close

Enter

Log in using OpenID

2014年12月期 第3四半期決算説明会

embedDownload
2014年12月期 第3四半期決算説明会
ヤマハ発動機株式会社
2014年11月6日
本日ご説明する内容
2014年12月期 第3四半期決算
上席執行役員
墨岡 良一
● 業績予想について
この説明資料内で述べられているヤマハ発動機株式会社の業績予想は、現時点で入手可能な情報に基づき当社の経営者
が合理的と判断したもので、リスクや不確実性を含んでいます。実際の業績は、様々な要因の変化により大きく異なることが
ありえますことをご承知おき下さい。実際の業績に影響を及ぼす可能性がある要因には、主要市場における経済状況及び
製品需要の変動、為替相場の変動等が含まれます。
経営業績 (3Q)
 全事業部門の改善進み、前年比で増収・増益となる。
9ヶ月 (1月~9月)
年間 (8/5)
13年
14年
14年
実績
実績
対前年比
予想
(億円)
12年
実績
売上高
9,095 10,479 11,246
+7.3%
15,000
営業利益
228
422
710
+68.4%
830
営業利益率
2.5%
4.0%
6.3%
+2.3pt
5.5%
経常利益
280
428
755
+76.1%
850
当期純利益
143
263
525
+99.2%
500
3
事業別 売上高・営業利益 (3Q)




二輪車:
マリン:
特機・その他:
為替影響:
先進国の販売増加、新興国の収益改善。
各商品の販売増加・船外機の大型化により、収益拡大。
ROV・PAS 新商品効果、IM販売増加。
先進国通貨高=新興国通貨安、通貨安へ取り組む。
売上高
10,479
9,095
その他
特機
849
728
829
841
1,852
営業利益
11,246
710
945
970
102
55
2,092
422
マリン 1,540
73
42
二輪車 5,978
6,956
7,239
2012年3Q 2013年3Q 2014年3Q
($/€) (79/102) (97/127) (103/140)
※ その他: 産業用機械・ロボット含む
377
228
その他
特機
67
27
245
177
マリン 107
(億円)
61
二輪車
28
2012年3Q 2013年3Q 2014年3Q
(79/102) (97/127) (103/140)
4
二輪車事業: 先進国市場
 総需要回復続く中、新商品効果で販売増加・シェア上昇。
 欧州・日本市場で、TRICITY 販売開始。
出荷台数
318
(千台)
大洋州
272
13
280
15
14
154
欧州
135
130
TRICITY
54
56
北米
51
日本
73
82
94
2012年
3Q
2013年
3Q
2014年
3Q
MT-07
MAJESTY S
5
二輪車事業: アセアン市場
 次世代PFモデル (BLUE CORE)・グローバルモデルの市場投入開始。
第4四半期以降、各国展開を順次進め、ブランド・商品競争力を刷新する。
出荷台数
(万台)
312
296
タイ
43
28
274
16
ベトナム
63
56
44
マレーシア
・フィリピン
21
24
25
184
188
190
2012年
3Q
2013年
3Q
2014年
3Q
インドネシア
Nozza Grande
YZF-R25
6
二輪車事業: インド市場
 国内: 総需要拡大続く中、新商品効果で販売増加・シェア上昇。
 輸出: 概ね、前年並みで推移中。
出荷台数
554
(千台)
465
346
輸出
130
134
100
423
330
国内
CYGNUS α
247
2012年
3Q
2013年
3Q
2014年
3Q
FZ-S FI
7
マリン事業
 船外機: 北米市場で販売増加、大型化進む。
 ボート: スポーツボート (24 FT)のフルモデルチェンジ発表。
 WV:
新商品投入効果により販売増加。
2,092
売上高
(億円)
1,540
1,852
261
258
273
部品他
198
228
WV
219
286
ボート
199
船外機
925
2012年
3Q
1,080
2013年
3Q
300
1,257
2014年
3Q
AR240 High Output
VX Deluxe
8
RV事業
 ROV: VIKING Ⅵ 市場投入により、販売増加。
 SMB: 北米市場で販売増加、ロシア市場で経済影響により販売減少。
511
売上高
(億円)
417
360
SMB
106
85
54
VIKING Ⅵ
405
ATV
ROV
306
2012年
3Q
332
2013年
3Q
2014年
3Q
SR Viper R-TX
9
その他の事業
 IM: 設備投資需要回復の中、新商品効果で販売増加。
 PAS: (国内) 新商品効果 (欧州) 商品力・提携先拡大で、販売増加。
 GC: 個人向け販売増により、北米販売増加。
売上高
695
(億円)
601
231
534
217
GC
168
169
PAS
118
147
IM
248
237
2012年
3Q
2013年
3Q
PAS SION
295
2014年
3Q
Z:LEX YSM20
10
経営業績 (年間予想)
 業績: 売上高は前回予想通り、各利益を上方修正。
 配当: 29円 ⇒ 35円に増配。
(億円)
売上高
2013年
実績
2014年
8/5予想
2014年
11/6予想
14,105
15,000
15,000
営業利益
551
830
860
営業利益率
3.9%
5.5%
5.7%
経常利益
601
850
910
当期純利益
441
500
600
為替レート
($/€)
98円/130円
101円/138円
103円/138円
(下期): $100円/€135円
(4Q): $105円/€135円
配当金
26円
29円
35円
11
事業別 売上高・営業利益 (年間予想)
 売上高: 全事業部門で、前回予想通り。
 営業利益: マリン事業で、前回予想より増益 (利益率向上)。
売上高
14,105
その他
特機
マリン
1,122
1,267
2,434
営業利益
15,000
15,000
1,200
1,200
1,400
1,400
2,650
2,650
830
110
80
860
110
80
551
二輪車
9,282
9,750
その他
特機
97
53
マリン
318
※ その他: 産業用機械・ロボット含む
440
230
230
9,750
二輪車
2013年
($/€) (98/130)
410
2014年
2014年
11/6予想
8/5予想
(101/138) (103/138)
84
2013年
(98/130)
(億円)
2014年
2014年
11/6予想
8/5予想
(101/138)(103/138)
12
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
1 489 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content