close

Enter

Log in using OpenID

281KB - EPSホールディングス株式会社

embedDownload
Global Research
JAPAN TO ASIA
CRO
ASIA TO GLOBAL
SMO
EPSグループの豊富な経験とネットワークを活かして
医薬品・医療機器メーカー様の
アジアにおける世界基準の臨床開発をサポートします
1999年、
イーピーエスは日系CROとして初めて中国に子会社を設立し、
アジアを中心とする臨床
CSO
開発支援サービスを開始。2013年にEPSインターナショナル株式会社を設立し、海外事業を強化。
アジア各国の子会社ネットワークと欧米・アジアを拠点とする世界有数のCROとの業務提携により、
ハイクオリティなアジア治験、グローバル治験の実施をサポートしています。
また日本での製品の上
市を目的とした海外ベンチャー企業等へのコンサルテイングも行っています。
会社概要
沿革
社名
1991年5月 イーピーエス株式会社を創業
EPSインターナショナル株式会社
(EPS International Holdings Co., Ltd.)
設立
2013年
(平成25年)
10月
所在地 新宿区津久戸町1-8 神楽坂AKビル8階
代表者 代表取締役社長 Dan Weng
社員数 213名
(グループ関連会社含む)
(2014年9月末現在)
資本金 1億円
事業内容 アジアで展開する臨床開発の管理及び
営業推進業務
Global
Research
1999年3月 イーピーエスが中国においてCRO、IT
業務をスタート
2001年7月 イーピーエスが北京オフィスを開設
2003年4月 イーピーエスがシンガポールオフィスを
開設
益新事業
China
2012年6月 EPS Global Researchを設立し、
イー
ピーエスの米国オフィス機能を移管
2013年7月 シンガポールを拠点に展開するCRO、
Gleneagles CRC
(GCRC)
を傘下に、東
南アジアでのカバーエリアを広げる
10月 イーピーエスの100%子会社として海
外事業を統括するEPS Internationalを
設立。イーピーエスの海外CRO事業を
移管・統括
BPO
グローバルリサーチを強力にサポート
EPSインターナショナル株式会社はデータマネジメ
ント、統計解析をはじめとしてモニタリング等の開
JAPAN
WEST
EPS AMERICA, INC.
EPS Holdings, Inc.
発業務全般、
さらには製造販売後調査支援に至る
CRO EPS Corporation
EPS Associates Co., Ltd.
EPMate Co., Ltd.
e-Trial Co., Ltd.
まで、臨床試験におけるCRO業務すべてに対応し
ています。またEPSグループのスケールメリットを
SMO EP-Mint Co., Ltd.
活かし、アジアをはじめグローバルでの臨床試験
CSO EP-PharmaLine Co., Ltd.
支援や、
これまでのサービスや仕組みを進化させ
GR
た、付加価値の高い臨床開発ソリューションの提
供により、
スピーデイで高品質な医薬品開発支援
を実現しています。
また、国際共同試験を多数経験
しており、
グローバル申請への対応も可能です。
ASIA
EPS International Holdings Co., Ltd. EPS International Co., Ltd(china)
EVER PROGRESSING SYSTEM
PTE. LTD.(Singapore)
EKISHIN EPS EKISHIN Co., Ltd.
EPS(China) Co., Ltd.
BPO EPI Japan Co., Ltd.
EMS CO., LTD. EPS Yamanashi Corporation
EPI (Suzhou) Co., Ltd.
Others EPBiz Co., Ltd.
新規受託の流れ
アジア試験
グローバル試験
日系企業
EPSインターナショナル
日本拠点
EPS Corporation
グローバル企業
欧米拠点
子会社
アジア拠点
EPS America
サービスの特長
■
Regulatory Expertise
■
アジア各国の異なる規制要件に対応し、薬剤開発から医
薬品の製品化に向けた全般的なプロジェクトスケジュー
ルを適確に予測。
■
Team Expertise
グローバル⇔日本、
またはグローバル⇔アジアでの臨床
試験の実績を兼ね備えた、各国事情に精通した臨床専門
スタッフを有し、
ローカルのナレッジとグローバルスタン
ダードに合致したシームレスな臨床試験の実施が可能。
Relationship Expertise
アジア主要諸国の領域毎に有力な治験責任医師および
治験実施医療機関ネットワークとの強固な関係を確立。
人的つながりも大切にし、試験の開始から被験者の募
集、
および試験を効率的に逐行。
■
Resource Expertise
EPSグループのマネージメントプラットフォームを活用し、薬
剤と医療機器の研究、開発、および製品化に向けたワンス
トップ・マルチサービスを世界各国でご提供することが可能。
カバーエリア
アジア周辺国での臨床試験を管理・推進でき
る体制を構築しており、
お客様のグローバルリ
サーチをサポートしています。
EUROPE
JAPAN
ASIA
PACIFIC
〈拠点一覧〉
中国・台湾・韓国・シンガポール・タイ・マレーシア・インドネシア・
フィリピン・ベトナム・インド・オーストラリア・米国
U.S.A.
日系CROとして
アジアNo.1の拠点数
(2014年9月末現在)
受託実績
2014年9月末現在
治験実施地域別受託状況
フェーズ別受託状況
ローカル治験
第Ⅳ相
日本-アジア治験
領域別受託状況
第Ⅰ相
精神領域
リウマチ/
免疫領域
5%
消化器領域
13%
27%
30%
グローバル
治験
57%
12%
12%
第Ⅱ相
49%
5%
内分泌/
代謝領域
5%
その他
第Ⅲ相
25%
10%
15%
20%
15%
循環器領域
眼科領域
〒162-0821 新宿区津久戸町1番8号 神楽坂AKビル8階
TEL:03-5225-7971 FAX:03-5225-7972
http://www.epsgr.com
腫瘍
領域
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
280 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content