewer の2つのビューワを
搭載しています。
4
システム構成イメージ
• 以下はBlueVault Log Management Kシリーズの構成イメージです
Kiwi Syslog Web Access
(シスログビューワ)
5
基本(出荷時)機能イメージ
• 以下は、BlueVault Log Management Kシリーズの基本機能イメー
ジです。
①シスログ送信元の機器がUDP 514 でBlueVaultにシスログを送信
※送信元の機器の台数に制限はありません。
Kiwi Syslog Server(シスログサーバー)
Kiwi Syslog Web Access
(シスログビューワ)
③ Kiwi Syslog Web Access
が受信したシスログを
内蔵データベースに保存
ネットワーク上の
PCのWebブラウザ
からリアルタイムに
ログを閲覧・検索
Kiwi Log Viewer
(シスログビューワ)
② Kiwi Syslog Serverが
受信したシスログを
テキストファイル(日別)
に保存
BlueVault上で
リアルタイムまたは
過去の大量ログを
閲覧・検索
内蔵DB
テキストファイル
6
全機能イメージ
• BlueVault Log Management Kシリーズに採用された Kiwi Syslog
Server には、基本機能以外にもさまざまな能力があります。
設定を追加していただければ、すべての機能をご利用いただけます。
ログ受信
ログ受信後処理
UDP 514
シスログメッセージ
SNMPトラップ送信
ログ受信後処理
※点線矢印(
受信したログの分割保存
スケジュールアーカイブ/ログローテート
DB
)の機能は、追加設定によりご利用いただけます。
7
シスログサーバー概要
Kiwi Syslog Server (米国SolarWinds社製品)
– バージョン: 9.4.1( Kiwi Syslog Web Access 1.5.1含む)
– パーティションを分割して出荷します(Cドライブ:100GB)
– デフォルトルール設定で出荷します。(保存先ドライブのみ変更)
• Kiwi Syslog Serverはデフォルト設定で以下の処理を行います:
1. UDP 514ポートでシスログを受信
2. 受信したすべてのシスログをKiwi Syslog Server Consoleに出力
» デフォルトのシスログ表示行数: 40行(最大 1000行)
3. 受信したすべてのシスログを以下のファイルに保存
» E:¥Syslogd¥Logs¥SyslogCatchAll-%DateISO.txt
※ “%DateISO”は本日日付(yyyy-mm-dd)に置換されます。
4. 受信したすべてのシスログをKiwi Syslog Web Accessのデータベースに保存
– Kiwi Syslog Serverの詳しい情報については以下をご参照ください:
• 製品紹介ページ:
http://www.jtc-i.co.jp/product/kiwisyslogserver/kiwisyslogserver.html
• Kiwi製品ガイド:
http://www.jtc-i.co.jp/support/documents/presentation/kiwi_productguide.pdf
8
シスログビューワ概要
• Kiwi Syslog Web Access (Kiwi Syslog Server付属)
– ネットワーク上の任意のPCで最新のシスログをブラウザ表示します。
– デフォルト設定で出荷します。
• デフォルトポート:8088
• 1ユーザー(Administrator)を登録します。
– システムには最大5ユーザーを登録できます。
• シスログの保存上限を最大の4GBに設定します。
– (注意)4GBを超過した場合は古いログから削除されます。
• Kiwi Log Viewer(米国SolarWinds社製品)
Kiwi Syslog Web Access
– バージョン: 2.0
– BlueVault 上で最新のシスログをリアルタイム
表示します。(Tail機能による自動更新)
– 最大14TBのファイルをサポート(OSに依存)します。
– ファイルに保存された過去のシスログも表示できます。
– Kiwi Log Viewerの詳しい情報については
以下をご参照ください:
• 製品紹介ページ:
http://www.jtc-i.co.jp/product/kiwilogfileviewer/kiwilogfileviewer.html
Kiwi Log Viewer
• Kiwi製品ガイド:
http://www.jtc-i.co.jp/support/documents/presentation/kiwi_productguide.pdf
9
製品ラインアップ
2種類の製品モデルがあります。
製品モデル
エントリーモデル
mT
標準モデル
D
ログ送信元
無制限
無制限
受信処理性能
200 メッセージ/ 秒
500メッセージ/ 秒
OS
Windows 7 SP1
Windows Server 2012
マイクロタワー
1Uラックマウント(レール付)
外形
260(D)x210(W)x287(H)mm
434(D)x394.3(W)x42.4(H)mm
電源
191.4W
350W
CPU
AMD Turion II NEO
Intel Xeon E3
メモリー
4GB
4GB
HDD
1x500GB
1x2TB
ハードウェア障害
センドバック対応
センドバック対応
筐体
10
サポート体制・評価について
• サポート体制
– ハードウェアサポート:センドバック保守
1)受付:平日9-17時(祝祭日・年末年始を除く)
2)修理:弊社宛にご発送いただき、修理後、ソフトウェアのインストール
設定、ライセンス登録を実施いたします。
3)所要時間:障害発生から返却まで最大10営業日
4)修理中の対応:別端末に14日間評価版をインストールし一時運用
※代替機については、ご相談に応じます(有償)
– ソフトウェアサポート
1)弊社カスタマーポータルをご利用ください(受付:24時間)
https://www.jtc-i.co.jp/support/customerportal/index.php
2)電話受付:平日9-17時(祝祭日・年末年始を除く)
• 評価について
フル機能を無料でお試しいただける14日間の評価版をダウンロードして、ご利用
ください。Log Viewerについてはフリー版(機能制限有)でお試しください。
https://www.jtc-i.co.jp/support/download/
11
お問い合わせ
• ご質問、ご意見等ございましたら、下記までお問い合わせください。
ジュピターテクノロジー株式会社(Jupiter Technology Corp.)
住所:
〒183-0023 東京都府中市宮町2-15-13 第15三ツ木ビル8F
URL:
http://www.jtc-i.co.jp/
電話番号: 042-358-1250
FAX番号: 042-360-6221
購入前のお問い合わせ先:
ポータル:https://www.jtc-i.co.jp/contact/scontact.php
または
メール:[email protected]
購入後のお問い合わせ先:
ポータル:https://www.jtc-i.co.jp/support/customerportal/
12
ありがとうございました。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
1 400 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content