close

Enter

Log in using OpenID

2013年度環境活動レポート

embedDownload
認証・登録番号0004253
2013年度環境活動レポート
(2013年4月~2014年3月)
〒473-0902 愛知県豊田市大林町8丁目54番地
作成日:
改定日:
2014年5月30日
2014年8月26日
目 次
1.組織の概要
(1)事業所名及び代表者
3
(2)所在地
3
(3)事業の内容
3
(4)事業活動の規模
3
(5)環境管理責任者及び担当者
3
(6)建設業の法規に関する有資格技術者
3
2.対象範囲(認証・登録範囲)
3
3.環境方針
4
4.エコアクション21推進体制と役割と責任権限
5
5.環境目標
6
6.環境活動計画
7
7.環境目標の実績
8
8.環境活動計画の取組結果とその評価、次年度の取組内容
9
9.環境関連法規等の遵守状況の確認及び評価の結果並びに違反、訴訟の有無
10
10.2014年度活動計画
10
11.代表者による全体評価と見直しの結果
11
1.組織の概要
(1) 事業所名及び代表者名
株式会社TBテクノグリーン
代表取締役社長 梅村 信男
(2) 所在地
本社:愛知県豊田市大林町8丁目54番地
堤作業場:愛知県豊田市堤町伊勢堤17番地1
(3) 事業の内容
土木工事業(緑化管理等)、消防施設工事業、
建築工事業(増改築・工場等の設備配管等)及び物流機器(工場間台車)製造販売業
・建設業許可
特定建設業 一般建設業 建設工事業・塗装工事業
土木工事業・電気工事業
管工事業・ほ装工事業
造園工事業・板金工事業
消防施設工事業
機械器具設置工事業
さく井工事業
・産業廃棄物収集運搬業
愛知県知事(特-23) 第28828号
愛知県知事(般-23) 第28828号
愛知県知事(般-25) 第28828号
愛知県許可番号 第09000086130号
(但し、自社以外の実績無し)
(4) 事業活動の規模
活動規模
従業員数
会計年度
売上高
単位
人
年
百万円
2013年度
30
4月~3月
3,110
(5) 環境管理責任者及び担当者
責任者 取締役 柴田 透 TEL:(0565)29-1381
担当者 総務部 西山 智恵己 TEL:(0565)29-1381
( e-mail : [email protected] )
(6) 建設業の法規に関する有資格技術者
一級建築士
一級建築施工管理技士
一級管工事施工管理技士
一級土木施工管理技士
一級電気工事施工管理技士
4名
6名
5名
2名
2名
2.対象範囲(認証・登録範囲)
(1)対象組織
株式会社TBテクノグリーン 全組織
(2)対象活動
事業内容と同じ
3.環境方針
株式会社 TBテクノグリーン 環境方針
1.基本理念
株式会社TBテクノグリーンは、建設業としての事業活動の根幹が、環境と
深く関連していることを認識し、環境汚染の予防ならびに環境負荷低減に
努め、地球環境の保全と社会への貢献を目指した環境活動を展開する。
2.環境方針
株式会社TBテクノグリーンは、「基本理念」の実現のために、当社の事業
活動(建設、緑化、消防、リフォーム、物流の各事業)を通じて、自主的
に環境改善活動を推進する。
(1)環境管理推進のための体制を組織し、環境の負荷を軽減するため、適切な
取組みを行い、環境マネジメントシステムを継続的に改善する。
(2)環境に関する法規制、地域との協定、業界規範を遵守し、また顧客の環境
に関する要望を反映し、汚染の予防に努める。
(3)事業活動による環境への影響を的確に把握し、地域・地球環境を守るため、
次の項目の環境目標を設定し、継続的改善に努める。
①二酸化炭素の低減
②水資源の有効活用のため節水
③一般廃棄物、産業廃棄物の発生抑制、削減、リサイクルの促進
