close

Enter

Log in using OpenID

= 3回回=守口J})

embedDownload
Cl
l!
1ct
=3
回回=守口J
})
NEWSX0
5SERIES
取扱説明
A
この製 J
山を'必全に、また ,
1'.しくお化 L、L、ただくために
'
c
みください 。
必ずこの取扱説明書をお,h
eU
d
'i
♀
.えた使い )
jをすると仏吹ぞ '
J
I
き起こすおそれがあります
・ぉ ,沈みになった 1創立、必ず~~ 仙 の ì!i くに{平行し てください 。
松山株式会社
0
ニプロ製品 をお買 い上 げいただきまして
誠にありがとうございます。
】
:はじめに
.この取扱説明干i
は ロータ リー の取扱方法と五HIL
I
ニの
..
..
.
.
.
.
.
..
.1
安全に作業をするためにーーーー ・ ー
i
j
一
治、
Z
{
J
.
J
Y
iにつ いて日出版してあります。ご仁
史!l
J
T
i
jには
本製品の使用目的について...
.
..
.
・・
田口・田
・田
・・
必ず、この l
但扱説 l
川{
'
:
:
を
よ くi
光みー
│分J!j'.併されてか
保 証書 について
ら
、
l
.
iしくお取扱い し、ただき、 i
山以の状態でご佼 I
JJ
(1:'さレ 。
必
.製 品 を他人に貸したり、殺り泌される場作は、この
・5
ー
・
ー・
・
・ ー・・ー
5
・ ・・
.
.
・ ・・
・ ・ 5
警告 ラベ ルの種類と位置
e
e
..
.
....
..
.
..
.
.
.
.
.
..
.
.
.
.
.
.
.
.
..
..
.
..
.
.・
・ ・
.
.
7
0
各部のなまえー
ー
ー・
・… ・
ー
・ ・
ー・ ・
.
.
.
.
.
.
.
.
.
..
.
.
8
0
.この JI~扱説明告を紛失、または Hl iおLt:場介は、す
みやかに弊圭| またはお n ぃ J ..l r ~ 、 ただきました l以52
E向よあるいは安全」、 使 J
+
J
部 品の及、¥Eを
・川氏
、 制f
0
3点 リンクの調整・
. ・
..
.. 田
・
・ ・
・・
・
・
.
.
.
.
.
..
.
.
.
.
.・・
.
.
.・ ・ .・ 9
e
カブ ラの準備 .
.
.
..
.
.
.
..
.
..
.
..
.
.
.
.
.
...
.
.
.
..
..
.
.
.
..
.
.
.
.
..
.
..
.
.
..
1
0
カブラの取付け....
. ・・ ・・
・
l
杯、および 1
7民 ・イラス トなどの ー苦
1
1
が、本
引の │
人
装着 の順序・.•••••.
••••.
••••.
.
・
製 l'I
l
!
't
ー欽しな い場介があ りますので、 ご了示 <t
:
"
持ち上げ時の注意
・・目
.
.
・ ・
・
0
0
1
1
・
目.
.
.
.
.
.
.
.
.田・
・・
・・
・
1
3
・
1
3
・・ ・
ー1
5
.
.
.
..・
. ・ ・ ・ ・・・
・
1
5
ー
u
t
:
"
'
e
>ぃ。
.
A
トラクタ ー との調整
・
. ・
….
.
e
e
点検・整備ー … ・・
・
.
目
・・
e e
川
印
1
附
司事
吋可引l
干
てす 。 必ず守って 作業をして
く7
ごさ 、
し。
ー1
0
・
トラクタ ーからの耳R
外し
J1~ I
h
I
Jへご相談〈
0
・ .
..・
e
ジ ョイ ン トの取付け
.ご耳、11
/な こ とやお気付 吉のことがこ司ざ い ましたら、
9
・
・
e
おこな うことがあ ります 。 そのような場合に は、本
~q 、 。
B
.
.
.
.
.
..
..
..
.
.
..
.
..
..
.
.
.
.
.
.9
トラクター装着の規格
ロー タ リー の装着姿勢
t
:
'さい 。
お n ~ 、 」 げいただきました JLむ 'G)占、
・ー
・ ・ ・6
・ ・
・
e
ロータ リー の組立て...・
・・・
・ ・
.
.
.
. ・・ ・
・ ・
ー
河川並 1見 II) J :; '::~ 製品に添付してお ìJli し く ださ い 。
4
2協 へごi1文してく
.
.
.
...
.
一・
アフターサービスについていー
主要諸元
要にな った とき絞めるようにしてくたずさい。
h
17、
-
補修部品と供給年限についてー
.お読みにな っ た後は、必ず製品の近〈に f~なし、
5
e
ー
・
・
・
・
1
6
・ 1
7
移動とほ場への出入り
・
ー・ ・・ ・・
ー
・ …
上手な作業のしかた
・・
・ ー・ ー ・
ー.
.
.
..
..
.
.
.
.
..
1
7
0
A危
険 注意
2
2
5
竺2
2
2
5
提
示T
5
3
1
耕法 ・ ・
その笹告文に従わなか った場合、死亡 また
〆!¥警 告 は 重 傷 を 負 う 危 険性 が あ る も の を 示し ま
す。
耕うん爪について ー 目
・・
ー 目
・・
・.・ ・・・
・ ・・
・.
.
.
.
.2
0
こ
A
A
ー
その警告文 に従わな h た場合、ケガを負
}
王 意 う お そ れ の あ る も の を示し ます。
. この取抜説明子Jには安全に 作業をして いた だ くため
仁 、 1;全J~. のポ イ ント
「 安全 に刊 業をするた めに 」
世 紀i
l
出してあ ります。ご f
!
H
I
Hj
i
j
に必ず読んで 〈ださい。
..
.
.
.. ・
・・
.
.
.
.
.
..
.
.
.
.
..
.
.
.
..・
田…
1
9
.
..
.
..
.
・- ・・・
・ ・
・ ー1
9
作業時の注意ー
0
保守管理
ー
格納
..
.
.
..
.
..
.
.
..
.
・・
0
.
.
.
.
..
・・ー
・ ・
ー
・ ・ー
・・
・・・
ー
0
ア タッチメン 卜一覧表(オプシ ョン)
2
1
...
.
.
.
.
.
.
..2
3
・
・
ー ー… ・
…2
4
マッチング表‘
.
.
.・ .
.
.
.
..
.
.
..
.
.
.
.
....
...
...
.
.
..
..
..
.
.
.
25
点検整備チェック リス ト
異状と処置一 覧表
ー
.
..
.
・目白 目
・目
・
.
..
.
.
.
.
.
2
6
・…・
・
・
.
.
.
.
.
.
2
7
安全に作業をするために
ここに記l
i
世している i
:
t広明lj
'
({e守らないと、死亡 ・ 傷害事故や、機械の破般の h日凶になります。よく ~)'é んてー安全作業
をして
uごさし、 。
一般的な注意事項
A嘗 告
こんなときは運転しない
-過労・病気.~物の )if.~~~\~ .
そ の他の町It山により作業に集 '
i
'できないとき
画を飲んだとき
・i
・妊娠していると き
.18
歳未満の人
4
h警 告 作 業 に 適 し た 服 抗 す る
はちまき・首巻き ・股タオノレは禁 .
1です 。
ヘルメット ・す べり 止 めのついた靴を行用し、だぶ っ きのない服装をしてください 。
[守らないと]機械に巻き込まれたり、すべって転倒するおそれがあります。
l
h嘗告機械を他人に貸すときは取扱方法を説明する
取扱 :
1
J
i
去をよ〈説明 L、使用 i
i
i
jにIlJ
x
扱 説明書」を必ず絞むように指導して<1';きい 。
[守らないと】死亡事故や傷害事故、機械の破損をまねくおそれがあります。
4
込書告機械を他人に譲り渡すときは取扱説明書を付ける
機械と 一緒に PJ~t& 説明書j を波し、必ずLK むように指持してください 。
[守らないと]死亡事故や傷害事故、機械の破損をまねくおそれがあ ります。
ム 警告
トラクターl
こ作業腕装着するときは必ずトラクターの取扱説明書を読む
トラクターに作業機を装殺するiII
i
に、必ずトラクターの I
但抜説明告を読み、よく坦1解してから作業機の装牢i
ー
をしてく t
:
<
さい 。
【守らないと]傷害事故や機械の破損をまねくおそれがあります。
~ 嘗告重量バランス の調箆をする
トラクターに
mぃ作業機ゃアタッチメントを装者するときは、
トラクターメーカー純正のバランスウェ イ
ト
を
1
>
1
"1
1、バランス関経をしてください 。
[守らないと】 傷害事故や機械の破損をまねく おそれがあります。
2
ども注意
公道の走行は作業機装着禁止
トラクターに 1
'
1来機 を公 J
iして公道を>l1
iしなし、でください 。
必 ず、作業機を JI~ 外して ムl1 i してくたーさい 。
[守らないと]道路運送車両法違反て"す。
事故を引き起こすおそれがあ ります。
一一一一一一一¥
ム 注意
←
機械の改造禁止
改造をしないて〈だ ちL、 。
il品~ “川副
ì[ i l の ι
刈J 象
Ui主L にはな lり)ません 。
1
純l
バ
│古
剖
部
1
)
1山
1
l
[守らないと]事故.ケガガr.機械の故障をまね〈おそれがあります。
す
る
を
頂備
事整
主 一検
i --
ft
の 一点
輔 一揖
点
盆
検一
機械を似う
i
i1:後には必ず,IA
r
:
検
・ d
予備をしてください 。
[守らないと]事故・ケガ・機械の故障をまねくおそれがあります。
~ 注意点検整備中はエンジンを停止する
点検・税制・修問、または掃除をすると 昔は、 必ずエンジ ンを仔 1
1 してください。
[守らないと】事故・ケガ・機械の故障をまねくおそれがあります。
~ 醤告点検整備は平らで固い場所でおこな う
交通の ~I)!九にならず安全で、機械が倒れたり、
ill)J l
、たりしない '
1
"Gて│
山I
l、場所で、点検1守 備をし て く t~' さ
L、
。
【守らないと]機械に巻き込まれて、傷害事故を引き起こすおそれがあります。
t
h注意
カバー類は必ず取付ける
主主計の tきや、点検・終的て"取外したカバー型'Jiは、必ず取付けてくださレ。
[守らないと]機械に巻き込まれて 、傷害事故を引き起こすおそれがあります。
~ 注意間に合った工具を正しく使用する
点検 ~i~filli に必1l!.~な 二l 共 ま(iは、述i.TlJt '
I
'
i
:)lI'をし、目 的に合 ったものを .
