close

Enter

Log in using OpenID

4/19(日)福岡紅塾の発表会です。;pdf

embedDownload
金
印
亭
紅
つ
る
(
大
津
留
べ
に
史
郎
)
こ
う
は
ち
一入惚十
生れれ歳
精挑!か
進戦そら
し中の能
て。日楽
参郷に一
り土入筋
まの塾の
す語、人
。り猪生
部突が
に猛、
寄進紅
与。先
で講生
き談の
るに独
よ能演
う楽会
、をで
取一
り目
金
印
亭
紅
福
(
西
尾
楽ユ幸講
しーせ談
くモをの
てラ日魅
!ス々力
“に実に
のご感惹
ぼ指、か
せ導紅れ 律
もく先早 子
んだ生五 )
”さと年
にりの
出。
は、会好
た教いき
ま室にな
りに感こ
ま通謝と
せう。に
んのい熱
!がつ中
楽 で
しもき
く優る
てし
く
こ
う
ふ
く
金
印
亭
紅
節
(
川
原
節
子
)
講国紅
談宝先
のに生
輪な大
をっ好
広てき
げ頂!
てくが
い事名
きが前
ま私の
すた由
。ち来
の
願。
い先
。生
稽が
古講
に談
精界
進の
し人
て間
、
金 ●
印 平
亭 成
紅 二
似 十
( 七
寿 年
咲 度
こ
う
せ
つ
いせそ小
たての気
と「お味
の紅人良
こ似柄く
と」
、に、
、先も歯
少生惹切
しもかれ 亜 名
でそれ良 似 取
ものるく )
近昔ば、
元
づ〝か
り
けベで気
るニすと
よー。や
うち名る
にゃ前気
頑んのを
張〟一戴
りと字く
ま呼を〝
すば合紅
。れわ講
て 談
〟
べ
に
い
金
印
亭
紅
好
(
武
若
コ
ノ
ミ
)
こ
う
こ
う
バた「
ッまヨ
テりッ
ンま、
楽せ待
しんっ
く て
て。ま
しなし
方かた
ななキ
かかン
~上ち
。達ゃ
しん
な!
い」
けそ
どの
か
…け
声
が
金
印
亭
紅
梅
(
高
野
絹
代
)
金
印
亭
紅
緑
(
池
田
こ
う
ば
い
ス目講
ト下談
レ独大
ス身好
発。き
散大な
にき遊
もなび
い声人
いでで
ん張ー
でりす
す扇。
武
。叩将
い(
て紅
ま先
す生
ま)
すに
健惚
康れ
、て
金
印
亭
胡
紅
(
永
富
こ
べ
に
美
枝
子
)
金
印
亭
紅
丸
(
丸
田
笑福か仕
顔岡え事
とに、は
美講メフ
声談リリ
での、ー
挑波ハア
戦をリナ
中広、ウ
!げツン
たッサ
いコー
。ミ。
郷謡マ
土いイ
の調ク
語子持
り!つ
部 手
目 を
指 張
し り
扇
に
金
印
亭
恵
紅
(
鎮
守
恵
子
)
金
印
亭
紅
玉
(
定
村
え
こ
う
つ 歴初
い 史め
十 にて
数 も聞
年 興い
! 味た
す が紅
っ わ講
か い談
り ては
と き語
り てり
こ 、の
に 一ミ
な 年ュ
り でー
ま やジ
し めカ
た るル
。 つ。
も故
り郷
がの
金
印
亭
紅
美
(
阿
部
べ
に
よ
し
眞
由
美
)
金
印
亭
希
紅
(
山
崎
講好先舞
談き生台
はだのの
生っ魅紅
きた力先
た父に生
人親ハと
間にマ
ド、 目
ラいリが
マま日合
、孝々っ
泣行精た
いす進の
てる。
『が
笑をい全
っ楽 て
てしざの
感み鎌始
動に倉ま
し。』り
ま と。
す …講
よ 芝
。 居談
の
金
印
亭
紅
勝
(
友
延
こ
う
し
ょ
う
勝
)
金
印
亭
紅
信
(
白
木
●
平
成
二
十
五
年
度
名
取
●
しばす紅
目出出人
と「サ紅
味ざ宝
健魅紅あ
平
てかっ先
標せ会生
も力ー先
われ石
康か先る
成
、りか生
にるっ山
に声の生
いばで