④工事現場での騒音、振動、濁水等、現場周辺環境への配慮
⑤グリーン購入の促進
⑥化学物質の使用量削減・環境への配慮
(4)本方針に基づいて、積極的に環境教育を行い、環境を大切にする従業員を
育成する。
(5)本方針は、全従業員および当社の協力事業者に対し周知するとともに社外
公開する。
2011年7月1日
株式会社 TBテクノグリーン
取締役社長
4.エコアクション21推進体制と役割・責任権限
代表者
梅村社長
・環境方針の策定
・全体の評価の見直し
・環境レポートの承認
・環境管理責任者の任命
・資源の準備
環境管理責任者
柴田取締役
・EA21システムの構築と運用
維持・管理・統括
環境委員会
柴田取締役
・月度実績報告
・目標・計画の策定
・取組についての審議
・会議議事録作成
推進事務局
西山・伊豆原
・環境管理責任者の補佐
・負荷及び取組のチェックの実施
・各種目標・計画の立案
・環境レポートの作成
・各種目標・計画の管理
・手順書などの作成
・関連法規の遵守状況管理
・教育・訓練計画の策定と実施
・各種記録の保管
・その他EA21に関する業務
建築設備G 緑化土木G 消防施設G 物流機器G
推進責任者
推進委員
宮本
伊藤
横井
畔柳
都築
早川
・各種目標・計画の推進
・環境保全活動の実施
・各種データのまとめ
・日常活動の推進
・グループ全員への教育
協力会社 (登録認証外)
橘木
栗本
LIFA(リフォーム)
長沼
小山
5.環境目標
2009年度から2012年度までは2008年を基準年度とした目標値を設定し推進してまいりました。
2012年度は堤事業所を閉鎖、売上が3割強増えるなど会社の業態が大きく変化し、5年前の
目標設定の考え方と現状の事業環境は大きく変わったため、2013年度より前年度実績の
3%減を目標値とするよう環境目標の考え方を変更しました。
(1)二酸化炭素排出量の削減
取組項目
基準年度
2008年度
目標
2010年度 2011年度 2012年度
2012年度
実績
2013年度
目標
91,140.10
102,453.00
110,205.00
43,592.0
6.5
24,866.0
4,850.0
47,267.0
8.6
30,406.0
3,594.0
45,849.0
18.4※1
34144※2
3,486.0
実績
二酸化炭素排出量
(kg-CO2)
電力 (kwh)
ガス(LPG) (kg)
ガソリン (ℓ)
軽油 (ℓ)
(3%削減)
115,141.68 109,791.80 101,451.50
75,512.4
16.4
27,043.2
6,292.8
63,463.0
8.0
25,421.8
5,915.8
63,458.0
6.5
24,338.9
5,663.5
※1 昼食時の社員サービス向上策導入を織り込んだ目標値
※2 業務用車3台増を織り込んだ目標値
(2)水使用量の削減
取組項目
基準年度
2008年度
目標
2010年度 2011年度 2012年度
2012年度
実績
実績
水道使用量
(m3)
2013年度
目標
(3%削減)
492.6
359.5
344.0
249.0
257.0
249.0
目標
2010年度 2011年度 2012年度
2012年度
2013年度
目標
(3)廃棄物排出量の削減
取組項目
基準年度
2008年度
実績
実績
廃棄物排出量 (t)
一般廃棄物 (t)
産業廃棄物 (t)
(3%削減)
1.33
2,818.40
1.25
1,578.70
1.21
2,489.50
1.06
4,668.87
1.39
5,227.62
1.34
5,070.80
目標
2010年度 2011年度 2012年度
2012年度
2013年度
目標
(4)工事現場での騒音、振動、濁水等、現場周辺環境への配慮
取組項目
基準年度
2008年度
実績