T
Iしく使J11
してください。
[守らないと]整備不良で事故を引き起こすおそれがあります。
3
作業時の注意事項
ど色嘗告 作業機の着脱は平らな場所でおこなう
IL~位機の 1YiIJ止は、‘|ιb で Ilî[ t、場所でおこな
って〈ださい。
[守らないと】下敷きになったり、ケガをしたりします。
ム 注意 カブラのハンドルには絶対に手をふれない
l
1
'
:
t械 の公判・ I
J
;z外しのとき以外は、平也九I
にカ プラのハン ドノレに は Tをふれないでくださ L、
。
[守らないと】作業機が外れ、傷害事故や機械の故障をまねくおそれがあります。
A 警告
トラクターと作業機のまわりに人を近づけない
トラクターのまわ り
や
f
1
'
;
"
t
機 tのI
I
¥Jに人を人れないで〈ださい。
[
守 らないと ]傷害事故を引き起こすお それがあ ります。
A 警告作業機の下にもぐったり、足を入れない
↑
{J
佐1
憾の 卜
に ら「った り
、
ι
)を人 れな いてくどきい 。
[
守 らないと]何かの原因て自作業機が下が ったときに、傷害事故を負うおそれがあります。
A 醤告機械に巻き付いた草やワラを取るときはエンジンを停止する
I" I'II!、部分に 小 やりラが巻き H~ 、た t きは、必ずエン y ンを f.';: .iI させ、をき 十l きを外してく t~. さ t
'0
[守らないと]機械に巻き込まれて、死亡事故や重傷を負うおそれがあります。
A注意作業機の調整はエンジンを停止しておこなう
1'1 ' 1i機の 品n守を寸るときは、 11 1!機を卜げ、トラクターの!~ì:i l (ブレーキを力白け、 PTOi
i
:j
f
ν ハ、ーを
r
'
l
'
」
山
の 村山 にし、エンジンを 仔iIし てカ i らおこな っ て く t~' さし、 。
[守らないと]傷害事故や機械の損傷をまねくおそれがあります。
A嘗告
ロータリー耕では、ダッシンク1
こ注意
[
l
i
lt 、 l i .tJhや、イ f の~ いところ では、ロ ー タ
ターを jl[lし、
リーをゆ っくり降ろ L てくだ さ L 、 。 1 " 1 如、する爪の幼いで トラ ク
11~m す(ダッシング)こ t があります 。
[
守 らないと ]傷害事故を引き起こすおそれがあります。
A嘗告傾斜地では、ゆっくり大きくまわる
和
1
I斜地での I"J辿・ 2、
佐1
"
1は、 '
1
;[
j
'
l
l
のおそれがあ り大交 f
l
i険です。
トラクタ ーj
f
l
主を協とし、大きく 1
"
1って ください 。
[守らないと]死亡事故や傷害事故を負うおそれがあります。
4
d
込書告作業機の落下防止をする
作業機の務 卜を防 1
1す るため、 i
lハ ス トップパノレフを完全に r
l
引め」 てロックし、色らに作業機の下へ f
;を
入れてください 。
[守らないと]死亡事故や傷害事故を負うおそれがあります。
l
h警 告
アユミ側、強度・長さ・幅の十分あるものを使用する
f
l
'
i
i.!;み、千百降ろしをするときは、』ド
らで火 J曲のす1))躍にならな~ ,J
"
b
'
i
1リ?でトラックのエンシノンを 1
1めます 。i
l
J
J
か
ないようにサイド 7' レーキをかけ、 ) 1-'11 めをして(t~'さ L 、 。 j* 川するアユミ fJi は';~1l.Q .
L
毛色・帆i
カ
, 1
ー
ぅ〉あり、
すべり 1
1めの j
'
い 、ている bのをjjIiんでく T
ごさい 。
j
毛さのめやすは仰向,'
:
:
i
きの
3似てす 。
[守らないと]事故・ケガ・機械の故障をまねくおそれがあります。
Lh醤告子供を機械に近づけない
f供には十分iJぷし、近つずけないで(t.ごさい 。
[守らないと]傷害事故を引き起こすおそれがあります。
格納時の注意事項
A 注意
ロータリー単体の転倒防止をする
ゲージ ~i命 11 めピン、辿 R:.1; ノマイプローターピンを Jijí 'iEの仙一 ;;'i で iI め、恥、倒ドW II をして〈だき L ‘
。
[守らないと]傷害事故を 引き起こすおそれがあります。
A注意格納時はカブラを外す
十作納するときは、必ずカプラを刊来機から外し、地 1
(
lj
にj
i
'
l
:きます 。
¥
I
J
述 λ ると必 1
、します 。
カプラのハンドノレ操刊 をI
[守らないと]傷害事故を引き起こすおそれがあります。
5
:本製自の使用目的について
.このロータリーは、ノド 川 や州 11 の耕うん、作 ー1 、
I
~V也
[アフターサービスについて
機 f'& の制干が!也いときは、この J[~j& 説 l リ 1 111 を参照し点
作業に佐川 l
し、仙川 1的以外の作 業には、決して 使
小
史 Lてくださ L、
。
:
'さ L、
。 使JfI1
1
(
I
(
J
)
:
)外の作業で故防した
わないてく t
.
:
.
.
:t世・路耐l
lしても 、
ィ1
L介がある場介は、お n l、lげ L、
場介は、
ただいた販売 J
;
t
i、政│品、または弊主 [
:
,までご i
l
l給くたずさ
i
品
川l
の MlItにはなりません。
.このロータリーは決め bれた i
昼
i
I
ふ
同 Jで役立 1してい
ます。ii!i};~;トラクタ一品 )J の純 IJtj 内 で似 }I I してくだ
ζ.
L、
。
なお、古11 品のご iLx:は l以 ~\::J占・ 1A 協に純 .ï J'.官11 品表(バー
さい 。総 I
I
t
I
をi
也えてのイ止 J
F
Iは1
皮怖の h
;
i
l
元│となり、保
ツリスト )ヵマ品えてありますのでご中I
[
t
r
主(t.ごちし、。
i
l
の対象にはなりません。
.ご辿t
告L、ただきた:い F
句作
のロ一タリ一は 「
厄
収
棋
;
t
1
司
徐I
鳥
;3
点
!
B
・型式名と製造得り
てい
L、£す 。 1
也の規約「特殊 3!主リンク」な Eでは装
・ノ
ト
日l
て“すかワ両日ですか 9
ずlができません 。
・このロータリーの改造は決しておこなわないでく t
:
'
<
'
:
>l
。
、
i
!
t
d
t
i
lの対象にはなりません 。
[保証書について
:
'色い 。
お読みになった後は大切に保管してく t
.ほ場の粂i'
1はつ引が多いですカ司?r
J
r
t
i粘 一
│で す
1
J
'?
]
r
!!i'訓告 J はお本+五が f~ 湖 ( 基耳目を受けられるときに必要
となるものです 。
・こ、
使1
1
1t
k
i
l
c
トラクター の~}.il:は?
'PTOの 1
"1
転、数は?
-1::'の< r,い佐川されましたか ?
時川
-約口口ア ーノレまたは 口 口 l
・耳、共合が発生したときの状況をなるべく、
くわし
〈教えてください 。
[補修部昂と供給年限について
]
e
t
l
l
i修古)
1'
11は、純 J
I
:
.i
'
tl
i
r
'
l
'
rをお i
i
l、求めく t
:
'
さい 。
r
l
i
l
似w
似 JH11をお使いになりますと、峨械のィ、 l出l
や門
1
(
{IE に日:j~~W する lJ)j イトがあります 。
.こ の製1
J
,
の補修川部品の供給 1
H
I
H(
JY
J
I
I
¥j)は、製造打
ち切り後
9'
1
ーです。ただし 供給年限 1
"
1
であっても、
特引い fm ,l~!,については納.JY I などごキ1I 談させていただ く
場介があります 。
.供給 'r'.~H 経過後であ っても 、古1)1 111 ' ,供給 のご裂前が
あった場合には、納 J
U
J、および l
i
H
i
絡 についてご相談
させていた t
:
'きます 。
6
】
[嘗告ラベルの種類と位置
-?
?の ラ ベ ノ レ は 似 │
の 仰 向 に ! 山 っ て あ り ま す。 よ く お 誠
みになって安全に i1 :%:してく t~. さい 。
・ 7771 ラベノレは、~ 1
)れ
や
│を{fi.
tL,''
j
i
;
に比えるように
しておいてく t.:.~ t> L'0
C1 8750-318000
・ ~:í} 火または似担 i された fL; イトには、お n い | げいただ
い た 山;
{
'
/
d
i
f、 ま た は 山 │ 品 へ 、│ l¥
t
.
':別式、およびコ
ナ ン ハ ー で ご 汁 文 の は ど おL
i
(
[
l
'l、 た し ま す 。
曲
金
VV3 8750326000
JWB7
02 8750314000
ぷ出出
ーです.
.作鎗舗をトラクター
に装趨桂は必ず町り
つけて ください.
・ケガをするおそれが
8750.
3'
.
醐
あリます
A
ド
注意
世周前に取蝿Il!明置をよく臨んで
責主で正しい作援をしてください。
始 動 ・ヱンジノ鎗働時 や作縦割臨開繍網作レパーを傑作するとき" 必
ヲ 周囲に
人hい広いことを確舘してください.
遺伝・'"回附 後通時や作沼健 ~上下館置 に 畑作すると き LJ' わり や後3宅金
よ
〈 確隠して〈ださ L
.作ヨ臨機の土に入金'陣営"いで(1;
ニe
い.
重 点 機 清 掃4
目玉"うとき Uトラクター号事坦谷川南に移"し
虚偽 ・作薮憾の修1
I
I
I
医ブレーキを h刈?て エンジノを停止し
、 泡医院下防止周 のストップ
パルプをロック ,
."方向k刷込んで〈ださい.
.作集慢をき・自認するとき"トラクターと修厳岨の伺に立た"いで〈とさい.
.鎗週
民
点
俗
防
毒 y ヨイノトに必ずグリスを注入して くと d い. t!S1IBの~ イ ル圃
を点機し 少"い'.合 I;J..I!ア巧イル. 禍隠 してくだC!~ '
.
・.
.
.
ボルト ナγ 卜賜同点織を行ない必現があれば綱し腸めしてくとさい.
・カパ 嫡U必ず開定の位薗 k碕舗 して〈だ εい.
叩
3叩
、
.作>
>織を絹脱するとき
はトラクターと作幾織
の間に立た広いでくだ
さい。
・はさまれてケガをする
おそれ力、あ りま4
"0
d7
s
(
}
'3
2
叩
V
V
1 8750引 6000
A警告
τ
玉
、a
ヲ司令
-エンジンまたは PTO
触が回転中は、手や足
を作積極倒的中や下へ入
れないでください.
・ケガをするおそれが
あり ます・
8750.
