close

Enter

Log in using OpenID

10.平成26年度安全装置等導入促進助成金のご案内

embedDownload
平成26年度安全装置等導入促進助成金のご案内
標記の件につきまして、事故防止の一環として、今年度も安全装置等(後方視野確
認支援装置、呼気吹込み式アルコールインターロック、IT機器を活用した遠隔地
で行う点呼に使用する携帯型アルコール検知器)導入に係る費用に対して一部助成
を実施することになりました。
つきましては、下記条件により別紙要綱に基づき実施しますのでご案内致します。
記
1.申請期間
平成26年6月2日(月)~平成27年3月2日(月)
(土・日曜日、祝日は除く)
※但し、平成26年3月1日から平成27年2月28日までに装
着及び支払いが完了しなければならない。
2.助成金額
全ト協:1万円/台・栃ト協:1万5千円/台・合計2万5千円/台
※但し、国からの補助金が交付された装置に対しては全ト協の助
成金を交付しない。申請は1事業者10台を上限とする。
3.対象機器
要綱内の装置
4.助 成 枠
4,100千円
※申請期間内であっても、助成枠に達した時点で打ち切り予定です。
5.申請要領
別添の様式F「平成26年度安全装置等導入促進助成金交付請求
書」に必要事項を記入し、①請求書及び領収証の写し(※リース
の場合は、リース契約書の写し)②装着証明書の写し③装着した
車両の車検証の写しを添えて申請する。
但し、領収証を申請時に添付できない場合は、後日発行され次第
速やかに提出すること。
6.注
①会員所有の県内営業ナンバーの車両であること。
②助成金は新たに導入した対象機器に対して行う。
意
[問合せ先]
(一社)栃木県トラック協会 業務部
TEL028-658-2515 FAX028-658-6929
平成 2 6年 度 安全 装 置等 導 入促 進 助成 金 交付 要 綱
一般社団法人
(目
第1条
栃木県トラック協会
的)
この要綱は、一般社団法人栃木県トラック協会(以下「栃ト協」と
い う。)が行う、事業用トラックの交通事故ゼロを目指すため、安全
装 置等(後方視野確認支援装置、呼気吹込み式アルコールインターロ
ッ ク装置、IT機器を活用した遠隔地で行う点呼に使用する携帯型ア
ル コール検知器)( 以下「装置」という 。)に対する助成金(以下「助
成 金」という。)の交付に関して、必要な事項を定め、適正かつ円滑
に 事業を推進する事を目的とする。
( 対 象 装 置)
第 2 条(1)後方視野確認支援装置とは、次に掲げる機能を有するものに限る。
なお、装着にあたっては道路運送車両法の保安基準に抵触しない
ことを条件とする。
①後退時の後方視野が確保できること。
②運行時(前進も含む)において後方視野が確保できること。
③概ねルームミラーの位置において後方視野が確保できること。
(2 ) 呼 気 吹 込 み 式 ア ル コ ー ル イ ン タ ー ロ ッ ク 装 置 は 国 土 交 通 省 の 技
術指針に適合しているものとする。
(3 ) I T 機 器 を 活 用 し た 遠 隔 地 で 行 う 点 呼 に 使 用 す る 携 帯 型 ア ル コ
ール検知器は、通信機能を有し、または、携帯電話等通信機器と接
続し、当該機器による測定結果を直ちに営業所に設置した点呼機器
に送信できること。
2 IT機器を活用した遠隔地で行う点呼に使用する携帯型アルコール
検知器は、安全性優良事業所(Gマーク事業所)が導入する場合に
限り、助成対象とする。
( 助 成 対 象)
第 3 条 助成の対象は、装置の装着を行った会員事業者とする。
2 会員事業者(以下「事業者」という。)は、助成金を申請する時点
で 栃ト協に加入している事業者を言う。
3 但し、栃ト協会費等の未納がある事業者は、その限りではない。
( 助 成 交 付額)
第 4 条 交付する助成金額は、事業者が新たに装着した第2条及び第3条の
要 件を満たした車両に対して1台につき対象装置ごとに2万5千円と
す る。但し、国からの補助金が交付された装置に対しては全ト協の助
成 金を交付しない。また申請は1事業者あたり10台を上限とする。
2 前項の取得価格には、消費税を含めない。
( 助 成 交 付額内訳)
第 5 条 助成交付の内訳については、全ト協1万円、栃ト協1万5千円とす
る。
( 助 成 金 交付請求)
第 6 条 事業者は栃ト協に対して様式F「平成26年度安全装置等導入助成
金 交付請求書」により、助成金の交付を請求するものとする。
( 助 成 金 交付対象期 間)
第7条
前条の助成金交付対象期間を平成26年3月1日から平成27年2
月 28日までとする。
2 買い取り及びリースいずれについても事業者が平成26年度に新た
に 導入した装置については助成対象とする。
3 期間内であっても助成枠に達した場合は、その時点で終了する。
( 助 成 金 の交付)
第 8 条 第7条の請求事業者に対し平成27年3月末日までに助成金を交付
す る。
( 財 産 の 処分制限)
第 9 条 事業者は、交付の対象となった装置が装着の日から起算して下記の
期 間を経過するまでの期間は、譲渡、交換、廃棄、他用途への転用、
貸 付又は担保(以下「処分」という。)に供してはならない。但し、
あ らかじめ栃ト協の承認を得た場合はこの限りではない。
(1) 後方視野確認支援装置
1年
(2) 呼気吹込み式アルコールインターロック装置
1年
(3 ) I T 機 器 を 活 用 し た 遠 隔 地 で 行 う 点 呼 に 使 用 す る 携 帯 型 ア ル コ ー
