close

Enter

Log in using OpenID

各種試験装置(PDF:0.77MB)

embedDownload
カーテンウォール性能試験装置
わが国は、台風や地震で代表されるように天災
の多い国であるため、建築物を設計するに当っ
ては、わが国独自の設計基準が要求されます。こ
のような傾向は近年の建築物の高層化・大型化
によって、さらに顕著にあらわれており、板ガラ
スを含むカ-テンウォ-ルに要求される地震・
風雨などに関する諸性能も一段と厳しくなって
います。こうした状況に対処するため弊社では、
大型カーテンウォール性能試験装置を所有して
います。実物大のカーテンウォールを実際の設
計・施工条件に準じて取り付け、自然界の状態
を想定しての耐震性能・耐風圧性能・水密性能
の確認試験を実施することができます。特に、面
内・面外同時層間変位試験が可能なことを最大
の特徴としており、試験項目の能力を高め、多種
多様の試験が可能です。
■試験装置の仕様と性能
耐風圧・水密試験装置 耐震試験装置
項
目
仕様
圧力チャンバ-寸法
(mm)
11,700×W13,950×D700
H
L型:H11,000×W12,000×D3,600
平型:H11,000×W12,000
供試体最大寸法
(mm)
供試体最大重量
(Ton)
46
最大加圧力
(kPa)
±10
脈動周波数
(Hz)
0.1~0.5
散水量
(ℓ/m2・min)
0~8(水膜30ℓ/m・min)
最大ストロ-ク
(mm)
面内±250,面外±150
ねじれストロ-ク差±50
最大加力
(Ton)
面内 20
振動周波数
(Hz)
面外 20
0.02~0.5
APPENDIX
■カ-テンウォ-ル性能試験期間
試験期間は、
供試体の規模および試験項目により異なりますが、
一般的に50~60日程度
(供試体取付、
試験実施、
供試体解体まで)
必要です。
なお、
詳しい試験期間についてはご相談ください。
標準工程表
工事名
日程
仮想躯体取付および解体工事
供試体CW取付および解体工事
1 2 3 4 5 ⑥ ⑦ 8 9 10 11 12 ⑬ ⑭ 15 16 17 18 19 ⑳ ㉑ 22 23 24 25 26 ㉗ ㉘ 29 30 31 32 33 ㉞ ㉟ 36 37 38 39 40 ㊶ ㊷ 43 44 45 46 47 ㊽ ㊾ 50 51 52 53 54
取
解体
解体
付
取付
57 58 59 60 61
解体
解体
フサギ工事
ガラス工事
シール養生
試験準備
A1
A2
水密性能試験:A
A1
A2
Bs
Bd
耐風圧強度試験:B
Bs
Bd
層間変位性能試験(面内変形):C
層間変位性能試験(面外変形):D
試験項目A〜C、
A3
予
排水経路
A3
排水経路
備
Cd1
Cd1
Dd1
日
Cs1〜3
Cd2〜3
Cs1〜3
Cd2〜3
Ds1〜3
Dd2〜3
カーテンウォール
性能試験装置
シ−ル工事
試験項目A〜D、一共通、s:静的、d:動的、1,2,3:第1回、第2回、第3回
119
音響試験装置
板ガラスをはじめとするいろいろな建築材料の
遮音性能の測定や高い遮音性能を有する開口部
の研究開発のために、弊社では音響試験装置を
設置しています。この音響試験装置によって得
られた音響特性デ-タは新しい壁構造などを考
える場合に役立ち、建築物の遮音設計における
重要な基礎となるものです。試験装置は音源用
残響室と受音用残響室を用いたいわゆる「残響
室―残響室法」によるもので、この試験装置の性
能特性はJIS A 1416「実験室における空気音遮
断性能の測定方法」のタイプⅠの試験室の規定
を満足しています。透過損失の測定は、音源用残
響室からスピ-カ-で音を発し、開口部に取り
付けた供試体を透過してくる音を受音用残響室
で受け、両室の音のエネルギ-の差から求める
ようになっています。
残響室の仕様(片側)
室内壁表面積(m2)
床面積(m2)
室内容積(m3)
コンクリ-ト壁厚(cm)
室内形状
供試体寸法(mm)
音響試験室
00
3,4
10
0
125
20
不整五角形、天井傾斜
H1,480×W1,230
受音用残響室
供試体
音源用残響室
0
5,2
6
3,800
2,000
APPENDIX
5,600
音源用残響室
マイクロホン
スピーカー
4,150
3,600
測定室
3,800
開口部
F.L
パワーアンプ
多チャンネル
1/3オクターブ
バンド実時間分析器
グラフィック
イコライザー
プリンター
G.L
150
断面図
プリアンプ
計測用パソコン
4,800
3,700
音源用残響室
2,000
受音用残響室
1,800
音響試験装置
1,100
平面図
120
29
透過損失測定のブロックダイヤグラム
3,
受音用残響室
153
雑音信号発生器
防火・耐火試験装置
社会のニ−ズの多様化にともない、安全性、省エ
ネ性、装飾性など新しい機能をもった製品が
次々と開発され、これら新建材の防火・耐火性
能の確認が必要となります。
この装置は、建築基準法に基づいて行う建築構
造部分等の防火または耐火の性能を試験するた
めに使われるものです。
熱源は天然ガスで、炉内温度の調整はバーナー
点火より昇温まであらかじめ設定した温度曲線
により、自動運転できる機構となっています。
試験装置の仕様と性能
源
加 熱 温 度
燃焼用バーナー LNG
(天然ガス)
最高 1,100℃
5,209
180 270
熱
フラットフレームバーナー
16基
14
15
16
No.4 ゾーン
No.4
9
10
11
12
No.3
5
6
7
No.3 ゾーン
8
No.2 ゾーン
No.2
1
2
3
APPENDIX
13
4,800
3,600
燃 焼 装 置
W3,300×H3,300
4
No.1 ゾーン
No.1
750
加熱寸法
(mm)
3,500
4,200
350
1,000
防火・耐火試験装置
3,300
350
121
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
737 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content