3市 制
C9 8750-336000
VV2 8750-317000
A注 意
A警告
-ト ラクターとの酒脱
時凶ゲーン繍止めピ
ンま
た
"
'
、 スタノド
キャリヤを循示マー
き
てく
ク通りに倉わt
ださい。
.作緩慢が彼方へ仮倒
するおそれがあリま
す " 鈎 ぬωω
~
.作器機由修理点機
清婦を行tJうときは 、
油圧降下防止用の スト
;
J
ク
ツプハルブを
、 D'
(
開)方向に蹄込んで
ください。
.作揖織が降下して
ケガをするおそれが
あります
・
?加,刊醐
0
C10 8750-337000
A注 意
日ー
骨
.作掴申や腹団関"近
づかないで:(ださい.
-ヶガをするおそれが
"リます.
"山"醐
7
自
主要請元
式
「
"
目
略
)
j
~JJ
i
主(
m
m
)
/
(
.
:
4
'
・
,
i
(m
m
)
I
,
t
(k
g
)
適応トラクター(
P
S
)
緋
~I'\
』
烹
i
恥
E
1
(
(
c
c
m
m
)
)
』
井
1
6
7
0
1
7
7
0
1
8
7
0
3
60
3
7
0
3
8
0
2
2-4
0
22-40
25-45
25-45
25-50
2
8-5
0
¥叩 オートヒ ッチ 0 ・l持川
1民 U:
k
1
5
0
1
6
0
1
7
0
1
8
0
緋 う ん 制1
1
"
1恥.数 (
r
p
l
l
l
)
1
5
7
1
川4
市
1
トうんつ的 J
I
{f
.
I
" )j i
J
;
1
¥
代 つ め の AI
5LGI
6本
(G1
6本
ト
一
附
一
町1:
本
政 A151
A15LGI
6
メ
f
o
; AI5LG18本
1GI
8本
AI
5RGI
6.
t
: AI51
d
'
)
)
J
<
(
m
m
)
恥H
mm)
4
で
i
J
; 全
仙(
m
m
)
I
,
l
(k
g
)
市
適応トラクター(
P
S
)
機
1
本
'~~
』
罰
1
7-3
4
1
8-36
止sx
~,i( cm)
1
5-30
1
I
l
SX
1
7
0
5
1
7
7
0
1
6
7
0
1
8
70
1
9
7
0
1
5
0
1
5
7
ホ ノ
レタ。ータイ 。
フ
と
.
t
:
町1
, T"
12
08R
L1
74
本
3
3
3
T2
0
8
LI
6
本
4
ノ
本
ド
"
12
0
8RI
6
3L 2
%
'
( A 1
A1
3R 2
の
よ
A 1
3L 2
A 1
3R 2
T
20
81
L
I
8
本
ノ
本
ド
T2
0
8
1
1
8
A1
1
:L 2
A 1
31
12
1
I
十うんつめの外1"1"(
c
m
)
1
I
1 i~
s
品1 節
機
2
1
7
0
T2
0
8
L2
本
'
1
'2
2
0
8R
UO~
本
本、
M
1
'
0
8
2
04
T2
0
8R
21
1
A 1
3L 2
A1
31
(2
A1
3L 2
A1
3R 2
3
70
28-50
2
0
0
'
1
'2
0
8
L
2
2本
d
1
l
又
i
T2
0
81
(
2
2
A1
3L 2
A 1
3R 2
51
i
l
j
iゲ ー シ 愉
h
可
ゅうん作業 (I~ 哨(分 / IOa)
2
0
7
0
3
3
0
3
40
:
1
5
0
3
6
0
22-40
2
5-4
5
2
5-4
5
25-50
Jフ
。
ラ
1
1
J;~ T~':;'U 帆オートヒッチ o :
1持 I
1
1 ESプ
1
7
0
1
8
0
1
9
0
1
6
0
12-14
1.5-3.0
5
4
0
4
1E し
J
3
2
5
22-40
同 う ん 和h1
"
1•.ム政 (r
p
l
l
l
)
・
R
4
I
.
?x 200511
1
8
0
51
11 2X-1
9
051
1
附うんつめ J
I
{f
.
I
")jW
め
14-27
1
09
5
J
J+
I
h1
"
1+
,
、
数 (rplll)
ペJ
1
4-28
1
0
6
0
'11:辿の千i無 t埠!辿 J
i
i
J
;
1
'
¥
M
¥ 1
A1
5LG22
、
オ AI
5LG221
、
51
(G22本
A15RG22本 A1
サイドドライブ
l
草(
c
m
)
桃
M
¥ ~\"
M
¥1
'
¥
¥1
1
;J
i速 度 (
k
m/h)
人
1
6:
1
2
附 l
SX 1
5
0
51
1ISX l
;
n の 川 町l
制l
A1
5LG20本
A1
5RG 2 0~,
i
t
j
iゲ ー ジ 愉
全
.
(
(
主
主
自
司
2
0
0
5
1
h
Y
;
パ
it
。
ん
1
9
0
フランジタイプ
うんつめの外 !f. (o~,)
出4
ESカプラ
1
2-1
4
5
4
0
1
1
F
4
し
河「
21
7
0
3
4
5
J
J軸 1
"1転 数 (rpl
l
l
)
:
!
l
:i
虫のの押,
1
':
1虫
:i
i
!)jW
町1 機
2
0
7
0
3
3
0
人
l
束 刈
;
1
9
7
0
3
2
5
1.
5-3.0
同うん 1
'l
1t
世中(分 /
1
0,
,
)
SX-2
0
0
5
1
0
9
5
幌市 1
1
' Ji辿 l
主(
k
m/h)
制
ト
SX-1905
1
0
6
0
.
f
r淀 川 の や [ [ 1
1
1
M
¥
8
0
5
SX 1
サイドドフイプ
,
u
j(剛)
i
j
i
~
sxー 1705
X -1
6
0
5
式
/~
,
1
:
機
『
体
1
山
SX-1
5
0
1
8-36
1
7-3
4
本的元は改良のため Ftll なく変~することがあります 。
1
6-32
1
5-30
1
4-28
1
4-27
8
各部のなまえ
I
マス ト
Rピン
(
3
) ゲーン愉スト y パ ー の 利
I
.I
,
I
け
'
1
;
<
1の よ う に ニ ギ リ の 以 J
.
J
i
!
!
l
1
に制I.I
、
「
け てくださ l'0
il
人
│1l
!に I
,
Iけ る と 、 ゲ ー ン 怖 を
卜げたときに十日 "
"
1
史ん
で ケカ をするう巴トれがあ りま 寸。
ニギ リ
ス トソノ ぐ
/
⑧ I
i
i
I開山れ I
i 11 ⑧
①ミ ッシ ヨン フレ ーム
(
,
1
) ゲ - y愉の訓I.HII
② スプリ ングエンド
⑨ 人))_~iill
③チエン ケース
⑪辿 1:11;十
年
④1
川似
⑪ ?スト
⑤ 延長Jl
Jf
1
1
i
⑬川うん ;
I
f
l
iカハー
⑥i
トうん爪
⑬ フラケット
すが、│ヌ│
の よ う に トラクタ _
j
(
愉 の 後ろにくるよう
I
外J
i
l
J~ に制I.I
,
I
けま す
。
j~
。
ι
全力パー
ピン カイド
ロータリーの組立て
1
1
1
l
人1
1
[
'
1告に も 外 )
i
l時にも利1.I
,
Iけ られま
⑬J
l
J'
1
'
似
⑦ ゲージ愉
⑧ロワ
ゲージ愉は、
│
卜ぷ の i
'
1
l
i)11111が 本 体 と 分 れ て い ま す の で 、 ロ ー タ
リーへ最 I
l
H
I
!て 〈 だ さ レ 。
品名
ス
ト
4
前
M1
2x7
07
γ ボルト 21
斗.
jb
(
!
)
) Jf~:ii バイプの 利1. .
f
1け
c
l
l市ltパ イ プ の ト f
出をJl
J、
HJ
i
i
のI
l
j
l
l1
) ステーに
ンて I
i
め
、
Rピ ン で抜け.11めをし
I
i
めピ
ます。
ニギ リ
制1
1
芯
、 ニギ リ
f
.
l1
>
(
2
) マス トの 利
I
.HI!
ミッン ヨ ン フ レ ー ムの'1'
央に M1
2X7
0
1
1
1
1
1
1ボノレト
2本で収十│けます ロ
止めピン
9
-~~孟~O ョーωEJflia.ロータリーの 3.I,I ,~ リンク装計システムは、 日 農工統
一規格「 日農工標準 3点オ ートヒ ッチJをf
:
l
iJ
HLて
います 。
t工 棋 4
"3!
.
'
i
.オートヒッチ」はさらに 4セツ
・「 日t
ト-3セット ・0セットと 3種類に分かれます 。
tンョイン トが│
日
I
J
埼に自動装
3セ ットは 3l
Xリンクのみが 向日J装着で、
4セッ トは 3!
日リンク
行て。き
、
ジョイン トは干でやl
げます。 。セ ッ トはすでにお手
左口ワーリ ン7
チェ y ヲ
チェーン
持ちの 4セッ トシリーズ作業機と共 J
I
Iするため、カ
ブラ、およびジョイン卜 は粉、準装備 していません。
.装泊の極!Jl
i
ll
i、51
!式の末尾て 1
>
1
)
1して <t~- '
e
>l、
。
閉式A<J
己
3l.~ リンク脱(1\
4S
3S
ー
-E面~~-=リE元主宰E・
呼荷:
4セット
nJ;~ よ制:単 3
,1,1,1: オートヒッチ
s
旬
。
3セット
。セ ット
-カ プラで装析できるように、ロータリーのう
主勢を制
I
1
7
1します 。
_
の穴を使い、
・ゲージ輪の I
iめピ ンは、ホルダーの J
│ 3点リンクの調盤
1
1
にセットします 。
アームのー
│から 6砕 1
・後方への車ム例を防 1
1するため、辿品ノ
l
『マイプをロー
ター ピンで [
i
1
j
iil:します。f
'
1
:
長
;
.'
1
'
はi
l
l
R
:
,
i
パイプの 一千
件
'
A注 意
Fの〉にへ Iめ.なくさないようにしてく
i
t
:
'
'
e
>l
'0
・ トラクターの取扱説明書
r
3点 リンクの規格j をよ
く読んでください。守らないと取付けができなかっ
たり、機械の損傷やケガの原因になります。
!
ι
-カブラは「以却、3 リンク土}I.佑Jです。 トラクター
の 3点リンクも初、単 3点リンクてないと装着ができ
ません。
・特殊 3点リンク脱僚の場合は、特殊 3,1:,~リンク!円ト
ップリンクフラケットを外し、
トップリンクを棋準
3点、リンク川の附側 にタ ーンパックノレの十I
I、
た、長
レものに f
r
F
えて〈ださい。
・作業機の下がり i
止が不足する場介は、リフ トロッド
I
RI
'
!穴位置をロワ ーリ ンクの i
l
i
j
側の穴に移してく
のJ
t~. きい 。
A注 意
トラク ターへ装着するときは、必ずゲージ輸の止めピ
ンと、連結パイプのロ ー ターピンを所定の位置に止め
てください。守 らないと 、後方に転倒し、ケガや機械
の損傷につながります。
装着時・取外し時
1
0
│
カブラの準備
4
.