実績
外部からの苦情 (件数)
0
0
0
0
目標
2010年度 2011年度 2012年度
2012年度
2013年度
目標
0
0
(5)グリーン購入の促進
取組項目
基準年度
2008年度
事務用品等のグリーン購入(t)
データなし
実績
実績
1.20
1.20
1.20
1.20
1.20
目標
2010年度 2011年度 2012年度
2012年度
2013年度
目標
(6)化学物質の使用量削減・環境への配慮
取組項目
基準年度
2008年度
実績
実績
農薬・除草剤使用量(kg) データなし
(3%削減)
26
23
18
15.70
15.20
目標
2010年度 2011年度 2012年度
2012年度
実績
目標
2013年度
毎週金曜日 毎週金曜日 毎週金曜日
1回/週
1回/週
(7)地域への環境保全活動
取組項目
基準年度
2008年度
実績
会社周辺美化活動
1回/週
6.環境活動計画
本環境レポートの対象期間は、下記の通りとします。
2013年4月1日~2014年3月31日
事業所
二
酸
化
炭
素
・エアコンの設定温度
① 冷房28℃、暖房19℃に設定する
② 設定温度の表示を行う
③ 使用時間の設定(AM7:40~PM7:30)
・電灯の適正使用
① 節電啓発表示を行う
② 不必要な箇所の電灯の消灯
③ トイレの電気消し忘れ防止
④ 省エネ機器の選考
・帰宅時は、パソコンの電源OFF
・エコドライブの推進
① エコドライブの実施
・水使用量の削減
① 節水啓発表示
水 ② マイ水筒を持参する
使
用 ③ 漏水確認を検針時に実施
④ 将来的に雨水の利用を検討
・一般ゴミの削減を図る
廃 ・種類別に分別し、置き場所を決める
棄 ・灰皿の撤去
物 ・私物ゴミの持ち帰りを徹底する
・ダンボール・雑誌等紙類のリサイクル
リ
サ ① ダンボール置場へ整理して置く
イ ② シュレッダー紙
ク ・3R(Reduce・Reuse・Recycle)活動推進
ル
ゴミを減らす・繰り返し使う・再利用
現場
・エコドライブの推進
① 不要なアイドリングはやめる
② タイヤの空気圧をチェックする
③ 不要な荷物は降ろす
④ 暖機運転は適切に行う
⑤ 急発進、急加速はやめる
⑥ 車間距離は余裕をもつ
⑦ エンジンブレーキを積極的に使う
⑧ 駐車する時は、適正な場所に
⑨ 夏のエアコンは1度高めに設定
⑩ 目的地へは計画を立てて運行する
・水使用量の削減
① 水道の蛇口をしっかり閉める
② 将来的に雨水の利用を検討
・種類別に分別し、置き場所を決める
・発注、寸法切断時に残材が最小で
済むよう徹底する。
・リサイクル専用コンテナの設置
(木専用コンテナの設置)
・3R(Reduce・Reuse・Recycle)活動推進
担当部署
全部署
全部署
事業部
全部署
ゴミを減らす・繰り返し使う・再利用
環 ・工事施工の安全確認
境
・工事現場周辺への環境配慮確認
配
慮
グ ・グリーン購入
リ
ー 備品等の新規購入においてグリーン購入
ン
を推進(エコマーク商品の優先購入)
・工事施工の安全確認
・工事現場周辺への環境配慮確認
・材料等運搬時の飛散防止対策を徹底する
化 ・化学物質の使用量削減環境配慮確認
学
物
質
そ ・地域への環境保全活動
の 1回/週 会社回りの美化運動の実施
他
・消毒に使用する農薬等の削減
・管理の徹底
全部署
全部署
購
入
事業部
全部署
7.環境目標の実績
<環境負荷の実績 取組期間・・2013年4月1日~2014年3月31日)>
(1)二酸化炭素排出量の削減
取組み項目
評価 : ○ 目標達成 × 目標未達
基準値(2008年度)
2013年度目標
2013年度実績
低減率
評価
二酸化炭素排出量
121,258.0
110,205.0
105,092.0
4.6%
(kg-CO2)
75,512.0
