close

Enter

Log in using OpenID

BD SurePath法を用いた尿細胞診の検討 -特にCR Redと

embedDownload
2014/3/8

Podocyte は糸球体濾過に関与する

Podocyte は最終分化細胞である

Podocyte が剥離→半月体形成→糸球体硬化
愛媛県立医療技術大学 臨床検査学科
大﨑博之,則松良明

SurePathTM 標本における Podocyte の細胞学的
特徴を把握する

尿中の Podocyte 数と各種糸球体腎炎・半月体
形成との関係を明らかにする


新たな尿中バイオマーカーとなるか検討する
腎生検の頻度を減少させる
10mL
SurePath
Papanicolaou
10mL
SurePath
WT-1

香川大学医学部附属病院で腎生検を行った 59 例

腎疾患のない患者 30 例

IgA 腎症 18 例

良性腎硬化症 2 例

膜性腎症 8 例

菲薄基底膜症候群 2 例

紫斑病性腎炎 7 例

Alport 症候群 1 例

糖尿病性腎症 5 例

Lupus 腎炎 1 例

ANCA 関連腎炎 4 例

肥満腎症 1 例

微小変化群 3 例

髄質嚢胞腎 1 例

間質性腎炎 3 例

特発性結節性硬化症 1 例

骨髄腫腎 2 例
自然尿
(腎生検当日)

WT1 陽性細胞 (Podocyte) の出現数を計数

上記結果と組織診断,細胞性半月体,各種
臨床データを対比
1
2014/3/8
腎疾患のない患者尿中には WT1 陽性細胞

の出現を認めなかった ( 0/30 )
腎炎患者では 28/59 ( 47.5% ) に WT1 陽性

細胞の出現を認めた
Papanicolaou
WT1

IgA 腎症 : 9/18 (50%)

菲薄基底膜症候群 : 1/2 (50%)

IgA 腎症 : 9/18 (50%)

菲薄基底膜症候群 : 1/2 (50%)

膜性腎症 : 3/8 (38%)

良性腎硬化症 : 0/2 (0%)

膜性腎症 : 3/8 (38%)

良性腎硬化症 : 0/2 (0%)

紫斑病性腎炎 : 4/7 (57%)

Alport 症候群 : 1/1 (100%)

紫斑病性腎炎 : 4/7 (57%)

Alport 症候群 : 1/1 (100%)

糖尿病性腎症 : 5/5 (100%)

特発性結節性硬化症 : 1/1 (100%)

糖尿病性腎症 : 5/5 (100%)

特発性結節性硬化症 : 1/1 (100%)

ANCA 関連腎炎 : 2/4 (50%)

Lupus 腎炎 : 0/1 (0%)

ANCA 関連腎炎 : 2/4 (50%)

Lupus 腎炎 : 0/1 (0%)

間質性腎炎 : 1/3 (33%)

肥満腎症 : 0/1 (0%)

間質性腎炎 : 1/3 (33%)

肥満腎症 : 0/1 (0%)

骨髄腫腎 : 1/2 (50%)

髄質嚢胞腎 : 0/1 (0%)

骨髄腫腎 : 1/2 (50%)

髄質嚢胞腎 : 0/1 (0%)

微小変化群 : 0/3 (0%)

微小変化群 : 0/3 (0%)
IgA 抗体
メカニカルストレス
骨髄腫蛋白


糖尿病性腎症 : 39.2 個
膜性腎症 : 48.3 個
ANCA 関連腎炎 : 30.5 個
20000
15000
150
15000
100
10000
5000
0
50
0
UP (mg/gCr)

20000
200
10000
5000
0
0
50
100
150
200
0
IgAN HSP DN MCNSIN HTNSMN AAV Others
50
100
150
200
Urinary WT-1 positive cells
Urinary WT-1 positive cells
5
8
4
6
Cr (mg/dl)
紫斑病性腎炎 : 42.3 個
UP (mg/day)

尿蛋白,尿 Alb,尿潜血,血清 Cr などとの有意
な相関は認められなかった
OB (dipsticks)
IgA 腎症 : 28.6 個
urinry WT-1 positive cells


AGE
3
2
1
4
2
0
0
0
50
100
150
Urinary W T-1 positive cells
200
0
50
100
150
200
Urinary WT-1 positive cells
2
2014/3/8
オッズ比
95% 信頼区間
P値
オッズ比
95% 信頼区間
4.421
1.057 -> 18.49
P値
0.0510
9.818
2.255 -> 42.75
0.0015
40
30
細胞性+
なし
細胞性+
なし
30
20
20
10

(+)
10
(+)
0
感度:32.1%

WT-1>1
特異度:90.0%
WT-1<1

尿中 WT1 陽性細胞は各種腎炎のスクリーニング
や経過観察を行える可能性が高い

細胞性半月体の予測因子となり得る

新たな尿中バイオマーカーとして使用できる

腎生検の欠点を補完できる

SurePath法で標本作製することで我々のデータ
を世界中で共有できる
0
(+)
(+)
WT-1>4

感度:45.0%

特異度:92.0%
WT-1<4
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
581 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content