.
3
I
セットの場合は、ンョイントのダンボーノレ宇i'iに人
,
っているサポー トプレートと)ili材料しを 11
'
1
けてく f
ご
さし
、
。
セッ トの場合は不裂です。
国 カブラを、トラクターのトップリンクに J
I
川l
げま
す
。
トップリンクピンは、 トラクターに付属しています。
固左右のロワーリンクに 11~N けます。
ESカブラの場合は、内側 セッ トと外f
/
!
l
l
セットがで
きます。
トラクターの 3点リンク規絡に合わぜてください。
J1S 0大
内側セット
J1S 1.
.
..
.
.
.
..
外相
I
!
I
セット
:
A
ヲ
干
5
こ主庄ムムA12
ナット M12
疋布存
Ti l l-一
部 品
サボー lプレート
京7γ苛 立支3
0 7T
戸川
、り│
A注 意
・ トラクター取扱説明書の
13点リ ンクの規格」 をよ
く読んでください。
・必ず、リンチピンで抜け止めをしてください。
カブラの取付け
守らないと、取付けができなか ったり、機械の損傷や
I
ケガの原因となります。
本書では、 4セットを中心に説明します。 4セットと
3セットの違いは、ジョイン卜が自動装着か、手で付
けるかの違 いです。
回
トラクターの i
l
lJ圧レバーを操作し、ロワーリンク
r
を l
i
k
下げ」にします。 トラクターの PTO
*
I
I
Iにジョ
イン 卜の広角仰I
1(大き
い 方 ) を 11~N
けます。
A注 意
PTOクラッチを切り、 トラクターのエンジンを必ず
~
ジョイントをサポートプレートの上に釆せ、 ス
停止してジョイントの取付けをします。守らないと、
テッカ 一面を上にーして手でジョイントの先を折り、
死亡事故や傷害事故につながります。
車1
1の紺1
¥
'
l
I
l
I
分
か
ら サポー トプレー トの長穴部分にセ
ットします。
1
1
装着の順序
I
~警 告
・ロー タ リーの装着 は、平らで固い場所を選び、いつ
/
軸の細い部介
サ正ート/
プレート
でも危険をさけられる態勢でおこな ってください 0
・ トラクターのまわりやロ ータリーとの聞に人が入ら
ないようにしてください。
・ロータリーの下へもぐったり、足を入れたり しない
でください。
・ロ ータリ ーの調整をするときは、 トラクターの駐車
ブレ ーキをかけ、 PTO変速レバーを 「中立」の位
置 にし、エン ジンを停止してください。
固
ロータリーを装
r
l
するまでは、
トラクターの 中心
に合わせメI~;( i
t
S
J
f
'
.
'
;
に
やや多く振れるように、チェッ
クチェーンで仮り 止めをします。
園
トップリンクの j
止
さ は、ロワーリンクの j血!日
'
:
j
3
6叩
ほどのとき、カブラが宜的になるように訓J
t
l
iします。
守らないと死亡事故や傷害事故につながります。
ここでは、 4セットを 小心に説明します。 4セット t
3セットの迷いは、ジョイントが l
司
副j袋持か、手で付
けるかの述 いです 。
国カブラのハンドノレを 引 き、フックを解除し装~Yj. 状態
にします。
カプラ
。
.
・
・
v
J
t
ι
司
•
唱
邑
、
,
7"
)
ク-
r
8注 意
力プラの装着がすんだら、 ロック ナ ッ トの締め込みや、
抜け止めが確実になされているか確認します。守らな
いと部品の脱湾でケガをすることがあります。
図トラクターをロータリーの 小心に合わせ、ま っす
くりずックします。
1
2
トラクターの i
i
l
lJ
jを下げて、カフ。ラの トッフ。
フッ
クをロータリーのトップピンの │
、へ< <らせます 。
トラクターとロータリーの '
1
'心が介うまで繰り返
補足
・フックが 当たっ たり、ジョイン卜が入らない場
合は、
トラクターの i
l
lぽを下げてドライブノ、ロ
ーを外し、相J
めからやり直してく f
ごさ L。
、
してく t
:
"さい 。
・ロータリーがメ右に似し、てレるときは、
国 ゆ っ くりトラクターの i
l
l
l
l1を│げて、
トッ プフッ
ターのギ i
!
I
Jリフトロ
y
トラク
ド、の長色を 刈l
f!'iし、ロー
t
クで トップピンを寸くい Jげます 。
1<にカプラの何!きをイトわせてから公
タリーの何1
ロータリーのロワ ーピンガ イドがカブラに人りま
11してく t
:
"さい 。
す
。
固ロワーピンガイドがフックて"{r'(r(尖に内定されている
か、必ず附泌してください 。
Jし、フックて│主│
定します。
固ハンドノレを引I
固 ハ ン ドノレをハンドノレストッ パーでロック Lます 。
4セットの j
L
i介は、ジョイン卜も 1
;
;
Jl
k
¥に入力相Irのス
プラインに入ります。
、
A注 意
・装着・取外 しのとき以外は、必ずハ ンドルス トッ パ
ーをかけ、ハンドルをロックしてください。守ら な
いと誤操作でロータリ ーが外れ、機械の損傷や傷害
事故の原因にな ります。
1
3
-・E諸君司;~:主主þ~玉三置・・
(
2)i
l
l
l
圧をい っぱ いに下げ、 ジョ イントをセッ トしま
す。
(
3
)ジョイントを見ながら、 i
l
hJ
ど
.を少 しずつ上げ、水
(
J) l
,
H
J
Jの装粁時には、
1
1
詰上げ J
I
叫にト ラクターとロ
平になった所て、突いていないか附;認します 。
ータリーがぶ つからないように、 i
l
l
l
l仁をゆ っ くり」
突 いている場令は、長い 分を切るか、緩いもの と
げながら M
f
i
i
.
i
.
fします 。'f!jにキャヒン f
.
)きトラクター
交換します 。
のI
品作には、
T
T而のガラスを突 き 1
'
,
げないように 1
'
1
(
4
)i
l
l
l圧を J'
,
T して、ジ ョイントの「カパースキマ J
が下表の範囲以内にある力.;
U
"
i
lべます 。
J
A
、してく T
ごさ L、
。
(
2) トラクターによ って はスイッチ
って
r
11~J
げJ
まで1'
1
i
l
J
J
上りする機種がありますが、必ず手似てぶ
最縮全長
4
U
LJ酔 1
つからな レか Mff ~::t, L てから {史 川します 。 こ の JIJ 介、
ロータリーが勢いよく │がるため、
とって、
(
3
)
1
0
c
m
以上余怖を
│げ脱出)
1をします 。
.
r
ト ップ リ ン クやロワーリンク の lr~ f
.
)
,
I
(f
;[
;
'
,
'、およ
体
ぴリフ トロ ッ ドやトップリンクの i
えさを変えた場介
にも怖 目
立して(1.ごち L。
、
(
4
)
1
1,
L
I。げJ1
1
,
¥のメ:
r:
右を 水平に「川 i
市してください 。
組矧
ジョイン ト型式
赦線全員(剛)
カバースキマ(圃}
4
CLCV2
6
5
5
2
7
0
5
2
7
5
5
2
8
0
5
2
8
5
5
6
5
0
7
0
0
7
5
0
2
8
1
0
6
2
8-1
5
6
2
8
2
0
6
2
8
2
5
6
2
8
3
0
6
セ
'
/
l
│ ジョイントの取付け
L
〆
ト
A注 意
・ PTOクラッチを切 り
、
ト
シ'
ヨ
イ
トラク ターのエ ンジンは必
ず停止させ、ジョイン 卜の取付けをして ください。
8
0
0
8
5
0
※スキマが大きすぎるとジョイントの強度が不足し
ます 。長 いも のと交換してく t
:
'さい 。
守らないと死亡事故や傷害事故につながります。
ジョイントの長さは、装着する トラクターの別式に
より ;
五!なります。 ご注文 H
寺にトラク ターの型式を 叩l
)
J
仏、た t
:
'
ければ、それに合 ったものがf.J'l、てい
きま
す。別式が耳、 jリ
1
の場合は f
t
:
準の :
長色の物を f
.
)けてい
. 35シリーズ
(
[
)
ロ ータ リーをゆ っ く
り
.
1
, 卜し
、
トラ クタ ーの P1
'
O相hとドライフハロ ーの 人力車1
1
が│
υ
lじ
,.
む
き にな っ
たところて"
1
1
1
1
1
"をロックし、エンジンを 止めます 。
ます 。
補足
・H:す ぎるジョイン トを装着する
t、 トラクター
の PTO~lh か作業機 の人力車111 を突き、日制 i 7õ>せ
ます。
・低川、 tジョイン トのかみ合 いが少なく 、ジョ イ
ント力可
政j
1
1します。
回 長 さの確認
次のブ'
i
t
.