45,849.0
41,888.0
8.6%
電力 (kwh)
16.4
18.4
13.0
29.3%
ガス(LPG) (kg)
27,043.0
34,144.0
32,905.5
3.6%
ガソリン (ℓ)
6,293.0
3,486.0
3,354.3
3.8%
軽油 (ℓ)
但し、電力のC02排出係数は、中部電力の平成21年度値0.474kg-CO2/kWhを採用する。
○
○
○
○
○
(2)水使用量の削減
取組み項目
水道使用量 (m3)
基準値(2008年度)
493.0
2013年度目標
249.0
2013年度実績
249.0
低減率
0.0%
評価
基準値(2008年度)
1.33
2,818.00
2013年度目標
1.34
2013年度実績
1.30
1,847.1
低減率
3.0%
63.6%
評価
○
(3)廃棄物排出量の削減
取組み項目
一般廃棄物 (t)
産業廃棄物 (t)
5070.8
○
○
(4)工事現場での騒音、振動、濁水等、現場周辺環境への配慮
取組み項目
基準値(2008年度)
外部からの苦情 (件数)
0
2013年度目標
0
2013年度実績 目標達成率
0
100.0%
評価
2013年度目標
1.20
2013年度実績 目標達成率
1.23
102.5%
評価
2013年度目標
15.2
2013年度実績
6.8
評価
2013年度目標
1回/週
2013年度実績 目標達成率
1回/週
100.0%
○
(5)グリーン購入の促進
取組み項目
基準値(2008年度)
事務用品等のグリーン購入(t)
1.20
○
(6)化学物質の使用量削減・環境への配慮
取組み項目
基準値(2008年度)
農薬・除草剤使用量(kg)
15.7
低減率
55.2%
○
(7)地域への環境保全活動
取組み項目
会社周辺美化活動
基準値(2008年度)
1回/週
評価
○
8.環境活動計画の取組結果とその評価、次年度の取組内容
環境活動計画の取組み結果と評価
◎よくできた ○まあまあできた △あまりできなかった ×全くできなかった
環境活動計画
結果
評価/次年度への取組み内容
電力使用量の削減
・環境目標達成
○
節電への表示と手順に従い取組みチェック推進
太陽光発電設備を導入エアコンの
エアコン室温基準設定チェックによる管理徹底
設定管理と節電への意識高揚に
低減率
帰宅時は、パソコンの電源OFF
努めた結果達成できた
8.6% 今後は照明器具等の節電対策に
省エネ機器の選考
休憩時・不必要の消灯
取り組む
二 ガス(LPG)の削減
酸
マイ水筒持参等節約推進
化
炭
素 ガソリン使用量の削減
エコドライブの実施
アイドリングストップの徹底
節
水
◎
低減率
29.3%
○
低減率
○
低減率
水使用量の削減
漏水点検
節水表示による意識高揚
低減率
廃
棄
物 産業廃棄物の削減
分別による廃棄物の低減活動
3.8%
○
0.0%
○
低減率
3.0%
◎
低減率
63.6%
環
境
配
慮
グ
リ
ー
ン
購
入
工事現場周辺への環境配慮確認
工事施工の安全確認
材料等運搬時の飛散防止対策を徹底する
グリーン購入
グリーン物品リスト作成把握
エコマーク商品リスト確認
化 化学物質の使用量削減・環境への配慮
学
物
農薬・除草剤入出庫管理
質
そ 地域貢献
の
会社周辺の道路、植込みの清掃活動
他
・環境目標達成
今後もエコドライブを推進する。
3.6%
軽油使用量の削減
エコドライブの実施
アイドリングストップの徹底
一般廃棄物削減
可燃物の分別・裏面使用と両面コピー化
・環境目標達成
今後も節約を実践する
○
目標達成率
・環境目標達成
エコドライブは定着しつつある
今後も省エネ車両、省エネ運転
を実践
・環境目標達成
節水の意識付け
今後も節水の意識付け・表示
・環境目標達成