法れ生日
二
語こたあ
日はりの
振」芸の
の光は
はてのの
十
っと講り
々い魅美
りが幅人
あなな
、信「満
六
てを談谷
精らせし
ま快を柄
るしく
心じ南員
年
参喜。あ
進れらさ
き感広と
語’、
もて部バ
度
いまれと
りび腹り
ま・げ講
り。リ
体そ坂ス
まと式。 み す・た談 輝 を艶ン 礼 たせて、 夕 もの雪の 里 名
すし呼谷 ど 。・い
しん
取
目やゴ
元 の中
高 の 久 指かの 子 ま、…目 希 気名別、 枝
。て吸の
見の
と
、で狭 り
人心間 )
様 に
にま落
喜でち
ん元込
で気ん
頂、で
け今い
るはる
こ声時
とをに
を
あ
か
み
ど
り
座 奥 )
や入深
ラ塾さ
ジ。に
オ喉惹
番をか
組締
でめれ
「張、
愛りア
想上ナ
」げウ
とるン
べ
に
ま
る
しで紅
て甘玉
精酸で
進っす
しぱ。
まいと
す紅は
。玉い
のえ
よ‘
う玉
に磨
、か
)
こ
う
ぎ
ょ
く
子
すアと前 )
~ナれに
。ウて様
ンば子
サかが
ーり広
の、が
仕聞る
事き話
の惚芸
糧れに
とて
き
〜
こ
こ
う
し
ん
)
も
に紅れど
な信」こ
り …か
ま。なら
す名にか
よ付?聞
。け講こ
て談え
講?て
談大く
心感る
身動
!
神田紅さんと一緒に福岡ゆかりの先人の知恵や勇気や遊び心を伝えています。歴史と交流のシンボル・金印レプリカを小学校に贈呈しています。
★mail:kinin@kinin.com ★ 金印倶楽部 h t t p : / / k i n i n . c o m ★ ふくおか先人金印記念館 h t t p : / / f u k u ok a - s en ji n . k in in . c o m
ど
ん
な
と
こ
ろ
で
も
語
り
ま
す
。
ぜ
ひ
と
も
お
声
を
か
け
て
い
た
だ
き
ま
す
よ
う
、
隅
か
ら
隅
ま
で
ズ
ズ
ズ
イ
ー
と
、
お
ん
願
い
上
げ
奉
り
ま
す
る
ー
。
講
談
で
大
事
な
こ
と
を
易
し
く
深
く
面
白
く
伝
え
た
い
!
歴
史
や
志
を
伝
え
る
郷
土
の
語
り
部
を
目
指
し
、
元
気
に
楽
し
く
お
稽
古
に
励
ん
で
い
ま
す
。
福
岡
出
身
の
講
談
師
神
田
紅
が
熱
血
指
導
す
る
講
談
教
室
「
福
岡
紅
塾
」
(
西
日
本
新
聞
T
N
C
文
化
サ
ー
ク
ル
。
)
語何講
りと談
たびて
いっ何
。くか
そり古
し言そ
て葉う
講が?
談歌と
のい、
素踊思 和
晴りい 代
らそつ )
ししつ
さて参
を沁加
伝みし
え込た
てみ一
いま日
きす体
た。験
い私教
!も室
。
金
印
亭
紅
八
(
津
田
・
あ例惚紅
、えれ先
存牛は生
じ歩やの
まの八艶
す歩年や
るみ。か
~でまな
ッもだお
。、ま姿
講だと
談未素
道熟晴
に者ら
精でし
国宝 金印
進はい
しごお
てざ声
参りに
りま見
たす惚
*1784 年 2 月 23 日に
いるれ
福岡市の志賀島で発見されました。 と が 聞
、、き
神
田
紅
の
講
談
教
室
「
福
岡
紅
塾
」
金
印
亭
名
取
く
れ
な
い
じ
ゅ
く
き
ん
い
ん
て
い
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
232 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content