tで長さの椛 t
Zをしてくださ L、
。
. 45シリーズ
(1) 3 点リンク にカプラ;,;. JI~HH 、装着 の姿勢に ト ッ
プリンクの長さを合わせ ます 。
(
2
)PT0 取h ヘシ ヨイン 卜を JI~f.J けます。
(
3
)ジョイントをい っぱ いに紙i
め、ジョイントの先端
とロ ー タリーの入力制との 1
mに、 1cmlH'I
l
n
隔が
1
4
めます。
│
間隔がない場合は、長い分を切断します。
ハンマ ー などでジ
入力軸側
吋﹂問
中
﹂
川
PT0車由側
唱
あればそのまま使用できます。
ョイン トをたたき、
ー
一
一
一
、
ー
ー
ー
』
ー
ー
一
強引に入れないで
ください 。
ロ ッ ク ピ ン のi
l
)
j
t
カT
(
4
)i
山圧を上下して、ショイントの「カノずースキマ」
が 下表 の範囲以内にあるか制べます。
積書耳
広
f
忌
t
〆
ヨ
イ
ニ
ノ
ト
ジョイン ト型式
CLCV6
6
0
2
3
4
れは百世実 にロック
地縮全長(皿)
カパースキマ(圃)
6
6
0
7
1
0
8
1
0
9
1
0
2
6
1
4
8
26-1
9
8
2
6
2
9
8
2
6
3
9
8
※ ス キ マ が 大 き す ぎ る tジ ョ イ ン 卜 の 強 度 が不足し
ます。長いもの
lcm以 上 町lてい
されています 。
1
c
m以 上
3セ ッ ト の 場 合 は 「 普 通 広 fIjジョイント Jを取付
けます。
ショイン トの広角 側 (大きい方)をトラクターの
t交換してく f
ごさい 。
(l)長い分だけプラス
中
閣 ジ ョイン卜の切断方法
作業機入力軸
h﹁
チッ夕方バ、ーをオ
ス・メス両方切り
4
TO判lに付けます。
P
トラクター PT0軸
If~ ります ロ
(
2)
切り J
f
xっ たプラス
入力車1
1
カ バ ー を 外 さ な く て も 、 ン ョイントは付けら
チックカパーと同
れます。 jf~N け、点検するときは、
じ長さを、ンヤフ
卜図 の Rピ ン'e
t
k言
、 Iにー
│げます 。
卜の先端から 百│
り
ます。
(
3
)シャフトを 高速カ
ッターか金ノコで
オス・メス両方切
Rピン
断します。
(
4)切り口をヤスリでなめ らかに仕上 げ 、 グ リ ス を 塗
りオス・メスを組合わせます。
E
司取付方法
(1)ジ ョイントの
E
ックピンを引J
Iしながら、
PTO和
1
1
、
へ 柿 入 し 、 ロ ッ ク ピ ン を 制i
の消て、 1
:
1
および入力車1
1
5
(
2
)ジョイントカノずー
固
ロータリーをゆ っ くり下げます 。カプラからロワ
のチェ ー ンを、 │
古
│
ーピン方、 イド が抜け、
f
rにつな
定した筒 T
が外れたのを政認して、ゆっくりトラクターを前進
ぎ
、 止 めます 。 i
l
h
させます。
トップピンから トップフック
圧を上下してもり│
張られないようた
るみを持たせます。
ム 危険
・取外したトラクタ ーの PTO軸安全力パ一、ロ ータ
リーの入力軸安全力パーをもとどおりに取付けてく
ださい。守らないと、巻き込まれて傷害事故の原因
になります。
トラクターからの取外し│
外れな い場合は、
トラクタ - 1
:
ロ ータリーの傾斜が
合 っていないか、
トラクターがま っす〈叶i
j
i
進してい
ないかのどちらカーです。確認してやり直してくださ
。
、
し
ム警 告
・ロータリーの装着・取外しは平らで固い場所を選び、
いつでも危険をさけられる態勢でおこなってくださ
、
。
L
-トラクターのまわりやロ
トラクターとの調聾
タリーとの聞に人が入ら
│
ないようにしてください。
・ロ ー タリーの下へもぐったり、足を入れたりしない
回 振れ止め調節
でください。
トラクターの 中心 (PT O車
1
1
)1:ロータリーの中心
守らないと死亡事故や傷害事故につながります。
(入力車1
1
)
を 一直線に合わせ、チェックチェーンを張
回 ロータリーを装 '
?
'
i
'
I
I
'
I
'
と同じ姿勢に r
)
.
'
.
l
節
し
ま
す。
ります。
石の~ いほ場 では、ややゆるく張 っ てくださ い 。
A注 意
・ トラクタ ーの
園
PTO変速レバーを「中立」の位置に
前後角度の調節
トップリンクの l
去さを捌 t
i
iし、作業状態でチェ ーン
してから取り外してください。守らないと誤操作で
ケースカザ
PTO軸が回り、傷害事故の原因になります。
リー の前後の j
J
J
l
:
[{
e;
湖節します。
国 カプラのハンドノレを引き、フ ックを解除します。
ド の -f~出力 Z ノk 玉|ι になるように、ロ ー タ
1
6
固
左右調節
固 ジ ョ イン卜の給油
ロータリーが トラクタ一仁対して左右水平になるよ
うに、
③ グ リスニップノレ・
トラクターのレペリングハン ド ルを I~I してリ
する
フトロッド(ホ)の長さを制節します。
団
f
J
.
:J
i
1
.
¥
・
ご tにグ リスアップを
⑮ 4セットジョイントスプライン部
ロータリーの「最上げ」位置の調節
使1
1
1
1
1
寺ごと
にグリスを塗る
J
r.
.
.
.
.
.:/ーズンごと にグリ
。シ ャフトのメス、オス n
PTOを1
"
li
伝させな力 fら、ゆっくりロータリーを J
.
げ、品i !fiJJ や b\~ i
}の1
1
'
rな
い
{
,
J
:
世
て
'
"
il
l百二レバーのI-i
凶げ
スを塗る
!
;
I
i
:
l
i
J;
Iストッパー」を 止めます 。
'
1
'
.1
1
1
1する
シーズンごとに 1
⑬ロックピン
Lh警 告
・ロータリーの調整をするときは、
トラクターの駐車
ブレーキをかけ、 PTO変速レバーを「中立Jの位
置 にし、エ ンジンを停止してからおこな ってく ださ
、
。
L
-トラクターのまわりやロータ リーとの聞に人が入ら
ないようにしてください。
・ロータリーの下へもぐったり、足を入れたりしない
でください。
(4セ y トジョイン卜〕
守らないと、死亡事故や傷害事故の原因になります。
│
A警
点検・盤備
l
固
オイル量 の 点 検
i
iを
,1,
1
,(検し、少なレ場介はギアオイノレ
各部のオイノレi
非90 を~íIì給 L てく t:' さい 。
告
・点検・整備をするときは、交通の邪魔にならず安全
①
ミッションケース
②
チェンケース・検1
1
1
11
1
-プラグ1
(
i
lまで
検1
11
1
-1プラグ1
(
li
まで
なところを選んでください。
!
(
1
※詳しくはオイル交換の唄参 )
機械が動いたり、倒れたりしない、平らで固い場所
園
で
、
空気圧の調整
トラクターの前輪には車止めをしてください。
守々制べ¥不足している
ラパーホ イーノレの空気圧を H
・点検・整備をするときは、 トラクターの駐車プレー
J'J.~ 令はエアー パノレブよりほ人しま す。パンク した場
キをかけ、 PTO変速レバーを「中立」の位置 にし、
合は普通のタイヤと │
口
l
じ修耳目をし てくださ い。
エンジンを停止してからおこなってください。
・ロータリーの落下を防止するため、油圧ストップパ
ルプを完全に「閉めjて ロックし、さらにロータリー
の下へ台を入れてください。
・爪や回転部分に草やワラが巻き付いたときは、必ず
エンジンを停止させ、巻き付きを外してください。
守らないと、死亡事故や傷害事故の原因になります。
回
O;
!
l
I
'
,
'
;
,
!
の場合
0
.
8
k
g/
c
耐
Oアタフチメント装行で
かな りへこんだ場介
l
.5
k
g
/
c
m
'
ボル卜・ナッ卜のゆるみ点検
1
.
)
1
1
,
¥
ご
ロータリーは飯山jの激しい機械です。必ず使)
f
文
字J
;
t
;
'
ノ
レ
とに科部 のポノレト・ナット(料に耕うん爪 J
ト)がゆるんでいな いか
、 一つ一つ的締めをしなが ら
1
,
¥間後に必
点検します。 なお、新品の場合は使用 21
:
'
きい。
ずおこな ってく t
工アーノりレブ
1
7
-laj.J~&三J ~, ~)}:~.
.
.
~_
,~ t
J
)
jへの
固
l
i
i
j
j
l
l
iでおこな ってく f
ごさ
し
、。
ロータリーの地 1
0
.
I~ )
'
,力旬、 i
止する J
L
i合は、
四
A警
m人り はアゼに対して ilIfJIに、 ゆっくり
トップリ
ンクを紡的 、J
血 L,
'
:
jを尚一保し て くt
:
'
色い。
告
・ロータリーが付いていると後ろが長くなります。周
A注 意
・ トップ リンクの調節をするときは、ロータリ ー を下
囲の人や物に注意して旋回してください。
げ、エンジ ンを停止し てからおこなってくださ い。
・高速走行・急発進・急停車はしないて。ください。旋
守らないと、傷害事故につながります。
回するときはスピードを落とし急旋回はさけてくだ
さ
し
、。
・運転者以外の人や物をのせないて持
く ださい。
・子供には十分注意し、機械へは近づけないでくださ
│ 上手な作業のしかた
│
L、
。
・急な登り坂で前輪が浮き上がると 、ハン ドル操作が
作 業 速 度 と 爪 軸 回 転 速 度 (PT0速 度)
田
できなくなりとても危険です。 トラクターメーカー
1
'
.
ti
f1
立とロータリーの爪判1
1
"
Ii
'
l
L
;
i
fJ
止
トラクターのi'
純正のバランスウェイ卜を付けてください。
は+
I
I
W
J
I比
Hif:にありますので、
・アゼ越えや段差を乗り越えるときはアユミ板を使用
的ゃ
l
、』止をめや 1にiL
¥
'
e
:1
1
u也条 f
'
lに介わせて選択〈ださい 。
し、地面に楼しない程度にロータリーを下げ、重心
を低くしてください。使用するアユミ板は、強度・
長さ・幅が十分あり滑り止めのある物を選んでくだ
ム300
1
"
1
ム
+
さい。
辿
A注 意
⑦
⑤
出2
0
0
i
③
③
③
(rpm) 、 1
5
0
@
②
①
l
正
・トラクターに ロー タ リーを装着して公道を走行しな
t、2
5
0
i
2
.0
1
.0
いでください。守らないと、「道路運送車両法違反」
←
i
!
t
'
、
となり 事故を引き起こす原因になります。
@
:
L
O
4
.
0
i
l
iい →
f
L
t
i
i
l
i位('川/
h
)
、 I
1
1
1
i
i
Jのときは、 ロータリーをい っぱいに lげ
国 移l
I
1 ス トップパルプを完全に
m
lめ」
│
、がるのを防ぎ
t
百
二j
出レ PT0I"I'~L、 の 1 i
主
で1
i
,、ます 。
ます 。
Mれ な い よ う に 、 チ ェ ッ ク
ロータリーがんイ I に 1
す。
ります 。
I
M!
f
i
}
j
③ キM
1
.
t
J
主
.が,:
,: <1
.
;
剖むきやすい 状態では
1
P TOI"
I
)
I
i
,
l
、
をi
l
iめ
、 i
i
'.
ti
f
l
主を泌くします 。
④⑤⑥
i
する l
同は、J!
j‘
.
'
1
似を卜 1
、
'
1 Mのように辿れl.ノぞ
図 北1
イプのスプリンクでJ!
j・
l
'
阪の品ミれをな〈してから必
f
'
l{
.
:
jの大 き L、
強W
iU也では i
l
'.t述 I
正も i
出くしま
②
チェーンを似り、ロックナットを締めてください 。
※J!j'ド初見をフリ -;I};:!~ にしたまま p上 1 i
しますと、
ト
ノ 川の此起し i
1
'
.
:
:
長
は
、
①
制I
J血の仲
U
1'
.
t
は 、 PTOI"I恥、を 2ifにします 。
中
I
I
l
f
i)
'
,1緋 は
、
PTOI"Ii
l
!