分別の徹底が定着
今後も分別・再利用を実践する
・環境目標達成
解体工事の受注減
今後も分別等低減の意識付け徹底
・環境目標達成
今後も同様継続していく
100.0%
○
・環境目標達成
目標達成率 備品等のグリーン購入が定着
102.5% 今後もエコマーク商品の購入推奨
◎
・環境目標達成
今後も管理等低減の意識付けの
55.2% 徹底と入出庫管理
○
・環境目標達成
目標達成率 毎週金曜日朝8時から実施
100.0% 今後も同様継続していく
低減率
9.環境関連法規等の遵守状況の確認及び評価の結果並びに違反、訴訟の有無
該当有無
環境関連法規
内 容
確認
有
・浄化槽法
・該当する工事の届出、浄化槽保守点検の遵守
遵守
有
・騒音・振動規制法
・該当する工事の届出、規制値の遵守
遵守
有
・廃棄物の処理及び清掃
に関する法律
・産廃業者との契約締結、マニフェスト管理
遵守
有
・建設リサイクル法
・分別解体の励行と再資源化
遵守
有
・アイドリングストップ条例
(愛知県条例)
・駐停車時のアイドリングストップ
遵守
有
・フロン回収破壊法
・冷媒用フロンの回収・破壊の措置
遵守
該当無し ・大気汚染防止法
・該当する工事の届出、アスベスト等の基準
/
該当無し ・水質汚濁防止法
・土木工事に伴う濁水を流さない
/
該当無し ・家電リサイクル法
・対象機器のリサイクル券による処分
/
該当無し ・土壌汚染対策法
・該当する工事の届出、搬出土壌の適正処置の確保
/
1) 当社の環境関連法規制等の遵守状況の評価の結果違反はありませんでした。
2) 過去4年に戻っても、関係機関等からの違反の指摘や利害関係者からの訴訟等
違反・訴訟等はありませんでした。
10.2014年度活動計画
TBテクノグリーン 2014年度環境スローガン
「続けよう、地球への思いやり!」
エネルギー危機から脱出するための切り札
[省エネルギー]を徹底してやりぬこう! 活動計画
項 目
環境目標の提示
活動の実施(PDCA)
環境委員会(6回/年)
環境教育(4回/年)
EA21事務局中間審査(9月中旬)
2014年
4
5 6
◆4/19
実施
8
9
10
見直し・実施 見直し・実施
◆
◆
7
◆
◆
◆
11
2015年
2 3
12 1
見直し・実施
◆
5
見直し・実施
◆
◆
◆
4
◆
◆
11.代表者による全体評価と見直しの結果
全体評価
エコアクションの取組みが4年目となり、社長として社員全員の省エネルギー、省資源の
意識が定着してきたと感じています。
当社は建設業ですので、委託された業務が解体工事ですと廃棄物の量は増えますし、
現場やお客様との打ち合わせなど社外に出る機会が増えるとガソリン消費量が増え
二酸化炭素排出量も増加することになります。
売上げや社員数の変動等で各種指標の総量が変動すると、それが環境取組みによる
ものか否かが評価できなくなりますので、今後は売上・利益や業務用車台数あたりでどう
指標が変化するのかを見る原単位での管理の導入を進めてまいります。
2013年度後半より、当社社屋をサスティナブルオフィスとすべくLED照明への切り替えや、
高効率空調の導入に加え、照明のエリアの細分化による空席スペースの照明OFFの推進を
始めました。
その効果は21014年度から実感できる数値がでてくると、楽しみにしています。
5年目にむけ、“仕組み”と“意識”の両輪でPDCAサイクルをしっかり回し、
TBテクノグリーンの名に相応しい環境活動を推進してまいります。
平成26年5月31日
代表取締役社長
梅村信男
以上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
471 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content