ル検知器
1年
(雑
第 1 0条
則)
栃ト協は、助成金の交付に関して必要な報告を求めることができる。
(附
1.
則)
本要綱は、平成26年4月1日より適用する。
平成26年度安全装置等導入促進助成事業対象装置一覧
平成26年4月22日現在
◆後方視野確認支援装置
装置メーカー名
(株)日本ヴューテック
装置名称・型式
リアヴューモニター
「対象機種」
TKV-S20、TKV-S20N、TKV-S30〈但し、TKV-S30(OD)は除く〉(注2)
TKV-S30D、TKV-S30DF、VA-S50
ナイスヴューモニター
「対象機種」
VW-S10、VW-S20、VW-SN20、VA-S40
市光工業(株)
(株)ワーテックス
クラリオン(株)
三菱電機(株)
アールアンドピー(株)
(株)アルファ・デポ
槌屋ヤック(株)
CBC(株)
日本セラミック(株)
セイフティビジョン
「対象型式」
ST-900シリーズ
ST-500シリーズ
STR-100シリーズ(注4)
(但し、ST-900D、ST-900FL、ST-900FS、STR-100D、STR-100FSは除く)
BACK EYE SYSTEM
「対象型式」
XL-702(天吊り型)、TS706、TM706
カメラ&モニターシステム
【ルームミラー型の特定方法】
明細書の中に「ハイマウントモニター取付キット:
LAA-057-100又はLAA-057-110」が含まれること。(注1)
カービジョン ルームミラー型モニター
「対象型式」
CM-6000、CM-7200、CM-7200A、CM-7210(注1)
ルームミラー取付タイプカラーバックカメラセット
「対象型式」
DVA-Comb01-RA、DVA-Comb01-RB
BE-RV200-RA、BE-RV200-RB
BE-RV141-RA、BE-RV141-RB
バックモニターシステム
「対象商品名」
AP-8000(注3)、AP-8500Q、AP-4300/S
バックモニターセット
「対象型式」
XCM8SA、XCM8MA、XCM8LA、XCM8XA、XCM8YA
XC-M9SA、XC-M9MA、XC-M9LA、XC-M9XA、XC-M9YA
ラウンドビューシステム「対象型式」
ZMC-RVS11N-20、ZMC-RVS11N-15
ZMC-RVS11S-20、ZMC-RVS11S-15
ZMC-RVS22N、ZMC-RVS22S
ZMC-RVS33N、ZMC-RVS33S
ZMC-RVS44N、ZMC-RVS44S
OSDソナーシステム
E215-TM00、E215-TS00
(注1)全ト協からクラリオン及び三菱電機には販売店より購入事業者に対し、装着明細書を発行するように依頼済み。
なお、その他メーカーに対しても、ルームミラー型と特定できるように名称や型式を納品書等に明記するよう依頼
(注2)TKV-S30(OD)はオンダッシュ方式のため対象外。
識別方法としては、納品書及び保証書に「TKV-S30(OD)」と明記されている。
(注3)AP-8000の装着には、別途アタッチメント(AP-5002、AP-5023、AP-7070、AP-7075、AP-7080)が必要。
AP-8000/odはオンダッシュ方式のため対象外。
(注4)STR-100シリーズはドライブレコーダ(標準型)との一体型、個別に申請が必要。
平成26年度安全装置等導入促進助成事業対象装置一覧
平成26年4月1日現在
◆呼気吹き込み式アルコールインターロック
装置メーカー名
装置名称・型式
ALC-ZERO
「対象型式」
T-ALC-LK100 (カメラなし、SDなし)
東海電子(株)
ALC-ZEROⅡ
「対象型式」
T-ALC-LK200 (カメラ、SDあり)
秋田県貿易(株)
アルコ・インターロックPro
FIT228-LC
平成26年度安全装置等導入促進助成事業対象装置一覧
平成26年4月17日現在
◆IT機器を活用した遠隔地で行う点呼に使用する携帯型アルコール検知器
装置メーカー名
品名
型式
ALC-Mobile/
ALC-Mobile Bluetooth
T-ALC-MB100
ALC-MobileⅡ
T-ALC-MB200
備考
東海電子(株)
FC-1000
(株)タニタ
アルブロ
FC-1008D
アルコガーディアン
モバイル TR-1
TR-1
アルコガーディアン
モバイル TR-2
TR-2
H26.4.17追加
サンコーテクノ(株)
専用スマホとセット
様式F
平成
一般社団法人 栃木県トラック協会長
年
月
日
殿
住
所
氏名又は名称
代表者氏名
印
○
平成26年度安全装置等導入助成金交付請求書
平成26年度安全装置等導入助成金交付要綱第6条の規程に基づき、関係書類を添えて
助成金の支払い請求をします。
国への
助成申請
1.交付請求額
番号
金
メーカー名
有/無
円
装置名
型式
装着日
台数
1
2
3
4
5
助成額:
2.添付書類
円×
両=
円
①請求書及び領収証の写し ※リースの場合はリース契約書の写し
②見積り明細書の写し
③装着証明書の写し
④車検証の写し
3.助成金振込先口座
銀 行 名
銀行
支 店 名
支店
普通
預金種目
当座
口座番号
フリガナ
口座名義
担当者氏名:
TEL:
FAX:
整理番号 F-
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
421 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content