ムを 3地と辿くします 。
プラウ~Jt- ..スキ緋跡、では作業 i
f
l
立も
でJ!
j‘
I
'
f
l
iが 11
がることがありま す
。
i
fくできます 。
⑦ 、
恥(
1ノ
ド11
の仲 1
.
f
i
'
.
t
は
、 P
T
O
I
"
I
'
l
i
L
、
をi
f< し
、 (
1
.
ti
fl
止
.を泌くして、ていねレに桝します 。
⑧
u也が恨〈ダ ッシンクしやす い所では P1'OI"1、
恥
0if めに、 (;';佐 ifl主をjJiくしてfi':~します 。
⑨ イ 1 の長い 間 .ti~ては 爪帥|両 1 'liL、 ifl止、門業 ifl正ともに
i
出くして作業してください 。
固作業深さの調節
l
n
ゲージ車命 I
iめピンを ;
.I
~ ,
し
、 ゲージ輪アームを │
I
Iの
.
11め
ドして司明宅します 。 ホルダーには J 卜2ケ P
1
8
ピン穴があります 。図のように U字枠を反転させま
上方スプリングエン ドを下げて、 1
5
)
1
1
'
板を表而 から
すと l
.5
c
m
l
l
i
l陥で削節ができます 。
浮かせ、 均平板 の tI1iti や こI~. i
f
f
lりを少なくして 使用 し
てく t
:
'さ L。
、
アーム
固
スプリングヱンドの操作
のようにロットピンを引止げますと、 自 1
医l
"
1
'
1
にスラ
ホルダー
イドします。所定の j
i
l
i結パイプの火にセットして〈
t
:
'
,
"
,い
。
止ピン
U字 枠
/
,
イ iのゲージ輪は │
訂l
一火にセットして(t
:
'さ L、
。
トラクター i
l
iJ
1
:
は、ポジションコントローノレを仰い
ます 。
固
均平板の調節
)
'
1
吋反の J 卜、および事 P
えパ斗の;州仰は、仲 J
J
'
It
m、
j
主
l似叫能、J:i1(liの1
:
11が りに大吉〈彬糾します 。
!のλ
辿品目パイプの 1
.
と1
、のスプリングエン卜、をス ライ 、
ト
園
延長均平板の操作
州1
1
1
也などで継目をな らす組長 ιJ
、
l
'
収は、 J
大の裂官l
て
ー
!!I¥刊します 。
A注 意
させ削節します 。
。
ノ
1
<
11 1 の荒;~し
・延長均平板は、本書のとお りに操作し てください。
卜),スプリングエンドを 卜げて 担11ぇパオ、をフリーに
,
)
‘│
ぇ
似の i
f
i
:
:
t
.
:
だけでぶ T
m
し
、 J
1えます 。
を引 1
守 らない と、手を は さみケガの原因にな ります。
01
去から見て 左 側の延長 g)'
1
'
板は、 右 手で燥 /
1'
Lます 。
0州J
I
也の併 1
I
:
)
j;
スプリングエンドを
lげて j
l
Pぇパヰを きかせ、
Jでぶ 1(liを担 11えます 。
パ亦の J
れ の t ぃ W;品や中11 i7~~ 川 では、 1 1 P ぇパオ、をフリーにし、
01
主から 比て右側の延長 I
'
J・
1
'
I
/
J
iは
、 左 手で操作します 。
1
9
逆 転 P T Oに つ い て
園
このロータリーは、よ寄せ程度の逆転作業には 飢
m
│
│
作業時の注意
できますが、未耕地糾うんはおこなわないで〈だき
i
h警
L、
。
f
止刑するとロ ー タリーの t
J
H
t
¥
に つな がります 。
告
・作業中 は
、
トラクターと ロータ リーの周辺に人を近
づけないでください。
・爪 や回転部分に事や ワラが巻き 付 いたときは、 PT
O回転を止め、必ずエ ンジンを停止 させて、巻き付
きを外してください。
去は、 一般的に行われている耕i
まです 。
下に記した耕i
は場の形や条例ーに合 った方法で似!日してくださ L、
。
・傾斜地での急旋回は転倒のおそれがあり大変危険で
す。 トラクター速度を落とし、大きく回 ってくださ
、
。
L
-ロー タリーの調整をする場合は、必ずエ ンジン を止
(枕地と同じ幅)
めてからおこな ってください。
(枕地 3行程介)
『
⑤
守らないと、死亡事故や傷害事故の原因になります。
・アゼ際ての作業は、アゼにロータ リーをぶつりない
③ ←ー
一一③
く
εも
①
③
ごさい。
ように低迷で、余裕をもって迎転してく f
・作業が終わりましたら、
に落とし、道路には務 t さないでく t~. さい 。
(枕地)
ンジンを J
Iめ点検をして〈ださい。ぞのまま f
史
① トラクタ一腹回
J
i
'
1
の枕I
也として約 3行程分をとり、
j
W
I
方にも枕I
也1:J
i
i
l
じ耐を残し、は.t
t
}の長辺をまっす
くや耕します。
ブ
Jの米耕地が枕J
也と
J
i
i
l
じ師iになるまで、
②③④⑤⑥仰l
*
トを行います 。
往復J
⑬
⑬
⑬ 一一十
十
⑪
チー ⑧
⑬
⑫
L
⑬
)
dゆ ⑨⑬の枕地1:l
j
[
l
j方の未耕地を回り耕 Lます 。
iIIり耕します。プラケット イ
l
聞を
。⑫⑬⑬でアゼの際を l
アゼ際にもって い( (
左回 り)方が、伐中 ;
が少な〈て
すみます 。
⑬⑬⑫⑬で:
r
Jに残 ったと ころを匝│り作業してできあが
りです。
1 ロータリーに興状が発生したら、ただちにエ
・作業 '
1
mし
(枕地と向じ幅)
⑮
lt
J
,
'
j内できれい
じゃコ ミ'
tI
品t
けますと、他の古1
1
分にも
あります。
m
mがひろがるおそれが
2
0
l
│ 繍うん爪について
国 爪の種類
耕うん爪には I
1途に /
I
I
Sじて次の種類があります 。 それぞれ L爪と
R爪があり同数がやlき ま す が 、 本 数 は 主 要 i清元
を参照してくださ L、
。 爪には五J
I
ド
1
1
が打 っ てありますのでそれでや!
日I
J
して〈ださい 。
(
1乎
汎
S
花
o
J
i)
(
京J
Il
(
J百Ji~i;{子)
札
I
I
J )
A15G
<
t5
1
0
1
智一
昨:
セット
1
1
A14
<
t5
2
0
I
T
I
I
転径大きく}菜料!日
1
1
A17
φ490
|証Ji~id壬小さく峰負荷JiJ
I
r
¥
311
<
t4
7
5
喰い つ きの :
i
l~ 、二 也及び州 I
H
1
I
ヲ 1
1
¥
.
B4
E2
<
t4
6
0
プラウ I
印刷 '
1
,二
1U
I
I
<
t4
4
0
低抗少〈経i
i
iな封1
1
折半土川
初
、
)
州I
Hナ タ 爪
U
IJ
j
企
)
u
u
L
1
]
¥
L4
<
t5
1
0
│
古│
し
、 ニ 鬼や芸の裁│析JlJ
M
)
]
¥
M4
<
t5
1
0
値I
~、土地の砕土J'l'J
ホノレダー爪
T208
<
t5
1
0
ホノレター t
)
トラん車I
h
n
J・H1
]
十基セット
フォーク)]¥
3
3
7
6
<
t5
1
0
ホノレダ-)f]フォーク爪
i
凡用強力爪
A31G
<
t5
1
0
石レキ地向け I
凡
m
1
2
1 耕うん爪の配列
耕うん爪は、次の耕うん爪配列図(ロータリー後方より兄た図)に従っ て配列してください 。
フランジ ~W{ii~~ タイフ。
l
,
ゴ
図を参!
刊
! して J
大の順序でおこないます 。
① 一帯左端のフランジには軌をI
Jめている
但1
,
J穴 が
ボノレ ト以外に爪の J
2カ所ありま
す 。 フランジの左 f(ii へ RJI\. を付けて li'~~j
妹 ナ ヅ 卜 を 重 ね 、 フ ラ ン ジ の 反 対 似J
I
から
S X-1
5
0
5
/1
6
0
5
l
x1
>
1
け
パネ出金を人れたボ‘ノ ν 卜を通して l
8
0・
反 対i
J
!
l
J
も同様に R)
r
¥をl
l
x
1
,
J
り
ます 。 1
ます。
i
に次のフランシに移り、恭準と
②五てからilIT
なる R 爪(図で~,I.I; <塗 っ てある)を l
i
:
l
の
SX-1
7
0
5
f
立世へ l
l
x付けていきます。 l
i
:
l
でわかるよ
1
1
形(/¥)の配列になり
うに、この爪は 1
ます 。 ポノレトは)1¥.側から入れてフランジ
f
l
!
i
J
でパオ、 l
主金、ナットで締付けます 。
③ 一枚 の フ ラ ン ン へ は
けますが、
SX-1
8
0
5
RLRLの順にlfX1>l
1
8
0'
反対側の爪は、逆のフラン
l
x1
,
J
けます。
ジ而へ l
④ 一番右端のフランジへは
L爪を I
l
x
1
,
J
けま
す。 2本 と も フ ラ ン ジ の 右 前 へ 、 ま た ポ
ノレトはフランシ 側 か ら入れます 。
S X-1
9
0
5
/
2
0
0
5
2
1
ホノレダータイ プ
卜1
:
.
1
を参!
!
(
(して配 91
[してく f
ごさ L、
。』
t
!司
{
,
の"
1
"
I
(
{i
t
Jt
では、 l
隔がJkってもホルダーの爪J
[
i
(f
.
I
ナ ット r
J
!
l
J
に
J
Kの 1
1
1(
)r
J
!
l
J
を介せると円以 I
[
ができます 。 t
:
t
ご
.
し、
1
I
I
j
I
机i
のフランジにはサイド爪が附のように 十l
きま
す
。
-ロータリーの爪を交換するときは、辿 U,パイプの J
[
i
(
十l
け位 i
むを ι
JNJiの 卜r
J
!
l
J
に移し、 E
J
'ド似を│げたま
ま│
川入
L します 。
「
│
保守管理
耐久刊を明し、似品!J効 率を │けFるためには、 1'1, ;1; の f~
'. J :~~:; J
1l
tが大切です 。
回
rL~終 n去 は、よくノド tわ 、して 水分を ふきと っ て
(tごさし 、
。
1
2
1 人 JJ~illr と
ジョイン 卜 のスプラ イ ン日11 にはグリスを
t
全()、サピないようにしま寸 。併出│
押すると
きは 、人
}
J申
I
Irにキベップをかぶせてください 。
固
判に 4セットジョイン卜の J
4
i介 l
阜、ス プ ラインを H
l
爪の交換
草花します t、 │の以折、刊他や仲
緋 うん爪は l
1
おしま すと、装J
l、
イf
i
Eになり ます 。 ゴミや日正などが
'
l
i
:した I!
l
jイトは必ず J
、きj民って <t
:
''
(
o
.l、
。
十J
1
.
