close

Enter

Log in using OpenID

第25回年次大会(2009年5月21日)

embedDownload
!!!!!!!!!!!!!!!!
!日本木材保存協会
お 知 ら せ
!!!!!!!!!!!!!!!!
第2
5回年次大会
日
時:平成2
1年5月2
1日" 9:00∼15:1
5
会
場:メルパルク東京(郵便貯金会館)5階「瑞雲」およびロビー
東京都港区芝公園2
‐
5‐
2
0 電話 03‐3433‐7210
交通案内:JR・モノレール
地下鉄
浜松町駅徒歩8分
都営三田線
芝公園駅
(A3出口徒歩2分),都営浅草線/都営大江戸線
大門駅
(A3,
A6出口徒歩4分)
研究発表
開会挨拶:
9:0
0∼9:0
5 年次大会運営委員会委員長
栗"
宏
口頭発表
座
長:近畿大学農学部
板倉修司
9:0
5 熱処理木材の耐朽性,耐蟻性について
(越井木材工業!)○森田珠生,山口秋生,荘保伸一
独 森林総合研究所)桃原郁夫
(京都大学生存圏研究所)今村祐嗣,(#
9:2
5 過熱蒸気処理条件と発現する耐朽性・寸法安定性
(奈良県森林技術センター)○伊藤貴文,増田勝則
(!ヤスジマ)安島
座
長:東京農業大学地域環境科学部
稔
鈴木利克
9:4
5 8年間で掛け替えられた歩行者用木橋の腐朽原因
(奈良県森林技術センター)○酒井温子,岩本頼子
1
0:05 13年間の供用履歴を持つ既存木橋の非破壊試験
独 森林総合研究所)○加藤英雄,西村
(#
健,原田真樹,井道裕史
軽部正彦,青木謙治,長尾博文
(広島県立総合技術研究所林業技術センター)藤田和彦
1
0:25∼1
0:55 ポスターセッション(ポスター発表※参照)
5階会場
(発表時間:奇数番号 10:25∼1
0:40
座
独 森林総合研究所
長:#
偶数番号 10:40∼1
0:55)
大村和香子
1
0:55 難燃処理・塗装木材の耐候性試験後の防火性能
−促進耐候性試験と屋外暴露試験の比較−
独 森林総合研究所)○原田寿郎,松永浩史,片岡
(#
厚,上川大輔,木口
実
1
1:1
5 内装材料の耐光性試験方法の開発
(積水ハウス!)○辻本吉寛,(京都大学生存圏研究所)今村祐嗣
※
ポスター発表
P‐1 木製遮音壁における劣化外力の影響
(群馬県林業試験場)○町田初男,小黒正次,工藤康夫
独 森林総合研究所)長尾博文,加藤英雄,井道裕史
(#
P‐2
旭川暴露試験地における野外耐朽性試験(Ⅲ)
−水辺を想定した人工池における野外耐朽性試験−
(北海道立林産試験場)○森
P‐3
満範,宮内輝久,杉山智昭,東
アフリカヒラタキクイムシの分布拡大と食害生態
(京都大学生存圏研究所)○古川法子,中山友栄,吉村
P‐4
智則
剛,今村祐嗣
変性剤濃度勾配ゲル電気泳動法による木材腐朽菌の同定
(東京農工大学農学部)中田裕治,○吉田
誠,福田清春
P‐5 木質構造物の非破壊的強度評価のためのセンサ開発
−木ねじのねじ込み仕事による強度評価−
(京都大学大学院農学研究科)○藤井義久,井上樹芳,澤田
豊,奥村正悟
P‐6 合板由来成分と木材保存剤有効成分の固相抽出による分離
(北海道立林産試験場)○宮内輝久,森
満範
独 森林総合研究所)桃原郁夫,大村和香子
($
P‐7 ICP を用いた水溶性銅系薬剤の簡易定量法
独 森林総合研究所)○桃原郁夫,大村和香子
($
(北海道立林産試験場)宮内輝久,森
P‐8
満範
木材劣化診断士の技術向上活動の報告
["日本木材保存協会木材劣化診断士委員会]
(京都大学大学院農学研究科)○藤井義久,(住化エンビロサイエンス!)桜井
誠
(!ザイエンス)須貝与志明,(筑波大学大学院生命環境科学研究科)土居修一
(関東学院大学工学部建築学科)中島正夫,(横浜国立大学名誉教授)矢田茂樹
(!コシイプレザービング)岡内
独 森林総合研究所)原田真樹
緑,($
(大日本木材防腐!)蒔田
P‐9
章,(越井木材工業!)山口秋生
中小ビルダーへの国産材利用実態アンケート調査結果−耐久性関連−
[#日本住宅・木材技術センター
データ収集・整備事業委員会第3部会(耐久性)]
独 森林総合研究所)○木口
($
実,桃原郁夫,上川大輔
(京都大学大学院農学研究科)藤井義久,(早稲田大学理工学部)安井
(富山県農林水産総合技術センター)栗!
昇
宏,(三井住商建材!)塩崎征夫
(!ドット・コーポレーション)平野陽子,(秋田県立大学木材高度加工研究所)飯島泰男
受賞記念講演
座
独 森林総合研究所
長:$
片岡
厚
1
1:35∼1
1:5
0 第19回木材保存技術奨励賞受賞記念講演
深浸潤処理用薬剤の開発
(!ザイエンス)茂山知己
1
1:50∼1
2:0
5 第5回木材保存学術奨励賞受賞記念講演
素材および処理木材の野外における被害経過と耐用年数に関する研究
(奈良県森林技術センター)酒井温子
シンポジウム
1
3:00∼1
5:1
0 「木構造物の劣化度と健全度の判定」
コーディネーター:
(秋田県立木材高度加工研究所)飯島泰男
独 森林総合研究所)加藤英雄
($
パネリスト:
「部材の非破壊検査技術」
「木橋など土木関係の構造物の劣化部位と構造耐力」
「木造家屋などの建築物の耐震性」
(国土技術政策総合研究所)槌本敬大
閉会挨拶:
1
5:10∼1
5:1
5 年次大会運営委員会委員長
栗!
独 森林総合研究所)軽部正彦
($
宏
参加申込 申 込 先:!日本木材保存協会あてファックスにてお申し込み下さい。
ファックス 0
3
‐3
4
3
2
‐1971(電話 03‐3436‐4486)
申込期限:平成2
1年5月1
4日"
参加費用 会員(企業会員従業員を含む)3,
000円
一般5,
000円
学生1,
000円
当日会場にてお支払いください。
***********************************************
第2
5回年次大会申込書
平成21年
!日本木材保存協会
年次大会運営委員長
殿
下記により申込いたします。
氏
名
住所
〒
連絡先住所
電 話 ・
電話
ファックス
ファックス
所
属
事業所名
会場案内図
◇
◇
◇
月
日
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
277 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content