.
r
U
i
g
に大き 〈μ1Fします 。 伐りが 、
l
'
分以 │
、にな った bさ
と
J
典し てくたすきい 。
&警 告
出
・爪を取付けるときは、平らで固い場所を選ぴ、駐車
プレーキをかけ、
PTO変速レバーを
「中立」 の 位
置 にして、エン ジンを停止してください。
・ロータリーの落下を防止するため、 j
由庄ストップバ
ルブを完全に「閉め」 ロックし、さらにロータリ ー
スプライン部
の下へ台を入れてください。
守らないと、死亡事故や傷害事故の原因になります。
~
潤滑油の交換
刊日'
l
'
i
l
ll
は、次の "
叩、
で交換して
<t
:
'さ L、
。 なお、 l
.t~~tPJ 荷H寺には 給 il lr してありますので、第 1
1
"1
L
Iの交
換I
J
,
H¥Iまでは、そ のまま 似 J
Iしてく t
:
'
さ l• 0
22
給 i
l
l
l f
l
1
)
所
1
年 1
1
1
1
i
l
ll
,
t交換 1
E 1
の湖町1
1
1
11
1
1 21
1以降
潤 滑i
l
ミッシ ョン 7レ ム ギアオイノレ
師1
8
0
0以 F
再9
0
奇
│
日l 250 !l~i:H \j 何
0
1
1
1
.8 3
ミ
ッ ション 7
ν ム
血
;
,
i
J9
0
0以 │
叩
"
2.
0
"
"
"
1
.0
迎i
l
l
"
"
"
グリス
チェンケ
ス
プラケッ ト取h
受古1
1
検油口
"
(
1
) ミッンヨンフレーム
ドレーンプラタを外してオイノレを叫 l
l
l
lします 。 フ
ドレ
ンフラ
.
i
l
l
l
ll
より新しいオイノレをIJ!:え品、
レームパイプの a
(
3
) ブラケット軸受行1
1
給れ 1
1
して(1.ご色い。
ブ
フωラケツ卜カ一ドとフブ ラケツ卜カノず一を夕外卜して<1,ご
A
色い 。ベアリンクグす1
部
d
出
1
1
こ
にi
-lt八し、グリスを f
引
ド
判
│
押
H
中
lし,
'
1
Y
刺
新
呼
J
i
しいクリスを i
泊
j人しますす一。
“
・
・
@
6
ブラケン卜ガード
ブラケッ卜力ハー
園消耗部品の交換
(
]
) チェンケースガー ド
交換がjI1れるとチェンケースカバーカ '
l
'
j
I
Jれ、穴が
あきオイノレがもれます。スリ減りましたら交換し
てく t~.. ,",
レ。
)
)
¥i
(
2
) チェンケース
チェンケ
スカパ
のドレーンプラクを外してオイ
ノ
レ
をj
)
'
11
'
,します。 J
.のiJ
.
i
l
lll
力
白
r
,
1
J
!
定i
止を給 i
l
J
I
して
く t~.. さい 。
チェンケースカード
2
3
(
2
) フ'ラケットカ。ード
スリ i
/
o
i
Xるとブラケットカノずーが削 れてしまいま 1。
11
!
'
j
;
i,1,1,(般 をお ζ
ない、','めに災換してく t:.'~ .
l、
。
ブラケットガード
A警 告
・格納は、雨や風があたらず、平らで固い場所を選ん
でください。
・ロータリーの裕納姿勢は、「トラクターへの装着・取
外しの姿勢Jにし、前後への転倒防止をしてくださ
、
。
L
-連結パイプの所定の位置で 口ータ ー ビンを止め、均
平板を固定し後ろへの転倒を防いでください。
・力プラはロータリーから外して、地面に置いてくだ
さ l'
0
-格納庫には子供を近づけないでください。
守らないと、ロータ リーが転倒 し傷害事故や、機械の
破損につながります。
.~1t 誌のできない、人 }J 相Ir ・ン ョ イ ン 卜 のスプライン
には必寸J サヒ
L、
。
1
1めのためにグリスを喰ってくた'ち
2
4
│
アタッチメント一覧表(オプシヨン)
I
このロータリー に は、次 のア タ ッ チメン卜 Oj'J ò'é) がとりそ ろ えてあります 。 ご 1t~ 訟 に応じてご i:l 文お版l し 、致しま す。
.
r
8
1
I
2
'
分
史
I
i
1・1
,リッチ守
1~
一
RIA
2・』リッチャー
R2B
畝
3目1:リッチヤー
Rl
:A
,
r
'
.
4坦巨リッチャー
R4A
I
持
1
1
ト
l
、
J
レ
施
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
J
L形I
i
i
A_
'
¥
f
O
O
O
O
O
O
"
O
O
O
O
O
O
"
O
O
O
O
O
NSD
納 涼W
I大
O
O
O
O
O
O
KMA
仰'J:
J
j
i
昨
拘
!
り
O
O
O
O
O
O
サイドリアチベ・ー
KBF
刊
J
'
!
!
:
j
i
"
幻'
[
O
O
O
O
O
O
平時マノレチ
MFA-H
U
'
h
止全般川
O
O
O
O
O
O
日 目j
,マ ル チ
MFA-T
トマ ト、タノ《コ、
O
O
O
O
O
O
平日目 1
,マ ル チ
MFA-J
fT
スイ カ、メロン、{也
O
O
O
O
O
O
i
凡n
J1
)
7
.'
¥
r
i
!マ ル チ
MMA-3
スイカ、メロン、ほう
れん 1
/
A
、他
O
O
O
O
O
O
f
l~'百 jよ
rJ J マルチ
MMB
スイカ、メロン、 也
{
O
O
O
2畦 マ ル チ
MJB
パ レイン ヨi
也
平仙スイングマν
Jチ
MMC-]
タ'イコンfJJ
2則平副.マルチ
MFB
レタス、
{時縦型 シーダ ー
U-SHA
大変、 小友、稲
サイドテ'ィスク
I
世
高R
O
O
O
他
O
O
O
MDR
大豆、小比、コ
変
ン、
O
O
O
O
O
O
"
UST
炎、稲、 小豆、ソノレゴー
O
O
O
O
O
O
"
TPH
野菜芥何l
O
O
O
O
O
O
乱1
RX
施!
犯陥粗削11'
1
O
O
O
O
O
O
RS
総;
1
由形 薬 剤 散 布
O
O
O
O
O
O
土 寄せ
O
O
O
O
O
O
同時M
l
J
J
二
O
O
O
O
O
O
ウ
¥
I PBA
J
f
J
j
'r
Eロ ー ラ ー
告
O
O
ロー タリーソワー
フ
O
O
/
J
プ
1
"
1
来
、
1
由
O
けん 'JI ~ シ ー ダー
f
肝
A警
O
1可'J }I~ lf乱立
O
II~
そ
の
也
{
SX- SX- SX- SX- SX- SX
1
5
0
5 1
60
5 1
7
0
5 1
8
0
5 1
9
0
5 2
0
0
5
i
l
l
!
J
1
j,
i
i
A
'
,
¥
長
.
i
チ
企
j
1
1
P
J
4 KBB
t:~
JI,~ t百七榔 j~i
『
式
重量バランスの調節
・重いアタッチメン卜を装着したときは、トラクタ ー メー カー純正のバランスウェイ卜を付けてください。前 輪 が 浮
き上 がりハンドル操作ができなくなりとても危険です。
守らないと、傷害事故につながります。
2
5
マッチンタ衰
綱援の目安として 挙l
i
!
l
I
く
だ
喜
い
E5-1
1,2
1カ ブラ
トッ7'
リンク
ブラケ
y
P
E
=
hj
卜 卜ー
フ ロ 可:;
A
の
【
ロワ ー リンク
n
I
J式
ト フ ク タ -;
m φ1
外¥
前中後
ワyン
ク トγプリンク セットカプラ ロワーヒシ
プラケ γ ト リフトロ γ ド ロ
J
!
(f
.
t;
'
,M
t C
付穴取付穴
2
TF
I5
/1
7
/1
9
I
I
J
'
1
'
1
'21
/
2
3
B
11
日
TU1
9
7
/
21
7
/
2
3
7
/
2
5
7
1
'
1
T
A
2
0
1
:
2
2
i
/2
4
i/2日l26i/2~ト TG19!21 叩 i25.'2ii2~
2
H
11
1
1
1
1
3
1
7
/
3
3
7
/
3
5
7
'4
17
/
4
3
7
!4
6
7T
G
3
1
'
羽1
3
7
:
4
1
'
2
l
ヨ
11
i
t
j
i
TA5
2
7
A
3
3
D
I
I
J
GT3
/
3J
/
5
l
i
j
GT5
j
/
8
/
8j
3
D
I
j
i
C
GI
.
1
9
/
21
/
2
3
/
20
0/
2
2
0
GL2
5
/
26
1
2
7 GL2
3D
j/
2
6
0
/
26
8
C
1
'
1
GL
2
9
/
3
2
/
3
3 GL
2
7
D
J
/
2
8
0
/
3
0
0
/
3
2
0
/
3
3
8
3
C
1
1
C
GL3
5
/
4
0
/4
3
/
3
6
8
/
'
1
I8
3
J
IJ
C
GL
46
/
5
3
3
l
J
l
J
1
/1
)
GL2
5K
2
C
B
l
l
FV
2
0
0
/
2
20
2
FV230
/
2
50
/
2
70
2
C
1
1
'
1
FV2
80
/
31
O
2
I
I
J
C
FV3
30
/
4
30
2
!
ll
C
C
2
1
1
1
J
B
1
'3
7
5
2
1
1
'
1
1
'4
3
5
J
I
J
ヨ
2
I
C
NXI9/
21
/
2
3
3
1
'
1
C
NX25/27
3
1
'
1
NX2
9
/
3
2
C
I
l
J
J
NX35/4
0/
4
3
3
C
I
l
J
J
C
3
NX'
1
6
1
'
1
TXI8
/
20
/
2
2
3
C
i
五
~ I TI 85/1901205 MTX
2
0
0
/
2
2
5
1
2
4
0
/
2
4
5
3
C
11
1
B
1
¥
IT2
2
5
/
2
0
0
/
2
'
1
5
/
2
6
5
/
2
2
/
2
3
/
24
/
26
3
1
'1
MT2
6
5(
大筏 )
/
2
8
5
B
I
I
I
J
4
)
I
J
A
MT2
7
/3
0/
3
05
l
ij
B
MT3
3
/3
3
5
/
36
5
4
B
MT43
/
'
1
8
3
日
!i
I
j
i
1
'1
8
0
/
20
0
/
2
2
0 1
'1
9
0/
21
0/
2
30
C
B
AF2
2
/
24 RS
3
11
1
2
'
1
A1
'2
6
/
2
8 RS
2
7
B
3
1
I
11
B
AF30
/
3
3 RS
3
0
/
3
3
3
I
I
J
FX21
5
/
23
5/
26
5
3
C
1
1
1
B
l
i
j
3
US31
/
3
2
/3
5/
36
A
J
J
I
3
US3
9
/
'
1
A
US45
/4
6
3
11
1
I
i
j
j
4
1
'3
9
5
/4
75
/
5
3
5
C
目
¢担
i之~
4
8
0
51
0
5
0
0
5
30
4
7
5
5
1
5
5
4
5
5
4
0
6
2
5
6
6
5
7
45
6
1
1
6
1
1
6
1
7
51
5
5
0
3
5
6
0
5
7
5
5
3
5
5
7
0
5
6
0
6
2
5
6
6
5
7
4
5
61
1
61
1
5
80
5
6
5
6
6
0
6
5
0
4
9
5
5
2
0
5
30
5
50
6
0
0
6
5
4
6
8
6
6
2
5
5
1
5
5
50
5
7
7
5
6
4
目
日
取f.t穴 他 J
I1
"
1
、
ノ
i
人
l
人
│l
イ
イ
イ
l
付
)
1
'
)
イ
タト
外
什
│
内
l
什
内
イ
、
ノ
、
ノ
、
ノ
、
ノ
、
ノ
イ
イ
、
ノ
イ
イ
イ
イ
イ
イ
イ
ノ、
、
ノ
、
ノ
イ
ノ、
イ
イ
、
ノ
イ
イ
イ
イ
イ
、
ノ
イ
イ
イ
イ
イ
イ
イ
)
1
'
)
外
タト
l
人
l
I
J
1
l
i
Jげ1
.
¥
の水、ド娘 1にι
i、
品
.
(
,
脱1
.
¥トップリンク 5
9
0以│
1{~
"
Iげ川 のノ1<'1'保刊に i
J:
l
:
i
"
"
外
ト
タ
外
ト
タ
ケト
タト
ト
タ
l
│
人
1
J
{
"I
げ
I
lS
の
ノト
‘│
斗
弛1
'
にけ J
い
l
1
1
件l
外
タト
l
人
l
l
人
l
卜
合
外
タト
ト
ゲ
7
ト
l
付
外
P
卜
外
│
人
l
外
タト
タト
9
ト
1
1
2
6
│
一
I
¥J
1
'
(
i
ト一一一一
I
:
+
①ミッションケースのオ イ
ル
}
,
'
, 古
相
1
1
)
"
(
J
1
.
!
J
I
J 肘l め
②チエンケ
F
庁J
山{山 112 1
.
¥
'1
1
スのオイル,1,1
:
,
1
検
ポノレ卜、ナットの明術的
① ミッンヨンケ
IJf 品 (l~
J
J
I3
01
1
.
¥
'1
1
スのオイノレ交般
② チェ ンケースのオイル交快
③ ブラケット川受 t
i
l
lの ク リ ス ア ッ プ
J
J(jナボノレ卜 1
f
,
'制 的
① Ntうん爪の I
②ミ ァ y ョ ンケースのオイノレ ~1 l:} ,I.I:~責
(l~
J
I
J
l
J
IJ
③チエンケースのオイノレ f
t
l、オイルもれ},',
r
:
1
'
f
i
t
④ ジ ョ イントのグリスニップノレヘグリスアァプ
⑤地 I(, i か ら |げ て 川市ぷ色せ、日I~
{
'
i兇 状 の チ ェ ッ ク
ト一一一
①さ れ L
、
にi
t(f,して水分 J、3とり
のゆるみ、
② ボ ル ト、ナット、ピンJtri
③ 排うん爪、ガード
止
(
E
点検盤備チェックリスト
1
1
1
1
虫
I
HU
九チ ェ
ηの 1
1'f(、切Hiチ ェ
y
γク
ク
③人)
J判 ヘ グ リスを喰る
⑤ジョ イント、スプライン部ヘグリスを喰る
L
i1
⑥ ジ ョイ ン ト 、 ロ ッ ク ピ ン へ i
⑦出J
<部分へ汁 i
l
l
① ミツ戸ヨンケースのオイノレ交 J
段、オイノレ
bれ チ ュ ッ ク
② チ ェンケースのオイノレ交換、オイノレもれチ ェ ック
ン ー ズン終
(
1
量
③ ブラケット
'
1
'
1
1受加のクリス交換、オイノレもれチェック
④ シ ヨ イン 卜の シャフ ト ヘ ク リ ス を 喰 る
⑤1!1.~; ~全装削i ヘサビ " め
1
めに交換
⑥i
i
'
i,
f
屯
古1
1
川 は1
'
2
7
│
似川'
'
1あるいは佐川後の,1,1,(検1
1
,
¥に l
、必 の Y
>
W;が 5
eLI
:L
t
:i
J
1
i介は、
市I
f;
(
、'
!
晶i ~JJ
1
e
の
フ
A
"
1
+
1
1
1 ヵr 1
制
1
1
オ
イ
チ
官
オ
イ
1
1
t
dB
J
r
,配タl
のチェック
チエンタイトナーの/,州 i
タイトナー父換
スプロケットの Hif~
ス 7'
ロ ケ ッ ト 交4
快
カバーノ ぞ
ッ キンの切れ
ノマッキン父換
チェンケースカバー判例ポルトのゆるみ
円締め
ポノレト I
オ イ ルf
,
t
ィ
、
)
.
[
.
オイノレ相I
i給
べ 7 リングの日'
W
,
ベアリング交換
ギアの I
J
I
f
お
ギア火換
ベベノレギアのカミイ干し、ィ、以
ン ム でU
;
,
I
,
'
l
幣
人}
J制
1
1
オイノレン
オイノレシーノレ交換
1
1
1
e
も
1
1
.
ケ
ヂ
与
オ
イ
w
ン
ヨ
イ
ン
1
e
の
ジョ
ル
'
也
、
t
~状 減少
の
イ ン
晴
元
副l
制l
失J
免
主
J
ト
フ Idl¥の配タ1
1
川述い
b
ス
l
伊川和1
1
の切れ
る
Jレ
レ
ノ
チェーン交換
がす
ヨ
イ
チェーンの 切れ
r
,父{免
桃うん J
;/
オ
爪配仰l
のチェック
糾 う ん 爪の J
'
fK 1
J
i
'
れ
ツ
二
〆
柿うん J
r
,
の 配列I
I
J
¥j
l
i
lい
。
.
1
e
の
緋うん申山火 J
免
、
当
の
出!
M う/し ~illl の 1111 がり
ウォーターンーノレの兇
の
、
‘
ォ干ノレ卜私自 j
,
1
1
1
.
ス
骨
与
Jrdl~ H ポノレ ト のゆるみ
b
,
7
.
ン
ケ
ベアリング父換
L、
F
且 l
f
lが で
w
帆受ベアリングの災状
な
ら
レ
ノ
司t り
1
e
ト
ス プ ラ イ ン 問i
のガタ
ルの兇状
ウォーターシーノレ火快
パッキン並:換
ロァクタイトの劣イヒ
ロックタイト喰り
締f
、
l
ポノレトの叩るみ
ポノレ卜
オイノレ 1
1
tィ、}{
オイノレ補給
山~1iJJ車111 オイルンーノレ日:状
オイルシーノレ父換
グリス j
止
ィ
、ι
j
グリスアップ
ショイント 折 れ f
l
)が
ィ
、
j
J
!
i
切
j
J
i
j
後 向l
正安勢の r
U
,
I
.
s
i
;
写
I
I
!
¥り
む
-
I
k
ノぞッキンの切れ
ロータリーの│一げ
た
処
ト
1
e
の
I
'
j
f
止川 せ ず 、 す ぐ に 処 i
F
Jを してく t
:
'さ t、。
l
刈
I
J
;
!
~^
~IE
民
!
何
十
E
異状と処置一覧表
n
'
シャフ トの カ ミ 令 い判M、)
i
ロックピンとヨ
クのJit-lG
(
1
(
'L
m布n
め
リフト:.¥:の胤制
長 いも の と 父 換
すくーに交換
MEMO
松山株式会社
本
社 干3
S
6(
H
9
7
物流センター〒 浦日 1
1
4
9
7
北海道営業所〒(刷。 I
I
I
旭 川 出 張 所 〒1
1
7
98
4
:
1
1
帯 広 出 張 所 〒0
8
20
0
1
1
4
東 北 営 業 所 〒9
8
96
1
3
5
関 東 営 業 所 干3
2
!
)一,
1
4
1
2
長 野 営 業 所 〒3
8
60
4
9
7
岡 山 営 業 所 〒7
0
8-1
1
0
4
九 州 営 業 所 〒8
6
14
1
0
1
南九州出張所〒8
8
50
1
1
7
4
,
リI
ldf
'
リ
ルJ
'
L
I
U
Lr
l
l
l
r恥 115 1"" B (0268H2 7
5
0
0
k附り1
い
H
,c
l
1
i
ULrlll iT" ,~1I 12 949 B (02
6
8
1
3
64
1
1
1
北海迫ソ:~j I Jltlí ~ れ1IIf'( : I IIHI94 - 5 B
(012
6
1
4
,
,4
0l
10
I
t尚 治 組 1
1,
[
.
水 I
I
I川r8l
'1,:2 B(016614
62
5
0
"
t揖過河内問川 町点F主北l
蹴1
8
品川和 Iml
自I B I
01
5
5
1
6
25
3
7
0
',::;城 Y'~lfill l di 1ìÍí~ 2 J
i13俳 1
4'
J
' B (02
2
9
1幻 7
'
1
4
0
1
m~、!日卜ftII t~lm 六、 l' 川 r 1
じ武Jl'2
2
9 B(I
1
2
日2
1
2
37
2
9
7
l--~~!f' UI~ 小 LI,~ I
iUL(1IJJ r;',,~JII 294日岱(112
6
8
1
.
1
50:m
t
I
l
d
ll
l
U , ~HtII J r
l
i純計1¥1764- 2 合 1
08
6
8
1
2
9-1
1
8
1
1
熊本 I
l
i;
r
rt
.
!
t 7 r1 1
3砕 6
0'
J
' B1
0
9
6
13
5
64
1
:
1
4
1
淀川!
日
山1
1
1
(
.
f~1~ K
I
¥
J
J
&I
l
i1
1
r:
1
3
8
9-1 B109
8
6
12Hi412
←
FAXI
1
2
6
84
27
,
,5
6
l
'AX02683
63
3
3
5
I
'A
XOI264
"4
日1
6
FAXOI
同 4
62
,,0
1
FAXOl556
25
3
7
3
F
A
X
I
I
2
2
92
39
01
0
FAX02822
37
1
0
7
FAX0
2
6
83
1
i:
l
:
l
河
FAXI
出3
日2
91
3
2
5
FAX0963
2
28
:
1
1
0
FAX09862
57
0
4
4
'
9
9.
3
.
0
0
5
.
K
Y
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
6 800 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content